花丸「黒歴史サイドストーリー」ルビィ「恋人の在り方」

シェアする

ルビまる-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:42:52.50 ID:tMmmWBOK
花丸「ルビィちゃん♡はい!あ~ん!」

ルビィ「あ~ん!」パクッ

善子「……」

ルビィ「すっごく美味しい!」

花丸「ほんとずらか!」

ルビィ「やっぱり…花丸ちゃんがあ~んしてくれたおかげかな?」

花丸「も~!ルビィちゃんったら!」

ルビまる「…ふふっ♡」

善子「……ねぇ」

ルビまる「ん?」

善子「あんた達…本当に付き合ってないの?」

ルビまる「うん。」

元スレ: 花丸「黒歴史サイドストーリー」ルビィ「恋人の在り方」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:46:04.66 ID:tMmmWBOK
善子「ずっとイチャイチャして…」

花丸「たしかにルビィちゃんは大好きだけど…」スリスリ

ルビィ「ルビィも花丸ちゃんのこと大好き!」スリスリ

善子「甘ったるい…」

花丸「でもルビィちゃんは1番の親友ずら!」

ルビィ「だから恋人にはならないんだぁ!」

善子「……ふぅん」

善子「異常ね…」

善子(やってることは恋人のやる事だけどね…)
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:46:36.98 ID:tMmmWBOK
ガラッ

梨子「善子ちゃ~ん!」

鞠莉「今日はギルキスでlunchよ~!」

善子「げっ!忘れてた!」

善子「ごめん!2人で食べてて!」

花丸「了解ずら~」

ルビィ「バイバイ!」

梨子「全く…善子ちゃんは……!」テクテク

鞠莉「まぁまぁ♡」テクテク

ガラッ

ルビまる「……」
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:47:20.79 ID:tMmmWBOK
ルビィ「今日…練習休みだよね。」

花丸「そ、そうですね…///」

ルビィ「じゃあ花丸ちゃん家に行こっかな!」

花丸「あっ…///」

ルビィ「どうしたの?返事は?」

花丸「わん…///」

ルビィ「あはっ♡いい子いい子♡」ナデナデ

善子「……」チラッ

善子(本当に異常ね…)テクテク


ルビまる「……」

ルビィ「……ねぇ、花丸ちゃん。」

花丸「…うん。」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:48:33.10 ID:tMmmWBOK
放課後

梨子「それで…話ってなに?」

鞠莉「急に改まっちゃって…」

ルビィ「…前に話した黒歴史のことなんだけど」

曜「あぁ…なんか次元がぶっ飛んだやつ?」

花丸「それをみんなに話したくて…」

ダイヤ「えっ…」

果南「詳しく教えるの?」

ルビィ「…うん。」

千歌「い、いや!別にいいんだよ!」

花丸「ケジメぐらいつけたいずら!」

善子「…まぁいいんじゃない?」

ルビィ「ありがとう…」

ルビィ「あれは中学二年生の頃…」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:49:00.17 ID:tMmmWBOK
………

2年前の秋

図書室

花丸中2『ルビィちゃん!』

ルビィ中2『うぅ…』

花丸『どうしたずら?なにか悩みごとずら?』

ルビィ『花丸ちゃん……』

花丸『おらに話して欲しいなっ!』

ルビィ『うん…あのね…』

ルビィ『ルビィ…まだ進路が決まってなくて……』

花丸『…あっ、授業で先生が言ってたことずら?』

ルビィ『うゆ…』コクッ
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:49:25.82 ID:tMmmWBOK
花丸『たしかに悩みどころずらね…』

ルビィ『ルビィ…どうすればいいんだろう……』

花丸『ダ、ダイヤさんと同じ高校にすればいいんじゃないかな?』

ルビィ『ううん…』フルフル

花丸『…どうしてずら?』

ルビィ『最近…お姉ちゃんルビィのこと嫌いなんだ…』

花丸『な、なんで!?あんなに仲が良かったのに!』

ルビィ『よくわかんない……』

ルビィ『だからルビィは別の高校にしようかな…』
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:49:55.66 ID:tMmmWBOK
花丸『……じゃ、じゃあ高校を調べてみよう!』

ルビィ『…ふぇ?』

花丸『えっと…たしかここに本が……』

花丸『あったずら!』

ルビィ『でも…すごい高い所にあるね……』

花丸『うぅ…』

ルビィ『ルビィが!ジャンプしても!』ピョンピョン

ルビィ『ダメだ……』

花丸『うむむむ…!』

ルビィ『は、花丸ちゃん!今日は諦めよっか!』

花丸『……ダメずら。』

ルビィ『……え?』
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:50:37.86 ID:tMmmWBOK
花丸『ここは!おらが踏み台になるからルビィちゃんは本をとって!』

ルビィ『…えぇ!?』

花丸『背に腹はかえられないずら…!』

ルビィ『ま、また明日にしようよ!』

花丸『ダメずら!ルビィちゃんのお悩みを解決しないとダメずら!』

ルビィ『花丸ちゃん…』

ルビィ『わ、わかった!』

ルビィ『帰りにのっぽパン買ってあげるね!』

花丸『よしきたずら!』フンスッ

ルビィ『い、いくよ…!』フミッ

花丸『うっ…』
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:51:05.00 ID:tMmmWBOK
ルビィ『す、すぐ降りるからね!』

花丸『だ、大丈夫ずら…』プルプル

ルビィ『えっと…本は……』キョロキョロ

花丸『うぅ…』プルプル

ルビィ『……』

ルビィ(あれ?なんだろう…この感覚……)

花丸(今おらはルビィちゃんに踏まれてるだけなのに…)

ルビィ(花丸ちゃんを踏んでるだけなのに…)

ルビまる(なんでこんなゾクゾクするんだろう…!)ゾクゾクッ!
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:52:29.25 ID:tMmmWBOK
ルビィ『……本…とれたよ!』

花丸『そ、そうずらか…』

ルビィ『……』

花丸『お、降りないずらか?』

ルビィ『あ、ごめんね!』ヒョイ

花丸『よかったずら~!』

ルビィ『ありがとう…花丸ちゃん……』

花丸『……』

ルビィ『…もう立っていいんだよ?』

花丸『あ、そ、そうずらね!』スクッ

ルビィ『じゃ…じゃあ……見よっか!』ドキドキ

花丸『う、うん!』ドキドキ

花丸『……あっ』

ルビィ『ん?』

花丸『踏み台…そこにあったね……』

ルビィ『あ、あはは…』

ルビまる『…///』
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:52:57.54 ID:tMmmWBOK


ルビィ『……』ペラッ

花丸『……』

ルビィ『……』ペラッ

花丸『……』

ルビまる(内容が全然入ってこない!)

ルビィ(うゆ…花丸ちゃんを踏んだ感覚が残ってるよぉ…)

ルビィ(でも…なんであんなに気持ちよかったんだろう…)

ルビィ(………もう一度踏みたいなぁ)

ルビィ(……って!ルビィはなに考えてるの!)

ルビィ(そんなことしたら花丸ちゃんが可哀想だよ!)

ルビィ(はぁ…なんなんだろう……)
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:53:42.12 ID:tMmmWBOK
花丸『……』

花丸(背中にはまだ踏まれた感覚が……)

花丸(そして踏まれた時に体のどこかがキュッ!っとなる感じ……)

花丸(………もう一度踏んで欲しいずら)

花丸(………ダメずらダメずら!!)

花丸(そんなお願いしたらルビィちゃんに嫌われるずら…)

花丸(おらはどうかしてるずら…)

ルビィ『……』パタンッ

花丸『読み終わったね…』

ルビィ『…うん』

ルビィ『か、帰ろっか!』

花丸『う、うん!』

ルビまる『…///』ドキドキ
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:54:28.56 ID:tMmmWBOK
その日の夜…

ルビィ『……』

ルビィ『んゆぅ…』ゴローン

ルビィ『うぅ…』ゴローン

ルビィ『……はぁ』

ルビィ(全然眠れないよぉ…)

ルビィ『……羊さん数えよう』ボソッ

ルビィ(羊が1匹…羊が2匹……)

---
花丸『もっと踏んでくださぁい♡ルビィ様♡』
---

ルビィ(花丸ちゃんが3匹……って!!)

ルビィ『違うビィ!』
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:55:44.44 ID:tMmmWBOK
次の日…

ルビィ『うゆぅ…』ウツラウツラ

ルビィ(全然眠れかった……)

ルビィ(本当にどうしたんだろう…)

花丸『お、おはようずら!ルビィちゃん!』ドキドキ

ルビィ『あ、花丸ちゃん!』

花丸『……』

---
ルビィ『ほら♡ご褒美のキックだよっ♡』
---

花丸『~~~っ!』

ルビィ『…どうしたの?』

花丸『な、なんでもないずら!』

ルビィ『…?』

花丸(うぅ…ルビィちゃんに蹴られた夢を見たなんて言えないずら……)

花丸『が、学校行くずら!』

ルビィ『そ、そうだね!』

ルビまる『…///』
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:56:25.63 ID:tMmmWBOK
……

授業中

先生『なのでこの式は……』ペラペラ

花丸(ルビィちゃんにいじめられたい……)

花丸(ダメずら!そんなこと考えちゃ!)

花丸(理性を保つずら…!)

花丸(…………いじめられたい)

花丸(だからダメずら!!)

先生『じゃあ国木田!』

花丸『は、はい!』

先生『これ解けるか?』

花丸『え…あ……すいません聞いてませんでした…』

先生『…珍しいな』

ルビィ『……』チラッ
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:57:03.25 ID:tMmmWBOK
ルビィ(花丸ちゃんをいじめたい…)

ルビィ(ダメ!ルビィのバカ!)

ルビィ(そんなことしたら……)

ルビィ(…………いじめたい)

ルビィ(だからダメだってばぁ!)

先生『じゃあ…黒澤!』

ルビィ『ピギッ!』ガタッ!

先生『国木田の変わりにこれ解いてくれ。』

ルビィ『え、あの……すいません…』

先生『お前もかよ!』
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:57:35.37 ID:tMmmWBOK
放課後

図書室

花丸『お手伝いありがとうずら!』ニコッ

ルビィ『どうしたしまして!』ニコッ

花丸(いじめられたい、いじめられたい、いじめられたい、いじめられたい。)

ルビィ(いじめたい、いじめたい、いじめたい、いじめたい。)

花丸『あ、最後にこれ一緒に持ってほしいずら!』

ルビィ『うん!』

花丸(その足でおらの足を蹴ってほしい。その手でビンタされたい。軽蔑された目でおらを見下して欲しい。嫌われてもいいからおらもいじめてほしい。)

ルビィ(そのお尻を赤くなるまで叩きたい。そのお顔をルビィの足で踏み潰したい。ルビィに従順な犬になってほしい。怒られてもいいからいじめたい。)
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:58:08.97 ID:tMmmWBOK
ルビィ『よし!これで終わり?』

花丸『そう…ずらね!』

ルビィ『じゃあ帰ろっか!』

花丸『うん!』クルッ

花丸『あっ!』ドテッ

ルビィ『花丸ちゃん!』

花丸『あたたたた……』

ルビィ『…!』

ルビィ(花丸ちゃんのお尻が蹴りやすい位置になってる!)

ルビィ『はぁ…はぁ……///』
21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:58:51.28 ID:tMmmWBOK
ルビィ(蹴りたい、蹴っちゃダメ、蹴りたい、蹴っちゃダメ、蹴りたい、蹴りたい、蹴りたい、蹴りたい!!)

ルビィ『えいっ!』シュッ!

バシッ!

花丸『お゛っ♡』ビクッ!

ルビィ『はぁ…はぁ……///』

花丸『はぁ…はぁ……///』ビクッ

ルビィ『…………はっ!』

ルビィ(どうしよう…欲のままに蹴っちゃった!花丸ちゃんに嫌われる…友達じゃ無くなっちゃう…!)

ルビィ『ご、ご、ごめんなさい!!』

ルビィ『あの……ルビィの昨日からおかしくってなんか…花丸ちゃんのことを…』花丸『……っとして』

ルビィ『……へ?』

花丸『もっとして…♡』トローン
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 00:59:23.99 ID:tMmmWBOK
ルビィ『~~~っ!!』ゾクゾクッ!

ルビィ『い、いいの?』

花丸『うん…♡』

花丸『今度はビンタしてほしいずら…♡』

ルビィ『……わかった。』

花丸『…♡』

ルビィ『…えいっ!』バチンッ!

花丸『あんっ♡』ゾクゾクッ!

花丸『こ、言葉でいじめてほしいずら…♡』

ルビィ『……変態』ボソッ

花丸『~~~っ!!』ビクッビクッ!
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:00:02.48 ID:tMmmWBOK
ルビィ『ルビィに蹴られて興奮してるの?』

ルビィ『バカみたい。』

花丸『もっとぉ♡』

ルビィ『…敬語使えよ。』ゾクッ!

花丸『ご、ごめんなさい♡ルビィ様♡』

ルビィ『それで?何して欲しいの?』

花丸『お尻を叩いて…ください……♡』

ルビィ『あはっ♡本当に変態さん♡』バシッ!

花丸『あんっ♡』ビクッ

花丸『もっと…もっとぉ♡』

ルビィ『うるさい!』バシッ!

花丸『ありがとうございます!!』ビクッ!
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:01:00.52 ID:tMmmWBOK
………

……



ルビまる『はぁ…はぁ……』

ルビまる『……』

ルビまる『ごめんなさい!!』ドゲザッ!

ルビィ『花丸ちゃんをこんなに叩いたり蹴ったりして…』

花丸『ルビィちゃんに変なお願いしたりして…』

ルビィ『……あのね、花丸ちゃん。』

花丸『な、なんですか?』

ルビィ『ルビィ…昨日から変だったの。』

ルビィ『花丸ちゃんを踏んでから…ずっと花丸ちゃんに酷いことをしたいって思ってたの…』

ルビィ『バカだよね…こんなおかしなことしちゃってさ……』ウルウル

花丸『ルビィちゃん…』
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:01:21.12 ID:tMmmWBOK
ルビィ『もう二度としないから…許してください……』ウルウル

花丸『…おらの話も聞いて欲しいな。』

ルビィ『…ふぇ?』

花丸『おらも…ルビィちゃんと同じ気持ちだった。』

花丸『昨日からルビィちゃんにいじめられたいと思ってた…』

花丸『変だよね……』ウルウル

ルビィ『花丸ちゃん…』

花丸『だから…もうやめにしようね。』

ルビィ『うん……』

ルビィ『今日のことは…忘れよう……』

花丸『うん……』
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:02:19.85 ID:tMmmWBOK
ルビィ(次の日からルビィ達はいつも通り過ごした。)

花丸(普通の親友となった。)

ルビィ(ルビィはもう花丸ちゃんをいじめないことを心に誓った。)

花丸(おらはルビィちゃんにいじめてほしいと思わない事にした。)


ルビまる(ただ1つだけ…おかしくなってた。)


ルビィ(ルビィは最近エッチな動画を見てしまうようになっていた。)

花丸(おらは官能小説を読むようになっていた。)

ルビまる(それで欲を制御していた。)

ルビィ(でも……花丸ちゃんの誕生日の日に…)

花丸(事件が起きた。)
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:02:43.28 ID:tMmmWBOK
ルビィ『花丸ちゃん!お誕生日おめでとう!』

花丸『ありがとうずら!!』

ルビィ『あのね!今日お母さんにお泊まりの許しがでたの!』

花丸『ほんとずら!じゃあおらの家でお祝いしたらそのままお泊まりずら!』

ルビィ『うん!!』

ルビィ『……』
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:04:12.43 ID:tMmmWBOK
………

……



花丸『そろそろ寝るずら~!』

ルビィ『花丸ちゃん!そろそろプレゼントあげるね!』

花丸『待ってましたずら!』

ルビィ『遅れてごめんね!はい、プレゼント!』

ルビィ『開けてみて!』

花丸『うん!』ビリビリ

花丸『これは……?』

ルビィ『うん……』



ルビィ『首輪とリードだよ。』
29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:04:43.44 ID:tMmmWBOK
花丸『えっ…///』ゾクッ

ルビィ『ごめんね…ルビィ……もう我慢出来ないんだ…』ガシッ

花丸『うぅ…///』

ルビィ『…嫌なら振りほどいていいんだよ。』

花丸『…///』ギュッ

ルビィ『…花丸ちゃん?』

花丸『おらも…そうでした……』

ルビィ『…!』

花丸『……///』パチッ…グッ

ルビィ『えっ…』

花丸『首輪…付けてみたずら……///』
30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:05:08.84 ID:tMmmWBOK
ルビィ『~~っ!』ゾクッ!

花丸『ど、どうかな?』ドキドキ

ルビィ『……』

花丸『…ルビィちゃん?』

ルビィ『なに人の言葉使ってるの?』

花丸『えっ…?』

ルビィ『犬は犬らしく四つんばいでしょ?』

花丸『~~~っ!!』

花丸『は、はい…///』スッ

ルビィ『…鳴いてみてよ。』

花丸『わん…///』

ルビィ『~~~っ!!』ゾクゾクッ!
31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:05:34.58 ID:tMmmWBOK
ルビィ『…犬は普通裸だよね?』

花丸『ぬ、脱ぎます…///』ヌギヌギ

ルビィ『自分から脱ぐんだ…』

ルビィ『…変態。』ボソッ

花丸『~~~~っ!!』ゾクゾクッ!

花丸『ルビィちゃん…///』

ルビィ『…なに?』

花丸『け、蹴ってください…///』ドキドキ

ルビィ『っ!』

バシッ!

花丸『あんっ♡』ビクッ

ルビィ『ダメ犬!!』バシッ!

花丸『もっとぉ♡』ビクッ
32: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:07:34.62 ID:tMmmWBOK
………


ルビィ「このまま朝まで…///」

花丸「あの日の出来事は昨日のように覚えてるずら…///」

曜「……」

曜「いや重いよ!!!!」

千歌「ううぅ…///」プシュー

鞠莉「ちかっちがショートしたわ!」

善子「エロすぎて耐えれなかったのね!」

梨子「あぁ!ペンが!ペンが止まらない!!」ガリガリ

曜「やばい!人の黒歴史を小説にしてる人がいる!」

ダイヤ「ブクブクブク…」

果南「ダイヤが泡吹いて倒れてるよ!!」

ルビィ「花丸ちゃんったら舌使いが上手で…///」

花丸「ルビィちゃんもおらの好きな所に蹴ってくれて…///」

花丸「夜のお散歩は忘れられないずらぁ♡」

ルビィ「あはっ♡ルビィもだよぉ♡」

曜「とまれーっ!!!」
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:08:10.98 ID:tMmmWBOK
………

……



千歌「…はっ!ここは!」

鞠莉「気がついたわ!」

ダイヤ「うぅ…」クラクラ

果南「こっちもなんとかOKだよ!」

善子「これ…ヨハネの同級生?」

梨子「多分5歳ぐらい年上だと思う…」

曜「なにこの黒歴史!!」

鞠莉「前のがクソだったからじゃない?」

千歌「鞠莉ちゃん!?」

曜「…たしかに!」
34: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:08:45.48 ID:tMmmWBOK
曜「なにがエグゼイドだよ!なにが鳳凰だよ!」

果南「おい渡辺。」

ダイヤ「ざっけんなですわ。」

花丸「あの…ごめんなさいずら。」

ルビィ「話さなかったほうがよかったかな?」

梨子「いや…それは自由なんだけどさ。」

梨子「高校からはやめたの?」

ルビィ「うん…」

梨子「なんで?」

花丸「進路とかで…」

ルビィ「それも花丸ちゃんと決めたの。」

ダイヤ「ルビィ……」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:09:56.90 ID:tMmmWBOK
ルビィ「でも今は!」チュッ!

花丸「…!」

ルビィ「みんなに話したからこんなに大丈夫!」

花丸「ルビィちゃん…///」

ルビィ「…ブヒブヒ鳴けよ」ボソッ

花丸「ぶ、ぶひぃ…///」ゾクッ

ダイヤ「あぁ…ルビィが……どんどん遠くへ……」

ダイヤ「ブクブクブク…」バタンッ!

果南「あ!また倒れた!」

ルビィ「お、お姉ちゃん!?」

曜「ダイヤさん!しっかり!」

ダイヤ「ルビィ……」ガクガク

千歌「け、けーれんしてる!?」

善子「しっかりして!お姉様!」
36: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:10:25.75 ID:tMmmWBOK
鞠莉「……」

鞠莉「…今のうちに逃げちゃえば?」ボソッ

ルビィ「え?」

鞠莉「…☆」パチッ

ルビィ「…うん!」グイッ

花丸「ルビィちゃん!?」

ルビィ「いいから黙って着いてこい。」

花丸「…はい♡」ボソッ

タッタッタッタ…

梨子「ちょっ!鞠莉さん!?」

鞠莉「いいじゃない☆」



花丸「一生ルビィちゃんのペットです♡」

ルビィ「あはっ♡」


おわり。
37: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/04/06(土) 01:10:54.48 ID:tMmmWBOK
次回…

小説家の在り方
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花丸「黒歴史サイドストーリー」ルビィ「恋人の在り方」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)