千歌「Aqoursがココスで働いたら」

シェアする

Aqours-アイキャッチ9
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:24:49.77 ID:AefZRkUX
千歌が接客をした場合

客1「すいませーん!」

千歌「は~い!」

客1「注文いいですか?」

千歌「かしこまりました!」

客1(元気そうな子だなぁ…)

客1「えっと…このチーズINハンバーグを1つ…」

千歌「はい!みかんですね!」

客1「…へ?」

千歌「へ?」

客1「いや、あのチーズINハンバーグを…」

千歌「え~チーズINハンバーグぅ~?」

千歌「千歌みかん食べた~い!」

客1「いや、君の都合で決めたくないな~」

千歌「…わかった。」ブスッ

元スレ: 千歌「Aqoursがココスで働いたら」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:25:20.59 ID:AefZRkUX
客1「じゃあチーズINハンバーグお願いね!」

千歌「わかりました!みかんINハンバーグですね!」

客1「いや、混ざってるよ!」

千歌「へ?」

客1「チーズINハンバーグ!!」

千歌「あ、ごめんなさい!チーズINハンバーグですね!」

客1「もぅ…!」

千歌「えへへ~新人なもんですから~」

客1「ふ、ファイトだよ!」

千歌「ありがとうございます!」

千歌「少々お待ちください!」
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:26:01.10 ID:AefZRkUX
………

……



千歌「お待たせしました!みかんです!」

客1「えぇ!?」

千歌「ん?なにか違ってましたか?」ウワメヅカイ

客1「い、いえ…///」

千歌「では!ごゆっくり!」

客1(またダイエットしよ…)モグモグ
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:33:04.70 ID:AefZRkUX
桜内梨子が接客した場合

客2「すいません!注文を!」

梨子「は、はい!!!」アタフタ

客2「…大丈夫ですか?」

梨子「は、はい!!お、おき、お気になさらず!!」カチコチ

客2(すごく緊張してますね…)

梨子「で、では!ごちゃ…ご注文を!」ドキドキ

客2「えっと…この鬼おろしハンバーグをお願いします…」

梨子「ひぃぃ!!鬼殺し!?」

客2「違いますよ!鬼おろしですよ!」

梨子「あ、ご、ごめんなさい!」

梨子「か、か、かしこまりまひた!!」

客2(かみましたね…)
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:33:47.23 ID:AefZRkUX
………

……



梨子(よし…あとはこれを3番テーブルに置くだけ!)ドキドキ

鞠莉「…」ニヤリ

鞠莉「梨子~☆」

梨子「は、はい!!」

鞠莉「えっとね~」

鞠莉「…」ヒソヒソ

梨子「…えぇ!?」

鞠莉「は~い!はやく運んで~!」

梨子「うそでしょ…」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:34:17.79 ID:AefZRkUX


梨子「お、お待たせしました…」

客2「ありがとうございます!」

梨子「…///」モジモジ

客2「…?」

梨子「お…」

客2「お?」

梨子「美味しくな~れ!梨子ちゃんビーム♡」

客2「」ズキューン

梨子「…///」モジモジ

梨子「し、失礼しました!!」

客2「待ちなさい!」

梨子「ひぃ!」

梨子(お、怒られる…!)
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:35:15.96 ID:AefZRkUX
客2「あなた…」

梨子「ご、ごめんなさい!!」

客2「こうゆうものは恥ずかしがらずやるのが基本ですよ!」

梨子「…はい?」

客2「はい!真似してください!」

客2「ラブアローシュート♡」

梨子「えぇ!?」

梨子「ら、ラブアローシュート…///」

客2「もう1回です!」

梨子「ラブアローシュート!!」

客2「そうです!」

鞠莉(なんかヤバいことになっちゃった☆)
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:44:26.03 ID:AefZRkUX
渡辺曜が接客した場合


客3「すいませ~ん♡」

曜「は~い!」

客3「ご注文いいですかぁ?」

曜「どうぞ~!」

客3「わぁ!可愛い制服♡」

曜「あ、これ!可愛いでしょ!」

曜「お客さんの服も可愛いね!」

客3「ありがと~♡」

客3「実はこれ作ったの!」

曜「え、そうなの!?」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:44:54.55 ID:AefZRkUX
客3「うん♡」

曜「すご~い!」

客3「今度私の服着させてあげるね!」

曜「ほんと!ありがとう!」

客3(これは新しい着せ替え人形ができたかな?)ギラリ

曜「!?」ビクッ

曜(なんか猛禽類に睨まれたような…?)

客3「あ、注文していいかな?」

曜「あ!ごめんね!いいよ!」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:45:27.56 ID:AefZRkUX
客3「えっとね~、チーズケーキ!」

曜「わかりました!」

客3「以上で!」

曜「……え?」ガシャーン

曜「ハンバーグは!?」

客3「…へ?」

曜「ハンバーグは!?」

曜「お昼ご飯だよ!」

客3「え、え~っと…あんまりお肉を食べないからな~」

曜「え、ダメだよ!」ドンッ!

客3「ピィィ!」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:45:49.34 ID:AefZRkUX
曜「お肉食べないと筋肉がつかないよ!」

客3「き、筋肉はいらないかな~」

曜「よし!じゃあ今から走ろう!」グイッ!

客3「…え?」

曜「レッツヨーソロー!!」

客3「えぇぇ~!!」

千歌「…あれ?曜ちゃんは?」

花丸「走ってくるらしいずら。」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:51:59.92 ID:AefZRkUX
国木田花丸が接客した場合

客4「すいませ~ん」

花丸「はいずら!」

客4「注文いいかにゃ?」

花丸「大丈夫ずら!」

客4「じゃあこの濃厚カルボナーラスープスパゲティをお願いしますにゃ!」

花丸「は、はい?」

客4「濃厚カルボナーラスープスパゲティですにゃ…」

花丸「か、かるぼな~ら?すぱげてい?」

客4「だ、大丈夫かにゃ?」

花丸「だ、大丈夫ずら!」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:52:35.85 ID:AefZRkUX
花丸「濃厚かるぼなあらすうぷすぱげてゐずらね!」

客4「そ、そうにゃ!」

客4(田舎の人なのかにゃ?)

花丸「はいずら!」

花丸「善子ちゃん!濃厚かるぼなあらすうぷすぱげてゐをお願いしますずら!」

善子「ずら丸!その機械で注文をとってよ!」

花丸「えぇ!でもよくわかんないずら…」

善子「前に説明したわよね!」

花丸「で、でもぉ…」

善子「いいからさっさとして!」

客4(なんかやべーにゃ。)
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:53:17.78 ID:AefZRkUX
花丸「は、はい!」

客4「だ、大丈夫ですかにゃ?」

花丸「えっと…たしか……」アタフタ

花丸(たくさんのボタン、この形…)

花丸「…!」ピコーン

花丸「わかったずら!」

客4「!?」ビクッ

ピッ

花丸「もしもし?善子ちゃん?」

客4「!?」

花丸「濃厚かるぼなあらすうぷすぱげてゐをお願いしますずら!」

善子「は~い♪」

善子「って違うわぁ!」

客4(ちょっと寒くないかにゃ?)
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:56:16.41 ID:AefZRkUX
黒澤ルビィが接客した場合

客5「すいません!」

ルビィ「は、はい!」

客5「注文いいですか?」

ルビィ「ど、どうぞ!」

ルビィ(うゆゆ…初めての接客だぁ…)

ルビィ「が、がんばルビィ!!」

客5「ぴゃあ!」ビクッ

ルビィ「あ、ごめんなさい!」

客5「い、いえ…」

客5(アイドルみたい…)
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:56:46.20 ID:AefZRkUX
ルビィ「ご、ご注文は何にしますかぁ?」

客5「えっとこのハンバーグと…」

ルビィ「はい!ハンバーグですね!」

客5「ご飯大盛り5つお願いします!」

ルビィ「ピギィ!大盛り5個ぉ!?」

客5「はい!そうです!」

ルビィ「な、なんでぇ…?」

客5「好きだからです!」

ルビィ「そ、そっかぁ!」

客5「以上で!」

ルビィ「わかりましたぁ!」

ルビィ「少々お待ちください!」
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:57:12.23 ID:AefZRkUX
………

……



ルビィ「お、お待たせしましたぁ!ハンバーグです!」

客5「わぁ!ありがとうございます!」

ルビィ「ラ、ライスは少々お待ちください!」

客5「はい!」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:57:43.91 ID:AefZRkUX
厨房

ルビィ「うゆ…うゆ……!」プルプル

ダイヤ「ルビィ!!大丈夫ですの!?」

ルビィ「大丈夫!ふ、ふんばルビィするから!」

ダイヤ「ルビィ…!」ウルウル

ダイヤ(成長しましたね…!)ウルウル

ルビィ(うゆぅ…一気にご飯5個は重いなぁ…)トボトボ

客5「あ、あの…」

ルビィ「いえ!心配なさらず!」プルプル

客5「は、はい…」
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 17:59:40.58 ID:AefZRkUX
ルビィ「あと少し…!」プルプル

ルビィ「お待たせしまし…たっ!」コケッ

客5「ぴゃあ!」

ルビィ「ピギィ!」ズテーン

客5(お米が…宙を!)

客5(これはもしや……ライスシャワー!)

客5(ならば!)

客5「さぁ!来るのです!お米達!」

ベチャッ

ルビィ「あぁ!!」

客5(あぁ!お米が全身で感じる…!)

客5「幸せ…!」

ルビィ「ご、ごめんなさい!!」

客5「いえ!ありがとうございます!」

ルビィ「…へ?」
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:00:10.17 ID:AefZRkUX
客5「ライスシャワーを体験させてくれてありがとうございます!」

ルビィ(あ!ご飯達が…!)

客5「あの~ウェイトレスさん?」

ルビィ(ルビィのせいだ…)ウルウル

客5「…へ?」

ルビィ「うゆゆゆ…」ウルウル

ルビィ「うわ~ん!!」ボロボロ

客5「ぴゃあ!!」

ルビィ「ルビィのせいだ~!」ボロボロ

客5「えぇ!ちょっと…だれか……」

客5「だれかたすけて~!!!」

ルビィ「ピギィィィィ!!」ボロボロ
30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:05:40.87 ID:AefZRkUX
津島善子が接客した場合

客6「すいません。注文を…」

善子「はい!ご注文ですね!」ニコッ

客6(真面目そうな子ね…)

客6「じゃあこのシーザーサラダをひとつ…」

善子「ドレッシングは何になさいますか?」ニコッ

客6「え、えっと…何があるのかしら?」

善子「はい!ドレッシングはですね…」

善子「『和風ドレッシング』と『フレンチドレッシング』と『ヨハネ特製!ハイパーグランド激辛堕天スペシャルドレッシング』がございます!」

客6「…へ?だ、堕天?」

善子「はい!『ヨハネ特製!ハイパーグランド激辛堕天スペシャルドレッシング』です!」ニコッ

客6「ナニソレイミワカンナイ」

善子「ふぇ?」
31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:09:27.00 ID:AefZRkUX
客6「それはどうゆう?」

善子「ふっ……さすがね…お目が高い!」

客6「はぁ?」

善子「ヨハドレはですね…」

客6(略した…)

善子「トマトをベースに使ってた少し辛いドレッシングです!」

客6(トマト…!)ピクッ

客6「それは……やっぱり辛いの?」

善子「はい!でも少し辛いだけですから!」

客6(トマト…)

客6「じゃあこれで…」

善子「わかりました!!」

客6(ちょっとしか辛くないのよね…)

客6(じゃあ大丈夫よね!)ワクワク
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:11:42.56 ID:AefZRkUX
………

……



善子「お待たせしました!シーザーサラダ!ヨハドレです!」

客6「」

善子「ごゆっくりどうぞ!」

客6「いや、待って!」

善子「なんですか?」

客6「これは……サラダ?」

善子「はい!」

客6「これどうみたってマグマよね!」

善子「いえ!ヨハドレです!」

客6「一体どんなドレッシングよ!」
34: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:12:07.49 ID:AefZRkUX
善子「えっとですね…」

善子「まずトマトをみじん切りにしてそこにブート・ジョロキアを5個ほどみじん切りして、トマトとブート・ジョロキアをまぜてそこにタバスコを丸々1本使ってトマトを取り出して完成です!」

客6「なんでトマトを取り出したのよ!」

善子「いや~そんな辛くないから…」

善子「ま、まぁ!食べてみてください!」

客6「いやよ!帰るわ!」

善子「もしかしておねーさん…!」

客6「なによ!」

善子「辛いの苦手とか~?」ニヤニヤ

客6「べ、別にそうゆう訳じゃ…」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:12:54.25 ID:AefZRkUX
善子「ま、まぁ別にいいんですけど~」ニヤニヤ

客6「むっき~!」

客6「た、食べてやろうじゃない!」チョローン

善子「おぉ!」

客6「い、いただきます!」パクッ!

客6「!?」

善子「どうですか?美味しいですか?」

客6「ヴェエ…」バタン

善子「おねーさん?おねーさーん!!!」
36: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:20:17.43 ID:AefZRkUX
黒澤ダイヤが接客した場合

客7「すいませ~ん」

ダイヤ「はい!なんでしょうか!」

客7「注文いいかしら?」

ダイヤ「はい!!なんでもどうぞ!」

客7(張り切っているわね…)

客7「このボネローゼスパゲティを1つお願いします!」ドヤッ

ダイヤ「は、はい?」

ダイヤ「ボロネーゼではないですか?」

客7「へ?あ、そうとも言うわね!」

ダイヤ「か、かしこまりました!」

ダイヤ(ポンコツなのでしょうか?)
37: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:20:49.75 ID:AefZRkUX
ダイヤ「で、では少々お待ちください!」クルッ

ガンッ!

ダイヤ「いっっ!!!」

客7「!?」

客7(思いっきり壁にぶつかったわね…)

客7「だ、大丈夫かしら?」

ダイヤ「だ、大丈夫ですわ!」ウルウル

客7「はらしょ~……」

客7(ポンコツかしら?)
38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:21:38.83 ID:AefZRkUX
………

……



ダイヤ「お待たせしました!」

ダイヤ「ボンゴレスパゲティです!」

客7「わぁ!待っていたわ!」

ダイヤ「ごゆっくりどうぞ!」

客7「では早速いただきま……」

客7「…」

客7(あ、これ違うわ!)
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:22:38.15 ID:AefZRkUX
客7「あ、あの…」

ダイヤ「はい!なんでしょう!」キラキラ

客7「あの…私が頼んだのボネローゼスパゲティなんですけど…」

ダイヤ「…はっ!」

ダイヤ「申し訳ございません!今すぐお取り替えします!」

客7「ご、ごめんなさいね!」

ダイヤ(あのお客様…またボロネーゼをボネローゼって言ってましたわ…)

ダイヤ(しかも数秒間自分が頼んだものに気づかないなんて…)

客7(あの子…自信満々で注文を間違えたわね…)

ダイヤ(あのお客様…)

客7(あの子…)

ダイヤと客7(ポンコツですね…)
40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:28:24.97 ID:AefZRkUX
松浦果南が接客した場合

客8「すいませ~ん!注文ええか~?」

果南「はいよ~」

客8「ビーフハンバーグステーキひとつ!」

果南「はい、ビーフハンバーグステーキね~」

客8「あと、ドリンクバーを1つ。」

果南「お!お客さんドリンクバー頼むのか~」

客8「た、頼むで…」

果南「だったら果南スペシャルを提供するしかないね!」

客8「は、はい?」

果南「ちょっと待っててね~」

客8「あ、ちょっと!」

客8(どうせ混ぜただけやろ…)

客8(ウチもよく混ぜるけどなぁ…)
41: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:29:37.49 ID:AefZRkUX
………

……



果南「はい!果南スペシャルお待ち!」

なんか混沌とした色

客8「おぅ…」

客8「えぇ…なに混ぜたん?」

果南「え?」

果南「コーラとメロンソーダと…」

客8(ここまでは大丈夫や…)

果南「烏龍茶と抹茶オレとキャラメルマキアート!」

客8「」

客8(この子やべーわ)

客8(しかもウチの嫌いなキャラメル入っとる!)
42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:30:20.11 ID:AefZRkUX
客8「す、スピリチュアルやね…」

果南「でしょ?美味しいよ!」

客8「いや、遠慮するわ…あんたが飲みぃ…」

果南「あ、わかった!」ゴクッ

果南「ぷはぁ!!美味しい!」

客8「!?」

客8(舌ぶっ壊れるやろ…)

果南「このコーラとメロンソーダの炭酸に抹茶と烏龍茶の苦味!」

客8(…ゴクリ)

果南「そしてこのキャラメル!最高だねぇ!」

客8(ヤバい…いい飲みっぷりすぎてうまそうに見えてきたわ…)
43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:31:05.50 ID:AefZRkUX
客8「や、やっぱり1口欲しいなぁ…なんて」

果南「ん?飲みたいの?」

客8「なんか…美味しそうにみえたんでなぁ…」

果南「はい!どうぞ!」

客8(きた!)

客8「じ、じゃあいただきます…」ゴクッ

客8「!?」

客8(なんやこれ!色々カオスな感じや!)

客8「うっ!!」

果南「う?」

客8(ヤバい…キャラメルが…!)

客8「スピリチュアル…や……」バタンッ

果南「おろろ?」
46: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:34:40.36 ID:AefZRkUX
小原鞠莉が接客した場合


客9「すいませ~ん♡」

鞠莉「は~い!!」

客9「注文いいですかぁ?」

鞠莉「Off course☆」

客9「えっとぉ…」

客9(げっ!そういえば今月厳しかったんだ…)

客9(チビ達にもご飯作らないとだし…)

客9(えっと…安いやつは……)キョロキョロ

客9(あった!)

客9「えっと…このグリーンサラダを1つ…」

鞠莉「Oh!それだけでいいの?」

客9「えっと…うん!そうにこっ♡」
51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:36:27.29 ID:AefZRkUX
鞠莉「もっと高いの注文しなさいよ~!」

客9「に、にこぉ?」

鞠莉「マリー特製シャイ煮があるけど…」

客9「そ、それはおいくら?」

鞠莉「う~ん…10万円くらい?」

客9「にこぉ!?」

客9「そんなの頼めないわよ!」

鞠莉「ぬぁあんでよ!」

客9「セリフをとるな!!」

鞠莉「あ、じゃあお客さんにはserviceしてあげる!」

客9「は?サービス?」

鞠莉「お客さんとってもPrettyだから無料であげちゃう!」

客9「うぇ!」

鞠莉「待っててネ☆」

客9(まぁ…無料なら……)
52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:38:51.23 ID:AefZRkUX
………

……



鞠莉「オマタセ!」

客9「なによ…これは……」

鞠莉「へ?シャイ煮よ?」

客9「一体なにを入れてるのよ!」

鞠莉「よくぞ聞いてくれマシタ!」

鞠莉「マリーが取り寄せた最高級の食材を入れて混ぜてマース!」

客9「ふ~ん…」

鞠莉「とってもDeliciousよ!」

客9「えっと…あんた名前はなんだったかしら?」

鞠莉「へ?小原鞠莉よ!」

客9「鞠莉はバカね~」

鞠莉「What?」

客9「ちょっと厨房まで案内しなさい!」

鞠莉「は、はい…」
53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:39:45.30 ID:AefZRkUX


厨房

客9「いい?料理ってのはね~」

鞠莉「はい!」

客9「高いものを混ぜれば美味しいって訳じゃないの!」ベシッ

鞠莉「Oh!痛いわね!」

客9「わるかったわね…」

客9「ちゃんとしっかり準備して、愛情込めれば美味しくなるのよ!」

鞠莉「は、はい!」

客9「早速やってみなさい!」

鞠莉「はい!」
54: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/09(土) 18:41:03.42 ID:AefZRkUX


鞠莉「こ、こうかしら?」

客9「そうそう!いい感じじゃない!」

鞠莉「えへへ…///」

客9「鞠莉…」

鞠莉「ん?」

客9「頑張んなさいよ…」ポンポン

鞠莉「あっ…///」

客9「じゃあね。」スタスタ

鞠莉「あ、ありがとうございました…///」

ダイヤ「ちょっと鞠莉さん!なにお客様を厨房に入れてるんですか!」

鞠莉「…///」

ダイヤ「鞠莉さん!?聞いてますか!」

鞠莉(…頑張ろうっと)

その後、客9さんの家には感謝の手紙と大量の高級食材が来ましたとさ。

終わり。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「Aqoursがココスで働いたら」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)