梨子「よーちゃんこっち見て」

シェアする

梨子-アイキャッチ26
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:49:59 ID:nFavALDg
曜「えー?わたし作詞してるんだけど」

梨子「いいから早く!!!!」

曜「ひゃいっ!!」ビクッ

元スレ: 梨子「よーちゃんこっち見て」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:50:46 ID:nFavALDg
曜「な、なんでありましょー……」正座

梨子「……手」

曜「え?」

梨子「手、邪魔よ」

曜「……こうでよろしいでしょうか」気をつけ

梨子「もっとリラックスしてよ」

曜「えぇ~……わかった」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:51:16 ID:nFavALDg
曜「ふぇ~~~~~」ボヘ~

梨子「バカにしてるの?」

曜「だってリラックスしろって!!!」

梨子「普通に座りなさいよ!」

曜「あ、はい」

梨子「……うん。それでいいわ」

曜「……ぁ、え?で、なに?」

梨子「……」ノソノソ

曜「え?な、なんで近づいてくんの」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:51:55 ID:nFavALDg
梨子「…………」ガバァ

曜「ほわぁっつ!?」

梨子「……………」ギューッ

曜「どうしたの急に」

梨子「……………」ギューッ

曜「……は、恥ずかしいなぁ」

梨子「…………」ギューッ

曜「なんでそんな何も言わないの……」

梨子「……」ギューッ

曜「…………」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:52:38 ID:nFavALDg
曜「………」ナデナデ

梨子「!」ピクッ

曜「わっ!ご、ごめん、嫌だったかな?」

梨子「……なんで」ギューッ

曜「え?」

梨子「なんで撫でたの……?」ギューッ

曜「うぇ……ご、ごめんて」

梨子「私は謝罪じゃなくて理由を聞きたいの。答えて早く」ギュギューッ

曜(急に饒舌だなぁ……)

曜「……ええ?言わなきゃ……ダメ?」

梨子「ダメに決まってるでしょ。自分の立場わかってるの?いい加減にしてよ」

曜(え?なにが!?)
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:53:20 ID:nFavALDg
曜「……………」

梨子「……………」

曜「……………」

梨子「……………」

曜「……………」

梨子「……………はい、じゅーう」

曜「!?」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:53:52 ID:nFavALDg
梨子「きゅーう」

曜「なんのカウントダウン!?」

梨子「答えないと爆発します」

曜「なにが!?」

梨子「わたしの欲求が」

曜「なんの!?」

梨子「………………」

曜「…………な、なんの……?」

梨子「はーち」

曜(逃げた)
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:54:58 ID:nFavALDg
梨子「なーな」

曜「……………」

梨子「ろーく」

曜「……………」

梨子「ごー」

曜「……………」

梨子「……よーーーーーーー」

曜「それやるの早くない?」

梨子「そんなの私のさじ加減よ」

曜「そうすか……そうすね」

梨子「よーーーーーーーー…………ん」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:55:38 ID:nFavALDg
梨子「さーんにーいーち!」

曜「急に巻くねぇ!」

梨子「いいの?爆発しちゃうよ?」

曜「だから何が?」

梨子「私の感情」

曜「さっきと違うじゃん」

梨子「今どきのはハイブリット式なのよ」

曜「なんの話!?」

梨子「なんでもいいからはやく答えてよぉぉおぉおおうおうおお!泣くよ!?」スリスリスリスリ

曜「欲求と感情が爆発した」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:56:28 ID:nFavALDg
梨子「真面目な話なんで撫でたの?」

曜「そんなに嫌だった?」

梨子「嫌とか嬉しいとかそういう問題じゃないの。質問に答えて欲しいの」

曜「……いや、なんか撫でたくなったから」

梨子「その心は?」

曜「っん~………………」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:57:06 ID:nFavALDg
曜「ふぅ、いやね、ほら、梨子ちゃんって大人っぽくて、どっちかって言うとみんなに甘えられるほうじゃん」

梨子「………」

曜「そんでね、今の梨子ちゃんは甘えたがりで……全然イメージと違うし、そんな一面があるなんて考えもしなかったと言いますか」

梨子「…………」ギュッ

曜「だから、その、私にそんな一面を見せてくれるってことは、それほど私のことを信頼してくれてるんだなぁって感じまして」

梨子「………」

曜「そんな梨子ちゃんをみてると……なんと言いますか、その……とっても……うん」

梨子「……………」

曜「……………」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:57:45 ID:nFavALDg
梨子「え?終わり?」

曜「いや、その……言ってて恥ずかしいよこれ……梨子ちゃん恥ずかしくないの?」

梨子「……よーちゃんの顔みてたら恥ずかしくなってたかも」

曜「うわ、ずる………ねえ、そもそもお腹に顔埋められるのってかなり恥ずかしいんだけどさ……変な音とか鳴るし……」

梨子「そんなことどうでもいいから続き」

曜「…………」

曜(都合が悪くなると話そらすな……)
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:58:55 ID:nFavALDg
曜「………はぁーっ……で、ね。こう、今の梨子ちゃん見てるとさ……なんて言うか……とっても………愛おしい、とでも言うんですかね、この感情は」

梨子「………」

曜「……な、なんとなく分かったでしょ!?」

梨子「全然わからん」

曜「ふぁーーーっ!!」

梨子「ちゃんと言い切って」

曜「…………」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 00:59:35 ID:nFavALDg
曜「つまりさ、私、梨子ちゃんのこと好きみたい」

梨子「………」

曜「抱きつかれて恥ずかしい」
曜「心の内を聞かれて恥ずかしい」
曜「お腹の音を聞かれて恥ずかしい」

曜「色々言ったけど……恥ずかしいってより、嬉しい、って気持ちの方が大きい」

梨子「…………」

曜「梨子ちゃんに抱きつかれて嬉しい」

曜「梨子ちゃんに心の内を打ち明けられて嬉しい」

曜「…………梨子ちゃんにお腹の音聞かれて嬉しい」

曜「全部梨子ちゃんだから嬉しいんだよ」

梨子「……………」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:00:50 ID:nFavALDg
曜「きっと、千歌ちゃんとか、善子ちゃんとか果南ちゃんじゃこんな気持ちにはならないんだと思う」

梨子「…………」

曜「……ね、やっぱりうまく説明出来ないけど……きっと、梨子ちゃんのことが好きで好きで大好きでしょうがないから……撫でちゃったんだと思うんだ」

梨子「…………」

曜「…………わかったかな」

梨子「おおよそわかったけど、お腹の音がどうたらとかそういうフェティシズムはわからないわ」

曜「雰囲気とか全部ぶちこわしだァ」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:01:36 ID:nFavALDg
曜「もうなに!?からかってるの?私のこと!」

梨子「………」

曜「私イタズラにノせられて告白しちゃったの?」

梨子「………」

曜「えっそうなの?」

梨子「違うよ」

曜「ほんとにぃ?」

梨子「……私も大好きだもん」

曜「…………―――っんなにが?」

梨子「流れでわかって」

曜「えーー!?ずるいなぁずるいなぁ!私だってしっかり言ってもらいたのになぁぁ!!」

梨子「………」ギュ

曜「あっ……………ふぅ、冗談だよ」

梨子「もう1回」

曜「え?」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:02:17 ID:nFavALDg
梨子「…………もう1回撫でてくれたら言ってあげる」

曜「はぅっ………」

梨子「どうしたの?」

曜「ちょっと……甚大なダメージが……」ナデナデ

梨子「あ……えへへ……」ギュッ

曜(ひぃかわいいぃぃいい)
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:02:55 ID:nFavALDg
梨子「………ごめんね」

曜「え?なにが?」

梨子「急にこんな……ワガママになって」

曜「………」

梨子「こんなの私らしくなかったよね」

曜「んー。確かにそうかも」

梨子「っ」

曜「でも私はこっちの梨子ちゃんも好きだよ」

梨子「…………」

曜「あんまり他の人に見せたくないけど」

梨子「……よーちゃんってさ、前から思ってたけどすっごい束縛するタイプだよね?」

曜「えー?どうだろう。わかんないや」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:03:32 ID:nFavALDg
梨子「じゃあ例えば、いまから私がよっちゃんの家に泊まりに行ったらどうする?」

曜「2人を殺して私も死ぬかな」

梨子「束縛どころの騒ぎじゃなかった」

曜「え?これくらい普通でしょ?千歌ちゃんとか果南ちゃんにこのくらいするっていうし、ルビィちゃんなんか善子ちゃんの血を飲んだりしてるらしいよ」

梨子「CYaRon!がヤバい」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:04:17 ID:nFavALDg
梨子「じ、じゃあ私が果南さんと一緒に遊びに行ったらどうする?」

曜「全身全霊を以て果南ちゃんと決着をつける」

梨子「二人の間に一体なにがあったの……」

曜「かつては千歌ちゃんを取り合った仲だからね」

梨子「えっ、その話詳しく」

曜「昔のことは……忘れた」

梨子「なんなのその寂れた声色は」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:04:48 ID:nFavALDg
曜「そんなことよりさ」

梨子「え」

曜「なでなでしてあげたのに、梨子ちゃん『大好き』って言ってくれてないよね」

梨子「……………バレたか」

曜「そりゃバレるよ」

梨子「…………大好き(小声)」

曜「え?なんですか?聞こえないですけど???」

梨子「くっ………」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:05:46 ID:nFavALDg
曜「それにさぁ、きちんと顔みて言ってほしいなぁ」

梨子「嫌よ。恥ずかしいもの」

曜「お、わがまま怪獣りこっぴーに変身したなあ?」

梨子「……………」

曜「ちょ、怒らないでよ」

梨子「怒ってないわよ。……怒ってないわよ」

曜「なんで2回言ったの?こわいこわい」

梨子「……………ふぅ。あのね……なんだかんだ言って、やっぱりみんなにはちょっと遠慮してるのよ」

曜「…………」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:06:25 ID:nFavALDg
梨子「最初はよーちゃん千歌ちゃんの2人だけでさ。私がしっかりしなきゃどうにもならなそうだったから、あんなに真面目ぶってたけど」

曜(普通に失礼だな……)

梨子「ほんとの私はこんなふうに甘えたがりなの。正直普通の人よりしっかりしてないかも」

曜「あー…………」

梨子「えっ、なに?」

曜「梨子ちゃん確かにちょこちょこおかしかったもんね。色々」

梨子「……………」ギュッ!!!

曜「い゛って!!?ちょ、抱きつくならもっと優しく……」

梨子「だからね」

曜「このまま続けるんだっ……」ミシミシ
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:06:58 ID:nFavALDg
梨子「私、よーちゃんにいっぱいわがまま言っちゃうかも」

曜「そんなの千歌ちゃんで慣れてるよ」

梨子「私、自分で言うのもなんだけど千歌ちゃんよりめんどくさい女よ?」

曜「そこをひっくるめて好きだからいいよ」

梨子「………」

曜「そろそろホールドしてる手を緩めてくれると助かる」ギチギチ
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:07:59 ID:nFavALDg
梨子「結婚しても家事とかサボっちゃうかも」

曜「もうそんな先のこと考えてるの?」

梨子「だって『好きだ』ってことは『結婚したい』ってことでしょ?ね?そうだよね?ねえ!!?」

曜「いででで!そう!そうですから!怖いよ!!」

梨子「よかった。将来安定ね」

曜「いいの?私たぶん収入不安定だよ」

梨子「愛があればいいの」

曜「なんでそのセリフが言えて大好きが言えないの」

梨子「…………」ギチギチ

曜「いっでえええ!?やばいほんとにちぎれるから!!ヨウとソロになっちゃああああああ!!!!」

梨子「よーちゃんの本名的にはヨとウじゃない?」

曜「どうでもいいから!!くっだらないから!!!ってか梨子ちゃんのどこにこんな力あるの!!?」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:08:36 ID:nFavALDg
梨子「これも愛のなせる技よ」フッ

曜「っあ゛……ぎ、ま、まだ痛い……出来れば違うところで発揮して欲しかった」

梨子「………もっとわがまま言っていいかな?」

曜「なんでもどうぞ」

梨子「恋人になったら……毎日連絡して」

曜「うん。そのくらいするよ」

梨子「大好きって毎日言って欲しい」

曜「あたりまえじゃん。大好きだよ」

梨子「っ………は、話が進まないから……」

曜「失敬失敬」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:09:21 ID:nFavALDg
梨子「……もしさ、結婚して子供生まれても……」

曜「え?」

梨子「は?子供欲しくないの?」

曜「えっ……ぁ、いや、私たち……いや、あれ?うん。欲しいね」

梨子「子供ができても……『お母さん』とかじゃなくて、きちんと名前で呼んで」

曜「うん!」

梨子「それと、歳とって、おばあさんになっても手を繋いで歩いて」

曜「もちろん」

梨子「ぁとね、あとね、お仕事忙しくても、それを理由に家族をほっとかないでよ」

曜「うん」カキカキ
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:09:54 ID:nFavALDg
梨子「それから、どーしても都合があわなくて一人で遠出したら、ちゃんとお土産買ってきてね。あ!それから誕生日とか記念日はしっかり覚えてて!!」

曜「おっけーおっけー」カキカキ


梨子「それからそれから……!!」

曜「りーこちゃん」ポン

梨子「ぁう」

曜「いっぺんに言わなくて大丈夫だよ。私ずっとそばにいるから。これからゆっくり聞かせてよ」

梨子「……うん」ギュゥ
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:10:48 ID:nFavALDg
曜「……ところでさぁ……そろそろ、梨子ちゃんのかわいいお顔みたいなぁ~」

梨子「……だめ」

曜「………えい」グイッ

梨子「キャーーーーッ!!犯される~!!」

曜「人聞き悪いなっ……はいっ!」グイッ

梨子「あ」

曜「んふ。お久しぶりであります」

梨子「は……ぁ、わ、ぁぁあわああああああ////////////////」カァァァ

曜「うお!?頭から湯気出てるよ!?」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:11:41 ID:nFavALDg
梨子「ひぃぃ//////殺してぇ/////わがままな私を殺してくださいいいい////////////」

曜「わがまま……ね」

梨子「ごめんねぇ……急にわがまま放題になって……迷惑だったよね、ごめんなさい」

曜「梨子ちゃん」

梨子「は、はい……」

曜「ちょっとガッカリしたかな」

梨子「ごっ……ごめんなさい……ごめんなさい」

曜「違うよ。私のこと、信頼してくれたと思ったのに」

梨子「え……」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:12:39 ID:nFavALDg
曜「あんなのね、わがままに入らないよ。好きな人になら誰でもそうすることだよ」

梨子「そうかな……」

曜「そこまで私は信用ないかな?」

梨子「そんなわけっ」

曜「だったらさ……もっとわがままになってよ」

梨子「!」

曜「梨子ちゃんは溜め込みすぎだよ。もっと自分の希望を押し通そうとしていいんだよ」

梨子「………」

曜「みんなの前では難しいなら……せめて、私の前だけでも。素の梨子ちゃんでいていいんだよ」

梨子「……よー、ちゃん」フラ

曜「私はどんな梨子ちゃんでも大好きだから」

梨子「よーちゃんっ……」ダキッ

曜「♡」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:13:14 ID:nFavALDg
梨子「……もっと好きになって……いいの?」

曜「いいよ♡」

梨子「……1回出しちゃったらもう止められないよ」

曜「好きな人の愛情表現を受け止められなくて、何が恋人なの」

梨子「……えへ」

曜「……で。結局まだ私は『大好き』って言ってもらってないんだけど」

梨子「まだそれ引っ張るの?」

曜「勿の論よ」

梨子「……じゃ、私の目をしっかり見ててね」

曜「おうよ!」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:13:46 ID:nFavALDg
梨子「………」ジッ

曜「………」カッ!

梨子「…………」ジー

曜「…………//////」
曜(あ、あれ……なんで私が照れてるんだ……)

梨子「…………」

曜「……ぉ……ぉ……」
曜(や、やばい……梨子ちゃんクッソかわいい……)

梨子「よーちゃん」

曜「んひゃいっ!?」
曜(あれちょっとまってなんでこんなちかく
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:14:16 ID:nFavALDg
梨子「ちゅっ」

曜「んっ」


梨子「……大好きよ♡よーちゃん♡」

曜「は……」

曜「は……はわ……//////」

梨子「これからよろしくね」

曜「はっ……………はひぃぃ//////」

これが梨子ちゃんの愛情表現か。
おもったより苦労しそうだな。
渡辺はそう思ったそうな。
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:15:10 ID:nFavALDg
1543420199-レス35-画像
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:15:49 ID:nFavALDg
おまけ

曜「………」カキカキ

梨子「…………」ギュゥゥ

曜「梨子ちゃん」

梨子「ん~?」

曜「あついよ。離れてよ」

梨子「いや」

曜「………じゃあせめて背中に抱きついて欲しいなぁ……書きづらいから」

梨子「……しょーがないなー」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:16:20 ID:nFavALDg
曜「…………//////」

梨子「……よーちゃん、とってもドキドキしてるね」

曜「そりゃ服の中に手え突っ込んで心臓の音聞いたら誰だってドキドキするだろうよっ//////」

梨子「……」モミモミ

曜「ちょぉ!?//////なにしてんの!?」

梨子「よーちゃんノーブラなんだ」モミモミ

曜「家の中にいる時はね……っていうかやめてよ!!」

梨子「いや~♡」モミモミ

曜「くぅっ……//////」
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:20:23 ID:nFavALDg
曜「っ……//////ふ……//////」

梨子「作詞は順調かしら」

曜「そんなわけっ……ないでしょ」

梨子「行き詰まっちゃったの?」

曜「誰かさんにおっぱい揉まれてるせいでねぇ……//////」

梨子「……わかったわ、おっぱい揉むのはやめる」

曜「え……ぁ、あ、うん。ありがとう」

梨子「じゃあ頑張って」

曜「うん……」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:20:55 ID:nFavALDg
曜「………」カキカキ

梨子「…………」サワ

曜「はう♡」ピクッ

梨子「………」ナデナデ

曜「はっ♡あっ♡」

梨子「どうしたの?」クリクリ

曜「ちっ♡乳首いじるなぁぁ♡♡♡」

梨子「おっぱいは揉んでないわよ」

曜 「悪化してるよ!!」

梨子「そう?」ギュゥ

曜「ん゛っ♡」
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:21:33 ID:nFavALDg
梨子「よーちゃんが集中してないのがいけないんじゃない?」グリグリ

曜「ぁ♡あうぅ♡」

梨子「ね?」ピーン

曜「ひ、ひっぱらないでぇ♡♡」

梨子「………よーーちゃん♡」モフ

曜「ひゃうっ♡」

梨子「わたしね、よーちゃんのこのふわふわした髪の毛好きよ」クリクリ

曜「乳首弄りながらじゃなきゃ素直に喜べたのになぁ……//////」
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:22:30 ID:nFavALDg
梨子「……作詞なんかいいじゃない。休憩、しましょ?」

曜「う♡」

梨子「ずっと我慢してたんだから……よーちゃんとこういうことしたいって、ずっと思ってたんだから」

曜「り、りこちゃ……」

梨子「す~………はぁ」

曜「へぇっ♡に、におい嗅がないでよぉっ……//////今日まだお風呂入ってないのにぃ//////////」

梨子「えへ……とってもいい匂いよ」

曜「そんなわけぇ//////」

梨子「よーちゃんのいい匂いと、汗臭さが混ざって……♡とっても性欲を掻き立てる匂い♡」

曜「~~♡」ゾクゾク
42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:23:52 ID:nFavALDg
梨子「……よーちゃん」 ギュ

曜「あ……♡」

梨子「……しましょう?」

曜「つ、付き合ってまだ10分しか経ってないのにぃ♡」

梨子「関係ないわ……これが私の『愛情表現』なの♡」

曜「ぅ……♡」

梨子「こっち見なさい♡キスするから」

曜「ひぅっ……ん……♡」

梨子「いい子ね………」スッ

曜「♡」ドキドキ
43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:24:41 ID:nFavALDg
梨子「……………」

曜「……?梨子ちゃん?」

梨子「ちょっと待ってなにこれ」

曜「へっ?」

梨子「こ、この歌詞私がさっき言ったことばっか書いてる!!!」

曜「あ~……あんまり可愛かったからつい」

梨子「ついじゃないよぉ!!恥ずかしいよ!!」

曜「えぇ?」

梨子「なにこのっ……『わかって、とスネちゃう私だから』って……これ私のこと!?」

曜「うん」

梨子「いやっ……まあ!あながち間違いではないけどぉ!!これを全国に届けるの!?」

曜「そーなるね」
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:25:14 ID:nFavALDg
梨子「ちょっと……待ってよぉ……!恥ずかしすぎて死んぢゃうよこんなの」

曜「さっきまでの余裕はどこいっちゃったの」

梨子「だってえ!」

曜「大丈夫だって、みんな梨子ちゃんのこととは思わないよ」

梨子「……そうかなぁ」

曜「そうだよ!」

梨子「……うーん……どうなんだろ、とりあえずみんなに見せて反応を見て決めましょう」

曜「えー?そんなの作詞間に合わなくなっちゃうよ」

梨子「私も手伝うから……」

曜「じゃあいいよ」

梨子「単純」
45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:25:50 ID:nFavALDg
曜「それより」

梨子「は、はい?」

曜「さっきの続き……してほしいな」

梨子「……お?」

曜「//////」

数日後、渡辺の部屋には普通に採用されて悶絶する梨子ちゃんがいました。
46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/11/29(木) 01:27:06 ID:nFavALDg
1543420199-レス46-画像
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「よーちゃんこっち見て」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)