穂乃果「部室にパンツあった」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ30
1: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 20:36:58.23 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「穂乃果のパンツが」

海未「はぁ」

穂乃果「ぐちょぐちょのパンツ」

絵里「へー」

穂乃果「ヨダレか何かだと思うんだ」

ことり「穂乃果ちゃん、今パンツ履いてないの?」

穂乃果「それは今関係ないよ………穂乃果は犯人を突き止めて、退部してもらおうと思ってるの」

真姫「えっ」ガタッ

元スレ: 穂乃果「部室にパンツあった」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 20:41:18.76 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「……どうしたの真姫ちゃん」

真姫「退部って、さすがにそれはやりすぎじゃないかしら」

穂乃果「やりすぎじゃないよ、穂乃果のパンツぐちょぐちょなんだから」

真姫「でも……」

穂乃果「ていうか、退学してほしいくらいだよ…」

真姫「た、退学…?」

穂乃果「うん、こんなことする変態さんは、全校生徒に知らせて退学させるしかないよ」

絵里「ちょっ…!」ガタッ
13: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 20:46:04.97 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「……どうしたの絵里ちゃん」

絵里「ぜ、全校生徒って……どうするつもり?」

穂乃果「どうって、いつかみたいに放送室からだよ…」

絵里「そ、そんなことさせるわけないじゃない」

穂乃果「何で?」

絵里「何でって、風紀的に…」

穂乃果「パンツぐちょぐちょにする人が一番風紀を乱してるから」

絵里「……そのパンツは、どうするの?」

穂乃果「家に持って帰るよ」

海未「なっ!」ガタッ
14: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 20:51:32.14 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「……どうしたの海未ちゃん」

海未「す、捨てないのですか…?」

穂乃果「もちろん捨てるよ……家で」

海未「い、家で?ここでは駄目なんですか?」

穂乃果「何で穂乃果のパンツをここで捨てるの……家で燃やすよ」

海未「気持ち悪いのでしたら私が捨ててきましょうか?」

穂乃果「いや、いいよ……こんな気持ち悪いもの、触るのは穂乃果で十分」

にこ「そんな言い方…!」ガタッ
19: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 20:56:25.59 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「……どうしたのにこちゃん」

にこ「えっ? あ……えーっと、ちょっと言い方キツくない?」

穂乃果「こんなことする人、どう言ったっていいんだよ…」

にこ「そんな……」

穂乃果「もう、いったい誰がこんなことしたの……早く白状してよ」

真姫「わ、私……」

穂乃果「ん?」

真姫「私……見たわ、>>20がさっきこそこそ部室に入っていったのを」
20: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 20:56:47.41 ID:A96zLSAl.net
(・8・)
21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 20:56:51.50 ID:IVI4rAu3.net
あえてのことり
22: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 20:56:54.05 ID:iYu/VK8e.net
ことり
25: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:00:40.75 ID:TdEUCuzh.net
真姫「こ、ことりちゃんが入っていったのを……」

ことり「…っ!」ガタッ

穂乃果「………そっか」

ことり「えっ!え、え!?ち、違うよ!?穂乃果ちゃん、ことりそんなことしてないよ!?」

穂乃果「まだ何も言ってないよ……」

凛「ぷっ」

穂乃果「……」チラ

ことり「こ、ことりはただ……汗拭きタオルを取りに戻っただけで……ほ、ホントだよ?」

穂乃果「タオル持ってたでしょ」

ことり「に、二枚目がほしくて……」
27: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:03:44.87 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「…………」

ことり「信じて、お願い……」

穂乃果「タオル貸して」

ことり「えっ?」

穂乃果「さっきまで使ってた、タオルを貸してって言ってるんだよ……」

ことり「え、えっと……」ガサゴソ

ことり「これと、これの二枚でいい……?」

穂乃果「ス──────────────……」

穂乃果「ハ──────────────…………」

穂乃果「…………返すよ」

にこ「何よこれ………」
31: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:07:17.27 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「ところで」

ことり「……?」

穂乃果「このパンツ……ヨダレに混じって、違う匂いがするんだよね……」

ことり「え?それって」

穂乃果「この匂いは……何だろう、ことりちゃん、嗅いでみて」ベチョ

ことり「うぇっ……こ、これって……」

ことり「>>35の匂い……?」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:09:02.98 ID:+O1TTvIp.net
ラーメン
36: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:13:32.60 ID:TdEUCuzh.net
ことり「これって……ラーメンの匂いかも…」

凛「えっ…!」ガタッ

穂乃果「そっか……そういうことだったんだ……」

凛「ちょ、ちょっと待ってよ穂乃果ちゃん」

穂乃果「……」チラ

凛「凛の口は別にラーメン臭くないにゃ……」

穂乃果「いや……うん…」

ことり「でも凛ちゃん、今日の朝ごはんラーメンって言ってたような……」

穂乃果「退学……だね」ボソ

凛「っ!」ピョン
39: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:21:04.00 ID:TdEUCuzh.net
凛「…ひ、ひどいにゃ…」

ことり「!?」

凛「凛は穂乃果ちゃんのパンツぐちょぐちょにしてないのに……酷いにゃあ…」グスン

穂乃果「…………ラーメン食べたのは、凛ちゃんだけだったの…?」

凛「ぐすっ……た、確かにラーメンを食べたのは凛だけにゃ……」

にこ「残念だけど……決まりね、口臭がラーメンなのは一人だけ……」

凛「でも……でも…」

穂乃果「……」

凛「>>42のお弁当を口移しで貰ったにゃ……」
42: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:23:17.97 ID:UXgYj8oZ.net
かよちん
47: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:29:07.91 ID:TdEUCuzh.net
凛「かよちんと口移ししたにゃ……」

花陽「エーッ!?アッサリバラシチャウノォ!?」

穂乃果「……花陽ちゃん、はーってしてみて」

花陽「うぅ……はー」

穂乃果「ス─────────!!!!」

穂乃果「はぁ…分かんないや」

にこ「何よそれ……」

穂乃果「花陽ちゃん、穂乃果のパンツをぐちょぐちょにしたの……?」

花陽「………わ、私…」

穂乃果「…………」

花陽「実は、私……!」

凛「まさか……」

花陽「私が…!」
49: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:38:36.12 ID:TdEUCuzh.net
花陽「私が穂乃果ちゃんのパンツにラーメンぶっかけましたぁ!!!!!」

花陽「エーッ! ブッカケチャッタノォ!?」

にこ「どういうことよ!」

ことり「説明して花陽ちゃん!」

穂乃果「何でそんなことしたの!」ドン

花陽「それは、実は……私、犯人……見ちゃったかもしれないんです!」

凛「かよちんホント!?」

花陽「うん……私それで気が動転しちゃって……パンツがすごい臭いしてて……気付いたらラーメンをかけてたの…」

穂乃果「そっか……それで犯人って?」

花陽「うん……でもちゃんとは見えなかったの……見えたのは>>51だけで…」
51: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:39:11.40 ID:wdXenG+7.net
マカロン
58: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:45:56.34 ID:TdEUCuzh.net
花陽「マカロンだけで」

穂乃果「いい加減にしてよことりちゃん!!!!!」ドン!

ことり「ちがっ!違う!違う違う!!!!ことりじゃないよぉ!!!ことりじゃないもん!!!」

穂乃果「でも花陽ちゃんが見たって!!!!」

ことり「違う!!!ことりじゃ…ことり……違うもん……」

希「ことりちゃん……」

穂乃果「じゃあ、何してたの……」

ことり「…………」

穂乃果「もういいよ……」

ことり「わ、分かった……ことり、ちゃんと言うから……お願い、穂乃果ちゃん……」
62: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 21:52:38.45 ID:TdEUCuzh.net
ことり「しょ、正直に言うね……?」

絵里「……ごくり」

ことり「ことり、穂乃果ちゃんのパンツを嗅いでたの」

にこ「あー確定だわ」

ことり「ち、違う……ことりが嗅いでたのは、ぐちょぐちょのパンツで……」

穂乃果「……?」

ことり「ことり、もしかしたら穂乃果ちゃんがお漏らししちゃったのかなって思って、いてもたってもいられなくて……」

真姫「それって……」

ことり「穂乃果ちゃんのパンツぐちょぐちょにしたの、ことりじゃないもん……」

にこ「それって……」

凛「た、確かに……かよちんはぐちょぐちょにしてるところを見たわけじゃないにゃ……」

絵里「それって……」

穂乃果「犯人は、他にいるってわけだね……」
70: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 22:03:58.79 ID:TdEUCuzh.net
希「いったい誰がこんなことを……」

穂乃果「ことりちゃん」

ことり「は、はい!」

穂乃果「何でもいいから……思い出せることないかな…?」

ことり「思い出せる…こと……」

穂乃果「犯人に繋がる、ヒントだよ……」

ことり「………………そういえば」

にこ「何かあるの?」

ことり「ことりが部屋に入る前に……誰かいたような……」

凛「きっとその人が犯人にゃ…!」

ことり「ぐちょぐちょパンツがあったから、おしっこ漏らした穂乃果ちゃんかと思ってたけど……」

穂乃果「……」

ことり「あの時ちらっと>>73が見えた気がするの」
73: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 22:05:11.80 ID:St1i7zth.net
えり
79: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 22:08:21.22 ID:TdEUCuzh.net
ことり「えりが……」

穂乃果「襟と絵里のどっち?」

ことり「>>ささかまぼこ」
80: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 22:09:54.24 ID:St1i7zth.net
んじゃ襟で
81: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 22:15:08.08 ID:TdEUCuzh.net
ことり「襟」

絵里「ほっ」

穂乃果「襟かぁ……あーあ…」

希「手掛かり無しってところやね……」

凛「でもそのときみんな練習着だったんじゃないかにゃ?」

にこ「わざわざ着替えたってこと…? 用意周到な計画ってことかしら」

真姫「外部の犯行という線も出てきたわね……」

穂乃果「ダメだ、分からないよ」

海未「>>83
83: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 22:18:48.62 ID:St1i7zth.net
私がやりましたよええ
89: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 22:23:22.03 ID:TdEUCuzh.net
海未「私がやりましたよええ」

穂乃果「…………」

にこ「……………」

凛「………………」

希「………………」

ことり「…………」

花陽「……………」

海未「……………」

絵里「……………」

真姫「海未………」

穂乃果「説明、してくれるよね」

海未「はい……まさかこんなことになるとは思いませんでした」

ことり「海未ちゃん…」
93: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 22:33:41.48 ID:TdEUCuzh.net
海未「穂乃果のパンツを口の中に含んだときのことです」

穂乃果「………」

海未「なんとも言えぬ、薫りが、私の中を駆け巡り…あぁ……あのときの気持ちは何とも言い難く……」

ことり「………」

海未「私は何度も咀嚼しました……あ、咀嚼と言っても飲み込んではおらず、口の中でモグモグと」

絵里「………」

海未「そのうち私の口の端からは液体が垂れてきて、それを舐めとっては垂れ、舐めとっては垂れての連続で……」

希「………」

海未「きっとほとんどが私の唾液だったんでしょうが、少しぐらいは穂乃果から出た液体も染み出てるのではないかと思うと私……」

にこ「………」

海未「私、どんどん興奮していったのが、自分でも分かりました……止めようにも、止められない……辞めようにも、辞められない……至福の時間だったと、思います……」
103: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 22:41:35.11 ID:TdEUCuzh.net
海未「どれくらい時間が立ったでしょうか……気付けば、私は穂乃果の制服を着ていました」

真姫「………」

海未「穂乃果の制服を着て、穂乃果のパンツを含んで、ぐちょぐちょに濡らす……最高です」

花陽「………」

海未「そうして暫く楽しんだ私は……穂乃果のパンツを元の場所、机の上に戻し、その場を去ったのです……」

凛「………」

海未「ふふ、まさか一瞬でもことりに見られていたとは……」

にこ「何なのよこれ……」

絵里「海未、本当に悲しいわ……」

希「一件落着、やね……」

穂乃果「…………」
105: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 22:52:56.51 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「ちょっと待ってよ……」

海未「穂乃果……私に情けを…?」

穂乃果「みんな、今海未ちゃんが言ったこと聞いた?」

花陽「何のこと…?」

凛「海未ちゃんがパンツしゃぶったってことしか……」

穂乃果「その後」

ことり「パンツを、机の上に置いたこと…?」

穂乃果「そう」

穂乃果「穂乃果はパンツを鞄の中に入れていたのに…元の場所、机の上に置いたってことは……」

真姫「それって……」

希「誰かが、穂乃果ちゃんの鞄を漁ったってこと…?」

にこ「それって……」

穂乃果「まだ、事件は終わってないってことだよ……」

絵里「それって……」
108: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:00:18.85 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「もう、終わらせようよ……」

ことり「うん……」

花陽「そう、だね……」

穂乃果「もう、助からないんだよ、犯人は……」

海未「……」

穂乃果「海未ちゃん、何か、見たことはないの?」

海未「そ、そういえば……」

ことり「海未ちゃん…」

海未「私が部屋に入る前に物音がしていました……」

花陽「……」

海未「耳を澄ますと、聞こえてきたんです……>>112という言葉が……」
112: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:04:41.22 ID:7wzX13xC.net
UTX学園へようこそ!
117: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:11:54.25 ID:TdEUCuzh.net
海未「UTX学園へようこそ!という言葉が…」

にこ「何よそれ……」

穂乃果「UTX…」

絵里「ま、まさか……アライズが絡んでいるというの……?」

凛「それとも、UTXに深い思い入れがある人、とか……」

穂乃果「どんな声だったの……?」

海未「はい、>>118です」
118: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:12:27.70 ID:SxlrizNZ.net
あらいずのセンター
123: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:22:39.01 ID:TdEUCuzh.net
海未「あらいずのセンターです」

にこ「なに言ってるのあんた!?」

海未「確かにあの声はツバサさんのものでした……」

穂乃果「そっか……」グチョ

ことり「穂乃果ちゃん……?」

穂乃果「……」ジー

絵里「な、何でパンツを広げたの…?」

穂乃果「……」ピップルルル…ガチャ

穂乃果「あ、すみません、μ'sの高坂穂乃果です……はい、はい……ええ、アライズの方に変わってくれませんか……はい」

希「?」

英玲奈『もしもし』

穂乃果「……英玲奈さん、ですか」

英玲奈『おっと、この声は高坂穂乃果、かな…?』

穂乃果「あの、いきなりですみませんが……ツバサさん、いますか」

英玲奈『ツバサならいない、今日は急病だと言って休んでいる』

穂乃果「……ありがとうございます、それだけです」

英玲奈『なに、構わないよ』

ガチャ

穂乃果「…………」

海未「穂乃果……?」
124: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:27:55.89 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「みんな、聞いて」

花陽「…?」

穂乃果「さっきまでぐちょぐちょに丸められていたこのパンツ、良く見たら穂乃果のじゃないみたい」

海未「え?」

穂乃果「似たようなパンツだけど、クロッチの部分が微妙に違ってるんだ……」

希「まさか、まさか……そんな…」

穂乃果「穂乃果が考えるに、穂乃果のパンツは、もうどこかに持って行かれてる」

絵里「じゃあ、これは……」

穂乃果「犯人のものだと思う……穂乃果のパンツと入れ替えて……いや、履き替えて……」

海未「そんな……そんな……嫌です…私は……私がしたことは…そんな…!」

穂乃果「海未ちゃんの気配を感じたのかどうか……パンツを穂乃果の鞄に戻すことなく、立ち去ったみたいだね……」
128: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:31:32.75 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「ツバサさんの電話番号知ってるから、かけてみる……」プルルガチャ

ツバサ『はい』

穂乃果「ツバサさん…」

海未「嘘です……嘘です……嘘です……」

ことり「海未ちゃん……」

にこ「そんなわけない……アライズが犯人なわけないじゃない……!」

真姫「もう何がどうなってるのよ…」

穂乃果「ツバサさん、何か言いたいこととか、ありますか?」

ツバサ『>>131
131: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:34:05.99 ID:iflQKUl3.net
高坂さん。これ妹さんのパンツよ。
132: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:39:56.47 ID:TdEUCuzh.net
ツバサ『高坂さん。これ妹さんのパンツよ』

穂乃果「もう誤魔化すこともしないんだね……」

ツバサ『電話してくるぐらいだから、もうバレてるでしょう?』

穂乃果「穂乃果のパンツを返してよ」

ツバサ『妹さんのパンツよ』

穂乃果「いやいや………」

ツバサ『冗談よ、ふふふ』

穂乃果「………」

ツバサ『怒ったかしら?』

穂乃果「もう怒ってる、けど……もういいよ、ねえ、ツバサさん、最後に教えてよ」

ツバサ『ええ、いいわよ』

穂乃果「何でこんなことしたの…?」
134: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:46:02.01 ID:TdEUCuzh.net
ツバサ『そりゃあ……穂乃果さんのパンツが欲しかったから』

穂乃果「………」

海未「ぁぁぁぁぁ」

ツバサ『っていうのが半分』

穂乃果「え?」

ツバサ『実は私は、ある人にお願いされたのよ』

穂乃果「……ある、人…」

ツバサ『そう、今回の事件の元凶、黒幕とでも言えばいいのかしら』

穂乃果「教えて、くれるかな……」

ツバサ『ええ、ここまで来たら全部言うわ。包み隠さず……そう、ノーパンの穂乃果さんのように』

穂乃果「もういいから、そういうの……」

ツバサ『私にほのパン強奪を依頼したのは…………』

穂乃果「………」

ツバサ『>>140
140: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:49:03.86 ID:XqkB3wd/.net
絵里
147: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 23:55:43.85 ID:TdEUCuzh.net
ツバサ『絵里さん、よ』

穂乃果「…」ブツッ…ツーツー

穂乃果「…………………はぁ」

絵里「な、ななな、何て言ってたの、ツバサさんは……」

海未「ァァァァ」

穂乃果「………」

絵里「ほ、穂乃果……?」

ことり「穂乃果ちゃん…?」

希「大切なことを、聞いたんやね…」

にこ「な、何て言ってたのよ……」

凛「zzz…」

真姫「も、もう!早く言いなさいよ!」

花陽「ドウナッチャウノォ!?」

穂乃果「ツバサさんは……」
151: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 00:04:59.18 ID:TdEUCuzh.net
穂乃果「ツバサさんは、絵里ちゃんに頼まれてパンツを取ったって」

絵里「ギギギ、ギクーッ!」

希「えりち……?」

にこ「は?え、え?絵里…?」

絵里「ちょ、えっ、えっ? あはは、何を言ってるの穂乃果、やだ、やめてよそういう冗談、面白くないわよ?」

穂乃果「ツバサさんが言ったんだよ」

真姫「絵里……」

絵里「あはは……はは……えぇー?」

穂乃果「…………」
154: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 00:10:20.72 ID:QAfrExKx.net
穂乃果「絵里ちゃんがツバサさんに、穂乃果のパンツを盗むように依頼して」

希「アリバイ作りのためやね……」

穂乃果「ツバサさんが「UTX学園にようこそ!」って言いながらパンツを盗んだ」

にこ「…………」

穂乃果「そのあと机に置いてあったツバサさんのパンツを海未ちゃんがしゃぶって」

海未「ぁぁ……ぅぁぁ…」

穂乃果「唾液パンツをことりちゃんが嗅いで」

ことり「…………」

穂乃果「最後に花陽ちゃんがラーメンをぶっかけて」

花陽「……」

穂乃果「真姫ちゃんがそれを目撃した」

真姫「…………」

穂乃果「それが、この事件の全てだよ」

絵里「いや……や……私は……」
159: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 00:18:56.56 ID:QAfrExKx.net
絵里「いやあああああ!!!!!!!」

希「えりち!?」

穂乃果「観念してよ絵里ちゃん!」ドン!

絵里「はぁ……はぁ……そうよ、私が仕組んだの」

にこ「あんた……」

絵里「ツバサさんに部室の鍵を渡したのも私……元生徒会長だもの、簡単だったわ」

真姫「何で…こんなこと……」

絵里「パンツが無くて、狼狽える穂乃果が見たかったからよ……」

ことり「絵里ちゃん……」

絵里「そう、私の願いはそれだけ……はは、もう叶ってるのよ……」

花陽「ダレカタスケテ……」

絵里「ツバサさんが何故自分のパンツを置いていったかは分からないけど、穂乃果がそれを履かなくて良かった……」

海未「ホノカ…ホノカ…」

絵里「ノーパンの穂乃果……十分に堪能できたわ……」
161: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 00:27:51.16 ID:QAfrExKx.net
絵里「あはは……もう、どうとでもしてよ……」

穂乃果「……」

希「え、えりちのこと退学にするんやったら、うちも学校やめる!」

にこ「えっ!?」

真姫「どうしたのよ希!?」

凛「にゃっ!」ガタン!

希「うちはえりちの一番の親友や!だからうちも一緒にやめる!」

花陽「希ちゃん……」

穂乃果「………」

海未「穂乃果、考え直してはくれないのですか!え、絵里だって悪気があったわけでは…!」

ことり「そ、そうだよ!お願い穂乃果ちゃん!」

穂乃果「……………」
163: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 00:34:57.06 ID:QAfrExKx.net
穂乃果「実際に穂乃果のパンツを盗んだのは、ツバサさんだよ……」

絵里「え……」

穂乃果「彼女はUTXだから、退部も退学も関係ないよね」ニコ

にこ「あ、あんた…!」

ことり「穂乃果ちゃぁん…!」

希「穂乃果ちゃん…!」ウルウル

真姫「今日のことは、忘れましょ」

海未「誰も悪い人など、いなかったのですね……」

凛「そうだね」

穂乃果「じゃ、穂乃果ちょっと行ってくる!」

花陽「イッチャウノォ!?」
168: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 00:43:55.17 ID:QAfrExKx.net
花陽「いっちゃった……」

絵里「希、かばってくれてありがとう…」ギュッ

希「ううん、もうこんな馬鹿なことしたらあかんで……?」ギュー

真姫「穂乃果はどこに行ったのかしら」

凛「さー?」

海未「そういえば、退部と退学は無効になりましたが……」




ピー!ガガー!アーアー!

穂乃果『みんなこんにちは!穂乃果から重要なお知らせだよっ!』


ことり「ま、まさか…!」


穂乃果『UTXのアライズ、綺羅ツバサは人のパンツを盗んで履くような!!!!どうしようもない変態さんです!!!!!!!!以上!!!!』



にこ「全校生徒には言うんかーい!!!!」



   お   わ   り
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「部室にパンツあった」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。