千歌「実際、果南ちゃんどうするつもりだったんだろう?」

シェアする

千歌-アイキャッチ32
1: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:11:37.13 ID:1yNMn7PD
※劇場版後・若干ネタバレ有り

千歌「やっほー果南ちゃん!久しぶりー!元気にしてる?」

果南『はいよー久しぶり。大丈夫、こっちは元気にやってるよ。そっちは?』

千歌「こっちもみんな元気!今はラブライブの地区予選に向けて毎日練習三昧だよ~」

果南『新しい高校はどう?皆馴染めてる?』

千歌「うん!ライブを手伝ってくれた静真の子達もいっぱいいたし、浦女のみんなすっかり溶け込んじゃってるよ~」アハハ

千歌「1年生…あ、もう2年生か…とにかくルビィちゃん達もうまくやってるみたい」

果南『へぇ~!いいことじゃん』

千歌「ルビィちゃんはスクールアイドルマニアの友達ができたみたいでー、花丸ちゃんも相変わらず図書委員で頑張ってるみたい」

千歌「善子ちゃんもファン…リトルデーモン?が着々と増えててちょっと怖いくらいだしw」

果南『あはは!wネット配信でたまにみるけど、学校でも元気そうでよかったよ』

元スレ: 千歌「実際、果南ちゃんどうするつもりだったんだろう?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:13:48.25 ID:1yNMn7PD
千歌「果南ちゃんはどう?」

果南『ん~…あたしはまぁ、ぼちぼちってとこかな!』

千歌「ぼちぼちかぁー…いいじゃん!ぼちぼち」

果南『ダメダメよりはねw…それでさ、千歌』

千歌「んー?」

果南『何か用事、あったんじゃないの?』

果南『急に電話してきたりして…悩みでもできたかー?』

千歌「そういうわけじゃないんだけどさー…これって私が聞いていいものか…」

果南『えぇー?何?はっきりいいなよw』

千歌「いやー…悩みっていうか…ちょっと気になっただけなんだけど…」
4: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:15:43.26 ID:1yNMn7PD
果南『あたしと千歌の仲だよ?今さら遠慮することないじゃん』

千歌「じゃあ聞くけどさー…果南ちゃん達、イタリアに行ったでしょ?私たちも追いかけて行ったけど…」

果南『鞠莉をお母さんから逃がすためにね。あの時はホント、ありがとね』

千歌「ううん!それはこっちこそ…じゃなくて!!」

果南『?』

千歌「あの時に果南ちゃん"私たちでなんとかする方法もある"って言ってたじゃん」

果南『あぁー…そんなこと言ったね…』

千歌「あれさぁ……」

果南『…』

千歌「…どうするつもりだったの?」
5: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:17:16.90 ID:1yNMn7PD
果南『……』

千歌「………」ゴクリ…
6: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:19:02.91 ID:1yNMn7PD
果南『ん…?んんー!?…そんなことが聞きたくて電話してきたの!?』

千歌「あ…ごめん…やっぱ聞かなかったほうが…」

果南『え?あぁ、いや怒ってはいないよwなんか拍子抜けしただけw』

千歌「よかったー…」ホッ

果南『よかったーはこっちのセリフだよwちょっと心配したんだよ?急に連絡きたからさw』

千歌「それはごめんってw…あの時はライブやってさ、鞠莉ちゃんのお母さんにスクールアイドルを…いや」

千歌「私たちがやってきたこと、積み上げてきたこと、歩んできた道…そういうのを全部ひっくるめて認めてもらって」

千歌「鞠莉ちゃんは自由でもいいんだ、もう大丈夫なんだって、分かってもらえた」
8: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:20:45.05 ID:1yNMn7PD
果南『そうだね…』

果南『千歌達がイタリアまで追いかけて来たときはどうなることかと思ったけど、やってみたらそれが最良の選択だった』

果南『ほんと、みんなには感謝してもしきれないね』

千歌「ううん!それはこっちこそ…ってループしちゃう流れだろコレぇ!!」

果南『www』

千歌「でも果南ちゃん達、先輩とはいえまだ18歳じゃん?逃げ回ったところで家の婚約話とか正直どうにもならないんじゃ…」

千歌「それにイタリアだよ?」

千歌「渡航費用は卒業旅行ってことで出してもらえるとしても、向こうで色々逃げるためのお金とか…」
9: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:22:19.15 ID:1yNMn7PD
千歌「もちろん、その辺も計算の上だったとは思うけど、本当にどうするつもりだったんだろうって」

千歌「今日、Aqoursでお昼ご飯食べてるときにそんな感じで話題になって…」

千歌「考えてみたんだけど、全然わからなかったからw」

果南『あははw千歌達が頭に?マークを付けてる光景が目に浮かぶようだよw』

千歌「実際どうするつもりだったかだんだん気になってきちゃって…」

千歌「でもダイヤちゃんに聞いたら怒られそうだし…鞠莉ちゃんに直接聞いてもはぐらかされそうで…」
10: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:23:47.69 ID:1yNMn7PD
果南『それであたしってことかw』

果南『うーん…まぁ終わったことでもあるし、鞠莉も千歌相手ならしゃべっても許してくれるだろうし…』

果南『話すのはたぶん構わないけど…結構長くなるよ?』

千歌「大丈夫!そう思って今日は授業中にばっちり寝てきたから!」

果南『こら!w…まったく、スクールアイドルだけじゃなく、ちゃんと勉強も頑張りなよ?あたしが言うのもなんだけど…』

千歌「あはは…精進いたします…」
13: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:25:37.08 ID:1yNMn7PD
果南『で、鞠莉の話だけど…』

果南『あの時、鞠莉は会ったこともない相手と婚約させられてた』

果南『鞠莉も最初は…』

 "ハイスクールでは結果的に好きにやらせてもらえたし、小原家の力に甘えた部分もたくさんあった"

 "だから小原家繁栄のためならマリッジの一つや二つ、なんてことありまセーン!"

 "…結婚しようがしまいがマリーはマリー。果南やダイヤ、Aqoursのみんながいる限り、それは絶対に変わらないから。"

果南『とか言ってたんだけど…』

千歌「ふえぇー…鞠莉ちゃんカッコイイというか…やっぱりすごいなぁ…」

千歌「…ん?でもそれなら逃げる必要なんてなかったんじゃ…」
14: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:28:14.42 ID:1yNMn7PD
果南『それがさ、婚約の話だけが先に来て、いつまでたっても婚約相手の写真やプロフィールはおろか名前すらわからなかったんだよ』

千歌「えぇ…!?」

果南『そんな状態で婚約相手と会う予定日が近づくにつれて、だんだん鞠莉も不安を隠しきれなくなってきて…』

果南『で、業を煮やしたダイヤが黒澤家の力を使って独自に鞠莉の婚約相手を調べたんだ』

果南『そしたら、相手はなんだかって有名な資産家だったみたいだけど…小原家にはちょっと及ばない家柄の人』

千歌「ちょっと待って!?名前もわからない相手のこと、ダイヤちゃんはどうやって調べたの!?」

果南『…今後も内浦で平穏に暮らしたいなら、その辺はあんまり詮索しないことだね』

千歌「えぇ…?黒澤家、一体なんなのぉ…」ガクガク
15: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:29:47.02 ID:1yNMn7PD
果南『それでどうもおかしいと思った鞠莉がお父さんに連絡したら、そっちは婚約なんて初耳だって』

果南『鞠莉のお父さん、その時はすごい怒ってたみたいw』

千歌「うわぁ…もはや家庭の危機じゃんそれ…」

果南『これは鞠莉のお母さんが独断で仕組んだ、鞠莉の自由を奪うための計画なんだって私たちはそこで気づいたわけ』

果南『それでとりあえず婚約者と会う予定はすっぽかすことにしたんだ』
16: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:33:22.34 ID:1yNMn7PD
果南『その後は鞠莉のお父さんと合流して、鞠莉、鞠莉のお父さん、ダイヤ、あたしの4人で婚約相手と直接会って婚約破棄を宣告する…って流れ』

果南『だから、どうするつもりだったの?って疑問への答えは"鞠莉のお父さんを味方につけて婚約を破棄する計画があった"ってところかなん?』

千歌「なるほど!」
18: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:35:46.63 ID:1yNMn7PD
果南『そんな状況で、鞠莉のお父さんと合流できるまでは鞠莉を一人にさせるわけにはいかない』

果南『とはいえ小原家の関係者が多い国内だとたぶん鞠莉のお母さんにすぐ捕まっちゃうから…』

千歌「それで、卒業旅行も兼ねてイタリアへ行こうって話になったわけだね!」

果南『正解♪』

千歌「…でもなんでイタリア?」

果南『最初は鞠莉のお父さんが仕事で滞在中のアメリカも考えたんだけどさ、そっちは鞠莉のお母さん派の小原家関係者も多くて行動が筒抜けになる可能性が高い』

果南『だから鞠莉のお父さんが来やすい地域で比較的治安の良いヨーロッパ…』

果南『その中でもイタリアなら小原家の別荘がいくつかあって寝るところには困らないし、』

果南『鞠莉のお父さんと仲のいい人達がいて動きやすかったからね』
19: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:38:41.35 ID:1yNMn7PD
果南『あ、監視をまくために一応アメリカにも行ったよ?飛行機で経由しただけだけどw』

果南『鞠莉のお母さん、やっぱり最初はアメリカを探し回ってたみたいだけど…』

果南『あたし達がイタリアに行ったとわかった頃は、婚約相手にも不審がられててもうだいぶ切羽詰まった状況だったみたい』

千歌「あー…それで私たちを餌に…」
20: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:44:02.68 ID:1yNMn7PD
果南『まぁ、秘密にしてた婚約が鞠莉のお父さんにバレた段階で鞠莉のお母さんの計画はほぼ失敗してたわけだけど…』

果南『正直に言って、ダイヤも含めてあたし達、鞠莉をお母さんに会わせたらどうなるのか全く想像つかなかったし…』

果南『ほら、婚約相手つれてきて力づくで婚約届にサインとかさせられる…とか可能性として無くはなかったわけでしょ?』

果南『あとは鞠莉を連れ出しての逃避行って、なんだか昔を思い出して懐かしんでたところも少しはあったかなん?w』

千歌「果南ちゃん達、楽しそうだったもんねw」

果南『ま、結果的に言えば会ったからってすぐどうこうってことは流石になかったからあたし達の杞憂だったし、』

果南『ライブ見ていろいろわかってもらったことで、鞠莉のお母さんとお父さんが対立しちゃうようなことも無かった』
21: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:46:17.29 ID:1yNMn7PD
千歌「ええぇ…じゃあ私たち、知らないうちに鞠莉ちゃんちの家庭を崩壊の危機から救ってたってこと…?」

果南『それどころか、もし2人が鞠莉のことで対立して小原家や小原グループのホテルも内部分裂するようなことになってたら…』

果南『もっと大変なことになってたかもねw』

千歌「そんな中でライブやるとか…今考えると恐ろしすぎるよぉぉぉぉ!!!!」

果南『まーまーw結局は丸く収まったんだからいいじゃんw』

千歌「いやー…今さらだけど冷や汗が止まらないよ…」
22: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:48:54.72 ID:1yNMn7PD
果南『……とまぁ、こんな説明で大丈夫かなん?』

千歌「大丈夫…ありがとう…いや、知らずにいたほうが気楽に生きられた事実がいくつかあって大丈夫じゃないかも…」

果南『あははwま、今日ルビィちゃんのお弁当のイチゴ横取りしたことは明日しっかり謝っておきなよ?w』

千歌「そうする…」

果南『この件の真相を千歌が調べることになった理由はそのお詫びか何かかなん?ま、それはそれとしてw』

果南『じゃ、おやすみ!』

千歌「うん!おやすみー!……ってまって!?なんで果南ちゃんそんなことまで知ってるの!?怖いんだけど!!」

おわり
23: 名無しで叶える物語(庭) 2019/01/12(土) 23:50:31.12 ID:1yNMn7PD
くぅ~略

なんとかってどうするつもりだったんだ…?とかマリー母も危惧するハグーとデスワーのパワーとは…?とか映画見て色々思ったことを勝手に妄想しました。
お付き合い頂きありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「実際、果南ちゃんどうするつもりだったんだろう?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)