凛「にこちゃんっていわゆるオタクなの?」にこ「まぁそうだけど……」

シェアする

凛-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 14:41:34.53 ID:Mh69nXkO.net
凛「オタクかぁ」

にこ「ドルオタと呼んで欲しいわね」

凛「どうして?」

にこ「オタクっていうとアニオタ……アニメオタクみたいじゃない」

凛「アニメオタクは嫌?」

にこ「嫌っていうか、立場を誤解されると困るのよ」

凛「凛はアニメ好きだよ」

にこ「へぇ、何見るの?」

凛「ドラえもん……」

にこ「ドラえもんねぇ……」

元スレ: 凛「にこちゃんっていわゆるオタクなの?」にこ「まぁそうだけど……」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 14:54:32.96 ID:Mh69nXkO.net
凛「実は……その、ちょっと恥ずかしいんだけど……」

にこ「うん?どうしたのよ」

凛「ドラえもんの映画は……毎年観に行ってるんだ…」

にこ「ぷぷっ」

凛「わ、笑わないでよぉ」

にこ「なに?それでアニオタだっていうの?あー、おかし……」

凛「オタクっていうか、子供だなぁ、って……」

にこ「ドラえもんねぇ、昔は観てたんだけどね」
5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 14:56:58.10 ID:Mh69nXkO.net
凛「にこちゃん、アニメには興味ないの?」

にこ「あんまり……」

凛「へぇー……」

にこ「だから、私はドルオタなのよ、ドルオタ」

凛「ドルオタかぁ……」

にこ「学生は手持ち資金が貧弱なんだから、オタクの掛け持ちしてる余裕なんかないわよ」

凛「この道を行くと決めたんだね……」

にこ「そうよ……この果てしなく続くアイドル道を……」
6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 14:59:57.32 ID:Mh69nXkO.net
凛「ライブとかよく行くの?」

にこ「先週行ってきたばっかりよ」

凛「あっ、かよちんと?」

にこ「そうよ、花陽と」

凛「同じ趣味の友達ができて、かよちんも喜んでるよ、ありがとうにこちゃん!」

にこ「あ、うん……えーっと……」

凛「どうしたの?」

にこ「いや、そんな風に感謝されるっていうやり方もあるのか…って……」

凛「かよちんいっつも言ってるんだよ、にこちゃんと……にこちゃんとって……」

にこ「まぁ……感謝したいのはこっちでもあるんだから……そういうのは無しで、お互い様でいきたいんだけど……」

凛「ふぅん」
11: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 15:02:52.90 ID:Mh69nXkO.net
凛「どうだったの?ライブは」

にこ「もうサイコーよ……最ッ高」

凛「へぇー、どんな風に最高だったの?」

にこ「待って!」

凛「?」

にこ「言葉にするのが勿体無いのよ」

凛「え?どういうこと?」

にこ「うん、つまりね、ライブってのは体験でしょ?」

凛「うんうん……」

にこ「だからその体験記憶を言葉にしちゃうと……今度は自分の言葉に体験の記憶が縛られちゃうのよ」

凛「?」
14: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 15:09:49.73 ID:Mh69nXkO.net
にこ「だから、ここが特に良かったって言っちゃうと、それ以外の場所が見えなくなるっていうか……」

凛「ふぅーん……」

にこ「体全体であのパフォーマンスを受け止めた……その記憶だけで十分なのよ、今は」

凛「今は?」

にこ「そもそも、良いものを見ると圧倒されて、なーんにも言葉に出ないのよ……まるで風呂上がりみたいに身体がぽわーんとして……」

凛「風呂上がり?ほかほかしてるの?」

にこ「うん、本当は終わった後、存分に花陽と語り尽くすつもりだったんだけど……」

凛「ふんふん」

にこ「なんか、お互い言葉が出なくてね……あ~っ、は~~っとか言って……咀嚼するのに、時間を下さいって感じだわ……」

凛「へーっ……そういうものなんだ……」
16: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 15:15:40.91 ID:Mh69nXkO.net
にこ「それでね、家に帰るでしょ、それから布団に入るじゃない」

凛「ふんふん」

にこ「そこからが大変なのよ、情報が遅れて一気に入ってくる……あ、あそこはこうで、ここはこう……って……」

凛「へぇ……」

にこ「それで、もう一人で興奮しちゃってるわけ……あーっ、これ……花陽に言えば良かった…これもこれも……って……大発見の連続よ」

凛「あはは……かよちんがいて、良かったね」

にこ「?」

凛「だって昔は言いたいことあっても一人で溜め込んでたんだよね?でも、今は違う……」

にこ「うん……そうね」

凛「名コンビだにゃー」

にこ「花陽とのコンビはあんたの方でしょ」

凛「かよちんは何にでも合うんだよ……まるで、カレールーのように……」

にこ「カレールー……」
19: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 15:22:21.54 ID:Mh69nXkO.net
にこ「凛はさ、花陽と一緒にいてアイドルに詳しくなったりとかはしなかったの?」

凛「うーん、あんまりかなぁ……」

にこ「そうなの?」

凛「かよちん、あんまり凛にそういう話しないし……」

にこ「へぇ、意外だわ……熱く語ってるかと思いきや……」

凛「あっ、でも、遊んだ時とかはCDショップについて行ったりはしてたよ」

にこ「ふぅん」

凛「だけど、詳しくなったりはしないかなぁ……ただかよちんが買い終わるの待ってただけで……」

にこ「そうなの」

凛「でも、たまに聞いたりもしたんだよ。これ何?って……」

にこ「そしたら?」

凛「えーっと……一言じゃ言い表せ無いみたいなこと、よく返された」

にこ「あー……わかるわ」

凛「わかるの?」

にこ「何ていうか……予備知識の無い人に説明するのは大変なのよ……その辺りはよくわかるわ」

凛「へぇー……」
21: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 15:28:25.75 ID:Mh69nXkO.net
にこ「でもさ、あんたも今はアイドルしてるわけでしょ?ちょっとくらい興味持ちなさいよ」

凛「う、うん、だからかよちんに聞いたんだ」

にこ「へぇ、なんて?」

凛「まずは何から聴いたり、観たりしたらいいかなって」

にこ「なるほど……花陽のチョイスが気になるわね……それで、何を勧められたの?」

凛「A-RISEだったよ」

にこ「あ、なるほどね……」

凛「凛ならとにかくこれ!だってさ」

にこ「理にかなってるわ……スクールアイドルにはスクールアイドルを勧める……ふむ……」

凛「それでまぁ、一通り動画とかあったから観たんだよね」

にこ「それで?どう思った?」

凛「うーん……可愛かったよ。それに、すっごく歌もダンスも上手かったし、べんきょーになったかな……」

にこ「へぇー……」
22: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 15:32:47.04 ID:Mh69nXkO.net
凛「うん、まぁそれくらいかな……」

にこ「ふぅん……それ以上、興味は湧かなかった?」

凛「え、それは……」

にこ「もっとアイドルを知りたい!とはならなかったかしら」

凛「うーん……あんまり、かな……」

にこ「なるほどね。あんたのそういう正直なところ、好きよ」

凛「いやいや、でも!興味が湧かないって訳じゃなくて、かよちんやにこちゃんほどじゃ無いってだけで……」

にこ「いやいや、いいのよ、あんたはドルオタなんかにならなくて」

凛「……だけど、時々思うんだよね、凛がもう少しアイドルに詳しかったら、かよちんももっと楽しいと思うのに……」

にこ「ノーノー、それは違うわよ」

凛「違うの?」
25: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 15:41:01.87 ID:Mh69nXkO.net
にこ「何ていうか、こういう趣味は一人でひっそり楽しむところにも、また良さがあるっていうか……」

凛「へぇー……」

にこ「それに!友情なんてのは趣味が合うかどうかなんて、そんなに重要ないのよ!……たぶん」

凛「ふむふむ……じゃあ何なの?」

にこ「さぁ……」

凛「えーっ!何が重要なの?教えてよ!」

にこ「いや、理由はよくわかん無いけど、そういうものだろうなーって、あんたたち2人を見て思ったってだけの話よ」

凛「?」

にこ「趣味が全然違うあんたたち2人が親友である以上……そう考えるしか無いってわけ」

凛「ふぅーん……」

にこ「いや!ここは私の方から問うべきよね!……凛はどうして自分が花陽と仲が良いのかわかる?」

凛「だって、かよちん優しいんだもん……」

にこ「答えになって無いわよ、それはあんたが花陽を好きな理由……」

凛「どうなのかなぁ……お互い好きだから、それが答えじゃないのかな」

にこ「……」
28: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 15:50:36.34 ID:Mh69nXkO.net
にこ「なるほど……友情にも二種類あるのかしらね……そうなると……」

凛「二種類……」

にこ「一つ目は、お互いがお互いのことを好きな友情……これが凛と花陽の関係ね」

凛「ふむふむ」

にこ「もう一つは、何か共通の物を通じた友情……例えば、同じ趣味、それとか、同じ目標……私と花陽の関係はどっちかというとこっちね……」

凛「共通の目標って言ったら、ラブライブ優勝とか?μ'sもそれで団結してるのかなぁ……」

にこ「まぁ、そんな感じかしら……」

凛「でも!そんな風に分けるのは何だか……ヤダな」

にこ「そう?」

凛「だって、今はみんなお互いのことが好きだって……そう思いたいもん」

にこ「……なるほどね」

凛「友達って……全部そういうものじゃないかな……」

にこ「わかったわ。あくまでもこの分類は友情の、ほんの入り口だけに当てはまる話……それからは、みんな一緒ってわけね」

凛「うん、やっぱりそうだと思うよ……」
29: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 15:56:14.47 ID:Mh69nXkO.net
凛「なんだかこんがらがって来ちゃった……」

にこ「うーん、私も何だかわかんなくなってきたわ」

凛「まぁ色々あるけど、凛はにこちゃんのこと、好きだよ」

にこ「えっ、うん……」

凛「どうしたの……?」

にこ「……いや、ちょっとびっくりしただけ……、そんなこと、サラッと言えるのね」

凛「?」

にこ「いや、何でもないわ、何でも……すごいわね、あんた」

凛「……?」

にこ「まぁ、この話はもういいわ……それより……」
31: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 16:01:04.21 ID:Mh69nXkO.net
にこ「ドルオタねぇ」

凛「?」

にこ「そうやって自分の立場を一言で片付けられるの、あんまり気持ちの良いものじゃないわね……」

凛「ドルオタって言われるの嫌?」

にこ「うーん……否定できないけど、なんだか否定したいような、そんな微妙な気持ち……」

凛「じゃあさ、なんて言えば良いのかな?アイドル好き?」

にこ「そっちの方がいいかもね」

凛「じゃあ凛もそっちを使うよ」

にこ「いやいや……無理しなくていいのよ、そんなの」

凛「だってにこちゃんが嫌っていうなら……」

にこ「嫌って言っても、そこまで嫌じゃ無いのよ、そりゃあ知らない人に言われたらムッとするけど、凛なら全然問題無いっていうか……」

凛「うーん……そうなの?」

にこ「うん、そういうもんよ……」
32: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 16:10:21.90 ID:Mh69nXkO.net
凛「ちょっと話ズレちゃうけど……そうやって好きなものがある人のこと、すごく羨ましいなぁって、よく思うの」

にこ「へぇ、何かのオタクになりたいの?」

凛「いや、何ていうか……」

にこ「あんた、身体動かすの好きじゃない。それに、えーっと……ほら、ラーメンとかも。それで十分じゃないの?」

凛「それは趣味っていうか……」

にこ「うーん……大事なのは、自分が何を好きなのか、そんなことよりも……自分の気持ちに素直かどうかってことだと思うのよね」

凛「素直かどうか……?」

にこ「興味があることは、やればいいし……無いならやっても仕方ないし……ほら、そこはもう自分と相談でしょ?」

凛「ふむふむ……」

にこ「うーん、そんな感じよ、多分……他人にどうこう言われて、他人の目を気にして、好きとか嫌いとかを曲げるのが一番ダメなこと……そう思うのよね」

凛「あっ!それじゃ……」

にこ「どうしたの?」

凛「ちょっとわかっちゃったかも」
34: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 16:31:33.16 ID:Mh69nXkO.net
凛「かよちんもそう思ってるから……自分の好きなもの、他人に押し付けようとしないのかも」

にこ「そういうことね。自分に趣味を合わせようと無理しないでいいって思ってるのよ」

凛「やっぱりかよちんは優しいにゃ……」

にこ「……結論、いっつもそれね」

凛「そうかな、あはは」

にこ「いいんじゃない。それで……」

凛「凛ってバカだし、難しいこと考えるの苦手だけど……だから逆に、信じたいものは疑わず信じ続けたい……そう思うのかな」

にこ「あんたがバカだなんて、私は一度も思ったこと無いわよ」

凛「そうなの?よく言われてる気がするけど……」

にこ「本気で思ってるわけないじゃない、そんなの」

凛「でも、テストの点も悪いし、みんなの話が難しくなったらついていけないし……」

にこ「バカってのはね、自分のやってることがわかってない人のことを言うの」

凛「……」

にこ「それに、何でもシンプルに考えられるっての、最高の褒め言葉なのよ。複雑な問題の中から、一番大事なものを選び出す……すごいことなの」

凛「そうなのかな……そんな風に言われたの初めて……」

にこ「抽象化っていうのよ、そういうの。立派な能力だと思うわ」

凛「……なんだか、嬉しいなぁ」
35: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 16:38:43.84 ID:Mh69nXkO.net
にこ「……グダグダと喋っちゃったわ、悪い癖ね」

凛「にこちゃんの話、聞いてて面白いよ」

にこ「そう?」

凛「うん、色々考えてるんだなぁ、凄いなーって……」

にこ「考えるよりも行動する事が大事だって、知ってるんだけどね。いっつも口だけ頭だけになりがちだから……そこは反省しないと」

凛「にこちゃんはね、優しいとか、可愛いっていうより……かっこいいって感じかな?」

にこ「へぇ?」

凛「かよちんとよく言うんだよ、にこちゃんはかっこいいって……」

にこ「どこがかっこいいのかしら」

凛「うーん、自分に厳しいところ、かな?」

にこ「そうでもないと思うけど……私って結構ズルするし、卑怯なことも考えたりするし……」

凛「ほら、そうやって厳しく自分を見てる……」

にこ「……あー」

凛「そこがかっこいいって、思ってるんだよ」

にこ「良いのかしらねぇ、それって……」
36: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 16:44:40.52 ID:Mh69nXkO.net
凛「結局、いままでの全部ひっくるめて、友達は友達なんじゃないかな?」

にこ「どういうこと?」

凛「趣味とか、目標とか、性格とか……あとは、ちょっとした、喋り方とか……動きとか……その全部で、友達のことを好きになるんじゃないかな……って」

にこ「分けて考えるものじゃないってことね」

凛「それこそ、どこが好きなんて説明ができないよ。にこちゃんがさっき言ってた、ライブの話と一緒だね」

にこ「?」

凛「言葉にしちゃったら、好きなものが言葉に縛られちゃって、見えなくなるものがあるって……」

にこ「なるほどね……」
37: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 16:50:31.18 ID:Mh69nXkO.net
凛「それに、ライブは全身で体験するって……それも、友達と同じじゃないかな?」

にこ「どういうこと?」

凛「うん、だから……その人の全部を見て、好きになるんだから……お互いのこと、全部をぶつけ合って、考えてるのと同じじゃないかな……って」

にこ「ふーん……」

凛「えーっと……なんだろ、何言ってるのかな……また分かんなくなってきた」

にこ「いやいや、よく分かったわよ、面白いじゃない」

凛「そうかなぁ……」

にこ「うんうん……」
38: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 16:55:42.00 ID:Mh69nXkO.net
凛「あ、もうこんな時間、そろそろ行くね」

にこ「花陽とデートだっけ?」

凛「うん!デート!にこちゃんも来る?」

にこ「私は用事あるから、いいのよ」

凛「そっかぁ……ざんねん」

にこ「楽しんできなさい、じゃあね」

凛「うん、ばいばーい」

にこ「……」

凛「にこちゃん」

にこ「なによ」

凛「ううん、ありがとう」

にこ「……何にお礼言ってるのよ」

凛「……なんとなく」

にこ「……そう、早く行ったら?」

凛「あっ、うん、それじゃあね……」

にこ「じゃあね……」
39: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 17:04:38.83 ID:Mh69nXkO.net
にこ(ドルオタねぇ……)

にこ(いつからだっけ?思い出せないわね……)

にこ(まぁでも、これで良かったって、今思えてるからそれでいいのよね)

にこ(シンプルに……シンプルにいきましょ)

にこ(凛みたいに)

にこ(それが多分、一番良いのよね)

にこ(色々考えたら、なにも考えないことが答えになって帰ってきた)

にこ(好きなものに正直に……信じることを裏切らずに……)

にこ(私だって、初めからそう生きたかったのよ)

にこ(わかんないものね、誰が答えを持ってるかなんて)

にこ(咀嚼するのに、相変わらず時間はかかりそうだけど…)

にこ(ゆっくり待つことにするわ)

にこ(答えも成功も、いつだって、それを待ってる人にしかやって来ないんだから……)

にこ(また明日も、そうやって……)

にこ(私は、待ち続けるのよ)

にこ(待ち続けるだけよ……)









おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「にこちゃんっていわゆるオタクなの?」にこ「まぁそうだけど……」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。