穂乃果「やめてよ……誰か助けて……」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ24
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 22:45:36.89 ID:r9hcF526.net
穂乃果「ふふーん」

穂乃果「今日もいい天気だなぁ。何かいいことありそう」

ガサガサ

男「……」

穂乃果「……? 変な人だなあ、下半身丸出しでナイフ持ってる……」

男「けけけ、お嬢ちゃん」

穂乃果「はい?」

男「こっちに来い! 騒いだら刺すぞ!」

穂乃果「なんだ、誘拐犯か性犯罪者か。怖いからついていこう」

元スレ: 穂乃果「やめてよ……誰か助けて……」

スポンサーリンク
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 22:51:41.28 ID:r9hcF526.net
なんか山小屋とかそんな感じのところ

穂乃果「縛られた」

穂乃果「手を後ろに縛られた上から、更に荒縄で巻かれている。これは逃げようと思って逃げられるものではない」

男「うけけけ、いい眺めだぁ」

穂乃果「ナイフを舐めている辺り、漫画に影響されたタイプだろうと推測される」

穂乃果「携帯も取り上げられたし外部との連絡手段もないな」

男「い、今からお前、どうなるか分かってるか!」

穂乃果「殺されるか強姦ですか」

男「答えは一つにしてください」

穂乃果「では強姦で」

男「けけけ、そうだよ強姦だよけけけ」

穂乃果「逸物が屹立している。なんとおぞましい光景であろうか」

穂乃果「7cm程の大きさしかないのが唯一の救いだね」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 22:55:49.17 ID:r9hcF526.net
男「はぁー……はぁー……」

穂乃果「男の吐息が顔にかかる」

穂乃果「腹が立つことに、リステリンの爽やかな香りがする」

穂乃果「普通はこういう犯罪者の息は臭いものじゃあないのか」

穂乃果「いくらなんでも、許されるものではない」

男「しかし、歯磨きもせずに婦女子を誘拐するのは男としてどうかと」

穂乃果「こういう場合は三日前から歯を磨かないのが、強姦魔としてのマナーではなかろうか」

穂乃果「少なくとも私はそう思う」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 22:59:18.84 ID:r9hcF526.net
男「けけけ、服を脱がせてやる! おっぱい見せろ!」

男「荒縄が邪魔で脱がせられない」

穂乃果「段取りも悪いときている」

穂乃果「さては君、初犯だな」

男「はあ、初犯です」

穂乃果「やあれ! 初犯で私に目をつけるとは面白い!」

穂乃果「とにかく胸を見るのならば、荒縄をほどけばよかろ」

男「そう言って逃げる気だろう! その手には」

穂乃果「逃げるならとうに逃げておる。ささ、ほどけ」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:02:17.18 ID:r9hcF526.net
男「……」

穂乃果「では制服をナイフで切り裂いてください」

男「しかし、制服を切り裂けばもう着ることは出来ません」

男「高いでしょうに」

穂乃華「親の金です、気にすることはありません」

男「なら失礼して」

ザクザク

穂乃果「肌を傷付けないよう注意すべきですね。痛みに反応して私が叫ぶかもしれません」

男「けけけ、慎重にやってやる」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:09:28.64 ID:r9hcF526.net
男「ああ、胸だ」

穂乃果「小さくってごめんね」

男「いえ、十分なサイズかと思われます」

穂乃果「君がそう言うのならそうかもしれん。しかし、君は初犯だから他の乳を拝んだこともあるまい」

穂乃果「何をもって十分と言ったのか、そこが気になる」

男「今は亡き母親です」

穂乃果「詳しく聞こうか」

男「私は小さい頃、臆病者でしてね。夜中の風呂が怖かったのです」

男「小学を卒業する時分まで、母親と風呂に入っておりました」

男「私の思い出に残る母の胸は、貴女よりも随分小さいものでした。小柄な女だったこともあるかもしれません」

穂乃果「成る程、そのような事情がおありで」
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:14:51.51 ID:r9hcF526.net
穂乃果「では私の胸は大きいということだ」

男「そうです、そうです」

穂乃果「揉んでみてはいかがでしょうか」

男「はあ、おっぱいを揉むのですか」

男「けけけ、張りのいいおっぱいだ! 手に吸い付いてくるぜ!」

穂乃果「よく聞く表現ではあるが、事実胸が手に吸い付くことなどあるのだろうか」

男「さあ……」

穂乃果「まあいいでしょう。堪能したのなら次に移行します」

穂乃果「いきなり本番という手もありますが、そんなもの私も君も気持ちいい筈はない」

穂乃果「ここは一般的な性行に敬意を示す、前戯がよかろう」
31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:18:01.88 ID:r9hcF526.net
男「前戯というと、どんなことをすればいいのでしょうね」

穂乃果「君はそんなことも分からんで強姦しようとしたのか」

穂乃果「行動せし前に知識を持つは常識哉」

穂乃果「君、童貞か」

男「いかにも、童貞である」

穂乃果「ならば、まずは手マンから始めるといい」

穂乃果「あれはいいものだ」
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:21:43.22 ID:r9hcF526.net
穂乃果「……」

クチュクチュ

男「けけけ、どうだ」

穂乃果「ことりちゃんの方が上手いよ」

男「ことりちゃんたぁ誰です」

穂乃果「穂乃果の親友だよ。海未ちゃんって子と一緒に、三人でよくやってるの」

男「ははあ、レズですな。つまり私は、レズ女を捕まえたことになる」

穂乃果「うむ、そういうこともあるだろう」

男「男に触られるのはお嫌でしょうに」

穂乃果「そこは気にしなくていい。ままあることだ」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:26:52.76 ID:r9hcF526.net
男「けけけ、手がびしょびしょだ」

穂乃果「外の炊事場で洗うがいいさ。臭いが取れなくなるぞ」

男「ではお言葉に甘えて」

穂乃果「ふむ、行ってしまったか」

穂乃果「私を縛らずに放置するとは、詰めの甘い男よの」

穂乃果「スクフェスやろ」

シャンシャン

男「戻りました。……なんです、そのシャンシャンて音は」

穂乃果「ラブライブスクールアイドルフェスティバルというものです」

穂乃果「今イベントを走ると、私が報酬で貰えるんです」

男「報酬ということは、貴女、ひょっとして有名人なのですか」

穂乃果「そうさな、スクールアイドルの中では有名人といってもよかろう」
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:32:58.38 ID:r9hcF526.net
男「アイドル!」

男「まずいなあ、えらい人を捕まえちまったぞ」

男「アイドルと聞いた瞬間、逸物も皮かむりになってしまったではないか」

穂乃果「妙な奴だな、普通アイドルと聞けば興奮するものだ」

男「アイドルには苦い思い出があるのです」

穂乃果「ふむ、聞こう」

男「今から七年ほど前でしょうか」

男「アイドルの出待ちをしていたところ、突っ込んできた車に轢かれまして」

男「ボロボロになっているところに、件のアイドルが出てきましてね」

男「私を見て一言。汚いと」

穂乃果「そりゃあ酷いよ。君、あんまりだと私ぁ思う」

男「それ以降、アイドルというやつがどうにも苦手になりましてね」
42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:39:17.99 ID:r9hcF526.net
穂乃果「ふむ、しかしね君、アイドル全てを嫌いになっちゃあいけないよ」

穂乃果「現に私を見てみなさい」

穂乃果「逸物を前にこうして平然としている」

穂乃果「見ろ、私の顔を。これが強姦被害者とは到底思えぬだろう」

男「なんと誇らしげな顔であろうか」

男「これがアイドルとは、世の中信じられぬことが多い」

穂乃果「これが終わったら私達のライブに来るといい」

穂乃果「君がアイドルを嫌うならね、私達はアイドルを好きにしてやるだけさ」

男「嬉しいことです、貴女はどうにも私を見てくれている」

男「母親が死んで以来、私のことをこうして気遣ってくれた人は初めてです」
47: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:43:54.16 ID:r9hcF526.net
穂乃果「では、ほぐれたところで本番といきましょう」

男「けけけ、やってやるぜ」

男「しかし、いいのだろうか。こうして一時の股間衝動に突き動かされるだけの人生で」

穂乃果「君はよくよく理屈っぽい奴だな」

穂乃果「穴があったら突っ込めばいいのだよ。それが男ってものだろうに」

男「そういうものですか」

穂乃果「ところで、叫んだ方がいいかね」

穂乃果「考えてみれば、私は連れ込まれた被害者とは思えん行動ばかりしている」

穂乃果「それでは君も興が乗らんだろう」
49: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:46:56.36 ID:r9hcF526.net
男「では、助けて、とか来ないでとかでお願いしましょう」

穂乃果「基本形かね。うむ、たまにはそれもいいだろう」

穂乃果「では失礼して……いやぁっ! 来ないで!」

男「くけけ、逸物が挿入されようとしている」

穂乃果「やめて……誰か助けて!」

バギューン

男「誰だ!?」
52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:53:26.91 ID:r9hcF526.net
??「……」

男「ヒューッ! 見ろよ奴の筋肉を……まるでハガネみてえだ」

穂乃果「貴方は……」

??「……」バッ

コブラ「俺の名はコブラ。左腕に銃を持つ不死身の男さ」

コブラ「捕まえてみな、ハワイへご招待するぜ!」



終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「やめてよ……誰か助けて……」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。