梨子「わ、私と曜ちゃんの」曜「短編集だよ!」

シェアする

ようりこ-アイキャッチ1
1: Ep1:恋人ではない(やわらか銀行) 2018/09/17(月) 22:47:24.37 ID:Z4vhR/wR
【朝】

梨子「曜ちゃん、朝だよ」

曜「んー……」

梨子「ほらほら、早く起きて」ユサユサ

曜「まだ眠いー……」

梨子「だめだよ、学校遅刻しちゃうから」

曜「はーい……」モゾモゾ

梨子「ふぅ」

曜「隙ありー!」

梨子「きゃっ!?」

曜「えへへ?梨子ちゃんいい匂い?」ギュー

梨子「もー……遅刻しちゃうよ」

元スレ: 梨子「わ、私と曜ちゃんの」曜「短編集だよ!」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/17(月) 22:49:15.15 ID:dLt0ayiT
【授業中】

曜(授業つまんないー)

曜(何か面白いことないかなー)

曜(そうだ!)

ツンツン

梨子「?」

梨子(背中をツンツン……ってことは曜ちゃんよね)

梨子(どうしたんだろう)

梨子(といっても授業中だから振り向けないし)
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/17(月) 22:50:28.36 ID:dLt0ayiT
曜「~~~~♪」ツンツン

梨子「……ふふっ」

梨子(全く子供なんだから)クスッ

曜「~~~~♪」

曜(何か背中に書こうっと)

曜(んー……『す』『き』)スッスッ

曜(わかるかなー?)

梨子「…………」カキカキ

スッ

曜「?」

曜(なんだろう、メモだ)

『私も好き』

曜(おお!大正解!)
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/17(月) 22:51:45.04 ID:dLt0ayiT
【お昼】

曜「梨子ちゃん、今日のお昼ご飯はなーに?」

梨子「曜ちゃんの大好きなー」

曜「おお!」

梨子「梨子ちゃんのサンドイッチ!」

曜「ってハンバーグじゃないんだ」

梨子「あれ、嫌だった?」

曜「ううん、嬉しい!」

曜「梨子ちゃんの料理はなんでも美味しいからね」

梨子「褒めてもなんにもでないよ」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/17(月) 22:52:31.68 ID:dLt0ayiT
千歌「梨子ちゃん、千歌の分はー?」

梨子「ちゃんとあるよ。ほら、みかんサンドイッチ」

千歌「やったー!」

曜「ハンバーグはー?」

梨子「ありません」

曜「えー!」

梨子「夕飯で作るから我慢しなさい」

曜「はーい」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/17(月) 22:53:25.32 ID:dLt0ayiT
【練習中】

梨子「ふぅ……」

曜「はい、梨子ちゃん。喉乾いたでしょ」

梨子「ありがとう、曜ちゃん」コクン

曜「大丈夫?疲れてない?」

梨子「疲れてるのは曜ちゃんでしょ。こんなに汗かいて」

曜「どうせまた出るから拭かなくてもいいよ」

梨子「だめ。風邪ひいたらどうするの」

曜「梨子ちゃんに看病してもらうから平気!」

梨子「はいはい」
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/17(月) 22:55:05.23 ID:dLt0ayiT
【下校】

曜「梨子ちゃん、ちょっと学校の周りを散歩しようよ!」

梨子「散歩って……もうすぐ暗くなるのに?」

曜「うん。バスまでもう少し時間あるし」

梨子「じゃあ少しだけね」

曜「やったー!」ギュッ

梨子「あ、ちょっと!急に走ったら危ない!」

曜「大丈夫大丈夫!」

梨子「大丈夫じゃないわよ!もう!」グイッ

曜「わわっ!?」

梨子「曜ちゃんに任せられないから、私が先に歩くわよ」

曜「はーい」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/17(月) 22:56:17.84 ID:dLt0ayiT
【夜】

曜「んー!梨子ちゃんのご飯美味しいー!」

梨子「褒めてもおかわりはないわよ」

曜「えー!」

曜ママ「梨子ちゃん、いつもありがとね」

梨子「いえ……お世話になってるのでこれくらい」

曜「別に気にしなくてもいいのにね」

曜ママ「そうよ。お母さんが少し家を空けるからうちに来てるだけなんだし、もっと寛いでくれてもいいのよ」

梨子「ありがとうございます」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/17(月) 22:57:14.41 ID:dLt0ayiT
【深夜】

曜「ん~」

梨子「……すぅすぅ」

曜「…………」ポケー

曜「あれー……部屋に梨子ちゃんがいる……」

曜「あったかそう……」

曜「お邪魔しまーす」モゾモゾ

梨子「んー……」

曜「いい匂い……」

曜「……くぅ」スヤスヤ
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/17(月) 22:58:10.57 ID:dLt0ayiT
【大会】

梨子「曜ちゃん、大会頑張ってね」

曜「ありがとう、梨子ちゃん」

梨子「リラックスだけど、膝枕で良かったの?」

曜「うん。これが一番落ち着くから」

曜「大会も梨子ちゃんパワーで頑張るね」

梨子「何よそれ」クスッ

曜「こうやってる間にも太腿から梨子ちゃんの力を感じるんだよね」スリスリ

梨子「くすぐったいからやめなさい」

曜「やだー」

梨子「……全く」フフッ

「渡辺のやつまた可愛い彼女連れて来てんぞ」

「絶対あいつには負けねぇ」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/17(月) 22:59:22.98 ID:dLt0ayiT
【部室】

曜「梨子ちゃん~衣装が思いつかないよ~」ベター

梨子「重いから寄りかからないで」

曜「そんな冷たいこと言わないでよ~」

梨子「はいはい。一緒に考えるからスケッチブック出して」

曜「本当!?梨子ちゃん大好き!」

曜「あ、でも作曲は大丈夫?」

梨子「そっちは後で曜ちゃんに手伝ってもらうから平気」

曜「いやー……作曲はできないんですけど」

梨子「曜ちゃんはいてくれるだけでいいの」

曜「それならお手伝いするであります!」

梨子「じゃあ、先に衣装の案を考えましょう」

曜「うん!今回は……」



善子「え?あの二人付き合ってないの!?」

果南「とっくに付き合ってると思ってた……」
37: Ep2:ノートの悪戯(やわらか銀行) 2018/09/18(火) 21:23:24.86 ID:JlV1ZKqZ
千歌「よーちゃんって好きな人はいないの?」

曜「好きな人?いきなりどうしたの?」

千歌「いつもラブレターもらってるのに誰とも付き合わないからなんでかなーって」

千歌「梨子ちゃんも気になるよね?」

梨子「確かに……ちょっと気になるかも」

曜「うーん、特にそういうことじゃないと思うんだけど」

曜「好きじゃないのに付き合うのって、相手に失礼でしょ?」

梨子「まあそうよね」
38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/18(火) 21:23:58.58 ID:JlV1ZKqZ
千歌「じゃあじゃあ!よーちゃんのタイプはどんな人なの?」

曜「なんでそんなに乗り気なの、千歌ちゃん」

千歌「いやー、幼馴染としては曜ちゃんの趣向を把握しておかないといけないからね」

曜「千歌ちゃんに言うとメンバーみんなに知られちゃうじゃん」

梨子「千歌ちゃん、口が軽いもんね」

千歌「むー!そんなことないもん!」

千歌「というより!ほら、さっさと白状するのだ!」

曜「と言われても……特にないんだけどなぁ」
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/18(火) 21:24:43.10 ID:JlV1ZKqZ
~授業中~

曜(授業になってくれてなんとか助かった)

曜(好きな人……かぁ)

曜(千歌ちゃんにも困ったなぁ)

曜(だって好きな人って言ったら……)チラッ

梨子「…………」

曜「っ///」
40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/18(火) 21:25:25.26 ID:JlV1ZKqZ
曜(一目惚れって、本当にあるんだ)

曜(最初は東京からの転校生が珍しいから気になってたと思ってたのに)

曜(いつも目で追いかけて、近くにいるだけでドキドキして)

曜(毎日会えるのが嬉しくて、お話しできるだけで楽しくて)

曜(二人きりになれた時は、ずっとこの時間が続けばいいなんて思っちゃって)

曜(さっきだって……梨子ちゃんの好きな人がずっと気になってた)

曜(……やっぱり、私)

曜(恋、しちゃってるんだよね)
41: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/18(火) 21:26:13.31 ID:JlV1ZKqZ
曜(今の関係を崩したくないから、怖くて告白なんかできない)

曜(意気地無しだな、私)

梨子「…………」ウツラウツラ

曜「……くすっ」

曜(作曲疲れで眠いのかな)

曜(まあそういうところも可愛いんだけどさ)

曜(…………)

曜(この気持ち、梨子ちゃんに伝えられたらいいのに)

曜(でも、勇気のない私は……こんなことくらいしかできないんだよね)カキカキ

曜(ノートに相合傘を描いて……『渡辺曜』っと)

曜(ふふっ、小学生みたい)

曜(それで、『桜内』……)カキ

キーンコーンカーンコーン

「それじゃあ今日はここまでー」

曜「あっ」

『渡辺曜』
『桜内』

曜「間に合わなかった……がっくし」
42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/18(火) 21:26:54.19 ID:JlV1ZKqZ
梨子「ごめん、曜ちゃん、お願いがあるんだけど」

曜「どうしたの?」

梨子「えっと、さっきの授業……ちょっと寝ちゃってて」

曜「ああ、ノートね」

曜「一応全部書いてあるから」スッ

梨子「ごめんね、直ぐに写すから」

曜「急がなくていいよ、後はホームルームだけだし、その後に先生にお手伝い頼まれてるから」

梨子「ありがとう、曜ちゃん」ニコッ

曜「う、うん……」ドキッ
43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/18(火) 21:27:32.90 ID:JlV1ZKqZ
「渡辺ありがとなー」

曜「いえいえー」

曜「さーて、そろそろ梨子ちゃんもノート写し終わってるかな」

曜「……あれ、確かあのノート」

曜「しまった……相合傘描いちゃってたんだ」

曜「いや、でも名前は途中までしか書いてないし」

曜「……桜内まで書いてたらバレバレだよ、私のバカ」

曜「こんなことしてるってバレたら、絶対嫌われるよね」

曜「……さようなら、初恋」
44: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/18(火) 21:28:13.75 ID:JlV1ZKqZ
ガラッ

曜「り、梨子ちゃん……終わった……かな?」

曜(怒ってたらどうしよう……二度と口を聞いてもらえないかも)

曜(ぅぅぅ……神様……)

梨子「あ、曜ちゃん。ありがとう、今終わったところだよ」

曜「え?」

梨子「?どうしたの?」

曜「あ、いや、なんでもないよ」

曜(もしかして、気付いてない?)

梨子「ふふ、変な曜ちゃん」

曜(梨子ちゃんにおかしいところはないし……もしかして助かった!?)
46: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/18(火) 21:29:19.85 ID:JlV1ZKqZ
梨子「それじゃあ、先に帰るね」

曜「うん、私は善子ちゃんを待ってから帰るから」

梨子「それじゃあまた明日ね、曜ちゃん」

曜「またね、梨子ちゃん」

ガラガラ

曜「……良かったぁ」

曜「隅っこの方に書いてたから気付かなかったんだよね、多分」

曜「もったいないけど、心臓に悪いから消しておこう」ペラペラ

曜「…………え?」


『渡辺曜』
『桜内梨子』


曜「っ///」

曜「え、いや、あの、えぇぇっ!?///」

曜「り、梨子ちゃんだよね!?///」

曜「いや、だって、まって、ぁぅ……///」

曜「……明日、どんな顔して会えばいいんだろう///」プシュゥゥゥ



千歌「梨子ちゃん、顔赤いけどどうかしたの?」

梨子「……なんでもない」
50: Ep3:梨子ちゃんのお誕生日(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 00:00:40.49 ID:oMS7geOg
「「「梨子ちゃん誕生日おめでとう!」」」

梨子「ありがとう、みんな」

鞠莉「今日は梨子のためにステキなプレゼントを用意したデェス!」

梨子「プレゼント……ですか?」

果南「うん。頑張ってみんなで作ったんだ」

鞠莉「なんだと思う?」

梨子「えーと……」

ダイヤ「前置きが長いですわよ、二人とも」

ダイヤ「せっかくの誕生日なんですから、今日ぐらいは梨子さん困らせないようにしてください」

鞠莉「ちょっとダイヤ!その言い方だといつも私と果南が梨子を困らせてるみたいじゃない!」

果南「というかなんで私まで」
51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 00:01:23.59 ID:oMS7geOg
善子「ちょっとずら丸!もう少しゆっくり歩きなさいよ!」

花丸「善子ちゃんが遅すぎるだけずら」

善子「ヨハネよ!」

ルビィ「二人とも、あんまり動くと形が崩れちゃうよ」

梨子「それ……」

千歌「えへへ、驚いた?」

千歌「なんと!みんなのお手製ウェディングケーキだよ!」

ルビィ「ルビィたちもお手伝いしました」

善子「ふっ、堕天使であるリリーのためなら当然の行いよ」

花丸「善子ちゃんはただ見てただけずら」

善子「だからヨハネだってば!」
53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 00:02:25.97 ID:oMS7geOg
梨子「……みんな、ありがとう」

梨子「でも、どうしてウェディングケーキを?」

鞠莉「ほら、この前お嫁さんになりたいとか言ってたじゃない?」

梨子「そ、それは……///」

果南「ま、ちょっと早いけど気分くらいわねって」

ダイヤ「せっかくですからケーキ入刀もしてみましょうか」

千歌「はい、というわけで出番だよ、曜ちゃん!」

曜「出番と言われても」

梨子「!」
54: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 00:03:17.98 ID:oMS7geOg
曜「あはは、私でいい、のかな?」

梨子「…………」コクン

鞠莉「ワーオ、梨子ったら顔真っ赤じゃない」ヒソヒソ

果南「でも曜は気付いてないみたいだね」ヒソヒソ

曜「じゃあ一緒に包丁持って……」

梨子「…………」ギュッ

ストン
55: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 00:03:51.71 ID:oMS7geOg
千歌「ひゅーひゅー!結婚おめでとうー!」

曜「いや、してないから」

鞠莉「どう、喜んでもらえたかしら?」コソッ

梨子「……ありがとうこざいます」

ダイヤ「全く。本来であれば、スクールアイドルは恋愛禁止なのですが」

鞠莉「もー!ダイヤってばカッチンコッチンなんだから!」

ダイヤ「なんですってー!」

曜「あはは……」

梨子「…………」

曜「どうかした?」

梨子「あ、ううん。なんでもないの」
56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 00:04:36.43 ID:oMS7geOg
ザザーン

曜「ごめんね、大騒ぎしちゃって」

曜「みんなも梨子ちゃんのことをお祝いしたいだけで、悪気はないんだよ」

梨子「うん、分かってるよ」

梨子「嬉しかったから、迷惑だなんて思ってない」

曜「そっか。それなら良かった」

曜「ケーキ入刀とか、本当なら好きな人とやりたかったんじゃないかって思っちゃってさ」

曜「だから本当に良かったのかなって不安だったの」

梨子「……そう、ね。だから、全然問題ないわ」

曜「……?それなら、いいんだけど」
57: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 00:05:11.12 ID:oMS7geOg
曜「あー……しまった」

梨子「どうしたの?」

曜「いや、梨子ちゃんへのプレゼント家に忘れちゃったなって」

曜「ごめん、明日渡すね」

梨子「別にいいよ。気持ちだけでも、嬉しいもん」

曜「うーん、でもそれだと私の気持ちが治らないし」

曜「そうだ、何か欲しいものとかないかな?」

曜「あんまり高すぎる物は無理だけど……そこそこくらいのものならなんとかなると思う」

梨子「……欲しいもの」

梨子「……ふふっ」クスリ
58: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 00:06:28.08 ID:oMS7geOg
曜「え、今の何か面白かったの?」

梨子「ううん、なんでもない」

梨子「それじゃあ、曜ちゃんにはもう少しだけ私の話し相手になってもらおうかな」

曜「別にいいけど、欲しいものは?」

梨子「さぁ、なんだろうね」

曜「えー、ちょっと、梨子ちゃーん」

梨子(鈍感な曜ちゃんは気付かないよね)

梨子(私が欲しいのは、曜ちゃんと過ごせる時間)

梨子(今も貰い続けてるのに、これ以上もらえないでしょ)

梨子(でも、曜ちゃんにもちょっとくらい悩んで欲しいから、教えてあげない)

梨子(だから、私が答えを言うまでは……ずっと隣で悩んでてね)



千歌「おー、あれが青春かー」

善子「ちょっと!覗き見したら二人に悪いでしょ!」

果南「善子ちゃんもしてるでしょ」
63: Ep4:大学生梨子ちゃんと隣人渡辺さん(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 21:59:15.84 ID:oMS7geOg
梨子「こんにちは」

曜「あ、梨子ちゃん!」

曜「大学から帰ってきたの?」

梨子「うん。渡辺さんも帰り?」

曜「そうだよー」

曜「というか、渡辺さんはやめてって何回も言ってるでしょ!」

曜「ほら、ちゃんと『曜』って呼んで!」

梨子「う、うん……」

梨子「よ、曜……ちゃん……///」

曜「うんうん、よくできました」ナデナデ

梨子「っ///」
64: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 21:59:55.92 ID:oMS7geOg
~大学~

「それで、梨子は最近どうなの?」

梨子「え?」

「え?じゃないって!大好きな隣人さんとは進展があったのかって聞いてるの!」

梨子「べ、別に曜ちゃんはそんなのじゃ……///」

「はいはい、そういうのいいから」

「どうせなんにも進んでないっしょ」

梨子「……うん」

「このままじゃ何にも起こらずに終わるな」

「よし、梨子は今日夕飯作ってその人家に呼ぶこと」

「できなかったら罰ゲームね」

梨子「え?そ、そんなぁ!」
65: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:00:42.77 ID:oMS7geOg
~夜~

コンコン

曜「はーい」

梨子「あ、曜ちゃん……ごめんね、夜に」

曜「どうしたのー?」

梨子「実はその……ご飯作りすぎちゃって」

梨子「良かったら、一緒に食べないかな?」ドキドキ

曜「本当!?」

曜「梨子ちゃんの料理楽しみだなー!」

梨子「あんまり期待しないでね」

曜「それは無理であります!」
66: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:01:25.42 ID:oMS7geOg
曜「ん~美味しい!」

曜「梨子ちゃんって料理上手なんだね!」

梨子「大袈裟だよ。これくらいなら誰でもできるもん」

曜「いやいや、そんなことないよ」

曜「こんなに美味しい料理なら毎日食べたいし」

梨子「っ///」

梨子「たまになら……作ってもいいよ?///」

曜「いいの!?」

曜「やったー!梨子ちゃん大好きー!」ギュー

梨子「ぁぅ///」
67: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:01:58.04 ID:oMS7geOg
曜「ご馳走様でした」

曜「はー、お腹いっぱいだー」

梨子「あの、聞いていいのか分からないんだけど」

曜「どうしたのー?」

梨子「曜ちゃんは、どんな仕事をしてるの?」

曜「ほぇ?」

梨子「あ、その、変な意味じゃなくて」

梨子「よ、曜ちゃんかっこいいし……何してるのかなって」

曜「うーん、準備したりとか、手伝ったり……後教えたり?」

梨子「そうなんだ」

梨子(先生とか……そっち系なのかな?)
68: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:02:53.76 ID:oMS7geOg
~大学~

「え、あれから仲良くなって今では毎日一緒にご飯食べてる?」

「しかもたまにそのまま泊まってくって?」

梨子「うん……///」

「毎日部屋に女連れ込んでるって……」

「あたしの知ってる清楚な桜内はもういねーんだな……」

梨子「なんでそうなるのよ!」

「盛り上がってるところ悪いけど、そろそろ行くよ」

「あれ、もうそんな時間?」

「久しぶりの合コンだー!」

梨子「いってらっしゃい。また明日ね」

「いや、梨子も行くから」

梨子「え?」
69: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:03:30.46 ID:oMS7geOg
~合コン~

梨子(メールはしたけど……はぁ)

梨子(本当は曜ちゃんとご飯食べたかったのに)

「梨子ちゃんだっけ?お酒もっと飲まないと」

梨子「あんまり強くないので……」

「大丈夫大丈夫、このお酒弱いから」

「ほらほら、飲んで飲んで」

梨子「は、はい……」ゴクッ

梨子(苦い……)
70: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:04:08.09 ID:oMS7geOg
梨子「ぅ……」クラクラ

「梨子ちゃん大丈夫ー?」

「これは酔ってるねー、ちょっとそこのホテルで休んで行こっか」

梨子「大丈夫……ですから……」フラッ

「大丈夫じゃないでしょー?ほらいくよー?」

梨子(いや……!)

梨子(助けて、曜ちゃん……!)

曜「あれ、梨子ちゃん!」

梨子「曜、ちゃん」

「お、あれが噂の梨子の彼女か」

「え、梨子ちゃん恋人いたの?」

「あちゃー」
71: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:04:57.94 ID:oMS7geOg
「じゃあ後、梨子のこと任せますね」

曜「へ?」

梨子「曜ちゃーん」ギュー

曜「わっ!?」

梨子「もー!怖かったんだから!」

梨子「なんでもっと早く来てくれないの!」

曜「あー、ごめんね。ほら、行くよ」

「……思ってたよりスペック高かったな」

「うん。ダメ人間だと思ってた」

「……あの人」

「どした?」

「いや、なんか見覚えある気がして」

「気のせいでしょ」
72: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:05:31.03 ID:oMS7geOg
曜「梨子ちゃん鍵はー?」

梨子「ないから曜ちゃんの家に泊まる」

曜「いやないわけないでしょ」

梨子「泊まるのー!曜ちゃんのお家ー!」

曜「おお!お泊り!」

曜「よーし、じゃあ今日は曜ちゃんの家にご招待であります!」

梨子「えへへ~曜ちゃん好き~」スリスリ

曜「私も好きだよ!」
73: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:06:29.15 ID:oMS7geOg
曜「結構歩いたねー」

曜「梨子ちゃん大丈夫?」

梨子「……大丈夫じゃない、もん」

曜「え?」

梨子「あんまりお酒強くないのにたくさん飲まさせられるし、お持ち帰りされそうになるし」

梨子「怖かったんだもん」

曜「梨子ちゃん……」

梨子「だから、曜ちゃんが責任取って」

曜「え?責任?」

梨子「えっち……してくれないと許さないもん」

曜「う、うーん?」

曜「えっちって何?」

梨子「教えてあげるから……ベッド、いこ?」
74: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:07:07.92 ID:oMS7geOg
チュンチュン

梨子「…………」

梨子「朝、ベッド、裸、曜ちゃん」

梨子(ああああああやっちゃったぁぁぁぁぁぁぁ////)

曜「おはよ、梨子ちゃん」

梨子「お、おはよう……曜……ちゃん……」

曜「じゃあ早速……」グイッ

梨子「きゃっ!?」

曜「昨日の続き、しよっか?」

梨子「ふぇっ!?」

曜「梨子ちゃん無理やりされるのが好きだって言ってたし、いいよね?」

梨子「…………///」コクン
75: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:07:44.58 ID:oMS7geOg
梨子「え?曜ちゃん家を空けるの?」

曜「うん。どのくらいかよくわかんないけど」

梨子「そうなんだ……」

曜「また帰ってきたら梨子ちゃんの料理食べさせてくれる?」

梨子「いいよ。それまでに、もっと美味しくできるようにするね」

曜「それは楽しみでありますなぁ!」

曜「あ、そうだ」

曜「みんなに梨子ちゃんのこと言っちゃってもいいかな?」

梨子「うん、いいよ」

梨子(友達とか家族によね)

梨子(……えへへ)
76: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:08:20.04 ID:oMS7geOg
梨子「はぁ……」

梨子「もう何日、曜ちゃんに会ってないんだろう」

梨子「……寂しい、かも」

梨子「って、こんなんじゃダメよ」

梨子「気分直しにテレビでも見ようかな」ポチッ

梨子「あ、今オリンピックやってるんだ……え?」

『次は渡辺曜選手ー!』

梨子「曜、ちゃん?」

『決まったー!文句無しの最高得点!』

梨子「え……うそ?」

『渡辺選手、金メダル獲得です!』

梨子「…………」ポカーン
77: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:08:53.48 ID:oMS7geOg
梨子「そっか……曜ちゃん、飛び込みの選手だったんだ」

梨子「金メダルが取れるくらい、凄い人だったんだ」

梨子「そっか……私とは、違う世界の人なんだ……」

梨子「……あはは、バカだよね、私」

梨子「そんな人が、私と付き合ってくれるはずないのに」ジワッ

梨子「勝手に、喜んで……」

『渡辺選手、今のお気持ちは?』

曜『梨子ちゃーん!金メダル取ったよー!』

梨子「ふぇ?」
78: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:09:42.77 ID:oMS7geOg
『あ、あの、梨子さんというのは?』

曜『梨子ちゃんはね、私の恋人なの!』

曜『◯◯大学だっけ?に通ってて、いつも私に美味しいご飯作ってくれるんだ』

梨子「曜ちゃん、待って、これ、全国放送……」

曜『梨子ちゃん見てるー?大好きだよー!』ブンブン

梨子「な、何やってるのよ曜ちゃん///」

梨子「みんなに言うって、こ、こういう///」

曜『あ、後ね、最近はえっちもしてるんだよ』

梨子「うぇっ!?」

曜『梨子ちゃんが教えてくれたんだけど、凄く気持ちーー』

『は、はい、渡辺選手でしたありがとうございました!』

梨子「」
79: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:10:42.36 ID:oMS7geOg
~大学~

「おい、あれ」ヒソヒソ

「ああ例の子ね」ヒソヒソ

梨子「…………」ワナワナ

「おーっす、金メダリストの彼女さん」

梨子「もうやめて……限界だから……」

「学校中に知れ渡ってるからな」

「しかもえっちまでしてるなんて驚いたわ」

梨子「言わないで……」グッタリ

梨子(ぅぅ……曜ちゃんのバカバカ)

梨子(すっごい恥ずかしいんだから)
80: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/19(水) 22:11:27.10 ID:oMS7geOg
~数日後~

曜「梨子ちゃんただいま~!」

梨子「ただいま、じゃないでしょ!」

曜「え?」

梨子「もー!テレビであんなこと言って凄く恥ずかしかったんだから!」

曜「え、でも梨子ちゃんが言っていいって」

梨子「そうだけど違うの!テレビでは言っちゃだめ!」

曜「そうなの?じゃあ断った方が良かったかな」

梨子「何を?」

曜「テレビ局の人が私と梨子ちゃんの映像撮りたいって」

梨子「っ~~~~~~~///」

梨子「曜ちゃんのバカぁぁぁぁぁぁぁ///」



千歌「あ、曜ちゃん恋人作ったんだー」

果南「曜の恋人って大変だろうね」
86: Ep5:転校生と距離感(やわらか銀行) 2018/09/20(木) 22:02:25.74 ID:LOUdUXd3
梨子(転校したけど……新しく友達できるのかな)

梨子(挨拶も変なふうになっちゃったし、もしかしたら敬遠されちゃうかも)

梨子(それにもうみんな仲良い子いるもんね)

曜「ねーねー、梨子ちゃん!」

梨子「え?あ、えっと」

曜「私は曜ちゃんだよ!」

梨子「うん、よろしくね、曜ちゃん」

梨子(隣の席の人、曜ちゃんって言うんだ)

梨子(優しそうな人で良かった)ホッ

曜「よろしく、梨子ちゃん!」チュッ

梨子「ふぇっ!?///」
87: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/20(木) 22:03:31.25 ID:LOUdUXd3
梨子「よ、曜ちゃん、いきなりなにするの!?」

曜「ちゅーだよ?」

梨子「ちゅーって……そ、そんなこといきなり///」

曜「んー?何がいけないのー?」

曜「友達なら普通だよー」チュッ

梨子「ひゃっ///」

曜「梨子ちゃん可愛いー!」チュッ

梨子「だ、だめ///みんな見てるから///」

梨子(ぅぅぅ///内浦だとこれが普通なの?///)
88: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/20(木) 22:04:23.73 ID:LOUdUXd3
千歌「おお!流石曜ちゃん!」

千歌「さっそく梨子ちゃんを捕まえてくるなんて!」

曜「えへへ~梨子ちゃんね、可愛いんだよ!」

曜「ちゅってしたら真っ赤になるの!」

千歌「へー、珍しいねー」

曜「そうだよー、それにねー」ギュッ

梨子「きゃっ///」

曜「梨子ちゃんいい匂いするのー」クンクン

梨子「や、やめて///」

曜「なんでー?」キョトン

梨子「ぁぅ///」

梨子(顔が近いよぉ///)
89: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/20(木) 22:04:58.90 ID:LOUdUXd3
~お昼~

曜「あ、ハンバーグ!一口頂戴!」パクッ

梨子「わっ!?」

曜「ん~美味しい~!」モグモグ

梨子(か、間接キスになっちゃう///)

曜「食べないのー?」

梨子「え?いや、えっと……」

梨子「はむっ」モグッ

梨子(恥ずかしくて味が分かんないよぉ///)

曜「私のお弁当も一口あげるね、はい、あーん!」

梨子「」
90: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/20(木) 22:05:40.86 ID:LOUdUXd3
~自宅~

梨子「はぁ……今日も恥ずかしかった」

梨子「曜ちゃん、距離が近すぎるよ」

梨子「顔近いし、何処でもキスするし、今日なんて授業中にもしてくるし///」

梨子「他のみんなも見てて思ったけど、スキンシップが激しすぎ///」

prrr

梨子「ん?曜ちゃんから?」

梨子「もしもし?曜ちゃん?」

曜『梨子ちゃーん!こんばんはー!』

梨子「こんな時間にどうしたの?」

曜『梨子ちゃんの声が聞きたくなっただけどよー、えへへー』

梨子「っ///」

曜『梨子ちゃん大好きだよー!おやすみー!』

プツンツーツー

梨子「もー、なんなのよぉ///」
91: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/20(木) 22:06:33.64 ID:LOUdUXd3
~練習中~

梨子「ふぅ……疲れた」

果南「お疲れ、梨子ちゃん」

果南「やっぱり練習はきつい?」

梨子「ええ、大分慣れてきたとは思うんですけど」

果南「それなら良かった」

果南「そうだ、曜とはどんな感じ?」

梨子「曜ちゃんですか?」

果南「うん、梨子ちゃん、凄く懐かれてるみたいだからさ」

梨子「……よく、キスされます」

果南「あはは、そうなんだ」

果南「私もよくされるんだよね」

梨子「そう、なんですか?」

梨子(私だけじゃ、ないんだ)
92: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/20(木) 22:07:05.00 ID:LOUdUXd3
曜「千歌ちゃーん!飲み物頂戴ー!」

千歌「よーちゃん持ってきてなかったっけ?」

曜「部室に忘れちゃった!」

千歌「そっか、はいどーぞ」

曜「ありがと千歌ちゃん!」

曜「大好き!」チュッ

千歌「わわっ!」

千歌「もー!よーちゃん!すぐにキスするの恥ずかしいからやめてってば!」

千歌「この前もお母さんたちの前でするし!」

曜「えへへー、やだー!」

梨子「…………」ズキッ
93: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/20(木) 22:07:35.62 ID:LOUdUXd3
梨子「…………」

果南「……キス、してみる?」

梨子「え?」

果南「梨子ちゃんだけヤキモチ妬くのはいやでしょ?」

果南「ほら、こっち来て」グッ

梨子「きゃっ///」

果南「ふふ、可愛い」

果南「こっち向いて」

梨子「……っ///」



曜「だめー!!!」
94: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/20(木) 22:08:09.22 ID:LOUdUXd3
グイッ

梨子「きゃっ!」

曜「むー!梨子ちゃんとちゅってしたらだめ!」

果南「なんで駄目なの?」

果南「曜だって、千歌や私にもキスしてるでしょ?」

曜「するけど、だめなの!」

果南「そっか。じゃあしょうがないね」

果南「梨子ちゃん、ちゃんと理由聞いておいてね」

梨子「えっ……?」
95: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/20(木) 22:08:40.38 ID:LOUdUXd3
曜「むー……」プクー

梨子「ごめんね、曜ちゃん」

梨子「でも、どうして私が果南さんとキスしたらいけないの?」

曜「……分かんない」

曜「でも、やだもん!梨子ちゃんにちゅーしていいのは私だけだもん!」

曜「さっきも、果南ちゃんがしようとしてて胸がもやもやしたんだもん……」

梨子「曜ちゃん……」

梨子「ごめんね、もやもやさせちゃって」

梨子「いつも言えないけど、私も大好きだよ」チュッ
96: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/20(木) 22:09:28.43 ID:LOUdUXd3
曜「わっ///」カァァァァ

梨子「くすくす、曜ちゃん、顔赤いよ?」

曜「み、見ないで///」

梨子「だーめ。いつもは私が真っ赤になってるんだから」

曜「う~///」

曜「梨子ちゃんきらい!」

梨子「私は好きだよ、曜ちゃんのこと」

曜「ぅぅぅ///もー///他の人にちゅーしたら本当にきらいになっちゃうからね///」

曜「絶対だめだからね!」

梨子「うん。じゃあ、曜ちゃんも私だけにしてね?」

曜「……うん///」



果南「一件落着、だね」

鞠莉「ハァイ、果南。梨子と仲睦まじくなにしてたの?」ニコニコ

ダイヤ「少し、お時間頂けますわよね?」ニコニコ

果南(終わった……)
98: Ep6:ルビィちゃんのお誕生日(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 00:00:19.67 ID:kTIc/Vrv
ルビィ「今日はルビィのお誕生日……だよね?」

ルビィ「みんな何も言ってくれないけど、もしかして……」

ルビィ「ううん、そんなことないもん」

ルビィ「みんな、ちゃんと覚えててくれてるはずだもん」

ルビィ「二日前は梨子ちゃんのお誕生日だったんだし……」

ルビィ「でも、もう部活も終わりだし……」

花丸「ルビィちゃん、どうしたずら?」

ルビィ「あ、花丸ちゃん!」

ルビィ「ううん、なんでもないよ」
99: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 00:00:55.83 ID:kTIc/Vrv
花丸「なんだか落ち込んでる気がしたけど、大丈夫?」

ルビィ「うん」

花丸「あ、そうだ、今日の放課後なんだけど」

ルビィ「!」

花丸「善子ちゃんと一緒に帰るから、先に帰ってね」

ルビィ「え……?」

善子「ちょっとずら丸!早く着替えなさいよ!」

花丸「はいはいわかったずら~」

花丸「じゃあまたね、ルビィちゃん」

ルビィ「……うん」
100: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 00:01:31.08 ID:kTIc/Vrv
ルビィ「お姉ちゃんも、生徒会が忙しいって」

ルビィ「他のみんなも用事ばっかり……」

ルビィ「やっぱり、忘れられてるのかな」

ルビィ「仕方ないよね……梨子ちゃんの誕生日が先にあったし、そっちの方が大事だもんね」

ルビィ「…………」ウルッ

ルビィ「……帰ろう」

オモイガトードーカナイッテー

ルビィ「メール?」

ダイヤ<生徒会室に来てください

ルビィ「生徒会室?どうしたんだろう」

ルビィ「お手伝いかな?」
101: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 00:02:18.06 ID:kTIc/Vrv
ガラッ

ルビィ「お姉ちゃん、どうし」

「「「ルビィちゃん誕生日おめでとう!!!」」」

ルビィ「…………え?」

善子「ふっふっふっー、驚いてるみたいね」

花丸「サプライズにしてみたんだけど、驚いてくれたずら?」

ルビィ「…………ふぇ」ポロッ

善子「え、どどどどうしたのよ!驚かせすぎた!?」

ルビィ「……違うの。みんなに忘れられてると思ってて、それが、こうしてお祝いしてもらえて、嬉しくて」

ダイヤ「忘れるわけないでしょう。大事な妹の誕生日を」ギュッ

ルビィ「お姉ちゃん……」ギュッ
102: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 00:02:54.01 ID:kTIc/Vrv
曜「善子ちゃんと花丸ちゃんがね、ルビィちゃんをビックリさせたいって言っててね」

梨子「それでサプライズになったの」

曜「みんなで頑張って飾り付けもしたんだよ」

果南「飾り付け中にイチャイチャしてる人もいたけどね」

曜「え?」

果南「飾り付けしてる最中に『これ可愛いね』『梨子ちゃんの方が可愛いよ』『ば、ばか///』ってやってたもんね」

梨子「あ、あれは、よ、曜ちゃんが急に言うから///」

曜「いや、だって梨子ちゃんが可愛くて本音が口から……」

梨子「ぁぅ///」
103: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 00:03:30.74 ID:kTIc/Vrv
千歌「膝枕してるのみた」

ダイヤ「お互いにもたれ掛かってましたわ」

鞠莉「抱きしめあってたわね」

曜「み、見られてたんだ……///」

梨子「ぁぅ///」

果南「いい加減付き合ったら?」

曜「そ、そんなの無理だって!梨子ちゃんみたいな可愛い子に私なんて似合わないよ!」

梨子「む、無理です!曜ちゃんみたいなカッコよくて可愛くてなんでもできる人が私みたいな地味な子となんて……」

曜「……わ、私は、梨子ちゃんなら、いいよ?」

梨子「曜ちゃん……///」キュン

花丸「ルビィちゃんの誕生日なのに主賓を置いてきぼりにしないで欲しいずら」

善子「はいはい、後はもう隅っこでやってなさい」
104: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 00:04:03.88 ID:kTIc/Vrv
コトン

ルビィ「これ……スイートポテト」

善子「堕天使ヨハネからの、リトルデーモンへのプレゼントよ」

花丸「善子ちゃん、ルビィちゃんのためにって曜さんに教わりながら頑張って作ったんだよ」

善子「ヨハネよ!」

善子「ほら、さっさと食べなさいよ」

花丸「マルも一緒に作ったから、問題ないずらよ」

ルビィ「……ありがとう、二人とも」

ルビィ「はむっ」
105: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 00:04:39.20 ID:kTIc/Vrv
ルビィ「ピギャァァァァァァァァ!!!」

善子「うぇっ!?」

ルビィ「からっ!からいっ!み、みずっ!」

花丸「よ、善子ちゃん、何入れたずら!」

善子「いや、せっかくだし堕天使スペシャルにしようと辛くなりそうなものを」

花丸「よ、曜さん!水を!」

曜「り、梨子ちゃんは……私で、いいの?」

梨子「……うん。曜ちゃんが、いい」

花丸「何ラブコメやってるずら!」

善子「落ち着きなさい、ルビィ」

善子「心を闇に捧げれば、自ずと辛さも」

花丸「そんなことやってる暇があれば早く水を用意するずら!」

ルビィ「ひゃ、ひゃらぃっ!」
106: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 00:05:31.93 ID:kTIc/Vrv
ルビィ「はふっ、はふっ、」ゴクゴク

ダイヤ「大丈夫ですか、ルビィ」

ルビィ「うん……ありがとう、お姉ちゃん」

ダイヤ「全く、善子さんには困ったものですわ」

ルビィ「……でも、嬉しいよ」

ダイヤ「え?」

ルビィ「こうしてみんなでわいわいできるの、凄く嬉しいの」

ダイヤ「……そうですか。ふふ、良かったですわね、ルビィ」

ルビィ「うん!」

花丸「ルビィちゃん、大丈夫?」

花丸「ほら!善子ちゃん、早く謝るずら!」

善子「ヨハネよ!その、ごめんね、ルビィ」

ルビィ「ううん、全然気にしないよ、二人とも」

花丸「ずら?」

善子「え?」

ルビィ「えへへ、だってみんなのことが大好きだもん」



曜「手、繋いでもいいかな?」

梨子「う、うん///」

鞠莉「いつまでやってんのよ……」
110: Ep7:えっちしないと出られない部屋(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 22:03:43.53 ID:kTIc/Vrv
曜「ん……あれ、梨子ちゃん?」

梨子「曜ちゃん……?ここ、どこ?」

曜「わかんない、どこかのお部屋みたい?」

梨子「!」

梨子(ま、まさかホテル!?)

梨子(わ、私ついに我慢しきれなくなって曜ちゃんを押し倒しちゃったの!?)

曜「鍵が掛かってて出られない……なんでだろう」

曜「あれ、紙が置いてある」

梨子「なんて書いてあるの?」

曜「えーと……『ここはえっちしないと出られない部屋です』だって」

梨子「え?」
111: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 22:04:32.19 ID:kTIc/Vrv
梨子(そ、それって、同人誌でよくみるあれ!?)

梨子(曜ちゃんとえっちしちゃうの!?)

曜「うーん、他の部屋も見て見たけど出口がないね」

曜「でも大丈夫だよ!きっとみんなが気付いて助けに来てくれるから!」

曜「だから安心してね、梨子ちゃん」

梨子「……うん」

梨子(しないんだ……)

曜「あー、でもそれまで暇だよね」

曜「どうしよう、えっちする?」

梨子「ふぇっ!?」
112: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 22:04:55.94 ID:kTIc/Vrv
梨子「だ、だだだだだだめっ!!」

梨子「よ、よよよよ曜ちゃんとえっちなんてそんなうれしはずかしくてしんじゃう!」

曜「そっかー、じゃあ待つしかないね」

梨子(な、なにやってるのよ私のばかぁ!)

梨子(せっかく曜ちゃんから誘ってきたのに!)

梨子(ぅぅぅ、チャンスだったのにぃ……)
113: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 22:05:37.34 ID:kTIc/Vrv
~次の日~

曜「結局、昨日は来なかったね」

梨子「……助け、来ないかもしれない」

曜「なんでそう思うの?」

梨子「えっ」

梨子「そ、その……今と同じようなことを、本で見たことがあって」

曜「その本だと、次はどうなるの?」

梨子「次は、えっと、ミッションが出されるんだったかな」

梨子「成功しないと罰ゲームだって」

曜「……当たり、みたい」

梨子「え?」

『渡辺曜は、桜内梨子の体を隅々まで洗うこと』

『できなければ、罰ゲーム』

梨子「」
114: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 22:06:07.95 ID:kTIc/Vrv
曜「梨子ちゃん、お風呂行こうか」

梨子「え、いやまって、もっとこう、おとなしいのからじゃないの?」

梨子「いや、ほんと待って!死んじゃうから!恥ずかしすぎて死んじゃうから!」

曜「でも、できないと罰ゲームなんだよね?」

梨子「そ、そうだけど……」

梨子「というかこれ鞠莉さんの悪戯でしょ!」

梨子「何処かで見て笑ってるんだって!曜ちゃん!聞いて!お願い!」ズルズル

梨子「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ///」
115: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 22:06:43.09 ID:kTIc/Vrv
梨子「ぅ、ぅぅぅぅ」シクシク

梨子「全部触られた……曜ちゃんに恥ずかしいところ全部見られた……」

梨子「あんなところまで……ぅぅぅ///」

梨子「もうお嫁に行けない///」

曜「私がもらってあげるから大丈夫だよ」

梨子「あ、ありがとう……///」

梨子「ってそうじゃなくて!」

梨子「鞠莉さん!いい加減に出してください!」

梨子「このままじゃしんじゃいます!!」

曜「あ、新しいミッションだ」

梨子「え?」

『梨子は元気が有り余ってるみたいだから、たくさん運動させてあげないとね』

梨子「…………へ?」
116: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 22:07:44.50 ID:kTIc/Vrv
曜「曜へ、隣の部屋にある『玩具』を好きなように使って梨子を満足させてあげること」

曜「その時に梨子が何を言っても、やめてはいけない」

曜「だってさ」

梨子「よ、曜ちゃん、しない、よね?」

曜「するよ?だってミッションだもん」

梨子「違うの!これは全部鞠莉さんが仕組んだことなの!」

梨子「曜ちゃんもなんとなく分かるでしょ!?」

曜「うん。梨子ちゃんが余計なこと言うから、こんな風になっちゃって残念だよ」

曜「本当は純愛っぽく進めたかったんだけどさ」

梨子「え?」
117: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/21(金) 22:08:22.80 ID:kTIc/Vrv
梨子「ま、まさか、曜ちゃん」

曜「うん。梨子ちゃんをここに連れてきたのは私だよ」

曜「鞠莉ちゃんね、脱出ゲームの監視者とかやってみたかったんだって」

曜「それに協力する代わりに、私は梨子ちゃんを貰えるってこと」

梨子「わ、私、曜ちゃんにえっちなことされちゃうの?」

梨子「エロ同人みたいに!?」

曜「そうだよ。こうやってね」グイッ

梨子「きゃっ///」

曜「逃がさないよ、梨子」

曜「たくさん可愛がってやるからな」

梨子「は、はぅぅ///」



鞠莉「オーゥ!二人ともお盛んすぎデェース!」

花丸「なんでおらまで見なくちゃいけないずら」
121: Ep8:百合営業(SB-iPhone) 2018/09/22(土) 22:30:07.37 ID:9NRW6O24
千歌「じゃあ先に帰るね!」

曜「うん!またね千歌ちゃん!」

梨子「また明日、千歌ちゃん」

千歌「よーちゃんと梨子ちゃんは衣装作るんだっけ?」

曜「うん。曲に合うように作りたいからね」

曜「それに、梨子ちゃんのピアノもいっぱい聴けるしね」

梨子「もー、褒めてもなんにもでないよ」

千歌「そっか!じゃあね!」
122: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/22(土) 22:30:53.06 ID:9NRW6O24
曜「……チッ」

梨子「は?」イラッ

曜「あれ、聞こえちゃった?東京の人って耳悪いと思ってたけど違うんだね」

梨子「別に普通だけど?田舎者よりは悪いかもだけどね」

曜「喧嘩売ってんの?」

梨子「先に売ったのはそっちでしょ?」

梨子「最初に会った時からそうだったし」

曜「そっちもずっとイラつくようなこと言ってくるよね」

梨子「田舎者が嫌いなのよ」

梨子「全然なんにも知らないし」

曜「へー、じゃあ都会人の梨子ちゃんは何かいいアイディアとかあるの?」

曜「スクールアイドルで上手くいくような案とか」
123: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/22(土) 22:31:27.48 ID:9NRW6O24
梨子「あるに決まってるでしょ?」

曜「ふーん、何?」

梨子「『百合営業』よ」

曜「なにそれ?」

梨子「あれ、知らないの?まあ当たり前よね、田舎者の曜ちゃんが知ってるはずないもんね」

曜「……いちいちうるさい。早く説明して」

梨子「メンバーで付き合ってるようにみせるのよ」

曜「は?付き合ってる?」

梨子「ええ、そうよ。それを見てる人が盛り上がって話題になるの」

梨子「ま、曜ちゃんには理解できないかもしれないけどね」

曜「は?」カチン
124: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/22(土) 22:31:55.83 ID:9NRW6O24
曜「じゃあ梨子ちゃんはできるの?」

梨子「当たり前でしょ。どうする、やってみる?」

曜「なんで私が梨子ちゃんなんかと」

梨子「ああ、やっぱり田舎者だからできないんだね」

曜「は?できるけど?」

曜「いいよ、そこまで言うならやってあげるよ」

梨子「やっぱりいいわ。曜ちゃんなんかと恋人ごっこしたくないし」

曜「なに、逃げるの?」

梨子「は?」
125: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/22(土) 22:32:25.76 ID:9NRW6O24
梨子「なに?そんな大口叩いていいの?」

曜「別にいいけど?私、梨子ちゃんと違ってデートとかの経験多いし」

梨子「遊びに行ったことデートとか言うの寒いからやめてくれない?」

曜「ああごめんごめん、梨子ちゃんは友達いなかっただろうからデートの経験もないもんね」

梨子「……後悔させてあげるわ」

曜「へぇ、できるの?」

梨子「当たり前でしょ」

梨子「逃げ道、無くしてあげる」

梨子「今からSNSに画像あげるから、逃げるなら今のうちよ」

曜「それはこっちのセリフだけど?」
126: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/22(土) 22:32:54.40 ID:9NRW6O24
梨子「ほら、こっち来て」

梨子「もっと近く。手を握って」

梨子「恋人繋ぎも知らないの?」

曜「はぁ?できるけど?」ギュッ

梨子「撮るわよ」

曜「梨子ちゃん、笑顔じゃないとバレちゃうよ?」

梨子「撮る直前に笑顔にするのよ」

梨子「曜ちゃんと密着してるのに笑顔になれるわけないでしょ」

曜「ふーん、なら早くしくれる?」

曜「私も早く離れたいから」
127: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/22(土) 22:33:24.52 ID:9NRW6O24
カシャ

梨子「じゃあアップするから」

曜「それで?」

梨子「曜ちゃんはそれに返信するの。恋人に見えるようにね」

曜「はいはい」

梨子「じゃああげるわよ」


梨子
大好きな曜ちゃんと一緒に衣装作り♡
えへへ、ちょっとドキドキしちゃってます♡
【画像】
♡6436 →5994
128: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/22(土) 22:34:07.75 ID:9NRW6O24

私もドキドキしてるからおあいこだよ!
梨子ちゃん、だーい好き!

♡4123 →3995


曜「うわ、凄い通知」

曜「というか言葉遣い凄い気持ち悪いんだけど」

梨子「曜ちゃんもでしょ?」

曜「一緒にされるの嫌なんでけど」ガタッ

梨子「あら、何処行くの?」

曜「帰る」

曜「これ以上梨子ちゃんと一緒にいたくないし」

梨子「じゃあさっさと消えてくれる?」

曜「言われなくても」

パタン
129: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/22(土) 22:34:43.00 ID:9NRW6O24
曜「…………っ///」カァァァァ

曜「危ない……顔赤いのバレるところだった」

曜「り、梨子ちゃん……凄く柔らかかった///」

曜「そ、それに百合営業であんなこと……///」

曜「だ、大好きって……え、えへへ///」

曜「あ、画像も保存しておかないと」

曜「梨子ちゃん可愛いなぁ……」

曜「本当はもっと素直になりたいのに」

曜「こんなの、小学生じゃん……」
130: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/22(土) 22:35:52.48 ID:9NRW6O24
梨子「……ぅぅ///」カオマッカ

梨子「曜ちゃんいい匂いだった……恥ずかしすぎるよ///」

梨子「そ、それにSNSでこんなこと呟いちゃった……///」

梨子「こ、恋人ってことでいいんだよね?曜ちゃんが、私なんかと///」

梨子「ぅぅ、まだ顔熱い///」

梨子「……はぁ」

梨子「曜ちゃんと一緒にいるとテンパっちゃって変なこと言っちゃうの、やめたいな」

梨子「本当は仲良くしたいのに……なんでこうなっちゃうんだろう」

ようりこ((もっと仲良くなりたいなぁ))



ルビィ「凄い拡散されてる……」

千歌「ほえー、もうすぐ2万だねー」
139: Ep9:ようりこオンリー(SB-iPhone) 2018/09/23(日) 20:58:09.66 ID:3n1M2yxF
梨子「なんとかみんなにバレずに東京に来れたわ」

梨子「今日はスクールアイドル同人誌の即売会!いっぱい本を買わなきゃ!」

梨子「しかもようりこオンリーまであるなんて!」

梨子「っと、危ない危ない」

梨子「本人が行ったら騒ぎになるし、ちゃんと変装していかないと」

梨子「サングラスとマスクで……」スッ
140: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/23(日) 20:58:39.94 ID:3n1M2yxF
梨子「まずは一番人気の壁サークルから……あれ?」

梨子「あそこのサークル凄い人気、なんて名前なんだろう」ペラッ

梨子「『堕天使の聖戦』……?」

梨子「ようりこ本……並んでみようかな」

梨子「最後尾代わります」

「お願いしまーす」

梨子「凄いきゃーきゃー聞こえるけどどうしたんだろう」

梨子「そんなにいい本なのかな」ソワソワ
141: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/23(日) 20:59:16.57 ID:3n1M2yxF
「次の方ー!」

梨子「はーい。新刊を……え?」

曜「ん?あ!梨子ちゃん!」

梨子「よ、曜ちゃん!?」

ザワザワ

梨子「なんでここに!?」

曜「善子ちゃんが売り子手伝ってって」

曜「よくわかんないけど、私がいた方が盛り上がるんだって!」

梨子「ちょっと!善子ちゃん!」

善子「何よリリー?」

梨子「なんで曜ちゃんに売り子させてる!?」

善子「くっくっくっ……ようりこ本を曜さんが売る」

善子「どれだけ刷っても完売間違いなし!売り上げトップよ!」

善子「後名前も売れるし!」
142: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/23(日) 20:59:45.39 ID:3n1M2yxF
曜「ねぇねぇ、これどんな内容なの?」

曜「私と梨子ちゃんの絵が描いてあるけど!」

善子「曜さんはまだ見たら駄目よ。年齢的に」

梨子「18禁じゃない!何描いてるのよ!」

善子「リリー、そこで立たれるとお客様の邪魔よ」

善子「スペースに入ってきて」

梨子「え、でも」

善子「ようりこ本は全部回収してあるから安心して」

梨子「う、うん」

梨子(なんで……?)
143: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/23(日) 21:00:17.88 ID:3n1M2yxF
善子「はい、新刊」

梨子「ありがとう」ペラッ

曜『梨子、こうやってされるのが好きなんだろ?』

梨子『そ、そんなことない、♡』

曜『そっか。でも、体は正直だよね』

梨子『やぁ、言わな、でぇ♡』

梨子「…………」

梨子(さ、最高すぎ……!)

梨子(ドSな曜ちゃんがネットリした言葉責めで私を追い詰めて行くの凄いゾクゾクするっ///)

善子「じゃあリリー、少し出るから曜さんと一緒に店番お願いね」

梨子「え?」

カシャ
144: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/23(日) 21:00:53.94 ID:3n1M2yxF
堕天使ヨハネ
渡辺曜と桜内梨子が売り子なう!
ようりこ島『堕天使の聖戦』まで遊びに来なさいよ!
♡1万8千 →1万6千


曜「1000円になります!ありがとうございました!」

梨子「す、凄い人……列の終わりが見えない……」

曜「梨子ちゃん大丈夫?」

曜「喉乾いたでしょ?はい、飲んで」スッ

梨子(こ、これ飲みかけ……関節キス……///)ゴクッ

キャー!!!
カンセツキスヨー!!!
イキテテヨカッタナマンイダブナンマイダブ
145: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/23(日) 21:01:21.24 ID:3n1M2yxF
「あ、あの!握手してもらってもいいですか!」

梨子「え!?い、いいですけど」

「あ、私じゃなくて渡辺さんとです!」

梨子「ふぇっ!?///」

曜「いいよー!ぎゅー!」

梨子「……ぅぅ///」

「ありがとうございます!」

梨子「恥ずかしい……」
146: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/23(日) 21:01:57.87 ID:3n1M2yxF
「渡辺さん、あの」

曜「ん?なになに?」

曜「ふんふん、いいよ!」

梨子「ありがとうございした」ペコッ

曜「梨子ちゃん」ギュッ

梨子「きゃっ!?」

曜「可愛いよ、梨子。食べちゃいたいくらい」ミミモトボソッ

梨子「~~~~っ///」カァァァァ

「肉食ヨーソロー!!!」

「桜内さん食べられちゃうんですかありがとうございます!」

梨子(ぅぅ、幸せだけど心が持たないよぉ///)

梨子(本を買いに来ただけなのにー///)

梨子(曜ちゃんのばかぁ///)



善子「この売り上げで堕天使グッズ買うわよー!」

善子「二人へのお礼はホテル代でいいわよね」
151: Ep10:お花屋桜内さんと高校生曜ちゃん(SB-iPhone) 2018/09/24(月) 23:22:33.17 ID:tSxlMMaj
曜「梨子ちゃーん!遊びに来たよー!」

梨子「渡辺さん。いらっしゃい」

曜「むー……」

梨子「よ、曜ちゃん」

曜「えへへ~また来ちゃいました」

梨子「曜ちゃんよくここに来るけど、お花好きなの?」

曜「うん!いろんな色が見れて綺麗だから!」

曜「それに……」チラッ

梨子「どうしたの?」

曜「っ///なんでもない///」
152: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/24(月) 23:23:02.19 ID:tSxlMMaj
曜「お花って、みんなどんな時に買うの?」

梨子「うーん、いろいろあるけど、プレゼントとかかな」

梨子「大切な人に思いを伝えたい時とかに、お花を添えて送るの」

曜「そうなんだ」

梨子「曜ちゃん知ってる?」

梨子「お花ってね、花言葉っていうのがあるの」

曜「花言葉?」

梨子「うん。花の種類によってね、意味が変わってくるんだ」

梨子「例えば、向日葵の花言葉なら『憧れ』だったり」

曜「へー……」
153: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/24(月) 23:23:28.34 ID:tSxlMMaj
曜「梨子ちゃんは、想いを伝えたい人っているの?」

梨子「……うん。いるよ」

梨子「でも、言えないんだ」

曜「そう、なんだ」

梨子「どうかしたの?」

曜「あ、ううん、なんでもない!」

梨子「ふふ、変な曜ちゃん」

曜「あの、また明日来てもいいかな?」

梨子「いいよ。また明日ね、曜ちゃん」
154: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/24(月) 23:24:00.18 ID:tSxlMMaj
~次の日~

曜「梨子ちゃん!」

梨子「わ……曜ちゃん、いらっしゃい」

梨子「どうしたの、そんなに慌てて」

曜「あ、えっと……」

曜「いつも梨子ちゃんにお世話になってるから、プレゼント渡したいなって!」

梨子「プレゼント?」

曜「うん……こ、これ!」

梨子「……黄色の、キク」
155: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/24(月) 23:24:30.57 ID:tSxlMMaj
梨子「えっと、これ」

曜「わ、私の気持ち……です」

梨子「……そっか」

梨子「あ、ありがとう……嬉しい、よ」

曜「……っ///」

梨子「あ、そうだ、お礼を渡さないとね」

曜「別にいいですよ!」

梨子「……遠慮しないで」

曜「これは?」

梨子「ミモザアカシア、っていうの」

曜「ミモザアカシア……ありがとうございます!」

梨子「…………」
156: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/24(月) 23:25:14.93 ID:tSxlMMaj
曜「どうしよう……勢いでやっちゃった」

曜「キクの花言葉……『あなたを愛しています』」

曜「気付いててるよね?梨子ちゃんお花屋さんだもんね?」

曜「ちゃんと告白してないのに……こんなに恥ずかしいなんて///」

曜「あ、そういえば梨子ちゃんからもらったお花」

曜「どんな意味なんだろう、ミモザアカシア、って言ってたよね」

曜「意味は……えーと……」

曜「友、情……」

曜「……そっか」

曜「あはは、そうだよね」

曜「私なんて、まだ、子供……だもんね」

曜「………っ」
157: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/09/24(月) 23:26:17.42 ID:tSxlMMaj
梨子「黄色のキク……花言葉は『破れた恋』」

梨子「曜ちゃん、誰かに恋して、失敗したのかな?」

梨子「それとも、私とはそういう関係になれないって意味なのかな」

梨子「……赤色だったら、良かったのに」

梨子「塗り潰しても、意味、ないよね」

梨子「……曜ちゃん」

梨子「渡した花が、私の気持ちだよ」

梨子「ミモザアカシアの花言葉は『秘密の愛』」

梨子「気持ちを伝えることができない、臆病な私にはぴったりの花よね」

梨子「こんなに、好きなのに……それなのに……」

梨子「本当に渡したい花は……こっちなんだよ、曜ちゃん」

梨子「赤いバラ……これを、いつか渡せればいいのに」

梨子「例え、上手くいかなかったとしても」

梨子「だから、それまで待っててね、曜ちゃん」



千歌「え、よーちゃん渡す花間違えたの?」

果南「うん、多分ね。今度教えてあげなよ」
161: Ep11:怪我と看病(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:40:54.41 ID:Zct37VM8
曜「ん……」

梨子「曜ちゃん!」

曜「梨子、ちゃん……?あれ、なんで私眠って……」

曜「……いたっ!」

梨子「動かないで、すぐに先生を呼んでくるから」

曜「先生?」

曜「あれ、ここ、もしかして病院……?」

梨子「……うん」
162: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:41:24.87 ID:Zct37VM8
「手と足の骨が折れてるから、しばらくは安静にしててね」

曜「……はい」

梨子「あの、曜ちゃんの怪我は治るんですか?」

「そうねー、変なふうにしなければ治るわよ」

「ただ、時間はかかるけどね」

梨子「そう……ですか」

曜(梨子ちゃん、心配してくれてるんだ)

曜(早く治さないといけない……よね)
163: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:41:55.69 ID:Zct37VM8
梨子「ごめんね、曜ちゃん」

曜「なんで梨子ちゃんが謝るの?」

梨子「私が階段で足を滑らせたせいで、曜ちゃんまで巻き込んだんだもん」

梨子「私のせいで……曜ちゃんが入院しちゃった」グスッ

曜「別にいいよ」

曜「むしろ、梨子ちゃんに怪我が無くて良かったよ」

梨子「曜ちゃん……」

梨子「私、毎日会いにくるからね」

曜「あはは、それなら寂しくなさそうだね」
164: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:42:36.43 ID:Zct37VM8
「お昼ですよー」

曜「はーい」

曜「梨子ちゃんごめん、テーブルに置いてくれる?」

曜「片手があれば食べられるから」

梨子「……やだ」

曜「え?」

梨子「私が、曜ちゃんのお世話をします」

曜「いや、でも」

梨子「曜ちゃん、あーん」

曜「あーん」パクッ

梨子「美味しい?」

曜「うん。梨子ちゃんが食べさせてくれたからね」

梨子「えへへ、良かった」

曜「梨子ちゃん、あんまり私に気を使わないでいいんだよ」

梨子「ううん、このくらいさせて欲しいの」

梨子「じゃないと、自分を許せないから」

曜「梨子ちゃん……」
165: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:43:03.15 ID:Zct37VM8
曜(梨子ちゃん、本当に毎日来てくれる)

曜(夏休みだからって、朝から夜までずっと)

曜(私に怪我をさせちゃったの、気にしてるんだよね)

梨子「ねえ、曜ちゃん」

曜「ん?どうしたの?」

梨子「えっと、その……あの……」

梨子「聞いていいのか、分かんないんだけど」

曜「いいよ!なんでも聞いて!」

梨子「……発散、できてる?」カァァァ

曜「……ふぇっ!?」
166: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:43:34.53 ID:Zct37VM8
曜「い、いきなりどうしたの!?///」

梨子「だって、私のせいで曜ちゃん、体があんまり動かないし///」

梨子「自分で、できないんじゃないかって」

曜「そ、それはそうだけど……でも、できてなかったらどうするの?」

曜「梨子ちゃんが手伝ってくれる?」

曜(って何言ってるの私ぃぃぃぃぃっっっ!?)

曜(バカなの!?アホなの!?)

曜(梨子ちゃん絶対ドン引きだよ!?二度と来なくなるよ!?)

梨子「……うん」シュル

曜「え?」
167: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:44:06.06 ID:Zct37VM8
梨子「曜ちゃんに満足してもらえるように、頑張るね」ギシ……

曜「ちょ、ちょっと梨子ちゃんっ!?///」

曜「っ、本当にだめだって!こんなの!」

曜「もっと自分を大事にしてよ!」

梨子「……ごめん、なさい」

梨子「でも、耐えられないの」

曜「梨子ちゃん?」

梨子「曜ちゃんのために、っ、なにか、しないと、っ、わたし、罪悪感で、おかしく、なりそ、で」

梨子「ごめん、なさい、じぶんのこと、ばかり、わたし、ほんとに、さいて、っ、」

曜「…………」
168: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:44:39.72 ID:Zct37VM8
曜「梨子ちゃん」

梨子「……うん」

曜「梨子ちゃんは罰として、怪我が治るまで私の面倒を全部見ること」

梨子「!」

曜「これで、いいかな?」

梨子「……ありがとう、曜ちゃん」

梨子「いっぱい、曜ちゃんが満足できるように頑張るね」チュッ

曜「……///」
169: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:45:24.98 ID:Zct37VM8
コン……コン……コン……

千歌「曜ちゃん、学校に来て大丈夫なの?」

曜「うん。松葉杖があればなんとか歩けるようになったし」

曜「それに、梨子ちゃんがいてくれるもんね」

梨子「えへへ///」

曜「授業も始まってるし、いつまでも病院にはいられないよ」

曜「練習には出られないけど、手伝いくらいはできるかな」

梨子「困ったことがあったらなんでも言ってね」ギュッ

曜「うん、ありがとう梨子ちゃん」

曜(本当にありがとう、梨子ちゃん)

曜(梨子ちゃんがいたから、私、ここまで頑張れたんだよ)

曜(学校に行くのが決まったら、家まで迎えに来てくれるんだもん)

曜(梨子ちゃんは、自分の言葉を絶対に曲げない、強い子なんだね)
170: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:45:58.31 ID:Zct37VM8
梨子「おはよう、曜ちゃん」

曜「うん、おはよう梨子ちゃん」

梨子「あれ、松葉杖は?」

曜「もういらないんだ」

梨子「え?」

曜「渡辺曜、完全復活したであります!」ビシッ

梨子「治ったの……?」

曜「うん!全部梨子ちゃんのおかげだよ!」

曜「梨子ちゃんが支えてくれたから、私はここまでリハビリも頑張れたの」

曜「だからありがとう、梨子ちゃん」

梨子「……うん」

梨子「おめでとう、曜ちゃん」

曜「ありがとう!」ニコッ
171: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:46:24.10 ID:Zct37VM8
千歌「よーちゃん良かったよー!」ギュー

曜「わわっ!危ないよ千歌ちゃん!」

鞠莉「曜の怪我、治って良かったわね」

梨子「はい」

梨子「最初は治らなかったどうしよう、って思ってたんですけど、本当に良かった」

鞠莉「そう。次からは落ちないように気をつけるのよ」

梨子「そう、ですね」

梨子「あ、忘れ物したから部室に取りに行ってきます」

鞠莉「いってらっしゃい」
172: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/25(火) 21:47:08.25 ID:Zct37VM8
梨子「骨折って、簡単に治るんだね」

梨子「ずっとそのままになるんじゃないかって思ってたけど、違ったんだ」

梨子「曜ちゃん、完治して嬉しそうだった」

梨子「自分の足で歩けて、スキップまでしてたもん」

梨子「良かったね、曜ちゃん」

梨子「本当に、治る怪我で良かったね」

梨子「……あーあ」

梨子「次は、治せないように気をつけないと」

梨子「待っててね、曜ちゃん」

梨子「ずーっと、私が面倒見てあげるから」



曜「っ!」ゾクゾクッ

千歌「どーしたの、よーちゃん?」

曜「いや、なんだか寒気が……気のせいかな」
178: Ep12:催眠術(やわらか銀行) 2018/09/26(水) 22:31:39.27 ID:L//BrHAs
梨子「曜ちゃん、今時間いいかな?」

曜「どうしたの?」

梨子「ちょっと試してみたいことがあって」

曜「なになに?」

梨子「な、内緒」

曜「えー、まあいいけどさ」

曜「何をすればいいの?」

梨子「ありがとう」

梨子「じゃあこの5円玉を見てもらえると?」

曜(糸に5円玉……催眠術じゃん)
179: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/26(水) 22:32:14.99 ID:L//BrHAs
ユラユラ

梨子「よ、曜ちゃんはだんだん眠くなーる」

曜(どうしようこれ)

曜(全然眠くならない)

梨子「ね、眠くなーる」ウルッ

曜(り、梨子ちゃん泣きそうになってる!)

曜(うーん、仕方ないから掛かったふりしよう)

曜(梨子ちゃんが何を言うのかも気になるし)コテン

梨子「!」

梨子「曜ちゃん、寝ちゃった?」

曜(寝てますよー)
180: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/26(水) 22:32:43.95 ID:L//BrHAs
梨子「えへへ、成功したんだ///」

曜(梨子ちゃん、一体何をするんだろう)

曜(催眠の定番と言えば、手をあげてくださいとか?)

梨子「よ、よーし、そ、それじゃあ……」ドキドキ

梨子「曜ちゃん、手を出して」

曜「…………」スッ

曜(手を出して……?)

梨子「……えへへ」ギュッ

曜(???)
181: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/26(水) 22:33:21.10 ID:L//BrHAs
梨子「よ、曜ちゃんと手を握っちゃった///」

曜(え?)

梨子「も、もっと大胆なことをしてもいいのかな?」

曜(梨子ちゃん……?)

梨子「う、腕を組んじゃったり///」ギュッ

曜(り、梨子ちゃんの胸が///)

梨子「ぅぅ///幸せすぎて死んじゃいそう///」

梨子「曜ちゃん……///」ギュー

曜「…………」

曜(ど、どうしよう……)
182: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/26(水) 22:33:50.80 ID:L//BrHAs
梨子「そろそろ、元に戻さないと」

梨子「えっと……曜ちゃんは私が手を叩いたら目を覚ますの」

梨子「催眠中のことも全部忘れてね」

パチン

曜「ん……?あれ?」

梨子「大丈夫、曜ちゃん?」

曜「うん。私、寝ちゃってたの?」

梨子「疲れてたんだよ」

曜(いや、催眠掛けてたんでしょ)

梨子「…………」ゴクッ

曜(またやる気、なのかな?)
183: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/26(水) 22:34:20.35 ID:L//BrHAs
梨子「よ、曜ちゃん、だ、抱きついて」

曜「…………」ギュッ

梨子「っ///」

梨子「曜ちゃん、柔らかい///」

曜(梨子ちゃんの方が柔らかいよ///いい匂いするし、恥ずかしい///)

梨子「えへへ、曜ちゃん、大好き」

曜(っ///)

梨子「曜ちゃんは、いつもみんなの人気者」

梨子「だけど、今だけは、私だけの曜ちゃんだもん」ギュー

曜(梨子ちゃんってこんなに甘えん坊みたいになるんだ///)
184: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/26(水) 22:34:48.87 ID:L//BrHAs
梨子「ひ、膝枕……とかもしていいかな?」

曜(いちいち許可を求めるところも可愛い)

梨子「……///」

梨子「こんなに幸せで、いいのかな///」

曜(あーもー///そうやってすぐ恥ずかしいこと言うー///)

曜(最近ずっと梨子ちゃんに愛を囁かれてる気がするしこっちの方が幸せだよ///)

梨子「……ね、ねえ、曜ちゃん」

梨子「わ、私と、き、き……!」

曜(っ///)
185: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/26(水) 22:35:26.39 ID:L//BrHAs
梨子「……やっぱりだめ」

梨子「こんなの、卑怯だよね」

梨子「曜ちゃんの気持ちも無視して……そんな……」

曜(梨子ちゃん……)

梨子「……曜ちゃん」

梨子「もしも、もしも、だよ?」

梨子「私のことを好きになってくれたら」

梨子「……その時に、キス、してほしいな」

チュッ
186: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/26(水) 22:36:05.79 ID:L//BrHAs
梨子「っ!?///」

曜「……これで、いいかな?」

梨子「よ、曜ちゃん!?な、なんで!?///」

梨子「も、もしかして催眠掛かってなかったの!?」

曜「うん。最初からね」

梨子「ふぇっ!?///」

曜「毎日梨子ちゃんから告白されて、凄く恥ずかしかったんだからね」

梨子「そ、そんな……ぜ、全部……///」

曜「もー、本当に催眠にかかっちゃったみたいだよ」

曜「こんなにも梨子ちゃんのことが好きになるなんてさ」ギュッ

梨子「ぁっ///」

曜「催眠が解けるまで、ちゃんと責任とってよね」

梨子「……はい」



千歌「あなたはー、だんだーん、ねむくなーる!」

善子「いや、ならないけど」
193: Ep13:甘えられる場所(やわらか銀行) 2018/09/27(木) 22:37:00.69 ID:28pApcI2
曜「ふー、やっと衣装作り終わった」

梨子「お疲れ様、曜ちゃん」

曜「梨子ちゃんも作曲お疲れ様!」

曜「今回の曲も凄くいい感じにできてると思うよ!」

曜「毎回ありがとうね、梨子ちゃん!」

梨子「曜ちゃん、今は私と二人だけなんだよ」

梨子「そういうのはいいから、おいで?」ポンポン

曜「……」ギュッ
194: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/27(木) 22:37:28.78 ID:28pApcI2
曜「梨子ちゃん、私頑張ったよ」

曜「衣装作るの、楽しいけど、本当に大変なの」

梨子「うんうん、分かってるよ」

梨子「いつも睡眠時間を削って頑張ってくれてたもんね」ナデナデ

曜「んっ……」

梨子「スクールアイドルだけじゃなくて、飛び込みの練習も大変だよね?」

梨子「大丈夫、ちゃんと分かってるから」

曜「……ありがとう」
195: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/27(木) 22:37:58.32 ID:28pApcI2
曜「私はね、本当は天才じゃないの」

曜「ちゃんと練習頑張ってるの」

曜「お裁縫とか、料理も小さい頃にやってたからできるの」

曜「それなのに……なんで天才って言われるんだろう」

曜「私、そんなんじゃないのに……」グスッ

梨子「努力を分かってもらえないのは辛いよね」ナデナデ

梨子「でも、みんなそれだけ曜ちゃんを凄いって思ってるってことなんだよ」

曜「凄く、ないもん」
196: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/27(木) 22:38:29.70 ID:28pApcI2
梨子「曜ちゃんは凄いよ」

梨子「いつも笑顔で、みんなに気を配って」

梨子「辛いところを、他の人には見せないようにしてるでしょ?」

梨子「普通の人には、できないことなんだよ」

曜「……でも、梨子ちゃんにこうやって」

梨子「私はいいの」

梨子「こうやって曜ちゃんが甘えてくれるっていうことは」

梨子「曜ちゃんの特別ってことでしょ?」

曜「……うん」

梨子「それなら、嬉しいからいいの」
197: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/27(木) 22:38:59.36 ID:28pApcI2
曜「……でも、私はやだ」

曜「梨子ちゃんにだけは、こんな姿見せたくないもん」

梨子「そうなの?でも、私はみたいな」

梨子「曜ちゃんが甘えて羽を伸ばしてる姿を見るとね、安心するの」

曜「なんで?」

梨子「……知りたい?」

曜「うん」

梨子「ふふ、秘密」

梨子「曜ちゃんには教えてあげない」

曜「……梨子ちゃん、意地悪」

梨子「はいはい、拗ねないで」ナデナデ
198: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/27(木) 22:39:33.00 ID:28pApcI2
曜「……もう大丈夫」

梨子「まだだめ」ギュッ

曜「わっ、」

梨子「もう少しだけ、私が曜ちゃんを一人占めしたいから」

梨子「ほら、もっと甘えていいよ、曜ちゃん」

曜「……梨子ちゃん、私のこと、好き?」

梨子「うん。好きだよ」

曜「こんなに情けないのに?」

梨子「うん。曜ちゃんの全部が好きだから」

曜「……私も、好き」プイッ

梨子「ふふ、曜ちゃん、真っ赤っかだね」

曜「……梨子ちゃんのせいだもん」
199: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/27(木) 22:40:09.18 ID:28pApcI2
曜「……よいしょっと」

梨子「あっ」

曜「ふー!スッキリした!」

曜「梨子ちゃん、いつもありがとね」

梨子「ううん、いいんだよ」

梨子「また辛くなったら、いつでも言ってね」

曜「うん!」

梨子「どうしよう、もう寝ちゃう?」

曜「うーん、まだちょっと早いから少しだけお話ししたいかな!」

梨子「お喋りしすぎて寝坊しないように気をつけないとね」クスッ



ルビィ「お姉ちゃん……ルビィ、人生相談があるんだけど」

ダイヤ「プリンはあげませんわよ」

ルビィ「ぁぅ……」
206: Ep14:監禁したい桜内さん(やわらか銀行) 2018/09/28(金) 22:25:19.15 ID:iMVbV3JZ
曜「ん……」

曜「あれ、ここどこ?」

梨子「曜ちゃん、気がついた?」

曜「梨子ちゃん?ここはどこなの?」ジャラ

曜「え、手錠!?」

曜「……どゆこと?」

梨子「曜ちゃんが悪いんだよ」

曜「え?」
207: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/28(金) 22:26:00.17 ID:iMVbV3JZ
梨子「毎日女の子に囲まれて」

梨子「いっぱいラブレターもらって」

梨子「私がどんな気持ちだったかわかる?」

曜(わかんない)

梨子「曜ちゃんのせいで、心がすっごく苦しかったの」

梨子「だから、曜ちゃんを監禁することにしたんだ」

曜(なんでそうなっちゃったの)

曜(ていうかこれ玩具の手錠じゃん)

曜(引っ張れば取れるやつでしょ)グググ

梨子「ふふ、絶対に逃げられないからね」

梨子「ずっと一緒だからね、曜ちゃーー」

曜「とれたー!」プラーン

曜「いやー、まだまだ甘いね、梨子ちゃん」

梨子「ふぇ……」ウルッ

曜「うぇっ!?」
208: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/28(金) 22:26:39.23 ID:iMVbV3JZ
梨子「ぅっ、曜ちゃんが、ぐすっ、逃げちゃ、っ、」グスグス

曜「いや、ちょっと、り、梨子ちゃん!?」

曜「泣かないで!」

梨子「やだ、やだよぉ、曜ちゃんが、いなく、なっちゃう、」グスグス

曜「いなくならないから!ちゃんといるから!」

梨子「うっ、うぇぇぇんっ、」グスグス

曜「え、えーと……あ!」

曜「ほら!梨子ちゃん!ちゃんと捕まってるよ!」ガチャ

梨子「!」パァァァ

梨子「えへへ」ニコニコ

曜(逃げられないやつだよこれ……)
209: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/28(金) 22:27:09.46 ID:iMVbV3JZ
梨子「曜ちゃんは監禁されてるから、外にも出られないよ」

梨子「もちろん、学校にもいけないからね」

曜「そんなことしたら警察沙汰になっちゃうよ?」

梨子「え?」

曜「多分警察が調べたらすぐにバレちゃって、梨子ちゃん捕まっちゃうでしょ?」

曜「それだとずっと一緒にいられないけどどうするの?」

梨子「……そんなことしたら、曜ちゃんが逃げちゃう」

梨子「でも、警察が……ぅぅ……」

曜「それならいい方法があるよ」

梨子「え?」
210: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/28(金) 22:27:41.25 ID:iMVbV3JZ
ー次の日ー

梨子「よ、曜ちゃん、本当にやるの?」

曜「梨子ちゃんが嫌なら別にいいよ」

曜「でも梨子ちゃんは私を捕まえておきたいんでしょ?」

梨子「そ、そうだけど」

曜「行ってきまーす」

梨子「あ、待って!」ギュッ

曜「ほら、もっと腕を絡めないと外れちゃうよ」

梨子「ぅぅぅ///」カァァァァ
211: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/28(金) 22:28:15.35 ID:iMVbV3JZ
果南「何してるの二人とも」

千歌「分かんない。朝からこんな調子だったけど」

曜「あ!果南ちゃんだ!」

果南「梨子ちゃんはなんで曜に抱きついてるの?」

梨子「こ、これは、その、ぁぅ///」

梨子「も、もう無理……恥ずかしぃ……///」

曜「離しちゃってもいいの?」

梨子「う~///」ギュゥゥゥ

曜「はいはい、曜ちゃんの胸に飛び込んでれば恥ずかしくないよー」ナデナデ
212: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/28(金) 22:28:45.95 ID:iMVbV3JZ
梨子「もー!曜ちゃんのばかばかばか!」

梨子「すっごい恥ずかしかったんだから!」

曜「あはは、梨子ちゃんずっと抱きついてたからね」

曜「みんなが付き合ってるんだって誤解してたよ」

梨子「ふぇっ!?///つ、付き合ってる!?///」

梨子「わ、私と曜ちゃんが……?///」

曜「うん」

梨子「そ、そんな……わ、私みたいな地味な子が曜ちゃんとなんて……///」

曜「そう?梨子ちゃん可愛いし全然地味じゃないと思うよ?」

梨子「ぅぅぅ///」

ガチャン!
213: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/28(金) 22:29:13.72 ID:iMVbV3JZ
梨子「そ、そんなこと言っても出してあげないんだから///」

曜「はーい」

曜「あ、お風呂はどうするの?」

梨子「お風呂は……入ってもいいよ」

曜「梨子ちゃんは?」

梨子「べ、別々に決まってるでしょ!」

曜「その間に逃げちゃうかもしれないよ?いいの?」

梨子「え?」

曜「一緒に入るしかないねー」
214: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/28(金) 22:29:44.70 ID:iMVbV3JZ
梨子「…………」グスッ

曜「お風呂気持ちよかった!」

曜「あれ、どうしたの梨子ちゃん?」

梨子「いっぱい触られた……全部見られちゃった……」

梨子「もうお嫁にいけない……」グスン

曜「大丈夫大丈夫、私がもらってあげるから」

梨子「本当?」

曜「うん」

梨子「……じゃあ、許してあげる///」

曜「えへへー」
215: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/28(金) 22:30:38.44 ID:iMVbV3JZ
梨子「それじゃあ寝るから、曜ちゃんはそっちの布団ね」

曜「いやいや、寝てる間に逃げちゃうって」

曜「だから一緒のお布団で寝るしかないよね?」

梨子「い、一緒のお布団って、そんな恥ずかしいこと///」

曜「逃げてもいいの?」

梨子「ぅ、ぅぅぅぅぅ///」

曜「ベッド行くね」

曜「ほら、もっとぎゅっとして」

梨子「ぅ~~~~///」ギュッ

曜「ふふふ、ちゃーんと捕まえててよ」

曜「私も離さないから……ね」ボソッ



果南「で、これはなに?」ガチャン

千歌「えっへん!千歌も監禁してみたのだ!」ゴマンエツ
220: Ep15:思い出の場所で(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:46:12.53 ID:E8ZOYtIH
「ここはね!わたしのひみつのばしょなの!」

「そうなの?きれいなところだね」

「うん!ほかのひとはだれもしらないんだよ!」

「そんなところにつれてきてくれていいの?」

「いいよ。だって、わたし、◯◯ちゃんのことだいすきだもん!」

「……わたしも、ようちゃんのことがだいすき」

「じゃあ、わたしのおよめさんになってね!」

「うん。じゃあ、やくそくだよ」

「うん。やくそく!」
221: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:46:39.74 ID:E8ZOYtIH
梨子「転校してきたけど、友達ちゃんと作れるのかな」

梨子「とりあえず誰かに話しかけた方が……」

梨子「でも、話しかけて困らせちゃったらどうしよう」

梨子「静かにしてた方がいいのかな……」

曜「こんにちは、梨子ちゃん」

梨子「あ、えっと、こんにちは」

曜「私は渡辺曜。曜ちゃんって呼んでね」

梨子「曜ちゃん……」

曜「うん!学校を案内するから、一緒に行こう!」ギュッ

梨子「っ///」
222: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:47:23.10 ID:E8ZOYtIH
曜「梨子ちゃんのお弁当美味しそう!」

曜「一口ちょーだい!」パクッ

梨子「わっ///」

曜「美味しいー!」

曜「梨子ちゃん、自分でお弁当作ってるの?」

梨子「う、うん///」

曜「そうなんだ、料理すっごい上手だね!」

曜「また食べさせてね」

梨子「……うん」

千歌「むー!よーちゃんばっかりずるい!」

曜「はいはい、千歌ちゃんにもあーん」ヒョイ

千歌「ん~」モグモグ

千歌「ってこれ曜ちゃんが持ってきたみかんじゃん!」
223: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:47:55.08 ID:E8ZOYtIH
曜「ねーねー!お菓子買おうよ!」

千歌「おー!いいねいいねー!」

曜「千歌ちゃんのおススメはー?」

千歌「うーん、全部!」

梨子「このお店……」

曜「どうしたの?」

梨子「昔、来たことがあるかなって」

千歌「え?梨子ちゃん昔内浦に来てたの!?」

梨子「うん。といっても、凄くのことだけどね」

千歌「ほえー、そうなんだ」

千歌「じゃあ今日はみかんでお祝いしないとね!」

曜「千歌ちゃんが食べたいだけでしょ!」
224: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:48:19.75 ID:E8ZOYtIH
ダイヤ「おや、どうしたんですか梨子さん?」

ダイヤ「今日の練習は休みのはずですが」

梨子「えっと……」

果南「プールだよ」

梨子「え?」

果南「曜を探してるんでしょ?」

果南「飛び込みの大会も近いし、練習してるはずだよ」

梨子「ありがとうございます」ペコリ

ダイヤ「よくわかりましたわね」

果南「なんとなく、ね」
225: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:48:52.45 ID:E8ZOYtIH
梨子「入り口まで来たけど、勝手に入ったらだめだよね」

梨子「どうしよう……」

梨子(あれ、なんで私、曜ちゃんに会いに来てるんだろう)

梨子(今日は練習もないのに)

「あれ、見学の人ですか?」

梨子「え?」

「入ってください!さ、こっちこっち!」

梨子「あ、ま、待ってくださ……」
226: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:49:27.05 ID:E8ZOYtIH
梨子「入っちゃった……」

梨子「曜ちゃんは……あ、いた」

曜「…………」

梨子「……っ///」カァァァ

梨子(曜ちゃん、いつも笑顔でいるけど、あんな真剣な表情もできるんだ)

ドボンッ!

「きゃー!きゃー!」

「渡辺先輩カッコいい!」

梨子(曜ちゃん、凄い人気)

梨子(やっぱり、私とは住む世界が違う人、なんだ)

梨子(……ここにいても迷惑だよね。帰ろう)

曜「あ!梨子ちゃーん!」
227: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:49:53.46 ID:E8ZOYtIH
曜「練習見に来てくれたの?」

梨子「う、うん」

曜「そうなんだ、嬉しいなぁ!」

曜「ねぇねぇ、どうだった?」

梨子「えっと、凄く、カッコよかった///」

曜「えへへ、ありがとう」

曜「梨子ちゃんにそう言ってもらえると嬉しいよ!」

曜「よーし、もうひと頑張りしちゃうぞー!」

梨子「///」
228: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:50:38.69 ID:E8ZOYtIH
~~~~♪

梨子「…………」

曜「綺麗な音、だね」

梨子「よ、曜ちゃん!?」

梨子「練習は終わったの?」

曜「うん。梨子ちゃんがまだ残ってるかなと思って探しに来たの」

梨子「そう、なんだ///」

曜「私さ、梨子ちゃんのピアノ大好きなんだ」

曜「良かったら弾いてもらえないかな?」

梨子「……うん」ポロン

~~~~♪

曜「……綺麗」ボソッ

梨子「え?」

曜「あ、ごめんね。なんでもないよ」
229: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:51:06.41 ID:E8ZOYtIH
~梨子の部屋~

梨子「今日もいっぱいお喋りしちゃった」

梨子「それに、音楽室で二人きりに……///」

梨子「なんで、こんなにドキドキするんだろう」

梨子「ピアノを弾いてる時も、曜ちゃんがいるだけで耳まで熱くなっちゃう」

梨子「赤くなってたの、バレてないよね?」

梨子「……やっぱり、好き、なのかな」

梨子「……曜ちゃん///」
230: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:51:46.79 ID:E8ZOYtIH
~部室~

梨子「ねぇ、千歌ちゃん」

千歌「どうしたの?」

梨子「えっと、その……曜ちゃんのことなんだけど」

千歌「ほぇ?曜ちゃんがどうかしたの?」

梨子「曜ちゃんって、恋人、いるのかな?」

千歌「…………」

梨子「千歌、ちゃん?」

千歌「あ、ごめんね」

千歌「……いない、と思うよ」

梨子「そうなの?あんなにモテるのに?」

千歌「うん。まあ、ね」

千歌「だから、梨子ちゃんにも全然チャンスがあるよ!」

梨子「えっ!?そ、そんな……私なんて、地味なだけだよ……///」

千歌「そんなことないって!曜ちゃん、なんだか梨子ちゃんのことを特別に思ってるように見えるし」

梨子「そうなの……?」

千歌「うん。なんとなく、だけどね」

梨子「……そう、なんだ///」
231: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:52:36.80 ID:E8ZOYtIH
果南「梨子ちゃんに、あんなこと言って良かったの?」

千歌「聞いてたんだ」

果南「梨子ちゃん、絶対フラれるよ」

果南「それは分かってるでしょ?」

千歌「……うん」

千歌「でも、予感がしたの」

千歌「梨子ちゃんなら、なんとかしてくれるんじゃないかって」

果南「そっか」

果南「それなら、上手く行くように祈ろう」

千歌「……頑張ってね、梨子ちゃん」
232: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:53:23.91 ID:E8ZOYtIH
~放課後・教室~

曜「遅くなってごめんね、梨子ちゃん!」

梨子「ううん、練習お疲れ様、曜ちゃん」

梨子「今日もいっぱい頑張ったんだよね」

曜「うん。大会も近いからね」

曜「それじゃあ、帰ろっか」

梨子「……待って、曜ちゃん」

曜「どうしたの?」

梨子「曜ちゃんに、大切なお話があるの」

曜「大切な、話?」

梨子「…………っ」

梨子「私、曜ちゃんのことが好き!」

梨子「だから、私と、付き合って、ください」

曜「…………っ」



曜「……ごめん、梨子ちゃんとは付き合えない」
233: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:54:00.65 ID:E8ZOYtIH
梨子「…………っ」

梨子「そう、だよね。私なんかが、曜ちゃんと釣り合うわけ……」

曜「違う!」

曜「梨子ちゃんは、凄く素敵だよ」

曜「梨子ちゃんと一緒にいるだけで、なんでか心が落ち着くの」

曜「私とは全然違う、綺麗で、清楚で……」

曜「一緒にいるだけで、どんどん、惹かれちゃう……!」

梨子「曜、ちゃん?」

曜「お願いだから、私のなかに、入ってこないで」

曜「私の約束を汚さないで!」

曜「これ以上、好きになりたくない……!」

梨子「……まっ、」

曜「もう、私に近付かないで」
234: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:54:42.27 ID:E8ZOYtIH
梨子「…………」

千歌「駄目、だったんだね」

梨子「千歌ちゃん……」

梨子「曜ちゃん、どうしたの?」

千歌「曜ちゃんね、子供の頃、恋人がいたの」

千歌「県外から来た子でね、毎日二人で仲よさそうにしてたんだ」

千歌「その子は一ヶ月くらいしかいなかったんだけど、その時に約束したんだって」

梨子「なんて?」

千歌「……結婚しようって」

梨子「っ!」

千歌「曜ちゃんね、それをずっと覚えてるの」

千歌「だから恋人も作らないし、誰かを好きになることもない」

千歌「いつも、一歩引いたところからみんなを見てるだけ」
235: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:55:23.69 ID:E8ZOYtIH
千歌「でも、梨子ちゃんにだけは違った」

千歌「びっくりしたよ、放課後に『梨子ちゃんが何処にいるか知ってる?』って聞かれた時はさ」

梨子「私を……?」

千歌「うん。だから、梨子ちゃんは特別なんだって思った」

千歌「もしかしたら、とも思ったの」

千歌「……でも、結果は違った」

千歌「ごめんね、梨子ちゃん」

梨子「……ううん、いいの」
236: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:55:46.76 ID:E8ZOYtIH
梨子「……フラれ、たんだ」

梨子「分かってたけど、やっぱり辛いな」

梨子「約束を汚さないで、か」

梨子「やっぱり、転校生の私なんかじゃ、曜ちゃんに近づく資格は無かったんだ」

梨子「あは……は……なんで、だろ」

梨子「なんで、なみだ、が、」

梨子「……っ、」

梨子「曜、ちゃん」
237: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:56:22.88 ID:E8ZOYtIH
梨子「あれ、ここ何処だろう」

梨子「ぼーっとしてたら、変な道に来ちゃった……」

梨子(でも、なんでだろ、見たことある気がする)

梨子(こっちの方、だよね)

ガサガサ

梨子「……わぁ」

梨子「綺麗……こんな景色……初めて……」

梨子「……初めて?」

梨子「違う……見たことある」

梨子「だって、ここ……」

曜「……誰?」

梨子「曜ちゃん……」

曜「梨子、ちゃん?」
238: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:56:51.03 ID:E8ZOYtIH
曜「なんで、ここに?」

曜「私しか、知らないはずなのに」

梨子「曜ちゃ、」

曜「出てってよ」

曜「早く出てってよ!」

曜「ここは、私とあの子だけの場所なの!」

曜「他の誰も、入って来ちゃだめなの!」

曜「知られちゃ、いけないの!」

梨子「……なんで?」

梨子「だって、この場所を教えてくれたの、曜ちゃんでしょ?」

曜「え?」
239: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:57:22.07 ID:E8ZOYtIH
梨子「思い出したの、昔のこと」

梨子「私ね、内浦に来た時に、仲良くなった子がいたの」

梨子「臆病で引っ込み思案な私の手を引いて、よくお外に連れ出してくれた」

曜「……うそ」

梨子「私がピアノの練習してる時も、隣に座りながら歌ってくれてたよね」

曜「……ぁ」

梨子「お母さんたちの指輪を勝手に使って、新婚さんごっこして怒られたっけ」

曜「…………」

梨子「ごめんね、忘れてて」
240: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:57:55.46 ID:E8ZOYtIH
曜「……っ」ギュッ

曜「ごめん、ごめんね、梨子ちゃん」ギュゥゥ

梨子「なんで謝るの?約束を忘れてたのは私なんだよ?」

曜「私、気付かなかった」

曜「約束は覚えてたのに、梨子ちゃんのこと忘れてた」

梨子「仕方ないよ、子供の頃のことだもん」

曜「私、本当に梨子ちゃんのことが好きだったの」

曜「子供の約束だってことは知ってる。でも、それでも、忘れられなかった」

曜「だから、梨子ちゃんのことを好きになっていく自分が信じられなかったんだ」
241: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:58:57.55 ID:E8ZOYtIH
曜「ねぇ、梨子ちゃん」

梨子「どうしたの?」

曜「もし、許してくれるなら」

梨子「待って」

梨子「今度は、わたしから言わせて」



梨子「……結婚を前提に、私とお付き合いしてください」
曜「……はい、喜んで」ニコッ
242: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/29(土) 22:59:28.69 ID:E8ZOYtIH
梨子「それにしても、嬉しかったな」

曜「え?」

梨子「だって昔好きになってもらえて、覚えてないのにまた好きになってくれたんだもん」

曜「……それは梨子ちゃんも同じでしょ」

梨子「ふふ、そうだね」

曜「約束思い出してくれたのなら、ちゃんと守ってよね」

梨子「……うん。曜ちゃんの重い愛、ちゃんと受け止めてあげるから」

曜「そうだよ。私の愛は重いんだからね」

梨子「……楽しみにしてるね」

梨子「ただいま、曜ちゃん」

曜「おかえりなさい、梨子ちゃん」



千歌「ほえー、あれ梨子ちゃんだったんだ」

果南「こういうの、なんだか運命感じちゃうよね」
249: Ep16:台風(やわらか銀行) 2018/09/30(日) 22:08:17.46 ID:p5y8xXIS
「今日は台風が来るから早く帰れよー」

「「「「「はーい」」」」」

千歌「台風が来るんだねー」

梨子「うん。結構強いらしいから気をつけないとね」

曜「…………」

梨子「?どうしたの、曜ちゃん?」

曜「え、あ、べ、別になんでもないよ」

梨子「そう?それじゃあ私と千歌ちゃんは先に帰るね」

ギュッ
250: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/30(日) 22:09:38.49 ID:p5y8xXIS
梨子「ん?」

梨子「どうしたの曜ちゃん、服の裾を掴んで」

曜「…………」ギュッ

千歌「曜ちゃん、台風苦手だもんね」

梨子「そうなの?それじゃあ家まで送っていこうか?」

曜「…………の」

梨子「え?」

曜「……今日、お母さん、いないの」

千歌「あちゃー……」

曜「どうしよう……」

梨子「じゃあ、私のお家に来る?」

曜「いいの?」

梨子「うん。いいよ」
251: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/30(日) 22:10:11.28 ID:p5y8xXIS
曜「お邪魔します」

梨子「その辺、どこでも座っていいよ」

曜「うん」

曜「ごめんね、押し掛けて」

梨子「いいんだよ。曜ちゃんの力になれて嬉しいし」

梨子「飲み物、何か飲みたいものある?」

曜「なんでも大丈夫だよ」

ピシャァァァァァァァァァァンンン!

曜「きゃぁっ!」
252: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/30(日) 22:10:41.31 ID:p5y8xXIS
梨子「大丈夫、曜ちゃん?」

曜「……大丈夫」

バチン

梨子「……あれ、停電?」

曜「っ!」

梨子「ごめん、下から懐中電灯取って来るね」

ギュッ

梨子「曜ちゃん?」

曜「……いかないで」ウルッ

梨子「っ///」キュン
253: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/30(日) 22:11:10.88 ID:p5y8xXIS
梨子「大丈夫だよ、曜ちゃん」ナデナデ

梨子「ちゃんと側にいるからね」ナデナデ

曜「……ごめんね、梨子ちゃん」

梨子「なんで謝るの?」

曜「迷惑かけてるから」

梨子「そんなことないよ」

梨子「曜ちゃんの可愛い姿も見れたしね」

曜「……意地悪」
254: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/30(日) 22:11:48.65 ID:p5y8xXIS
梨子「曜ちゃんにも、苦手な物があるんだね」

曜「……あるよ、そりゃ」

梨子「なんだか、安心したな」

曜「え?」

梨子「だって、曜ちゃんはなんでもできて、完璧な人に見えてたもん」

梨子「だから、こういう一面が見られて嬉しいな」

曜「……幻滅した?」

梨子「ううん。もっと好きになっちゃった」

曜「え?」

梨子「あ……///」
255: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/09/30(日) 22:12:18.43 ID:p5y8xXIS
梨子「とにかく、台風が通り過ぎるまでは私に甘えていいからね」

曜「……ありがとう」

曜「でも、ずるいから、梨子ちゃんの秘密も教えて」

梨子「ふふ、だーめ」

曜「むー……」

梨子「はいはい、むくれないの」ナデナデ

梨子(こんなに可愛い曜ちゃんが見られるのは、私だけなんだよね)

梨子(ちょっとだけ、優越感、感じちゃうな)

梨子(……なーんてね、ふふふ)



花丸「善子ちゃん助けてずら~!倉が飛んでったずら~!」

善子『いや無理でしょ』
259: Ep17:イケ曜ちゃんの日(やわらか銀行) 2018/10/01(月) 22:15:22.26 ID:WxPSq1oP
千歌「そしたらしいたけがね、屋根から落ちちゃったんだ」

梨子「ふふふ、そうなんだ」

千歌「あ、曜ちゃんだ」

千歌「おーい!曜ちゃーん!」

曜「ああ、おはよう、千歌」

千歌「やば……また発症してる……」

千歌「梨子ちゃん、まかせたのだ」ポン

梨子「え?」
260: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/01(月) 22:15:56.99 ID:WxPSq1oP
梨子「お、おはよう?」

曜「おはよう、梨子」

梨子「ふえっ?///」

梨子(呼び捨てにされた?///)

曜「今日も可愛いね」チュッ

梨子「はぅっ///」

梨子(ほっぺにキスされちゃった///)

梨子(ど、どうなってるの~///)
261: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/01(月) 22:16:28.66 ID:WxPSq1oP
曜「どうしたの、顔が赤くなってるよ」

曜「熱でもあるのかな?」

梨子(ぁ///おでこくっつけられた///)

曜「体調が悪いのなら保健室に運んで行こうか?」

梨子「だ、大丈夫///」

曜「そっか、じゃあいいね」スッ

曜「……ふふ、照れてる梨子も可愛いよ」ミミモトボソッ

梨子「っっっ///」ボンッ
262: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/01(月) 22:16:56.50 ID:WxPSq1oP
梨子「千歌ちゃん、今日の曜ちゃんどうしたの?」

千歌「うーん、あれはね、イケ曜ちゃんモードだよ」

梨子「イケ曜ちゃんモード?なにそれ?」

千歌「よくわかんないんだけど、一年に一回くらい凄くカッコよくなるの」

千歌「言葉遣いも変になって、いろんな女の子を惚れさせるからいつも大変なんだよね」

梨子「そうなんだ……」

梨子(確かに……凄くカッコよかった///)

千歌「梨子ちゃん、今なら曜ちゃんにいろんなことしてもらえるよ」

梨子「いろんな、こと……」ゴクッ

千歌「曜ちゃんのお世話、任せたよ?」ニコニコ
263: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/01(月) 22:17:37.17 ID:WxPSq1oP
~放課後~

千歌「梨子ちゃん生きてる?」

梨子「」

千歌「死んでる……」

梨子「ぅ……むり……」

梨子「もぅ……これ以上……かお……あかくならない……」

千歌「あー……あれは大変だったね」

千歌「愛の囁きゲームだっけ?」

千歌「千歌も昔やられたよ……死ぬかと思った」


曜『梨子、好きだよ』

曜『ほら、どんどん顔赤くなってるね。どこまで赤くなるか試そっか』

曜『梨子、愛してる。お前は私だけのものだ』


梨子「私も……死ぬかと思った///」

曜「梨子、だめだろ?」ギュッ

梨子「ひゃっ///」
264: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/01(月) 22:18:16.38 ID:WxPSq1oP
曜「私以外の人と楽しそうに話すなんて、誰がいいって言った?」

梨子(っっっ///ど、独占欲強すぎるよぉ///)

梨子(って千歌ちゃん!待って!私を置いて逃げないで!)

カベドンッ!

梨子「ぁ……ぁぁぁ///」

曜「こういうの、好きなんだろ?」アゴクイッ

梨子「っ///は、はいぃ……♡」

曜「顔、蕩けてるよ」

曜「こんなので喜ぶなんて……ふふっ」

曜「変態」ボソッ

梨子「~~~~っ///」ゾクゾクゾクッ
265: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/01(月) 22:18:47.40 ID:WxPSq1oP
曜「梨子ちゃん、可愛いなぁ」

曜「もっといっぱい虐めたくなっちゃう」

梨子「っ、はっ、ぁ///」

曜「今夜、暇だよね?」

梨子「そ、それは……///」

曜「暇なんだろ、梨子?」

梨子「そ、そうです///」

曜「じゃあ、帰りに遊びに行くから」

曜「梨子の部屋で、たくさん遊んでるよ」ミミモトボソッ

梨子「ひゃ、ひゃぃぃ……///」
266: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/01(月) 22:19:14.35 ID:WxPSq1oP
~次の日~

曜「あ、あの……梨子ちゃん、怒ってる?」

梨子「…………」

曜「昨日はごめんね?その、私たまに変になっちゃうみたいで」

梨子「…………」

曜「まさか梨子ちゃんにあんなことするなんて」

梨子「…………」

曜「その、全部覚えてるから。梨子ちゃんが可愛い声でおねだりしてきたのとかも」

梨子「っ~~///」

梨子「も~~///曜ちゃんのばかばかばかぁ!///」
267: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/01(月) 22:19:50.21 ID:WxPSq1oP
梨子「昨日は本当恥ずかしかったんだから!」

梨子「みんなの前で恥ずかしいこと囁かれて真っ赤にさせられたり!」

梨子「お姫様抱っこで廊下を歩かれたり!」

梨子「あ、挙げ句の果てにっ///わ、私の本を真似して///いろんなことっ///」

曜「ぅぅ、なんというか、その、可愛かった……よ?」

梨子「っっっ///」カァァァァァ

梨子「そういうことじゃないのー///」

梨子「曜ちゃんのばかー!」パシーン!



果南「あの状態の曜は本当に心臓に悪いよね」

千歌「たじたじな果南ちゃんも可愛かったからまたみたいんだけどねー」

果南「……千歌も同じ目に合わせてあげようか?」ドンッ
272: Ep18:百合営業 その2(やわらか銀行) 2018/10/02(火) 22:10:26.75 ID:0YpAg+71
善子「最近、曜さんとリリーって妙に仲がいいわよね」

鞠莉「確かに。ネットでもラッブラブだもんね」

梨子「ラブラブなんてそんな……」

曜「あはは、ちょっと恥ずかしいね」

善子「で、実際はどうなのよ?」

曜「いやー、ちょっと梨子ちゃんの前では恥ずかしいというか」

曜「まあ好きかどうかで言われたら、好き、かな」

梨子「本当……?」

曜「うーん、嘘」

曜「やっぱり大好きだよ」

梨子「もー///」
273: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/02(火) 22:11:34.91 ID:0YpAg+71
鞠莉「ワーオ!曜ったら大胆ね!」

鞠莉「それで、梨子はどうなのよ?」

梨子「わ、私は……その」

梨子「一目惚れ、だったから」

曜「そ、そうだったの?///」

梨子「うん///」

善子「あー、はいはいご馳走さま」

鞠莉「それじゃ、二人の仲を邪魔しちゃ悪いしマリー達は帰りしょう」

善子「そうね」

パタン
274: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/02(火) 22:12:09.42 ID:0YpAg+71
曜「……きもっ」

梨子「は?」

曜「何が『一目惚れ』なんだか」

曜「よくそんな気持ち悪いセリフが言えるね」

梨子「あー、はいはい、田舎者(笑)には全く関係ないセリフだもんね?」

梨子「ロマンチックなことも思いつかないなんて一度人生やり直したら?」

曜「うっざ。なんでみんなこんな奴に騙されてるんだか」

梨子「はー?それを言うなら曜ちゃんも気持ち悪いんだけど」

曜「は?」
275: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/02(火) 22:12:49.48 ID:0YpAg+71
梨子「『嘘。やっぱり大好きだよ』」

梨子「何言い直して気取ってるの?吐き気がするんだけど」

梨子「そんな寒い方法で今まで口説いて来たの?」

曜「あはは、梨子ちゃん恋愛経験無いからわかんないんじゃない?」

曜「ああやって一度不安にさせてから上げると相手をドキドキさせられるんだよ」

梨子「全くしなかったんだけど、やり方下手なんじゃない?」

曜「梨子ちゃんは頭おかしいから仕方ないねー」

梨子「はぁ、猿と話してるの本当に疲れる」

曜「それはこっちのセリフなんだけど」
276: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/02(火) 22:13:32.83 ID:0YpAg+71
梨子「…………」ポチポチ

曜「…………」ポチポチ



梨子ちゃんに「一目惚れした」って言われちゃった!
どうしよう、すっごく嬉しい。うー、こんな時なんて言えばいいんだろう。
♡8946 →8221


梨子「は?何呟いてんの?」

曜「え?何がいけないの?事実でしょ?」

梨子「えー?嬉しいの事実なんだ」

曜「そんなわけないじゃん、気持ち悪いこと言わないでくれる?」

梨子「はいはい、照れ隠しね」

曜「殴っていい?」
277: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/02(火) 22:14:02.19 ID:0YpAg+71
梨子
よ、曜ちゃん何言ってるの~><
恥ずかしいからみんなには言わないでよ、もぉ~~~~!!!
♡8019 →7736


曜「相変わらず猫かぶり過ぎでしょ」

曜「今の姿みんなに見せてあげたら?」

梨子「それは曜ちゃんもでしょ?」

梨子「みんなの前ではあんなに裏表が無さそうなのに、ファンのみんな可哀想ね」

曜「どの口が言ってんだか」
278: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/02(火) 22:14:38.04 ID:0YpAg+71
梨子「それよりいいの?」

梨子「みんなから『付き合っちゃえ』って返事来てるよ?」

曜「いやだよ誰がこんなのと」

梨子「はいはい、曜ちゃんにはそんな度胸ないもんね」

曜「……決めた。絶対泣かす」

梨子「はぁ?どうやって?」

曜「ライブの時に告白の返事してあげるよ」

曜「逃げたかったら本性晒して逃げ出してね」

梨子「逃げる?私が?曜ちゃんから?」

梨子「こっちも過去最高にイラついたわ」

梨子「曜ちゃんに本物の百合営業見せてあげる」
279: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/02(火) 22:15:22.16 ID:0YpAg+71
曜「楽しみにしてるよ」

曜「楽屋裏で悔し涙流してる梨子ちゃんをさ」

梨子「それはこっちのセリフなんだけど?」

梨子「後から謝っても絶対に許してあげないからね」

曜「はいはい、一生夢見ててね」

梨子「帰るの?」

曜「当たり前でしょ」

梨子「じゃあ早く出でってくれる?」

曜「そうだねばいばい」

パタン
280: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/02(火) 22:16:34.49 ID:0YpAg+71
曜(ど、どどどどどうしよう!?)

曜(告白の返事!?さっきのやつのだよね!?)

曜(ら、ライブの時にするのって、そんな恥ずかしすぎるよ///)

曜(でも言っちゃったし、しないといけないよね)

曜(そうしないと梨子ちゃんに幻滅されちゃうし……)

曜(というか、いろいろ理屈付けちゃったけど、私の大好きって本音なんだよね///)

曜(梨子ちゃんは嫌がってたもんね……はぁ……)
281: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/02(火) 22:17:22.99 ID:0YpAg+71
梨子(い、言っちゃった)

梨子(一目惚れって言っちゃった///)

梨子(SNSでもみんなに言っちゃったし……は、恥ずかしい///)

梨子(それに曜ちゃんが大好きって……///)

梨子(嬉しくて頭の中真っ白になっちゃった///)

梨子(でもおかしいよね……)

梨子(本当は嫌われてても、嬉しいんだもん)

梨子(……本音だったらいいのになぁ)



善子「はぁ、いいわねリア充は」

鞠莉「あら、それならなってみる?」

善子「え?」
288: Ep19:演劇(やわらか銀行) 2018/10/03(水) 22:50:10.82 ID:eALXtMGK
「私たちのクラスの催しは白雪姫に決まりましたー」

パチパチパチ

「それじゃあ配役を決めましょう」

「お姫様なんだけど、誰がいいかな?」

「やっぱり梨子ちゃん?」

「あー、確かにぴったりだよね」

梨子「え?」

「じゃあよろしくね、梨子ちゃん」

梨子「ま、待って、お姫様なんてそんな……」

「けってーい!」

パチパチパチパチパチパチ!!!

梨子「……ぅぅ」
289: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/03(水) 22:50:37.60 ID:eALXtMGK
「小人と魔女は決まって……王子様は?」

「渡辺さんで」

「はい」

梨子「っ!?」

曜「いや、ちょっとまって」

「他何か決まってないのは?」

「鏡とか」

曜「おーい……」

曜「まあいっか」
290: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/03(水) 22:51:02.13 ID:eALXtMGK
曜「よろしくね、梨子ちゃん」

梨子「よ、よろしく……お願い……します……」プシュゥゥゥ

曜「どうしたの?顔赤いよ?」

梨子「な、なんでもない///」

曜「そう?また決まっちゃったのはしょうがないよね」

曜「台本貰ったし、劇の練習でもする?」

梨子「うん……///」
291: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/03(水) 22:51:57.42 ID:eALXtMGK
梨子「ごほっ」

梨子「あれ、ここは?」

梨子「私は何処にいるの?」

曜「貴女がいるのは私の隣だよ」

曜「私は貴女のことを好きになってしまいました」

曜「私のお城に来てください。そこで、結婚しましょう」

梨子「……はい///」
292: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/03(水) 22:52:24.42 ID:eALXtMGK
梨子「ぅぅ///恥ずかしかった///」

曜「うんうん、梨子ちゃん演技上手だったね!」

梨子「ありがとう///曜ちゃんもかっこよかったよ」

曜「あはは、ありがとね」

曜「というかこの台本……」

梨子「どうしたの?」

曜「ああ、ちょっとおかしいところがあったからさ」

曜「劇までに直してもらうようにするね」

梨子「うん」
293: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/03(水) 22:52:55.66 ID:eALXtMGK
~本番~

梨子(そろそろ曜ちゃんの登場シーンだよね)

梨子(みんなの前で……ちょっと恥ずかしいかも///)

曜「ああ、なんて綺麗なお姫様なんだろう」

曜「悪い魔女のせいで永遠の眠りにつかされてしまったなんて……」

梨子(曜ちゃん、演技上手だなー)

梨子(衣装もさっき見させてもらったけど、かっこよかったし///)

梨子(あっと、そろそろ目を覚ます頃だよね)

曜「私が、呪いを覚ましてあげましょう」

梨子(えっ?)

チュッ
294: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/03(水) 22:53:22.58 ID:eALXtMGK
梨子「ふ、ふぇぇぇぇぇっ!?///」

曜「おお、目を覚ましたんですね、姫」

梨子「な、何して、えっ、ええっ///」

曜「落ち着いてください、姫」

曜「私も混乱しているんです。こんな美しい姫に出会えて」

曜「どうぞ私のお城に来てください」

曜「結婚しましょう」

梨子「……はい///」
295: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/03(水) 22:53:54.19 ID:eALXtMGK
梨子「ちょ、ちょっと曜ちゃんー!」

梨子「なんでキスなんてするのよー!」

曜「え?新しい台本もらったでしょ?」

梨子「本番の10分前に貰ったけど、見てる時間ないわよ!」

曜「そうだったんだ」

曜「白雪姫といえば王子様のキスだからね」

曜「お願いして直して貰ったんだ」

梨子「だ、だからってもー///」

曜「梨子ちゃんの唇柔らかかったなー」

梨子「ばかぁ///」



花丸「接吻するなんて未来ずらぁ///」

ルビィ「別に未来じゃないと思うけど……」
300: Ep20:そういうの、ずるい(SB-iPhone) 2018/10/04(木) 22:24:10.74 ID:xeUzt/Rq
梨子「んー、今日も練習疲れた」

梨子「少しだけ作曲してから帰ろうかな」

~~~~♪

梨子「ここはこっちの方にして……」

梨子「次のパートは……」ウツラ

梨子「眠い……けどやらないと……」

梨子「ぁ……だめ……」

梨子「まだ……やらないと……」

zzz
301: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/04(木) 22:24:39.29 ID:xeUzt/Rq
~~~~♪

梨子「…………んっ」

梨子(私、寝ちゃってたんだ)

梨子(……ん?これ、さっき作ってた曲?)

梨子(だれだろう、歌ってるの)

曜「~~~~♪」

梨子(この声、曜ちゃん?)

梨子(……え、曜ちゃん!?)

梨子(あれ、この肌色って……もしかして膝枕されてる……?)
302: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/04(木) 22:25:14.65 ID:xeUzt/Rq
曜「うーん、次の曲もいい曲だなー」

曜「流石梨子ちゃん」

梨子(まだ未完成なんだけど……ちょっと恥ずかしいな)

曜「歌詞がないのに、聴いてるだけで心がぽかぽかしてくるもん」

梨子(褒められるとちょっと恥ずかしいな)

曜「確か恋の歌、だよね。次のテーマ」

曜「梨子ちゃんは、誰を思い浮かべて作ったんだろう」

梨子(曜ちゃん……?)
303: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/04(木) 22:25:40.94 ID:xeUzt/Rq
曜「本当、可愛いなぁ、梨子ちゃんは」

曜「髪もサラサラで、お化粧もできて……私とは違う、本物のお姫様みたい」

曜「肌も……なんでこんなに白くて、柔らかいんだろう」

梨子(どうしたんだろう、なんだかいつも違う?)

曜「鈍感で、無防備で、天然で……そんなんだから、いろんな人に好かれちゃうんだよ」

曜「でも、そんなんだと」

曜「いつか悪い人に……襲われちゃうよ」

…………チュッ
304: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/04(木) 22:26:08.22 ID:xeUzt/Rq
梨子(っ!?///)

梨子(い、今、ちゅって……え!?///)

曜「はぁ、本当卑怯だな、私」

曜「梨子ちゃんに直接言えないからって、こんなことして」

曜「でも、梨子ちゃんが悪いんだよ」

曜「梨子ちゃんが近くにいるだけで、ドキドキして、いろいろしたくなっちゃうのを抑えてるんだもん」

曜「それなのに、こんな風に無防備な寝顔晒されたら……我慢できなくなるよ」

曜「だから、これはお仕置きだよ、梨子ちゃん」

チュッ
305: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/04(木) 22:26:33.71 ID:xeUzt/Rq
梨子(う、うそっ///)

梨子(曜ちゃん、わ、私のこと、好きだったんだ///)

曜「梨子ちゃん、起きたらどんな反応するかな」

曜「きっと意識されてないし……普段通り、だよね」

曜「……こんなことしてても、迷惑かな」

曜「梨子ちゃんが起きる前に、帰ろう」

曜「また明日ね、梨子ちゃん」

曜「……大好き」

…………チュッ
306: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/04(木) 22:27:06.96 ID:xeUzt/Rq
梨子「…………」ムクリ

梨子「ずるい……」

梨子「あんなことされたら、意識しちゃうよ、曜ちゃんのこと」

梨子「キスされて、凄く嬉しかった」

梨子「気付きたく、なかったなぁ」

梨子「曜ちゃん、みんなにモテるんだもん」

梨子「……あーあ」

梨子「明日からどんな顔して会えばいいんだろう」

梨子「……そういうの、本当にずるいよ、曜ちゃん」



善子「なんか機嫌がいいけどどうかしたの?」

曜「ううん、なんでもないよ」
312: Ep21:以心伝心(SB-iPhone) 2018/10/05(金) 23:56:21.36 ID:tmQsFEXL
~合宿~

曜「梨子ちゃんお腹すいたー」

千歌「すいたー」

善子「赤く香る悪魔の実りはまだなの……?」

花丸「なんでもかんでも赤くしたらダメずら」

果南「匂いにつられてみんな来ちゃったよ」

梨子「まだ料理中だからもう少し待ってなさい」

曜「もう待てないよー」ソワソワ

梨子「全く。じゃあ料理手伝ってくれる?」

曜「うん!」
313: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/05(金) 23:57:25.35 ID:tmQsFEXL
梨子「曜ちゃんあれとって」

曜「はーい!」スッ

梨子「ん」

曜「梨子ちゃん」スッ

梨子「ああ、ありがとう」

梨子「うん、スープは美味しくできた……かな」

梨子「……あ!曜ちゃん!」

曜「うん、すぐ買ってくるね!」
314: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/05(金) 23:58:06.30 ID:tmQsFEXL
千歌「え、曜ちゃんどこ行ったの?」

梨子「コンビニよ。書い忘れたものがあったの」

善子「いや、リリー何も言ってないじゃない」

花丸「善子ちゃん。多分何を買ってくるのか料理を見ながら判断したんだと思うずら」

善子「ヨハネよ!……なるほどね、まあ曜さんならできてもおかしくないわね」

曜「買って来たよ!食後のデザート!」

梨子「ありがとう。冷蔵庫に入れておいてね」

善子「ってなんでよーー!!」
315: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/05(金) 23:58:57.50 ID:tmQsFEXL
曜「どうしたの?」

善子「いやいや、なんでさっきのでデザートって分かるのよ!」

曜「なんでって、ねぇ?」

梨子「うん。普通じゃない?」

梨子「そうだ、曜ちゃん」

曜「うん、お風呂入れてくるね」

善子「いやだから待ちなさいよ!」

花丸「人間はついに話さなくても伝わるようになったずらね……未来ずら……」
316: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/05(金) 23:59:51.89 ID:tmQsFEXL
曜「よく分からなけど、みんなびっくりしてたね」

梨子「そうね。このくらい普通だと思うんだけど」

曜「うんうん。私、梨子ちゃんのことなら何考えてるかほとんど分かるもん」

梨子「あら、本当?」

曜「うん、もちろん!」

梨子「じゃあ、今私が何を考えてるか当ててみてくれる?」

曜「うーん、曜ちゃんに意地悪してやるぞー!だね」

梨子「うーん、ちょっとだけ正解、かな」
317: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 00:00:37.94 ID:qJ0YJ2zi
曜「えー?じゃあ何考えてるの?」

梨子「さあね。ちゃんと当てて見て」

曜「えー、なんだろう、わかんないなぁ」

梨子「簡単よ?」

曜「うーん……なんだろうね」

梨子「……本当にわかんない?」

曜「わかんないよ、ちゃんと言ってくれないと」

曜「梨子ちゃんが、何して欲しいのか、さ」クスッ
318: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 00:01:25.11 ID:qJ0YJ2zi
梨子「……意地悪」

曜「あはは、ごめんごめん、拗ねないで」

梨子「だめ。怒ったから」

曜「もー、許してよー、梨子ちゃーん」

梨子「ふん」

梨子「曜ちゃんなんて嫌いよ」

曜「ごめんってー、梨子ちゃん」

曜「ほら、ちゃんとするからさ」

チュッ
319: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 00:03:07.47 ID:qJ0YJ2zi
梨子「…………///」

曜「機嫌治った?」

梨子「……まだ///」

曜「もー、梨子ちゃんは欲張りなんだから」ギュッ

曜「こんなことしてると、みんなにバレちゃうよ?」

梨子「……曜ちゃんは、我慢できるの?」

曜「ううん。梨子ちゃんがこんなに近くにいるんだから、我慢できないよ」

曜「もう少しだけ、このままでいよ」

梨子「……うん」



果南「うん、まあ知ってるけど」

鞠莉「かなーん!私たちも熱い愛の抱擁を!」

果南「しないって!ちょ、押し倒さないで!」
324: Ep22:恋人のフリ(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 22:27:29.89 ID:VZQ6fv2w
梨子「曜ちゃん、お願いがあるの」

曜「どうしたの?」

梨子「実はね、この前友達と話してる時に恋人の話になって」

曜「うん」

梨子「私の恋人を作るために人を紹介するって強引に言われてね、しつこかったから、恋人はいるって言っちゃったの」

曜「はいはい」

梨子「それでね、その子が今度沼津に来るみたいで」

曜「あー……ということは」

梨子「うん。曜ちゃん、恋人のフリしてくれないかな?」
325: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 22:27:57.83 ID:VZQ6fv2w
曜「私でいいの?」

梨子「うん。こんなこと頼めるの、曜ちゃんしかいないの」

曜「別にいいけど、何をすればいいの?」

梨子「一緒に会ってくれるだけでいいよ」

梨子「後はちょっと恋人っぽいことをしてくれると助かるかな」

曜「うん、分かったよ!」

曜「勉強してから行くね!」

梨子「ありがとう、曜ちゃん」
326: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 22:28:38.55 ID:VZQ6fv2w
~当日~

「梨子、久しぶりー」

梨子「うん、久しぶり」

「それで、梨子の恋人は?」

梨子「もうすぐ来ると思うんだけど……あ、来た」

「……おお、結構かっこいいじゃん」

梨子「おはよう、曜ちゃん」

曜「うん、おはよう、梨子」

梨子「へ?」

曜「今日も可愛いよ」

チュッ
327: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 22:29:32.89 ID:VZQ6fv2w
梨子「ふぇっ///」

曜「はじめまして、梨子の彼女の渡辺曜です」

曜「梨子といつも仲良くしてくれてありがとね」

「え、は、はじめ、まして……」

梨子(よ、曜ちゃん口調が変だけどどうしちゃったの!?///)

曜「それじゃあ何処行こっか?」

曜「せっかくだし、沼津の街を楽しんでほしいよね」

梨子「え、えっと、それじゃあ商店街に……」

曜「うん。じゃあこっちだね」ギュッ

梨子(ぁ///手を///)
328: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 22:29:48.44 ID:VZQ6fv2w
梨子「よ、曜ちゃん」ヒソッ

曜「ん?どうしたの?」

梨子「どうしたのはこっちのセリフよ」ヒソヒソ

梨子「今日はどうしちゃったの?」ヒソヒソ

曜「ああ、恋人のフリが何をしたらいいのか分からなかったから、鞠莉ちゃんに本を借りたの」

梨子(鞠莉さん!絶対面白がってやってるでしょ!)

曜「ちゃんと覚えてきたから、今日は安心していいよ、梨子」

梨子「っ///」

梨子(呼び捨てにされるの……すごいドキドキする///)
329: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 22:30:24.60 ID:VZQ6fv2w
「あ、あのー」

曜「ああ、ごめんね、一人にして」

曜「こっちはいろんなお店があるんだよ」

曜「適当に見て回ろうか」

「は、はい///」

梨子「…………」

曜「これとか可愛いよねー」

曜「似合うんじゃない?」スッ

「そ、そうでしょうか///」

曜「あはは、緊張しなくていいよ」

曜「もっと気軽に絡んでくれていいから」

「っ……///」

梨子「…………」

ギュッ
330: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 22:31:23.02 ID:VZQ6fv2w
曜「どうしたの、梨子?」

梨子「……私も、構ってくれないと、やだ」

曜「ふふ、ヤキモチ妬かせちゃったかな?」

梨子「……知らない」プイッ

曜「そういうところも可愛いんだよね」ナデナデ

梨子「…………///」カァァァ

「……まじで付き合ってたんだ」

梨子「なんか、ごめんね?」

「いや、いいよ。大切にされてるみたいだし、すごく安心した」
331: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 22:32:06.84 ID:VZQ6fv2w
梨子「曜ちゃん、今日はありがとう」

曜「いいよ。梨子が困ってたら、いつでも力を貸すからね」

梨子「……もう、調子のいいこといって///」

梨子「……あれ?何処向かってるの?」

曜「私の家だよ」

梨子「あ、そうだったんだ、ごめんね。私も帰るね」

ガシッ

曜「だめだよ、梨子」

曜「これからが本番、だろ?」

梨子「え……?」
332: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/06(土) 22:32:53.90 ID:VZQ6fv2w
曜「今日、私、お母さんが家にいないんだ」

曜「この意味、わかるよね?」

梨子「っ///ま、待って///もう、恋人のフリは///」

曜「だーめ。今日一日は、梨子の恋人なんだから」

曜「ちゃんと最後までするからね」ギュッ

梨子「ぁ///」

梨子(だ、だめ、力が入らない///)

梨子(このままじゃ、私……///)ギュゥ

曜「ふふ、いい子だね、梨子は」

曜「今夜は帰さないよ、梨子」

梨子「………はい///」



鞠莉「ふっふっふっー、曜がどうなってるか楽しみデェス」

花丸「また悪巧みしてるずら」
338: Ep23:温泉(庭) 2018/10/07(日) 22:16:21.09 ID:kitNBFaO
千歌「今日はみんなでお泊まり会だー!」

みんな「「「いえーい!!!!」」」

千歌「まずはお風呂で汗を流すぞー!」

みんな「「「おー!!!」」」

千歌「じゃあ、みんなでお風呂にしゅっぱーつ!」

梨子「あ、ごめんね、千歌ちゃん」

千歌「どうしたの?」

梨子「私、お風呂は一人で入りたいの」

千歌「そうなの?」

梨子「うん、だからみんなで入ってきて」

曜「私も一人で入ろうかなー」

千歌「えー」
339: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/07(日) 22:16:47.95 ID:kitNBFaO
果南「千歌、みんなで入るのが苦手な人もいるよ」

果南「それに、あんまり大人数で入っても迷惑だし」

千歌「んー、じゃあ仕方ないね」

鞠莉「ダイヤー!久しぶりに体洗いっこしましょう!」

ダイヤ「しません!」

善子「はいはい、早く行くわよ」

花丸「善子ちゃん、温泉が待ち遠しいずらね」

ルビィ「みたいだね」

善子「違うわよ!あとヨハネ!」
340: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/07(日) 22:17:28.08 ID:kitNBFaO
曜「梨子ちゃんはみんなとお風呂入るの苦手なの?」

梨子「うん。苦手というか……ちょっとね」

梨子「なんだろ、自信がないっていうのかな」

曜「っていうと?」

梨子「みんなみたいに整ってないから、恥ずかしいの」

曜「そうなの?全然そんな風に見えないけど」

梨子「あはは、ありがとう」

梨子「みんなが戻ってきたら、先に入る?」

曜「ううん、私は後で入るよ」
341: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/07(日) 22:17:53.75 ID:kitNBFaO
ザブン

梨子「ふー……」

梨子「いいお湯……なんだかふわふわしちゃう」

梨子「今日はみんなで遊べて楽しかったなぁ」

梨子「これで、誰かと入れたらもっと楽しいんだよね」

梨子「……はぁ」

ガラッ

曜「梨子ちゃーん!いるー?」

梨子「曜ちゃん!?」
342: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/07(日) 22:18:22.94 ID:kitNBFaO
梨子「な、なんでここに!?」

曜「お風呂に入りたくなったからだよ」

梨子「そうなんだ、私はもうでるね」

ギュッ

梨子「え?」

曜「私さ、寂しがり屋なんだよ」

曜「だから梨子ちゃんと一緒に入りたいな?」

梨子「でも……」

曜「ほら、私を助けると思って」

曜「お願い!」

梨子「……うん」
343: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/07(日) 22:19:22.23 ID:kitNBFaO
曜「みんな元気だよね、多分枕投げ始まるよ」

曜「梨子ちゃんは得意?」

梨子「ううん、どちらかといえば苦手かな」

曜「そうなんだ」

梨子「……曜ちゃん、あんまり見られると恥ずかしい」

曜「ああ、ごめんね」

曜「でもそんなに恥ずかしい体じゃないと思うよ?」

曜「ここもおっきいし」サワサワ

梨子「な、何触ってるの!///お馬鹿!///」ペチッ

曜「あはは、ごめんごめん」
344: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/07(日) 22:19:43.96 ID:kitNBFaO
梨子「全くもう……」

曜「でも、本当にそう思うよ」

曜「梨子ちゃん、肌すべすべだし」

曜「女の子っぽい、って言ったらなんだか変だけど、本当に可愛い体だと思う」

梨子「……ありがとう」

曜「じゃあ私は先にでるね」

曜「ちゃんと温まるんだよ!」
345: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/07(日) 22:20:08.91 ID:kitNBFaO
梨子「……励ましてくれたんだよね」

梨子「私が、自信ないって言ったから」

梨子「全く、いつもは子供みたいにはしゃいでるのに」

梨子「こういうところは、凄く敏感なんだから」

梨子「曜ちゃんに言われたら、自信出さないわけにはいかないよね」

梨子「……ありがとう、曜ちゃん」

梨子「私も、頑張ってみるね」



千歌「よーちゃん、梨子ちゃんどうだった?」

曜「柔らかかったよー!」

果南「こら!バカ曜!」
348: Ep24:花より桜(SB-iPhone) 2018/10/08(月) 22:22:27.07 ID:ssKLur2r
果南「やっぱりいい景色だねー」

鞠莉「内浦は自然が多いから、何処を見ても綺麗よね」

ダイヤ「毎年のことですが、見るたびに趣が変わっている気がしますね」

果南「まあ、趣を感じないメンバーもいるみたいだけどね」ジロッ

曜「んー!梨子ちゃんのお弁当美味しいー!」

千歌「曜ちゃんばっかりずるいー!千歌も食べるー!」

梨子「あはは……いっぱいあるから慌てて食べなくてもいいんだよ」
349: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/08(月) 22:23:03.86 ID:ssKLur2r
曜「はー、梨子ちゃんのお弁当美味しいなー」

曜「もー毎回食べたい!毎日作って!」

梨子「それだと一緒に暮らさないといけないわよね」

曜「じゃあ一緒に暮らそう!」

梨子「はいはい。ちゃんと曜ちゃんが大きくなってからね」

曜「梨子ちゃん!同い年なのに子供扱いしないでよー!」

梨子「ふふ、ごめんごめん」

梨子「曜ちゃんが子供みたいなことを言うからつい」
350: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/08(月) 22:23:33.35 ID:ssKLur2r
曜「じゃあもっと子供っぽいことしちゃおっかなー」

梨子「わっ」

曜「えへへ~梨子ちゃんの膝枕~」

曜「ん~いい匂い~」

梨子「もー、甘えん坊なんだから」

曜「子供だからいいもーん」

梨子「全く……」フフッ

曜(本当に、いい匂い)

曜(なんだか……安心する……)

スヤ……
351: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/08(月) 22:23:59.58 ID:ssKLur2r
果南「曜、寝ちゃった?」

梨子「みたい、ですね」

ダイヤ「全く、花を見に来たというのに」

梨子「疲れてるんですよ、きっと」

梨子「私が見てるから、みんなで行ってください」

果南「……そうだね、そうするよ」

果南「邪魔しちゃ悪いしね」

梨子「ふふ、ありがとうございます」
352: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/08(月) 22:24:21.91 ID:ssKLur2r
曜「ん……」

梨子「あ、起きた?」

曜「梨子ちゃん……あ、そっか、私寝ちゃってたんだ」

曜「ごめんね、私のせいで梨子ちゃんが……」

梨子「いいのよ。私も楽しかったから」

梨子「それよりも、曜ちゃんも今からお花見てきたら?」

梨子「凄く綺麗らしいよ」
353: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/08(月) 22:24:54.35 ID:ssKLur2r
曜「……私はいいよ」

梨子「なんで?嫌いなの?」

曜「嫌いじゃないよ。でも……」

梨子「でも?」

曜(……言えないよ)

曜(お花よりも、梨子ちゃんの方が見たいなんて)

曜(梨子ちゃんの方が綺麗だし、いい匂いだもん)

曜(今だって、こんなに近くに梨子ちゃんがいるのに……)ギュッ

曜「……今は、そんな気分じゃないから」
354: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/08(月) 22:25:22.76 ID:ssKLur2r
梨子「そっか。じゃあ、みんなが来るまで待ってようね」

曜「うん」

曜(梨子ちゃんは、平気そうだよね)

曜(多分、私は意識されてないんだ)

曜(ご飯を毎日食べたいとか、一緒に暮らそうとか、私はちゃんと分かって言ってるんだよ)

曜(でも、恥ずかしいから、いつも勢いで、冗談みたいに言っちゃうの)

曜(梨子ちゃんも、子供扱いばっかりでちゃんと答えてくれないし)

曜(はぁ……少しくらい、意識してくれてもいいのに)

曜(梨子ちゃんの、ばか)



ダイヤ「果南さん、さっき梨子さんに言ったのはどういう意味が?」

果南「そのうち分かるよ」
358: Ep25:魔女集会で会いましょう(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:51:05.12 ID:pPOpmN8F
「おのれ、魔女め!」

「よくも仲間をッ!」

梨子「先に襲いかかってきたのはそっちでしょ?」

「うるさい!貴様のような悪魔が生きているからこうなるんだ!」

梨子「はぁ……」

梨子「本当に、人間って救いようがないわね」
359: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:51:33.07 ID:pPOpmN8F
梨子「なんで弱いのに歯向かって来るのかしら」

梨子「不思議でならないわ」

梨子「……ん?」

梨子「人の気配?にしては小さいような」

梨子「……子供?」

よう「ひっ!」

梨子「あら、可愛い子ね」

梨子「こんな森の奥に一人で来ると、悪い魔女に食べられちゃうわよ?」クスクス
360: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:52:01.48 ID:pPOpmN8F
よう「あ、ぁぁ……」ヘタリ

梨子「あらあら、怖がらせちゃったかしら?」

梨子「ここは魔物が強くて誰も近寄らないはずなんだけど、なんでここにいるの?」

よう「…………」

梨子「親は?」

よう「…………」

梨子「ふーん、捨てられたんだ」

よう「!」

梨子「ごめんね、面倒だから心を読んだの」

梨子「……ふふ、あーあ、可哀想に」クスッ

梨子「このままじゃ絶対死んじゃうわよ」クスクス
361: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:52:26.60 ID:pPOpmN8F
よう「……」グスッ

梨子「ここで殺しちゃってもいいけど、面白味がないわね」

梨子「それなら私の家で飼おうかな」

梨子「ほら、来なさい」

よう「いいの……?」

梨子「いいわよ。ただ、気に入らなかったらすぐに捨てるから」

梨子「少しくらい暇潰しになってよ?」
362: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:53:07.89 ID:pPOpmN8F
~数年後~

よう「ていー!やー!」

梨子「もー、朝からうるさい」

梨子「何やってるの?」

よう「修行してるの!」

梨子「なんで?」

よう「だって梨子ちゃん、『私を倒したら結婚してあげる』って言ってたもん!」

梨子「それは曜ちゃんが結婚してってうるさいからでしょ」

よう「だって梨子ちゃんのこと好きだもん!」

梨子「はいはい、じゃあ頑張ってね」

よう「あー!待って!魔法教えて!」

梨子「いつも教えてるでしょ。もう一度寝るから、起きたらね」

よう「じゃあ私も一緒に寝る!」

梨子「分かったから静かにしなさい」

よう「えへへー」
363: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:53:49.07 ID:pPOpmN8F
よう「梨子ちゃん、お手紙来てるよー」

梨子「手紙?」

梨子「…………」

よう「どうしたの?」

梨子「……なんでもないわ」

梨子「夕方には戻るから、少しだけお留守番しててね」

よう「はーい」
364: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:54:20.90 ID:pPOpmN8F
梨子「それで、元老院の重鎮達が私に何の用なの?」

「心当たりがあるじゃろう」

「最近、人間の子供と暮らしているそうだな」

梨子「だったら何?暇潰しに飼っているだけよ」

「その行動が魔女の威厳を損ねるんじゃよ」

「魔女は人間のような下等な生き物とは相容れない」

「すぐにその者を処分せよ」

梨子「くだらない戯言ね」

「勘違いするなよ。これは命令だ」

「それとも、我々と敵対したいのかね?」

梨子「…………」ギリッ
365: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:54:47.65 ID:pPOpmN8F
ザッザッ

よう「梨子ちゃんー?何処行くのー?」

梨子「曜ちゃんは知らなくていいわ」

よう「えー、知りたいよー」

梨子「知っても無意味よ」

よう「むー!今日の梨子ちゃんなんだか意地悪!」

梨子「……ええ、そうね」

よう「梨子ちゃん、止まってどうしたの?」

よう「もう着いたの?」

グイッ
366: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:55:22.80 ID:pPOpmN8F
梨子「…………」グググッ

よう「うあ゛っ!」

よう「り、りこちゃ、くるしっ、」

梨子「そう。それならさっさと死になさい」

よう「な、んで、」

梨子「飽きたのよ。曜ちゃんに」

梨子「私、弱い人が嫌いなの」

梨子「だから殺すわ」

よう「ぁ……っ……」

「おい!そこで何をしてる!」

「魔女だ!子供が襲われてるぞ!」

梨子「王国の騎士……ね。ここは引いておくわ」パッ

よう「ぁっ、げほっ、げほっ」ドサッ

「おい!逃すなおえ!」

「その子を保護しろ!治癒士を呼べ!」
367: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:55:56.86 ID:pPOpmN8F
コンコン

善子「遊びに来たわよ、リリー」

善子「……開けるわよ」

梨子「…………」


曜『ていっ!やぁっ!』

『ぬぉっっ!』

曜『やったー!勝てたー!』

『まさか鍛えて数年で追い越されるとは……恐ろしい才能だな』

『おいおい、剣聖様が負けたぞ』

『あの力があれば邪悪な魔女達を倒せるかもしれん』

『将来は英雄だな』
368: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:57:12.58 ID:pPOpmN8F
善子「また観てたのね、あの子のこと」

梨子「……何の用?」

善子「暇だったから遊びに来たのよ」

善子「全く、そんなに未練があるなら連れて逃げれば良かったのに」

梨子「別に未練なんてないわ」

梨子「ただ、私の玩具が何処にあるのか気になっただけ」

善子「素直じゃないんだから……って、あれ」

梨子「?」


『曜様///』

曜『こんにちは、姫様』

『私のことは、名前で呼んでくださいと言っているでしょう///』ギュッ

曜『と言われても困りますよ』

曜『私は拾われた身なんですから』

『そんなこと、何にも関係ありませんわ///』

バリィィィィィィン!!!
369: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:57:50.09 ID:pPOpmN8F
善子「ちょっと!いきなり水晶玉壊さないでよ!」

梨子「…………」ギリッ

善子「落ち着きなさい、リリー」

梨子「うるさい」

善子「人間と恋をしても辛くなるだけよ」

善子「人間の世界で育てば、自然と魔女を憎むようになる」

善子「もう、会わないほうがいい」

梨子「……分かってる」

善子「……ごめんね、辛いこと言って」

善子「でも、例え恋が実ったとしても……その先に未来はないわ」

梨子「…………」
370: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:58:16.52 ID:pPOpmN8F
~数年後~

「邪悪な魔女を滅ぼせー!」

「うおー!」

梨子「はぁ、懲りない人間たちね」

梨子「たくさんの魔物が住むこの森に軍隊で入るなんて、餌が増えるだけなのに」

梨子「本当に私を倒したいのなら、少数精鋭で来るべきよ」

梨子「まあ、だから、一人で来たのね」

梨子「曜ちゃん」

曜「…………」
371: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:58:56.24 ID:pPOpmN8F
梨子「久しぶりって言った方がいい?」

梨子「それとも、何をしに来たか聞いた方がいいかしら?」

曜「梨子ちゃんを倒しに来たんだよ」

梨子(やっぱり、恨んでるわよね)

梨子(戻って来てくれた、と少し期待するなんて……本当、どうしたんだろう)

梨子(全く、歳は取りたくないわね)

梨子「舐めるなよ、人間の小娘風情が」

梨子「【虚無の魔女】に歯向かったらどうなるか教えてやる!」
372: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 22:59:45.73 ID:pPOpmN8F
梨子「…………」

梨子「……はぁ」

曜「…………」チャキ

梨子「この私が手も足も出ないなんて、全くどれだけ化け物に育ってるんだか」

梨子「ほら、今なら昔の恨みを返し放題よ」

梨子「もう抵抗する気もないし、拷問なりなんなり好きなようにしなさい」

曜「私の勝ち、だよね?」

梨子「ええ、そうよ」

梨子「今なら簡単に首を刎ねられるわ」

梨子「ほら、早く」

曜「じゃあ、約束通り私のお嫁さんになってもらうね」

梨子「…………」

梨子「え?」
373: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 23:00:35.76 ID:pPOpmN8F
梨子「待って、何言ってるの?」

曜「梨子ちゃんが言ったんでしょ?倒したら結婚してくれるって」

梨子「確かに言ったけど……」

曜「私ね、あの時から梨子ちゃんを倒すために頑張って来たの」

曜「梨子ちゃんを倒せて、それと梨子ちゃんを虐める人たちからも守れるように、頑張って修行したんだよ」

梨子「……そ、そうなんだ。ふーん、人間って単純なのね」

梨子「というか、曜ちゃんってそんなに私のこと好きだったんだ」

曜「うん、好きだよ」

ドサッ
374: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 23:01:24.06 ID:pPOpmN8F
梨子「え?ちょ、ちょっと、まっ、」

曜「無理。待てない」

曜「梨子ちゃんと一つになるの、ずっと待ってたんだから」

曜「それに、梨子ちゃんは私のお嫁さんなんだから、嫌って言わないよね?」

曜「まあ、抵抗しても無理やりするけどさ」

梨子「っ///に、人間のくせに///」

曜「その人間に負けた魔女は誰かな?」ミミモトボソッ

梨子「くぅ///」

曜「不老の魔法も覚えたから、ずっと一緒にいられるよ」

曜「……大好きだよ、梨子ちゃん」

梨子「……全く」フフッ

梨子「仕方ないから、曜ちゃんのお嫁さんになってあげるわ」

チュッ



ルビィ「善子ちゃんも、人間さんと恋したいことがあるの?」

善子「え、ないけど」

花丸「なんでもかんでも意味深に喋るのやめるずら」
382: Ep26:お薬(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:56:23.92 ID:N4EskCxU
梨子「はい、どうぞ」

曜「いや、どうぞじゃないじゃないよ」

曜「何この見るからに怪しい薬」

曜「紫と緑が混じった色してるしなんだかボコボコ言ってるじゃん」

梨子「スポーツドリンクだよ。曜ちゃん、喉渇いてると思って」

曜「ねえ私の話聞いてた?なんで何事も無かったかのように続けてるの?」

曜「絶対飲まないよ?」

梨子「我儘言わないで」

曜「いや我儘じゃないし」
383: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:56:49.73 ID:N4EskCxU
梨子「鞠莉さん、これ駄目だって」

鞠莉「あら?なんで?」

梨子「色が良くないみたい」

鞠莉「そうなの?じゃあ次は無色にしとくわね」

梨子「お願いします」

曜「お願いだから私の前でやらないで」

曜「いやそもそも開発しないで」
384: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:57:13.28 ID:N4EskCxU
曜「ねえ梨子ちゃん」

梨子「どうしたの?」

曜「私の飲み物が真っ赤に染まってるんだけどなんで?」

梨子「知らないわよ」

曜「真顔で嘘つかないで」

曜「何入れたの?」

梨子「改良した薬よ」

梨子「バレないように混ぜておいたのに、変色しちゃったんだ」

曜「冷静にメモしないで」
385: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:58:10.34 ID:N4EskCxU
曜「あんまり聞きたくないけど、この薬はなんなの?」

梨子「ただの惚れ薬よ」

曜「危ない薬はやめて」

梨子「危なくないわよ。ただすぐに押し倒したくなるくらい私のことが好きになるだけだから」

曜「危ないよ。私捕まっちゃうじゃん」

梨子「大丈夫。ちゃんと気持ちよさそうにすれば和姦に見えるでしょ?」

曜「二人とも警察行きだよ」
386: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:58:42.35 ID:N4EskCxU
梨子「なんで飲んでくれないの?」

曜「いや、見るからに怪しいし」

梨子「私のこと嫌いなの?」

曜「嫌いじゃないけど」

梨子「はあ、もういいわ」

梨子「今度はお香型にして曜ちゃんを家に誘き出すから」

曜「お願いだからやめて」
387: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:59:09.14 ID:N4EskCxU
梨子「どうやったら曜ちゃんに薬を飲ませられるんだろう」

梨子「あ、そうだ、お弁当に混ぜればいいんだ」

梨子「鞠莉さん、お薬たくさんもらえる?」

梨子「お米もそれで炊くから」

鞠莉「いいわよ~!ちゃーんとどうなったか聞かせてね!」

梨子「任せて」

梨子「よーし、頑張るぞー」
388: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:59:50.32 ID:N4EskCxU
梨子「曜ちゃん、お弁当どうぞ」

曜「いきなりどうしたの」

梨子「曜ちゃんに食べて欲しくて」

曜「なんか怖いんだけど」

曜「あ、でも見た目は普通だ」

梨子「あーん」

曜「しないよ」ヒョイパクッ

梨子「あぁっ」

曜「美味しい」

梨子「そう?いっぱい食べてね」

曜「うん、ありがとう」
389: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 22:00:40.20 ID:N4EskCxU
梨子「…………」

曜「どうしたの?お昼から考え事して」

梨子「ううん、なんでもないけど」

梨子「曜ちゃんは何にもないの?」

曜「別にないけど」

梨子「そう」
390: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 22:01:12.45 ID:N4EskCxU
梨子「鞠莉さん、薬全然効いてないみたい」

鞠莉「ホワーイ?あんなにたくさん使ったのに効かないわけはないんだけど」

梨子「火を通すとだめとか?」

鞠莉「うーん、そんなことないと思うんだけど」

鞠莉「やっぱり原液を飲ませるしかないわね」

梨子「分かった。飲んでもらう」

鞠莉「ファイト~」
391: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 22:01:44.66 ID:N4EskCxU
梨子「曜ちゃん、これ飲んで」

曜「嫌だけど」

梨子「なんで嫌なの?」

曜「むしろなんで嫌じゃないと思うの」

曜「そんな危ないもの体に入れたくない」

梨子「それなら大丈夫よ。今日のご飯、作るときの水は全部あれだから」

曜「え、そうだったの?」

梨子「うん。でも全然変わらないからおかしいの」

梨子「だからもう原液で飲んでもらうしかないわ」

梨子「ほら、飲んで」

曜「……はぁ」

ゴクゴク
392: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 22:02:22.23 ID:N4EskCxU
コトン

曜「はい、これでいいの?」

梨子「え?」

曜「何?」

梨子「何か変わったことない?」

梨子「私が可愛く見えるとか、私のことが好きとか、私のことを押し倒してめちゃくちゃにしたいとか」

曜「梨子ちゃん、願望漏れすぎだよ」

曜「私は特に変わったことないかな」

梨子「そんな……薬が効かないなんて」
393: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 22:02:59.86 ID:N4EskCxU
梨子「鞠莉さん、薬全然効きません!」

鞠莉「おかしいわね、本当になんともないの、曜?」

曜「ないけど」

梨子「これ本当に好きになってくれるんですか?」

鞠莉「一度他の人で実験してみましょうか」

曜「悪巧みなら私のいないところでやって」

梨子「せっかく曜ちゃんが私のことを好きになってくれると思ったのに」

梨子「でも覚悟しててね、いつか私のことを襲わせてみせるから」

曜「危ない宣言をしないで」

梨子「体洗って待っててね」

曜「はいはい」



ルビィ「ヨハネしゃまぁ……♡」スリスリ

善子「マリーに貰ったジュースを飲ませたらルビィがおかしくなったわ……///」
399: Ep27:ヤキモチ妬きの桜内さん(やわらか銀行) 2018/10/11(木) 21:58:47.30 ID:xuEVt43c
梨子「む~~~~!!!」

ポカポカポカポカ

曜「り、梨子ちゃん、ごめん、ごめんって」

曜「お願い、機嫌なおして?」

梨子「怒ってないもん」プクー

曜「いや、怒ってるでしょ」

曜「ごめんね」ギュー

梨子「……つーん」
400: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/11(木) 21:59:37.29 ID:xuEVt43c
千歌「……何してるの?」ヒキッ

曜「あ、千歌ちゃん」パッ

梨子「!」

曜「他の子と喋ってたら梨子ちゃんが拗ねちゃって」

梨子「…………」ゲシゲシ

曜「あーもー拗ね方まで可愛いんだから」ギュッ

梨子「ふん」

曜「はいはい、機嫌なおして」ナデナデ

梨子「怒ってないからね」ギュー

曜「うんうん。ごめんね」ナデナデ
401: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/11(木) 22:00:31.24 ID:xuEVt43c
~休憩中~

千歌「あんな梨子ちゃん初めてみたよ」

曜「いろいろあって疲れるとああなるみたい」

千歌「そうなの?」

曜「うん。多分そうだと思う」

果南「曜、ちょっと」

曜「ん?なに?」

果南「早く梨子ちゃんの機嫌取ってきて」

果南「ほっぺ膨らませながら曜の方見てるから」

梨子「…………」プクー
402: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/11(木) 22:01:10.63 ID:xuEVt43c
曜「梨子ちゃんごめんね、待たせちゃって」

梨子「待ってない。曜ちゃんなんか知らない」プクー

曜「ほらほら可愛い顔が台無しだよー」プニプニ

梨子「ふん」ペシッ

曜「あてて」

梨子「他の人のところにいってきたら」プクー

曜「もー、そんなこと言わないでよ」ギュッ
403: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/11(木) 22:01:38.98 ID:xuEVt43c
曜「曲作り、上手くいってないの?」

梨子「…………」コクン

曜「大丈夫。梨子ちゃんならできるよ」

曜「私が保証するから」

梨子「……でも、なんにも思いつかないの」

曜「考えすぎなだけだよ」

曜「梨子ちゃんの感じたことを曲にするだけでいいんだからさ」

梨子「でも……」

曜「確かラブソング、だよね」

曜「じゃあ、明日は私とデートに決定」

曜「いっぱいドキドキすれば、曲なんてぱっと思いつくもんね」
404: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/11(木) 22:02:16.06 ID:xuEVt43c
梨子「……やだ」

曜「なんで?」

梨子「だって、前の時もデート中にヤキモチ妬いちゃったもん」

梨子「それで曜ちゃんに迷惑かけて……」

曜「かけられてないよ」

曜「梨子ちゃんのヤキモチはね、好きって気持ちが伝わってきてなんだか嬉しくなるの」

曜「だからこれからもいっぱいヤキモチ妬いてね」

梨子「……うん///」
405: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/11(木) 22:02:56.66 ID:xuEVt43c
梨子「曜ちゃんは?」

曜「ん?私?」

梨子「曜ちゃんはヤキモチ、妬いてくれないの?」

曜「うーん、どうなんだろう」

曜「なるべくしないようにしてるよ」

梨子「むー……」

曜「ごめんごめん、怒らないで」

曜「私って結構独占欲強いからさ」

曜「そういうの意識すると、梨子ちゃんのこといっぱい束縛しちゃいそうなんだよね」

梨子「……いいよ?」

曜「私がダメなの。ちゃんと純粋な恋人でいたいからさ」

梨子「じゃあ、そうしてあげる」

曜「ありがとう、梨子ちゃん」ギュー

梨子「///」



ルビィ「うーん……」パタリ

花丸「あまりの甘さにルビィちゃんが倒れたずらー!」

善子「ここは堕天使の涙で中和をーー」

ダイヤ「おやめなさい!」
410: Ep28:百合営業 その3(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:40:24.12 ID:GpsfJJaj
鞠莉「そういえば、曜と梨子は二人で遊びに行ったりしないの?」

曜「あー、そういばあんまり」

鞠莉「えー?こんなにスウィートな仲なのに?」

鞠莉「本当はどうなの、梨子?」

梨子「こ、今週デート、します///」

曜「!?」

鞠莉「あら、そうなの?」

曜「あはは、恥ずかしいから内緒にしてたんだよね」

梨子「ごめんね、曜ちゃん……」

曜「別にいいよ!気にしないで!」
411: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:41:18.91 ID:GpsfJJaj
曜「ねえ」

梨子「何?」

曜「なにデートとか言ってんの?吐き気がするんだけど」

梨子「はぁ、猿がキーキーうるさいわね」

曜「は?」

梨子「仲がいいのにお出かけしてないなんて不自然でしょ?」

梨子「ちゃんとみんなからの自分への返事見てる?」

曜「はいはい営業熱心ですねー桜内さんは」
412: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:41:48.07 ID:GpsfJJaj
梨子「じゃあ土曜日、駅前に10時半集合で」

曜「勝手に話進めないでくれる?」

梨子「別にいいわよ、やめても」

梨子「曜ちゃんが負けを認めるんならね」

曜「は?行かないなんていつ言った?」

曜「時間の無駄だけど予定空けてあげるよ」

曜「じゃあ私帰るから」

梨子「はいはい」
413: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:42:15.48 ID:GpsfJJaj
~土曜日 AM8:00~

曜「なんでいんの?」

梨子「こっちのセリフなんだけど」

梨子「ああ、もしかしてデートが楽しみで早く来ちゃったとか?」

曜「寝言は寝て言ってくれる?」

曜「暇だから散歩しにきただけだよ」

曜「梨子ちゃんこそなんでここにいんの?」

梨子「はぁ、ちょっとそこで見てなさい」ポチポチ


梨子
よ、曜ちゃんと初めてのデート!
楽しみだったから待ち合わせの一時間以上前に着いちゃったよ~メイ*,> _ <,リ
♡4531 →3236
414: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:42:46.86 ID:GpsfJJaj
曜「わざわざこれするために来たの?」

梨子「当たり前でしょ。曜ちゃんみたいな考えなしと一緒にしにいでくれる?」

曜「うっざ。もういいよ、早く行こう」

曜「というかこの時間だとお店全然空いてないじゃん」

梨子「はぁ、田舎者はこれだから」

曜「一々煩いんだけど」

梨子「ちゃんと朝から開いてるところも調べてあるから行くわよ」

曜「はいはい、流石は都会人さまですね」

ギュッ
415: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:43:18.17 ID:GpsfJJaj
<イラッシャイマセー

曜「なんにするの?」

梨子「サンドイッチ」

曜「じゃあ他のにしよ」

曜「すいませーん!」

<はーい!

曜「チーズイ」

<あ!Aqoursの渡辺曜さんと、桜内梨子さんですね!

曜「ええ、そうですけど」

<私大ファンなんです!今日は確かデートでしたっけ?

梨子「そ、そうなんです」

梨子「恥ずかしいからあんまり言わないでください///」

<ああ!すいません!
416: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:43:49.70 ID:GpsfJJaj
<お二人だとやっぱりカップルセットですよね!

曜「え?」

梨子「それは……?」

<カップル限定のお得セットです!お二人くらいのラブラブカップルならもうこれしかないですよね!

曜「か、カップルセット……」

梨子「……よ、曜ちゃんがいいなら、いいよ?///」

曜「あー、じゃあそれでお願いします」

曜「えへへ、楽しみだね、梨子ちゃん」

梨子「……うん///」

<少々お待ちくださいー!
417: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:44:27.10 ID:GpsfJJaj
曜「…………」

梨子「…………」

曜「これ、本当に飲むの?」

梨子「逃げてもいいよ?」

曜「いや飲むし」

梨子「じゃあ早く飲んじゃいましょう」

曜「なんで梨子ちゃんと一緒に飲まないといけないんだか」

チュー

パシャッ

梨子「え?」

<あ!お気になさらず!

<後で画像送りますね!

<よければケーキをあーんしてるところもお願いします!

曜「もー、また梨子ちゃんとラブラブなのがバレちゃうね」

梨子「……うん///」
418: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:44:57.74 ID:GpsfJJaj
曜「喫茶店の画像、♡3万超えたよ」

梨子「当たり前でしょ。私がいるんだから」

曜「はいはい、相変わらず自信たっぷりなようで」

曜「それで、もう夕方だけどどうするの?」

梨子「このまま少し休憩しましょう」

梨子「公園のベンチに座ってるのって、絵になるでしょ?」

曜「そーですね」

梨子「曜ちゃんも荷物持ってるし疲れてるでしょ?」

曜「どっかの誰かと違ってひ弱じゃないからね」

梨子「ああ、そう」
419: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:45:43.54 ID:GpsfJJaj
曜「…………」ウトウト

曜(やばい……眠い……)

曜(昨日楽しみで寝られなかったから……)

曜(……起きて……ないと)

コテン

梨子「…………」グッ

梨子「……いつもお疲れ様、曜ちゃん」ナデナデ

チュッ

パシャッ
420: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:46:17.80 ID:GpsfJJaj
曜「ん……あれ、ここどこ」

曜「真っ暗……?」

梨子「ああ、やっと起きた?」

曜「……寝ちゃってたんだ」

曜「ごめん」

梨子「曜ちゃんが謝るなんて、明日は雨でも降るのかな?」

曜「うざっ」

曜「元はと言えば梨子ちゃんといるのがつまらないから寝たんだよ」

梨子「はいはいごめんね」

梨子「まあでもお陰でいい写真が撮れたわ」

曜「は?」


梨子
曜ちゃんを膝枕しちゃってます♡
みんなの人気者の曜ちゃんだけど、今だけは私が一人占め♡
大好きだよ、曜ちゃん。チュッ♡
♡4万 →4万
421: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:47:10.69 ID:GpsfJJaj
曜「うわ、なにこれ」

梨子「みんな膝枕好きなんだね」

曜「はぁ、最悪」

曜「なに最後のちゅって」

梨子「みんなの受けいいでしょ?」

梨子「曜ちゃんには分からないだろうけど」

曜「はぁ、もういいや疲れた」

曜「帰る」

梨子「ちゃんとバス停まで送ってよね」

曜「はいはい」

ギュッ
422: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:47:43.01 ID:GpsfJJaj
曜「…………」

梨子「…………」

曜(待って、ここホテルたくさんあるじゃん)

曜(もしここで口論になったら……)ゴクッ

曜(ううん、だめだめ。絶対だめ)

曜(寝不足で梨子ちゃんに迷惑かけたのに、ホテルまで一緒に行くなんて)

曜(それに、梨子ちゃんとそんなことしたら恥ずかしくて死んじゃう)

曜(ま、まあ……嫌なわけじゃないけど……///)
423: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 23:48:35.11 ID:GpsfJJaj
梨子(ど、どどどどうしよう、ここホテルたくさんあるよぉ///)

梨子(ぅぅ、ここで言い争いしたら絶対ホテル行っちゃうよぉ///)

梨子(そ、そんなの無理///曜ちゃんとなら嬉しいけど、でも無理なのぉ///)

梨子(……それにしても、今日は楽しかったなぁ)

梨子(楽しみで朝早く来たら曜ちゃんもいてくれて)

梨子(曜ちゃんをずっと一人占めできて)

梨子(そ、それに……秘密だけど、ほっぺたに……///)

梨子(そのうえホテルなんて行ったら……幸せすぎて死んじゃう///)

ようりこ((お願いだから何も喋らないで///))



ダイヤ「膝枕なんて破廉恥ですわ!」

鞠莉「ダイヤもする?結構気持ちいいわよ?」
430: Ep29:雨の日(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 22:39:50.48 ID:keaB5KMl
千歌「今日は雨かー、やだなー」

梨子「屋上が使えないもんね」

曜「プールもねー」

千歌「もー!練習も寄り道もできないよ!」

曜「寄り道するところもないけどね」

梨子「今日、どうしよっか?」

曜「普通に帰るしかないでしょ」

曜「私は先生の手伝いしてから帰るよ」

梨子「私も音楽室に用事があるから」

千歌「はーい、じゃあまたねー」
431: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 22:40:15.84 ID:keaB5KMl
「渡辺ありがとなー」

曜「いえいえー」

曜「あれ、梨子ちゃん?」

梨子「あ、曜ちゃん」

曜「今帰り?」

梨子「うん。一緒に帰ろっか」

曜「そうだね」

曜「雨が強くなるといけないし」
432: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 22:40:49.57 ID:keaB5KMl
ザァァァ……

曜「結構降ってるなー」

梨子「曜ちゃん、傘は?」

曜「え?ああっ!」

曜「しまった……家に置いてきちゃった……」

曜「うーん、いつもは忘れないのに」

曜「ごめん、私先にいくね?」

曜「梨子ちゃんは後からーー」

梨子「だめ」

梨子「そんなことしたら風邪ひいちゃうよ」

梨子「それに、一緒に帰るってさっき言ったでしょ?」

パサッ
433: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 22:41:57.60 ID:keaB5KMl
曜「…………」

梨子「…………」

曜「梨子ちゃん、肩濡れてるよ」

梨子「曜ちゃんも、だよ」

曜「……もう少し、近付いていい?」

梨子「……うん」

曜「……ちょっとだけ、あったかいね」

梨子「……こんなに冷たいのに、不思議だね」
434: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 22:42:27.31 ID:keaB5KMl
梨子「いつもは、ちゃんと傘持ってきてるんだっけ?」

曜「うん。ごめんね、忘れて」

梨子「あ、違うの。そういうことじゃないから」

梨子「今度私が忘れてきたら、入れてくれる?」

曜「もちろんだよ」

曜「でも、梨子ちゃんはちゃんと持ってくるでしょ」

曜「私、結構忘れっぽいからさ」

曜「その時はよろしくね?」

梨子「うん」
435: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 22:42:57.60 ID:keaB5KMl
~数日後~

曜「また雨かー」

梨子「そうだね」

曜「梨子ちゃん、もう帰る?」

梨子「うん。曜ちゃんは?」

曜「私も帰るよ」

梨子「……じゃあ、一緒に帰ろう?」

曜「うん」
436: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 22:43:22.78 ID:keaB5KMl
曜「あれ?梨子ちゃん、傘は?」

梨子「朝慌ててたから忘れちゃったみたい」

梨子「だから、曜ちゃんの傘に入れてくれると嬉しいな」

曜「あ……」

梨子「……曜ちゃん、傘は?」

曜「……忘れた」

曜「私も朝慌てて……あはは……」
437: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 22:43:50.25 ID:keaB5KMl
曜「…………」

梨子「…………」

曜「ごめん、本当は梨子ちゃんと一緒に帰れるかなって思って」

梨子「え、曜ちゃんも?」

曜「え?『も』って?」

梨子「あ……」

曜「梨子ちゃん、どういうこと?」

梨子「……私も、曜ちゃんと、一緒の傘で帰れるかなって」

曜「…………」

梨子「…………」

ようりこ「「ぷっ」」

ようりこ「「あっははははっ!!」」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)
438: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 22:44:21.80 ID:keaB5KMl
曜「お互い、考えることは同じだね」

梨子「本当ね。心が通じ合ってるみたい」

曜「ねぇ、それならさ、雨宿りしようよ」

梨子「そうだね。少ししたら晴れるみたいだし」

曜「じゃあ私、梨子ちゃんのピアノ聴きたいな!」

梨子「とか言って、寝ないでよ?」

曜「寝ないって!梨子ちゃんの隣に座って、特等席で聴くからさ」

梨子「ふふ、それなら頑張らないとね」



ダイヤ「善子さん?その傘はどうしたんですか?」

善子「……折れた」ビチャビチャ
443: Ep30:王女と騎士(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 23:54:59.73 ID:Gv1G/bQC
「くそ!なぜここに魔物が!」

「王女様!危ないっ!」

梨子「っ!」

ザシュッ!!

梨子「…………?」

曜「大丈夫?怪我はない?」

梨子「……は、はい///」

曜「間に合ってよかった」

曜「この辺は魔物が出て危ないから、安全なところまで送るよ」

「おい!その方から離れろ!」チャキ
444: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 23:55:39.05 ID:Gv1G/bQC
曜「その馬車の紋章、敵国の……」

「聞こえないのか!」

梨子「やめてください」

梨子「この方は、私の命の恩人なのですよ?」

「……分かり、ました」スッ

梨子「申し訳ありません、助けていただいたのに」

曜「別にいいよ」

梨子「あの、よければお礼をさせてください」

曜「お礼なんていらないよ。困っている人を助けるのが騎士の役目だから」

曜「それに、貴族……だよね?敵国の騎士といるのは見られないほうがいいでしょ」

梨子「それは……」

曜「それじゃあ、さようなら」

梨子「っ、待ってください!」

梨子「せめて、お名前だけでも」

曜「曜、だよ」

曜「平和になったらまた会おうね」

梨子「……はい」
445: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 23:56:11.17 ID:Gv1G/bQC
~数年後~

「やっと捕らえたか」

「これで形勢は一気に我等に傾くだろうな」

曜「っ……」ジャラ

「こいつのせいで、沢山の仲間が犠牲になったんだ!」

「拷問の許可は出てるんだ、沢山酷い目に合わせてやろうぜ」

「おい、命令は忘れんなよ?」

「ああ、王都に入るための秘密の抜け道か」

「さっさと答えろ!」

曜「……言わない。絶対に」

「自分の立場が分かってねーようだな」

「やっぱり先に心を折ってやろうぜ」

曜「っ……!」
446: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 23:57:03.10 ID:Gv1G/bQC
梨子「っ、だめ!」

「お、王女様!?どうしてここに!?」

梨子「彼女の身柄は、私が預かります」

梨子「だから、酷いことをしてはいけません」

「し、しかし俺たちも命令で」

梨子「わ、私に逆らうんですか!?」

「っ、す、すいません」

「おまえら!いくぞ!」

タタタ
447: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 23:57:35.11 ID:Gv1G/bQC
梨子「大丈夫ですか、曜様?」

曜「ありがとう……ってなんで私の名前を」

梨子「……見覚え、ありませんか?」

曜「……あ!昔、森の中であった」

曜「え、でも王女って」

梨子「はい。私は、この国の王女です」

梨子「あの時は助けていただき、本当にありがとうございました」

曜「ううん、こちらこそありがとう」

曜「でも、私を庇わないほうがいいよ」

曜「そのせいで罰を受ける可能性もあるんだから」

梨子「構いません」

梨子「絶対に、曜様は私がお守りします」

曜「…………」
448: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 23:58:00.92 ID:Gv1G/bQC
カクン

梨子「っ!」ヘタリ

曜「どうしたの!?」

梨子「ご、ごめんなさい……足が……震えてて……」

曜「無茶、するから」

曜(私を庇うのにも、勇気が必要だったんだよね)

曜(兵士たちの前に立つだけでも怖かったはずなのに)

曜「……ありがとう」
449: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 23:58:34.60 ID:Gv1G/bQC
曜「でも、こんなことして王女様は本当に大丈夫なの?」

梨子「…………」

曜「あれ?どうしたの?」

梨子「王女様って呼び方は、いやです」

梨子「梨子って呼んでください」

曜「でも、私は捕虜だし」

梨子「呼んでください」

曜「……ふふ、変なところで頑固なんだから」

曜「梨子ちゃん」

梨子「っ///」

曜「それじゃあ、私のことも様付けはやめてほしいな」

梨子「……よ、曜、ちゃん///」
450: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 23:59:36.23 ID:Gv1G/bQC
曜「梨子ちゃん、また来たの?」

梨子「はい。毎日来ると、言いましたよね?」

梨子「曜ちゃんが酷いことされないように、ちゃんと守りますから」

曜「……危なくなったら、すぐに私を切り捨てて」

梨子「いやです」

曜「梨子ちゃん、これは真剣に言ってるんだよ」

梨子「私も真剣です」

曜「……お付きの人も困ってるよ」

「い、いえ私は……」
451: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:00:08.47 ID:E6zgZC2b
梨子「これが、曜ちゃんのご飯?」

梨子「これじゃあ栄養が足りなくて死んでしまいます」

梨子「作り直してください」

「し、しかし、捕虜の食事は決まっておりますから」

梨子「分かりました」

梨子「それでは、私も曜ちゃんと同じ料理をお願いします」

梨子「それ以外は口にしません」

「す、すぐに作り直させます!」
452: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:00:36.88 ID:E6zgZC2b
曜「梨子ちゃんって、思ったより意思が強いんだね」

梨子「……そういう子は、嫌いですか?」

曜「ううん。そんなことないよ」

曜「ただ、意外だなって」

曜「梨子ちゃん、大人しそうだもん」

梨子「……だって、曜ちゃんが可哀想じゃないですか」

曜「うーん、でも私は捕虜だからさ」

梨子「そんなの、関係ありません」

梨子「曜ちゃんにこんな酷いことするなんて……」
453: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:01:10.33 ID:E6zgZC2b
梨子「あ!いいことを思いつきました」

曜「いいこと?」

梨子「はい。曜ちゃんが、私の騎士になればいいんです」

梨子「そうすれば、曜ちゃんもちゃんとした暮らしがおくれますよね」

「……姫様、それは曜様に失礼ですよ」

梨子「え?」

曜「ありがたいけど……だめだよ」

曜「私は自分の国を裏切れないから」

梨子「ぁ……わ、私は……そんな意味で言ったわけでは……」

曜「うん。分かってるよ。だから、ありがとう」

曜「そういう気持ちだけでも、嬉しいから」
454: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:01:38.28 ID:E6zgZC2b
タタタタ

梨子「曜ちゃん、大丈夫!?」

梨子「怪我してない!?痛いところは!?」

曜「り、梨子ちゃん!?いきなりどうしたの!?」

「王女様、お待ちください!」

「申し訳ありません、曜様。授業内容のせいでご迷惑を」

梨子「曜ちゃんの国は、王様が悪い人でみんなを虐めてたんでしょ?」

梨子「それじゃあ曜ちゃんも酷いことされてるかもしれないもん!」

「王女様!失礼ですよ!」
455: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:02:39.26 ID:E6zgZC2b
曜「そんなことないよ。私は酷いことされてないもん」

梨子「本当に?村の人たちも、酷いことされてない?」

曜「うん。もちろ……」

曜(……されて、ない?)

曜(本当に?)

曜(国を回った時、村の人の様子はどうだったっけ?)

曜(貧しそうにしてる人も……いた)

曜(私たちを見ると、酷く怯えた表情をしてる人も)

曜(……それに、王様の悪い噂も聞いたことがある)
456: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:03:10.78 ID:E6zgZC2b
梨子「どうしたの、曜ちゃん?」

曜「ううん、なんだか最近、梨子ちゃんの言葉遣いが崩れてきたなって」

梨子「あっ……ご、ごめんなさい///」

曜「いいんだよ。むしろ、そっちの方が私は嬉しいから」

梨子「本当……?」

曜「うん。梨子ちゃんとの距離が近くなった気がするからね」

梨子「……っ///」

梨子「か、帰る///」

曜「あれ、梨子ちゃん!?おーい!」
457: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:03:43.72 ID:E6zgZC2b
梨子「私、曜ちゃんにいろいろ酷いこと言ってたんだよね」

梨子「私の騎士になってとか、曜ちゃんの国は悪いところだ、とか」

梨子「何も知らなくて……ごめんね」

曜「謝らなくてもいいって」

曜「私のことを心配して言ってくれてるんだもん」

曜「私は嬉しいよ」

梨子「曜ちゃん……」

曜「それより、今日のご飯は何かな?」

梨子「さっき聞いたら、サンドイッチって言ってた」

梨子「曜ちゃんの大好きな、ハンバーー」

「楽しそうだな、梨子」
458: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:04:33.67 ID:E6zgZC2b
梨子「お父様……!」

「秘密の抜け道をなかなか聞き出せないと思ったら、こんなことをしていたとはな」

「こうなれば、私が直接聞いてやろう」

梨子「曜ちゃんに、酷いことしないで!」

曜「梨子ちゃん!逃げて!」

「どけ!死にたいのか!」

梨子「曜ちゃんを助けられないなら、私は死にます!」

曜「だめ!私のことはいいから!」

「その女にたぶらかされたか」

「ならばその女を殺して目を覚ましてやる!」ヒュッ

曜「っ!」

ザシュッッッッッ

ビチャビチャ

曜「……え?」

梨子「……」バタッ
459: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:05:08.21 ID:E6zgZC2b
曜「梨子ちゃん!?」

曜「なんで、なんで、私をかばって……!」

「ふん、馬鹿な娘だ」

曜「まだ、生きてる!」

曜「お願い!梨子ちゃんを、早く助けて!」

「そいつは後だ、お前から秘密を聞き出す方が先だ」

「それとも……抜け道の場所を教えてくれるのか?」

曜「っ!」

曜「……ます」

「なんだ?」

曜「言う!言うから!早く、梨子ちゃんを助けて!」

「……ふん。治癒室に運んでやれ」
460: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:05:39.59 ID:E6zgZC2b
~数日後~

曜「……」

曜(私は国を裏切った)

曜(もう戻ることはできない)

曜(あの日から梨子ちゃんの顔も見ていない)

曜(当然だよね、私のせいで、死にかけたんだから)

曜(もう、私には生きてる意味がない)

曜(このまま、処刑されるのを待とう)

キィ

曜「……誰?」

「すいません、夜分に」

曜「貴女は……梨子ちゃんの……」
461: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:06:08.53 ID:E6zgZC2b
「お願いします!梨子様を助けてください!」

曜「助ける?どういうこと?」

「……自分のせいで、曜様に秘密を話させてしまったことを悔やんでいるんです」

「あのせいで、曜様の国は陥落しました」

「曜様に合わせる顔がないと、このところはご飯も食べずにいます」

曜「そんな……」

「虫のいい話をしているのは承知しています」

「ですが、どうか、どうか……お願いします」

曜「頭をあげてください」

曜「……私も、梨子ちゃんとお話ししたいと思っていました」
462: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:06:38.33 ID:E6zgZC2b
曜「こんばんは、梨子ちゃん」

梨子「っ!?よ、曜ちゃん!?な、なんで……」

曜(目が真っ赤になってる)

曜(多分、ずっと泣いてたんだろうな)

梨子「……ごめん、なさい。ごめんなさい、ごめんなさい」

梨子「私のせいで、曜ちゃんに、めいわく、ぐすっ、かけて、」

曜「いいんだよ」

曜「梨子ちゃんが、無事だったんだから」

梨子「よく、ない、よ、」

梨子「なんで、そんなに優しいの?なんで、いつも許してくれるの?」

梨子「私、なんにも、曜ちゃんに、してあげて、ないのに、」
463: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:07:08.23 ID:E6zgZC2b
曜「してくれてるよ」

曜「梨子ちゃんが庇ってくれたから、私はこうやって生きてるんだもん」

曜「梨子ちゃんが勇気を出してくれたから、こうして梨子ちゃんとお話しできてるんだもん」

曜「私はね、騎士失格なんだ」

曜「梨子ちゃんが切られた時、頭が真っ白になっちゃったの」

曜「そして、天秤に掛けた。梨子ちゃんと、自分の国を」

曜「……答えは、言うまでもないよね?」

梨子「曜、ちゃん」

曜「だから、私は全然気にしてないよ」

曜「もう、国も捨てて、帰る場所もないんだし」

曜「むしろ、梨子ちゃんが悲しんでる方が、辛いんだ」

梨子「……そっか」
464: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:07:38.23 ID:E6zgZC2b
梨子「じゃあ、私が、曜ちゃんの帰る場所になる」

曜「え?」

梨子「曜ちゃん、私の騎士になって」

曜「でも……」

梨子「でも、じゃないの。私が、曜ちゃんに側にいて欲しいの」

曜「……全く、頑固なんだから」

曜「何なりとお命じください、王女様」

曜「これからは貴女の剣となります」
465: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:08:27.36 ID:E6zgZC2b
梨子「……じゃあ、最初の命令、してもいいかな?」

曜「何?」

梨子「……ぎゅって、して」

曜「…………」

梨子「早く!」

曜「はいはい」ギュッ

梨子「……暖かい」ギュッ

梨子「最初に会った時からね、ずっとこうしたかったの」

曜「そうだったの?」

梨子「うん。……あ、今のは忘れてね。命令よ」

曜「我儘だなぁ」クスクス

梨子「……ずっと側にいてよ、曜ちゃん」

曜「もちろんだよ、梨子ちゃん」
466: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:09:14.63 ID:E6zgZC2b
~玉座~

「おお、梨子、どうだった?」

梨子「ありがとう、お父様。おかげで、曜ちゃんは私のものになってくれたわ」

「そうか、よかったよかった。それでなんだか……」

梨子「はい、これからの計画。この通りにやれば内政も上手くいくわ」

「ああ、いつも助かっているよ」

「それよりも、怪我は大丈夫かい?」

梨子「このくらい必要経費よ」

梨子「馬鹿な王女のフリをして、曜ちゃんの信頼を得たんだから」

梨子「国への不信感を募らせて、裏切らせる」

梨子「ふふ、上手くいったわ」

「王女様、曜様がお呼びです」

梨子「すぐ行くわ」

梨子「ふふっ、曜ちゃん、大好きだよ」

梨子「ずっと、ずーっと、側に捕まえてあげる」



花丸「旅に出てたら国が滅んでたずら……」

千歌「新しく住むところ探さないとねー」
476: Ep31:鈍感(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 22:44:02.27 ID:E6zgZC2b
鞠莉「みんなは好きな人っているの?」

ダイヤ「鞠莉さん、いきなりどうしたんですか」

鞠莉「やっぱり気になるじゃない?」

鞠莉「なんてったって、私たちは高校生なんだから!」

ダイヤ「スクールアイドルは恋愛禁止のはずですが?」

鞠莉「もー!堅苦しいこと言わないの!」

鞠莉「ダイヤは誰が好きなの?」

ダイヤ「いませんわ」

鞠莉「もー!すぐそうやって隠す!」

鞠莉「じゃあ梨子は?」

梨子「え、わ、私……?」チラッ

曜「ん?」

梨子「っ///」
477: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 22:44:31.91 ID:E6zgZC2b
梨子「わ、私の好きな人は……元気、いつも笑顔の人です///」

果南(ああ……やっぱり)

善子(まあそうでしょうね)

曜「へー、そうなんだ」

曜「というか梨子ちゃん好きな人いたんだねー」

梨子「……ぅぅ///」

鞠莉「へー、他にどんな特徴があるの?」ニヤニヤ

梨子「これ以上は///」

鞠莉「そうなのー?曜も聞きたいわよねー?」

曜「うん!聞きたい!」

梨子「///」
478: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 22:45:02.51 ID:E6zgZC2b
梨子「その、す、水泳が、得意で」

果南(ちょ、梨子ちゃんそれは攻めすぎでしょ)

ダイヤ(ああ……そういうことですか)

曜「水泳が得意な人……うーん、誰だろうなー」

善子(ちょ、嘘でしょ?)

花丸(善子ちゃん並みに鈍感ずら)

善子(ヨハネよッ!)

花丸(人の思考を読むのやめてほしいずら)

梨子「……同じ、クラスの人、だよ」

鞠莉(ワーオ!梨子ったら、大胆すぎるわね!)

ルビィ(ぅゅ……なるほど)
479: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 22:45:41.67 ID:E6zgZC2b
曜「同じクラスかー、他にヒントは?」

梨子「よく、私のピアノを聴きに来てくれるの」

梨子「それで、その、『梨子ちゃんのピアノ、大好きだよ』って褒めてくれる……かな」

曜「うーん、そんな人見たことないなー」

果南(見たことなくて当然だろうね)

梨子「振り向いて欲しくて、最近はお弁当も作ってるの」

曜「あー!美味しいよね、梨子ちゃんのお弁当!」

善子「食べたこと、あるの?」

曜「うん!梨子ちゃんが作りすぎちゃったって、お弁当持ってきてくれるんだ」

ルビィ「毎日、ですか?」

曜「うん!梨子ちゃんっておっちょこちょいだよね~」

梨子「…………」
480: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 22:46:19.82 ID:E6zgZC2b
梨子「勇気を出してデートに誘ったこともあるんだ」

梨子「その人が好きそうな服を買って頑張っておめかししたの」

曜「確かに梨子ちゃんの服装お洒落だったなー」

曜「梨子ちゃんと遊びに行くの楽しかったから、また行こうね」

梨子「……私の家に泊まりに来て一緒のベッドで寝たこともあるよ」

曜「おお!そんなところまで行ってるんだ!」

梨子「でも、その人は全然私のことを意識してくれないの」
481: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 22:46:52.07 ID:E6zgZC2b
曜「梨子ちゃんに好意寄せられて気付かない人なんているの?」

曜「よっぽど鈍感な人なんだねー」

善子(曜さん!もうやめて!リリーが凄い真顔になってる!)

花丸(千歌ちゃーん!早く止めるずらー!)

千歌(…………)

ルビィ(無の境地に入ってる……)

梨子「曜ちゃん、私ね、もう伝えられる気がしないの」

梨子「どうすればいいかな?」
482: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 22:47:28.43 ID:E6zgZC2b
曜「うーん、そんなに鈍感ならもう直接言うしかないんじゃないの?」

曜「それかさ、強硬手段に出るとか!」

善子(いやいや、落ち着きなさいよ)

果南(全部自分に跳ね返ってくるよ……私知らないからね)

梨子「強硬手段……?」

曜「うん!いきなりキスしちゃうの!」

梨子「そんなことしたら、迷惑だよ」

曜「大丈夫!梨子ちゃんは可愛いんだから!」

曜「梨子ちゃんのキスを嫌がる人なんて絶対いないよ!」

梨子「本当……?」

曜「うん!私が保証する!」

曜「だから頑張ろう?」

梨子「…………」

曜「ん?どうしたの?」

チュッ
483: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 22:48:41.64 ID:E6zgZC2b
梨子「……ばか///」

タタタタガラッピシャッ!

曜「……へ?」

曜「え?あれ?」

曜「いや、だって、なんで、私、あれ?」

曜「あ、あー、れ、練習だよね、」

曜「だ、だって、梨子ちゃんの好きな人は、元気で、水泳が得意で、同じクラスで、梨子ちゃんのピアノを聴いて、お弁当食べて、一緒にデートして、お泊りして……」

曜「……わ、私?」カァァァァァ

曜「ぅ、うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ///」マッカッカ

タタタタガラガラビピシャン!



ルビィ「でも、ああいう恋も、憧れちゃいますよね」

鞠莉「ルビィも鈍感よねー」

ルビィ「ふぇ?」

鞠莉「なーんて、ね?」
492: Ep32:飲み会(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 23:41:24.36 ID:S8fUYc1+
「「「「かんぱーい!」」」」

曜「久しぶりだねー、このメンバーで集まるの」

千歌「そうだねー、半年ぶりくらいかな?」

善子「時間が経つのは早いわね」

梨子「うん。なんだかあっという間だよね」

千歌「曜ちゃんと梨子ちゃんは同棲してるんだっけ?」

梨子「っ///」

曜「うんしてるよー。梨子ちゃんは朝が弱いんだよねー」

梨子「もー、言わないで///」
493: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 23:41:51.27 ID:S8fUYc1+
曜「おやおやー?何恥ずかしがってるのー?」

曜「梨子ちゃんの甘えん坊な話とかもあるんだよー?」

善子「え、なにそれ」

梨子「曜ちゃん!」

曜「梨子ちゃんね、夜に寂しくなると布団に入ってくるんだよ」

曜「『曜ちゃん、入れて?』って言いながらぎゅって抱きついてくるんだよねー」

梨子「う~~///」ポカポカポカ

千歌「梨子ちゃんも意外な一面があるんだねー」
494: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 23:42:24.57 ID:S8fUYc1+
善子「そういう曜さんはどうなのよ?」

梨子「よ、曜ちゃんだって甘えん坊なんだよ」

梨子「大会の時は毎回応援に来てってお願いしてくるもん」

曜「梨子ちゃんに応援に来てもらえると力が湧いてくるからね」

梨子「っ///お、お弁当作ってってよく抱きついてくるし///」

曜「梨子ちゃんのお弁当美味しいんだよ!」

曜「たまに『I love you♡』って書いてあるもんね」

梨子「も、も~///ばかぁ///」
495: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 23:42:55.22 ID:S8fUYc1+
善子「なんていうか……バカップル?」

千歌「やっぱり曜ちゃんは強いんだねー」

梨子「そ、そんなことないもん」

曜「へー?もっといろいろ話しちゃっていいんだ?」

梨子「ま、まだあった?」

曜「梨子ちゃんがヤキモチ妬いてるところとか」

梨子「や、妬いてないもん///」

曜「他の子に告白された日はずっと機嫌悪くて大変だったなぁ」

梨子「ぅぅぅ///」グビグビ

千歌「おお!いい飲みっぷり!」

善子「リリーってお酒強かったっけ?」
496: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 23:43:24.87 ID:S8fUYc1+
~一時間後~

梨子「はぁ、曜ちゃんってほんとヘタレよね」

梨子「誘っても毎回手を出してこないし、なにやってるんだか」グビグビ

曜「あ、あの、梨子ちゃん、お酒はそのくらいに……」

梨子「正座」

曜「え?」

梨子「正座して」

曜「いや、でも」

梨子「曜ちゃん?」

曜「……はい」ペタン
497: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 23:44:12.53 ID:S8fUYc1+
梨子「付き合い始めて何年だっけ?」

曜「一年と半年くらい……」

梨子「それなのになんでしないの?」

曜「いや、それは……」

梨子「私がどれだけ恥ずかしい思いしてるか知ってる?」

梨子「何回も誘ってるでしょ?なんでそんなにヘタレなの?」

曜「……ごめんなさい」

梨子「お酒飲んだ時にたくさん挑発したよね?」

梨子「押し倒したのに真っ赤になって逃げ出したの誰だっけ?」

曜「……私です」

梨子「はぁ、ほんと情けない」

梨子「今日は帰ったらするの?」

曜「ま、まだ早い……ような」

梨子「は?」

曜「ひっ……」

梨子「するから。決定ね」

梨子「今度は逃げないでよ?」



千歌「……梨子ちゃん、お酒飲むと変わるんだね」

善子「曜さん負けてるじゃない」
500: Ep33:†愛にトドメを刺す†(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:52:25.05 ID:QRsp9XWf
曜「うーん、何か足りない」

千歌「そう?この衣装凄くいいと思うけど」

千歌「次のユニット曲は楽しい感じだし、流石曜ちゃんだよね!」

曜「確かにいいんだけど……あ、帽子とかどうかな?」

曜「うん!絶対似合う!よーし、それじゃあ千歌ちゃんは帽子を追加……と」メモメモ

千歌「ちょっとー?よーちゃん聞いてますー?」

梨子「…………」
501: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:53:00.57 ID:QRsp9XWf
曜「梨子ちゃん?」

梨子「ん?」

千歌「どうしたの?ぼーっとして」

梨子「なんでもないよ」

梨子「それよりどうかしたの?」

千歌「うん、私の衣装合わせ終わったから次は梨子ちゃんだよ!」

梨子「ああ、そうだったね」

梨子「?なんで千歌ちゃん帰る用意してるの?」

千歌「今日は旅館のお手伝いしなくちゃいけないからだよー」

梨子「そうなんだ、頑張ってね」

千歌「うん!じゃあまた明日ー!」

曜「じゃあねー!」

ガラガラピシャン

曜「よーし、それじゃあ梨子ちゃん!この衣装に着替えて!」
502: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:53:24.06 ID:QRsp9XWf
曜「おお!梨子ちゃん凄く似合ってる!」

梨子「そうかな?」

曜「おとなしい梨子ちゃんがカッコいい服着るとギャップがあっていいよね!」

梨子「ありがとう。でも、そんなに褒めても何もでないわよ」

曜「明日のお昼ご飯でもいいよ?」

梨子「それは難しいわね」

曜「あらら、残念」
503: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:53:59.05 ID:QRsp9XWf
曜「よーし、せっかくだしギルキスについて聞いちゃおうかな!」

曜「歌詞って誰が書いてるの?」

梨子「私よ」

曜「そうなんだ!どういうこと考えながら書いてるの?」

梨子「……どうしよう、かなぁ」ボソッ

曜「梨子ちゃーん?どうしましたー?」

梨子「……ふふ、もういいかな」ボソッ

曜「梨子ちゃーん?」

曜「あ、分かった!もしかして曜ちゃんこと考えて書いてるんでしょー」ニシシ

梨子「そうだよ、って言ったらどうする?」
504: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:54:26.34 ID:QRsp9XWf
曜「え?」

梨子「歌詞はね、いつも曜ちゃんのことを考えて書いてるの」

梨子「みんなの人気者の曜ちゃんを……私だけのものにしてあげたいってね」クスッ

曜「お、おお……!」

曜「凄いよ梨子ちゃん!今の演技凄い上手だよ!」

曜「もしかしたら役者になれるんじゃないのかな!」

梨子「役者になんてなれないわよ」

梨子「だって、本当に曜ちゃんを狙ってるんだもの」
505: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:55:05.81 ID:QRsp9XWf
曜「いやー、そんなこと言われると照れちゃうでありますな」

曜「それでそれで、梨子ちゃんに狙われちゃった曜ちゃんはどうなっちゃうの?」

梨子「そうね……身も心も私のものになっちゃうの」

曜「おー、それはそれは困ったことになっちゃうね」

曜「でも、曜ちゃんをゲットするのは中々難しいですよー?」ニシシ

梨子「……ふふ、それじゃあ試してみる?」

曜「え?」

ドン!
506: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:55:43.19 ID:QRsp9XWf
曜「っ!?」

梨子「どう、壁ドンされる気持ちは?」

曜「えっ!?///」

曜「い、いや、べ、別になんでもなっ!?///」

梨子「どうかした?曜ちゃん」アゴクイ

曜「っ……あ、あはは、今日の梨子ちゃんは積極的だね」

梨子「ええ。そろそろ待つのにも飽きたから……本気で曜ちゃんの心を奪っちゃおうかと思ってね」

曜「ふ、ふーん……ま、まあ頑張ってね///」

梨子「曜ちゃん、何処を向いてるの?」

梨子「私の目を見なさい」ズイッ

曜「ぅぁ///」
507: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:56:20.16 ID:QRsp9XWf
梨子「ずっと狙ってたの……曜ちゃんのこと」

梨子「いつも元気で笑顔なのに……本当は寂しがりやなところとか」

曜「っ///」

梨子「ふふっ」ジッ

曜「……っ///」メソラシ

梨子「あらあら、また目を逸らしちゃった」クスッ

梨子「曜ちゃん、顔赤くなってるよ」ミミモトボソッ

曜「ぅ///」カァァァ

梨子「可愛いわね」クスクス

曜「ぅぅぅ///」
508: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:57:00.43 ID:QRsp9XWf
梨子「今から曜ちゃんに呪文を掛けてあげる」

梨子「私のことを好きになる呪文をね」

曜「そ、そんな簡単に、好きになんて……」

梨子「ふふ、なるわよ」

梨子「今まで何人堕として来たと思ってるの?」

梨子「欲しいものは……絶対に手に入れるのよ」

チュッ……チュ

曜「んっ……っ♡」

曜「ぁ……、っ、ぃ、♡」

曜「っ、ぷはっ、ぁ、ぁ、」ガクガク
509: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:57:31.40 ID:QRsp9XWf
梨子「いい顔になったわね、曜ちゃん」

曜「……ぁ」ヘタリ

梨子「ゆっくりゆっくり、私に堕としてあげるから」

梨子「大丈夫。そのうち自分から私を求めるようになるわ」

梨子「その時は、いっぱい可愛がってあげる」

曜「……ない」

梨子「ん?」

曜「ならない。絶対に、そんなことに」

梨子「ふふ、強情なところも好きよ」

梨子「それがいつまで続くのか、楽しみにてるわ」

梨子「それじゃあまた明日ね、曜ちゃん」
510: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:58:00.71 ID:QRsp9XWf
~次の日~

鞠莉「ストーップ!」

鞠莉「曜、どうしたの?」

曜「え?」

鞠莉「さっきから集中できてないわよ」

曜「ごめんなさい……」

梨子「大丈夫?体調悪いの?」ギュッ

梨子「保健室……行く?」

曜「っ、誰のせーー」

梨子「みんなの前だよ?」ボソッ

曜「…………っ」
511: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:58:26.32 ID:QRsp9XWf
曜「ありがとう、梨子ちゃん」

曜「でも大丈夫だよ。ちょっと衣装で考え事してただけだから」

鞠莉「そう。いつもありがとね」

鞠莉「でも、練習は手を抜かないわよ」

曜「うん。もちろんであります!」

鞠莉「それじゃあもう一度やるわよ」

曜「……」キッ

梨子「ふふふ」クスクス
512: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:58:57.35 ID:QRsp9XWf
曜「はぁ……疲れた」

曜「梨子ちゃんのせいで集中できなかった」

曜「昨日……あんなことするから」

曜「……唇、柔らかかった」

曜「そのせいで昨日は全然眠れなかったし」

曜「っ~~~~」ブンブン

曜「だめだめ!これじゃあ梨子ちゃんの思う壺だよ!」

曜「衣装の続きを考えないと……ん?」

曜「忘れ物?練習着……これ、梨子ちゃんのやつ?」

曜「…………っ」ゴクリ
513: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:59:28.19 ID:QRsp9XWf
スンスン

曜「ん……♡」

曜(梨子ちゃんの匂いがいっぱい……頭くらくらする)

曜(だめ、こんなの、やめないといけないのに)

曜(でも梨子ちゃんが悪いんだよ。私にあんなことするから)

曜(っ、梨子ちゃん、梨子ちゃん、梨子ちゃん)

パシャッ

曜「っ!?」

梨子「ふふ、そんなに私の練習着が気に入ったの、曜ちゃん?」

曜「り、梨子ちゃん……」
514: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 22:00:01.18 ID:QRsp9XWf
梨子「こんな簡単に罠に引っかかるなんて……もう私に堕ちちゃった?」

曜「罠……?」

梨子「そう。練習着を忘れたのはわざと」

梨子「私の匂い、どうだった?」

梨子「頭が痺れちゃったでしょ」クスクス

曜「っ、そ、そんなこと、ない」

梨子「そう。それじゃあ、もっと私の匂いを好きにさせてあげる」

梨子「曜ちゃん、今日のおかずはそれでやってね、貸してあげるから」

曜「な、何言ってるの、そんなのやだよ」

梨子「ふーん、じゃあこの写真が学校中にばら撒かれてもいいんだ」

曜「っ……!」

梨子「決まり……ね♡」
515: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 22:00:31.49 ID:QRsp9XWf
~一ヶ月後~

梨子「どうしたの、曜ちゃん?」

曜「……手、繋ぎたい、です」

梨子「いいわよ。ほら、早く来なさい」グイッ

曜「きゃっ///」

梨子「ふふ、あの曜ちゃんが随分しおらしくなったわね」

梨子「ちゃんと私好みになってくれて嬉しいわ」ナデナデ

曜「ぁ……///」

梨子「みんなの前では普通に振る舞うのよ」

梨子「そうしたらちゃーんとご褒美あげるから」

曜「はい///」ギュゥゥ
516: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 22:01:27.09 ID:QRsp9XWf
梨子「そうだ、いいこと思いついた」

チュゥゥゥッ

曜「ん……ぁっ♡」

梨子「明日はそれをつけて登校しなさい」

梨子「曜ちゃんが私のものだって証、みんなに見せないとね」

曜「っ///」

梨子「ふふ、曜ちゃんはこれで私のもの」

梨子「ずーっと可愛がってあげるわ」



善子「ルビィ、最近リリーと仲よさそうに話してるけどどうしたの?」

ルビィ「えへへ、いろいろ教わってるの。楽しみにしててね」
522: Ep34:ナンパ(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 22:01:51.93 ID:AOdhVhKa
曜「あの子可愛くない?」

善子「可愛いわね」

曜「反応悪いぞよーしこー」ツンツン

善子「ヨハネよ!暇だから遊ぼうって言われてきたけどこれはなんの遊びよ!」

曜「何ってナンパだよ」

曜「暇つぶしにはこれが一番だよね~」

善子「いやいや、そんなことしないわよ」

曜「え?ナンパせずにどうやって生きてきたの?」

善子「そんな驚かれても」
523: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 22:02:25.16 ID:AOdhVhKa
善子「というか、いつになったら行くのよ」

曜「うーん、これって子が見つからなくって」

曜「今日は不作だなー……お!」

曜「見て見て!あそこの子!後ろ姿だけだけど絶対可愛いよ!」

善子「ああ、あそこの」

曜「どうしよ、ちょっとときめいちゃってる」

善子「いや、あれって……」

曜「声掛けて連れてくるね!絶対可愛いって!」

曜「もー付き合っちゃおうかなー」

善子「……あー」

善子「逃げよう」
524: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 22:02:52.03 ID:AOdhVhKa
曜「そこのかーのじょ!」

曜「今暇かな?良かったら遊びに行かない?」

曜「後ろ姿見ただけで恋しちゃったみたいなの」

曜「損はさせないからさー」

曜「もう付き合っちゃおう!それくらい好きだよ!」

曜「ね?とりあえず振り向いてくれない?」

曜「可愛い顔見せてよー」

「……曜ちゃん?」

曜「え?」

梨子「えーと……私、でいいんだよね?」

曜「」
525: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 22:03:21.52 ID:AOdhVhKa
梨子「曜ちゃん、こういうことしてるんだ」

曜「あ、いや、えっと、ち、違くて!」

曜「善子ちゃんと遊びにきてるんだよ!あはは!あははは!」

梨子「へー、どこにいるの?」

曜「どこって……あれ!?いない!?」

梨子「……ナンパしにきたんだ」

曜「いや、これはなんといいますか……」

梨子「……私、曜ちゃんにナンパされたんだよね?」

曜「そ、そうです……」
526: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 22:03:47.43 ID:AOdhVhKa
梨子「私のこと、好きなの?」

曜「す、好きかどうかで聞かれたら好きかな」

梨子「付き合いたいくらい?」

曜「あの、それは誘い文句といいますか……」

梨子「ふーん、好きじゃないのに付き合おうって言葉かけるんだ」

曜「それは違くて……あの時は一目惚れしちゃった感じではい……」

梨子「私ってわかったら付き合いたくなくなるの?」

曜「そうじゃなくて……その、付き合えたら嬉しいけど知り合いだとやっぱり恥ずかしいといいますか……」

梨子「ふーん」
527: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 22:04:37.49 ID:AOdhVhKa
梨子「なんでこんなことしてるの?」

曜「暇だったから……」

梨子「はぁ。もうしょうがないなぁ、曜ちゃんは」

梨子「他の人に迷惑かけるといけないから、今から遊んであげる」

曜「え、いいの!?」

梨子「ちゃんとエスコートしてよ?」

曜「う、うん!任せて!」

曜「えへへ~梨子ちゃんとデートだ~!」

梨子「もうナンパしたらだめだからね」

曜「うん!わかった!」

梨子「……全く。人の気も知らないで」ボソッ

曜「ん?何か言った?」

梨子「なんでもないわ」



果南「あれ?曜と遊びに行ったんじゃないの?」

善子「まあいろいろあってね」
532: Ep35:世話焼き梨子ちゃん(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:18:29.51 ID:4z3dV4Gw
曜「善子ちゃんいらっしゃいー」

善子「お邪魔しまーす」

善子「って結構散らかってるわね」

善子「やっぱり一人暮らしって大変なの?」

曜「うーん、どうなんだろう」

曜「今はそんなに苦労してないかなー」

善子「ふーん、やっぱり曜さんはなんでもできるのね」

曜「いや、私というか」

善子「?」

梨子「あー!曜ちゃん、また部屋散らかしてる!」
533: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:19:04.70 ID:4z3dV4Gw
曜「あ、梨子ちゃーん」

梨子「もー!昨日片付けたばっかりでしょ!」

曜「ごめんねー」

曜「善子ちゃん来てるから飲み物出してあげてー」

梨子「はいはい。あ、久しぶり、よっちゃん」

善子「うん……久しぶり」

善子「なんか、曜さん変わったわね」

曜「そう?」

善子「うん。なんというか……」

梨子「はい、オレンジジュース」

曜「ありがとー」
534: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:19:31.17 ID:4z3dV4Gw
曜「善子ちゃん泊まらなかったね」

梨子「宿取ってるらしいから仕方ないよ」

曜「そっかー。今日のご飯はー?」

梨子「肉じゃが作ってるから待ってて」

曜「えへへー、楽しみー」ゴロゴロ
梨子「お風呂入れたから先に入ってくれる?」

曜「はーい」

曜「あ、梨子ちゃんも一緒に入るー?」

梨子「ご飯作ってるから無理だよ」

曜「そっかー」
535: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:20:02.15 ID:4z3dV4Gw
曜「ほぇー」ダラダラ

梨子「曜ちゃん、片付け終わったよ」

曜「ありがとう梨子ちゃーん」ギュー

梨子「はいはい、分かったから///」

曜「膝枕してー」

梨子「全く……」

曜「えへへ~梨子ちゃんのお膝~」ゴロゴロ

梨子「もー、暴れないで」

曜「耳かきしてー」

梨子「はいはい」
536: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:20:37.06 ID:4z3dV4Gw
曜「泊まっていかないの?」

梨子「明日の用意、家に置いてあるから」

曜「なら仕方ないねー」

梨子「明日の服はこれね。ちゃんと遅れずに大学来るんだよ?」

曜「はーい」

梨子「お弁当作ってくから、朝渡すね?」

曜「わーい、梨子ちゃんのお弁当ー」
537: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:21:56.91 ID:4z3dV4Gw
~大学~

善子「なんていうか、大学って簡単に入れるのね」

曜「授業も入れるよー」

曜「受けてく?」

善子「流石にそれはやめとくわ」

梨子「おはよう、曜ちゃん、よっちゃん」

梨子「はい、お弁当」

曜「やったー!梨子ちゃんのお弁当ー!」

曜「ありがとー」ギュー

梨子「わ、分かったから離して///」
538: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:22:29.12 ID:4z3dV4Gw
善子「毎日作ってるの?」

梨子「うん。曜ちゃんが美味しいって言ってくれるから」

善子「ふーん」

「あ、曜せんぱーい!」

曜「おはよー」

「きゃー!」

善子「相変わらず凄い人気ね」

梨子「うん。大学でも大会でも凄い人気なんだよ」
539: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:23:19.47 ID:4z3dV4Gw
善子「はぁ、それにしてもリリーも大変ね」

梨子「何が?」

善子「毎日曜さんの世話焼いてるんでしょ?」

善子「ご飯に掃除に洗濯、全部やってるように見えたわ」

梨子「うん。してるけど……何が大変なの?」

善子「……え?」

梨子「曜ちゃんのお世話するのね、凄く楽しいの」

梨子「曜ちゃんが甘えてくれるだけで嬉しいし」

梨子「何も大変じゃないよ」

善子「……ねえ、もしかしてなんたけど」

梨子「うん」

善子「曜さんがああなったのって、リリーのせいなの?」

曜「なんの話ししてるのー?」
540: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:23:57.37 ID:4z3dV4Gw
梨子「よっちゃんがね、曜ちゃんが甘えん坊さんになったのはなんでなのかって」

曜「あー、梨子ちゃんのせいかもー」

曜「梨子ちゃんが私からすることどんどん取り上げるんだもーん」

梨子「曜ちゃんは頑張りすぎだからいいの」

曜「最初のうちは手伝おうとしてたのに、今じゃもう面倒くさくて何もできないよー」

曜「もう梨子ちゃん無しじゃ生きられないー、お嫁に来てー」ギュー

梨子「もー、しょうがないんだから曜ちゃんは///」

梨子「今日はお泊りに行くね///」

曜「わーい!」



善子「……誰か世話焼いてくれる人いないかな」

千歌「善子ちゃんは甘やかされたいの?」
548: Ep36:性知識を知らない曜ちゃん(SB-iPhone) 2018/10/20(土) 22:19:04.14 ID:LEV1xOKV
果南「曜、どうしたの?」

果南「なんだか体調悪そうだけど」

曜「うーん、わかんない」

曜「なんだか頭がぼーっとしてるの」

曜「なんていうんだろう、なんかこう、体が何かしたいって訴えてるみたいな感じ」

鞠莉「風邪……じゃないわよね」

曜「うん。多分違うと思う」

ガラッ

梨子「すいません、遅れました」

曜「!」
549: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/20(土) 22:20:17.52 ID:LEV1xOKV
曜「梨子ちゃん!」ギュッ

梨子「きゃっ!?」

曜「梨子ちゃん、梨子ちゃん!」スンスン

梨子「よ、曜ちゃん、急にどうしたの!?///」

梨子「恥ずかしいから離して///」

曜「ん~///この匂い好き~///」スンスン

果南「あー……」

梨子「か、果南さん、これはどういう状況なんですか?」

果南「曜のことは梨子ちゃんに任せようって状況だね」

鞠莉「保健室にレッツゴーデェス!」

梨子「えぇ~!?///」
550: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/20(土) 22:21:14.29 ID:LEV1xOKV
~保健室~

梨子「ね、ねぇ、曜ちゃん少し離れてくれる?///」

曜「やだっ」

曜「梨子ちゃんの香りがいっぱい~」ギュゥゥ

梨子「ど、どうしちゃったの本当に///」

曜「ちゅー」チュッ

梨子「ひゃっ///」

曜「梨子ちゃん可愛いっ」

梨子「い、一度落ち着いてぇ///」
551: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/20(土) 22:26:29.49 ID:LEV1xOKV
梨子「どうしちゃったの、曜ちゃん///」

曜「わかんない!」

曜「なんかね、梨子ちゃんを見ると我慢ができなくなるの!」

曜「梨子ちゃんにいっぱい触りたくなってね、でもなんだかもどかしいの」

曜「なんでだろう」サワサワ

梨子「ぅぅぅ///」

曜「直接触っていい?」

梨子「だ、だめぇ///」
552: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/20(土) 22:30:05.33 ID:LEV1xOKV
梨子(も、もしかしてだけど)

梨子(よ、曜ちゃん、は、発情しちゃってるの!?///)

梨子(し、しかもその対象が私……!?///)

梨子(し、死んじゃう///嬉しいけど死んじゃう///)

曜「梨子ちゃん……んー」チュッ

梨子「ひゃっ///」

梨子「お願いだから、やめてぇ///」

曜「だめ、我慢できない」

曜「もっと近くで梨子ちゃんを感じたい」

梨子「ぬ、脱がないで!まってぇ!!」
553: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/20(土) 22:33:08.61 ID:LEV1xOKV
曜「梨子ちゃんは、嫌なの?」

梨子「い、嫌じゃない……けどぉ///」

梨子「こういうのには順序があってね、まだ早いと思うの///」

曜「梨子ちゃんの言ってることわかんない」

曜「こうすればもっと感じられる……」プチプチ

梨子「ふ、服脱がさないで///」

曜「ん……梨子ちゃん、肌柔らかい」

梨子「だ、だめぇ///」

梨子「そ、そこはだめなの、本当にぃ///」

梨子「お、お嫁に行けなくなっちゃう~///」



ダイヤ「鞠莉さん、保健室は破廉恥な行為をする場所ではありません!」

鞠莉「んー、じゃあ私たちは理事長室でする?」
560: Ep37:あなたと一緒なら怖くない(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:32:32.13 ID:2yr2sUox
曜「ふー、疲れたー」

曜「これで最後かな?」

梨子「うん。そうみたい」

曜「それにしても先生も人使い荒いよねー」

曜「倉庫への荷物運び手伝ってなんてさ」

梨子「ふふ、それより頼りにされてるってことだよ」

曜「それならいいけどさー」

梨子「荷物たくさん運んだけど大丈夫?」

曜「大丈夫だよ、鍛えてるからね」

梨子「凄いなぁ。私はもうバテバテなのに」

曜「大丈夫?ちょっと教室で休んでから帰ろうか」

梨子「ごめんね」

曜「いいって!それじゃあーー」

ガシャン
561: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:33:00.22 ID:2yr2sUox
曜「え?」

梨子「今のって……」

曜「ちょっとー!待ってー!」ドンドン

シーン

曜「だめだ……返事がない」

梨子「もしかして……」

曜「うん」

曜「閉じ込められちゃった、かな」
562: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:33:29.44 ID:2yr2sUox
梨子「この時間って誰か残ってたっけ」

曜「うーん、わかんない」

曜「とりあえず鞠莉ちゃんに連絡を……」

曜「あ……スマホがない」

曜「カバンに入れっぱなしだった……梨子ちゃんは?」

梨子「私も、カバンの中」

梨子「どうしよう……」

曜「多分、すぐに気付いて助けに来てくれるよ」

曜「それまでちょっと待ってようか」
563: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:34:27.51 ID:2yr2sUox
梨子「……」

曜「……」

梨子「来ないね」

曜「そうだね……よっと」

梨子「どうしたの?」

曜「何処かから脱出できないかなって」

曜「窓はあるけど小さいなぁ」

梨子「無理だった?」

曜「うん。やっぱり待ってるしかないね」
564: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:35:01.10 ID:2yr2sUox
梨子「……」ブルッ

曜「風邪ひいちゃうよ」ファサ

梨子「!だめだよ、そしたら曜ちゃんが」

曜「大丈夫!なんとかは風邪ひかないっていうし」

曜「それに、風邪ひいたら梨子ちゃんに看病してもらえばいいからさ」

梨子「……ばか」ギュッ

曜「わっ」

梨子「こうすれば、暖かいよね」

曜「……ふふ、名案だね」ギュッ
565: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:35:30.71 ID:2yr2sUox
梨子「このまま助けが来なかったら、死んじゃうのかな」

曜「かもしれないね」

梨子「否定してくれないんだ」

曜「いやー、最悪のパターンはそうかなって」

梨子「明日って、学校休みだっけ」

曜「うん。明後日もね」

梨子「なんで休みなんてあるんだろう」

曜「休みがないと生きていけないからだよ」
566: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:36:33.11 ID:2yr2sUox
梨子「ごめんね、曜ちゃん」

梨子「なんだか不思議なの」

曜「何が?」

梨子「こんな状況なのに、全然怖くないの」

梨子「なんでか分かる?」

曜「……なんで?」

梨子「多分、曜ちゃんが一緒だから」

梨子「曜ちゃんが隣にいてくれるから、なんだか安心するの」

梨子「一人だったら、多分泣いてた」
567: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:37:01.34 ID:2yr2sUox
曜「……そっか」

梨子「うん」

曜「そうだね、私も、今はすごく落ち着いてる」

梨子「なんで?」

曜「きっと、梨子ちゃんにカッコ悪いところ見せたくないから」

梨子「いいんだよ、少しくらい見せても」

曜「やだ。梨子ちゃんにだけは見せない」

梨子「もー、強情なんだから」
568: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:37:35.84 ID:2yr2sUox
曜「……梨子ちゃんは、キス、したことある?」

梨子「ううん、ないよ」

梨子「いきなりどうしたの?」

曜「いや、私もないからさ」

曜「なんだか、勿体無いかなって」

梨子「……もしかして、口説かれてる?」

曜「口説く……うん、そうかもしれない」

梨子「ふふ、正直なんだから」

梨子「ロマンチックにしてよね」
569: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:38:10.82 ID:2yr2sUox
曜「自信ないかも」

梨子「そこは嘘でも頷いてくれないと」クスッ

曜「手、繋いでいい?」

梨子「うん。もちろんだよ」

曜「やり方、あってるのかな」

梨子「分かんない。でも、ちょっとドキドキしてる」

曜「私も」

曜「梨子ちゃんの目、綺麗」

梨子「……曜ちゃんも。なんだか吸い込まれちゃいそう」

曜「……目、閉じてくれる?」

梨子「うん……」

スッ

ダンダンダン!

千歌「よーちゃーん!梨子ちゃーん!ここにいるの!?」
570: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:38:45.14 ID:2yr2sUox
曜「……ふふ」

梨子「また今度、かな」

曜「今度……あるかな」

梨子「それは、曜ちゃん次第でしょ?」

曜「頑張るね」

梨子「うん。待ってるからね」

曜「じゃあ、行こうか」

梨子「うん」

ギュッ



果南「二人とも平気来そうでよかったー」

千歌「果南ちゃんだったら泣いてたよねー」

果南「……泣かされたい?」
575: Ep38:百合営業 その4(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:37:40.62 ID:IXUsRF/J
梨子「あーん」

曜「あーん」パクッ

梨子「美味しい?」

曜「うん。美味しいよ」

曜「美味しすぎて毎日食べたくなっちゃうくらい」

梨子「えへへ、ありがとう///」

曜「ううん、私こそありがとう」

曜「梨子ちゃんと出会えて本当に幸せだよ」

梨子「///」
576: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:38:13.15 ID:IXUsRF/J
ダイヤ「こほん」

曜「ダイヤさん、どうしたんですか?」

ダイヤ「お二人とも、少々距離が近すぎるのではありませんか?」

曜「そうですか?」

果南「いいじゃん、お弁当くらい」

鞠莉「そうそう、ダイヤは硬すぎるのよ」

ダイヤ「そうはいいますが、高校生としてはやはり節度を持ったーー」

鞠莉「ねぇねぇ、次はどうするの?お泊まりとか?」

梨子「そ、それは……その……」

梨子「今度、しよって///」

鞠莉「ワーオ!楽しみね!」

ダイヤ「鞠莉さん!ちゃんと話しは聞いてください!」
577: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:38:38.18 ID:IXUsRF/J
曜「急にお弁当作ってこないでくれる?」

曜「私がご飯持ってきてたらどうするつもりだったの?」

梨子「曜ちゃんのお母さんには確認済みよ」

曜「は?」

梨子「そこまで気が回らなかった?」

梨子「まあ田舎者だから仕方ないよね」

曜「いや、人の親に勝手に連絡してる非常識な都会人に驚いただけだよ」
578: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:39:09.76 ID:IXUsRF/J
曜「ていうか、また予定入れてなんのつもり?」

曜「泊まり?梨子ちゃんと?最悪なんだけど」

梨子「奇遇ね。私も曜ちゃんとの泊まりなんてお断りだわ」

梨子「でも、だからこそする価値があるのよ」

曜「……はぁ。いつやるの?」

梨子「あら、素直ね。てっきり逃げると思ったんだけど」

曜「そうやって煽られるのが面倒だからね」

曜「都会人は性格悪いから悪口がすぐ飛ぶから扱いに困るよ」

梨子「……うざっ」

曜「こっちのセリフ」
579: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:39:38.54 ID:IXUsRF/J
~梨子の家~

曜「お邪魔しまーす!」

梨子「いらっしゃい、曜ちゃん」

梨子ママ「こんにちは」

梨子ママ「貴女が曜ちゃんね。梨子から話しは聞いてるわ」

曜「え、そうなんですか?」

梨子ママ「ええ。梨子ったら、いつも曜ちゃんの話ばかりするからね」

梨子「も、もー、お母さんたら!///」

梨子「曜ちゃん、行こ///」

梨子ママ「あらあら」クスクス
580: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:40:06.83 ID:IXUsRF/J
曜「私の話してるんだ」

梨子「当たり前でしょ」

梨子「お母さん同士が会った時にバレる可能性があるもの」

曜「はいはい、良くそこまで気が回るね梨子ちゃんは」

梨子「嫌味を言ってる暇があるならお風呂入ってきて」

曜「あれ、お風呂は一緒に入らないんだ」

梨子「一人ずつでいいでしょ」

曜「あらら、じゃあここは私の勝ちっと」

梨子「は?何いきなり勝ちとか言ってるの?」

梨子「いいわよ、一緒に入りましょう」
581: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:40:35.37 ID:IXUsRF/J
~お風呂~

梨子「洗うわよ」

曜「……うん」

サワッ

曜「っ!?」

曜「ちょっと!何手で触ってんの!」

曜「気色悪いんだけど!」

梨子「あら、ごめんなさい」

梨子「恋愛経験が子供レベルの曜ちゃんは素手で恋人の体を洗うってことが分からないのね」

曜「はぁ?それくらいで何勝ち誇ってんの?」

曜「それが最高レベルと思ってるんなら梨子ちゃんの頭は幸せだね」
582: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:41:05.51 ID:IXUsRF/J
梨子「これじゃあ足りないって言うの?」

曜「うん。恋人ならもっと凄い洗い方があるからね」

梨子「何よ」

曜「胸でするんだよ」

梨子「っ!?」

曜「ま、無理しなくてもいいよ」

曜「梨子ちゃんの覚悟なんてそんなもんだろうし」

梨子「…………」

梨子「覚えて、なさいよ」

曜「なんだ、するんだ」

梨子「絶対後悔させてあげる」
583: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:41:38.66 ID:IXUsRF/J
梨子
今日はお泊まり会♡
もちろん曜ちゃんと一緒です♡
さっき曜ちゃんに恥ずかしいことしちゃって、ドキドキが止まらないよぉメイ*,> _ <,リ
♡1万2千 →1万



私も凄くドキドキしちゃった!
梨子ちゃんにあんなことしてもらえるのは私だけなんだよね、えへへ。
♡8636 →7111


曜「あはは、さっきのは傑作だったよね」

曜「梨子ちゃんの悔しそうな顔すっごい楽しかったよ」

梨子「うるさい、この猿」
584: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:42:09.39 ID:IXUsRF/J
梨子「いいわ、とりあえずこっちに来なさい」

曜「なんで梨子ちゃんのベッドに行かないといけないの」

曜「私は床で寝るからいいよ」

梨子「逃げないでくれる?」

曜「逃げるわけないじゃん」

曜「で、その服装は何?」

梨子「童貞を殺す服よ、知らないの?」

梨子「曜ちゃんなんか瞬殺しちゃうわね」

曜「されるわけないじゃん」

曜「自分に自信持ちすぎ。そういうの本当気持ち悪いからやめたほうがいいよ」
585: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:42:55.40 ID:IXUsRF/J
曜「で、どうすんの?」

梨子「そんなの決まってるでしょ」

パシャッ


梨子
曜ちゃんと一緒のベッドで、寝ちゃいます♡
どうしよう、緊張して眠れないよぉ。
はわわ……
♡3万4千 →3万3千


梨子「じゃあ寝るわ」

曜「梨子ちゃんと同じベッドとか寝られないんだけど」

梨子「じゃあずっと起きてれば」

曜「うざ。先に寝るね」

梨子「そう」
586: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:43:29.86 ID:IXUsRF/J
曜(無理無理無理っ!こんなの絶対眠れない!)

曜(こ、こんなに梨子ちゃんが近くにいるんだよ!?凄くいい匂いがする!)

曜(と、というか、お風呂ではあんなこと梨子ちゃんにさせちゃった)

曜(どうしよう、今日死んじゃうかもしれない)

曜(て、ていうか、梨子ちゃんの服ヤバすぎるって!)

曜(何あの露出!目をそらすのに必死だったんだから!)

曜(こんなので迫られたら本当に瞬殺されちゃうよ!)

曜(明日起きれないよこんなの……)
587: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:44:01.89 ID:IXUsRF/J
梨子(曜ちゃんが近すぎるよぉ///)

梨子(今日はずっと胸がドキドキしてて死んじゃいそう///)

梨子(お風呂……曜ちゃんは満足してくれたのかな?///)

梨子(この服だって恥ずかしいけど頑張ったんだから///)

梨子(ぅぅ、それにしてもお母さんに口止め忘れちゃってたな///)

梨子(なんとか誤魔化せたから良かったけど……)

梨子(こんなの絶対眠れない……よね///)

梨子(だから……それまで曜ちゃんを感じちゃうんだもん///)



花丸「ルビィちゃん家にお泊りずら~」

ルビィ「えへへ、今日はお姉ちゃんに内緒で夜更かししようね」
599: Ep39:記憶喪失(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:23:03.41 ID:TZUnv0Rj
「……ちゃん!……ちゃん!」

曜「ん……?」

梨子「曜ちゃん!良かった、気が付いたのね」

善子「大丈夫?いきなり倒れたみたいだけど」

曜「えーと……どなた、でしたっけ?」

梨子「え?」

千歌「よーちゃん、冗談、だよね?」

果南「記憶喪失……」

梨子「そんな……!」
600: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:23:31.98 ID:TZUnv0Rj
~曜の部屋~

曜「ここが私の部屋なの?」

梨子「うん。何か思い出さない?」

曜「うーん、なんにも」

梨子「そっか……」

曜「あー、そういえば聞きたかったんだけど」

梨子「どうしたの?」

曜「梨子ちゃんって私の彼女なの?」

梨子「ふぇっ!?///」
601: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:24:00.23 ID:TZUnv0Rj
梨子「ち、違うよ!」

梨子「わ、私なんかが……曜ちゃんの彼女なわけないもん」

曜「そうなんだ。てっきり付き合ってたのかなって」

梨子「どうして?」

曜「家まで送ってくれたり、病院でもずっと付き添っててくれたから」

梨子「それは……ただ心配で」

曜「そっか。残念だー」

梨子「え?」

曜「何か面白いものないかなー」ガサガサ

梨子「ま、待って、今のってどういう……あ、そんなに漁ったらダメだよ」

曜「私の部屋だからいいじゃん」

梨子「そうだけど……」
602: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:24:34.13 ID:TZUnv0Rj
曜「お、面白いもの発見!」

梨子「え、何?」

曜「ラブレターだ!」

梨子「…………」

曜「どうしたの?」

梨子「あ、ううん、なんでもないよ」

梨子「曜ちゃん、凄くモテてたから、いっぱいラブレター貰ってたんだよ」

梨子「本当に、毎日のように」

曜「梨子ちゃんからのラブレターは?」

梨子「あはは、ないよ」

曜「うーん、残念」

梨子「……私は、渡せなかったんだよね」ボソッ

曜「あれ、でもこれ梨子ちゃんの名前が書いてあるよ」

梨子「ええっ!?」
603: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:25:11.39 ID:TZUnv0Rj
梨子「そ、そんなはずないよ!」

梨子「だ、だって私のは渡してないんだもん!」

曜「『梨子ちゃんへ』……ああ、梨子ちゃんへのラブレターか」

梨子「ふぇ?」

梨子「なんで曜ちゃんが私宛のラブレターを持ってるの?」

曜「混ざっちゃったのかな」カサカサ

梨子「ってなに開けてるの!?」

曜「いやー、気になって」

曜「なんかここにあるラブレター全部梨子ちゃん宛てだし」

梨子「うそ!?」
604: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:25:41.95 ID:TZUnv0Rj
曜「『梨子ちゃんへ、初めて貴女を見た時に恋におちてしまいました』」

曜「『私とは全然違う、女の子らしくて、清楚で、控えめなところに惹かれて、どんどん好きが大きくなっていきました』」

曜「『この好きは、きっと本物だと思っています』」

曜「『良かったら、私と付き合ってください』」

曜「おおー、梨子ちゃんモテモテだねー」

梨子「は、恥ずかしいから読むのやめて///」

曜「これ一体誰の手紙なんだろう」

梨子「確かに気になるかもーー」

曜「『渡辺曜より』」

梨子「…………え?」
605: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:26:12.25 ID:TZUnv0Rj
曜「あー、これ書いたので私だったのかー」

梨子「え、いや、えっ///ええぇっ!?///」

曜「これもこれも……うわ、何通書いてるんだろう」

梨子「よ、曜ちゃんが……私に……///」

曜「前の私ってよっぽどヘタレだったんだね」

梨子「そんなこと、ないよ」

梨子「曜ちゃんは……いつもカッコよくて、頼りになるもん」

曜「そうは見えないんだけどなぁ」

曜「まあいいか。これで疑問も解けたし」

梨子「疑問?」
606: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:27:10.90 ID:TZUnv0Rj
曜「うん」

曜「梨子ちゃんを見るとね、なんだかドキドキするんだよね」

梨子「え?」

曜「だから彼女かなーと思ったんだけど、違ったんだね」

梨子「……うん」

曜「ねぇ、さっき『私のは渡してない』って言ってたよね?」

梨子「えっ!?」

曜「あれ、どういう意味?」

梨子「それは……」

曜「多分、同じ気持ち、だよね」

梨子「っ///」

曜「答えるまで逃がさないよ」

曜「ここが私の部屋だってこと、ちゃんと覚えてる?」スッ

梨子「ぁ……///」

曜「梨子ちゃんの気持ち、確かめてあげーー」ズルッ

ゴッ!
607: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:27:50.82 ID:TZUnv0Rj
曜「いった~!」

梨子「大丈夫!?」

曜「ん?あれ、梨子ちゃん?」

曜「え、な、なんで私の部屋に!?」

曜「あ……そっか、記憶喪失で……ラブレター見られて……」

曜「ぁ……ぁぁぁぁ……///」カァァァァァ

曜「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっ///」

ダダダダダダダダ

梨子「よ、曜ちゃん!?」

梨子「待ってよー!ちょっとー!」

梨子「置いてかないでー!」



千歌「きおくそーしつでべんきょーのやり方忘れたのだー」ベター

ダイヤ「補習授業が必要なようですね?」

千歌「うぇっ!?」
612: Ep40:平民桜内さんと貴族様?(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:54:23.73 ID:kpK+GOpv
梨子「おばあちゃん、荷物ここに置いておくね」

「おお、毎回ありがとうね」

梨子「いいんですよ。私だっていっぱいお世話になっていますから」

「こんないい子に育っちゃって……早く結婚相手を見つけないとね」

梨子「あはは……頑張ります」

「この後何処か行くのかい?」

梨子「いえ、今日は帰ります」

梨子「明日はパン屋さんでお仕事があるので」

「そうかい、頑張っておくれ」
613: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:54:52.59 ID:kpK+GOpv
梨子「道が暗いと怖いなぁ」

梨子「早く家に帰らないと」

梨子「……ん?」

梨子「人……?倒れてる……!?」

梨子「あの、大丈夫ですか!」ユサユサ

曜「……ぅ」

梨子「生きてる……!」

梨子「しっかりしてください!」

梨子「外傷はない……何が原因なんだろう」

グゥゥゥゥゥ

梨子「…………」
614: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:55:19.06 ID:kpK+GOpv
ガツガツモグモグ

曜「美味しい!」

梨子「たくさんあるから、ゆっくり食べても大丈夫だよ」

曜「本当!?ありがとう!」ガツガツ

梨子「……ふふっ」

曜「もー、梨子ちゃん料理上手すぎ!」

曜「お嫁さんに欲しいくらいだよー」

梨子「///」
615: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:55:52.30 ID:kpK+GOpv
梨子「それで、曜ちゃんはどうして倒れてたの?」

曜「えーと……それには深い事情があるというかなんというか」

梨子(……身だしなみは整ってるし、高そうな服を着てる)

梨子(多分、貴族の人なんだろうなぁ)

曜「家出してきたらお金持ってくるの忘れちゃって……」

梨子「……ふふっ」クスクス

曜「もー!笑わないでよ!」

梨子「ご、ごめんね……でも、なんだかぽいなって思っちゃって」クスクス

曜「あー、よく言われる」

梨子「行くあてはあるの?」

曜「……ないです」

梨子「……じゃあ、良かったら、ここに住む?」

曜「いいの?」

梨子「うん。一人で住むには、大きすぎるから」
616: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:56:22.32 ID:kpK+GOpv
~パン屋さん~

梨子「いらっしゃいませー」

梨子「あ、おばあちゃん、もう歩いても平気なんですか?」

「ああ、すっかり良くなったよ」

「それよりも、あの子はどうしたんだい?」

曜「いらっしゃいませ、できたてのパンはいかがですか?」

「ひ、一つください!」

「私もー!」

梨子「えっと、行くあてがないみたいで、一緒に住んでもらってるんです」

「ほー、そうだったのかい」

「いい表情をするようになったのは、あの子の影響ってことかな」

梨子「……///」
617: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:57:21.72 ID:kpK+GOpv
曜「なになにー?なんの話してるのー?」

「梨子ちゃんとあんたが付き合ってないのか聞いておったんだよ」

梨子「お、おばあちゃん///」

曜「あー、聞いてよ、おばあちゃん!」

曜「私、毎日梨子ちゃんに好きって言ってるのに全然答えてくれないの!」

梨子「だ、だって恥ずかしいし……何言ったらいいかわかんないもん……」ボソボソ

「そうかいそうかい、それじゃあ梨子ちゃんに魔法の道具を渡してあげようかな」

梨子「お、おばあちゃん……これ……」

「ほっほっほ、お酒の力は偉大だよ」

「他っておくと、誰かにとられちゃうよ」コソッ

梨子「……はい///」

「ああ、それと最近物騒だから気をつけなさいよ」

梨子「物騒?」

「なんでも、王様が死んで王子たちが争ってるとか」

「近々戦争が起こるんじゃないかって噂だよ」

梨子「戦争……」

曜「……」
618: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:57:56.17 ID:kpK+GOpv
~夜~

グビグビ

曜「梨子ちゃん、飲みすぎだよ」

梨子「そんなにのんれないもん」

曜「いや、十分飲んでるって」

曜「そろそろやめよう?」

梨子「ふん!飲まなきゃやってられないもん!」

曜「何か嫌なことでもあったの?」

梨子「……まだ、ない」

梨子「でも、絶対あるもん」

曜「何があるの?」

梨子「…………」グビグビ
619: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:58:45.88 ID:kpK+GOpv
梨子「曜ちゃんは、なんでここにいるの?」

曜「え!?それって早くでてけってこと!?」

梨子「違うわよ!なんでそうなるのよ!」

曜「良かったぁ」ホッ

梨子「ただ、なんで私なんかといてくれるのか、わかんないの」

梨子「曜ちゃん、私と一緒にいて楽しいの?」

梨子「前の暮らしの方が本当は良かったんじゃないの?」

梨子「いつ帰っちゃうの?」

梨子「迎えが来るの?何処に行っちゃうの?私を置いていっちゃうの?」グスッ

梨子「そんな不安が……ぐすっ……いっぱいで……」

曜「梨子ちゃん……」
620: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:59:15.53 ID:kpK+GOpv
ギュッ

曜「私は、絶対梨子ちゃんから離れない」

曜「約束する」

梨子「……本当?」

曜「うん、本当だよ」

曜「梨子ちゃんのこと、絶対お嫁に貰うから」

曜「いいね?」

梨子「……うん。嬉しい」

曜「約束したからね。もう絶対逃がさないよ」

梨子「……じゃあ、曜ちゃんの本気、見せて?」

曜「え?」

梨子「ベッド……いこ?」
621: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:59:48.69 ID:kpK+GOpv
~街~

「お、梨子ちゃんデートかい?」

梨子「え、えっと///」

曜「そうでーす!えへへー!」ギュッ

梨子「よ、曜ちゃん///」

「うんうん、梨子ちゃんにお似合いの人だね」

「良かった良かった」

梨子「ありがとうございます///」

曜「梨子ちゃん人気者だねー」

梨子「そんなことないよ。ただ、みんなに優しくしてもらってるだけ」

曜「そうかな?」

梨子「そうだよ」
622: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:00:16.34 ID:WsXJipL2
梨子「私ね、今とっても幸せ」

曜「私もだよ、梨子ちゃん」

梨子「でもね、だから怖いの」

曜「なんで?」

梨子「この幸せが、いつか壊れちゃうんじゃないかって」

曜「そんなことさせないよ」

曜「私が、絶対守ってみせるから」

梨子「……ありがとう、曜ちゃん」

曜「ねぇ、今日はしていいの?」

梨子「っ、き、昨日もしたでしょ///」

曜「そう?じゃあ梨子ちゃんの体に聞いてもいい?」

梨子「もー///」
623: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:00:43.62 ID:WsXJipL2
梨子「……あれ、兵士さん?」

曜「なんで梨子ちゃんの家に?」

「桜内……だな?」

梨子「はい、そうですけど」

「三日後に戦争が起こる。君も救護班として同行したまえ」

曜「なっ!?」

「これは命令だ。逆らえば罪に問われるぞ」

梨子「……わかり、ました」
624: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:01:41.15 ID:WsXJipL2
梨子「……」

曜「なんで、梨子ちゃんが」

梨子「曜、ちゃん」

曜「どうしたの?」

梨子「私の両親、戦争で、死んだの」

曜「……」

梨子「私も、死んじゃうのかな?」

梨子「嫌だよ……せっかく、曜ちゃんと、恋人になれたのに」

曜「……大丈夫」

梨子「え……?」

曜「私も戦争に行くよ」

曜「絶対梨子ちゃんを守るから」
625: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:02:09.03 ID:WsXJipL2
~戦場~

梨子「しっかりしてください!」

「ぅ……ぁ……」

梨子「酷い傷……こんなの……」

「いてぇ……いてぇよ……たすけて、くれ」

梨子「っ……!」

「おい!早く治療しろ!」

梨子「は、はいっ!」
626: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:02:46.40 ID:WsXJipL2
梨子(もう何日目だろう……)

梨子(何人私の前で死んだんだろう……)

梨子(いつまで、ここにいるんだろう……)

「お、いい女いるじゃんか」

「今日はあいつとやっちまおうぜ」

梨子「え?」

「おい、こっちこいよ」

「お前らは戦場に出てねーんだからせめて俺らを楽しませろや」

梨子「ゃ、いゃっ!」

梨子「助けて、曜ちゃん!」

ガシッ

曜「梨子ちゃんから離れろ」
627: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:03:19.24 ID:WsXJipL2
「なんだてめーは!」

「こいつもいい女じゃねーか!一緒にヤっちまおうぜ!」

曜「……」バンッ


「うわぁっ!?」

「こいつっ!」

曜「失せろ」

「ひっ!?」

「い、いくぞっ!」

ダダダダ
628: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:03:57.51 ID:WsXJipL2
曜「大丈夫?」

梨子「曜……ちゃん……」ジワッ

梨子「曜ちゃん……曜ちゃん……!」ギュッ

曜「大丈夫、ここにいるよ」ギュッ

梨子「いやだよ、もう、いや、だよ、」

梨子「目の前で、いっぱい、人が、ぐすっ、しんで、」

梨子「手が、まっかになって、たすけ、られなくて、なんで、こんな、」

梨子「ひぐっ、ぐすっ、ぅっ、うっ、」

梨子「なんで、みんな、たたかう、のっ、」

梨子「せんそうなんて、きらいっ、きらいっっ、」

曜「……」
629: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:04:32.32 ID:WsXJipL2
梨子「ごめんね、ごめんね、ようちゃん」

梨子「ないてばっかりで、めいわく、かけて、」

梨子「いやだよね、こんな、わたし、」

曜「ううん、ごめんね、梨子ちゃん」

梨子「なんで、ようちゃんが、あやまるの」

曜「……全部、私のせいだから」

曜「私がちゃんとしてれば、こんなことにはならなかった」

梨子「え……?」

曜「梨子ちゃん、少しだけ約束破るね」

曜「でも、ちゃんと戻ってくるから」
630: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:04:58.98 ID:WsXJipL2
~一ヶ月後~

梨子「……」

「梨子ちゃん、大丈夫かい?」

梨子「……はい、大丈夫ですよ」

「あの子は何処にいったんだい?」

梨子「……わかりません」

梨子「多分、愛想をつかされたんだと思います」

「え?」

梨子「すいません、今日はそろそろ閉めますね」
631: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:05:30.74 ID:WsXJipL2
梨子「曜ちゃんがいなくなってから、一ヶ月」

梨子「何の連絡も来ない……」

梨子「やっぱり、愛想、つかされちゃったのかな」

梨子「当然だよね……私、曜ちゃんに迷惑かけてばっかりだもん」

梨子「曜ちゃんに……何にもしてあげられてないもん」

梨子「……幸せ、だったな」

梨子「本当に……私……わたしっ、」

梨子「っ……ぅ……ぐすっ、」
632: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:06:04.30 ID:WsXJipL2
曜「泣いてるの、梨子ちゃん」

梨子「……曜、ちゃん?」

曜「うん。ごめんね、待たせちゃって」

梨子「っ……何処、いってたのよ!」

梨子「私、捨てられたんじゃないかって、寂しくて、」

曜「……ごめん」

曜「でも、私にとっては必要だったんだ」

曜「梨子ちゃんと、幸せに暮らすためには」

梨子「……今度は、ずっと一緒にいてくれるの?」

曜「うん。一緒に来てくれる?」

梨子「……うん」
633: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:07:13.97 ID:WsXJipL2
梨子「大きな馬車……」

梨子「これに乗るの?」

曜「うん」

梨子「何処に行くの?」

曜「それは着いてからのお楽しみだよ」

曜「ほら、来て」

梨子「うん」

ギュッ
634: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:07:49.82 ID:WsXJipL2
パカパカ

梨子「すごいお屋敷がたくさん……この辺なの?」

曜「もう少し先だよ」

梨子「え、でも」

梨子(この先って、お城しかない気が)

曜「あ、見えてきた」

梨子「……お城」

梨子「あそこの中?」

曜「うん、そうだよ」

梨子(もしかしてお城勤めなのかな?)
635: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:08:18.66 ID:WsXJipL2
梨子「ね、ねぇ、」

曜「ん?」

梨子「ここ、玉座じゃない?」

曜「そうだけど」

梨子「王様に会うの?」

曜「うーん、ちょっと違うかな?」テクテク

梨子「あ、待って!」

梨子「王様がいたら失礼に……」

「おかえりなさいませ、陛下」

曜「うん、ただいま」

梨子「え?」
636: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:08:52.96 ID:WsXJipL2
梨子「王様……?」

曜「うん」

梨子「曜ちゃんが?」

曜「うん」

曜「権力争いが嫌で、逃げ出したんだよね、私」

曜「だけど、そのせいでこの前梨子ちゃんに迷惑をかけちゃった」

曜「だから争いを鎮めて私が王様になったの」

曜「これでもう戦争も起きないし、平和な世の中になるよ」
637: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 00:09:39.81 ID:WsXJipL2
梨子「ま、まって、曜ちゃんが王様ってことは……」

曜「梨子ちゃんは、王妃様、だね」

梨子「っ///」

梨子「ま、まって///そ、そんな///」

曜「ちゃんと約束したよね、結婚するって」

梨子「で、でも、そ、それは///」

曜「私のこと、嫌いになっちゃった?」

梨子「な、なってない……けど……///」

曜「じゃあいいよね」

曜「どっちにしろ、逃がさないけど」ギュッ

梨子「っ///」

曜「これからみんなの前で紹介するね」

曜「国民に結婚の報告も、ちゃんとするから」

梨子「……は、はい///」

曜「会えなかった分、これからはずっと側にいるよ」

曜「大好きだよ、梨子ちゃん」



花丸「やっと戦争が終わったずら」

千歌「あんまり関係なかったけどねー」
643: Ep41:寒がり曜ちゃん(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 22:10:51.69 ID:WsXJipL2
曜「ぅぅ……寒い……」

千歌「曜ちゃん大丈夫?」

曜「あんまり大丈夫じゃない……」

千歌「曜ちゃん寒がりだもんねー」

曜「体が凍りそう……」

千歌「流石にそれはないから安心して」

曜「帰りたい……」

千歌「うーん、困ったねー」

千歌「あ、梨子ちゃんだ」

梨子「おはよう、二人とも」

梨子「曜ちゃん、どうかしたの?」
644: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 22:11:21.04 ID:WsXJipL2
曜「……」ボー

千歌「曜ちゃん、寒いのが苦手でね」

千歌「帰りたいって言っててどうしうかなって」

梨子「そうなんだ、ちょっと意外かも」

梨子「曜ちゃんだったら、冬の寒さも跳ね飛ばしちゃうくらい元気いっぱいだと思ったんだけど」

曜「……あー」

梨子「本当に大丈夫?」

曜「あったかそう……」

梨子「え?」

ギュー
645: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 22:11:47.62 ID:WsXJipL2
梨子「よ、曜ちゃん!?///」

曜「あったかい……」ポー

曜「ん……」ギュゥゥ

梨子「ちょ、ちょっとぉ///」

梨子「一回離れて///」

曜「やだ……」

梨子「千歌ちゃん、どうしよう」

千歌「とりあえず学校行こうかー」

千歌「このままならついて来そうだし」

梨子「そんなー///」
646: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 22:12:16.87 ID:WsXJipL2
「桜内、これはどういうことだ」

梨子「分かりません///」

曜「梨子ちゃん……」ギュゥゥ

梨子「曜ちゃん、お願いだから席に戻って?」

曜「無理……梨子ちゃんから離れたら(寒くて)死んじゃう」

「お前、渡辺に何したんだ」

梨子「何もしてませんっ///」

曜「梨子ちゃんは……私に温もりを教えてくれた人だよ」

キャーキャーワーワー!!!!

「桜内、後で職員室な」

梨子「そんなぁ……」
647: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 22:12:46.08 ID:WsXJipL2
果南「梨子ちゃん、今日はもう帰っていいよ」

梨子「え、どうしてですか?」

梨子「まだ練習は始まったばかりなのに」

果南「いや、それじゃあ練習にならないでしょ」

曜「ふみゃ~」ギュゥ

梨子「……そうですね」

果南「いつもはなんだかんだでちゃんとするのに、よっぽど梨子ちゃんの側が居心地いいんだね」

梨子「ふぇっ!?///」

曜「ぬくぬく……」サワサワ

梨子「ちょ、ちょっと///服の中に手を入れないで///」
648: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/25(木) 22:13:33.46 ID:WsXJipL2
~お布団~

曜「ふぁ……梨子ちゃんあったかい」ギュー

梨子「もう、ずっと抱きついてるじゃない」

梨子「こら、曜ちゃん、聞いてるの?」ホッペツンツン

曜「にゃぁ……」グデー

梨子「全く……いつもの元気は何処行っちゃったのよ」

曜「ぐー……」

梨子「って抱きしめたいまま寝ないでよもー///」

曜「むにゃ……梨子ちゃん……すき……」

梨子「ふぇっ!?」

曜「やきが食べたい……よぉ……」

梨子「っ~~~~///」

梨子「もー!曜ちゃんのばかー!」



ルビィ「お姉ちゃんの背中あったかーい」ピトッ

ダイヤ「ピギャッ!?こらルビィ!いきなり抱きついてきたら危ないでしょう!」

ルビィ「えへへ~ごめんなさい~」ギュー

ダイヤ「全く……」ギュゥゥ
656: Ep42:商社マン渡辺と桜内(SB-iPhone) 2018/10/26(金) 23:45:39.21 ID:DaDUPvhH
「渡辺先輩!この書類ってどうすればいいんですか?」

曜「これは精算に必要だから保管しておいて」

「渡辺さん、今朝頼んだ書類ってどうなってる?」

曜「今部長に確認してもらってるから、終わり次第連絡します」

「渡辺、この案件なんだけど」

曜「先方の社長と話した時は好感触だったから、ほぼ決まりだよ」

曜「共有フォルダに折衝経緯が纏めてあるから確認してね」
657: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/26(金) 23:46:09.61 ID:DaDUPvhH
~喫茶店~

「渡辺先輩って凄いですね!」

曜「そうかな?」

「バリバリに仕事できるし、誰とでも仲がいいし、本当尊敬しちゃいます!」

「ちょっと、何先輩に色目使ってるのよ!」

「曜先輩、お弁当作ってきたんですけど……」

「抜け駆け禁止!」

曜「あはは、みんな元気だね」

「渡辺先輩のおかげですよ!」

「そうそう、失敗した時に庇ってくれるし、困った時は頼りになるし」

「誰にでも優しいですしね」

曜「褒めても何にもでないよー」

梨子「あら、渡辺さんじゃない」
658: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/26(金) 23:46:32.17 ID:DaDUPvhH
曜「……ああ、桜内さんじゃん、こんなところで何してるの?サボり?」

梨子「貴女と一緒にしないでくれる?貴女の会社と違って私の会社は忙しいの」

曜「そうなの?この前うちが仕事取っちゃったからてっきり暇だと思ってたよ」

梨子「その前にでかい案件取られたこと忘れてない?ちゃんとトータルで物事を考えたら?」

曜「威勢のいいのは営業中だけにして?」

梨子「こっちの台詞だけど」
659: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/26(金) 23:46:59.00 ID:DaDUPvhH
「ね、ねぇ、あの人誰なの?」

「あの人はライバル会社の桜内さんだよ。よく曜先輩に絡んでくるの」

「そうなんだ。先輩があんな言葉遣いするなんて珍しいよね」

「それだけ仕事に真剣ってことでしょ。やっぱり渡辺先輩かっこいい!」

曜「その桜内って苗字さっさとやめたら?」

曜「なに、チェリーガールなの?恥ずかしいったらありゃしないよ」

梨子「はぁ?渡辺なんてありきたりな苗字の分際で何言ってんの?」

梨子「そっちこそ早くそんな苗字やめなさいよね」

「渡辺先輩があそこまで敵意剥き出しにするなんて……」

「よっぽど仲が悪いんだね」
660: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/26(金) 23:47:30.23 ID:DaDUPvhH
~夜~

梨子「ただいまー」

曜「おかえりー」

曜「ご飯できてるよー」

梨子「本当?ありがとう」

梨子「ていうか待っててくれたの?」

梨子「先に食べてればいいのに」

曜「そう言う梨子ちゃんだって、いつも私を待ってくれてるじゃん」

梨子「そうだったっけ?」

曜「とぼけても無駄だよ」

梨子「あら残念」
661: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/26(金) 23:48:01.16 ID:DaDUPvhH
梨子「それで、苗字変える気になった?」

曜「いやいや、それは梨子ちゃんでしょ?」

曜「『渡辺梨子』……いい響きだね」

梨子「『桜内曜』の方がいいわ」

曜「全く、強情なんだから」

梨子「それは曜ちゃんでしょ」

梨子「まあでも、今は私の方が一歩リードだからね」

曜「次の案件で逆転するから平気だよ」

梨子「ふふ、やってみなさい」
662: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/26(金) 23:48:38.20 ID:DaDUPvhH
曜「それにしても、よく思いついたよね」

曜「一年のトータル売上で勝った方の苗字にするなんて」

梨子「仕方ないでしょ、こうしないと二人とも譲らないんだから」

曜「だって、苗字まで変えた方が『私のものだー!』って気がするでしょ?」

梨子「同感ね。身も心も全部奪って、私の物にしたいもの」

曜「二人とも攻めっ気があると苦労するねー」

梨子「そのせいで初めてもできないもんね」

曜「じゃあ、次の案件で勝った方が上だね」

梨子「あら、そんなこと言っていいの?泣くことになるわよ?」

曜「ふふ、泣いてる梨子ちゃんを無理やりしてあげるは楽しそうだね」

梨子「うふふ、曜ちゃんの冗談、面白いわ」

ようりこ「「あははははっ!!」」



善子「ルビィ~仕事もうやだ~疲れた~」

ルビィ「ぅゅ……善子ちゃん頑張って」ナデナデ
669: Ep43:惚れ薬……?(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 22:53:12.11 ID:iauZyzBU
鞠莉「はい、これが『飲んだ人を自分にメロメロにさせる薬』よ」

曜「おおお!こ、これが噂の惚れ薬!」

曜「もらってもいいの!?」

鞠莉「ええ。ちゃーんと後で結果の報告をしてね」

曜「もちろんであります!」

曜「これがあれば梨子ちゃんも私にメロメロヨーソローなんだよね!」

鞠莉「当たり前よ。曜のしたいことならなんでもしてくれるわ」

曜「なんでも……」ゴクリ

曜「鞠莉ちゃん!梨子ちゃんを探してくるね!」

鞠莉「ええ、頑張ってね」
670: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 22:54:08.08 ID:iauZyzBU
曜「梨子ちゃんここにいたんだ!」

梨子「曜ちゃん?どうしたの?」

曜「差し入れもってきたの。はい」

梨子「私に?ありがとう」ゴクゴク

曜(ふふふ、惚れ薬だとも知らずに)

曜(敗北を知りたいなぁ)

梨子「ん……」ピクッ

曜「どうしたの?」

梨子「……曜ちゃん」ポー

梨子「んっ」スリスリ

曜(きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ)
671: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 22:58:03.70 ID:iauZyzBU
曜「梨子ちゃん、いきなりどうしたの?」

梨子「曜ちゃん、好き」スリスリ

曜「へ、へー、そうなんだ///困っちゃうなぁ///」

曜「あー、でも私は梨子ちゃんのことなんとも思ってないかも?」

梨子「やだぁ」ギュゥゥ

梨子「曜ちゃんに捨てられたら……生きていけないよぉ」グスッ

曜(~~~~っっっっっっ///)

曜(最っっっ高ぉぉぉぉぉぉぉぉーーー!!!)
672: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 22:58:58.99 ID:iauZyzBU
曜「冗談だよ、梨子ちゃん」

曜「私も梨子ちゃんが好きだよ」

梨子「本当?」パァァァ

曜「うん、本当だよ」

曜「だから、梨子ちゃんがどうしてもって言うなら付き合ってあげてもいいよ」

梨子「曜ちゃんと付き合いたいっ!」

梨子「なんでもするから!」ギュッ

曜「えー?どうしようかなー?」

梨子「ようちゃぁん」ギュゥゥ

曜「はぁ、やれやれ、仕方ないなぁ」

曜「梨子ちゃんが可哀想だから付き合ってあげるよ」

梨子「やったぁ!」ギュゥゥ

曜「困ったなー、でへへへへ」

曜(やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁうひょぉぉぉぉぉっっっっ!!!)
673: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:00:01.67 ID:iauZyzBU
~次の日~

梨子「曜ちゃん、好きっ」ギュッ

曜「そんなに引っ付かれると歩きにくいんだよねー」

曜「まあ梨子ちゃんがどうしてもって言うから恋人繋ぎしてあげてるんだけどね」

梨子「ごめんね、でも曜ちゃんが好きなの」

曜「いいよ、許してあげる」

梨子「ありがとう」

梨子「えへへ、曜ちゃん優しいなぁ」

梨子「曜ちゃんの彼女になれて嬉しいっ」

曜(ああああああ梨子ちゃん可愛いすぎるぅぅぅぅ)
674: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:05:52.54 ID:iauZyzBU
千歌「おはよう……えっと、どうしたの二人とも」

曜「おはよう千歌ちゃん」

曜「実は梨子ちゃんと付き合うことになってね」

千歌「え、そうなの?」

梨子「うん。曜ちゃん、ありがとうっ」ギュー

曜「いやー、梨子ちゃんが離してくれなくて困るなー」デレデレ

梨子「曜ちゃん……ちゅっ」

曜「っっっっっ!!!」

曜(生きててよかったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!)
675: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:08:45.09 ID:iauZyzBU
梨子「あーん」

曜「あーん」パクッ

梨子「美味しい?」

曜「うん、美味しいよ」

梨子「えへへ、よかったぁ」

梨子「曜ちゃんに喜んでもらうためにね、頑張ったの」

梨子「それとね……隠し味もあるんだよ」モジモジ

曜「ん?何を入れたの?」

梨子「なんだと思う?」

曜「うーん、わかんない。教えて」

梨子「えっとね……曜ちゃんへのね……」モジモジ

梨子「あ、愛情……だよ」テレッ

曜(可愛いすぎっっっっ!!私の彼女可愛すぎかっっっっ!!!)
676: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:09:42.40 ID:iauZyzBU
~梨子の部屋~

梨子「曜ちゃん、この服装どうかな?」

曜「うん、結構似合ってるね、可愛いよ」

曜(露出高すぎだよその服!!最高!!!)

梨子「好きな服があったら言ってね」

梨子「曜ちゃんが好きならなんでも着るよ」

曜「本当!?」

梨子「うん。何がいい?」

曜「とりあえずその服で、明日別の服着てもらうね」

梨子「うん」

曜「ふへへへ、その服を着せたら……」

梨子「……曜ちゃん」
677: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:11:22.31 ID:iauZyzBU
曜「ん?」

梨子「……したい」

曜「え?」

梨子「曜ちゃんと、えっちしたい」

曜「!?」

曜「え、えええええ!?」

曜「えっちって、えっ!?いや、ま、ままままままあ梨子ちゃんがしたいんなら?別に?」

『駄目だよそんなこと!』

『早く押し倒しちまえ!』

曜(えっ!?)
678: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:13:32.85 ID:iauZyzBU
天使曜『梨子ちゃんは薬でおかしくなってるだけなんだよ?』

天使曜『それなのに体の関係まで結ぶなんて駄目だよ!』

悪魔曜『いやいや梨子ちゃんがしたいって言ってるんだよ?』

悪魔曜『このままやっちまって手篭めにしちゃうしかないでしょ』

曜(ど、どうしたらいいんだろう)

曜(梨子ちゃんとしたいけど恥ずかしいしでもーー)

梨子「曜、ちゃん」

梨子「曜ちゃんのしたいこと……なんでもするからぁ」トロン

梨子「私のこと……めちゃめちゃに……して?」
679: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:15:53.98 ID:iauZyzBU
天使曜『うっひょぉぉぉぉぉぉぉぉっっっ!!』

悪魔『きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっ!!』

天使曜『なんでもなんてこれは楽しみでありますなぁ!!』

悪魔曜『手のひら返すの早すぎて引くけど言ってることは同意だよ!!』

曜「……あ、あはははは、そ、そそそそそんなにしたいならしょうがないでありますなぁ」

梨子「曜ちゃん……んっ♡」

曜「ふ、ふひひ、ひへっ、」

曜(もう……死んでもいいかも……)
680: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:17:07.32 ID:iauZyzBU
~数日後・部室~

ガチャ

鞠莉「曜、いる?」

曜「鞠莉ちゃんだ、どうしたの?」

梨子「んっ……曜ちゃん……」スリスリ

梨子「好き……キスしたい……」

曜「さっきもしたでしょ?」

曜「それに、鞠莉ちゃん来ちゃったよ」

梨子「やだ……したいもん」

曜「じゃあ、分かるよね?」

梨子「欲しがりな梨子に……キスさせてください」ウルウル

曜「仕方ないなぁ」ニヤニヤ

チュッ

梨子「えへへ」
681: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:17:58.78 ID:iauZyzBU
曜「そうだ、ちゃんと鞠莉ちゃんに挨拶して」

梨子「うん」

梨子「曜ちゃんの彼女の、桜内梨子です」

梨子「曜ちゃんに身も心も捧げてます」

梨子「曜ちゃんが大好きで、曜ちゃんにご奉仕するのが大好きです♡」

曜「はい、よくできました」ナデナデ

梨子「はふぅ……///」

曜「それで、どうしたの、鞠莉ちゃん」

鞠莉「ああ、曜に謝らないといけないことがあって」

曜「謝ること?何かわかんないけど別にいいよ」

曜「こうして梨子ちゃんが彼女になってくれたし」

梨子「曜ちゃん……///」ギュッ
682: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:22:42.85 ID:iauZyzBU
鞠莉「いえ、実はね」

曜「うん」

鞠莉「あの薬なんだけど、間違えてただの栄養剤渡しちゃったみたいなの」

曜「うん?」

梨子「え?」

曜「でも、梨子ちゃんは……」

鞠莉「ほんとごめんね、じゃあ私はもういくわ」

鞠莉「ああそれと」

鞠莉「扉の前で盗み聞きするのはいい趣味じゃないわよ、梨子」

鞠莉「シ~ユ~」

パタン
694: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/28(日) 22:38:59.67 ID:jmpzNv4+
>>682>>683の間

曜「栄養剤?」

曜「そんなはずないよね、だって梨子ちゃんはこうして私にメロメロになってるんだし」

梨子「」

曜「もらった薬を確認すれば……あれ、栄養剤って書いてある……」

梨子「」

曜「……梨子ちゃん?」

曜「もしかして、薬飲んだフリしてたの?」

梨子「……して」

曜「え?」

梨子「ころしてぇぇぇぇぇぇぇぇっっっっっっ!!!」
683: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:23:43.33 ID:iauZyzBU
梨子「いやぁぁぁぁぁっっっむりっっっむりぃぃぃっっっっ///」

梨子「おねがいっっっっころしてぇぇっっっわたしをころしてぇぇぇぇぇっっっ///」

曜「ちょ、ちょっと、落ち着いて梨子ちゃん!」

梨子「あああああはずかしいぃぃぃよぉぉぁぉっだっ///」

曜「大丈夫!大丈夫だから!可愛かったから!」

梨子「そういうもんだいじゃないのぉぉぉっっっっっ///」

曜「積極的にえっちしてくるのも私は全然良かったから!」

梨子「わすれてぇぇぇぇぇぇっっっっ///」
684: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:27:40.72 ID:iauZyzBU
梨子「ぅ……ぅぅ……やだぁ……もうやだぁ……」

曜「やっぱり飲んだフリしてたんだね」

梨子「っ……元はと言えば曜ちゃんのせいでしょ!」

曜「え?」

梨子「曜ちゃんがヘタレで告白してくれないから!」

梨子「メロメロにしたら調子に乗って強気で出てくるくせにぃ///」

曜「ごめんなさい……」

梨子「ぅぅぅ///もうお嫁にいけないぃ///ころしてぇ///」
685: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:29:24.56 ID:iauZyzBU
曜「いや、でもさ」

梨子「……なによぉ」

曜「梨子ちゃんは私のこと好きなんだよね?」

梨子「確認しないで///」

曜「じゃあ問題なくない?」

梨子「え?」

曜「私と梨子ちゃんが付き合えばいいだけだもん」

曜「今の関係を続ければいいだけでしょ?」

梨子「そ、そうだけど……でも……」

曜「じゃあこうしよう」

曜「あれは本当は惚れ薬だった」

曜「それなら問題ないよね?」

梨子「…………」

曜「はい、スタート!」
686: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/10/27(土) 23:30:56.18 ID:iauZyzBU
梨子「曜ちゃんっ」

曜「どうしたの、梨子ちゃん?」

梨子「私ね、取り乱して恥ずかしいこと言っちゃった」

梨子「だから、いっぱいお仕置きしてくでださい///」

曜「自分からお仕置きしてほしいなんて梨子ちゃんはダメな子だねぇ」

梨子「ごめんなさい……曜ちゃん……」ギュゥ

曜「じゃあ今日は衣装着てしようね」

曜「家では私の作った衣装を着てほしいな」

梨子「うんっ」

梨子「曜ちゃん、だーいすき♡」



鞠莉「なんであれでああなるのよ……」

果南「梨子ちゃんも結構やばいんだね」
695: Ep44:合宿の就寝(やわらか銀行) 2018/10/28(日) 22:39:51.06 ID:jmpzNv4+
果南「曜、起きて」

曜「あと5分……」ムニャ

鞠莉「だめよ、起きなさい」

果南「そうだよ、梨子ちゃんに迷惑かけたらだだめだって」

曜「……んー?」ムニャ

曜「あれ、凄いいい匂いする……なんでだろう……」

曜「腕の中あったかい……」パチッ

梨子「///」

曜「……あれ?」
696: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/28(日) 22:40:48.87 ID:jmpzNv4+
曜「梨子ちゃん?」

梨子「……はい」

曜「えーと、おはよう」

梨子「お、おはよう……///」

曜「なんで梨子ちゃんが私の布団にいるの?」

鞠莉「そこは梨子の布団よ」

曜「え?」

果南「曜が抱きついてるせいで、梨子ちゃんが起き上がれなかったんだよ」

曜「うえっ!?」ガバッ

曜「ごめんね、梨子ちゃん!」

梨子「べ、別にいいよ///」
697: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/28(日) 22:41:14.44 ID:jmpzNv4+
果南「それで、なんで梨子の布団に入ってるの?」

曜「わかんないよ」

曜「寝相悪かったのかな、私」

曜「梨子ちゃん、寝苦しくなかった?」

梨子「うん。むしろ、その、凄くぐっすりできたかも……」

梨子「起きてからはドギドキしたけど……」ボソッ

善子「曜さんってこんなに朝弱かったっけ?」

曜「そんなはずないんだけどなー」
698: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/28(日) 22:41:40.50 ID:jmpzNv4+
曜「多分、梨子ちゃんの抱き心地が良くてぐっすりしちゃったんだ」

梨子「そ、そうなんだ///」

曜「うーん、本当にごめんね」

曜「次は気をつけるから!」

果南「そうだよ、ちゃんと気をつけてね」

果南「梨子ちゃんが寝不足になったら困るから」

梨子「大丈夫ですよ」

梨子「それに、う、嬉しい……ですし……///」ボソボソ

曜「ん?何?」

梨子「ううん、なんでもないの!」
699: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/28(日) 22:42:17.23 ID:jmpzNv4+
~夜~

梨子「ん……」

梨子「まだ夜……もう一度寝ないと……」

梨子「……」ボー

曜「うーん……」

梨子(曜ちゃんトイレ行ってたんだ)

梨子(今日は寝相大丈夫そうだよね)

梨子(ちょっと残念かも)

曜「……梨子ちゃんだぁ」

梨子(え?)

曜「おじゃましまーす……」

梨子(よ、曜ちゃん!?///)
700: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/28(日) 22:42:44.20 ID:jmpzNv4+
曜「んー……梨子ちゃん……」

梨子(こ、これダメだって///)

梨子(というか、もしかして昨日のもこれが原因なの!?///)

曜「くぅ……」

梨子(起きてー!お願い!)

曜「……」スヤスヤ

梨子(こ、これじゃあ眠れないよ)

梨子(寝不足になっちゃう……///)

梨子(ぅぅ///幸せなのに困っちゃうよぉ///)

梨子(どうしよう~///)



ルビィ「んー……」ゲシゲシ

鞠莉「ルビィも寝相悪いわね……」
706: Ep45:愛妻弁当(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 22:41:27.21 ID:/GUkbomg
曜「会社行ってくるね、梨子ちゃん」

梨子「あ、待って、お弁当忘れてるよ」

曜「おお、危ないところだった」

曜「梨子ちゃんのお弁当忘れたら午後のお仕事できなくなっちゃうよ」

梨子「えへへ、ありがとう」

梨子「あ、それともう一つ忘れ物があるよ」

曜「え?なんだっけ?」

チュッ

梨子「……行ってきますの、キス、だよ///」

曜「っ~~行ってきます///」
707: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 22:42:02.29 ID:/GUkbomg
~お昼~

「渡辺さん、ご飯行きましょう」

曜「あー、ごめんね、私、お弁当だから」

「自分で作ってきてるの?」

曜「ううん、お嫁さんに作ってもらってるの」

「そうなんだ、羨ましー」

「はやくいこーよー」

「あ、うん。また今度一緒に食べようね、渡辺さん」

曜「うん、またね!」

曜「さーてと」

カパッ

曜「んっ……美味しい」

曜「料理上手なお嫁さんを持って幸せだなぁ」
708: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 22:42:27.58 ID:/GUkbomg
~夜~

「仕事終わったー」

「渡辺、飲みに行くぞ」

曜「家にご飯あるからパスで!」

「付き合い悪いぞ渡辺ー」

「今まで全然来たことないんだし、たまにはいこうよー」

曜「うーん……じゃあ連絡してみるね」


曜<ごめん!今日飲み会行くからご飯いいや!

曜<もう作っちゃってたらごめんね!

梨子<ううん、いいんだよ。楽しんで来てね。
709: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 22:42:58.55 ID:/GUkbomg
~ようりこ宅~

曜「ただい、ま、」

梨子「お帰り……!?どうしたの、曜ちゃん!?」

曜「っ……はぁ、はぁ、」

梨子「大丈夫!?何があったの!?」

曜「大丈夫だよ……」

曜「ちょっと、飲みすぎちゃった……」

曜「んぐっ!」

曜(頭が痛い……気持ち悪い……なにこれ……)

曜(お酒そんなに飲んでないのに……なんで……)

梨子「曜ちゃん、お薬飲もう?」

梨子「ちょっとは良くなると思うから」

曜「うん……ありがとう……」ゴクッ

梨子「明日はお休みだから、ぐっすり寝てね?」
710: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 22:43:27.91 ID:/GUkbomg
~次の日~

曜「ぅっ……ぁ……」

梨子「曜ちゃん、大丈夫?」

曜「はぁ、っ、きもち、わるい……」

曜「なんで、熱は、ないのに……」

梨子「多分風邪だよ」

梨子「お粥作ったから、食べて?」

梨子「はい、あーん」

曜「あーん……」パクッ

曜「……美味しい」

梨子「食欲ないかもしれないけど、これぐらいは食べよう?」

曜「うん……」
711: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 22:43:59.63 ID:/GUkbomg
曜「ごめんね、梨子ちゃん」

梨子「ん?どうしたの、突然」

曜「きっと、バチが当たったんだ」

曜「梨子ちゃんと夕飯を一緒に食べなかったから……」

梨子「そんなことないよ」

梨子「曜ちゃんは毎日お仕事頑張ってるんだもん」

梨子「たまには息抜きくらい必要だよ」

曜「梨子ちゃんと一緒にいるのが、一番の息抜きなんだけどね」

梨子「えへへ、ありがとう」

梨子「少し横になろっか」

梨子「寝るまで、となりにいるね」

曜「……うん」

曜(本当に……梨子ちゃんと結婚できて幸せ)
712: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 22:44:27.21 ID:/GUkbomg
~一ヶ月後・お昼~

曜「さーて、お昼お昼」

「渡辺、すまん、すぐに来てくれ」

曜「え?」

「実はお得意先がこの辺に来てて、一緒にお昼って言ってるんだよ」

「お前も是非来て欲しいって」

曜「あー……」

曜(お弁当あるけど、断れないよね)

曜(後で食べようっと)

曜「分かりました」
713: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 22:44:53.77 ID:/GUkbomg
~夜~

曜(お得意先と話してたと思えば、別の会社と飲み会なんて聞いてないよ)

曜(梨子ちゃんに連絡だけ入れておかないと)


曜<ごめん、また飲み会入っちゃった

曜<接待だから断れなかったんだ、一次会だけでなんとか帰るから

梨子<うん。気を付けてね。


曜「梨子ちゃん、本当優しいなぁ」

「渡辺、こっちだ早く!」

曜「はーい」
714: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 22:45:27.75 ID:/GUkbomg
~ようりこ宅~

曜「ただいま~」

梨子「お帰り、曜ちゃん」

梨子「……?」

曜「どうしたの?」

梨子「あ、うん。今日は体調悪かったりしない?」

曜「あー、前みたいに気持ち悪くはなってないね」

曜「お酒の量控えたからかな」

梨子「そっか、良かった」

梨子「前みたいになったら大変だもんね」

曜「その節は面倒をかけました」

梨子「いいんだよ」

梨子「それより、本当に気分悪くないの?」

梨子「吐き気がしたりは?」

曜「本当に大丈夫だって」

梨子「ならいいんだけど」

梨子「…………」

梨子「ねぇ、今日、ちゃんとお弁当食べた?」
715: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 22:46:04.51 ID:/GUkbomg
曜「あー!」

曜「完全に忘れてた!仕事関係のせいでお弁当食べてなかったんだ!」

曜「ごめん、今から食べるね」

梨子「だめだよ、曜ちゃんお腹いっぱいでしょ?」

梨子「それに、腐っちゃってるかもしれないし」ヒョイッ

曜「ぁ……」

曜「本当にごめんね、梨子ちゃん」

梨子「いいって。たまには、そういうこともあるよ」

梨子「これ、捨てちゃうね」

曜「うん……」

梨子「……これからは朝食に混ぜないと」ボソッ

曜「え?」

梨子「ううん、なんでもないよ」ニコッ
716: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/29(月) 22:46:35.10 ID:/GUkbomg
梨子「曜ちゃん、ちゃんと夜は帰って来てね」

梨子「そうじゃないと、死んじゃうから」ギュッ

曜「もー、大袈裟すぎだよ梨子ちゃん」

曜「でも、寂しがり屋な梨子ちゃんが死んじゃわないように、毎日ちゃんと帰ってくるからね」ギュッ

梨子「えへへ、ありがとう」

梨子「私ね、曜ちゃんと結婚できて本当に嬉しいの」

曜「私もだよ」

梨子「……ふふっ」

梨子「曜ちゃん、大好き」

梨子「絶対誰にも渡さないからね」ボソッ



果南「はい、ダイヤ、スペシャルワカメ弁当だよ!」

ダイヤ「ワカメを詰め込んだ物をお弁当と呼ばないでください」
725: Ep46:引き分け、だよ(やわらか銀行) 2018/10/30(火) 22:28:57.22 ID:OjRakl2U
千歌「あー!もー!よーちゃん卓球強すぎー!」

曜「ちょっとだけやってたからねー」

千歌「私もやってたのに!」

千歌「よーし、もう一回!」

曜「よしきたー!」

コンコンコン

曜「よーし!」

千歌「あー!また負けたー!」
726: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/30(火) 22:29:25.57 ID:OjRakl2U
梨子「曜ちゃん、卓球強いんだね」

千歌「卓球だけじゃないよ」

千歌「何やらせても強いんだから」

千歌「そのせいでよく助っ人頼まれるし」

曜「体動かすの好きだから楽しいよ」

千歌「それで毎回勝っちゃうから凄いよね」

千歌「よーちゃんが負けてるところ見たことないや」

梨子「ふーん。やっぱり、曜ちゃんって凄いんだ」

曜「そんなことないって」

曜「千歌ちゃん、持ち上げすぎだよ」

千歌「まあ、そんな幼馴染を持って千歌も鼻が高いわけですが」エッヘン

千歌「っていけない!早く帰らないと!」

千歌「またね、二人とも!」
727: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/30(火) 22:29:54.32 ID:OjRakl2U
梨子「曜ちゃんはなんでもできるんだね」

曜「できることしかできないよ」

梨子「そっか。でも、なんでもできるように見えちゃうな」

梨子「負けたことってあるの?」

曜「……うん、まあね」

梨子「へー、そういうのもちょっと聞いてみたいかも」

梨子「誰に負けたの?強豪校の人?」

曜「……ちゃんだよ」ボソッ

梨子「え?」

曜「ううん、なんでもないよ」

曜「秘密」
728: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/30(火) 22:30:24.02 ID:OjRakl2U
梨子「えー、意地悪」

曜「と言われても」

梨子「うーん、じゃあ勝てる見込みはあるの?」

曜「いや、勝てないよ、絶対」

梨子「え、そうなの?」

梨子「曜ちゃんにそこまで言わせるなんて、凄い人なんだね」

曜「うん……そうだね」

梨子「ライバルなの?」

曜「ううん」

曜「多分、私はなんとも思われてないと思う」

梨子「その人のこと、結構考えたりするの?」

曜「うん。まあね」

梨子「そっか……」
729: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/30(火) 22:30:50.24 ID:OjRakl2U
曜「梨子ちゃんはどうなの?」

曜「負けたりする?」

梨子「当たり前だよ。私なんて、いつも負けてるもん」

梨子「こっちの学校に来てからも、負けっぱなしだし」

曜「え、誰かと勝負してるの?」

梨子「うーん、まあそうなのかな?」

曜「誰?」

梨子「秘密」

曜「梨子ちゃんも意地悪じゃん」

梨子「えへへ、お揃いだね」

曜「ふふ、そうだね」
730: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/30(火) 22:31:20.89 ID:OjRakl2U
曜(梨子ちゃんは気付いてないんだろうな)

曜(私が梨子ちゃんを好きだってこと)

曜(『好きになった方の負け』)

曜(これからどれだけ頑張っても、私が勝つことなんてできない)

曜(はぁ、一番勝ちたいところで、負けちゃったなぁ)

曜(本当、上手くいかないよね)

曜(大変だろうな、この先も)

曜(でも、この勝負だけは諦めたくない)

梨子「ん?どうかした?」

曜「ううん、なんでもないよ」

曜(絶対に、引き分けにしてみせるから)

曜(覚悟しててね、梨子ちゃん)



善子「くらいなさい!《堕天使奥義・覇王流劇波!》」

花丸「お願いだからラケットを投げないでほしいずら」
736: Ep47:ハロウィン(やわらか銀行) 2018/10/31(水) 22:43:36.03 ID:jujZwxeu
曜「トリックオアトリート!」

曜「お菓子をくれないと悪戯しちゃうぞー!」

千歌「しちゃうぞー!」

果南「はいはい、ちゃんと用意してあるよ」

曜「やったー!」

千歌「みかんだー!」

梨子「ふふ、二人とも子供みたい」

果南「梨子ちゃん、気をつけてね」

果南「渡さないと本当に悪戯されるから」

梨子「そうなんですか?」

果南「うん」
737: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/31(水) 22:44:04.46 ID:jujZwxeu
千歌「善子ちゃん!トリックオアトリート!」

曜「お菓子ちょうだいー!」

善子「持ってきてないわよ!後ヨハネ!」

曜「じゃあ悪戯ターイム!」

千歌「いえーい!」

千歌「冷たい手攻撃ー!」

曜「こちょこちょ~!」

善子「ちょ、や、やめっ、ひゃっ!」

果南「……ね?」

梨子「あはは……大変ですね」
738: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/31(水) 22:44:32.62 ID:jujZwxeu
千歌「梨子ちゃん、お菓子ー!」

梨子「はい、千歌ちゃんの分」

千歌「やったー!」

鞠莉「あら、ちかっちにだけ?」

梨子「いえ、みんなの分も作ってあります」

曜「おおー、流石梨子ちゃん!」

曜「じゃあわたしにも頂戴!」

梨子「……あ、曜ちゃんの分、家に忘れちゃった」

曜「がーん……」
739: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/31(水) 22:44:59.44 ID:jujZwxeu
~梨子の部屋~

梨子「曜ちゃん、凄いお菓子の数だよね」

曜「うん。学校のみんなにやってるからね」

曜「梨子ちゃんはやらないの?」

梨子「私は……いいよ」

曜「せっかくのイベントなのに勿体ない」

曜「こういう時は楽しまないと」

梨子「……じゃあ」

梨子「トリックオアトリート、曜ちゃん」

梨子「お菓子をくれないと、悪戯しちゃうよ」
740: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/31(水) 22:45:25.74 ID:jujZwxeu
曜「うーん、持ってない」

梨子「こんなにいっぱいあるのに?」

曜「全部私が食べるからね」

梨子「ふふ、それじゃあ曜ちゃんに悪戯しちゃうおうかな」

曜「なにされるんだろう」

曜「ちょっとだけ楽しみかも」

梨子「じゃあ目を瞑って?」

曜「うん」

梨子「…………」

チュッ
741: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/31(水) 22:46:12.14 ID:jujZwxeu
曜「梨子ちゃん……?」

梨子「たまには、私から……ね///」

曜「……そういうのされると、我慢できなくなるんだよね」

梨子「え?」

曜「トリックオアトリート」

曜「確か、家に私に渡すお菓子があるんだよね?」

曜「ねぇ、どうする?」

梨子「…………っ///」

梨子「……ない、です///」

曜「ふふ、じゃあ梨子ちゃんにはたくさん悪戯してあげないと」

曜「お菓子よりも甘い時間を過ごそうね、梨子ちゃん」



ルビィ「トリックオアトリート!」モグモグ

ダイヤ「私のプリンが……」ガクッ
749: Ep48:百合営業 その5(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:14:10.35 ID:FTl6XtI1
善子「部室に忘れ物しちゃった!」

善子「早く取って帰らないと」

善子「ん……?声?言い争ってる?」

善子「曜さんとリリーよね、この声」

善子「喧嘩?あの二人が?珍しいわね」

梨子『またラブレターもらったの?ちゃんと自分の立場分かってる?』

曜『分かってるよ。梨子ちゃんだって、この前告白されてたでしょ?』

梨子『ちゃんと断ったんだじゃない』

曜『私だって全部断ってるし。梨子ちゃんが好きだから無理だって』

梨子『ふん、やればできるじゃない』

善子「……ああ、いちゃついてるだけか」
750: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:14:57.12 ID:FTl6XtI1
ガチャ

善子「ギランッ!悠久に置き去られし天界の宝具を取りに来たわ」

曜「おかえり、何か忘れ物したの?」

善子「ええ、まあね」

梨子「この筆箱?」

善子「ああそれよ、ありがとう」

善子「にしても貴女たち仲良いわよね」

曜「そうかな?」

善子「さっきも喧嘩してるフリしてイチャイチャしてたし、羨ましいわ」

梨子「聞かれてたんだ……恥ずかしい///」

善子「じゃ、帰るからまたね」

曜「またねー」

梨子「お疲れ様」

パタン
751: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:15:23.89 ID:FTl6XtI1
曜「善子ちゃん来てたんだ、危なかった」

梨子「曜ちゃんの頭が悪いせいでバレそうになったんだけどどうしてくれるの?」

曜「はぁ?突っかかってきたのはそっちでしょ?」

梨子「曜ちゃんの意気地が無いからでしょ」

梨子「恋人になればラブレターや告白して来る人もいなくなるだろうし、早くしたら?」

曜「梨子ちゃんに告白なんて考えただけで虫唾が走る」

梨子「そう。私も同感だわ」

梨子「猿にしては今までよく頑張ったわね」

梨子「褒めてあげるわ」
752: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:16:24.76 ID:FTl6XtI1
曜「喧嘩売ってんの?」

梨子「本当のことを言っただけだけど?」

曜「前に言ったこと覚えてる?」

曜「ライブ、今週だよ」

梨子「ふーん、それで?」

曜「今から逃げる準備しておいた方がいいんじゃない?」

曜「もう後戻りできなくなるよ」

曜「意気地無し梨子ちゃん」

梨子「ちっ……調子に乗ってんじゃないわよ」

梨子「二度と偉そうな口叩けなくしてあげるから覚悟してなさいよ」

曜「あはは、楽しみー」
753: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:17:02.67 ID:FTl6XtI1
~ライブ~

千歌「本日は本当にありがとうございました!」

バチパチパチパチパチ!!!

千歌「メンバーのみんなから、最後に挨拶をしたいと思います!」

千歌「まずは善子ちゃんから!」

善子「ヨハネよ!」

キャーキャーワーワー!!!

千歌「次はりこーー」

曜「はい!」

千歌「え?よーちゃん先にやるの?」

曜「うん。ごめんね、遮っちゃって」
754: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:17:48.69 ID:FTl6XtI1
曜「みんなー、元気ー?」

イェェェェェェェェェェィィィ!!!

曜「舞台でも分かるくらい、みんなの熱気が伝わってきて、こっちも熱くなっちゃってたよ」

ウォォォォォォォォッッッ!!!

曜「っと、そうだ。実は、言いたいことがあって順番を変えてもらったの」

曜「私、渡部曜には、好きな人がいます」

ザワザワザワザワ!!!

曜「多分、もうバレてるよね」

曜「梨子ちゃん、こっちに来てもらっていい?」

梨子「えっ……?」

ワァァァァァァァァァァ!!!
キタァァァァァァァァァ!!!
755: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:18:14.54 ID:FTl6XtI1
曜「私はね、本当は結構臆病なんだ」

曜「だから素直になれなかったり、先に進めなかったりしてた」

曜「でも、それも今日で終わり」

曜「ずっと曖昧なままにしててごめんね」

曜「私は梨子ちゃんのことが、だーいすき」

曜「だから、私と付き合ってください」

ワァァァァァァァァァァァ!!!
756: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:19:12.06 ID:FTl6XtI1
梨子「っ……」ウルッ

曜「嫌、だった?」

梨子「ちが、ちがくて、ちがうのっ、嬉しいのにっ、なんで、涙が出てっ、」

梨子「私も、素直になれなくて、だから、曜ちゃんに、嫌われてるんじゃないかって、思ってて、」

曜「私が梨子ちゃんを嫌うなんてありえない」

曜「約束する。私はずっと梨子ちゃんのことが好きだよ」

曜「お婆ちゃんになっても、ずっと」

梨子「っ……、」

梨子「こちらこそ、よろしく、お願いします、」

曜「……ありがとう、梨子ちゃん」

曜「一生大切にするね」

梨子「……はいっ」

チュッ

キタァァァァァァァァァァァ!!!
ヨウリコケッコンシタァァァァァァァァァ!!!
エンダァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!
757: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:19:50.84 ID:FTl6XtI1
~楽屋~

曜「まさかあそこで泣くなんて、演技が上手だね」

梨子「曜ちゃんには真似できないでしょ?」

曜「誰かさんと違って泣き虫じゃないからできないね」

梨子「野生で生きてる馬鹿には難しいもんね」

曜「……うざっ」

梨子「そっちがね」



梨子ちゃんと、正式にお付き合いすることになりました!
記念にツーショット!えへへ、なんだか恥ずかしいかも!
今日は本当に最高のライブでした!みんなありがとう!
えへへ、梨子ちゃんだーいすき♡
♡14万 →13万5千
758: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:20:29.48 ID:FTl6XtI1
曜「もう逃げ場はないよ」

曜「ずっとずーっと側にいてあげるから」

曜「まあどうしても我慢できなくなったら土下座して謝ってね」

曜「そうしたら許してあげるから」

梨子「はぁ?土下座するのはそっちでしょ?」

梨子「だいたい、先にリタイアするのは曜ちゃんだし」

梨子「あー、そうだ。曜ちゃんから言ってきたらいっぱい虐めてあげる」

梨子「私の気がすんだら捨ててあげるわ。楽しみね」

曜「あはは、そんなに後悔したいんだ」

曜「本当、楽しみだね」ガタッ

梨子「帰るの?」

曜「着替えだよ。このタイミングで一緒に帰らないのはおかしいでしょ?」

梨子「ああ、そこまで頭が回るようになったんだ」

曜「……やっぱりうざい」

梨子「お互い様でしょ?」

曜「はいはい」

バタン
759: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:20:55.68 ID:FTl6XtI1
曜「っ、はぁ、はぁっ、」

曜「やっちゃった、みんなの前で、こ、告白しちゃった///」

曜「し、しかも、お婆ちゃんまでって、それって、つまり……っ///」

曜「今になって恥ずかしくなってきた///」

曜「恋人ってことは、これからは手を繋いだほうがいいんだよね」

曜「朝は迎えにいって、一緒に学校行って、ご飯食べて、お、お泊り……///」

曜「このまま、続いたら……け、結婚……しちゃえるのかな///」

曜「えへへ///」
760: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/01(木) 23:22:27.59 ID:FTl6XtI1
梨子
曜ちゃんと恋人になっちゃいました♡
嬉しくてみんなの前で泣いちゃって恥ずかしかったんだから。
今もまだ涙が止まりません。本当に、嬉しい。
私も、ずっと大好きだよ、曜ちゃん。
♡12万9千 →12万


梨子「本当、涙、止まんないよ、」グスッ

梨子「わ、私、とうとう曜ちゃんの恋人になっちゃったんだ……///」

梨子「夢、だよね。だって、あの曜ちゃんが、だもん///」

梨子「でも、夢でも、嬉しい」

梨子「明日はお弁当作って行かないと」

梨子「だって、恋人ならそのくらい当たり前だもんね///」

梨子「……///」

梨子「お婆ちゃんになっても、一緒にいれたらなぁ///」



ダイヤ「ら、ライブ中に何をしてるんですかあの二人は!」

果南「まあでも、幸せそうでなによりだよね」
769: Ep49:無意識だと思った?(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:39:46.21 ID:76SNFl96
梨子「……ちゃん、曜ちゃん」

曜「ん……あれ、梨子ちゃん?」

曜「ここ何処?」

梨子「私の部屋だよ」

曜「梨子ちゃんの部屋……っ!?」

曜「私、また寝ちゃったの!?」

梨子「うん。ちょっとだけね」

曜「ちょっとって、二時間も経ってるよ」

曜「本当ごめん、梨子ちゃん」

曜「これで一週間、毎回だよね……」
770: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:40:47.59 ID:76SNFl96
梨子「いいんだよ。それだけ疲れてるってことだもん」

梨子「毎日本当にお疲れ様」

曜「……ありがとう」

梨子「そろそろ帰らないと、だよね?」

曜「うん」

曜「作曲の打ち合わせに来てるはずなのに、なんにもできなくてごめんね」

梨子「気にしなくていいよ」

梨子「曜ちゃんの寝顔が見れて、ちょっとだけ嬉しいから」

曜「恥ずかしいからあんまり見ないでね」
771: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:41:19.09 ID:76SNFl96
~次の日・登校~

千歌「おーい、よーちゃーん!」

梨子「おはよう、曜ちゃん」

曜「うん。おはよう、二人とも」ギュッ

梨子「えっ?」

千歌「おお?」

曜「いつものことだけど、やっぱりこの坂登るの大変だよねー」

梨子「う、うん///」

千歌「そう、だね」

曜「どうしたの?何かあった?」

千歌「それはこっちの台詞だよ」

千歌「どうしてよーちゃんは、梨子ちゃんの手を握ってるの?」

曜「え?」
772: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:42:01.82 ID:76SNFl96
曜「あ、あれ?」

曜「なんで手を繋いでるの?」

千歌「よーちゃんから繋いだんでしょ」

曜「私から?」

梨子「う、うん……///」

曜「なんでだろう」

千歌「よーちゃんしか知らないでしょ」

曜「分かった!」

曜「きっと梨子ちゃんがあったかそうだったからだ!」

曜「だから無意識のうちに手を繋いじゃったんだ」

梨子「そうなんだ……///」

曜「うんうん、だってこんなに暖かいもんね」ギュッ

梨子「///」
773: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:42:38.76 ID:76SNFl96
~教室~

曜「うー、なんだか眠い……」

梨子「お昼食べたばっかりだもんね」

曜「梨子ちゃん、起こさないでね」

梨子「もー、寝たらだめだよ」

千歌「私も起こさないでね」

梨子「千歌ちゃんまで!」

曜「いやでも仕方ないんだよね」ギュッ

曜「眠い時は寝たほうがいいってテレビでも言ってた気がするし」

曜「その辺り梨子ちゃんにも分かって欲しいなぁ」

曜「……あれ?」

曜「梨子ちゃんは?」

千歌「…………」

曜「千歌ちゃん?どうしたの?」

千歌「いや、下向いてみたらいいんじゃないかな」

曜「え?下?」

梨子「ぅぅ///」
774: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:43:11.36 ID:76SNFl96
曜「あれ?なんで梨子ちゃんがここに?」

曜「……うーん」ギュー

梨子「ぁぅぅぅ///」

曜「うん、柔らかい」

千歌「柔らかい、じゃないでしょ!」

千歌「梨子ちゃん困っちゃってるじゃん!」

曜「そうだった、ごめんね、梨子ちゃん」

梨子「う、ううん、びっくりしただけだからいいよ///」

曜「多分抱き枕にいいんだよねー」

曜「抱き心地いいし」

梨子「恥ずかしいから言わないで///」
775: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:43:49.77 ID:76SNFl96
~部室~

鞠莉「じゃあ次の曲はーー」

曜(それにしても、変だな)

曜(なんで梨子ちゃんのこと抱きしめてたんだろう)

曜(しかも知らない間に)

ダイヤ「何か意見のある方はいますか?」

曜(うーん、やっぱり柔らかいから?)

曜(暖かそうだもんねー、梨子ちゃん)

曜(それとも何か見えない力に惹かれちゃったとか?)

曜(なーんて、善子ちゃんじゃあるまいし)

曜(…………)

果南「……!曜!」

曜「あ、え?」

曜「どうしたの?」

果南「それは、こっちのセリフだよ」

曜「……?どういうこと?」

果南「なんで、突然、梨子ちゃんにキスしたの?」

曜「え?」
776: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:44:22.97 ID:76SNFl96
梨子「っ……」

曜「え、なんで梨子ちゃんが私の前に?」

果南「曜が歩いて行ったんでしょ」

果南「会議中に立ち上がったと思ったら、いきなり梨子ちゃんにキスをして」

果南「何考えてるの?」

曜「ま、待ってよ、私はそんなこと……」

ダイヤ「全員が、その場を目撃しているんですよ」

曜「……嘘」

鞠莉「曜、ちゃんと説明しなさい」

梨子「待って、ください」
777: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:44:54.27 ID:76SNFl96
梨子「私は全然気にしてないですから、大丈夫です」

鞠莉「気にしてないわけないでしょ」

鞠莉「曜、黙ってないで何か言いなさい」

曜「わ、私はーー」

梨子「嫌じゃ、ありませんでした!」

梨子「だから、曜ちゃんを、ぐすっ、責めないで、ください、」

鞠莉「……分かったわ」

鞠莉「曜、少し頭を冷やしてきなさい」

曜「……うん」
778: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:45:27.41 ID:76SNFl96
~梨子の部屋~

曜「本当にごめんね、梨子ちゃん」

梨子「いいんだよ、もう謝らなくても」

梨子「なんでしたのか、分かんないんだよね?」

曜「うん……」

曜「手を繋いだのも、抱きしめたのも、キスしちゃったのも、なんでか分かんないんだ」

梨子「無意識に、ってこと?」

曜「うん」

曜「でも、信じられないよね」

梨子「ううん、信じるよ」

梨子「だって、曜ちゃんがわざとそんなことするずないもん」

曜「梨子ちゃん……」
779: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:46:01.72 ID:76SNFl96
曜「ありがとう、信じてくれて」

曜「梨子ちゃんと友達になれて本当に良かった」

梨子「私も、良かった」

梨子「でも、本当不思議だよね」

曜「そうだね……病院で診てもらった方がいいかも」

梨子「もし入院になったら、ちゃんとお見舞いに行くね」

曜「もー、変なこと言わないでってば」

梨子「えへへ」

曜(本当、梨子ちゃんが友達で良かった)

曜(同じ立場だったら、私は信じられないかもしれないのに)

曜(なんとかして梨子ちゃんに恩返ししたいな)

曜(梨子ちゃん、何が喜んでくれるんだろう)

曜(二人でお出かけなんかもいいかも)

曜(大切に、しないとね)

曜(…………)
780: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:46:42.26 ID:76SNFl96
梨子「……ぃ、……さい」

曜「ん?どうしたの、梨子ちゃん?」

梨子「ごめんなさい……ごめんなさい……!」

曜「え?ど、どうしたのいきなり」

曜「っ!?梨子ちゃんなんで下着に!?」

曜「なんで脱いでるの!?早くこれを着てーー」スッ

梨子「ひっ!?」ビクッ

曜「え?」

梨子「ぁ、ぁ……ごめんなさい、もう逆らわないから、殴らないで!」

梨子「ぅ、ひぐっ、っ、」

曜「嘘……」

曜「も、もしかして、私、また……!」
781: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:47:20.34 ID:76SNFl96
~曜の部屋~

曜「嘘だ……」

曜「絶対、嘘だ」

曜「私がそんなことするはずない」

曜「だって、梨子ちゃんに、酷いことなんて……!」

曜「……スマホ」

曜「もしかして、何か情報があるかも」

曜「写真とか……っ!?」

曜「なに、これ」

曜「梨子ちゃんの、写真がいっぱい」

曜「服を剥ぎ取られて、怯えてる写真が……!」

曜「これ、私が、やったの……?」
782: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:48:06.56 ID:76SNFl96
曜「動画……」

曜「見たくない……見たくない……!」

曜「でも、確かめないと……!」


梨子『え、脱げって?いきなりどうしたの?』

梨子『きゃっ!え、な、なんで、よ、曜ちゃん?』

梨子『ひっ!ごめんなさい!脱ぐから!もう殴らないで!』

スルッ

梨子『え、撮ってる……?』

梨子『や、やめっ、きゃっ!?』

梨子『い、いやっ、いたっ!やだっ!やめっ!ひっ!』

梨子『ぁ、ぁ、ゆるし、きゃっ!?』

梨子『ごめんなさい、もう、逆らわないから、』
783: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:48:40.57 ID:76SNFl96
曜「私だ……」

曜「私が、梨子ちゃんに乱暴したんだ……!」

曜「その様子を撮って、楽しんでたの……?」

曜「っ……」ギリッ

曜「なんで、なんで、こんなこと!」

曜「おかしい、絶対おかしいよ!」

曜「それとも、これは私がしたいこなの?」

曜「本当は、梨子ちゃんにこういうのとしたいの?」

曜「分かんない……分かんないよ……!」

曜「……明日、謝ろう」

曜「許してもらえなくても、いいから」
784: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:49:08.20 ID:76SNFl96
~次の日~

曜「梨子ちゃん……見つけた」トクン

曜「え?」

曜(なんだろう、今の)

曜(梨子ちゃんを見つけた途端、胸が跳ね上がったような)

曜「ううん、それよりも早く声を掛けないと」

曜「おーい、梨子ちゃん!」

梨子「……ひっ!?」

曜「っ、待って!」ガシッ
785: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:49:53.87 ID:76SNFl96
梨子「あ、いやっ!ごめんなさいっ!ごめんなさい!」

曜(梨子ちゃんの手、柔らかい)

曜(なんだろう、もっと触りたい……)サワッ

梨子「ゃ、やだ、ぁ、」

曜(いい匂い……頭がクラクラする……)

曜(心臓の音が煩い……なんだろう、これ)

梨子「ゆる、して……逃げない、から、」

曜「え、あ、そうだった」

曜「ごめん、梨子ちゃん」

曜「今から、二人で話せないかな」

曜「昨日のことで、話したいことがあるの」

梨子「っ、」ビクッ

曜「お願い……私を、信じて」

梨子「……」コクン
786: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:50:28.32 ID:76SNFl96
~部室~

曜「ごめん、梨子ちゃん」

曜「私、昨日、梨子ちゃんに酷いことしたんだよね?」

梨子「…………」

曜「その時の記憶がないんだ」

梨子「…………」

曜「梨子ちゃんが、私に怯える理由も分かる」

曜「私が最低なことを言ってるのもわかる」

曜「でも、だから、教えて欲しいの」

曜「もう、こんなことしないために」

曜「あの時、何があったの?」

梨子「……分かった」
787: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:51:10.64 ID:76SNFl96
梨子「曜ちゃんが、急に服を脱げって言ってきたの」

梨子「口答えしたら、殴られた」

梨子「服を脱いだら、写真を撮られた」

梨子「隠そうとしたら、殴られた」

梨子「いっぱい、いっぱい、何度も、何度も」

梨子「泣いてる私を見て、曜ちゃんは笑ってた」

梨子「……怖かった」

梨子「何回謝っても、ずっと、殴られて」

梨子「っ、ぅ、ぁ、」
788: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:51:47.08 ID:76SNFl96
曜「……ごめん」

梨子「……私も、ごめんなさい」

曜「なんで梨子ちゃんが、謝るの?」

梨子「私、曜ちゃんを信じられなかった」

梨子「昨日、無意識に変なことをするって、相談されたばかりなのに」

梨子「朝会った時、また殴られるって思って……!」

曜「それは、当たり前の反応だよ」

曜「私がおかしいんだ」

曜「それなのに、梨子ちゃんは、まだ私を見捨てないでいてくれる」

梨子「……曜ちゃん」

曜「もう絶対、梨子ちゃんを傷付けない」

曜「約束する。自分を見失ったりしない」

梨子「……うん」

曜(そうだ、もう二度とこんなことはしない)

曜(だって多分だけど、私、梨子ちゃんのことがーー)

曜(…………)
789: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:52:22.61 ID:76SNFl96
曜「あれ、暗い?」

曜「部室……じゃない?」

曜「ここ、物置……なんで……!」

曜「梨子ちゃん!?梨子ちゃんどこ!?」

曜「っ、いた!梨子、ちゃ、」

梨子「ぁ……ゃ……もぅ、ゃ、」

曜「っ!?」

曜「なんで、縄で縛られて……」

曜「肌、赤い傷が……」

曜「え、縄跳び、なんで、こんなの、私、持って、」

曜「ぁ、ぁ、ぁぁ……いや、なの、に」

曜「また……!」
790: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:53:08.99 ID:76SNFl96
~梨子の部屋~

梨子「…………」

曜「ごめん」

梨子「謝らなくても、いいよ」

梨子「曜ちゃんは、何も覚えてないんでしょ?」

曜「っ……ごめん」

梨子「落ち着いて、曜ちゃん」

梨子「私は、分かってるから」

曜「梨子ちゃん……」

梨子「目を瞑って、リラックスしてみて」

曜「……うん」

梨子「怖がらなくていいから」

梨子「ゆっくり、ゆっくり、沈み込んで」

曜「…………」

梨子「ほら、もうすこし堕ちて」

梨子「……とぽん」

曜「…………」

梨子「いらっしゃい、曜ちゃん」
791: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:54:02.61 ID:76SNFl96
梨子「ふふ、最近は入るのに時間が掛からなくなってきたね」

梨子「どうだった、私に酷いことした時の気分は?」

曜「……やだ。梨子ちゃんに、酷いこと、やだ」

梨子「そっか。曜ちゃん、優しいのね」

梨子「でも必要なことなんだよ、分かる?」

曜「……はい」

梨子「全部曜ちゃんが悪いんだよ」

梨子「私の気持ちを知らないで、みんなにちやほやされて喜んでるんだもん」

梨子「だから、曜ちゃんにたくさん罪悪感を植え付けてあげる」
792: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/02(金) 22:54:49.33 ID:76SNFl96
梨子「催眠だけだと、いつ解けるか分かんないからね」

梨子「だから、罪悪感で縛っておかないと」

梨子「次は何がいい?」

梨子「私を無理やり犯してみる?」

梨子「その動画、撮らせてあげようか?」

曜「……やだ。梨子ちゃん、大切」

梨子「ふふ、そっかそっか。嫌なんだ」

梨子「じゃあ、いっぱいさせてあげるね」

曜「…………」

梨子「今日、私にすっごくドキドキしたでしょ?」

梨子「それも全部、私が植え付けたことなんだよ」

梨子「大丈夫。最後にはちゃーんと、曜ちゃんの大好きなハッピーエンドにしてあげるから」

梨子「心も体も……全部私が支配してあげる」

梨子「だから心配しなくていいよ」

梨子「……ふふ、大好きだよ、曜ちゃん」

梨子「一生、私に縛り付けてあげるから……ね」



果南「お香を焚くなんて、珍しいね」

ルビィ「うん。梨子さんに貰ったんです」

果南「へぇ、何か効能とかあるの?」

ルビィ「……そのうち分かりますよ」
799: Ep50:心が読めるようになった桜内さん(やわらか銀行) 2018/11/03(土) 23:05:50.79 ID:3eXlBmox
梨子「おはよう、曜ちゃん」

曜「おはよう、梨子ちゃん!」

曜「今日もいい天気だね!」

梨子「そうだね」

曜『えへへ、今日も梨子ちゃんと会えて嬉しいなぁ』

梨子「え?」

曜「ん?どうしたの?」

梨子「今何か言った?」

曜「天気がいいねって」

梨子「その後は?」

曜「特になにも言ってないけど」

梨子「そう……」

曜『梨子ちゃんどうしたんだろう?』

曜『疲れてるのかな?』

梨子「!」
800: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/03(土) 23:06:21.64 ID:3eXlBmox
梨子(曜ちゃんの口は動いてない……)

梨子(ということはもしかして、曜ちゃんの考えてることが分かるようになったのね)

梨子(それなら……)

梨子「ねえ、曜ちゃん」

曜「どうしたの?」

梨子「曜ちゃんって、好きな人いる?」

曜「うん、いるよ」

梨子「誰なの?」

曜「梨子ちゃんだよ」

曜『梨子ちゃんだよ』

梨子「…………」
801: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/03(土) 23:06:47.51 ID:3eXlBmox
梨子「曜ちゃん、今はそういうのじゃないの」

曜「何が?」

梨子「友達の好きじゃなくて、もっとこう、恋人になりたいって人」

梨子「誰なの?」

曜「だから梨子ちゃんだって」

曜『だから梨子ちゃんだって』

梨子「…………」

梨子(分からない……)

梨子(せっかく心が読めるようになったのに)

梨子(曜ちゃんにはまだ恋愛は早かったかしら)
802: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/03(土) 23:07:15.56 ID:3eXlBmox
曜『梨子ちゃん、どうして好きな人なんて聞いてきたんだろう』

曜『もしかして梨子ちゃん、好きな人ができたのかな?』

梨子(……この鈍感唐変木)

梨子(誰を好きだと思ってるのよ)

梨子「そうだ、じゃあ私が誰のことが好きかわかる?」

曜「んー、私だったらいいなー」

曜『んー、私だったらいいなー」

梨子「……はいはい。そうね、曜ちゃんのこと好きよ」

曜「あー!投げやりに答えてる!」

梨子「……人の気も知らないで」ボソッ

曜「ん?どうしたの?」

梨子「なんでもないわ」
803: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/03(土) 23:07:47.14 ID:3eXlBmox
梨子(というかこれ、心読めても意味ないじゃない)

梨子(曜ちゃん、頭と口が繋がってるから思ったこと口に出しちゃうし)

梨子(せっかく曜ちゃんの気持ちが分かると思ったのに……はぁ)

曜「どうしたの、落ち込んで」

梨子「ううん、なんでもないわ」

梨子「ちょっとがっかりしただけ」

曜「そうなんだ」

梨子「はー、曜ちゃんが私を好きになってくれたらいいのに」

曜「もー、さっきから好きって言ってるでしょ」

梨子「うん、そうだね。私も好きだよ」

曜「また投げやり……」

曜『……ばか』
804: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/03(土) 23:08:26.36 ID:3eXlBmox
鞠莉「どうだった、曜?」

曜「全然だめだった」

鞠莉「あら、そうなの?」

曜「というか、梨子ちゃんに何したの?」

鞠莉「心が読めるようになる薬を飲ませたの」

鞠莉「これなら、曜がいつも本気で言ってるってことが伝わると思って」

曜「……全然相手にしてもらえなかって」

鞠莉「うーん、なんでだろうね」

曜「はぁ……」

曜「梨子ちゃんのばか」

曜「いつになったら、私の気持ちを受け止めてくれるんだろう」



善子「あー!また負けたー!ちょっとずら丸!トランプで心を読むなんて反則よ!」

花丸「善子ちゃんが表情に出やすいだけずら」
812: Ep51:桜内さんは幽霊?(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:30:19.03 ID:aWHbNmKo
曜「練習しててすっかり遅くなっちゃったなー」

曜「誰も学校いないし、早く帰らないと」

ポロン

曜「……ん?」

曜「今、何か聞こえた?」

ポロン

曜「……ピアノ、かな」

曜「音楽室だよね」

曜「行ってみよう」
813: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:31:04.97 ID:aWHbNmKo
~~~~♪

曜「やっぱり聞こえる」

曜「誰が弾いてるんだろう」

ガラ……

曜「失礼しまーす」コゴエ

曜「……っ!」

梨子「…………」ポロン

曜(綺麗……)

曜(幻想的、っていうのかな)

曜(月明かりに、ピアノ演奏)

曜(まるでコンクールみたい)
814: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:31:53.89 ID:aWHbNmKo
梨子「……誰?」

曜「あっ」

曜「いきなりごめんね」

曜「私は渡辺曜、二年生だよ」

曜「ピアノの音に惹かれてやってきたの」

曜「えーと、二年生だよね?」

曜「見たことないけど、なんて名前なの?」

曜「それに、なんでこんな時間にピアノを弾いてるの?」

曜「もうみんな帰ってるはずだし、ピアノを弾ける人なんていなかったはず」

曜「そもそも、生徒だったら私はみんな知ってるはずだし」

曜「……もしかして、幽霊だったりする?」アハハ

梨子「……貴方、私が見えるの?」
815: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:32:25.61 ID:aWHbNmKo
曜「え?」

梨子「初めて、かな」

梨子「私を見つけてくれた人は」

曜「じゃあ、やっぱり……」

梨子「うん。多分、貴女の認識で合ってると思う」

曜「そっか」

梨子「あんまり驚かないんだね」

曜「いや、これでも結構びっくりしてるよ」

曜「でも、さっきの演奏を見てたら納得しちゃった」

梨子「どうして?」

曜「だって、凄く綺麗で、幻想的だったもん」

梨子「それは、ありがとう、でいいのかな」

曜「うん」
816: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:33:01.25 ID:aWHbNmKo
曜「ねぇ、いろいろ弾いてみてくれる?」

梨子「別にいいけど、多分退屈よ?」

曜「ううん、そんなことない」

曜「だって、さっきの演奏もすっごく引き込まれたもん」

梨子「……そう」

曜「あ、そうだ、名前聞いてなかった」

曜「なんていうの?」

梨子「……りこ」

梨子「桜内梨子よ」

曜「梨子ちゃん……」

曜「よろしくね、梨子ちゃん」
817: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:33:37.39 ID:aWHbNmKo
~数日後~

曜「お邪魔しまーす」

梨子「こんばんは、曜ちゃん」

梨子「毎日来て平気なの?」

曜「大丈夫。練習って言えば許してもらえるから」

梨子「そっか」

ポロン

~~~~♪

曜「…………」

梨子「…………」
818: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:34:14.09 ID:aWHbNmKo
パチパチパチパチ!

曜「うんうん、やっぱり凄く上手だよ!」

梨子「ありがとう」

曜「いつからピアノを始めたの?」

梨子「子供の頃からよ」

梨子「弾くのが楽しくて、毎日のように弾いてた」

曜「幽霊になってからは、ずっと一人で?」

梨子「うん。誰も聞いてくれないけどね」

梨子「だから、曜ちゃんが来てくれてちょっと嬉しいかな」

曜「…………」

曜「ねぇ」

曜「なんで、梨子ちゃんは幽霊になったの?」
819: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:35:00.54 ID:aWHbNmKo
梨子「……分かんない」

梨子「気づいたらここにいたの」

梨子「でも、多分、未練があったんだと思う」

曜「未練?何があったの?」

梨子「……ピアノのコンクール、でられなかったの」

梨子「一生懸命練習して、みんなに応援してもらって」

梨子「でも、私はコンクールに出られなかった」

梨子「病気だったの、それで死んじゃうくらい」

曜「っ……!」

梨子「手術の成功率は20%……だったかな」

梨子「私は、20%にはなれなかった」
820: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:35:43.65 ID:aWHbNmKo
梨子「ごめんね、つまらない話をして」

曜「ううん、話してくれてありがとう」

曜「そっか……そんなことがあったんだね」

梨子「うん。だから、あんまり私に関わらないほうがいいよ」

梨子「もしかすると、悪霊かもしれないから」

曜「そんなことない!梨子ちゃんはこんなにいい子なんだもん!」

梨子「ふふ、ありがとう」

曜「ねぇ」

梨子「なに?」

曜「私、梨子ちゃんが成仏できるように手伝うよ!」

梨子「え?」

曜「だって、梨子ちゃんは悲しいから幽霊になったんでしょ?」

曜「じゃあ、楽しいことをして、それを打ち消せばいいんだよ!」

梨子「……曜ちゃん」

曜「これからよろしくね、梨子ちゃん」ニコッ
821: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:36:17.74 ID:aWHbNmKo
~次の日~

曜「うーん、でないなー」

「渡辺、どうかしたのか?」

曜「先生!ちょうどよかった!」

曜「聞きたかったことがあるんです」

「ん?なんだ?」

曜「この学校で、昔ピアノが上手だった生徒っていませんか?」

曜「コンクールにはでられなかったらしいんですけど」

「うーん……知らないな。そういう話も聞いたことがないし」

曜「そうですか……」

曜「ありがとうございます」ペコリ
822: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:36:47.63 ID:aWHbNmKo
スッスッ

曜「こういう時は検索してみてっと」

曜「うーん、昔の記事が出てこないなー」

曜「少し前の記事はあるのに」

曜「というか、梨子ちゃんって何歳なんだろう」

曜「見た目は私と同じだけど、幽霊だった時間を考えると凄い年齢になるんじゃ……」

曜「聞いたら怒られそうだからやめておこう」

曜「はー、なんの情報も無しかー」

曜「ま、仕方ないよね」
823: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:37:48.37 ID:aWHbNmKo
~一週間後~

曜「クッキー焼いてみたから、食べてみて」

梨子「……うん、美味しい」

曜「えへへ、良かった」

梨子「曜ちゃんはなんでもできるんだね」

曜「ううん、なんでもはできないよ」

梨子「ふふ、嘘ばっかり」

梨子「曜ちゃんみたいな子がいたら、多分凄い人気が出ると思うよ」

梨子「告白とかされてるの?」

曜「あはは、たまにね」

曜「でも、それを言うなら梨子ちゃんもだよ」

曜「生きてる頃は、凄くモテたんじゃない?」

曜「だってこんなに可愛いんだもん」

梨子「もしかして、口説かれてる?」

曜「あ、いや、そういう意味じゃ……」

梨子「ふふ、冗談よ」

曜「もー、すぐにからかって」
824: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:38:30.62 ID:aWHbNmKo
曜「……あれ」

梨子「どうしたの?」

曜「いや、なんで梨子ちゃんはお菓子食べられるのかなって」

曜「ピアノも触れるし」

曜「もしかして、私も梨子ちゃんに触れたりするのかな」スッ

プニッ

曜「……え?」

曜「あれ、触れる……?」サワサワ

梨子「……えっち」

曜「わ、ご、ごごごごめん!」

曜「まさか触れると思ってなくて!」

梨子「だからって、いきなり胸を触ろうとするんだ」

曜「ほんとごめんって!」
825: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:39:04.81 ID:aWHbNmKo
梨子「はぁ……別にいいわよ」

梨子「言わなかった私も悪いんだし」

曜「体がある霊もいるんだね」

梨子「うん。まあ、私を触れるのは曜ちゃんだけだと思うけど」

曜「見えてない人には触れないの?」

梨子「そういうこと」

曜「そっか。わたしだけ、なんだ」

曜(それにしても、梨子ちゃんの肌、凄い綺麗)

曜(なんでこんなに真っ白なんだろう……)ギュッ

梨子「曜ちゃん……?」

曜「……すべすべしてて、暖かい」

曜「ねぇ、抱きしめても、いい?」

梨子「……いいよ」
826: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:39:32.76 ID:aWHbNmKo
曜「…………」

梨子「…………」

曜「なんでだろう、凄く落ち着くんだ」

梨子「そう?」

曜「うん。でも、それとは別に、凄く落ち着かないかも」

梨子「矛盾してるわよ」

曜「ごめんね」

梨子「私もだから、別にいいわ」

曜「……ねぇ」

梨子「なに?」

曜「後、どれくらい一緒にいられるの?」

梨子「……わかんない」

曜「……そっか」
827: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:40:04.86 ID:aWHbNmKo
~一週間後~

曜「えへへー、特等席ー」

梨子「もう、普通は一人で座るんだからね」

曜「分かってるよー」

曜「でも、ここなら梨子ちゃんの隣にいられるもん」

梨子「……全く」

曜「そうだ、この前千歌ちゃんと一緒に果南ちゃんの家に遊びに行ったの」

曜「たまたまお店が休みだからって、三人でダイビングさせてもらってさ」

梨子「…………」

曜「梨子ちゃん?どうしたの?」

梨子「あ、ううん」

梨子「千歌ちゃんと果南ちゃん……だよね」

梨子「二人とも、曜ちゃんがよく話すなって」
828: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:40:36.19 ID:aWHbNmKo
曜「まあ、二人とも幼馴染だからね」

曜「だから一緒に遊ぶことが多いんだよ」

梨子「そうなんだ」

梨子「好きなんだね、二人のこと」

曜「うん」

梨子「私と、どっちが好き?」

曜「え?」

曜「いや、それは……なんというか」

梨子「……くすっ」

梨子「本気にしなくてもいいよ、ちょっとからかっただけだから」

曜「もー、梨子ちゃんの意地悪」

梨子「ふふ、ごめんって」
829: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:41:26.80 ID:aWHbNmKo
曜「梨子ちゃんは好きな人、いたの?」

梨子「ううん、いなかったよ」

曜「そうなんだ」

曜「じゃあ、恋もしたことないんだ」

梨子「そうね、無かったわ」

梨子「毎日練習だったし、恋してる時間なんてなかったもの」

曜「梨子ちゃん……」

梨子「あの時は、ちょっと辛かったかな」

梨子「でも、今は気にしてないから大丈夫よ」

曜「どうして?」

梨子「だって、曜ちゃんが教えてくれるんでしょ?」

梨子「悲しい思い出を楽しい思い出に変えてくれるんだから」クスッ

曜「…………」

梨子「……曜ちゃん?」

ギュッ

梨子「どうしたの、いきなーー」

曜「……好きだよ、梨子ちゃん」

チュ……

梨子「え……んっ、っ、」
830: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:42:09.74 ID:aWHbNmKo
ドンッ

曜「っ!?」ドサッ

梨子「……っ、はぁ、ぁ」

梨子「自分が、何したか、分かってるの?」

曜「ごめん……突然、無理やり」

曜「梨子ちゃんの気持ちも考えずに……」

梨子「そういうことを言ってるんじゃない!」

梨子「私なんかに、恋をしないで!」

曜「なんでダメなの?」

梨子「私が幽霊だって知ってるでしょ」

梨子「私はいつか消える」

梨子「ずっと曜ちゃんの側にいられないの」

曜「それがなんなの?」

梨子「え?」
831: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:42:58.21 ID:aWHbNmKo
曜「確かに、梨子ちゃんはいつか成仏していなくなるかもしれない」

曜「でも、そんなの関係ない」

曜「私は梨子ちゃんが好き」

曜「梨子ちゃんとこうして話せるだけで嬉しい」

曜「梨子ちゃんの側にいるだけで楽しい」

曜「梨子ちゃんと、恋人になりたい」

曜「それが、今の私の気持ち」

梨子「っ……」

曜「梨子ちゃんは、私のことが嫌い?」

梨子「私は……!」

曜「私は、本気だよ」

曜「だから、梨子ちゃんにも本気で答えてほしい」

梨子「……あーあ」

梨子「なんで、会っちゃったんだろうな、曜ちゃんに」

梨子「こんなの……辛くなるだけ……なのに」

ギュッ

曜「大丈夫。それも全部、楽しくしよう」

梨子「……ばか」

梨子「少しの間だけど、大切に、してよ」

曜「……うん」
832: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:43:33.17 ID:aWHbNmKo
~一週間後~

曜「ピアノってやっぱり難しいねー」ポロン

梨子「そう言ってちゃんと弾けてるじゃない」

梨子「ところどころミスはあるけどね」

曜「よーし、これはもうすこし練習が必要かな」

梨子「だめ。曜ちゃんはこっち」ギュッ

曜「わっ!」

梨子「ピアノよりも私を触ってよ」

曜「ピアノにヤキモチ妬いてるの?」

梨子「妬いてない」
833: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:44:09.19 ID:aWHbNmKo
曜「もー、ごめんって梨子ちゃん」ギュー

梨子「ふん」

曜「……好き」

梨子「そんなこと言っても許さないから」

曜「じゃあどうしたら許してくれる?」

梨子「……キス、して」

曜「……しないとダメかな?」

梨子「いやなの?」

曜「いやじゃないんだけど、その」

曜「梨子ちゃんへの愛しさが大変なことになっててさ」

曜「今キスしたら、何するかわかんないかも」

梨子「ふふ、奇遇ね」

梨子「私も、止まれそうにないかも」

曜「……好き」

梨子「……いいよ。来て」


ーーー
ーー
834: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:44:45.74 ID:aWHbNmKo
曜「あはは、なんだか恥ずかしいね」

梨子「そうね……」

曜「背中痛くない?」

梨子「大丈夫よ。曜ちゃんが優しくしてくれたから」

梨子「それにしても、用意がいいわね」

梨子「タオルや下着も持って来てるなんて」

曜「え、ま、まあね」

梨子「……もしかして、しようと思ってたの?」

曜「そ、そんなことないよ!」

曜「た、ただその、えっと、何が起こるかわからないし……」

梨子「……変態」

曜「うっ……」

梨子「全く、どうしようもないんだから、曜ちゃんは」ギュッ
835: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:45:23.53 ID:aWHbNmKo
曜「怒ってる?」

梨子「怒ってないよ」

梨子「だって、今、物凄く幸せなんだから」

梨子「こんなに楽しいの、初めてかもしれない」

曜「本当?」

梨子「うん」

梨子「生きてる時は、ずっと練習だったから」

梨子「恋って、本当に素敵なものなんだね」

梨子「私、曜ちゃんに会えて本当にーーッ」ビクッ

曜「梨子ちゃん?どうかしたの?」
836: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:45:58.45 ID:aWHbNmKo
梨子「……そっか、もう」

曜「え?」

梨子「ごめん、曜ちゃん」

梨子「多分、私に残された時間は、もう少ししかないみたい」

曜「そんな!?」

梨子「……一つだけ、わがまま言ってもいいかな?」

曜「なに?」

梨子「明日、夜に会いに来てくれない?」

梨子「学校はお休みだけど、最後に演奏会がしたいの」

梨子「私が弾けなかった曲を、曜ちゃんに聞いてほしい」

曜「……っ!」

梨子「いい、かな?」

曜「……うん」

梨子「……ありがとう、曜ちゃん」
837: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:46:26.60 ID:aWHbNmKo
梨子「そんな悲しい顔しないで」

梨子「最初から分かってたことでしょう?」

梨子「曜ちゃんには、笑顔が似合うよ」

曜「それは、梨子ちゃんもでしょ」

梨子「……そう、かな」

曜「……ねぇ」

梨子「ん?」

曜「左手、触ってもいい?」

梨子「別にいいけど、どうして?」

曜「……触りたいの」

梨子「……そっか」
838: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:46:59.05 ID:aWHbNmKo
~次の日~

曜「はぁっ、はぁっ、」

曜「良かった、間に合った」

梨子「汗びっしょりじゃない、大丈夫?」

曜「うん。ごめんね」

梨子「別にいいよ」

梨子「はい、飲み物」スッ

曜「え、これペットボトル……何処から持って来たの?」

梨子「自販機があるでしょ?」

曜「いや、あるけど……まあいいか。ありがとう」ゴクッ
839: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:47:35.51 ID:aWHbNmKo
梨子「それじゃあ、始めるね」

曜「…………」

梨子「…………」ペコリ

ポロン

~~~~♪

曜(綺麗な音……)

曜(聞いてるだけで、心に楽しさが伝わってくる)

曜(まるで、梨子ちゃんの気持ちがそのまま伝わってくるみたいに)

~~~~♪

曜(真剣だけど、楽しそう)

曜(梨子ちゃん、あんな風に演奏するんだ)

曜(……綺麗)

~~~~♪

……ポロン
840: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:48:13.43 ID:aWHbNmKo
梨子「ありがとうございました」ペコリ

パチパチパチパチ!!!

曜「凄いよ梨子ちゃん!」

曜「これなら、コンクールも優勝間違いなしだよ!」

梨子「ふふ、ありがとう」

梨子「最後に、曜ちゃんに聞いてもらえて良かった」

梨子「これで、心置きなくーー」

曜「待って」

曜「優勝した梨子ちゃんに、私からお祝いがあるの」

梨子「お祝い?」

曜「うん。これを、受け取って欲しいな」スッ

パカッ

梨子「……っ!?こ、これ!」

曜「婚約指輪、だよ」
841: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:48:50.37 ID:aWHbNmKo
曜「お小遣いと貯めてたお年玉で、なんとか買えたんだ」

曜「梨子ちゃんの指にちょうどハマるのを探してたら、結構時間かかっちゃってさ」

梨子「……っ、ばか」

梨子「ばか、ばかっ……ばかばかばかっ!」

梨子「なんで、なんでこんなもの!」

梨子「曜ちゃんのばかっ!」

梨子「私、消えるって、言ったよね」

梨子「こんなの、無駄じゃない」

曜「無駄なんかじゃない」

曜「これは、私の気持ちだよ」

曜「付けさせてもらうね」スッ

梨子「……っ」

キュッ
842: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:49:36.75 ID:aWHbNmKo
梨子「なんで、こんなことするのよ」

梨子「泣かないって、決めてたのに」

梨子「笑顔で、お別れだって、思って、たのに、」

梨子「っ、こんな、こと、ぐすっ、されたら、未練が、できちゃう、じゃない、」

梨子「きらい……曜ちゃんなんて、だいきらいっ、」

曜「ごめんね」ギュッ

梨子「うっ、っ、意地悪、」

梨子「恋人を泣かせて、何が、楽しいのよ、」

曜「……ごめん」

梨子「許さない、絶対、ぐすっ、許さない、から、」

梨子「絶対、また会って、文句、言うん、だから、」
843: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:50:25.98 ID:aWHbNmKo
梨子「……ぐすっ」

曜「…………」

梨子「浮気、したらだめだよ」

曜「うん」

梨子「他の子を好きになったらだめだよ」

曜「うん」

梨子「私のこと、忘れたら、だめだよ」

曜「約束するよ」

曜「私はずっと梨子ちゃんのことが好き」

梨子「……ばか」

梨子「ありがとう……嬉しかった」

梨子「曜ちゃんとの思い出、絶対に忘れないから」

曜「うん」

梨子「私も、ずっと大好きだよ、曜ちゃん」

グニャッ

曜「っ……!?」

曜(意識が、なんで、いきなり……)

曜(だめ……まだ、梨子ちゃんが、前に、)

グラッ

梨子「……さようなら、曜ちゃん」
844: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:50:55.52 ID:aWHbNmKo
~二ヶ月後~

千歌「よーちゃん、最近元気が出てきたね」

曜「え?どうしたの突然?」

千歌「いや、二ヶ月くらい前ってずっと落ち込んでたじゃん」

千歌「毎日目を真っ赤にして学校に来るし」

曜「あれ、そうだった?」

曜「いやー、寝不足だったのかなー」

千歌「ふーん、あの時は映画見て感動したとか言ってたけどね」

曜「そ、そう?あはは、忘れちゃったなー」
845: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:51:29.08 ID:aWHbNmKo
曜(あの日から、私は梨子ちゃんを見ていない)

曜(ピアノの音も、もう聞こえてこない)

曜(多分、もうこの世界にいないんだと思う)

曜(最初の内は未練たらしく、通っては毎日泣いていた)

曜(もう会えないんだって思うと、涙が出てくるの)

曜(でも、いつまでも泣いてなんかいられない)

曜(多分、今の私を梨子ちゃんに見られたら、怒られちゃうもん)

曜(だから、私も前を向いて歩こう)

曜(いっぱい頑張って、凄い人間になって)

曜(あの世で言ってやるんだ)

曜(梨子ちゃんの恋人は、こんなにも凄いんだって)
846: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:52:28.96 ID:aWHbNmKo
「今日は転校生を紹介するぞー」

千歌「転校生だって、珍しいね」

曜「うん、そうだね」

「よし、入ってきてくれ」

「はい」

ガラッ

千歌「おお、美少女だ!」

曜「え、本当?どれどれ……」

「じゃあ自己紹介を頼む」

梨子「桜内梨子って言います。皆さん、よろしくお願いします」

曜「ええっ!?」ガタッ
847: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:53:52.36 ID:aWHbNmKo
曜「な、なんで梨子ちゃんがここに……」

「なんだ渡辺、知り合いが?」

「彼女は本当はもっと前に転校するはずだったんだか、引っ越してきた時に病気が酷くなったみたいでな」

「一時休学にして、入院していたんだよ」

「二ヶ月程前に手術をして、ようやく学校に来れるようになったんだ」

曜「……本当なの?」

梨子「うん」

曜「でも、幽霊なんじゃ」

梨子「幽霊なんているわけないでしょ」クスッ

梨子「病院、抜け出して来てたの」

梨子「毎日不安で眠れなかったから」

曜「……そう、だったんだ」
848: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:54:23.81 ID:aWHbNmKo
「二人はどういう関係なんだ?」

梨子「んー、将来を誓い合った仲……です」

「え?」

梨子「えへへ、この指輪を見てください」

梨子「曜ちゃんがくれたんですよ」

曜「っ///」カァァァ

梨子「それに、曜ちゃんは私の命を救ってくれたんです」

梨子「怖くて手術が受けられなかった私に、生きる勇気をくれた」

梨子「そのおかげで、私は今、ここにこうしていられるんです」
849: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/04(日) 23:55:03.69 ID:aWHbNmKo
梨子「曜ちゃん、ちゃーんと責任取ってもらうからね」

曜「責任?」

梨子「うん。私の一生、貰ってもらうから」

梨子「もう取り消し出来ないわよ」

曜「……うん///」

梨子「指輪、本当に嬉しかった」

梨子「いっぱい、曜ちゃんに貰っちゃった」

梨子「だから、今度は私がたくさん、いろんなものを曜ちゃんにあげるね」

梨子「曜ちゃん、大好きだよ」

梨子「一生大切にしてくれないと、許さないんだからね」チュッ



千歌「曜ちゃんの好きな人幽霊なんだってさー」

果南「え……?」ブルッ
864: Ep52:入れ替わっちゃった!(やわらか銀行) 2018/11/05(月) 22:11:06.69 ID:E7/GTjFO
梨子(曜)「……あれ?」

梨子「ここ何処だろう?さっきまで自分の部屋にいたはずなのに」

梨子「って梨子ちゃんの部屋じゃんここ!」

梨子「いつの間に来ちゃったんだろう」チラッ

梨子「ん?」

梨子「あれ?」

梨子「梨子ちゃん?」

梨子「私、梨子ちゃんになってる!?」
865: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/05(月) 22:11:42.04 ID:E7/GTjFO
梨子「……ごくっ」フニッ

梨子「柔らかい……」フニフニ

梨子「なるほど、これは夢だね。ということは何してもいいんだよね」

梨子「ん……こほん」

梨子「曜ちゃん、私ね、曜ちゃんのことが大好きなの」

梨子「だからね、えへへ、曜ちゃんがしたいこと……なんでもしてあげる」

梨子「っ~~~~なーんて言っちゃったりっっっ!!」

梨子「せっかくだから録音しておこっと」

梨子「あ、スマホロックされてる」

梨子「0419……と」ポチポチ

梨子「おおー、開いた」

梨子「やっぱり夢の中だねー」
866: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/05(月) 22:12:55.95 ID:E7/GTjFO
prrr

梨子「ん?電話?」

梨子「曜ちゃんから……って私?」

梨子「もしもしー?」

曜(梨子)『もしもし、曜ちゃん!?』

梨子「そうだけど、もしかして梨子ちゃん?」

曜『うん!なんでか分かんないけど、私たち入れ替わっちゃったみたいなの!』

梨子「なるほどねー」

曜『とりあえずお互いにバレないように振る舞おう』

曜『怪しまれないように、私は今日はすぐ寝ちゃうから!』

梨子「うん、分かった」

曜『それと、机の上の日記帳は絶対見ないでね!絶対だよ!』

梨子「了解ー、日記帳ってこの水色のやつだよね?」

曜『うん、それだよ』

梨子「◯月×日、今日は曜ちゃんと手を繋いだ。胸の音が凄くうるさかった。顔が赤いのバレてなかったよね?」

曜『読まないで!曜ちゃん、分かった!?』

梨子「はいはーい」
867: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/05(月) 22:13:32.03 ID:E7/GTjFO
梨子「どれどれー」ペラペラ


◯月△日
飛び込みで疲れてた曜ちゃんに膝枕しちゃった。
みんなのヒーローの曜ちゃんも、その時だけは私だけの曜ちゃんだった。
えへへ、曜ちゃんの寝顔たくさん堪能しちゃった。
曜ちゃん、大好き。ちゅっ♡。


梨子「おおー、流石私の夢」

梨子「梨子ちゃんメロメロじゃないですか」

梨子「よーし、お返事書いておこうっと」

梨子「『私も好きだよ。ちゅっ♡』と」カキカキ

梨子「他のページも全部私のことだしなー」

梨子「全部お返事書こうかな」カキカキ
868: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/05(月) 22:14:15.52 ID:E7/GTjFO
梨子「ん、このノートは?自作の小説?」

梨子「『堕ちていく天才ピアニスト~逃げ場のない船上~』……どんな内容なんだろう」

梨子「ふむふむ……おおー」

梨子「梨子ちゃんが私に無理やり襲われてる」

梨子「夢の中の梨子ちゃんはマゾなんだねー」

梨子「いやー、本物の梨子ちゃんがこれ書いてたら興奮しちゃうなー」

梨子「あー、せっかくだし夢の中でしかできない何かをしたい」

梨子「そうだ、梨子ちゃんの姿でしよっと」

梨子「何か道具も……お!押入れの中に発見!」

梨子「後はスマホで動画とりながらっと」

梨子「ん……こほん」

ポチッ

梨子「はじめまして、曜ちゃんのことが大好きな桜内梨子です」

梨子「今日は、曜ちゃんのことを想いながらしちゃいたいと思います」


ーーー
ーー
869: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/05(月) 22:14:41.99 ID:E7/GTjFO
曜「ん……?」

曜「もう朝?」

曜「あ、元に戻ってる!」

曜「当たり前か。夢だし」

曜「はー、楽しかったなーまた見たいなー」

「曜ー!起きなさいー!朝ごはんできてるわよー!」

曜「はーい!」

曜「よーし、今日も一日頑張りますか!」
870: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/05(月) 22:15:16.21 ID:E7/GTjFO
~教室~

曜「お、梨子ちゃん発見!」

曜「梨子ちゃん、おはヨーソロー!」

梨子「おはヨーソロー、じゃないわよ!」

曜「え?」

梨子「曜ちゃんのばかっ!あほっ!変態!すけべ!すけこましっ!」

梨子「私のスマホで何撮ってるのよ!」

曜「え……?」

梨子「あ、あんな……あんな、へ、変態な動画!」

梨子「し、しかも曜ちゃんのこと好きっていいながらっ!」

梨子「信じられない!この変態!」パシーン
871: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/05(月) 22:16:26.21 ID:E7/GTjFO
曜「え、あ、嘘、あれ夢じゃないの?」

梨子「夢じゃないわよ!昨日電話したでしょ!」

曜「う、嘘……」サァァァァ

曜「で、でも、おかしいよ!だって梨子ちゃんのスマホの暗証番号、私の誕生日だったよ!?」

梨子「っ///」

曜「日記も全部私のことばっかりだったし!」

曜「しかも私と梨子ちゃんを題材にしたえっちなしょうせーー」

梨子「ば、ばかー!」パシーン

梨子「もー!曜ちゃんのばかばかばかー!」

梨子「こんなのもうお嫁にいけないじゃないー!」

梨子「責任取って貰いなさいよ!ばかー!」パシーン

曜「え、つまり、梨子ちゃんって私のこと好きなの?」ヒリヒリ

梨子「っ~~~///」

梨子「曜ちゃんのばかーーーー!」パシーン



ルビィ(善子)「ルビィの部屋……私の写真ばっかりじゃない……」ガタガタ

善子(ルビィ)「……この姿なら、ルビィの方が力が強いよね?」

ルビィ(善子)「ひっ!?」
880: Ep53:好きになったら、だめなんですか?(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:36:21.40 ID:M51wfI9E
「渡辺先輩のことが好きです!付き合ってください!」

曜「ありがとう、嬉しいよ」

曜「でもごめんね、私は君のこと、友達としか思えないの」

「っ……そんな」

曜「これからも、友達でいようね」

「……はい」
881: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:37:18.73 ID:M51wfI9E
曜(少し優しくしたりするだけで惚れちゃうんだから、人間って単純だよね)

曜(やっぱり楽しいな、人を好きにさせるのは)

曜(次はどの子にしようかなー)

「転校生を紹介するぞー」

梨子「東京から転校してきた、桜内梨子です。よろしくお願いします」ペコリ

曜「……へぇ」

曜(東京の子かぁ、結構可愛いね)

曜(大人しそうで全然恋愛も知らなさそう)

曜(よし決めた、次はあの子に決定)
882: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:37:52.05 ID:M51wfI9E
曜「初めまして、梨子ちゃん」

梨子「は、初めまして」

曜「私は渡辺曜。曜ちゃんって呼んでね」

梨子「え、えっと……曜、ちゃん」

曜「うん!」

曜「まだ来たばっかりで慣れてないよね」

曜「私が学校を案内するよ」ギュッ

梨子「あ……っ///」

曜(手を繋いだくらいで赤くなるんだ)

曜(これは簡単に堕とせそうだなー)
883: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:38:32.06 ID:M51wfI9E
曜「梨子ちゃんは何か好きなものあるの?」

梨子「ピアノ、かな」

曜「弾けるんだ?」

梨子「ちょっとだけだよ」

曜「そうなの?聞いてみたいな」ギュッ

梨子「きゃっ!?」

曜「ねえ、梨子ちゃん」

梨子「か、かお、ちかっ……///」

曜「ん?」

梨子「わ、分かった!分かったから///」

曜「ありがとう、梨子ちゃん」

曜「じゃあ音楽室に行こうか」ギュッ

梨子「っ///」

曜(やっぱり近い距離間に慣れてないんだね)

曜(顔真っ赤にしちゃって、可愛いなぁ)
884: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:39:08.39 ID:M51wfI9E
~~~~♪

梨子「どう、だった?」

曜「上手だったよ」

曜「感動しちゃった」

曜「梨子ちゃんは凄いんだね」

梨子「そんなことないよ」

曜「ううん、そんなことあるよ」

曜「私、梨子ちゃんのこともっと知りたくなっちゃった」

梨子「え?」

曜「今週デートしよっか」

曜「土曜日と日曜日どっちがいい?」

梨子「いや、えっと……」

曜「私は土曜日がいいんだけどいいよね?」

梨子「あ、うん……」

曜「よし、決まり」

曜「じゃあ、駅に10時に集合ね」
885: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:39:51.03 ID:M51wfI9E
~土曜日~

曜「あーん」

梨子「あ、あーん///」パクッ

曜「ここのケーキ美味しいでしょ?」

梨子「うん……///」



曜「この服似合うんじゃない?」

曜「着てみてよ」

梨子「え、でも」

曜「大丈夫、梨子ちゃんなら何着ても絶対可愛いから!」

曜「ほらほら、早く」

梨子「///」



曜「梨子ちゃんは恋愛映画好き?」

梨子「好き……だよ」

曜「私も好きだよ」

曜「それに、参考にもなるしね」

曜「これから梨子ちゃんと一緒にいる時のさ」

梨子「え、えっと……っ///」

曜「ふふ、半分くらい冗談だよ」

曜「でも、もう半分は……分かんないよ?」ギュッ

梨子「///」
886: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:40:49.60 ID:M51wfI9E
曜「あー、楽しかった」

曜「梨子ちゃんといると時間があっという間だよ」

曜「梨子ちゃんはどうだった?」

梨子「楽しかった……です」

曜「そっか、良かった」

曜「それじゃあさ、最後にもっと楽しいところいく?」

梨子「え、それって……」

曜「ホテルだよ。沼津だと仲のいい子がホテルに行くのは普通なんだ」

曜「来てくれるよね、梨子ちゃん?」ギュッ

曜(はい、堕ちた)

曜(簡単すぎるなー、やっぱり)

梨子「ごめんなさい……!今日は、もう帰らないと」

曜「え?」

梨子「じゃ、じゃあまた明日ね、曜ちゃん!」ダッ

曜「……嘘」

曜「タイミングが早すぎた?いや、そんなわけ……」

曜「……ふふ、ちょっと面白くなってきたね」

曜「絶対私に惚れさせてあげるよ、梨子ちゃん」
887: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:41:19.12 ID:M51wfI9E
~一ヶ月後~

曜「……なんで?」

曜「なんで梨子ちゃんは私に靡かないの?」

曜「あんなに顔真っ赤にしてるのに」

曜「しかも、最近はなんだか私といると辛そうにしてる」

曜「直接聞いてみようかな」

曜「うん、そうしよう」
888: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:42:06.14 ID:M51wfI9E
曜「ねえ、梨子ちゃん」

梨子「なに?」

曜「なんで最近、そんなに辛そうな表情してるの?」

梨子「っ……別に、そんな表情……」

曜「元気出してよ」ギュッ

梨子「…………」

曜「ほら、やっぱり」

曜「辛いことがあるなら教えてよ」

曜「力になるからさ」

梨子「……ない、よ」

曜「ふーん、そっか」

曜「それとね、もう一つ聞きたいことがあるんだ」

曜「梨子ちゃん、どうして私のことを好きになってくれないの?」

曜「私は、こんなに梨子ちゃんのこと好きなのに」ギュッ
889: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:42:45.91 ID:M51wfI9E
梨子「……てよ」

曜「え?」

梨子「やめてよ」

曜「……?」

梨子「心にも思ってないこと、簡単に、言わないでよ」

曜「梨子、ちゃん?」

梨子「好きにならない理由なんて、なんで聞くの?」

梨子「そんなの、簡単じゃない」

梨子「だって、曜ちゃん、私が、ぐすっ、好きに、なったら、離れ、ちゃうんでしょ?」

曜「!」

梨子「酷いよ、こんなの、酷い、よ」

梨子「好きなのに、言えないなんて、こんな、の、」

梨子「っ!」ダッ

曜「まっーー」

タタタタタ
890: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:43:18.79 ID:M51wfI9E
曜「……梨子ちゃん、泣いてた」

曜「私のせい、だよね」

曜「そっか、バレてたんだ」

曜「それじゃあ仕方ないよね、堕とせなくても」

曜「……あれ、なんでだろう、心が、痛い」

曜「なんで、涙が、出て、」

曜「……ばか」

曜「私は、本当、ばかだ」

曜「梨子ちゃんを傷付けて、やっと分かった」

曜「私のしてきたことが、最低だったことに」

曜「梨子ちゃんのことが、好きだってことに」

曜「……謝らないと」

曜「それで、許してもらえるなら、私から……」
891: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:43:58.69 ID:M51wfI9E
曜「ここにいたんだ、梨子ちゃん」

梨子「……さっきはごめんね」

梨子「いきなり泣いちゃって」

曜「ううん、むしろ、私の方が謝らないと」

曜「ごめん、梨子ちゃん」

曜「私、最初は梨子ちゃんを惚れさせて遊ぼうとしてた」

曜「最低だった。梨子ちゃんを傷付けて、初めてそれに気付いたんだ」

曜「本当に、ごめん」

梨子「曜ちゃん……」

曜「虫のいい話かもしれないけど、聞いてほしい」

曜「私、梨子ちゃんのことがーー」
892: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:44:44.73 ID:M51wfI9E
曜「…………っ!」

曜(あれ、言えない?)

曜(なんで?)

曜(好きっていうだけなんだよ?いつも言ってたでしょ?)

曜(ほら、早く言わないと)

曜(でも、断られたらどうしよう)

曜(今までの関係が壊れたら)

曜(……怖い)

曜(告白するのが、怖い)

曜(みんな、こんなことしてたんだ)

曜(っ、言わないと)

曜(言え、言えっ!言えっ!!)

曜「っ、す、好き、です」

曜「だ、だから、わ、わたし、と、その、つ、付き合って、く、くだ、」

梨子「……っ、ふふっ」クスッ

曜「え?」
893: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/06(火) 22:45:23.68 ID:M51wfI9E
梨子「ごめんね、でも、なんだか凄く新鮮だったから」

曜「新鮮?」

梨子「うん。曜ちゃんっていつも余裕の表情だったけど、今は恋する普通の女の子なんだもん」

曜「い、言わないで///」

梨子「……私と、同じだね」

曜「え?」

梨子「私も、曜ちゃんのことが好き」

曜「!」

梨子「えへへ、やっと言えた」

梨子「ずっと、言いたかったんだもん」

曜「……ごめんね、待たせちゃって」

梨子「いいよ、その分、これからたくさん言うんだから」

梨子「大好きだよ、曜ちゃん」

曜「えへへ、私も梨子ちゃんのこと、だーいすき」



鞠莉「後輩は素直になったけど、果南はいつ素直になるんでしょうねー?」

果南「……うっさい」
905: Ep54:勇者と魔法使い(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:48:52.35 ID:KWjPqIQP
「えーん、えーん!」

「こんにちは。どうして泣いてるの?」

「え……?な、なんでここに人が?」

「うーん、たまに遊びに来る森だし、なんでと言われても」

「……ごめんなさい。すぐに出て行くね」

「いや、いいよ。ここはみんなの森だし」

「……うん」

「私は曜。曜ちゃん、って呼んでね」

「曜ちゃん……」

「それで、どうして泣いてたの?」

「お父さんに、酷いことされるの。もうあんなところ帰りたくない」

「そうなんだ……じゃあ私の家に来る?」

「……だめ。絶対に、帰らないといけないから」

「そんなの倒しちゃえばいいんだよ」

「無理だよ。お父さん、世界で一番強いから」

「それじゃあ、私がいっぱい修行して、世界で一番強くなって、助けに行くね!」

「え?本当に?本当に、助けてくれるの?」

「本当だよ。そうしたら、私の家に来られるもんね」

「……約束だよ、待ってるから」

「うん!」
906: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:49:32.99 ID:KWjPqIQP
~10年後~

曜「今日から勇者として旅立つぞー!」

曜「まずは仲間を集めないとね!」

梨子「あの、勇者様ですよね?」

曜「ん?君は?」

梨子「私は梨子っていいます。もしよければ、勇者様のパーティーに加えてもらえないでしょうか?」

梨子「こう見えても魔法に自信があります」

曜「いいよ!」

梨子「え、いいんですか?」

梨子「こんなに簡単に?」

曜「うん!こういうのは直感が大切だからね」

曜「よろしくね、梨子ちゃん」

梨子「よろしくお願いします」

梨子「……曜ちゃん」

曜(あれ、私名乗ったっけ?)

曜(まあいいか)
907: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:50:20.94 ID:KWjPqIQP
~とある洞窟~

梨子「ファイヤーボール!」

ドーン!

曜「おお!梨子ちゃん凄い!」

曜「敵が一気に消し炭になった!」

梨子「こんなの、大したことじゃないよ」

曜「ううん、凄いよ!」

曜「この力で、世界のみんなを救おう!」

曜「魔王を倒すんだ!」

梨子「……うん」
908: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:51:23.71 ID:KWjPqIQP
~野宿~

パチパチパチパチ

曜「こうやって火をたくのも、『冒険に出たー!』って気分になって楽しいね」

梨子「途中から嫌になると思うよ」

曜「なるわけないよ。だって梨子ちゃんが一緒だと楽しいんだもん!」

梨子「……///」

曜「そうだ、梨子ちゃんはなんで私についてきたの?」

曜「梨子ちゃんぐらいの強さがあれば、お城で宮廷魔術師にもなれるんじゃない?」

梨子「冒険に、出たかったの」

曜「冒険に?」

梨子「うん。いつも家の中にいたから、外の世界を見たかった」

梨子「だから、かな」

曜「そうなんだ。じゃあ、いっぱいいろんな世界を見ないとね」

梨子「うん」
909: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:52:05.57 ID:KWjPqIQP
~vs四天王~

曜「せやぁっ!」ズバッ

「グァァァァァァッッッ!」ドターン

曜「ふぅ、結構苦戦したね」

梨子「曜ちゃん、凄い」

曜「え?何が?」

梨子「だって、魔王軍の四天王を倒したんだよ?」

曜「梨子ちゃんが手伝ってくれたからだよ」

梨子「そんなことない。私の魔法は全然効いてなかったから」

曜「そんなことないと思うけどなー」

梨子「曜ちゃんなら、もしかしたら……」

曜「ん?何?」

梨子「ううん、なんでもないよ」
910: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:52:38.10 ID:KWjPqIQP
~ダンジョン~

曜「こっちも行き止まりかー」

曜「どうしよう、このままだと食料が尽きちゃうね」

梨子「……ごめん、なさい」

梨子「私が、私が罠にかかったせいで……」グスッ

曜「梨子ちゃんのせいじゃないよ」

曜「私が前にいても変わらなかったからさ」

梨子「で、でも、このままじゃ……」

曜「大丈夫だって、なんとかなるから」

曜「梨子ちゃんと一緒なら、なんだってできる気がするもん」

曜「こんなの余裕だよ、余裕」

梨子「……曜ちゃん」

梨子「……ありがとう」ギュッ
911: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:53:08.23 ID:KWjPqIQP
~宿屋~

曜「あー、久しぶりに疲れた」

曜「回復魔法、ありがとうね、梨子ちゃん」

梨子「ううん、私の方こそありがとうだよ」

梨子「動けなくなった私を背負ってくれて……」

梨子「……なんで、置いて行かなかったの?」

曜「そんなの、私が梨子ちゃんといたいからに決まってるじゃん」

梨子「っ……ずるい。そんなこと言われたら、なんにも言えないよ」

曜「えへへ、勇者ってずるいんだよ」

曜「だから梨子ちゃんよりも先に寝ちゃうんだよね、おやすみー」

梨子「……ばか」

梨子「おやすみ、曜ちゃん」

梨子「……さて、と」
912: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:53:40.71 ID:KWjPqIQP
「いかに勇者様が強くても、寝てる間は無防備よね」

「ふふ、骨抜きにしてあげる」

梨子「《メガフレア》」

「イヤァァァァァァァッッ!!!」

梨子「全く、曜ちゃんに変なことをしようだなんて許さないんだから」

梨子「曜ちゃんはこういうのに弱そうだから、私が守ってあげないとね」

梨子「……そう、私が守るの」

梨子「曜ちゃんを、あいつから」

梨子「そのために私は強くなった」

梨子「誰にも負けないくらい、強く」
913: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:54:15.57 ID:KWjPqIQP
~vs四天王~

曜「これで最後、かな」

曜「後は魔王を倒して、世界を救うだけ」

梨子「……そうだね」

梨子「ねぇ、曜ちゃんはどうしてこんなに強くなったの?」

曜「うーん、分かんない」

曜「でも、昔約束した気がするんだ」

曜「強くなって、助けるって」

梨子「!」

曜「だから、いっぱい修行したんだと思う」

曜「ってこれじゃあ意味わかんないよね、ごめん」

梨子「……ちゃんと消したはずなのに、覚えててくれたんだ」ボソッ

曜「ん?何か言った?」

梨子「ううん、なんでもないよ」

梨子「最後の戦いも、頑張ろうね」
914: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:55:10.98 ID:KWjPqIQP
~玉座~

曜「魔王、観念しろ!」

曜「お前を倒して、世界を救う!」

「脆弱な人間風情がよく吠えるな」

「梨子!遊びは終わりだ!こちらに戻ってこい!」

梨子「……いやよ」

梨子「私はこの場であなたを倒す」

曜「どういうこと?」

梨子「私は、魔王の娘なの」

梨子「でも、考え方に付いていけなかった」

梨子「嫌なことも、たくさんされた」

梨子「だから、あいつを倒すために曜ちゃんと一緒に旅をしてた」

梨子「騙してて、ごめん」

曜「いいんだよ。梨子ちゃんは梨子ちゃんだもん」

梨子「……ありがとう」

曜「背中は預けたよ!」

梨子「うん!」

「……友情ごっこか、ははは、面白いな」

「やれ、梨子」

グチャッ!

曜「か、はっ、」ドサッ

梨子「……え?」ピチャ
915: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:55:53.63 ID:KWjPqIQP
梨子「な、なんで、私、」

「ははは、幼い頃から魔術でお前を操っていたのだ」

梨子「うそ……いや、いやぁ!」

梨子「しっかりして、曜ちゃん!」

「無駄だ。人間は脆いからな」

「やはり楽しいな、他人が泣き叫ぶ姿を見るのは」

梨子「っ、ぅ、ぁ、ぁぁっ、」

梨子「守るって、決めたのに、」

梨子「なんで、なん、でぇ、」

曜「……梨子ちゃんを、泣かせたな」ググッ

「なんだと……!?その傷で、何故!」

「怒りか……?友情ごときのために……」

曜「友情じゃ、ない!」

曜「私のは……愛情だっ!」

曜「やぁぁぁぁぁぁぁっっっ!!」ズバッ

「ぐぁぁぁぁっっっ!!!」

「ばかな……この私が……人間に……!」
916: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:56:28.62 ID:KWjPqIQP
曜「えへへ、やったよ、梨子ちゃん」

梨子「っ、ばかっ!なんで、こんなにボロボロになってまで、戦うの!」

梨子「なんで、私なんかのために……!」

曜「……昔、約束したでしょ」

梨子「え?」

曜「私が一番強くなって、梨子ちゃんを助けるって」

梨子「っ!覚えて、たんだ」

曜「当たり前だよ」

曜「でも、ちゃんと思い出したのは魔王と戦ってから、かな」

曜「約束、果たせて良かったな」

梨子「……ありがとう。曜ちゃん」
917: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/07(水) 22:57:16.98 ID:KWjPqIQP
曜「よし、完全回復」

曜「やっぱり梨子ちゃんの魔法は凄いね」

梨子「そう、かな?」

曜「うん!」

曜「それじゃあ、魔王も倒したし、私の家に行こうか」

梨子「え?」

梨子「みんなに報告はしなくていいの?」

曜「うーん、まずは私の両親に報告がいるかなって」

梨子「え?魔王を倒したって?」

曜「ううん、梨子ちゃんがお嫁に来るって」

梨子「え?///」

曜「お家に来るって約束したもんね」

梨子「ま、待って、それってそういう意味で///」

曜「いやまあ、梨子ちゃんのこと好きだし……ほら、私勇者じゃん?」

曜「だったら、少しくらい我儘言ってもいいかなって」ギュッ

梨子「っ……///」

曜「梨子ちゃん、来てくれるよね?」

梨子「ふ、不束者ですが、よろしく、お願いします///」



花丸「魔王様が死んだずら」

千歌「人間の街に移住しようか」
924: Ep55:喧嘩(やわらか銀行) 2018/11/08(木) 23:34:38.75 ID:FNUqYjWb
パシーン!

梨子「曜ちゃんのバカ!浮気者!」

曜「いきなり叩かないでよ!」

曜「別にいいじゃんこれくらい!」

梨子「っ、私はいやだもん!」

梨子「もう曜ちゃんなんて知らない!」

曜「あ、ちょっと!どこ行くの!」

梨子「もう出てく!ばか!」

曜「まっーー!」

バタン!
925: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/08(木) 23:35:15.46 ID:FNUqYjWb
~数日後・居酒屋~

曜「うっ、うううっ、ぅっ、がなんぢゃぁぁぁぁん!」

果南「いきなりこんなところに呼び出してどうしたの?」

果南「いやまあなんとなく分かるけど……」

曜「梨子ちゃんがぁっ、梨子ちゃんがいえでじじゃっだのぉっ!」

曜「ぜんぜんっ、がえっで、ごなぐでっ、ひぐっ、でんわもっ、でて、くれないっ、」

曜「うっ、ぐずっ、わたじっ、ぎらわれじゃっだっ、」

曜「ぅ、ひぐっ、えっ、ぇぐっ、」

果南「そっか」
926: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/08(木) 23:35:44.68 ID:FNUqYjWb
果南「なんで梨子ちゃんは出て行ったの?」

曜「わだじがっ、りこじゃんに、ひどいごと、ぐすっ、したからっ、」

果南「何したの?」

曜「こうはいのこにっ、おちゃに、さそわれで、それで、いっちゃったの、」

曜「うっ、ううぅっ、ぇぐっ、」

果南「うーん、まあ、確かにそれくらいならって思うかもだけどさ」

果南「曜は梨子ちゃんと付き合ってるわけだし」

果南「他の子と軽率に遊びに行くのはーー」

曜「うぇぇぇぇぇぇぇんんんりごちゃんごめんなざぃぃぃぃぃぃっっっ」

果南「…………」
927: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/08(木) 23:36:10.12 ID:FNUqYjWb
曜「やだぁ、やだよぉ、」

曜「りこちゃんが、ぐずっ、いないとっ、なんにも、できないよぉ、」

果南「曜はモテるんでしょ?」

果南「他の子じゃいけないの?」

曜「やだぁっ、りごちゃんじゃないと、だめなのっ、」

曜「ぅぅぅ、もどってきてぇ、りこじゃぁん、ぐすっ、」

果南「はぁ……そろそろ許してあげたら、梨子ちゃん」

曜「え……?」

梨子「……///」
928: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/08(木) 23:37:01.78 ID:FNUqYjWb
曜「り、梨子ちゃん……?」

梨子「曜ちゃん……その、ごめん、ね」

梨子「私も良くなかったと思う……ヤキモチ妬いて、すぐ感情的になっちゃった」

梨子「でも、曜ちゃんが他の子と二人で遊びに行くのは、いや、だもん……」

曜「うぇぇぇぇぇぇんんんんっっっ」ギュッ

曜「りごじゃぁん、ごめんなざいっ、」

曜「すてないでぇっ、」

梨子「っ///も、もぅ///曜ちゃんは、し、しょうがないんだから///」

梨子「……今回は許してあげる///」ギュー

曜「ぅっ、ぐすっ、っ、りこじゃあん」ギュー

梨子「全く///曜ちゃんは私がいないとダメダメなんだから///」

梨子「えへへ///」



果南「疲れたー。あの二人もいろいろ大変だねー」

花丸「なんで毎日マルの家にくるずら……」
935: Ep56:文通と恋(SB-iPhone) 2018/11/09(金) 23:35:11.19 ID:2F03rAn6
リリちゃんへ

文通を始めてからそろそろ2年ぐらい経つのかな?

少しずつ温かくなってきたけど、まだまだ寒くてベッドから出るのが大変だよー。

この前そのせいでバスに乗り遅れちゃったし。

リリちゃんが毎日起こしに来てくれれば寝坊もしないんだけどなー。

東京は寒いの?この前大雪でニュースになってたけど大丈夫だった?

風邪ひかないように注意してね。

それと、私が風邪ひいたら看病に来てね!
936: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/09(金) 23:35:40.06 ID:2F03rAn6
千歌「よーちゃん、また文通?」

曜「うん!リリちゃんに出すんだ!」

曜「はー、返事が来るのが楽しみだなー」

千歌「そんなにすぐ来ないでしょ」

曜「まあそうだけど……でも楽しみだもん!」

曜「いつか会いたいなー」

千歌「何処に住んでるんだっけ?」

曜「東京だよ!」

曜「凄くお洒落で、綺麗な子なんだろうなー」

千歌「曜ちゃんそればっかりだよねー」

千歌「もしかして、好きなの?」

曜「……そ、そんなんじゃないって///」
937: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/09(金) 23:37:28.00 ID:2F03rAn6
~数日後~

曜「ただいまー」

曜「手紙来てる!リリちゃんからだ!」


ユウちゃんへ

こっちもまだ寒いよ。ユウちゃんは寒がりだから、大変だよね。

寒い時はね、手を繋ぐと温かくなるよ。

一緒の学校に通えたら、手を繋いで登校ができるのに。

ふふ、なーんて、このやり取りも何回目だろうね。

風邪はひいたらだめだよ。私が心配して、眠れなくなっちゃうから。

それとね、実は私、引っ越すことになったの。

何処へ行くと思う?

それはね、なんと、ユウちゃんと同じ沼津です。

向こうで落ち着いたら、ユウちゃんに会いたいな。

えへへ、ユウちゃんってどんな人なんだろう。

会うのが楽しみだな。


曜「リリちゃん、沼津に来るの!?」

曜「どうしよう、凄く嬉しい!」

曜「……私も、会いたいな」
938: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/09(金) 23:38:08.32 ID:2F03rAn6
「転校生を紹介するぞー」

千歌「転校生だって!曜ちゃん!」

曜「楽しみだねー」

曜(リリちゃんもそのうち転校してくるのかな)

曜(うーん、でも多分内浦には来ないよね)

梨子「東京から転校してきました、桜内梨子です」

曜「……綺麗」

曜(東京の子って、あんなに綺麗なんだ)

曜(……って何見惚れてるの私!)

曜(私はリリちゃん一筋なんだから)

「席は渡辺の隣な」

曜「よろしくね、梨子ちゃん」

梨子「よろしくお願いします……えっと、」

曜「渡辺曜だよ。曜ちゃんって呼んでね」

梨子「よ、曜……ちゃん///」
939: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/09(金) 23:38:58.12 ID:2F03rAn6
~数日後~

曜「へー、じゃあ梨子ちゃんは千歌ちゃん家のすぐ隣に住んでるんだ」

梨子「うん。曜ちゃんは遠いんだっけ?」

曜「そうなんだよ。だから朝早く起きないといけなくて」

ビュォォォォォォォッ

曜「……さむっ」

曜「春の天気じゃないよこれ……」

梨子「確かに寒いよね」

曜「…………」

ギュッ

梨子「え?」

曜(あれ、私、何やって……)

曜(これ、リリちゃんとしたかったことなのに……)

梨子「曜、ちゃん?」

曜「寒い時は手を繋ぐといいんだって」

曜「どう、温かくなった?」

梨子「……うん///」

梨子「……凄く、あったかい///」ピトッ

曜「っ///」
940: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/09(金) 23:40:40.98 ID:2F03rAn6
~数日後~

曜「……なんて、返せばいいんだろう」

曜「あれだけリリちゃんに会いたかったのに、今はもう合わせる顔がない」

曜「リリちゃんのことが、好きだったはずなのに」

曜「なんで、梨子ちゃんのことが、こんなに気になって……」

曜「……謝ろう、リリちゃんに、ちゃんと」



リリちゃんへ

ごめん。リリちゃんに、言っておかないといけないことがあるの。

私、好きな人ができたんだ。

リリちゃんと同じで、東京から転校して来た子なの。

ずっと、私はリリちゃんのことが好きだった。

でも、今は、多分その子の方が好きになっちゃってる。

もう、リリちゃんに合わせる顔がない。

ごめん。本当にごめん。
941: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/09(金) 23:41:27.48 ID:2F03rAn6
ユウちゃんへ

謝らないといけないのは、私の方だよ。

私も、ユウちゃんのことが好きだった。

でも、今は他に好きな人ができたの。

まだ会ってからそんなに日が経ってないけど、臆病で、引っ込み思案な私の手を引いて、いろんな景色を見せてくれる人なの。

みんなの人気者だから、多分私は相手にされないと思う。

でも、好きになっちゃったから、頑張りたいの。

来週、告白しようと思ってる。

ごめんね、ユウちゃん。

会えるの、本当に楽しみにしてたの。

でも、お互いのけじめのために、もう文通も終わりにしよう。

今までありがとう、ユウちゃん。
942: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/09(金) 23:42:10.30 ID:2F03rAn6
~数日後・放課後~

曜「ごめんね、急に呼び出して」

曜「梨子ちゃんに渡したいものがあって」

梨子「ううん、平気だよ」

梨子「私も曜ちゃんに渡したいものがあったから」

曜「それなら丁度良かった」

曜「じゃあ、同時に渡そうか」

梨子「うん」

曜(……リリちゃんと文通してた時の便箋)

曜(これでラブレターを書くことになるなんて、思わなかったな)

曜(今までありがとう、リリちゃん)

曜(……さようなら)

ようりこ「「これ、受け取ってください」」
943: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/09(金) 23:43:13.29 ID:2F03rAn6
曜「……ん?手紙?」

梨子「え?」

曜「あれ、その色……」

梨子「絵柄、見覚えが……」

曜「も、もしかして……リリ、ちゃん?」

梨子「え!?な、なんでその名前……」

梨子「……ユウちゃん、なの?」

曜「え、ほ、本当に!?」

曜「……これは、なんというか、その」

梨子「……普通、気付くんじゃないの?」

曜「え?」

梨子「手紙と同じタイミングで、転校して来たら」

曜「その……なんというか、一目惚れしちゃって頭が回らなかったの」

梨子「///」

曜「それを言うなら、梨子ちゃんだって、私が手を繋いだの……梨子ちゃんからの受け売りだよ」

梨子「……嬉しくて、真っ赤になってたの」

梨子「何にも考えられないわよ」

曜「///」
944: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/11/09(金) 23:43:57.60 ID:2F03rAn6
曜「でも、すごい偶然だよね」

曜「文通で好きだった人に一目惚れなんてさ」

梨子「それもお互いに……ね」

梨子「告白の仕方も同じだし」

曜「ふふ、こういうのもなんだか嬉しいね」

梨子「えへへ、小さな幸せ、だね」

曜「この後どこ行こうか?」

梨子「待って、まだ返事を聞いてないよ」

曜「そうだった。じゃあ、お手紙に書くね」

梨子「もー、すぐに手紙にするんだから」

曜「梨子ちゃんも同じこと考えてたでしょ?」

梨子「……あたり」

曜「じゃあまた明日、放課後に」

梨子「うん。楽しみにしてるね」

曜「さようなら、リリちゃん」

梨子「うん。さようなら、ユウちゃん」



ダイヤ「果南さん、こちら返事になります」

果南「お願いだからメールで送って……」
951: Ep57:好きって10回言って(やわらか銀行) 2018/11/10(土) 22:43:48.91 ID:3Em1HMaJ
曜「梨子ちゃん!梨子ちゃん!」

梨子「どうしたの?」

曜「『好き』って10回言って!」

梨子「好き……」

梨子(これ、引っ掛けのやつだよね)

梨子(うーん、答え知らないやつだ)

梨子(まあ、曜ちゃん楽しそうにしてるし、いいかな)

梨子「うん、いいよ」

梨子「好き、好き、好き、好き、好き、好き、好き、好き、好き」

梨子「好き」

梨子「はい、10回言ったよ」

曜「えへへー、私も好き///」

梨子「っ///もー、ばかぁ///」


ルビィ「……好き、って言ってくれないんですか?」

果南「……まあ」
952: Ep58:百合営業 その6(やわらか銀行) 2018/11/10(土) 22:44:29.45 ID:3Em1HMaJ
果南「ねえ」

善子「何よ」

果南「熱いからなんとかしてくれない?」

善子「あの二人にいいなさいよ」

梨子「よ、曜ちゃん……みんな見てるよ///」

曜「そうだね。でももうちょっと充電させて」ギュー

梨子「も、もー///曜ちゃんてば///」

曜「梨子ちゃんは、私に抱きつかれるのはいや?」

梨子「ううん、嬉しい……よ///」

曜「良かったー」

果南「この前のライブからいつもいちゃついてるよね」

善子「人目を気にしなくなってきたわね」
953: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/10(土) 22:44:57.27 ID:3Em1HMaJ
鞠莉「でも、あれのおかげで私たちの知名度も上がってるのは事実なのよねー」

千歌「一気に再生数増えたよね」

ルビィ「SNSでも、曜さんと梨子さんについて話してる人がいっぱいいるし……」

花丸「この前も写真が回ってきたずら」

ダイヤ「入学希望者も増えていますし……少しくらいなら見逃すしかないでしょう」

曜「よーし、充電完了ー!」

曜「今日もお泊りに来るよね?」

梨子「……うん///」
954: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/10(土) 22:45:28.11 ID:3Em1HMaJ
~帰り道~

ギュッ

曜「え?」

梨子「勘違いしないでよね……恋人なら手を繋ぐのが当然なんだから」

梨子「いつ見られてるか分かんないんだから、ちゃんとしてくれる?」

曜「…………」グイッ

梨子「きゃっ!?ちょ、ちょっと、急に抱き寄せてどうするつもり……」

曜「好きだよ、梨子ちゃん」

梨子「っ///」

曜「こっちの方が恋人っぽく見えるでしょ?」

梨子「……猿にしては、やるじゃない」
955: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/10(土) 22:46:13.74 ID:3Em1HMaJ
~曜の家~

梨子「料理できたよ、曜ちゃん」

曜「うん、ありがとう」

曜「梨子ちゃんの料理美味しいから嬉しいな」

梨子「毎日作ってあげるね」

曜「えへへ、楽しみ」

カシャッ



今日の晩御飯だよー!
作ってくれたのはもちろん梨子ちゃん!
毎日作ってくれるって。もうお嫁さんにもらうしかないよね!
♡5万9千 →5万5千


チュッ

曜「わっ!?い、いきなり何するの」

梨子「ほっぺにキスしたくらいで怒らないでくれる?」

梨子「これくらい当然でしょ?」クスッ

曜「…………」グイッ

梨子「きゃっ!」

曜「じゃあ、これも当然だよね」

……チュッ
956: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/10(土) 22:46:42.64 ID:3Em1HMaJ
梨子
キス、されちゃった。
ご飯よりも、私の方が美味しそうなのかな、えへへ。
これ恥ずかしいから曜ちゃんに内緒ね。絶対だよ。
……ご飯食べてる曜ちゃんも、好き。
私、やっぱり曜ちゃんが大好きなんだな。
♡7万2千 →6万8千


梨子「お風呂入れて来るね」

曜「ううん、一緒に食べようよ」

曜「お風呂なんて後で入れればいいんだし」

梨子「……今日も一緒に入る?」

曜「当たり前でしょ?」

梨子「ええ、そうね」
957: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/10(土) 22:47:17.22 ID:3Em1HMaJ
~曜の部屋~

梨子「どう、私の演技は完璧でしょ?」

曜「まだまだ。そうやってたまに勝ち誇るところがダメだよ」

梨子「それは曜ちゃんもでしょ」

梨子「恋人に酷いこと言っていいの?」

曜「今は誰も見てないからね」

梨子「やっぱり田舎者はこういうのに神経使うのね」

梨子「私は全然余裕だけど」

曜「……泣かす」

梨子「どうやって?」

曜「ベッド、来なよ」

梨子「……っ」

曜「どうする?逃げる?」

梨子「ふふ、上等じゃない」

梨子「まあ、どうせ経験無しの田舎者の曜ちゃんなんて下手くそなんだろうけど」

曜「あはは、立派な都会人(笑)でも経験人数無しの負け犬が何言ってるんだか」

梨子「終わった後、楽しみね」

曜「うん。本当にね」
958: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/10(土) 22:47:50.98 ID:3Em1HMaJ
~事後~

梨子「……曜ちゃん」

曜「どうしたの?」

梨子「……好き」

曜「私も好きだよ」

梨子「私の方が好きだもん」

曜「ううん、私の方が好き」

梨子「……意地悪」

曜「本当のことだもん」

梨子「……私も、本当だよ」

曜「……本当?」

梨子「本当って言ってるでしょ」

曜「……信じちゃうね」

梨子「……私も」

曜「今日は、このまま寝ちゃおうか」

梨子「風邪ひかないように、ちゃんと温めてね」

曜「もちろんだよ」ギュッ

梨子「///」
959: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/10(土) 22:51:32.20 ID:3Em1HMaJ
曜(つ、ついに、ついにしちゃっぁぁぁぁぁっっ!!)

曜(り、梨子ちゃんと!は、初めて!)

曜(それに最近はなんだか素で話せる時もあって……)

曜(というか、さっきの本当って、そういうこなの?)

曜(梨子ちゃん……もしかして、私のこと、す、好き……なの?)

曜(営業のはず……で、でも、してる最中の梨子ちゃん、途中から甘えてきてたし///)

曜(そうだよ、嫌われてるんなら、これから好きになってもらえばいいんだ)

曜(時間はたくさんあるんだし……さ)

曜(それじゃあ、呟いちゃおっと)

曜(アラームをかけるフリして……あ、梨子ちゃんもかけてる)スッスッ

曜(よしっと)

曜(おやすみ、梨子ちゃん)

曜(大好きだよ)



梨子ちゃんと、はじめて、しちゃった///
♡25万 →25万
960: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/10(土) 22:52:13.87 ID:3Em1HMaJ
梨子(ゆ、夢、じゃないよね?)

梨子(とうとう、曜ちゃんと、しちゃったんだ///)

梨子(どうしよう、泣いちゃいそう)

梨子(こんなに幸せでいいのかな)

梨子(ねぇ、曜ちゃん)

梨子(私、信じちゃうからね)

梨子(曜ちゃんが、私のこと好きって、信じちゃうからね)

梨子(……だって、私、単純だもん)

梨子(……それに、悪い子だから、みんなに言っちゃうの)

梨子(アラームかけるフリ……あ、曜ちゃんしてる)

梨子(おやすみ、曜ちゃん)

梨子(……大好き)


梨子
曜ちゃんと、その、し、しちゃいました///えへへ///
♡25万 →25万



ダイヤ「あの二人は……な、なんて破廉恥なことをしているんですの!」

善子「落ち着きなさいよ」
971: Ep59:小さな勇気と、二人の未来(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:41:31.02 ID:1abL6roV
きっと、一目惚れだったんだと思う。

綺麗で、可愛くて、お淑やかで、照れ屋さんで。

近くにいるだけで心がぽかぽかする、そんな優しい子。

まるで私とは正反対。

だから、惹かれちゃったのかな。

「曜ちゃん、早く行こう」

「うん、梨子ちゃん」

今日、私は、

「遊園地に向かってー!ぜんそくぜんしーん!」

「「ヨーソロー!!」」

梨子ちゃんに、告白する。
972: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:42:07.22 ID:1abL6roV
梨子「遊園地のチケット?」

曜「うん!お母さんがペアチケットくれたんだ」

曜「せっかくだから、二人でいかない?」

梨子「うーん……」

梨子「私、でいいの?」

曜「え?」

梨子「いやとかじゃなくって、なんで私なのかなって」

梨子「私より楽しい人、いると思うよ」

曜「ううん、そんなことないよ」

曜「梨子ちゃんと一緒だったら、絶対楽しいって!」

曜「それに、私は梨子ちゃんと行きたいの!」

梨子「それなら、お言葉に甘えちゃおうかな」

曜「やったー!また時間は連絡するね!」

梨子「うん、楽しみにしてるね」
973: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:42:34.40 ID:1abL6roV
曜(よし、梨子ちゃんを誘えた!)

曜(大丈夫かな、話し方とか変じゃなかったかな)

曜(まだ心がドキドキしてる……顔、赤くないよね)

曜(いやそうじゃ、なかったよね)

曜(多分、意識されてないんだろうな)

曜(って、弱気になったらだめ)

曜(この遊園地の時だけは、勇気を出すんだ)

曜(大丈夫、絶対、上手くいく)
974: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:43:14.41 ID:1abL6roV
~当日~

梨子「曜ちゃん、お待たせ」

曜「おはよう、梨子ちゃん」

梨子「遅れてごめんね」

曜「まだ待ち合わせ時間の前だから大丈夫」

そう言って笑顔で答えるけど、内心はとても落ち着かない。

今日の梨子ちゃんは、いつもよりも凄くお洒落だった。

梨子「……変、かな?」

曜「え?」

見惚れちゃってたからかな、梨子ちゃんはもじもじと恥ずかしそうにしちゃう。

誤魔化したいけど、今日は勇気を出すって決めたから。

曜「ううん、凄く可愛いよ」

梨子「えへへ、ありがとう」
975: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:43:40.57 ID:1abL6roV
曜「ここ、来るのは初めて?」

梨子「うん。行くのに時間かかるんだね」

曜「そうだよー。疲れちゃった?」

梨子「ううん、曜ちゃんが一緒だから平気だったよ」

曜「じゃあ大丈夫だね」

曜「疲れるのは今からだから、梨子ちゃん、覚悟しててね!」

梨子「ふふ、疲れたら、帰りは曜ちゃんにおんぶしてもらおうかな」

曜「うんうん、任せて」
976: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:44:31.82 ID:1abL6roV
梨子「アトラクションは何があるの?」

曜「凄く高いジェットコースターと、凄く怖いお化け屋敷」

曜「告白スポットの観覧車とか、いろいろあるよ」

梨子「まずは何処に行くの?」

曜「ジェットコースターかなー」

曜「梨子ちゃん、絶叫系は大丈夫?」

梨子「うん。多分……」

曜「よーし、じゃあ行こう!」

梨子「人が結構多いから、はぐれないようにしないとね」

曜「……じゃあ、こうしよっか」ギュッ

梨子「…………っ///」

曜「えへへ、こうすればはぐれないよ」

梨子「そう、だね」

曜「……いこっか」

梨子「……うん」
977: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:45:11.37 ID:1abL6roV
~ジェットコースター~

カチカチカチカチ

曜「おー、まだ登るんだ」

梨子「……富士山が見えるね」

カチカチカチカチ

曜「雲が出て来てる……天気、大丈夫かな」

梨子「……どうだろう」

カチカチカチカチ

曜「梨子ちゃん、大丈夫?」

梨子「……あんまり」

カチカチカチカチガタン

曜「……手、握る?」

梨子「……うん」ギュッ

ビュォォォォォッ

キャァァァァァァァァァ!!!
978: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:45:46.75 ID:1abL6roV
曜「大丈夫?」

梨子「うん。ごめんね、最初からこんな感じで」

曜「いいんだよ。あんまり得意じゃなかったんだね」

梨子「普通のは平気なんだけど、思ったより高くって」

梨子「もう大丈夫だから、次のやつにいこ?」

曜「うん。無理だけはしないでね」

曜「じゃあ、次は水のアトラクションに乗ろっか」

梨子「それって、水がかかるやつ?」

曜「そうだよ。カッパ買わないとびしょびしょになっちゃうよ」
979: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:46:21.36 ID:1abL6roV
ザッパァァァァァァンン!!!

曜「思ってたやつの3倍くらい凄かった」

梨子「カッパ買っておいて良かった……」

ポツ

曜「え?」

ポツポツ

梨子「雨……」

曜「降って来ちゃった……」

曜「傘持ってる?」

梨子「ごめんね、いらないと思って……」

曜「私もないから、謝らないで」

曜「メリーゴーランドのところ、屋根が出てるから雨宿りできるかも」
980: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:46:55.19 ID:1abL6roV
ザァァァァァァァ

曜「いっぱい降って来ちゃったね」

梨子「うん。でも、これならすぐ止むんじゃないかな」

曜「じゃあ、少しだけこのままでいよう」

梨子「……曜ちゃん、そこだと濡れちゃうよ」

梨子「もうすこし、こっち来て?」

曜「……うん」

肩と肩が触れ合うような距離。

雨のせいで寒いはずなのに、どうしてだろう、温かい。

曜「……ねえ」

曜「梨子ちゃんは、好きな人いるの?」
981: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:47:33.71 ID:1abL6roV
梨子「……急に、どうしたの?」

曜「あ、ううん、ちょっと気になって」

梨子「いる、って言ったらどうする?」

曜「……誰、かなーって」

梨子「気になるんだ」

曜「ちょっと、ね」

梨子「……そっか」

梨子「じゃあ、教えない」

梨子「好きな人はいるかもしれないし、いないかもしれないよ」

曜「それじゃあ全く分かんないよ」

梨子「そんなことより、雨止んだよ」

梨子「次は何処に連れてってくれるの?」

曜「……よーし、お化け屋敷に行こっか」

梨子「……意地悪」

曜「いや?」

梨子「……曜ちゃんがずっと手を繋いでくれるなら、いいよ」

曜「……うん」ギュッ
982: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:48:07.80 ID:1abL6roV
梨子「いっぱい遊んだね」

曜「うん、こんなに楽しかったの、久しぶりだよ」

梨子「そろそろ帰る?」

曜「……最後に、もう一つだけ乗ってもいいかな?」

梨子「何に乗るの?」

曜「観覧車、だよ」

梨子「そういえば、乗ってなかったね」

曜「……梨子ちゃん」

梨子「なに?」

曜「観覧車に乗ったら、梨子ちゃんに伝えたいことがあるの」

梨子「…………」

曜「一緒に、乗ってくれる?」

梨子「……うん」
983: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:48:40.20 ID:1abL6roV
~観覧車~

曜「綺麗な景色だね」

梨子「……うん」

どうしてだろう、会話が続かない。

いつもならぽんぽんぽんと言葉が浮かんでくるのに。

梨子「…………」

梨子ちゃんはの口数も少ない。

緊張しているような、でも、少しだけ期待しているような、そんな気がする。

私も、そろそろ覚悟を決めないといけない。

曜「梨子ちゃん」

梨子「……うん」

曜「伝えたいこと、話してもいいかな?」

梨子「……うん」

曜「わたしーー」
984: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:49:11.01 ID:1abL6roV
言葉が出ない。

口は開いてるのに、喉が言うことを聞いてくれない。

ねぇ、もし断られたらどうするの?

今まで通り、いられないよね。

梨子ちゃんの笑顔をも、優しい声も、温かい感触も、全部無くなっちゃう。

でも、友達のままでいられれば、今日みたいに楽しく遊べるんだよ。

言っていいの?本当に?

絶対に、後悔するよ。

でも、例えフラれても、勇気を出すって決めたから。

梨子ちゃんと、もう一歩先へ、進みたいから。



曜「……今度、大会に出るんだ」
985: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:50:13.75 ID:1abL6roV
あれ、私は何を言ってるの?

梨子「……大会?」

曜「うん、飛び込みのね」

違う。そんなことが言いたいんじゃない。

梨子「それが、伝えたいことなの?」

曜「そうなの。もし良かったら、応援に来て欲しいなって」

梨子ちゃんに伝えたいのは、私の、本当の気持ちなのに。

梨子「……うん、分かった。また時間教えてね」

曜「ありがとう!梨子ちゃんがいれば、100人力だよ!」

なんで私には、勇気がないの?
986: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:51:12.27 ID:1abL6roV
梨子「もう、着いちゃうね」

曜「うん。今日はありがとう、梨子ちゃん」

梨子「私も、誘ってくれてありがとう」

梨子「楽しかったよ」

結局、私には勇気なんてなかった。

でもいいんだ。今の関係がそのまま続いてくれるだけで、私は満足だから。

梨子「……降りようか」

曜「……うん」

観覧車から降りようとする梨子ちゃんは、凄く寂しそうだった。

本当に、これでいいの?

どうして梨子ちゃんは、観覧車に乗ってくれたの?

告白スポットって、言ったよね、私。

伝えたいことがあるって、言ったよね。

だったら、内容なんて分かるでしょ。

梨子ちゃんは、それを知ってて乗ってくれたんだよ。

そんな梨子ちゃんの勇気を、踏みにじっていいの?

そんなの、決まってる。

いいわけ、ない。
987: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:52:07.01 ID:1abL6roV
梨子「きゃっ!?」

降りようした梨子ちゃんの手を引いて、ぐっと後ろから抱き寄せる。

勘違いでもいい。

嫌われてもいい。

観覧車は出口を通過して、もう一度空へと登り始めた。

もうこれで、逃げ場所なんてない。

曜「……ごめん。本当は、さっきの嘘なんだ」

梨子「……嘘、って?」

曜「梨子ちゃんに、伝えたいこと」

梨子「…………」

曜「今度はちゃんと、勇気を出すから」

曜「聞いてくれる?」

梨子「……うん」

曜「……ありがとう」
988: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:52:34.75 ID:1abL6roV
体から伝わる柔らかい温もりも。

鼻をくすぐる優しい匂いも。

ずっと聞いていたくなるような、温かい声も。

全部全部、大好きで。

そしてなにより、梨子ちゃんの笑顔を、一番近くでみたいから。

曜「……私、梨子ちゃんのことが好き」

曜「ずっと、梨子ちゃんの側にいたい」

曜「絶対に幸せにする。だから、私と、付き合ってください」

私にもあったんだ。なけなしの勇気が。

だから、一番言いたいことを、伝えられた。
989: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:53:09.68 ID:1abL6roV
梨子「……私で、いいの?」

梨子「本当に、私で、いいの?」

曜「梨子ちゃんが、いいの」

梨子「なんで……なんで?」

梨子「私よりも、いい人、曜ちゃんなら、いる、でしょ」

梨子「それなのに、なんで、私……っ、」

曜「梨子ちゃんが、いいの」

梨子「……信じちゃうよ?」

曜「うん」

梨子「嘘だったら、泣いちゃうからね」

曜「嘘じゃないよ。絶対」

梨子「…………っ」

梨子「私も、大好き、だよ」

梨子「よろしく……お願い、します」
990: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:53:48.58 ID:1abL6roV
曜「……ありがとう、梨子ちゃん」

曜「ねぇ、こっち、向いてくれる?」

梨子「……やだ。今、顔、酷いから」

曜「そんなことないよ」グッ

梨子「きゃっ!」

梨子「っ、見ないで、」

梨子「こんな、泣いてるとこ、っ、ぐすっ、」

曜「いや、だったりした?」

梨子「……違うわよ、ばか、」

曜「ごめん。でも、大丈夫だよ」

梨子「え……?」

曜「泣いてる梨子ちゃんも、可愛いから」

少しずつ大きくなる、菜の花色。

お互いの吐息が重なっても、梨子ちゃんからは抵抗がなくて。

曜「……大好き」

初めてのキスは、優しい桜の味がした。
991: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:54:44.38 ID:1abL6roV
勇気を出すのは、凄く大変なこと。

梨子「曜ちゃん、準備できた?忘れ物はない?」

曜「多分大丈夫……あ!筆箱忘れた!」

だって、勇気がいるのは、凄く怖い時なんだから。

曜「準備完了!行こう、梨子ちゃん!」

梨子「うん!」

でも、その時出せなかったら絶対後悔する。

曜「あ、ちょっと待って!」

梨子「どうしたの?」

だから、振り絞るんだ。なけなしでもいいから。

曜「手、繋いでいい?」

梨子「……聞かなくても、いいから」

だって、その先には。

曜「えへへ、梨子ちゃん、だーい好き!」

梨子「私も大好きだよ、曜ちゃん」

絶対に、嬉しいことが待ってるんだから。



~fin~
992: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/11(日) 22:55:27.30 ID:1abL6roV
終わり
長いこと読んでくれてありがとう
レスも毎日ありがとうね、嬉しかったよ
また何処かで会おう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「わ、私と曜ちゃんの」曜「短編集だよ!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)