絵里「先輩禁止よ♪」香澄「ぅえりちゃん!!」

シェアする

絵里-アイキャッチ22
2: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:53:13.74 ID:YCm83nNW
 

【市ヶ谷家 蔵】


沙綾「ふぅ…そろそろ休憩にしよっか?」

りみ「あ、もうこんな時間…そうだね」

たえ「やっぱり皆で演奏してると時間が経つのが早い。あっという間」

香澄「そうだね~! 練習すればするほど息が合っていく感じだし、楽しい♪」

沙綾「一人で練習してるのと五人で合わせるのじゃ全然違うもんね」

りみ「うん…♪ 沙綾ちゃんの音を聞きながら弾いてると安心感があるんだ…♪」

沙綾「え、ええ? そうかなぁ?」

たえ「うんうん。沙綾のドラムって凄いリズム感いいし、音もパワフルだから安心するよ」

香澄「分かる分かるー♪ 弾くの失敗しちゃっても沙綾がいてくれたら大丈夫というかー♪」

りみ「それは…どうかなぁ…」アハハ

元スレ: 絵里「先輩禁止よ♪」香澄「ぅえりちゃん!!」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:53:51.57 ID:YCm83nNW
沙綾「あはは、ありがとう。そう言ってもらえると嬉しいけど、皆の音だって凄い良くなってるよ」

香澄「ホント!? 私も少しはギター上手くなってきたかなぁ」

たえ「大丈夫だよ、香澄もちょっとずつだけど上手くなってるよ。ウサギとカメみたいな感じ」

香澄「かめ!?」

りみ「お、おたえちゃん…それって褒めてる…?」

たえ「褒めてるよ?」

香澄「うぅ…なんだか褒められてる気がしない…」

沙綾「お客さんが喜んでくれてれば大丈夫だよ。この間のライブだって、μ'sのみなさんに楽しんで貰えてたみたいだし」

りみ「うん、そうだね…♪ ことりちゃん、めっちゃ喜んでくれてた♪」

たえ「凛ちゃんも楽しそうだったよ」

香澄「この間、穂乃果先輩にものすごく褒められたよー♪」

沙綾「あはは、香澄すっかり穂乃果先輩にデレデレだねぇ」

香澄「えへへ、なんだかもう他人じゃないってぐらいに仲良くなっちゃった♪」
4: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:54:17.68 ID:YCm83nNW
りみ「本当に二人ともそっくりだもんね」

おたえ「あと一年早く生まれてたら双子の可能性もあったよ」

香澄「双子! あー、でもそれもいいかもなぁ…♪」

沙綾「香澄との双子かぁ…。あんまり想像したくないなぁ…」

香澄「えー!? 穂乃果先輩と二人いると迷惑!?」

りみ「迷惑…じゃないけど…」

おたえ「ちょっとやかましいかも」

香澄「そ、そんなことないよー! ね、有咲ー!?」

 

有咲「…」ポロロン

  

香澄「…有咲ー?」

   
5: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:54:47.48 ID:YCm83nNW
 

有咲「…あ? わりぃ、聞いてなかった」


おたえ「さっきから会話に入ってこないと思ったら、一人で自主練?」

有咲「あー…自主練って言うほどのもんじゃねーけど…ちょっとな」

りみ「なんだか、熱心だね…♪」

沙綾「練習熱心なのはいいことだよねぇ、有咲♪」


有咲「…」ポロン

  

有咲「…もう少し一人で練習したいから、みんなは先に休憩してろよ」

りみ「う、うん…?」

   
6: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:55:13.66 ID:YCm83nNW
 

有咲(…全然、足りない)

有咲(今のままの演奏じゃ、全然…)


有咲(この前のライブだって…もっと上手く出来たはず…)


有咲(穂乃果先輩達に…もっといいライブを見せられた筈…!)


  

香澄「あ、そうだ! 穂乃果先輩にライン送らないとー!」


有咲「…」ピク

沙綾「?」

   
7: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:55:40.39 ID:YCm83nNW
りみ「何か用事でもあるの?」

香澄「んー、別に用事ってほどじゃないけどー…最近いつも連絡してるというかー」

おたえ「本当に仲良いよね。彼女みたい」

香澄「えー!? さすがにそんなんじゃないけどぉ…///」エヘヘ


有咲「~~」


沙綾「…」クス

りみ「どうしたの? 沙綾ちゃん」

沙綾「いや、分かりやすいなぁと思って」

りみ「?」

沙綾「どっちに妬いてるんだろうねぇ…♪」
8: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:56:07.27 ID:YCm83nNW
 

香澄「えーっと…♪」カタカタ

  

香澄「…え?」


   

アリサー…


    

有咲「あ…この声は、ばーちゃん」

     
9: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:56:34.77 ID:YCm83nNW
 

ガラ


おばあちゃん「有咲、お客さんが来てるよ」

有咲「お客さん…? 誰だ?」

沙綾「何か用事?」

りみ「あ、それなら早く帰らなきゃダメかな…?」

有咲「いや、何も約束いれてねー筈だけど…。ばーちゃん、お客さんの名前は?」

おばあちゃん「えっと…なんて言ったかしらねぇ…?」

有咲「ばーちゃん…しっかりしてくれよ…」

おばあちゃん「この歳になっちゃうと聴いたことをすぐ忘れちゃってねぇ…。花咲川でも羽丘でもない制服の女の子だったけれど…」
10: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:57:02.04 ID:YCm83nNW
 

おたえ(花咲川でも羽丘でもない制服…)ヒソヒソ

香澄(しかも女の子…!?)ヒソヒソ

りみ(有咲ちゃん、凄いね…)ヒソヒソ

沙綾(うん…いつの間にそんな交友関係広げたんだろう…)ヒソヒソ

おたえ(有咲がどんどん遠くへ行っちゃう…)ヒソヒソ


有咲「おいそこ! ヒソヒソ人の噂話するなぁ!」

  

有咲(…って言っても、本当に誰だ? この辺の高校で、花咲川と羽丘以外で知り合いなんて…)

   
11: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:57:29.01 ID:YCm83nNW
おばあちゃん「…それにしてもあんな立派な車、直に見るのなんて数十年生きてきて初めてだったわ」

有咲「車ぁ? え、マジで誰だ…?」

おばあちゃん「えっと、なんて言ったかしらね? 縦に長い黒塗りの車…」

香澄「縦に長い…」チラ

沙綾「黒塗りの車…」チラ


有咲「…それって――」


 

香澄&有咲&りみ&おたえ&沙綾「リムジン!?」

  

……。


   
12: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:57:55.30 ID:YCm83nNW
 

【音ノ木坂学院 アイドル同好会部室】


バタン!


穂乃果「おっはよーございまぁーす!!」

にこ「うっさいッ! 扉は静かに開けろっていつも言ってんでしょ!」


穂乃果「あははー…ごめんごめん~」

海未「すみませんにこ…。全く穂乃果は、人の制止を聞かないのですから」

穂乃果「だってぇー、早く練習したいんだもん!」

海未「やる気を出すのはいいことですが、練習と関係ないところで力を使っても意味がないでしょうに…」

にこ「へぇ、練習に燃えてるというところは評価に値するわね、穂乃果」
13: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:58:22.75 ID:YCm83nNW
ことり「ふふ、この間の香澄ちゃん達のライブ見てテンション上がっちゃったんだよね?」

穂乃果「うんっ! 香澄ちゃん達がギター弾いてるところとか、歌ってる姿、本当にカッコ良かったよねぇ…!」

にこ「パスパレの彩ちゃんや千聖ちゃんには負けるけど…。まぁそうね、確かにあの子たちもカッコ良かったわ」

穂乃果「だよね! だよね!」

海未「私達と同じ高校生で、あれだけ楽器を弾けるというのは純粋に凄いと思いました」

ことり「りみちゃんも可愛かったぁ…♪」

穂乃果「やっぱりああいうの見せられたら…なんかこう…ガーって熱くなってこない!? なってくるよね!?」ダキ

にこ「熱っ苦しいわよ! くっつくな!///」ググ

海未「まぁ、穂乃果の言いたいことは分かりますよ」

穂乃果「ほらぁ! だったら穂乃果のこの熱い気持ち、分かってくれるよね!?」ギュー

にこ「だーかーらー、引っ付くなってーのー…っ!!///」
14: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:58:50.90 ID:YCm83nNW
 

ガチャ


絵里「あらあら、随分と燃え上がってるわねぇ」

希「何々~、いつ二人でラブラブな関係に発展したん~?」キシシ


にこ「ラブラブな訳ないでしょ! 見てないでコイツ引き剥がしなさいよ…っ!」グググ

海未「二人とも、生徒会の方はもういいのですか?」

希「ウチら二人にかかえれば生徒会の仕事なんてあっという間やん♪」

ことり「二人ともさすがだねぇ♪」

絵里「そんな褒められる程のことじゃないけれど…。ほら穂乃果、にこが嫌がってるでしょう?」

穂乃果「えー嫌だった?」

にこ「嫌に決まってるでしょぉぉぉぉ!///」グググ
15: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:59:16.50 ID:YCm83nNW
穂乃果「うぅ…誰も穂乃果のやる気を理解してくれない…」

絵里「そんなことないわよ」

穂乃果「え…?」

希「…闘志に火を付けられたのは穂乃果ちゃんだけやないみたいよ?」クスクス

絵里「…仮にも一番後輩である一年生の彼女たちにあんなライブを見せられたんじゃ、私たちもそれ以上のライブを見せなくちゃ気が済まないってものじゃない?」

海未「絵里にしては珍しく挑戦的なセリフですね…」

希「ふふ、生徒会の仕事してる最中からずっとこうなんよ。意外に子供みたいな性格しとるんやからぁ♪」

絵里「い、意外はよけいよ…///」プイ

穂乃果「…ぅ絵里ちゃん!」ダキ

絵里「あ、ちょ、ほ、穂乃果…!///」

穂乃果「絵里ちゃん大好きぃ~~!!」ギュー

ことり「あはは、今度は絵里ちゃんとラブラブだぁ~☆」

にこ「…」イラ
16: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 19:59:47.66 ID:YCm83nNW
海未「こうして見てると、本当に香澄とそっくりですね…」

希「あー確かになー。あの子も隙あらば有咲ちゃんに抱きついてたもんなぁ」

にこ「ちょっと穂乃果! あんたの闘志は分かったから、いい加減抱きついてないで練習着に着替えたならどうなのよ!?」

穂乃果「あ、そうだね!」パッ

絵里「わっ…と」

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん! 早く着替えるよっ!」

ことり「了解です♪」

海未「はい、穂乃果の練習着ですよ」

穂乃果「海未ちゃん、ありがとー♪」


希「…にこっち、嫉妬?」キシシ

にこ「違うッ!///」
17: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:00:15.15 ID:YCm83nNW
絵里「あと来てないのは…一年生だけかしら?」

希「そうみたいやね」

ことり「あ、さっきお昼休み花陽ちゃんと会った時に、放課後は掃除当番だから遅れるかもって言ってたよー」

絵里「それじゃあ真姫と凛も一緒に遅れてくるかしらね」

にこ「…何よそわそわして、柄でもない」

絵里「い、いいでしょ別に///」

希「色々と話したい計画があるからウズウズしてるんよね?」クスクス

にこ「計画…?」

 

タッタッタッタッタ…!

  

凛「とうちゃくにゃーっ!!」バターン!

にこ「だから静かに開けるッ!!」

   
18: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:00:41.95 ID:YCm83nNW
花陽「お、遅れてすみません…! 掃除が思った以上に長引いてしまって…!」ペコペコ

海未「当番ならば仕方ありませんよ。むしろ時間を掛けて清掃するというのは良い心がけだと思います」

穂乃果「えー…穂乃果、少しでも早く切り上げることしか考えてないや…」

海未「穂乃果…?」ジロ

凛「凛もそんなに真面目に掃除しようとはしてなかったんだけど、かよちんが凄い張り切っちゃって~」

花陽「だ、だって教室の埃が凄かったから…少しでも綺麗にしないと病気になっちゃうかと思って…///」

ことり「ふふ、さすが花陽ちゃん♪ 大事なことだと思うよ~」
19: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:01:11.26 ID:YCm83nNW
 

パンパン!


絵里「はい、それじゃあみんな集まったところで聞いてー。今日は練習の前に次のライブの計画を話し合っていくわよ」

穂乃果「はいっ! 香澄ちゃん達を招待してるライブのやつだよね! 穂乃果、がんばりますっ!」

凛「おお、穂乃果ちゃんがいつになくやる気だよ! 凛もがんばるにゃー!」

絵里「ふふ、二人ともその意気よ…! 次回のライブは音ノ木坂学院内でやる小規模のライブだけれど――…」

  

花陽「…? あ、あれ? 真姫ちゃんは…?」キョロキョロ

希「真姫ちゃん?」

にこ「あんた達一年は一緒じゃなかったの?」

花陽「あ、ううん、真姫ちゃんは掃除当番じゃないから先に部室に行くって…」

海未「先に…? 誰か、真姫を見ましたか…?」
20: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:01:41.46 ID:YCm83nNW
 

シーン


にこ「…一番始めに部室に来たのは私だけど、今日は真姫のこと一度も見ていないわよ?」

絵里「ど、どういうこと…?」


穂乃果「…」チラ

凛「…」チラ


希「…これはもしかしたら、アレやね」

ことり「アレ…?」


  


   

希「――――神隠しッ!!」バーン


    
21: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:02:09.17 ID:YCm83nNW
花陽「か、神隠し!?」ガクガク

凛「怪奇現象にゃ…!」


穂乃果「え、神隠しって何…?」

海未「神隠しというのは…(影で穂乃果に説明)」


絵里「ちょ、ちょっと希、脅かさないでよ…」フルフル


希「脅かしてなんてない…これは立派な事実を口にしてるだけや…」

にこ「希…」

希「…(目配せ)」

にこ「…」ハァ
22: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:02:35.59 ID:YCm83nNW
 

希「掃除当番じゃない真姫ちゃんは花陽ちゃん、凛ちゃんと別れ、一人でこの部室へと向かった…」


希「しかし、部室にはにこっちが誰よりも早くに来て皆を待っていた…」


希「けど、部室にやって来たのは…」


にこ「穂乃果が一番最初だったわね」

穂乃果「あ、うん。やる気に任せて扉をバーンって開いたらにこちゃんが一人寂しそうに座ってたよ」

にこ「寂しそうには余計よ!」

希「本来だったらにこっちがこの部室にいるタイミングから、花陽ちゃんらが来るまでの間に真姫ちゃんは顔を覗かせていなければならないんよ」

希「でも、誰もその姿を確認できていない…」


希「…つまりこれはもう――」

  

希「神隠ししかないんや――――ッ!!」ドーン!

   

絵里「キャーーー!!」バッ

ことり「ひゃう!?」

    
23: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:03:02.89 ID:YCm83nNW
海未「絵里…そんなに怯えなくても…」

絵里「い、いや、だって! 真姫が…真姫がぁ…!!」ガクガク

ことり「え、絵里ちゃん、痛いよぉ…」グイグイ


希「…あっはっはっはっはっは! えりちカワイイわぁ~~~~!!」バシバシ

にこ「悪趣味なヤツ…」

 

ピロン

  

絵里「ひぃ!!」ビックゥ

穂乃果「そんなにびっくりしなくても…穂乃果の携帯の通知だよー」

絵里「脅かさないでよ…!」
24: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:03:29.65 ID:YCm83nNW
穂乃果「…あ、香澄ちゃんからラインだ」

海未「またですか? 貴方たちは最近毎日連絡取り合ってますね…」

穂乃果「えへへ…♪」

絵里「穂乃果! こんな時にラインなんてしてる場合じゃないでしょう!?」

希「おーおー、迫真の怒りやねぇ」

穂乃果「そ、そんなこと言われてもぉ…」

花陽「でも、本当に神隠しにあったのかな…?」

希「えー? そんな訳ないやんー。ウチの冗談やよ♪」

凛「なんだぁ」

絵里「じょ、冗談って…! だ、だって、真姫は実際にいないのよ…!?」

希「んートイレとかに行っとるんやないかなー?」

ことり「さすがにトイレだとしたら長すぎる気もするような…」


穂乃果「あ…」

海未「どうしました、穂乃果?」
25: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:03:56.31 ID:YCm83nNW
凛「それに、来る途中に凛たちもトイレに寄ったけど、誰も入ってなかったよねかよちん?」

花陽「た、多分…」

絵里「ほ、ほらぁ! やっぱり神隠しよ! 真姫は神隠しにあってしまったんだわ…!」ガタガタ

にこ「全く、情けないわねぇ…! 希、なんとかしなさいよ」

希「まぁこれはこれで可愛いからしばらくそのままでもいい気はするけどなー♪」

絵里「真姫…! 一体貴方はどこに行ってしまったの――!?」

  

穂乃果「…有咲ちゃん家の蔵だって」

   
26: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:04:22.79 ID:YCm83nNW
 

にこ「…は?」

ことり「有咲ちゃん?」

絵里「ど、どういうこと…? 真姫は神隠しにあって蔵に閉じ込められてるの…?」

海未「絵里、神隠しからは一旦離れましょう…」

  

穂乃果「真姫ちゃん、有咲ちゃん家にお邪魔してるみたい。リムジン? で」


   


海未&ことり&凛&花陽&にこ&希&絵里「えぇぇぇぇぇ!!?」


    

……。

     
27: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:04:52.56 ID:YCm83nNW
 

【市ヶ谷家 蔵】


真姫「へぇ…こんなところで練習してるのね」ジロジロ

真姫「凄いわね、この木製のアンプ…。アンティーク品かしら…?」


  

有咲「な、なんて返ってきた…?」

香澄「うーん、穂乃果さんも西木野さんが来ること知らなかったみたい…。神隠しがどうとか、なんだかよくわかんないこと言ってる」

有咲「はぁ…?」

おたえ「神隠しにあったら、そこは蔵でした…」

りみ「雪国…?」

沙綾「国境を越えちゃった感じだねぇ」

有咲「い、いやいや、そんな小説じゃあるまいし…」
28: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:05:21.16 ID:YCm83nNW
 

ヴヴヴ…


香澄&有咲&りみ&おたえ&沙綾「!」


ピ


真姫「はい、真姫よ」

にこ『くぉらぁ! 真姫ッ!! なんであんた市ヶ谷さん家にお邪魔してんのよーッ!?』

真姫「…っ」キーン


有咲「うぉ…こっからでもはっきり矢澤さんの声が聞こえる…」

おたえ「雷様みたいだね」

  
29: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:05:49.47 ID:YCm83nNW
 

にこ『いきなりリムジンなんかで向かったら迷惑でしょ!! 大体あんた練習はどうすんのよ!! 早く帰ってきな――…』

真姫「…うるさ」ピ


有咲「あ、切った」

りみ「だ、大丈夫かな…?」アセアセ


ヴヴヴ…!

ヴヴヴ…!


おたえ「鬼電されてる」

香澄「お、恐ろしい…」


真姫「もう…!」ピ!


真姫「電源切ったわ。これで邪魔されず話ができるわね」

有咲「えぇ…それ絶対後が怖いやつだろ…」
30: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:06:23.00 ID:YCm83nNW
 

真姫「…」クルクル


沙綾「え、えっと…西木野さん、でしたよね?」

真姫「西木野真姫よ」


沙綾「その、今日はどういった要件でいらしたんですか…?」

真姫「…」

  

香澄(なんだか怖い雰囲気だよ…)

りみ(わ、私たち、怒られちゃうのかな…?)

有咲(そんなバカな…)

   
31: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:06:49.68 ID:YCm83nNW
 

真姫「…今日は、貴方たちに伝えたいことがあって来たの」クルクル


おたえ「伝えたいこと?」

真姫「…」


有咲「それって、この間のうちらのライブが良くなかったとか、そういうことですか…?」

沙綾「有咲…」

有咲「いや、だってそうだろ? ライブ始まる前も挑戦的なこと言ってきてたし…」


香澄「あ、あの…! ダメなところがあったらはっきり言って下さい!」

真姫「…!」
32: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:07:16.84 ID:YCm83nNW
りみ「香澄ちゃん…」

香澄「私たち、まだまだ全然上手くないし、お客さんを楽しませることも満足にできないかもしれないですけど…」

香澄「それでも! 私はもっと努力して…! みんなにキラキラドキドキが伝わるような演奏を届けたいから…!」

有咲「香澄…」


おたえ「…うん、香澄の言うとおり。私たちはまだまだ」

おたえ「でも、努力すればもっと輝ける。だから、ダメなところはしっかり聞いておきたい」


沙綾「…そうだね。満足して貰えなかったのは単純に私たちの力不足だもんね…」

沙綾「だから西木野さん、私たちに足りないところを遠慮無く言って下さい。お願いします…!」


有咲「…」

 
33: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:07:43.98 ID:YCm83nNW
 

真姫「えっと、その…」


真姫「…」


真姫「…っ」

  

真姫「~~」


   


    

真姫「――ごめんなさい」ペコリ


     
34: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:08:12.62 ID:YCm83nNW
 

香澄「え…?」

  

真姫「…だから、その…///」


真姫「始まる前にケンカ売るようなこと言ってしまって、本当に申し訳なかったと思ってるわ…」


りみ「そ、そんな…」

沙綾「それじゃあ伝えたことって…」


真姫「…そうよ」


真姫「一言…謝りたいと思って…///」クルクル

真姫「なんだかんだ言ったけれど…貴方達Poppin'Partyの演奏、とても良かったと思うわ…///」

   
35: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:08:39.22 ID:YCm83nNW
香澄「わぁ…!」

沙綾「ありがとうございます…!」


真姫「正直に言えば、演奏技術に関してはそこまで上手くは無かったのかもしれないけれど…」

真姫「それでも、貴方が言うようなキラキラドキドキ…みたいなものは届いたと思うわ」クルクル

香澄「本当ですか!?」ズイ

真姫「え、えぇ…///」ドキ


香澄「有咲ぁぁ~~! 良かったぁ~~!!」ギュー

有咲「あ、ちょ、こらっ! 急に抱きつくなぁ~~!!///」


真姫(…本当に穂乃果を見てるみたい…)クルクル

 
36: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:09:08.14 ID:YCm83nNW
おたえ「でも本当に良かった。西木野さんにも楽しんで貰えて」

りみ「そうだね…♪」

沙綾「私たち、これからももっと頑張っていいライブをできるように頑張らないとね…!」

香澄「うん…!」


真姫「…」クス

  

香澄「――真姫さんもっ!」クル

真姫「私…?」

 
37: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:09:35.27 ID:YCm83nNW
香澄「今度穂乃果さんに招待されてるμ'sのライブ! 私、すっごい楽しみにしてます!」

真姫「…凄いプレッシャーね」

香澄「ああっ、べ、別にそういうつもりで言ったんじゃないですけれど…!」アセアセ

真姫「分かってるわ。…私たちも負けないくらいに頑張るから、期待してて頂戴」

香澄「はいっ♪」


有咲「…っていうか、西木野さん練習はいいんですか? さっき電話で凄い心配されてましたけど…」

真姫「それは大丈夫よ」

有咲(本当か…? 矢澤さん、めっちゃキレてたけど…)


真姫「それに今日は…別にただ謝りに来たって訳じゃなくて、貴方たちにお願いがあって来たんだもの」
38: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:10:09.80 ID:YCm83nNW
香澄「お願い…?」

りみ「なんだろう…?」


真姫「…」クルクル

有咲「…」


 


真姫「…実は貴方たちPoppin'Partyに、私たちμ'sの曲を演奏して貰いたいの」


  

香澄「…μ'sの」チラ

有咲「曲を…」チラ


   

香澄&有咲&りみ&おたえ&沙綾「演奏――――――――!!?」


    

……。

     
39: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:10:39.75 ID:YCm83nNW
 

【音ノ木坂学院 アイドル同好会部室】


ことり「香澄ちゃんたちに私たちの曲を演奏してもらうの!?」

絵里「そう」

花陽「そ、それは…バックバンドとして付いて貰うってことですか…!?」

絵里「それなんだけど…音源を録音して貰うか、生のバンドとして付いて貰うかその辺のことはまだ、というか、これから話し合って決めるつもりだったんだけれど…」

にこ「…真姫が一人で暴走したってこと?」

絵里「ええ…。全く真姫ったら…」
40: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:11:08.93 ID:YCm83nNW
希「でも、まさかあの真姫ちゃんが一人で乗り込むなんて誰も予想できなかったんやない?」

凛「うんうん。凛もびっくりだよ」

穂乃果「真姫ちゃん、この間のライブの後凄いやる気だったからねぇ…」アハハ

海未「…穂乃果はこのこと、知っていたんですか?」

穂乃果「あ、うん。真姫ちゃんから相談されててね。ポピパの演奏を私たちのライブでやってもらえるように交渉してくれないかって」

絵里「それで穂乃果から私にも相談が来てどうするか考えてたのよ」

絵里「向こうの子たちが許可してくれるかも分からない話だし、練習に影響出てもアレだと思ったから今まで伏せておいたの」

海未「よく口を滑らせませんでしたね…」

穂乃果「えへへ…♪」

希「褒められてはないでー?」
41: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:11:37.43 ID:YCm83nNW
花陽「…で、でも、これは…! 実現すればとんでもないことになりますよ…!」

にこ「ガールズバンドとスクールアイドルのコラボ…。確かに今までありそうで無かったわね」

凛「それって、凛たちμ'sが初めてってこと?」

希「調べた限り、今までそういうグループはいなかったなー。まぁスクールアイドル自体まだまだ歴史が浅いものやからね」

穂乃果「じゃあじゃあ! 一緒にライブが出来ればもっともっと人気が上がって、学校にも人がたくさん来るかな!?」

ことり「そうだね♪ ポピパのみんなも凄かったから、もっと色んな人が見に来てくれるよ♪」


海未「…ですが、バックバンドとダンスのコラボなんて…そう簡単なものではありません」

 

絵里「――そう。海未の言う通りよ」

  
42: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:12:08.79 ID:YCm83nNW
 

【市ヶ谷家 蔵】


真姫「スクールアイドルの活動に置いて常に鬼門になるのが音の問題――」

真姫「今までは他人に依頼したり、私たちがなんとかパソコンに打ち込みをして誤魔化していたけれど、アマチュアの身分で満足な音を造り上げることは難しいの」


おたえ「なるほど…分かります」ウンウン

有咲「お、おたえが真剣に食らい付いてる…」

香澄「…」コックリコックリ

りみ「か、香澄ちゃん…! 寝ちゃダメだよ…!」

沙綾「あはは、香澄には難しいかもね」


真姫「…真面目に聞いてる?」

有咲「あ、き、聞いてます聞いてます!」ゲシ

香澄「ふぇ…?」
43: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:12:38.31 ID:YCm83nNW
 

真姫「それでしばらくμ'sの音作りに悩んでいたんだけれどね…」

真姫「貴方たちのライブを見てピンと来たの。これだわ…! って」

  

有咲「…どうするよ?」チラ

香澄「私はやりたい! やってみたい! だってスクールアイドルのバックバンドだよ!? すっごい楽しそう!!」

りみ「香澄ちゃんならそういうと思ってたよ…♪」

おたえ「でも…」

沙綾「私たち、他の人に合わせて曲を弾いたことなんてないから…上手くやれるか不安かな…」

香澄「あ、そっか…。私たちのペースで出来ないってコトだよね…?」

有咲「それどころか、相手に…μ'sのみなさんに合わせて演奏しなきゃいけないから相当厳しいと思うぞ」
44: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:13:05.63 ID:YCm83nNW
真姫「…そうね」

真姫「きっと、いつも通りのライブをすれば良いわけじゃ無くなる筈よ」

真姫「それは勿論私たちも同じだけれど…お互いに息を合わせられなければ、片方ずつだったら成立していた物も途端に崩れてしまうわ」


真姫「…私たちはまだ出会ったばかり」

真姫「穂乃果と市ヶ谷さんとの縁で広がった不思議な関係だけれど…だからこそ同じステージで足並みを揃えられるかどうかは、私も自信が無いわ」


有咲「…」

香澄「有咲…」
45: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:13:33.29 ID:YCm83nNW
おたえ「そうだね、私も難しいと思う」

沙綾「うん…。私たちだけだったらともかく…」

りみ「…」

有咲「じゃあ、答えは一つじゃね? 私はことわ――…」


 


真姫「――それでも…無茶は承知で私は一人でここまでお願いしに来たの」

真姫「私は…μ'sに対して本気だから」


有咲「…!」

  
46: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:14:00.69 ID:YCm83nNW
 

真姫「本気だからこそ、音に対しても妥協したくないの」


真姫「…短い付き合いだけれど、こうやって繋がったからにはきっと意味があるのよ」


真姫「穂乃果が私をμ'sに誘ってくれたように…」


真姫「私も、貴方たちPoppin'Partyをμ'sへと誘いたいと思うわ」


  

真姫「――引き受けて貰えるかしら?」


   
47: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:14:28.23 ID:YCm83nNW
 

有咲「…」

沙綾「どうしよっか…?」チラ


おたえ「――私は…やってみたい」

おたえ「どんな感じになるか未知数だけど、自分たち以外の音を演奏するって言うのはきっと経験値になると思うから」

香澄「…うん、私もおたえの意見に賛成だよ!」

香澄「それに折角私たちポピパを選んで貰えてるんだもん! 私はそれに応えたいと思う! りみりんは?」

りみ「…すごく怖い…けど…」

りみ「…でも、私はお姉ちゃんと一緒にグリグリの曲を弾かせて貰ったことがあるから、自分たち以外の曲を演奏することの大切さもちょっとだけ分かるよ」

りみ「…それに、めっちゃ楽しいし…♪ だから、私もやってみたい」

香澄「りみりーん♪」ギュー

りみ「あ、か、香澄ちゃん…///」
48: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:14:55.66 ID:YCm83nNW
沙綾「…三人にそう言われたら、やらない訳にはいかないよね。私も、スクールアイドルの曲を演奏するっていうのは興味あるし」

沙綾「それに、逃げるのは私たちらしくないっていうか…ね?」

香澄「うんうん! 沙綾の言う通り! 私たちらしくない!!」


有咲「…」


りみ「有咲ちゃん…?」

沙綾「…有咲は反対?」


有咲「…いや、反対じゃねぇ…けど…」

 
49: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:15:28.39 ID:YCm83nNW
 

おたえ「けど?」


真姫「…ダメ、かしら…?」

  

有咲「…」

香澄「有咲…」


   

有咲「――曲を」


    
50: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:16:32.74 ID:YCm83nNW
 

香澄「曲?」


有咲「…μ'sのみなさんの曲を直に見せて下さい。じゃなければ、判断できません」

沙綾「ライブを…ってこと?」

有咲「そうだよ。だってウチら、μ'sのみなさんとは仲良くなってきたとは思うけど、肝心の曲をまだ一つも聞いてないんだぞ」

おたえ「言われてみれば…」

香澄「確かに…」

有咲「それでこっちのライブだけ上から目線で評価されて、一緒にやって下さいって言われてもって感じじゃねーか」

沙綾「まぁ、気持ちは分かるけど…」

真姫「…正論ね」
51: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:17:00.52 ID:YCm83nNW
有咲「だから、一曲だけで良いんで…実際のμ'sのライブを生で見せて貰えますか?」

有咲「一緒にやるかどうかはその後で考えるってことで…いいよな?」

香澄「…でも、確かに穂乃果さんたちが歌って踊るスクールアイドル姿は見てみたいかも」

りみ「私も動画では見たことあるけど、生では見たこと無いから見てみたいなぁ…」

おたえ「私はどっちでもいいけど」


真姫「…ふふ、そういう意見が出るかもしれないというのは想定済みよ」

有咲「む…」カチン
52: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:17:35.49 ID:YCm83nNW
真姫「それに、市ヶ谷さんの言う通り流石にコチラが上から評価ばかりしてるのも申し訳ないわ」


有咲「それじゃあ見せて貰えるんですか? μ'sのライブを。準備する時間なんてそんなにないと思いますけど…」


真姫「そうね…」チラ

有咲「…?」


真姫「明日は土曜日…。貴方たち、学校は休みよね?」


香澄「え、は、はい、そうですけど…?」


真姫「そう、それなら――…」フフ

 

有咲(い、嫌な予感…)

  

……。

   
53: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:18:04.37 ID:YCm83nNW
 

【翌日】

【音ノ木坂学院 アイドル研究部部室】

  

有咲「~~」ワナワナ

にこ「~~」ワナワナ


   

真姫「…と言う訳で、今日の練習にPoppin'Partyを招待してきたわ」


    

有咲「急すぎますっ!!」
にこ「急すぎるわよっ!!」


     
54: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:18:34.71 ID:YCm83nNW
凛「おー、ハモってるにゃ」

おたえ「凛ちゃーん、きたよー」フリフリ

凛「おたえちゃーん♪」

花陽「は、花園さん…この間は凛ちゃんがお世話になったみたいで…」ペコペコ


ことり「りみちゃんもいらっしゃーい♪ どうぞ座って座ってー♪」

りみ「あ、ありがとうことりちゃん…♪」


有咲「二人とも馴染むの早過ぎるだろ!!」

香澄「えー、そんなことないよー?」モグモグ

穂乃果「香澄ちゃん、こっちのお菓子も美味しいよー♪」モグモグ

海未「…二人とも太りますよ」


沙綾「あ、これ…うちの実家パン屋やってるので、差し入れにどうぞ♪」

希「これはこれはご丁寧にどうもー♪」
55: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:19:01.32 ID:YCm83nNW
 

ガヤガヤ


にこ「ただでさえ狭い部室だって言うのに…」

絵里「凄い人数ね…」


有咲「…で、今日曲は聴かせて貰えるんですか…?」

真姫「勿論よ。その為に招待したんだから」クルクル

にこ「だぁーかぁーらぁー! なんであんたが勝手に決めてんのよっ!」

真姫「本番までそんなに時間も無いんだし、早いほうがいいでしょ?」

にこ「物事には順序ってものがあんのよ! 三顧の礼って言ってね、人にお願いをする時は~…」

真姫「あーもう、にこちゃんはいっつもうるさいのよ!」ツーン

にこ「うるさいじゃないわよ! ちゃんとこういうことは目上の人の意見を聞きなさいっての!」
56: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:19:28.93 ID:YCm83nNW
絵里「そうよ、真姫。熱心なのは認めるけど、流石に暴走しすぎよ? ちゃんとみんなで話し合って決めましょうって言ったじゃない」

真姫「それは、そうだけど…」

にこ「…なんで絵里の話は真面目に聞こうとするのよ」イラ

希「貫禄の違いやね♪」キシシ

絵里「それ、褒めてるの…?」



有咲「…これで本当にライブなんてできるんですか? 全然まとまってないように思えますけど…」

にこ「はぁ…?」

有咲「っ!」ビク
57: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:19:57.54 ID:YCm83nNW
にこ「甘く見ないで貰えるかしら…? 真姫はともかくとしてもね、少なくとも私は宇宙No.1スクー…」

希「――は置いといてー。ごめんなー、気分悪くさせちゃって♪」

にこ「ちょ、希! まだ途中なのにぃ!!」

有咲「いえ…」


ことり「ふふ、私たちはいつもこんな感じだから心配いらないよ♪」

真姫&にこ『ことり! 聞き捨てならないわよ! いつもこんな感じじゃないから!』

有咲「はぁ…」
58: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:20:25.27 ID:YCm83nNW
穂乃果「…有咲ちゃん、なんだか不機嫌?」ヒョコ

有咲「あ、い、いえ、別にそういう訳では…」

おたえ「うん。昨日からずっと有咲ヘンだよ?」

有咲「お、おたえ…!」

香澄「ここに来る途中もずっとむすーっとしてて…。お腹痛い?」

有咲「痛くねーから…!」

穂乃果「落ちてるもの拾って食べちゃったとか?」

有咲「食べてませんから!」

おたえ「ほむまん食べ過ぎじゃ無い?」

有咲「食べ過ぎてねぇし!///」

凛「じゃあラーメンとか?」

有咲「ラーメンなんか食べてませんから! っていうか、なんで食べた前提なんですか!?」
59: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:20:54.27 ID:YCm83nNW
沙綾「す、凄い…私たちが付け入る隙が無いね…」

りみ「う、うん…」

希「全部に律儀に突っ込んでる有咲ちゃんも大したもんやで…」


有咲「い、いやいや、別に突っ込みたくて突っ込んでる訳じゃ無いですからっ!」


穂乃果「あははっ、でもいつもの有咲ちゃんらしくなってきたね♪」

香澄「うんうん! 有咲はこうでなくっちゃ♪」


有咲「全く…! 人のこと一体なんだと思って――…」


ス…


穂乃果「――有咲ちゃん」


有咲「…っ」

 
60: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:21:21.65 ID:YCm83nNW
 

穂乃果「私たちのライブで、有咲ちゃんの不機嫌なんか吹き飛ばしてあげるよっ♪」ギュ


有咲「――」

  

海未「…そうですね、有咲が私たちのライブを見て満足するのならばそれが早いでしょう」

ことり「だねっ♪ ポピパのみんなの為に頑張っちゃう☆」

花陽「はい…! 凛ちゃんも頑張ろうね…♪」

凛「おたえちゃんにお返しするにゃー♪」

希「年長者としての実力、見せつけないとアカンなー?」

絵里「年長者って言うのやめてよ、もう…」

にこ「宇宙No.1アイドルの力、見せつけてあげるわよっ!!」

真姫「…はいはい」クルクル
61: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:21:50.39 ID:YCm83nNW
 

穂乃果「さぁ! 有咲ちゃんもみんなも!」

穂乃果「屋上へ…! 私たちのライブステージに行こっ――♪」グイ


有咲「ぁ――…」


  

タッタッタッ…


  

――ガチャ!


   
62: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:22:18.45 ID:YCm83nNW
 


μ's!


Music…START!!


  


Welcome song-…♪


   


……。


    
63: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:22:45.87 ID:YCm83nNW
 

【音ノ木坂学院 アイドル同好会部室】


カシャアー!


ことり「じゃーん☆ これが私たちのスクールアイドル衣装だよー♪」

りみ「わぁ…いっぱいあるね。これ、全部ことりちゃんが作ったの…?」

ことり「あはは、さすがに全部は無理かなぁ。花陽ちゃんとかにもいっぱい手伝ってもらったもんね♪」

花陽「わ、私はそこまで大したことは…。ほとんどことりちゃんが一人でアイディア出して作ったものだから…」

りみ「やっぱりことりちゃん凄いんだね…♪」

ことり「そ、そんなことないってばぁ~」フリフリ
64: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:23:15.38 ID:YCm83nNW
花陽「それにしても14人分の衣装を新しく作ることになっちゃったけど、大丈夫かなぁ…?」

ことり「ことりにお任せですっ!」
 
りみ「私たちの衣装まで作ってもらうことになっちゃって、ごめんね…」

ことり「ううん…いいの。それに、この間遊んだ時にポピパの衣装作るって約束したでしょ? むしろこんなに早く約束果たせると思わなかったからワクワクしちゃうよぉ♪」

りみ「ことりちゃんありがとう…♪」

花陽「それにしてもスクールアイドルとガールズバンドのコラボが実現するなんて…まるで夢のようです!」

ことり「本当だね♪ りみちゃんが私たちの曲を演奏してくれて、それに併せて踊れるんだぁ…☆」

りみ「う、上手く弾けるか心配だよぉ…」

花陽「私も転ばないか心配です…」
65: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:23:42.66 ID:YCm83nNW
ことり「二人とも心配性なんだからぁ。これから沢山練習すれば大丈夫だよ! みんなで頑張ろう♪」

りみ「ことりちゃん…」

花陽「そうだね…♪ いつもは9人だけど、今回は14人もいるし…なんだか心強いよね♪」

りみ「うん…♪」

ことり「そうそう、二人ともその意気だよ♪」

花陽「りみちゃん、これからしばらくの間よろしくね…♪」

りみ「花陽ちゃん…こちらもよろしくお願いします…♪」


ことり「よーし、それじゃあ私たち衣装班は全力で14人分仕立てるよぉ! がんばろー!」

りみ&花陽「おー♪」
66: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:24:11.19 ID:YCm83nNW
 

【音ノ木坂学院 グラウンド】


海未「…恐らく本番はこのグラウンドにステージが設置されて、そこでライブを行うことになるはずです」


香澄「すごい…! こんな広いところを使わせて貰えるんですね…!」

穂乃果「あはは、なんだかんだ絵里ちゃんが生徒会長、希ちゃんが副会長でやり手だからねぇ♪」

おたえ「裏取引が行われてるんだね」

海未「人聞き悪いこと言わないで下さい! …ちゃんとした交渉の結果ですよ」

凛「でも希ちゃんならやりそうだよね…」

穂乃果「あー確かに…」ゾク

おたえ「希さんは悪代官…と」メモメモ

海未「ヘンなことメモらないで下さい…」
67: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:24:41.33 ID:YCm83nNW
香澄「これだけ広いんだったら私たちも沢山動けそうだね、おたえ!」

海未「広いからと言って、あんまりやり過ぎると穂乃果と凛みたいになってしまいますよ」

凛「エヘヘ…凛たち、よく頭ごちんってしちゃうよね」

穂乃果「あはは…調子に乗るとすぐやっちゃうんだよねぇ…」ペロ

おたえ「二人は仲良しさんだね」

海未「仲良しさんじゃありません。そういうことにならないように、ちゃんと本番の空間を想定して練習する必要があるんです」

おたえ「私も曲に入り込みすぎると周りの楽器を倒しちゃったりするから、μ'sさんをなぎ倒さないように気をつけないと…」

穂乃果「おぉ…! ろっくってやつだね…!」

凛「おたえちゃんカッコイイにゃー!!」

香澄「私だって負けずにろっくするよーっ!」ブンブン

穂乃果&凛『キャー! 香澄ちゃーん!!』


海未「…このメンバーで大丈夫なんでしょうか…?」ハァ

 
68: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:25:10.54 ID:YCm83nNW
 

【音ノ木坂学院 生徒会室】


キャーキャー


にこ「…外で遊んでるように見えるけど、あいつら大丈夫かしら」チラ

希「んー、海未ちゃんいるから大丈夫やない?」

にこ「さすがにあの人数を一人で制御するのは海未でも辛そうだけど…」


にこ「あ、正座でお仕置きが始まった」

  
69: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:25:39.19 ID:YCm83nNW
絵里「…大まかな合同ライブの詳細はこんな感じになるけれど、大丈夫かしら?」

沙綾「えっと…そうですね、日程に関しては一応メンバーに確認とるつもりですけど、多分大丈夫だと思います」

希「有咲ちゃん辺り、まだゴネそうやけどね」クス

沙綾「あはは、それはまぁ何とかします」

にこ「あんたも大変ね…」

希「有咲ちゃんもにこっちには言われたくないやろなぁ」

にこ「ぬわぁんでよ!」

沙綾「あ、それとライブの機材のことなんですけど…」

絵里「それについては抜かりないわ。事前に軽音楽部の方に許可は貰ってるから」

沙綾「ありがとうございます…!」

希「ドラムセットとキーボード…後はアンプとって感じで考えてるけど、その他の物に関しては直接見て貰った方がええかも」

沙綾「あ、最低限それだけ揃ってればなんとかなると思います。さすがにドラムを持ってくるのは中々難しいので…」

にこ「真姫のリムジンでも手配して貰えば良いんじゃ無い?」

沙綾「あはは、あれだけの大きさならなんでも持って来れそうですね」

絵里「学校になんて来させないわよ、もう…」
70: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:26:06.46 ID:YCm83nNW
希「っていうか、イベントのスケジュール管理沙綾ちゃんだけで大丈夫なん?」

沙綾「あ、はい、大丈夫です。いつもやってることなので…」

にこ「まぁ香澄やおたえには向いて無さそうだしね…」

沙綾「あはは…」

絵里「りみはことりと一緒に衣装作るって言ってたからしょうがないけど、有咲は…?」

希「有咲ちゃんはしっかりしてそうやけど、なんか今日えらい不機嫌やもんなぁ」

沙綾「はい…そうなんですよね。今日というか、ここ一週間くらいずっとあんな感じで…」

にこ「この間のあんた達のライブ終わってからずっとってこと?」

沙綾「ええ…。なんか練習中もずっと思い詰めてる感じで…」

にこ「ふぅん…」

絵里「まぁ悩むのは高みを目指すのに大事なことだと思うけれど、口にしないのは不安ね」

希「特に、できないともなれば尚更…な?」

絵里「そうね…」
71: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:26:35.84 ID:YCm83nNW
沙綾「直接言ってくれればいいんですけど、有咲の性格上…中々口にしてくれないんですよね」

にこ「あれは相当の難物よ。私には分かるわ」

希「へー…」ジト

にこ「な、なによ…!」

絵里「キーボード弾けるからピアノを弾ける真姫と一緒に曲作りを手伝って貰おうと思ったけれど、大丈夫かしら…?」

希「同じ一年生だし、人見知りとは言え多少話しやすいんやない?」

沙綾「有咲、私たちに打ち解けるのにも大分時間かかりましたから、どうですかね…」

にこ「大体、真姫も大概の人見知りじゃないのよ」

沙綾「そうなんですか? 一人で有咲の家に乗り込んで来るぐらいなので、そんなに人見知りな印象受けませんでしたけど…」

希「それが意外だったんよね…。あの真姫ちゃんがなぁ」

絵里「あの子なりに思うところあったんでしょうね」

にこ「そうー?」

絵里「お互いに成長するキッカケとしては、調度良いのかもしれないわね」

沙綾「そうだと、良いんですけれど…」
72: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:27:02.86 ID:YCm83nNW
絵里「…うーん」

希「どしたん? えりち」

絵里「有咲のこともそうだけど、やっぱり合同で練習する以上…ポピパのみんなが今のままじゃダメね」

沙綾「え…?」

にこ「どういうこと?」

絵里「郷に入り手は郷に従え…。沙綾ちゃんにも、その洗礼を受けてもらいましょう?」クス

希「あー、なるほどー♪」

沙綾「…?」

 

……。

  
73: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:27:29.37 ID:YCm83nNW
 

【音ノ木坂学院 音楽室】

  

ポロン♪

   

有咲(すご…)

    

ポロロン…♪


コト…

     

真姫「…っていうか感じで新曲考えてるんだけど、どうかしら?」


      
74: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:28:06.47 ID:YCm83nNW
 

有咲(…)


真姫「聞いてるの…?」クルクル

有咲「え!? あ、は、はい…良いと思いました…」

真姫「そう? 良かったわ。もう少しアレンジしたいと思ってるから、ダメなところは指摘してくれると嬉しいんだけど…」

有咲「はぁ…」


有咲(…って言ってもな…曲作りの知識なんてねーから、言えることなんて全然…)

  
75: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:28:40.60 ID:YCm83nNW
 

有咲(…)


有咲(西木野さんはスゲーよな…)


有咲(ピアノ滅茶苦茶上手いし、曲作りもできるなんて…)


有咲(それに加えて、ダンスもキレッキレに踊れて…)


有咲(容姿も私らなんかと違って美人だし、それにリムジンに乗ってるような金持ちだし…)


有咲(きっとこういう人を完璧超人って言うんだろうな…)

  

真姫「~~」ポロロン


   
76: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:29:09.36 ID:YCm83nNW
 

有咲(それに引き換え、私は…)


有咲(私は…)

  

真姫「…」コト

   

有咲(…)

    

真姫「…随分悩んでるのね」

有咲「え…?」
77: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:29:43.93 ID:YCm83nNW
真姫「ここに来てからずっと…。いえ、昨日家に行った時からかしら? なんだか難しい顔してる」

有咲「あ、これは…えっと…」


真姫「…」

有咲「…」

 

真姫「…私のせい?」

有咲「へ?」

  
78: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:30:12.14 ID:YCm83nNW
真姫「私がエラそうなこと言ってケンカ売ったのが…ずっと気に食わないってことよね」

有咲「い、いや、そんなことは…」

真姫「その…何度でも謝るから…許して頂戴…。ごめんなさい…」ペコリ

有咲「いえいえいえ! だ、大丈夫ですから! もう許してますって! だから頭上げて下さい!!」

真姫「本当に…?」

有咲「はい…。そりゃ、最初は何言ってんだこいつとか思いましたけど…別にウチらもプロでもなんでもないですし、言われても仕方ないかなって思いましたから…」

真姫「ごめんなさい…」

有咲「だ、だから気にしないで下さい! それに、西木野さんたちμ'sのライブ見させて貰って、尚更何も言えなくなったというか…」

真姫「ライブを見て…?」
79: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:30:44.12 ID:YCm83nNW
有咲「…悔しいですけど、さっきのライブ凄い良かったです。思わず感動しちゃいました…」

有咲「踊る前はあんなに普通の女子高生みたいなやり取りして、ケンカもしてたのに…いざライブになるとあんなに息がぴったりで…」

有咲「スクールアイドルってこんなにも凄いんだって…思いました」


有咲「――でも」


有咲「…真姫さんたちが凄かったからこそ…余計に、自分がダメなんじゃないかって…思えてきて…」

真姫「…」
80: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:31:09.93 ID:YCm83nNW
有咲「私はポピパでキーボードを担当してますけど、それまでバンド経験なんて勿論ありませんし、ピアノだって中学までは習ってましたけど…西木野さんみたいに特別上手かった訳でもないですし…」

真姫「私だって、そんなに上手い訳じゃ…」

有咲「上手いですよ…! だって、作曲までできて…歌も歌えて…完璧じゃないですか…」

真姫「…」


有咲「だから…こんなんじゃダメだって…」

有咲「このまま…ただなんとなくで練習してても、きっと、お客さんを感動させることなんて…」


有咲「――キラキラドキドキさせることなんて、できないって思ったんです…」

 
82: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:31:38.03 ID:YCm83nNW
有咲「この間のライブだって…」

有咲「穂乃果さんは感動したって言ってくれましたけど…」

有咲「滅茶苦茶失敗しまくりでしたし、グダグダな部分も沢山で…」

有咲「正直、お客さんに申し訳ないなって思いました…」

真姫「…」


有咲「私に…何が足りないんだろうって…しばらくずっと考えてました」

有咲「…その答えは、未だに出ていませんけど…」

有咲「なんとなく…私のポピパに対する覚悟なのかな? って、ちょっと思いました」

真姫「覚悟?」
83: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:32:08.26 ID:YCm83nNW
有咲「…私は香澄に誘われて…なんとなく入ったって言うか…」

有咲「あ、いや、その…なんとなくって言ってもアレですけど…。誘われて嬉しかったから…なんですけど…///」

有咲「でも…そんなふわっとした気持ちでポピパを始めたんですよ、私は」


有咲「勿論それだけじゃないですよ…?」

有咲「その後も色々あって5人が揃って…ケンカして、泣いたり笑ったりして…」

有咲「ライブハウスのオーディションも合格したりして…それぞれ、バンドメンバーとして成長したと思います」

有咲「でもそれでも、何かが足りないって…思ってしまって…」

有咲「…そんな時に、西木野さんが一人で家に来て…一緒にやってくれって誘いに来てくれたのを見て…」

有咲「私たちにはきっと…西木野さんのような覚悟が足りないんじゃかって…」

有咲「…あはは、これはさっき唐突に思ったんですけどね」
84: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:32:37.60 ID:YCm83nNW
有咲「後は、その…穂乃果先輩のような…カリスマ性みたいな何か…ですかね」

有咲「きっとそういうのが、ウチらには足りないんですよ…」

有咲「みんなあの人の笑顔に惹きつけられて…μ'sのみなさんも…お客さんも…」


 


真姫「――半分正解ね」


有咲「は、半分…?」


真姫「そう。半分正解で、半分不正解」クルクル

有咲「…」

  
85: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:33:04.59 ID:YCm83nNW
真姫「…何か勘違いしてるけれど、私たちにはそんな大層な覚悟…ないわよ」

有咲「え…?」

真姫「勿論、廃校を止める為にという名目で穂乃果が始めたスクールアイドルだから、意義がない訳じゃ無い」

真姫「実際に、廃校の案も廃止されて、音ノ木坂学院の窮地を救ったことになっている」

真姫「そのことで穂乃果は随分と祭り上げられてるけれどね」

有咲「…ウチらの学校でも噂になっていましたよ」

真姫「そんなに…? まぁでも、そうよね…それぐらいのことをしたのよね」

有咲「…」
86: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:33:32.55 ID:YCm83nNW
真姫「でも、私たちはそんな大層なことをしようとしてたつもりはないの」

真姫「もっと単純に、スクールアイドルをやって人気を集めれば変わるかもしれない…。それぐらいの気持ちで、ただ当たり前に部活動をしていただけなのよ」

有咲「部活動を…ですか」

真姫「当の本人の穂乃果だって、最初こそそれを理由に始めたんでしょうけど…その後は普通の一女子高生として、スクールアイドルに真剣に取り組んでいただけよ」

真姫「…で、結果として廃校撤廃が付いてきたってこと」

有咲「そんな都合良い話が…」

真姫「少なくとも私は…そうだったわ」

真姫「だって私は、最初スクールアイドルなんてバカにしてたんだから」

有咲「え、そうなんですか…? 全然そんな風には見えないですけど…」
87: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:33:58.82 ID:YCm83nNW
真姫「…貴方たちポピパのことをバカにしたように、最初は穂乃果に向かって似たようなことを言ったわ」

真姫「スクールアイドルの曲なんて軽く思えて嫌だって」

有咲(…こういっちゃなんだけど、言いそう…)


真姫「…言いそうって思った?」

有咲「あ、い、いえ、そんなことは…///」

真姫「ふふ、実際そうだったんだからしょうがないわよ」

有咲「…///」
88: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:34:26.56 ID:YCm83nNW
真姫「…でも、それでも穂乃果は私のピアノを弾いて歌ってる姿を見て、大袈裟に泣いて感動してくれて…」

真姫「それから何度も何度も私のことを誘いに来て…」

真姫「…そんな熱心に誘ってくれる穂乃果に色々思うところがあってね」

真姫「最初は曲を作ってあげて…それからライブも見て…」

真姫「入りたがってる花陽を後押ししてあげて…いつのまにか私も、スクールアイドルになってた」

有咲「…」
89: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:34:53.15 ID:YCm83nNW
真姫「ね? 私に覚悟なんてないのよ」

真姫「ただその場の流れで、ああ、いいなって思ったから入って、そして続けているの」

真姫「他の人は知らないわ。もしかしたら穂乃果と同じように、凄い情熱を持ってやってる人もいるかもしれない」

真姫「だけど、みんながみんなそうじゃないの」

有咲「…でも」


真姫「――でも、私たちμ'sは成立している」


有咲「…はい」

 
90: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:35:22.61 ID:YCm83nNW
 

真姫「その答えが、もう半分の正解」

有咲「…?」


真姫「…穂乃果よ」


有咲「穂乃果先輩…」


真姫「穂乃果のカリスマ性にみんなが集まっているというところが、全ての答えだと思ってるわ」

有咲「全て、ですか…」

真姫「ええ」

  
91: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:35:51.38 ID:YCm83nNW
 

真姫「だって私は、穂乃果に誘われてなかったら、きっと――…」


有咲「ぁ…」


  


有咲(おんなじだ…)


有咲(この人…西木野さんは私と…)


   


香澄『有咲っ! 一緒にバンドやろー!?』


    
92: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:36:20.06 ID:YCm83nNW
 

有咲(…)

  

真姫「始めるキッカケなんて、そんな些細で…だけど、自分の中ではそれがとっても大きなこと」

真姫「それは貴方も同じでしょう…?」

真姫「あの子…戸山さんに誘われてなんとなく始めたとは言っても、貴方にはとってはそれが重要なことなんじゃないの?」


有咲「…」


有咲「…はい」

有咲「そうだと、思います…」


真姫「…ふふ、私たち似ているのかもね」

有咲「そ、そうです…かね…///」

   
93: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:36:49.21 ID:YCm83nNW
真姫「…誰かに楽しんで貰う、感動して貰うなんていうのは受け取り方次第よ。別に下手だからって感動はするんだから」

真姫「…私も、穂乃果たち二年生の最初のライブはなんて下手だろうって思った」

真姫「けど、そんなライブに感動して心動かされたから、今の私はいるの…」

有咲「…」


真姫「貴方たちのライブにも間違いなく…それはあったと思う」

真姫「だって私は、心動かされたからこそ…声をかけたんだもの」

有咲「ぁ…」


真姫「…///」クルクル

有咲「…ありがとう…ございます…///」
94: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:37:19.56 ID:YCm83nNW
有咲(…やっぱり、西木野さんはすげーな…)


有咲(私だったら…絶対にそんな風には言えねーし…)


有咲(…)


有咲(私も…西木野さんのようになれたらな――…)

 

有咲(…っ)グ

  
95: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:37:47.89 ID:YCm83nNW
 

真姫「…どう? 少しは迷いも――…」


有咲「西木野さんっ!!」ズイ

真姫「ヴェェ!?」ビクゥ

  

有咲「…あのっ」

真姫「な、な、な、なによ…!///」


   
96: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:38:20.07 ID:YCm83nNW
 

有咲「わ、私の…///」

真姫「…?///」


有咲「その…///」


有咲「し、ししし…///」


真姫「し…?///」

  

有咲「――師匠になって下さいッッ!!///」


   


ヴェェェェェェェ!!?

    

……。


     
97: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:38:51.24 ID:YCm83nNW
 

【音ノ木坂学院 アイドル研究会部室】


  

香澄&有咲&りみ&おたえ&沙綾『――先輩禁止!?』


絵里「そう♪」

穂乃果「わー、香澄ちゃんたちもだー!」

りみ「え、えっと、先輩禁止って…?」

絵里「私たちμ'sも大分前に始めたことなんだけど…。一緒のグループで絆を深めるのに、先輩後輩でやってたら遠慮が生まれちゃうでしょ?」

沙綾「はぁ…」

絵里「だから先輩呼びを禁止して、学年の垣根を越えて仲良くしようという試みなの♪」

希「先輩であるウチらのことも、えりちー♪ 希ちゃんー♪ にこーって呼んでいいんよ?」

にこ「ぬわぁんであたしだけ呼び捨てなのよ!!」
98: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:39:20.51 ID:YCm83nNW
おたえ「なるほど…」

海未「…さすがに他校の子たちにまでそのルールを強いるのは酷じゃありませんか…?」

花陽「呼んで言いと言われても、いきなり先輩を呼び捨ては緊張しちゃうよね…」

沙綾「そ、そうですね…」

絵里「ただでさえお互いの気持ちを寄り添わせないと難しいコラボなんですもの。これぐらい積極的にいかないと…ね?」チラ

真姫「…」クルクル

ことり「初めは慣れなかったけど、私たちも今じゃすっかりにこちゃん~って呼んでるからポピパのみんなもすぐ慣れるよぉ~♪」

にこ「私は最初からそんな感じだったような気もするけどぉ~…?」イラ
99: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:39:49.69 ID:YCm83nNW
香澄「はーい! それじゃあ…穂乃果ちゃん!」

穂乃果「わー、香澄ちゃーん♪」

香澄「よろしくねー♪」ギュー

穂乃果「うんうん、よろしくだよー♪」ギュー

香澄「絵里ちゃんも希ちゃんもー、みんなでコラボ頑張ろうね♪」

希「頑張ろうなー香澄ちゃーん♪」

絵里(…か、可愛い…///)

にこ「絵里…?」
100: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:40:17.55 ID:YCm83nNW
沙綾「あはは、さすが香澄…」

海未「順応性は穂乃果同様高いですね…」

沙綾「あ、えっと…よろしく…海未…?」

海未「ふふ、はい沙綾」

沙綾「や、やっぱり先輩を呼び捨てにするのは勇気いりますね…」

ことり「少しずつ慣れていけばいいんだよ、沙綾ちゃん♪」


おたえ「にこは小動物みたいで可愛い」グイ

にこ「むぎゅ!?」

花陽「に、にこちゃん!?///」

おたえ「お持ち帰りしてもいいかな?」

凛「うーん、妹ちゃんに許可とってからじゃないとダメかなー」

にこ「むぐぐぐ~~!!(わたしの意志は関係ないんかーいっ!!)」
101: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:40:44.88 ID:YCm83nNW
りみ「え、えっと…あの…///」

希「んー? ええんよー、どーんと呼んでみー?」

りみ「…の…のぞ…のぞみちゃん…?」

希「やーん♪ りみちゃんかわええわー♪」ガバ

りみ「ふぇぇぇ!?///」ギュー

ことり「ああ、希ちゃんー! りみちゃんを独り占めしちゃダメだよぉ!」

沙綾(な、なんかμ'sのみんなに弄ばれてるだけのような気が…)アハハ


絵里「あとは…」チラ

希「真姫ちゃんと有咲ちゃんだけやねー?」クス
102: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:41:12.73 ID:YCm83nNW
 

真姫「…」クルクル

有咲「~~」

  

絵里(やっぱり、この二人には中々難しいのかしら…?)

沙綾(有咲はちょっとずつ突っ込んでいくしかないかも…)

希(まぁ、それはそれで楽しそうやけど…♪)

おたえ(面倒だよね)

海未(おたえははっきり言いますね…)

   
103: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:41:41.44 ID:YCm83nNW
 

真姫「…べ、別に」クルクル

  

真姫「それぐらいなんてことないわよ…有咲…?///」


有咲「そ、そうだな…なんてことない…よな…真姫…ちゃん///」カァー


   


    

12人『――――!!!?』


     
104: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:42:08.01 ID:YCm83nNW
 

穂乃果「真姫ちゃんが…!」
香澄「有咲が…!」


ことり「有咲って!!」
りみ「真姫ちゃんって…!!」


おたえ「言ったよね」

凛「聞いたにゃ」

沙綾「この耳でしっかりと」

花陽「聞きました…!」

  
105: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:42:35.62 ID:YCm83nNW
 

絵里「な、何があったの…? さっきまであんなに仲悪そうだったのに…」


真姫「な、なんにもないわよ…!///」クルクル

希「へぇー…」ジー

有咲「そ、そーだよな、先輩禁止なんて別に大したことねーし? 真姫…ちゃんは同年代だからすぐ仲良くなたというかー?///」フンス

香澄「…」ジー

有咲「な、なんだよ…!///」
106: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:43:04.22 ID:YCm83nNW
 

穂乃果「…じゃあ穂乃果って呼んでみて」

有咲「うぇぇ!? あ、え、う…///」


ことり「真姫ちゃんも、りみちゃん呼んであげてみて?」

りみ「ふぇ!?///」

真姫「ヴェェ!? そ、その、うぅ…///」


凛「やっぱりいつもの真姫ちゃんにゃ」

おたえ「いつもの有咲だね」

花陽「でも…だったらなんでお互いの名前は呼べるのかな…?」
107: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:43:32.86 ID:YCm83nNW
香澄「音楽室で何かあったんでしょ!?」

有咲「な、何もねーから…!///」

穂乃果「嘘だっ! 何も無かったならあんなにも頑なに人のこと名前で呼んでくれなかった真姫ちゃんが有咲ちゃんなんて呼ぶはず無いよっ!」

真姫「そ、そんなこと…!///」

凛&花陽「…」ジー

真姫「…///」プイ


ことり「有咲ちゃん、それじゃあ私のことも…ことりぃ♡ って呼んでみてぇ?」

有咲「そ、そんな恋人みたいな言い方する必要ないじゃないですか…!///」

穂乃果「あーことりちゃんずるい! 穂乃果が先だよー! 穂乃果が一番最初に有咲ちゃんと仲良くなったんだからぁ! さ、穂乃果って呼んでっ!」

有咲「いや、だから、その…///」
108: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:44:01.13 ID:YCm83nNW
絵里「いいえ、ここは最年長の私が先よ。ね? 有咲、私のことも絵里って呼んで頂戴?」

有咲「…ぅぅぅ…!///」

希「ちょいまち、えりちー。同じ三年とはいえ、ウチの方が誕生日は先やよー? ならウチを先に呼んで貰う方が筋ってもんやない? 有咲ちゃんー♪ ウチのことはのぞみんでええよー♪」

有咲「~~///」


にこ「待ちなさぁーい! 誕生日は私の方が――…!!」

沙綾「あ、ちょっ」ガシ

にこ「な、なにすんのよ沙綾ッ!!」ジタバタ

沙綾「にこはハードル下がるから今の流れに乗らない方が…」

にこ「ぬわんですってぇぇぇ――――ッッ!!」キー
109: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:44:28.14 ID:YCm83nNW
 

ことり「私だよ~♪」

穂乃果「穂乃果だよっ!」

絵里「私よ!」

希「ウチやん♪」

  

有咲「~~~~~~っ!!」


   


有咲「…うがぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~!!!! 全員うるせぇぇぇぇぇぇ―――――――ッッ!!!///」

    


……。


     
110: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:44:57.61 ID:YCm83nNW
 

【駅前】


香澄「いや~、今日は楽しかったねー♪」

りみ「うん…♪ まさか穂乃果ちゃんたちと合同練習ができるなんて思わなかったよ」

沙綾「お、りみもしっかり穂乃果ちゃん呼びが馴染んでるねぇ」

りみ「あはは…穂乃果ちゃんやことりちゃんはなんか馴染みやすいから…♪」

香澄「うんうん! わかるわかる! なんだか同年代みたいな感覚だよね♪」

おたえ「留年したら全く分からないかも」

有咲「やめてくれよ…縁起でも無い」
111: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:45:24.51 ID:YCm83nNW
沙綾「まぁでも…有咲が真姫と誰よりも早く仲良くなっていたことが一番の驚きなんだけどねぇ?」

有咲「ぅ…///」

おたえ「私、てっきり音楽室で殴り合いの戦いが始まってるものとばっかり」

有咲「しねーよ!!///」

りみ「でも、有咲ちゃんがすぐにμ'sのみんなと打ち解けられてよかった…♪」

香澄「これも穂乃果ちゃんと絵里ちゃんのおかげだよねー!」

有咲「…別に、私一人でも…///」

沙綾「一人でも…?」

有咲「~~…!!///」
112: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:45:52.25 ID:YCm83nNW
おたえ「有咲は素直じゃないんだから」

有咲「あ~~!! うるせぇ!! お前等、もう時間も遅いんだからとっとと帰れっ!!」

沙綾「そうだね。明日も学校だし、今日はここで解散だね」

りみ「うん…♪」

香澄「みんな、明日からもμ'sとの合同練習…がんばろーっ!!」

香澄&りみ&おたえ&沙綾「おーっ!!」

有咲「…おー」

 

……。

  
113: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:46:24.00 ID:YCm83nNW
 

トコトコ…


香澄「あー、お腹空いたぁー。有咲の家寄っていってもいいー?」

有咲「なんでだよ…自分家で飯食えばいいじゃねーか」

香澄「だってぇー、おばあちゃんのご飯美味しいんだもーん♪」

有咲「お前のばーちゃんじゃねーよ。帰れ」

香澄「えーっ! 冷たーい!」

有咲「ふん」

香澄「…」
114: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:46:51.60 ID:YCm83nNW
香澄「…ねぇねぇ、有咲~?」

有咲「だからー、今日はもう帰れって…」

香澄「音楽室で真姫ちゃんと何話してたのー?」

有咲「ぁ…」

香澄「…」ニコニコ

有咲「…別に、大したことは話してねーよ///」

香澄「ふーん?」

有咲「な、なんだよ…///」

香澄「いや、なんか…有咲、楽しそうだなぁって♪」

有咲「はぁ!?///」
115: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:47:25.03 ID:YCm83nNW
香澄「今日の朝とか、昨日とか…もっともっと前から、最近の有咲ちょっと怖かったから…」

有咲「ん…」

香澄「だから、真姫ちゃんと話せたことで良いことあったのかなぁって思って」

有咲「…」


有咲「なんつーか…似たような人はどこにでもいるんだなぁって思った」

香澄「似てる? 真姫ちゃんが?」

有咲「ああ…なんていうか、色々私と似ててさ。だから、親近感が湧いたっていうか…」

香澄「へぇ~…♪」

有咲「それで、真姫ちゃんピアノもすげぇ上手いし、曲も作れるからと思って――…」

 

――――――
――――
――

  
116: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:47:52.57 ID:YCm83nNW
 

有咲「~~///」

  

真姫「…し、ししし師匠って何よ!?///」

有咲「こ、言葉の通りです…!///」

真姫「イミワカンナイ!!///」

有咲「い、いや…西木野さんピアノ上手ですし…曲も作れるし…きっと、キーボード上達するなら西木野さんに教えて貰った方がいいかと思いまして…///」

真姫「そ、そんな人に教えるほど上手くなんてないわよ…///」

有咲「そんなことないですよ…! 私なんかより全然上手いですし…!」

真姫「そ、それは…貴方よりかは上手いかも…しれないけど…///」クルクル

有咲「…それに西木野さんが言うように、わ、私たち…似ている気がしますし…!///」

真姫「そ、それは…///」
117: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:48:54.74 ID:YCm83nNW
有咲「だから…! お願いします…!」ペコリ

真姫「…///」クルクル

有咲「~~!」


真姫「…」ハァ


真姫「…そんな深々と頭下げられたら、断れないじゃないのよ…///」

有咲「ぁ…それじゃあ…!」

真姫「言っておくけど、私の指導は厳しいからね…! 覚悟しておいて頂戴!」

有咲「…は、はい!!」


真姫「…///」

有咲「…」
118: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:49:23.65 ID:YCm83nNW
 

真姫「…えっと、その…///」

有咲「?」


真姫「…別に教えるのはいいけれど…わ、私たち…同年代でしょ…?」

有咲「は、はい、そうですけど…?」


真姫「…敬語」

有咲「敬語?」


真姫「敬語じゃなくて…普通に呼び合いましょうよ…///」

有咲「ぁ…」

  
119: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:50:00.81 ID:YCm83nNW
真姫「えっと…市ヶ谷さん…じゃなくて…その…」

有咲「あ、有咲…です…///」

真姫「有咲…///」


有咲「~~///」

真姫「~~///」


有咲「ま、真姫…ちゃん…///」

真姫「なによ…///」クルクル


有咲「…あはは///」

真姫「…ふふ///」

 

――――――
――――
――

  
120: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:50:29.65 ID:YCm83nNW
香澄「いくら何でも仲良しすぎじゃない!?」

有咲「は、はぁ…?///」

香澄「だ、だって…何だか恋人同士っぽかったっていうか…!」

有咲「そ、そんな訳ねーだろ!///」

香澄「うぅ…いいなぁ…! なんだか穂乃果ちゃんもそうだけど、有咲がどんどん取られていくよぉ…」

有咲「別にお前の物じゃねーし」

香澄「有咲ぁ~~!!」ギュー

有咲「あーもうっ! だからお前はすぐに抱きつくなぁ~~っ!!///」

香澄「有咲の初めての友達は私なんだからね~~!!」ギュー

有咲「は、初めてって…///」
121: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:51:00.10 ID:YCm83nNW
 

有咲(…でも、そうだよな…)


有咲(私はコイツに…)

有咲(香澄に出会えたから今が…ポピパがあるんだもんな…)

有咲(伝説のスクールアイドルの穂乃果ちゃんみたいに…コイツも、なんかの伝説に残ったりするのかな)


有咲(…はは、伝説はさすがに言い過ぎだな)

  

有咲(まぁでも――…)


    
122: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:51:29.04 ID:YCm83nNW
 

有咲「…香澄」

香澄「なに…?」ピタ


有咲「…///」

香澄「…?」

  

有咲「合同ライブ…頑張ろうな」

香澄「…うん♪」


   

……。

    
123: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:51:57.65 ID:YCm83nNW
 

【μ's×Poppin'Party合同ライブ当日】

【音ノ木坂学院 仮設ライブ会場】

  

ガヤガヤ

   

ヒデコ「はーい!! 本日のライブ会場はコチラでーす!! 少しずつ前の方に詰めて進んで下さいねー!!」

フミコ「オールスタンディングなので、みなさん前の人を押さないで下さいねー!! 危険だと感じた場合中止になる場合も御座いますので、お気を付けくださーい!!」


ミカ「機材チェックよーし! ドラムとかギターとか初めてだから不安だけど…教えて貰ったとおりやったから大丈夫だよね!」

    
124: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:52:25.36 ID:YCm83nNW
 

お客1「今日のライブ楽しみーっ!! 生でμ'sを見られるなんて~~!!」

お客2「ねぇねぇ、楽器が置いてあるけど…μ'sっていうスクールアイドルは演奏もするの?」

お客3「えーまさかー。でもそう言えばなんで楽器が置いてあるんだろう? 前座で誰か演奏するのかなー?」

お客4「なにそれー! 超楽しそう~~!!」

  

ガヤガヤ…

   

明日香「わぁ…ここが音ノ木坂学院かぁ…」

明日香「っていうか凄い人…スクールアイドルが人気なのは知ってたけど、μ'sさんってそんなに凄いんだ…」

明日香「お姉ちゃんたち…そんな凄い人たちと合同ライブなんてやって怒られないかな…」

    
125: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:52:53.15 ID:YCm83nNW
 

タッタッタッタッタッタ…!


雪穂「ふぅ~…間に合ったぁ~!」ハァハァ

亜里沙「ギリギリだったね…!」ハァハァ

雪穂「もー、亜里沙が待ち合わせに遅れるのが行けないんだからね!」

亜里沙「えへへ…お姉ちゃんのライブを見に行く時は気合いが入っちゃって…」テヘペロ


明日香「ありさ…?」

雪穂「へ…?」

  
126: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:53:20.99 ID:YCm83nNW
亜里沙「はい? 亜里沙のこと呼びましたか?」

明日香「あ、い、いえ…! すみません、知り合いに同じ名前の人がいたのでつい…」

亜里沙「なるほどです! 亜里沙と同じ名前の人は結構いますから仕方ないですよ!」

明日香「は、はぁ…」

雪穂(ん…? なんか最近も似たようなことがあったような…?)

明日香(凄い綺麗な女の子…外国…の子かな…?)


亜里沙「あなたもμ'sのライブを見に来たですか?」

明日香「は、はい…。それと、一緒に出るお姉ちゃんを見に…」

亜里沙「お姉ちゃんですか?」

雪穂「お姉ちゃん…あ!」

明日香「…?」
127: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:53:49.06 ID:YCm83nNW
雪穂「もしかして、戸山香澄さんの妹さん…ですか…?」

明日香「え、あ…はい、そうですけど…。あなたは…?」

雪穂「私は高坂雪穂って言いまして、μ'sの…」

明日香「あ、高坂穂乃果さんの妹さん…ですか…?」

雪穂「そ、そうですそうです!」

亜里沙「あはは、みんな妹さんだね!」

明日香「いつもお姉ちゃんがお世話になってるみたいで…多分うるさくしてしまってすいません」ペコペコ

雪穂「いえいえ! うちのお姉ちゃんこそ迷惑掛けてないか心配で…」ペコペコ

亜里沙「二人して頭下げてヘンな感じ」クスクス
128: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:54:18.08 ID:YCm83nNW
ひまり「わぁー! 凄い人だねぇー蘭~~!!」

蘭「ほんと…スクールアイドルってこんなに人気あるんだ…」

ひまり「ねー! 巴とつぐも来れば良かったのになぁ~」

蘭「しょうがないでしょ。巴はあこと用事があって、つぐは実家の手伝いがあるんだから…」

モカ「おお~…人の波に流される~~」

蘭「ちょっと、モカ…! しっかり捕まってなよ…!」グイ

モカ「ありがとー。蘭はたよりになりますなぁ~♪」

ひまり「あ~、ことりちゃんどんな感じで踊ったりするんだろ~? 楽しみー♪」

蘭「…あれ? ステージ上に用意されてるギター…」

ひまり「へ? なになに?」

モカ「あー…あの星形のギターと言えば~…」

蘭「…香澄?」

ひまり「香澄が? なんでここに?」
129: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:54:46.60 ID:YCm83nNW
 

友希那「…」チラ


友希那「…」


友希那「…」コソコソ

  

友希那「…凛ちゃん///」


紗夜「…湊さん?」


友希那「!!?」ビクッ

   
130: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:55:14.46 ID:YCm83nNW
日菜「あ、友希那ちゃんだー!」

友希那「さ、紗夜に…日菜…」

紗夜「こんなところでどうしたんですか…?」

友希那「えっと…その…」

日菜「友希那ちゃんもμ'sのライブ見に来たのー?」

友希那「…そうよ」

日菜「めずらしー! 友希那ちゃんが興味あるって、μ'sってやっぱり凄いんだぁ…! るんっ♪ と来ちゃうかも!」

紗夜「確かに…湊さんがこういうライブに興味あるというのは意外でした」

友希那「い、いえ…それは…あ、あれよ」

紗夜「あれ?」
131: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:55:41.87 ID:YCm83nNW
友希那「スクールアイドル…は、今話題になっているもの。最高のライブを目指すのには別分野のライブを見て勉強する必要があるのよ」

紗夜「…なるほど。確かに、アイドルは踊りながら歌うというパフォーマンスを要求されますし、見た目の華やかさとは裏腹の基礎力を必要としますからね」

日菜「うんうん♪ アイドルは大変だよー。私は大丈夫だけど、彩ちゃんなんかいっつもひーひー言ってるもん!」

紗夜「さすが、湊さんは目の付け所が違いますね」

友希那「え、ええ…」


友希那「…それより、あなたたちは今日はどうして?」

紗夜「以前に弓道の大会で知り合った方が、この音ノ木坂学院の生徒でスクールアイドルをやってるとのことで招待を受けていたのです」

友希那「なるほど…凄い偶然ね」

紗夜「偶然?」

友希那「…なんでもないわ///」
132: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:56:10.63 ID:YCm83nNW
 

タッタッタッタッタ…!


彩「はぁ…はぁ…! 日菜ちゃ~~ん、ごめ~~~~ん!」

日菜「あ、彩ちゃんだー! こっちこっち~~♪」

彩「大分遅れちゃった…まだ始まってないよね…?」

日菜「もうー、彩ちゃん遅いんだもん。私なんかすぐに終わったのにー」

彩「だ、だって、緊張しちゃって…。うぅ…折角のインタビュー記事なのに噛みまくっちゃったよぉ…」

友希那「丸山さんも招待されていたのね」

日菜「彩ちゃんは私が誘ったんだぁ~♪ ちょうど彩ちゃんもスクールアイドルに興味があるって言ってたし、何よりにこちゃんをびっくりさせようと思ってー」

彩「この前のライブも見に来てくれてたし、私もμ'sさんは気になってたから…! 同じアイドルとして勉強の為にもちゃんと見なくちゃね!」
133: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:56:38.91 ID:YCm83nNW
 

ガヤガヤ…

ア、アレ…アイドルノ…

ホンモノ…?

  

日菜「ほら、彩ちゃん声が大きいよー。皆に気付かれちゃうよー?」

彩「も、もう手遅れだよぉ~! このままじゃあμ'sさんに迷惑がかかっちゃう~…」


ツバサ「…こっちよ」グイ


彩「へ? あ、ちょっ…!?」

日菜「わー! 彩ちゃんがさらわれちゃった…! あはは! 大変だー♪」

紗夜「だ、大丈夫でしょうか…?」

友希那「…凛ちゃん」ボー
134: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:57:06.54 ID:YCm83nNW
 

ツバサ「…大丈夫?」

彩「あ、は、はい…ありがとうございます」

ツバサ「全く…仮にもアイドルだったら、ちゃんと変装しなくちゃダメじゃない」カチャ

彩「…! あ、あなたは…! スクールアイドルの綺羅ツバサさん…!」

ツバサ「あら? 本物のアイドル丸山彩さんに覚えて貰えてるなんて光栄ね♪」

彩「あ、あの…! わわわ私! A-RISEの大ファンで…!!///」

ツバサ「ふふ…ありがとう♪」

彩「///」

ツバサ「そう言ってもらえて嬉しいけれど、今日、この場では無しよ?」

彩「…?」

ツバサ「だって今日の主役は――…」

  

……。

   
135: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:57:36.91 ID:YCm83nNW
 

【音ノ木坂学院 仮設ライブ会場バックステージ】


ガヤガヤ…


香澄「うわぁ…すっごいお客さんの数…!」チラ

穂乃果「本当だね、まさかこんなに来てくれるなんて…♪」

有咲「学園内だってのに集まりすぎだろ…」

海未「講堂じゃなくて外にステージ作ってもらって正解でした…」

沙綾「さすがμ'sって感じだねぇ…」

花陽「そんなこと…ポピパだって凄かったよ…?」
136: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:58:05.44 ID:YCm83nNW
りみ「どうしよ…めっちゃ緊張してきた…」

ことり「りみちゃん、リラックスリラックス~♪」

おたえ「大丈夫だよ。人ってマジックで書いて飲み込めば」

にこ「いや、消えないからそれ!」

凛「みんなテンションあげて行くにゃ~~!!」

香澄「凛ちゃん、気合い全開だね! おーー!!」

希「穂乃果ちゃんも負けずに気合いだすんよー♪」

穂乃果「うん! 負けないよーっ! 真姫ちゃんも!!」

真姫「わ、私はいいわよ…///」クルクル

 

絵里「――はーい! みんな集合してー!!」パンパン


  
137: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:58:32.37 ID:YCm83nNW
香澄「はーい!!」

希「はいはい、みんな円になってー♪」

花陽「さ、さすがに14人だと円も大きいですね…」

おたえ「まるで円卓の騎士だね」

凛「凛たち、騎士になっちゃったにゃ…!」

有咲「さすがにその表現はねーだろ…」

ことり「ふふ、でもカッコ良くない?」

沙綾「これから戦場に赴くみたいなものだし、ぴったりかもね」

にこ「ふふ、アーサー王は宇宙No.1スクールアイドルにこにーがお似合いね…!」


絵里「…さすがにこれだけの人数だと賑やかね」

穂乃果「ホントだね♪」クスクス

 
138: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:59:00.42 ID:YCm83nNW
絵里「本当だったらμ'sのリーダーは穂乃果だから、穂乃果から一言貰いたいところだけど…今日は私から言わせて貰ってもいいかしら?」

香澄「お願いします絵里ちゃん!」

絵里「ふふ、ありがとう香澄♪」

 

絵里「…みんな、今日までよく頑張ったわね」

絵里「今までにないスクールアイドルとガールズバンドのコラボだから、合同練習も大変だったとは思うけど…なんとか無事に本番を迎えることが出来たわ」

絵里「特にポピパのみんな…急なお誘いで戸惑いの方が大きかったと思うけど、受けてくれて本当にありがとう」

沙綾「ううん、こちらこそお礼を言いたいくらい。こんな機会でも無ければ絶対できない経験だと思うし…キッカケを作ってくれた穂乃果と真姫には感謝だね♪」

真姫「私は別に…。ただ、やりたいと思ったからやっただけよ…///」

ことり「それが珍しいんだけどねぇ♪」

凛「うんうん…!」
139: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:59:29.07 ID:YCm83nNW
穂乃果「思えば…有咲ちゃんがうちに寄ってくれたところから始まったんだよねぇ…。そんな些細な出会いが、一緒にライブをやることになるまでになるなんて不思議だね♪」

有咲「そう…だな…。香澄と同じで、穂乃果ちゃんもとにかく強引だったからなぁ…」

穂乃果&香澄『そんなことないよっ!』

有咲「あーもう、うるせーっ!」

おたえ「本当に息ぴったりだよね」


絵里「ふふ、そんな二人がいたからこその出会いなんだから、感謝しなくちゃね」

絵里「今日のライブはまだこれからだけど…これからもよろしくね? ポピパのみんな」

りみ「よろしくお願いします…♪」


絵里「…それじゃ、今日はいつものやつじゃなくて…μ'sポピパ合同のアレ、やるわよ!」

凛「はいにゃー!!」

 
140: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 20:59:57.91 ID:YCm83nNW
 

全員『…』


  

穂乃果「1!」

ことり「2!」

海未「3!」

真姫「4!」

凛「5!」

花陽「6!」

にこ「7!」

希「8!」

絵里「9!」

香澄「10!」

有咲「11!」

りみ「12!」

おたえ「13!」

沙綾「14!」

   
141: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:00:27.79 ID:YCm83nNW
 


穂乃果&香澄「――せーのっ!!」


  


   


    


14人「ポピパ! ピポパ! ポピパパピポパー!!」


     

……。


      
142: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:00:58.58 ID:YCm83nNW
 

【音ノ木坂学院 仮設ライブ会場】

  

ガヤガヤ

ガヤガヤ…

   

モカ「う~…まだー…」

蘭「もうちょっとだから我慢しなよ」

ひまり「…あっ! 出てきたよ! やっぱり香澄たちだ!」

    
143: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:01:26.90 ID:YCm83nNW
 

お客1「誰ー?」

お客2「あの子たちが楽器演奏するのー?」

お客3「わー、どんな曲やるんだろー!」

  

蘭「どういうこと…? 前座でライブやるってこと…?」

ひまり「えー! いいなぁー!! 私たちも演奏したかったぁ~!」

   
144: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:01:55.62 ID:YCm83nNW
 

香澄「…♪」


りみ「~~」


有咲「…」フゥ


沙綾「…うん」


  

おたえ「…っ」

   

ギャゥゥゥゥゥゥ!!


    
145: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:02:27.08 ID:YCm83nNW
 

お客1「わ…すご…!」

お客2「あの子カッコイイ…」


  

紗夜「…さすが花園さん、パフォーマンスは我々にも匹敵するレベルの物がありますね」

友希那「しかしこれは、ポピパの曲ではない…?」

   

雪穂「あ、これ…アレンジされてるけど…」

亜里沙「No brand girlsだよ、雪穂っ!!」

    
146: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:02:55.12 ID:YCm83nNW
 

ドッドッドッドッドッド!!

  

香澄「Oh yeah!」

りみ「Oh yeah!」

おたえ「Oh yeah!」


   

μ's「一進一跳っ!!」


    
147: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:03:24.07 ID:YCm83nNW
 

ワァァァァァァァ!!!

  

日菜「すっご~~い! μ'sとポピパの合同ライブだ~~~!! るんっ♪ って来ちゃうよこれは~!!」


ツバサ「へぇ…面白い試みじゃない。さすがね…♪」

   


μ's『Oh yeah!』

ポピパ『Oh yeah!』

お客『Oh yeah!』

    

穂乃果&香澄『ほら、負けないよね?』


     
148: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:03:54.05 ID:YCm83nNW
 

ワァァァァァァ…!!

  

彩「わぁ…μ'sとポピパ一緒に歌ったりパフォーマンスしたりすごい…! 沢山練習したんだろうなぁ…」

   

真姫「悔しいなまだ…♪」

有咲「No brand!」


ことり「知られてないよー♪」

りみ「No brand!」


にこ「なーにもかもー、これから…♪」

沙綾「熱いー気分♪」

    
149: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:04:21.55 ID:YCm83nNW
 

ドッパッドッパッ!

  

希「楽しいよでーも、No brand!」

ポピパ『Do you know!』


海未「張りきってるんだ、No brand!」

ポピパ『Do you know!』


凛「だから♪」

μ's『おいで!』

凛「ここでー♪」

おたえ「出会うー為にー♪」


全員『Yes I know!!』

   
150: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:04:49.50 ID:YCm83nNW
 

花陽「目指す場所はー♪」

穂乃果「高いー♪」


絵里「今より高くー♪」

花陽「どこまでー♪」


穂乃果「チャンスの前髪をー♪」

絵里「持って」


穂乃果「はなさないからー♪」

花陽「ぎゅっと!」


香澄「はなさないからー♪」

絵里&花陽『Oh yeah!』


穂乃果&香澄『奇跡の虹をー♪』

全員『渡るんだー!』

  
151: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:05:17.63 ID:YCm83nNW
 

全員『壁は…!』


μ's『Hi Hi Hi!!』

穂乃果「壊せるものさー!」


ポピパ『Hi Hi Hi!!』

香澄「倒せるものさー!」


全員『自分からもっとーチカラを出してよー♪』

  
152: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:05:46.44 ID:YCm83nNW
 

μ's『Hi Hi Hi!!』

真姫「壊せるものさー♪」


ポピパ『Hi Hi Hi!!』

有咲「倒せるものさー♪」

  

穂乃果&香澄『勇気で未来を見せてー♪』


   
153: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:06:15.23 ID:YCm83nNW
 

ワァァァァァァァ!!

  

亜里沙「うぅ~~!! 雪穂雪穂ー! すごいすごいー!! μ'sの曲をこんなにカッコよくアレンジしてるなんてすごい~~!!」

雪穂「ホント…元から二つのチームで一緒に歌ってた曲みたいに息ぴったり…」

明日香「お姉ちゃんたち、あんなにすごいんだ…」


亜里沙「ほらほら二人とも! 亜里沙たちもコールしよ! Oh yeah!!」

雪穂「そうだね♪」チラ

明日香「うん…!」


三人『Oh yeah!!』


   
154: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:06:44.93 ID:YCm83nNW
 

Oh yeah!!

Oh yeah!!


Oh yeah…!!

  

ドドドドン――ッ!!


   

ウォォォォォォォォ!!

キャァァァァァァァ!!

μ's――――!!


    
155: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:07:12.70 ID:YCm83nNW
 

ひまり「なんだか凄い始まりだね…! μ'sってみんなカワイイ~♪」

  

お客1「一曲目からノーブラはやばいよねぇ~!」

お客2「でも、あの演奏してる子達誰なんだろー? カッコ良かったけど…」

お客3「別にμ'sの曲やってくれるんだから何でもいいじゃん? ただのバックバンドでしょ?」

   

モカ「でも~まだポピパにはあうぇ~な感じ~」

ひまり「それはμ'sのライブの中で演奏してるんだからしょーがないよ~」

蘭「…香澄たちがこれで終わるはずないでしょ」


    

友希那「――私たちの音楽、見せつけてやりなさい」


     
156: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:07:42.39 ID:YCm83nNW
 


ギュィィィィィィン!!


  

紗夜「…このギターソロは」


   


香澄「――ティアドロップス」

    

ドッドッドッドッドッド!

ギャウゥゥゥゥゥゥゥ!!

     

お客1「わ…すご…なにこの曲…」

お客2「カッコイイ…!」

      
157: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:08:13.26 ID:YCm83nNW
 

香澄「ティアドロップス・レボリューション、キミが教えてくれたね!!」

穂乃果「NON STOP、サーキュレーション 明日は…!」


香澄&穂乃果『…SO GOOD!』

  

ワァァァァァァ!!!

   

ツバサ「Poppin'Partyさんの曲にもしっかりと振り付けを合わせて、穂乃果さんをメインとしてボーカルにも組み込ませている…」

彩「この人数でやるのは簡単なことじゃないですよ…! 私なんかあそこにいたらきっと転んだりしてとんでもないことに…ぅぅ…」

    
158: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:08:42.73 ID:YCm83nNW
 

香澄&穂乃果『ティアドロップス・レボリューション!』

穂乃果「涙、ゼンブあつめたらー!」

香澄&穂乃果『HEART BREAK ジェネレーション!』

香澄「新しいキミに会えるー!」


μ's『誰よりもー♪』

香澄「どこまでもー!」

ポピパ『何よりもー♪』

穂乃果「いつまでもー!」


香澄「この指ー!」

香澄&穂乃果『離さないでね…!』

  
159: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:09:10.59 ID:YCm83nNW
 

ポーーーーン…


ギャウギャウギャウ!!

  

ミカ「うわぁ~~!! あのベースの子、おとなしい顔して超カッコイイじゃん…!!」

ヒデコ「ガールズバンドなんて初めて見たけど、みんな凄いんだね…!」

フミコ「うんうん! ファンになっちゃいそう…♪」

   
160: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:09:41.27 ID:YCm83nNW
 

香澄「夢見て破れた瞬間ー…」

ポピパ「TICK TACK、今って WHAT TIME?」


穂乃果「未来が見えない少女…」

μ's「KNOW KNOW、未来は NO WAY」


  

香澄&穂乃果『―――――この手を離さない!』ギュ


   

ワァァァァァァァァァァァァ!!!!


    

……。


     
161: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:10:12.58 ID:YCm83nNW
 

穂乃果「…みなさーん! こんにちわー!」


ワァァァァァァァァ!!


穂乃果「私たち、せーの…っ!」


μ's『μ'sですっ♪』

  

キャァァァァァァァ!!

   
162: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:10:41.84 ID:YCm83nNW
 

穂乃果「それと今日は、素敵なゲストが来ていまーす♪」

穂乃果「って言っても、最初からずっと出て貰っているのでみんな気になっていたと思うけど…」

穂乃果「それじゃあ早速紹介します! …香澄ちゃんどーぞ♪」


香澄「はいっ!」


香澄「私たち、花咲川女学園というところの一年生でバンドをやってますっ!」

香澄「バンドの名前は、私たち5人合わせて…!」


ポピパ「Poppin'Partyです!!」

  

ドドンドンドンドンパーン!


ワァァァァァァァァ!!


    
163: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:11:15.89 ID:YCm83nNW
 

穂乃果「もうね、聴いてくれたから分かると思うけど、Poppin'Partyの演奏はすっごくカッコイイの! 私たちもライブ見させてもらったんだけど、一発でファンになっちゃった!」

香澄「えへへ…そういってもらえると…♪」

穂乃果「だからみんなも今日聴いて好きになったら、是非香澄ちゃんたちのPoppin'Partyを見に行ってあげてくださいね♪」


ウォーー!!

ミニイクー!!


香澄「わぁー! ありがとうございますーっ! 詳細はチラシを作ってきたので、帰りに見て下さーい! あれ、今日もってきたよね有咲ぁー?」

有咲「持ってきたよ…! 急に私に振るな…!///」


アハハハ…!

カワイイー!

  

……。

   
164: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:11:44.13 ID:YCm83nNW
 

穂乃果「…それじゃ早いですけど、次で最後の曲です!」


エーーーーーーー!!


香澄「あははっ、ありがとうございますー! どっちのライブでもこういうのは同じだね♪」

穂乃果「そうだね♪ でも最後の曲は、今日のために作ってきた新曲です!」


オオオーーーーーー!!


穂乃果「私たちμ'sと…」

香澄「私たちポピパで作った合作曲になります!」

  

ワァァァァァァァ!!!


   
165: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:12:14.94 ID:YCm83nNW
 

穂乃果「この曲を作るのに私たちはたっくさん合同練習しました!」

香澄「スクールアイドルとガールズバンドのコラボは思ったより難しくて、大変でしたけど…」

穂乃果「それでも、私たち二つのグループの楽しさが詰まった一曲になったんじゃないかと思います!」

  

香澄「…それでは聴いて下さい♪」


   

穂乃果「――Super LOVE!!」

香澄「――Super LIVE!!」


    
166: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:12:42.22 ID:YCm83nNW
 

ドドパパン!!


ドッドッドッドッドッド…!!


  

全員『Super LOVE! みんなでSuper LIVE! LIVE! Are you readyー?』


全員『Go!!』

   
167: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:13:10.85 ID:YCm83nNW
 

穂乃果&ことり&海未『Super LOVE! 始まった!!』

ポピパ『Come on!』


にこ&絵里&希『Super LIVE! 声出して!』

ポピパ『Come on!』


花陽&凛&真姫『Super LOVE! 超えちゃうよ!』

ポピパ『Come on!』


μ's『Super LIVE! We are μ's!』

ポピパ『Come on!』


  

全員『Everybody jump!!』


   
168: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:13:38.71 ID:YCm83nNW
 

ギャウゥゥゥゥゥ!!

  

日菜「なにこれー! すっごいこの曲楽しいー♪ ね? お姉ちゃんもるん♪ ってくるよね!」

紗夜「ええ…そうね。とても元気になる曲ね」

友希那「…ふふ」

   

彩「カモーン! カモーン!!」ブンブン

    
169: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:14:08.59 ID:YCm83nNW
 

全員『――生きるって笑うことかなー♪ 泣いたあとには軽くなるこころだーからー♪』

  

μ's『いっぱい汗をかくんだ!』

ポピパ『いろんな汗をかくんだ!』


全員『そして最後はすっきりとー♪』


全員『笑顔になれるそんな気がするよー♪』


全員『からだ動かそうよー♪ Super LOVE SuperLIVE!』


   
170: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:14:41.24 ID:YCm83nNW
 

ボボボンボン!!

  

香澄&有咲『Super LOVE! 始まった!』

μ's『Come on!』


りみ&おたえ『Super LIVE! 声出して!』

μ's『Come on!』


沙綾&香澄『Super LOVE! 超えちゃうよ!』

μ's『Come on!』

   

ポピパ『Super LIVE! We are ポッピン!』

μ's『Come on!』


    
171: 名無しで叶える物語(家) 2019/04/14(日) 21:15:16.14 ID:YCm83nNW
 


全員『Everybody…!』


  


   


全員『ジャーーーンプ!!』


    

ワァァァァァァァ…!!


     

……。


      


終わり。


       
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「先輩禁止よ♪」香澄「ぅえりちゃん!!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)