彼方「妹に彼ピが出来た……」

シェアする

彼方-アイキャッチ2
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/12(火) 17:42:28.22 ID:KNejcqJN
果林「ふーん?」

彼方「死にたいでごんす……」ドヨン…

果林「このポン菓子っていうの美味しいじゃない」ポリポリ

愛「でしょ。物置で機械見付けたから作ってみたんだ」

彼方「君達もーチョイ興味持とうよぅ……」ポリポリ

彼方「おいしいよぉ……」

元スレ: 彼方「妹に彼ピが出来た……」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/12(火) 17:42:59.89 ID:KNejcqJN
果林「で、遥ちゃんだっけ?」

愛「カワイイ子だよねー。ウチに欲しいくらい」

彼方「……あげないよ」

愛「同好会に欲しいってコトだからね」

彼方「それは分かる……でも今は生徒会の仕事が楽しいそうなので」

彼方「恐らく望み薄かと……」

果林「あら……遥ちゃんって生徒会だったの」

愛「へぇ、スゲーじゃん」

愛「ここの生徒会って、厳しい入会審査もあるらしいけど」

彼方「うちの遥ちゃんなら楽勝でございますよ」
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/12(火) 17:43:36.34 ID:KNejcqJN
彼方「生徒会に受かった時はねー……もーホントに嬉しそーにしててさーぁ? 姉としちゃカワイイの何ので」

彼方「洗濯物干しながらね? 鼻歌で歌ってたのよ、彼方ちゃんのソロ曲」

愛「カワイイじゃん」

彼方「そうそう。こっちまで嬉しくて、下手すりゃ鼻血出そうでしたよありゃもー」

果林「鼻血って……大袈裟な」

愛「…………」

愛「ねぇもしかして、その彼氏って」

彼方「生徒会の人でした……」

果林「あらま」

愛「喜んで送り出した先に狼が居たわけだ……」

彼方「そゆこと……」
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/12(火) 17:44:04.85 ID:KNejcqJN
彼方「妹が姉から離れていく……」

彼方「やはり東京は魔物の住処なのでした」オヨヨ…

愛(重症だねこりゃ)

果林(さすがは〝行動原理:妹〟なだけある)

彼方「……」

彼方「大体さぁ!」

愛「うわビックリした?!」

果林「ど、どうしたのよ」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/12(火) 17:44:36.50 ID:KNejcqJN
彼方「遥ちゃんも遥ちゃんなワケだよ!」

彼方「今までそんな素振り全然なかったのにさ! 生徒会入っ暫く後辺りから急に物静かーになり始めて!」

愛(何か始まった)

果林(長くなりそうね)

彼方「いつも元気だったのに、急にだよ?」

彼方「具合悪いのかなって思うじゃん!! 心配するじゃん姉だもん!!」

彼方「彼方ちゃん珍しく自分で家事全部やる覚悟したよ」

果林「本当に珍しいわね」

彼方「で、どーしたのって訊いてみたらさ……」

彼方「〝あのね、私……好きな人……できた〟」←声真似

彼方「はぁ……」

彼方「覚悟が無駄になったよ!!」バァン!

愛(笑ったら死ぬ笑ったら死ぬ笑ったら死ぬ……)グググ…

果林「あっはっはっはっはっはっはっはっ!!!」

彼方「なに笑っとんじゃソコー!」ゲシゲシ

果林「いたたたた」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/12(火) 17:45:07.50 ID:KNejcqJN
彼方「分かっちゃいるのよオトミさん……姉がこんなんじゃ駄目ってことは」

愛「急に落ち着いたよ、情緒不安定かな」

果林「こんなアクティブな彼方はじめて見た。何か怖くなってきたわ私……」ヒリヒリ

彼方「送り出したいよ……妹に幸せになって貰いたい気持ちは嘘じゃないの」

彼方「〝でも幸せならオッケーです〟って割り切れたら、どんなに良いか……」

愛(あー居たね、そんな人。結果はアレだけど)

果林(あの人、いまどんな気持ちでいるのかしらね)

彼方「でもさ……辛いのよ。いつも一緒にいた家族が変わっていくのを見るのは……」

彼方「彼方ちゃんは情けない姉なのです……」シクシク…

果林「……」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/12(火) 17:45:42.91 ID:KNejcqJN
果林「まあ、どうあれよ」

果林「遥ちゃんも大人になり始めたってことだし……素直に喜んで良いことじゃない?」

彼方「……」

愛「まあそりゃそうだね。異性と付き合うとイロイロ視野広がるから」

果林「それに、遥ちゃんだもの。好きな人が出来たからって、家族を蔑ろにするような子じゃないでしょ」

愛「今の御時世、眩しいくらい良い子だもんね。あの子」

果林「だからね、妹が大人になろうとしてるんだから、姉のアナタも、支えてあげなくちゃ」

彼方「……うん、頑張りたいとは思う」

果林「よろしい」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/12(火) 17:46:14.18 ID:KNejcqJN
果林「障害はあるだろうけど、アナタ1人で抱え込むことはないんだからね?」

愛「頼る人は居るじゃん? 少なくとも同好会に8人も」

愛「安心しなよ。遥ちゃん泣かせるような男なら、アタシ達が殴りにいったげるから♪」

果林「そうよ、彼方の妹は私たちの妹なんだからね」

彼方「2人とも……ありがと。彼方ちゃん頑張るよ」

彼方「……」

彼方「でも遥ちゃんは彼方ちゃんのだよ?」

愛「……」ゲシゲシ

果林「……」ゲシゲシ

彼方「いたーい~……」
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/12(火) 17:46:58.46 ID:KNejcqJN
果林「それでそれで?」ズイッ

愛「どんな人なワケよ」ズズイッ

彼方「な、なにがー……?」ヒキ…

愛「その遥ちゃんの彼氏だよー! 分かってるくせにー!」

果林「イケメン? イケメンなの? 身長は? 収入は?」

愛「カリン、高校生だから収入は……」

果林「あ、そっか」

彼方「テメーら女子高生か!!」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/02/12(火) 17:47:32.68 ID:KNejcqJN
おわり

虎太郎君出るとこまで書きたかったけど力尽きた
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『彼方「妹に彼ピが出来た……」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)