英玲奈「東條希、私にわしわしMAXを教えてほしい」

シェアする

英玲奈-アイキャッチ2
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:32:18.01 ID:DxV1svH70
希「………ごめんもう一回言って」

英玲奈「東條希、私にわしわしMAXを教えてほしい」

希(聞き間違いじゃなかった…)

英玲奈「東條希、私に」

希「いやもうええよ!」

英玲奈「そうか。では教えてもらえないだろうか」

希「色々ツッコミたい事はあるけど…わしわしMAXって、それどこで知ったん?」

英玲奈「この間音ノ木坂に行ったとき、部室から『言う事聞かない子はわしわしMAXやで~』と聞こえてな」

希(本人目の前にして物真似はやめーや…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443000737

元スレ: 英玲奈「東條希、私にわしわしMAXを教えてほしい」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:33:24.29 ID:DxV1svH70
英玲奈「何事かと覗いてみれば皆、東條希の言葉に恐れおののき粛々と作業を進めているではないか」

希「ああ、はいはい…」

英玲奈「人を従わせるわしわしMAXとやら…私はそれが知りたい」

希「ええと…一応、理由聞いてもええかな?」

英玲奈「実は最近、ツバサとあんじゅに手を焼いてるんだ…」

希「どういう事?」

英玲奈「先日から共同でアキバライブの準備をしているだろう?」

希「うん、3人ともよく音ノ木坂学院に来るようになったよね」

英玲奈「そんな大事な時期だというのに、あいつらの行動は目に余る!」ドンッ

希「そ、そうなん?」ビクッ

英玲奈「ああ、このままでは作業に支障をきたす恐れがある」

希「うーんあの2人がなんかやらかすなんて想像出来ないけど…」

英玲奈「そう言うと思って…」ポチポチ スッ

希「スマホの映像?」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:34:11.32 ID:DxV1svH70
ツバサ『ほーのかさん♪準備の方はどう?進んでる?』ダキッ

穂乃果『うぇぇ、ツバサさん!?は、はい順調ですけど…』

ツバサ『そう、偉いわ。流石私の見込んだ穂乃果さんね』ナデナデ

穂乃果『あのぅ…ち、近くないですか…?』

ツバサ『あら、もしかしてイヤだったかしら?』スンスン

穂乃果『そんな事ないですけ…ちょっ、匂い嗅いでませんか!?」

ツバサ『気のせい気のせい。さ、行きましょ』グイッ

穂乃果『ふえ!?あの、どこへ…?』

ツバサ『準備も一段落着いたし、一緒にレッスンしましょ?あっちの誰もいない空き教室で』グイグイ

穂乃果『い、いやちょっと、まだ途中なんですけど…つ、ツバサさぁん!?』ズルズル



『ひゃっ、ちょ…これ本当にダンスレッスンですよね!?…ぁんっ!///』




希「」

英玲奈「そしてあんじゅが…」スッ スッ
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:34:55.41 ID:DxV1svH70
あんじゅ『海未さんはぁ…ここが弱点ね」サワッ

海未『ひゃんっ、い、いきなり何を!?///』

あんじゅ『んふっ、可愛い反応♪ただのスキンシップよぉ』サスサス

海未『やっ、さ、作業に集中出来ませんからぁ///』

あんじゅ『そしてマッキーはぁ…』スリッ ペロッ

真姫『ま、マッキーって呼ばな…あっ、やめ…てぇ///』

あんじゅ『あらぁ♪マッキーってぇ、実はネコちゃんだったのかしら~』ナデナデ

真姫『なにそれ…意味、わかんないぃ…///』モジモジ

あんじゅ『うふふっステキね、μ’sの皆さん。もっともっと親交を深めたいわぁ…』ペロリ…

あんじゅ『次は希さんと仲良くなりたいわね。今度じっくり交流してみましょ♪』ジュル…




英玲奈「…とまあこんな具合だ」

希「そ、想像以上やね…(あんじゅちゃんが不穏すぎる…ウチ、貞操の危機やん)」ガタガタ
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:36:14.53 ID:DxV1svH70
英玲奈「元々お気に入りだったμ’sとの共同作業だ、はしゃぐ気持ちはわからんでもないが…」

希(いやハジけすぎやろ。というか淡々と撮影してた英玲奈ちゃんもどうなん…?)

英玲奈「いくら注意してもなんやかんやで誤魔化される。あいつら無駄に口が上手いからな」

希(ばっちり証拠あるのに誤魔化せるんだ…ある意味尊敬するわ)

英玲奈「だが私の我慢にも限度がある、その時耳にしたのがわしわしMAXだ」

希「…ああ、そういやそんな話やったね、色々衝撃的すぎて忘れてたわ…」

英玲奈「どうだ?私に教えてはもらえないか」

希「んー…英玲奈ちゃん、わしわしってどういうものかわかってる?」

英玲奈「胸を揉みしだくのだろう」

希「そんなはっきり言わんといて!///」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:37:04.26 ID:DxV1svH70
英玲奈「女性の弱点を弄ぶことで生理的嫌悪と恐怖を促し、相手を屈服させるのでは?」

希「う、うーんそんな難しいこと考えてないんやけど…」

英玲奈「実はその推論の元に2人をわしわしMAXしたことがあるのだが…」




ツバサ『英玲奈、ふざけてないで作業して。A-RISE辞めさせるわよ』(真顔)


あんじゅ『警察呼びますね、統堂さん』(真顔)




英玲奈「何故か逆に怒らせてしまってな…」シュン

希(英玲奈ちゃんも大概やけどあの2人ほんま何なん…)
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:38:08.31 ID:DxV1svH70
英玲奈「やり方が間違っていたのだろうか?」

希「うーんやり方も何も…」

英玲奈「…」ジー

希「……う」

英玲奈「…」ジー

希「…は~、わかったわかった。じゃあとりあえず、ウチにやってみせてくれん?」

英玲奈「いいのか?」

希「ええよ、そこまで困ってるなら放っておけないやん(さっさと終わらせたいし)」クルッ

英玲奈「…わかった。では失礼して」スッ…




ギュゥゥゥゥゥッ!!
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:38:55.53 ID:DxV1svH70
希「いだだだだだだっ、ちょお痛い!?いたいってばっ!やめて!!!」ジタバタ

英玲奈「え、あぁすまない」パッ

希「はあ、はあ、もうっ、何するん!?」

英玲奈「痛みで恐怖心を増幅させるのではないのか?」

希「ちゃう!!…はぁ、そりゃ2人も怒るわ」

英玲奈「本当にすまない,痣になってはいないか?」サスサス

希「ちょっ、ナチュラルに胸さすらんといて!?///」バッ

英玲奈「痛むのだろう?」

希「ええから、もう!(この子実は天然なんか…)」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:39:54.74 ID:DxV1svH70
英玲奈「そうか、ならば今度は私にわしわしMAXしてくれ」ズイッ

希「無駄に胸反らすなや!子供か!」

英玲奈「なに、身を持って体験出来れば私も真似しやすい」

希「うーん、基本悪い子にしかしたくないんやけど…」

英玲奈「覚悟は出来ている。さあ、来い!」ワクワク

希「なんでノリノリなん…はあ、わかった。いくでー」スッ…




ワシ…ワシ…
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:40:41.86 ID:DxV1svH70
英玲奈「……ほう……成る程成る程……」

希「冷静に分析されるとこっちがアホみたいやん…」ワシワシ

英玲奈「だが……思ったほど……衝撃は無い……ンッ///」ピクッ

希「そりゃあ英玲奈ちゃんは望んで受けてるわけやし…もうええやろ?」パッ

英玲奈「……うん///」

希「ちょっと照れんなや!こっちも恥ずかしくなるやん!!///」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:41:35.96 ID:DxV1svH70
英玲奈「だがなんとなく掴めた気がするぞ!」

希「そ、そうなん…まあ、あんま難しく考えんでええと思うよ」

英玲奈「ああ、私は相手を従わせることにこだわりすぎてたようだ」

希「うん。悪いことしたら叱る、それだけのことやん?」

英玲奈「わからせるのではなく、わかってもらう。優しさと慈しみの心が大事なのだろうな!」フフンッ

希「う、うん。もうそれでええんやない?」

英玲奈「それを踏まえて、もう一度わしわしMAXさせてくれないか?」キリッ

希「なんでやねん!無駄にキメ顔作るなや!!」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:42:42.15 ID:DxV1svH70
英玲奈「頼む。私は慎重派ゆえ、納得出来るまで練習しないと不安なんだ」

希「えぇ…」

英玲奈「この通りだ、今度失敗したら本当にクビで逮捕かもしれない」ペコッ

希「どんだけ怖いんや…あーわかったわかった。ええよもう」

英玲奈「本当か!?」

希「うん。…ほい、どーぞ」クルッ

英玲奈「よし、では行くぞ」スッ…



ワシ…ワシ…



希(…ほっ、痛くない)
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:43:44.81 ID:DxV1svH70
英玲奈「…どうだ」ワシワシ

希「どうだと言われても……まあ、いいんやない……?」

英玲奈「…そうか」ワシワシ

希「……もう、いいやろ……まだなん……ンッ」ピクンッ

英玲奈「すまない、もう少し…」ワシワシ


希(なんか、手つきやらし…変な方向に上手くなってない…?///)

希(あかん変な気分に…というかウチら部室で作業もせんと何してるんやろ…///)ハァハァ

希(こんなところ誰かに見られたら…)チラッ













絵里「」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:45:53.47 ID:DxV1svH70
希「」

英玲奈「優しく…時に厳しく…」ブツブツ ワシワシ

希「わああああああ!!えええ、ええ、えりちぃ!!!???」ビックゥッ

英玲奈「うおっ、びっくりしたぁ!?」ドキッ


絵里「……えっと、扉が少し開いてたから///」

希「いや、これはな、違う、違うんよっ!?」

英玲奈「ああ、絢瀬絵里さんか」

絵里「お、お邪魔だったかしら…?」

希「いやだからなっ!?別にやましい事はなんもないんよ、な?」

英玲奈「そうだな、お互い同意の上での行為だ」

希「ちょっと黙っててくれへん!?」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:47:22.95 ID:DxV1svH70
絵里「え、いや、でも希気持ちよさそうだったし…」

希「え、えぇ?き、気のせいやん?ちょっとな、あの、部室あついなーなんて…」

英玲奈「まあ優しさと慈しみを込めて揉んであげたからな」フフンッ

希「お前ええ加減にせえよ!!」


絵里「…ほ、程々にね。皆にはしばらく部室は使用中って言っておくから、じゃっ」ダダッ

希「ちょ、使用中ってなんやねんっ!?絶対余計なこと言う気やろ!!待ってえりちっ!!!」ダダ
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:48:18.38 ID:DxV1svH70
英玲奈「…取り残されてしまったな」ポツン

英玲奈「それにしても…ふむ、私のわしわしMAXははたして正しかったのだろうか?」

英玲奈「まあ気持ちよさそうと言ってたし、恐らく間違ってはいないだろう。あとはこの方向で自分なりに研究を重ねていけば…」

英玲奈「ふふふ、見てろよ2人とも。絶対に改心させてみせるぞ!!」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:49:48.26 ID:DxV1svH70
―――数日後



英玲奈「やあ、東條希」

希「……あー、英玲奈ちゃんか」ジトッ

英玲奈「すこぶる不機嫌だな、なにかあったのか?」

希「誰のせいやと思ってるん?あれからえりちの誤解解くのめっちゃ大変だったんやから…」

英玲奈「…?」

希「自覚ゼロか!天然ポンコツ英玲奈っち!!」

英玲奈「語感が良いな」

希「やかましいっ!…それで、そっちはどうなったん?」

英玲奈「ああ、おかげで2人は言う事を聞いてくれたよ」

希「そっか、よかったやん(ウチの貞操は守られた…ほんとによかった…!)」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:51:08.01 ID:DxV1svH70
英玲奈「ありがとう、希」

希「…急に名前呼びなんて、ちょっとびっくりやん」

英玲奈「構わないだろう?胸を揉み合った仲なんだし」

希「そこかい!!」

英玲奈「…そういえば少し問題があってな」

希「えっ、問題?あの2人のこと?」

英玲奈「ああ、わしわしMAXは確かに効果的だったんだ。だが…」



タタタッ
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:52:29.44 ID:DxV1svH70
ツバサ「あ、英玲奈いたーっ!ねえねえ、またわしわしMAXしてよ。あれすっごいキモチイイの!///」ギュッ

あんじゅ「ずるいわツバサばっかり!ねぇ、今日も良い子にしてたのよぉ。わしわしMAX、して?///」スリスリ




英玲奈「なんかすっごい気に入られた」

希「知らんわもう」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 18:53:13.61 ID:DxV1svH70
おしまい

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
英玲奈「東條希、私にわしわしMAXを教えてほしい」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『英玲奈「東條希、私にわしわしMAXを教えてほしい」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。