凛「……余命3ヶ月?」

シェアする

凛-アイキャッチ14
1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 02:48:59.68 ID:wjW855yM.net
真姫「ええ、3ヶ月後に凛は死ぬわ、コロリとね」

凛「い、いやだぁ!やだよぉ!そんなの!」

真姫「残念だけど、これは事実なの……このドクター真姫ちゃんの診察に狂いはないのよ」

凛「り、凛、まだほんのちょっとしか生きてないのにそんな……」

凛「かよちんとも、真姫ちゃんとも、もっと一緒にいたいのに……」

凛「嫌だよぉ、死にたくないよぉ!やだぁ……!うわぁぁん……」

真姫「大丈夫、一つだけ方法があるわ」

凛「えっ……?」

真姫「私とと知り合いで良かったわね……」

凛「り、凛、助かるの!?」

真姫「ええ、凛の病気はこの『まきちゃんDX』を一日二本飲み続けることで治すことができるわ」ドンッ

凛「……ほ、ほんと?やったぁ……」

真姫「だけど!いついかなる時に発作が起こるかわからないわ……というわけで、私が3ヶ月間、凛をサポートするわね」

凛「サポート?」

真姫「まぁ要はつきっきりになってあげるってことよ」

凛「つきっきり……そこまでしてくれるなんて……」

ギュッ

真姫「きゃっ」

凛「ありがとう……ありがとう、真姫ちゃん……本当に、友達になれて良かった……ありがとう……」

真姫「ふ、ふふふ」

元スレ: 凛「……余命3ヶ月?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 02:53:22.60 ID:wjW855yM.net
真姫「ふふふふ!むふ!」

凛「どうしたの?」

真姫「いや、いやいや……なんでもないのよ、ゴホン」

凛「……」

真姫「と、とにかく、今日の分の『まきちゃんDX』を飲みなさい、一日二本よ。忘れちゃだめよ」

凛「はぁい」

キュポッ

凛「真姫ちゃん、これって苦い?」

真姫「ノーノー、とっても美味しいわよ」

凛「よかったぁ、ごくごく……」

凛「……はぁ、本当に美味しいにゃ~、まるでカルピスみたい!」

真姫「そうね、まるでカルピスでしょ?」

凛「これ、カルピスじゃないの?」

真姫「うっ、カルピスじゃないわよ、カルピスじゃないのよ!!」
3: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 02:59:26.48 ID:wjW855yM.net
真姫「次に心音を確かめるわね」スッ

凛「あ~っ、聴診器!真姫ちゃん、似合ってるね」

真姫「ふふふ、そうでしょ?さぁ凛、上着を脱いでちょうだい」

凛「はぁい」ヌギヌギ

真姫「むふっ」

凛「?」

真姫「ゴホン!さて、測るわよ~~」

凛「はぁい」

ピトッ

凛「んっ……冷たいにゃ……」

真姫「はぁ、はぁ、はぁ」

凛「真姫ちゃん?」

真姫「ふーっ、ふーっ」ドクンドクン

凛「ど、どうしたの!?」

真姫(凛の裸……最高ね!)

真姫「凛の裸……最高ね!」

凛「えっ!?」

真姫(し、しまったわ!つい本音が……)

凛「凛の裸が最高って……どういうこと?」

真姫「あ、その……良い感じってことよ!健康状態が!」

凛「なぁんだ~」

真姫(ふぅー、危ないところだったわ)
6: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 03:07:55.50 ID:wjW855yM.net
真姫「次は熱を測るわね」

凛「はぁい、体温計?」

真姫「面倒だから体温計はいいわ。こうやっておでことおでこをくっつけて確かめるのよ」

ピトッ

凛「にゃっ」

真姫(凛の顔が近い……ふふふっ!!)

凛「ど、どうかな?」

真姫「ムフーッ、そうね、ムフーッ、フーッ、まぁ、フーッ、フーッ、平熱ってところかしら?フーッ」

凛「……真姫ちゃん、すっごい熱いよ、熱あるんじゃ……」

真姫「はっ……。わ、私は平熱が結構高めなのよ……うん、そうなのよ」

凛「へぇ~」

真姫「はい、今日の診察はおしまい」

凛「おうちに帰ってもいいの?」

真姫「いいわよ。今まで通り生活して構わないわ」

凛「本当に大丈夫なの?」

真姫「ええ。ただし!……凛が病気だってことは誰にも言っちゃいけないわよ!」

凛「ええっ、どうして?」
8: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 03:15:34.36 ID:wjW855yM.net
真姫「それはね、みんなが凛のことを心配するからよ」

凛「お母さんにも、かよちんにも言っちゃだめ?」

真姫「ダメよ!凛のことを好きであればある人こそ、なおさらダメよ!……大丈夫。私が絶対に治してあげるから。安心して!」

凛「う、うん」

真姫「いい?絶対、誰にも言っちゃダメよ。絶対によ、絶対よ!絶対!絶対誰にも……」

凛「わ、わかったよぉ!」

真姫「ふぅーっ……そうよ、わかったならいいわ」

凛「真姫ちゃんは凛のお医者さんだから。言うことなら、何でも聞くにゃ!」

真姫「」ニヤッ (不敵な笑みを浮かべる真姫ちゃん)

凛「?」

真姫「そうよ、言うことを聞いてちょうだい。それに、この『まきちゃんDX』は極秘の薬なの。世間に存在がバレてしまうとなんやかんやでヤバいのよ」

凛「はぁい」

真姫「いい返事ねぇ、ふふっ」
9: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 03:21:47.84 ID:wjW855yM.net
凛「ただいまー」

「おかえり、凛」

凛「お母さん……あのね」

「どうしたの?」

凛「もしも、もしもだよ!凛が、あと3ヶ月しか生きられないようになっちゃったら……お母さん、どうする?」

「急に何を言いだすのよ……」

凛「もしもだよ!もしもの話!」

「そうね……たくさん泣いちゃうと思うわ。その後、凛の病気を治せるお医者さんを、世界中から探すわね」

凛「……」

「それでもダメだったら、そのあとは凛のやりたいこと、何でもやらせてあげて……せめて、最後くらい幸せにさせてあげたいわね」

凛「……そうなんだ」

「……って、何言わせるのよ。ほんとうにどうしたの?」

凛「ううん、なんでもないよ」

「変なの……」

凛「……」
11: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 03:25:58.01 ID:wjW855yM.net
凛「あっ、『まきちゃんDX』飲まなきゃ……」

キュポッ

凛「真姫ちゃん、ありがとう……おかげで、お母さんも泣かなくていいようになったよ……」

凛「ごくごく」

凛「……」

凛「……これ、本当にカルピスじゃないのかな……」

凛「いやいや、きっと、薬が苦手な凛にも飲みやすいようにしてくれてるんだよ!」

凛「あんなに凛のために頑張ってくれてる真姫ちゃんを疑うなんて……」

凛「……凛って、最低だなぁ……」

凛「だから、こんな病気になっちゃったのかも……」

凛「はぁ……」
12: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 03:32:03.47 ID:wjW855yM.net
「真姫、そんなにたくさん何を買ってきたんだ?」

真姫「パパ、なんでもないわよ」

「なんだそれ……カルピスか?」

真姫「え、ええ、最近のマイブームなの」

「清涼飲料はあまり飲みすぎると体に良くないぞ。毎日飲むつもりなら一日コップ一杯程度にしておきなさい」

真姫「わかったわ、パパ」

真姫(コップ一杯程度……凛に飲ませてる量はそれよりずっと少ないし、健康に害は無いはず……)

真姫(とりあえずこれで一ヶ月分はキープできそうね、よし……)
13: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 03:37:18.13 ID:wjW855yM.net
翌日


花陽「おはよう、凛ちゃん、真姫ちゃん」

凛「かよちんおはよ~!」

真姫「おはよう、花陽」

花陽「さ、行こっか」

凛「うん!」




凛(ねぇねぇ、真姫ちゃん)

真姫(どうしたのよ、あの話なら二人っきりのときにしなさい)

凛(一つだけ聞かせて、本当にいつも通りでいいの?運動しちゃダメとか、食べちゃいけないものとかないの……?)

真姫(大丈夫よ!『まきちゃんDX』さえ飲んでいれば何をしてもオッケーよ)

凛(そうなんだ、良かった……)


花陽「どうしたの?ふたりとも」

凛「えへへ」

花陽「もうっ、隠し事は無しだよ~」
15: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 03:45:02.62 ID:wjW855yM.net
海未「はい、では今日の練習はここまでにしましょう」

穂乃果「はぁ~っ!みんなおつかれ!」

凛(練習も終わったし、『まきちゃんDX』を飲まないと……)





部室




キュポッ

凛「ごくごく……」

にこ(あれっ?凛が薬を飲んでる……?珍しいわね)

真姫(あっ、バカっ!薬はこっそり飲みなさいよっ!)

にこ「どうしたの?凛、それ何の薬?どこか具合悪いの?」

凛「えっ、これはね……」

真姫「栄養ドリンクよ!栄養ドリンク!」

にこ「栄養ドリンク?」

真姫「そうよ、家に余ってたから、凛にあげたの!」

にこ「へぇ~……ラベルに、『まきちゃんDX』って書いてあるけど?」

真姫「ちょ、ちょっとしたジョークよ、ジョーク!」

にこ「ぷぷっ、一年生同士、なかなか面白いことやってるのね」


真姫(凛!クスリは隠れて飲みなさい!)

凛(はぁい……ごめんなさい……)
16: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 03:49:44.49 ID:wjW855yM.net
希「……真姫ちゃん?」

真姫「どうしたの?」

希「何か、隠し事してへん?」

真姫「ドキーーーーッ!隠し事!?してないわよ~~~!ない!ないないない!!!なんにもないわーーーーーー!!」

希「実は凛ちゃん、重病にかかってて……それはその治療薬……みたいな!?」

真姫「ギクーーーーーッ」

絵里「もう、希……何言ってるのよ、凛が重病なら練習なんか参加してるわけないじゃない……」

真姫「そうよ!そうよ!そうよ!そうよ!そうよ!」

希「うわっ!どうしたん!?」

真姫「希のバカッ!アホッ!関西!」

希「理不尽や……」
17: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 03:54:44.70 ID:wjW855yM.net
凛「じゃあね、かよちん、真姫ちゃん、ばいばーい」

花陽「ばいばーい」

真姫「じゃあね」

凛「……」

テクテク……

真姫「……」

テクテク……

凛「真姫ちゃん」

真姫「花陽は帰った?」

凛「もう家に入ったと思うよ」

真姫「よし、それじゃあ私の家に来なさい」

凛「うん」


テクテク……



花陽(朝からふたりの様子がおかしいと思ったら……)

花陽(凛ちゃんが今から真姫ちゃんの家に?……何しに行くんだろう……)

花陽(むむむ……何か怪しいです……)
18: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 03:59:25.87 ID:wjW855yM.net
真姫「さて、そのベッドに腰掛けてちょうだい」

凛「はぁい」

真姫「服を脱いで」

凛「はい……」ヌギヌギ

真姫「今日は全身の検査をするわ。下も脱いでちょうだい」

凛「うん……」ヌギヌギ

真姫(凛が私の言う通りに動く……)

真姫(さ、最高……くぅ~~っ、最高……!)

凛「次はどうすればいいの?」

真姫(凛が裸……裸よ!?私の部屋で……ふふふ!ふふ!ふ!ふ!)

真姫「そ、そうね、ベッドに……うつ伏せになって寝転んで、ちょうだい」

凛「こうかな?ごろーん」

真姫「ブフッ!それはあおむけよ!」

凛「あっ、間違えた……」ゴローン

真姫(は、鼻血が……刺激が強すぎたわ……)
19: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 04:05:06.92 ID:wjW855yM.net
凛「つぎは?」

真姫「いいわよ、そのまま動かないでちょうだい」

真姫(……と言ったものの、どうしようかしら……)

真姫(……いや、何をやっても良いのよね?今は……)

真姫「お、お、お、お、おしりの、け、検査を、す、するわね、今日は、たくさん、動かしたと思うから、うん、おしりの検査よ」

凛「はぁい!」

真姫(柔らかそう……触るわよ、触るわよ、触るわよー……!)


ぷにっ


真姫(触ったわよ!!!)

凛「ふにゃぁ、くすぐったい……」

真姫(あ、これヤバいわね……ヤバい……最高に気持ちいい……)

もみもみ

凛「にゃあっ!」

真姫(あ~柔らかい……柔らかっ……気持ちいい……柔らかっ……ヤバっ……凛のおしり……ヤバっ……あーっ……)
20: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 04:11:47.86 ID:wjW855yM.net
真姫「……硬さA++、とても健康的なおしりよ」

凛「やったぁ♬」

真姫(……こ、これが毎日できるの?)

真姫(よく考えたら……最高じゃない?)

真姫(最高ね……最高ッ、あーっ……最高!)

凛「ねぇ、次は?」

真姫「そ、それじゃあ、む、む、む、胸を……」




「真姫!」


真姫「はぅ!」


「もう夜遅いぞ、友達は帰らなくて大丈夫なのか?」

真姫「だ、大丈夫よ、パパ!大丈夫だから部屋には入ってこないでね!部屋には入らないでね!」

「どうしたんだ?」

真姫「大丈夫って言ってるでしょーーっ!!大丈夫だから大丈夫なのよーっ!!大丈夫なら部屋には入る必要もないわよね!?わかる!?」

「……わかった」

凛「あっ、お母さんに遅くなるって言うの忘れてた……」

真姫「えっ……」
22: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 04:16:39.29 ID:wjW855yM.net
凛「で、でも検査があるし……」

真姫「いや、今日はもうおしまいでいいわ」

凛「いいの?大事な検査なんじゃ……」

真姫「明日でも問題ないのよ。ほら、一週間分の『まきちゃんDX』は渡しておくから、お大事にね」

凛「うん、今日もありがとう!真姫ちゃん!」

真姫「」ドキンッ

凛「じゃあまた明日学校でね、ばいばーい!」

真姫「う、うん、またね」



真姫(……今日はまだ心の準備が出来てないわ)

真姫(……明日こそは!……やってやるわよ!)

真姫(それにしてもおしりを揉んで、お礼を言われるなんて……)

真姫(す、素晴らしいシチュエーションね……ふふ、ふふふ……)

真姫(いい感触だったわ……マシュマロみたいな……)

真姫(明日はもっと……ふふふ、ふふふ……!)
37: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 15:37:38.87 ID:e3+TStYr.net
真姫「」ギンギン

真姫「興奮しすぎて眠れないわ」

真姫「あの弾力……むふっ!」

真姫「そうだ、この感動を日記に記しておきましょう」

カリカリ



今日は練習のあと凛のおしりを揉んだ

柔らかくて適度な弾力、とても気持ちが良い

凛はスポーツが好きなので筋肉が適度に引き締まっていて、そこが良い

練習後の冷めきらない暖かい体温、それに仄かに香る汗の匂い

どれもこれも『そそる』体験だった

明日は胸を触ろうと思う





真姫「ふぅ~っ……」

真姫「やっぱり文字じゃあの体験は表せないわねぇ……」

真姫「まぁでも、書いたことで一区切りついたわ、寝よっと……」
38: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 15:40:49.07 ID:e3+TStYr.net
翌日

真姫「おはよう、凛、花陽♬」

凛「おはよ~!」

花陽「……」

真姫「どうしたの?はなよ~?なんだか元気ないわねぇ~?ほら、笑って笑って!にこっ!」

凛「あはは!真姫ちゃん、にこちゃんみたい!」

真姫「むっ、言ったわねぇ~!」


花陽(真姫ちゃんの様子がおかしいよ……)

花陽(やっぱり、昨日の凛ちゃんとの『密会』にカギがあるのかなぁ……)

花陽(まぁでも……ふたりとも元気そうだし、悪いことじゃないのかな……?)
39: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 15:46:35.99 ID:e3+TStYr.net
放課後……真姫宅


真姫「それじゃ、今日の検査をはじめるわよ」

凛「ま、真姫ちゃん」

真姫「どうしたの?」

凛「その……昨日から気になってたんだけど……」

真姫(うっ!?まさかバレた!?)

凛「ほら、凛の体、練習のあとって汗できたないし……真姫ちゃんのベッドに寝転んじゃ、悪いなぁ……って」

真姫(……なんだ)

真姫「そんなの心配しなくていいのよ(むしろ汗の匂いが良いんじゃない)」

凛「でも……」

真姫「」キュピーン


その時まきちゃんに電流が走った



真姫「そうね……じゃあ、まず体を洗いましょうか。お風呂場に行きましょ」

凛「うん!」

真姫(ウワーーーーー!!!何これ!!?イミワカンナーーーイ!ふっ!!凛と2人でお風呂!?イエスッ!フゥッ!ムフッ!)
40: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 15:50:21.49 ID:e3+TStYr.net
ちゃぽん……

凛「真姫ちゃんの家のお風呂、大っきいにゃ~♬」

真姫「で、でっしょ~っ?」

凛「泳げちゃうよ、すい~っ♬」

真姫(うう……かわいい……何これ……かわいい……)

凛「あっ、遊んでる場合じゃないんだね……」

真姫「ゴホン!そうよ、あくまでこれは治療の一環なのよ」

凛「はぁい」

真姫「じゃ、じゃあか、か、か、体を洗いましょ……」

凛「うん」
41: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 15:56:30.36 ID:e3+TStYr.net
真姫「洗ってあげるわ」

凛「ええっそんな……悪いよぉ」

真姫「良いのよ、今の凛は患者なんだから」

凛「うん、それじゃ……お願い」

ゴシゴシ

真姫「……む、むっ」

真姫「ふふ!むふふっ!ふふっ!むむふふ!」

凛「……だ、大丈夫?息が荒いよ、疲れたなら凛が自分でやるから……」

真姫「むふふっ!大丈夫むふっ!よ!むふっ!」

真姫(あ~!……んぎもぢいぃい~!心が洗われるわ~~っ!!)

真姫(……ここは大胆に……)


むにっ


凛「ひゃあっ、真姫ちゃん、胸が……」

真姫「前も綺麗に洗ってあげないとね、ごしごし……」

凛「にゃぁ~っ」

真姫(生きてて良かった……生きてて……)

真姫(抱いてるわよ!?今……裸で!凛を抱いてるわよ!?赤ちゃんできちゃったらどうしよう……むふっ!)

凛「気持ち良いにゃ~」

真姫「ええ!気持ち良いわねぇ!」

凛「……?」
42: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 16:03:19.88 ID:e3+TStYr.net
真姫「それじゃ、体も綺麗になったし、む、む、胸の検査に入るわよ」

凛「はぁい」

真姫「ごくり……」

凛(真姫ちゃん、真剣な顔……きっと難しい検査なんだ……)

真姫「まずは、硬さをチェックするわね」

真姫(触るわよ、触るわよ、触るわよ……)

むにっ

真姫(触ったわよ!)

凛「ふにゃっ」

もみもみ

真姫(ヤバっ……大きくないけど、確かに『ある』……ちゃんとあるじゃない……柔らかっ……ヤバ……)

真姫(気持ちいい……何これ!?おしりとは違うわ!あーっ!なにこれ……むふっ!えっ!?)

凛「んっ……」

真姫(手を動かすたびに凛の反応が……むふっ!いいわぁ!これっ……すごっ……)

真姫(あーっ、ヤバい……ちょっと、何これ……あっ、手が……離れない……)
43: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 16:09:59.16 ID:e3+TStYr.net
真姫「ふぅ……はぁ……」

凛「にゃっ……」

真姫「ふっ、ふっ、ふっ、はぁっ、ふっ」

凛「んんっ……」

真姫「むふっ!はぁ、ふっ!ふっ……」

凛(な、長い……)

真姫「ふっ、ふっ……」

真姫「むふっふ!ふ!ふふふふ!」

真姫「…はぁ、ふぅ……ふぅ……」
45: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 16:46:22.46 ID:e3+TStYr.net
真姫「硬さS+、とても健康的な胸ね」

凛「やったぁ!」

真姫「はい、今日の検査はここまで。ちゃんと『まきちゃんDX』は飲んでるかしら?」

凛「うん!一日二本だよね!」

真姫「そうよ、忘れちゃダメだからね」

凛「ねぇ、もし忘れたらどうなるの……?」

真姫「大変なことになるわ。もしかしたらもう治らないかも……」

凛「ゾゾ~っ……気をつけないと……」

真姫「そうよ、でも飲んでれば大丈夫だからね」

凛「うん、それじゃ、バイバイ!」

真姫「また明日ね」
46: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 16:52:25.83 ID:e3+TStYr.net
真姫「今日の日記をつけましょ」

カリカリ

今日は凛とお風呂に入った

はしゃいでる凛はとても可愛かった

体を洗ってあげるときに色んなところに触ってやった

とても良いものだった

風呂上がりに胸を触った

あまりに気持ちよくて手が離れなくなってしまった

まるで磁石のような吸い付きだった

明日はどこを触ろうかな?




真姫「……まるで変態じゃないの、これじゃ……」

真姫「いやいや、私は変態なんかじゃないわよ……これはちょっとしたイタズラの範疇よ……」

真姫「そうよね?凛?」

真姫「そうにゃ(裏声)」

真姫「うんうん……」
47: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 16:57:59.61 ID:e3+TStYr.net
その後も毎日真姫ちゃんは凛と風呂に入り、体を触りまくり、風呂上がりも体を触りまくった

真姫ちゃんは次第にその行為をエスカレートさせていった……

そして一週間が過ぎた



真姫「やっほ~!!花陽~!おっはよ~~っ!いい天気!!」

花陽「……お、おはよ……」

真姫「今日も1日頑張るわよ~~っ!ゴーゴー!」

花陽「……」




花陽(も、もう限界だよ!)

花陽(真姫ちゃん、絶対何か隠してる!)

花陽(毎日毎日凛ちゃんと夜遅くまで……)

花陽(凛ちゃんも何も教えてくれないし……!)

花陽(私だって、私だってやるときはやるんですっ!)

花陽(今日こそ秘密を暴いちゃうよ……!)
48: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 17:03:04.54 ID:e3+TStYr.net
真姫「それじゃ、先に練習行ってるわよ!」

凛「いっくにゃ~」

花陽「う、うん!」


花陽「……ふぅ」

花陽「まず、部室には鍵をかけて……」ガチャッ

花陽「捜索、開始です!」

花陽「凛ちゃんのカバン……何か手がかりになるものは……」ゴソゴソ

花陽「……教科書、着替え、お弁当箱……」

花陽「んっ?」

花陽「これは……薬?『まきちゃんDX』……何かな……?」

花陽「そういえば、この前も凛ちゃん何か飲んでた……これのことだったのかな?」

花陽「いずれにせよ、凛ちゃんと真姫ちゃんを繋ぐ手がかりには違いないね……」

花陽「凛ちゃんのカバンから出てくるのはこれくらいかな……」
49: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 17:06:18.31 ID:e3+TStYr.net
花陽「次は……真姫ちゃんのカバン……」

花陽「……何も出てこないことを祈ってるよ……」

花陽「……ううん、特にめぼしいものは……」

花陽「……あれ?このノート……いや、これ、日記……?」

花陽「日記帳……真姫ちゃんの……?」

花陽「……これを見たら、すべての謎が……」

花陽「……いや、でも……いくら何でも日記を覗き見するなんて……」

花陽「うう~ん……!」


バッ


花陽「ダメだよっ、やっぱり……!ダメ!」

花陽「何やってるんだろ、私……最低だよ……」

花陽「はぁ……練習行こっと……」
50: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 17:13:48.89 ID:e3+TStYr.net
真姫宅

真姫「はい、今日の診察はおしまい……ふぅ」

凛「はぁ、はぁ……」

真姫「せっかくお風呂に入ったのに、また汗だくになっちゃったわね……」

凛「帰ってからシャワー浴びるよ。それより……」

真姫「どうしたの?」

凛「うんと……その……」

真姫「言ってみなさい」

凛「あのね、『まきちゃんDX』……ちゃんと毎日2本ずつ飲んでたつもりなんだけど……」

真姫「まさか」

凛「うん……おかしいの、奇数しか残ってないんだ……なくした訳じゃないはずなのに……たぶん、どこかで飲み忘れた日が……」

真姫「なんてことなの……」

凛「どうしよう、どうしよう……凛、死んじゃうの?もうダメなの?ごめんね、ごめんね、真姫ちゃん……凛、バカでごめんね……」

真姫(うーん、厄介な設定にしてしまったわね、こういうときは……)

真姫「大丈夫!泣かないでいいわよ」

凛「どうなっちゃうの?どうすればいいの……」

真姫「ちょっと強力なやつ……『まきちゃんEX』を飲んで貰うわ!それで飲み忘れた分は取り戻せるわ!」

凛「それを飲めばいいの!?」

真姫「明日持っていくわ。大丈夫よ。絶対に大丈夫だから」

凛「うん、うん、ありがとう、ありがとう真姫ちゃん」
51: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 17:20:09.53 ID:e3+TStYr.net
真姫「さぁて……あんなこと言っちゃったけど、『まきちゃんEX』かぁ……」

真姫「強力なやつ……カルピスソーダにでもすればそれっぽくなるかしら?」

真姫「……待って」

真姫「そうよ!!いい方法があるじゃない!」

カタカタ


[媚薬 作り方]


真姫「これよ!『まきちゃんEX』は媚薬にすればいいのよ!」

真姫「そしたら凛の方から積極的に……?むふ、むふ、むふふ!」

真姫「天才…私ってやっぱり天才!」

真姫「でも、危なくないやつにしないと……きちんと調べないとね……今夜は徹夜だわ……」


カタカタ
52: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 17:23:05.70 ID:e3+TStYr.net
花陽宅

花陽「あっ……!」

花陽「間違えて『まきちゃんDX』一本持って帰って来ちゃった!」

花陽「ど、ど、どうしよう……いつ入れて来ちゃったんだろ……うわぁぁ!」

花陽「凛ちゃん、困ってるよね……どうしよう、どうしよう……」

花陽「……正直に言った方がいいのかなぁ」

花陽「うん、ちゃんと謝って返そう……」

花陽「……でも、その代わりに……」

花陽「何を隠してるのか、教えて貰わないと……」
67: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 04:21:02.18 ID:Ha4/RZ0I.net
真姫「ふむ……媚薬の素材とされているものにはいろんな物があるのね……」

真姫「りんご、いちじく、たまねぎ、にんにく、こしょう、カカオ、バニラ……」

真姫「あれ?よくある普通の物しか並んでないじゃない……」

真姫「ふむふむ、媚薬とされているものは精力の増強に役立ち、その薬効にはプラシーボ効果などの個人差がある……」

真姫「ただし基本的に精神を操作するほどの薬効はなく……」

真姫「惚れ薬と呼ばれるものは架空の存在である……」

真姫「え~~っ!!じゃあダメじゃない!」

真姫「凛がメロメロのエロエロになる薬が欲しかったのに……」

真姫「むむむ……現実はそう甘くないってことね……これは困ったわ……」

真姫「どうしよう、どうしよう……」
68: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 04:28:53.83 ID:Ha4/RZ0I.net
真姫「あっ!」

真姫「そうよ、プラシーボ効果よ、それを利用すればいいんだわ!」

真姫「凛はずっと自分のことを女の子らしくないと思い込んでた……10年くらい!」

真姫「間違いなく凛は思い込みが強いタイプ!つまりプラシーボ効果も大いに期待できるはず……」

真姫「なら、『まきちゃんEX』には体温が上がる成分をたくさん入れて……」

真姫「ポカポカに温まった凛に、副作用として『真姫ちゃんのことが好きになってしまう効果がある』と教える!」

真姫「これでイチコロよ!やっぱり私って天才ね!」

真姫「これってどっちかというと催眠術に近いのかも知れないけど……」

真姫「とにかく!やってやるわよ!」

真姫「えーっと、体温を上げる成分は……しょうが、紅茶……」


まぜまぜ……

3時間後


真姫「で、できたわ!」

真姫「あっ、もう外が明るく……」

真姫「つい熱中しちゃったわね!でもこれで完璧よ!ふふふ!」
69: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 04:38:04.68 ID:Ha4/RZ0I.net
真姫「すぅ……」

「真姫!」

真姫「すぅすぅ……」

「真姫!起きなさい!」

真姫「ううん……ん……?」

「遅刻するわよ!」

真姫「あ、う、ぅぅ……あ、もうこんな時間……」

「珍しいわね、寝坊なんて……」

真姫「うーっ、急がないと……」

真姫「寝不足ってこんなに辛いのね……」


だが、まだ真姫ちゃんは知る由もなかった

これがまだ今日という地獄の始まりに過ぎなかったことを……
70: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 04:48:46.12 ID:Ha4/RZ0I.net
凛「あれー……今日の真姫ちゃん、なかなか来ないね……どうしたんだろ……

花陽「……」

凛「遅れることなんかいままで無かったのに……」

花陽「ねぇ、凛ちゃん」

凛「どうしたの?」

花陽「……ごめんね、これ……」

スッ

凛「!!これって、『まきちゃんDX』!?」

花陽「本当に、ごめんね、ごめんね……」

凛「どうしてかよちんが『まきちゃんDX』を……?」

花陽「最近、凛ちゃんと真姫ちゃん、様子が変だから……毎日、夜遅くまで二人で何かやってて……でも、聞いても何も教えてくれなくて……」

凛「あぁ、うう……」

花陽「だから、我慢できなくなって、凛ちゃんのカバンを覗いちゃったの!……何か、答えがあるかなぁ、って思って……」

花陽「そしたら、この『まきちゃんDX』があって……見たあと、戻したつもりだったんだけどね、気がついたら持って帰っちゃってて……」

花陽「なんでだろ、凛ちゃんが、私の知らないうちに、真姫ちゃんと仲良くなっていってるの見て、2人で隠し事して……」

花陽「それで、なんだか、私だけ置いてかれちゃった気がして……」

花陽「この『まきちゃんDX』……見てると悲しくなっちゃうんだ……」

花陽「2人だけの秘密で……私なんか、関係なくて……!それで……知らないうちに、嫉妬して……盗んじゃってたんだよ、きっと……」

花陽「最低だね、私……ただのドロボーだよ、……うぅ……」

花陽「うわぁぁん……ごめんね、ごめんね凛ちゃん……」

凛「かよちん……」
72: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 04:55:30.20 ID:Ha4/RZ0I.net
凛「泣かないでよ、お願い……」

花陽「ならお願い、教えてよ、真姫ちゃんと毎日何してるの?」

凛「それは……」

花陽「あっ……凛ちゃんが言いたくないなら……もう……」

凛「待って!」

花陽「……」

凛「どうしても今は言えないの……でも、信じて!凛は、かよちんのことを思って……」

花陽「うっ……」

ダッ

凛「待ってよ!」

凛「待って……」

凛「行かないでよ……」

凛「かよちん……」


真姫「おはよう、凛!遅れてごめんね!」

凛「……」

真姫「……あれ?花陽はいないの?」

凛「先に行っちゃったよ……」

真姫「え?どうして?」
73: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 04:59:51.00 ID:Ha4/RZ0I.net
凛「ねぇ、真姫ちゃん……病気のこと、やっぱりかよちんに言っちゃだめ?」

真姫「だ、だめよ!そんなの!」

凛「でも、でも……」

真姫「と、とにかく!ダメなものはダメなのー!わかった!?」

凛「う、うん……わかったよ」

真姫「うん、それで良いのよ、それで」

凛「……」

真姫「それで、花陽はどうして先に行っちゃったの?」

凛「……」

真姫「もう、黙ってたらわかんないでしょ?いいわ、私たちも早く学校行きましょっ」

凛「うん……」
74: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:01:17.66 ID:Ha4/RZ0I.net
学校


真姫「おはよう!花陽!」

花陽「……うん」

真姫「どうしたのよ!シュンとしちゃって……」

花陽「あはは、元気ないかな……あはは……」


凛(かよちん……)


真姫(むむ、何か様子がおかしいわね……)
75: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:04:39.93 ID:Ha4/RZ0I.net
真姫「さっ!早く練習行くわよ!」

凛「うん」

真姫「花陽も早く着替えてきなさいよ~~!」

花陽「うん……」


花陽「……」

ガチャッ


花陽「……真姫ちゃんの、カバン……」

花陽「あった……真姫ちゃんの、日記……」

花陽「なんで日記を学校に持ってきてるのかわかんないけど……」

花陽「もう……見ちゃうよ?」

花陽「もう、これ以上……隠され続けて……黙っていられないよ……」



バッ!



花陽「……!」
76: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:06:09.03 ID:Ha4/RZ0I.net
今日は練習のあと凛のおしりを揉んだ

柔らかくて適度な弾力、とても気持ちが良い

凛はスポーツが好きなので筋肉が適度に引き締まっていて、そこが良い

練習後の冷めきらない暖かい体温、それに仄かに香る汗の匂い

どれもこれも『そそる』体験だった

明日は胸を触ろうと思う





花陽「うっ……」

花陽「なに、これ……?」

花陽「なんで、なんで……?」
77: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:08:39.98 ID:Ha4/RZ0I.net
今日は凛とお風呂に入った

はしゃいでる凛はとても可愛かった

体を洗ってあげるときに色んなところに触ってやった

とても良いものだった

風呂上がりに胸を触った

あまりに気持ちよくて手が離れなくなってしまった

まるで磁石のような吸い付きだった

明日はどこを触ろうかな?




花陽「うっ、うっ、うっ……」

花陽「やっぱり……やっぱり、そうだったんだね……」

花陽「凛ちゃんと真姫ちゃんは、付き合ってて……」

花陽「毎日、二人で、こんなこと……」

花陽「こんなふうに……」

花陽「うっ……」

花陽「なんで……酷いよ……」

花陽「なんで、黙ってたの……?」

花陽「私に邪魔されたら、嫌だったの……?凛ちゃん……」

花陽「酷いよ、こんなの酷いよ……」
78: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:11:27.97 ID:Ha4/RZ0I.net
花陽「うぐっ……ひっく……」

花陽「やっぱり、私なんか、いらないんだ……」

花陽「凛ちゃんには、真姫ちゃんがいればいいんだ……」

花陽「真姫ちゃんも……凛ちゃんさえいれば……」

花陽「私なんか……私なんか……」

花陽「うわぁぁん……うっ、うっ……」

ガチャガチャ……


花陽「……」


ドンドンドン!


にこ「花陽!いつまで着替えてるの!?鍵までかけて何やってんのよ!」



花陽「……」
80: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:13:49.38 ID:Ha4/RZ0I.net
花陽「ごめんね、ぼーっとしてたら遅くなっちゃって」

にこ「もう、たるんでんじゃないわよ!ほら、早く!みんな待ってるのよ!」

花陽「う、うん!行こっか!」

にこ「……全く」



にこ(泣いてる声、聞こえたわよ)

にこ(何一人で悩んでんのよ)

にこ(ちゃんと、悩み事があるなら相談しなさいよね)

にこ(まぁ、後で聞いてあげよっか……)
81: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:18:43.28 ID:Ha4/RZ0I.net
海未「はいっ!今日の練習はここまでです!お疲れ様でした!」

穂乃果「はぁ~~っ、疲れたぁ!」

絵里「凛、花陽」

凛「……」

絵里「体の調子でも悪いの?なんだか今日、動きが良くなかったわよ」

花陽「ううん……そうなのかも……」

凛「……かよちん、大丈夫?」

花陽「……ねぇ凛ちゃん、真姫ちゃんもう行っちゃったよ」

凛「えっ」

花陽「ほら、早く一緒についていってあげないと……ね」ニコッ

凛「う、う、う……」

花陽「……」

凛「うわぁぁん!!」

絵里「ちょ、ちょっと!?」

花陽「……」

ことり「ど、どうしたの凛ちゃん、なんで泣いてるの?」

凛「うぐっ、うぐ……」


タタタッ


海未「凛!」
82: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:25:47.02 ID:Ha4/RZ0I.net
凛「真姫ちゃん!」

真姫「な、何よ」

凛「もう限界だよ!もう、もうこれ以上……かよちんを悲しい目にあわせてあげないで!」

真姫「どういうことよ、さっぱりわかんないわ!」

希「おや……?どうしたん?」

真姫「もう!希は黙ってて!」

希「えっ、ひど……」

凛「かよちんは、かよちんは……凛と、真姫ちゃんのことで、誤解してて……それで……」


真姫「ちょ、ちょっと!凛!落ち着きなさい!」

凛「もう言っちゃうよ!黙っててもしょうがないもん!」

真姫「待ちなさい、凛!やめなさい!」


海未「凛!どうしたんです!」

穂乃果「凛ちゃん!」

絵里「凛!」

ワラワラ

凛「みんな揃ったね……言っちゃうよ」

真姫「やめなさい!やめて、やめなさいー!!」


凛「凛は、病気なの!あともう少しで、死んじゃうの!」




希「……え?」

にこ「……ちょっと、今なんて言ったの?」

海未「……?」

穂乃果「嘘……だよね」

花陽「……えっ」
83: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:29:45.52 ID:Ha4/RZ0I.net
凛「凛は、死んじゃうの!一週間ほど前、真姫ちゃんに言われたの……」

真姫「ああ、うっ……」

凛「あと3ヶ月の命……だって……」



海未「……?」

穂乃果「?」

にこ「ちょっと待って……えっ?真姫ちゃんに言われたの?」

凛「うん」

ことり「お医者さんじゃなくて?」

凛「うん」

絵里「病院には行ってないの?」

凛「行ってない」

希「真姫ちゃんが、凛ちゃんがあと3ヶ月で死ぬって?」

凛「うん」



真姫「あっ、あっ……あっ……」



ガラガラガラ←真姫ちゃんの中の何かが崩壊する音
84: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:33:29.17 ID:Ha4/RZ0I.net
凛「でもね、真姫ちゃんが、この『まきちゃんDX』を1日2本飲めば、助かるって……」

にこ「あのね、凛」

凛「……?」

にこ「多分それ全部……嘘だと思うんだけど」

絵里「うん……私もそう思う……」

凛「えっ、えっ、えっ!?」

海未「まさか、真姫……あなたは……」


真姫「ああっ、うぐぅ……これは……その……」


海未「凛の、純粋な心を……もてあそんで……」


真姫「うっ、うぐっ……」

真姫「うっ」


真姫「わぁぁぁぁんっ!!!ごめんなさぁぁい!!!」


海未「な、泣いたら許されるものでもありませんっ!」
85: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:38:44.03 ID:Ha4/RZ0I.net
凛「えっ、真姫ちゃん、本当に?……嘘だったの?どこから?」

真姫「全部嘘よ!最初からぜーーーんぶ嘘だったのよ!!」

凛「『まきちゃんDX』は嘘だったの?じゃあ、凛、やっぱり死んじゃうの?」

真姫「死なないわよ!ピンピンしてるわよ!多分90歳くらいまで生きるわよーーー!!!『まきちゃんDX』!?あんなのただのカルピスウォーターよ~~~~!!」


真姫「うわぁぁああああん!!!」ばたばた


凛「あは、あははは……」



希「な、なんというか……」

絵里「……なんで、そんな嘘を……」

穂乃果「え~っと……真姫ちゃん?」


真姫「うわぁぁぁぁん!!」


海未「なんで真姫が泣くんです!泣きたいのは凛の方でしょう!」
86: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:43:34.80 ID:Ha4/RZ0I.net
花陽「静かにしてくださいっ!!」


海未「……っ!」

絵里「花陽……?」


シーン……


真姫「ああ、うう……」


花陽「……真姫ちゃん、隠し事って、そういうことだったんだね……」


真姫「ご、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい……」ぺこぺこ


花陽「……ひどいよ」


真姫「ごめんなさい、ごめんなさい!許して、お願い!花陽!許して……」


花陽「まずは、凛ちゃんに謝ってよ」


真姫「凛、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」ぺこぺこ


凛「」←茫然自失


真姫「ううっ……」
87: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:47:17.54 ID:Ha4/RZ0I.net
花陽「真姫ちゃん……」

真姫「花陽!許して……お願い!許して……」

花陽「……」

真姫「は、初めての友達なの、花陽は、高校に入ってから、初めて出来た友達……」

真姫「お願い、嫌いにならないで、許して……」

真姫「もう一人にしないで、一人は嫌なの、お願い……許して、ごめんなさい、ごめんなさい……うわぁぁん!!」



花陽「……凛ちゃん」

凛「あっ……」

花陽「ごめんね、凛ちゃんにひどいこと言っちゃって……」

凛「良いの、かよちんは悪くないから……」




真姫「……うぐっ、ひっく……ごめんなさい、ごめんなさい……」
88: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 05:53:24.25 ID:Ha4/RZ0I.net
花陽「真姫ちゃん」

真姫「」ビクッ

花陽「日記、見ちゃったよ」

真姫「あ……うっ……そ、そんな……」

花陽「ねぇ、凛ちゃん、毎晩、真姫ちゃんとお風呂入ってたの?体たくさん触られてたの?」

凛「う、うん……病気の検査だって……言われて」


にこ「検査って……(いいなぁ)」

ことり「うわぁ……(いいなぁ)」

希「なんてことや……(ええなぁ)」

絵里「まさか、そんな……(いいわね)」

穂乃果「ええ……(いいなぁ)」

海未「毎晩……(いいですねぇ)」
90: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 06:00:45.19 ID:Ha4/RZ0I.net
花陽「ずるいよ……真姫ちゃん」

真姫「……」

花陽「凛ちゃんは、みんなのもの、そうでしょ?」

真姫「う、うん……」

花陽「独り占めなんて……絶対しちゃダメだよ!」

穂乃果「そ、そうだよ!」

にこ「そうよ!」

海未「そうですっ!」

絵里「そうよ、そうよ!」

希「そうや、そうや!」

ことり「そうだよ!」


真姫「仕方ないでしょっ!!!」


8人「!!」



真姫「凛のことも、花陽のことも大好きなのよ!」

真姫「大好きで、大好きで、大好きだから!!」

真姫「もっと近くにいて欲しかっただけなのに……!!」


真姫「でも、花陽に……余命3ヶ月なんて言っても……どうせ信じてくれないし……」

真姫(穂乃果なら信じるかもしれないけど)チラッ

穂乃果「?」
92: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 06:05:25.05 ID:Ha4/RZ0I.net
真姫「でも、『お尻触らせて~!』とか『おっぱい触らせて~!』なんて言ったら、嫌われるじゃない!口も聞いてくれなくなるじゃない!」

真姫(穂乃果みたいなキャラなら大丈夫かもしれないけど)チラッ

穂乃果「?」


真姫「だから、だから、必死で考えたのよ、必死で……」

真姫「どうやったら、嫌われずに、凛の花陽の……おしりと……おっぱいを……もみもみ出来るか……」

真姫「でも、どうしても……花陽をもみもみする方法は思いつかなかったの……」

真姫「だけど、凛なら思いついたの……これならいける!って思ったのに……」

真姫「思ったのに……」

真姫「失敗しちゃった……」


真姫「うう……ごめんなさい、ごめんなさい……」
93: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 06:11:48.93 ID:Ha4/RZ0I.net
花陽「……///」

希「花陽ちゃん」

花陽「は、はいっ」

希「真姫ちゃんのこと、許してあげる?」

花陽「う、うん……」

希「凛ちゃんも」

凛「……うん、騙されてたのはショックだったけど、真姫ちゃん……凛のこと、そんなに好きだったの……やっぱり、嬉しいかも……」

真姫「凛、花陽……」

希「もう……真姫ちゃんは……素直やないんやから……」

希「ええんやで?友達同士なんやから」

希「もみもみしたかったら、こうやって……」

真姫「きゃっ!?」

希「素直に……」

わしわしわしわしわし

希「揉ませて下さい!って頼んだら!それでええのに!!」

真姫「や、やめて~~~~!!ああ~~っ!!」




凛「バカなんだね、真姫ちゃんって……騙されてた凛が言うのも何だけど……」

花陽「うん……バカなのかも……」
94: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 06:18:13.94 ID:Ha4/RZ0I.net
コロン……

にこ「あら?何かしら、これ……あっ!『まきちゃんDX』ね!噂の……」

穂乃果「確か中身は……カルピスのやつ……いいなぁ、ちょうだいっ!」

にこ「だめだめだめ~~!一番最初に見つけた、にこのもの~!」

穂乃果「ずるーい!」

キュポッ

にこ「いただきまぁす」

ごくごく

絵里「あら……それ、『DX』じゃなくて『EX』って書いてるけど……」

にこ「ごくごく……んっ!?」

ボッ

穂乃果「……にこちゃん?」

にこ「んっ……?」

にこ「ま……」

にこ「まっずぅぅぅぅぅっ!!」

にこ「んぐっ!?な、な、何よこれ、オゲーーーッ!まっずぅぅぅぅぅ!?何!?えっ!?辛っ!これ何よぉぉ!?まっずぅぅぅぅぅ!?」

希「にこっち~、拾い食いはあかんよ?」

にこ「の、喉が焼ける~~!辛っ!辛っ!!熱っ!熱っ!し、し、死ぬ、死ぬ~!水!水!水!水!!」


穂乃果「カルピスじゃなかったんだ……飲まなくてよかったぁ……」
95: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 06:22:44.95 ID:Ha4/RZ0I.net
真姫「調合間違えたかしら……そんなに辛かったのかしら」

絵里「にこ、辛いもの苦手だし……」

花陽「……あははっ」

凛「……ああはははっ!」

にこ「な、何笑ってんのよっ!!!あんたら!!冗談じゃないわよっ!!!ばかっ!!!」

花陽「……なんだか、全部吹き飛んじゃった……」

凛「凛も……そんな気がする……」

真姫「ごめんなさい、凛、花陽……」

花陽「もういいよ、真姫ちゃん」

凛「うんうん」

真姫「でも……」

花陽「それより」

凛「ねっ」

真姫「?」

花陽「ふふっ」

凛「何か言いたいこと、他に無い?」

真姫「あぅ……」

花陽「ねっ、真姫ちゃん?」

真姫「は、花陽……り、凛……」



真姫「おっぱい……触らせて……ください……」








おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「……余命3ヶ月?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。