果南「私だってさ、お姫様抱っこしてもらって女の子されたいわけだよ分かる?」曜「それで私に?」

シェアする

果南-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:30:26.41 ID:Ad3ctx6i
曜「よっと、これでいい?」

果南「ちょ///やっぱ降ろして///恥ずかしい」

元スレ: 果南「私だってさ、お姫様抱っこしてもらって女の子されたいわけだよ分かる?」曜「それで私に?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:32:11.25 ID:Ad3ctx6i
曜「うん」

果南「あ…」シュン

果南「やっぱ降ろさないで!」
4: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:34:58.37 ID:Ad3ctx6i
曜「うん」

果南(何言ってんの私///)

果南「やっぱ降ろして///」
6: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:36:21.74 ID:Ad3ctx6i
曜「うん」

果南(そんな簡単に降ろさなくてもいいじゃん…)

果南「やっぱ降りたくない」
7: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:37:25.39 ID:Ad3ctx6i
曜「うん」

果南(って千歌達!?)

果南「ヤバイヤバイ///降ろして降ろして」
8: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:38:45.45 ID:Ad3ctx6i
千歌「さっき果南ちゃんのことお姫様抱っこしてなかった?」

曜「次千歌ちゃんやるー?」でへへ

果南「・・・」

果南「曜のお姫様抱っこは私専用だから」ムッ
9: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:39:40.78 ID:Ad3ctx6i
千歌「お姫様抱っこをお姫様抱っこって…」

果南「大丈夫?」

曜「うん」
10: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:42:28.22 ID:Ad3ctx6i
梨子「三人とも何してるの?」

ダイヤ「危険な事はブッブーですわ」

鞠莉「楽しそうデース」

ルビィ「すごーい!」

花丸「未来ずらー」

善子「どうなってんのよこれ」
11: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:43:47.63 ID:Ad3ctx6i
果南「千歌!大丈夫!?上に六人ものってるけど!」

千歌「なんとか…曜ちゃんは…」

果南「大丈夫?曜」

曜「うん」
12: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:46:22.31 ID:Ad3ctx6i
「バカ千歌何してんのあんたら!?」「千歌ちゃん?凄いことしてるのね」

「ちかーまたAqoursの活動ー?」

「ルビィ!?何してんのあなた達!?」「北海道から来てみたらこれは…」
13: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:50:34.37 ID:Ad3ctx6i
千歌「結局重ねられる椅子を使う事になったから千歌からは楽になったけど」

千歌「一番下の椅子を持ってる果南ちゃんとそれを持ってる曜ちゃんは大丈夫ー?」

果南「私は全然大丈夫、曜は?」

曜「うん」
14: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:52:09.15 ID:Ad3ctx6i
それから、曜ちゃんは多くの人を支えた人としてギネスに載った

最後にはみんなを家まで届けに行ってた
15: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:54:32.04 ID:Ad3ctx6i
果南「全く、曜は断らないんだから」よいしょ

曜「果南ちゃんだって平気だったじゃん」おぶさり

果南「私は特別だもん」

曜「果南ちゃんだけ特別なんて事ないよ」

果南「そうだね」フフ
16: 名無しで叶える物語(笑) 2018/12/27(木) 00:55:07.67 ID:Ad3ctx6i
次の日

果南「曜、今日もまたいい?」

曜「うん」


終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『果南「私だってさ、お姫様抱っこしてもらって女の子されたいわけだよ分かる?」曜「それで私に?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)