【ラブライブ!】にこ「希の誕生日……?」

シェアする

のぞにこ-アイキャッチ1
1: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:28:09.96 ID:enS6bVWhO

希ちゃんのことが大好きなにこちゃんと、

愉快で破廉恥なメンバーの話。

下ネタ注意。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432726089

元スレ: 【ラブライブ!】にこ「希の誕生日……?」

スポンサーリンク
2: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:28:54.63 ID:enS6bVWhO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──三年生教室──


にこ「希の誕生日……?」

絵里「そう! もうすぐでしょ? みんなでパーティしましょ!」

にこ「嫌よ嫌! 絶対嫌!」プイッ

絵里「え!? な、なんで?」

にこ「そんなことしたらにこが希のことを大好きなのがバレるじゃない!」バンッ!

にこ「可愛くって可愛くってしょうがなくて……」

にこ「抱きしめちゃいたいって思ってるってバレじゃない!」バンッ!

絵里「抱きしめちゃえばいいじゃない?」ニコッ

希「──おはよーお二人さん! 朝から元気やねっ!」ニコッ

絵里「希! ハラショー!」ハラショー

にこ「希! にっこにっこにー☆」ニコニーポーズ

希「ふふっ♪ 朝はおはよう、やん?」クスクスッ
3: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:29:34.24 ID:enS6bVWhO

希「それで、にこっちは誰を抱きしめちゃいたいの?」

にこ「にこぉっ!?」

絵里「え、えと……」チラッ

にこ「は、花陽よ! 花陽! ね、絵里!?」アセアセ

絵里「そ、そうね!」アワアワ

絵里「花陽は優しくてあったかそうで、とっても笑顔が可愛くて!」

絵里「御飯を食べてる時の幸せそうな顔を見てると独り占めしたくなっちゃうって話してたの!」

希「そっかぁ、えりちは花陽ちゃんのこと大好きやんなぁ」ニコニコ

にこ「あはは……っ」アハハッ

希「にこっちも花陽ちゃんが──」

にこ「あ、先生来たわよ」

希「おっと! 席につかな」テクテク

絵里「さすがにこねっ!」トコトコ

にこ「また休み時間にね」ヒラヒラ

にこ「……」

にこ(希の誕生日、かぁ)


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
4: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:30:32.96 ID:enS6bVWhO


──生徒会室──


絵里「はぁ……にこってば意地っ張りぬぁんだからぁー」

絵里「さて、どうしたモノズかしらね……」


「ふっふっふっ! お困りですかな、お嬢さん?」


絵里「だ、だれ!?」ビクッ


ことり「──可憐で優雅な乙女の園に!」

花陽「は、花咲く三つの春の花!」

穂乃果「甘くて酸っぱい恋心……!」

ことほのぱな『この身に変えても護ってみせますっ!』

ことり「白い翼は明日への希望──printemps バード!」キリッ

花陽「溢れるお米は明日への奇跡──printemps ライス!///」ニコッ

穂乃果「燃える夕陽は明日への勇気──printemps パック!」グッ!

ことほのぱな『純粋戦隊! ぷらーんたーん!』ビシッ


ちゅどーん!


絵里「ハラショー! 待ってたわ!」ハラショー
5: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:31:12.83 ID:enS6bVWhO

穂乃果「どうしたんですかい姐御!」

絵里「穂乃果! 姐御じゃないわ、生徒会長よ!」

ことり「どうしたんですか、ご主人様っ♪」ニコッ

絵里「ことり! ご主人様じゃないわ、生徒会長よ!」

花陽「ど、どうしたの、おねぇちゃんっ♪///」ニコニコ

絵里「そうよおねぇちゃんよ花陽! それでいいの!」ニコッ

絵里「じゃあみんな? 私に続いて!」

絵里「かしこい、かわいい!?」

printemps『えりーちかっ♪』

絵里「ハラショー! 生徒会長の絢瀬 絵里ですっ!」ニコッ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
6: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:31:53.28 ID:enS6bVWhO


──気を取り直して──


絵里「…………っていうことがあったの」

穂乃果「にこちゃん……」

ことり「そんなに希ちゃんのことを……」

花陽「きっと花陽がごはんを好きなのと同じくらい希ちゃんのことを……」ギュッ

絵里「それはどうなの?」

穂乃果「よぉーしわかった!」

ことり「私たちは恋する女の子の味方だもん!」

花陽「な、なんとかして見せます!」

絵里「頼もしいわ……っ!」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
7: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:32:30.38 ID:enS6bVWhO


──三年生教室──


にこ「……なによ、もう」

にこ「もう、なによ……」ハァッ


「乙女心と秋の空……あなた今、恋をしてますねっ!」


にこ「だ、だれ!?」ガタッ!



ことり「──悩める迷える乙女の園に!」

花陽「か、香る三つの春の花!」

穂乃果「にこにこ弾む恋心……!」

ことほのぱな『この身に変えても咲かせてみせますっ!』

ことり「白い翼は明日への希望──printemps バード!」キリッ

花陽「溢れるお米は明日への奇跡──printemps ライス!///」ニコッ

穂乃果「燃える夕陽は明日への勇気──printemps パック!」グッ!

ことほのぱな『純粋戦隊! ぷらーんたーん!』ビシッ


ちゅどーん!


にこ「あんたたち待ってたわ!」
8: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:33:05.49 ID:enS6bVWhO

花陽「待ってたのぉ!?」

にこ「何時間待ったと思ってんのよ!」バンッ!

穂乃果「おぉ、さすが部長!」

にこ「今はただの恋する乙女よ!」バンッ!

ことり「にこちゃん、合わせてくれなくていいんだよ?」ニコッ

にこ「あんたたちいつも楽しそうだからつい!」バンッ!

穂乃果「早速、部長の悩み聞いちゃうよ!」ウインクパチッ

にこ「……希のことよ」
9: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:33:43.33 ID:enS6bVWhO

穂乃果「……せーのでいくよ」ヒソヒソッ

ことり「……かよちゃんだいじょぶ?」ヒソヒソッ

花陽「うんっ、がんばるっ!」ヒソヒソッ

穂乃果「せーのっ♪」

printemps『スピリチュアルやねっ♪』カードピッ!

にこ「……私ね、希にはすっごい感謝してるの」

printemps『スピリチュアルやねっ!』

にこ「にこが一人で辛い時、希が支えてくれなかったら……」ギュッ

printemps『スピリチュアルやねっ♪』

にこ「大好きな希の誕生日だもん」

にこ「ちゃんとお祝いしたいし、感謝の気持ちも伝えたいわ///」

printemps『おー! スピリチュアルやねっ!』

にこ「だけど、恥ずかしすぎてそんなの……///」ギュッ
10: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:34:17.13 ID:enS6bVWhO

穂乃果「……わかりました」

にこ「穂乃果?」

ことぱな『穂乃果ちゃん?』

穂乃果「穂乃果たちがにこちゃんのために、練習相手を用意するよ!」

にこ「練習相手!?」

ことり「そっか! 希ちゃんだと思って……」

花陽「愛の告白の練習を……っ!」

にこ「ちょっとまって! 告白ってなに!?」

穂乃果「じゃあみんな、屋上に集合だよ!」グッ!

ことぱな『おーっ!』

にこ「ねぇ、告白ってなに!?」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
11: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:35:07.06 ID:enS6bVWhO

──屋上──


にこ「ふぅ……」

にこ(風が気持ちいい)

にこ(……先に待ってろって言ってたけど)

にこ(まだ、かし──)

「ワシワシマックスですっ!」ワシワシ

にこ「にこぉっ!?///」

「ふふっ♪ ここですか? ここがいいんですか?」ワシワシ

にこ「のぞ、やめっ! あっ/// 」

「いい感じやん!」

にこ「やだっ、そん……んっ///」ピクッ

「ふふっ♪ 結構感じやすいんです……やん?」

にこ「それっ/// ダメっ!」


ばっ!


「ちっ! もうちょっと位いいじゃないですか!」
12: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:35:40.29 ID:enS6bVWhO
にこ「なにがもうちょっと──」クルッ

にこ「なの、よ?」キョトン

海未「……やん?」ニコッ

にこ「うみぃぃぃいいっ!?」

海未「はい、海未は私ですが?」

にこ「な、なによあんた! そのお下げは……」

海未「……スピリチュアルやん?」カードピッ!

にこ「練習相手ってあんたかーいっ!」

海未「その通りです!」ビシッ

海未「どうでしたか? 園田流奥義、蒼の神話の威力は?」ニコッ

にこ「あおのしんわ? な、なによそれ……」
13: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:36:22.13 ID:enS6bVWhO
海未「さっき味わったでしょう?」

海未「乳房を揉みしだかれておかしく破廉恥な気分に──」

にこ「言わないでぇぇぇぇ!」

海未「え?」

にこ「ねえ、やめて! そういうのやめて!」

にこ「破廉恥だからやめて!」

海未「破廉恥……ですか」

にこ「だいたいあんたおかしいじゃない! いつもだったらそういうのないじゃない!」

にこ「破廉恥ですぅ、とか言って隅っこの方に隠れてるじゃない!」

海未「…………あれは、ことりと穂乃果と三人でお泊まり会をした時のことでした」

にこ「話聞いてる!?」
14: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:37:42.68 ID:enS6bVWhO

海未「その日は珍しく、私は二人に挟まれて寝ていました」

にこ「なんでμ's のメンバーってにこのことスルーするんだろ」

海未「左右から漂ってくる甘い匂い……伝わる体温」

海未「深夜一時、私の理性は限界でした」

海未「そこで私は希の言葉を思い出したのです!」グッ!

にこ「希の言葉?」キョトン

海未「printemps の三人は胸が柔らか過ぎると」

にこ「なにを教えてんのよあいつは……」

海未「あの、一回最後まで聞いて頂けますか?」

にこ「あ、ごめん」
15: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:38:56.03 ID:enS6bVWhO
海未「その揉み心地はさながら桃源郷のようだと」

海未「いてもたってもいられなくなった私……」

海未「違う私になっちゃった私!」キリッ

海未「気が付いたら穂乃果とことりの乳房を揉んでいました!」

にこ「……っ!」ビクッ

海未「いやー、あの時はびっくりしましたよ」

海未「世の中にこんなに柔らかいものがあるんだって!」

海未「こんなにあったかいものがあるんだって!」

にこ「……」

海未「私は二人が起きないように細心の注意を払い乳房を揉み続けました」

にこ「……っ!」

海未「そして次の日、二人は顔を真っ赤にして言いました」

海未「『う、海未ちゃん、私たちのお胸……どうだった?』と」

にこ「……っ!」
16: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:39:46.75 ID:enS6bVWhO

海未「そうです、二人は気付いていたのですよ」アハハッ

海未「細心の注意を払う? 寝言は寝て言えって感じですよね」クスクスッ

海未「二人の乳房を触ることが出来た私は何もかもが散漫になっていたんです」

海未「頭の中がハッピーセットになっていたんです!」

にこ「ぶっ!」

海未(希)「真っ赤に頬を染めた二人に対して真っ青になった私……」

海未「──これが蒼の神話です」キリッ

にこ「なんつー神話作っとんじゃいおのれはぁぁぁっ!」
17: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:40:23.78 ID:enS6bVWhO

海未「どうでしたか、にこ? 参考に──」

にこ「どうもこうもないわよ!」

にこ「普通に考えたらわかるでしょ!?」

にこ「そんなのが参考になるわけないじゃーん!」

海未「そんなことはないと思いますが……」シュン

にこ「なに考えてんの? ねえ! あんたなに考えてんの!?」

海未「ちなみに二人は存外に良かったようで、今度もお泊まり会を……」

にこ「聞いてないわよぉぉぉぉっ!」

にこ「聞いてないから! そういうの聞いてないから! やめてよ!」

海未「そう、ですか?」シュン
18: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:41:08.65 ID:enS6bVWhO

にこ「そうよ! 次に顔合わせるのが気まずいじゃん! 次に二人の顔見たら」

にこ「『あ、この二人は海未におっぱい揉まれて良くなっちゃってんだな』とか」

にこ「『三人だけで帰るって怪しいわね……また、破廉恥するのかしら』とか!」

にこ「そんなこと考えちゃうじゃい! 変な妄想しちゃうじゃない!」

海未「──やめて下さいっ!///」

にこ「え、え?」キョトン

海未「おっぱいを揉むだなんて……そんな破廉恥な物言いはやめて下さい///」カァーッ

にこ「はぁぁぁぁっ!?」

にこ「なにそれ!? おかしくない!?」

にこ「なんでそうなっちゃうの!? あんたが行った行為を簡潔に述べただけじゃん!」

海未「そういえば希はこうも言っていました!」

にこ「普通にスルーしてんじゃないわよっ!」

海未「『揉んでいいのは揉まれる覚悟ある奴だけだ』と」ニコッ

にこ「ルルゥーシュゥゥゥゥウウウッ!」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
20: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:42:12.12 ID:enS6bVWhO


──部室──


絵里「あなたは最低です!」

海未「返す言葉もございません」シュン

穂乃果「そうだよ海未ちゃん! 穂乃果は別にその……」

穂乃果「破廉恥な海未ちゃんも嫌いじゃないよ!///」カァーッ

ことり「そういうことじゃないんじゃ……」アハハッ

花陽「これからどうすれば……」


凛「うちに任しときっ!」


絵里「あら、凛……いや、そのお下げ」

絵里「今は希二号と呼んだ方がいいかしら?」

真姫「……ふぅ」

ことり「真姫ちゃんお疲れさまっ♪」

真姫「ウイッグ付けるのって難しいのね」クルクルッ
21: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:43:02.63 ID:enS6bVWhO

真姫「肩、凝っちゃったわ」

海未「揉みましょうか?」ワキワキ

真姫「オコトワリシマス」

凛「……うちにいい考えがあるよ!」カードピッ!

穂乃果「破廉恥なのはダメだからね……」

凛「うん! 希ちゃんからこれを預かってるにゃ!」

みんな『これって!?』


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
22: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:44:00.19 ID:enS6bVWhO


──公園──


にこ「──なんか、疲れたわ」ハァッ

にこ(少し、休憩してから行こうかしら)

希「──にこっちー?」ヒョイッ

にこ「──っ!」ビクッ

にこ「の、希!?」アワアワ

希「そんなに慌てんでもぉ」クスクスッ

希「なにしてるん?」ニコッ

にこ「べ、別に何も……って、あんた凄い荷物ね」

希「うふふっ♪ 一人暮らしも意外と大変なんよ」ウインクパチッ

にこ「……んっ」スッ

希「え?」キョトン

にこ「か、貸しなさいよ」プイッ

希「にこっち?」

にこ「半分、持ってあげるわっ///」

希「あ……っ」パァァ

希「……っ」フルフル

希「こ、これは大丈夫っ!」

にこ「……え?」キョトン

希「うちが自分で持たないと意味がないんよ」アハハッ

にこ「ふ、ふーん」

希「にこっちの気持ちはありがたく頂くよっ♪ ありがとうなっ」ニコッ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
23: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:45:00.32 ID:enS6bVWhO


──にこ、自室にて──


『うちが自分で持たないと意味がないんよ』

にこ「……なによ、それ」

にこ(にこは持ってあげたかったのにな)

にこ(一人暮らしにしては少し多かったわね)

にこ(……だれかに、作ってあげるのかな?)

にこ(だれかって、だれよ……)グスッ
24: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:45:48.71 ID:enS6bVWhO

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


────次の日。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
25: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 20:46:50.34 ID:enS6bVWhO


──昼休み、屋上──


絵里「希の家? うーん、あんまり行かないわね」モグモグッ

にこ「そっか、そうよね」モグモグッ

絵里「今度行くけど」

にこ「な、なんで!?」ガタッ!

絵里「ふふっ♪ 希に招待されたからよっ」ウインクパチッ

にこ「そ、そうなんだ……」シュン

絵里「なに落ち込んでるの? あなたも行くのよ」

にこ「え?」キョトン


がさごそ。


絵里「はい、これ。誕生日パーティーの招待状」ピラッ

にこ「招待状……?」
28: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:06:59.94 ID:enS6bVWhO

絵里「そうよ」

にこ「希が招待するの?」

絵里「ええ」

にこ「普通、招待される側なんじゃない?」

絵里「ぱ、パーティーをやる場所がないって言ったら場所を提供してくれたのよ」アセアセ

にこ「ふーん」

絵里「ちゃんとくるわよね?」ジトーッ

にこ「……」

絵里「……希から、私たちに大事な話があるんだって」

にこ「な、なによそれ!」

絵里「私は知らないわ」

絵里「けど、少なくとも希はにこにも聞いて欲しいと思うわ」ニコッ

にこ「……」ギュッ

にこ「──わかったわ」

絵里「にこ……?」

にこ「にこ、希のお誕生日パーティーに行くにこっ!」

にこ「大事なお知らせがどんなことでも……」

にこ「にっこにっこにーで乗り越えてみせるにこっ☆」ニコニーポーズ

絵里「さすが、にこね」ニコッ

にこ「そうと決まったらプレゼントを買いに行くにこっ! 放課後付き合って欲しいにこっ!」ニコッ

絵里「…………ええ、わかったわ」ニコッ

にこ「にこっ♪」ニコッ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
29: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:08:00.82 ID:enS6bVWhO


──放課後、校門──


にこ「……」ボー


「──お待たせっ!」


にこ「えりぃ、おそいよぉ……って!」

希「やっほー♪」ニコッ

にこ「のぞみぃぃ!?」ニコニーポーズ

希「あれ? えりちから聞いてないん?」キョトン

希「予定が入っちゃったからうちが代わりにって♪」ニコニコ

にこ「き、聞いてないわ……」アセアセ


ピピピピッ。

ピピピピッ。


にこ(電話……絵里!?)

にこ「ごめん、ちょっと出てくる」トコトコ

希「うんっ♪」



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
30: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:08:37.86 ID:enS6bVWhO



にこ「ちょっとー! どういうことよ!」ウガー!

絵里(電話)『落ち着いてにこ。かしこくないわ』

にこ「なんで希と買い物に行くことになってんのよ!?」

絵里(電話)『敵を知り、己を知れば百戦危うからず』

絵里(電話)『昔のかしこい人が残した言葉よ』

にこ「いや、普通に孫子っていいなさいよ!」

絵里(電話)『希と出掛けて彼女が欲しいモノズを知ればあなたに負けはないの』

にこ「そ、それはそうだけど……」
31: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:09:14.63 ID:enS6bVWhO

絵里(電話)『友達の誕生日プレゼントを選びにってことにしておいたから』

にこ「なに一つ間違ってないわね、それ。大丈夫なの?」

絵里(電話)『カバンの内ポケットに秘密兵器を入れておいたわ』

にこ「人の話聞きなさいよ」


がさごそ。


にこ「なによこの黒いくて丸いモノは……?」キョトン
32: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:09:51.05 ID:enS6bVWhO

絵里(電話)『正露丸よ』

にこ「別にお腹は大丈夫よ」

絵里(電話)『なによ、もっと激しく突っ込んでくれてもいいじゃない』

にこ「いや、別に……」

絵里(電話)『ああ、ごめんなさい。破廉恥行為のことじゃないわ。ツッコミのことね』

にこ「言われなくてもわかるわよっ!」

絵里(電話)『さすがにこね』

絵里(電話)『その小型イヤホンを耳につけて』

にこ「……こう?」

真姫(イヤホン)『にこちゃん聞こえる?』

にこ「わっ! 真姫?」
33: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:10:33.29 ID:enS6bVWhO

真姫(イヤホン)『聞こえるならにこにーして』

にこ「……」ニコニーポーズ

真姫(イヤホン)『大丈夫みたいね』

絵里(電話)『次にリボンの裏に仕掛けておいた小型マイクのスイッチを入れてくれる?』

にこ「あんた勝手に仕掛け過ぎじゃない?」


ポチッ。


にこ「まったくもー」プイッ
34: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:11:27.89 ID:enS6bVWhO

真姫(イヤホン)『にこちゃんの声、聞こえたわ。感度は良好よ』

絵里(電話)『感度といっても破廉恥な話じゃないわ』

にこ「わかってるわよ!」ウガー!

絵里(電話)『小型カメラも入ってるから大事に使ってね』

にこ「あんた何者よ」

絵里(電話)『恋のキューピッド、とでも言っておきましょうか』

にこ「最近のキューピッドってすごいね」

絵里(電話)『さて、これで準備はOK ね!』

絵里(電話)『にこのことは私たちがサポートするわ!』

にこ「ほ、ほんとにやるの?」ドキドキ

絵里(電話)『大丈夫! 私たちの指示に従えば希とのデートもバッチリよ』

絵里(電話)『なんだったら今日でホテルまで行けるわ』
35: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:12:10.19 ID:enS6bVWhO

にこ「な、なに言ってんのよあんたっ!///」カァーッ

絵里(電話)『ホテルといってもビジネスの方じゃないわ。ラ! で始まるホテルよ』

にこ「ラブホテルとラブライブ! を似たような感じにするの止めて!?」

絵里(電話)『ま、にこの言う通りビジネスで使う場合もあるわね』

にこ「話を聞け」

穂乃果(イヤホン)『大丈夫だよにこちゃん!』

にこ「穂乃果!?」

ことり(イヤホン)『そうだよ、ことりたちがついてる!』

にこ「ことり……っ!」
36: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:13:14.90 ID:enS6bVWhO

花陽(イヤホン)『が、頑張りますっ!』

にこ「花陽も!」

凛(イヤホン)『いっくにゃぁー!』

にこ「凛、あんたまで……」グスッ

真姫(イヤホン)『ま、当然私もね』

にこ「ありがとう……」グスッ

にこ「みんな、ありが──」

海未(イヤホン)『さっ、行きましょうにこ! 希の破廉恥な乳房に山頂アタックです!』

にこ「い、いたのね、海未」
37: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:14:13.37 ID:enS6bVWhO

絵里(電話)『そう、あなたにはこの七人が付いてるわ』

絵里(電話)『七人の時を司る女神、タイムズが!』

にこ「ちょっと! まって!」

絵里(電話)『なによいいところなのに』

にこ「それを言うならクロノスじゃない!?」

にこ「なによタイムズって!?」

にこ「なんでレンタカー借りるみたいになってんの!?」

絵里(電話)『え、ダメ?』

にこ「ていうか時を司る女神ってなにい! ぬぁんでいきなり時間をどうこうしようとしてんのよ!」

絵里(電話)『ほら? 最後の敵ってみんな時間を操ってくるでしょ? 奇妙な冒険とかでも』

にこ「知らないわよっ!」

海未(イヤホン)『大丈夫ですよ、にこ』

にこ「海未?」
38: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:14:54.47 ID:enS6bVWhO

海未(イヤホン)『ラ! で始まるホテルに行けなかったとしても、最悪はカー破廉恥に及べばいいという絵里の気遣いです』

にこ「それってホントに気遣い!?」

にこ「そもそも、運転免許がないんだけど!?」

凛(イヤホン)『ほら、もういいから! 希ちゃん、待ちくたびれてチラチラ見てるにゃ』


希「……」チラッ

希「…………」チラッ


花陽(イヤホン)『はやくそばに行ってあげて!』

にこ「……なによ、可愛いじゃない///」


絵里(イヤホン)『よぉーし、みんな! 鋼鉄の七人作戦行くわよ!』

鋼鉄の七人『おーっ!』


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
39: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:17:11.65 ID:enS6bVWhO


──二人? でお買い物──


希「……まずはどこにいく?」

にこ「うーん、そうねぇ……」ウーン


海未(イヤホン)『ドンキホークです』

にこ「は?」キョトン

絵里(イヤホン)『海未?』

海未(イヤホン)『みなさん、ここは私に任せて下さい』

海未(イヤホン)『希は生徒会の仕事、スピリチュアル、ワシワシマックス』

海未(イヤホン)『激しい業務によって肩が凝っています』

海未(イヤホン)『ドンキホークにある簡易マッサージ機を気にいるかもしれません』

にこ「……あんたにしてはまともな意見ね」ボソッ


にこ「ドンキホークはどうにこ? 色々あるにこ!」

希「おー! 楽しそうっ♪」ニコッ

にこ「……っ///」ドキッ


にこ「ナイスよ、海未」ボソッ

海未(イヤホン)『イエス、ユアハイネス』


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
40: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:18:31.11 ID:enS6bVWhO


──ドンキホーク──


にこ「希、こっちだよっ♪」トコトコ

希「あんっ♪ まってにこっちっ♪」


海未(イヤホン)『そうです、そのまま上がって……』

海未(イヤホン)『その、そうです! そこです!』


にこ「希、ついたにこっ♪」ニコッ

希「……に、にこっち///」カァーッ

にこ「どうしたの? 赤くなって?」

希「こ、ここって……///」


海未(イヤホン)『にこ、それです!』

ことり(イヤホン)『あ、海未ちゃんそれ……』

海未(イヤホン)『どっちも頭みたいなマッサージ機! それが気持ちいいんですよ!』

にこ「これねっ!」ガシッ


にこ「希、これ使ってみて!」スッ

希「え!? う、うちはいいよ……///」
41: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:19:25.30 ID:enS6bVWhO


海未(イヤホン)『そんなこと言わずに』


にこ「そんなこと言わずに!」ニコッ

希「えぇ……///」カァーッ


海未(イヤホン)『希が気持ち良かったら友達にプレゼントするわっ』


にこ「希が気持ち良かったら友達にプレゼントするわっ!」

希「い、いやいや! それはさすがにあかんて!」アセアセ


海未(イヤホン)『なんでよ? 気持ち良ければいいじゃない』


にこ「なんでよ? 気持ち良ければいいじゃない」プイッ

にこ「……ん?」

希「……にこっち?」キョトン

にこ「…………」ジーッ


「十八歳未満オコトワリシマス」


にこ「……希、これってその…………もしかして……」

にこ「マッサージ機じゃ、ない?」 クビカシゲ

希「…………お、大人のオモチャ、やね///」ウツムキ

にこ「…………/////////」カァーッ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
42: ◆aAGpgHyonkae 2015/05/27(水) 21:24:21.59 ID:enS6bVWhO

──店外──


にこ「どぉういうことよ!」ウガー!

絵里(電話)『惜しかったじゃない』

にこ「なにがよ!?」

絵里(電話)『希も満更でもなさそうだったわ』

にこ「そういうことじゃないわよ!」

にこ「華の女子高生二人をアダルトショップに誘導するなんてぬぁに考えてんのって話!」

絵里(電話)『海未の采配に問題はなかったわ』

にこ「この、ポンコツ……っ!」ギリッ

絵里(電話)『鋼鉄の七人作戦を続行するわ』

にこ「あんまり破廉恥なのはよしてよね! にこのフルクロスが持たないからっ!」

絵里(電話)『さすがにこね』

にこ「ところでほかのメンバーは?」

絵里(電話)『一年生は外でバトミントンをしてるわ』

にこ「飽きるの早!? 最初だけじゃん!」

絵里(電話)『まあ、いいじゃない。あっ! さすが花陽ね!』

にこ「え? 花陽、バドミントン上手いんだ」

絵里(電話)『違うわ。おっぱいが揺れたの』


ピッ。


にこ「あ、思わず電話切っちゃったわ」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
50: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:18:27.22 ID:icJ3ORTGO


穂乃果(イヤホン)『にこちゃん! お腹空かない?』

にこ「いや、にこは別に……」

ことり(イヤホン)『希ちゃんを見てっ!」

にこ「……」チラッ


希「……」グー

希「……っ///」アセアセ


にこ「……なるほど」

絵里(イヤホン)『近くに希お気に入りのお店があるわ。そこでパフェでもどうかしら?』

にこ「わかったわ」



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
51: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:19:06.80 ID:icJ3ORTGO


──カフェ──


メイド「──承りました。少々お待ちください」ペコッ


にこ「……普通のカフェのつもりだったのに」

希「どこもかしこもメイドさんやね?」ニコッ

にこ「そ、そうね」

希「にこっちはメイド服似合うやんなぁ」

にこ「なっ!?」アセアセ

希「二年生がメイド服着てたやん? にこっちのもみたかったんよ♪」ニコッ

にこ「に、にこぉっ!?///」


ことり(イヤホン)『へー、そうなんだぁ』

にこ(──っ! ことり!?)

にこ「へ、へーそうなんだぁ」

希「うんっ♪」ニコッ


ことり(イヤホン)『喋っちゃダメだよにこちゃん』

にこ(ど、どういうこと?)

にこ「……」ニコニコ
52: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:19:46.77 ID:icJ3ORTGO

希「…………え、と」アセアセ

ことり(イヤホン)『ふふっ♪ にこちゃんのいつもと違う態度に焦ってるね』

ことり(イヤホン)『いつもだったら「あったりまえでしょーっ」とか言っちゃうにこちゃん』

にこ(──たしかに言う!)

ことり(イヤホン)『それをからかうのが希ちゃんの楽しみ……』

ことり(イヤホン)『にこちゃん! にこはぁ、希のメイド姿が見たかったけどなぁっ♪』


にこ「に、にこはぁ、希のメイド姿が見たかったけどなぁっ♪」ニコッ

希「なっ!///」


ことり(イヤホン)『スタイルもいいし、希のほうが絶対似合うよぉ〜』

にこ「スタイルもいいし、希のほうが絶対似合うよぉ〜っ」

希「そ、そそ、そんなことないやん!?///」カァーッ

ことり(イヤホン)『希ちゃん、やっぱり攻められると弱いんだねっ♪』
53: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:20:20.27 ID:icJ3ORTGO

メイド「お待たせしました。ご注文のスペシャルパフェですっ♪」ゴトッ

希「──お、美味しそうやねっ♪///」

にこ「うんっ♪」


ことり(イヤホン)『グッドタイミング!』

ことり(イヤホン)『にこちゃん、ここでとどめの「あーんっ」を──』

穂乃果(イヤホン)『あーっ! パフェだぁ!』

にこ(ちょっ、穂乃果!?)

ことり(イヤホン)『穂乃果ちゃん!? 今いいところだから……』

穂乃果(イヤホン)『食レポだよ!』

ことり(イヤホン)『食レポ!?』

にこ(ちょっ、なにやってんのよ?)

にこ(ことりの指示、聞き逃しちゃったじゃない!)ギリッ

希「にこっち、食べないん?」
54: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:21:01.27 ID:icJ3ORTGO


穂乃果(イヤホン)『そうだよ! こんなに美味しそうなんだよ』

ことり(イヤホン)『穂乃果ちゃん、ランチョパックあげるから静かに──』

にこ(と、とにかくことりの指示が欲しいわ)

にこ(どうにかして……そうだ!)


にこ「ところで希、シージーってあんまり伝わってこないわよね」

ことり(イヤホン)『は?』

穂乃果(イヤホン)『ん?』


希「な、なんでいきなりCGなん?」キョトン

にこ「いや、あんた映画とか好きそうだったから」

希「まあ、たまーに一人で行くけど……」

にこ「へ、へぇー。どんなの見るの?」


ことり(イヤホン)(にこちゃんなにを……?)
55: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:21:32.63 ID:icJ3ORTGO

穂乃果(イヤホン)『ぶー、食レポしないなら穂乃果もバドミントンしてこよっ!』

ことり(イヤホン)(シージー? つたわらない……いったい……)

穂乃果(イヤホン)『えーりちゃーん! 穂乃果とかわってー!』

ことり(イヤホン)『はっ!』

ことり(イヤホン)(理解しました!)

ことり(イヤホン)(シージー伝わらない……つまり!)

ことり(イヤホン)『──指示が伝わってないんだねっ!』


にこ(──さすがことりね!)

希「じゃあ、今度一緒に観に行く?」

にこ「え!?」ニコニーポーズ


ことり(イヤホン)『この流れ! デートのお誘い!?』


希「あら? 嫌だった?」ニヒヒッ

にこ「いや! そんなこと、ない、けど……」
56: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:22:03.40 ID:icJ3ORTGO

ことり(イヤホン)『にこ、ちゃん?』

にこ(希には大切な人がいるんだから)

にこ(にこなんかよりずっと……)

にこ「え、映画とかは好きな人と行った方がいいにこよっ♪」アハハッ

希「──っ!」


ことり(イヤホン)(あ、あれ? 今の?)


にこ「だから、のぞ──」

希「はい、あーんっ♪」

にこ「むごっ!」

にこ「……」モグモグッ

にこ「ごくんっ。な、ぬぁにすんのよ!」ウガー!
57: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:22:45.85 ID:icJ3ORTGO

希「ふふっ♪ おませさんのお口にはスペシャルパフェを食べさせちゃうのだっ♪」ニコニコ

希「はい、あーんっ♪」ニコッ

にこ「こ、子供扱いしないでよっ!///」カァーッ


絵里(イヤホン)『いやー、揺れたわぁ』

ことり(イヤホン)『絵里ちゃん……ちょっとお話しが』

絵里(イヤホン)『あら、ことりも私の妹になりたいの?』

ことり(イヤホン)『……にこちゃんもパフェ食べ終わったら、ちょっと』


にこ「……」モグモグッ

にこ「美味しいわねっ♪」ニコッ

希「さっ! もう一口……あーんっ♪」ニコニコ

にこ「あ、あーんっ///」


ことり(イヤホン)『……幸せそうでなによりですっ♪』


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
58: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:23:20.90 ID:icJ3ORTGO


──三度目のミーティング──


にこ「────なによ、気になることって」

ことり(イヤホン)『にこちゃん、さっきのどういう意味?』

にこ「さっきのって?」

ことり(イヤホン)『「映画とかは好きな人と行った方がいいにこよっ♪」って』

にこ「……ああ、それね」

真姫(イヤホン)『そんなこと言ったの?』

にこ「どうもこうも、そのままよ」

にこ「にこと行くよりも好きな人と行った方がいいでしょって意味」ハァッ

花陽(イヤホン)『な、なんでそんなこと……』

絵里(電話)『花陽の言う通りよ。そんな風に言わなくても良かったんじゃないかしら?』

にこ「……別にいいでしょ」ツーン

穂乃果(イヤホン)『……なんだか、にこちゃんらしくないよ?』

ことり(イヤホン)『にこちゃん、ことり思うんだけど──』

海未(イヤホン)『──ことりっ!』

ことり(イヤホン)『海未、ちゃん……』
59: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:24:07.31 ID:icJ3ORTGO

にこ「……なによ、二人とも?」

にこ「言いたいことがあるならはっきり言いなさいよ」ツーン

海未(イヤホン)『では、失礼して』

海未(イヤホン)『その言葉は誰に向けた言葉ですか?』

にこ「は……?」

凛(イヤホン)『海未ちゃん?』

海未(イヤホン)『希に向けた言葉ですか? 名も知らぬ誰かに向けた言葉ですか?』

にこ「べ、別に私は!」

海未(イヤホン)『──それとも、自分自身に向けた言葉ですか?』

にこ「──っ!」

海未(イヤホン)『……言葉とは難しいですね』

海未(イヤホン)『たった一言でも捉え方によっては様々な意味になってしまうのですから』

にこ「なによ、それ……」ウツムキ
60: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:24:43.18 ID:icJ3ORTGO
海未(イヤホン)『あなたがどうしたいか、希の気持ちはどこにあるのか』

海未(イヤホン)『答えはあなた自身で見つけてください』

にこ「……なによ、いつになく真面目じゃないっ」ニコッ

海未(イヤホン)『ふふっ♪ 後悔先に立たずともいいます』

海未(イヤホン)『あの時、希と無理やりにでも破廉恥行為に及べば良かった』

海未(イヤホン)『私たちはあなたにそんな後悔をして欲しくないのです』

にこ「ねぇ、いい話が台無しなんだけど」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
61: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:25:34.43 ID:icJ3ORTGO


──神田明神──



にこ「──希、今日はありがとね!」ニコッ

希「あははっ♪ あんまり参考にはならなかったね」アハハッ

にこ「そ、そんなことないわよっ!」


にこ(……結局、あの後もなにもなく)

にこ(私が一歩踏み込めないせい、だよね)

にこ(みんなも色々してくれたのにな)

にこ(イヤホンはもう、必要ないわね)スッ

にこ(……私は、どうしたいんだろう)


希「──ところで、にこっちの友達はどんな人なの?」

にこ「へ?」キョトン
62: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:26:14.47 ID:icJ3ORTGO

希「にこっちの大切な人、気になるなるやん?」ニコッ

にこ「え、えっと──」アセアセ

にこ「す、すごく明るい子よ」

希「うんうん! それからそれから?」

にこ「いつも周りの人を助けてる優しい人にこっ♪」

希「ふむふむっ」

にこ「けど、いつも自分のことは後回しで──」

にこ「時々心配になっちゃうにこ」

希「ほうほう」

にこ「だからプレゼントと一緒に……」

にこ「たくさんの……」

にこ「……」ウツムキ

希「にこっち?」キョトン

にこ「ま! そんな感じね!」ニコッ

希「えぇ!? どんな感じ!?」

にこ「その娘のことは気にしなくていいからっ」

希「にこっち……」
63: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:28:04.75 ID:icJ3ORTGO
にこ「そだ、結構あんたに似てるかも」

希「うちに?」

にこ「そっ! だからあんたと一緒にいてすごく参考になったわ!」ニコッ

希「ふーん」

にこ「……綺麗な夕日ね」

希「──うち、にこっちに言いたいことがあるんよ」

にこ「……な、なによ」

希「本当はみんなにも言おうとしたんだけど……にこっちだけ」

希「にこっちは特別だからっ♪」ニコッ

にこ「あ、そ///」プイッ

希「あははっ♪」アハハッ

希「うちな、みんなに感謝してるん」

希「すっごいすっごい感謝してるんよ」

にこ「……いきなりね」
64: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:28:45.36 ID:icJ3ORTGO

希「えりちにね、言われたんよ。うちの誕生日にみんなでパーティーをしてくれるって」

希「うち、とっても嬉しくてね。思わず飛び跳ねちゃったっ♪」ニコッ

希「そしたらえりちがすごいびっくりした顔してん」

にこ「ふふっ♪ 大きな揺れを観測したのねっ!」

希「さすがにこっちやん!」

にこ「けど、それならなんで希の家でパーティーを?」キョトン

希「それなん!」ビシッ!

希「うち、みんなにめっちゃ感謝してん!」

にこ「さっき聞いたわよっ」ハァッ

希「──だから、うちがみんなをおもてなししようと思ったん」ニコニコ

にこ「……え?」
65: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:29:28.12 ID:icJ3ORTGO

希「みんながうちのために時間をくれるなら……」

希「うちの誕生日だからってわがままさせてくれるなら……」

希「みんなに、感謝の気持ちを伝えたい」

希「たくさんお料理も用意するしねっ!」

にこ「──っ!」


『こ、これは大丈夫っ!』

『うちが自分で持たないと意味がないんよ』


にこ「もしかしてこの間の大荷物──」

希「うん! みんなのためにって思ってっ♪」ニコッ

希「ちょっと、買い過ぎちゃったけどね」アハハッ

にこ「な、んで?」

希「もー! さっきから言ってるやん!」

希「うちは今、すっごく楽しいのだ!」バッ!
66: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:30:06.91 ID:icJ3ORTGO

希「みんなと一緒で」

希「にこっちと一緒で」

希「こんなに楽しいことは今までなかったから」ニコッ

希「──大切なみんなに、この気持ちを伝えたいのだっ♪」パァァ

にこ「あんたってホントに……」ウツムキ

希「だからにこっちも頑張ってなっ!」

にこ「へ?」

希「うち、思ってたんよ」

希「相手を思う気持ちが大切なんじゃないかって」

にこ「相手を想う気持ち……」

希「うんっ♪」

希「大切なのはなにを渡すかじゃなくて、なにを伝えたいかだと思うよ」

希「にこっちの伝えたいこと、その娘に伝えてあげてねっ?」ニコニコ

希「きっと、喜んで飛び跳ねちゃうやん?」ニコニコ

にこ「……そう、ね」ニコッ

希「あーっ! でも、少しはうちのことも大切にして!」

希「うち、パーティーでは美味しいお料理作って待ってるからっ♪」ウインクパチッ

にこ「……うん、わかった」

にこ「わかったわ、希」ニコッ


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
67: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:30:44.09 ID:icJ3ORTGO


──にこが出した答え──


にこには友達がいなかった。

……正確には違うか。

自分の気持ちを真っ直ぐにぶつけられるような。

そんな、『仲間』と呼べるような存在はいなかった。

一人きりの教室。

一人きりの部室。

一人きりの活動。

失っていく時間。

気がつくと、いつもふてくされたような。

機嫌が悪そうな。

怒ったような顔をしていた。

にこは、そんな自分が大っ嫌いだった。
68: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:31:28.06 ID:icJ3ORTGO

『こんなはずじゃない!

にこは……私はもっと凄いんだ!

もっと、出来るんだ!

だから……だから……っ!』

気がつくと私は自分の席で涙を流していた。

ぽたり、ぽたりと落ちる雫。

雫が落ちる先はくしゃくしゃになったチラシ。

……アイドル研究部の勧誘チラシ。

こうやって。

こうやってなにもかもがくしゃくしゃになるのかもしれない。

あの時、スクールアイドルグループを結成した時のように。

自分がくしゃくしゃにしてしまうのだろう。

──悔しい。
69: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:32:48.51 ID:icJ3ORTGO

ただ、ただ悔しい。

なんでだれもわかってくれないの?

どうしてにこについてこれないの?

そんな疑問が頭を埋め尽くした時。

──そいつはあらわれた。

いや。

あらわれたという表現は正しくないか。

だってそいつは……東條 希はずっとそこにいたんだから。

ただ静かに。

音もなく。

気配もなく。

自然にそこにいたんだから。

ぱらっ、と。

何事もないように本を読み進める希。

泣いているところを見られたかもしれない。

そう思ってとても恥ずかしくなった。

ゴシゴシと涙を拭う。
70: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:33:27.57 ID:icJ3ORTGO

いたたまれない気持ちになったけど、無言で教室を出るのも気まずかったので。

とりあえず、気付かないフリをして外の景色を眺めた。

外は快晴だ。

窓から入ってきた風がにこの自慢のツインテールにイタズラをする。

片方のリボンが解けて彼女の足許に着地した。

彼女は立ち上がると、リボンを拾い上げ。

女神のような笑顔を浮かべた。

「晴れたね」

「……雨なんて降ってたっけ?」

「さぁ、どうやろね」

それが、私と希のはじめての会話。

「はい、リボン落ちたよ」

「あ、ありがとう……」

「矢澤 にこさん、やろ?」

「そう、だけど」

「うち、東條 希っ!」

「……知ってるわよ」

だって、アイドル研究部に誘おうと思ったことがあったんだもん。
71: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:34:18.37 ID:icJ3ORTGO

「ほんと!? じゃあ、一緒に帰ろう?」

「え!? な、なんで!?」

「なんでって……帰りたいから?」

「は?」

それからだった。

希がことあるごとに私に絡んでくるようになったのは。

いつもにこにこしてる希。

いつもぶすっとしてる私。

その関係はいつの日も変わることがなくて。

だけど、にこの心は以前よりもずっと。

ずーっと。

晴れていた。

気がつくとたくさんの仲間が出来ていた。

気がつくともう一度スクールアイドルになっていた。

気がつくと、

いつも隣にはあなたがいた。

────そうだね。

あの時雨が降っていたのは……。
72: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:35:05.05 ID:icJ3ORTGO


ふと、ショーウインドウに映った自分の顔が目に入った。

あぁ、そうか。

私、泣いてたんだ。

ボロボロになった顔。

いつも薄くしていたメイクも落ちていて。

片方のリボンが解けかかっていた。

自慢のツインテールが……。

なんて不格好なの。

自分が嫌になるわ。

これじゃあの時と一緒じゃない。

なにも出来なくて。

なにも変えられなくて。

スクールアイドルを諦めたあの時と。

──空を見上げた。

雨は降ってなかった。

日が落ちかけの、真っ赤な空だった。

なんだか、納得がいかなかったから。

そっと眼を閉じて、心の音を聴こうとした。

雨音は聴こえなかった。

聴こえてきたのは……笑い声だった。
73: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:37:04.60 ID:icJ3ORTGO

すごく、心地のいい声。

……ゆっくりと眼を開く。

ショーウインドウに映る『にこ』。

その手にはくしゃくしゃの紙は無かった。

…………また無くしちゃったのかな?

くしゃくしゃでも、不格好でも。

たくさんの過程を経てたどり着く。

『私』の未来。

それすらも──。

…………いや。

違う。

違うよ。

うん、それは大きな間違いだよ。

この手にはなにもなくていいんだ。

なにもないってことは、

なんでも掴めるってことだから。

くしゃくしゃな未来だって。

輝かしい未来だって。

『私』には掴めるんだから。

ショーウインドウの自分と眼が合う。

にこっと笑った。

『誰か』を笑顔にする。

それにはこの手を空っぽにしておく必要がある。

だって、私は笑顔の魔法使いだから。

『にこ』が魔法を使うには、

この小さな身体一つで充分なのだから。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
74: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:37:40.38 ID:icJ3ORTGO


──学校──


海未「よっ!」パンッ

絵里「ほっ!」パンッ

海未「はっ!」パンッ


穂乃果「す、すごいっ!」

花陽「超速ラリーです……っ!」ハワワッ

真姫「──これがバドミントンだっていうの?」ボソッ

凛「下校時間はとっくに過ぎちゃってるにゃっ!」

ことり「かれこれ一時間以上たつよ……」


海未「流石ですねっ! 絵里っ!」パンッ

絵里「あなたもねっ!」パンッ


ピンポンパンポーン。


『アイドル研究部の皆さん。下校時間が過ぎています。

速やかに帰宅して下さい』


花陽「この声……」

凛「理事長先生だにゃ」

ことり「……ことりが止めるよ」スクッ
75: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:38:19.47 ID:icJ3ORTGO

穂乃果「どっちを?」キョトン

真姫「どっちって、絵里と海未に決まって──」

ことり「理事長室に行ってきますっ!」ダッ!

花陽「そっちなのぉ!?」ガーン


『繰り返します。下校時間が過ぎています。

速やかに帰宅して下さい』


海未「ふふっ♪ 下校時間ですよ?」パンッ!

絵里「ええ、そうねっ!」パンッ!

海未「時間を守れぬ生徒会長では、生徒に示しがつきませんよっ!」パンッ!

絵里「そっちこそっ!」パンッ

海未「はっ!」パンッ

絵里「おかたーい海未ちゃんがこんな時間まで学校にいていいのかしらっ!」パンッ!

海未「ちっ! いいコースですっ!」パンッ


穂乃果「あっ!」

凛「打ち上げちゃったにゃ!」

真姫「チャンスねっ!」

花陽「海未ちゃん!?」
76: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:38:53.71 ID:icJ3ORTGO

絵里「終わりね海未っ!」

絵里「μ's のメンバーのおっぱいを揉める権利をかけたこの戦い……」

絵里「私の勝ち──」

絵里(これで、花陽のおっぱいは私のモノズね!)ニヘラッ

絵里「──よっ!」


べちんっ!


絵里「あっ」


穂乃果「あぁっ! 今度は絵里ちゃんが打ち上げちゃった!」

凛「勝利を確信したことで油断が生じたんだにゃっ!」

真姫「いかがわしいことを考えていたに違いないわ!」

花陽「あわわっ! 今度は海未ちゃんにチャンスが!」
77: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:40:29.13 ID:icJ3ORTGO

海未「……まさかこのような形で終わりが来てしまうとは」ウツムキ

海未「恐らく、あなたの敗因は花陽の乳房に固執してしまったことです」

絵里「けど、花陽のおっぱいはあんなにも揺れていたわ!」ウツムキ

絵里「あんなにも柔らかそうで……」クワッ!

絵里「抱き締めちゃいたいって思ったもの!」グッ!

海未「──私は違います」キリッ

絵里「海未?」キョトン

海未「穂乃果の柔らかく程よい大きさの乳房」

海未「ことりのぷわぷわして大きく見えるときもあれば小さく見えるときもある乳房」

海未「真姫のスラッとした身体に備わったオアシスのような乳房」

海未「凛の控えめですが感覚の鋭い乳房」

海未「花陽の暖かく、炊きたてのご飯のような乳房」

海未「──そして、絵里」

海未「あなたの豊満で一見冷たくも本当の優しさを持った乳房」

海未「いろんな乳房があっていいのです」

海未「私は……そんなみんなの乳房が大好きです」ニコッ

絵里「海未、あなた……」

絵里「──完敗、だわ」ニコッ
78: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:41:19.51 ID:icJ3ORTGO

海未「絵里、あなたと戦場で向き合えてよかった」

海未「次は……ベッドの上で向き合いましょう?」ニコッ

絵里「ハラショー! 素晴らしい戦いだったわ!」ハラショー

海未「μ's の乳房は私のモノズです」キリッ!


穂乃果「海未ちゃんがシャトルを見定めた!」

凛「決着をつける気にゃ!」

花陽「っていうかシャトルの滞空時間長すぎだよぉ!?」

真姫「意味わかんないっ!」


海未「──園田流、究極奥義」

海未「ラブアローシュ──」

にこ「──ちょーっぷ!」


べちっ!


海未「いたっ!」

絵里「にこ!?」

穂乃果「にこちゃん!?」

にこ「あんたたちぬぁにやってんのよぉ!」ウガー!

凛「に、にこちゃんの勝ちだにゃ……」

真姫「予想斜め上ね」ハァッ

花陽「にこちゃんに破廉恥されちゃうの!?」
79: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:41:59.07 ID:icJ3ORTGO

にこ「ほら、返すわ! マイクとかもろもろ」スッ

絵里「にこ、あなたデートは?」

にこ「終わったわ」ジトーッ

にこ「っていうかおかしくない!?」

にこ「どうしてこんな小型イヤホンとか、実際にありえなさそうで面白いモノがあるのに!」

にこ「なんで最終的にバドミントンしてんのよっ!」ウガー!

海未「大人のおもちゃは私たちには早かったということですね」シュン

絵里「破廉恥的な意味でもね」シュン

にこ「もういいから!」

にこ「それより、あんたたちにお願いがあるんだけど」キリッ

穂乃果「お願い?」キョトン

にこ「そうよっ!」

にこ「この世界で一番の笑顔にしたい人がいるのっ!」ニコニーポーズ
80: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:42:27.04 ID:icJ3ORTGO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


パーティの日。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
81: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:43:15.86 ID:icJ3ORTGO

──希ハウス──


希「よっ! ほっ!」バッ!

希「ふふっ♪ なかなかうまく出来たやんっ♪」

希「次はチーズケーキのデコレーションを……」チラッ

希(みんなが来る前に終わるかなぁ?)


ピンポーン。


希「ん? 誰やろ?」


ピンポーン。

ピンポーン。

ピンポーン。


希「せっかちさんやなっ♪」

希「はいはい、いま行きまーす」パタパタ


ガチャッ。


希「はーい、どちらさまでって……」

絵里「おはよう、希」ニコッ

希「えりち!? それに──」

海未「おはようございます、希」ニコッ

凛「いい匂いにゃー♪」

花陽「お米持ってきたよっ!」ニコッ

真姫「ちょっと二人とも? ご近所様の迷惑になるでしょ?」

穂乃果「差し入れ持ってきたよ!」ニコッ

ことり「みんなで一緒に準備しよっ♪」ニコッ

希「みんな!? な、なんで……?」キョトン


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
82: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:43:51.05 ID:icJ3ORTGO

希「にこっちが!?」

絵里「ええ。みんなで準備しようってね」ウインクパチッ

希「べ、別によかったのに……///」

絵里「ふふっ♪ あなたは良くても、にこには良くなかったのよっ♪」

希「それでそのにこっちは──」

ことり「希ちゃん! オムライスにケチャップでなにか書いていい?」ニコッ

希「うんっ♪」ニコッ

ことり「じゃあ、希ちゃんとにこちゃんで相合傘を……///」

希「ちょっ! やめて! そういうのやめて!///」

穂乃果「希ちゃん! パン無くなっちゃったんだけどどうしたらいい?」ニコニコ

希「おぉぉいっ! 口の周りパンカスだらけやん!? 隠す気ゼロかい!」

海未「こら、穂乃果! なに食べてるんですか!」

海未「すみません希。すぐにコンビニで買ってきますので……」シュン

希「……その顔で行ったら笑い者やで? 口の周りの餡子を拭いてから行ってな?」
83: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:44:37.24 ID:icJ3ORTGO

凛「希ちゃん! ラーメンの汁こぼしちゃった! ごめんにゃ!」

希「いいんよいいんよ! そこにある雑巾で拭けば──」ニコッ

凛「希ちゃんの布団に」

希「なにやっとんねんっ!」バンッ!

凛「なんか、お肉? みたいな柄だったにゃっ♪」

希「おぃぃぃぃいいい! うちお気に入りの焼肉柄布団やんけ!」

希「なにうちの寝室で夢のコラボレーションしとんねんっ!」ウガー!

凛「凛と大手カップ麺メーカーがコラボしてるラーメンだったからかな?」ニコッ

希「宣伝っ!? ねぇ、それ宣伝なん!?」
84: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:45:19.03 ID:icJ3ORTGO

花陽「希ちゃーんっ! ごはん炊けたよぉー!」ニコニコ

希「あ、うん、ありがとう……って! ごはんはもう必要なかったんやけどっ!」

花陽「あぁっ! ごめんね! そうだよね! すでにオムライスがあるもんね……」アワアワ

希「あ、でも花陽ちゃんが食べるんやったら──」

花陽「ごめんね……ホントにごめんね。花陽が食いしん坊だからだよね!」

希「いや、そんなに……」

花陽「でも花陽、みんなで山盛りごはん食べると幸せだから! 希ちゃんにも幸せになって欲しくて!」クワッ!

希「う、うん……」

花陽「それでね! 今日はとっておきのお米を持ってきたんだ! 希ちゃんもきっと気に入ってくれると思う!」

花陽「だって、花陽の人生から厳選した、『これは美味しい! 最高のお米!』ランキング不動の一位だもん!」

希「す、スピリチュアルやね……」アハハッ
85: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:46:03.49 ID:icJ3ORTGO

花陽「でしょっ!? だから花陽──」ニコッ

絵里「はいはい、ストップよ! 続きは私が聞いてあげるわ!」

花陽「え、絵里ちゃんっ!」

絵里「向こうの部屋へ行きましょう?」ウインクパチッ

希「えりちナイスやでっ♪」ヒソヒソッ

絵里「ハラショー!」グッ!


じゃらららーんっ!


希「ん?」

絵里「あ」

希「おぃぃぃいっ! なんやねんその首輪と鎖! なんやねんそれ!?」

絵里「……さっ! 早く行きましょうっ♪」ウインクパチッ

花陽「う、うん……」アワアワ

希「ウインクすなーっ!」バンッ!

希「つーか、そっちうちの部屋なんだけど! ねぇ!」

希「その鎖と首輪でなにするつもり!?」

希「うちの部屋でなにするつもり!?」
86: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:46:46.78 ID:icJ3ORTGO

絵里「大丈夫よ。痛いと気持ちいいの境界線くらいわかってるもの」ツーン

希「わかってたらあかん! それ女子高生がわかってたらあかんやつや!」バンッバンッ!

絵里「子供の頃は、かしこいかわいいエリーチカ、なんて呼ばれていたわっ♪」ニコッ

希「いまのえりちはかしこくもなければかわいくもない。心が汚れたエリーチカや」ボソッ

真姫「ねぇ、希?」オロオロ

希「今度は真姫ちゃん!? なにやらかしたの!?」クワッ!

真姫「みんながリラックス出来るような音楽流したいんだけど……CDプレイヤーは?///」カァーッ

希「天使か!」バンッ!

真姫「・ぇっ!?」ビクッ

希「あんた天使か!? ホントにいい子やん! お母さん涙出てきたわぁ」グスッ

真姫「な、ちょ! 急に泣かないで──」


ばぁんっ!


にこ「ほら! あんたたち! ちゃんと手伝ってるの!?」
87: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:47:23.65 ID:icJ3ORTGO

真姫「にこちゃんっ!」

希「もー、にこっちどこいってたん? 大変だったんよ!」

にこ「はぁ? 知らないわよ」ツーン

希「冷たっ! 発言に暖かさがないっ!」ガーン

にこ「なに作ってんのよ? にこが変わってあげるから、みんなをまとめてっ!」

ことり「それはことりにお任せだよっ! 二人は一緒にお料理しててねっ♪」

にこ「ちょっ! ことり!?」

ことり「真姫ちゃん、CDプレイヤーはこっちだよっ! おいでっ♪」トコトコ

真姫「あ、ありがと///」トコトコ


にこ「……」


とんとんとんとんっ。


希「……」


とんとんとんとんっ。


にこ「千切り、結構上手じゃない」

希「ありがとさんっ♪」


とんとんとんとんっ。


にこ「……みんなで用意したほうが、楽しいでしょ?」
88: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:48:02.04 ID:icJ3ORTGO

希「うんっ♪」

希「うち、めっちゃ幸せやんっ♪」

希「こんなにうちの周りが賑やかなのって……」

希「いままでなかったからっ」グスッ

希「……にこっちのお陰やん」グズッ

にこ「……そんなこと、ないわよ」

希「……」ゴシゴシッ

にこ「ねぇ、今度映画でも見に行かない?」

希「え、うちと?」キョトン

にこ「そっ! さっき、前売り券を買いに行ったんだけど、あんたの好きなのってどれかわかんなくて……」クスクスッ

希「う、うちでいいの?///」オロオロ

にこ「……え?」

希「うちと映画なんて……にこっちは平気なん?///」カァーッ

にこ「なにをそんなになってんのよ? たかが映画で──」

希「だ、だってにこっち、映画は好きな人と観に行く派やん? それって……///」


『映画とかは好きな人と行った方がいいにこよっ♪』


にこ「──っ!」
89: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:48:43.45 ID:icJ3ORTGO

にこ(い、今になってことりの言ってたことがわかったわ!)

にこ「ち、ちがうの!///」

にこ「いや、違うことはないんだけど!///」

希「で、でも映画にってそういう……///」カァーッ

にこ「待って! 落ち着きなさいっ!///」

希「う、うん///」

にこ「もうっ! こうなったらっ!」グッ!

にこ「希、よく聴きなさいっ」キリッ

希「は、はいっ///」


にこ(恥ずかしがりで)

にこ(意地っ張りで)

にこ(口下手な私だけど)

にこ(──だけど)

にこ(この気持ちはちゃんと伝えたいっ!)


にこ「『私』の大切な人っていうのはね────」

希「────っ!」


にこ(……言葉を告げたあなたの顔は)

にこ(驚いたように眼を丸くして)

にこ(そして、今までに見たこともない……)

にこ(素敵な笑顔を見せてくれました)
90: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:49:18.56 ID:icJ3ORTGO

















希「えへへっ♪ ありがとう、にこっち///」ニコッ















91: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 21:49:52.42 ID:icJ3ORTGO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


【ラブライブ!】にこ「希の誕生日……?」

おしまい
94: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 22:53:59.69 ID:icJ3ORTGO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


──おまけ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
95: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 22:54:36.86 ID:icJ3ORTGO


──神田明神──


にこ「……」ボケー

希「にこっちどうしたん?」

にこ「あ、ううん! なんでも──」


ファンA「おい、あれμ's の希ちゃんじゃね!?」

ファンB「にこちゃんもいるじゃん!」


にこ「な、なにあの娘たち……スケ番?」

希「ファンの方、かなぁ?」

ファンA「そうだよ! 希ちゃんの大ファンなんだよ! 良かったらこのあとお茶でもしなーい?」

ファンB「ちょ、お前なにいってんだよやめろよ! 希ちゃん困ってるだろ!」

希「ありがとさんっ♪ でも、お茶はいいかな? さっき飲んだし」ニコッ

ファンA「いやー、本当に胸大きいね! あたいもワシワシしちゃいたいくらい!」

にこ「なっ!」
96: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 22:55:16.22 ID:icJ3ORTGO
ファンB「二人とも、ごめんなさい、こいつきょうちょっとおかしくて……」


希「あははっ♪ うちのチャームポイントやからね! けど、あんまりおいたが過ぎると、ね?」ニコッ

不良A「いいじゃんちょっとくらい!」


ぐいっ!


希「きゃっ!」

にこ「──っ! やめなさいっ!」

にこ「希に乱暴するなっ!」キッ!

希「にこっち!? ダメ──」

不良A「うるさい! あたいは希ちゃんと話してるんだ!」

不良B「にこちゃん危ないっ!」


がしっ!


ファンA「おいっ! 離せよ!」

ファンB「にこちゃん、希ちゃん! はやく逃げて!」

にこ「あ、あんた!?」
97: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 22:56:07.23 ID:icJ3ORTGO

ファンA「邪魔だよっ!」


バシッ!


ファンB「うっ!」パタンッ

ファンA「希ちゃん……ワシワシ!」ハァハァッ

にこちゃん「……希に手を出したら許さない」


──ばっ!


希「逃げてにこっち! この娘の狙いはうちやん!」

希「うちの前からどいて!」

にこ「いやよ!」フルフル

希「にこっち!?」

にこ「──こんな時くらい自分のことを一番に考えなさい」

希「え?」

にこ「私ね、あんたのこと、大っ嫌いだったの」

希「にこ、っち?」キョトン

にこ「放っておけばいいのに、にこみたいな痛い子につきまとって……」クスクスッ

にこ「──でも、いまは大切に思ってる」

にこ「自分のことなんてどうなってもいいくらいに」ニコッ

希「──っ!」


がしっ!


にこ「さっ、はやく逃げて! にこがこいつを抑えてるうちに!」ギュッ
98: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 22:56:49.69 ID:icJ3ORTGO

ファンA「うぉぉっ! にこちゃんいい匂いやん!」

希「なっ!」

ファンA「この際にこちゃんにワシワシでも……いや、やっぱり希ちゃんだ!」


ばしんっ!


にこ「きゃっ!」パタンッ

希「にこっち!」

希(にこっちが、怪我を……)

希(──うちのせいでっ!)ギュッ

にこ「なにしてるの希! はやく逃げなさいっ!」

ファンA「さぁ、希ちゃん、あたいのワシワシマックスを……!」

希「……うち、東條 希には許せないことが三つある」スッ

ファンA「……?」

にこ「のぞ、み?」キョトン

希「一つは、頑張ってる『誰か』が幸せになれないこと」

希「もう一つは、大切な人を傷付けられること」

にこ「……」

希「そして、最後の一つは……」

希「──大切な人を守れないくらい、自分が弱いということっ!」キッ!
99: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 22:57:49.10 ID:icJ3ORTGO

ファンA「のんたんカッコいい! あたいやっぱりのんたんにワシワシするっ!」

にこ「希っ!」ギュッ

希「……」ニコッ

にこ(……希、笑って?)

希「──我、使命を受けし者なり」


──スッ。


希「契約のもと、その力を解き放てっ!」カードピッ!

ファンA「な!? まさか!?」

希「風は空に、星は天に……」

希「──そして、不屈の心はこの胸にっ!」

にこ「こ、これって!?」

希「この手に魔法を。スピリチュアルハート、セットアップ!」カードバッ!


…………しーんっ。


希「マジカルアイドルリリホワのぞみん、ただいま参上やんっ!」
100: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 22:58:40.02 ID:icJ3ORTGO


にこ「……ま、マジカルアイドル?」


ファンA「──希ちゃん! ワシワシ!」バッ!

希「はぁっ!」カードピッ!


がきぃっ!


にこ「す、すごいっ!」

にこ(行き過ぎたファンの攻撃を防いだ!)

希「──もう、大丈夫やよ」

にこ「希……?」

希「うちが変身したからには、もうにこっちに傷一つ付けさせないからっ」ニコッ

にこ「あんた、一体?」キョトン

希「ま、うちに出来るのは『護ること』だけなんだけどねっ」


ファンA「ワシワシっ!」


バキッ!


にこ「──っ!」

希「うちの障壁にヒビを入れるなんて……っ!」ギリッ

にこ「だ、大丈夫なの!?」

希「奴さん、だいぶお『憑』かれなようやねっ♪ ──けどっ!」
101: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 23:00:32.36 ID:icJ3ORTGO

「────はぁぁぁぁっ!」


パキィンッ!


ファンA「うっ!」


希「もー、遅いやん!」

海未「すみません、花陽の胸がやたらと揺れていたので」キリッ

にこ「う、海未!?」

にこ(す、すごい! 希とファンの間を横から割って入って、ファンを竹刀で横薙ぎに!)

にこ(あ、アクション映画みたい!)

海未「『憑』かれてるのは……」

ファンA「うぐぐっ……」

海未「あの方ですか」キッ

にこ「海未!? あんたもマジカルアイドル!?」

海未「い、いえ、私は違います!」
102: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 23:01:16.41 ID:icJ3ORTGO

希「海未ちゃん! 防御はうちに任せてやっちゃって!」カードピッ!

海未「……人使いが荒いですね」ハァッ

にこ「だ、大丈夫なの?」

凛「大丈夫! 心配いらないよ!」ニコッ

にこ「うわっ! 凛!?」

凛「足貸して? 治してあげるにゃっ♪」ネコポーズ

にこ「あ、あんたたちホントになんなの?」キョトン

希「スピリチュアルやんっ♪」
103: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 23:03:09.11 ID:icJ3ORTGO

ファンA「くそ! お前もワシワシしてやる!」

海未「人の心に取り憑き、昼夜を問わず破廉恥三昧……」

海未「──誰にだって、心に闇はあるのです」

海未「だからこそ人は愛おしいのです」

海未「それを弄びほくそ笑むなど……」

海未「恥を知りなさいっ!」キッ

ファンA「ワシワシワシワシ! ワシワシマックス!」

海未「園田流奥義っ!」スッ

海未「────蒼の神話!」ダッ


スパーンッ!


ファンA「うっ!」パタンッ

海未「……あなたは海色少女─私─に魅せられる」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
104: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 23:04:41.34 ID:icJ3ORTGO


希「……ふぅ、これで良しっ!」

海未「お疲れ様です」ニコッ

凛「お疲れ様っ♪」ネコポーズ

にこ「この子たちどうなったの?」

希「悪いモノズに取り憑かれてただけやん」

海未「もう、祓われたので大丈夫ですが」

凛「怪我も治してあるよっ♪」ピース

希「それに、うちのスピリチュアルパワーを送ったから」

希「起きたらもう、覚えてないよっ♪」ニコッ

凛「これにて一件落着にゃっ!」

にこ「……そう、なんだ」

希「……にこっち?」

にこ「ん? なによ?」

希「さっきはありがとさん。うちのこと護ってくれて」ニコッ

にこ「わ、私はなにも……」

にこ「どっちかと言えば護ってもらった方だわ」アハハッ

希「……ごめん、な?」

にこ「え?」

希「にこっちの記憶も消さなあかん」シュン

にこ「どういう、こと?」キョトン

海未「にこが平和な日常を送るには、こうするしかないんです」シュン

凛「にこちゃん……」シュン

にこ「え!? ま、待って!」

希「──じゃあね、にこっち。また、学校で……」

にこ「の、希────」



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
105: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 23:05:51.88 ID:icJ3ORTGO

──映画館──


にこ「──っていう夢をみたのよ!」クワッ!

希「な、なにそれ? すごい夢やなぁ」アセアセ

にこ「……あんた、なんか焦ってない?」

希「うぇぇっ!?」ニコニーポーズ

にこ「まさかあんたホントに……!」ジトーッ

希「そんなわけないやん」アハハッ

にこ「──それもそう、ね」ニコッ

希「さて、映画だけどどれにする?」

にこ「へ? 選んでいいの?」

希「うちはにこっちが観たいのでええよっ♪」ニコッ

にこ「あ、ありがとう///」

にこ「えっと、それじゃあ……」

にこ「どっちがいいかしら?」ウーン

希「どれとどれ?」

にこ「すくーるあいどるざむーびーと、マジカルアイドルlily white ……」

希「にこっちはホントにアイドルが好きやね」

にこ「当然でしょ! 」

希「はぁ、それ位うちのことも好きでいてくれたらいいのになぁ」ボソッ

にこ「はぁ? 何言ってんの?」ジトーッ

希「き、聞こえてた?///」アハハッ

にこ「あんたってホント馬鹿っ!」ハァッ
106: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 23:06:39.58 ID:icJ3ORTGO

















にこ「────希が一番に決まってるじゃないっ!///」プイッ















107: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 23:07:12.72 ID:icJ3ORTGO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


【ラブライブ!】にこ「希の誕生日……?」


ほんとにおしまい
108: ◆aAGpgHyonkae 2015/06/08(月) 23:10:14.91 ID:icJ3ORTGO
終わりです。

コメント下さった方、ご覧になって頂いた方。

ありがとうございました。

直もまた、よろしくお願いします。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【ラブライブ!】にこ「希の誕生日……?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【ラブライブ!】にこ「希の誕生日……?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。