ルビィ「善子ちゃんルビィたち一線を越えちゃったね」善子「あー……」

シェアする

ルビィ-アイキャッチ21
41: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/07(木) 22:55:42.61 ID:nrHRBa1L
ルビィ「あっ♡ あっ♡ よしっ♡こちゃっ♡ るび、ぃ、もう――♡」

善子「ルビィ――っ わたしも、もう限界――っ」

ルビィ「うんっ、うんっ♡ よしこちゃ♡ ちょーだい、いっぱい――♡」

善子「――ッ!」

ルビィ「ふあぁあああああ!!♡」ビクンビクン

元スレ: ルビィ「善子ちゃんルビィたち一線を越えちゃったね」善子「あー……」

スポンサーリンク
43: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/07(木) 22:56:40.80 ID:nrHRBa1L
ルビィ「はぁー……♡はぁー……♡気持ちよかった……♡」

善子(ふー……あー、しんど……あー、ルビィ汗とかでドロドロ……タオル……)ゴソゴソ

ルビィ「ね、ね、善子ちゃんっ♡」ソッ

善子「んー……? なに?」

ルビィ「えへへっ、なんでもない!」

善子「へんなルビィ。ちょっと待ってなさい、タオル濡らしてくるから」スッ

ルビィ「あっ……ルビィも行く――」

善子「疲れてるでしょ、横になってていいから」

ルビィ「……うん」
44: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/07(木) 22:57:47.15 ID:nrHRBa1L
善子「ほら、こっち向いてルビィ、拭いてあげるから……ルビィ?」

ルビィ「むー……」

善子「何むくれてんのよ……ほら、拭くから」フキフキ

ルビィ「善子ちゃんは分かってない」

善子「なにが」フキフキ

ルビィ「ほら! そういう素っ気無いとこ!」

善子「いつも通りよ」フキフキ

ルビィ「嘘だよ! 終わった後はいつも冷たい!」

善子「そんなことないわよ。ほら、痛い所はない? 自分の手とか指とか噛んでない?」

ルビィ「う、うん、大丈夫……」

善子「そ。ならよかったわ。どうする? ちゃんとシャワー浴びる?」

ルビィ「やだ、善子ちゃんと一緒にいる」

善子「そう。じゃあ寝ましょ――痛ッ」

ルビィ「わかってない!」

善子「何がよ――ほら、もう寝るわよ」スッ

ルビィ「ルビィはもっとお話がしたいの!」

善子「あーそうね」

ルビィ「ほら、もう素っ気無い……」

善子「……うん、そうね」

ルビィ「話聞いてないでしょ?」

善子「うん……」ウツラウツラ

ルビィ「善子ちゃん嫌い」

善子「……うん」ウトウト

ルビィ「……」

善子「……」スースー

ルビィ「……いつもルビィのこと気遣ってくれてありがと」

善子「……」スースー

ルビィ「おやすみなさい善子ちゃん、だーい好き」ギュッ

善子「……」スースー
53: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/11(月) 20:13:08.49 ID:te47LZPu
ルビィ「すー……すー……」

善子「……」zzz

ルビィ「すー……すー……ん……?」

善子「……」zzz

ルビィ「んぅ……よく寝た……今何時……?」

ルビィ「はちじ……じゅっぷん……」

ルビィ「八時十分!?!?」

ルビィ「善子ちゃん起きて!! 起きて善子ちゃん!!」

善子「……なによ、明日は学校だから二回目はしないって言ったでしょ……?」

ルビィ「ち、違うよ!/// 遅刻! 遅刻しちゃうって言ってるの!!」
54: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/11(月) 20:16:17.46 ID:te47LZPu
ルビィ「ほら、起きて善子ちゃん――っ!」ズキッ

ルビィ(うう、お腹の下の方に違和感がある……なにかまだ入ってるみたい……)ヘナヘナ…

善子「あーはいはい、起きる起きる……」ムク…

善子「別に一時間目くらいサボっても……ルビィ?」

ルビィ「な、なんでもないよ! それよりサボったらお姉ちゃんに寝坊の理由聞かれるでしょ!!」

ルビィ「ほら、急いで!!」バッ

善子「確かに生徒会長にコレがバレたら私死ぬわね……」
56: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/11(月) 20:20:51.47 ID:te47LZPu
――学校

ルビィ(うぅ、こんな日に体育なんて最悪だよぉ……しかもドッジボールだなんて……)

ルビィ(でも……)チラッ

善子「行くわよ! 暗黒式投球魔術!!」ビューン

ルビィ(善子ちゃんと一緒のチームだもんね!)

モブ「えいっ!」ビュン

花丸「ルビィちゃん! 危ないよ!!」

ルビィ「わっ、避けなきゃ――痛っ!」

ルビィ(うぅっ、急に動くと痛みが――当たっちゃう!)
57: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/11(月) 20:23:57.98 ID:te47LZPu
バシン!!

善子「ルビィ!! 大丈夫!?」

ルビィ「よ、善子ちゃん……?」

善子(朝から様子がおかしいとは思ってたのよ……痛いんじゃないの)コソッ

ルビィ(/// 善子ちゃんのがあるみたいで……)

善子(……シたりないの?)

ルビィ「違うよぉ!!」バシッ

善子「い"でっ」

花丸「ルビィちゃん! 善子ちゃん! 大丈夫!?」

モブ「ご、ごめんねよっちゃん、ルビィちゃん、大丈夫!?」

善子「私は平気。それよりルビィ、ちょっと気分悪いって」
58: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/11(月) 20:28:01.14 ID:te47LZPu
先生「黒澤さん、身体の調子が悪いの? 顔色は悪くないみたいだけど……」

善子「昨日あまり眠れなかったみたいです」

ルビィ(……///)

善子「私が保健室に連れて行っていいですか」

先生「そうね、お願いしても良いかしら? ほかに気分の悪い子はいる?」

花丸「ルビィちゃん気を付けてね?」

ルビィ「うん、ありがとう……」

善子「花丸もボール、当たるんじゃないわよ。当たると痛いんだから」ヒリヒリ

花丸「あはは、ありがとう善子ちゃん。善子ちゃんも腕を――」

善子「行くわよ!」グイ

ルビィ「ふぇ!? ひゃあ、引っ張らないでよぉー!」
59: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/11(月) 20:30:36.37 ID:te47LZPu
――保健室

善子「まあ安静にしてなさいよ。こればっかりはもうどうしようもないんだし」

ルビィ「うぅ……///」

善子「辛かったら寝ちゃいなさい。私がいるから」

ルビィ「うん、ありがとう……」ジー

善子「……なに?」

ルビィ「ねえ、腕、見せてくれる?」

善子「……はい」ヒダリウデー

ルビィ「ううん、ルビィを庇ってくれた方の腕」

善子「……」

ルビィ「善子ちゃん」ジッ……

善子「……」ミギウデー
60: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/11(月) 20:35:23.94 ID:te47LZPu
ルビィ「やっぱり……擦りむけてるよ……ごめんね善子ちゃん……」

善子「良いのよ。元はと言えばルビィをそんな風にしたのは私なんだし」

ルビィ「///」

善子「ルビィにケガさせたくないの。私の大切な人には、怪我なんてしてほしくない」

ルビィ「善子ちゃん……」キュン…

善子「ほら、私のことはいいから寝ちゃいなさ――」

ルビィ「……ねぇ」ギシッ

善子「……ルビィ?」

ルビィ「……実はね、ルビィ……」ギシッ モジモジ……

善子「……ここ、学校よ?」

ルビィ「うん……」

善子「保健室の先生がいないとはいえ、ここよ」

ルビィ「うん……っ」
61: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/02/11(月) 20:38:51.89 ID:te47LZPu
善子「それに私、腕が使えないのよ?」

ルビィ「だからね――」

善子「ちょ、ルビィ!? ちょっと何して――」

ルビィ「昨日のお返し――今度はルビィが、シてあげるね――♡」

善子「……っ、どうなっても、知らないからね……///」

善子(……授業終了まで二十分……運の無い私にも、今だけは神様お願いします――)

善子(この幸せな時間を邪魔する輩が来ませんように……)

おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ルビィ「善子ちゃんルビィたち一線を越えちゃったね」善子「あー……」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)