真姫「女の子だけで牛丼屋さんに?」

シェアする

真姫-アイキャッチ16
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 20:15:06.50 ID:Pn2NOEFgO
キーンコーンカーンコーン

真姫「さてと、花陽、凛。早く帰りましょう」

花陽「あっ、ごめん。真姫ちゃん。私これから委員会の仕事が」

凛「凛も陸上部で走らせてもらう約束してて」

真姫「いや…知らないけど。あれだったら…終わるまで待ってもいいけど…」

花陽「でも…遅くなっちゃから…」

真姫「そっか。うん、分かった。今日は一人で帰るわ」

凛「ごめんね、真姫ちゃん」

花陽「また明日一緒に帰ろう」

真姫「べ、別に気にしてないから。じゃあ、また明日」

りんぱな「また明日~」








SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1554635706

元スレ: 真姫「女の子だけで牛丼屋さんに?」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 20:19:34.54 ID:zzE0B4FA0
真姫「はあ…何よ、二人して…」

穂乃果「どうしたの?溜息なんてついちゃって」

真姫「えっ!?あっ、穂乃果っ!?」

穂乃果「残念だったね~。二人とも忙しいみたいで」

真姫「なっ!?………見てたの?」

穂乃果「うん。一部始終を見せて頂きました」

真姫「……で?何?」

穂乃果「あっ、うん。真姫ちゃん!牛丼食べに行こーぜ!」

真姫「は?」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 20:24:27.71 ID:zzE0B4FA0
穂乃果「いや…だからね!今日は部活も休みの日なんだし牛丼を食べに行こうよ」

真姫「いやいい。お腹空いてないし。海未とことりと行けばいいじゃない」

穂乃果「海未ちゃんは弓道部!ことりちゃんは理事長室に用があるって。って言うかね真姫ちゃんと一緒に行きたいんだよ。牛丼屋さんに」

真姫「はあ?なんで私と…」

穂乃果「牛丼屋さんになんて行った事ないでしょ?」

真姫「ないけど…だからって」

穂乃果「よし決定!それじゃあ行こう!私が牛丼の何たるかを手取り足取り教えてあげるからね~うししし」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 20:28:45.31 ID:zzE0B4FA0
ウィーン

穂乃果「いや~美味しそうなにおい」

絵里「私牛丼屋さんに来るの初めてだわ」

真姫「絵里も来てるし…。なんなのよ全く…」

穂乃果「まあまあ。後悔はさせませんから。私に任せて下さい。こう見えて牛丼一筋300年ですから」

絵里「300年って…穂乃果はいくつなの?」

真姫「ダメよ、絵里。いちいちつっこんじゃ。キリがないから」

穂乃果「うわっ。凄い冷たい…」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 20:36:06.66 ID:zzE0B4FA0
真姫「カウンター席なのね」

穂乃果「うん。そうだよ。早く座ろうよ。さ~何食べようかな~」

真姫「牛丼でしょ?」

穂乃果「そうだけど…この吉野家はいろんなメニューがあるからさ」

絵里「本当だ。カレーなんかもあるし……え?うな重もあるの?」

真姫「本当だ…。牛丼以外もあるんだ…」

穂乃果「まあ、でもあれだね。今日は二人とも初めてだし牛丼にしようか?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 20:57:19.34 ID:zzE0B4FA0
真姫「任せるわよ、穂乃果に」

絵里「私もそれでいいわ」

穂乃果「じゃあ、すいませーん。牛丼並盛りと半熟卵を3セット下さい。あっ、で汁だくでお願いします」

真姫「汁だく?」

穂乃果「牛丼の汁を多めにして貰ったの」

絵里「そんな事してくれるの?」

穂乃果「うん。多分ここ吉野家だけじゃなくって牛丼チェーンだったらどこもサービスしてくれるんじゃないかな?」

絵里「ハラショー!そうだったのね」

穂乃果「そだよ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 21:04:53.36 ID:zzE0B4FA0
真姫「でも…正直…牛丼屋さんって女の子だけで入りにくいイメージがあるわよね」

絵里「そうね。実際、私と真姫は初めてだし」

穂乃果「それは偏見だよ。真姫ちゃんはお嬢様だし絵里ちゃんは海外が長いからでしょ?別に女の子だって入ったっていいんだから」

真姫「そうかもしれないけど」

穂乃果「確かにね。そんなイメージはあるよ。女の子が牛丼屋さんに入りにくいってイメージは否定は出来ない。でもそう言うのって気にしたって損じゃない?」

真姫「損?」

穂乃果「そうだよ。美味しいもんは美味しいだからさ。それは男の子だろうが女の子だろうが一緒でしょ?スイーツ大好きな男の子だって居るんだしさ。カロリーオーバーなんて気にしないの」

絵里「そうね。人の目なんていちいち気にしてたらキリがないものね」

真姫「カロリーオーバーは気にした方がいいかもしれないけど」

穂乃果「その後走る」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 21:09:46.49 ID:zzE0B4FA0
店員「お待たせしました」

真姫「え?早い…」

絵里「本当。さっき頼んだばかりなのに…」

穂乃果「それが牛丼のいい所なんだよ。うまい、やすい、はやい。吉野家のキャッチコピーだよ」

真姫「それにしても早過ぎる…」

穂乃果「まあ、そんな事はいいじゃん。それより食べようよ」

真姫「そうね」

絵里「それじゃあ」

ほのまきえり「いただきます」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 21:15:37.90 ID:zzE0B4FA0
穂乃果「さて、それじゃあ…ってまたちゃん?」

真姫「何?」

穂乃果「何をしてるのかな?」

真姫「何って…卵を掛けようと…掛けるのが正解でしょ?」

穂乃果「そうだけど。それだと…まあ…半熟卵だからそこまで気にする必要はないけど」

真姫「何よ?何が言いたいのよ?ハッキリ言ったよ」

穂乃果「あのね。牛丼を食べる時はね。こーやって真ん中に少し穴をあけて…そこに卵を落とし込むんだよ」

絵里「なるほど!卵がこぼれ落ちない様な工夫をするのね」

穂乃果「正解!これをしないと卵が丼からこぼれ落ちてきて大変な事になるんだよ~」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 21:28:21.55 ID:zzE0B4FA0
真姫「ふ~ん。考えてるのね、穂乃果も」

穂乃果「別に私が考えた訳ではないよ。先人達の知恵だよ」

絵里「そうね。牛丼だけじゃないわ。私達が今何不自由なく生きていけてるのはそう言った御先祖様達のお陰ね。何十年、いえ、何百、何千年と人類が積み重ねて来たもの」

穂乃果「そうだね」

真姫「牛丼食べるだけでよくもまあそんな考えまで辿り着くわね。感心するわ」

穂乃果「さっ、卵を掛けたら紅生姜を上に乗せて~。うわ~美味しそう~」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 22:18:16.94 ID:Pn2NOEFgO
絵里「紅生姜もかけるの?」

穂乃果「うん。苦手?」

絵里「苦手じゃないけど。あまり食べた事ないかな」

穂乃果「美味しいよ。掛けてみなって」

絵里「うん」

穂乃果「真姫ちゃんもね」

真姫「うん」

穂乃果「ふふっ。さてと…」パクっ

穂乃果「ん~美味い!」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 22:23:50.67 ID:Pn2NOEFgO
絵里「じゃあ、私も…」パクっ

絵里「ハラショー!美味しい!」

穂乃果「おっ!今日二回目のハラショー頂きました!真姫ちゃんは?」

真姫「美味しいわ」

穂乃果「でしょ?」

真姫「うん。美味しい」

穂乃果「何点?」

真姫「え?」

穂乃果「何点かな~って」

真姫「……百点よ」ニコッ

穂乃果「真姫ちゃんの笑顔も百点満点だよ!」

絵里「穂乃果もね」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 22:29:12.18 ID:Pn2NOEFgO
数日後

凛「真姫ちゃ~ん。真姫ちゃん、真姫ちゃん、真姫ちゃ~ん」ダキッ

真姫「ちょっと。大声で呼ばないでよ。で、抱きつかないで」

凛「あっ、ごめん」

真姫「いや。あの…教室ではやめてってだけで」

凛「真姫ちゃ~ん」ダキッ

真姫「も~。花陽~」

花陽「ふふっ。二人とも仲が良いね」

凛「じゃあ、かよちんも一緒に~」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 22:36:18.03 ID:Pn2NOEFgO
真姫「も~いいから」

凛「今日は一緒に帰れるよ~」

真姫「いちいち大きな声で言わなくていいから」

凛「は~い。ねえ?お腹空いたよね?」

花陽「うん。お腹空いたねぇ」

真姫「花陽はいつでも空いてるんじゃ…」

凛「じゃあ、今日練習が終わったらご飯食べに行こうよ!」

花陽「いいよ!真姫ちゃんは?」

真姫「別にいいけど…」

凛「じゃあ、何を食べようか?ラーメン?ラーメンかにゃ?」

花陽「ん~そうだねぇ」

真姫「私、美味しいお店知ってるけど…」

花陽「え?そうなの?」

凛「もしかしてお高いお店とか…フランス料理とか?」

真姫「違うわよ」

凛「え~何かなぁ?」

花陽「ね~?何だろう」

凛「真姫ちゃんの事だからきっと凄いお洒落なお店だよ。ね?」

真姫「そうね。きっと気にいると思うわ」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/07(日) 22:38:01.62 ID:Pn2NOEFgO


※ 西木野さんの様な知らない方もいらっしゃるかもしれませんので、参考に有名チェーンの牛丼画像を置いておきます(管理人)

吉野家


松屋


すき家


なか卯

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「女の子だけで牛丼屋さんに?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「女の子だけで牛丼屋さんに?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)