にこ「ふぅ……ふぅ……ほのかあぁ……」クチュクチュ

シェアする

にこ-アイキャッチ18
1: 名無しで叶える物語(ノルウェー)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 09:32:59.51 ID:cw0PjQGu.net
パソコン『よっ!ほっ!』

にこ「相変わらずエロいケツをふりふりさせて……んっ♡」クチュ

パソコン『はあっ!やった!』

にこ「んん……♡胸チラしてんのよあほのか」クチュクチュ

パソコン『どうかなにこちゃん?こんな感じ?』

パソコン『全然ダメ!体揺らしてもっと激しく動きなさい!』

パソコン『ええー……わかったよぅ』

パソコン『また撮るから今度はしっかり踊りなさいよ!』

パソコン『わかった!見ててねにこちゃん!』

にこ「はぁ……♡はぁ……♡」クチュクチュクチュ

にこ「すき……だいしゅきほのか……♡」

にこ「んんん……!!」ビクン

元スレ: にこ「ふぅ……ふぅ……ほのかあぁ……」クチュクチュ

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 09:41:12.96 ID:RFhg28Mz.net
にこ「……ふぅ」


にこ(今日の穂乃果もエロかったわね、思わず3回もほのニーしちゃったわ)

にこ(……でもなーんか、まだ物足りないわねぇ)

にこ(ビデオカメラで撮ったのをおかずにするのもいいけど……もっとこう新しい刺激が)

にこ「なんかないかしら……」

にこ(……そうよ!)ピーン!

にこ(いいこと思いついたわ!)
5: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 09:46:01.02 ID:RFhg28Mz.net
絵里「今日の練習はこれで終わりよー、みんなお疲れさま」


穂乃果「ふぃ~、今日の練習もつかれたぁ~」

ことり「お疲れさまほのかちゃんっ!」

穂乃果「はへぇ~……」

海未「穂乃果のダンスは最近キレがより増したような気がしますね」

穂乃果「うん、にこちゃんがね!私のダンスをビデオで撮って一緒に特訓してくれてるんだ!」

海未「そうですか……無理はしないでくださいね」


にこ「無理なんかさせないから大丈夫よ」トコトコ
8: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 09:47:59.71 ID:RFhg28Mz.net
穂乃果「にこちゃああん!」タタッ

にこ「……ストップ、抱きつかないで」

穂乃果「?あっごめん、汗くさかった?」

にこ「濡れるでしょうが」

穂乃果「ぬれる?そんなにビッショリ汗かいてた?」

にこ「はっ……!」


ことり「それじゃ穂乃果ちゃん、みんなと外で待ってるね?」

海未「何か飲み物を買っておきますよ」

穂乃果「あっうん!わかったー!」

にこ「……穂乃果」

穂乃果「え?」
11: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 09:50:37.19 ID:RFhg28Mz.net
にこ「……その練習着の背中の方、少し破けてるわよ」

穂乃果「ええっうそっ!?」

にこ「にこが直してきてあげる」

穂乃果「にこちゃんが?いいよ~そんな、お母さんに言って直しもらうから」

にこ「……うっさいわね!私が直してやるって言ってんだから好意を大人しく受け取りなさい!」グイ!

穂乃果「ああっ!?」

にこ「もうにこのカバンに入れたからね!明日渡すから待ってなさい!」ガサ

穂乃果「そこまで言うなら……でもいいの?」

にこ「こんなの朝飯前よ!いいからあんたはにこに任せればいいの」

穂乃果「ありがとうにこちゃん!」

にこ「ふん……」ニヤニヤ
13: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 10:06:46.70 ID:swY6gpTP.net
にこ「はぁ……はぁ……やった!」

にこ「あいつの練習着……ふふ」

にこ「あんな嘘にひっかかって……」

にこ「ああ……穂乃果の濃厚な香り……」スンスンスンスン

にこ「もう我慢できないわ……!」シュル

パソコン『にこちゃんできた!できたよ!』

パソコン『ちょっと!撮ってる時に急に抱きつくなって言ってるでしょ!』

パソコン『ぎゅー!』
16: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 10:09:49.07 ID:swY6gpTP.net
にこ「はぁん……♡抱くならもっと強く抱きしめなさいよね……」

にこ「にしてもこれヤバ!穂乃果に包まれてるみたいで……癖になる♡」

にこ「あはぁ……♡穂乃果……きもちいい、もっと」

にこ「んぅ……♡」チュプ…

トントン


にこ「……!?」ビク

にこ「……折角いいところだったのに」
17: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 10:13:04.55 ID:swY6gpTP.net
にこ「どうしたの?」ガチャリ

こころ「お姉さま!お客さまが来てますよ」

にこ「客?チャイム鳴ってたかしら?」

こころ「鳴ってましたよ?」

にこ「気づかなかったわ……ありがとここあ」

こころ「とんでもありません!」

にこ「で?お客さんって?」

「お邪魔しま~~す!」

こころ「はい、どうぞ!」



穂乃果「にこちゃーん!いっえ~い!」

にこ「穂乃果!?」
21: ここあ×こころ◯(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 10:21:17.59 ID:Y0FGUexd.net
穂乃果「お母さんがわざわざ練習を直してくれるんだからこれ持っていきなさいって!」スッ

にこ「あ、ああ……お饅頭?ありがとう」

にこ「ごく……」

にこ(Tシャツ1枚……しかもノーブラ……)

穂乃果「?」

にこ「あんたそんな格好で寒くないの?」

穂乃果「ちょっと寒かったかな……えへへ」

穂乃果「でもにこちゃんはあったかいね!」モッギュー

にこ「!?……あ」

にこ「はぁ……はぁ……」

穂乃果「へ?」

にこ「あ、いや……来たついでに晩ご飯でも食べてく?」

穂乃果「いいの!?食べる食べる!」
26: あ……すいません(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 10:53:44.45 ID:4nqZk7mx.net
穂乃果「わあ!にこちゃんカレーの美味しい~!」

こたろう「あー……」

こころ「こたろうはもうご馳走さま?」

ここあ「じゃ早くすごろくの続きをしようよー!」

穂乃果「はぐはぐ……」

にこ「……」

にこ(チャンス!)

にこ「穂乃果っ!!」

穂乃果「?」

ドン!バシャア!

穂乃果「……あ」ビチャア
28: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 10:58:30.88 ID:4nqZk7mx.net
にこ「ごめ~ん!大丈夫?大きいペットボトルの水全部こぼしちゃった!」

穂乃果「う、うん平気……びちょびちょだけど」

穂乃果「うぅ~……」ポタ…ポタ

にこ「」ケイタイ カシャ!カシャ!

にこ「大変!服がそれだと帰れないじゃない!」

穂乃果「大丈夫だよ?走ってかえ……」

にこ「はあ!?バカじゃないの!?あんたピンクの乳首が透けて丸見えの状態で帰るの!?」

穂乃果「ぅ……///」

にこ「乾かしてあげるからそれまでにこの服を貸してあげる、それ着なさい」

穂乃果「……うん」

にこ(ああぁ……もう最高……♡)

にこ(たまんないわ……今すぐほのニーしたい)ムラムラ
37: 今度新しく建て直して書き溜め含め投下しますね(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 11:20:20.95 ID:RFhg28Mz.net
穂乃果「にこちゃん……」テクテク

にこ「なによ」

穂乃果「こ、この服……少し小さいっていうか」ピチピチ

にこ「我慢しなさい」

穂乃果「でっでも……んぅ」

にこ「変な声あげてんじゃないわよ」

穂乃果「だってぇ……こすれる」

にこ「ノーブラで来るからでしょうが」

にこ(勃ってる……)

穂乃果「ああぅ……///」

にこ(乳首が勃ってる……!!)

にこ「っ……にこは少しにトイレいってくるから!」ダダダ

穂乃果「に、にこちゃん?」
43: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 11:50:06.82 ID:SWmOVKqG.net
にこ(無理……あんなの見せられたらもう我慢できない)

にこ(さっき中途半端に中断されたし……)

にこ「うっ……ああぁ」クチュクチュ

にこ(乳首……穂乃果の乳首)ケイタイ スッ

にこ(まんまるでぷっくりして……)

にこ「んっ……乳首」クリクリ

にこ「いい……もっといじって穂乃果……♡」

にこ「もっと強く……はぁ♡そう……♡」クリクリ
45: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 11:53:43.63 ID:C5eA5g/x.net
穂乃果(んー……にこちゃんのおトイレ長いなぁ)ゴロン

穂乃果(とりあえずにこちゃんの部屋で待ってていいよね?)

穂乃果(それにしてもにこちゃんのお部屋ってかわいいよね……ぬいぐるみもいっぱいあるし)

穂乃果(いいなぁ……私もぬいぐるみ欲しい)

パソコン『……が……で』

穂乃果「? 向こうのパソコン、電源がついてる?」

パソコン『よっ!』

パソコン『もっとそこはかがみなさい!』

穂乃果「あ……ダンスの練習の」

穂乃果「にこちゃん……私のために見直してくれてたんだ」ジーン
59: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 13:08:24.44 ID:C5eA5g/x.net
パソコン『馬鹿!恥ずかしがってないでそこは脚を思いっきり上げる!』

パソコン『うぅ……でもパンツが』

パソコン『あんたのパンツがにこに見えたからどうだっていうのよ!?そんなの気にしないから早く!』

パソコン『え、えぇ~い!』

パソコン『やればできるじゃない!その調子!』

穂乃果「……ここ、今日の///」

穂乃果「やっぱりパンツ思いっきり見えてるよ……」サワ…

穂乃果「あっ、練習着だ!もう治ってるかな?」
60: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 13:09:34.37 ID:C5eA5g/x.net
穂乃果「……?」ジト

穂乃果「なんかちょっと湿ってる……?」

穂乃果「変な匂いもする……洗剤、じゃないし?」クンクン

穂乃果「なんだろう……ふああぁ……」アクビ

穂乃果「……」ウトウト

穂乃果「眠くなってきちゃったよ……カレーをお腹いっぱい食べたからだ……」

穂乃果「にこちゃんが帰ってくるまで少し眠ってもいいよね……?」

穂乃果「にこちゃんのベッドにお邪魔します……」モゾモゾ
61: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 13:11:05.65 ID:C5eA5g/x.net
…………
……


にこ「あああああああ!!」ガチャ

にこ「勝手に人の部屋に入るんじゃないわよ!あほのか!」

穂乃果「すぅ……すぅ……」

にこ「……ほっ、なんだ?眠ってたの?」

パソコン『穂乃果!そこはもっと腰を振る!』

にこ「あわわわ!!」シャットダウン

にこ(パソコン……見られたかしら?)

にこ(……本当にやましいフォルダは別に隠してあるし大丈夫でしょ)

にこ「……」

穂乃果「ぅへ……」

にこ(よだれ垂らしちゃってまあ……)
63: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 13:13:43.33 ID:C5eA5g/x.net
にこ「……」

にこ「穂乃果ー?起きなさいー?」ユサユサ

穂乃果「……すぅ」

にこ「起きなさいったら……」ユサユサ

穂乃果「……」

にこ「……穂乃果」


にこ「起きないと……」



にこ「よだれ、なめとっちゃうわよ……?」
64: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 13:20:19.66 ID:C5eA5g/x.net
にこ「……ほら」

にこ「いいの……?」


穂乃果「……」


にこ「……ふ」ピチャ…

にこ「ぅ……」ペロ…ペロ…


穂乃果「……」

にこ「まだ……起きない?」

穂乃果「ぅぅん……」

にこ「……なら」ドキドキ
117: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 19:22:33.75 ID:ujSFoEHD.net
…………
……



穂乃果(ん……?)

穂乃果(なに……?なんか口の中があったかい……)

穂乃果(それに少しくすぐったいような……)

穂乃果「……」

にこ「ふー……♡」チュウウゥ

穂乃果「んむ!?」

にこ「ほのぁ……♡んんっ……じゅぷ♡」レロ…レロ

穂乃果(ええ~!?何この状況!?)

穂乃果(にこちゃんが私とキスしてる!!?)
120: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 19:28:00.05 ID:ujSFoEHD.net
穂乃果「……ひ、ひこひゃ」

にこ「……!!」ドン!

穂乃果「うあっ!?」ドサ

にこ「……起きたみたいね」

穂乃果「えっと……??」キョトン

にこ「か、勘違いするんじゃないわよ……!あんたが口をアホみたいに開けて寝てる間にハエが入ったのよ」

穂乃果「ハエ!?うそ!」

にこ「だからあんたの口の中からハエを取ってあげてたの……」

穂乃果「あ、ありがとうにこちゃん……そんなことになってたなんて」
121: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 19:31:39.77 ID:ujSFoEHD.net
にこ「全く……にこのファーストキスだったんだから感謝しなさい」

穂乃果「ごめん……でもね、私も……」

にこ「それ本当っ!?」ガッ!

穂乃果「ほえ!?」

にこ「あんたもファーストキスだったの!?誰ともしたことなかったの!?」

穂乃果「うん、にこちゃんが初めてだよ?」

にこ「へぇ……にこが……あんたの初めての相手?」

にこ「ふふっ……そう、そうなの……」
122: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 19:33:15.91 ID:ujSFoEHD.net
穂乃果「……///」ポー

穂乃果(にこちゃんが私にしてたのって……漫画で見たことある)ドキドキ

穂乃果(舌をいれる……大人のキス)ドキドキ

穂乃果(でもハエをとるって……)

穂乃果「うえっ……想像しちゃダメだ」

にこ「……」

にこ(やっぱハエは少し無理があったわね……)
189: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 06:22:56.44 ID:y2HRoUtT.net
にこ「服、乾いたわよ」

穂乃果「……ありがとう」

にこ(本当はなんとかしてこの服を手に入れたいところだったけど……さすがに、ピチピチの服を着たまま返すわけにもいかないしね……)

穂乃果「んしょ……よし!それじゃあ帰るね!」

ここあ「またな穂乃果ー!」

こころ「いつでも来てくださいね!」

こたろう「ばいばーい」

穂乃果「うん!またね!」

にこ(はぁ……諦めるしかないわね)

穂乃果「あ……」ジー

にこ「……? 何?なんか言いたいことでもあるの?」
190: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 06:24:51.37 ID:y2HRoUtT.net
穂乃果「いや……///その///」

にこ「ああ、もしかして寒い?」

穂乃果「へっ?」

にこ「まあその格好じゃね……あ!?ちょっと待ってなさいよ、確か押し入れに……」タタッ ガサガサ

にこ「あったあった、はい」ファサァ

穂乃果「あっ……」

にこ「それ買ったのはいいんだけどにこには少し大きかったの。ちょうど良かったわ」

穂乃果「そ、そうなんだ……///」

にこ「気をつけて帰るのよ」ニコ

穂乃果「ぅ、あぁぅ……///」カアァ
191: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 06:27:03.71 ID:y2HRoUtT.net
にこ「穂乃果?」

穂乃果「ありがとう……にこちゃん///」

にこ「あんた顔真っ赤だけど大丈夫?」ズイッ!

穂乃果「え?ええっ!?///」

にこ「もしかして風邪とか……」スッ


穂乃果「!!大丈夫!大丈夫だから!それじゃ!」ダダダ

にこ「ち、ちょっと穂乃果っ!?」

穂乃果「お邪魔しましたー!」バタン

にこ(ちいっ……あわよくば泊めてやろうと思ったのにぃ!)
193: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 06:49:34.36 ID:y2HRoUtT.net
穂乃果「ただいま……」

雪穂「おかえりー、結構遅かったね」

穂乃果「あ、うん……」

雪穂「プリン食べる?」

穂乃果「ううん……いいや」

雪穂「え!?」

穂乃果「お風呂入っていい?」

雪穂「いいけど……」

穂乃果「……」スタスタ



雪穂「どうしたんだろ?珍しい」パク
194: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 06:59:15.21 ID:y2HRoUtT.net
カポーン…

穂乃果(あの感触……まだ残ってる)チャプ

穂乃果(にこちゃんときっキス……した感触)

穂乃果(いざ意識すると……///)

穂乃果(ああぅ~っ///)ブクブク

穂乃果(……でも、にこちゃんは全然気にしてなかったな)

穂乃果(は、ハエとってくれただけだもんね……)

穂乃果(こんな風に意識する私がやっぱりおかしいんだよ……うん)

にこ《ふー……♡》チュウウゥ

穂乃果(……///)プシュー
195: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 07:16:20.68 ID:y2HRoUtT.net
扇風機「」カチッ ガーー

穂乃果(ふぅ……あぶない、のぼせちゃうとこだったよ)

穂乃果(考えすぎだよ……早く髪を乾かして寝た方がいいよね)

穂乃果(明日はまたにこちゃんとダンスの練習だ……)

穂乃果(♪)ウキウキ

ジャンバー「」

穂乃果「ああっ!脱ぎっぱなしのままだった!」

穂乃果「ハンガーにかけないと……」ヒョイ

穂乃果「……」

穂乃果「……」スンスン

穂乃果「……にこちゃんの匂い」スンスン

穂乃果「はっ!///なにやってるの私!これじゃ変態さんだよ!」

穂乃果「で、でもあとちょっとだけ……ちょっとだけ……」

穂乃果「ん……ふっ」スンスン…
223: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:14:54.74 ID:Mp3IT7sJ.net
〔ダメだって……っ♡〕

〔おかしいよぉ♡こんなことするなんて……♡〕

〔はあっ……♡あぁ……♡〕

………………
………
……




ホノカー!ホノカー!!



穂乃果「……ふぁ?」ムク

穂乃果「朝……?でも私……」

穂乃果「くしゅん!」

穂乃果「あれ?なんで私裸に……」

ジャンバー「」

穂乃果「あっ……疲れてそのまま眠っちゃったんだ」
224: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:18:54.81 ID:nFebK158.net
穂乃果(……にっ、に、にこちゃんで私……その///)

穂乃果(……///)ガバッ!

ドンドン!

穂乃果「うひゃあっ!?」

ホノカ!!ミューズノコがムカエニキテクレテルワヨ!

穂乃果「わ、わかった!すぐいくからーー!」

穂乃果(迎え?海未ちゃんとことりちゃん?)

穂乃果(来るにしては結構早いような……)
225: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:21:12.49 ID:nFebK158.net
にこ「おはよ」

穂乃果「にっ!にこちゃん!!??」

にこ「そんな驚かなくてもいいじゃない、はい練習着」スッ

穂乃果「う、うん……///」ウツムキ

にこ「? 何俯いてんの?」

穂乃果(うう……にこちゃんの顔、恥ずかしくて見れないよ///)

にこ「? 早く受け取りなさいよ」

穂乃果「わ、わか……ってる///」
226: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:24:02.00 ID:nFebK158.net
にこ「……あんたさっきから少し変じゃない?」

穂乃果「ふふ普通だよ///!私は!」

にこ「そう?まあ、あんたが登校する準備ができるまで外で待ってるから」

穂乃果「ええっ!?一緒にいくの!?」

にこ「……悪い?」

穂乃果「ぜんぜん!ああ!ごはんたべなきゃ!」ダダダ



にこ(いつもあいつ朝はあんな調子なのかしら……)

にこ(ふふ、それにしても上手いこと穂乃果と一緒に登校することになったわ)

にこ(練習着は返さなきゃいけないからそれを利用してやろう作戦は成功ね!)

にこ(それはいいけど、朝一番の寝起きの顔を見たかったから早めに来たのに……なんでずっと俯いてんのよ)ムス
227: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:28:11.55 ID:nFebK158.net
海未「おや?」

穂乃果「……///」トコトコ

にこ「……」トコトコ

にこ(穂乃果のやつ、一体どうしたちゃったわけ?)

にこ「穂乃果ー?」

穂乃果「へぁあ!?///」ビク

にこ(ダメだこりゃ……)

海未「おはようございます穂乃果、それににこではありませんか?」

ことり「どうしたの?珍しいね~」
228: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:30:31.40 ID:nFebK158.net
にこ「ああ、朝ちょっとこいつに用があってね。ついでに一緒に来たの」

海未「そうでしたか」

穂乃果「お、おはよう……」

ことり「穂乃果ちゃん?」

にこ「さっきからずっとこの調子なのよ……」

穂乃果「……うぅ」モジモジ
230: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:35:55.80 ID:fmd+m8M5.net
穂乃果「はぁ……」シュン…

穂乃果(にこちゃんにあんな態度……ダメだよね)

穂乃果(でもにこちゃんを見るとなんだか顔が熱くなっちゃって……///)

……カ

穂乃果(あんな格好で寝てたから風邪ひいちゃったんだよ!きっと!)

……サカ

穂乃果(昨日にこちゃんに言われたばっかりなのに本当に風邪ひいちゃうなんて~)

先生「高坂ー?」

穂乃果「あ!え、にこちゃん!?」

先生「……矢澤のことを考えるのもいいが、この問題を解いてみてくれー」

アハハハハハ…

穂乃果「~~///」カアァ

海未・ことり(……?)
231: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:39:03.50 ID:fmd+m8M5.net
にこ(結局あれから……)

穂乃果「ふぃ……」

にこ「あら穂乃果?」

穂乃果「!!」

穂乃果「うああああぁ~~///!!」ダダダ

にこ「ちょ、声かけただけじゃないのよー!」



にこ「穂乃果いる?」ガララ

ヒデコ「穂乃果、矢澤先輩が……」

ヒデコ「あれ?さっきまでここにいたのに?」

フミコ「でも今、走ってどっか行くの見たよ」

ミカ「トイレ?」
232: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:40:37.20 ID:fmd+m8M5.net
にこ「ことり!穂乃果は!?」ガララ

ことり「えっと……海未ちゃんのところに行かなきゃ!って走っていっちゃった……」



にこ「海未!」ガララ

海未「ことりのところに行くと」



にこ「ああーっ!!」

にこ(もうなんなのよ!!)

にこ(……明らかに避けられてるわよね)

にこ(ま、まさか!)

にこ(今までのことがバレた……とか?)ワナワナ
233: 名無しで叶える物語(ノルウェー)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:42:52.51 ID:P7P2kyZp.net
にこ(いやいや、あり得ない!そんなはずないわ!)

にこ(だいたい昨日だって気づいてる素振りなんて全くなかったじゃない!)

希「にこっちどうしたん?頭かかえて」

にこ(でも、もしかしたらってことも……)

希「にーこーっち!」

にこ「わっ希!?いるならいるって言いなさいよ!」

希「うちずっといたよ……」

にこ「そ、そう?」
234: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:53:05.90 ID:fmd+m8M5.net
絵里「2人ともどうしたの?早く部室に行きましょ」

希「いや~にこっちが頭かかえて悩ましそうにしてたから気になってな?」

絵里「あら、にこ何か悩みがあるの?」

にこ「なんでもない!なんでもないったら!」

絵里「……そう、でも困ったことがあればいつでも相談してね」

にこ(ありがたいけどほのニーしてることが穂乃果にバレたかもなんて言えないわよ……)

にこ「さあ!とっと部室にいくわよ!」コロン…

希「お?にこっち、携帯落とした……」ヒョイ

希「で……」



にこ「あああああぁーーーーーー!!」ブン!パシ!

絵里「にこ?」
235: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:55:13.21 ID:fmd+m8M5.net
にこ「もういいからっ!早く行くわよっ!!」

絵里「ち、ちょっとにこ!?急に急いでどうしたの!」

希「へぇ~にこっち、悩んでるってそういうことやったんか?」ニヤニヤ

絵里「え?」

希「もう言ってくれればええのに~」

にこ「ち、違うの!これはたまたまあいつのアホ面が面白かったから待ち受けにしただけよ!」

希「ええって、ええって、うちはわかっとるから!」

にこ(絶対勘違いしてる!!)
236: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:57:39.00 ID:fmd+m8M5.net
絵里「話が見えてこないのだけど……?」

希「つまりな絵里ち、にこっちは穂乃果ちゃんのことを」

絵里「穂乃果のことを?」

にこ「希いぃ!!何言おうとしてんのよ!」

希「ふふっ冗談や、にこっちのことうちは応援しとるからな!」

絵里「??」

にこ「だからただの誤解なんだってば……」
237: 名無しで叶える物語(ノルウェー)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 09:59:49.59 ID:ILjy65UU.net
にこ「……」

穂乃果「……」モジモジ

にこ「……穂乃果、顔をあげなさい」

穂乃果「あうぅ……」

にこ(ああ……練習が始まってもこいつは相変わらずね)

にこ(最悪特訓をやめるって言い出すと思ってたからそれよりはマシだけど)

にこ(どうすればいいのよ……)


穂乃果「……ひ」

にこ「ひ?」
238: 名無しで叶える物語(ノルウェー)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 10:03:00.66 ID:ILjy65UU.net
穂乃果「ひ、ひょうもひょろひくおぬひゃいしひゃす!」ペコリ! ガッ!



穂乃果「へ!?うわああああ!!」ズサァ

穂乃果「うああーーっ!?いったああーい!」

にこ(お辞儀して勢いあまってコケてる……)

にこ(……本当いい尻ね)

にこ「何やってんのよ……にこの手につかまりなさい」 スッ

穂乃果「あ……///」

にこ「……?」

穂乃果「え、えへ……えへへへ///」ギュ

にこ(今度は急に笑い始めたし……)

にこ(……何を考えてんのよこいつは)

にこ(避けられてたと思ってたけど……そういうわけでもないの?)
239: 名無しで叶える物語(アラビア)@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 10:07:35.85 ID:4TffhYsG.net
穂乃果「えへへ……///」

穂乃果(やっぱりにこちゃんは優しい……)

穂乃果(あんな態度をとってた私を助けてくれる……)

穂乃果(……にこちゃんのゆび、ちっちゃくて可愛い)ニギニギ

にこ「///……人の指で遊んでんじゃないわよ」ベシ

穂乃果「あぅ!」


絵里「希!さっきのステップ、私達も合わせましょう」

希「そやね」ニヤニヤ
378: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:23:30.67 ID:KbnchTU1.net
じゃあ中途半端だけど投下しとく


~~

ほのハウス

穂乃果「なんか今日は疲れちゃったなあ…。そろそろ寝よーっと…」

パタン…

穂乃果「……」

ジャンバー「」

穂乃果「にこちゃんがくれたジャンバー…」ソッ…

穂乃果「……」クンクン…

穂乃果(にこちゃんの匂い…落ち着く…///)

穂乃果(今日もにこちゃんの匂いに包まれて寝たいなあ…///)ギュ…

穂乃果(…どうしよ…。…なんだろこの気持ち…)


穂乃果『……にこちゃんは、やっぱり優しいなあ…///』エヘヘ

にこ『はあ? 今さらなによ…』


穂乃果(にこちゃんのことを考えてると…。頭がぼーっとして…身体が熱くなっちゃう…///)

穂乃果(穂乃果、やっぱり変態さんになっちゃったのかも…)
379: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:26:21.99 ID:KbnchTU1.net
穂乃果「…にこちゃん…にこちゃん…///」クンクン…

穂乃果「にこちゃ…」クンクン…

穂乃果「……んー…?」クン…

穂乃果「…まずい…。昨日の夜、穂乃果がずっと抱きしめてたせいで…にこちゃんの匂いがどんどん薄くなってきてるよお…!」

穂乃果「元々、にこちゃんはサイズ合わないって言ってたし…あんまり着てなかったのかも…」

穂乃果「どうしよお…。また別の服ちょうだいなんて言えないし…」

穂乃果「やだよお…。もっとにこちゃんと一緒にいたい…」ウル…

穂乃果「…匂いが消えちゃう前に…。…もっと…にこちゃんを感じたいよお…」ギュウウッ…

穂乃果「……にこちゃん…好きぃ…にこちゃん…」スルッ…
380: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:27:42.77 ID:KbnchTU1.net
にこ『ほのぁ……♡んんっ……じゅぷ♡』


穂乃果「……にこちゃんとのキス…あったかかった…///」ドキドキ…


にこ『人の指を握りしめて…どうしたのよまったく…///』


穂乃果「…にこちゃんのちっちゃなおてて…柔らかい…///」クチュ…

穂乃果「…んっ…/// はう…///」ハァ…ハァ…

穂乃果(こんなこと、おかしいのに…)

穂乃果(にこちゃんを好きな気持ちが止まらないよぉ…!///)クチュクチュ

穂乃果「はっ…はぁ…/// にこちゃん…にこちゃぁん…!///」ガクガクッ…
381: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:28:20.14 ID:KbnchTU1.net
にこハウス


にこ「さてと、今日は…」

にこ「練習着は返しちゃったから…。昨日の透け乳首写真でほのニーしようかしらね」カチカチ

にこ「ふふ…これよこれ…」ハァ…ハァ…

にこ「…ん…///」クリクリ

にこ「…ふぅ…ふぅ…/// もう…/// このえっろい膨らみ…たまんないわね…///」クチュクチュ

にこ「んっ…///」クチュ…

にこ「ん…」

にこ「……んー…」クチュ…

にこ「…なーんか物足りないわねえー…」
382: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:28:42.99 ID:KbnchTU1.net
にこ「やっぱり…練習着に顔を押し付けて穂乃果の匂いに包まれる、あの感覚が忘れられないわ…」

にこ「はあ…。穂乃果の匂いが恋しい…」

にこ「…とはいえ、同じ手口を何回も使うわけにはいかないし…。ここは前々から考えておいた、次の作戦でいこうかしら」

にこ「穂乃果が持ってるのと同じタオルを用意して…練習の後にこっそり入れ替えてやるわ!」

にこ「…よーし! 目標も決まったことだし…」

にこ「とりあえず気合い入れてほのニー再開するわよ!」クチュクチュ

にこ「はぁ…穂乃果…ほのかぁ…///」ビクビクン
383: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:31:08.74 ID:KbnchTU1.net
翌日の部室


穂乃果「はにゃーん…」グデー

穂乃果(最近、にこちゃんのことばっかり考えてる…)

穂乃果(授業も頭に入ってこないし…。……って、それは元々かぁ…)ハァ…

ガチャッ

にこ「にっこにっこにー♪ にこにーの登場にこー♪」

穂乃果「あっ…にこちゃん…!」ドキッ…

にこ「あら、まだ穂乃果一人?」

穂乃果「うん…! 海未ちゃんとことりちゃんは、弓道部と保健委員に顔出してから来るって!」

にこ「ふーん…そう…」ゴソゴソ

にこ「…ってあら、教室にノート忘れちゃったわ」

にこ「今度のライブについての提案とか書いてたやつなのに…。…ちょっと取ってくるわ。カバンはここに置いとくわね」ガチャッ

穂乃果「はーい」

パタン…

穂乃果「……」ポツン
384: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:32:41.93 ID:KbnchTU1.net
穂乃果「んー…」チラ…

穂乃果(…にこちゃんのカバン…。2つある…)

穂乃果(体育があったのかな…?)ゴソ…

穂乃果(…あった…。にこちゃんの体操着…)

穂乃果(……)ゴクリ…

ヒョイッ

穂乃果(……はあ…いい匂い…///)クンクン…

穂乃果(ジャンバーよりも、にこちゃんの匂いがたくさん染み付いてて…体が熱くなっちゃう…///)

穂乃果(……って)

穂乃果(ダメだよこんなことしたら! 変態さんな上に、泥棒さんになっちゃうよ!)ブンブン

穂乃果(ダメ…なのに…)

穂乃果(……///)

穂乃果(…満足したらすぐ戻すから大丈夫…。ちょっと借りるだけだから…)ドキドキ…

穂乃果「にこちゃん…にこちゃん…///」スンスン…
385: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:33:33.08 ID:KbnchTU1.net
ガヤガヤ

穂乃果「…ん?」ピクッ…

希『ウチの占いによると、近々μ's内で幸せが生まれると出ました!』ペラペラ

絵里『えーっ? ほんとにー?』アハハ

穂乃果「!」

穂乃果「絵里ちゃん達が来ちゃった…! た、体操着隠さないと…!」オロオロ

穂乃果「…えいっ!」ズボッ

穂乃果(…って、にこちゃんじゃなくて、穂乃果のカバンの方に入れちゃったよお!)アワワワ

ガチャ

絵里「みんな、お疲れー! …って、まだ穂乃果だけか…」

穂乃果「う、うん…」

希「にこっちとさっきすれ違ったけど…。…あ、カバンはあるし、教室に忘れ物でもしたんかね」

穂乃果「……」チラ…

穂乃果(……帰るまでに返せば、大丈夫…)
386: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:34:51.57 ID:KbnchTU1.net
屋上


海未「では、一旦休憩にしましょう。各自水分補給は忘れないようにしてくださいね」

ハーイ

穂乃果「ふー、あつーい…」フキフキ

にこ「……」チラ…

にこ(穂乃果のタオル…穂乃果のタオル…!)ウズウズ

穂乃果「…さて…」パサ…

穂乃果(にこちゃんの体操着…にこちゃんの体操着…!)ソワソワ

穂乃果「私、トイレ行ってくるねー!」ピューン

ことり「あ、私もぉ~…。…って、もう行っちゃった…」

海未「…なんで穂乃果は、トイレに行くのにわざわざカバンを持っていったのでしょうか…?」

にこ(よし、穂乃果は行ったわね…!)

にこ(なぜかカバンは持っていかれちゃったけど…タオルさえ置きっぱなしなら問題ないわ!)

にこ(誰も見てない時を見計らって…私が持ってきたやつと入れ替えてやる!)ジロジロ

希「……」チラ…
387: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:36:10.93 ID:KbnchTU1.net
ガヤガヤ

凛「はー、疲れたにゃー」ゴロリンミラクル

真姫「ちょっとちょっと、屋上で寝転がるとかなに考えてんのよー…」

にこ(あーもう、こっち向いて寝転ぶんじゃないわよ…!)グヌヌ

希「……」クス…

希「はいみんなちゅうもーく! ウチが、今度のライブまでのみんなの運勢を占ったるわ!」バッ

凛「わー、面白そうー! やってやってー!」スクッ

花陽「ついでに今年のお米の出来も占ってください!」

ワイワイ

にこ(…今だ! 感謝するわ、希…!)サッ

にこ(穂乃果のタオルは頂いて、私が用意してきたタオルを代わりに置いてと…。これでOK!)

にこ(…あーもう我慢できない…! 今すぐほのニーしたい…!)ムラムラ

にこ「…私もトイレ行ってくるわね!」ダッ

希「んー。……ごゆっくりー♪」ニッ…



とりあえずこれくらいで
396: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:38:20.30 ID:SMRqu2kB.net
タッタッタ

にこ(やった…! この…穂乃果の汗が染み付いたタオルはもう…完全に私のものよ…!)ハァ…ハァ…

にこ(穂乃果やことりもトイレ行くって言ってたわね…。鉢合わせないように、にこは遠いところのトイレに行かないと!)キョロキョロ

にこ(1階の隅のトイレ…。…ここなら、ほとんど使う人もいないし大丈夫ね!)タッ

にこ(……ん? 個室の扉が1つ閉まってる…。珍しいわね…)

にこ(…ま、仕方ないわ…。…落ち着かないけど、ちんたらしてると休憩時間終わっちゃうし…ここで済ませましょ)

パタン…

にこ(…あはっ…/// 穂乃果の新鮮な汗の匂い…///)

にこ(早速、味わい尽くしてやるわ…!)スンスン

にこ(すごい…! 濃厚…! たまんないわぁ…///)トロォン…

にこ(隣に誰かがいるせいで、あんまり声を出せないのが痛いけど…。…家に帰ってから、またゆっくりやればいいわよね…)
397: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:39:16.42 ID:SMRqu2kB.net
にこ(…はぁん…/// 穂乃果…ほのかぁ…)クチュクチュ

にこ(穂乃果ぁ…/// 好きぃ…///)クンクン…

にこ(慣れない場所とはいえ、いい調子ね…。このままのペースで…)

にこ(もっと…穂乃果の匂いを感じて…。もっと…穂乃果の姿をイメージして…///)クチュクチュ…

『…はぁ…はぁ…』

にこ「!」ドキッ…

『んっ…ああっ…!///』ビクン

にこ(びっくりしたぁ…。隣の個室の奴かしら? いい喘ぎ声ね…)

にこ(……って、あれ…?)

にこ(これ…本物の穂乃果の声じゃ…!?)ガタッ
398: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:40:17.80 ID:SMRqu2kB.net
にこ(……って…)

にこ(…まさかね…。私の家までノーブラでノコノコ来るようなぴゅあぴゅあが…こんなところで喘いでるわけないじゃない…)

にこ(どうやら穂乃果のことが好きすぎて、幻聴が聞こえちゃったみたいね。……さて、続き続き…)

『んっ…くっ…///』

にこ(…でも…。…これは、良いわね…! 捗るわ!)

にこ(穂乃果が、まるですぐ傍にいるみたい…!)

『にこちゃんっ…好きぃ…///』ハァ…ハァ…

にこ「ふぇっ…!?///」ドキーン

にこ(すごい…! 穂乃果の声がこんなにも鮮明にイメージできてるなんて…!)

にこ(気持ちが昂ぶってきたわぁー!)クチュクチュ

『にこちゃん…にこちゃんっ…/// はぁん…!///』

にこ「んあっ…/// ほっ、穂乃果ぁ…///」ビクン

にこ「穂乃果…好き…! 大好き…!///」クリクリ
399: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:42:50.67 ID:SMRqu2kB.net
穂乃果「はぁん…にこちゃん…にこちゃん…///」クチュクチュ

穂乃果(にこちゃんの体操着…匂いが濃いよぉ…///)

穂乃果(やだ…声が漏れちゃってる…)

『ほのかぁ…ほのかぁ…///』ハァ…ハァ…

穂乃果「!」ドキッ…

穂乃果(はれ…? なんか…にこちゃんの声が聞こえたような…)キョロキョロ

穂乃果(……まさかね! …わざわざ、こんな1階の隅のトイレまで来るわけ…ないよね!)

『んんっ…ほのかぁ…///』

穂乃果(きっと、穂乃果が変態さんだから…。聞こえてもいない、にこちゃんのえっちな声が響くようになっちゃったのかも…)

『穂乃果…好き…! 大好き…!/// ほのかぁ…///』クチュクチュ

穂乃果(にこちゃんが…穂乃果のこと、好きって言ってくれてる…///)

穂乃果(勝手にこんなことしてごめんね、にこちゃん…。……でも、やめられないの…)

『あっ、やだぁ…すごい…!/// ほのかぁ…///』ハァ…ハァ…

穂乃果「にこちゃん…///」クチュ…

穂乃果「私も好き…! にこちゃん…にこちゃあん…!///」ビクビクン
400: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:46:26.63 ID:SMRqu2kB.net
にこ「穂乃果っ…! はぁん…! すごいぃ…!///」クリクリ

穂乃果『にこちゃん…私もっ…! あついよぉ…!///』ハァ…ハァ…

にこ「あ…そろそろやばいかも…! 限界…!///」クチュクチュ

穂乃果『ほ…穂乃果も…! …お願い…にこちゃん…一緒に…!///』

にこ「穂乃果…! 好き…! んっ…ああっ…!///」ビクビクン

穂乃果『にこちゃ…! うぁ…! はぁぁん…!///』ガクガク


にこ「……はーっ…はーっ…」フゥ…

穂乃果『……はぁー…』グッタリ…


シーン…


にこ(……やば…! 穂乃果のリアルな喘ぎ声が頭の中に響いてきて…すっごい気持ち良かった…!)

にこ(まるで…穂乃果と本当にえっちなことしたみたいな感覚だったわ! もう最高!)

にこ(…でも、最後の方はさすがにうるさすぎたかも…。…悪かったわね、隣の誰かさん…)ガチャッ

にこ(…さっさとみんなのところに戻らないと…!)パタン…

タッタッタ


穂乃果『……』
401: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:47:33.17 ID:SMRqu2kB.net
屋上


にこ「お待たせー」タッ

海未「おや? にこもトイレでしたか」

ことり「穂乃果ちゃんの方が先に行ったのに…戻ってこないねえ」

にこ「え? ……ほんとだ、穂乃果だけいないわね」

海未「穂乃果が戻ってきたら練習を再開しますので、もう少し休憩していて良いですよ」

にこ「わかったわ」

希「にこっち、ちょっと…」コソコソ

にこ「ん? ……なによ」

希「……そのタオル…。持ち出す時しか警戒しないのはアカンよ? 早いとこしまっときな?」ヒソヒソ

にこ「へ? ……ああーっ!! 危ない危ない…! 握りしめたまま練習を再開するところだったわ…」ゴソゴソ

希「迷いなく自分のカバンにしまうんやね」
402: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:48:06.53 ID:SMRqu2kB.net
にこ「見てんじゃないわよ…! ……それに、あんたはこんなことしてる私を軽蔑しないわけ?」

希「んー? ……まあ…穂乃果ちゃんに危害が及ばない限りは気にせんよ」

希「……それに、意外と『お互い様』でお似合いかもしれんし?」ボソッ

にこ「……は? なんか言った?」

希「別に~? 積極的な割に鈍いんやなあ~にこっちは~」クスクス…

バァン

穂乃果「みんなー、遅れてごめえーん!」ハァ…ハァ…

海未「おや、これで全員揃いましたね。…では、練習を再開しましょうか」

凛「待ちくたびれたにゃー」

絵里「まあまあ、穂乃果だって色々用事があったのよ多分」

穂乃果「あはは…ごめんね…。…カバンだけ隅に置いてくるから待ってて!」タッ

穂乃果「……」

穂乃果(…にこちゃんの匂いと声のおかげで…。…さっきのは、今までで一番気持ち良かった…///)カアァ…

穂乃果(けど…)

穂乃果(練習中は部室に鍵がかかってるの忘れてた…。…結局、体操着は返せなかったよお…! どうしよう…!)
403: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:50:09.06 ID:SMRqu2kB.net
海未「……では、今日の練習はこれで終わりにしましょう。皆さん、お疲れさまでした!」

絵里「明日は授業も練習もないから…忘れ物しないように帰るのよー?」

オツカレサマー

凛「かよちん! 真姫ちゃん! ラーメン食べて帰ろう~!」

真姫「な、なんで私も含まれてるのよ…!」

花陽「まあそう言わずに~」

ワイワイ

にこ「ふー、終わったー」

にこ(さてと…。帰ったらまたほのニーね!)

にこ(…それにしても…)

にこ(さっきのあれはほんとに、にこの欲望が生み出した幻聴だったのかしら。穂乃果に直接訊いてみようかな…)

にこ(……いや、こっちも声出しちゃってたし…。下手したら今までの盗撮とかがバレちゃうかもしれないから…やめとこ)

にこ「とりあえず、今日のほのニーの段取りでも考えようかしら」ウーン
404: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:51:13.28 ID:SMRqu2kB.net
絵里「…にこ、どうしたの? 最近なんだか、よくぼーっとしてるけど…。今日は特にひどいわよ?」

にこ(穂乃果のふかふかおっぱい穂乃果のぷるぷるくちびる穂乃果のつるつるおまた…)モンモン

にこ「えへ、えへへ…///」ニヘラ

絵里「ダメだこりゃ」

希「んー…」

希「このまま帰らしたら、車に轢かれたりしそうで危ないなあ~…」

希「誰か、にこっちを家まで送ってくれる…優しい子はおらんかなあ~…?」チラ…

ガヤガヤ

ことり「穂乃果ちゃん、帰ろう~♪」

穂乃果「うー…」ソワソワ

ことり「…って、どしたの?」

海未「練習の時からずっと落ち着きがないですが…大丈夫ですか?」

穂乃果「あの…その…」オロオロ

穂乃果(どうしよう…! 体操着を返せないまま練習も終わっちゃったよお…!)ダラダラ

穂乃果(このまま帰るわけには絶対いかないし…)
405: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 20:51:42.40 ID:SMRqu2kB.net
穂乃果「うう…///」チラ…

にこ「んー…」テクテク

にこ(とりあえずほのタオルは大事に大事に保存して…)

にこ(…はっ! この調子でタオルをどんどん交換してって、保存用やほのニー用で色々分けていくのも…)ブツブツ

穂乃果「にこちゃん待ってぇ!」ガシッ

にこ「うぇっ!? なななななによぉ…!」ギクリ

穂乃果(…ここからどうやって体操着を返すかっていったら…。にこちゃんのおうちまで行くしかないよね…!)

穂乃果(あとはなんとか上手く、私とにこちゃんの洗濯物をまとめることで証拠隠滅だよ!)

穂乃果(…もうそれ以外に手は残ってない!)

穂乃果「明日お休みだし…。今日は、このまま…にこちゃんのおうちにお泊まりしていい!?」

にこ「!!」ドキッ…

にこ「え、えっと…!///」ドキドキドキ

にこ(こ、これは…! 誘ってる!? 誘われてるのね、私…!)

にこ(こんな大チャンス…逃すわけにはいかないわ!)

にこ「……!」ゴクリ…

にこ「…もちろんよ! 穂乃果なら…毎日でも泊まってくれていいわ!」
416: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 19:53:35.22 ID:eAa+UOcn.net
ガチャ

にこ「ただいまー」

穂乃果「お邪魔しまーす!」

穂乃果(にこちゃんのおうち…二日ぶりだぁ…)ドキドキ

にこママ「あら、おかえりー」ヒョコッ

にこ「あっ、ママ!」

穂乃果「! はじめまして!」

にこママ「あなたは…穂乃果ちゃんね? いらっしゃい」ニコッ

にこ「穂乃果がうちに泊まりたいんだって! いいよね!?」

にこママ「もちろんよ! …いつもにこと仲良くしてくれてありがとうね、穂乃果ちゃん♪」

穂乃果「あ…ありがとうございます!」

穂乃果「…そういえば…にこちゃんのお母さんに会うのって初めてかも」

にこママ「仕事が忙しいからねー。にこはいつも家事をしてくれてて…とっても感謝してるわ」

にこ「そんな…別に…」アハハ
417: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 19:55:24.56 ID:eAa+UOcn.net
にこママ「…ところで、にこは今日体育があったんでしょ? 洗濯物預かっとくから、出しといて?」

にこ「あっ、ありがと!」ゴソゴソ

穂乃果「!!」ギクリ

穂乃果(まずい…! 体操着を返せなくなる…!)

穂乃果「ストップ! にこちゃんストーップ!!」バッ

にこ「うぇ!? な、なによ…!」

穂乃果「えっと…その…」

穂乃果「穂乃果が洗濯物置いてくるよ! …泊めてもらうお礼に、穂乃果が自分の分までまとめてお洗濯もやってあげるから!」グイッ

にこ「え!? ちょっと…!」

穂乃果「いーの! 気にしないでー!」ダッ

にこ「行っちゃった…」

にこ「人の家に来て、真っ先に気にすることが洗濯って…どういうつもりよ…」

にこママ「ほんと、どうしたのかしらね…?」

にこ「…まあいっか…」フゥ…

にこ「……ん?」

にこ「あーっ!! 良くなかったあー!!」ガタッ
418: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 19:56:10.06 ID:eAa+UOcn.net
タッタッタ

穂乃果「ふうー…。危ないところだったよぉー…」

穂乃果「えーっと…。洗濯物は…ここにまとめて置いとけばいいっぽいかな?」バサバサ

穂乃果「よーし、これでどっちのカバンに入ってたかなんてわからなくなったし…。もう気にすることは…」

穂乃果「……ん?」

穂乃果「……にこちゃんのタオル…穂乃果とお揃いだあ…。…気づかなかった…」ヒョイ

穂乃果「…誰も…見てないね…?」キョロキョロ

穂乃果「 …お洗濯されて、匂いがなくなる前に…もう一回だけ嗅いじゃおーっと…///」

クンクンクン

穂乃果「…くんくん…/// あはぁ…/// にこちゃんの匂い…」スンスン

穂乃果「……じゃ、ない…?」スン…

穂乃果「…汗の匂いはするんだけど…。にこちゃんとは違うような…」スンスンスンスン

にこ「ああああああああ!! 待ちなさい穂乃果ぁ!!」ドドドド

穂乃果「ひいっ!?」ドキーン
419: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 20:00:12.46 ID:eAa+UOcn.net
穂乃果(に、匂いを嗅いでるのがバレた…!? 怒られちゃう…!? 軽蔑されちゃう…!?)ガタガタ

にこ「ぜーぜー…。…まだ洗濯機にぶち込んだわけじゃないのね…? 良かっ…」

にこ「…あっ…! そのタオル…!」

穂乃果「ひっ! やっぱりぃ!」ビクッ

にこ(やばい…! やばいわ…! タオルを入れ替えて盗んだことがバレた…!?)ダラダラ

にこ(どうしようどうしよう…!)ダラダラ

穂乃果(ど、どうしたら…!)ガタガタ
420: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 20:29:06.32 ID:eAa+UOcn.net
穂乃果「あ…あ…」ウルッ…

穂乃果「ご…ごめんなさいぃ…」グス…

にこ「!?」ギクッ

にこ「ななななんで穂乃果が泣くのよぉ!?」オロオロ

穂乃果「だってぇ…」グスン

にこ「…えーとえーと…! 穂乃果はなんにも悪くないわよ!」アセアセ

穂乃果「でもぉ…。…にこちゃんは嫌じゃないの…?」グスグス

にこ(…? …なんか話が噛み合わないわね…。…適当に誤魔化しとこうかしら)

にこ「…私が穂乃果を嫌いになるなんてありえないから、安心しなさい」

にこ「穂乃果は、ちょっとぐらいわがままな方が穂乃果らしいんだから…泣かないの…!」

にこ「…せっかくのかわいい笑顔が台無しになっちゃうわよ?」ナデナデ

穂乃果「ふえっ…!?///」カアァ…

穂乃果「…うぅ…/// ありがと…にこちゃん…///」ニヘラ

にこ「よしよし…。…まったく、世話が焼けるんだから…」
421: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 20:34:04.31 ID:eAa+UOcn.net
にこ「落ち着いたんなら、とりあえず部屋に戻るわよ」

穂乃果「えへへ…/// うん…///」ギュ…

にこ「!」

にこ「もー…/// まーた人の手を握ろうとしちゃって…」

穂乃果「……にこちゃんと手を繋いでると…心があったかくなって…落ち着くんだぁ…」エヘヘ

にこ「///」

にこ「なーに言ってんのよまったく…/// よくもまあそんな恥ずかしいセリフを…」

トコトコ

にこ(……ん? そういえば…なんか忘れてるような…)

穂乃果「にこちゃん…優しい…///」ニコニコ

にこ(…まあいいわ! 穂乃果と手を繋ぐ以上に優先すべき用事なんて…あるわけないもの!)

にこ「やれやれ…。泣いたり笑ったり忙しい奴ねー…」



ほのタオル「……」
422: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 20:37:36.71 ID:eAa+UOcn.net
穂乃果「ごはんおいしかったですー」エヘヘ

にこママ「あら、ありがと♪」

こころ「私達も手伝ったんですよ!」

穂乃果「すごいね! えらいえらーい♪」ナデナデ

ここあ「あー! 私も褒めてよー!」

にこ(…妹たちならともかく…ママがいる前では、目立つような動きはできないわね…)

にこママ「…じゃあ、お腹もいっぱいになったことだし…。お風呂入ってきたら?」

穂乃果「あっ、いいんですか?」

にこ「お、お風呂…!?」ピクッ…

にこ「穂乃果! ぜひ一緒に入りましょ! ていうか強制よ!」ガタッ

穂乃果「ふぇっ!?///」ドキッ

にこ「あっそうだ! ちょっとカメラを仕掛け…げふんげふん。…お風呂場の整理してくるから、少しだけ待ってて!」ドタドタ

穂乃果「あっ! ちょっとぉ…!///」アワワワ
423: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 20:50:06.52 ID:eAa+UOcn.net
脱衣所


ヌギヌギ

にこ(ふふふふ…! …ついに、ついに!)

にこ(穂乃果の裸体を間近で見られるわけね!)

にこ(カメラもしっかりセットしたし…。準備は万端よ!)

にこ(ママや妹たちがいようと、お風呂で二人きりになれば関係ないわ! どこまでいけるかしら…! 楽しみね!)フフフフ

穂乃果「……///」モジモジ

にこ「……ん?」

にこ「…どうしたのよ穂乃果。脱がないの?」

穂乃果「へっ!?/// えっと…! その…」ギクリ

にこ「…なに? 恥ずかしがってるわけ?」

にこ「…らしくないわねー…。合宿の時は、真っ先に素っ裸になってお風呂に飛び込んでったってのに…」

穂乃果「だって…その…/// 今は…にこちゃんと二人きりだし…///」モジモジ
424: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 20:52:29.21 ID:eAa+UOcn.net
にこ「…まあいいわ。…じゃあ、にこが先に入っとくから」ヌギヌギ

パサ…

穂乃果「ふわっ…!///」

穂乃果(……に、にこちゃんの生まれたままの姿…!///)カアァ…

にこ「着替えはそこに置いといていいからねー」

パタン…

にこ(ちぇっ…。無防備にお風呂場に入ってきた瞬間の穂乃果を撮りたかったのに…)

にこ(…まあ仕方ないか…)ザバザバ



穂乃果「……///」

穂乃果(…にこちゃんの裸…こんなに近くで見ちゃった…!///)ドキドキドキ

穂乃果(おまたがムズムズして…あつい…)ジワ…

穂乃果(…どうしよう…! …こんなんじゃ、にこちゃんの前に出られないよお…!///)
433: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 20:18:57.74 ID:M+HheNwf.net
ガチャ…

にこ「お、来たわね…」

穂乃果「うう…///」モジモジ

にこ「……って、なーに手で身体を隠してんのよ…。往生際が悪いわよ?」

穂乃果「だ…だってぇ…///」カアァ…

穂乃果(に、にこちゃんの身体が眼の前に…!///)ドキドキドキ

穂乃果(うわーん! にこちゃんのことを見つめて意識してると…どんどん溢れてきちゃうよお…!)ヌル…

にこ「……」

にこ「……もしかして、一緒に入りたくなかった…?」

穂乃果「えっ…!?」ドキッ…

にこ「だったらごめん…。私が、強制なんて言っちゃったせいで…」シュン…

穂乃果「そ、そんなことないよお…! …お、落ち着いたら大丈夫になるから…! その…」アセアセ

にこ「……そう…。…なら良いけど」
434: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 20:19:41.31 ID:M+HheNwf.net
穂乃果「ううー…///」

にこ「……」

にこ「…恥ずかしいんなら、あんたが落ち着くまで…私が先に頭洗っとくわね」クルッ

穂乃果「うう…ごめんね…。ありがと…?」

にこ「あ、シャワーは好きに使っといていいから」ヒョイ

穂乃果「うん…///」ザバザバ


ゴシゴシ

にこ(ぐぬぬ…。穂乃果の裸体が眼の前にあるってのに…。肝心なところを隠されるとはね…)

にこ(…こうやって背中を向けてる間は、油断して手を外すかもしれないから…。カメラの録画の方に期待しとこうかしら)

にこ(それに、まだまだ時間はあるもの! ゆっくり崩していけば、なんとか…)ゴシゴシ
435: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 20:20:55.45 ID:M+HheNwf.net
穂乃果「……」

にこ「~♪」シャカシャカ

穂乃果(にこちゃんの背中…。にこちゃんのおしり…。……かわいい…///)ドキドキドキ

穂乃果(触ってみたい…/// ……ううー…でも…///)グルグル

穂乃果(…さっきは、穂乃果のことを嫌いになるなんてありえないって言ってもらえたけど…)

穂乃果(なんだか…それに浸け込んでるみたいで気がひけるよお…)

にこ「……ちょっとー、聞いてるのー?」

穂乃果「ひゃい!? …なっ、なに…!?」

にこ「シャワー貸してってば。シャンプー流せないでしょー?」

穂乃果「あっ…! …うん、ごめんね…!」ヒョイ

にこ「ありがと」ザバザバ

穂乃果「……」
436: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 20:22:38.04 ID:M+HheNwf.net
にこ「…ふう…。…さてと…。次は穂乃果が頭洗う番ね。…シャンプーはそこにあるの使っていいから」

穂乃果「う、うん…」

にこ「……」

穂乃果「……///」モジモジ

にこ「……? 洗わないわけ? …もしかして、まだ恥ずかしがってんの?」

穂乃果「あっ…えっと…!///」オロオロ

にこ「なーんかさっきから様子が変よねー。ほんとに大丈夫?」

穂乃果「だ、大丈夫だからぁ…心配しないで!///」

にこ「…そうには見えないけど…」

にこ(オドオドしてる穂乃果も、またかわいいわね。頑なに身体のガードを解かないところも、これはこれでエロいわ)ムラムラ

にこ(…それに、この様子は…嫌がってるってより遠慮してる感じね。こっちの下心がバレてるってわけではないみたい)

にこ(…ちょっと強気に出てみようかしら)

にこ「…あーもー! ほらっ、にこが穂乃果の頭洗ったげるから…座って座って!」グイッ

穂乃果「ひゃあ!?///」ペタン

にこ(あ、生乳首見えた)
437: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 20:24:21.49 ID:M+HheNwf.net
にこ「ふふ、良い子ね~…♪ 綺麗にしてあげるから、じっとしててよね!」ナデナデ

穂乃果「ふわあぁ…///」ポーッ…

にこ(別に抵抗はしないのね…。…じゃ、勝手にやらせてもらいますか…)

にこ「はーい、ごしごしー」シャカシャカ

穂乃果「あっ…はう…///」

穂乃果(にこちゃんの手つき…優しい…///)ドキドキ…

にこ「つやつやで良い髪ねー」シャカシャカ

にこ(ふふふふ…。この位置からだと、ちょうど穂乃果のおっぱいを見下ろせるわあー…。素晴らしい眺めねー…)

にこ(穂乃果の綺麗な乳首…/// 勃ってる…/// かわいい…///)ムラムラ

ヌル…

にこ(…おっとっと、濡れてきちゃった…! …でも、まだ焦るには早いわね!)
438: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 20:26:50.58 ID:M+HheNwf.net
にこ「んじゃ、流すわよー」

穂乃果「あ…。おっけー…!」

シャワアア

穂乃果「ふうー…」

にこ「どう? 気持ち良かったでしょ?」

穂乃果「…うん…。ありがと…///」ポーッ…

にこ「!」

にこ(…おお、やっと腕のガードが解けて…穂乃果のドエロボディのお目見えだわ!)

にこ(生おっぱいとつるつるおまた…/// 正面から見ると壮観ね…!)

にこ(…やば、さらに興奮してきちゃった…!///)ウズウズ

にこ(まだいけそうね! 穂乃果の気持ちも緩んできたみたいだし…もう少し攻めてみようかしら…)

にこ(この、後ろをとった体勢からさらに…)スッ…

穂乃果「ふぇ…?///」ポーッ…
439: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 20:28:05.12 ID:M+HheNwf.net
にこ「まだ終わってないわよー? …次はぁ…」ピト…

穂乃果「ひゃあ!?///」ビクンッ

にこ「身体も洗ってあげる…」ボソ…

穂乃果「ふわあぁ…!?/// にこちゃあ…!?///」ゾクゾクッ

穂乃果(こんな耳元で囁かれちゃったら…動けないよお…!///)

にこ「穂乃果の身体はとってもデリケートだからぁ~…にこにーの手で直接洗ってあげるわ!」スリスリ

穂乃果「ひんっ!?///」ビクン

穂乃果(後ろから抱きしめられるみたいに…にこちゃんの腕に包まれて…首や肩を撫でられちゃってる…///)

ジュンッ…

穂乃果「!」

穂乃果(や、やだあ…! にこちゃんがすぐ傍にいるのに…! また…お腹の下が熱くなってきちゃった…!///)

にこ「…嫌だったら言ってよね? やめるから…」スリスリ

穂乃果「ふわぁあ…///」
440: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 20:32:18.00 ID:M+HheNwf.net
穂乃果「……ぃ…やじゃ…ない…けど…///」ハァ…ハァ…

にこ「そう…。…だったら…」スッ…

にこ「今度はー…。こっちね」ムニュ…

穂乃果「ひゃあ!?///」ゾクンッ

にこ「穂乃果の綺麗な胸も…大事に洗ってあげるからね!///」ハァ…ハァ…

穂乃果「あっ…んやっ…!///」ビクンッ

にこ(これが穂乃果の生おっぱい…! 柔らかい…! 気持ちいい…!///)モミモミ

にこ(ああー…幸せー…/// 一生このままでいたい…///)ムギュウウ…

穂乃果「はっ…あぅ…激しっ…///」ハァ…ハァ…

ヌルッ…

穂乃果(やだあ…/// にこちゃんに触られる度に…おまたからどんどん溢れてきちゃう…!///)

にこ「穂乃果穂乃果穂乃果…///」クリクリ

穂乃果「ふわああ…!/// さっ…先っぽダメぇ…!///」ガクガク
441: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 20:33:26.93 ID:M+HheNwf.net
にこ「ふふふふ…/// 最後はぁ…穂乃果の一番大切な場所も…洗っちゃうわね…!///」ススス…

穂乃果「そっ…そこはっ…!///」ドキッ…

穂乃果(こんなにとろとろで…敏感になってるところをにこちゃんに触られちゃったら…)

穂乃果(にこちゃんに…穂乃果がえっちなこと考えてたってバレちゃうぅ…!///)

にこ(穂乃果のつるつるおまたが…もう…すぐそこに…!///)ハァ…ハァ…

フッ…

にこ「ふぇ!?」

穂乃果「あれ…!? …ま…真っ暗になっちゃったあ…!?」キョロキョロ

ここあ『あーごめーん!』

ここあ『洗面所の電気つけようとして、間違えちゃったー! ほんとにごめん!』

パチッ…

穂乃果「……あ、また明るくなった…」

にこ「……あー…うん…びっくりしたわねー…」

穂乃果「……」

にこ「……」

穂乃果「うぅ~…///」カアァ…

穂乃果「…あとは…穂乃果が自分で洗うから大丈夫だよ…?」ゴシゴシ

にこ「そ、そう…」

にこ「はは…。あはは…」

にこ「はあ~あ…」ガックリ
442: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 20:43:30.48 ID:M+HheNwf.net
にこルーム


にこ「はあー…」

穂乃果「ほえー…///」ポーッ…

にこ「うー…」ソワソワ

にこ(あと一歩のところでお預けを喰らったせいで…余計にムラムラするわ…)

にこ(とはいえ、あそこまでいけたのは場の勢いがあったからだし…)

にこ(また立て直すのは難しいわねー…。どうしようかしら…)ウーン

にこ(…寝てて無防備ってわけでも、お風呂場みたいに身体を触り合う言い訳ができるわけでもないし…どう攻めていくか…)

にこ(……あれ? 私って普段、穂乃果とどうやって接してたっけ…)グルグル

穂乃果「…あ…!///」ガタッ

にこ「うぇ!? …ど、どうしたのよ…!」ドキィ

穂乃果「そ、その…!///」モジモジ

穂乃果「……ちょ、ちょっとトイレ行ってくるねっ…!///」ダッ

にこ「…? …うん…わかった」
443: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 20:44:45.78 ID:M+HheNwf.net
パタン…

穂乃果「……」

穂乃果「…んっ…///」ムニュ…

穂乃果(にこちゃんの手が…私のおっぱいやお腹に触った感触…まだ残ってる…///)ドキドキドキ

穂乃果(…自分でするのとは…また違う感覚…)

穂乃果(……あのまま…穂乃果の全部を弄られてたら…どうなっちゃってたのかなあ…///)

穂乃果「…ふっ…///」クリクリ

穂乃果「……はぁ…はぁ…///」クチュ…

穂乃果「……」

穂乃果(……なんか、足りないなあ…)

穂乃果(やっぱり…自分で触るのと、にこちゃんに触ってもらうのだと…全然違う…///)

穂乃果(…にこちゃんに…もっと…触って欲しい…///)モゾ…
448: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 21:35:22.12 ID:M+HheNwf.net
にこ「飲み物に睡眠薬を混ぜたり…。…って、睡眠薬なんて持ってないし…それはさすがにやりすぎよね…」ブツブツ

ガチャッ…

穂乃果「……」ボーッ…

にこ「あっ、穂乃果おかえり…」

にこ「……ん…?」

穂乃果「にこ…ちゃん…///」ハァ…ハァ…

にこ「えっ…!? ななな…!? なんで…いつの間に服を脱いできてんのよ…!///」アワワワ

穂乃果「……」フラフラ…

にこ「ちょっと、穂乃…」

穂乃果「…にこちゃん…///」ピト…

にこ「うぇええええ!?///」

穂乃果「……あ…あのね…///」

穂乃果「……さっきの…お風呂場の続き…してほしいな…///」カアァ…
449: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 21:36:33.49 ID:M+HheNwf.net
にこ「なななな…!?/// 穂乃果…!?///」

にこ「その…裸で抱きつかれると…色々当たって…!?///」オロオロ

穂乃果「にこちゃん…」スッ…

にこ「!?」ドキッ…

チュッ…

にこ「~~~…ッ…!?!?///」モガモガ

穂乃果「…ぷは…/// はぁ…///」

にこ「い…いきなりキスだなんてぇ…!?///」クラクラ

穂乃果「……にこちゃんとのキス…やっぱりあったかい…///」エヘヘ

穂乃果「…あと…穂乃果ね、にこちゃんのちっちゃくてかわいい指を握ってると…安心するんだ…///」ギュ…

にこ「と、突然どうしたのよお…!?/// わけがわかんない…!」ハァ…ハァ…

穂乃果「……昨日の昼間も、さっきのお風呂の時も…本当はにこちゃんと一緒にいたかったのに…恥ずかしくて…なんにもできなかった…」

穂乃果「……でも…やっとわかったの…」

穂乃果「穂乃果には…にこちゃんが必要なんだ、って…!」

にこ「えっ…!? えええっ…!?///」ドキドキドキ
450: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 21:43:58.08 ID:M+HheNwf.net
穂乃果「にこちゃん…大好き…!///」ギュッ…

にこ「うぇ…!? えぁ…!?///」オロオロ

穂乃果「なんだか…今はもう…気持ちが抑えきれないの…」

穂乃果「…ねぇ…さっきの続きしてよ…?/// おねがぁい…///」ハァ…ハァ…

にこ(ま、まさか私の方が攻められる側に回るなんて…!)

穂乃果「体が熱いの…! …にこちゃん…なんとかしてよぉ…!///」ギュッ…

にこ(全裸で発情した穂乃果が目の前に、なんて…私が散々望んでた状況のはずなのに…)

にこ(なんで私の方が追い詰められちゃってんのよぉ…!///)

穂乃果「にこちゃん…///」

穂乃果「いつも、私を助けてくれて…ありがと…///」

穂乃果「また…いつもみたいに…二人きりで…」

穂乃果「穂乃果に…色々教えてよぉ…///」ギュウ…

にこ「……はうっ…///」ジュンッ…
451: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 21:44:35.36 ID:M+HheNwf.net
にこ(そんなわけで)

にこ(その夜は、私が疲れ果てて失神するまでちゅんちゅんしたわ)

にこ(……私は、穂乃果のエロい姿を見るために、人知れず散々奮闘してきたわけだけど…)

にこ(…いつの間にか、私の煩悩が穂乃果にも伝染しちゃってたみたい)

にこ(ぴゅあぴゅあの塊だった穂乃果の性格を変えちゃったことには、罪悪感を感じる部分もあるけど…)

にこ(……まあ…とりあえず…)

にこ(…両想いになれたから…良いか…///)
452: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 21:45:20.66 ID:M+HheNwf.net
翌朝


ザブザブ

穂乃果「だ~からね~♪ あげるよ元気~♪ そのままのえが~お~で~♪」ルンルン

にこ「あー、ありがと! まさか本当に洗濯をやってくれるなんて…」

穂乃果「えへへー、ちゃんと覚えてたもんねー!」

にこ「ふふっ、助かるわ! ありが…」

にこ「……ん?」

にこ「あああああああああ!! タオルのこと忘れてたあああああ!!」ガバッ

穂乃果「へっ…? どしたの…!?」オロオロ

にこ「あー…。…もうとっくに洗濯機の中ねー…」アハハ…

にこ「せっかく穂乃果の汗が染み付いたタオルを手に入れたのにいいい…」

にこ「うー…勿体ない…」ガックリ
454: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 21:46:05.89 ID:M+HheNwf.net
穂乃果「うーん…」

穂乃果「…よくわかんないけど…元気出してよ、にこちゃん?」ナデナデ

にこ「ふわっ…///」

にこ「…そうね…。…そういえば、もうタオルやら盗撮写真やらに執着する必要はないんだったわね…」

穂乃果「穂乃果の匂いだったら、いつでも嗅がせてあげる!」モギュー

にこ「えへへへ…/// うれし…///」デレデレ

穂乃果「……その代わり…」

穂乃果「これからも穂乃果に…色々教えてね…?///」ヒソ…



その後二人は末永く色んなプレイを楽しみました
おわり

最後が雑になってすみませんでした
>>1がいつかまたほのにこを書いてくれることを期待してます
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「ふぅ……ふぅ……ほのかあぁ……」クチュクチュ』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。