真姫「超強力接着剤よ」

シェアする

真姫-アイキャッチ7
1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:08:42.80 ID:wwiegCs5.net
-部室-

凛「あっ」

ポロッ
凛「猫のキーホルダーの尻尾が取れちゃった…。せっかくかよちんとお揃いで買ったのに…」

ガチャ
真姫「あら凛、早いわね」

凛「真姫ちゃん」

真姫「どうしたのよ…って取れちゃったのね」

凛「うん…」ションボリ

真姫「そうだ、これを使ってみましょう」

凛「これって?」

真姫「開発したばかりの超強力接着剤よ。まだテストしてなかったからちょうどいいわ」

凛「えー、くっつくかなぁ」

真姫「ダメでもともとよ。やってみましょう」

元スレ: 真姫「超強力接着剤よ」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:09:32.23 ID:wwiegCs5.net
ペタペタ
真姫「見た目には取れたのがわからないくらいきれいね…」

凛「ちょっと引っ張ってみるニャ」

グイグイ
真姫「びくともしないわね」

凛「これなら大丈夫そうニャ。ありがとう真姫ちゃん」

真姫「べ、別にいいのよ」テレテレ

ガチャ
穂乃果「お、2人だけ?花陽ちゃんは?」

凛「かよちんは日直があるからもう少ししたら来るニャ」

穂乃果「へー、2人で何してたの?」

真姫「まぁ、ちょっとね」
4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:10:24.07 ID:wwiegCs5.net
穂乃果「ふ~ん…、ん?何これ…ってうわっ!チューブの液体が手に…」

真姫「あ!穂乃果そのままうごかないd」

ガチャ
にこ「こんなとこにいたのね穂乃果。今日はあんたが屋上の鍵当番でしょ。ほら一緒に行くわよ」ガシッ

まきりん「あっ」

ほのにこ「ん?」

にこ「まぁいいわ、行くわよ」グイー

穂乃果「待ってよにこちゃん。」ヒッパラナイデー

凛「行っちゃったニャ…」

真姫「そうね」

凛「ねぇ真姫ちゃん」

真姫「言いたいことはわかるわ。でも剥離剤ならまだないの」

凛「そっかぁ」

真姫「と、とりあえず明日までにはなんとかするわ」
5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:11:08.23 ID:wwiegCs5.net
…………………

穂乃果「ねぇにこちゃ~ん、そろそろ離してよ~」

にこ「はぁ?あんたが掴んでるんでしょう?」

穂乃果「え?」

にこ「え?」

ブンブン

ほのにこ「離れない…」

にこ「なにこれ。どうなってるの!?」

穂乃果「穂乃果に言われてもわからないよ~」

にこ「なにか心当たりはないの?」

穂乃果「そんなこと言われても…あっ、もしかしてさっきの…」

にこ「なにかあったの?」

穂乃果「さっき部室で変な液体が手について…」

にこ「たぶんそれね。戻るわよ」グイー
7: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:11:58.01 ID:wwiegCs5.net
-部室-

バァン
凛「あ、にこちゃん」

穂乃果「ねぇ凛ちゃん。さっきのチューブってなんだったの?」

凛「あれはね、真姫ちゃんが開発した超強力接着剤だよ」

にこ「なっ…!真姫ちゃんはどこ!?」

凛「剥離剤を開発しなきゃいけないとかで帰っちゃったニャ」

にこ「そ、そんな…」

凛「明日にはなんとかするって言ってたよ」

穂乃果「じゃあ明日まではこのままってことか~」

にこ「な~にのんきなこと言ってんのよ!どうすんのよこれ」
8: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:12:39.51 ID:wwiegCs5.net
ガチャ
海未「穂乃果、屋上の鍵は取りに行きましたか?」

穂乃果「そ、それが…」

にこ「海未、今日穂乃果とわたしは練習休むわ」

海未「え?何があったのです?」

にこ「ちょっとね。行くわよ穂乃果」

穂乃果「ちょ、にこちゃん」イタイッテバー

海未「何なのです一体…」

凛「ニャハハ…」


にこ「まったくもう!こんなとこ希や絵里に見られたら…」

希「お、お2人さん仲いいねぇ~」

絵里「ほんとにね」フフフ

穂乃果「絵里ちゃん!希ちゃん!今日私たちデートだから練習休むね~」

にこ「あんた何言ってんの!」

希「え?そうなん?」

絵里「ハラショー」
9: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:13:20.04 ID:wwiegCs5.net
…………………

穂乃果「ねぇにこちゃんどこに向かってるの?」

にこ「帰るのよ」

穂乃果「帰るってどっちの家に?」

にこ「私の家よ。今日はマm…お母さんがいないから私がちび達の面倒を見るのよ」

穂乃果「そうなんだ。って穂乃果はどうすればいいの?」

にこ「この手が離れない以上来てもらうしかないわね。家には連絡しときなさい」

穂乃果「は~い」
12: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:13:54.66 ID:wwiegCs5.net
…………………

-にこのマンション-

にこ「ただいま~」

こころ「お帰りなさいお姉さま。あ、穂乃果さんもいらしたんですね」

穂乃果「久しぶりこころちゃん。今日はにこちゃんの家にお泊まりだからよろしくね」

こころ「はい、よろしくお願いします穂乃果さん。ところでなんで手を握ってらっしゃるんです?」

にこ「あはは…」

…………………

にこ「とりあえず夕飯ね。私の利き手はあんたと繋がっちゃってるし…」

穂乃果「!じゃあさ、穂乃果が包丁握るからにこちゃんが押さえる係ね!」

にこ「危ないわ!」

穂乃果「え~、いい案だと思ったのに~」

にこ「でもどうしようかしら。冷蔵庫の中身はっと…これならいけそうね」

にこ「こころー、ちょっと夕飯作るの手伝ってくれない?」

こころ「わかりましたお姉さま」

穂乃果「何作るの?」

にこ「まあ見てなさい」
13: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:14:56.69 ID:wwiegCs5.net
…………………

穂乃果「うう…、これは…」

にこ「ピーマンの肉詰めよ。これなら半分に切ればいいだけだし簡単でしょ?」

穂乃果「ハンバーグじゃ駄目だったの?」

にこ「ピーマンが安くてたくさん買ってたのよ」

穂乃果「そうなんだ…あはは…」

にこ「それじゃいただきましょうか」



にこ「くっ、食べにくいわね」

穂乃果「ねぇねぇにこちゃん、穂乃果がたべさせてあげる!」

にこ「え?」

穂乃果「ほらあ~んして」

にこ「ほ、穂乃果!?」

穂乃果「あ~ん」

にこ「あ~ん///」ハズカシイ

モグモグ
にこ「ってなんでピーマンだけなのよ!」

穂乃果「ほら穂乃果ってピーマン苦手だし」

にこ「この家で好き嫌いはだめよ。さっさと食べちゃいなさい」

穂乃果「え~…う~ん…えいっ!」

モグモグ
にこ「だから私に食べさせるなー!」

こころあ(フォークつかえばいいのに)
14: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:16:01.34 ID:wwiegCs5.net
…………………

穂乃果「にこちゃん」

にこ「何よ」

穂乃果「あのね…言いにくいんだけど」

にこ「だからなんなのよ」

穂乃果「ごめんね。ふんっ!」ドゴォ

にこ「にごぉぉ」ドサッ

穂乃果「さすがの穂乃果もトイレに2人はちょっとね。ごめんねにこちゃん」

…………………

にこ「はっ!寝てた?なんかおなかの辺りが痛いような?」

穂乃果「にこちゃん急に寝ちゃうんだもん。心配したよー」

にこ「???ごめんなさい?ってもうこんな時間じゃない。お風呂沸かさなきゃ」

穂乃果「お風呂?一緒に入るの?」

にこ「仕方ないでしょ。でも変なことしないでよね」

穂乃果「し、しないよ~」タブン
15: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:16:42.19 ID:wwiegCs5.net
-お風呂-

にこ「う~ん。髪は洗えるけど背中が洗えないわね」

穂乃果「こればっかりは無理だね」

にこ「仕方ないわね。こころー、ここあー」

こころ「はいお姉さま」

にこ「悪いんだけど私たちの背中流してくれない」

こころ「はいです」

ゴシゴシ
こころ「……」ジー

穂乃果「どうしたのこころちゃん?」

こころ「お姉さまより大きいです」

穂乃果「ん?何が?」

こころ「これです」ガシッ

ワシワシ
穂乃果「あはは。ちょっ、こころちゃんくすぐったいってばー」

ここあ「ここあもやるー」

穂乃果「に、にこちゃんやめさせてー」

にこ「くっ…こころ、ここあ!やっちゃいなさい!」

穂乃果「いーーーやぁーーー…」
16: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:17:45.41 ID:wwiegCs5.net
…………………

-にこの部屋-

穂乃果「うう…酷い目にあった」

にこ「ふん。この家でそんなものぶら下げてるからよ」

穂乃果「すごい理不尽…」

にこ「さて、寝るまでには少し時間あるわね」

穂乃果「ねぇにこちゃん、この漫画読んでもいい?」

にこ「別に構わないけど。じゃあ私はアイドルブログの更新チェックでもしてるわ」
17: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:18:34.60 ID:wwiegCs5.net
穂乃果「ぷぷっ」

にこ「さっきから何読んでるのよ」

穂乃果「これだよ。『行け!!南国アイスホッケー部』」

にこ「パパが昔買った漫画ね。下ネタばっかりだから私は読まないけど」

穂乃果「このくだらなさがいいんだよ」

にこ「そんなもんかしら」

穂乃果「今なら電子書籍版が販売中だよ」

にこ「なんの宣伝よ。ってもうこんな時間なのね。そろそろ寝ましょうか」

穂乃果「そうだね」

にこ「さすがに2人でベッドっていうのは狭いわね」

穂乃果「穂乃果は兵器だよ」

にこ「余分な布団があるわけじゃないしそうするしかないんだけどね」

穂乃果「それじゃあおやすみ、にこちゃん」

にこ「おやすみなさい穂乃果」
18: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:19:17.04 ID:wwiegCs5.net
穂乃果「」スゥスゥ

にこ(もう寝たみたいね)

にこ(それにしてもいい胸してるわね)

にこ(少し揉めばご利益とかあるかしら)

にこ(うん。ちょっとだけ。ちょっとだけだから)スッ

穂乃果「う~ん」ゴロン

にこ「にごぉ!重い…重いよぉ…ちょっと穂乃果ぁ」

穂乃果「雪穂~、あんこはもういらないってばぁ」

にこ「く、苦しい」ガクッ
20: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:20:27.93 ID:wwiegCs5.net
…………………
チュンチュン
-部室-

凛「うあ~ん。また尻尾が取れてるニャー」メソメソ

真姫(まさか1時間しかもたないなんてね…)

真姫「泣かないで凛。ほら今度私と凛と花陽でお揃いのを買ってあげるから」

凛「本当!?」パァ

真姫「本当よ。今度の休みに見に行きましょう。」

凛「やったぁ!」

真姫「まったく、現金ね。あら、あの2人も来たみたいね」


にこ「……!」

穂乃果「……!」


真姫「へんね…。とっくに効き目は切れてるはずなのに」

真姫「ま…いっか…?」


おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「超強力接着剤よ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。