穂乃果「ふ、ふーん……海未ちゃんまた告白されたんだ…」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ22
1: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 23:05:55.43 ID:QAfrExKx.net
海未「そうなんです……正直に言うと、少し困るというか。お、女の子同士なんて……」カアア

穂乃果「ふーん、ふーん……お、女の子同士はダメなんだ……」

海未「いえ、愛の形は様々ですから駄目とは思いません。し、しかし…未熟者の私にはまだ早いというか……」

穂乃果「そっか、ダメじゃないんだ…」チラ

海未「……?」キョトン

穂乃果「ああ!きゅ、急に立ちくらみが!」バタン

海未「えっ!立ちくらみってあなた座ってるのでは…!?」

穂乃果「ダメだ……起き上がれないからしばらくこのまま海未ちゃんの太もも借りるね」

海未「いやに早口ですが……まぁ、はい…」

穂乃果「♪」

元スレ: 穂乃果「ふ、ふーん……海未ちゃんまた告白されたんだ…」

スポンサーリンク
9: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 23:10:33.85 ID:QAfrExKx.net
───────

穂乃果「~♪」

海未「…………あ、あの…穂乃果?」

穂乃果「ん~?どうしたの~」

海未「もう30分もこのままなんですが…」

穂乃果「え~?海未ちゃん日頃から正座は慣れてるんじゃないの~?」

海未「えと、そういうことではなく」

穂乃果「む~……」

穂乃果「もっぎゅ~」ムニ

海未「うひゃあ!な、ななな!」

穂乃果「あはは!海未ちゃんのおなか柔らか~い♪」
13: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 23:18:32.38 ID:QAfrExKx.net
穂乃果「ぎゅ~っとも~っと」ムニムニ

海未「ほ、穂乃果ぁー!あ、あははは!や、やめて!やめてくだひゃい!」

穂乃果「私を~見て~」ナデナデ

海未「はぁ…はぁ…こ、今度は撫でるのですか……」

穂乃果「ら…ラブで接近…だって…」スッ

海未「穂乃果?」

穂乃果「ひゃっ…!あ、あー…そのー、えへへ、なんちって♪」

海未「はぁ…穂乃果のイタズラ好きには困ったものです」ヤレヤレ

穂乃果「大好き…」ボソ

海未「…何か言いました?」キョトン

穂乃果「な、何でもないっ!」プイ
18: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 23:24:34.34 ID:QAfrExKx.net
穂乃果「ねえ海未ちゃぁん……」

海未「はい、どうしました?」

穂乃果「海未ちゃーん♪」

海未「?」

穂乃果「うーみちゃん!」

海未「もう、何ですか…」クスクス

穂乃果「うぅぅぅ……みちゃん!」

海未「ふふ♪ はい、海未ですよ」

穂乃果「うっ」ドキッ

穂乃果「……海未ちゃん」

海未「子どもですか、あなたは」ナデナデ

穂乃果「きゅう」ゴロン
23: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 23:30:46.75 ID:QAfrExKx.net
穂乃果「……」ゴロン

海未「…………」

穂乃果「……」チラ

海未「…………」

穂乃果「海未ちゃーん……」

海未「zzz……」

穂乃果「わっ、すご……正座しながら寝てる……」

海未「…………」

穂乃果「海未ちゃんの寝顔……珍しいな…」ウットリ

海未「う……zzz……」

穂乃果(チューしたいな……)

海未「zzz…」

穂乃果「し、しようかな……」スッ

海未「zzz…」
28: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 23:36:11.77 ID:QAfrExKx.net
穂乃果「……」ドックドック

海未「zzz…」

穂乃果「は、はわわ……」プルプル

穂乃果(顔近いよぉ…!)カアア

海未「zzz…」

穂乃果「はっ……はっ……はぁ…はぁ…」ギュー

海未「zzz…」

穂乃果(よし……いくよ…いく…いくったらいく……穂乃果、ファイトだよ……)

海未「はっ」パチクリ

海未「おっと、少し眠ってしまっていたようですね」

海未「…………ああ、膝が軽いと思ったら、膝枕はもういいのですね、穂乃果」

穂乃果「えっ!?あ、あああうん!ベッドも柔らかいねっ♪」

穂乃果(びっくりしたー!びっくりしたー!)ドキドキドキドキ
31: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 23:40:20.23 ID:QAfrExKx.net
海未「……」カキカキ

穂乃果「ねえ海未ちゃん、何やってるの?」

海未「何って宿題ですよ……今日はそのために来たのですよ?」

穂乃果「そ、そうだったね……」

海未「穂乃果もまだ終わってないですよね?」ギロ

穂乃果「え、えー……わ、私は後でいいかな…なんて」

海未「もう、後で言っても見せませんからね」カキカキ

穂乃果「ま、漫画読もうかな」

海未「まったく…」カキカキ
33: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 23:47:27.45 ID:QAfrExKx.net
穂乃果「…………」ペラッ

海未「……」カキカキ

穂乃果「ふあ~……」ペラッ

海未「……」カキカキ

穂乃果「……」ペラッ

海未「…………ふー」

穂乃果「あ、終わった?」

海未「はい、終わりました」

穂乃果「そっかぁー……ねね、海未ちゃん」

海未「な、何ですか……嬉しそうな顔をして」

穂乃果「えへへ、宿題終わったから、お話できるよねっ♪」

海未「ふふ、あなたと言う人は……」ヤレヤレ
36: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 23:51:17.21 ID:QAfrExKx.net
穂乃果「えへへ……」ペラッ

穂乃果(はっ…!これは!)

穂乃果「う、海未ちゃん!」

海未「何でしょう」

穂乃果「こういう漫画ってさー、海未ちゃんどう思う?」

海未「どういう漫画でしょうか…」チラ

海未「なっ!?!?!?」カアア

穂乃果(女の子同士がチューしてるシーン……海未ちゃん顔真っ赤だ…)

海未「な、な、何てものを見せるのですかあ……!」

穂乃果「いやぁ~」テヘヘ
40: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/07(日) 23:56:20.86 ID:QAfrExKx.net
海未「もう!し、しまって下さい!」

穂乃果「えー!さっきこういうの嫌いじゃないって言ってたくせにー!」

海未「そ、それは…!そう、です…けど……」チラ

海未「ううぅぅ!」カアア

海未「無理ですよぅーっ!」

穂乃果(可愛い……)

穂乃果「まあまあ……語ろうよ、たまにはこういう、恋愛をさ」

海未「…………」グスン

穂乃果「だって穂乃果、恋愛とかしたことないし……ね、たまにはさ」ニコ

海未「……わ、分かりました」

穂乃果(っ!)グッ
43: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 00:04:06.69 ID:QAfrExKx.net
海未「……これは」ジー

穂乃果「す、すごい…何回もチューしてる……」ジー

海未「ほ、穂乃果も初めて読むのですか…?」ジー

穂乃果「こ、これ雪穂のなの……」ジー

海未「そ、そうですか……」ジー

穂乃果「め、めくるよ…!」ドキドキ

海未「ひゃっ…はい!」ドキドキ

穂乃果「うー…!」ペラッ


『は、恥ずかしいよぉ……』『二人で一緒に、気持ち良くなるにゃー♪』


穂乃果(えぇーっ!女の子二人が服を脱いだ!)

海未「」プシュー
44: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 00:08:37.18 ID:rwahrn7Q.net
海未「」マジマジ

穂乃果(どうしよう!どうしよう!ゆ、雪穂のばかーっ!)マジマジ


『あ…!んっ!やん♡』『ここ、弱いんだね……顔真っ赤にゃ♡』『やだぁ…!』


穂乃果(うひゃー!何これー!)

海未「」

穂乃果「う、うう海未ちゃん!」ガシ

海未「ひゃあ!」ビクッ

穂乃果「えっ」

海未「あ……穂乃果…」ウルウル

穂乃果「海未……ちゃん…」ジー

海未「穂乃果ぁ……」

穂乃果(海未ちゃん……すごい、色っぽい……)ドキドキ
47: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 00:12:49.43 ID:rwahrn7Q.net
寝るっ!
91: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 22:51:57.76 ID:rwahrn7Q.net
穂乃果「海未ちゃん…」

海未「あ……」ドキッ

穂乃果(何だろう……海未ちゃんの顔見てたら)スッ

海未「だめ……穂乃果、だめ…ですよ……」

穂乃果(すごく海未ちゃんが、愛らしくなっちゃった……)ギュッ

海未「あぁ……穂乃果、こんなこと、いけないんです……今ならまだ…穂乃果ぁ……」

穂乃果(もう少しだけ……このまま…)ギュー

海未「あ……もう……私は……」

穂乃果(…………)ギュー

海未「………」

海未「……あ、あれ…?」

穂乃果「……このまま、抱きしめてていい?」

海未「…………」

海未「…………」カアア

穂乃果「海未ちゃん?」チラ

海未「あぅ……」コクン
93: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 23:02:01.47 ID:rwahrn7Q.net
───────

穂乃果「ねえ海未ちゃん、機嫌直った?」

海未「ちが…違うんです……穂乃果が変な漫画を見せるから……いつもの私じゃなくて…あぅあぅ……違うんです…! あんな……あんなことを考えるなんて…うぅ~……!」ブツブツ

穂乃果「海未ちゃーん」ツン

海未「ひゃんっ!」

穂乃果「♪」

穂乃果(海未ちゃんが何だか落ち着かないみたい……雪穂に少しだけ感謝だね!)

穂乃果「えへへぇ~♥︎」ピト

海未「あぁ…はぁ…」トロン

穂乃果「どうしたの海未ちゃん…?少し、顔が赤いけど……」

海未「い、いえ……何でも、ありません」
96: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 23:10:27.60 ID:rwahrn7Q.net
海未「何だか少し、疲れたようです……」

穂乃果「大丈夫?」

海未「ええ、心配をお掛けしてすみません」ニコ

穂乃果「うっ」ドキッ

海未「それより穂乃果に一つ言いたいことがあるのですが」

穂乃果「え、なに…?」

海未「宿題、いつになったらするのでしょう」

穂乃果「…………」

穂乃果「あっはっは……」

海未「ほーのーかー?」ニコ

穂乃果「ひぃぃ!海未ちゃん怖い!」

海未「しないのですか?宿題」ジー

穂乃果「えー……で、でもでも、もうこんな時間だし……海未ちゃんもそろそろ帰る時間だしー、なんちって……」

海未「なるほど」
97: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 23:15:22.03 ID:rwahrn7Q.net
海未「では今日は泊まり込みです」

穂乃果「げっ!」

海未「げっ!とは何ですか」

穂乃果(うわぁ~!いつもの海未ちゃんに戻ってるよぉ~!雪穂のばかーっ!)

海未「家には電話すれば大丈夫でしょう、穂乃果のおうちですし、さて、おばさんにお断りを入れにいきましょう」スッ

穂乃果「ひぃぃ……段取りが良すぎる…よぉ~!待って~!」ガシ

海未「ちょっ!何で足にしがみつくのですか!あ、危なっ…!」グラッ

穂乃果「あ、うわ!」グラッ

バターン…!
102: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 23:23:40.14 ID:rwahrn7Q.net
穂乃果「いてて……」

海未「もう、穂乃果は…急に引っ張らなで下さいよ」

穂乃果「ご、ごめん…わわっ!」ドキッ

穂乃果(う、海未ちゃんに覆い被さられてる~!)ドキドキ

海未「ベッドの上だから良かったですが、次からは気をつけて下さいね?」

穂乃果「は……はい…」

穂乃果(かお……近いってぇ…)ポワワーン

海未「ふふ、そうやっていつも大人しければ、良い子なのですけれど……怪我は無かったですか」

穂乃果「んっ…!」コクッ

海未「そうですか」サワサワ

穂乃果「~~~!」ゾクゾク!!!
124: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 20:33:28.61 ID:d1V5Y3Un.net
穂乃果「あ、えっと……ど、どうした…の、かなー……あはは」カアア

海未「ああ、髪に糸くずが付いていたので落としました。驚かせてすみません」

穂乃果「う、ううん…ありがと、はは」プイ

穂乃果(目を合わせられない……)

海未「そういえば」サワサワ

穂乃果「ひゃっ…!」ビクン

海未「……? 何だか先ほどから、リアクションが大袈裟ではないでしょうか」

穂乃果「え、えっ…そうかな…あはは…」

海未「ずーっと乾いた笑いもしていますし」

穂乃果「えっ、と……ど、どうかな…あはは……はっ!」

穂乃果(また笑っちゃった!)
125: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 20:39:26.73 ID:d1V5Y3Un.net
海未「それで、そういえば、の続きですが」スーッ

穂乃果「はっ…あぁ…その、できれば髪……触らないでぇ……」

海未「髪、少し伸びましたか」

穂乃果「……?」

海未「まあ本当に少しだけですが」サワサワ

穂乃果「そ、そうかな…?」

海未「ええ、穂乃果は昔から…」

穂乃果「ちょ!ちょっと海未ちゃんすとっぷ!」

海未「どうしました?」

穂乃果「ど、どいて……」モジモジ
126: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 20:47:29.01 ID:d1V5Y3Un.net
海未「あ、すみません…」スッ

穂乃果「う…ううん、いいの」ドキドキ

海未「それで話の続きですが、穂乃果は昔から同じ髪型でしたから、珍しいな…と思いまして」

穂乃果「そっかぁ…えへへ♡」

海未「ふふ、何か私可笑しいことを言いました?」

穂乃果「ううん。ただ、海未ちゃんが穂乃果のことちゃんと見てくれてるのが嬉しいの♪」

海未「穂乃果は目を離すとすぐどこかへ行ってしまいますからね」クスクス

穂乃果「あ~!酷いよぅ!」

海未「すみません♪」クスクス
129: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 20:57:03.26 ID:d1V5Y3Un.net
穂乃果「でもそっか~確かに最近、μ'sの練習ばっかりで髪切りにいくの忘れてたかも、明日切りに行ってくるよ」

海未「ふふ、そうですか」

穂乃果「あ、明日は練習何時からだっけ?」

海未「明日は午後から、と絵里がちゃんと言っていましたが」ジー

穂乃果「あ、そういえば言ってたね……うん、言ってたや」

海未「もう、穂乃果は前も私に同じことを聞いてきましたよね」

穂乃果「う……」

海未「前の前は……大丈夫だったようですが、そのまた前も聞いてきました」

穂乃果「ごめんなさい…」シュン

穂乃果(なるべく怒られないように、海未ちゃんとことりちゃんと交互に聞いてるなんて言えないや……)

海未「まったくあなたという人は…」ヤレヤレ
131: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:04:09.95 ID:d1V5Y3Un.net
穂乃果「でもでも!明日午後からってことは、今日は夜更かしできるねっ♪」キラキラ

海未「何やら目を輝かせていますが……それは宿題を朝までしたい、ということでしょうか」

穂乃果「やっ、…………や、それはその……」

海未「冗談ですよ、涙目になるようなことですか、全く」

穂乃果「海未ちゃんのいじわるぅ~!」ポカポカ

海未「よしよし」ナデナデ

穂乃果「うわ~ん!宿題なんて無くなればいいんだ~!」

海未「ほ、本音が出ましたね……」ナデナデ

穂乃果「くぅ……zzz」

海未「寝るんですか!?」
133: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:07:32.17 ID:d1V5Y3Un.net
海未「ちょ、ちょっと穂乃果…」ユサユサ

穂乃果「んみ…ちゃぁん?」

海未「夜更かしできてませんよ」

穂乃果「はっ!」ガバ

海未「おはようございます」クスクス

穂乃果「あ、危ない危ない……海未ちゃんの膝枕は凶器だ……」

海未「寝ぼけてますか?」

穂乃果「ううん、起きた」

海未「そうですか」

穂乃果「宿題の続きだったっけ?」

海未「寝ぼけてますね」
134: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:11:34.43 ID:d1V5Y3Un.net
穂乃果「というわけでジュースを持ってきたよ」

海未「ありがとうございます」

穂乃果「あとお菓子も」バサッ

海未「こんなに食べられるでしょうか?」

穂乃果「って海未ちゃん、もうパジャマに着替えてたんだ」

海未「え?ええ、はい」

穂乃果「じゃあ穂乃果も着替えよーっと」ヌギヌギ

海未「ちょ…!ええ!?」
135: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:16:33.67 ID:d1V5Y3Un.net
海未「そんな急に脱がないで下さいよ!」カアア

穂乃果「えー?何で?」キョトン

海未「何でもです!もう!」ドキドキ

穂乃果「ご、ごめんね…じゃあ、その、脱ぐね?」

海未「え、は、はい……」

穂乃果「…………」ヌギヌギ

海未「…………」

穂乃果「…………」ヌギヌギ

海未「…………」

穂乃果「う、海未ちゃん?」カアア

海未「は、はいっ!?」

穂乃果「その…何だか恥ずかしいから…向こう向いててもらってもいい、かな?」

海未「あ、すすすすみません!」バッ

穂乃果「あ、ありがと……」ヌギヌギ

海未「…………」モジモジ

穂乃果「…………」ヌギヌギ

海未「…………」モジモジ

穂乃果(調子狂うなぁ……)ドキドキ
136: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:21:45.75 ID:d1V5Y3Un.net
穂乃果「お、お待たせしました……」ドキドキ

海未「…………いえ」ドキドキ

穂乃果「それじゃあ、その……何か話そう」

海未「何かというと、何でしょう」

穂乃果「う、う~ん……何でしょう」

海未「では、今日の練習の話でも…」

穂乃果「今日の練習かぁ……」

海未「今日の練習といえば、そうですね……花陽がよく転んでましたね」

穂乃果「あぁーそういえば。膝小僧すりむいて、痛そうだったな……」
137: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:33:12.50 ID:d1V5Y3Un.net
海未「凛が絆創膏を持っていましたから、すぐに処置できましたね」

穂乃果「そうだね。凛ちゃんが絆創膏を出したとき、真姫ちゃんとにこちゃんが揃って『えぇー!?』って声出したのには笑っちゃった」

海未「どうも昼頃にも花陽は転んだらしく、そのとき保健室で貰ってきたようです」

穂乃果「あ、そうなんだ…さすが凛ちゃん、花陽ちゃんのことは一番に分かってるや」

海未「仲の良い二人ですからね、見てるこちらが癒されることもたびたびあります」

穂乃果「あ、それ分かるかも。この前凛ちゃんとラーメン屋に行ったんだけどさ」

海未「へー、凛と二人でですか?」

穂乃果「うん、それでね。店に入ってから、凛ちゃんがね、ずーっと黙ったまま、注文しないの。『なんでかなー?』って見てて、しばらく経ってから聞いたの」

海未「はぁ…」

穂乃果「そしたら凛ちゃん、うぷぷ……『あ!いつもかよちんが何食べる?って聞いてくるから、待ってたにゃ!』って言ったの!」

海未「あははは、それは何とも、凛らしいですね」クスクス

穂乃果「だよねだよね♪ 凛ちゃん可愛いなぁ♡って思ったよ~」
138: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:39:31.63 ID:d1V5Y3Un.net
穂乃果「あはは♪」グー

海未「?」

穂乃果「あ……」

海未「今のはお腹の音ですか?」

穂乃果「う、うん……ラーメンの話してたから、かも…」カアア

海未「それはそれは、『穂乃果らしい』ですね」クスクス

穂乃果「お菓子食べよっか……」

海未「ふふ、そうですね」

穂乃果「チョコたべようかな」

海未「では、私は穂むらのおまんじゅうを」

穂乃果「あ、やっぱりそれなんだ」

海未「いけなかったですか…?」

穂乃果「ううん、海未ちゃん食べるだろうなって持ってきたの♪」

海未「有難く、頂きます♪」
139: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:46:57.89 ID:d1V5Y3Un.net
穂乃果「甘くておいし~♡」プルプル

海未「そうですね」ニコ

穂乃果「あぁ~♪ 一日中おやつ食べてたいなぁ」

海未「では穂乃果の練習を倍に」ジー

穂乃果「じょ、冗談だよ…?」

海未「冗談ですか」

穂乃果(残念そうな顔してるよぉ……鬼教官…)

穂乃果「あ、このクッキーおいしい。海未ちゃんも食べる?」

海未「それでは頂きます」

穂乃果「あーん♪」

海未「えっ?」

穂乃果「あーん♪」ニヘラ

海未「あ、あーん…」

穂乃果「おいしい?」

海未「もぐもぐ……あ、美味しいです」

穂乃果「わあ♪ だよねっ!」
140: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 23:01:54.42 ID:d1V5Y3Un.net
海未「それにしても」モグモグゴックン

穂乃果「ん?」モグモグ

海未「和菓子屋の娘が、洋菓子を食べるというのはどうなんでしょう」

穂乃果「それを言ったら……海未ちゃんだって」ゴックン

海未「まぁ、そうですが…」

穂乃果「………」モグモグ

海未「やりたいことをさせてくれる両親には、感謝しなければいけませんね」

穂乃果「そうだね……お母さんの通った音ノ木を、私たちの力でもっともっと盛り上げることができたら、それが恩返しになるのかな……」

海未「ええ、きっと」

穂乃果「穂乃果、頑張るよ」

海未「日々鍛錬、精進していきましょう」

穂乃果「うん……って凄い真面目な話してるね、穂乃果たち」
142: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 23:11:01.99 ID:d1V5Y3Un.net
穂乃果「お菓子の話してたのに」

海未「普段真面目な話をしないのですから、たまにはいいじゃないですか」

穂乃果「ぐすん、酷いよ」

海未「そうですか?私は穂乃果を褒めたつもりだったのですが」

穂乃果「え、えぇー?今ので褒めたの……?」

海未「穂乃果はいつも楽しそうに生きて、楽しそうに振舞って、羨ましいですと言いたかったんです」

穂乃果「遠回しすぎて伝わらないよ…」

海未「そ、そうですか…」

穂乃果「まぁ……その…嬉しいけど」

海未「穂乃果は」

穂乃果「ん?」

海未「穂乃果は、その…」
143: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 23:15:46.88 ID:d1V5Y3Un.net
海未「私のこと、どう思ってるんですか?」

穂乃果「えっ」

海未「私について、言いたいことは無いのですか?」

穂乃果「えええええ!?そ、それは…!」

海未「?」

穂乃果「それは…その…!つ、つまり…?」

海未「つまり?」

穂乃果「つまり……その、言いたいことはある、かな…」

海未「聞かせて、もらえますか?」

穂乃果「ん…」コクッ

海未「…………」
150: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 23:56:50.06 ID:3c7YcYcv.net
穂乃果「海未ちゃんのこと……」

海未「はい…」ドキドキ

穂乃果「穂乃果も海未ちゃんのこと、ずっと見てたよ」

海未「はい」ドキドキ

穂乃果「しっかり者で、穂乃果を引っ張ってくれて、でもたまにおっちょこちょいで」

海未「あはは…」

穂乃果「お母さんみたいで、お姉ちゃんみたいで、妹とみたいな、そんな海未ちゃんで」

海未「穂乃果……」

穂乃果「そんな海未ちゃんだからこそ、穂乃果は……しゅ、しゅきに…」ボソボソ

海未「?」

穂乃果「ひゅきに…なりました…」カアア
151: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 00:03:14.01 ID:3c7YcYcv.net
海未「それは…」

穂乃果「ご、ごめんね……海未ちゃんはそういうつもりで聞いたんじゃ、ないよね」

海未「い、いえ……私も穂乃果のことは、お慕いしていますよ…?」

穂乃果「ありがと…」ニッ

穂乃果(でも……きっと違う意味なんだ)

穂乃果「ぅ……ぅぅ……」ジワァ

海未「え…」

穂乃果(駄目だ……堪えられないや……)グスッ

海未「穂乃果…?」

穂乃果「なんでも、ないよ…ひっ、ぐすっ…え、えへへ…ごめんね」
153: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 00:14:19.47 ID:yI00eEEV.net
海未「穂乃果」ギュッ

穂乃果「あぅ……」

海未「泣くほどの何かを、あなただけに背負わせてしまって、すみません」ナデナデ

穂乃果「ひぐっ…な、なんで海未ちゃんが謝るの…?」

海未「心に寄り添えないことを、恥じているからです。あなたが何故泣いているのか、分からないからです…」

穂乃果「海未ちゃん…」

海未「私の質問が、穂乃果を傷付けてしまったのでしょうか?」

穂乃果「ううん、違うの…」ズズッ

海未「……そう、ですか。それは良かった……」

穂乃果「ねえ海未ちゃん、一つだけお願いしていい?」

海未「はい、何ですか?」ニコ

穂乃果「もっと……頭なでてほしい」ボソッ
154: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 00:21:20.05 ID:yI00eEEV.net
海未「そんなことで良いなら、ええ」ナデナデ

穂乃果「はふぅ……んんっ」

海未「よしよし、これでいいですか?」ナデナデ

穂乃果「だめ!もっとー!」

海未「ふふ、そうですか」ナデナデ

穂乃果「んゆ……はぁ…」トロン

海未「もうこんな時間ですし、このまま寝てもいいですよ」

穂乃果「やだ……寝ないもん…」

海未「……」ナデナデ

穂乃果「…………」

海未「………」ナデナデ

穂乃果「うみちゃん……何か、喋って……」

海未「何か、ですか。そうですね……」ナデナデ

穂乃果「…………」
155: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 00:31:06.19 ID:yI00eEEV.net
海未「穂乃果を見てると、頭がぼーっとしてるときがあるんです」

穂乃果「…………」

海未「穂乃果と話すと、胸がぽかぽかするんです」

穂乃果「ん……寝ない…よ…」

海未「……穂乃果、私はきっと、いつまでもあたなのそばにいますから」

穂乃果「…………」

海未「だから、もう泣かないで下さいね」ナデナデ

穂乃果「…………」

海未「おやすみなさい」

穂乃果「…………」
156: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 00:37:12.53 ID:yI00eEEV.net
───────

チュンチュン……


穂乃果「はっ!」ガバ

海未「zzz……」

穂乃果「あれ、私いつのまに布団に……」

穂乃果「…………」

穂乃果「昨日は、えっと、確か……」


『いつまでも、あなたのそばにいますから』


穂乃果「わっ…わわっ…ええ!」カアア

穂乃果「ん、夢!?もしかして穂乃果の妄想!?」


『おやすみなさい』


チュッ


穂乃果「……っ!…!!!」

穂乃果「ほっぺた…昨日…ゆ、夢!?ええ、でも絶対あれは…!」サワサワ

海未「くー……」

穂乃果「現実、だよね……ほっぺたに、ちゅーされた気が……」ドキドキ
157: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/13(土) 00:45:39.23 ID:yI00eEEV.net
穂乃果「うわー……うわー…!」ドキドキ

穂乃果「海未ちゃん…うわー……えぇー…?」カアア

穂乃果「うそ……うそだぁ……もしかして、海未ちゃん…穂乃果のこと…」ドキドキ

穂乃果「うぅー!」ポフッ

穂乃果「そんなわけないよー!でもそうだったら嬉しいよー!」バタバタ

穂乃果「…………」

穂乃果「はぁ…………」

穂乃果「とりあえず、顔洗おう…」スッ

海未「ほのか……」ガシッ

穂乃果「うわっ……っとっと!」ポフッ

海未「ほのかぁ……」ギュー

穂乃果「………………びっくりしたー」

海未「クー……」zzz

穂乃果「えへへ♪」

海未「ん……」ギュー

穂乃果「うーみーちゃん♡朝だよっ!」




   お   わ   り
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「ふ、ふーん……海未ちゃんまた告白されたんだ…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。