「星空凛です」

シェアする

凛-アイキャッチ18
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:43:50.58 ID:m8c+m9h/0

──凛は自分の名字が嫌い。


だって、馬鹿にされるから。


だって、凛には似合わないから。




「星空凛って言います」

「体を動かすことが好きです」

「よろしくお願いします」ペコリ




「あの人の名字、星空って言うんだってー」ヒソヒソ

「へぇー」

「星空さーん」オーイ

「聞こえてないのかな」キャハハ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441525430

元スレ: 「星空凛です」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:44:40.49 ID:m8c+m9h/0


──はぁ。
またこれだ。
理由は分かるにゃ。
星空なんて名字、日本中探しても滅多いない。

そんな面白い名字を持った人がいたら、凛もきっとどんな人なのか気になる。

いつも凛は嫌な思いをしてきたにゃ。


『おーい、星空』

『わっ、本当に星空なんだー』



『この星の名前はなんでしょう』

『ねえ、“星空さん”この問題、分かる?』フフッ



『星空凛って芸名みたいだよね』

『分かるー』

『ぶりっ子アイドルみたいなー?』アハハ




やめて

やめてよ

凛は、凛なの。
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:45:21.86 ID:m8c+m9h/0

小学生の頃は事ある度にバカにされたんだ。

中学生からは裏でコソコソ言われる事が多くなってきた。

ははっ、あの顔で星空なのー?とか言われてたのかな。

そのたび、凛は笑って誤魔化してきたんだ。


「人から覚えられやすくて良いよね」


そう言う人もいるよ。でも……凛は……。


「いいなぁ、私も星空って名字が良かった」

「うーん、私は嫌かなぁ……」


後ろの席の方から、そんな話が聞こえる。

悪気が無いのは分かってる。

でも、凛はもうウンザリだにゃ。


「ねえ、あなたはどう思う」

「どうって……」

「まあ、素敵な名前なんじゃない」

「私、天体観測とか好きだし」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:45:56.97 ID:m8c+m9h/0

……出たよ、星好き。

この名字のせいで、例外無く話しかけられる。

別に星なんて、詳しくないのに。

横目でチラッと後ろを見ると、視界の端に赤い髪が映った。

……あの子には気をつけるにゃ。



後でかよちんに聞いたら、あの子は西木野さんって
言うらしい。

西木野総合病院。
凛もよく知ってる病院の一人娘。

あんなに可愛いくて、お嬢様なんて
花陽とは少し住む世界が違うよね。

そんな風にいうかよちんが、西木野さんに憧れていることはよく分かったにゃ。

ふーん、お嬢様か。
確かに凛とは全然違うね。
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:46:33.18 ID:m8c+m9h/0

数日経つと、あまり名字でいじられることは減ってきた。

音ノ木は生徒数も少ないし、良かったにゃ。



それと、西木野さんについて、色々分かった。

どうやら彼女は勉強も凄くできるらしい。

そういえば、新入生代表の挨拶してたにゃ。

将来は医者になるんだろうなー。

それと今日、かよちんと学校探検してて気付いたこと。


廊下に響く綺麗なピアノの音色と歌声。


──その先には、西木野さんが居た。


西木野さんって本当に凄い……

そういったかよちんの目がすごくキラキラしてた。

凛もよく分かったよ。

同い年にこんなに凄い人が居るんだって思った。
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:47:16.58 ID:m8c+m9h/0

西木野さんは凛に話しかけて来なかった。

まあ、別に名字が星空だからって凛に話しかけてくるとは限らないよね。

それに、凛になんて興味無いんだよ。


かわいくて、美人で、頭も良くて、
ピアノも弾けて、歌が上手で。
おまけに家柄も良くて、お金持ち。


凛には何があるんだろう。
何も無い凛に話しかけることはないよね。


西木野さんが星空って名字だったらどうだろう。
きっと、からかわれることもないよね。


だって、西木野さんは輝いてるから。
凛に持ってないものを全部もってるんだ。


あ、天体観測も好きだったにゃ。
余計にぴったりだよね。


凛は星空って名字だから、からかわれたって思ってた。

けど、違うみたいだにゃ。

星空って名字を持つのが凛だったから、なんだね。

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:48:05.27 ID:m8c+m9h/0

──μ's

凛はスクールアイドルになったにゃ。

もちろん、かよちんも一緒に。

そして、真姫ちゃんも一緒に。



初めて、真姫ちゃんと話したにゃ。

真姫ちゃんは恥ずかしがりで、とにかく可愛くて。

その日から、凛たちは3人で一緒に居ることが多くなった。


真姫ちゃんは凛のイメージと少し違ったにゃ。

もっと、お嬢様特有の性格の悪さとかあるんじゃないかって思ってた。


真姫ちゃんと仲良くなれて良かった。

かよちんがそう言ってた。


……凛もそう思うにゃ。

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:48:56.22 ID:m8c+m9h/0


ついにμ'sも9人になった。

あれから、にこちゃん、絵里ちゃん、希ちゃんが加わった。

ついでに、合宿もしたにゃ。

先輩禁止なんだって。
私たちは対等だからって。


凛は対等って言葉に違和感を感じるにゃ。

対等って、同じってこと?

凛はみんなと同じなの?

かよちん、
穂乃果ちゃん、
ことりちゃん、
海未ちゃん、
にこちゃん、
希ちゃん、
絵里ちゃん、
そして、真姫ちゃん。

同じなの?

μ'sの人気も大きくなってきて、
凛は考えるんだ。

凛が居なくても、μ'sはやっていけたんじゃないか、って。

もしもあの時、真姫ちゃんとかよちんを引っ張って
穂乃果ちゃん達のところにいかなかったら

きっと、今の凛の場所には誰か他の人が居たんじゃないかなって。
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 16:49:46.92 ID:m8c+m9h/0


凛には何もないから。

μ'sに入らなかったら、こんな人たちと友達になんてなれなかったんだろうな。


みんなと仲良くなって、みんなのことをたくさん知ることができた。


みんなを知って、凛はどんどん小さくなって行く気がした。


大きく強く輝く星たちの近くじゃ、凛みたいなちっぽけな星はないのも同然だね。


みんなと仲良くなれて、うれしい
って、素直に言えるかな……



最近は、星を見ることが多くなった。

星を見ながら、色んな事を考えるんだ。

星を見ているときは凛は凛じゃない。

いつも元気に振舞う凛じゃない。

星空凛っていうちっぽけな存在。

──星空の中に凛は居ない。

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 23:45:26.22 ID:m8c+m9h/0

「凛、そこ間違ってるわよ」

定期テスト。

この世の中で必要のないものの一つに数えられるにゃ。

英語は特に苦手。もう訳わかんないにゃ。

「時制に気をつけないと」

今日は真姫ちゃんが凛に勉強を教えてくれるんだって。
かよちんは自分もやんないといけないからって、帰っちゃった。

真姫ちゃんは余裕があるから、つきっきりで誰も教えてくれてる。

放課後の教室。

凛と真姫ちゃんだけの空間。

「ここもほら」

真姫ちゃんは優しい。

だからね、凛はごめんね、ごめんねって
心の中で何度も何度も呟くんだ。

こんな凛に迷惑かけさせてごめんね、って。

「ごめんね」

「いいのよ、もう一回教えるわね」

どうして、凛はこうなんだろう。

「ごめん……ごめんねっ」グシャ
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 23:50:10.66 ID:m8c+m9h/0

「凛、あなた泣いてるの?」


……駄目だ、凛はもう。


「どうして、真姫ちゃんは……」


「凛に……優しくしてくれるの?」


「凛のことなんて、放っておいて良かったのに」


もう、凛は凛を演じるのは疲れた。


「……そんなこと」

「ねえ、何か悩みがあるなら……」



「真姫ちゃんは、」

「真姫ちゃんはいいよね」

「凛には、凛にはないものを全部もってるんだ」


みんなと一緒に居るのが辛い。
みんなと一緒に居るのが苦しい。
みんなは何も言わないから、
凛がいても何も言わないから。
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 23:51:04.72 ID:m8c+m9h/0

「可愛くて、頭も良くて、お金持ちのお嬢様で」

「なにも苦労なく生きてきたんだよね」

「ち、違っ……」

「違わないよ」

「ねえ、本当は凛のことどう思ってるの?」

だから、否定してよ。真姫ちゃん。
凛を否定して。
凛は要らないって言ってよ。

みんなが優しいから凛は辛いの。

「凛なんてμ'sに、真姫ちゃんにとって」

「必要ないんでしょ!!」


──ぱちん


「……っ」


凛は驚いた。
頬を打たれた、からじゃない。

「うぐっ、ううううぇっ……」

真姫ちゃんが泣いてたから。

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 23:52:00.70 ID:m8c+m9h/0

「必要ないっ、なん、て、言わないで」

「あなたは、わ、私の……」

「親友、なんだからっ……」

真姫ちゃんはそれから泣きながらこう続けた。

凛たちに出会うまで、まともに友達が出来なかったこと。

μ'sに入って、凛たちと友達になって、
本当に嬉しかったってこと。

こうして、凛に勉強を教えることが
真姫ちゃんにとっては、楽しくて、楽しくて。

気付いたら、凛も泣いてた。

ごめんね、真姫ちゃん
凛も真姫ちゃんと友達になれて良かったよって。

それから、2人でわんわん泣いて

凛は凛の話をした。
凛の悩みを真姫ちゃんに打ち明けた。

そんなことないよって
真姫ちゃんは言ってくれた。

凛を見てると元気がもらえるって。
凛に助けられたことがたくさんあるのよって。
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 23:52:58.69 ID:m8c+m9h/0

真姫ちゃんも自分の話をしてくれた。

昔から、病院の一人娘だっていうことで
周りから少し距離を置かれていたということ。

私の周りには、友達なんて集まらなかった
嫉妬されて、時には嫌がらせもされたことがあった。って

本当は入学してすぐに、凛に話しかけたかったけど、
怖くて出来なかったって。

真姫ちゃんも凛と同じだったんだね。
凛は何も知らないで、自分のことを棚に上げて、
真姫ちゃんのことを偏見してた。

気付いてたはずなのに。
真姫ちゃんはそんな人じゃないって。

凛と真姫ちゃんは、お互いの話をしてた。
とにかく泣いてばかりで、お互い伝わったのか
分かんないけど。

テストのことも忘れて、2人でずっと話をした。
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 23:53:48.03 ID:m8c+m9h/0

次の日。

かよちんにあったらびっくりされた。
真っ赤に腫れた凛の目を見て。

凛は真姫ちゃんと、少し目があって、
互いの目をみて笑いあった。

昨日のことは内緒にゃ。
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 23:54:36.12 ID:m8c+m9h/0


「ねえ、あの星はなんていうの?」

「あれは……」

今日は真姫ちゃんと星を見ていた。

星のこと、知りたくなったんだ。

あれから、星を見る気持ちも変わった。
どんなに小さな星だって、輝いているんだって
そこに存在してるんだって

そう気付くことができたから。

それから、もう一つ。
凛は自分の気持ちに気付いたにゃ。

それは凛が悩んでて、苦しんで、心が埋もれてしまっていても
いつの日からか凛の中に存在し続けてたもの。

凛は真姫ちゃんのことが───

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 23:55:45.20 ID:m8c+m9h/0


──凛は自分の名字が好き。

星空が好き。

──だって、


「ねえ、本当に良かったの?」

「何よ、いまさら」

「だって、西木野病院は……」

「いいのよ、それに何年も先の話でしょ?」

「私が院長になってから、なんだから」

「うん」

「それに、私は素敵だと思うわ」

「星空病院って、響きが明るいじゃない」



──だって、凛にとって大事な人の名字でもあるから。
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 23:56:57.48 ID:m8c+m9h/0
短いですけど、これで終わりです

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
「星空凛です」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『「星空凛です」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。