穂乃果「へ?温泉旅行?」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ15
3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 00:46:38.74 ID:lq8YUSea.net
穂乃果「一泊二日の温泉旅行?」

にこ「なによ、文句ある?」

穂乃果「ないけど……なんでまた急に?」

にこ「いや、あんた前言ってたじゃない、今度は遠くにって」

穂乃果「あー……そういえば言ったかも」

にこ「ダメならいいわよ別に」

穂乃果「行く!行きたい!」

にこ(……ライブチケット、キャンセルして良かった……)

元スレ: 穂乃果「へ?温泉旅行?」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 00:47:40.83 ID:lq8YUSea.net
……………


穂乃果「……えへへー」

ことり「どうしたの、穂乃果ちゃん?」

穂乃果「えっとねー、にこちゃんと……あっ」

にこ『いい?私たちが付き合ってることはμ'sの皆には秘密だからね!』

穂乃果『えっと……なんで?』

にこ『そりゃあんた……面倒になるに決まってるじゃない。μ'sに居づらくなるかもしれないし』

穂乃果『それはやだよ!』

にこ『でしょ?だから秘密、分かった?』

穂乃果『うん!』

穂乃果「えっと……ほ、放課後遊ぶことになって」

ことり(穂乃果ちゃん、分かり易いなぁ……)
6: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 00:48:14.91 ID:lq8YUSea.net
海未「放課後ですか、買い物でも行くのですか?」

穂乃果「そ、そう!夕飯のお買い物付き合うついでに!」

ことり(海未ちゃん、分かってないなぁ……)

ことり「穂乃果ちゃん、穂乃果ちゃんっ」

穂乃果「なーに?」

ことり「がんばってねっ!」

穂乃果「?う、うん……?」

海未「何を頑張るのですか?」

ことり「海未ちゃんには内緒っ」

海未「……?」

ことり(やっぱり分かってないなぁ……)
7: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 00:48:50.07 ID:lq8YUSea.net
にこ「……」ウキウキ

希「にこっちがやけにうれしそうや……」

絵里「ほんと、どうしたのかしら?」

希(……穂乃果ちゃんかなぁ)

絵里(……まあ、穂乃果でしょうね)

にこ「……何ジロジロ見てんのよあんたら」

希「べつにー?な、えりち?」

絵里「ええ、なんでもないわよ?」

にこ(こいつら……)

絵里「そういえば来週は穂乃果の誕生日よね」

にこ「」ビクッ

希「サプライズパーティとかしちゃう?」

絵里「いいわねぇ。ね、にこ?」

にこ「そ、そそそそそうね!あのバカには世話になってるしねたまにはいいんじゃないかしら!?」

希(分かり易いなぁ)

絵里(分かり易いわねぇ)
8: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 00:49:19.45 ID:lq8YUSea.net
~放課後~

にこ「じゃあ……週末あんたの家に行って、それから出発するわ」

穂乃果「なんで穂乃果の家なの?」

にこ「遅刻されたくないのよ!」

穂乃果「もー!にこちゃん酷いよー!」

にこ「嫌だったら普段から遅刻しないで来なさいよこのバカ!」

穂乃果「むー……わかったよ……」

にこ「はー……じゃ、私こっちだから」

穂乃果「あ、待って待って」

にこ「ん?なによほの……」

ちゅっ

穂乃果「また明日ねー!」

にこ「……」ぽかーん

にこ「ほんと、バカ……///」
18: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 07:41:59.07 ID:lq8YUSea.net
~当日~

ピンポーン

雪穂「はーいっ……にこさん?」

にこ「おはようございまーす♪穂乃果ちゃんってまだ寝てますか?」

雪穂「おねーちゃん?まだ寝てると思いますけど……」

にこ「上がってもいいですかぁ?」

雪穂「いいですけど……こんな早くに?」

にこ「みんなとは別の場所で待ち合わせてるんですよ~」

雪穂「あ、そうなんですか。それじゃ上がってください」

にこ「お邪魔しまーす!」
19: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 07:51:10.72 ID:lq8YUSea.net
穂乃果「むにゃむにゃ……」

にこ「盛大に爆睡してるわねこいつ……」

にこ「ほらー、おきなさーい」

穂乃果「もー……今日は休みだよ海未ちゃん……」

にこ「……」イラッ

にこ「起きろって言ってんのよこのバカ!」

穂乃果「……あれ?にこちゃん?」

にこ「あんた、もうすぐ待ち合わせの時間なんだけど?」

穂乃果「あっ!」

にこ「はあ……予想通りだったわね……早く着替えてくれない?」

穂乃果「ゴメンゴメン!今すぐ着替えるね!」
21: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 09:31:57.45 ID:lq8YUSea.net
にこ「……」

穂乃果(にこちゃんが不機嫌だ……)

穂乃果「に、にこちゃーん?」

にこ「なによ」

穂乃果「旅行楽しみだね~」

にこ「そうね」

穂乃果「あ、あはは……」

穂乃果(気まずすぎるよ……!)

にこ「そういえば、あんたはいつもことりと海未と学校行ってたのよね……」

穂乃果「うん?まあ、家も近いし幼馴染だからね、習慣になってるかも」

にこ「ふーん……ま、いいけど」

穂乃果(あ、もしかして)

穂乃果「にこちゃん、ヤキモチ?」

にこ「なっ!ち、ちちちちがうわよ!!」

穂乃果「心配しなくても、穂乃果はにこちゃんのこと大好きだよっ?」

にこ「別に、心配なんか……ほら行くわよ!」

穂乃果(なんか、可愛いなぁ)
24: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 10:16:41.37 ID:lq8YUSea.net
~バス~

穂乃果「どれくらいかかるの?」

にこ「確か……2時間くらいだったかしら」

穂乃果「へー……結構遠いんだね」

にこ「ついたら10分くらいで旅館行きの送迎バスが出てるから、それに乗りましょう」

穂乃果「うん!えへへ、それにしてもにこちゃんと旅行かぁ……」

にこ「なによニヤニヤして気持ち悪い」

穂乃果「酷いよ!?いや、新婚さんみたいじゃない?」

にこ「なによバカ」

穂乃果「にこちゃん、顔真っ赤だよ?」

にこ「……うるさいわねえ!何でそんな恥ずかしげもなく言えるのよ!」

穂乃果「そんなこといわれても……」

にこ「はあ、まったく……」
27: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 20:14:32.39 ID:lq8YUSea.net
~一時間後~

穂乃果「ふぁ……やっぱりねむくなるなぁ……あれ、にこちゃん?」

にこ「すー……」

穂乃果「寝ちゃってる……」つんつん

にこ「んぅ……」

穂乃果「可愛いなぁ……」

にこ「むにゃ……」

穂乃果「なんか、幸せそうだなぁ……」

穂乃果「こうして見ると本当に可愛いなぁ、にこちゃん」

にこ「えへへ……ほのかぁ……」

穂乃果「……どんな夢見てるんだろう」

穂乃果(いつもこれくらい素直だったらもっと可愛いんだけどなぁ)
29: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 20:39:09.79 ID:lq8YUSea.net
~さらに一時間後~

ほ……さい………!

穂乃果「んー……今日は休みだよ……」

バカなこ……は……!

穂乃果「せめてあと5分……」

にこ「いいからさっさとおきなさーい!!」

穂乃果「うわぁっ!?」

にこ「ほら、着いたわよさっさとしなさい!」

穂乃果「う、うん……」

にこ「なにジロジロ見てんの?」

穂乃果「別にー」

にこ「……へんなの」

穂乃果(……さっきの方が可愛かった)
30: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 20:44:09.50 ID:lq8YUSea.net
~旅館~

穂乃果「うわー、ひろーい!」

にこ「結構いいとことったからねー。むしろしょぼかったらどうしようかと思ったわ」

穂乃果「いい眺めだよにこちゃん!」

にこ「へー……結構綺麗ね」

穂乃果「それにしてもさっきはビックリしたねー」

にこ「何の話?」

穂乃果「いやほら

女将『あら、姉妹で宿泊?良いですね、お姉ちゃんに迷惑かけちゃダメよ?』

って」

にこ「ああ……思い出したらイライラしてきたわ……」

穂乃果「はわわ……はっ!そういえば近くに露店とかいっぱいあったよね?」

にこ「そういえばあったわね」

穂乃果「ほらいこっ!」

にこ「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」
32: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 00:43:58.86 ID:VFCzw+1L.net
にこ「温泉まんじゅうとかあるわよ」

穂乃果「えー、ここにきてまんじゅうはやだなぁ……イカ焼きだって!おいしそ~」

にこ「なんかオッサンくさいわよそれ」

穂乃果「でもすっごく美味しそうだよ!」

にこ「……確かに、いい匂いね」

ぐぅ~

穂乃果「あれ、にこちゃんお腹鳴った?」

にこ「な、鳴るわけないでしょ?あんたじゃ……」

ぐぅ~

にこ「……///」

穂乃果「やっぱり鳴ってるじゃん!」

にこ「朝ごはんすこししか食べてきてないのよ!だいたいあんたはほとんど食べてないでしょ!?」

穂乃果「え、バスの中で食べたよ?少しだけど」

にこ「いつの間に!?」

穂乃果「にこちゃん寝てたから気づかなかったんだね」

にこ「まあ、途中まで寝てたけど……」

にこ(納得いかない……)
33: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 07:31:01.01 ID:VFCzw+1L.net
穂乃果「おじさんイカ焼きふたつくださーい……ありがとうございます!」

穂乃果「はい、にこちゃん」

にこ「ありがと……結構美味しいわねこれ」

穂乃果「焼きたてってやっぱりいいよね~」

にこ「まあ、悪くないわね」

穂乃果「なんかいっぱい頬張ってにこちゃんリスみたいだね」

にこ「あんたはクマみたいね、鮭とってるやつ」

穂乃果「そんなワイルドに食べてないよ!?」

にこ「それにしても、夏なのに少し涼しいわね」

穂乃果「自然が多いもんね、温泉近いからやっぱ少し汗かいちゃうけど」

にこ「タオル使う?」

穂乃果「ん、ありがとう」
39: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 15:54:47.17 ID:VFCzw+1L.net
みぃーんみんみんみん

にこ(……夏、彼女との旅行)

みぃーんみぃーん

にこ(……ベンチでイカ焼きを食べる二人)

にこ(……ってなんかおかしくない!?)

にこ(私は旅行にきて穂乃果とイチャイチャしたかったのに!)

にこ(……///)

にこ(なんか怒りっぱなしだし、穂乃果楽しんでくれてるかしら……)

にこ「ねえ、穂乃果」

穂乃果「ん?」もぐもぐ

にこ「その……楽しい?」
40: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 18:20:46.56 ID:VFCzw+1L.net
穂乃果「なんで?」

にこ「いや、なんか私のっけから怒りっぱなしだし」

穂乃果「楽しいよ?」

にこ「……本当に?」

穂乃果「本当だよー。好きな人と旅行に来て、美味しいもの食べて……すごく楽しいよ」

にこ「……なら良かったわ」

穂乃果(……本当はちょっと嘘だよ)

穂乃果(楽しいんじゃなくて、幸せなんだよ?)

穂乃果(そうやって照れ隠しでそっぽ向くにこちゃんを見てるだけで胸がぎゅっとなるんだ)

穂乃果(本当に、幸せだなぁ……)

穂乃果(私ばっかり、幸せ……)
43: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 19:10:23.19 ID:VFCzw+1L.net
にこ「よっし!こーなったら露店全制覇するわよ!」

穂乃果「け、結構いっぱいあったよ?」

にこ「うるさいわねえ!私だってお腹空いてんのよ!」

穂乃果「それはわかってるけど……」

にこ「はい、そうと決めたら行くわよ!」

穂乃果「もー!待ってよにこちゃーん!」


~旅館、再び~


にこ「だぁーっ……お腹破裂する……」

穂乃果「もう夕飯いらなかも……」

にこ「ダメよ……ここの山菜料理美味しいって有名なんだから……」

穂乃果「えー……山菜ってなんかお中にたまんなさそう……」

にこ「お子ちゃま舌だもんね、穂乃果は」

穂乃果「辛いものダメなにこちゃんに言われたくないもんっ!」

にこ「辛いなんて栄養まったくないのよ!食べる必要なんてないでしょ!」

穂乃果「キスされるといつも真っ赤のくせに!」

にこ「いつもってほどじゃないでしょ!?」

穂乃果「いつもでしょー!?」

にこ「な、なら今やってみなさいよ!」

穂乃果「……え?」
45: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 19:49:20.80 ID:VFCzw+1L.net
穂乃果「えっと、その……///」

にこ「は、早くしなさいよ……///」

穂乃果(にこちゃん、顔真っ赤……)

穂乃果「えっと、じゃあ……///」

ちゅ

にこ「……///」

穂乃果「真っ赤っかだよ、にこちゃん……」

にこ「あんたも真っ赤じゃない……///」

穂乃果「……///」

にこ「もっかい、したい……ん、だけど……///」

穂乃果「に、にこちゃんから……///」

にこ「……ばーか」

……ちゅ
46: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 19:54:23.90 ID:VFCzw+1L.net
寝る
49: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 20:19:50.65 ID:VFCzw+1L.net
穂乃果「……」

にこ「……」

穂乃果「……」

にこ「……なんだってのよもう!」

穂乃果「あ、あはは……」

……………


にこ「す……っごくドキドキするんだけど何これ……///」

穂乃果「にこちゃん耳まで真っ赤になってる……///」

にこ「あんた、よくこんなの毎度出来てたわね……///」

穂乃果「うん……///」

にこ「……///」

ほのにこ(どうしよう……この空気……)

ちゅ

穂乃果「ん……///」

シャーッ

ちゅ

穂乃果「ちょ、にこちゃん、すとっぷ……ん……///」

にこ「ぷは……ど、どうよ、私だってこれくらい……///」

穂乃果「……あ」

にこ「なによ……え」

女将「そろそろご夕食の用意をしようと思ったのですが……これは失礼いたしました……」

ピシャッ

にこ「……」ぽかーん

穂乃果「……見られた、ね……」

にこ「……あああああ!!殺して!今すぐ殺してええええ!!!///」
51: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 21:31:08.96 ID:ysylJeqo.net
にこ「はあ……」

にこ(せっかくいい雰囲気だったのに……)

穂乃果「ほ、ほら!そろそろ夕飯だよ?にこちゃん楽しみにしてたじゃん!」

にこ「ま、いっか……」

穂乃果「?」

……………

穂乃果「天ぷらおいし~!」

にこ「結構食べられるじゃない」

穂乃果「だって採れたてだよ?おいし~よ~!」

にこ(底抜けに明るいわねぇ……)

穂乃果「ほら、にこちゃんもはいっ!」

にこ「いや、私のこっちにあるし」

穂乃果「えー!あーん、ってしたいー!」

にこ「いやよ恥ずかしい!それにさっきみたいに誰かきたらどうすんのよ!」

穂乃果「えー、やろうよぉ……」

にこ「うっ……」

穂乃果「にこちゃぁん……」

にこ「っ!いいわ!かかってきなさい!!」
52: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/06(木) 10:00:52.00 ID:nlOOY2w5.net
穂乃果「はい、あーん♡」

にこ「あー……ん///」

穂乃果(また顔真っ赤だ……可愛いなぁ)

穂乃果「ねえねえ、どうっ?」

にこ「どうも何も……同じでしょ、美味しいわ」

穂乃果「むー……そういうのじゃなくてー」

にこ「じゃあどういうのよ?」

穂乃果「穂乃果の愛がーみたいな?」

にこ「別に対して変わんないわよっ!///」

穂乃果「あー、また真っ赤になってるよー、にこちゃん?」ニヤニヤ

にこ「なっ……///」
55: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/06(木) 20:39:38.12 ID:nlOOY2w5.net
にこ(あー、もうっ!)

にこ「ほら、じゃああんたも食べなさい、あーんっ♡」

穂乃果「あ、ありがとー!」

にこ(こ、こいつ動じない……!?)

穂乃果「……うん!美味しい!にこちゃんに食べさせてもらうと何倍も美味しく感じるね」

にこ「そ、そーぉ?なら良かったわーあははー」

穂乃果「はい、あーん♡」

にこ「あ、ありがと……」

にこ(なんかすごく悔しい……!)

にこ「さっきはあんな可愛かったのに」ぼそ

穂乃果「……へ?///」

にこ「……え?」

穂乃果「そ、そういうのは後で後で!もうっ、にこちゃんのばか!///」

にこ「え、ええ……」

にこ(なんか、可愛いわね……後で?)
57: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/06(木) 22:35:38.26 ID:nlOOY2w5.net
穂乃果「美味しかったねー!」

にこ「なんだかんだあっさりしてて食べやすかったわね」

穂乃果「そろそろお風呂行こうかなぁ」

にこ「予約する時見たけど結構素敵な露天風呂だったわよ」

穂乃果「へー……楽しみだなぁ」

にこ「さ、行くわよ」

穂乃果「へ、一緒に……?」

にこ「そりゃ別に狭くはないし、待ってるのも暇じゃない?」

穂乃果「いや、それはそうだけど……」

にこ「なに、あんた恥ずかしいの?」

穂乃果「は、恥ずかしくはないけど……その……///」

にこ「その?」

穂乃果「えーと……や、やっぱ恥ずかしい!!」
59: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/06(木) 23:24:16.85 ID:nlOOY2w5.net
にこ「別に合宿なりで一緒に入ってたじゃない」

穂乃果「あの時とは状況が違うよ!」

にこ「何が違うのよ?」

穂乃果「だっ、だって……えーと……その……///」

にこ「なにもったいぶってるのよ」

穂乃果「い、今はにこちゃんと、こい、びと……じゃん……///」

にこ「あ……///」

穂乃果(……え、気づいてなかったの?)

穂乃果「だ、だから状況が違うの!」

にこ「いや、まあそうだけど……あー!もういいわいくわよ!」

穂乃果「ちょ、ちょっとにこちゃん!?」
60: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/06(木) 23:54:15.92 ID:nlOOY2w5.net
~風呂~

にこ「いい眺めね~……」

穂乃果「そ、そうだねぇ……」

にこ「やっぱ気持ちいいわね」

穂乃果「そ、そうだね……」

にこ「……で、なんであんたはそんな離れてるのよ!」

穂乃果「は、恥ずかしいんだもん!」

にこ「別にそこまで恥ずかしがらなくても……」

穂乃果「最近ちょっと太っちゃったし……」

にこ「そうなの?あんま変わんないわよ?」

穂乃果「そ、そうかな?」

にこ「少なくとも私には見えないわよ?……まあライブに支障が出なきゃいいんじゃない?」

穂乃果「……そうだよね!」

にこ「つーわけでそろそろ近くに……」

穂乃果「それとこれとは別だよ!」
64: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 21:36:42.23 ID:orvsf7r7.net
にこ(……せっかく二人なのになぁ)しゅん

穂乃果(あ、にこちゃんが拗ねてる……)

すすす

にこ「あれ、結局近くに来るんだ?」

穂乃果「そりゃにこちゃんがそんなさみしがってるんだもん」

にこ「な、なーに言ってんの!別にさみしくなんてないわよ!」

穂乃果(そんなこと言って、すごい嬉しそう)

穂乃果「それにしてもにこちゃんの髪ってサラサラしててきれいだよね」

にこ「自慢の髪だもの、日々の手入れの賜物よ」

穂乃果「へー……」

さわ

にこ「ひゃっ!?い、いきなり何すんのよ!」

穂乃果「いや、綺麗だからつい……」
69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/08/08(土) 22:04:09.39 ID:p/Xe1ZWw.net
にこ「ちょっとビックリしたじゃないの」

穂乃果「う、うん……ごめんね……」

にこ「……まあ、いいけど」

穂乃果(ちょっと変な気分に……)

さわ

にこ「ひゃぁぁ!?」

穂乃果「うわっ!?」

にこ「だ、だから!ビックリするって言ってるでしょ!!」
72: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 10:10:51.50 ID:F/2boaI3.net
穂乃果「つ、つい……」

にこ「ついって何よもうっ!」

穂乃果「……」

さわ

にこ「うひぁ!」

穂乃果「……」

さわさわ

にこ「んっ……ぅぁ……!」

さわさわ

にこ「や、め……ひゃんっ」

さわさわ

にこ「だ、め……って言ってるでしょばかあああ!!」

穂乃果「あ、あはは……」

にこ「もう……ばかぁ……」

穂乃果(あ、にこちゃんが涙目だ……かわいいなぁ)
74: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 23:58:35.18 ID:F/2boaI3.net
穂乃果「ねえ、にこちゃん……」

にこ「へ?……」

ちゅ

にこ「は……」

穂乃果「……かわいい」

にこ「……///」ぷしゅー

ばたん

穂乃果「あれ、にこちゃん?にこちゃん!?」
76: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/10(月) 00:14:54.53 ID:UqutB+56.net
にこ「……あれ、部屋?」

穂乃果「あ、起きた?」

にこ「ええ……って私どうしたの?なんか何も覚えてないんだけど……」

穂乃果「ああ、なんかねー……えーと……うん、のぼせたんだよ」

にこ「なによそれ……」

穂乃果「ま、まあいいじゃん!」

にこ「まあいいか……ってあれ?なんで私穂乃果を見上げてるの?」

穂乃果「え、ひざまくらしてるから?」

にこ「ああ、なんだひざまくら……ひざまくら!?」

穂乃果「いや、すごいのぼせてたから……」

にこ「ちょっと、恥ずかしいからやめてよ!」

穂乃果「穂乃果はあんまり恥ずかしくないよ?」

にこ「私が!恥ずかしいのよ!!!」
77: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/10(月) 20:35:54.61 ID:UqutB+56.net
穂乃果「むー……」

にこ「そんな拗ねるんじゃないわよ」

穂乃果「かわいかったのになぁ……」

にこ「かわっ……!?……もう結構な時間だし寝ましょうよ」

穂乃果「あ、ちょっと待って待って」

にこ「ん?どうしたのよ」

穂乃果「外が綺麗だから少し見ない?」

にこ「まあ……いいかもね、そういうの」
79: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 00:31:04.32 ID:h1XAQKdd.net
穂乃果「綺麗だねぇ……」

にこ「そうね……昼間は蝉の鳴き声とかでうるさかったのに静かよね」

穂乃果「鈴虫の鳴き声は聞こえてくるよ、ほら」

りーんりーん

にこ「これはこれで、悪くないわね……」

穂乃果「夜風が気持ちいいね……」

にこ「そうね……ん?」

穂乃果「すー……」

にこ「はー、どうしてここで寝んのよあんたは……」

にこ「……ま、いっか」
82: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 13:33:09.81 ID:h1XAQKdd.net
穂乃果「んぅ……?あれ、寝てた……?」

穂乃果「にこちゃんは……あっちの布団で寝てるのかな」

ずりずり

穂乃果「えへへ……」ぎゅ

にこ「……」ビクッ

穂乃果「?……」

こちょこちょ

にこ「ひゃぁっ!ふ、ふふ……」

こちょこちょこちょこちょこちょこちょ

にこ「にゃっ!や、やめなさいよバカ!」

穂乃果「あはは、ごめんごめん……やっぱり起きてたんだね、にこちゃん」

にこ「はー、はー……なーんかねつけないのよねえ……」
84: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 16:21:58.99 ID:h1XAQKdd.net
穂乃果「少し広いし、やっぱり慣れない環境だからかなぁ……」

にこ「そうかもね……で」

穂乃果「ん?」

にこ「あの……近いんだけど、布団」

穂乃果「離れてるとさみしーなぁって」

にこ「にこは別にさみしくないんだけど……」

穂乃果「それにこーしてると落ち着かない?」ぎゅ

にこ「なっ!あ、暑苦しいでしょ!」

穂乃果「……確かに、あついかも」

にこ「でしょ、だから……」

ちゅ

穂乃果「なんかね、胸があついの……」

にこ「ちょ、ちょっと穂乃果?」
86: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 23:39:51.53 ID:h1XAQKdd.net
穂乃果「しずめてほしいなぁ……なんて」

にこ「えーと、そのお……」

にこ(なんか息づかいも荒くなってるし……えーとこういう時は……えーと……)

にこ「ちょっとストップ!」

穂乃果「ほぇ?」

にこ「えーと、あの……こういうのって、そういうノリでやるもんなの?」

穂乃果「うーん……そう言われると……どうなんだろう……?」

にこ「なーんか、にこは違う気がするんだけど……」

穂乃果「何が違うの?」

にこ「いや……うーん……なんていうのかしら」

穂乃果「……もしかしてにこちゃん、屁理屈で誤魔化そうとしてない?」

にこ「そ、そんなことないわよ!」
87: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 23:50:19.42 ID:h1XAQKdd.net
穂乃果「ほんとー……?」じとー

にこ「ほ、ほんとうだってば!」

穂乃果「まあ、いっか……はー……せっかく二人きりの旅行なのになー……」

にこ「うぐっ……」

穂乃果「穂乃果は雪穂とかお母さんとかいるし、にこちゃんはこころちゃんたちがいるでしょ?こういう時くらいしかそういうことできないのになぁ……」

にこ「ぐぬぬ……」
90: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 20:12:28.87 ID:BccRo6cH.net
穂乃果「はぁ……」

にこ「あーもー!分かったわよ!や、やってやろうじゃないの!」

穂乃果「ふーん……」

にこ「な、なによ」

穂乃果「ほんとは乗り気じゃないんじゃないの?」

にこ「そ、そんなことないわよ」

穂乃果「ほんとかなー……なんか、無理に合わせようとしてない?」

にこ(あ、ちょっと面倒くさい)
92: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 22:48:21.67 ID:BccRo6cH.net
穂乃果「もーいいよ……そんな合わせようとしなくても……」

にこ「……あんたねぇ」イラッ

がばっ

穂乃果「……へ?」

にこ「さっきから聞いてればウジウジウジウジって……」

穂乃果「に、にこちゃんどうしたの……んむっ!?」

穂乃果「むー!ん……ふ……は……///」

にこ「……そんなとこも、大好きよ」

がり

穂乃果「った!」

にこ「……でも、これはお仕置きね」
96: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 04:04:36.46 ID:LELgl2NH.net
穂乃果「む……ん……ぅ……」

にこ「……ぷは……穂乃果、あついんじゃなかったの?」

穂乃果「う、うん……」するする

にこ「……続けるわよ」

穂乃果「ま、待って」

にこ「どうしたの……んっ……///」

穂乃果「は……///に、にこちゃんも脱いで?」

にこ「分かったわよ……これでいい?」するり

穂乃果「ん……にこちゃん、来て……///」
98: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 09:18:22.91 ID:LELgl2NH.net
にこ「……冷静になるとやっぱ恥ずかしいわね………///」

穂乃果「穂乃果も恥ずかしいよ……んぅっ///」

にこ「はむ……ふぅ……///」

穂乃果「そ、そうやって喋ってる最中のちゅー禁止……///」

にこ「……悪かったわね」

穂乃果「……えへへ///」

にこ「い、いきなり抱きつかないでよ!」

穂乃果「……あったかいね」

にこ「そうね……」
100: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 01:06:47.71 ID:4xErMEzz.net
穂乃果「……穂乃果、このままでいいかも」

にこ「いいの?」

穂乃果「うん、なんかこっちの方が幸せ……えへへ///」

にこ「……そう、分かったわ」

にこ(せっかくそっちの気分になってきたのに……バカ)

にこ(でも、キスくらいならいいわよね……)

にこ「ねえ、穂乃果……」

穂乃果「……」

にこ「……穂乃果?」

穂乃果「すかー……」

にこ「ぬわんでそこで寝ちゃうのよバカッ!!」

にこ「……」

ちゅ

にこ「……寝よ寝よ///」

にこ「……」チラ

ちゅ……ちゅっ……
101: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 01:41:43.69 ID:4xErMEzz.net
……………

穂乃果「ん……ふぁ……よく寝た……ん?」

にこ「……くー」

穂乃果「えーと……穂乃果は裸で、にこちゃんも裸で……」

穂乃果「……///」ぷしゅー

にこ「んぁ……おはよ」

穂乃果「お、おはよう……///」

にこ「何よ、かお真っ赤にして……あ」

穂乃果「明るいと流石に恥ずかしい、ね……///」

にこ「そ、そうね……///」

穂乃果「ねえねえにこちゃん」

にこ「ん?」

穂乃果「おはようのキスが欲しいなぁ……なんて///」

にこ「はあ……しょーがないわねえ……///」

ちゅ

穂乃果「……えへへっ///」ぎゅっ
107: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 10:59:39.95 ID:4xErMEzz.net
穂乃果「うわ、あと付いてる……」

にこ「え、どこ?」

穂乃果「ここ、首の後ろ……ってあれ?こんなとこにアザできてる……なんでだろ」

にこ「ね、寝てる間にぶつけたんじゃないの?」

穂乃果「そうかなぁ……でもいつついたんだろう」

にこ「あ、あああんた色んなとこで寝てたからね!そん時じゃない?」

穂乃果「……にこちゃん、なんか隠してない?」

にこ「なっ、なーにも知らないわよ!?本当よ!?」

穂乃果「なら、いいけど……」

にこ(しまった、昨日吸い付きすぎた……///)
108: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 11:05:29.78 ID:4xErMEzz.net
穂乃果「チェックアウトっていつまで?」

にこ「確か午後までね、今はまだ7時だし……もう少しゆっくりできるわね」

穂乃果「うわ、まだそんな時間だったんだ……もう一眠りしようかな」

にこ「やめなさいよ、起きられなくなるわよ」

穂乃果「むー……とりあえずここにあると寝そうだし布団たたんでおこうっと」

にこ「そうね、そろそろ朝食も出るんじゃない?」

穂乃果「えへへ、ちょっとお腹すいたかも」

にこ「あんた、太るわよ?」

穂乃果「ひどいよ!?」ガーン
112: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 21:46:12.62 ID:4xErMEzz.net
穂乃果「ねえねえにこちゃん、外見ようよ」

にこ「昨日も見たじゃない、別にいいわ」

穂乃果「えー、見てみようよー!」ぐいぐい

にこ「ちょっ、分かった!分かったから!!」

穂乃果「朝はまた違った景色に感じるね」

にこ「そうね……はあ、もうそろそろ帰んないといけないのね」

穂乃果「まだお昼まで時間あるよ?」

にこ「そうだけど、なんかねー……憂鬱?みたいな」

穂乃果「ふーん……?」

穂乃果(穂乃果は幸せなんだけどなぁ……やっぱり自分ばっか……)

にこ「……?どうしたの穂乃果」

穂乃果「な、なんでもないよ!」
113: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 21:49:27.91 ID:4xErMEzz.net
……………

にこ「朝ごはんも良かったわね、日本の朝ごはんって感じで」

穂乃果「……」ぽけー

にこ「……穂乃果」

穂乃果「……え、あ、ああうんそうだね!」

にこ「どうしたのよさっきから……変なのでも食べた?」

穂乃果「うーん……どうだろ」

にこ「……本当、どうしたのよ一体」

穂乃果「穂乃果は幸せだなーって思って」

にこ「幸せそうな顔に見えないんだけど?」

穂乃果「でも穂乃果ばっか幸せなんじゃないかなっ、て思っちゃって……」

にこ「……」

むに
114: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 21:52:05.71 ID:4xErMEzz.net
穂乃果「に、にこひゃん?」

むにむにむにむに

穂乃果「ひょ、ひょっとにこひゃんいひゃい!」

にこ「……あんたバカよね」

穂乃果「もうっ、なんなの!」

にこ「自分ばっかり幸せだ……って、そんなわけないじゃない」

穂乃果「……ほんと?」

にこ「……じゃなきゃこんな楽しく思えないでしょ」ぷい

穂乃果「あれ、なんでそっぽ向くの?」

にこ「いいでしょ別に」

穂乃果「ねー、こっち向いてよー!」

にこ「いやよ」

穂乃果「……えいっ」ぐい
115: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 21:55:31.35 ID:4xErMEzz.net
にこ「あ……///」

穂乃果「…かお、まっかだよ?」

にこ「う、うるさいうるさい!あんたが言わせたんでしょ!///」

穂乃果「えー、濡れ衣だよ!」

にこ「いいのよ原因があんたなんだから!!」

穂乃果「ひどいよー!」

にこ「はあ……そういうことだから、変な心配すんじゃないわよ」

穂乃果「うん!……えへへ」

にこ「なによにやにやして」

穂乃果「幸せだなぁって……にこちゃんは?」

にこ「……私もよ」

穂乃果「……えへへ」
116: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 22:00:54.31 ID:4xErMEzz.net
穂乃果「ねえ、にこちゃん」

にこ「ん?」

穂乃果「ちゅーしたいな」

ちゅっ……

穂乃果「ほぁ……///」

にこ「……穂乃果からは?」

穂乃果「ん……///」

ちゅ

にこ「……なんかいつにも増して顔赤いわよ?」

穂乃果「不意打ちはずるい……///」

にこ「ふん、にこだってたまにはやるのよ」
118: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 22:04:38.98 ID:4xErMEzz.net
にこ「さて、そろそろ支度しなくちゃね」

穂乃果「そうだね……」

にこ「なによさみしいの?」

穂乃果「少しねー……」

にこ「なによ、また行けばいいじゃない」

穂乃果「……そうだね!なんか元気出てきた!」

にこ「調子いいわね、全く……」

穂乃果「えへへ」
120: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 01:48:12.74 ID:xlmIKroh.net
穂乃果「はー……また行きたいね」

にこ「これからいくらでも機会あるでしょ?」

穂乃果「でもにこちゃん受験は……」

にこ「うぐっ……痛いところ突いてくるわねあんた……でもちゃんと考えてるから、将来の事とか」

穂乃果「やっぱりアイドル?」

にこ「とーぜんでしょ?にこを誰だと思ってるのよ」

穂乃果「宇宙No.1アイドル矢澤にこちゃんです!」

にこ「ふふ、分かってるならいいのよ、それに……あんたとのこれからとか……」ごにょごにょ

穂乃果「……?最後の方聞こえなかったよ」

にこ「別に聞こえなくていいわよ」

穂乃果「えー!気になるー!」

にこ「別にいいのよっ!」
121: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 01:59:10.73 ID:xlmIKroh.net
穂乃果「隠し事なんて酷いー!」

にこ「隠す必要なんてないけど今言うことでもないのよっ!」

穂乃果「むー!」

にこ「ほら、バス来るわよ」

なんかはぐらかされちゃったなぁ……
まあ、いいや……でもにこちゃんのファン一号は私だよ、それは譲らない!

穂乃果「うわ、もう来てる!」

にこ「ほらダッシュよ!」

穂乃果「ま、待ってよにこちゃん!」

でも……そのにこちゃんの将来に私はいるのかな?いて欲しいな……

にこ「ふー……ギリギリだったわね」

穂乃果「危なかったね……あはは」

さっきにこちゃんも幸せだって言ってたけど、絶対私の方が何倍も何十倍も何百倍も幸せなんだからね!……あまり伝わってないかもしれないけど

にこ「ん?……なによニヤニヤして」

穂乃果「ずっと一緒にいようね、にこちゃん!」

にこ「……当たり前でしょ!」

とりあえず今は、この幸せがにこちゃんにもっと届くといいなって、思うのでした
122: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 01:59:28.06 ID:xlmIKroh.net
おわり
124: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 02:47:32.56 ID:xlmIKroh.net
~翌日~

「お誕生日おめでとう、穂乃果(ちゃん)!!」パーン!

穂乃果「うわー!これってサプライズ!?」

絵里「ええ、放課後にやりましょうってみんなでね」

穂乃果「でも、ケーキとか食べたら練習が……」

海未「……仕方ないので、今日はお休みにします」

穂乃果「本当!?」

海未「そこで喜ばないでください!まったく穂乃果はいつもいつも……」

花陽「ま、まあまあ……せっかくのお誕生日なんだし、ね?」

ことり「そうだよ海未ちゃん、今日くらい大目に見てあげよ?」

海未「はあ……仕方ありませんね……」

凛「と、言うわけでー……凛たちからプレゼント!」

真姫「ちょっと凛!先にローソク消してもらわないとダメでしょ!」

凛「う、ゴメンにゃぁ……」
125: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 02:52:59.51 ID:xlmIKroh.net
穂乃果「じゃあ消すよー!……ふー!……えへへ、嬉しいなぁ」

絵里「じゃ、改めて……」

凛「プレゼントにゃー!」

穂乃果「なんだろこれ、開けてみていい?」

希「ふふ、多分喜ぶと思うよ?」

穂乃果「……これって熊さん?」

花陽「穂乃果ちゃんに似合うのないかなぁって思って、テディベアのマスコットにしてみたの」

穂乃果「これすっごくかわいい!早速つけちゃおっと」

にこ「……あー!?それって……」

穂乃果「ん?にこちゃんどしたの?」

にこ「い、いや……なんでもないわ」
126: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 02:56:38.26 ID:xlmIKroh.net
絵里「ふふっ」

ことり「えへへっ」

にこ(……あいつらね!)

絵里『ねえ、にこ』

にこ『ん?なによ』

絵里『この前親戚の子からテディベアもらったんだけどね、一つ余っちゃって……あげるわ』

にこ『どういう風の吹きまわしよ……まあいいわありがと……ん?これってペアセットじゃないの?』

絵里『片方はお気に入りみたいで、くれなかったのよねー……』

にこ『そう……まあいいわ』

にこ(後で見てなさいよ……!ん?)
129: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 10:07:44.59 ID:xlmIKroh.net
にこ(そういえばなんであいつらこんなこと……バレてる!?私たちの関係が!?)

にこ(いや……それはないわね、うん……)

穂乃果「この熊さんかわいいなぁ……」

ことり「そういえばにこちゃんも持ってたよね?」

にこ「えっ!?……え、ええ」

穂乃果「お揃いだね!」

にこ「そ、そうね……」

にこ(ことりのやつ~!!)

穂乃果「えへへ……嬉しいなぁ、にこちゃんとお揃いかぁ」

絵里「穂乃果は本当、にこのこと好きよねぇ……」

穂乃果「えへへ……うん!」

にこ「ばっ!///」

花陽「にこちゃん、どうしたの?」

にこ「な、なんでもないわよ」
130: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 10:11:46.83 ID:xlmIKroh.net
希「愛しの穂乃果ちゃんがみんなに取られそうで焦ったんよね?」

にこ「別にそんなこと……あれ?」

穂乃果「へ?」

真姫「まさか、隠せてないとでも思ったの?」

絵里「バレバレよねえ……特に穂乃果は」

穂乃果「あ、あはは……」

希「というわけで、この土日で何をしていたのか教えてもらいたいなぁ~?」

ことり「私もきになるっ!」

にこ「……逃げるわよっ!」

穂乃果「え、ええ!?」

ガチャ

絵里「あら、お熱いわね……」

凛「二人とも楽しそうにゃ~」

ことり(二人ともかわいいなぁ……)
131: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 10:15:12.43 ID:xlmIKroh.net
~屋上~

にこ「はあ……はあ……まさかばれてたとは……なんとなく気付いてたけど」

穂乃果「そっかぁ、バレバレかぁ……」

にこ「……なんであんたは嬉しそうなのよ」

穂乃果「みんなに知られてるなら、人目を気にせずにこちゃんと一緒にいられるじゃん?穂乃果隠し事苦手だし……」

にこ「……そうね、そうかも」

穂乃果「とりあえず戻ろっ!」

にこ「あ、ちょっと待って」

穂乃果「ん?どしたの……」

ちゅ

にこ「ほら行くわよっ!///」

穂乃果「やっぱり、ずるい……///」
132: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 10:24:59.95 ID:xlmIKroh.net
~戻って部室~

希「……ちょっと露骨やない?」

にこ「なによ、いいでしょ別に」

穂乃果「あはは……」

ことり「穂乃果ちゃんに膝枕されてるにこちゃんかわいいっ!」

真姫「阿呆らしい……」

凛「でも真姫ちゃんもニヤニヤして嬉しそうだにゃ~」

真姫「なっ///そ、そんなことないわよ!!」

花陽「あ、あはは……」

私は幸せものだなぁ……好きな人と一緒に、大好きなみんなに誕生日を祝ってもらえて

穂乃果「ねえねえにこちゃん」

にこ「なによ穂乃果」

穂乃果「楽しいねっ」

にこ「……そうね」

ちょっとにこちゃん不機嫌だ……あれなのかな、二人でお祝いしたかったとかなのかな?
幸せなんだけどなぁ……でも、こっちばかりが幸せじゃダメなのかな

絵里「本当お熱いわねぇ……」

にこ「なっ、そんなんじゃないわよっ!///」

穂乃果「あはは……」

次はにこちゃんのこと、同じくらい幸せにしてあげたいな……
でも今は、みんなにも私の幸せが届いてほしいな
133: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 10:25:23.69 ID:xlmIKroh.net
蛇足終わり
長々と失礼した、穂乃果ちゃんおめでとう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「へ?温泉旅行?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。