りきゃこ「卵焼き専門店をオープンしたしw」

シェアする

梨子-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 19:48:51.24 ID:rqULt5RI
りきゃこ「開店w」

りきゃこ「店名は、逢魂(あいたま)www」

小林「いやそれパクリじゃ…」

りきゃこ「パクリとか言うなしwほらあいきゃんは接客頑張ってw私は卵焼き沢山作ってるからw」

小林「はあ…急に呼び出されて何かと思ったら、バイトしろだなんて」

りきゃこ「卵沢山用意したしwww」

小林「そもそもなんで店出そうとしたの…?」

りきゃこ「あんちゃんが美味しいって言ってくれたからw」

小林(だとしても、普通店出すか?)

元スレ: りきゃこ「卵焼き専門店をオープンしたしw」

スポンサーリンク
8: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 19:54:49.64 ID:rqULt5RI
りきゃこ「きっと繁盛するだろうぁら、ストックはたっぷり用意しないとw」

りきゃこ「いっぱい作るしwww」ジュージュー

小林「あーあ、あんな焼いちゃって…」

りきゃこ「接客しろしーw」

小林「はい…。えーと、美味しい卵焼きだよー!寄ってらっしゃい見てらっしゃい!」

りきゃこ「見てるだけじゃダメだからwww買えよwww」

小林「凄い強気…ていうか値段いくらにしたんだっけ?」

りきゃこ「卵1個分で1730円w」

小林「たっか」

りきゃこ「凄い美味しいからこれくらいは当然www」

小林(これ絶対ヤバイパターンだよ…)

小林(よしここは…LINEで繋がってる人全員に買いに来て一斉メッセージ送ろう)ポチポチ

りきゃこ「りこちゃんビームwwwww」ポトッ ジュージュー

小林(あんなウキウキな梨香子を曇らせたくは無い…)
11: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 20:01:57.73 ID:rqULt5RI
開店から1時間後

りきゃこ「……www」

小林「きょ、今日は風強いからね!外出してる人も少ないんだよきっと!」

りきゃこ「まあこんなもんでしょwあ、あ、逢田さん気にして無いし…w」オロオロ

小林(明らかに気にしてる…)

りきゃこ「ほ、ほらあいきゃん先に卵焼き食べろしーw」

小林「えっ、いいの?」

りきゃこ「最初に作ったの冷めちゃったしwあとバイト代出さない代わりwww」

小林(タダ働きさせる気だったのか…)

小林「じゃあ…お言葉に甘えて」パクッ

小林「…ん?」

小林(すっごい普通の味…)

りきゃこ「どう?どう?どう?w」ニヤニヤ

小林「え、あ…美味い!美味すぎる!!」

りきゃこ「よせよーwww」

小林(まさか…これを美味しく感じるのってあんちゃんだけなんじゃ…)
15: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 20:09:50.34 ID:rqULt5RI
小林(あれか!冷めちゃったから味が落ちたのか!きっとそうだ!そうであれ!)

りきゃこ「よーしw逢田さんまだまだ作るしwww」ボトボト ジュージュー ボトボト

小林「あー…」

りきゃこ「あんちゃんの好きな食べ物は~wwwww逢田さんのタマッゴヤッキ!www」

小林(凄い語呂が悪い…)

りきゃこ「…www」

小林(あっ。やっぱお客さん来ないの気にしてる!誰か来てマジで!気まずい!)

「あのーすいませんー」

りきゃこ「…!!」パアアッ

小林(来た!!きっとLINEした誰かだ!!)

ともりる「今日オープンした卵焼き専門店って、ここですか~?」

小林「お、お前かよ!!?」

りきゃこ「?w」

小林「あ、ああいや~!いらっしゃいませ!」

ともりる「ぷっ。エプロンしてバイトしてる小林www」

小林(あーーーよりによって楠木が来るなんて!一斉送信そたからこいつにもLINE届いたんだー!)
19: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 20:16:17.17 ID:rqULt5RI
りきゃこ「あれ?そういえばどこかで見たことある気がするしwww」

ともりる「やだなー逢田さん。虹ヶ咲の楠木ですってー」

りきゃこ「なんだっけそれw」

小林「ほら!私達の後輩の!」

りきゃこ「まあいいやwww買えしーwww」

小林(相変わらず強気…)

ともりる「じゃあ、おひとつお願いします!」

りきゃこ「はーいwwwこれw焼き立てだよーw」

ともりる「ありがとうございます!」

りきゃこ「1730円払えよ~w」

ともりる「ぼったくりr…ああいや、はいー」

りきゃこ「2000円~?お釣り計算するのめんどくさいwwwお釣り無しでいいよねw」

ともりる「まあ…いいですよ」

りきゃこ「毎度w」

小林「あわわわわ!接客は私がやるから!」

小林(梨香子1人だけにしてたら間違いなく速攻で潰れる!)

ともりる「では、いただきまーす」パクッ

小林「………」アセアセ

りきゃこ「美味い?美味いだろ~www」
22: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 20:23:52.84 ID:rqULt5RI
ともりる「美味しい!!」

小林(おっ)

ともりる「凄い美味しい!こんな美味しい卵焼き食べた事無い!!」

りきゃこ「そんな事あるわけ無いし~www」

小林「えっ?マジで?これが!?」

ともりる「…ちょっと小林来て下さい」スタスタ

小林「な、何」スタスタ

りきゃこ「?w」

ともりる「お世辞に決まってるでしょうが。超平凡な卵焼きですよ」ボソボソ

小林「でしょ。前食べた時は美味しく感じたんだけど、気のせいだったみたいで」ボソボソ

ともりる「ここは褒めて褒めて褒めまくって、逢田さんを満足させます。それで、小林が上手いこと店は今日で辞めるよう言えばいいんじゃないですか?w」ボソボソ

小林「なるほど。梨香子の事だから機嫌良いとなんでも言う事聞くしね!」ボソボソ

ともりる「そうする事で私も逢田さんに恩を売れて一石二鳥w」ボソボソ

小林「それが狙いかよ!」

りきゃこ「ねえ何話してるしwww」

ともりる「卵焼き物凄い美味しいですよーって話です!」

りきゃこ「なんだよーwwwコソコソ話してwそれだったら逢田さんに直接言えよーw」
24: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 20:31:58.45 ID:rqULt5RI
りきゃこ「やっぱり私の卵焼きが優勝w」

ともりる「よっ!出ました優勝!あの名ゼリフも聞きたいなーw」

りきゃこ「えーw言っちゃう~?じゃあ特別サービスwww」

りきゃこ「おいwww卵焼き作ってるんだよ!こっちはwww」

ともりる「わー!嬉しいー!」

小林(人のじゃねーか!よくこれを誉められるなあ)

ともりる(小林!さっさと仕事してください!)

小林「あっ。あのさ梨香子!もうお店畳んでいいんじゃない?」

りきゃこ「は?なんで?はあ?」イラッ

小林(やばっ。直球に言いすぎた!草生やして無いし絶対怒ってるよー!)

ともりる(小林の下手くそ!だから貧乳なんですよ!!)
26: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 20:56:30.07 ID:rqULt5RI
りきゃこ「ちょっとあいきゃんさー。冗談は胸だけにしとけよー」

小林「ああいや…これはその…」アワアワ

ともりる「小林はこう言いたいんですよ。逢田さんの卵焼きは美味しすぎるからお客さんが大勢来るでしょ?」

りきゃこ「う、うんw」

ともりる「そうすれば大忙しじゃないですか!」

りきゃこ「まあねwww」

ともりる「つまりAqoursの仕事が出来なくなってしまう」

りきゃこ「あwww」

ともりる「それだと困るから卵焼きはまた時間が出来た時にって事で…そういう事ですよね小林!」

小林「そうそうそう!それそれ!」

りきゃこ「ま、まあ確かにwいくら逢田さんの卵焼きが最高でもw Aqoursの活動出来なくなるんじゃねw」

りきゃこ「じゃあ今日だけにしておこうw」

小林「うん!それがいい!」

ありしゃ「あーいたいたー。ねーねー。梨香子がオープンした卵焼き店ってここ~?」

りきゃこ「有紗w」

小林(今更来るなよ!)

ともりる(なんだか物凄い嫌な予感が)
33: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 22:20:32.84 ID:rqULt5RI
ありしゃ「なんかあいきゃんから梨香子の店行ってあげてーってLINEきたからさー」

りきゃこ「え?何それ…」

小林「ちょちょちょ!何言ってんの有紗ー!?」

ありしゃ「えー?LINEしたじゃんー。せっかく来てあげたのに。てか何?逢魂って。銀魂のパクリじゃん!」

りきゃこ「」

小林「うわー!台無しだー!!」

ともりる「た、卵焼き作りましょう!卵焼き!ね!せっかくのお客さんなんだから!」

りきゃこ「そそ、そうだしwwwりこちゃんビームwww」ジュージュー

ありしゃ「私お腹空いたんだよね」

りきゃこ「はいw出来上がりーw1730円www」

ありしゃ「たっか!!馬鹿じゃないの!?」

りきゃこ「た、タダでいいしw」

ありしゃ「ありがとー!じゃあいただきまーす」パクッ

ありしゃ「……」

ありしゃ「物凄い普通!よくこんなんで店出そうと思っt」

小林「あー!!!あー!!!あー!!!何も言ってなーい!何もー!!」

ともりる「いや、殆ど聞こえてますって…」

りきゃこ「…www…w……wwwwwwww」
35: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 22:27:39.35 ID:rqULt5RI
ありしゃ「もういいやー。ばいばーい」スタスタ

ともりる「荒らすだけ荒らして去って行った…」

りきゃこ「普通www普通www普通www」ウルウル

小林「いやいやいや!!!人それぞれだって!!!めっちゃ美味いよ梨香子の卵焼き!!」

りきゃこ「…w」

小林「わ、私さ!!梨香子の卵焼きベッドの上で物凄い悪い顔して食べたいよ!!マジで!!」

ともりる「それフォローになってます?」

小林「なってるよ!!ベッドの上で悪い顔でじゃがりことか食べる時は至福のひとときなんだから!」

ともりる「にしたって例えが悪い\

りきゃこ「も、もういいしw」

小林「えっ?」

りきゃこ「逢田さん、ちょっと天狗になってたしw所詮は普通の卵焼きだしwww」

小林「り、梨香子…」

りきゃこ「もう卵焼きで威張るのやめるし…w」

小林「ま、まあそれはそれで助かるけど…」

ともりる「結果はどうあれどうにかなりましたね」

小林「そうだね」

りきゃこ「明日からはAqoursとしての活動に専念しなきゃw」
37: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 22:38:37.59 ID:rqULt5RI
りきゃこ「じゃあ片付けするしw」

小林「私も手伝う!」

「おーい!!まだやってるかー!?」

ともりる「はっ!?」

小林「げっ!!」

りきゃこ「っ!」

あんちゃん「おおー!ここがりこちゃんのお店かー!すげー!」

りきゃこ「あ、あんちゃんw」

あんちゃん「ゴメンね!ホントならダッシュで来たかったんだけど!今日銀河鉄道999の舞台本番で!」

りきゃこ「そ、そうだったんだwあんちゃん来ないなーって思ってたしw」

あんちゃん「今日の朝りこちゃんLINEくれたもんね!」

りきゃこ「一斉送信したしw」

小林(いや自分でもLINEしてたんかい!!)

あんちゃん「おひとつくださいな!」

りきゃこ「あんちゃんだったら割引で173円にしてあげるw」

あんちゃん「よっしゃー!!」

ともりる(タダにしてあげなよ…)

あんちゃん「はい!173円ちょうど!」

りきゃこ「毎度w」
39: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 22:46:07.62 ID:rqULt5RI
あんちゃん「いただきまーす!」パクッ

ともりる(それ冷めてかなり冷え切ったやつだ)

小林(そんな卵焼きなら流石のあんちゃんもイマイチって言うはず!)

りきゃこ「ど、どう?w」

あんちゃん「……ダメだよ。ダメだよりこちゃん!!!」

りきゃこ「っ!?」

ともりる(ああー流石の伊波先輩もこれはダメだったか)

小林(良かった。これでよりいっそう梨香子を諦めさせる事が出来た!)

りきゃこ「あ、あんちゃん…w」

あんちゃん「こんな激ウマな卵焼き、こんな小さなお店だけにしておくのはダメだよ!!!世界中に広めるべきだー!!!」

小林&ともりる「お前の舌どうなってんだよ!!!?」
42: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 22:55:18.60 ID:rqULt5RI
りきゃこ「そ、そうだと思ってたよーwww」

小林(調子乗り出した!)

あんちゃん「うん!相変わらず美味しいよ!ただアドバイスを一つするなら」

りきゃこ「うんw」

あんちゃん「タコさんウインナーを付けよう!値段倍にしてでも!」

りきゃこ「了解w」

ともりる(それはもはやスーパーのウインナーなのでは)

りきゃこ「じゃあwww逢魂世界進出しちゃう?w」

あんちゃん「しようぜ!」

りきゃこ「決定w」

小林「ちょ!ちょちょちょ!!そんな事したらAqoursの活動が!!」

りきゃこ「あw確かにw」

あんちゃん「りこちゃん。こういう時の為のバイトだよ」

りきゃこ「えw」

あんちゃん「ともりちゃん!君に海外の逢魂を託す!!」

ともりる「はあ!!?」
43: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 23:05:02.82 ID:rqULt5RI
あんちゃん「Aqoursじゃないともりちゃんに任せれば解決だよ!」

りきゃこ「あんちゃん頭良いしw」

小林(良かったー。私はAqoursでw)

ともりる「あ、あのー…私も一応…それなりに仕事はあるんですが…」

あんちゃん「大丈夫!ラジオとかアニメは別撮りが出来るんだよ!」

ともりる「どうしてそういう事は詳しいんですか!」

小林「いってら~w」

ともりる「ムッ。…私も1人じゃ心細いから~小林も一緒にいてもらいたいなー!」

小林「はあ!?」

あんちゃん「それもいいかもね」

りきゃこ「うんw」

小林「待て待て待て!!私はAqoursだよ!」

あんちゃん「8人でもパフォーマンスは出来るし盛り上がるって最近わかったしねー」

りきゃこ「あいきゃん頼んだw」

小林「えええええええ!!」

ともりる「一緒に宜しくw小林www」
44: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/04/24(水) 23:17:08.09 ID:rqULt5RI
翌日

アナウンサー『渋谷のセンター街に屋台が不法投棄される事件が発生しました』

アナウンサー『屋台には逢魂と書かれており、卵好きに使うんだきゃん!ハンデあげますよwwwなどと書かれた紙が置いてあり…』

ドゴオン‼︎

りきゃこ「小林と楠木の凸凹胸コンビクソ野郎はどこだしぃ!!!?w」

すわわ「2人で箱根へ黒たまご食べてくるって今朝出て行ったみたいかなーん?」


おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『りきゃこ「卵焼き専門店をオープンしたしw」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)