亜里沙「海未さん・・・」

シェアする

亜里沙-アイキャッチ1
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 16:28:38.02 ID:5bimCZMJ0
ありうみです。

ちなみに初投稿です。よろしくお願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1393918117

元スレ: 亜里沙「海未さん・・・」

スポンサーリンク
4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 16:59:51.37 ID:5bimCZMJ0

亜里沙「お姉ちゃん、相談したいことがあるの」

絵里「?言ってみて?」

亜里沙「・・・亜里沙がレズだっていうのは、この前打ち明けたでしょ?」

絵里「ええ。聞いたわ」

亜里沙「そ、それでね・・・」





亜里沙「亜里沙、海未さんのことが好きなんだ」

絵里「・・・(やっぱりね)」
7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 17:07:39.05 ID:5bimCZMJ0

亜里沙「それで、お姉ちゃんは海未さんがレズかどうか知ってるかな―って思って」

絵里「え、えーっと・・・ごめんなさい、知らないわ」

亜里沙「そ、そうだよね」シュン

絵里「あ、でも!明日、海未に直接聞いてみるわ」

亜里沙「え?いいの?」

絵里「ちょっと難しいかもしれないけど、亜里沙のためだもの。大丈夫よ」

亜里沙「お姉ちゃん・・・!ありがとう!」

絵里「まかせなさいっ」
8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 17:22:29.70 ID:5bimCZMJ0

翌日、練習が終わって・・・


絵里「ごめんね、急に呼び出しちゃって」

海未「いえ、いいんです。それより、2人で話したいことというのは?」

絵里「!そ、それはね・・・」

絵里(しまった!さりげなく聞き出す方法を考えてなかった!どうしたら・・・)

海未「・・・絵里?」

絵里「え、えーっとー・・・」

絵里(ええい!こうなったらもう直球で!)

絵里「うううう海未は、同性愛、とか、興味あるの!?」

海未「は、はい??」
10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 17:36:45.57 ID:5bimCZMJ0

海未「い、いきなり何を言い出すんですかっ!」

絵里「だから、あなたが、その、レズかどうかが知りたいって言ってるのよ。」

絵里「で、どうなの?」

海未「・・・わたしは・・・」





海未「レズ、ではありません」

絵里「・・・そうよね」

海未「・・・あの、もういいですか?帰っても」

絵里「え、ええ!明日は休みだから、また来週ね」

海未「はい!ごきげんよう」

絵里「・・・」
14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 17:55:57.77 ID:5bimCZMJ0

絢瀬宅


亜里沙「・・・じゃあ海未さんは・・・」

絵里「ええ、そういうことよ」

亜里沙「・・・・・・」

絵里「あ、亜里沙、大丈

亜里沙「亜里沙、今日はもう寝るね!おやすみ!」ダッ

絵里「あ・・・・」バタン

絵里「・・・・・そりゃ落ち込むわよね・・・・・」
15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 18:01:56.35 ID:5bimCZMJ0

翌日、商店街


亜里沙「・・・はあ」

亜里沙(気分をよくするためになんとなくここに来てみたけど)

亜里沙(やっぱりショックだったなあ・・・)

亜里沙「海未さん・・・・」

亜里沙「・・・・・はあ」

海未「・・・亜里沙?」




亜里沙「・・・・えっ?」

海未「ああ、やっぱり亜里沙でしたか」

亜里沙「」

海未「どうしたのですか?ため息なんか・・・・って」

亜里沙「」フラッ

海未「!危ない!!」


ドサッ
16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 18:13:34.42 ID:5bimCZMJ0




亜里沙「・・・・う、うーん・・・・」

海未「亜里沙!気が付きましたか?」

亜里沙「えっ?海未さん!?」ガバッ

亜里沙「わ、わたし、いったい・・・・・」

海未「急に気を失って、倒れそうになったんです。
   それで、救急車を呼ぼうかと思ったんですが・・・大丈夫ですか?」

亜里沙「は、はい!平気です!
    それより・・・海未さんが助けてくれたんですよね?」

海未「はい。と、いっても体を支えただけなのですが」

亜里沙「ごめんなさい!迷惑をかけてしまって・・・・」

海未「そんな、迷惑だなんて思っていませんよ。
   亜里沙が無事で何よりです」ニコッ

亜里沙「海未さん・・・///」
17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 18:28:27.06 ID:5bimCZMJ0

亜里沙(海未さん、かっこいいなあ・・・)

亜里沙(わたし、やっぱり海未さんが・・・・)

亜里沙(・・・・でも海未さんはレズじゃないし・・・・)

海未「あの・・・・亜里沙?」

亜里沙「!は、はいっ!」

海未「本当に大丈夫ですか?またぼーっとしていたみたいですが」

亜里沙「だ、大丈夫です!ちょっと考え事してただけなので・・・・」

海未「そうですか・・・・ならいいのですが」

亜里沙「・・・あ、そうだ!お礼をしたいので、これからお昼ご飯を食べにいきませんか?」

海未「いいですけど、お金は私が払いますからね?」

亜里沙「えーそこはおごらせてくださいよー」ブー

海未「ふふっ。分かりました。そこまで言うならご厚意にあずかりますね」

亜里沙「は、はい!」

亜里沙(海未さんが笑った・・・かわいい///)
19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 18:34:01.24 ID:5bimCZMJ0

亜里沙「着きました!ここです!」カランカラン

海未「おお、きれいなお店ですね」

店員「2名様ですね、こちらへどうぞ」





亜里沙「この前、雪穂ちゃんと来たんですけど、ここのナポリタンおいしいんですよ」

海未「そうなんですか。じゃあ私もナポリタンにします」

亜里沙「わかりました!」ピンポーン



店員「ご注文をどうぞ」

亜里沙「ナポリタンを2つください」

店員「ナポリタンを2つですね。かしこまりました」
20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 18:41:27.84 ID:5bimCZMJ0



海未「ふう。おいしかったですね」

亜里沙「はい!亜里沙、おなかいっぱいです」

海未「それでは、行きましょうか」

亜里沙「はい!お金払ってきます・・・ってあれ?伝票がない・・・」

海未「ああ。お金なら私が払っておきましたよ」

亜里沙「え、ええ!?もしかして、亜里沙がトイレに行ってる間に?」

海未「はい。おいしいお店を紹介してくれたお礼ですので、気にしないでください」ニコッ

亜里沙「ハラショー・・・・」

海未「さて、これからどうしますか?」

亜里沙「え?えーっと・・・・」

海未「・・・・亜里沙さえよければ、いっしょに服を見に行きませんか?」

亜里沙「は、はい!いいですよ」
21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 18:47:21.53 ID:5bimCZMJ0







海未「これはどうですか?」

亜里沙「わあっ!とっても似合います!」

海未「・・・・あの、亜里沙」

亜里沙「はい?」

海未「さきほどからそれしか言ってませんが、本当に似合ってるんでしょうか・・・」

亜里沙「もちろんですよ!だって海未さん、きれいだから何でも似合うし・・・・」

海未「そ、そんなこと言わないでください・・・///」

亜里沙(照れてる海未さんもかわいいなあ・・・)
22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 18:52:33.80 ID:5bimCZMJ0

亜里沙「あ!でも、これも合わせるとすごくかわいいかも!」

海未「・・・おお、確かにいい感じですね」

亜里沙「あと、これをこれに替えてみてくださいっ」

海未「わかりました」



海未「どうですか?」

亜里沙「わあっ!こっちも似合いますねー!じゃあ次はこれを・・・」

海未(あ、遊んでますね・・・私で)

海未(・・・楽しいからいいのですが)
24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 18:57:35.03 ID:5bimCZMJ0




海未「予定より多く買ってしまいました・・・」

亜里沙「ご、ごめんなさい・・・」

海未「いえ、亜里沙が謝ることでは・・・
   それより、亜里沙は何か買わないのですか?」

亜里沙「うーん、亜里沙は特に・・・・あ!」

海未「?」

亜里沙「ちょっと、アイドルショップまで行ってもいいですか?」

海未「はい、いいですよ」
27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 19:05:53.55 ID:5bimCZMJ0




亜里沙「えーっと・・・あ、あった!」

海未「そ、それは・・・・?」

亜里沙「μ'sのポスターですっ!」

海未「・・・なぜこんなものが・・・」

亜里沙「じゃあ亜里沙、買ってきますね!」ダッ



海未「・・・私たちもそれなりに有名になったということですよね・・・」

にこ「その通りよ!」バン

花陽「その通りです!」ババン

穂乃果「その通りだよ海未ちゃん!」バババン

海未「ええ!?なんであなたたちが!?」
28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 19:14:29.94 ID:5bimCZMJ0

にこ「穂乃果のアイドルに対する知識を花陽と2人で深めようと思ってね」

花陽「穂乃果ちゃんはアイドルを知らなすぎます!」

穂乃果「うう・・・がんばります」

海未「にこと花陽がすごすぎるだけだと思うのですが・・・」

亜里沙「海未さーん!お待たせしました・・・って」

花陽「あ、亜里沙ちゃん。久しぶり」

亜里沙「お久しぶりです!みなさん!」



穂乃果「海未ちゃん、亜里沙ちゃんとデートしてたんだ!」

海未「えっ」

亜里沙「」
29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 19:24:04.81 ID:5bimCZMJ0

にこ「なんですって!アイドルが恋愛なんて例え女の子どうしでもダメなんだから!」

海未「ち、違いま

亜里沙「デートなんかじゃありません!!」



穂乃果「へっ?」

海未「・・・あ、亜里沙?」

亜里沙「これは・・・デートじゃ・・・!」ダッ

海未「ちょ、ちょっと亜里沙!待ってください!」ダッ



花陽「行っちゃった・・・」

にこ「ど、どうしたの?あの2人」

穂乃果「さあ・・・穂乃果は本当にデートかと思ったんだけど・・・違ったのかな」

にこ「いやいや、女の子どうしよ?」

穂乃果「あ、そ、そうだよね・・・あははは」

にこ「?」

穂乃果(でも、海未ちゃんは・・・)
31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 19:33:28.52 ID:5bimCZMJ0

亜里沙「はあ、はあ・・・」

亜里沙(わたし、バカだなあ・・・)

亜里沙(最初はただお礼がしたかっただけなのに)

亜里沙(途中から、デートみたいだなあとか思って)

亜里沙(海未さんが私なんか興味ないことも忘れて・・・)

亜里沙(1人で勝手に、浮かれてた・・・)

亜里沙「うう・・・どうして、こんな・・・!」ポロポロ

海未「亜里沙!」ガシッ

亜里沙「!!」

海未「やっと追いつきました・・・!どうして急に走ったり・・・」

亜里沙「海未、さん・・・」グス

海未「・・・どうして、泣いているんです?」
32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 19:38:41.93 ID:5bimCZMJ0

亜里沙「う、海未さんには、関係ないんです・・・!
    放っておいてくださいっ!」

海未「放っておけるわけないでしょう!!」

亜里沙「え・・・?」ビク

海未「亜里沙が泣いているのに・・・放っておけるはずがありません」

亜里沙「・・・・!」ポロポロ
39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 20:31:08.00 ID:5bimCZMJ0

海未「さあ、話してくれますね?どうして今、こんなことになっているのか」

亜里沙「・・・・・」

海未「穂乃果たちが気に障るようなことを言ったのですか?」

亜里沙「・・・違います」

海未「じゃあ、どうして」




亜里沙「・・・海未さんはレズじゃないんでしょう?」

海未「えっ?」

亜里沙「お姉ちゃんに頼んだんです。海未さんがレズかどうか聞いてほしいって」

海未「あ・・・・」

亜里沙「気持ち悪いですよね。そんなことを頼むなんて」



亜里沙「わたし、海未さんのことが好きなんです。
    はじめて見たときからずっと」ポロポロ
41: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 20:38:34.65 ID:5bimCZMJ0

亜里沙(さようなら・・・海未さん)



ギュッ




亜里沙「・・・え?」

海未「・・・・・」

亜里沙(う、海未さんに抱き付かれてる!?///)

海未「亜里沙・・・まさか同じ気持ちだとは思いませんでした・・・」

亜里沙「え・・・今なんて・・・」




海未「私もあなたが好きです。どうか、付き合ってください///」

亜里沙「え



    ええええええええええええ!!?」
43: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 20:45:57.69 ID:5bimCZMJ0

亜里沙「で、でも、海未さんはレズじゃないって・・・」

海未「だって、絵里に言えるわけないでしょう?
   私はレズで、亜里沙のことが好きだなんて・・・」

亜里沙「そ、そんな・・・」ヘナヘナ

海未「まあ、余計な心配だったようですけど・・・あ、亜里s

亜里沙「海未さんのバカーーーーーー!!」ダキッ

海未「!!ちょっと!急に抱き付かないでください!///」

亜里沙「どの口が言うんですか!まったく!」ギュー

海未「す、すいません・・・」ヨシヨシ
44: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 20:53:28.12 ID:5bimCZMJ0

亜里沙「・・・・」

海未「・・・亜里沙」

亜里沙「なんですか?」

海未「そろそろ離れてほしいんですけど・・・周りの人もけっこう見てますし」

亜里沙「嫌ですっ」ギュー

海未「う、うう///」

亜里沙「・・・・海未さん」

海未「はい?」

亜里沙「これからもよろしくお願いしますね///」

海未「・・・・こちらこそ///」
45: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 21:05:39.65 ID:5bimCZMJ0

ありうみがアイドルショップを出てから後を追っていた3人は・・・


にこ「な、何よ!あの2人、ガチじゃないのよ!」

花陽「うわあ・・・・すごい///」

穂乃果「海未ちゃん・・・本当によかったねえ」グス

にこ「穂乃果・・・あんたもしかして知ってたの?」

穂乃果「え?な、何のことかな」

にこ「海未は亜里沙ちゃんのことが好きだってことよ」

穂乃果「う・・・うん。私とことりちゃんが相談に乗ってたから」

花陽「シッテタノオ!?」
46: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 21:16:33.30 ID:5bimCZMJ0

にこ「まったく・・・アイドルの自覚が足りないったらありゃしないわ」

穂乃果「で、でも・・・あの2人に恋愛しちゃダメだなんて・・・」

花陽「言えるわけないです」

にこ「そ、そうね・・・これは部長のにこも許さざるを得ないようね」

穂乃果「じゃあ、海未ちゃんたちは付き合っててもいいよね、にこちゃん!」

にこ「で、でも!あんたたちはそういうのダメなんだからねっ!!」

穂乃果「えー穂乃果も恋したいよー」ブー

花陽「う、海未ちゃんたちだけっていうのは、ズルいと思いますっ!」

にこ「うぐっ・・・海未ぃ・・・責任とりなさいよねぇ・・・!」

穂乃果「に、にこちゃん・・・目が怖いよ」


こうしてアイドル研究部は恋愛OKとなったのであった。


おわり
49: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/04(火) 21:27:57.43 ID:5bimCZMJ0

最後までお付き合いくださった方々ありがとうございました!

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
亜里沙「海未さん・・・」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『亜里沙「海未さん・・・」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。