おちんちんの鎮め方がわからない千歌ちゃんとシちゃう果南ちゃんのSS

シェアする

ちかなん-アイキャッチ2
11: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 20:41:57.42 ID:pWTKWX/w
カポーン


果南「ふぃ~」

千歌「ふぃ~」

果南「鞠莉んとこのもいいけどさ、やっぱチカんちの温泉は昔っから入り慣れてるし落ち着くよ」

千歌「そう?えっへへ」

果南「でも、どうしたの?二人きりで裸の付き合いがしたい!だなんて。珍しいね」

千歌「……」

果南「…千歌?」

千歌「…果南ちゃん、あのね」

果南「うん」

千歌「教えてほしいことが、あるの」

果南「?」

千歌「…ちょっと、恥ずかしいんだけどさ」

果南「あはは、珍しいね!チカが改まるなんて。なに?」

千歌「…」ザバッ

果南「…うぇっ!?」

千歌「…これのおさめ方を教えてほしいの」ビンビン

元スレ: おちんちんの鎮め方がわからない千歌ちゃんとシちゃう果南ちゃんのSS

スポンサーリンク
13: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 20:44:30.81 ID:pWTKWX/w
果南「な、何言ってんの!?」

千歌「こんなこと果南ちゃんにしか聞けないんだよ~~!」

果南「そ、そんなの、自分で抜けばいいじゃん!」

千歌「抜くって?」

果南「だ、だから、お、…オナニーすれば」

千歌「ってなに?」

果南「ほ、保険の授業でやったよね!?」

千歌「寝てて聞いてなかったかも」

果南「はぁ…」

千歌「…教えて、果南ちゃん!みとねえとかしまねえになんて絶対聞けないし~!」

果南「でも、なんで私なのさ!」

千歌「チカのもうひとりのお姉ちゃんだからっ!」

果南「!」

千歌「おねがい、かなんちゃん…」ウルウル

果南「っ………はぁ」

果南「……ここじゃまずいし、チカの部屋に行こっか」
14: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 20:47:46.92 ID:pWTKWX/w
~ちかのへや~

千歌「…それで、どうすればいいの?」

果南「…えっと、おち…ソレを握って」

千歌「こう?」

果南「あーそう、そう…見せなくていいから…」カアァ

千歌「ち、チカだって恥ずかしいんだよ!?」

果南「わかったよ!!…そしたら、手を前後させて、擦るの」

千歌「…こ、こう、かな」シコ…

果南「うん、そう…しばらくそうしてたら、お腹からこみあげてくるような感じがして…」

果南「…せ、精液が出るから」

千歌「せいえき?」

果南「そこからかっ!」

千歌「ご、ごめん…」

果南「…白いどろっとした液体が出るの。そしたら、きっとすっきりするから」

千歌「…わ、わかった」

果南「私、外出てるから。終わったら教えて」

千歌「うん…」


ピシャッ


果南「…うーん」

果南(…こういう話題は、チカとするのはなんだかモヤモヤするから、ずっと避けてきた)

果南(私の責任でもあるのかなぁ…い、いや!)

果南(こういうのは家族がするべきで…いや、うーん…それも違うかな)

果南「……はぁ」
15: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 20:51:09.61 ID:pWTKWX/w
~十数分後~

果南「…ち、チカ?」ソーッ…

千歌「んー、んうぅ…」シコシコ…

果南「…ダイジョブ?」

千歌「…果南ちゃぁーん!!」

果南「…ダメそう?」

千歌「うん…自分じゃ、なんか、怖くて」

果南「……」

千歌「…果南ちゃん」

果南「いやいやいや!!!」

千歌「おねがいっ!!」

果南「それはダメ!絶対ダメだって!!」

千歌「どうして!?幼馴染でしょ!?」

果南「幼馴染だからだよ!!」
16: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 20:51:52.68 ID:pWTKWX/w
千歌「そんな…じゃあチカ、どうすればいいの…?」

果南「いつもはどうしてたのさ…」

千歌「収まるまで我慢してた…」

果南「…はぁ」

果南(…チカも、…アソコも、すごく切なそう)

果南「…あーもう!わかった!わかったから!」

千歌「ほんと!?」

果南「…」ポスン

千歌「?」

果南「…おいで」


ベッドに座って、開いた足の間にチカも座らせる。

後ろから手を回して、チカのソレを握る。

……け、結構大きいなぁ。

それに固い……。


って!


果南「これは仕方なく、仕方なく……」ブンブン

千歌「果南ちゃん?」

果南「…動かすからね」

千歌「うん…」
17: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 20:54:23.22 ID:pWTKWX/w
果南「…」シコシコ

千歌「…っ」


チカのをゆっくり擦る。

チカは見たこと無いくらい真っ赤な顔で、声を抑えてる。


千歌「ふぅっ…んっ……」


少し擦るスピードを上げると、チカが抑えきれず声を漏らすようになった。

……やば。私まで勃ってきそう…。


千歌「かなんちゃ…んっ…♡」
19: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 20:58:19.25 ID:pWTKWX/w
果南「どうしたの、チカ?」シコシコ

千歌「なんか、っ、へんなきぶん……」

果南「…大丈夫、そういうものだから」シコシコシコ

千歌「ひあっ♡」


更に擦るスピードを上げたら、チカがついに嬌声をあげた。

やばい。私も苦しい。


千歌「かなんちゃ、ちか、トイレ…」

果南「大丈夫、そのままでいいよ」シコシコ

千歌「だめ、おしっこでちゃう……」

果南「大丈夫、大丈夫……出していいよ」シコシコ


ティッシュを左手に重ねて、チカのソレの前に持ってくる。
21: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 20:59:11.95 ID:pWTKWX/w
千歌「あっ、だめっ、チカ、でちゃうっ……んあ゙ぁっ♡」ビクンッ


チカの身体が大きく跳ねて、左手に生暖かい感触が広がっていく。


千歌「あぁっ♡うぅっ、かなっ♡ちゃ♡」


チカのがビクビク動いて、精液を垂れ流す。

うわ、こんなに出る…?


千歌「はぁ、はぁ、はぁっ……っ、はぁ……」グテー


チカの身体の力が抜けて、寄りかかってくる。

用意しといたビニール袋に、精液まみれのティッシュごとポイ。


果南「…すっきりした?」

千歌「…た、たぶん」

果南「そっか」
23: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:03:26.95 ID:pWTKWX/w
千歌「…果南ちゃん」

果南「ん?」

千歌「…」チラッ

果南「…なに?私の顔になんかついてる?」

千歌「…」カアァ

果南「?」

千歌「…あっ、ダメっ…」ムクムク

果南「えっ…」

千歌「……うぅ」

果南「…………」


今、私の顔見てまた元気になったよね?
25: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:07:53.30 ID:pWTKWX/w
果南「…チカ?」

千歌「…かなんちゃん」

果南「…」

千歌「…チカね、最近、果南ちゃんのこと考えると、胸がきゅーっとなるの」

千歌「そしたら、お腹の奥がなんだか熱くなって、これが大きくなって、苦しくなるの」

果南「…チカ」

千歌「果南ちゃん……チカ、どうしちゃったのかな……」

果南「…チカはさ」

千歌「うん…」

果南「私のこと、好き?」

千歌「大好き…」

果南「そっか」

千歌「うん……」

果南「……私の部屋で、続きしよっか」

千歌「つづき?」

果南「そう。責任取るから」

千歌「責任?」

果南「これまでチカに教えてこなかった、責任…」
26: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:16:58.61 ID:pWTKWX/w
果南「…ちょっと、コンビニ寄ってくね」

千歌「何買うの?」

果南「必要なもの」

千歌「ふぅん?」

果南「外で待ってて」

千歌「あ、コーラ飲みたい!」

果南「…はいよ」
27: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:20:48.36 ID:pWTKWX/w
~かなんのへや~

千歌「…えへへ」

果南「なに?」

千歌「果南ちゃんの匂いがする」

果南「そりゃ、私の部屋だし…」

千歌「…果南ちゃん、これから何するの?」

果南「…せ、せっくす」

千歌「せっくす?」

果南「言い直さなくていいから!」

千歌「ってなに?」

果南「もう驚かないよ…えっと、…なんて言ったらいいかな。子供を作る行為…?」

千歌「えっ!?チカたちまだ高校生…」

果南「あー、そうなんだけどっ!子供はできないように、っていうか…」

千歌「?」

果南「…子供って、どうやってできるか知ってる?」

千歌「わかんない」

果南「……」

千歌「たはは」
28: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:24:04.73 ID:pWTKWX/w
果南「じゃあ、花のおしべとめしべってわかる?」

千歌「それはもちろん!」

果南「…さっきチカが出した、精液の中にいる精子っていうのが、人間のおしべ」

果南「それが、女の人のお腹の中にある卵子、っていうめしべに入ると、子供がお腹の中で育つの」

千歌「へえー」

果南「…高校生になったんだよね?ホントに」

千歌「もちろん!」

果南「はぁ…それで、その…セックスは、子供を作る以外にも」

果南「本当に好きな人同士が、好きな気持ちを確かめて、気持ちよくなるためにもするんだよ」

千歌「…じゃあ、それを今からチカたちがするんだね」

果南「そう」

千歌「…果南ちゃんも、チカのこと好きなの?」

果南「……好きじゃなかったら、こんなことしないよ」

千歌「…そっか」ニコッ

果南「…目、閉じて」

千歌「…ん」

果南「……」
29: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:25:53.98 ID:pWTKWX/w
千歌「……ぷは」

果南「…」

千歌「…なんか、甘い」

果南「そっか」

千歌「うん」

果南「…服、脱ごっか」

千歌「…うん」
30: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:29:28.99 ID:pWTKWX/w
千歌「…果南ちゃん、きれい」

果南「チカもだよ」

千歌「…それで、どうすればいいの?」

果南「…女の人には、お腹の中に通じてる穴があるの」

千歌「うん」

果南「そこに、チカのソレを入れる」

千歌「こ、これを…お腹の中に…?」

果南「そ…」ゴロン

千歌「…」ドキドキ

果南「…足広げるから、どいて」

千歌「は、はい…」


千歌「…な、なんか、ちょっとぐろてすくだね」ゴクリ

果南「うるさいな!自分にもついてるんだからね!」

千歌「あ、あはは…ごめん」
31: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:33:43.80 ID:pWTKWX/w
千歌「…ここに入れるの?」ツン

果南「ひゃん!」

千歌「あれ?」

果南「そこお尻だからっ!!」

千歌「お、お腹の中に通じてるって言うから…」

果南「バカ!!」

果南「…ここ。ここに、入れるの」

千歌「…なんか、すごく濡れてる」

果南「……ぅ」

千歌「こんな小さいとこに、はいるの…?」

果南「うん…」

千歌「へ、へえ…」

果南「…じゃあ、始めよっか」

千歌「う、うん」
33: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:37:38.46 ID:pWTKWX/w
果南「…」ガサガサ

千歌「それ、さっき買ったやつ?」

果南「そ。コンドーム。精液がお腹の中に入らないようにするの」

千歌「そっか。子供出来ちゃったら大変だもんね」

果南「ちょっと、じっとしてて」クルクル

千歌「んっ、くすぐったい…」


果南「…チカ」

千歌「…ん」

果南「…ソレ、ここに当てて」

千歌「…こう?」

果南「んっ…そう。そのまま、腰を前に。ゆっくり、突き出して」

千歌「…こ、こうかな?あっ」ツププ

果南「んっ♡」

千歌「…は、はいっちゃった……」

果南「…うん」
34: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:40:33.70 ID:pWTKWX/w
千歌「…果南ちゃんのお腹の中、すごくあったかい…」

果南「そういうこと言わなくていい…恥ずかしいから…」

千歌「…これから、どうすればいいの?」

果南「…ゆっくり、腰を後ろに動かして」

千歌「…んっ♡」ニュプ…

果南「んっ…そしたら、今度はゆっくり前に…」

千歌「あっ…♡これ、かなんちゃ……」ズンッ

果南「ん゙っ♡」

千歌「か、果南ちゃん!?」

果南「だ、だいじょうぶ…ちょっと、びっくりしただけ…」

千歌「そ、そっか…」

果南「…そんな感じで、ゆっくり、動いてみて」

千歌「わ、わかった…」
36: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:44:33.38 ID:pWTKWX/w
果南「んっ…ふ……♡」

千歌「あぁっ…ふぁ……♡」

果南「…もう少し、早く動いていいよ」

千歌「うん…」ズッ…ズプッ…

果南「あぁっ♡」

千歌「か、果南ちゃん、だいじょうぶ…?」

果南「大丈夫…きもちいいだけだから…心配しないで、チカの好きなように動いて」

千歌「でも、苦しそうだよ…?」

果南「こういうものだから…私が苦しそうにしてるのは、チカが気持ちよくしてくれる証拠」

千歌「わかった……」

果南(…本当に、チカとしちゃってるんだ)

果南(…これは、責任取ってるだから)

果南(チカに色々教えてこなかった、責任取ってるだけだか…らぁっ♡」
38: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:49:41.28 ID:pWTKWX/w
果南「ん゙ぁっ♡」

千歌「…っ♡」

果南「おくっ、弱いとこ当たって…やばっ……♡」

千歌「果南ちゃん…チカで気持ちよくなってくれてるんだね…チカも気持ちいいよ…♡」

果南「あっ、ちょっ、待っ……♡」

千歌「かなんちゃん、かなんちゃんっ」パンッパンッパンッパンッ

果南「まっ、あっ、ちかっ、い゙ッ♡♡」プシャアアアアア

千歌「ふぇ!?」

果南「あっ、あっ……ひ……」ビクッビクッ

千歌「か、果南ちゃん、おしっこでちゃったの…?」

果南「ちが…これ、潮…」

千歌「潮って…果南ちゃん、クジラじゃないんだから」

果南「…ばか!」

千歌「えぇっ!?ご、ごめん…?」

果南「…チカ、まだイってないよね」

千歌「いってない?」

果南「…気持ちいいのがてっぺんまでいって、さっきみたいにびくんびくんっ、ってなるの、イクって言うんだよ」

千歌「…うん。まだイってない」

果南「…なら、続けていいよ」

千歌「…うん♡」
39: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:53:48.92 ID:pWTKWX/w
果南「はっ、はっ…♡」

千歌「ふっ…ふっ…」ヘコヘコ

果南「どう、チカ…?」

千歌「もう、チカ、イっちゃいそうかも…♡」ヘコヘコ

果南「じゃあ、チカ、ハグして」

千歌「はぁっ、はぁっ、ハグ?」

果南「そうっ…イくとき、私に思いっきりハグして、奥でびゅーって出して…♡」

千歌「わ、かった……♡」

果南「あんっ♡」

千歌「イくっ…果南ちゃん、イっちゃう……♡」ギュウウウ

果南「んっ、きて、いいよっ……チカ……♡」ギュウウウ


千歌「ん゙んんんんんぅぅぅっっ♡♡♡」ビュルルルッ

果南「…♡」


千歌「はーっ、はーっ、はーっ……♡」ビクッビクンッ

果南「…すご、まだビクビクしてる…♡」

千歌「は、はぁ、はぁ……」グデェ


果南「ちょ、チカ、重……チカー!どいてー!!」
41: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 21:58:44.95 ID:pWTKWX/w
果南「…はぁ、しちゃったなぁ」

千歌「しちゃったね」

果南「…チカ、処女より先に童貞卒業しちゃったね。ここら辺じゃ珍しくないけどさ」

千歌「しょじょ?どーてー?」

果南「…コレ使ってセックスしたことない人のこと童貞って言うの。逆に、こっちは処女」

千歌「果南ちゃんは?」

果南「え?」

千歌「果南ちゃんはどうなの?童貞?処女だった?他の誰かとしたことあるの?」

果南「……なかった」

千歌「そっか。じゃあチカ、果南ちゃんと一緒にしょじょとどーてー卒業だね」

果南「は?」

千歌「卒業は果南ちゃんよりいつも1年遅くて、悔しかったのに…ふふっ、変な感じ」

果南「…」カアァ

千歌「照れてる!」

果南「なんか恥ずかしいよ…」
42: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 22:04:23.56 ID:pWTKWX/w
千歌「……果南ちゃん」

果南「は、はい?」

千歌「果南ちゃん、どーてー卒業しよう。チカもしょじょ卒業する」

果南「は、はぁ!?」

千歌「チカ、全部果南ちゃんの初めてがいい」

果南「……な、何言ってんの!?そういうのは大事な人と…」

千歌「果南ちゃんが大事な人だよ!」

果南「!」

千歌「それに、いつもチカの隣には果南ちゃんがいて、何をするにも果南ちゃんといっしょに始めてたんだもん」

千歌「それなのに、果南ちゃんの初めてを誰かに持ってかれるの、嫌だから…」

果南「…っ」ドキッ

千歌「だから……」

果南「………うん」ギュッ

千歌「…♡」ギュッ
43: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 22:09:04.76 ID:pWTKWX/w
果南「…チカのも、すごく濡れてる」

千歌「なんでだろ」

果南「…そういうものだから」

千歌「そっか」

果南「…チカ、痛いかもしれないけど大丈夫?」

千歌「えっ…ど、どのくらい?」

果南「人によるらしいけど…」

千歌「…果南ちゃん、痛かった?」

果南「私はぜんぜん。そういう人もいるらしいし…あとは運動してるし」

千歌「運動してると何かあるの?」

果南「処女膜が破れることもあるとか」

千歌「ふーん…??」

果南「…怖いならやめといたら?」

千歌「ううん、大丈夫。果南ちゃんのためだもん」

果南「自分のためでしょ?」

千歌「あは、そうとも言う…」
44: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 22:12:22.78 ID:pWTKWX/w
果南「…じゃあ、」

千歌「待って!」

果南「ん?」

千歌「…ハグ、して?そしたら、たぶん、大丈夫だから…」

果南「わかった…」ギュッ

千歌「…♡」ギュッ

果南「…いくよ?」

千歌「うん…」


果南「んっ…」グププ

千歌「い……っ」

果南「チカ?」

千歌「…」ギュッ

果南「…」ギュッ

千歌「…おもったより、いたくなかった」

果南「そっか」ホッ

千歌「…でも、もうちょっとこのまま…」

果南「うん。いつまでも、待ってるよ」
46: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 22:18:04.81 ID:pWTKWX/w
千歌「…落ち着いてきた」

果南「…大丈夫?無理してない?」

千歌「もう、果南ちゃん心配し過ぎ!」

果南「ご、ごめん…」

千歌「…いいよ、動いて」

果南「…うん」ニュチ…ニュプ…

千歌「…っ」

果南「これが、チカの中…なんだね…すごくあったかい…」

千歌「か、かなんちゃんも言ってるじゃん…!」

果南「つ、つい…」

千歌「…いいよ、もっと動いても」

果南「…♡」パンッパンッ

千歌「あ゙っ♡んっ♡」

果南「チカっ…チカ……♡」パンッパンッ

千歌「かなんちゃん…♡ちゅー、して…♡」

果南「…っ」チュッ

千歌「んむっ…♡」

果南「ん…♡」
48: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 22:21:46.83 ID:pWTKWX/w
果南「はっ…はっ…♡」パンッパンッ

千歌「あ゙っ♡あ゙っ♡」

果南「ふっ…♡」パンッパンッ

千歌「か、かな、ちゃ、ん゙っ♡い、いつっ♡イクのぉ゙っ!?♡」

果南「もう、もう少し…♡」パンッパンッ

千歌「もう、なんぷんもっ♡ちか、お、おかしく、なりそ♡」

果南「私も…チカのせいで…おかしくなりそうっ…♡」

千歌「かなんぢゃんのばかぁ♡」

果南「あっ、も、もうっ……♡」ヘコヘコ

千歌「うんっ♡うんっ♡」ギュウウウウ

果南「あ゙はぁっ♡ゔっ…♡」ビュルルルルッ

千歌「はー♡す、すごいっ♡おなかのなかで、びくびくって…♡」

果南「はーっ、はーっ……♡」

千歌「……♡」
49: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 22:24:33.29 ID:pWTKWX/w
果南「…ごめん、大丈夫だった…?」

千歌「…大丈夫じゃない」

果南「えっ…」

千歌「…チカ、おちんちんなんとかする方法を教えてほしかっただけなのに、こんなこと」

果南「ごめん…」

千歌「…だから、これからも責任取って」

果南「え?」

千歌「これからも、ずっと、チカの隣にいて」

果南「…言われなくても、ずっといるよ」

千歌「…そっか」

果南「…うん」

千歌「…チカと果南ちゃん、どっちがお嫁さんかな?」

果南「え゙っ」


松浦果南が、高海果南になるのは――もう少しだけ、先の話。
50: 名無しで叶える物語(帝国中央都市) 2019/06/12(水) 22:26:19.98 ID:pWTKWX/w
ちかなん流行れ、受け果南ちゃん流行れ、高海果南アクキーよこせ

普段からエロSS書いてるやつってすごい、途中から恥ずかしくてやめたくてしょうがなかった

おわり!!!!!閉廷!!!!!!!!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『おちんちんの鎮め方がわからない千歌ちゃんとシちゃう果南ちゃんのSS』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)