穂乃果「ガイアアアアアアアアアアア!」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ27
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 01:07:25.99 ID:SbFWG7Y1.net
穂乃果「えいっ」シュタッ


海未「穂乃果!ダンスでジャンプする時いちいち雄叫びを挙げないで下さい!」


穂乃果「えへへゴメン!でもこう叫んだ方が着地が上手く決まると思うの!」


にこ「何言ってんのよ!大体歌ってる最中にガイアアアアっておかしいでしょ!?」


真姫「そうよ大体いい年してウルトラマンなんて恥ずかしい」


絵里「え?ガイアってウルトラマンなの?」


希「真姫ちゃんよく知っとるねえ」ニヤニヤ

元スレ: 穂乃果「ガイアアアアアアアアアアア!」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 01:14:07.25 ID:SbFWG7Y1.net
真姫「し、知らないわよ!それっぽい名前だと思っただけ!」


凛「凛は知ってるにゃー!昔遊園地で俳優さんのサイン貰ったにゃ!」


花陽「あの時は凛ちゃん大喜びしてたよね~」


真姫「俳優さん?」


凛「ほらガイア役の!」


真姫「ああ我夢ね!本当に!?それで変身してくれた!?」


凛「え?いやそれは」


真姫「そうよね~怪獣が出てないと変身しちゃ駄目だもんね!でも一回で良いから手に載せて貰いたいわ」
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 01:18:38.36 ID:SbFWG7Y1.net
ことり「真姫ちゃんもしかして・・」


にこ「ぷぷっサンタに続きあの真姫ちゃんが・・」


穂乃果「駄目だよにこちゃん!真姫ちゃんにはウルトラの星が見えるんだよ」


海未「穂乃果・・一応フォローしてるんですよね?」


真姫「?皆どうしたのよ」


絵里「ねえ希、ウルトラマンって私見たことないんだけど・・」


希「ああえりちはそうやろなあ」
12: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 01:22:09.67 ID:SbFWG7Y1.net
希「とってもスピリチュアルな国民的ヒーローやん?」


絵里「ハラショー・・!是非とも興味が湧いてきたわ」


穂乃果「じゃあ絵里ちゃんも真姫ちゃんも一緒に叫ぼうよ!」


真姫「な、何言ってるのよ!イミワカンナイ!」


ことり「でも真姫ちゃんウルトラマン好きなんでしょ?」


真姫「別に好きじゃないわよ!私帰る!」


にこ「ちょ、ちょっと!」
14: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 01:28:05.26 ID:SbFWG7Y1.net
タッタッタ

真姫「はあ・・はあ・・嫌な事思い出しちゃった・・」

・・・・・・・・
・・・・・
・・

ガキ1『あっこい子ウルトラマンの筆箱使ってる~!』

ガキ2『もう小学生なのにウルトラマンなんてだっさー!』

真姫『ダサくないもん!ウルトラマンカッコいいもん!』

ガキ3『やーいやーいおこちゃま~!』
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 01:31:40.52 ID:SbFWG7Y1.net
・・・あの時ウルトラマンは助けてくれなかった。だからもう嫌い・・


真姫「そろそろ寝ようかしら・・あれこんな赤い玉部屋にあったっけ?」


真姫「怪獣が秋葉原に来たらウルトラマンが見れるかも知れないのにな・・」


真姫「Zzzz・・」
17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 01:35:21.19 ID:SbFWG7Y1.net
翌日

にこ「おはよう」


真姫「何で待ってるのよ・・」


にこ「別に心配して来た訳じゃないわよ」


真姫「ふん!分かってるわよ!」


にこ「じゃあ学校行こっ」クスッ


真姫「・・うん!」
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 01:43:19.28 ID:SbFWG7Y1.net
放課後

真姫「って何よこれ!」


にこ「あんた達練習する気あんの!」

絵里「無いわよ~」


ことり「今日はおやすみ~」

海未「めんどくさいです~」
34: ゴッドマーズ人気だねMXで見たけど面白かった(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 19:54:39.88 ID:SbFWG7Y1.net
真姫「どういう事なの?よりによって海未とエリーが・・」


にこ「あんたらがしっかりしないでどうすんのよ!」


絵里「だってめんどくさいチカ~~」ヘラヘラ


海未「今日はゆっくり山をながめましょ~」ニヤニヤ


穂乃果「穂乃果も勉強めんどくさ~い」

真姫「モウ!」
35: ゴッドマーズ人気だねMXで見たけど面白かった(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 20:05:16.70 ID:SbFWG7Y1.net
ガチャッ


凛「みんな~!今日も踊るにゃーーーー!」


にこ「凛!」

ピタッ

凛「・・・・や~めた。。何かめんどいにゃ・・・」


真姫「ヴぇええ?いきなりどうしたのよ!?」


凛「いやあもうおどるのめんどくさいにゃというかしゃべるのもめんどいからはなしかけないで~」


にこ「これ・・明らかにおかしくない?」


花陽「り、凛ちゃんどうしたのおお!?」


真姫「・・・ねえにこちゃん」


にこ「何よ」


真姫「凛ってあんなに顔にホクロあったっけ」
36: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 20:11:23.92 ID:SbFWG7Y1.net
希「この症状…恐らくヤメタランスの仕業やね」


真姫「何よそれ!」


希「帰マンに登場した怪獣よ人間を怠けさせてしまう能力を持ってるんや」


にこ「へえ~って怪獣なんて居るわけないでしょ!」


真姫(怪獣・・?もしかして・・)


花陽「ピヤアアア!」


希「ど、どうしたん!?」
37: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 20:15:31.50 ID:SbFWG7Y1.net
花陽「た、たた大変ですううう!校庭に怪獣がああ!」


にこ「ほ、本当だ!・・・ってあんまりデカくないじゃない」


希「今はまだな、でも食べれば食べるだけ大きくなるで」


絵里「しっかし面白い顔ねえ~」


海未「こんな顔ですかあ」


穂乃果「ヒャヒャヒャヒャ!海未ちゃんそっくり~!」
38: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 20:21:49.19 ID:SbFWG7Y1.net
花陽「み、みんな笑ってる場合じゃないよおお」


にこ「そうよ!このまま大きくなったら危ないじゃない!」


希「すぐ理事長に避難を呼びかけなきゃ!」

PLLLL

理事長『え~~いいじゃない廃校の手間が省けるわ~』


希「アカン」
39: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 20:27:49.72 ID:SbFWG7Y1.net
真姫(どうしよう…きっと私が昨日怪獣出るように願っちゃったせいだ・・)


真姫(…!ソウダワ!あの赤い玉にお願いすれば…!」


にこ「真姫ちゃん?何ブツブツ言ってるの?」


真姫「ウルトラマンガイア!キナサイヨオオオオオオオ!!」
41: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 20:57:57.85 ID:SbFWG7Y1.net
その瞬間、大きな土砂が巻き起こり私達の視界は塞がれた
目を開けた時、既に校庭に怪獣の姿は無かった

絵里「あれ?私達何してたのかしら?」


海未「何だか一ヶ月分は休んだ気がします・・」


穂乃果「テストめんどくさいよぉ」

皆はいつも通りになったけどその日は大事を取って練習は無しになった。
家に帰った私はまだ夢を見ているようだった
42: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:02:10.14 ID:SbFWG7Y1.net
真姫「・・・ねえママ」


真姫ママ「どうしたの?」


真姫「昔、私がコンクールで初めて演奏した曲覚えてる?」


真姫ママ「も、勿論!確かウルトラマンの曲よね!あの時の真姫ちゃんとっても可愛かったわ!」


真姫「わ、分かったから!///」
43: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:09:25.17 ID:SbFWG7Y1.net
真姫(そう…昔ピアノの練習がキツくて挫けそうになったときガイアを見てあんな風になりたくて主題歌を演奏したんだ)


真姫「嫌な思い出もあったけど・・良い思い出もいっぱいあるのね・・・」

PLLLL

にこ『もしもし真姫ちゃん?』


真姫「にこちゃん?どうしたの」


にこ『あのね?昼間に真姫ちゃんがウルトラマンー!って叫んだじゃない』


真姫「イ、イイデショ!ソノコトハ!//」


にこ『も~照れないで☆・・で、まあそのお陰で私達は助かったんだけどその後ウルトラマンはどこ行ったにこ?」


真姫「わ、忘れてたああああ!?」
44: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:15:17.17 ID:SbFWG7Y1.net
翌日

穂乃果「と、言う訳で!今日は皆でウルトラマン探し行っくよーー!」

一同『・・・・・・・・・・・・・』

凛「ううううう…た、楽しそうだにゃーー!」

花陽「確かウルトラマンの映画にアイドルが出てたよね凛ちゃん!」

絵里「え?何?ウルトラマンって本当にいるの?希?」

希「えりち一旦深呼吸しよか」
45: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:22:06.26 ID:SbFWG7Y1.net
ことり「穂乃果ちゃん楽しそう・・ね、海未ちゃん?」

海未「・・・・・・・て下さい・・」

ことり「え?」


海未「いい加減にして下さい!!!!!」


一同『・・・・!』ビクッ

海未「なんですか?なんなんですか?ウルトラマンって!?いい年こいてシュワッチですかあああ!?大体居る訳無いじゃないですか!ウルトラマンなんて!中の人は居るんですよ!?怪獣虐めて何が楽しいんですか!?」


ことり「う、海未ちゃん落ち着いて」


真姫「居るわよ!!」


海未「・・・・・はあ?」
46: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:26:13.33 ID:SbFWG7Y1.net
海未「いるって何がですか?」


真姫「ウルトラマンよ!」


海未「いけないですねぇ真姫・・・貴方ウルトラマン嫌いなんじゃなかったですっけ?」


真姫「ソウヨ!・・・嫌いになろうとしたわよ・・・でも好きなの!大好きなの!」


にこ「真姫ちゃん…」


海未「へえ・・・じゃあ何でウルトラマンが好きなんですか?」


真姫「それは…その強くてカッコいいから・・」
47: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:32:28.61 ID:SbFWG7Y1.net
海未「…いいでしょう、ならそのウルトラマンを粉々にする怪獣を出して貴方の目を覚ませてあげます!」


真姫「赤い玉!何でそれを?」



ゼットン「ゼットーン・・・・」ブヨブヨ


希「あ、あれは確か・・」


海未「二代目ゼットン!身長60M、体重3万トン!」


ことり「え?」
50: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:35:57.03 ID:SbFWG7Y1.net
海未「必殺技は右手先から発するゼットンナパームです!」


ゼットン「ゼットーン」ビビビビ


凛「あー!UTXが壊れたにゃー!」


海未「ふふふこれで地区大会の手間を省けました!」


花陽「な、なんて事するのおおおおお!?」
51: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:38:30.67 ID:SbFWG7Y1.net
絵里「あわわわわわわわわ!え、エリチカお家帰る!」


希「えりちまずは深呼吸しよか」


真姫「どうしよう・・このままじゃ!」



『ガイアアアアアアアアアアアアアアア!』



穂乃果「!今の声!?」
52: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:43:06.33 ID:SbFWG7Y1.net
ドオオオオオオン


ガイア「ヘアッ!」


凛「ウルトラマンガイアにゃー!!」


ゼットン「ゼットーン!」ガッ

ガイア「グアッ!」

ピコンピコンピコン

にこ「何か胸が光ってるわよ?」

希「カラータイマーや!」

真姫「ライフゲージヨ!」
53: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:46:21.29 ID:SbFWG7Y1.net
ことり「ええと…ゼットンだっけ?」


海未「二代目ゼットンです」


ことり「そのあれって海未ちゃんが呼び出したの?」


海未「今です二代目ゼットン!ラブアロオオオオオシュートオオオオオ!!」


穂乃果「さっきゼットンナパームって・・・」
54: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:49:55.39 ID:SbFWG7Y1.net
真姫「そんなのガイアには通用しないわよ!」


凛「一気に決めちゃえー!」


ガイア「ハアアアア!デヤアアアアア!」

ゼットン「ぜっゼットーン・・・・・!」ドカーン


ことり「ああ!海未ちゃんの二代目なんとかが!」

海未「そ、そんなああああ!!」
56: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:55:03.14 ID:SbFWG7Y1.net
――――――――
――――――

我夢(ウルトラマンガイア)「おかしい・・何であんなにすぐエネルギーが切れたんだろう・・もしかして!以前迷い込んだパラレルワールドに?」


こころ「じーっ」

ここあ「じーっ」


我夢「!???」
57: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:58:22.86 ID:SbFWG7Y1.net
穂乃果「でかした!こころちゃん、ここあちゃん!」


凛「ガイア発見にゃー!」


我夢「ま、まさか・・・」


穂乃果「ねえ!変身して!」

凛「生で見せて欲しいにゃー!」

穂乃果「へーんしん!」

凛「へーんしん!」

穂乃果&凛「「へーんしん!へーんしん!へーんしん!」」


我夢「ちょっちょっと待って!」
59: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 22:03:14.13 ID:SbFWG7Y1.net
タッタッタ

我夢「はあはあ・・何だったんださっきの娘達・・何時の間にか大勢増えてるし皆踊り始めるし・・・」


高坂ママ「はい、いらっしゃいませ~」


我夢「あ、いやすいませんボクは買いに来たわけじゃ」


高坂ママ「あら・・・あなた・・!」


我夢「え?」


高坂ママ「ガイアー!」


我夢「・・・・」

高坂ママ「娘が小さい頃好きだったの~」
60: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 22:08:24.56 ID:SbFWG7Y1.net
真姫「やっぱり我夢だわ!!」


我夢「き、君は!?」


にこ「いいから付いてくる!」


我夢「え、ええ!」

―――――――――

にこ「・・・・」ジーッ


我夢「な、何か?」


にこ「真姫ちゃん」ボソッ


真姫「なによ」


にこ「こういうのが好みなの?」
61: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 22:11:01.43 ID:SbFWG7Y1.net
真姫「ハア~あのねえにこちゃん・・我夢にはちゃんと奥さんがいるのよ?」


にこ「え、ええ?」


真姫「それに私が好きなのはウルトラマンガイア!」


にこ「ふ、ふ~ん」


我夢「え~とそろそろ話を聞かせて貰っていいかな?」
62: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 22:18:36.75 ID:SbFWG7Y1.net
我夢「成程・・きっとその赤い玉で君の友達は操られてたんだね」


にこ「と、言うことは!それを取り上げちゃえば海未は元に戻るのね!」


真姫「本当にそうかしら…」


にこ「真姫ちゃん?」


真姫「あの時の海未、昔のパパと同じ事言ってた・・もうウルトラマンなんて卒業しろってグッズ全部捨てられて・・・別に操られてるとかじゃなくてそれが普通だって」


にこ「・・・・・・・・」

真姫「だから海未も本当にそんな風に思ってたんじゃ・・」
63: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 22:21:31.73 ID:SbFWG7Y1.net
にこ「バッッッツカじゃないの!!」


真姫「な・・!ばかとは何よ!」


にこ「あのね真姫ちゃん、そのパパは今も苦手?」


真姫「べ、別に!」


にこ「ふーん何で?」


真姫「それは…自分の思ってる事ハッキリ言えたから」
64: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 22:24:23.65 ID:SbFWG7Y1.net
にこ「その時背を押してくれたのは誰?」


真姫「・・・!海未よ」


にこ「そ、あの娘が教えてくれたんじゃない」


真姫「そうね・・・そうよね!」


にこ「行きましょ!当たって砕けろよ!」


真姫「うん!」
65: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 22:32:26.77 ID:SbFWG7Y1.net
我夢(この娘達にはアドバイスは必要無いみたいだな…)フッ


学校

穂乃果「出来たーー!どうこのスピノサウルスの出来!」


海未「ほ~の~か~!恐竜ではなく怪獣と言ってるでしょう!」


ことり「私も出来たよ~」


海未「流石ですことり!服だけでなく怪獣のデザインまで優れているとは!」
66: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 22:39:21.16 ID:SbFWG7Y1.net
ことり「でも穂乃果ちゃんと海未ちゃんの怪獣もかっこいいよ!」


穂乃果「恐竜だってば~」


ことり「だから合体させちゃお!」


海未「!その発想は思い浮かびませんでした!」


ことり「これをこうして・・・」


海未「フフフいよいよ見れそうです私達三人の結晶がガイアを倒す瞬間!今こそ私はガイアという山を越える!!」
74: 二日遅れだけどことりちゃん誕生日おめでとう(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 20:43:29.15 ID:LLpdiPfx.net
真姫「そこらへんにしなさいよ!」


にこ「目覚ましなさい!海未、とそこの二人何してるのよ!」


穂乃果「まあまあ」ガシッ


ことり「いいからいいから♪」ガシッ


海未「待ってましたよ二人共。さあ特等席で見せてあげましょう私の山頂アタックを!」
75: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 20:50:36.84 ID:LLpdiPfx.net
真姫「って何する気よ!」


海未「決まってるじゃないですか?私の怪獣が秋葉原を壊滅する一大スペクタクルですよ?」


にこ「離しなさい!あんたら変よ!?」


海未「無理しないで下さい真姫、あなたも怪獣が大好きでしょう?町を破壊し、大暴れする、逃げ惑う市民に絶対的な力を示す怪獣が!
・・・・・・でもそんな事言ったら馬鹿にされますもんね?女の癖して怪獣だなんて・・たまたま見つけた特撮好きは殆どが平成ライダーしか見てないで怪獣に興味無し・・・・
悪かったですね時代遅れで!!だったらその怪獣の強さと恐ろしさを存分に思い知らせて上げます!出なさい!私の最強怪獣!ファイブキング!!!」


真姫「だ、駄目なオタクの典型だわ…」
76: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 20:54:09.36 ID:LLpdiPfx.net
ファイブキング「ギャオオオオオオオオオオオ!!!!」


にこ「ら、ラジ館が、ヨドバシが!」


海未「良いですよ!そこ!滅びのラブアローシュート!!」


真姫「もう止めなさいよ!」


穂乃果「あ、ソフマップが」




『ガイアアアアアアアアアアア!』ズドオオオオン
77: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 20:58:23.56 ID:LLpdiPfx.net
真姫「ガイア!」


海未「出ましたね・・・!」


ガイア「シュワッ!」


海未「甘い!ファイブキングに接近戦は通用しません!」


ファイブキング「グオオオオオオオオ!」


ガイア「デュアッ!?」


真姫「ガイア!」
79: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:02:45.80 ID:LLpdiPfx.net
真姫「・・・・っいい加減にしなさいよ!」ドカッ


海未「なっ!?」


真姫「海未はそんな人じゃないでしょ?何時も真っ直ぐで正義感が強くて皆を支えてくれたじゃない!・・・・その、ヒーローみたいな人でしょ!?」


海未「」


真姫「あれ?」


海未「うううん・・・・真姫!?わ、私は何て事を・・・」
80: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:05:11.64 ID:LLpdiPfx.net
穂乃果「あれ?私達・・」


ことり「何してたんだろ?」


ファイブキング「グオオオオオオ!」


にこ「ちょっこっち来るわよ!?」


真姫・にこ・海未・ことり・穂乃果「「「「「きゃああああああああああああああ!!」」」」」
81: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:08:03.59 ID:LLpdiPfx.net
絵里「学校に着いたと思ったら・・・」


希「音の木坂がまっぷたつやね・・」


花陽「助けに行きましょう!皆を!」


凛「行っくにゃー!」


希「あっ二人共!」


絵里「行きましょう、希!」
82: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:11:29.86 ID:LLpdiPfx.net
ガイア「ウアッ!」ドーン!


ファイブキング「グオオオオオオ!」



真姫「ん、んん・・・ガイア!」

真姫「どうしよう…でも、私何が…」

真姫「!?にこちゃん!」
84: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:14:24.83 ID:LLpdiPfx.net
にこ「う、うう・・・」


真姫「大変!気を失ってる!た、助けなきゃ!」


ファイブキング「グオオオオオオオオ!!」


真姫「ひっ…!足が・・動かない」ガタガタ


真姫「助けて…助けてウルトラマン…!」ポロポロ
85: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:17:23.99 ID:LLpdiPfx.net
海未「ま、真姫!」


真姫「海未!酷い怪我・・!」


海未「私の事は…良いんです・・にこを!」


真姫「でも私なんかじゃ」


海未「しっかりしなさい!」


真姫「!」


海未「私は怪獣が好きでした…本当は皆に知って欲しかったし、ことりの誕生日にバードンのソフビをあげたりしたかった!でも嫌がられたり馬鹿にされたりしたらと思うと・・」
86: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:22:22.13 ID:LLpdiPfx.net
真姫「海未・・・」


海未「だから貴方が羨ましかった…!恥ずかしがり屋の貴方が好きなものを好きだとしっかり言えたんです!例え馬鹿にされようがウルトラマンはいるって!その強さがあれば…大丈夫です!」


穂乃果「真姫ちゃーん!」ボロボロ

ことり「ま、まきちゃああん」ヨロヨロ


タッタッタッタ

絵里「真姫ー!」

希「真姫ちゃん!」

凛「真姫ちゃーん!」

花陽「真姫ちゃん!」
87: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:26:45.80 ID:LLpdiPfx.net
真姫「みんな・・!」

真姫「ギリギリまで頑張って…ギリギリまで踏ん張って・・・・!」

真姫「そうよね、そのくらい頑張らなきゃ、ウルトラマンも愛想つかしちゃうもんね!」ダッ


ファイブキング「グオオオオオオ!」


真姫「うるさい!この真姫ちゃんがアンタなんかに怖がるわけないでしょー!」


真姫「にこちゃあああああああん!」ガシッ


にこ「・・・・ま、真姫ちゃ」

ファイブキング「グオアアアアアアアアアア!!!!!!」
88: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:29:33.04 ID:LLpdiPfx.net
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・

真姫「。。。あ、あれ?」


にこ「ここどこ?・・・って手の平!?」


ティガ「シュアッ」ソッ

真姫「て、ティガ!?」ピョン

ダイナ「デェア!」ソッ

にこ「ええとダイナ…だっけ?」ピョン
89: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:32:10.49 ID:LLpdiPfx.net
ガイア「ハアッ!」シュイーン


ことり「色が変わったよ?」


真姫「スプリームバージョン!」


希「それにしても何でティガとダイナが…?」


花陽「きっと真姫ちゃんの勇気が光を呼んだんです!!!!!」
90: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:36:31.31 ID:LLpdiPfx.net
ガイア「ハアッ!!」

真姫「フォトンストリーム!」

ダイナ「ドォア!」

穂乃果「ソルジェンと光線!」

ティガ「シュワッ!」

凛「ゼペリオン光線!」


ファイブキング「ギャアアアアアアアアアアアア!!」ドオオオオン
91: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:38:36.40 ID:LLpdiPfx.net
絵里「ハラショー!勝った!勝ったわ!!」


希「スピリチュアルパワー全開やん!」


海未「…ありがとう、ウルトラマン」



ガイア『まきちゃん』


真姫「えっ」
92: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:43:13.16 ID:LLpdiPfx.net
ガイア『赤い玉は所有者の望む物を叶える存在だった。その力は既に消えたと思っていたが微量ながらも力を残していたんだ』


海未「私のせいで・・・・」


ガイア『玉は君の思いを歪曲して叶えてしまった…君のせいじゃないさ・それに君達の強い絆で怪獣を倒し光を呼ぶ事が出来たんだ』シュウウ・・・


真姫「ガイア、行っちゃうの…」


ガイア『君はもう自分で光を掴み取れる。そして一緒に掴む仲間もいる』
93: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:45:43.30 ID:LLpdiPfx.net
真姫「と、当然じゃない!フン!」


ガイア『さようなら、別の世界の仲間達』シュイン


穂乃果「行っちゃったね・・・」

凛「あーっ!手に乗せて空飛んで見たかったよー!」

絵里「た、確かに・・・!」
94: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:49:07.09 ID:LLpdiPfx.net
真姫「・・・・・」


にこ「あっれ~真姫ちゃん泣いてる~?」


真姫「そ、そんな訳ないでしょ!」


にこ「ふふっ…良かったね真姫ちゃん」


真姫「…ねえにこちゃん」


にこ「何?」


真姫「ウルトラマンも好きだけど、μ'sも大好きよ!」



95: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2014/09/14(日) 21:50:07.31 ID:LLpdiPfx.net
無駄に長くなって申し訳ない
超時空の決戦は名作なので是非一回見てください
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「ガイアアアアアアアアアアア!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。