絵里「誰が穂乃果のお姉ちゃんなのか決めましょうか」

シェアする

絵里-アイキャッチ15
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/29(金) 02:53:47 ID:pj.w.tcU


希「ええの?えりち後悔するで?」

絵里「大した自信ね」

にこ「まっ、後悔するのは希かもしれないけどね」

希「へ~、なかなか言うやんね」

海未「やれやれ・・・こんなことしても無駄なんですがね」

にこ「いや、そもそも海未に参加券はないでしょ」

海未「は?」

希「せやな」

絵里「そうね」

海未「は?は?」

元スレ: 絵里「誰が穂乃果のお姉ちゃんなのか決めましょうか」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/29(金) 02:54:52 ID:pj.w.tcU

にこ「これはあくまでも"お姉ちゃん"なのよ?」

希「同い年の海未ちゃんがでしゃばるのはお門違いやで」

絵里「ふふっ、そういうこと」

海未「で、ですが穂乃果は私にだって甘えてきます!」

にこ「だから何?」

希「あのね、海未ちゃん」

にこ「これはあくまでも"お姉ちゃん"なのよ?」

希「同い年の海未ちゃんがでしゃばるのはお門違いやで」

絵里「ふふっ、そういうこと」

海未「くっ・・・」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/29(金) 02:55:59 ID:pj.w.tcU

ことり「負けないで海未ちゃん!」

海未「ことり!!」

ことり「同い年だからってお姉ちゃんになれない?そんなことないよ!」

絵里「なんですって!?」

ことり「双子の・・・お姉ちゃんっていうね」ニヤリ

海未「ことり!!」

ことり「海未ちゃん!!」

にこ「そこに気付くとは・・・!」

希「こりゃ一本取られたわい」

絵里「そんなっ・・・そんなことって・・・!!」ガクガク
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/29(金) 02:56:42 ID:pj.w.tcU




絵里は生まれて初めて心の底から震えた


世界はこんなにも残酷なのかと絶望した


足の震えは次第に全身を侵食した


そして絵里は絶命した



ことり「初めての犠牲者が出たね」

希「くっ・・・えりち・・・」

にこ「これも覚悟の上よ」

ことり「私達は負けないように頑張ろうね、海未ちゃん!」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/29(金) 02:58:16 ID:pj.w.tcU




返事は返ってこない


それもそのはず、海未は絵里が絶命したショックと絶望で地面を這いずりまわっていた


底知れぬ絶望が海未の精神を破壊したのである


陸地に打ち上げられた魚が水を求めるかのようにただひたすらにもがいていた


やがて海未は考えることも出来ず、呼吸の方法も忘れた


そして海未は絶命した



ことり「海未ちゃん!?」

にこ「なんてこと・・・」

希「第2の犠牲が・・・」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/29(金) 02:59:17 ID:pj.w.tcU




にこの心臓は激しく心拍数を上げた


次は私が絶命するのではないか?


そんなにこの覚悟の弱さと絶望が心拍数を高めた


にこの心臓は心拍数の速度に耐えられなくなった


にこは絶命した



ことり「・・・・・・」

希「にこっち・・・」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/29(金) 03:00:15 ID:pj.w.tcU




なぜこんな絶望的な状況になってしまったのかと希は絶望し後悔した


あの時絵里の姉論争を止めていれば誰も絶命せずに済んだのかもしれない


目から絶望の涙が溢れ頬を伝う


溢れる絶望の涙は止まる気配はない


次第に身体から水分がなくなっていき


希は絶命した
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/29(金) 03:01:03 ID:pj.w.tcU





ことり「うっ・・・!」




ことりはストレスで絶命した






おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「誰が穂乃果のお姉ちゃんなのか決めましょうか」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)