善子「ルビィのLINEってなんか威圧的で怖くない?」花丸「分かる」

シェアする

ルビィ-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 06:24:07.36 ID:pP4cOpeN
善子「昨日とかさ、ルビィから衣装についての連絡が来てたのよ」

花丸「うんうん」

善子「まあ今作ってる衣装、黒か白の二色から選べるけどどっちがいい?って内容だったんだけど」

花丸「当然善子ちゃんは黒って答えたんだよね?」

善子「そりゃね。ただ文面がこんな感じで……」


ルビィ:善子ちゃん、今作ってる衣装の色、黒と白から選べるけどどっち?
なるべく早めに答えてね


善子「怖くない?」

花丸「なんか怖いよね」

元スレ: 善子「ルビィのLINEってなんか威圧的で怖くない?」花丸「分かる」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 06:27:55.41 ID:pP4cOpeN
善子「なにかしらねこの……なんか言いようのない威圧感というか」

花丸「うーん」

花丸「まあ基本絵文字とか使わないしね、ルビィちゃん」

善子「スタンプとかも全くよね」

花丸「その点意外と理亞ちゃんなんかは文面可愛い感じずら」

善子「あー、あれ意外」

花丸「ルビィちゃんは……うん」

善子「この前のアレもやばくなかった?」

花丸「アレ?」

善子「ほらアレ。AqoursのグループLINEでさ、皆がサッカーの試合実況してた流れの時あったじゃん」

花丸「あー」

善子「点決まった時に果南が『うおーー!すごいね!』って送った時、ルビィが『なんで?』って送ってたやつ」

花丸「あれはやばかったねえ」
4: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 06:31:18.76 ID:pP4cOpeN
善子「その後すぐ『まだ負けてるよ』って続けざまに送られてきて……」

花丸「LINE上のやり取りなのになぜか皆が困惑してるの伝わってきたもんね」

善子「そりゃ2-0が2-1になっただけだから言わんとしてることは分かるんだけど」

花丸「ああいう発言もルビィちゃんが実際に言葉で話してたらきっと違和感ないんだろうね」

善子「えー……?」

善子「…………」

善子「『うゅ……なんで?まだ負けてるよ果南ちゃん!』……」

善子「って感じか……」

花丸「ただ可愛いだけだね」

善子「ホントだ」
6: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 06:33:59.65 ID:pP4cOpeN
善子「だからまあ要するにさ」

善子「本来普段のルビィのキャラを考えると文面もそれ相応に可愛くあるべきなわけよ」

花丸「絵文字とか使うってこと?」

善子「それもそうだし」

善子「もっと言えばあの独特な口調も文面で完全に再現してくれたらこっちも違和感なく受け止められるんだけど」

花丸「文面で『うゅ、善子ちゃあ!いまね、衣装つくってりゅんだけど、黒と白のどっちがいいかな?なるべく早めに返信よろしくね!』って送られてくるってこと?」

善子「…………」

花丸「それはそれで怖くない?」

善子「こっわ」
7: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 06:37:14.80 ID:pP4cOpeN
善子「それを画面見ながらフリック入力してる姿想像するとちょっと恐ろしいわね」

花丸「でもまあ完全再現までいかなくても、いい感じに可愛らしくあってくれると嬉しいずら」

善子「そうなのよ」

善子「急にルビィ語が簡潔で簡素な日本語に置き換えられるからこっちも温暖差でビビっちゃうのよねぇ」

花丸「ルビィちゃんああ見えてそういう連絡事項とか合理的に済ませる節あるからね」

善子「ああ思い出した、この前もあったわ1個。ルビィのLINEで焦ったこと」

花丸「なに?」

善子「いやまあこれは私が悪いんだけど、ルビィから借りたCDがあって、それを不注意で割っちゃったのよね」

花丸「ありゃりゃ」
8: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 06:40:23.17 ID:pP4cOpeN
善子「うわやっば!と思って。とりあえず謝らなきゃと思って、LINEですぐ送ったのよね」

善子「『ルビィ、ほんとごめん!この前借りたCD割っちゃった!』『新しいの買って返す!ホントごめんね!』って」

善子「んで1時間くらい既読付かなくて、胃をキリキリさせてた私に来た返信がこれ」


ルビィ:そ。気にしないで。


善子「こんだけ」

花丸「うわああああああ~!!!」

善子「私こんとき吐いたのよ。リアルで」

花丸「こんだけ!?」

善子「マジでこんだけ」
9: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 06:44:55.41 ID:pP4cOpeN
善子「んでプレッシャーのあまりの嘔吐を済ませた私はひとまずこの状況をなんとかしなきゃと思って、ルビィに電話をかけたのね」

花丸「かけた方がいいねぇそれは」

善子「んでルビィが電話出て、まあこの文面だからよっぽど怒らせちゃったんだろうなあと思ってベソかいてたんだけど」

善子「いざ話してみると全然怒ってなかったのよこれが」

花丸「そうなの?」

善子「『へ?あのCDもう音源とってあるからいいよおwそんなに焦ってどうしたの?』って!」

善子「むしろ夜の3時に電話かけたからそっちの方に怒ってたんだけど」

花丸(非常識すぎる……)
12: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 06:51:53.22 ID:pP4cOpeN
善子「まあ根本的に文面のやり取りが向いてないのかもしれないわねー、ルビィは」

善子「アンタに対してもやっぱ基本こんな感じなの?」

花丸「まあ、そうだね」

花丸「なにか送ると『了解』しか帰ってこないこととかザラだし……」

善子「現実だと『うゅ!了解だょ!』って感じね」

花丸「あと面白い動画とか見つけて、それをルビィちゃんに送ったりとかすると」

花丸「『笑』って帰ってくる」

善子「もうほぼ興味ない奴に対する返信じゃない」

花丸「でも実際はきっとホントに笑ってるんだと思うずら」

花丸「次の日とか『あの動画すっごい笑ったよぉー!w』って感想凄く聞かせてくれたりするし」

善子「ホントに笑ってるならもうちょい色気のある返信してもいいのに……」
13: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 06:56:44.70 ID:pP4cOpeN
花丸「ちょっと悪戯心でびっくり系の動画送った時は『うわ』『びっくりした』って返ってきたこともあったよ」

善子「それも実際はガチビビりしてるわね」

花丸「まず『ピギィ!』じゃないんだって思った」

善子「ピギィはフリック入力で放出される感情表現ではないんじゃない?」

花丸「きっとそうなんだね」

善子「あー、それで言うとさ」

善子「ルビィってLINEだと全然がんばルビィって言わないわよね!w」

花丸「あ、やっぱそれ善子ちゃんも思ってた!?w」

善子「ライブ前日とか普通に『がんばろうね』って来るじゃん」

花丸「がんばルビィもフリック入力では放出されないんだねえ……」
14: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 07:02:27.90 ID:pP4cOpeN
ダイヤ「あら二人とも、なんの話をしているのですか?」テクテク

善子「ん?あ、ダイヤ」

花丸「ダイヤちゃんおつかれずらー」

ダイヤ「ルビィがどうとか聞こえましたが」

善子「いやー、実はルビィのLINEについて話してたのよ」

ダイヤ「ルビィの?」

花丸「ルビィちゃんってLINE上でのやり取りが妙にそっけなくてなんか怖いよねって話を……」

ダイヤ「あぁ……」

善子「AqoursのグループLINEとか見てたら分かるでしょ?アンタら姉妹が普段個人的にLINEしてるのかは知らないけど」

ダイヤ「まあ、思い当たる節はありますわね……」
16: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 07:06:56.02 ID:pP4cOpeN
花丸「普段ダイヤちゃんもルビィちゃんとLINEしたりするずら?」

ダイヤ「ええ、まあ同じ屋根の下に暮らしてるのでアナタ達ほどではないでしょうが……」

ダイヤ「単なる雑談というより連絡事項を伝えるという意味合いでやり取りすることはそれなりにありますわね」

善子「そういやダイヤのLINEは結構感情表現豊かよね」

花丸「顔文字とか使うよね」

ダイヤ「こんな感じですわね|c||^.-^||」

善子「でも姉に対してとなるとより冷たい感じになってそう……」

ダイヤ「ええ。実際そういう態度ではないと分かってはいるのですが……」
18: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 07:12:01.54 ID:pP4cOpeN
ダイヤ:ルビィ、今日の夜ご飯は何がいいですの?私が作りますわ!|c||^.-^||

ルビィ:ハンバーグ

ダイヤ:ハンバーグはぶっぶー!ですわ!

ダイヤ:私ハンバーグは嫌いです!

ダイヤ:別のもので♡

ルビィ:じゃあ肉じゃが

ダイヤ:材料がないんですの~(泣)

ルビィ:え

ルビィ:なら酢豚とか

ダイヤ:めんどくさいですわ|c||^.-^||

ルビィ:逆に何なら作れるのさ

ダイヤ:私基本生姜焼きしか作れませんわ

ルビィ:じゃあいーよそれでもう


ダイヤ「……とまあ、こんな感じで…………」

善子花丸(それは多分ホントにちょっとイラッときてるよ!)
21: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 07:22:24.03 ID:pP4cOpeN
花丸「ダイヤちゃんはもう少し自分の言動を改めた方がいいんじゃないかな……」

ダイヤ「怖いですわよね~!ルビィのLINE!」

善子「まあ、確かに私らに対してもあんな感じなら姉にも冷たいのは当たり前か……」

花丸「まあ結局いい娘だからそんなに心配することはないんだけどね」

善子「まあねー。実際会うと普通に可愛くて仕方ないんだわこりゃ」

ダイヤ「あ、そうだ!今日の夕飯も私が作る予定なので……ルビィに何を食べたいか聞いておかなくては!」

花丸(よしときゃいいのに)

ダイヤ「……ん?」

ダイヤ「これって……」

善子「?」

ダイヤ「…………」

ダイヤ「花丸さん善子さん、ちょっとアナタ達もLINE開いてもらっていいですか?」

善子「へ?いいけど」

花丸「なんずら?急に」

ダイヤ「何か来てません?ルビィから……」

善子「え……?あ!」

花丸「こ、これって……」
22: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 07:23:32.52 ID:pP4cOpeN
ルビィ:聞いてたよ

ルビィ:ごめんね。愛想なくて
24: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 07:24:36.44 ID:pP4cOpeN
ダイヤ「こ、これは……」ガタガタ

花丸「…………」

善子「お、怒ってるのか……それとも……」

花丸「……分かんないずら…………」
25: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 07:24:56.66 ID:pP4cOpeN
おしまい
29: 名無しで叶える物語(家) 2019/02/12(火) 07:26:20.44 ID:pP4cOpeN
変な時間に投稿しちゃいましたが
ルビィちゃんってそういうとこありそうだなと思って書きました
善子ちゃんがルビィちゃんをかわいがってるのはすきです
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「ルビィのLINEってなんか威圧的で怖くない?」花丸「分かる」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)