花陽「サボっちゃえサボっちゃえ、月曜なんてサボっちゃえ」

シェアする

花陽-アイキャッチ11
1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 03:36:55.53 ID:ZP+3NC6a.net
~ある月曜、朝4:00~

花陽「目が覚めました」パチリ

花陽「うー……変な時間に目が覚めちゃったなあ……」ゴシゴシ

花陽「二度寝しよう……二度寝二度……」

花陽「……………………」

花陽(学校へ行く……明日の一時間目は数学……嫌だね。いまやってるとこ全然分かんないよ……)

花陽(先生に当てられたら困るなあ……やだなあ……あの先生厳しくて苦手だよ……はあ…………休みはもう終わり……)

花陽(うー……あした行かなかったらどれだけ楽か……うー、うー……!)


サ ボ れ ば い い ん じ ゃ な い ?


デビル花陽「サボればいいんじゃない?サボればいいんじゃない?」

お米花陽「ダメです!サボリなんてよくないです!みんな頑張ってるんですよ!」

花陽(そうだそうだ、よくないぞー)オー

デビル花陽「そういえば数学の課題やってなくない?」

お米花陽「あっ」

花陽(あっ、サボろう)

元スレ: 花陽「サボっちゃえサボっちゃえ、月曜なんてサボっちゃえ」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 03:40:15.79 ID:ZP+3NC6a.net
~朝6:00~

花陽「ぐうぐう」スピースピー

花陽ママ「花陽ー、朝よー」

花陽「はっ」パチリ

花陽「うーん、いつの間に寝てたんだ……ピャア!?いけない!もうこんな時間!朝練に遅れちゃうよー」

花陽ママ「朝ご飯食べてかないの?」

花陽「うん!いってきまーす」ダダダ


サ ボ る の は ど う し た ?


花陽「あっ」

花陽ママ「?」

花陽「……ううん!いってきまーす!」
4: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 03:43:53.61 ID:ZP+3NC6a.net
海未「ワン!ツー!ワンツー!」パンパン

花陽「はっ、はっ」


~~~~~~~~~~~~~~~~


海未「では今日の朝練はこれまでとします、お疲れ様でした。次は昼休みです」

穂乃果「うへえー、つかれたー」グデー

真姫「あっつー……ふう」パタパタ

花陽「……………………………」

真姫(ん?)

花陽「……あの、海未ちゃん……ちょっと」チョイチョイ

海未「?なんですか花陽?」

花陽「あ、あのね……今日のこの後の練習だけど……」
7: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 03:50:30.90 ID:ZP+3NC6a.net
凛「まきちゃん!かーよちん!朝練も終わったし、学校に行くにゃー!」

真姫「やれやれ、凛は元気ね。ちゃんと数学の課題はやったの?」

凛「なにそれ」


ガヤガヤ


花陽(海未ちゃんにはもうああ言っちゃったし……しょうがないよね!もう後に引けないよね!うん!)

花陽(真姫ちゃんと凛ちゃんは今話してて……うっ、宿題について話してて……)

花陽(……よし!消えるなら今!ステルスです!)

花陽「…………!………………、…………!(息を殺している)」ソローリソローリ





凛「あれ?かよちんは?」

真姫「ん?花陽ならそこに……あれえ!?」



花陽(はい完璧です、ステルス花陽成功です)ダダダ

花陽(……わー!本当にこれから学校サボるんだあ……!初めてだよ……!)ダダダ
11: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 03:59:17.96 ID:ZP+3NC6a.net
花陽「さて、これからお家に戻る訳だけど……お父さんにお母さんがお仕事に出かけるまであと1時間はあるよね」

花陽「それまでどうしようかな……」

花陽「……………………………………」テクテク

花陽「……………………………………」テクテク

花陽(あれ?ひょっとして行くあてがない?)

花陽(そこらへんの公園は登校中の人達がいてバツが悪いし……どこかのお店に行ったら補導されちゃうよね、うん)

花陽(どうしよう……どこか一目につかない座れる場所があるといいんだけど……)

花陽(うーん……制服だしなあ……)

花陽(……………………………………ん?)

花陽(なるほど……あそこがあった)
12: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:04:19.87 ID:ZP+3NC6a.net
~小泉家近所のアパート~

花陽「……の、屋上です!」

花陽「正確には屋上じゃなくて最上階の屋上入口前だけどね……」

花陽「ここは誰かが階段で登ってこない限りは無人だろうし……そんな人はいなさそうだよね、うん」

花陽「…………………………………………」

花陽「……今何時だろ?」チラッ


8:24


花陽「ふわあああ…………!」

花陽(こっ、こんな時間に……この平日に、こんな所いるなんて…………)

花陽(今から行っても遅刻は間違いなし……逆に言えば今からならまだ取り返しがつくけど……)

花陽(……………考えるのはやめよう!うん!やめやめ!)

花陽(…………………………………………)

花陽(……真姫ちゃんや凛ちゃんは気付いてるよね…………不思議に思ってるかなあ)

花陽(…………あ、LINE……きてる……)
13: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:08:55.53 ID:ZP+3NC6a.net
凛ちゃん:かよちん??(=・ω・)ノ


花陽「やっぱり……どうしよう?既読つけちゃったし、なにか返事しないと変に思われるよね……」

花陽「うーん、具合が悪くなったって言えば済む話だけど……なんか……」

花陽「いま罪悪感が凄い……嘘がつけないよ……!」

花陽「……見なかったことにしよう。ここは一旦。既読つけちゃったけど、つけちゃったけど!」

花陽「……うーん………なんか胸がムズムズします……焦るというか……なんか……」チラッ


8:46


花陽(ほあああああ!!!ホームルーム終わってるううううう!!!!!)
16: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:12:27.98 ID:ZP+3NC6a.net
花陽「……………………………………」テクテク

花陽(なんやかんやで9:00を過ぎました。お母さんとお父さんはもう仕事……行ってるはずだよね……)

花陽「……………家ついちゃった」

花陽「ホントはもう少し時間潰しててもいいけど……もう暇だよ…………二人とも多分出かけてるはずだし、大丈夫だよね……?大丈夫……」

花陽「……………………………………」ガチャ

花陽(いたらどうしよう)

花陽「……………………………………」キイイ

花陽「……………………………………」








花陽(靴、ない!)パアア
18: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:15:45.59 ID:ZP+3NC6a.net
~一方、学校~

真姫「結局花陽、来てないわね」

凛「うーん、どうしたんだろうかよちん…………具合悪くなったのかな」

真姫「あ、そういえば朝、花陽が海未に何か話してたわ」

凛「え?なんの話?」

真姫「さあ?」

凛「なんにゃそれ」

凛「うーん……しかも既読無視されてるにゃ……かよちんはすぐ返してくれるのに……うーん……」

先生「星空ァ!課題はどうした!」

凛「Hellowwwww星を数えてwwwwww」

先生「誤魔化すな!廊下に立っとれ!」

凛「」
19: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:20:40.22 ID:ZP+3NC6a.net
~小泉家~

花陽「わあ……!朝のニュース、いっつも観てるのとは違って新鮮だね……!」

花陽「えへへ、平日に家の時計が10:00を指してるのを見れるのも、新鮮!」

花陽「テンション」

花陽「上がるにゃー!」

花陽「へへ、へへへ」

花陽(これから何をしよう……寝るのもいいね、それともアイドルの動画でも観ようかな?あっ、そういえばおせんべいがあった!とりあえず出しましょう!えへへ)

花陽(今頃みんな授業受けてるんだろうなあ……本当なら私も受けてる筈なんだけど……)

花陽(ひょんな思いつきから、こんなことってできるんだね!ね!)ニコニコ

花陽(………………………………………)バリバリ

花陽(あ、そろそろ凛ちゃんに返信しよう……)
22: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:26:08.70 ID:ZP+3NC6a.net
~学校、昼休み~

凛「あ、かよちんから返事がきたにゃ」モグモグ

真姫「あら、なんだって?」パクパク

凛「『あのね、返事遅れてごめんね。ちょっと具合悪くなっちゃって……家に帰ったんだ!ああ、でも心配しないで!ちょうど一日学校休んだら治りそうな感じって思うから!ちなみにサボりとかじゃないよ!ガチで!』…………だって」

真姫「要約すると?」

凛「サボるそうにゃ」

真姫「やれやれ……」

凛「ガチでって……」

真姫「ま、たまにはそういう時もあるでしょ。海未とかには内緒にしときましょ?」

凛「うん!そうするにゃ!真姫ちゃんやさしーにゃ!」

真姫(私も先週の風邪は実は……)

凛「よーし!じゃあ早く食べて練習いくにゃー!」
23: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:28:19.83 ID:ZP+3NC6a.net
~小泉家、14:00~

花陽「……………………………………」スピースピー

花陽「………ん………むにゃ………」グウグウ

花陽「……………………ぐー……………」



~15:00~

花陽「……………………………ぐう」




~16:00~

花陽「………………………ぐうう……」スピースピー
25: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:32:24.93 ID:ZP+3NC6a.net
~17:00~


カアーカアー
バイバーイ、ウンバイバーイ

ワーワー




花陽(………………あああああ!!!)

花陽(………………………………………………)

花陽(……え!?17:00!?嘘!?うそだ!!!嘘!?)ダラダラ

花陽(え!?朝の5:00じゃなくて!?夢!?今までの夢!?)

花陽(違う……………今は…………)

花陽「夕方だ………………………」ボソッ


バイバーイ ジャアネー


花陽(うわあああ!!!嫌!!やめて!!!下校途中の小学生の声!!!怖いよおおおおお!!!!)

花陽「嘘!?夕方!?なんで!!?私…………いつ寝たの!?」

花陽「せっかくサボったのに………!!時間いっぱいあったのに………!」

花陽「ああああああああああああ!!!!!!!!」
26: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:35:14.60 ID:ZP+3NC6a.net
花陽「………………………………」ポツーン








花陽「あ………黙ってるとなんだろう………時間に置き去りにされてる感じが……凄く………………」

花陽「17:00かあ………うそ………今頃は練習………みんな練習して……………」

花陽「………え………もうあした………あしたって……サボったから………凄く遠くに行ったと思ったのに……………」

花陽「今日、終わり………………?」

花陽「もう、あした………………?」

花陽「…………………………………………」

花陽「サボった、意味は………?」
27: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:38:23.71 ID:ZP+3NC6a.net
花陽「……はっ!て、こんなボケーっとしてる場合じゃないよね!寝起きの姿まんま……」

花陽「もうすぐお母さんが帰ってくるはず……できればサボったことはバレたくない!」

花陽「なら身だしなみだけでも整えておかないと…………帰りがいつもより早いって思われるけど、それはいくらでも言い訳ができるはず!うん!」

花陽「まずシャワー!シャワーだね!」









花陽ママ「ただいまー。あら?早いのね?」

花陽「あ、お、おかえりお母さん。練習、今日はなくて」

花陽ママ「あらそうなの?じゃあ早めにご飯にしちゃうわね」

花陽(……………なんか)

花陽(………心が痛いよ………)

花陽(それに少し………バレてないか、不安……)
28: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:41:00.22 ID:ZP+3NC6a.net
~夜~

花陽「うん!うん!そっか!それじゃあ明日、今日の分のノート見せて?うん、ありがとう!」

花陽「うん、それじゃあ……あっ、本当に体調は大丈夫なの!うん!それじゃあね、おやすみー……」

花陽「……………………ふう」

花陽「さて、それじゃあ……今日の分の授業、自学でなんとかしないとね……」

花陽「幸いお昼に寝たから、眠くないし……」

花陽「よーし!じゃああしたからまた!頑張るぞー!」バシッ








花陽はまだ、知らない
29: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:42:49.86 ID:ZP+3NC6a.net
花陽はまだ、知らない
今日サボったこと、それ自体は大した問題ではないことを


花陽はまだ、知らない
問題は、来週の月曜また休みたくなることを


花陽はまだ、知らない
そしてその時、サボることへのハードルがぐっと低くなっていることを






花陽はまだ、知らない
31: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:44:51.78 ID:ZP+3NC6a.net
花陽はまだ、知らない
そしてまたサボったその時、次の言い訳は今日よりもっと、雑になっていることを


花陽はまだ、知らない
その日、今日のように休んだ分の勉強を取り戻そうとしないことを


花陽はまだ、知らない
そして何より、その日も今日のように寝潰してしまうことを


花陽はまだ、知らない
寝潰したことに後悔しながらも、それがとても依存性のあるものだということを






花陽はまだ、知らない
34: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:47:28.90 ID:ZP+3NC6a.net
花陽はまだ、知らない
三度目には、ハードルすら存在していないことを


花陽はまだ、知らない
いずれ、『週一ペース』『単位ギリギリまで』という基準に、置き換わることを


花陽はまだ、知らない
それが、高校生活中で終わらないことを


花陽はまだ、知らない
サボり癖は、人生における大きな枷となることを






花陽はまだ、知らない
が、




まだ取り返せるぞ、花陽



花陽(あしたもちょっと……面倒くさいなー……)





頑張れ、花陽
35: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 04:47:38.74 ID:ZP+3NC6a.net
終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「サボっちゃえサボっちゃえ、月曜なんてサボっちゃえ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。