真姫「今日は私たちだけですか?」にこ「そうみたいね」

シェアする

にこまき-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:42:26.56 ID:3dlxQPuu.net
部室

ガチャ

真姫「よろしくお願いします・・・?」

にこ「・・・・・」カチカチカチ

真姫「今日はにこ先輩だけなんですか?」

にこ「そうよ、絵里と希は生徒会、穂乃果は風邪をひいてことりと海未が看病しに行ったわ」カチカチ

真姫「そうなんですか、凛と花陽もA-RISEのライブがあるからどうしても休ませてくださいだそうです」

にこ「そう、じゃあ今日は私たちだけで練習ね」カタカタカタ

真姫「さっきから何してるんですか?」

にこ「今日の練習内容をみんなに聞いてるの」

真姫「聞いてるって・・・誰にですか?」

にこ「私の行きつけのスクールアイドル専用の掲示板があるの、もちろん私たちμ'sのスレッドもあるわ」

真姫「へー詳しいんですね」

にこ「で、そこにいる人たちに練習内容をどうしようか聞こうと思ってるの、いつもと違う練習になるかもしれないけど仕方ないわね」

真姫「そうですね、私とにこ先輩で特別やる練習もありませんしね」

にこ「場合によっては練習ですらないものもあるかもしれないけど、選んでられる時間もないしそれも含めるわ」

真姫「わかりました」

にこ「さっそく来たわね、何々、>>2

元スレ: 真姫「今日は私たちだけですか?」にこ「そうみたいね」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:43:19.09 ID:zWS73GfD.net
背筋
6: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:58:13.53 ID:3dlxQPuu.net
にこ「何々・・・・背筋?」

真姫「背筋って何よ?」

にこ「わからないわ、ただ私のスレに背筋とだけ・・・」

真姫「背筋の練習ってどんな感じかしら」

にこ「よく体操のときにやるストレッチみたいなものじゃない?背中から押すやつ」

真姫「あーあれですね」

にこ「じゃあにこが先に押すからそこに座って」

真姫「わかりました」

ぎゅうー

にこ「1,2、3、4」

真姫「・・・・・」

にこ「・・・何かしゃべりなさいよ」

真姫「何もしゃべることがないんですけど」

にこ「そうね・・・」

真姫「そろそろ交代します」

にこ「お願いね」

ぎゅうー

真姫「1,2、3、4」

にこ「・・・本当にしゃべることないわね」

真姫「ですよね」

にこ「さて、ウォーミングアップは終わったわ。次はっと、>>13
8: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:00:30.81 ID:3dlxQPuu.net
安価ミス
>>10でお願いします

>>3
設定としてはまだ絵里と希が入ってきてすぐです

>>5
この頃のにこは練習熱心ということで
10: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:07:43.64 ID:X4097+LV.net
先輩禁止
12: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:16:13.32 ID:qMK1/B82.net
にこ「先輩禁止」

真姫「それってにこ先輩に敬語つかわないことと呼び捨てにしろってことですか?

にこ「そういうことみたいね、じゃあ呼び捨てにしてみて」

真姫「い、いきなりですか、に、にこ・・・さん」

にこ「ぷぷ」

真姫「な、何で笑うんですか!」

にこ「い。いや、さんつけなくっていいのよ、それに敬語も取れてないわ、やり直し」

真姫「わ、わかり・・・ったわ、にこ、ちゃんと敬語になっています・・・る?」

にこ「あはははは!笑わせないでよ!」

真姫「そっちが笑わなきゃいいでしょー!」

にこ「! それよそれ!」

真姫「え?」

にこ「さっき自然に話せたじゃない!あとにこって呼び捨てにすると固くなっちゃうからにこちゃんでいいわよ」

真姫「じゃあ・・・にこ、ちゃん」

にこ「そうそう!」

真姫「も、もういいわよね?次の練習行きましょう」

にこ「そうね、次は~>>14

真姫「
14: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:17:28.04 ID:7Wzd3Hpj.net
肩車しながらスクワット
20: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:28:02.59 ID:qMK1/B82.net
にこ「肩車しながらスクワット!?」

真姫「にこちゃんじゃ私を肩車できないし、私がやるわ」

にこ「はぁ!?馬鹿にしてるのそれ?一年くらい軽々できるわよ」

真姫「本当?無理しないでね」

にこ「ふん!・・・ぐっ!ぬぬぬ・・・」

真姫「も、持ち上がった」

にこ「うぅ~、うぐぐぐぐ・・・」

真姫「も、もう大丈夫だわ!そろそろ降り・・・」

グラリ

にこ「って、きゃあ!」

真姫「え?うわぁ!」

バタッ!

真姫「いたたぁ~、にこちゃん大丈、ぶ・・・」

にこ「・・・・・///」

真姫「え、あ、その///」

にこ「・・・人のこと押し倒してないでどきなさいよ」

真姫「そ、そうね・・・ごめんなさい」

にこ「別に、この練習提案してきた人が悪いんだから、真姫が謝ることないわ」

真姫「うん・・・」

にこ「この練習は危険だからやめね、次の練習はっと>>21
21: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:28:41.03 ID:rZPwCiYl.net
油風呂
22: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:33:16.23 ID:qMK1/B82.net
にこ「油風呂・・・って何?」

真姫「そんなこと言われてもわからないわよ」

にこ「検索してみるわ・・・格闘漫画っぽいのが出てきたわね」

真姫「このスレの人たちは私たちにどうなってほしいのかしら」

にこ「さあね、でもどっちにしろ風呂も油もないしできないわ、この人には悪いけど」

真姫「むしろできなくてよかったわ・・・」

にこ「気を取り直して次の練習ね、>>27
27: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:36:05.66 ID:qMK1/B82.net
またミス
>>28
28: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:36:18.70 ID:pR4pbLU0.net
同棲の練習
31: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:44:08.65 ID:qMK1/B82.net
にこ「同棲の練習」

真姫「同棲の・・・練習?」

にこ「同棲ってことは一緒に住むこと、この場合だと真姫と一緒に住む意味になるわね」

真姫「そんなの練習していったい何のためになるのよ」

にこ「わからないわ、けど練習くらいならしてみてもいいんじゃない?」

真姫「そうね、やってみるわ」
34: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:53:24.69 ID:qMK1/B82.net
―――――

真姫「ただいま」

にこ「おかえり~今日は遅かったわね」

真姫「ええ、今日は緊急の会議だったの」

にこ「大変だったわね、ご飯できてるわよ」

真姫「ちょうどおなかすいてたの、一緒に食べましょう」



「「ご馳走様でした」」

にこ「どう?にこのごはん、おいしかったでしょ?」

真姫「とてもおいしかったわ、毎日食べれるなんて幸せよ」

にこ「にこもおいしそうに食べてくれる真姫を見れて幸せ」

真姫「な、何言ってるのよ!それよりお風呂は?」

にこ「もう入れるわよ、一緒に入る?」

真姫「もう!にこちゃん馬鹿にしないで!」

―――――

真姫「こんなとこかしら」

にこ「真姫なかなかやるわね」

真姫「そうかしら?にこちゃんがうまくリードしてくれたから自然にできたわ」

にこ「そういえば自然だったわね、自然すぎて逆に不自然なくらいだったわ」

真姫「実際一緒に住んでみても悪くないのかもね、私たち」

にこ「はぁ!?そんなわけないでしょ!!」

真姫「な、何むきになってるのよ、一緒に住むことなんてない可能性の方が高いのに」

にこ「それもそうだけど・・・」

真姫「あ、次の練習内容が来てるわ、>>35
35: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:55:36.52 ID:rZPwCiYl.net
もう少し踏み込んだ同棲の練習
36: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:59:48.00 ID:qMK1/B82.net
真姫「もう少し踏み込んだ同債の練習」

にこ「また同棲?どんだけ同棲させたいのよこの人たち」

真姫「さっきの格闘漫画っぽい練習させてくる人よりましでしょ?」

にこ「そ、それもそうね、やってみるわ」

真姫「さっきの続きね」
41: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 01:07:01.97 ID:qMK1/B82.net
―――――

真姫「ふんふ~ん♪」

にこ「真姫、入るわよ」

真姫「ヴェエエ!?にこちゃん!?」

にこ「真姫とお風呂入るなんて久しぶりね」

真姫「そ、そうだけど・・・」

にこ「・・・ねぇ、真姫」

真姫「どうしたのにこちゃん?」

にこ「私本当に幸せ、真姫ちゃんと一緒に暮らせてこんな楽しい生活が待ってるだなんて思ってもみなかった」

真姫「にこちゃん・・・」

にこ「だからね真姫、ずっとにこの傍にいてね」

真姫「・・・私も、私も今の生活とても幸せ、私はずっとにこちゃんの傍にいるからにこちゃんも私の傍にいて欲しい」

にこ「ありがとう、真姫」

真姫「こちらこそ、にこちゃん」

―――――

にこ「・・・だんだん恥ずかしくなってくるわねこれ」

真姫「そうかしら、私は結構こういうの好きよ?」

にこ「好きって!どどど同棲の方なの!?練習の方なの!?」

真姫「い、いきなり何よ!同棲の練習でしょ!」

にこ「あ、そっか・・・」

真姫「何落ち込んでるのよ」

にこ「なんでもないわ、次>>41
42: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 01:08:33.20 ID:qMK1/B82.net
思ったより早いなお前ら
再安価>>43
43: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 01:08:55.34 ID:X4097+LV.net
手をつなぐ練習
46: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 01:19:39.69 ID:qMK1/B82.net
にこ「手をつなぐ練習」

真姫「手をつなぐのに練習なんているのかしら?」

にこ「し、知らないわよ」

ぎゅっ

にこ「きゃあ!」

真姫「にこちゃんの手ってやっぱり小さいのね」

にこ「ちょ、ちょっと!」

真姫「それに白いし子供みたいな手ね、でも意外と冷たい」

にこ「うぅ・・・///」

真姫「だんだん温かくなってきたわね、手をつないでるからかしら」

にこ「そんなのわからないわよ・・・」

真姫「冷たくて気持ちいい、ずっと握っていていいかしら」

にこ「なっ!握っていたら練習できないでしょ!」

真姫「あ、それもそうね」

パッ

にこ「あ・・・」

真姫「どうかしたの?」

にこ「なんでもない!次よ次!>>47
47: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 01:21:11.63 ID:Cd+i5W2M.net
昼寝の練習
50: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 01:28:25.50 ID:qMK1/B82.net
にこ「昼寝の練習・・・ってこら」

真姫「そうしたのにこちゃん?」

にこ「次の人のレスがひどかったから思わず突っ込んじゃったのよ」

真姫「練習にならなかったみたいでよかったわね、それで昼寝の練習?」

にこ「もはや練習がなんなのかわからなくなってきたわね・・・私眠くないし」

真姫「私は少しだけ眠いわね、どうせなら十分ぐらい寝させてもらうわ」

にこ「ま、真姫?」

真姫「すぅ・・・すぅ・・・」

にこ「寝ちゃった・・・」
52: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 01:33:31.05 ID:qMK1/B82.net
にこ(・・・私も少しくらい横になろうかしら)

にこ(それにしてもきれいな顔ね、さすがお嬢様育ちと言ったとこかしら)

にこ(すぅすぅ言って寝てる、結構疲れてるのね)

にこ(ってこれじゃあ変態みたいじゃない!早く離れないと・・・)

真姫「んん・・・にこちゃん?」

にこ「お、おはよう、真姫」

真姫「にこちゃんも昼寝してたの?」

にこ「い、いや少し横になってただけよ」

真姫「そう、結構これでも眠気が取れたわ、ふわぁ~」

にこ「よかったわね、それじゃあ次の練習>>55
55: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 01:35:57.64 ID:gTsXt4A+.net
修羅場の練習
57: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 01:41:27.93 ID:qMK1/B82.net
にこ「修羅場の練習」

真姫「修羅場って何?」

にこ「どこかで聞いたことあるわ、結婚してる男性が不倫してる最中に三人が出会ってしまい大騒ぎになるとかなんとか」

真姫「・・・それをどうやって練習するの?」

絵里「みんな頑張ってる?あら二人だけ?」

にこ「ちょうどいいわね、絵里!」

絵里「な、何?」

にこ「これから修羅場の練習をするから手伝って」

絵里「ええ!?私練習の様子を見に来ただけよ、それに修羅場って・・・」

真姫「私からもお願いします」

絵里「し、仕方ないわね・・・」
58: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 01:52:49.76 ID:qMK1/B82.net
―――――

真姫「ただいまー・・・あら?いつもならにこちゃんが出迎えてくれるのに」

ガチャ

真姫「・・・に、にこちゃん」

にこ「ま、真姫ちゃん!?どうして!?」

真姫「どうしてって!私たちの家じゃない!今日はたまたま早く帰っただけで・・・」

絵里「あら、真姫じゃない、どうしたの」

真姫「ど、どうしたのじゃないわよ!なんでにこちゃんと絵里が・・・こんな・・・」

にこ「違うの真姫ちゃんこれは・・・!」

絵里「にこが私を家に誘ったんじゃない、そこからは私だけど」

真姫「っ!そ、んな・・・」

にこ「ま、真姫ちゃん、あのね・・・」

真姫「や、嫌!話しかけないで!」

バタン!

にこ「あ・・・真姫、ちゃん・・・」

絵里「さ、続きをしましょうにこ、まだ満足してないでしょう?」

絵里「うぅ・・・うぅ・・・」

―――――

「「「・・・・・」」」

にこ「その・・・みんなごめん」

絵里「私こそ、ひどいことを言ってしまったわ」

真姫「私なんて絵里先輩のことを呼び捨てに・・・」

「「「・・・・・」」」

絵里「も、もう戻るわね、練習頑張って」

にこ「あ、うん、ごめんね絵里」

バタン

真姫「・・・ごめんね、にこちゃん」

にこ「・・・全責任はこの練習を提案した人にあるから問題ないわ」

真姫「うん・・・」

にこ「き、気を取り直して次行こ次!>>61
61: 名無しで叶える物語(内モンゴル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 01:59:59.02 ID:UfFeMjho.net
敬語禁止
63: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 02:05:31.62 ID:qMK1/B82.net
にこ「敬語禁止って前にやったじゃない」

真姫「でもあれって先輩禁止よね」

にこ「たぶん絵里が来たからかしら、絵里には敬語つかっていたわよね」

真姫「使っていたわ、前触れもなくため口なんて嫌だもの」

にこ「そうね、まぁ予感だけどいつかメンバー出敬語つかう機会はなくなりそうだからパスでいいわね」

真姫「わかったわ、大分にこちゃんに対しての話し方も慣れてきたし」

にこ「じゃあ次。>>65
65: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 02:08:56.02 ID:RZnHIG52.net
ずるいよmagnetic todayを熱唱
66: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 02:14:43.72 ID:qMK1/B82.net
にこ「ずるいよmagnetic todayを熱唱」

真姫「曲のタイトル?」

にこ「みたいね、有名な曲なのかしら、真姫知ってる?」

真姫「知らないわ」

にこ「じゃあ【歌詞の一部を抜粋してくれるとうれしいにこっ♪】っと、これでいいかしら」

真姫「ええ、熱傷ってことはデュオってことかしら」

※設定的にマグネティックはまだ作詞作曲されてない設定です、歌ってもらいたい歌詞の一部を>>68
67: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 02:16:45.74 ID:/5n60OyN.net
こっちみてよニコチャン! もうすでに見てるわよ真姫ちゃん!
68: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 02:17:42.86 ID:X4097+LV.net
69: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 02:27:30.82 ID:qMK1/B82.net
にこ「来たわ!ご丁寧に曲の一部まであるわ、え~と・・・」

真姫「優しい人でよかったわね」

にこ「こっちみてよニコチャン! もうすでに見てるわよ真姫ちゃん!」

真姫「・・・何言ってるの?」

にこ「いや本当にそう書いてあるのよ」

真姫「知ってすらいない曲なのに私たちの名前があるのね」

にこ「同じ名前の人が歌ってるんじゃない?早速やるわよ」

真姫「わかったわ」

~♪

真姫「こっち見てよにこちゃん!」

にこ「もう見てるわよ真姫ちゃん!」



真姫「・・・これ会話パートじゃないの?」

にこ「・・・そうね、もっと曲らしい部分を選んでほしかったわ」

真姫「で、実際こっち見てたの?」

にこ「な、何をよ」

真姫「歌ってる間目をつぶっていたからわからなかったけど、私のこと見てた?」

にこ「し、知らないわよそんなの」

真姫「あまりに言い方が自然だったから本当にみてるかと思ったわ」

にこ(・・・実際見てたけどね)

真姫「次の練習行きましょう、>>71
70: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 02:48:23.05 ID:E/9TdI3A.net
後ろから抱きしめながら大好きと告白の練習
71: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 02:51:39.33 ID:Fd6uqXl/.net
72: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 02:58:20.56 ID:qMK1/B82.net
落ちるかと思ってたらそうでもなかった
やっぱり安価は近めのほうがいいな


にこ「後ろから抱きしめながら大好きと告白の練習」

真姫「どっちがするのよ」

にこ「え、そういう問題?」

真姫「そういう問題よ」

にこ「うーん、私は将来アイドルになるし告白される側がやりたいなー」

真姫「私が告白する方ね、わかったわ」

にこ「い、いいの?」

真姫「ええ、私はどちらでもかまわないもの」

にこ「じゃあ始めるわよ」
73: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 03:19:58.58 ID:qMK1/B82.net
―――――

ぎゅ!

にこ「きゃあ!だ、誰!?」

真姫「わ、私よ、にこちゃん」

にこ「なんだ真姫ね、いきなり後ろから抱きつくなんて、真姫らしくないわ」

真姫「凛に相談したらこういうのは行動するのが大切なんだって言われたから・・・」

にこ「そう、私に何の用?」

真姫「用ってわけじゃないけどその・・・」

にこ「? 早く言いなさいよ」

真姫「にこちゃん、大好き!」

にこ「え・・・?」

真姫「前からにこちゃんのことが好きだったの!だけど言い出す機会がなくてずっと悩んでいたの!」

にこ「真姫・・・」

真姫「だから卒業する前には絶対に行っておこうと思って、にこちゃん・・・好き」
74: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 03:20:47.94 ID:qMK1/B82.net
にこ「・・・後ろ振り向いていい?」

真姫「だ、だめ!そのために抱きついたんだから!」

にこ「どうしてよ、真姫の今の顔見てみたい」

真姫「だって・・・恥ずかしくて顔真っ赤になっててにこちゃんに見せられない」

にこ「大丈夫、私も顔真っ赤だから」

真姫「え?」

にこ「それにこの状態で告白の返事をするわけにいかないわ、だから少しだけゆるめて」

真姫「・・・うん」

にこ「・・・真姫、私も好き」

真姫「! にこ、ちゃん」

にこ「ずっと待ってたの音楽室で、真姫との思い出の音楽室でその言葉を待っていたの」

真姫「にこちゃん、好き」

にこ「もっと言って?」

真姫「にこちゃん、大好き」

にこ「ありがとう真姫、私も真姫のこと大好き」

真姫「うん・・・うん・・・!」

―――――

にこ「恥ずかしいわ!」

真姫「ロマンチックね、こういうのどんどんやってみたいわ」

にこ「もうにこはへとへとよ・・・」

真姫「私はこんな告白されたら了承しちゃうかなって思ってやったから意外と楽だったわ」

にこ「それ本当!?」

真姫「そ、そうよ」

にこ(・・・覚えておこう)

真姫「そろそろ時間も無くなってきたわね次の練習は>>75
75: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 03:22:54.54 ID:E/9TdI3A.net
後輩の家にお泊りの練習
77: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 03:34:08.41 ID:qMK1/B82.net
にこ「後輩の家にお泊りの練習・・・」

真姫「もはや願望と化してるわねこのスレ」

にこ「しかも知ってるくせに後輩って書いてあるところがまた・・・」

真姫「どうするの?もう時間が少ないわよ?」

にこ「よし!今日は真姫ちゃんの家に泊まる!」

真姫「ヴェエエ!?いきなり何言いだすのよ!」

にこ「もうどうせなら泊まり込んでそれから練習よ練習!」

真姫「それもう練習じゃないんじゃ・・・」

にこ「細かいことは気にしない!私家に一度帰るから真姫も準備しておいてね!」

真姫「わ、わかったからせかさないで!」

にこ(なんとか真姫との時間がふやせたにこ~♪)



ということで本編はここでいったん終わりです
続きは落ちていなければ今日の夕方四時にはいます
この後は寝るまでおまけを書いていくだけです
安価もありますので暇がある方は付き合ってください
78: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 04:16:02.41 ID:qMK1/B82.net
―――――矢澤家

にこ「これで準備よしっと」

こころ「お姉さまどこに行くんですか?

にこ「これから友達の家に泊まりに行くの、今日はママがいるから大丈夫よね?」

こころ「はい、大丈夫です!」

にこ「あ、>>79も持っていかないとね」

にこ「じゃあ行ってくるね、ココア後は頼んだわ」

こころ「任せてください!」

―――――西木野家

真姫「まさかにこちゃんが止まりに来るなんて・・・」

真姫「パパとママからは良いって言われたけどこれからどうしようかしら」

真姫「念のため>>80を用意しましょ」

真姫「あとは全部クローゼットにしまってっと・・・これでいいわ」

真姫(早く来ないかしら、にこちゃん)
79: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 04:21:34.38 ID:qNYYT3VD.net
勝負下着
80: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 04:23:36.04 ID:/FsnPssh.net
家族へのお土産
81: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 04:36:52.92 ID:qMK1/B82.net
にこ(勝負下着・・・といっても私の持ってるパンツは動物柄しかないのよねー)

にこ(それに真姫ちゃんに見てもらう・・・わけでもないし)

にこ(まぁ気休めにパンサーの顔がプリントされてるパンツを選んだけど、こんなのでいいのかしら)

―――――

真姫(家族へのお土産・・・誰の?)

真姫(私の?いやそれはお土産って言わないわ)

真姫(じゃあにこちゃんの?でもそれがここにあるっていうのはおかしい・・・)

真姫(じゃあこれはいったい・・・何!?)

真姫(中身を空けてみるわ・・・これは>>82ね)
82: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 04:47:22.92 ID:F2YCTYW0.net
百合姫
83: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 05:09:07.33 ID:qMK1/B82.net
真姫(ゆ、百合姫?)

真姫(本・・・ね、少しだけ時間があるし読んでみようかしら)

真姫「・・・・・」ペラペラペラ

真姫「・・・ヴェ!?」パタン

真姫(これはまずいわ!今すぐクローゼットに!)

真姫(しまった、空きがないわ、どこに隠せば・・・)

ピンポーン

真姫(にこちゃんが来ちゃった!)

真姫(こんなものが私の部屋にあっただなんて思わなかった、どうか見つかりませんように・・・)



それでは寝ます
続きは夕方四時からよろしくお願いします
92: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:07:54.47 ID:qMK1/B82.net
にこ「おじゃまします、西木野さんのお宅ですか?」

真姫「はいはい、今出るわ」

にこ「あれ?真姫だけなの?」

真姫「そうよ、パパとママは仕事で今日は帰らないの」

にこ「なぁ~んだ、かしこまっちゃって損した」

真姫「何よそれ、私だけだったら礼儀なしでもいいってわけ?」

にこ「当たり前じゃない、先輩禁止なんでしょ?」

真姫「そういう意味じゃないと思うんだけど・・・」

にこ「とりあえず上がるね、家事はどうするの?」

真姫「夕飯は惣菜ばかりになるけどいいかしら?」

にこ「だめよ!惣菜なんて体に悪いわ!私が料理する」

真姫「にこちゃん料理できるの?」

にこ「もちろんよ、風呂も掃除も洗濯もすべて私がやるわ」

真姫「そ、そこまでしなくてもいいじゃない」

にこ「いいのいいの私に任せて」

真姫「お言葉に甘えてそうさせてもらうわ」

にこ「部屋はどうしたらいい?」

真姫「空き部屋はたくさんあるけど・・・家の仲ならどこでもいいわ」

にこ「>>94
94: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:11:09.37 ID:X4097+LV.net
真姫の部屋
95: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:17:23.01 ID:qMK1/B82.net
にこ「真姫の部屋」

真姫「ヴェ!?私の部屋!?」

にこ「そうよ、だって空き部屋片づけるの大変じゃない」

真姫「それはそうだけど・・・どうして私の部屋なんか」

にこ「いいのよ!客人の頼みくらい聞きなさいよね!」

真姫(自分から泊りに来るって言ってたくせに)

真姫(あの本がにこちゃんに見つかってしまうとまずいわね、>>98に隠すわ)

真姫「お部屋少し片づけてくるからリビングで座ってて」

にこ「まだ終わってなかったの?真姫ちゃんの部屋ってもしかして汚かったりして」

真姫「す、すぐ終わるわよ!ちょっとだけ待ってて!」
98: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:20:14.08 ID:vpLbtCNY.net
ベッドの掛け布団の中
99: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:28:01.12 ID:qMK1/B82.net
真姫(ベットの掛布団の中にしまって・・・よし)

真姫「ごめんなさい、待たせて・・・って」

にこ「ふんふんふ~ん♪」

真姫「ちょっと!何してるのよ!」

にこ「何って夕飯作ってるのよ、キッチン借りるね」

真姫「そういうことは早く言いなさいよ」

にこ「だって座って落ち着いていられなかったんだもん」

真姫「・・・いい匂いね、献立は何かしら」

にこ「今日はね~、>>101>>102>>103よ」
101: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:33:01.19 ID:4he7YfVJ.net
すっぽん
102: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:33:12.09 ID:GTHKjD1f.net
カレーメシ
103: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:34:18.56 ID:7Wzd3Hpj.net
餅米のおにぎり
105: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:45:46.12 ID:qMK1/B82.net
にこ「すっぽんとカレーメシともち米のおにぎりよ!」

真姫「・・・え?」

にこ「いやだから、すっぽんと・・・」

真姫「違う、そうじゃなくて、どうしてその三品なの」

にこ「食材がこれしかなかったからよ」

真姫「・・・ママ買いたいものを買っちゃうタイプだから仕方ないわね」

にこ「そ、それは気の毒ね」

真姫「ていうかカレーメシってインスタントみたいなものじゃない、普通にカレーでいいわ」

にこ「それもそうね、もち米カレーになりそうだけど・・・」

真姫「・・・それでいいわ、問題はそのすっぽんよすっぽん」

にこ「一度だけ調理したことあるわ、鍋で」

真姫「本当!?」

にこ「親戚からもらったすっぽんで一回だけね、奇跡的にうまく作れたわ」

真姫「大丈夫、なの?」

にこ「やれるだけやってみるわ」
107: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:53:12.49 ID:qMK1/B82.net
にこ「できた!真姫ちゃんお皿運んで!」

真姫「はいはい」

にこ「我ながら美しい仕上がり、味は私の保証つきよ!」

真姫「それは楽しみね」

「「いただきます」」



「「ご、ご馳走様でした・・・」」

真姫「も、もう食べきれないわ、三つとも重いのよ」

にこ「の、残りは冷蔵庫に入れといて」

真姫「わかったわ・・・うぷ」

にこ「この後真姫ちゃんの部屋で練習するわ」

真姫「こ、これから!?」

にこ「そうよ、練習のために泊まりに来たんだからそれくらいやらないと」

真姫(本当に練習しに来たのね・・・)

にこ「私が皿を洗っている間真姫は風呂の用意して、終わったら部屋に集合ね」

真姫「わかったわ」
109: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:57:43.07 ID:qMK1/B82.net
ガチャ

にこ「皿洗い終わったわ、お風呂は入れた?」

真姫「ええ、私のパソコンも電源淹れたし準備万端よ」

にこ「・・・真姫ちゃんの家へやって意外ときれいね」

真姫「意外とって何よ意外とって」

にこ「片づけるの終わってなかったじゃない」

真姫「あ、あれは片づけるスペースがなかっただけ!」

にこ「ふーん・・・」

真姫「ほら掲示板開いたから見て、練習するんでしょ」

にこ「はいはい、えーっと何々、>>110
110: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:58:18.80 ID:Ucyy2Wtw.net
相撲とろう
111: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 18:12:27.83 ID:qMK1/B82.net
にこ「相撲を取ろう」

真姫「また筋肉推しの人が来たわね」

にこ「違うかもよ?前の人は格闘漫画の人だし」

真姫「違いが判らないわ」

にこ「とりあえず相撲ね、じゃあ真姫位置について」

真姫「え、ええ」

にこ「はっけよーい、のこった!」

真姫「んっ!」

にこ「ふぐぐぐぐぐ・・・」

真姫「ど、どうしたのにこちゃん、そ、それでおしまい?」

にこ「そ、そんなわけないでしょ、ま、真姫こそ声が震えてるじゃないの」

真姫「じゃあ勝っちゃうわね」ヒョイ

にこ「え?うわぁ!?」バターン

真姫「あんなに傾いてたら倒れるに決まってるじゃない」

にこ「・・・・・」

真姫「・・・にこちゃん?」

にこ「・・・・・」

真姫「だ、大丈夫?痛かった?」

にこ「痛いに決まってるじゃない!にこのおでここんなに赤くなっちゃったわよ!」

真姫「ご、ごめん!あまりにも本気そうな顔していたからつい・・・」

にこ「もう・・・今度したら許さないからね!」

真姫「もう今後相撲をとることなんてないわ」

にこ「それもそうね、じゃあ次>>114
114: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 18:19:11.06 ID:BqfKYq0C.net
大道芸
115: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 18:21:23.70 ID:qMK1/B82.net
にこ「大道芸」

真姫「何のよ何の」

にこ「>>116ね」
116: 名無しで叶える物語(内モンゴル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 18:23:17.19 ID:UfFeMjho.net
ちんぽ
117: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 18:24:55.31 ID:eT96Dl8b.net
皿回し
119: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 18:34:44.24 ID:qMK1/B82.net
にこ「ちんぽ」

真姫「イミワカンナイ」

にこ「待って、>>117の皿回しなら聞いたことある!」

真姫「皿回しね、細い木の棒とプラスチック皿を持ってくるわ」

真姫「はい、にこちゃん」

にこ「え、にこがやるの?」

真姫「もちろんよ、手先が器用なにこちゃんに期待してるわ」

にこ「しょ、しょうがないわね~・・・よっと!」

クルクル

真姫「上手ね」

にこ「意外と簡単なのね」

クル・・・クル・・・

真姫「あ!落ちちゃうわ!}

にこ「くっ!」

クルクルクル

真姫「・・・素直に感心したわ」

にこ「でしょー、にこ手先が器用なことも取り柄だし、真姫はやらないの?」

真姫「わ、私は失敗するからいいわ>>130を私だけやる」

にこ「じゃあそれでいいわ、次はっと、>>120
120: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 18:38:56.75 ID:Ucyy2Wtw.net
姉妹の練習をしよう
122: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 18:48:12.58 ID:qMK1/B82.net
にこ「姉妹の練習?」

真姫「そんなの練習していったいなんになるのよ・・・」

にこ「わからないけど、きっと意味のあるものなんだわ、間違いなく」

真姫「そんなに強く言わなくてもいいじゃない、でどっちが姉と妹なの?」

にこ「そんなのにこが姉に決まってるじゃない!年上だし、姉だし」

真姫「でもにこちゃんたまには妹の気分になってみたら?背も低いしちょうどいいんじゃない?」

にこ「むっ 真姫ちゃんこそ妹になって私に甘えたっていいのよ~」

真姫「だ、誰が!ここはみんなの意見を聞くわ!>>123
123: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 18:48:50.53 ID:bsFCU8gC.net
甘えんぼ真姫ちゃん!
125: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 19:09:03.75 ID:qMK1/B82.net
真姫「甘えんぼ・・・真姫ちゃん・・・」

にこ「やった!ってことはにこが姉ね!」

真姫「いや待って!姉か妹書いてないけど次レスににこちゃんが妹って書いてあるわ」

にこ「なっ!そんなのあり!?」

真姫「し、仕方にでしょ!こうするしかなかったんだから!」

にこ(で、でも真姫ちゃんが甘えてくるんだったらそれはそれで・・・)

真姫「何してるの?するんでしょ、妹」

にこ「真姫こそちゃんと甘えんぼな姉になりなさいよね」



飯落ちです
30分ほどで帰ってくると思います
126: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 19:44:00.34 ID:qMK1/B82.net
―――――

真姫「ただいま~にこちゃんいる?」

にこ「お帰りお姉ちゃん!」

真姫「にこちゃん~抱っこさせて」

にこ「もう、お姉ちゃんは甘えんぼさんなんだから」

真姫「いいじゃない、ほら」

にこ「はーい」

ぎゅー

真姫「よしよし」ナデナデ

にこ「えへへ~」ニコニコ

真姫「かわいいなぁ~にこちゃん」ナデナデ

にこ「ありがとうお姉ちゃん!」ニコニコ

真姫「・・・は~」ナデナデ

にこ「・・・・・」

真姫「・・・・・」ナデナデ

にこ「・・・お姉ちゃん?」

真姫「何?」ナデナデ

にこ「いつまで抱きついたままなでなでしてるの?」

真姫「ずっとよ、私が満足するまで」ナデナデ

にこ「・・・・・」

真姫(かわいい・・・)ナデナデ

にこ「・・・ちょっと真姫」

真姫「・・・・・」ナデナデ

にこ「もういいでしょ?練習やめ」

真姫「・・・・・」ナデナデ

ぎゅー

にこ「~~~~~っ!??」

―――――
128: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 19:54:44.38 ID:qMK1/B82.net
バッ

真姫「ちょ!いきなり突き放さないでよ」

にこ「・・・・・///」ハァハァ

真姫「にこちゃん?」

にこ「す、少しの間でいいから話しかけないで」

真姫「え、ええ!?私ちゃんと甘えんぼの姉役をしてたわよね?」

にこ「うるさいわね!少しの間でいいって言ってるでしょ!」

真姫「私、悪いことしたかしら・・・」

にこ(胸から爆音がする、顔から火が出そうなくらい熱い、今はなしかけられたら私倒れちゃいそう・・・!)

真姫「じゃあひとまず風呂に入ってくるわね、その間に落ち着いてねにこちゃん」

にこ「・・・わかったわ」ハァハァ

にこ(やっとおさまった・・・ん?掛け布団の中に何か入ってる?)

にこ(ど、どうしよう、見てみたいけど真姫ちゃんが隠してるものよねこれ)

にこ(>>129
129: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 19:55:19.52 ID:ft8OkECz.net
見ちゃえ
131: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 20:09:29.14 ID:qMK1/B82.net
にこ(見ちゃおっか)

にこ(これは、本かしら?タイトルは「百合姫」)

にこ(内容は・・・!?)

にこ(こっこれってどういうあれなの!?真姫の部屋にあるってことは真姫ちゃんはそういうことなの!?)

にこ(だ、だってさっきもずっと抱きついたままなでなでしていたしなくはないの・・・かも)

にこ(むしろ私が望んでいる?いやいやそんなことはない・・・ないはず)

にこ(もし真姫がそういうあれだったら・・・)

コンコン

真姫「入るわよ」

にこ(まずい!早くどこかに隠さないと!>>133)

真姫ちゃんが一人でやること
再安価>>135
133: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 20:29:28.37 ID:/XEdC3yO.net
手が滑って真姫のもとへ飛ぶ
135: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 20:35:26.66 ID:yaKrtI30.net
ポールダンス
136: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 20:47:04.97 ID:qMK1/B82.net
にこ(な、投げちゃえ!)

ツルッ

にこ「あっ!」

真姫「ぶっ!」

「「・・・・・」」

にこ(よ、よりにもよって顔に・・・)

真姫「これは・・・!?」

にこ「に、にこ!お風呂入ってくるにこ~!」

真姫「あ!待って!にこちゃん!」

バタン!

真姫(み、見られちゃった・・・)

真姫(どう言い訳したらいいのかしら、むしろ言い訳なんてできないんじゃ)

真姫(にこちゃんのことだからみんなにすぐ広まって学校に行けなくなるかもしれない)ゾクッ

真姫(・・・もういいわ練習しましょう、ポールダンスね)
137: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 20:54:27.37 ID:qMK1/B82.net
真姫(ポールダンスって難しいのね・・・)

真姫(んしょ・・・んしょ・・・)

ゴツン!

真姫(いったぁ~!もう!なんなのよ!)

真姫(・・・にこちゃん遅いわね、何やってるのかしら)



真姫「にこちゃん?風呂長いけどどうし・・・!?」

にこ「はぁ・・・はぁ・・・」

真姫「ど、どうしてのぼせてるのよ!今すぐ出してあげるわ!」

にこ「ま、まき・・・」

真姫「な、何?」

にこ「>>139
139: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:04:23.51 ID:z3gnHfHl.net
足がつったから抱っこして
140: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:17:11.47 ID:qMK1/B82.net
にこ「あ、あしつったから・・・だっこ、して」

真姫「」ヒョイ



ブーン パタパタ

にこ「はーもうだめかと思ったわ、ありがとうね真姫」

真姫「別に、にこちゃんが助かればそれでいいわ」

にこ「実はのぼせた理由がもう一つあってね、足つった原因でもあるわね」

真姫「それは?」

にこ「それは>>141
141: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:19:28.37 ID:qVQLQ3lR.net
百合について考えてた
143: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:28:32.94 ID:qMK1/B82.net
にこ「百合について考えていたの」

真姫「あ、あれはちが・・・」

にこ「風呂に入りながら考えていたらのぼせそうになって、あがろうとしたらそのまま足つっちゃって」

真姫「よく無事だったわね」

にこ「それでね、真姫に仰いでもらいながらある結論に届いたの」

真姫「?」

にこ「>>144
144: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:31:07.40 ID:8wodLxg3.net
まきちゃんにくすぐられたい
145: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:42:42.89 ID:qMK1/B82.net
にこ「真姫にくすぐられたいなぁって」

真姫「へ?」

にこ「いやこれは風呂で至った結論ね、でも真姫くすぐられるとわかる気がするの」

真姫「どういう結論よそれ」

にこ「いいからしてみて」

真姫「う、うん」

こちょこちょこちょ

にこ「きゃはははは!ちょ!あはははは!やめ!ひゃははははは!」

真姫「・・・・・」

にこ「も、もういいわ!」

真姫「・・・結論は出たの?」

にこ「>>146
146: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:43:52.59 ID:ze3dguM9.net
やっぱりわからない
147: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:50:49.95 ID:qMK1/B82.net
にこ「やっぱりわからないわ」

真姫「何よそれ、くすぐり損じゃない」

にこ「私はくすぐられ損だけどね」

真姫「自分から頼んだくせに・・・もう寝ましょう、布団はどうするの?」

にこ「>>148
148: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:54:10.13 ID:yaKrtI30.net
一緒に
149: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:16:08.00 ID:qMK1/B82.net
にこ「もちろん一緒によ、布団出すの面倒くさいでしょ」

真姫「そ、それもそうね」



にこ「ふー今日も疲れたわね」

真姫「そうね、明日は休みだからゆっくり寝てていいわ」

にこ(真姫の布団温かい、いい匂いもする・・・さっきのこちょこちょとは違う別のむずかゆい気持ち)

にこ(布団の中にいるだけで、胸がドキドキする、顔が熱くなる、この感情は真姫に抱きしめられた時と同じ感情)

真姫「・・・」ペラ

にこ「真姫?一体何読んでるの?」

パッ

真姫「ヴェ!?にこちゃん起きてたの!?」

にこ「百合姫・・・」

真姫「そ、それはもともと私の物じゃなくて!」

にこ「真姫、>>151
151: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:16:45.66 ID:ze3dguM9.net
信じてるから…
152: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:28:25.05 ID:qMK1/B82.net
にこ「信じてる、から・・・」

真姫「・・・え?」

にこ「じゃ、おやすみ!」

真姫「ヴェエエエ!?ちょっとにこちゃんどういう意味よ!」

にこ「・・・・・」

真姫(し、信じてるってどういう意味!?常識的に考えれば「私に手を出しちゃダメ」ってことなんだろうけど)

真姫(話の流れからしたら・・・期待されてるってことなのかしら!?)

真姫(うううどっちなの!どっちなのよにこちゃん!答えて!)

にこ「・・・・・」

真姫「にこちゃん、>>155
155: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:43:19.01 ID:gTsXt4A+.net
ペロペロ
157: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:48:11.13 ID:qMK1/B82.net
真姫「ぺろぺろ」

にこ「!」ビクッ

真姫(あ、今体がビクッてなったわ、次は首筋のところを・・・)ペロッ

にこ「ふっ・・・!」

真姫(カワイイ反応、次は>>160ね」
160: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:53:50.01 ID:X4097+LV.net
おっぱいさわさわ
161: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:59:43.33 ID:qMK1/B82.net
真姫(胸・・・触ってみようかしら)サワサワ

にこ「ふぁっ・・・!」

真姫(すごい反応、これでも寝てる言えるのかしら・・・)サワサワ

にこ「くぅ・・・ふっ・・・」

真姫(胸がドキドキしてきた、次は>>164
164: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 23:04:04.49 ID:Ucyy2Wtw.net
ここで寝たふり
166: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 23:10:33.36 ID:qMK1/B82.net
真姫(ここでいったん引いてみるのもありね、寝たふりしてみましょう)

にこ(? 寝息が聞こえる?)

真姫「すぅ・・・すぅ・・・」

にこ(真姫、寝た?あれだけ好き勝手触っておいて?)

にこ(そりゃたしかにわかりにくい言い方をしてわざと試したのも悪いんだけどまさか寝るだなんて・・・」

にこ(これ逆にチャンスじゃない?にこから真姫ちゃんを責めるチャンスよ!にこ!)

にこ(さっきの仕返しよ!まずは>>168!」
168: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 23:12:06.16 ID:z3gnHfHl.net
唇を触る
169: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 23:22:05.58 ID:qMK1/B82.net
にこ(唇・・・潤ってるわ)ヒタ

真姫「ん」

にこ(張りもすごくいいわね、羨ましい)

にこ(これだけじゃ物足りないわ、>>171よ)
171: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 23:35:52.73 ID:4he7YfVJ.net
内腿さわさわ
172: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 23:50:31.33 ID:qMK1/B82.net
にこ(内股もぞもぞしている、触っちゃえ)サワサワ

真姫「!?」ビクン

にこ(すごい跳ね方したわね・・・弱いのかしら)ツツー

真姫「ひあっ!?・・・グーグー」

にこ(寝てるふり確定ね、まだ寝てるふりするつもりかしら)

にこ(そっちがその気ならこっちだって!>>174
174: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 23:56:06.88 ID:Og9oXtpw.net
キス
176: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 00:01:38.31 ID:qMK1/B82.net
にこ(やっぱりこの気持ち抑えきれない!)

にこ(私は真姫のこと・・・好きみたい)

にこ(起きているんだから、同意のもとよね)

にこ「真姫ちゃん・・・好き」

ちゅっ

にこ「>>177

真姫「>>178
177: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 00:01:59.98 ID:EOXt4SLq.net
おっぱい揉みまくって舐めまくる
178: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 00:03:30.62 ID:wS1g/pPZ.net
私も…好き
180: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 00:09:53.09 ID:i9TZM1Ff.net
にこ「にこもう我慢できない!」

真姫「え、ちょ、にこちゃん!?」

ちゅっ、ぺろぺろ

真姫「や、あ、にこちゃん、がっつきすぎ!」

にこ「真姫ちゃん好き、大好き」ハァハァ

真姫「私も・・・好き」

にこ「>>181
181: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 00:17:27.97 ID:mzvJ9z0x.net
へえ じゃあにこの足舐めてみてよ
182: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 00:23:21.63 ID:i9TZM1Ff.net
にこ「へえ、じゃあにこの足舐めてみなさいよ」

真姫「なっ!私がなんでそんなこと!」

にこ「できないの?私のこと好きじゃないの?」

真姫「す、好きだけど・・・」

にこ「じゃあなめられわよね、ほら」

真姫「うぅ・・・」ペロペロ

にこ「!!!」ゾクゾクゾク

にこ(なにこれ、すごい快感っ!)

真姫「こ、これでいいでしょ?認めてくれた?」

にこ「>>185
185: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 00:28:02.15 ID:4E07wl9r.net
好き!!もう、おさえきれない
190: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 09:56:13.81 ID:i9TZM1Ff.net
昨日ぶっ通しで起きていたからつい寝てしまった
昼から用事があるので、それまで続けます

にこ「好き!!、もう抑えきれない!」

真姫「え、ちょ、にこちゃん!?」

ちゅっ

にこ「んん・・・」

真姫「ふぁ、っ・・・」

にこ「はぁはぁ、足りないわ」

真姫「え?」

にこ「もっとにこを愛して」

真姫「じゃあ・・・>>192
191: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 11:09:34.99 ID:4E07wl9r.net
もう、結婚するしかないじゃない!
192: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 11:16:08.46 ID:TXIwdjQk.net
>>191
193: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:41:57.60 ID:i9TZM1Ff.net
真姫「じゃあもう結婚するしかないじゃない!」

にこ「ええ!?急にそこまで話すすめる!?」

真姫「だって、にこちゃんへの好きの気持ちが大きすぎで、結婚することしか表現できないんだもの・・・」

にこ「真姫・・・」

真姫「だめ、かしら・・・」

にこ「>>195
195: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:46:30.00 ID:4aHXdYJV.net
…いいわよ
198: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:52:42.41 ID:i9TZM1Ff.net
にこ「・・・いいわよ」

真姫「!!」

にこ「そこまで私のこと好きになってくれるんだから、その気持ちに応えてあげるしかないじゃない」

真姫「にこ、ちゃん」ウルッ

にこ「ちょ、ちょっと!何泣いてるのよ!」

真姫「だって、いきなり結婚なんて言って、にこちゃんに、嫌われたかもって、思っちゃって・・・」グスッ

にこ「そんなわけないでしょ!私は真姫のことが好きなんだから!」

真姫「私も・・・好き」

にこ「真姫・・・」

真姫「にこちゃん・・・」

ちゅっ
199: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:58:13.28 ID:i9TZM1Ff.net
ここで一旦終わりです
皆さんのおかげでにこまきは一日で部活の先輩後輩から結婚まで行きました
続きを書くとしたら朝から続きを書き、また練習を安価で決めていくことになりますが
何か企画がある方がいればそれをします
202: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 21:25:00.68 ID:i9TZM1Ff.net
やっぱりここできれいに終わらせた方がいいですよね
今まで付き合ってくれた方々ありがとうございました!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「今日は私たちだけですか?」にこ「そうみたいね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。