ことり「あのね!それでね……ふわあぁ」 海未「お疲れの様子ですね」

シェアする

ことうみ-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 13:38:48.35 ID:n+p+blRU.net
ことり「う、ううん!そんなこと無いよ!」アセアセ

海未「最近バイトが忙しかったのでしょう?」

ことり「あ、えっと、それは……うん……」コクッ

海未「中々会えなかったですもんね」クスッ

ことり「せっかくのお休みだから海未ちゃんとお話したいのに……」シュン

海未「お話ならまた何時でも聞くことが出来ますよ。それよりも、今は少しでも身体を休めてください」

ことり「で、でも……!」

元スレ: ことり「あのね!それでね……ふわあぁ」 海未「お疲れの様子ですね」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 13:40:39.56 ID:n+p+blRU.net
海未「私は元気なことりとお話がしたいのです……駄目でしょうか?」ジッ

ことり「……だめじゃない」フルフル

海未「有難うございます。今、お布団の用意しますね」

ことり「ありがと……海未ちゃん」ボソッ

海未「ことりの為ですから、当然です」

ことり「……聞こえてたんだ///」カアァ

海未「ことりの声は聞き逃しませんよ」フフッ

――――――
4: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 13:42:33.98 ID:n+p+blRU.net
海未「さあ、準備出来ましたよ」

ことり「……ふわぁ~い」ゴロン

海未「もう半分寝てしまっていますね」クスッ

ことり「起きてるよぉ~……」ウトウト

海未「無理しないでください、丸わかりです」

ことり「……じゃあねるね~」ウトウト

海未「はい、お休みなさい」

ことり「おやす……み……」

ことり「……」スゥ
5: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 13:44:05.05 ID:n+p+blRU.net
海未「こんなに早く眠ってしまう程、疲れていたんですね……」

ことり「……」ス-ス-

海未「まあ、バイトに限らずアイドル活動もありますし、全員分の衣装作り、果てには生徒会活動も」

海未「全く……こんな華奢な身体でことりは頑張り過ぎです」

海未「頑張り過ぎて倒れてしまわないか、私はいつも心配なんですよ?」

海未「――なんて言ってもことりは止まらないですよね。意外と頑固な所ありますから」フフッ
6: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 13:45:33.87 ID:n+p+blRU.net
ことり「……うみちゃぁ」ムニャムニャ

海未「だから、頑張らないで下さいなんて言いません。その代わり――」

海未「……ゆっくり、ゆっくり休んでください」ナデナデ

――――――


ことり「すぅ……ん、んんっ」パチッ

ことり「あ……うみちゃぁ……おはよぉ」ポケ-

海未「おはようございます、随分と気持ち良さそうに眠っていたようですが」

ことり「うんっ、夢で海未ちゃんとデートしてたんだぁ……」エヘヘ

海未「デートですか?」
7: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 13:47:30.45 ID:n+p+blRU.net
ことり「どこか遠くにお出かけしたわけじゃなくて、近くの公園にお散歩しただけだけなんだけど……」

ことり「公園の遊具を見てね、何だか懐かしいねなんて笑いあってたら……急に遊びたくなってきちゃって」

ことり「高校生にもなって二人でいっぱいはしゃいじゃったの」

ことり「それで、遊び疲れた頃に丁度お昼の放送が鳴って……それを聞いたことりのお腹がぐぅ~って鳴っちゃった」

海未「恥ずかしいですね」クスッ

ことり「恥ずかしいね///」カアァ

ことり「そしたら海未ちゃんが、手作りのお弁当を作ってきてくれてて……『あまり、自信はないのですが……』って謙遜しながらお弁当箱を出してくれてね」

ことり「……」

海未「そして……どうなったのですか?」

ことり「そこで起きちゃったからおしまい、です」
9: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 13:50:27.24 ID:n+p+blRU.net
海未「何と、それは残念です。続きが気になっていたのですが」

ことり「ことりもちょっと残念かも」

海未「どんな続きだったんでしょうか?」

ことり「う~ん、まず海未ちゃんのお弁当を食べるのは確定だよね」

海未「まあ、話の流れ的にそうなるでしょうね」

ことり「その後は……何するかなぁ?また遊ぶとか?」

海未「それもありますけど、お昼寝なんてどうですか?」

ことり「お昼寝かぁ……確かに、ことりならしちゃうかも///」
10: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 13:53:05.34 ID:n+p+blRU.net
海未「暖かな陽気の下で眠っていることりが目に浮かびますよ」フフッ

ことり「で、でも海未ちゃんの可能性だってあるよ?」

海未「私がですか?」

ことり「ことりの膝枕で気持ち良さそうに寝てるかも……」

海未「想像できますか?」

ことり「……」ウ-ン

ことり「……ことりが海未ちゃんの膝枕で寝てるのなら、凄く想像できる」

海未「いつもやっている事ですからね」クスッ

ことり「だって海未ちゃんの膝、気持ちいいんだもん……」

海未「……褒め言葉として受け取っておきます」
11: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 13:54:40.45 ID:n+p+blRU.net
ことり「なんか、色んな想像出来ちゃうね」エヘヘ

海未「それだけことりといると楽しいという事ですよ」

ことり「海未ちゃん……」

海未「勿論、こうしてただお話しているだけの今も」

ことり「ことりも、楽しいよ……」ギュッ

海未「ことり、今度のお休みは公園に行きましょう」

ことり「うん!」
12: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 13:56:46.48 ID:n+p+blRU.net
ことり「懐かしの遊具で遊ぶの?」

海未「はい、そしてお昼は私の手作りのお弁当を食べます」

ことり「その後は?」

海未「その後は……」

海未「また、その時に考えましょう」クスッ

ことり「そうだね」フフッ

――――――
13: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 13:58:42.82 ID:n+p+blRU.net
ことり「今日は結局、お部屋でお話しか出来なかったね」

海未「ですが、私にはとても有意義な一日でした」

海未「今一度、ことりに対する私の気持ちも確認できましたし」

ことり「どんな気持ち?」ワクワク

海未「……分かってて聞いていますね?」

ことり「多分、ことりも同じ気持ちだよっ♪」

海未「ええ、私もそう思います」
14: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 14:00:11.56 ID:n+p+blRU.net
海未「ことり」

ことり「はぁ~い♪」

海未「好きです」

ことり「知ってる」

海未「大好きです」

ことり「知ってるよ」

海未「これからも、私のそばにいてください」ギュッ

ことり「……もちろんですっ」ギュッ

海未「ずっと――ずっと一緒ですからね」ギュ-

ことり「うん……当たり前だよっ!」ギュ-
15: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 14:01:26.65 ID:n+p+blRU.net
おわり

偶にはこんなことうみも
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり「あのね!それでね……ふわあぁ」 海未「お疲れの様子ですね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。