ことり「恋人の海未ちゃんが……」

シェアする

ことり-アイキャッチ15
1: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:02:11.13 ID:nDF1V1Kc.net
ことり「ことり以外の人と仲良くしているのを見たらすっごく高まる…」

海未「はい?」

ことり「海未ちゃんのこと大好きなのに、他の人なんて見て欲しくないのに…」

ことり「海未ちゃんを誰かに取られたくないって思えば思うほど…ことりの意思には相反して興奮しちゃうの…!」グスッ

ことり「変だよね…おかしいよね…」グスン

海未「えっ……いえ…いやっよくわかりませんが、大事な話ってこのことですか?」 

ことり「うん…」

海未(あああー良かったぁ!大事な話があると呼び出されたので、てっきり別れ話でも切り出されるのかと思いました)ドキドキ

ことり「だから別れよう?」

元スレ: ことり「恋人の海未ちゃんが……」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:03:42.45 ID:nDF1V1Kc.net
海未「ええぇっ!?」ガーン

ことり「だってことりは浮気されることに興奮する変態さんなんだよ!?」

海未「そんな…」

ことり「今海未ちゃんと付き合ってて凄く幸せなはずのに破滅を望んでいることりがいるんだもん…」

ことり「そんな人間と付き合ってても海未ちゃんは幸せになれないよ…っ」グスッ

海未「……私ではことりのことを満足させられないと言うことですか?」

ことり「そうじゃなくてぇ」グスッ

海未「…」
4: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:13:00.19 ID:rAL4Sx8N.net
ことり「……予兆はあったんだ。Love marginalを歌った時にビビッときたり」

ことり「海未ちゃんが後輩から告白されたって聞いたらドキドキしたり」

ことり「それで最近は海未ちゃんがμ'sのメンバーと戯れてるのを見てたら『あっこれ最高だ!』って思うようになってきて…」

ことり「もうどうしたらいいのかわからない!」グスン

海未「……」

ことり「うえぇ…」グズグズ

海未「…別れてしまったら私は浮気ができませんよ」

ことり「え…?」

海未「だから絶対に別れてあげません!」

海未「ただ、一晩だけ考える時間を下さい。まだ頭が追いついていないので…」

ことり「…海未ちゃん…」

海未「必ずやあなたの悩みを解決してみせます!」
8: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:16:14.20 ID:rAL4Sx8N.net
~~

海未(とは言ったものの正直かなりショッキングです…浮気されたいってどういう心境なのでしょうか。私なら絶対に嫌ですが……)

海未(まぁ別れようと提案してきた辺りことり自身も変だという自覚はあるんですよね)

海未(それでもやはり私はことりのことが好きでなんとかしてあげたいのです)

海未(なにより私が別れたくありませんし!!!)

海未(…ことり曰くNTRというジャンルに相当するらしいですね)

海未(よし!まずはNTRについて調べましょう)カタカタ

海未(……え~NTRとは寝取られの略で、自分の好きな人が他の人と性的関係になる状況において性的興奮を覚える人向けのジャンル)

海未「せ、性的関係!?」

海未(性的ってことはキスとか…え…えっちなことですよね?!ことりは私が他の人とそういうことをしていたら興奮すると!?)

海未(理解できません。アブノーマル過ぎますよことり!)

海未(……浮気なんてできるでしょうか…)
9: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:18:14.66 ID:s4hxZs4j.net
~~

ことり(いやー流石海未ちゃん!ことりの期待通りにことが進んだよ♪)

ことり(浮気に誘導するなんてNTRとしてはルール違反だけど、こうでもしないと一途な海未ちゃんが浮気なんてできっこないもんね)

ことり(もしかしたら浮気のつもりが本気になっちゃうかも…そう考えたらツラい気もするけど……濡れるっ)ジュンッ

ことり「あぁ…海未ちゃん大好きだよ…♪」クチュクチュ
10: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:20:28.51 ID:x8oDtfho.net
~~

チュンチュン! チュンチュン!

海未(おや、もう朝ですか。NTRについて研究していたら徹夜してしまいました……)

海未(厄介なことに単に私と誰かが肉体関係を持てば興奮するということではなくて精神的にも誰かと結ばれてこそNTRが完了するらしいです……意外と奥が深い)フム

海未(ということは最悪肉体関係無しでも成立するんですね)ホッ

海未(しかしこれは中途半端な覚悟ではことりのことを満足させてあげられないということですか)

海未(私自身、本気でことり以外の誰かを好きになるつもりで挑まなければならないと)

海未「それがことりの性癖ならば私は努力するまで…!」
11: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:22:07.54 ID:qIJ4pNqN.net
~~

海未「ふわぁ」

海未(…眠い)ゴシゴシ

ことり「うーみちゃん♪」ダキッ

海未「ことり…おはようございます」ニコッ

ことり「えへへ///今日も恋人同士でいられて嬉しいな」

海未「はは、ことりと別れるなんて有り得ません」

ことり「……」ニコニコ

海未(なんか怖い)

ことり「それでNTRについて調べてみた?」

海未「えぇ!なんとなくですが理解したつもりです!」

ことり「魅力わかったかなぁ?」

海未「いえ、私はことりに浮気されたら嫌です」

ことり「ことりも浮気されるのは嫌だよぉ」

海未「それでも興奮するんですよね?」

ことり「うんっ!海未ちゃんが他の女の子抱いてるの想像したらキュンキュンする///」

海未「……」
12: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:23:24.22 ID:qIJ4pNqN.net
海未「あの、参考までに聞いておきたいのですが…誰と仲良くしているのが1番興奮しますか?やはり穂乃果?」

ことり「うーん……穂乃果ちゃんは勿論かなりクるけど、逆に最近知り合って親密になった真姫ちゃんとか絵里ちゃんもクるかな。希ちゃんとか意外性のある人も逆にクるかも」

海未「クる……?まぁ誰でもいいってことですね」

ことり「うん。海未ちゃんが他の人に取られちゃうってところがみそなんだよ」

ことり「真面目でことりのことが大好きな海未ちゃんがね」

海未「はあ…」

穂乃果「ふたりともお待たせー」テクテク

海未「遅いですよ穂乃果!昨日も一昨日も注意したはずです!」

穂乃果「わわっごめんごめん!ほら早く行こうよ遅刻しちゃう!」

海未「まったく誰のせいだと…」

ことり「ふふっ♪」

ことり(あー学校行くの憂鬱だなぁ…海未ちゃんが他の子に取られちゃうかも♪)ワクワク
22: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 00:00:23.52 ID:jyf2uJJ2.net
~とんで昼休み~

ことり「保険委員の集まりがあるんだ」

穂乃果「ほのかも理事長に呼ばれてるから行くねー!」

海未「わかりました」

海未(お昼はひとりですね。ボーッとしていてお弁当を忘れたので何か買いに行かないと)フラッ

海未(とてつもなく眠たい…寝不足がきいてきましたねぇ)フラフラ

ドンッ

海未「おっと、すみません」

花陽「ご、ゴメンなさい……って海未ちゃん!」

海未「花陽でしたか!すみませんボーッとしていて…」

花陽「もしかして購買行くの?」

海未「えぇ。恥ずかしながらお弁当を忘れてきてしまって」

花陽「ちょうどよかった!はなよのおにぎり食べませんか?」
23: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 00:02:20.68 ID:hjEcE8EM.net
ー庭っぽいとこにあるベンチー

海未「もぐ…これは…とても美味しいです!」モグモグ

花陽「よかった♪今日作り過ぎちゃって」テヘヘ

海未「そういえば凛は一緒ではないのですか?」

花陽「えーっとね、ここに来る途中で猫を見つけて、凛ちゃんはその仔を追いかけてどっか行っちゃったかな…」

海未「…凛らしいですね」

花陽「あはは…海未ちゃんがおにぎり食べてくれて助かったよぉ」

海未「いえいえ私も助かりました。むしろ花陽のおにぎりが食べられたので忘れてきて良かったくらいです」ニコッ

花陽「…うっ///」
24: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 00:03:23.94 ID:hjEcE8EM.net
花陽「でも珍しいね?海未ちゃんが忘れ物するなんて」

海未「えぇ、色々あって昨日徹夜してしまって」

花陽「エエー徹夜しちゃったのぉ!?無理は体に良くないよ!海未ちゃんが倒れたりしたら…あ、でも海未ちゃんのことだから何か事情があるんだよね…」

海未「ふふ、心配してくれてありがとうございます」

花陽「はなよなんて昨日は10時間も寝ちゃったから海未ちゃんに睡眠時間分けてあげたいよ…」

海未「ははっ良い子はよく寝ると言うのは本当なんですね」

花陽「それって赤ちゃんとかの話じゃ…」

海未「花陽は良い子ですから、きっとそうなんですよ……ふぁ…お腹いっぱいになったらまた眠たくなってきました」

花陽「あっ、まだ時間あるから少しでも寝たほうがいいです!」

海未「そうですねぇ」ウトウト
25: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 00:04:07.36 ID:8x1NDR5x.net
花陽「あの…ちょっと恥ずかしいけど…はなよのお膝でよかったら使ってください///」

海未(ことり以外の人のひざ枕…昨日までなら断っていましたが……)ウツラウツラ

海未「ではお言葉に甘えます」ポフッ

花陽「お昼休みが終わる頃に起こすから、それまでゆっくり寝てね」

海未(これもねとられなのでしょうか)ウトウト

花陽「海未ちゃん髪の毛綺麗だよね…」サワッ

海未「ん…そんなことないれす…」

花陽「おやすみなさい」ナデナデ

海未「……」スースー

花陽「……えへへ、寝顔もかわいいです」ナデナデ
27: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 00:05:21.73 ID:6EZQMykt.net
花陽(あのね海未ちゃん、はなよは全然良い子じゃないんだよ)

花陽(海未ちゃんとことりちゃんが付き合ってるの実は知ってるんだ)

花陽(部室でキスしてるところ偶然見ちゃったから…)

花陽「ごめんね」ナデナデ

海未「…」スースー

ーベンチの後ろの茂みー

ことり(うっわぁ~!ことりの海未ちゃんをたぶらかして…花陽ちゃん許せない!)ハァハァ
32: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 00:20:04.28 ID:kPlsX45Z.net
海未(ことりの太もも気持ちいいです)

海未「ことりぃ」ムニャ

花陽「…ふふっ」

花陽「海未ちゃん」ユサユサ

海未「んぅ…ハッ!!!」ガバッ

花陽「おはよう♪よく眠れた?」

海未「えぇ…すみません、暇だったでしょう?」

花陽「そんなことないよ♪それよりもう授業始まっちゃうから行かなくちゃ!」

海未「あっ…あぁそうですね!ありがとうございました!ではまた放課後に!」シュバッ

花陽「うんっまたね!」

~~

海未(眠気はなくなりました)

海未(しかし……なんか罪悪感が…)

海未(…ごめんなさい…ことり)
33: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 00:20:49.64 ID:kPlsX45Z.net
ことり「うーみちゃんっ♪」バッ

海未「うわぁ!!!」ビクッ

ことり「酷ぉい!人をオバケかなんかみたいに」プクー

海未「…急だったのでちょっとびっくりしただけですよ」

ことり「本当ぉ?まさかもう他の子とイチャついてたんじゃない?」ギュッ

海未「……そんなわけないじゃないですか」グサァ

ことり「そうだよね♪」スリスリ

海未「…そうですよ…」
34: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 00:24:35.29 ID:kPlsX45Z.net
~とんで放課後~

穂乃果「宿題忘れて今日もパンがうまい!!!!!!!」モグッ

海未「こらっ!終わらせないと練習には出しませんからね!」プンプン

穂乃果「ぶぅ~だってわからないとこがあったんだもん~」

ことり「練習までまだ時間あるし…海未ちゃん手伝ってあげたら?」ウインク

海未「穂乃果を甘やかしては…あっ」ピーン

ことり「……」ニコニコ

海未(宿題を見ながら穂乃果との距離を縮めろということですか…わかりましたよ)

海未(でもその前に…)

海未「ことり、ちょっといいですか?」
35: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 00:26:41.59 ID:kPlsX45Z.net
ー屋上ー

海未「」スーハー

海未「念のために言っておきますけど私が愛するのはことり、あなただけですから」ギュッ

ことり「海未ちゃん…」キュン

ことり(うはぁ~最高のエッセンスだよぉ…こんなこと言われて他の女に取られたあかつきには…)ゾクゾクッ

海未「とりあえず私は色々な人にモーションをかけるよう努めますが…」

ことり「海未ちゃん海未ちゃん」クイクイ

海未「なんですか?」

ことり「ありがとう。ことりも愛してる」チュッ

海未「…ことり///」

ことり(こうやってイチャついておけばその分、寝取られた時の絶望が深くなって興奮も増し増しに…)ハァハァ
38: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 00:37:14.21 ID:Z8py9iEG.net
~~

穂乃果「あー!海未ちゃんことりちゃんどこ行ってたのーズルいズルい!」

海未「た、たいした用事ではないです……それより練習までに宿題を終わらせますよ」

穂乃果「え?手伝ってくれるの?」

海未「もちろん!…穂乃果がいないと寂しいですからね」

穂乃果「やったー急にデレたー!海未ちゃん大スキー」ギュー

海未「はいはい」

ことり「ことりは先に部室行ってるね。穂乃果ちゃんファイトだよ♪」フリフリ

穂乃果「うんっ!!!」

海未「…」

ガラガラ ピシャッ

ことり(さて、聞き耳でもたててようかな)ピト
39: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 01:59:56.08 ID:GALLM7yR.net
~~

海未(穂乃果と浮気……考えられませんよねぇ)

海未(そういえば浮気って、するにしても相手に慕われていないと成立しませんし)

穂乃果「うーみーちゃーんっ」ギュウゥ

海未「なんですか?手を動かして下さい」

穂乃果「いけずぅ!もっとデレてよーそんで全部代わりにやってよー」

海未「バカなこと言ってないでちゃんとやりなさい」ペシッ

海未(私の中でことりは別格として……穂乃果も可愛いんですけど、違う類の可愛いさなんですよね。例えるなら動物とか子供のような)ジー

穂乃果「……?ほのかの顔に何かついてる?」

海未「い、いえっ!」

穂乃果「変な海未ちゃん」
40: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 02:02:53.26 ID:hl+RhViT.net
カキカキ カキカキ

穂乃果「うーん…」

海未「…」チラッ

海未(よく抱きついてきますし嫌われてはいないと思いますが、私に恋愛感情を抱いてるとかは有り得ませんよね)ジー

穂乃果「あっ!ここがわかんないんだよ」ズイッ

海未「どれどれ…あぁ、ここは昨日の公式を…っ///」ドキッ

海未(顔が近い…あれ?意識してたから少し変な気持ちに)

海未「…おちつきましょうおちつきましょう」ブツブツ

穂乃果「ん?昨日習った公式を使えばいいの?」キョトン

海未「…はい」

穂乃果「う~…こうかなぁ?」
41: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 02:05:03.77 ID:kEMBhdKU.net
海未「……ここ」チョン

穂乃果「え?……あっ」カキカキ

穂乃果「できたぁ!これであってるよね!?」

海未「えぇ」

穂乃果「やったー!ありがとう海未ちゃん♪」ギュウゥ

海未「ちょっ苦しいです!///」

穂乃果「これで練習に出られる!」

海未「ひ、人の話を聞きなさいっ!」

穂乃果「んもーほのか頑張ったんだからもっと褒めてよ」シュン

海未「…偉いです。穂乃果にしてはよく頑張りました」

穂乃果「そうだよね!じゃあご褒美にいいこいいこして?」

海未「ぐっ////」

海未(頭を撫でるくらいなら浮気になりませんよね…いや、浮気でもいいんですけど…)ナデナデ

穂乃果「……えへへ、嬉しいな////」ニコニコ


ことり「」ソー

ことり(あぁ~あんなに親密そうに…!!!)ゾクッ

ことり(やめて海未ちゃん!ことり以下の子に触らないでぇーーー!!!)ハァハァ
45: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 02:42:26.19 ID:pRnREP9/.net
うひゃー間違えた!

ことり以下→ことり以外

疲れてるみたいだから続きは明日です
44: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 02:40:46.28 ID:pRnREP9/.net
真姫「ことり?教室の前で何してるの?」

ことり「……真姫ちゃんこそどうしたの?」ニコニコ

真姫「練習の前に海未に詞の解釈の確認をしようと思って。それでことりは何してるの?」

ことり「そういえばこの間海未ちゃんがね、真姫の作曲はどれも私のイメージにぴったりなんですって褒めてたよ♪あと真姫ちゃんのこと可愛いって言ってた」

真姫「ふ、ふーん///」

ことり「……」ニコニコ
55: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:30:20.64 ID:7SIQDMQ5.net
真姫「……」

真姫(…海未が私のことを可愛いって言ってたとか……嬉しい!///)キャー

真姫(結構私、海未のこと気に入ってるのよね)ウフフ♪

真姫「さて…」ガラッ


海未(思えば、私は普段から穂乃果に強く当たり過ぎですよね。ことりの手前もあって過度に厳しくしてしまう節もありましたし…)ナデナデ

穂乃果「~♪」ニコニコ

海未(頭を撫でてるだけなのにこんなにも喜んで……かわいい…)ナデナデ

穂乃果「ほのかえらい?」

海未「とても偉いですよ~」ナデナデ

真姫「…」
56: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:32:01.72 ID:7SIQDMQ5.net
真姫「…お楽しみところ悪いんだけどちょっといい?」

穂乃果「あっ真姫ちゃん」

海未「えっ!?真姫!」バッ

真姫「海未、この間の詞の確認をしておきたいから」

海未「あああ!そうでしたか!」

ー音楽室ー

海未「いやー私も丁度真姫のところに伺おうと思っていたんですよ」

真姫「あっそ。悪かったわね邪魔しちゃって」ツン

海未「邪魔だなんて!ただ穂乃果の宿題を見ていただけですから」

真姫「そうだったの。その割には穂乃果の頭撫でながらすっごくデレデレしてたけど」

海未「なっ!?そんなこと…///」

真姫「少しは気をつけなさいよ。メンバー以外の子にバレたら一大事よ」

海未「はい……いやいやバレたらって!やましいことは何もないですし!」
57: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:33:41.88 ID:7SIQDMQ5.net
真姫「どうだか……ま、どうでもいいわ。この部分弾くから聴いてて」スチャ

真姫「ー♪ーー♪ー♪」

真姫(別に海未と穂乃果が仲良しなのは今に始まったことじゃないしショックじゃないし)ズーン

海未「……」フム

真姫(それでも…ふたりっきりであんな…)

真姫「ー♪ーー♪」ズズズズーン

真姫「……こんな感じかしら」

海未「哀愁漂うメロディライン……まさに私のイメージにぴったりです!」

真姫「そう」

海未「素晴らしいですよ!ありがとうございます」ニコッ

真姫「……海未の詞がなかったら曲は作れないんだからお互い様でしょ」
59: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:37:07.83 ID:lTF9o/EH.net
海未「ふふっ、真姫はいつも私の理想通りに再現してくれるのでびっくりするんです。私達は感性が似ているのかも知れませんね」

真姫「…どうかしら」プイッ

真姫(あ~私かわいくない!海未が気をつかってくれてるのに気の利いた返事の一つもできないし…)

真姫「はぁ…」

海未「……」

海未「あの、気になってたんですけど…もしかして元気ないですか?」

真姫「そんなこと……あるかもね」

海未「では」ナデナデ

真姫「!」ビクッ

真姫「なによ」ムッ

海未「真姫が少しでも元気になればいいなと」ニコッ

真姫「っ!穂乃果にしてたのの二番煎じじゃない///」

海未「はい。穂乃果がすごく喜んでくれたので」ナデナデ

真姫「なにそれ…///」
60: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:38:12.50 ID:iZ9nE2H7.net
海未「穂乃果には宿題を終らせたご褒美だったんですけど」

海未「真姫には素敵な曲を作ってくれたお礼として、という所でしょうか」フフッ

真姫「海未…」

真姫「ごめんなさい。私、ふたりが仲良くしてるのが羨ましくて嫉妬してたの…子供っぽいわよね」

海未「えっ?そうだったんですか!?」

真姫「だって…あ、頭撫でるとか、普通しないわよ!///」

海未「そうですねぇ。穂乃果は少し子供っぽいところがありますから」

真姫「海未だって満更でもなさそうだったわよ?」

海未「ま、まぁ…でも私、今もすごくだらしない顔していると思いますよ///」ナデナデ

真姫「えっ///」ドキッ

真姫「……恥ずかしくて見れないわよ///」プイッ

海未「えぇ…私も見られたくありません///」
61: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:39:52.89 ID:iZ9nE2H7.net
海未(そういえば…真姫と浮気は難しそうですね。なんだか相手にされなさそうです…)

真姫(……なんか海未って誰彼構わずこういうことしてそう…無意識だと思うけど)

海未「元気になりましたか?」

真姫「なってないって言ったらどうする?」

海未「うーん……」

海未(私が元気ない時は……)

真姫「冗談よ。元気出t…

海未「真姫」ギュッ

真姫「!?」

海未「穂乃果とことりは幼馴染ですが、もはや真姫もふたりと同等に大切な存在なんですよ。それは穂乃果とことりも同じ気持ちだと思います」ギュー

真姫「ヴぇっ…っ…!?!?/////」
62: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:40:19.38 ID:iZ9nE2H7.net
海未(ことりがこうやって抱きしめながら励ましてくれたことがありました)

海未「嫉妬なんてする必要ありませんよ。撫でて欲しくなったらいつでも言ってください」ナデナデ

真姫(恥ずかしくて死ぬ……)

真姫「」プシューッ

海未「……真姫?」

ー音楽室の掃除道具入れー

ことり(…ここにきて天然タラシ炸裂かぁ)ジーー

ことり(欲を言えば海未ちゃんからのアクションじゃなくて、相手からの好意に耐えきれず陥落する海未ちゃんってシチュエーションのほうがNTR好きにとってはおいしいんだけど…)

ことり(意外とありだよ♪)ハァハァ
64: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:49:49.96 ID:iZ9nE2H7.net
ー部室ー

希「やっぱりチョコボールはピーナッツにつきるなぁ」モグモグ

にこ「いやキャラメルでしょ」

絵里「私は両方好きよ」

ガラッ

海未「すみません遅くなりました」

ことり「ふたりとも遅かったねー」ニコニコ

海未「…」

真姫「あれ?花陽と凛は?」

穂乃果「まだ来てないんだよ~」

ことり「どうしたんだろう」モフモフ

ねこ「ニャニャー」

海未「ことり、その猫は?」

ことり「さっきお友達になったの♪」
65: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:50:57.40 ID:iZ9nE2H7.net
にこ「なんで校内に猫が居るのよ」

海未「そういえば凛が昼休みに猫を追いかけていたらしいです」

真姫「あー追いかけてたかも」

希「きみ、チョコボール食べる?」

ねこ「ニャー!」

絵里「ダメよ希」

穂乃果「そうだ!お手っ!!!」パッ

ねこ「」ゴロゴロ

海未「犬じゃあるまいしお手が出来るわけないじゃないですか…」

穂乃果「えー!そうなのかなぁことりちゃん」

ことり「どうだろうねぇ~」ナデナデ

真姫「可愛いわね。キレイだし飼い猫なのかしら…よっ」グッ

真姫「メス猫ね」

ことり「女の子なんだぁ…じゃあ海未ちゃんもよしよししてあげて?」

海未「はぁ」ナデナデ

ねこ「ニャー♪」スリスリ

穂乃果「海未ちゃん気に入られてるよ!」
67: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:54:30.95 ID:iZ9nE2H7.net
海未「可愛いですねぇ♪」ナデナデ

ねこ「ニャー///」スリスリ

海未「あはは、くすぐったいですよ」ナデナデ

ねこ「ニャアァン////」

ことり(猫の癖して海未ちゃんに発情してるよ…これが本当の泥棒猫ってやつだね)ハァハァ
71: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 19:36:47.96 ID:HJqgA0Df.net
ガラッ

花陽「大変です!!!」

穂乃果「どうしたの!?」

花陽「誰かたすけてー!!!」

絵里「お、落ちついて花陽。何があったのか話して?」

花陽「凛ちゃんが…凛ちゃんがぁ…」グスッ

ー保健室ー

凛「げほっ…ごっほぉ…」

穂乃果「凛ちゃん大丈夫?」サスサス

凛「ツライにゃ……ごほっ」

海未「これは…」

真姫「猫アレルギーね」

花陽「ずっと猫を追いかけてたから…」グスッ

ことり「もしかして部室にいた猫ちゃん?」

希「ぽいなぁ…カードも告げとるわ」ピラッ
72: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 19:37:57.35 ID:HJqgA0Df.net
凛「あの猫は迷子なんだにゃ…飼い主さんのところに連れて行ってあげないと……あああ喉が痒いよおぉー!」ガリガリ

絵里「酷い症状…とてもじゃないけど練習には出られそうもないわね」

にこ「今日はもう帰りなさい。家で安静にしてたほうがいいと思うわ」

凛「そんなぁ~…ヘックチ!」

穂乃果「うん、無理しないほうがいいよ」

ことり「そうだね…海未ちゃんが送って行ってあげたら?」ウインク

海未(きた…)

花陽「あ、それなら私が送って行くよ!」

真姫「そうね。そのほうがいいかも」

穂乃果「うんうん!」
73: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 19:44:56.24 ID:E3Yu4DUX.net
海未「いや……生徒会副会長として私が送ったほうがいいでしょう」

穂乃果「それなら生徒会長のほのかが行くよ!」

海未「あなたはμ'sのリーダーでしょう?抜けてはいけませんよ」

穂乃果「そっかぁ」

絵里「そうと決まれば練習に行くわよ。海未、宜しくね」

海未「はい」

ことり(…しまった!練習に出なくちゃいけないからストーキングできないよぉ)

ことり(まぁいっか。凛ちゃん苦しそうだし、そんな場合じゃないもんね)
82: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 02:35:16.81 ID:QqSaLivo.net
~~

海未(凛は浮気の候補外でしたね…正直メンバーの中では1番なさそうです)

海未(今朝ことりが言っていたように分類するとしたら『意外性のある人』にあたるでしょう)

凛「…休んだら少しはマシになったにゃ」ムクリ

海未「それはよかったです」ニコッ

凛「ごめんね、迷惑かけちゃって」

海未「迷惑などではありませんよ」

凛「海未ちゃんは優しいにゃー」ニコッ

海未「凛…」

凛「早く行こう!海未ちゃんの練習時間がなくなっちゃうよ!みんなも海未ちゃんがいないと困るにゃ!けほっ」

海未(なんと健気な…)ジーン
83: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 02:36:32.38 ID:QqSaLivo.net
海未(私はこんなに弱っている人に対して浮気がどうなどと……ことりに毒されて色ボケかましている場合ではありませんね)

海未「凛、あなたのことは私が責任をもって送り届けます!」ガシッ

凛「わっ気合い入ってるにゃ~……じゃあひとつお願いしてもいーい?」
84: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 02:37:13.01 ID:QqSaLivo.net
ー屋上ー

絵里「まずは各自ストレッチよー」

希「あそーれ!」グイイィ

にこ「ギブギブ!痛いっ!あんたそれ全体重乗っけてるでしょおお!!?」

希「ことりちゃんを見習い!ぺったんこやで?」グイイィ

にこ「あだだだぁあぁ!!!」メキメキッ


ことり(はぁ~海未ちゃんいないと寂しいなぁ~ことりが推薦したんだけどさ~)ペター

穂乃果「凛ちゃん大丈夫かなぁ」グイグイ

ことり「明日は一緒に練習出られるといいよねぇ」

穂乃果「ねっ!…そろそろ交代しよ!」

ことり「うん」スクッ

ことり「ぬっ!?」ガーン
85: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 02:38:26.10 ID:QqSaLivo.net
穂乃果「ことりちゃん?どうしたの?」

ことり(フェンス越しに見える!校門へと向かって歩く海未ちゃん達が…!)シュバッ

穂乃果「ことりちゃーん?ストレッチはー?」

ことり「ごめんちょっと待って穂乃果ちゃん今それどころじゃないんだよ」フェンスガシッ

ことり( あああ……海未ちゃんは凛ちゃんを気遣うようにそっと寄り添って…凛ちゃんは海未ちゃんに心配をかけじと弱々しくも笑顔を絶やさず…)

ことり(仲睦まじく何を話しているんだろう…聞きたい……よもや愛の言葉でも囁き合っているのではなかろうか……)

絵里「ことりー何してるの?始めるわよー!」

穂乃果「ことりちゃーん?」

ことり(ただひとつ、はっきりしていることがあるよ…)グググ

ことり(真の泥棒猫は星空凛だ…本物の猫でカモフラしたってことりにはお見通しだよ…!どうして…)プルプル

ことり(どうして私の海未ちゃんとお手々を繋いでいるのかなあ……!!?)ハァハァハァ
87: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 02:39:43.78 ID:QqSaLivo.net
ーー

凛「海未ちゃんの手ぇ冷たいね~」ニギニギ

海未「凛の体温が高いのでしょう。少し熱があるのでは?」

凛「そうかも。なんかふわふわするにゃ~」

海未「…ふらふらの間違いじゃないですか?」

凛「そっかぁ」ニコニコ

海未「ふふっ、まったく…なにやらご機嫌ですね?」

凛「だって海未ちゃんがりんのお願い聞いてくれるなんて思わなかったんだもん♪」ギュッ

海未「そうですねぇ…」

凛「もしかして特別?」

海未「特別…かもしれませんね」 

凛「やったぁ♪」

海未(………)
100: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 16:49:58.52 ID:hcRUGGZq.net
~~

凛「っあー鼻水とまらないよ」ズズッ

海未「これに懲りたらもう猫には極力近づかないことです」

凛「えー!!!」

海未「当然です!みんながどれほど心配していることか!特に花陽なんて物凄い慌てようだったんですよ?」

凛「うん…」

海未「アレルギーは最悪人を死に到らす場合もあると聞きますし」

凛「うん…」ガックリ

海未「……」

海未「なので…これからは猫と遊んだあとの手洗いうがいを徹底することです」

凛「え!…うんっ!!!」パァアア

海未(私も甘いですねぇ)
101: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 16:50:34.68 ID:hcRUGGZq.net
凛「よかったーこれからも遊んでいいんだー♪」

海未「いいですけど、症状が出たらすぐに休憩すること!それに…」クドクド

凛「あっ!こっちだよ!」グイ?ッ

海未「はあっ!?凛の家はそっちじゃないでしょう!?」

凛「いいからこっちー!……ほら!」ビッ

海未「貼り紙?……猫を探しています…?」

凛「この写真の猫に見覚えない?」

海未「えと…この猫が学校に居た猫だということですか?」

凛「そだにゃ!」

海未「うーんそう言われてみれば確かに似てなくも…」
102: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 16:52:31.98 ID:hcRUGGZq.net
凛「ねーねー喉が乾いたにゃ」

海未「……自由ですねぇ…」ハァ

凛「それになんだかふわふわするよぉ~」フラフラ

海未「!それはふらふらでは!」

凛「ふにゃ~…」ヘニャ

海未「些か不自然ではありますが丁度ベンチがあるので休んでいて下さい!私は飲み物を買ってきますから!」

凛「うん…」

海未「あの……手を離して頂かないと買いに行けません」

凛「やだよぅ…離れたくないにゃ」ギュー

海未「」ドキッ

凛(風邪ひいてるからかなぁ。なんだかとっても心細いにゃ~…)
103: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 16:57:46.79 ID:hcRUGGZq.net
海未(潤んだ瞳…熱い吐息…普段とのギャップが堪りません…)グッ

海未(って私はなんてことを!!!ことり以外の方にこんな感情を抱いてはなりません!!!)ブンブンッ

凛「海未ちゃん…?」

海未「……少しの間ですから待っていて下さい」

凛「ほんと?りんのことおいてかない?」

海未「当たり前です!待っていて下さいね。すぐに戻ってきますから」

凛「うんっわかったよ」パッ

海未「」シュバッ

海未(ことりことりことりことりことりことり)
109: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 20:46:05.65 ID:3vFXbgvg.net
海未(ことりのせいです…浮気しろなんて言うから私の心も浮ついて)バリバリッ

海未(私はことり以外の人なんて見たくなんてないのに )ピッ

ガシャンッ 

海未(………もう本気でしてやろうかしら)
118: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 12:54:14.98 ID:jp+zmKv5.net
~~

海未「お待たせしました!はい、スポーツドリンクです」

凛「ありがとう~」グビグビ

凛「」プハッ

凛「生き返ったにゃ~」スクッ

海未「大丈夫ですか?歩けますか?」

凛「あるける!」

海未「では行きましょう。凛の家まであとちょっとですから頑張ってくださいね!」

凛「うんっ」

凛(あ…手…)チラッ

海未「?」

海未「どうかしました?」

凛「なんでもないにゃっ!」フルフル
119: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 12:55:38.14 ID:Cg1G56GC.net
海未「そうですか。無理せずになんでも言ってくださいね?」

凛「うん」

海未「おっと、また手を繋いでおきましょうか」ギュッ

凛「!」

凛「さすが海未ちゃんにゃ~」ニコニコ

海未「ふらふらしていて危ないですから」

凛「凛知ってるよ。ずっと海未ちゃんが車道側歩いてるから凛はひかれないにゃ」

海未「万が一ということがあります」

凛「そうだね!」

海未「そうです」
120: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 12:56:53.64 ID:Cg1G56GC.net
凛「…じゃあね~、こうがいい」ギュゥ

海未「!?」

海未「ま…まぁなんでもいいですよ///」

海未(こ、恋人繋ぎですか……)

凛「こっちのほうが寂しくないにゃ」ニギニギ

海未「寂しかったんですか?」

凛「うん」

海未「身体が弱ると心も弱りますからね」

凛「そうなの?」

海未「そうですよ。そういう時は周りに甘えてしまえばいいんです」

凛「そうなんだ!!じゃあもっと海未ちゃんに甘えてもいいってことー!?」パァアア

海未「…はい」
124: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 13:18:14.72 ID:jjJ5uiSx.net
~とんで凛ちゃん家の前だよ~

凛「海未ちゃん海未ちーゃん♪」スリスリ

海未(道中ずっとこんな様子で……私はもう骨抜きです…)フニャフニャ

海未「ほら、つきましたよ」

凛「あ……」シュン

海未「大丈夫ですか?」

凛「うん!ごめんね、りんわがままいっぱい言っちゃった…」パッ

海未「…自分の気持ちに素直に従って言葉や行動に移せるのは凛の良いところだと思いますよ」

凛「でもでも、ちょっと調子に乗って甘え過ぎちゃったにゃ…迷惑だったよね」シュン

海未「いやっ…か、可愛かったです…よ///」

凛「かっ…///」

海未「…///」

凛「……なんだか熱が上がった気がするよぉ…///」

海未「あぁーっと!///悪化するといけません、早く家で休んでください!」
125: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 13:36:09.05 ID:R485qgdj.net
凛「まって!その前に…」ダキッ

海未「わっ!!なんですか!?」
 
凛「う~~」ギューーーーー

凛「にゃ~~~」グリグリグリ?

凛「………よしっ充電完了!ありがとう海未ちゃん!」パッ

海未「……ちゃんと温かくして寝るんですよ?」ワシャワシャ

凛「えへへ///うんっ!じゃあね!」

海未「えぇ…また明日…」


バタンッ



海未「…」orz
127: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 13:48:15.07 ID:l60i1no8.net
~~

ことり(海未ちゃんが遅い…どこで何してるの…?)

ことり「気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる……」ブツブツ

絵里「ことりの様子がおかしい…」

穂乃果「よし!気にせず練習しよう!」

絵里「そ、そうね!じゃあいくわよ、ワン・ツーワン・ツー…!」

ことり(はぁ~…この焦燥感もNTRの醍醐味だよね。ほんと溜まらない)ゾクゾクッ

ことり(凛ちゃんてば恐ろしい子っ…!猫のくせにダークホースだったなんて…!!!)ワンツーワンツー
132: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 14:45:13.07 ID:0mqtY+pY.net
ガチャ

海未「只今戻りました」

ことり「海未ちゃん!」

海未「……」プイッ

ことり「っ!」ゾクッ

ことり(この反応…ことりのNTRスカウターにビンビンきてるよぉ…)ハァハァ

穂乃果「おかえりー凛ちゃんはどうだった?」

海未「少し熱があるようでした」

花陽「えぇー!心配だよぉ…」

真姫「そうね…」

穂乃果「明日来られるかなぁ」

海未「早く元気になるといいですね。ライブも近いですし」

絵里「そうね…じゃあ海未は軽く準備体操してから混ざってね」

海未「はい」
133: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 14:46:17.30 ID:0mqtY+pY.net
ことり「…」トコトコ

海未「……」プイッ

ことり「ねぇ海未ちゃん、ストレッチ手伝おうか?」

海未「……いえ、結構ですよ。ことりはそのまま練習を続けて下さい」

ことり「…そう…」ニコニコ

海未(なんでそんな嬉しそうな顔をするのですか…)チクッ

ことり(やっぱり凛ちゃんと何かあったんだね)

希(……ほほう…)ピーン
139: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 15:20:33.13 ID:w+AErWUs.net
ーーーー
ーー

海未「ワン・ツーワン・ツー!花陽と穂乃果、遅れてますよ!」パンッパンッ

花陽「はいっ」

穂乃果「ひぇー」

ことり(ことりもめちゃくちゃ遅れてるのに……海未ちゃん全然見てくれない…)

海未「ワン・ツーワン・ツー…」

希「やっ!?」グキッ

バタンッ

穂乃果「わわっ!みんなすとーっぷ!」

絵里「希!」

花陽「だ、大丈夫?」オロオロ

希「いたた…ちょっと捻っただけ。別に大したことないよ~」

にこ「医者のはしくれ、どうなの?」

真姫「まぁ……捻挫でしょうね」
140: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 15:21:17.51 ID:KDFAfwOL.net
希「ごめんごめん、再開しよ♪」スクッ

絵里「駄目よ!念の為冷やしておいたほうがいいわ」

希「大袈裟だってば~、ほら!続きやるで!」

絵里「でも…」

ことり「希ちゃん、ちょっと座ってみて?」

希「ん?」

ことり「足見せてね」

ことり「」クイッ

希「痛たたぁっ!!あ」

ことり「ごめんね、でもこれはテーピングしたほうがいいよ」

穂乃果「無理しちゃダメだよう」

希「…だってライブ近いし……」

海未「ならば尚の事、早く治すために処置したほうがいいでしょう」
141: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 15:22:23.26 ID:ZZzIdNHs.net
絵里「海未、悪いけど保健室に連れて行ってあげて?」

海未「はい。わかりました」

ことり(本格的なテーピングができるの海未ちゃんだけだもんね……実はことりも保険委員だからできるけど♪)

希「悪いなぁ、よいしょ」

海未「あっ、待って!あまり足を動かさないように」

希「え?でも保健室行かないと…」

海未「……よっと」グッ

希「ひゃっ!」

穂乃果「うおっ!海未ちゃん凄ぉ!」

希「ちょっ海未ちゃん!?恥ずかしいやん…!///」アセアセ

海未「すみません。その状態で歩かせる訳にはいかないので…少々我慢して下さい」

絵里「ハラショー…」
142: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 15:24:32.37 ID:PfPVo7lW.net
ことり(あぁああぁあ!!!!!彼女の前で他の子をお姫様抱っこするなんて最っっ低!!そんでもって最っ高おおぉーーっ!!!)ハァハァハァ

海未「では保健室に行ってきますね」

~~

希「ねぇ海未ちゃん……重いやろ?無理しなくてもいいよ?」

海未「いえ、鍛えていますから」ニコッ

希(も~恥ずかしい!こんなことならせめて…今朝あんなに食べるんやなかったああー!!!///)

\キャーキャー!/   \ナニアレ!スゴイ!/
  \ステキ!/ \ソノダセンパイカッコイイ!!/

希(めっちゃ黄色い歓声があがっとるし……)
143: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 15:25:38.36 ID:PfPVo7lW.net
ー保健室ー

海未「どうぞ、この氷でしばらくの間冷やしていてください」

希「ありがとう…」

希(あー恥ずかしかった。まだ顔が火照ってるよぉ…しばらく校内歩くのキツいな…)ピト

海未「……」ジー

希「な、なに?」

海未「あの…足を冷してもらいたかったのですが…」

希「え?……あっ!////」

希(そうだよね…間違えて顔冷やしてしもた…///)

海未「……ぷぷっ!あれ、意外と天然ですか…?」

希「ぐぅ…海未ちゃんに言われるのは悔しいわぁ」
144: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 15:27:04.31 ID:PfPVo7lW.net
海未「いやいや、私は天然ではありませんから」

希「あれー?その天然ボケで一体何人の女の子が犠牲になったんですか?」

海未「なっ、また訳のわからないことを…!」

希「あー焦ってるー♪海未ちゃんかーわいい♪」

海未「はぁ…結局は私がイジられるんですね…」

希「ふふっ。ごめんね?練習時間割いてしもて…」

海未「気にしないで下さい。希の足のほうが大切です」
148: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 16:13:32.75 ID:9U0nV0Fe.net
希「嬉しいこと言ってくれるなぁ」


希「…そういえばさー」

希「ことりちゃんと喧嘩してるやろ~」ニヤニヤ

海未「なっ!?何故…そう思うのですか?」

希「見てたらわかるって♪海未ちゃんがいない間、ことりちゃんおかしかったし」

海未「えっ?」

希「うわの空って感じだったよ」

海未「そうでしたか…希には隠し事できませんね」

希「やっぱり…ケンカはあかんでー?」

海未「いやぁケンカと言いますか…」

海未(希は私達が付き合っていることを知りませんし、まして浮気を頼まれているなんて言えるはずがありません…)

希「違うん?珍しいもんね、ふたりがケンカするなんて」

海未「あはは…そ、そろそろテーピングしましょうか!」

希「あ、うん」
149: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 16:14:08.76 ID:9U0nV0Fe.net
海未「失礼しますね」

海未「」グルグル

希(足触られるのってなんとなく恥ずかしい…)

海未「きつめに巻いてますけど痛くはないですか?」

希「うん。大丈夫よー」

海未「わかりました」グルグル

希「手際いいなぁ~」

海未「」グルグル

海未「希って脚綺麗ですね」グルグル

希「そうかな?」

海未「はい。女性らしくていいなぁと…あ、脚だけじゃないですけどね」

希「…いやん♪なんかそれやらし~!海未ちゃんうちのことをそんな目で見てたん?」

海未「な、違っ!変な意味じゃないです!!」

希「あはは、冗談♪」

海未「まったくもう…///」

希「はは、ごめんごめん」

希「…あとありがとう///」ボソッ
150: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 16:29:36.24 ID:p8+6jomS.net
海未「?何か言いました?」

希「なんでもないよ♪」

希(いやーすごいなこの子…お姫様抱っこしたり、ちょくちょくキザなこと言うたり…)

海未「よし、できました!」

希「おーガチガチや」

海未「これで安静にしていればすぐに良くなると思いますが、念の為今夜はお風呂で浸からないようにしてください」

希「ありがとう」

海未「いえいえ、では屋上に戻りましょうか」

希「…帰りも抱っこしてくれるん?」ニヤニヤ

海未「え、希がそのほうが良いならいいですよ?」
151: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 16:37:48.41 ID:p8+6jomS.net
海未「私としてもそのほうが」

希「えっ?」

希(じゃあ……ってうちは何を馬鹿なことを!!!)ブンブンッ

希「だ、だめだめ!恥ずかしいもん!」プイッ

海未「そうですか…残念です」

海未(結構いいトレーニングになるんですけどね)

希「でも…その…また今度して欲しい、かな…」

海未「はい、喜んで」ニコッ

希(…どうせ筋トレになるとかそういう理由なんやろね…天然は本当にタチが悪いと思うわ)



希(…痩せよ…///)
164: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 01:37:24.17 ID:NDIH59gK.net
希「じゃあ戻ろ?」

海未「えぇ」

海未(…はぁ…ことりと顔を合わせたくありません…)

希「…」モミモミ

海未「希?」

希「お客さん凝ってますねぇ~」モミモミ

海未「はぁ…気持ちいいですけど」

希「海未ちゃん疲れた顔してるから。肩の力抜いて、な?」

海未「…はい」

希「はやく仲直りできるといいね」ナデナデ

海未「……」コクン
165: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 01:38:28.13 ID:EDFvLSrj.net
~屋上~

穂乃果「休憩のあと最後に一曲通して締めようか」

海未「そうですね。凛と希はいませんがいると想定して、各自距離感に気をつけましょう」

希「ごめんなぁ。うちは外から見て粗探しでもしとくわ」

にこ「頼むわよ希!まぁにこにーの華麗なパフォーマンスに粗なんてn

穂乃果「じゃあ休憩~疲れたー!」

にこ「ちょっと!まだ人が喋ってるでしょうg

海未「にこはサビの手前でたまに遅れることがあるので気をつけて下さいね」

にこ「…はい」


真姫「ふぅ。やかましいのがいないから休憩中もゆっくりできるわ」

花陽「そうだね。寂しいよね」

真姫「うん」

花陽「練習終わったらお見舞いに行こうかな…」

真姫「私も行っていい?変なもの食べないよう注意しとかなくちゃ。ラーメンは消化が悪いんだから」
166: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 01:39:47.49 ID:casWJqJU.net
絵里「帰ったらちゃんと病院に行くのよ?」
 
希「えー」

絵里「えーじゃない。癖になったら厄介なんだから 」

にこ「にこは足なんて挫いたことないにこ。日頃の行いが悪いから足を挫くにこ」

希「にこっち?両手は健在なんやで?」ニコニコ

にこ「だ、だからなんだって言うのよ…!」

希「ほれほれほれぇ!」ワシワシワシワシワシ

にこ「いやぁあああ!!!」


海未「あの人達のは全く休憩になっていませんね…」

ことり「仲良しさんだね♪海未ちゃんは保健室でワシワシされなかったのかな?」ニコニコ

海未「…されてませんよ」

穂乃果「ねーねー!今日帰りにクレープ食べ行こうよ!」

ことり「いいけど~…クレープは昨日も一昨日も食べたよ?」

穂乃果「じゃあ今日はガストでパフェにしよう!」

ことり「賛成♪いいよね海未ちゃん?」

海未「もちろん……あの、ことりちょっといいですか?衣装のことで相談があります」

ことり「えー?なにかなぁ♪」
169: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 02:01:57.28 ID:FldY/oa8.net
海未「経過報告を」

ことり「わぁ!わくわく♪」

海未「……残念ながら誰にも何もできませんでした」
 
ことり「ふぅーん」

海未「それにはっきりと判りました。申し訳ないですが、やはり私に浮気はできません」

ことり「……あれあれぇ?おかしいなぁ~」

海未「…なにが?」

ことり「だってことり見てたよ?膝まくらしてもらったり、頭撫でたり、抱きしめたり、お手々繋いだり」

海未「や…やめ…」フルフル

ことり「けっこう海未ちゃんもノリノリなのかと思っt

海未「やめてくださいっ!!!!」

ことり「どうして?責めてるわけじゃないんだよ?ことりは嬉しいのに…」

海未「嫌なんです!!!!」
170: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 02:17:45.94 ID:DRiaBMwg.net
海未「なんで嬉しいんですか!?頭おかしいですよっっ!!!」

ことり「……」

海未「私は…私はことりに浮気されるのなんて絶っっッッっ対に嫌です!!!ことりのことが好きですから!!!私以外の人に触れて欲しくありませんから!!!!!」

ことり「……」

海未「はぁ…はぁ……NTRなんて理解できません…」

ことり「あ、あはは……ほらね…?だから言ったんじゃん…別れようって…」
171: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 02:23:42.14 ID:DRiaBMwg.net
海未「だって…別れたくないから…」グスッ

ことり「どうしようもないんだよ。ことりも海未ちゃんのこと好きだもん。だから寝取られたいんだもん……」

海未「うぅ……」ダッ

ことり「あっ…海未ちゃん!!!」
178: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 14:54:57.83 ID:jZaRcLTA.net
~~

海未「うっ…ぐひっ……」グスグス

海未(ことりのことを否定してしまいました…)

海未(それに…浮ついていた所をことりに見られていたなんて…!!!)

海未「あぁぅ……うぐっ……っ」

海未(ことりが寝取られなんて奇妙な性癖じゃなければこんなことにはならなかったもん!!!)

海未「…っ……ふぇえ…」グスッ


絵里「う、海未!?」

海未「えりっ!?…なんでもありま、せ……ヒック…」

絵里「そんなはずないじゃない…」ダキッ

海未「なんでも…うぅ……うぇええぇん…!」ヒックヒック

絵里「……」サスサス

絵里(泣いてる海未…可愛いわね…///)ドキドキ
179: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 14:55:40.81 ID:jZaRcLTA.net
ーーーー
ーー

絵里「落ち着いた?」

海未「はい……すみません…」

絵里「よかった…」

海未「休憩、終わったんですよね…」

絵里「そうそう。練習再開しようとしたら海未とことりがいないってなって探しに来たのよ」

絵里「……ことりと何かあった?」

海未「…!」ジワッ

絵里「あっいいのよ!話したくないのなら無理に話さなくても…」

海未「……」

絵里「……ことりと何かあったのね?」

海未「…!」ジワジワッ

絵里「うそうそ!詮索はしないわよ!」

海未「……」ゴシゴシ

絵里(可愛い///)ドキッ
180: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 14:58:23.55 ID:jZaRcLTA.net
海未「あの…」

絵里「はいっ!?」

海未「練習は…」

絵里「今日はもう終わりにしましょう。凛と希もいないし、天気も悪くなってきたから 」

海未「すみません…」

絵里「別に海未のせいじゃないわ。…その様子だと部室に戻るの気まずいわよね?時間置いて戻りましょうか」

海未「…」コクン

絵里「私は先に戻ったほうがいい?」

海未「…」チョイ

絵里(裾掴まれてる!)ズキューン

海未「……絵里に話を聞いてもらいたいです…」

絵里「えぇ、是非聞かせて。海未の力になりたいから」ナデナデ

海未「ありがとう…でも…優しくされたらまた泣いちゃいそうです」ジワッ

絵里(…こ…こりゃダスビダーニャだわ///)

海未「すみませんわたし…1回泣いたら止まらなく…ふぇぇ…」グスンッ

絵里(泣き海未……新境地ね…)
184: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 15:22:05.60 ID:GEPfM3VE.net
~部室~

真姫「海未ちゃんどうしたんだろう…ことりちゃんも元気ないし…」コソッ

にこ「また留学がどうとか言い出すんじゃない…?」コソッ

花陽「えええぇえー!!!」

希「それはないと思うけど…二人共心配やね」


穂乃果「ことりちゃん…海未ちゃんと何があったの?」

ことり「…ガストで話すよ…」

ことり(あーあ…海未ちゃんに嫌われちゃった…)

ことり(これで良かったんだよ。ド変態なことりなんかと…可愛くて格好良くて強くて優しくて完璧な海未ちゃんが釣り合うわけないんだもん)

プシュッ♪

にこ「何よ今の音」

希「メールやで」ピコピコ

希「あ、海未ちゃんはエリチとおるみたい」

穂乃果「そっか…それなら安心かな」



ことり(はぁ………興奮しちゃう自分が恨めしい…)ワクワク
194: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 05:35:26.71 ID:/f+SixFF.net
~屋上~

絵里「よかった。もう誰もいないわ」

海未「…」シュン

絵里「どうかした?」

海未「……もしかしたら…これを話すことで私達の友情は終わりになるかも知れません」

海未(ロシアでは同性愛への風当たりが特に強いですからね…絵里が異性愛至上主義だったら……)ジワッ

絵里「何言ってるの!!私が海未のことを見放すなんて有り得ないわ!!」

海未「絵里…」グスッ

絵里(友情が終わるほどの悩みって何かしら……万引きしたとか?それとも妊娠したとか…!?)

海未「……私も絵里のことを信じてお話します…実は…」
195: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 05:37:26.98 ID:/f+SixFF.net
海未「私とことりは付き合っているんです」

絵里「なる……えっ!?そうなの!?」ガーン

海未「はい……おかしいですよね、女の子同士なのに…」

絵里「いえ…そこはむしろ朗報…」

絵里(だけど……)

海未「これは前置きです。本題は、昨日ことりに_____


絵里(惜しいことしたわね)


絵里(せっかく海未が同性を好きになったのに、相手になりそこねちゃった)


__絵里はNTRってご存じですか?」

絵里「えぇ。まさにリアルタイムで体感中よ」
196: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 05:43:52.77 ID:7ZifY5+F.net
海未「はい?」

絵里「気にしないで続けて」


海未「……ことりに別れようって言われたんです

『心のどこかで破滅を望んでいる。そんな人間と付き合っていても幸せになれないから』といった理由でした

私がことりを裏切ることでしか、ことりは満足できない

だけど、私はどうしてもことりと別れたくなかったから……

今日はμ'sの皆に手当り次第接近してみたんです
ことり以外の誰かを好きになる『つもり』で
表面上だけでもことりを満足させられたらいいと思っていました…

ことりへの気持ちは永遠だと誓えるくらいの自信がありましたから、なんてことないかと

だけど辛くなって……やはり浮気はできないとことりに言いました…」

絵里(ことりヤバいわね)
197: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 05:46:01.14 ID:wS0jxfdt.net
海未「でもことりは見ていたんです。私が膝まくらしてもらったり、頭を撫でたり、抱きしめたり、手を繋いだりしていたところを 」

絵里(うわっ誰とよ…!?どうせなら私にしてくれればよかったのに…)

海未「見られていたのがショックで感情的になり、私はことりに酷いことを言ってしまいました」

絵里「…え?…どうしてことりに見られてたのがショックなの?むしろ見せつけるためにしてたんじゃないの?」

海未「…………揺らいでいた私がいるからです」

絵里「あぁなるほど。表面上のつもりが、本当のNTRになりかけていた…」

海未「その通りです…自分が浮気性だなんて認めたくないですけどね…」

絵里(この子も大概ヤバいのね)
198: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 05:48:07.75 ID:O+4SjucF.net
海未「練習中は罪悪感に押し潰されそうでことりのことをまともに見られませんでした」

絵里「どうもことりへの態度が素っ気ないと思っていたのよねぇ」

海未「ことりを1番に愛しているはずなのに、他の人になびきそうになっている己が怖くて」

海未「本当に誰かに寝取られて、ことりと別れてしまうのではないかと思うと辛かったんです」

海未「本来ならことりがNTR好きでも構わないはずなんですよ」

絵里「表面上だけ満足させてあげればいいものね」

絵里「だけど移り気な海未は表面上のつもりが本気になってしまいそうで怖いと」

海未「……」コクン

絵里「……」
199: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 05:50:16.00 ID:9XNwmoyS.net
絵里「じゃあ試してみる?」クイッ

海未「あ…え…!?」


[ 10cm ]

絵里「雰囲気に流されるのも悪くないと思うけど?」

海未「!?」ドキッ


[ 8cm ]

絵里「私、海未のことが好きなの」

海未「え…あの…冗談ですよね?///」

絵里「冗談でこんなこと言わない」


[ 5cm ]

絵里「別に2番目でもいいわ」ギュッ

海未「っ……そんな…」


[ 3cm ]

絵里「目、閉じて」

海未「あ…あっ……」


[ 1cm ]

絵里「海未…」




 
海未「だめっ!!!!!!!」ドンッ
200: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 05:53:17.91 ID:JlR+V+72.net
絵里「」ヨロッ

海未「あっ……すみません!!!」

絵里「私を突き飛ばすなんて、いい度胸してるじゃない」

海未「あの…」

絵里「……海未は浮気性じゃないわよ。真性なら私と熱いキスを交わしているはずだもの」

海未「……」

海未「…」ジワジワッ

絵里「ええっ!?ごめんね!!!泣くほど嫌だった!?!?」

海未「うぅ…よかったぁ…」グスッ

海未「わたし、ことりじゃなきゃ嫌です……ふえぇえぇえぇぇぇえ…!!」

絵里「…ふふっ…」サスサス
201: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 06:01:51.21 ID:nb1VrjRE.net
ーーーーー
ーーー

海未「すみません…また泣いてしまって…//」

絵里「いいのよ。話してくれてありがとう」

海未「絵里に相談して正解です…とても心が軽くなりました」

絵里「よかった♪根本的には解決できてないんだけどね…」

海未「いいんです。もうことりがNTR趣味でも全然平気ですから」

絵里「そうね。海未なら大丈夫!」

絵里「それにことりも海未のことが大好きなはずだもの」

海未「そうだと信じたいです。もはやNTR欲を満たすための媒体に過ぎないのかも知れませんが」アハハ

絵里「それはないわ。NTRって自分の気持ちを信用できなかったら成立しないじゃない」

海未「自分の気持ちとは…ことり自身の気持ちですか…?」

絵里「そう。ことりは海未が寝取られても絶対に海未のことを好きでいられる自信があるってこと」

絵里「ほら、両想いなんだからどうとでもなるわよ。というか付き合ってるんだから」

海未「おぉ…!!!すごい推理…とんだ名探偵がいたもんです!!!」

絵里「まぁね」フフン


絵里(……惜しかったなぁ…ちゅーしたかった…)
219: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 17:39:18.23 ID:NGeOnVfv.net
~部室~

にこ「ニコとネコ…あはっ♪キミも運命感じるよね?」ナデ

ねこ「ニ゛ャ!」シュバッ

ねこ「シャーーー!!!!」フーッフーッ

希「めっちゃ威嚇されてるやん」

にこ「さっきから仲良くしようと頑張ってるのに全然懐いてくれないにこ」

希「スピリチュアルやね」ナデナデ

ねこ「ニャー♪」

にこ「くっ…」

ガチャ

絵里「あら、なんだか楽しそうね」

にこ「もぉ!ふたりとも遅いにこ~ったく鍵が返せないでしょうが」

海未「ご迷惑をおかけしました…」ペコリ

にこ「別に迷惑じゃないけど」
220: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 17:40:15.63 ID:NGeOnVfv.net
ねこ「ニャーニャー」

絵里「この猫まだいたのね」ナデナデ

希「穂乃果ちゃん達が帰った後、にこっちが部室の隅っこに隠れてたこの子を見つけたんよ」

ねこ「!」

ねこ「ニャ~ン」スリスリ

海未「わっ…よしよし」ナデナデ

ねこ「///」ゴロゴロ

にこ「にこも…よしよーし」ナデ

ねこ「シャーーー!!!!」フーッフーッ

にこ「この変わり身の早さ……もう怒った!リアルネコ耳作るにこ!」

絵里「もう帰るけど、この子どうするの?部室には置いておけないわよ」

にこ「ふんっ。アルパカ小屋に放り込んでおけばいいのよ」

海未「それは可哀想な気が…」

希「凛ちゃんがこの子は迷子だって言ってたよね」
221: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 17:42:02.90 ID:NGeOnVfv.net
海未「あぁ、凛に連れて行かれて猫探しのポスターを見てきました。一応住所も覚えていますよ」

海未「確か……というマンションでした」

にこ「…それ私の家じゃない!!!」

絵里「じゃあ宜しくね」

希「そうやね。一件落着や」

にこ「ちょっ無理よ!?そもそも本当にこの猫なのかも怪しいし!」

絵里「もし違ったら連絡して。私達はもう帰るわ」

希「カードは大丈夫って告げてるから♪ふたりともじゃあね~」フリフリ

絵里「希、今日どこか寄って帰らない?」

希「うんっ!うちもそうしたいなーって思ってたんよ♪」

バタンッ

にこ「……」

海未「…わ、私もそろそろ帰らないと!」

にこ「海未」ガシッ

海未「……」
223: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 17:43:11.96 ID:NGeOnVfv.net
~ガスト~

ことり「穂乃果ちゃん」

穂乃果「」ポカーン

ことり「ねぇ、パフェ液状化しちゃってるよ?穂乃果ちゃんてば~」ツンツン

穂乃果「」ポカーン

ことり「もうっ!海未ちゃんとのお話してから30分くらいずぅーっとこんな状態だよ!」プンッ

穂乃果「ふたりが付き合ってたなんて…」

ことり「ごめんね?ことりがみんなには内緒にしたいって頼んだの。背徳感あったほうが燃えると思って」

穂乃果「へぇ…」

ことり「でももう全部話したよ?」

穂乃果「はい…」

穂乃果(……こんな変態と海未ちゃんが…)

ことり「こんな変態と海未ちゃんが…って思ってるよね…きっと…」

穂乃果「うん。一字一句その通りだよごめん」

ことり「大丈夫。穂乃果ちゃんに話してすっきりしたし……」
235: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 18:03:27.14 ID:J8X1hAGO.net
ことり「海未ちゃんと付き合ってたって事実だけでこの先一生興奮できると思うから、もういいんだ」

穂乃果「そんなのダメだよ!誰も幸せになれないじゃん…!」

ことり「ことりはもう幸せなんだって。ことりなんかと付き合ってたら海未ちゃんが不幸になっちゃうし…」

穂乃果「こ、ことりちゃんおかしいよ!NTRってなに!」

ことり「さっき説明したよ?好きな人が他の人に…

穂乃果「そうじゃなくて!!せっかく好きな人と付き合えたのにどうして… 」

ことり「理解できないよね。そのほうがいいよ」
242: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:18:05.01 ID:3+8xnkbD.net
穂乃果「…正気の沙汰じゃない……」

ことり「そうだねぇ」パクッ

穂乃果「くうぅ…!!のんきにチーズケーキなんて食べて……!」ワナワナ

穂乃果「憎い…ほのかはNTRが憎いよ……!!!!ことりちゃんを狂わせたNTRが…っ!!!!!」

ことり「…NTRがことりを狂わせたんじゃないよ。ことりが狂ってるからNTR好きなんだよ。NTRは悪くない」

穂乃果「キイィッ…!!!どうしてNTRの肩をもつの!?」

ことり「ふふふ……穂乃果ちゃん、ことりのこと好き?」

穂乃果「大好きだよ!!!決まってるじゃん!!」

ことり「NTRのことは?」

穂乃果「ひたすらに憎いっ!!!」

ことり「それはなんで?」

穂乃果「ほのかの大切な海未ちゃんとことりちゃんを苦しめているから!!!!!」

ことり「…………どうかな?これがNTRなんだよ」

穂乃果「えっ?」
243: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:19:30.43 ID:pPCzT0GW.net
ことり「嫉妬、憎悪、焦り、後悔……色んな感情が渦を巻いて…心の底から愛が溢れて止まらないでしょう?」

ことり「まさに今、穂乃果ちゃんはNTRっていう概念に私を寝取られたんじゃないかな」

穂乃果「!?」ドキッ

穂乃果「寝てはないけど……たしかに…NTRにことりちゃんを取られた感覚かも…」

ことり「ほら、ハァハァしない?」

穂乃果「しないよ!!!最悪の気分でしかないよ!!!!」

店員「お客様、迷惑になりますので……」シーッ

穂乃果「あっ…すみません…///」
244: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:20:36.12 ID:NgyMhLnZ.net
ことり「怒られちゃったね」

穂乃果「ことりちゃんのせいだよ」

ことり「ごめんね。でも穂乃果ちゃんがNTRに目覚めなくてよかった♪」

穂乃果「何もよくないよ。目覚めるはずがないし……ことりちゃんさぁ…本当にNTRがいいと思ってるの?」

ことり「もちのろん」

穂乃果「やっぱ信じられない……本当は海未ちゃんに浮気されるのが恐いんでしょ?」

ことり「違うよ、ことりは変態さんなんだって。だから海未ちゃんに相応しくないの」

穂乃果「ことりちゃんの嘘つき!!!そうやって予防線張って傷つかないようにしてるんだ!!!」

ことり「違うってばぁ!!!!」
245: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:22:34.04 ID:maY/z6+X.net
~~

海未「どうして私がにこのマンションへ猫を運んでいるんですか」

ねこ「ニャー♪」

にこ「しょうがないじゃない。にこはその子に嫌われてるんだもん」

海未「確かに。抱っこしようとしても逃げられてましたもんね」

にこ「海未には喜んで抱かれちゃって…可愛くない猫」

ねこ「ニャアァン///」スリスリ

海未「……可愛いですよ?」

にこ「全っ然可愛くない。にこにーのほうが1億倍可愛いにこ♪」

海未「…」

にこ「リアクションしなさいよ!」
246: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:24:05.46 ID:maY/z6+X.net
ねこ「フニャー」

海未「大人しくしていて良い子ですね」ナデナデ

にこ「…ずるい…」

にこ「猫にばっかり構ってる…海未のばかちん!」

海未「はいはい、にこも可愛いですよ」

にこ「えぇーやっぱりー?じゃあ特別にぃー…にこの頭も撫でていいよ♪」

海未「両手が塞がっているので撫でられません」

にこ「……」

にこ「うぉらー」スリスリ

海未「ひゃっ!首元にスリスリされたらくすぐったいですよ~!」

にこ「嬉しいくせにー♪」スリスリ


ねこ「シャーーーー!!!!」ネコパンチ

にこ「痛っ!?なにすんのよ!!!」
247: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:24:46.90 ID:maY/z6+X.net
ねこ「ニ゛ャーーーー!!!!」イカク

にこ「こいつ…」ムカッ

海未「まぁまぁ、相手は動物ですよ?」

海未「猫さんもにこに意地悪してはダメです」メッ

ねこ「ニャー…」
248: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:27:41.35 ID:WfmLHvXe.net
~~

にこ「ここよ」

海未「ちょっとだけ緊張しますね……」ポチッ

ピンポーン

海未「………」ポチッ

ピンポーン

海未「すみませーん」コンコンッ

にこ「……反応なし」

海未「少しだけ待ってみましょうか」

にこ「えぇ。じゃあうちで待ってる?」

海未「入れ違いになったら面倒ですからここで待ちましょう」

にこ「それもそうね」

海未「……」

にこ「……」

海未「にこ」

にこ「なによ」

海未「腕が疲れました…」
249: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:28:59.49 ID:lKvNCMg4.net
にこ「頑張ってよ。私は抱っこできないんだから…」

海未「にこがもっと友好的ならこの子も抱っこさせてくれますよ!」

にこ「無理なんだってば!散々チャレンジしたんだから!」

海未「うーん…何故でしょうか…」

海未「……」スンスン

にこ「なっ何急に人の匂いかいでんのよ!?///」

海未「失礼しました。もしかしてにこは猫の嫌いな匂いがするのではなかなぁーと」

にこ「匂い……一理ありそう」

海未「にこはいい匂いですけどねぇ」

にこ「はぁ!?///」
250: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:30:56.79 ID:lKvNCMg4.net
にこ「……じゃあ」スンスン

海未「ふわぁっ!?///」

にこ「海未は猫の好きな匂い?」スンスン

海未「……わかりません」

にこ(確かにいい匂いね…)スンスン

海未「…っもういいでしょう!///」

海未「とりあえず撫でるだけでも…」

にこ(本当に抱くの疲れたのね)
252: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:38:18.15 ID:ZqtL0YLf.net
にこ「いいけど…どーせネコパンチ!されるだけよ」

海未「大丈夫!私が言い聞かせますから!」

海未「猫さん」

ねこ「ニャ?」

海未「にこは悪い人ではないですよ。安心してください」

ねこ「…」ウーン

海未「これで平気なはずです!」

にこ「こんなんで…まぁいいわ触ってみるわよ」

にこ「…」ソーッ

にこ「」ナデ…

ねこ「……」

ねこ「…」スリスリ

にこ「!」
253: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:43:24.18 ID:2RQj+lW+.net
海未「やりました!」

にこ「うそ…嫌がってない!!」

ねこ「ニャー♪」スリスリ

にこ「……よいっしょ…やったわ!抱っこもできた!」

にこ「見て見て!にこに抱っこされて嬉しそう!」

海未「よかったですね」

にこ「……かわいい…///」

海未(これは…にこの方が可愛いです)

にこ「海未も一緒に抱っこするにこ♪」ギューッ

海未「わぁっ!?これでは猫が苦しいですよ…!///」

にこ「喜んでるわよ♪」

ねこ「ニャー///」スリスリ

にこ「わー」スリスリ

海未(可愛いですね…ねこもにこも♪)


男「君たち!人の家の前で何を百合百合しているんだ!」
256: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 22:57:05.33 ID:Qu5aZOGF.net
海未「あっ!すみません私達…」

ねこ「ニャー!!!」

男「あっニャン子!!!!もしかして君たちが!?」

にこ「えっと、うちの学校を彷徨いていたので…」

男「矢澤さんちのお嬢さん!ふたりともどうもありがとう!探していたんですよ!」

海未「それはよかったです」

~~

海未「それでは私はこれで……にこ、また明日」

にこ「うんっ!ありがとね♪」

海未(さて、ことりに会いに行きましょうか)
257: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 23:02:45.10 ID:Qu5aZOGF.net
ポツ ポツポツ

海未「……雨ですか…」

海未(強くなる前に走ればなんとか…)ダッ

男「おーーーい!」タッタッタ

海未「あっ先程の…」

男「間に合ってよかった!僕お礼に送って行きますよ!もう暗いし、傘持ってきたんで」バッ
259: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 23:11:13.71 ID:jsB3UB/e.net
~~

ことり「大声出しすぎてガスト追い出されちゃった」

穂乃果「しばらくさっきの店舗行けないね…」

ことり「あはは…」


穂乃果「…あれ?あそこにいるの海未ちゃんじゃない?」

ことり「……本当だ」

穂乃果「男の人と相合傘してる……もしかして…いや、まさかね」

ことり「ンっ!?」ゾクゾクッ

穂乃果「ことりちゃん?どうしたの?」

ことり「…なんでもない…ただの発作だから……」ハァハァ
262: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 23:30:49.02 ID:r//3Ctvj.net
穂乃果「声かけようよ!」

ことり「だめっ……だめだよぉ///」ハァハァ

穂乃果(嬉しそう…というか気持ち良さそう……NTRが好きって本当だったんだ)ガーン

穂乃果「ふたりで話合ったほうがいいって!」

ことり「あぁ…ああぁあっ!海未ちゃっ///」ハァハァ

穂乃果(も~!全然話にならない!…こうなったら)

穂乃果「………あっ!海未ちゃんが男とホテルに入っていった!」

ことり「そんなっ…絶望だよ…///」ハァハァ

穂乃果「……きっと海未ちゃんはもう貫通済みだね…」ボソッ

ことり「やめてぇ…なんでそんな酷いこと言うの…っ…///」ハァハァ

穂乃果「……男に跨がって腰振る海未ちゃん…」ボソッ

ことり「やっ…う、うわあ…ああぁ…やああぁああーーーっ!!!」ビクンビクンッ
265: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 23:35:49.60 ID:Jl9CpftY.net
ことり「…ふぅ……ふぅ♡」グッタリ

ことり「……」

ことり「死のう…」フラッ

穂乃果「ことりちゃん!?」

ことり「悲し過ぎると涙って出ないんだね」

穂乃果(……賢者タイムが重過ぎる…)
267: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 23:37:25.60 ID:aNzBJe+3.net
ことり「男の人は酷すぎるよ……酷だよ…うぅっ…オェエエエエエ」

穂乃果(ハイリスクハイリターンってやつなのかな…?)サスサス
269: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 23:49:59.35 ID:q1QpIA0b.net
ことり「男も女も関係ないけどさぁ……!どっちも嫌なのには変わりないけど…男相手だったらことりはどうしようもないじゃん…!!ことりには付いてないんだもん!!!」ワナワナ

穂乃果「待って待って!海未ちゃんがことりちゃんのことを裏切るはずないって…!!ね!?」

ことり「もう無理。NTRなんてやってられない」ダッ
272: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 00:01:57.53 ID:kY8mE9T7.net
ことり「海未ちゃん!!!」バーン

海未「あれっ!ことり!?」

男「うわすげーとさかがある!」

ことり「すみません。海未ちゃんは私のモノなので」グイッ

海未「えっ…///」キュン♡

ことり「海未ちゃん、もう絶対の絶っっっ対にことり以外の人のこと見ちゃ駄目!!!!!」

海未「あの……フリですか…???」

ことり「違くて……ことり、ファッションNTR好きだったみたい」

海未「ことり…性癖までお洒落感覚だなんて…」

ことり「ごめんなさい!!!」ガチャ

海未「!?」

ことり「海未ちゃんが他の人を好きにならないように…ことりとずっと一緒にいられるように手錠かけとくね」

海未「えっ!?何を言っているのですか!?」

ことり「………嫌…?」ウルウル

海未「ことり…」

海未「……ふんっ!!!!」ブチッ

ことり「あっ…」

海未「こんなものがなくたって、私はことりの側を離れたりしませんよ」
277: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 00:22:18.13 ID:nILdArTn.net
ことり「で、でも…」

穂乃果「おーい!」タッタッタ

海未「穂乃果!!ことりと一緒だったのですか?」

穂乃果「うん。ことりちゃんから全部聞いたよ」

海未「全部……」

穂乃果「そう、全部だよ。そして今のもちゃっかり見てた!お疲れ様海未ちゃん!」

穂乃果「そんでもってナイスファイトことりちゃん!格好良かった!」

ことり「穂乃果ちゃん…ありがとう…!穂乃果ちゃんが追い詰めてくれたおかげで、ことり目が醒めたよ!」

海未「穂乃果……あなたがことりを正してくれたのですか…!?一体どうやって!?」

穂乃果「ショック療法っていうのかな…そんなところ」テヘヘ

海未「そうでしたか……感謝してもしきれません…」グスッ
278: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 00:46:32.35 ID:4WoLSmee.net
穂乃果「…あとは若いふたりに任せるよ。じゃあまた明日学校でね♪」ダッ


ことり「穂乃果ちゃん小粋…」

海未「ことり!」ガバッ

ことり「きゃっ…人が見てるよ…?」

海未「構うものですか。今日は一日中ことりに触れてなかったんですから…今から取り返します」ギューッ

ことり(恥ずかしがり屋さんの海未ちゃんが公衆の面前でこんなこと…嬉しい…///)ドキドキ

ことり「ことりじゃなくて、他の子のことたくさん触ってたもんね。ことりがお願いしたんだけど…」

海未「………明日、みんなにことりと付き合っていることを話します」

ことり「……うんっ」

海未「もう離しません、何があっても」
279: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 01:01:19.73 ID:Y+szeoSy.net
~次の日~

絵里「全員揃ってよかったわ!」

凛「いっくにゃー!」

希「スピリチュアルパワーで足も治ったやん?」

穂乃果「じゃあ通してやるよー!!」

穂乃果「っと、その前に~……」

穂乃果「海未ちゃんから大発表がありまーっす♪」ゾクッ

海未「私は身も心もことりのものなんです!!!!」

ことり「きゃっ♡////」

「「「「「「えぇー!?!?」」」」」」ゾクゾクッ



ーおしまいー
283: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 01:08:22.61 ID:NvUMQvOX.net
やっつけ感ハンパないけど終わり
ことうみが書きたかったのに海未ハー化してことりちゃんを変態化させ過ぎたよorz
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり「恋人の海未ちゃんが……」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。