曜「冷蔵庫にお酒入ってる……飲んじゃえ」

シェアする

曜-アイキャッチ16
1: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:08:50.35 ID:ZNieORUr
プシュッ!


曜「1個くらい減っててもバレないよね……」

曜「へへへ」

曜「お、お酒かあ……。飲んだことないけど、どんな感じなんだろ」ドキドキ

曜「よーし、いただきます!」グビグビ

曜「……わっ!まずっ!」

曜「なにこれ……注射みたいな味する……おえっ」

曜「というかこれ、そもそもなんてお酒だったんだろう?勢いで飲んじゃったけど」

曜「…… すとろんぐ?よく分かんないなあ」

曜「…………」

曜「あれ?……ん?あ、なんか、グラッと……してきた……?」フラフラ

元スレ: 曜「冷蔵庫にお酒入ってる……飲んじゃえ」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:10:18.31 ID:ZNieORUr
~曜の家の近く~

ルビィ「えーっと、えーっと」キョロキョロ

ルビィ「曜ちゃんの家って……確かこの辺だったような……」キョロキョロ

ルビィ「あ!あそこの家かな?」

ルビィ「……表札に渡辺って書いてある!間違いないね!」

ルビィ「曜ちゃんいるかな?」


ピンポーンピンポーン


曜『……ヒクッ、はい…………』

ルビィ「あ、こんばんは……あの私、曜さんのお友達の黒澤ルビィですけど……」

曜『あー……ルビィちゃん……?ヒクッ、どしたの急に…………』

ルビィ「あ、曜ちゃん!えっとね、曜ちゃん部室に携帯忘れてたから、届けに来たんだけど……」

曜『ああ、携帯ね…………。えーーーっと………………ヒクッ……とりあえず、あがってくれる……?今開けるから……』

ルビィ「え?あ、うん。あがるの?」

曜『誰もいないからさ……へへへ』

ルビィ「う、うゆ……」
4: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:12:47.35 ID:ZNieORUr
ルビィ「おじゃましま~す……」

曜「おー、いらっしゃ~い」フラフラ

曜「でもさー、なんで……う~…………」フラフラ

曜「ル、ヒクッ、ルビィちゃんが来たの??w」

ルビィ「え、え?」

ルビィ(なんか様子がおかしいような……?)

ルビィ「そ、その、ルビィ今日は衣装作りで部室に1人だけ残ってて……」

ルビィ「曜ちゃんの携帯見つけたから……その、困るかなと思って……」

曜「そっかぁ~!携帯ね~!あのね~、忘れてたの今気付いた~!wへっへっへっへw」

ルビィ「ピ、ピギィ!?」

曜「ルビィちゃんは偉いね~!ありがとう~!w」

ルビィ「う、うん」

曜「撫でてあげる~wこっちおいでーw」

ルビィ「……」

ルビィ(おかしい!!)
5: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:15:34.52 ID:ZNieORUr
ルビィ「え、遠慮しときます……」

曜「えーw遠慮なんかしなくていいじゃん!」

曜「ルビィちゃんよく見るとかぁいいね~!お人形さんみたいだね~!」

ルビィ「ヒッ!」

曜「……こっち来てって!w」グイッ

ルビィ「ピ……ピギィ!お、おおおお邪魔しましたあ!」ダッ

曜「待てーー!!!wヨーソローダッシュで追いかけてやるー!!!w」フラフラ

ルビィ「ひー!意味分かんないよー!」ダダダッ

曜「……てっ!」ズデン

ルビィ「わっ!よ、曜ちゃん大丈夫!?」

曜「いてて……転んじゃった……」

ルビィ「さ、さっきからフラフラしてるから……」

曜「いたた、腰打ったみたい……ちょっと手貸してくれる?」

ルビィ「う、うん。立てる?」ガシッ

曜「……えい!」グイッ

ルビィ「ピギャア!?」ズデン

曜「捕まえた♡」
11: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:20:03.76 ID:ZNieORUr
ルビィ「ぎやあああああああ!!!!!」ジタバタジタバタ

曜「大丈夫……痛いことしないから……ちょっとルビィちゃんの匂い嗅ぐだけ……ヒクッ……ちょっとやばいことするだけ…………」

ルビィ「うわあああああああああああああ!
!!!!!!!!!!!」ジタバタジタバタ

曜「暴れないで……」

ルビィ「ヒッ!」

ルビィ(目が座ってる……)

曜「さて……それじゃあ……」

ルビィ「ひ……!ひ……!」

曜「ひん剥くとしよう……か……なぁ…………」フラッ

ルビィ「!?」

曜「…………」バタッ

曜「……zzz」グーグー

ルビィ「ね、寝た……!?」

ルビィ「えーっと、えーっと」

ルビィ「この感じ……これって……酔ってるってこと?だよね?なんとなくそんな匂いしたし……」

ルビィ「お姉ちゃんが甘酒飲んだ時と同じだ……」

ルビィ「よ、曜ちゃんお酒飲んでるんだ……」

曜「……グゴッ!う~ん……!ルビィちゃ~あん!!」

ルビィ「!」ビクッ

曜「○○✕□▽✕させろ~!!」ムニャムニャ

ルビィ「ピ、ピギィ!!」

ルビィ「うえ~ん、怖いよー!お姉ちゃんに言いつけてやるからー!」ダダダッ

曜「う~ん」ムニャムニャ
81: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:48:42.30 ID:ZNieORUr
~数十分後~

曜「……ハッ!」

曜「……?……?」キョロキョロ

曜「なんで私、玄関で寝てるんだろ……」

曜「今は……夜?だよね」

曜「うっ、頭いた……!」

曜「えーっと、えーっと。冷静に今がどういう状況か思い出そう」

曜「確か今日は……朝まで家に私しかいない日で……」

曜「夜通し好き勝手に遊んでやろうと思ってて……」

曜「……そうだ!思い出した!私お酒飲んだんだった!」

曜「それでかあ~!きっと酔っ払って記憶なくなったんだね!」

曜「凄いなあ、酔っ払うってこんな感じなんだぁ……」

曜「えーっと……あった!飲んでたお酒」

曜「うむむ……一口しか飲んでない……これは流石にもったいないよね」

曜「酔った状態が楽しかったのはなんとなく覚えてるし……」

曜「……よし、まだまだ飲んじゃえ」グビッ
91: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:50:39.51 ID:ZNieORUr
~数十分後~

ピンポーンピンポーン


曜「はーーーーーーーい!!!!!!!!wwwwwwwwww」


ガチャッ


曜「はいはいはいはいはいはいはい!!!!wwwwwwwwwwお客さんかなー!!!?」

善子「え、なにそのテンション……」

曜「つーwwwwwwwwwwしーwwwwwwwwwwまーwwwwwwwwwwじゃーん!!!!wwwwwwwwww」

善子「……………………」

善子「…………!?」

曜「よっす!w津島後輩!私は渡辺先輩でございますぞ!w」

曜「ご存知でしたかな!?wよーっし!じゃあここは持ちネタの~~~!?」

曜「敬礼っっっっっ!!!!!!!!!!」

善子「………………」

善子「………………」



善子「!?」
99: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:51:45.33 ID:ZNieORUr
曜「ちょっと!wなんで一緒に敬礼しないのっ!w」

曜「ほらもう一度いくよ~?w」

曜「敬礼っ!敬礼っ!敬礼っ!敬礼っ!敬礼っ!w」ババババババ

善子「えっ、うざっ」

曜「はははははwwwwwwwwww敬礼しすぎたwwwwwwwwww一生分の敬礼したwwwwwwwwww」

善子「いや、アンタ今ので一日分くらいよ……」

曜「うけるーwwwwwwwwww」

善子「……っていうか!」

善子(これってどう見てもアレよね……)

曜「善子ちゃんのマネー!w……ピギィ!!!」

曜「ってそりゃ花丸ちゃんのマネやないかーーーーーーい!!!!www」

善子(……心の病気!!!!!!!!!)
111: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:53:12.62 ID:ZNieORUr
善子(間違いないわね……この感じ……異常なテンション……)

善子(思えば曜にはちらほら思い当たる節がある……)

曜「笑いすぎて疲れてきたwwww」

善子(こういう完璧人間ほど心に闇を溜めやすいもの……)

善子(前に合宿したときだって、なんかお玉持ちながら一瞬暗い表情したことあったし……)

曜「そういやさー!w」

善子(アイドルと飛び込みの両立だって大変なはず……でもまさかここまでストレスを溜め込んでいたとは……)

曜「ねーねー!w」

善子「……うぇえっ!?な、なによ!?」

曜「なんの用なのー?w善子ちゃん」

善子「え?あっ、いや……これ持ってきたんだけど……」

曜「なにこれー?」

善子「ワインよ……貰い物なんだけどウチは誰もお酒飲まないから、おすそ分けに来たの」

善子「ママが『渡辺さんのお母さんはお酒が好きだから』って……」

曜「そっかー!w」

曜「ありがとう!w貰っちゃうね!これ!」

善子「え、ええ……」

善子「じゃあとりあえず私は帰るから……」

曜「そっか!名残惜しいけどばいばーい!w元気にしてるんだぞー!」

善子「……曜!」

曜「へ?」

善子「1人で悩んじゃダメだからね!!」

曜「へえ?」
118: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:54:06.97 ID:ZNieORUr
善子「それじゃ……」


バタン


善子(まさか曜にあんな闇があったなんてね……しかし放っておくわけにもいかないわ!)

善子(お節介かもしれないけど、ここは曜と関わりの深い千歌に相談しよう。さっそく連絡して……)プルルルルル


―――――――――――――――
――――――――――――
―――――――――


曜「いや~!wいいものが手に入った!w」

曜「ワインって一度飲んで見たかったんだよね~!ぶどうジュースみたいなもんかな??」

曜「ようし、さっそくいただくとしよう!」

曜「……ん?ん?開かない……?」グググ

曜「コルク抜きなんてないし……力づくで……うおお……」グググ


ポーン!!!!ガッ!!!!!!パァン!!!!!


曜「お、おお……飛んでった……」

曜「あ、天井に穴空いちった。まあいいやw」

曜「いただきま~すw」グビッ
133: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:56:14.43 ID:ZNieORUr
~数十分後~

ピンポーンピンポーン

ピンポーンピンポーン


ガチャッ


果南「お邪魔するぞー!」

果南「返事ないから勝手に入っちゃったけど、鍵くらいしとけよなー!不用心だぞー!」

果南「おーい、曜ー?……んん?返事がないな……でも靴はあるし…………」

果南「もしもーし!果南だけどー!」

果南「今日お母さんもお父さんもいないって言ってたよねー?」

果南「ってことは晩ご飯は自分で作るんでしょー?果南ちゃんもご馳走になりたくて来たんだけどー!」

果南「……あ、いた!曜!」

曜「あふぇ……?かなんひゃん……?」

果南「ど、どうしたの曜!?様子がおかしいよ!?」

曜「そうからぁ……?ひょっと、ぐらぐらするけどぉ……?」

果南「……あっ、こ、これって……」

曜「う~ん………………」

果南「曜、アンタ…………」

果南「……曜!!!!!」

曜「え、えぇ~?どしたのかなんちゃ……大声らして…………」



果南「いいもん飲んでんじゃん、もらうよ」グビッ

曜「はえぇ~…………」
144: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:58:04.27 ID:ZNieORUr
~更に数十分後~

果南「うははははははは!wほら曜!w酒足りないぞもっと持ってこい!w」ガシイッ

曜「うう~……グスッ……どうして果南ちゃん、私にいじわるするの~……」グスッ

果南「してないだろw可愛い奴めwうりうりw」グリグリ

曜「うう~……離してよお…………ううっ」

果南「なーに泣いてんだこらこらw鞠莉かお前はw」


ピンポーンピンポーン


果南「んw誰か来たぞw私が出てくるよw」


ガチャッ


果南「はいはいw」

ダイヤ「……んん?なぜ果南さんがここに??」

果南「なんでだろーw私も分かんないw」

ルビィ「うゆ……」オズオズ

ダイヤ「うっ!お酒くさっ!」

果南「はあーーーーーーw(吐息吹きかけ)」

ダイヤ「っ!だコラァ!やめなさいそれ!」

果南「wwwwwwwwww」

ダイヤ「この感じだと、どうやら曜さんが飲酒していたという情報は本当だったようですわね……なぜか果南さんがいますが」

ダイヤ「2人で酒盛りしてるのですか!?」

果南「そだねw盛り盛りの森ガールwなんちてw」

ルビィ(うざっ……)

ダイヤ「あ~な~た~た~ちぃ~!!!」

ダイヤ「ブッブー!!!!!ですわ!!!」

ダイヤ「未成年飲酒など言語道断!!わかってますの!?」

ダイヤ「ここは私が生徒会長として!!!あなた達の友人として!!!一括入れてあげましょう!!!」

ダイヤ「とりあえず中にあげなさい!!!!」
156: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 22:59:36.55 ID:ZNieORUr
果南「ほらダイヤグラス空いてるぞ!wほらほら空きを作るな空きを!w」トプトプトプ

ダイヤ「ちょっ、こぼれるこぼれる!w」

果南「おーいルビィー!!そこにある焼酎とってこーい!!」

曜「そ、それ勝手に空けたら…………」グスッ

ダイヤ「私がゆるーーーす!!!w」

果南「いえーーーーーい!!!w」

曜「うぅ~……!ううーーっ!ルビィちゃあ~~ん……!」ガシイッ

ルビィ「ピ、ピギャア!?ちょっ、本当離して離して!うわ~ん!結局さっきと状況変わらないよ~!」

ルビィ「というか悪化してるし!もう、お姉ちゃんのバカ!知恵足らず!」

曜(知恵足らず…………)

果南(結構マジの罵倒したな今……)

ダイヤ「ちょっとちょっと!私知恵が足りてないんですって!w酷いわ~ルビィ~……そんなこと言ってるとチューしちゃいますよ~?ほらちゅー♡」

ルビィ「ピギャア!!!こないで!!!」

曜「うう~……私のルビィちゃんとらないで~」グスッ

果南「っしゃ焼酎開けるぞーー!!!」

ルビィ「う、う、うわ~ん!!!」


ガチャッ
ドタドタドタ……


千歌「曜ちゃん!?なんか善子ちゃんから『そーうつ』って病気にかかったって連絡来たんだけど!?」


ギャアギャアギャア


千歌「………………」

千歌「なにこれ……」
160: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 23:00:38.87 ID:ZNieORUr
千歌「………………」


曜「ぎゃああああ~!!もう皆嫌いだぁ~……!」ビエエエエエエン

ルビィ「うー!嫌いなら離して!なんでそんな力強いの曜ちゃん!」

果南「焼酎はねえ……ストレートに限るんだよ!」グビグビグビグビ

果南「ああああ喉が焼けるううう!!!!!!!」

ダイヤ「ちょっ!w果南さんバカすぎ!wくっくっくっ……wなははははははwwwwwww笑えてきましたわwwwwwwwwww」


善子「……あっ!千歌!来たのね!」ダダダッ

善子「ね!?なんだか異様な光景でしょ!?異様な…………こう…………けい…………!?」

千歌「異様すぎるよ…………」

善子「なにこれ…………」
163: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 23:02:35.20 ID:ZNieORUr
善子「なっ、なぜ果南と黒澤姉妹がここに……」

千歌「心の病気っていうか……酔っ払ってるだけじゃんこれ……」

善子「えっ、そうなの!?」

千歌「匂いとかで分かるでしょ……」

善子「し、知らないわよ!ウチ誰もお酒飲まないし!酔ってるとことか見たことないもの!」

千歌「よ~し~こ~ちゃ~ん?」

善子「うっ……!で、でも!どっちにしろ異常事態なのは変わりないじゃない!なんで酔っ払ってんのこいつら!」

千歌「確かに……はあ、これはもう千歌達だけじゃ収拾がつかないね」

善子「ええ…………」

千歌「善子ちゃん、ハリケーンブロッサム(※鞠莉梨子花丸)に連絡してよ。Aqours全員集合だよ。助けてもらおう」

善子「わ、分かったわ……」プルルルルル


果南「お~!?千歌じゃん!どした!なんでこんなとこにいる!?w」

千歌「……果南ちゃ~ん?お酒臭いよ~?」

果南「そらそうだろ!w飲んでるんだから!w」

ダイヤ「千歌さんもどうですか?wというか飲め!ほら!」

曜「あっ千歌ちゃ~ん……私渡辺曜は……ルビィちゃんに浮気しちゃってるであります……」ガシイッ

ルビィ「くっ……離せぇ……!」グググ


千歌「……………………」

千歌「もう手に負えないね……」グビッ
165: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 23:04:33.02 ID:ZNieORUr
~数十分後~

鞠莉「ワオ……」

梨子「えぇ……」

花丸「ずら……」


千歌「いいよっしゃあああああああああああ!!!!!!!!じゃあ次いってみよー!!!!!!!!」

果南「フーーーーーーー!!!!(高音)」

ダイヤ「じゃあいきますわよー!!!王様だーーーれだ!!!!」

善子「っいえーーーーい!!!!!私でーす!!!!!!!!」

ルビィ「わーーー!!!!お手柔らかに~wwwwwwwwww」

善子「フッフッフッ……それじゃあいくわよ……?王様の命令は!!!絶対です!!!」

善子「……という訳で!2番が4番に『全身全霊の愛を込めたラブラブ壁クイ』!!!よろしくぅ!!」

ダイヤ「ぎゃーーー!!!私4番ですわ!!」

ルビィ「ルビィが2番で~すwwwwwwwwww」

果南「きたきた!姉妹百合!w」

千歌「ひゅーw」


鞠莉「全員酔ってるんだけど……」

花丸「なんで電話してきた善子ちゃんまで……」

梨子「これは……アレね。ヤケクソを起こしたのね……」

鞠莉「ね、ねえ。あっちの……トイレ?あそこにいるの曜じゃない……?」

梨子「本当だ、吐いてる……」

花丸「地獄絵図ずら……」
167: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 23:07:36.36 ID:ZNieORUr
梨子「え?これ収めるの?私達が?」

花丸「ムリずら……」

曜「うええ……ゲホッ、気持ち悪かった~」

梨子「あっ、曜ちゃん!」

鞠莉「ちょっと曜、大丈夫?」サスサス

曜「うー、頭いたい……というかなんの騒ぎ?これ……」

花丸「えーっと……」


ルビィ「おねいちゃ……愛してるよ……」クイッ

ダイヤ「あ、ルビィ……だめ……」ジュン


梨子「ちょ、ていうかなんかおっぱじまりそうなんだけど!?///」

鞠莉「こ、これはもう、どうしたら……」

花丸「……豪に入らば郷に従え、だよ!二人とも!」

梨子「ええ!?」

鞠莉「それって……」

花丸「……もうこれしかないずら!えいっ」グビッ

梨子「え、ええ~……?もう、知らない!」グビッ

鞠莉「まあ私はお酒くらい普段から飲んでるけど……」グビッ

曜「う~……」
168: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 23:09:21.86 ID:ZNieORUr
ギャアギャアギャア!!!


果南「み~たこと~ない夢の軌道~?w」

千歌「おい!?」

ルビィ「おい!?」

ダイヤ「おいおいおいおい……」

果南「……おいか~けて~!!!!」グビッ

善子「ひゅーーーーー!!!!!」

梨子「よっ!見事な一気飲み!!!!」

花丸「よーし、それじゃあ……マル、うったいまーーーーーす!!!wwwwwwwwww」

鞠莉「いいわね!じゃあデュエットするわよ!!!w」

鞠莉「あのラブライブ決勝の名曲がいまここに蘇る!!皆準備はいい!?」

果南「それでは歌っていただきましょう。小原鞠莉と国木田花丸で、『WATER BLUE NEW WORLD』(真顔)」

全員「いえーーーーーーい!!!!」


曜「……………………」

曜「なにこれ……」
170: 名無しで叶える物語(家) 2018/11/26(月) 23:10:21.99 ID:ZNieORUr
終わりです。
曜ちゃんはこっそり飲酒とかしてそうだなあと思い、書きました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「冷蔵庫にお酒入ってる……飲んじゃえ」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)