海未「空の箱に生きたネコを入れます」 ことり「うん」

シェアする

ことうみ-アイキャッチ2
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:12:42.22 ID:MLo8XXuE.net
海未「その箱の中は、ある確率で毒ガスが生じるようになってるんです」

ことり「えっ……かわいそう……」

海未「すると、箱の中のは毒ガスが出ているか出ていないか」

海未「言い換えれば、ネコは生きているか死んでいるか。そのどちらかですよね」

ことり「うん」

海未「つまり箱の中では、ネコは死んでいて、かつ生きてるんです」

ことり「うんうん」

海未「そこで、私は考えました」

海未「まったく同じ二つの箱を用意して、一つの箱に穂乃果を。もう片方に凛を入れます」

ことり「え…………それで?」

海未「二つの箱を素早く混ぜて、どちらか一つを開けることにします」

元スレ: 海未「空の箱に生きたネコを入れます」 ことり「うん」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:16:06.72 ID:MLo8XXuE.net
海未「この時、箱の中には穂乃果が50%、凛が50%で入っています」

ことり「………………あっ」

ことり「ま、まさか―――」

海未「そうです!箱の中は穂乃果でかつ凛なんです!」

ことり「す、すごい!つまり箱を愛でれば……」

海未「ええ、穂乃果と凛を同時に愛でたことになります!」

ことり「海未ちゃん天才!」

海未「ふふん!さっそく箱を用意しましょう」

ことり「うん!」
4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:18:23.41 ID:MLo8XXuE.net
ことり「――っは!待って海未ちゃん!」

海未「どうしましたか?」

ことり「もう片方の箱はどうなってるの?」

海未「もう片方も同じです。穂乃果かつ凛です」

ことり「……と、ということは!」

海未「ということは……?」

ことり「穂乃果ちゃんは、二つの箱に同時に存在してるっ!」

海未「あ…………ああっ!その通りです!!」

ことり「穂乃果ちゃんが!」

海未「増えてます!」
6: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:19:59.96 ID:MLo8XXuE.net
ことり「す、す、すごい発見だよ!」

海未「ええ!今世紀最大の発見です!箱と凛を用意すれば……」

ことり「穂乃果ちゃんを二人に増やせる!!ついでに凛ちゃんも」

海未「こうしちゃいられませんよ!早く用意しましょう!」

ことり「うん!」


――バタン

絵里「話は聞かせてもらったわ!」

ことり「絵里ちゃん!」
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:22:33.61 ID:MLo8XXuE.net
まちがえた

絵里「確かにそれで穂乃果は二人になるわ」

海未「はい!すごいでしょう?」

絵里「ふふ……まだまだ甘いわね」

ことり「な、なんだって……」

絵里「そこにもう一つ箱を用意。中には花陽入れてシャッフルするの」

ことり「ま、まさか―――」

絵里「そうよ!三つの箱は全て、穂乃果かつ凛かつ花陽!!」

海未「なんですって!」
11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:24:33.99 ID:MLo8XXuE.net
ことり「穂乃果ちゃんが三人!」

絵里「ええ!さらに箱を用意して、にこを入れて混ぜれば―――」

海未「なっ!四人!」

絵里「さらにさらに!箱を加えて三つ用意して、中に真姫と希、私を入れて混ぜれば―――!」

ことり「穂乃果ちゃんが五人、六人……ええと……いっぱい!!」

絵里「そう!つまり箱と中に入れる人さえ集めれば、穂乃果をいくらでも増やせるのよ!!」

海未「さ、さすがKKE!かしこいかわいいエリーチカです!!」

ことり「KKE!KKE!」

絵里「ふふっ!」



――バタン

希「話は聞かせてもらった!」

ことり「希ちゃん!」
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:27:13.74 ID:MLo8XXuE.net
希「確かにそれで穂乃果ちゃんは増やせる」

絵里「でしょう?しかも無制限に!」

希「甘い。甘すぎやん?エリち!」

ことり「な、なんだって……」

希「増やすには、中に入れる人が必要やん?」

海未「そうですね……増やすには人数が必要です」

希「ふふふ…………実はいらないんよ。穂乃果ちゃんと箱さえあれば!」

海未「なななんですって!」

絵里「そんなバカなこと、あるわけないわ!」
15: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:31:14.27 ID:MLo8XXuE.net
希「それがあるんよ!理屈は簡単。空箱と穂乃果ちゃん入りの箱を混ぜる」

ことり「うんうん」

希「そのうち一つの箱を選ぶやん?その中に穂乃果ちゃんは?」

絵里「いるかもしれないし、いないかもしれない…………はっ!」

希「さすがエリち。もう気づいたみたいやね」

海未「まさか…………」

希「そう。空箱含め、全ての箱が穂乃果ちゃんなんよ!」

ことり「しゅ……しゅごい!」

海未「なんと!私たちの近くにこんな大天才が!!」



――バタン

真姫「話は聞かせてもらったわよ!」

ことり「真姫ちゃん!」
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:34:33.74 ID:MLo8XXuE.net
真姫「確かに箱があれば穂乃果は増やせる」

希「そうやん?箱さえあれば!」

真姫「むふふ……いらないのよ、箱もね!」

ことり「な、なんだって……」

真姫「穂乃果と閉じられた空間さえあれば十分よ」

絵里「どういうことなの……?」

真姫「たとえば体育館に、目をつむったまま寝ころぶでしょう?」

海未「ええ」

真姫「そのあと、穂乃果に目にもとまらぬ速さで体育館内を動いてもらう」

ことり「な、なにがおこるの……」
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:37:45.11 ID:MLo8XXuE.net
真姫「さて、ある時に目を開けるとすると……目の前に穂乃果はいるかしら?」

希「いるかもしれないし、いないかもしれない…………はっ!」

真姫「気づいたようね!」

海未「まさか…………」

真姫「そうよ!体育館全てが穂乃果なの!」

ことり「ああ!なんてこと!」

絵里「神はなんという大大天才を生んだの!!」


――バタン

凛「話は聞かせてもらったにゃ!」

ことり「凛ちゃん!」
24: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:41:14.00 ID:MLo8XXuE.net
凛「確かに閉じられた空間は穂乃果ちゃん」

真姫「でっしょー?箱も何もいらないわ!」

凛「そう、なんにもいらないんだよ。体育館も!」

ことり「な、なんだって……」

凛「穂乃果ちゃんがいればそれでいいの」

絵里「どどどどいうことなの!?」

凛「簡単な話にゃ」

凛「例えば今から屋上に行って、みんなで目をつむる」

海未「はい」

凛「そして、穂乃果ちゃんに超高速で飛び回ってもらうとする」

真姫「ええ。それで……なんだって言うのよ」
26: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:43:18.77 ID:MLo8XXuE.net
凛「さて、ここでもう一度目を開けると、穂乃果ちゃんは目の前に?」

海未「いるかもしれないし、いないかもしません…………」

凛「そう。目の前にいるかもしれないし、いないかもしれない。そして、同時に――」

凛「凛のお母さんや、真姫ちゃんのお父さんの目の前にいるかもしれないにゃ!」

希「んん!?ま、まま、まさか……」

真姫「そんな―――!」

凛「地球上、どこにでも穂乃果ちゃんは存在するんだにゃ!」

海未「し、信じられません!」

ことり「ま、待って!と、言うことは…………」

凛「うん。凛たちの生きている地球。その全てが穂乃果ちゃんで満たされているんだよ!!」

絵里「あ……ああ………あぁ……」ガクガク

希「あかん…………凛ちゃん…………人類には早すぎやん……」


――バタン

にこ「話は聞かせてもらったニコ!」

ことり「にこちゃん!」
30: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:45:46.31 ID:MLo8XXuE.net
にこ「確かに地球は穂乃果に満たされているわ」

凛「そうだよ!間違いない!」

にこ「ふふ……甘いわ、凛!穂乃果は地球だけじゃないのよ!」

ことり「な、なんだって……」

海未「ど、どど、どういうことですか?」

にこ「飛び回る穂乃果。それは本当に地球内だけのことかしら?」

絵里「ち、地球内だけじゃないっていうの!?」

にこ「そうよ!」

真姫「でも、それなら……ど、ど、どこを飛ぶって言うのよ!」
32: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:47:49.75 ID:MLo8XXuE.net
にこ「穂乃果はどこまで行くか?」

にこ「宇宙ナンバー1アイドルのにこにとって、これは簡単な問題!」

絵里「宇宙ナンバー1アイド――――ああっ!」

にこ「さすが絵里ね。もう気づいたみたいじゃない」

海未「………………はっ!」

にこ「海未も気づいたようね……この世界の真理に……」

凛「でも、まさか…………そんな……」

真姫「だ、だめよ……そんなはずは…………」

にこ「そうよ、穂乃果は宇宙にまで拡散している。つまり―――」

にこ「穂乃果は――そう、穂乃果は宇宙なのよ!」

希「う…………そ…………や……ん……」

絵里「こんなことって…………あ……ああああ!」ガクガクガク

真姫「信じられない…………穂乃果は宇宙だったなんて……」
35: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:50:08.55 ID:MLo8XXuE.net
ことり「そ、それじゃあ、部室に穂乃果ちゃんがこないのも……」

凛「きっと、宇宙を駆け巡っているんだにゃ……」

真姫「夜空に瞬く星々も、また穂乃果だったのね…………」

にこ「だけど、きっと穂乃果は、にこたちの目の前に姿を現すはずよ」

海未「みんな、目をつむってみましょう」

希「次に目を開けた時、穂乃果ちゃんがいるかもわからんもんね」

絵里「ええ、それじゃあみんなで宇宙の穂乃果に想いを馳せて――」



――バタン

穂乃果「みんな遅れてごめん!」

花陽「ごめんさい!」

ことり「あっ!宇宙だよ!?今まさに宇宙来たよ!?」
39: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:54:24.03 ID:MLo8XXuE.net
海未「穂乃果、長い長い宇宙の旅、お疲れ様です」

穂乃果「え?う、うん」

花陽「な、何の話なの?」

凛「かよちん、穂乃果ちゃんは宇宙だったんだにゃ……」

希「ウチらは毎日、宇宙と練習していたんや…………」

花陽「え?ええっ?」

穂乃果「み、みんな怒ってる?ごめんね、ちょっと花陽ちゃんと……」

真姫「花陽と二人で宇宙を駆け巡っていたのね?そう、壮大な星々を渡り行く旅に――」
41: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:56:27.30 ID:MLo8XXuE.net
穂乃果「う……え、ええと…………」

花陽「旅?うん、旅してた……っていうのかな……」

穂乃果「そ、そうだね…………」

絵里「やっぱりそうなのね?穂乃果は宇宙で――」

花陽「そ、その……おなかがすいちゃったから……」

穂乃果「おやつをもとめて二人旅を……えへへ……ごめん!」

絵里「………………」

にこ「練習するわよ」

海未「はい」

ことり「うん」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「空の箱に生きたネコを入れます」 ことり「うん」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。