千歌「も~!曜ちゃんのえっち~」

シェアする

千歌-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/03/16(土) 13:42:13.48 ID:XG4Mvfkg
曜「…は?」イラッ

千歌「え?」

曜「……じゃん」

千歌「ん?」

曜「千歌ちゃんの方が!!!えっちじゃん!!」

千歌「えっ…」ビクッ

曜「いっっつも!!いっつもじゃん!!!!えっ…!ほら!!ほらこれっ!」ギュッ♡

千歌「あっ♡」ビクッ♡

曜「このっッ!!このおっぱいだって!!!!」

元スレ: 千歌「も~!曜ちゃんのえっち~」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/03/16(土) 13:45:22.66 ID:XG4Mvfkg
曜「この尻もッッッ!!!」ワシッ!!

千歌「ひゃわっ!?♡」ビクッ!!

曜「えっちの塊ッッッ!!!!!!」

千歌「よ、曜ちゃ」

曜「えっち星人だよ!!!!千歌ちゃん…!千歌ちゃん…っ!!!!!!!!」

千歌「わ、わかった!わかったから!」

曜「…なにが?…はぁっ!…なにがっ…わかっ…っ!わかったの…?」

千歌「えっ…ぁと…ち、チカが…その…っ///」

千歌「ぅえ…ち…えっちだって…事…///」

曜「…!!!」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/03/16(土) 13:49:57.24 ID:XG4Mvfkg
千歌「…っ///」

曜「あ……」

教室の端っこの席、誰の席かもわからない場所で

渡辺曜と高海千歌は固まった。

曜「……私は」

沈黙を破る

曜「私は…ね…千歌ちゃ…ん」

口を開く

語る、これまでの想い、真実を。

曜「千歌ちゃん…千歌ちゃん…」

千歌「……なに?」

曜「…ごめん…私…最低だ」

千歌「……ううん、わたしこそ…ごめんね」

曜「そんなっ!…千歌ちゃんは…っ…悪くないよ…」

千歌「…チカ、えっちなのやめるね」

曜「…え?」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/03/16(土) 13:52:34.63 ID:XG4Mvfkg
千歌「これからは…普通に…ううん、それ以外!…えっちじゃないわたしになるね」

曜「あ…ぇ…そんなっ…っ…千歌ちゃ__」

曜「…!!!」

夕日に染まった教室で見た千歌ちゃんの目は、涙で輝いていた…

その姿は

この世のどんな存在よりも美しくえっちだった。

__渡辺曜。


___
________

次の日
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/03/16(土) 13:55:24.14 ID:XG4Mvfkg
「おはよ!曜ちゃん!!」

曜「あ…おはよう…千歌ちゃ…!?」

千歌「ど、どうかな…///なるべくえっちじゃないようにって思って…その…体操着で登校する事にしたんだけど…///」モジモジ

曜「…」

曜「…」

曜「うん!とっても清楚だよ!」


おわりよ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「も~!曜ちゃんのえっち~」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)