海未「迷い猫と」凛「スターゲイザー」

シェアする

凛-アイキャッチ38
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/03(水) 00:00:43 ID:tqsJNqP.
─星と夜空の見える湖畔にて─

凛「今日も来てくれたんだね」

海未「ええ、来ましたよ……凛」

元スレ: 海未「迷い猫と」凛「スターゲイザー」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/03(水) 00:01:28 ID:tqsJNqP.
凛「あなたはいつもどこから来るの?」

海未「気にしなくていいのですよ」

海未「好きでここに来ているのですから」


凛「凛はね、なんでここにいるのか分からないの」

凛「気が付いたらここにいて、いつも星空を見てる……」

海未「……」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/03(水) 00:02:14 ID:tqsJNqP.
凛「静かだよね」

海未「ええ」


凛「凛ね、この場所が大好き」

凛「景色が綺麗で、夜風が気持ち良くて……」

凛「……それに、あなたが来てくれる」

海未「何度だって来ますよ……あなたがいるなら」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/03(水) 00:03:01 ID:tqsJNqP.
凛「ここはどこにあるのかな?」

凛「迷いの森を抜けた先に街の明かりはあるのかな?」

海未「きっとありますよ」

凛「でもミチシルベがどこかに行っちゃった」

海未「……あの流れ星が教えてくれますよ」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/03(水) 00:03:50 ID:tqsJNqP.
凛「凛にはね、大切な人がいたの」

凛「綺麗な人だった……思い出せないけど」

凛「長くて柔らかい髪の毛をしていて、厳しいときもあったけど……」

凛「優しかった」

海未「凛……」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/03(水) 00:04:38 ID:tqsJNqP.
海未「……私にも大切な人がいました」

海未「いつも元気で、猫みたいで……本当は気の弱い子だけど」

海未「明るくて優しい子だった」

海未「いまは迷子になってしまいましたが」

凛「迷子の猫さんだね」

海未「ええ」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/03(水) 00:07:07 ID:tqsJNqP.
海未「あなたの星の砂時計……壊してしまったのは私です」

海未「ひび割れた心の砂時計……そんな、砂で出来たお城……」

海未「その砂を両手で掬い出せるのなら」

海未「私はそうしたい」

凛「……」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/03(水) 00:07:42 ID:tqsJNqP.
海未「凛、行きますね……」

凛「うん……ありがとう」

海未「また来ますから」

凛「また来てね……」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/03(水) 00:09:01 ID:tqsJNqP.
凛「凛の大切な人……」


おわり
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/04/03(水) 00:10:00 ID:tqsJNqP.
以上です。

ありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「迷い猫と」凛「スターゲイザー」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)