凛「凛たちのおまたに野生のちんすこうが!?」真姫「……」花陽「///」にこ「?」

シェアする

にこまきりんぱな-アイキャッチ1
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:55:06.78 ID:Uo0uhnD40
・生えた

・にこまきりんぱな


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441022106

元スレ: 凛「凛たちのおまたに野生のちんすこうが!?」真姫「……」花陽「///」にこ「?」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:56:24.25 ID:Uo0uhnD40
花陽「生えヂャッダノォ゛!?」ボロン

凛「希ちゃんからもらったスピリチュアルなドリンクを飲んじゃったせいかにゃー」ボロン

真姫「何なのよその雑な設定は!今年最大にイミワカ!」ボロン

花陽「ど、どうしよ……誰か助けて……」ウルウル

凛「だいじょーぶだよかよちん、明日には効果消えるって希ちゃん言ってたし」

真姫「いいからとりあえずしまいなさいよ二人とも」

花陽「ま、真姫ちゃんも早く隠して……恥ずかしいよ……///」

ガチャッ

にこ「みんないるー?穂乃果たちは修学旅行でいないし、希と絵里は遅れるっていうから今日はにこたちだけで練習を……」

まきりんぱな「あ」ボロン

にこ「って、何生やしてんのよあんたたちぃぃー!?」ギョッ!
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:57:13.28 ID:Uo0uhnD40
にこ「一体何考えてんのよ!アイドルとしての自覚が足りないわよ!」ガミガミ

真姫「自覚とか関係ないでしょ……」ムクッ

にこ「だいたい希も希よ!毎回毎回スピリチュアルなドラ○もん枠ばっかで進歩ってもんがないのよ、もう!」プンスカ

凛「そんなこと凛たちに言われても困るにゃ」ムククッ

にこ「今日の練習どーすんのよ!こんな状態でやって誰かに見られでもしたら大スキャンダルじゃないバカー!」ジタバタ

花陽「お、落ち着いてにこちゃん……」ムクムクッ

にこ「……しょーがないわね、今日は部室の中で練習を……ん?」

まきりんぱな「……」ビンビン

にこ「ちょっ!?///」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:58:03.90 ID:Uo0uhnD40
にこ「バ、バカッ、こんな時に何大きくしてんのよ……!にこの話聞いてたの!?」

真姫「しょ、しょうがないでしょ!」

凛「にこちゃん見てたらなんとなく」

花陽「大きくなっちゃったんだもん……///」

にこ「な、何でそこでにこのせいになるわけ?」ガーン
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 20:58:44.94 ID:Uo0uhnD40
にこ「いいからさっさと小さくしなさいっての!じゃないとひっこ抜くわよ!」キー!

まきりんぱな「!」ピクッ

真姫「……聞いた?」ゴクリ

花陽「う、うん……にこちゃんが、私たちのを……その、抜いてくれるって……///」ドキドキ

凛「凜たちのを小さくするためなら身体を張って何でもするって言ったにゃ!」

にこ「へ?いや、そんなこと言ってな」

まきりんぱな「……」ニジリニジリ

にこ(何かヤバイことになった気がするニコ)ダラダラ
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:16:29.07 ID:Uo0uhnD40
にこ「お、落ち着きなさいよ……こういう時はほら、まず元凶の希に責任取らせるのが筋っていうかぁ……」

まきりんぱな「……」ギンギン

にこ(話通じそうもないわね……ここは逃げ)ダッ

花陽「あ、鍵掛けとくね」ガチャリ

にこ「」

凛「にこちゃん捕まえるのももうヌルゲー過ぎて飽きてきたにゃー」ガシッ

にこ「」

真姫「もしかして逃げられるとでも思ってたの?にこちゃん」

にこ「」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:18:47.70 ID:Uo0uhnD40
花陽「苦しんでる私たちを見捨てるだなんてヒドイです……」ウルウル

にこ「そ、そういう問題じゃないでしょ」アセ

凛「そうだよそうだよ、凛たちがこんなになっちゃったのはにこちゃんのせいなんだから」グリッ

にこ「ひっ!な、なんか硬いのが当たってるんですけどぉ!?///」

真姫「大体、元はといえばにこちゃんが可愛いすぎるのがいけないんでしょ、何とかしなさいよ」ギロ

にこ「何で怒りながらそういうこと言うの、真姫ちゃん!?///」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:21:22.87 ID:Uo0uhnD40
にこ「しょ、しょうがないわね……こ、今回だけ特別なんだから、感謝しなさいよ……///」ゴホン

花陽「わぁ、にこちゃんありがとう♡」

真姫「分かればいいのよ」フン

凛「さすが部長だにゃー!」パチパチ

まきりんぱな(やっぱりチョロい)
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:29:30.05 ID:Uo0uhnD40
にこ「この銀河ナンバーワンアイドルがこんなことしてあげるなんて本当だったらあり得ないんだから、あんたたちよく感謝して」

真姫「そういうのいらないから、とりあえず口でしてもらえる?」ズイッ

にこ「ひいっ!?」ビクッ

にこ(は、初めて間近で見た……///)

真姫「にこちゃん、もしかして怖いの?」

にこ「そそんなこと無いわよ!やってやろうじゃない!」

にこ(とか言ったけど口でするなんてどうしたらいいか知らないわよ……舐めればいいのかしら……///)ペロッ

真姫「んっ……」ピクッ

にこ(何かしょっぱい……変な味ね……)ペロペロ

真姫(おそるおそる舐めてるにこちゃんも可愛いけど、先っちょだけとかさすがにもどかしいわね)

真姫「にこちゃん、口開けて?」

にこ「ふぉ、ふぉう?」

ズボッ

にこ「んぐっ!?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:30:31.98 ID:Uo0uhnD40
真姫「ん……ダメよ、歯は立てないで」ジュポッ…

にこ「んぅぅ……!」

にこ(な、何コレ……!真姫ちゃんので口が塞がれて……!)

真姫「そうそう、口をすぼめるようにして……舌は先っぽの張ったところに絡めるようにしてくれる?」ジュポッジュポッ

にこ(ううっ、調子に乗っていろいろ注文つけてくんじゃないわよ……でも……)

にこ「んぶっ……ちゅぱ、れろ……」

真姫「ああ、上手になってきたわよにこちゃん、気持ちいい……♡」ハァハァ

にこ(真姫ちゃんの気持ちよさそうな声聞いてると、何だかこっちまで変な気分に……///)
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:31:47.06 ID:Uo0uhnD40
真姫「そろそろ限界……!」チュプチュプチュプ

にこ(ん……何かしょっぱさが強くなってきた……口の中でピクピクして……)

真姫「くぅっ……!」ビュクッビュクッ!

にこ「んぶっ!?」

真姫「はぁっ……全部飲んで、にこちゃん……♡」ピュッ…ピュッ…

にこ(!!熱くて変な味なのが口いっぱいに広がって……ていうか頭押さえられてるから吐き出せないし……!)ゴクッ…

真姫「そうそう……残ったのもちゃんと舐めて綺麗にしなさいよね」

にこ「ん……ふぁかったふぁよぉ……///」チュパッ、レロ…



花陽「ふわぁぁぁ……///」ドキドキ

凛「すっごい気持ちよさそうにゃぁ……///」ゴクリ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:33:05.15 ID:Uo0uhnD40
花陽「つ、次は花陽のをお願いします!」ズイッ

にこ(うっ……真姫ちゃんのよりさらに大きい……)

にこ「ちょ、ちょっと待っ」

ズボッ

にこ「んぐっ!?」

花陽「ふわぁ……にこちゃんのお口の中、狭くてあったかくて、すっごい気持ちいいよ♡」ジュボッジュボッ

にこ(頭押さえて腰振られてるせいで、息が苦しい……強引すぎよぉ、花陽……///)
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:35:15.45 ID:Uo0uhnD40
凛「凛も待ちきれないにゃぁ……にこちゃん、手でして?」グッ

にこ(無理矢理握らせられた……///花陽のほど大きくはないみたいだけど、何かゴツゴツしてて変な感触ね)シュッシュッ

花陽「も、もうダメ……出ちゃいそう……♡」ジュポジュポジュポ

にこ(花陽の、すっごく熱くて脈打ってる……///)

凛「凛も、おまたの奥がしびれて、何か上がってきちゃうにゃぁ……!」ゾクゾク…!

にこ(凛のは先っちょから何か出てヌルヌルになってきた……///)ニュクニュク
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:37:12.14 ID:Uo0uhnD40
花陽「に、にこちゃんっ……!」ビュルルルーッ!ドプッ!

凛「あうっ……!」ビュッビュッ!

にこ「んんん……♡」ゴクッ

にこ「……ぷぁ……もぉ、顔にかかったぁ……ていうか、まだ出てる……///」

花陽「ご、ごめんね、止められなくて……♡」ピュクッ…

にこ「あっ!制服にもかかっちゃってるじゃない!後でクリーニング代出しなさいよね!」ギュッ

凛「にゃっ!?今強く握っちゃダメッ……!」ビクッ
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:38:07.87 ID:Uo0uhnD40
にこ「と、とにかくこれであんたたちも満足したんでしょ?さっさと練習に戻るわよ!///」

真姫「何甘いこと言ってるの、にこちゃん?」ギンギン

凛「今のにこちゃんの姿見てたら、むしろさっきより元気になったにゃー」ギンギン

花陽「ごめんね、私もまだ全然おさまらなくて……」ギンギン

にこ「」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:43:32.51 ID:Uo0uhnD40
凛「とりあえず制服を脱がせるにゃ!」パサッシュルッ

にこ「ちょっ勝手に……やめ、やめなさいよバカぁ!///」

花陽「でも、これ以上汚れちゃったら困るでしょ?」

にこ「だから何で汚れるような事するのが前提になってんのよ!」

真姫「ふぅーん、やっぱり全然胸ないわね、にこちゃん///」ジィィーッ

にこ「っていつの間にか下着まで脱がされてるぅ!?」ガビーン
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:44:20.03 ID:Uo0uhnD40
花陽「大丈夫、色白くて肌すべすべで……とっても綺麗だよ、にこちゃん♪」サワサワ

にこ「ひんっ!?」ゾクッ!

凛「あ、胸の先っちょのところがぷくって大きくなってきたよ?」ジーッ

真姫「ちょっと脇腹撫でられただけで気持ちよくなるとか……敏感すぎじゃないの?」

にこ「そ、そんなんじゃないわよぉ……/// ただこれは肌がヒヤッとしたから……」

真姫「ふぅーん、じゃあこっちは何?」グッ

にこ「きゃっ!足広げちゃ……!///」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:46:46.68 ID:Uo0uhnD40
花陽「ふわわわ……ツルツルだね……///」ジーッ

凛「さすがにこちゃんだにゃ///」ゴクリ

にこ(は、恥ずかしすぎるわよぉ……この子たちにこんな所まで見られちゃうなんてぇ……///)プルプル

真姫「ほら、二人ともここを見て?」

凛「あ……合わせ目のとこから……」

花陽「とろーっておつゆみたいのが出てきた……」

にこ「いやぁぁぁ、そんなの説明しなくていいからぁ……!///」ジタバタ

真姫「足を閉じようとしてもダメよ」グッ

にこ(うっ、ふともも押さえつけられた)

花陽「ま、真姫ちゃん、さすがにちょっとかわいそうなんじゃ……」アセアセ

凛「あっ、でも見てかよちん!おつゆみたいのがどんどんあふれてきてるよ?」

真姫「恥ずかしいところを見られてエッチな気持ちになってきたってことね」

にこ「」

凛「よーし、さっきのお返しにもっともっとにこちゃんを気持ちよくしてあげるにゃ!」

花陽「う、うん!」

真姫「分かったわ」

にこ「」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:48:19.48 ID:Uo0uhnD40
花陽「顔にかけちゃったの、綺麗にするね?」ペロペロ

にこ「やん!くすぐった……そこまでしなくていいわよぉ……///」

凛「じゃあ凛は胸の先っぽのとこなめてあげるにゃ!」ペロペロ!

にこ「ひっ!な、何かザラザラするぅ……!」ビクッ

真姫「溢れる量がどんどん多くなってるわね……こっちは割れ目の所からぷくって膨らんだ所まで舐めてあげるわ」ツゥーッ…レロッ

にこ「ひぃぃぃっ!?」ゾクゾクーッ!

花陽「お口の中も綺麗にしないと……んっ」チュパッ ジュルッ

にこ「んむっ……///」

にこ(舌入ってきた……口の中吸われてるぅ……///)
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:50:27.10 ID:Uo0uhnD40
凛「コリコリしてグミみたいで何かおいしそうにゃ……かぷっ」

にこ「んんんっ!」ビクッ

凛「あ、痛かった?ゴメンねにこちゃん、じゃあおわびに優しくチューするね?」チュッ…チュパッ!

にこ(そんなこと言いながら結構強く吸ってるじゃないっ……)ビクビク

真姫「ここの皮かぶってるとこを突つかれるのが気持ちいいみたいね」ツンツン…グリッ

にこ「んんんんーっ……!?」プチュッ! ブルルッ…♡
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:51:40.74 ID:Uo0uhnD40
にこ「はぁーっ、はぁーっ……///」

にこ(頭の中、一瞬真っ白になっちゃった……腰ガクガクするぅ……///)

花陽「ぷぁ……もしかしてにこちゃんイッちゃったのぉ?」

凛「体にすっごく力入ってたにゃぁ」ツンツン

真姫「とりあえず記念に写真撮っておくわね」カシャカシャ

にこ「もぉ、バカぁぁ……///」ハァハァ
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:52:36.81 ID:Uo0uhnD40
真姫「ていうか、いやらしい姿ばっかり見せられてもういい加減我慢できないんだけど」グリッ

花陽「そろそろにこちゃんの中に入りたいな……///」グリリッ

凛「にこちゃんの中、とっても気持ちよさそうにゃ♡」グリグリッ

にこ「ひっ……ちょ、ちょっと待ちなさいってばぁ……みんなしてそんなの押し付けてこないで!」

凛「凛たちをここまでその気にさせといてそれはちょっと寒くないかにゃー」ジト

花陽「あんまりです、にこちゃん……」ジワッ

真姫「最低ね、にこちゃん」

にこ「だから何でにこが悪いみたいな空気になってんのよ!」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:53:56.60 ID:Uo0uhnD40
にこ「そうじゃなくて、そのぉ……にこ初めてだから、やっぱり怖い、っていうか、まだ早いっていうか……///」フルフル

まきりんぱな「……!!」

にこ「だから、ね?こういうのは、またの機会ってことで……」

シーン……

にこ(わ、分かってくれたみたい……?)ホッ…

まきりんぱな「にこちゃんの……初めて……」ゴクリ!

ビキビキーンッ

にこ「ひぃっ!むしろ逆効果だったニコ!?」ビクーッ
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 21:56:02.99 ID:Uo0uhnD40
真姫「にこちゃんの初めてをもらうのは私よ!決まってるデショ!」

凛「あっ真姫ちゃんズルいにゃー!凛だって一番最初にしたいもん!」

花陽「花陽も、ここだけは譲れません!」

ワーワーギャーギャー



最初にするのは誰? >>26
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/31(月) 22:00:08.80 ID:ACLN/JqVO
マッキー
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 04:57:09.99 ID:ctGhr3Ed0
真姫「じゃあいくわよ、にこちゃん」ギンギン

にこ「や、やっぱり無理だってば……そんなの入らないわよ……」ブルブル

真姫「こっちの方は十分準備できてるみたいだけど?」ヌチュッ♡

にこ「そんなの知らないわよぉ……///」

真姫(とはいえにこちゃんのが狭すぎて入りづらいのよね……角度を少し下向きにして)グッ

にこ「ま、真姫ちゃぁん……///」

真姫「もう、何?今集中したいんだけど」グリリッ

にこ「だったらせめて優しくしてほしいニコ……だからその、ゆっくりお願い……します……」フルフル

真姫「……」キューン♡

真姫「に、にこちゃんっ……!」ガシッ

にこ「え?」

ヌププ… ズブンッ!

にこ「うぐぅ……!」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 04:58:44.61 ID:ctGhr3Ed0
真姫「はぁっ……一気に奥まで入っちゃった……すごくキツいわね、にこちゃんの中……」ハァハァ

にこ「っ……何でよ真姫ちゃんのバカぁ、優しくしてってお願いしたのにぃ……」グスン

真姫「ごめんね、にこちゃんが可愛すぎて抑えがきかなくなっちゃって……痛かった?」

にこ「あんまり痛くはないけど、お腹の奥がジーンってした……後、押し広げられて苦しいって感じかしら……」

真姫「そう、じゃあ動いてもいいわね?」ヌププ…

にこ「えっ、ちょっ……」

ズンッ!

にこ「くはっ!?」

真姫(何コレ、ヌルヌル絡みついて締め付けてきて……ワケワカンナイぐらい気持ちイイ……!)ヌプッヌプッズンッズンッ

にこ「はうっ、くぅっ……!そ、そんなに、動かない、で……!」ユサユサ

真姫「それは無理ね。にこちゃんのが気持ち良すぎて、我慢するなんてムリ」パンパンパンパン

にこ「そんなぁ……///」ユサユサ
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 05:00:16.39 ID:ctGhr3Ed0
真姫「っはぁ……ところで、にこちゃん知ってた……?この野生のちんすこうから出る精液って、ちゃんと生殖能力があるんだって」ヌプヌプ

にこ「……へ?」ゾワッ

真姫「つまり、このまま中に射精したらにこちゃんは妊娠するかもしれないってコト」

にこ「……だ、ダメっ、絶対ダメ!にこはアイドルになるんだから……妊娠なんてスキャンダルどころの騒ぎじゃないわ……!」ブルブル

真姫「でも私は欲しいわ、にこちゃんとの赤ちゃん」

にこ「真姫ちゃん……?」

真姫「大好きなにこちゃんとの子供だったら、欲しい……!」パンパン

にこ「あうっ!?///」

真姫「にこちゃんもその子も、私がずっと養ってあげるし」ヌプヌプ…

にこ「んっ……」ブルッ

真姫「にこちゃんが秘密にしたいなら、うちの病院にできるだけ協力してもらうわ。だから……ね?いいでしょ?」ズプッズプッズプッ

にこ「はうっ、あんっ、急に、そんなに言われてもぉ、心の準備がっ、あっ!///」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 05:03:13.20 ID:ctGhr3Ed0
真姫「それならこうしましょう」

真姫「私の方が先にイったら、ちゃんと外に出すわ。でもにこちゃんの方が先にイっちゃったら、好きにさせてもらう。それでいいわね?」

にこ「もう、分かったわよぉ……でも、その……にこはイッたりとか、そんな恥ずかしいことしないんだからね?///」

真姫「それはどうかしら」ズンッ!

にこ「ひぐっ!?」ビクンッ♡

真姫「今までで大体にこちゃんの気持ちいいポイントは分かってるのよ。この奥の所と……」ズンッズンッ!

にこ「あっやっ、そこダメっ……ジーンってしびれるのがお腹の奥に広がってぇ……!」

真姫「手前側の方を擦られるのが、イイんでしょ?」ゴリュッゴリュッ

にこ「そこゴシゴシするのもダメっ……変な感じになるっ……♡」キュンッ

真姫「くっ、急に締め付けられて……正直この勝負分からないわね……」パンパン

凛「そこで凛たちが加勢するにゃー!」

花陽「がんばって、真姫ちゃん!」

真姫「凛、花陽?」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 05:04:30.22 ID:ctGhr3Ed0
花陽「花陽ね、にこちゃんの胸、すっごく可愛いなーって思って見てたんだぁ」サワサワ モミモミ

にこ「は、花陽、横から何して……」

花陽「特に先っぽのところが一番可愛いね……」レロレロ…チュッ♡

にこ「ひゃぁん……///」


凛「ふわぁ、真姫ちゃんのが出たり入ったりして……すごいエッチな眺めにゃぁ……///」ジーッ

にこ「そ、そんなとこ見ないでってば……///」

凛「上のポッチの所が膨らんでて苦しそう……なでなでしてあげるね?」クリュクリュ

にこ「ひんっ!?」ビクーッ!
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 05:06:16.22 ID:ctGhr3Ed0
ズンズンッ ゴリュッゴリュッ ペロペロ クチュクチュ

真姫「顔がだらしなくとろけてきたけど、もうイキそうなの、にこちゃん?」

凛「凛知ってるよ!こうやってググッて力が入ってきてる時は、すごく気持ちよくなる直前なんだよね?」

花陽「私たちに恥ずかしいとこ全部見せて、にこちゃん……!」

にこ(お腹の奥がどんどん熱くなって、頭がフワフワして……なのに身体全体がすごく敏感になって……にこは、にこはもう……!)

にこ「あ……へぇ……♡ イっ……イっく……!」ブルルッ…

にこ「んぁぁぁぁぁッ……♡」ビクビクビクンッ!
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 05:08:45.75 ID:ctGhr3Ed0
真姫「やっぱりにこちゃんの負けだったわね。まぁこっちも危ないところだったんだけど」

凛「凛たちの友情の勝利にゃ!」

花陽「ちょっとズルだったような気もするけど……」

にこ「はぁ……はぁ……ふわぁ……♡///」ガクガク

真姫「とにかく約束通り、好きにさせてもらうから」ガシッ

にこ「へぁ……?」

真姫「中に出すわね……っ!」パンパンパンパン

にこ「ひぃ……あっ、やっ……!にこ、まだイッちゃったばっかりなのにぃ……///」

真姫「受け止めて、にこちゃんっ……!」ズプッズプンッ!

にこ(あ……にこの中で、真姫ちゃんのが大きくなって、ピクピクして……)

真姫「くぅぅぅ……っ!」ビュルルルルーッ ドプッ!

にこ「きゃ……!熱ぅっ……!」ビクッ!

真姫「はぁっ……はぁっ……気持ち良かったわよ、にこちゃん……」ビュクッ…ピュクッ…

にこ「真姫ちゃん……まだ出てる……///」ハァハァ

真姫「にこちゃん……好き……」チュウッ

にこ「んぅ……///」チュッ……
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 05:11:12.18 ID:ctGhr3Ed0
凛「凛たちも協力したのに、何か二人っきりの世界に入り過ぎじゃないかにゃー」ジトーッ

花陽「それに私たちも、もう限界で……」ギンギン

凛「真姫ちゃんばっかりヒイキしないで、凛とかよちんともちゃんとして!」ギンギン

真姫「ああごめんなさい、順番だったわよね」ヌポッ…

にこ「んっ……!」ブルッ

にこ「って、凛と花陽ともぉ……!?正直もうにこは限界っていうか、さらに2人の相手するなんて無理っぽいっていうかぁ……///」

凛「ええーい、問答無用にゃー!」ガバーッ!

にこ「ひぃぃぃぃっ!?」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 05:23:57.95 ID:ctGhr3Ed0
パンパンパンパン

にこ「あぅ、あっ、あっ、もう、バカぁ、激し、すぎよぉ、凛っ……!///」ユサユサ

凛「にこちゃん、凛のこと好き?」パンパン

にこ「へぁ?」

凛「真姫ちゃんだけじゃなくって、凛のことも好きなのって聞いてるの!」パンパンパンパン!

にこ「きゃう!す、好きよ、ちゃんと好き……!あんたは時々生意気だけど、素直なとこもあるし可愛いって思ってる……だからペース上げないでってばぁ……///」

凛「だったら凛も中に出していいよね?」パンパンパンパン

にこ「わ、分かったわよぉ……だからもう少しゆっくり……///」ユサユサッ

凛「そんなの聞かないもん!にこちゃんは凛のモノでもあるんだからっ……!」パンパンパンパン!

にこ(ひぃ、余計激しくなって……!)ガクガク

凛「んくっ、もう来ちゃうっ、切ないのがっ……」ブルルッ♡

凛「イッくにゃぁっ……!」ビュクッビュクッビュクンッ!

にこ「ふわぁぁぁぁ……っ!///」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 05:51:36.28 ID:ctGhr3Ed0
花陽「えへへ……にこちゃんの中、あったかくて気持ちいい……」ヌプッ…ヌプッ…

にこ「はぁ、はぁ……と、とぉぜんでしょ……このにこがさせてあげてるんだからぁ……♡」

花陽「後、真姫ちゃんのと凛ちゃんので中がヌルヌルになってるのも気持ちいい……///」ジュプジュプ

にこ「そういうことは説明しなくていいのよぉ……///」

花陽「ね、ねぇにこちゃん……私のことは、その……///」モジモジ

チュッ♡

にこ「好きよ。真姫や凛と同じくらい、花陽のことも好き……」

花陽「にこちゃん……!///」

にこ「じゃなきゃ何だかんだでこんなこと許すわけないでしょ?」クス

花陽「えへへ、嬉しい……///」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 05:52:55.81 ID:ctGhr3Ed0
にこ「だから遠慮しなくたっていいのよ?凛たちのより大きいからゆっくりしてくれてるんだろうけど」

花陽「う、うんっ……!」ヌヌヌ…ズンッ

にこ「うくっ……!」

にこ(とは言ったものの、やっぱりお腹の奥に響くわね……///)

花陽「にこちゃん、私、にこちゃんとチューしながらイキたいです……!」ズンズンッ! ハァハァ

にこ「はぁっ、くぅっ……!分かったわよ、んっ♡」チュッ

花陽「ん、ちゅうっ……♡」ズンズンズンズン

にこ「んぅ……♡」

花陽(にこちゃんのお口と中、両方すごく気持ちよくって……溶けちゃいそうっ……!)

花陽「んんんんっ!!」ドクンッ!ドクッドクッドクッ…!

にこ「んふぅっ……!?」ビクンッ! キューッ…

花陽「ぷぁ……気持ちよかったぁ……すっごく……///」ハァハァ

にこ「はふ……それは良かったわね……」ナデナデ

にこ「でもそんなだらしない顔するのはにこの前だけにしときなさいよ?」クス 

花陽「えへへ、分かりました……にこちゃん大好き!///」ギュウッ!
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 05:57:10.83 ID:ctGhr3Ed0
凛「ええーっ、何そのラブラブな感じ!凛のときと態度違いすぎない!?差別もいいとこにゃー!」ガガーン

真姫「ていうか私ちゃんと好きって言ってもらってないんだけど」ムスーッ

にこ「自分たちの胸に手を当てて考えなさいよ」

凛「むぅーっ、こうなったら、ちゃんと凛ともラブラブしてくれるまで」

真姫「しっかり好きって言ってもらうまで」

まきりん「お仕置きするしかないわね(にゃ)!」ギンギン!

にこ「ひぃぃぃーっ、あんたたち何回するつもりなのよぉ!?」ギョッ!
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 18:47:44.89 ID:ctGhr3Ed0
──部室の外──

絵里「こ、これ、止めなくて良かったのかしら、本当に……///」

希「今更やし、にこっちもなんだかんだで幸せそうやからいいんやない?」ギンギン

絵里「でも練習が……それに前生徒会長としてはあんまりな風紀の乱れを認めるわけにも……」ムムムムム

希「まあまあ、にこっちたちもこの後は練習どころやないやろし、エリチも穂乃果ちゃんたちの代理で疲れてるやろ?今日はうちの家でゆっくりしよ?な?」グイグイグリグリ

絵里「ちょ、ちょっと押さないでよ希……後、お尻に何か硬いモノが当たってるような気がするんだけど何かしら?」キョトン

希「ただのスピリチュアル棒やから気にしないで、さー行こ行こ♡」

絵里「え、ええ……」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 18:59:14.18 ID:ctGhr3Ed0
──翌日 部室──

真姫「結局野生のちんすこうに生殖能力が有るって話はウソだったらしいわ」

凛「なーんだ、ガッカリだにゃー」

花陽「でも効果が一日で消えるっていうのは本当で良かったね……」ホッ

ガララッ!

「まだ安心するのは早いわよ」

まきりんぱな「にこちゃん!?」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:00:18.41 ID:ctGhr3Ed0
にこ「コレを見なさいあんたたち」ボロン

花陽「に、にこちゃんに……」

真姫「生え……」

凛「てるにゃー!」ガガーン!

にこ「どうやらされた相手に移るっていう斬新な設定だったみたいね。というわけで、これから昨日のお返しに、この雄々しくそそり立つニコニコスティックで全員ヒィヒィ言わせてやるわ!覚悟しなさい!」ビンッ

真姫(小さいわね……)

花陽(小さいです……)

凛「小さいにゃー」

にこ「な、ぬぁんですって!?」ガビン
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:11:39.36 ID:ctGhr3Ed0
──生徒会室──

絵里「昨日はよくもひどい目に合わせてくれたわね……これはお仕置きよ!」パンパン

希「ああんっ、許してエリチぃ~♡」ビクビク

絵里「昨日注がれた分……いえ、その2倍は注ぎ返してあげるわ!倍返しよ!」パンパンパンパン

希「エリチそのネタはちょっと古……あぁぁんっ♡」ビクビク

絵里「受け取りなさい希!エリチカパワーたーっぷり注入!プシュッ!」ビュルビュルビュルッ!

希「い、いただきましたぁぁ……///」ビクンビクン

絵里「ふふっ、希がちゃんと反省するまで、まだまだ終わらないわよ?」ギチギチッ

希「あん、うちの中でまた大きくなって……エリチカパワーの熱さが送られてくるの感じて、うち絶対イッちゃうと思うわ……///」

絵里「ほらほらほらほらっ!まだ1ハラショーしか終わってないわよ!」パンパンパンパン!

希「やぁぁぁぁんっ!10ハラショーになるまでされたら、うちおかしくなっちゃうんよぉ……///」

希(エリチにメチャメチャに責められたいっていう私の望み……ついに叶いそうやね……♡)
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:19:13.92 ID:ctGhr3Ed0
──沖縄 ホテルの部屋──

海未「あ、あなたたちは一体何を考えているのですか!こ、こ、こんなものを生やしたりして……破廉恥です!ふしだらです!///」

穂乃果「もー、そんなに怒んないでよー……ちょっと野生のちんすこうを探してただけなのにこんなのが生えちゃうなんて思わなかったんだもん」ボロン

ことり「ごめんね海未ちゃん……」ボロン

海未「第一、私たちが不在の間ライブに備えて練習している3年生や1年生に申し訳ないと思わないのですか!」ガミガミ!

ことほの「……」ムクムクッ…

海未「穂乃果はいつも迂闊過ぎます!精神が弛んでいるからこのような事態を招くのです。大体ことりも付いていながら……ん?」

ことほの「……えへへ♡///」ギンギン

海未「なっ!?な、何故そのように大きくなっているのですか?///」

穂乃果「だって……」ニコニコ

ことり「ねー?」ニコニコ

ことほの「というわけでぇ……」ニジリニジリ

海未「ひぃっ!?ま、まさかあなたたち、例の台詞を言うつもりでは……///」ビクッ

ことほの「せーの」


ことほの「ウミチャン、オネガァイ♡」ウルウルウル


海未「ちょっ、やっ、それはズルいです、卑怯ですっってああっ、何をするのですか……!///」

ポイポイポーイ ガバァ! ウミチャンヲイタダキマース♡

イヤァァァァァ…!
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:33:59.19 ID:ctGhr3Ed0
──またまた部室──

真姫「ほらほらにこちゃん、もっと頑張って腰突き上げないと、私をヒィヒィ言わせるなんて無理よ?」ユサッユサッ

にこ「くぅっ……真姫ちゃんのにキュンキュン締め付けられてっ……も、もうっ……!///」ビクビクッ

にこ「あうううっ!」ドピュッ!

真姫「んっ……/// あら、もう出ちゃったの?大きな口を叩いてた割に情けないのね?」クスクス♡

にこ「うう……///」


レロォォ…

にこ「ひぃ、裏側舌でなぞるのダメっ……!」ゾクゾクッ

凛「そーなの?じゃあ口でしてあげるにゃ」チュプチュプチュプ

にこ「ふわぁぁぁぁぁ、そんなに吸っちゃ……やぁぁぁんっ!」ピュルッピュルッ

凛「んっ……ごくっ……ぷは、ってにこちゃん早すぎにゃー」ジトォ

にこ「くっ……///」


にこ「も、もうこれ以上出ないわよぉ……」

花陽「大丈夫、にこちゃんならできるよ、頑張って……!」シュッシュッ

にこ(うっ、花陽の柔らかい手と絶妙な力加減が気持ちいい……///)

花陽「ふふっ、先っちょからおつゆが出てきたよ、もうすぐかな?」ニュクニュク

にこ「あっ、うっ……くぁっ!」アシピンッ ピュッ…ピュッ…

花陽「あは、可愛い……頑張ったねにこちゃん、えらいえらい♡」ナデナデ

にこ「はぁ、はぁ……///」

にこ(な、何でか今のが一番屈辱的なんですけど……)グヌヌ
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:43:45.61 ID:qoDhJdHP0
真姫「ところで私、試してみたいモノがいろいろあるのよね。ママの寝室から借りてきたんだけど」ジャラジャラッ

凛「何コレ?大きなビーズが繋がったみたいのとか……」

花陽「ベルトの先にゴム製のちんすこうが付いてるのもあるね……」

にこ(ちょっ、真姫ママぁぁー!)ガビン

真姫「あんまり使い方がよく分からないのもあるけど……凛、花陽!とりあえず全部試してみるわよ、にこちゃんの体で!」

花陽「うん!」

凛「了解にゃ!」

まきりんぱな「というわけで……」ニジリニジリ ジャラッ!


にこ「あわ……あわわわわ……」ブルブル


 アッー! ニゴォォォォ……!



54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 19:45:16.12 ID:ThehBOWA0
・返り討ちエンド

・安価、レスくれた人、読んでくれた人さんくす

・それではまた
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「凛たちのおまたに野生のちんすこうが!?」真姫「……」花陽「///」にこ「?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。