凛「凛の友達の友達」

シェアする

凛-アイキャッチ9
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 09:03:49.06 ID:Ert7zO61.net
※東京03のパロディです。

花陽、凛、真姫μ's加入時


花陽「真姫ちゃんまだかな…?真姫ちゃんとお昼ごはんなんて初めてだね」

凛「真姫ちゃんのクラス、4時間目体育だったから時間かかってるにゃ!いやー、真姫ちゃんとお昼ごはん楽しみだにゃー!」

花陽「凛ちゃんと真姫ちゃん、昨日初めて話したのにすっかり仲良しだね!」

凛「えー?かよちん妬いてるの?凛と真姫ちゃんの仲に!心配しなくても凛はかよちんの元を離れたりしないにゃー!!」

花陽「や…妬いてるとかじゃないよぅ。あ、そういえば昨日真姫ちゃんとラーメン屋行ったんでしょ?美味しかった?」

凛「すっごく美味しかったよ!お喋りもすっごく盛り上がってさー!かよちんもダイエットなんて言わずに来れば良かったのにー!今日のお昼ごはんの約束も、そのラーメン屋でしたんだよ!」

花陽「そうだったんだ?」

元スレ: 凛「凛の友達の友達」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 09:07:31.52 ID:Ert7zO61.net
凛「でもかよちんがアイドルやるって思ってくれて本当に良かったにゃ!そのおかげで凛も真姫ちゃんと出会えたし、一石二鳥にゃ!」

花陽「いやっ…その諺はちょっと当てはまらないんじゃ…」

凛「本当、かよちんのおかげにゃ!!かよちんのお腹も信心からにゃ!!」

花陽「いやっ…その諺はちょっと当てはまらないんじゃ」

凛「真姫ちゃぁん…」ニコニコ

花陽「幸せそうだからいいか…あ、ごめん、ちょっとお手洗いに」

凛「いってらっしゃーい!」
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 09:14:01.86 ID:Ert7zO61.net
凛「…」

真姫「…」ガラ

凛「…あっ」

真姫「…」

凛「…あっ座って!」

真姫「…うっ…うん」

凛「…」

真姫「…花陽は?」

凛「あっ、トイレ…あぅごめんっ、お手洗いに…」

真姫「…あぁっいや良いのよ謝らなくて…」

凛「…うん」
4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 09:26:19.11 ID:Ert7zO61.net
真姫「…」

凛「あっ…昨日は…美味しかったね」

真姫「ああ…ええ…」

凛「…」

真姫「…」

凛「…体育なにやった…?」

真姫「ああ…ハードル…」

凛「あっ…うん…」

真姫「あぁっ、ごめんね遅れちゃって…」

凛「いやいやっ全然そんな…大丈夫…」
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 09:35:43.55 ID:Ert7zO61.net
真姫「…」

凛「…」

真姫「本当、ごめんね…?」

凛「いやいや全然全然大丈夫…」

真姫「…」


花陽(…あっ、真姫ちゃん来てる!凛ちゃんとどんな話するんだろ…?)カクレ

凛「…昨日は美味しかったねー」

真姫「ああ…昨日は…」
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 09:46:02.14 ID:Ert7zO61.net
凛「…」

真姫「あっ…もう食べちゃってようか…?」

凛「いやっ…先に食べちゃってたらかよちんが怒り狂うから…」

花陽(いや別に怒り狂わないよ!)

真姫「そう…じゃあ飲み物だけ飲んでるわね…」

凛「うん…」

真姫「…」ゴク

凛「…」ゴク
9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 09:52:32.12 ID:Ert7zO61.net
真姫「…」

凛「昨日はねー…」

真姫「うん、昨日はー…」

凛「…」ゴク

真姫「…」ゴク

花陽「ちょちょちょ何で二人共何も話さないノォ!?」

真姫「あっ!ちょっと花陽ー!!あんたねぇ!!お手洗い長いのよ!! 凛「かよちーん!!ねぇ聞いて聞いて!!このお茶に付いてくる応募シールなんだけどさぁ!!あと1枚で
真姫「あんたはねぇもうちょっと食生活を改善しなきゃダメよ!聞いてんの?もうー!炭水化物を摂り過ぎるとね
凛「で、その抽選で当たるTシャツなんだけど絶対かよちんに似合うと思うにゃー!!それの柄がね!あの昔のアレに似てて 真姫「だから一日に三十品目食べろって言うのはそういう意味なのよ!!あと良く噛んで 凛「それがかよちんのボディにジャストフィット 
花陽「ダ・・・ダレカタスケテー!!!」
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 09:58:41.81 ID:Ert7zO61.net
凛「かよちん!?どうしたにゃ!?」

花陽「あの…花陽は聖徳太子じゃないから…そんなにいっぺんに二人から言われても…」

凛「でもかよちん、いっつもしゃもじ持ってるから…」

花陽「聖徳太子のアレはしゃもじじゃないよ…それより凛ちゃんと真姫ちゃん、仲良しになったんじゃないの!?」

凛「…な、なったよ」

花陽「でも!…二人共ほとんど昨日はーってしか喋ってなかったから…!」

凛「いや、本当昨日は盛り上がったんだけど…」

花陽「本当に…?」


凛「うん…ねぇ西木野さん?」

花陽「呼び方戻ってるよ!!」
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 10:10:08.05 ID:Ert7zO61.net
真姫「…」

花陽「真姫ちゃんも何で全然喋らないのぉ!?もっと凛ちゃんとお話しなよぉ!」

真姫「ごめん花陽、お手洗い行ってくるから…」

花陽「あ…うん…」

凛「…」ペコ

花陽「凛ちゃん、いってらっしゃいは!?さっきあんなに元気に言ってたのに!?どうしたの!?何で真姫ちゃんと喋らないの!?」


凛「いやー…完全にリセットされてるにゃ…」

花陽「えっ…?」

凛「いや昨日は本当に盛り上がったんだけど…何かその場のテンションがあったから…でもいざ冷静になって会ってみると、ちょっとどうしていいか分からないにゃ…」
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 10:23:10.03 ID:Ert7zO61.net
花陽「ど…どういうこと…?」

凛「ほら、真姫ちゃんとは元々仲良かった訳じゃないから…いくら昨日盛り上がったって言っても、そのノリを引っ張れないっていうか…多分真姫ちゃんもそうなんだよ。昨日盛り上がっちゃったぶん、逆にどうしていいか分からないっていう…」

花陽「じゃ…じゃあどうすればいいのぉ!?もう、花陽じゃどうしたらいいか分からないよ…」

凛「かよちんにも本当悪いとは思ってるにゃ…凛もこんなはずじゃなかったんだけど…せめて真姫ちゃんの方から来てくれれば凛もいけたんだけど、でも真姫ちゃんもそうなっちゃってるから…ダブルリセットフォーメーションだにゃ…」

花陽「いや…そんな言葉はないんじゃ…」

凛「でも良かったにゃ!かよちんはリセットされてなくて!」

花陽「ここのリセットはありえないよぉ!?それがあったらもう…それはそういう夢だよぉ!!夢なき夢だよぉ!!…それで、どうするの凛ちゃん…?今日のお昼ごはん…真姫ちゃんと食べるのやめにする…?」

凛「なっ…そういうわけにはいかないにゃ!せっかく真姫ちゃんが来てくれたのに!!」

花陽「だってあんな様子じゃ…お互いがつらい思いをするだけだよぉ!!」

凛「じゃあもうわかったにゃ!真姫ちゃんが戻ってきたら凛からもうガンガンいくようにするから!」

花陽「凛ちゃん…大丈夫?意外とそういうの苦手なんじゃ…」

凛「大丈夫だにゃ!でもその時はかよちん、援護射撃っていうか…協力して欲しいにゃ」
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 10:42:01.02 ID:Ert7zO61.net
花陽「もちろんだよ!花陽だって二人が仲良くしてるとこみたいもん!」

凛「目に物見せてやるにゃ!」

花陽「いやっ…」

真姫 ガラ「…ごめんごめん」

凛「いやっ…ありがとにゃ…」

花陽「凛ちゃん!?何も噛み合ってないよ!?何でそこでお礼なの!?」

凛「じゃあー…!一旦凛もお手洗いに!」

花陽「あっ…そう…」

凛「一旦!」ガラ
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 10:52:48.85 ID:Ert7zO61.net
花陽「行っちゃった…でも真姫ちゃんも…リセットなんて言ってないで凛ちゃんと話してあげて…?」

真姫「は?何よリセットって?意味分かんない!それにしても星空さん嫌いだわーっ!!」

花陽「え゙ぇっ!?そっち!?そっち!?」

真姫「そっちしかないでしょー!他に何があるのよ!昨日星空さんとラーメン屋行ってサイテーだったわよ!あの人一人でずーっと喋ってて!
しかもずっと花陽の話だし!メンドーだからテキトーに合わせてたら調子に乗ってぐいぐいくるんだから!真姫ちゃん真姫ちゃーんとか言って抱きついてくるの!
その力も強いのよ!顔もこーんな距離で凄く近いし!本当苦手なタイプだわ!!いっちばん嫌いなタイプ!!さらに最悪なのがその時、流れで二人でカラオケ行く約束しちゃったのよ!
絶対行きたくないわよ…はぁー、本当勘弁して欲しいわよっ!!」

花陽「しょ…衝撃の事実だよ…ここまで真逆の思い出だとは…」

真姫「凄いグイグイくるのよ?本当グイグイくるの!半端じゃなくグイグイくるのよ?こんなグイグイくる必要あるのかってくらい 花陽「真姫ちゃんも今グイグイきてるよぉ!?」
16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 11:05:10.14 ID:Ert7zO61.net
真姫「こんなもんじゃないのよ!!しかもあの人… 凛 ガラッ「ふぅー!」パンパンパンッ

真姫「…」

花陽「…」

凛「…」キッ

凛「真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃーん!!!」ギューッ

真姫「…」

花陽「凛ちゃん!!」

凛「んー?真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃーん!!!」ギュギュー

花陽「凛ちゃんっ!!!座って!!!」
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 11:16:57.88 ID:Ert7zO61.net
凛「え…う、うん…と見せかけて真姫ちゃん真姫ちゃーん!!!」ギュギュギューッ

花陽「りーんっ!!!ちゃーん!!!」

凛「う…うん…?」トス

凛「…ドシタニャ?」

凛「カヨチン…ドシタニャ…?」

花陽「…」

凛「…ドシタニャ?」

真姫「…」

凛「…ドシタニャ…?」
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 11:29:33.50 ID:Ert7zO61.net
凛「ごほんっ、ごほん!!いやーっそれにしても昨日のラーメン美味しかったね真姫ちゃーん!!」

花陽「そ…そうだったかなぁ?」

凛「いや…かよちんは来てないにゃー!アハハハ…カヨチン、ドシタニャ?」

凛「… …ドシタニャ?」

凛「ごほん…ドシタニャ?カヨチン、ドシタニャ?」

花陽「ぶふっwww…」

凛「ドシタニャ…ドシタニャ!?」

花陽「っwww…ふふっwww…」
22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 11:39:59.76 ID:Ert7zO61.net
凛「ドシタニャ?ドシタニャカヨチン!?ドシタニャ!?」

花陽「… …」

凛「…ドシタニャ!?」

花陽「っwwww凛ちゃんっ!!!」

凛「ごほんごほんっ…あー!そうだそうだ!アレだよね真姫ちゃん!今度二人でね、カラオケ行く約束したんだよね!」

花陽「凛ちゃん!してないよっ!!」

凛「したんだよ!?どしたにゃかよちん!!どしたんにゃかよちーん!!今から真姫ちゃんと凛で仲良くするところ見せるっていったのに!!どしたんにゃかよちーん!!!」
23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/20(土) 11:58:07.41 ID:Ert7zO61.net
花陽「見れないよっ…それはもう見れないんだよっ!!それは凛ちゃんと花陽の…夢なき夢だったんだよ…!!」

凛「え…どういうことにゃかよちん!?…嘘でしょ…じゃあ…真姫ちゃん…凛と…凛と二人でカラオケ行ってくれないの…!?」

真姫「ハァ…」

花陽「り…凛ちゃん…」

真姫「あーっもう分かったわようるさいわねぇ///行けばいいんでしょ行けば!!その代わり花陽も一緒じゃないと行かないんだから///」

凛「真姫ちゃん真姫ちゃーん!!!」ギューッ!!

花陽「ああ良かったぁー!!真姫ちゃんのいつものアレだったあぁーっ!!!」


おわり
33: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 16:39:46.57 ID:0rksPrSg.net
●亜里沙「結果は言わないで」


信号「」アカ

にこ「…」


亜里沙「…!…あの…すいません」

にこ「ん?」

亜里沙「あの…μ'sの矢澤にこさんですよね…?」

にこ「あー、あんた絵里の妹の 亜里沙「喋らないで!!」

亜里沙「あんまり喋らないで下さいっ!!」

にこ「…は?」
34: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 16:44:41.21 ID:0rksPrSg.net
亜里沙「あの…アレですよね。にこさんは今日発表のμ'sの人気投票の結果、知ってるんですよね…?」

にこ「そりゃまあ知ってるけど…」

亜里沙「私あのー、まだ知らなくてですね…それで、家に帰ってからゆっくり見たいと思ってまして…」

にこ「あー…」

亜里沙「それで、何の情報も入れたくないと言いますか…なので今から亜里沙もその信号待ちますけど…人気投票の結果に関しては何も言わない方向で…お願いできますか…?」

にこ「別にいいわよ」

亜里沙「あーよかった!すいませんありがとうございます!結果を凄い楽しみにしてたものですから…」

にこ「そっかー」

亜里沙「μ'sの大ファンでして…にこさんの活躍もいつも見てます!」
35: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 16:53:08.02 ID:0rksPrSg.net
にこ「本当ー?そんなこと言われたらにこ、嬉しくなっちゃうー!にっこにっこ 亜里沙「テンション気をつけてっ!!!」

亜里沙「大丈夫ですかそのテンション!?」

にこ「…は?」

亜里沙「にこさん一位っぽいなぁー!!ああー!!」

にこ「いやいやいやいやっ!!違う違う!!今のはファンサービスみたいなもので…」

亜里沙「その辺からきょうしてくれないと色々あれしちゃいますんでぇ!!」

にこ「悪かったわよ…」

亜里沙「もう…絶対にこさん一位でしょう…」

にこ「いや一位じゃない一位じゃない!!」
36: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 17:02:54.71 ID:0rksPrSg.net
亜里沙「一位じゃないんですか!?にこさん一位じゃないんですか!?」

にこ「何で嬉しそうなのよっ!!にこが一位だったらいけない訳!?」

亜里沙「えっ!?一位なんですか結局!?どっちなんですか!?」

にこ「いや…言っていいの…?」


亜里沙「良いワケないでしょうっ!!何で言わないでってお願いしてるのにちょっと言おうとしちゃってるんですかっ!?」

にこ「何なのよ!!聞いたじゃないのよ今!!」

亜里沙「あーあ!!もう真っ白な状態で見たかったんですよ本当!!今のこのちょっとしたやりとりでアレですよ!?にこさん上位なのかなーみたいな先入観っていうんですか?そういうの生まれちゃいましたからね!」

にこ「知らないわよ…」

亜里沙「ゼロの状態で見たかったんです!!ゼロの状態で見たかったんですよ!!」

にこ「何も言ってないじゃない!!」

亜里沙「分かっちゃうんですってそういうので!!」
38: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 17:12:53.56 ID:0rksPrSg.net
にこ「…何か、勝手ににこが上位みたいに思ってるけど…ちょっとは私にも気を使って欲しいんだけど…」

亜里沙「えっ…」

にこ「良くそんな酷いこと言えるわよね…」

亜里沙「どういうことですか…?なになになに亜里沙なにか酷いこと言いました!?」

にこ「さぁねぇ…」


亜里沙「うわぁー!ゼロだっ!!今ゼロに戻りましたよ!!」

にこ「そう?」

亜里沙「お上手です!!」ガシッ


絵里「~♪…あれっ!亜里沙じゃない!!やったわよ!!私人気投票でい… 亜里沙「うわあああっ!!」ドゴォ
39: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 17:21:44.80 ID:0rksPrSg.net
絵里「ちょ…痛いじゃない亜里沙!何するのよ!!」

亜里沙「結果を言われたら大変!!何なのお姉ちゃんいきなりやってきて!!突然どうしたのお姉ちゃん!!何なのお姉ちゃん!!」

にこ「ちょちょ落ち着いて落ち着いて…」

亜里沙「お姉ちゃん今結構言ったでしょ今!人気投票でい、まで言ったでしょ!!」

にこ「ギリギリセーフだったわね!」

亜里沙「危なかったですね!?最後まで言ってないから問題ないけど、ちょっとお姉ちゃん!!勝手に喋るのやめてよ!!勝手に喋らないで!!」

絵里「えっ…ここ私語禁止!?」

亜里沙「禁止だよっ!!私語禁止エリアだよっ!!」
40: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 17:34:12.29 ID:0rksPrSg.net
絵里「… …」


にこ「…いや、あの絵里、本当に禁止な訳じゃなくて…」

絵里「…! … …」フルフル

にこ「いや喋ってもいいのよ別に!なんて素直なのよあんた!!」

絵里「…?」

にこ「あのね?亜里沙ちゃんはあのー、μ'sの人気投票の結果を知らないんだって。だから結果を聞きたくないんだって」

絵里「あれ…亜里沙、μ'sのこと興味ないの…?」

亜里沙「…興味ないわけないでしょう…?亜里沙がっ!!μ'sに興味がない訳がないでしょうっ!?」

絵里「じゃあμ'sのこと好きなの…?」

亜里沙「好きでしょ!亜里沙はμ'sのことが大好きでしょうっ!!」
41: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 17:43:58.00 ID:0rksPrSg.net
絵里「じゃあいいじゃないのっ!!話しましょうよっ!!ありふれた喜び~♪」

亜里沙「ヤバイなそのテンションやばいなー…!!」

にこ「ちょちょ、絵里落ち着いて落ち着いて!歌うのやめよ?歌うのやめよ?」

絵里「ありふれた喜び~♪ありふれた~結果と~♪こぼれそうな笑顔こらえて~♪」ニコニコ

にこ「こらえられてない!全然笑顔こらえられてないわよ!!あのねぇ、亜里沙ちゃんは家でゆっくり新鮮な気持ちで見たいから、余計な情報をいれたくないらしいのよ?分かるわよね?」

絵里「でも話したいじゃなーいっ!!」

亜里沙「ああもうっ!!にこさん止めてーっ!!」

にこ「…」
42: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 17:50:59.84 ID:0rksPrSg.net
亜里沙「何ボケっとしてるのっ!!早く止めてってー!!」

にこ「…もういいわよ言っちゃって」


亜里沙「…えっなになにどうしたんですか…?急にどうしたんですか!?にこさんこっち側だったでしょう!?」

にこ「もう面倒くさいのよこの立場!!なに敬語ですらなくなってんのよ!!いつ出来たこの主従関係!!」

亜里沙「お姉ちゃんを止めるのが今のにこさんの仕事でしょう!?」

にこ「そんな仕事ないわよ!!あんた一体何なのよ!?」


亜里沙「10人目のμ'sのメンバーだよっ!!」

にこ「はぁ…絵里もう言っちゃいなさい言っちゃいなさい」
43: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/21(日) 18:05:04.40 ID:0rksPrSg.net
亜里沙「ちょちょやめて下さいって!!」

絵里「じゃあ言いますっ!!!」

亜里沙「お姉ちゃん!?やめて勘弁してー!!」

にこ「もう聞きなさいあんたはっ!!一位から九位まで順番めちゃくちゃに聞かされなさい!!」ガシ

亜里沙「やだ…やだ…」

絵里「μ's人気投票一位は…絢瀬絵里ですっ!!」


亜里沙「ああっもう…!!!お姉ちゃんハラショー!!!」


おわり
48: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 16:31:44.05 ID:qaxpUid8.net
●希「μ'sの味方」


部室

にこ「…」カタカタ

にこ「…ん?…何よもう…」カタカタ

真姫「にこちゃん、ちょっとパソコン借りていい?」

にこ「ちょっと待って。今急にパソコンが重くなっちゃったのよ」

真姫「え…?」カチカチ

真姫「本当ね」

にこ「どうしたのかしら?古いヤツじゃないのに…」

真姫「一回、再起動してみるわね」カチカチ ヴーン

にこ「うん」

真姫「…」

にこ「…」
49: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 16:34:24.53 ID:qaxpUid8.net
真姫「あー…再起動しても重いままだわ…」カチカチ

にこ「うーん…」カタカタ

真姫「…っ」バンッ バンッ

にこ「ちょちょ真姫ちゃん!!こういうのは叩いても直らないから!!」

真姫「そうなの?」

にこ「それにしてもどうしちゃったのかしらねー急に」

真姫「これもう普通に動きそうにないわよ。ウイルスとか入っちゃってんじゃないの?」

にこ「でも最新版のウイルスバスター入ってんのよ?」

真姫「そう…でもこのパソコンがこのままだとマズイわよね」

にこ「これでμ'sのサイトとかも更新してるのよ?ヤバイわよ」

真姫「うーん…あ、ちょっと待ってて!」

にこ「うん」

にこ「はーっ…」カタカタ
50: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 16:43:01.38 ID:qaxpUid8.net
真姫「このパソコンなんだけど、急に重くなっちゃったのよ」

希「んー?にこっちちょっといい?」

にこ「うん」

希「あー…にこっちこれ何かしたん?」カタカタ

にこ「何もしてないわよ。急にこうなっちゃったの。じゃあ希、頼むわね」

希「え?」

真姫「はーっこれで何とかなるわね」

にこ「一時はどうなることかと思ったわよ~」

希「…」カタカタ カチカチ

真姫「それにしてもにこちゃん、パソコン強そうな割には案外ダメなのねー」

にこ「にこだってなんでも分かるわけじゃないわよ。真姫ちゃんだってバンバン叩いてたじゃない。ふふっ」

真姫「笑わない~」イチャイチャ
51: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 16:53:38.37 ID:qaxpUid8.net
希「…」カチカチ

にこ「今日終わったらラーメン食べに行かない?美味しいとこ見つけたのよー」

真姫「あ、あの電気屋の近くの?」

にこ「そっちじゃないのよー絶対美味しいから!」

真姫「本当にー?」

にこ「いや真姫ちゃんも絶対美味しいって言うから!あっ、希直ったー?」

希「…いや、まだやけど」

にこ「そっか、じゃあ頼むわねー。それでそこの餃子が絶品 希「なぁ、手伝ってもらえる?」

にこ「…え?」
52: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 17:00:51.82 ID:qaxpUid8.net
希「協力してやった方が早いやん」

にこ「あー、そっかそっか…」

希「なぁ?そうやんなぁ?」

にこ「で、私は何をすればいいの?」

希「は?」

にこ「いや、どうすればいいの?」

希「…じゃあちょっとこっち来て。重くなった時のことちょっと教えて」

にこ「えっと…教える?何を教えればいいの?」

希「その重くなった時の状況を説明してくれないとわからんやん」
53: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 17:08:46.50 ID:qaxpUid8.net
にこ「状況…?状況って?」

希「いやだから重くなった時にどんな作業とかをしてたの にこ「作業とか?」

希「何してたんか言えや!」

にこ「インターネットをしてただけよ…」

真姫「ちょっと希。私調べ物したいことあるからちょっと早めにできる?お願いね」

希「は?いや真姫ちゃんも!」

真姫「え…?」

希「こっち来て!手伝って!」

真姫「私も…?えっと、何かできることある…?」
54: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 17:16:11.28 ID:qaxpUid8.net
希「いやウチにだって分からないこともあるから横で色々アドバイスとか…」

真姫「アドバイス…?どういうアドバイスをすればいいの…?」

希「いやどういうって言われても にこ「希ごめん。大体どれくらいで終わる?」

希「はぁ!?」

にこ「もう少しで見たい番組始まるのよ。パソコンで見ようと思ってるから」

希「いや見たい番組って言われても 真姫「ちょっと希。アドバイスって言われても私あんまり

希「いやだから にこ「あのね希、大体の時間だけ教えてもらえれば諦めて別の

希「だからあの 真姫「私が使ってるパソコンと同じヤツじゃないからどうしても

希「うん、うん にこ「時間がかかるならかかるで携帯で見ることも

希「うん 真姫「私が口をはさんでもややこしくなるだけ 希「うっさいわ!!うっさいわうっさいわうっさいわーっ!!」

希「えっ何で全部委ねてくるん!?」
55: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 17:25:56.55 ID:qaxpUid8.net
にこ「え…?」

希「ウチのこと何だと思ってるん?」

真姫「いや…不思議なチカラで何でも出来る人…?」

希「何なんその漠然としたイメージ!?なんなん!?」

にこ「でもそういうイメージあるわよねー?カードが言ってるとか言って…」

希「いや物によるわっ!!」

にこ「物による…? 希「物による!!悪いけどパソコンに関しては二人とおんなじレベルだから!!」

真姫「えっ…じゃあこれ直せないの!?」

希「だからわからんよ!!」

にこ 真姫「いやいやいやいやいやーっ!!!」

希「いやいやいや!!逆に!!逆にいやいや!!逆にいやいや!!」
56: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 17:33:50.00 ID:qaxpUid8.net
にこ「そりゃないわよーっ!」

希「ウチが来たとき感じたんやけど、あっもう大丈夫だみたいな、これで安心だみたいな、そういう空気なってたやん!!」

にこ「うん」

希「いや無理やん!!なんでも知ってるわけじゃないから!!」

にこ「…じゃあ希何しに来たの? 希「いや呼ばれたからー!!真姫ちゃんに呼ばれたから!とりあえず来てくれってー!!」

真姫「だってなんとかしてくれると思うから 希「いや物による言うてるやん!!」

真姫「じゃあなんだったらできるのよ」

希「…占いをしたりとかや 真姫「ふふっw」

希「何で笑ったん!?笑われる筋合いないわ!!立派な趣味やっ!!」

真姫「…悪かったわよ」
58: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 17:52:53.69 ID:qaxpUid8.net
にこ「じゃあどうすんのよこのパソコン!?」

希「だからわからん言うてるやん!!委ねんなっつーの!!みんなで考えよう?なぁ?みんな困ってるよみんな!みんな今お

んなじ立場!!なっ?みんなで考えよう!!」

にこ「…じゃあもういいわよ。向こう戻っててよ。真姫ちゃんと二人でやるから」

希「…いや別に手伝うは手伝うんやけど 真姫「いやもういいわよ本当。やるからにこちゃんと。悪かったわね希」

真姫「さてと…」カチカチ

希「いや手伝うから にこ「本当もういいわよ希。だって出来ないのよね。だったら同じだから。それなら二人でやっちゃうか

ら。悪かったわねわざわざ来てもらって」

希「…」

真姫「えっと…ダメねーメモリがないわけじゃないし…」カチカチ

にこ「ちょっと携帯で調べてみるわね」スッスッ

真姫「お願いね。うーん…」カタカタ
59: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 17:56:56.92 ID:qaxpUid8.net
希「… …」ガラッ

にこ「あ、帰るんだ?」

希「えっなにっ?なんなん!?」

真姫「フツーは帰んないでしょ…」

希「えっじゃあもう…えぇっ!?どうすればいいん!?じゃあどうすればいいんっ!?」

にこ「いやいや…」

希「えっだってもういいって言ったやん!!いいって言ったから!!」

真姫「まぁそうね」

希「じゃあ手伝うから手伝う!! にこ真姫「いや、いいっ!!いいっ!! 希「なんでやねんっ!!!」

にこ「なんなのその言い方…」

希「なんでやねん!!手伝う言うてるやん にこ真姫「いや、いいっ!!いいっ!! 希「それやめろやっ!!いい加減にせぇ

よ!!」
60: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 18:03:17.15 ID:qaxpUid8.net
希「どうすればいいねん!?じゃあ!?」

真姫「知らないわよもう…」

希「どうすればいいん!?帰ってもダメ手伝ってもダメ!!ここにいればいいん!?ここにずっと立ってればいいん!?こう

やって!!こうやってずっと!!こうやってしてればいいん!?」

にこ「とりあえずもう二人でやるからっ!!大丈夫だからっ!!…真姫ちゃんやろ」

真姫「ふーっ…」カチカチ

希「…」

にこ「…」スッスッ

真姫「…」カチカチ

希「…」
61: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 18:09:15.61 ID:qaxpUid8.net
希「…あるからなウチやって…罪悪感みたいなもの…」

にこ 真姫「…」カチカチ カタカタ

希「呼ばれて…なんにもできんかったなって…虚無感みたいなのあるんやからな…」

にこ「はぁー…」スッスッ

真姫「知らないわよ…」カチカチ

希「傷ついてるんやからな…自尊心」

にこ「うっさいわねー…」スッスッ

希「あるんやからなウチにだって自尊心は!!あるわっ!!傷ついてるんよ自尊心!!」

真姫「はぁー…」カチカチ

希「ウチの自尊心っ!!傷ついてるんやっ!!あるんやからっ!!自尊心っ!!ウチのっ!!μ'sのメンバーの一人のウチの

自尊心 にこ「うっさいわねー自尊心っ!!」ガタッ
63: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 18:14:40.05 ID:qaxpUid8.net
にこ「おいっ!!自尊心っ!!!」

希「別にウチが自尊心な訳じゃないから。別にμ'sは自尊心を入れて9人な訳じゃないからっ」

にこ「もーっみんなイライラしてるからっ!!邪魔だけしないでよっ!!真姫ちゃん早くやろっ」

真姫「もう!!何なのよこれぇ!!」ガンガンッ

にこ「ちょっと何やってんのよ!?私のパソコンなのよ!!」

真姫「直らないんだからしょうがないじゃない!!」

にこ「ぶっ飛ばすわよあんた!!

真姫「そっちがこんなポンコツ持ってくるのが悪いんでしょー!!」

希「まぁまぁにこっち、真姫ちゃん、喧嘩はやめぇや…」

にこ「そういうのはやんのね」

希「ちょちょ何それ!?何それ!?やるやろっ!!喧嘩してたら止めるやろ!!」
64: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 18:19:45.52 ID:qaxpUid8.net
にこ「まぁまぁにこっち、真姫ちゃんww 希「やめぇや!!するやろそれくらいは!!それを一番するのがウチやっ!!μ's

でそれを一番するのがウチやろっ!!結成前からずっとエリチと穂乃果ちゃんに対してやってるんやから!!ベテランや!!



真姫「どういうことよ…」

希「じゃあどうすればいいん!?喧嘩を止めるのもダメか!!何もできへんねじゃあねっ!!帰ってもダメ手伝ってもダメ!

!まぁまぁもダメなんかーっ!!」

にこ「うっさいわねーっ!!座りなさいよあんた!!」

希「じゃあ正解を教えてくれや正解を!!どうすればいいんよじゃあ!?正解を教えてくれや!!」

真姫「知らないわようるさいわねもうっ!! にこ「何なのよ一体!! 真姫「本当うるさいのよドタバタドタバタ にこ「いい

加減にしなさいよもう!!!」

希「ちょちょちょ、本当に」

にこ「はぁ?」

希「あんまり騒ぐと生徒会に苦情いっちゃうから」

真姫「…」
65: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 18:26:36.37 ID:qaxpUid8.net
希「あんまりうるさいと来ちゃう携帯に。現場の副会長です、ってなっちゃうから。それはもうやめて騒ぐんは」

にこ「何なのよ現場の副会長って。言うのそれ本当に?現場の副会長ですって?本当に言うのそれ?本当に?」

希「なんやねんっ!!言ってもいいやろそれくらいはっ!!」

真姫「いちいち笑いとりにいってんじゃないわよ、うっとうしいわね」

希「ちょやめぇやっ!!いじんなやウチのことっ!!そういうキャラじゃないんやからっ!!」

にこ「何なのよもう~」

希「現場の副会長ですもダメなん!?帰ってもダメ手伝ってもダメ、まぁまぁもダメで現場の副会長ですもダメなんかっ!!

何にもできへんねじゃあねぇ!!」

にこ「動きうるさいわぁー…」

希「何にもできへんやん!!」

真姫「関西弁しゃべってキャラ作ってる割には中途半端にかわいこぶって標準語混ざってるし…」
67: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 18:32:58.71 ID:qaxpUid8.net
希「別にかわいこぶってる訳じゃないわっ!!自然とこうなったんや!!キャラ作るのもダメかー!!帰ってもダメ手伝ってもダメまぁまぁもダメ現場の副会長もダメキャラ作るのもダメなんかっ!!何にもできないわ!!正解を教えてくれや正解を!!」

にこ「うっさいのよ動きが!!動きでかいのよ!!分かったから!!」

希「手伝うから…手伝うからぁっ!!」

にこ「直せないでしょだってっ!!」

希「直せるもんっ!!直せるもーんっ…!!」

にこ「直せんのっ!?」

希「直すよっ!!しんどいもんずっと立ってんのここに!!ただただ!!ただただずっと立ってんの!!帰ってもダメ手伝っ

てもダメまぁまぁもダメ現場の副会長もダメキャラ作るのもダメでずっと立ってんの…」

真姫「すぐ言うわねそれ…」

希「結果!!結果ただ立ってるだけ!!結果っ!!」

にこ「結果いいわよっ!!直せんの本当に!?」
68: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 18:39:14.84 ID:qaxpUid8.net
希「直すよっ!!」

にこ「じゃあ直しなさいよっ!!!」


希「…ありがと。ありがとね」トスッ

にこ「ちょっとありがとうって何なのよありがとうって!?」

希「なんやねんもうーっ!!手伝わせてくれてありがとうのありがとうやろっ!?」

にこ「ありがとうはこっちが言うのよっ!!」


希「なんなんよ…もうっ…はぁっ…あぁっ…」シクシク

にこ「ちょ…泣くんじゃないわよっ」
69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 18:44:11.66 ID:qaxpUid8.net
真姫「あんたね、子供じゃないんだからがーって言われて泣かないのっ」

希「はぁーっ…あーっ…」ワシワシ

真姫「ちょちょちょ、何すんのよどさくさに紛れてっ!!」

希「ツンデレ二人が…ツンデレ二人が…」

にこ「ちょ何してんの何してんの!!やめなさいよもう!!」

希「はぁー…あぁーっ…」ワシワシ

にこ「何してんの何してんのやめなさいよっそれやめなさいよっ!!怖いわよあんたっ!!」

希「手伝うからぁ…」

にこ「分かったわよもうっ!!」

希「しんどいもんだって…全部ダメで…」

希 にこ 真姫「帰ってもダメ、手伝ってもダメ、まぁまぁもダメ、現場の副会長もダメ、キャラ作るのもダメ…」

にこ「もう覚えちゃったわよ…」
70: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 18:51:06.99 ID:qaxpUid8.net
真姫「いいからとっとと直しなさいよっ!!」

にこ「直しなさいよ希!!」

希「あぁっー…あぁっー…!!」シクシク

にこ「分かったからどうしたのよもう…号泣じゃないの…」

希「直すから…」

にこ「分かったから…ありがとね。じゃあ直してくれる?」

希「直す…」チラ

真姫「!ちょちょちょ待って待って!おかしいおかしい!!」

にこ「どうしたのよ?」

真姫「私のこと一瞥したっ!!冷たい目で急にっ!!」

にこ「一瞥…?いやまあいいから…直してもらおう?ね?」

希「…」ワシッ

真姫「あぅっ!!それやめなさいっていってるでしょ!!」
71: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 19:01:45.88 ID:qaxpUid8.net
にこ「ワシワシは良くないわよ希?ねっ?直してくれるのね?」

希「直す…」

にこ「ありがとね!じゃあ頼むから」

希「…」チラ

真姫「ちょちょちょちょ現行犯!!現行犯!!今一瞥したっ!!確実にやったわよこの人!!」

希「…」ワシワシワシワシ

真姫「あっやめっやめなさいっ!!ごめんごめんっ!!もう言わないからっ!!」

希「直すから…直すから…」

にこ「まぁまぁ真姫ちゃんも大目に見て…ホント希頼むわよ!!」

希「直す…頼む…頼む」
72: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 19:05:58.92 ID:qaxpUid8.net
にこ「頼むって何よあんた!?こっちが頼んでんだかんねっ!?」

希「…」

にこ「ちょなんなのよあんた…直してよ本当!?」

希「…」シッシッ

にこ「シッシッってやんじゃないわよあんた!希ホント直しなさいよ!?」

希「直す」

にこ「じゃあ本当頼むから…」
74: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 19:09:38.67 ID:qaxpUid8.net
希「…」カチカチ

希「…」ポロ

真姫「ん、何かポケットから落ちたわよ」

希「…?」ピラ

死神のカード

希「あー…カードがウチに直せないって、そう言うんや」

にこ 真姫「いいから直せよっ!!!」


おわり
78: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 21:21:12.89 ID:qaxpUid8.net
●穂乃果「旅行」


穂乃果「いい旅館で良かったねー!」

海未「パンフレットの写真で見るより素敵ですね!」

ことり「見て!オーシャンビューだよ~!」

海未「えっ…!?これはっ…オーシャンビューじゃないですかぁっ!!」

ことり「穂乃果ちゃん!オーシャンビューだよっ」

穂乃果「ちょっと待ってー!カメラどこしまったっけー?」

海未「カメラなんていいから見て下さいよ!オーシャンビュー・ホノカ!」

穂乃果「リングネームみたいになってるよ!!」

ことり「ほら早く早くっ!」ギュ
79: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 21:26:45.07 ID:qaxpUid8.net
穂乃果「うわー!本当に綺麗だねー!!」

海未「サマーウィーーーーッ!!!」

ことり「来てよかったね~」

穂乃果「三人だけで旅行なんて久しぶりだもんねー!」

海未「素敵な思い出を…たくさん作りましょうね…!!」

穂乃果「…ふふっwっw」

海未「ちょ、どうして笑うんですか穂乃果っ!!」

穂乃果「ごめんごめーん!!作ろう!素敵な思い出をたくさん作っちゃおう!!」

海未「作っちゃいましょう穂乃果!!」

穂乃果「うんっ!海未ちゃん!!あーっ!何か穂乃果もう楽しくなってきちゃった!!」

ことり「穂乃果ちゃんが一番楽しみにしてたもんね~!」
81: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 21:31:31.01 ID:qaxpUid8.net
海未「そういえば穂乃果、この旅館の露天風呂も凄いらしいですよ?」

穂乃果「本当!?穂乃果ちょっと見てくるっ!!イエーイッ!!!」ダッ


海未「穂乃果ったら…一人で走って行っちゃいました」

ことり「穂乃果ちゃんが楽しそうで良かった~」

海未「ことり…」

ことり「うん?」


海未「アイシテル、バンザーイ…♪」

ことり「…!」

海未「ココデヨカッタ…ワタシタチノイマガココニアル…♪」

ことり「…」
82: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 21:35:32.12 ID:qaxpUid8.net
海未「不思議です…今のこの気持。夏の暑さが私の心に羽根をくれたみたいです…」

ことり「…」

海未「ずっと前から、うーんと前から言いたかったこの言葉…今なら言えます…!!」

海未「さぁーっ大好きだバンザーイ♪負けない勇気♪私たちは今を楽しもうー♪」

海未「ことり…あなたが好きです!付き合って下さい!!」

ことり「無理無理無理無理っ!!」


海未「え…無理?」

ことり「無理」コクッ


海未「…わっかりましたー」

ことり「…」
83: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 21:40:01.41 ID:qaxpUid8.net
穂乃果「イエ~イッ!!ことりちゃん!!海未ちゃん!!今ちょっと見てきたんだけどさぁー!!ここの旅館の女将さん希ちゃんとそっくりなの!!見に行こうよ!!本当そっくりなんだから!! 海未「いつまで旅行気分ではしゃいでるんですかぁー!!!」


穂乃果「いやっ…旅行でしょ…」

ことり「…」

穂乃果「何かあったの…?」

ことり「海未ちゃんが告白してきて…ことりがふったの…」

穂乃果「!海未ちゃん告白したの…?」

海未「真夏のせいなんです…」

穂乃果「何ひとのせいにしてんの…?」

ことり「夏の暑さが私の心に羽根をくれたんだって」

穂乃果「うわっ…」
85: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 21:46:08.91 ID:qaxpUid8.net
海未「何でバラすんですか!?ことり、あなたは最低です!!」パシッ

ことり「ちょ、やめてよっ!!」ピシッ

海未「ことりが言わずに悔やむより勇気出そうなんて言うから出したんじゃないですかっ!!!」

ことり「アレ別に海未ちゃんへのメッセージじゃないよっ!!!」

穂乃果「ちょちょ、やめてよっ!!さっきまであんなに仲良くやってたのに…どうしちゃったの!?」

ことり「海未ちゃんが告白なんてしてくるからだよっ!!」ピシッ

海未「ことりがふるからいけないんですっ!!」
86: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 21:50:56.92 ID:qaxpUid8.net
穂乃果「もうやめてーっ!!!」

穂乃果「叩いたりとかしたら痛いでしょー!!痛いでしょー!!」ピシッピシッ

ことり「チュン///」

穂乃果「海未ちゃんも!!なに告白なんてしてるのっ!?初日に告白しないでよっ!!三泊あるんだよっ!!!気まずいでしょー!!!」

海未「それはっ…」

ことり「ハァハァ///」

穂乃果「なに嬉しそうにしてんのっ!?」

穂乃果「あのね、穂乃果はこの旅行を楽しみに来たの!!この旅行中は絶対に仲良くふるまってもらうからね!!分かったっ!?」

海未 ことり「…」
87: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 21:56:53.48 ID:qaxpUid8.net
穂乃果「よぉーしっ!!トランプしよう!!旅行って言ったらトランプでしょ!!ババ抜きだよ!!ほらカード拾って拾って!!」バッバッ

海未「…」ヒロイ

ことり「…」ヒロイ

穂乃果「ことりちゃんからだよ!!早くしてよ!!」

ことり「…」ヒョイ

ことり「ちょっとババじゃないっ!!」バシッ

海未「いった!何するんですかっ!!」

穂乃果「ちょちょいちいち喧嘩しないでよっ!!」

ことり「海未ちゃんがババを引かれても全く表情を変えないということはババ抜きに全然集中してないっていう証拠!!これはどうなの穂乃果ちゃん!!」

穂乃果「海未ちゃん!!」

海未「知りませんよもう!!」
88: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 22:03:18.04 ID:qaxpUid8.net
穂乃果「仲良くやってよー!!」

海未「やっぱり無理ですよこんなの…!!」

穂乃果「じゃあもう…三人で歌おう…歌ったらテンション上がるから…!歌おう!!」

海未「ふられて歌うことは出来ませんっ!!」

穂乃果「ことりちゃんふったんだから歌えるでしょ…」

ことり「あ・れ・れー?友達なのに~♪むだに告白へ・ん・な・の 穂乃果「ぶふっwwww」

海未「じょーだんじゃありませんっ!!ううぅ…」シクシク

穂乃果「ちょっとことりちゃん何泣かせてるの!?いい加減にしてよっ!!!」パァン
90: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 22:08:49.15 ID:qaxpUid8.net
ことり「穂乃果ちゃんだって笑ってたくせに!穂乃果ちゃんことりのこと全然分かってくれてない!!ことりが海未ちゃんをふったのだって穂乃果ちゃんのせいなんだから!!」

穂乃果「どういうこと!?何で穂乃果が関係あるわけ!?」


ことり「ワンダーゾーン…♪キミニ、ヨバレタヨ~ハシッテキタヨ~♪」

ことり「あのね穂乃果ちゃん…ことりが好きなのは穂乃果ちゃんなの…ことりと穂乃果ちゃんで、熱い喜びをまねくミライ一緒に感じよう?穂乃果ちゃんが好きです!!付き合って下さい!!」

穂乃果「えっ…む、無理だよそんなの…」

ことり「どうしてっ!?」
91: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 22:13:53.20 ID:qaxpUid8.net
穂乃果「だって穂乃果が好きなのは…海未ちゃんだから!!愛は太陽~♪大きな太陽~♪」

海未「…え?」


ことり「はぁ…じゃあもう…」

穂乃果「三人で付き合っちゃおっか?」

海未「そうしましょう!!」


おわり
95: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 17:12:05.94 ID:FGoS14VM.net
●穂乃果「転ばないにこちゃん」

部室

にこ「…」

凛「おっつかれさまにゃーっ!」ガチャ

にこ「ああ、凛。lily whiteはもう練習終わり?」

凛「いや、海未ちゃんの指導がキツ過ぎるから逃げてきたにゃー!」

にこ「そうなのっ!?じゃあせめてもっと後ろめたそうに入ってきたら!?」

凛「?そうかな?」

にこ「いやそうよ!逃げてきたにゃー!じゃないわよ!」

凛「そっか!」

にこ「…ったく」
96: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 17:17:28.04 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「おっつかれさまでーすっ!」ガチャ

凛「穂乃果ちゃん!」

にこ「ああ、穂乃果」

穂乃果「いやーランニングきつくて逃げて来ちゃったよーっ!」

にこ「ちょ、何であんたは自分から言っちゃってんのよ!」

穂乃果「花陽ちゃんが今度は5kgは絞るとか言って張り切っちゃっててさー!」

にこ「あっそ…」

穂乃果「あ、そうだにこちゃん!この前二人で出した会場の費用3000円、部費でおりたから二人で分けようよ!500円ある?」

にこ「ん…今ちょっと細かいのないわね」
97: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 17:23:52.00 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「本当ー?あっじゃあ…」ピラピラ

穂乃果「ジャンケンで勝ったほうが2000円、負けたほうが1000円ってことにしよっか!?」

にこ「あー、そういうのやっちゃう?」

穂乃果「やっちゃおっか!?」

にこ「絶対に勝ちたいわねっ!」

穂乃果「おっ!にこちゃんもそう来た!?」

にこ「そりゃそうでしょうよ!!」


凛「それ、凛も参加していい?」

にこ「何でよっ!?関係ないでしょあんた!?」

凛「え?だって凛もやりたいから…」

にこ「ダメよっ!!」
98: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 17:29:13.93 ID:FGoS14VM.net
凛「そんな…じゃあ3人で均等に1000円ずつ分ける?」

にこ「一番意味分かんないわよっ!!あんたと均等に分ける必要がないのよ!!」

凛「わかったよ…じゃあジャンケンでいいよ」

にこ「いやダメだって言ってんの!ダメだよ!!」

穂乃果「凛ちゃん!ここは諦めて!」

にこ「諦めなさいよ!!」

凛「お願いお願いお願いお願い!!」

にこ「あんた関係ないでしょって!!」

凛「お願いお願いお願いにゃーっ!!」
100: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 17:36:37.95 ID:FGoS14VM.net
にこ「しっつこいわねー!なんなのよあんた!?ダメよ!あんたの金一銭も入ってないんだからっ!!」

凛「いやお願いしますにゃー!穂乃果ちゃんからも言ってやって!」

穂乃果「いや穂乃果もそっちの立場じゃないからっ!!無理だよ凛ちゃん!!」

にこ「ホントなんなのあんたー 凛「最初はグー、ジャンケン…」

凛 にこ 穂乃果「ポン!!」

凛「おーっ!!」パー

にこ「あーっ!!」チョキ

穂乃果「えーっ!!ちょっと凛ちゃんが入ってこなかったら穂乃果フツーに勝ってたんだけど!!」グー

にこ「あぶないあぶなーいっ…」

凛「これすっごくドキドキするねー!」
101: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 17:41:27.70 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「ちょっと凛ちゃん 凛「最初はグー、ジャンケン…」

凛 にこ 穂乃果「ポン!!」

穂乃果「よしっ!!よしっ!!」チョキ

にこ「なによもうーっ」パー

凛「あーっ」パー

穂乃果「じゃあごめんねにこちゃん!2000円、もらっちゃいまーすっ!!」

にこ「うわー持ってかれたわよ…」


凛「じゃあにこちゃん、この1000円かけて二人でジャンケンだね…!」

にこ「いやこれはもうにこのでいいでしょ!!」

凛「にこちゃん、それは今更ないにゃー!」
102: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 17:48:58.11 ID:FGoS14VM.net
にこ「いや良いでしょ 穂乃果「確かにこれはやったほうがいいよにこちゃん!」

にこ「ちょっと勝ったからって何よあんた!!」

穂乃果「いや一応!一応やったほうがいいよにこちゃん!」

にこ「もう損してるわよにこ、1000円!」

凛「いや損したのは500円だにゃ」

にこ「うっさいわねあんたはっ!なに本物でも突っ込まれてなかったこと突っ込んできてんのよ!!」

凛「?とにかく一回やろっ!ねっ?一回!」

にこ「わかったわよもう…絶対負けないわよ!ここで負けたら意味分かんないわよ!」

穂乃果「そうだよ!絶対負けないでよにこちゃん!」

にこ「う、うん…」
103: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 17:54:06.72 ID:FGoS14VM.net
凛「じゃあいくよーっ!最初はグー、ジャンケン…」

凛 にこ「ポン!」

凛「あっ…」グー

にこ「よしっ!よーっしよしよし!!良かった1000円は返ってきたーっ!!はっはっは!はぁー…」パー

凛「…」

穂乃果「…」

にこ「…」

凛「…」

穂乃果「…」


にこ「…え、何?」

穂乃果「…いやいやいやいやなんでもないよ」
105: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 17:59:49.15 ID:FGoS14VM.net
にこ「何か今凄い雰囲気おかしくなかった…?」

穂乃果「いやいや、大丈夫だよ大丈夫」

にこ「いいのよねぇ!?」

穂乃果「…」

にこ「…」

穂乃果「…うん」

にこ「えっなんなのよ!?なんなのよ!?」

穂乃果「いやいやいや大丈夫だよ。全然いいんだよ!全然いいんだけど…単純に、今はにこちゃんが負けてたほうが盛り上がったのかなーと思っただけだよ…」


にこ「なにっ!?にこ今責められてんの!?」
106: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 18:07:07.76 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「いやいやそんなつもりないよっ!?」

にこ「え…ダメ!?」

穂乃果「ダメじゃないよ全然!?ダメじゃないんだけど…負けてたほうが盛り上がってたなっていう…それだけの…」

にこ「何その言い方!?何かにこが盛り下げたみたいな!?」

穂乃果「いやそんなことないよっ!?もう勝ったんだからもらって?1000円」

にこ「もらいづらいわよっ!!」

穂乃果「いやでも勝ったんだから…え、穂乃果達そんな変な空気にしてた…?」

にこ「いやしてたっ!!してたわよ!!凄かったわよ!!ジャンケンで勝ったから、よしっと思ってパッとそっち見たら…ドえらいことになってたんだから…」

穂乃果「ドえらいことになってた…?」
107: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 18:12:31.74 ID:FGoS14VM.net
にこ「別世界だったわよ…」

穂乃果「いやそんな大したことではないよ…ただ、ああーと思っただけで…」

にこ「ああーって何よ!?」

穂乃果「いやああー にこ「ああーって何よっ!?」

穂乃果「もう勝ったんだからもらって?ね?もういいから、ね?」

にこ「いいのよねぇ!?」

穂乃果「うん。もう穂乃果たちが変な感じにしちゃっただけだから」

にこ「じゃあもらうわよ…」

穂乃果「ただ負けてたほうが にこ「だからそれやめなさいよっ!!」

穂乃果「この場は… にこ「なんなのよそれっ!!やめなさいっ!!」
108: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 18:17:28.85 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「ごめん…」

にこ「なんなのよ、どうすんのよ…」


凛「じゃあ…もっかいやるかにゃ…?」


にこ「…やろっか、ちょっと」

穂乃果「そうだね!何か気持ち悪い感じになっちゃったもんね!」

にこ「たしかに…何か変な感じになっちゃってるからね!」

穂乃果「スッキリさせよう!」

にこ「スッキリさせるわよ!」

穂乃果「スッキリさせよう!」
109: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 18:22:31.35 ID:FGoS14VM.net
にこ「凛!もっかいやるわよ!」

凛「いいのっ?」

にこ「いいわよ!やるわよ!」

穂乃果「次はファイトだよにこちゃん!」

にこ「う、うん…」

凛「じゃあいくよー…最初はぐー、ジャンケン…」

凛 にこ「ポン!」


にこ「ああっー負けたーっ!!…」パー

凛「…」チョキ
110: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 18:30:46.61 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「いや今は勝ったほうが良かったでしょ」

にこ「はぁっ!?でもさっき…負けろって…」

穂乃果「いやもう状況違うから…」

にこ「違うっ!?」

穂乃果「違うよ…」

にこ「違うとっ!?」

穂乃果「違うよ!今はまたにこちゃんが勝って、何でまた勝っちゃうのさー、の流れだったのに…」

にこ「知らないわよあんたの望む流れとか!」

凛「じゃあ、1000円もらっちゃうにゃ にこ「ダメよっ!!待ってなさいよあんたは!!流れ違うって言われてんのよ!!」

凛「…」シュン
111: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 18:36:34.41 ID:FGoS14VM.net
にこ「いや流れとか言われてもよ?ジャンケンだからこんなの運でしょ」

穂乃果「だからその…運がないんだよね?」


にこ「えっ…なになにどういうこと?」

穂乃果「んーその…面白い方に転ばない…っていう」

にこ「おーいっ!!なによなによ何か話がでかくなってない!?あれっ!?にこが面白くないとかそういうこと!?」

穂乃果「いや面白くないとは言ってないよ!?ただ、面白い方に転ばないなって にこ「一緒じゃないのよ!!」

凛「まぁまぁまぁまぁ、もういいじゃないかにゃ? にこ「よくないわよっ!!黙ってなさいあんたはっ!!」

凛「…」シュン

にこ「一番よくないわよっ!!だからどういうことなのよ穂乃果っ!?」
112: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 18:42:26.45 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「でもそういうこと多いじゃないにこちゃんって?多くない?」

にこ「え?」

穂乃果「ほらこの前もさ、花陽ちゃんが持ってきたミニカラオケセットで皆で歌って遊んでたじゃん?あーことりちゃん90点だ海未ちゃん92点だってやってたじゃん?」

にこ「うん」

穂乃果「で、にこちゃんの番になって、電池切れたじゃない?」

にこ「…」

穂乃果「あの盛り下がり方…」

にこ「いや、あれだって違うじゃない?あれはだって本来はにこの番の時に希が割り込んで来たじゃない?それで希が歌っちゃったから、にこがその次になっちゃったのよ」

穂乃果「うんうん」

にこ「だからたまたま、にこの時に電池切れちゃったってことだから」
113: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 18:47:26.68 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「うん…だから運がないんだよね?」

にこ「ああーそう!?そうなるんですか!?」

穂乃果「しかも後で花陽ちゃんに聞いたらあの後普通に動いたらしいよ?カラオケセット」

にこ「え…?」

穂乃果「電池の問題じゃなかったんだって」

にこ「電池じゃない…?」


穂乃果「あっ怖っ!!怖い怖い!!」

にこ「怖くない!別に怖くはないわよ!!」

穂乃果「色々考えたらもう怖いっ!!にこちゃん怖いっ!!」フルフル
114: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 18:53:12.65 ID:FGoS14VM.net
にこ「そんな顔しないっ!!」

穂乃果「いや怖いよ!!」

にこ「おいでっ!!」バッ

穂乃果「いやいやいやいやっ!!」

にこ「なーんでちょっと待ちなさいよ!!」

穂乃果「いや…もう、怖い!」

にこ「言っとくけどねぇ!にこだって面白い方に転ぶ時あるわよ!?見てないだけで!」

穂乃果「本当!?」

にこ「本当よ!この前だってさぁ、家でお腹すいちゃったからね?ママにお菓子ちょうだいって言ったのよ。そしたらさぁ 救急車「ピーポーピーポーピーポーピーポーピー…
116: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 19:03:03.59 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「…」

にこ「…」


穂乃果「…チョーついてないね…ふふっっw」

にこ「しょうがないわよ…しょうがないでしょ」

穂乃果「いやー、今のは…うわーww」

にこ「しょうがないわよ通っちゃったのは!!しょうがないじゃないのよ!!」

穂乃果「いやでもこういうことも本当多いよね!?」

にこ「んー…」
117: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 19:08:52.12 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「ねぇ?多いよね?」

にこ「多いっ!」

穂乃果「ねぇ?結構あるよね?」

にこ「結構あーるっ!」

穂乃果「ねぇ?てかしょっちゅうあるよね?」

にこ「しょっちゅうあーるっ!」

穂乃果「頻繁だよね!?」

にこ「うーん、頻繁っ!!」


穂乃果「なんなのその言い方wwちょっと面白いねっww!!」

にこ「面白い?じゃあいいじゃないのよ!」
118: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 19:14:24.83 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「じゃあいいじゃないのよじゃなくて、さっきの話なんだったの結局?」

にこ「いや、あれはだから、お菓子って言ったのに…お箸持って来ちゃったの」


穂乃果「…うん」

にこ「おうっ!?うんじゃないわよ!!それはおかしい!!それは良くないわよあんた!!もうちょっと何かあるでしょうよそれは間違いよあんたの!!」

穂乃果「いやだってもう間があきすぎちゃってるから…」

にこ「それはまぁ…」

穂乃果「だからいいじゃないもう?面白くないとは言ってないよ?面白い方に転ばないなって言ってるだけ。良いところでサイレンなっちゃう人だなって言ってるだけだもん」

にこ「んー…」
119: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 19:20:09.70 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「アイドル研究部始めても部員がいなくなっちゃう人だなって言ってるだけだもん」

にこ「ちょいちょいちょいちょいその話蒸し返すの!?それ今関係ないでしょーよ!?」

穂乃果「だってにこちゃん本当多いでしょそういうこと?」

にこ「まぁ…多いっ!」

穂乃果「結構あるよね?」

にこ「結構あーるっ!」

穂乃果「しょっちゅうあるよね?」

にこ「しょっちゅうあーるっ!」

穂乃果「頻繁だよね?」

にこ「うーん 救急車「ピーポーピーポーピーポーピーポーピー…

穂乃果「えええぇーっ!!?えええぇーっ!!?」
121: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 19:26:44.75 ID:FGoS14VM.net
にこ「違う…これは違う…」

穂乃果「さっきできた面白いやつが!?できたての面白いやつがっ!?」

にこ「違う…言わないで…」

穂乃果「うわぁー…えぇーっ!?何あれー!?」

にこ「言わないでって!」

穂乃果「うわっ怖い!!もう怖い本当怖い!!」

にこ「怖くない!!本当おいでっ!?」

穂乃果「いや無理っ!ホント無理っ!!」

にこ「怖くないって!本当大丈夫!ほら大丈夫だった!」ギュ

穂乃果「ほら大丈夫だったじゃないよっ!」バッ
122: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 19:31:37.75 ID:FGoS14VM.net
にこ「じゃあもうーわかったわよ!にこが今!今よ?今面白く転ぶところを穂乃果に見せるっ!」

穂乃果「どうやって?」

にこ「いや何かゲームやってさ?負けたほうが罰ゲームとして校庭で水着姿でにこぷり女子道を 穂乃果「やだよっ!!穂乃果負けたら最悪だよっ!!」

にこ「いや大丈夫」

穂乃果「いや勝つでしょ!にこちゃん勝つでしょそういう時絶対!」

にこ「いや大丈夫!面白い方に転ぶからっ!」

穂乃果「転んだことないじゃんにこちゃん!勝手にやってよそれだったら!」

にこ「え?」
123: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 19:36:28.15 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「いやゲームとかなしに勝手に!」

にこ「勝手ににこ水着姿でにこぷり歌うの!?」

穂乃果「うん!」

にこ「もう…やるっ!」

穂乃果「やるのっ!?」

にこ「やっちゃう!もうやっちゃう!」

穂乃果「本当!?超面白いよそれ!?」

にこ「校庭でさ!急に水着になってさ!にこぷり歌っちゃう!!フルコーラスで!!」

穂乃果「チョー盛り上がるよそれ!!みんな呼んでこよっ!!」

にこ「おーっ!呼んでこよ呼んで 凛「うわあああぁぁーーーぁぁあああんっ!!!」
124: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 19:42:08.56 ID:FGoS14VM.net
穂乃果「え…」

にこ「凛…?」

凛「酷いにゃ!!酷いにゃ酷いにゃ酷いにゃ!!二人共!!凛、待ってろって言われたからずぅーっと待ってたんだよ!?それなのにずっとほったらかしにして…!!意味分かんない話ししてっ!!凛のことなんて忘れてたんでしょ!?酷いにゃ酷いにゃ酷いにゃ!!」


にこ「いやっ…」

穂乃果「あの、凛ちゃん…?これからにこちゃんが水着でにこぷりを…」

凛「そんなのどうでもいいよっ!!どうせ凛は忘れられた存在なんだにゃ!!もう知らないから二人のことなんて!!!」


にこ「あの…凛、ほら1000円もらっていいから…」

凛「いらないよ1000円なんてっ!!凛は二人と遊びたかっただけだもんっ!!!本当に貰うつもりなんてなかったよっ!!!」

穂乃果「凛ちゃんごめん…」
125: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 19:45:15.27 ID:FGoS14VM.net
凛「もういいよっ!!練習戻るからっ!!!」ダッ


にこ「…」

穂乃果「…」

にこ「あの…水着でにこぷり 穂乃果「もういいでしょ」


おわり
130: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:12:44.58 ID:FGoS14VM.net
●真姫「ご飯の誘い」


部室

海未「今回の曲、ようやく様になってきましたね」

真姫「そうねぇ、中々難しい曲になっちゃったわね」

絵里「あーもう8時だわ」

真姫「本当ね。あ、エリー。ご飯食べに行かない?」

絵里「そうね。流石に私もお腹すいたわー」

真姫「私も。熱中して練習してたからね」

絵里「そうねー。特にサビのところとか難しかったものね」

真姫「本当本当。指がもつれちゃうのよね」

絵里「指がっ!?何の話!?」
131: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:17:14.07 ID:FGoS14VM.net
真姫「で、何食べる?」

絵里「あ!希に教えてもらった美味しい焼肉屋さんがあるのよ!そこに行きましょう!」

真姫「焼き肉?私あんまり焼き肉って行ったことないのよね」

海未「希が教えてくれた店なら私も行ったことがありますが、美味しかったですよ」

真姫「そうなの?じゃあそこにしましょうか」

絵里「じゃあ決定ね!あっ、海未もう出れる?今日私たちが最後だから部室の鍵をしめないと…」

海未「はい。出れますよ」

絵里「よし、じゃあ行きましょうか!」

真姫「ええ」


海未「…すみません」

真姫「ん?」

海未「その焼き肉って…私は誘われてるんでしょうか…?」
133: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:22:43.04 ID:FGoS14VM.net
真姫「…」

絵里「…」

海未「いやっあのっ…どちらか分からない感じだったので…誘われてるのでしたら行きたいですし…誘われてないのでしたら…アレですし…」

真姫「海未も来る? 海未「ああっ誘われてなかったんですね!?そうですかそうですか!!」

絵里「いやいやいやっ!そんなことないでしょ!誘ってたわよねぇ!?」

海未「いやいいんですいいんです!私はもうひとりで…そうめん茹でますんで…」

絵里「えっどうして!?来ればいいじゃない!!」

海未「いやいいですよ…誘われてなかったのですから…」

絵里「いやだから誘ってたのよ!海未のことも!」

海未「だって私が言ってから誘ってきたじゃないですか!」

絵里「それは海未がああやって聞き直すからそういう感じになっちゃっただけよ!」


海未「そうなんですか…?じゃあ私は誘われてたんですか…?」
134: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:29:14.00 ID:FGoS14VM.net
絵里「そりゃそうでしょう!皆一緒にいたんだから!三人で行こうってそういう話じゃない!ねぇ?」

真姫「まぁ…」


海未「ふぅー…でしたら…もっと分かるように誘ってくださいよーっ!!」

絵里「ど…どうしたのよ大声出して…」

真姫「意味分かんない…」

海未「本当怖かったんですからね…」

絵里「な、何が…?」

海未「どっちかわからないんですよっ!!誘われてるのか!!誘われてないのか!!穂乃果だったら絶対そういうふうにはしないですっ!!」

海未「穂乃果なら…ことりちゃん、海未ちゃん、ご飯食べに行こうって、そう言ってくれます!!それなのにあなた達はっ!!」

絵里「な…何勝手に追い詰められてるの…?」

海未「色々考えました…誘われてるつもりでついていってしまおうか…当たり前の顔をしてついていってしまおうか!!でも誘われてなかったらどう思われますか!?」

海未「…うわ誘ってないのについてきたわよ…えっどういう神経通わしてんの…?ってなるでしょう!!最低ですねあなた達は!!」

絵里「発想がネガティブすぎるわよ…」
135: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:34:43.64 ID:FGoS14VM.net
海未「残された選択肢はひとつでしたよ…勇気を出して聞くしかないでしょうっ!?勇気のReason!!このReasonが私の中でどれだけ激しいか分かりますかっ!!」

絵里「何よReasonって…」

真姫「作詞する人ってそうやって奇抜な歌詞を思いついたりするのかしらね…結局海未は何が言いたいワケ?」

海未「ちゃんと誘って下さい…人を誘う時は…ちゃんと正式に誘って下さい…」

絵里「正式にって…まあでもそれでいいのね?もう行きましょ」

真姫「ええ。全くメンドーな人!」


海未「正式に誘い直して貰ってもいいですか…」トスッ

絵里「もういいでしょう…」

真姫「海未…ご飯食べに行かない?」

海未「…はいっ」

絵里「2秒で済んだじゃない!たったこれだけのやりとりに時間かけすぎなのよ!」
136: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:42:54.60 ID:FGoS14VM.net
海未「しょうがないことです…真姫が私には直接誘ってこなかったんですからっ!誰だってああなりますよ!」

絵里「なんないわよ!海未だけよそんな細かいこと気にするの!」


真姫「私は別にどっちでも良かったんだけどねー」クルクル

絵里「えっ…?」

真姫「どっちでも良かったの」

海未「何がですか…?」

真姫「海未が」

海未「…なんですって…!?」

絵里「真姫、どういうこと?」

真姫「私はどっちでも良かったから海未のことは特に誘わなかったの。エリーが最初から誘ってたみたいに言うから話がこじれたんじゃない」クルクル
137: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:47:47.74 ID:FGoS14VM.net
絵里「えっ…私が悪いの…?だって私…最初から三人で行くと思ってたから…」

真姫「は?勝手に決めないでくれるー?意味分かんない!」

絵里「じゃあそう言えばいいじゃない!絵里だけご飯行こうって!海未はどっちでもいいけど絵里だけ 海未「ちょ一旦それ置いといてもらっていいですか!?」

海未「真姫…どっちでも良かったっていう件についてなんですが…!!詳しく聞かせていただけませんかっ!?」


真姫「海未が来ても来なくても、本当どっちでも良かったのよ。本当に。だから誘わなかったのよ」

海未「一番傷つきますよっ!!何ですか!?私は真姫にとってそういう存在なんですかっ!?どっちでもいいから誘わなかったって…どっちでもいいならせめて誘って下さいっ!!」

真姫「だからどっちでも良かったから誘わなかったって言ってるでしょー!」

絵里「まっぷたつね…」
138: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:54:06.73 ID:FGoS14VM.net
海未「私はもう行けないです…答えは出ました…」

絵里「えっなんで?結局こないの海未…?」

真姫「私はどっちでもいいわよ 海未「おいでよって何故言えないんですかっ!?」

真姫「じゃあ来なさいよ 海未「じゃあって何なんですか!?じゃあって!?」

絵里「もう…!全然焼き肉行けないじゃない!!」

海未「もういいです!!二人で行ってきて下さい!!二人で行って私の体型の話題で盛り上がればいいじゃないですかっ!!」

絵里「そんな卑屈にならないでよ…」

海未「だって二人で行くのがベストなんでしょう!?絵里と真姫の本物おっぱいコンビでっ!!」

絵里「なんなのよ本物って!?」

海未「早く行ってきてくださいよ!!あーあっ!!お肉が欲しいっ!!」ガッ

絵里「じゃあ来なさいよっ!!なんなのよ海未っ!!」

海未「早く行って下さい!本物コンビ!!」
139: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 23:59:23.19 ID:FGoS14VM.net
絵里「ちょっと真姫…あなた何でどっちでもいいとか言ったのよ!?」

真姫「私は一人でご飯食べたくなかっただけよ…別に海未と二人でも良かったわよ」

絵里「えぁっ?」

真姫「たまたまエリーに先に声かけただけで、海未が先立ったら別にエリーはどっちでも良かったわよ」クルクル

絵里「…」

海未「…」スッ

海未「えっ…じゃあ…別に私のことが嫌いだとか…そういうんじゃないんですか…?」

真姫「違うわよ。エリーがそっちの立場ってことも全然ありえたわよ」

絵里「!…」

海未「良かった…私は嫌われてなかったんですね…?」
140: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:05:35.00 ID:FGoS14VM.net
真姫「で?結局誰が私とご飯行くの?」

海未「はーいっ!!」

真姫「じゃあ行きましょ 絵里「いやいやいやいやっ!!えっ!?私は!?」

真姫「来る?別にもうどっちでもいいけど?」

絵里「えっなにそれ…私急にどっちでも良くなっちゃってんの…?」

海未「どうですか?嫌でしょう?」

絵里「凄い嫌よっ!!なんなのよ真姫!?さっきから聞いてたら!!何そのスタンス!?宇宙No1アイドルなのっ!?」

真姫「…は?」

絵里「どっちでもいいとか…結局誰が私とご飯行くのとか…何かすごい真姫と食事したい二人みたいになってるじゃないのよっ!!」

海未「確かに言われてみれば…!」

真姫「そう?全然分かんないけど」クルクル
141: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:11:34.61 ID:tOHFwMjl.net
絵里「自覚しなさいよっ!私たち二人はね、今あなたに振り回されてるのよっ!!」

海未「そうですよ!で、いざ告白したらあなたは二人共ふるんでしょうっ!! 絵里「いやそれは違う…それは違う」

真姫「で?どっちなの?来るの?来ないの?」

絵里「行かないわよっ!もう真姫とは行かない!私はもう海未と二人で行くっ!行きましょうよ海未! 海未「いや三人で行きましょうよ?」

絵里「えっ…ちょなによ海未…えぇー!?違うじゃない違うじゃない!!」

海未「えっ?はっ?えっ?はっ?」

絵里「何きょどってるのよ!?違うでしょう!?今この流れは、海未と私で結託して真姫をこらしめるパターンでしょう!?海未…あなたまさか…こういう空気読めないの!?」

海未「な…なんですかその言い方ーっ!!」

真姫「そうね。海未が空気読めないから変な感じになっちゃってるのよ」

海未「わ、私は空気読めますっ!!」
142: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:16:41.88 ID:tOHFwMjl.net
真姫「読めないじゃない!」

海未「読みましたーっ!!」

絵里「読みましたって何よ…」

海未「なんですか!?結局私ですか!?じゃあいいですよっ!!二人で行ってきてくださいよ!!本物コンビ復活ですね!!」

絵里「行かないわよっ!海未が行かないからもう私はもう今日は家に帰って食べるわっ!!」

海未「私だってもう一人でそうめん茹でますよ!」

絵里「真姫はどうすんのよ!?」


真姫「じゃあ私は凛と花陽とご飯食べるわ」

絵里 海未「…」
143: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:21:27.46 ID:tOHFwMjl.net
真姫「あっ花陽?私だけど…今からご飯いかない?」

絵里「早くしてよ…私が鍵持ってんのよ…」

真姫「ふふふふふっ…ふふふふふっ…ふふふふふっ… 絵里「早くしてよっ!!」

真姫「はははははっ…はははははっ…はははははっ… 絵里「どういう会話したらそうなんのよっ!!」

真姫「あ、そうなの分かった。はーい…」ピ


真姫「二人共もう食べ終わってて…今は二人でホラー映画鑑賞会やってるんだって…」

海未「そ…そうですか…」

絵里「あ…にこからメールでご飯の誘いが…」


海未「じゃあ…今日は本物二対偽物二でご飯にしますか…」

絵里「だからそれ何なのよっ!?」


おわり
145: 名無しで叶える物語(さくらんぼ)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 00:37:44.40 ID:9TOrdjh8.net
元ネタの題名?を知りたい
東京03のも見たくなったから
147: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 16:18:44.84 ID:tOHFwMjl.net
>>145

●凛「凛の友達の友達」:「友人の友人」

●亜里沙「結果は言わないで」:「結果は言わないで!」

●希「μ'sの味方」:「市民の味方」

●穂乃果「旅行」:「旅行」

●穂乃果「転ばないにこちゃん」:「転ばない男」

●真姫「ご飯の誘い」:「メシの誘い」
148: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 16:26:52.31 ID:tOHFwMjl.net
●花陽「気負い」:「気負い」


ことり「ツバサさん達遅いね~」

穂乃果「さっきメール来てもうちょっとかかるって」

花陽「練習が伸びたんじゃしょうがないです…」


穂乃果「はぁー…なんか時間あくとテンション下がっちゃうよね?」

ことり「まぁねぇー」

穂乃果「最初のころはA-RISEのツバサさん達とご飯食べるの緊張したけど、もうフツーになってきち

ゃったね」

ことり「そうだねぇ~。でもいいことじゃない?距離が近づいたってことだから」

穂乃果「もう気分的にμ'sのみんなとご飯行くのと同じ感じだもんねー」

ことり「たしかにねぇー」

花陽「はいはい」
149: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 16:32:49.89 ID:tOHFwMjl.net
穂乃果「…」

ことり「…」

穂乃果「あ、花陽ちゃんも?」

花陽「それはそうだよぉ。なんて言うんだろ?気負いがなくなったのかなぁ…?」


穂乃果「ああそう…?」

花陽「最初の頃はA-RISEの皆さんと会うのは緊張したけど…何回も会ってるとさすがに慣れてきちゃ

ったよぉ」

穂乃果「え、花陽ちゃんも?」

花陽「だからそうだよぉ!?花陽はみんなと美味しくご飯が食べれればそれでいいんですっ」

穂乃果「あぁ…そっか…」
150: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 16:37:33.31 ID:tOHFwMjl.net
花陽「A-RISEの皆さんが来れないなら、三人だけで食べても全然いいよっ」

穂乃果「…」

ことり「…」


花陽「えっ!?どうしたのぉ!?何で花陽の時だけ何か腑に落ちない感じなのぉ!?」

穂乃果「だって…ツバサさん達とご飯食べたいって言ったの花陽ちゃんだよ?」

花陽「ンっ!?」

穂乃果「ンっ!?じゃなくて…」

ことり「あっ、かよちゃんが発案だったんだ?このお食事会?」

穂乃果「そうだよ?」

花陽「いやでも気負いはないですよっ!?」

穂乃果「うーん…」
151: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 16:43:33.59 ID:tOHFwMjl.net
花陽「いやたまにはいいかなぁと思ってっ!」


穂乃果「たまにっていうか花陽ちゃん、穂乃果に可能な限りツバサさん達と食事したいって頼んだよ

ね?」

ことり「今月五回目だもんね?」

花陽「あっそんなやってたのぉ!? 穂乃果「花陽ちゃんが頼んだからだよっ!」

花陽「いや違うんだよぉ!」

穂乃果「違くないよっ!」

ことり「いやでもほらっ…A-RISEって言ったらやっぱりスーパーアイドルだから…気負うのも仕方な

いよ~」

穂乃果「うんうん!」


花陽「ちょっと待ってよぉっ!花陽は楽しくご飯を食べるのが好きってだけで気負ってはないですっ

!!」
152: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 16:50:16.50 ID:tOHFwMjl.net
穂乃果「花陽ちゃん…気負いを隠さなくていいよ?」

花陽「いやいやいや本当ないよぉ!!だ、だってほら、それを証拠に花陽、A-RISEの人達とあんまり

喋らないよっ!?」

穂乃果「いやだからそれは緊張してるからでしょ!」

花陽「気負ってないからですっ!」

穂乃果「それは違うでしょー!」

ことり「かよちゃん、いいじゃない気負ってても!別に悪いことじゃないよ?」

穂乃果「そうだよ?気負ってるから格好悪いってことはないよ?」


花陽「いや気負ってないよぉっ!?ちょ、やめてくださいっ!何か花陽だけ何回も会ってるのに緊張

しっぱなしみたいだよぉっ!!」

穂乃果「緊張してるじゃん!可能な限り会いたいのに、いざ会えばあんまり喋らないって、それ緊張

してるからでしょ!」

花陽「いやホント気負っても緊張してもないですっ!」
153: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 16:57:15.95 ID:tOHFwMjl.net
穂乃果「いや…じゃあ言うけどさ…花陽ちゃん、ちょっと立ってもらっていい?」

花陽「なっ…ナンデェッ!?」

穂乃果「全身見せて?」

花陽「ちょ…ちょっと!そういうのはマネージャーを通して下さいっ!にっこにっこ 穂乃果「いやホ

ントに。ホントに。全身見たいから見せて花陽ちゃん」

花陽「…」スッ


穂乃果「…」

ことり「…」


穂乃果「何でワンダフルラッシュの衣装着てるの…?」
154: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:03:23.31 ID:tOHFwMjl.net
花陽「…」

穂乃果「この前はノーブランドガールの衣装だったし…何でライブ衣装で来るの…?」

ことり「そういえば夏色の水着で来たこともあったもんねぇ」

穂乃果「花陽ちゃんチョー気負ってるじゃんっ!!」

花陽「気負ってはないよぉ!!えぇ!?花陽、ツバサさん達とご飯食べる時ライブ衣装着てること多

いっ!?」

穂乃果「いや、多いっ!?じゃないよ!!自覚がないわけないでしょ!?」

花陽「いやっ…言われて初めて気づきましたっ…!」

ことり「え…たまたま?」

花陽「たまたまだよぉ!!」

穂乃果「そんなワケないでしょ!花陽ちゃんライブ衣装選んで着てきてるじゃん!!」
155: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:10:35.55 ID:tOHFwMjl.net
花陽「何でそうなるノォ!?」

穂乃果「だからノォ!?じゃなくて!μ'sの皆とご飯食べる時花陽ちゃんライブ衣装なんて着ないでし

ょ!」

花陽「そうっ!?」

穂乃果「そうだよ!!いっつも花陽ちゃんパーカーじゃん!!」

花陽「まあパーカーの時多いけど…」

穂乃果「なんでμ'sはパーカーでA-RISEはライブ衣装なの!?気負ってるからでしょ!!」

花陽「それはっ…ローテーションが合うからですっ!!」


穂乃果「…ローテーション…?」
156: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:16:30.85 ID:tOHFwMjl.net
花陽「ちょうどツバサさん達と会う時に限って普段着全部洗ってて…」

穂乃果「洗ってるの!?全部!?」

花陽「うん…全部洗っててライブ衣装しかなくて…」

穂乃果「ライブ衣装しかない!?そんな状況起こりえる!?どんだけまとめて一気に服洗ってんの!

?」

花陽「これが一番落ち着くローテなんですっ!」

穂乃果「信じられないっ!μ's結成以来はじめて花陽ちゃんのことが信じられないよっ!どう思うこ

とりちゃん!?冷静な意見を聞かせてよっ!」


ことり「とりあえず、あと10分待ってツバサさん達来なかったらもう飲み物だけ頼んどこうよ」

穂乃果「冷静すぎるよ!そういうことじゃないよ!」
157: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:23:49.21 ID:tOHFwMjl.net
花陽「もう花陽座るねっ 穂乃果「ダメだよ!! 花陽「ダメナノォ!?」

穂乃果「花陽ちゃん本当に気負ってないんだね?」

花陽「気負ってないよぉ!ホント三人でご飯食べてもいいよぉ!?」

穂乃果「…じゃあ今日はツバサさん達との食事断ろっか?」

花陽「そっ…それはツバサさん達に悪いよぉ!!」

穂乃果「だって穂乃果、今回は無理してお願いしちゃったから…」

花陽「でももう約束しちゃってるんだよぉっ!?」

穂乃果「あっ今メール来てもうちょっと練習長引くって!本当逆に悪いから断るねっ!」

花陽「うぅ…もうわかったヨォッ!!」

穂乃果「じゃあ電話するね?」
158: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:30:21.10 ID:tOHFwMjl.net
花陽「勝負服ですっ…」

穂乃果「…」

ことり「…」

穂乃果「…えっ」

花陽「ライブ衣装が花陽の…ツバサさん達に会う用の勝負服ですっ…」

穂乃果「花陽ちゃん本当わかりやすいね…」

花陽「花陽はツバサさん達と会う時に気負ってますっ!!」

穂乃果「わかってるよもう… 花陽「聞いて下さいっ!!!」

花陽「二人がどれだけ落ち着いて来たかはわからないです…でも花陽は今でもツバサさん達と会うだ

けで胸がかっと熱くなるんですっ!!」

花陽「でも花陽はみんなみたいに洋服のセンスがないから…ことりちゃんが作ってくれたライブの衣

装を着るしかないんですっ!!ローテーションなんかじゃないですっ!!」

花陽「花陽はツバサさん達との食事で、気負ってるからですっ!!」
159: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:40:36.16 ID:tOHFwMjl.net
穂乃果「…わかったよごめん…花陽ちゃん、座って ことり「ことりだってそうだよーっ!!」スッ

ことり「ことりだってツバサさん達との食事で、気負ってまーすっ!!」

穂乃果「ドシタノ…?ことりちゃんドシタノ…?ことりちゃんどうしたのっ!?」


ことり「今日のことりの服見たことないでしょう?そうだよ!昨日作ったんだよ!!ツバサさん達と

会うために徹夜してっ!!それにねぇっ」ギュ

穂乃果「…えっ!?なにこのいい匂い!?」

ことり「いい匂いでしょう!?高級香水だって買ったよっ!!どう穂乃果ちゃん!?引いたっ!?」

穂乃果「いや、まぁ…」


花陽「ことりちゃん…そこまでしてきたの…?」

ことり「そうだよっ!だから凄く怖かったよ!!かよちゃんが責められてる時!!次はことりの番な

んじゃないかってねぇ!!ことりは祈ってたよ…二人が、気づきませんようにって…」

穂乃果「別に気づかないよ…」
160: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 17:45:33.58 ID:tOHFwMjl.net
ことり「ことりだって落ち着いてなんかないっ!!ことりはツバサさん達との食事で、気負ってまー

すっ!!」

花陽「花陽も気負ってまーすっ!!そして今日っ!花陽はA-RISEの皆さんとちゃんと喋りまーすっ!

!」

ことり「あんじゅさんとアドレス交換をしまーすっ!!」

花陽「Private warsを一緒に歌いまーすっ!!」

ことり「ぷわぷわーおも一緒に歌いまーすっ!!」

花陽「目を見て話しまーすっ!!」

穂乃果「な…なんなのそれは…」


ツバサ「ごめんごめんっ!遅くなっちゃったわねーっ!」ガチャ

穂乃果「あっ…ど、どうぞ!座って///」

花陽 ことり「目ぇ見て話しなよっ!!」


おわり
165: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:09:28.75 ID:tOHFwMjl.net
●絵里「関節キス」:「融通」

にこ「はーっ疲れた!休憩にしましょ休憩!!」

絵里「ええ!丁度お腹もすいてきたしお昼にしましょう!」

真姫「私もお腹すいちゃったわ」

にこ「何かあんた達、いつもお腹すいてるわね…」

絵里「はっ!?どういうこと!?」

にこ「いや別に」

真姫「意味分かんない!あ、私飲み物買ってくるわ」ガチャ


絵里「にこは時々意味不明ね…まあいいわ。食べましょう」

にこ「そうねっ!おっひる~♪おっひる~♪」ガサゴソ
166: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:14:32.92 ID:tOHFwMjl.net
絵里「にこは毎日自分のお弁当作ってきてるの?」

にこ「そうよっ!家事も完璧にこなせるくらいじゃないと宇宙No1アイドルは務まらないのよ!…ん?あれ?」ガサゴソ

絵里「どうしたの?」

にこ「お箸忘れてきちゃったわ…」

絵里「完璧には程遠いじゃないのっ!!」

にこ「たまたまよったまたまっ!」

絵里「にこったら…ふふっ」

にこ「笑わなくてもいいじゃない!まあいいわ。絵里、早くご飯食べちゃってよ」
167: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:19:54.81 ID:tOHFwMjl.net
絵里「えっ?どうして私が早く食べなきゃいけないの?」

にこ「いやだから…にこお箸ないから…」

絵里「うん?」

にこ「いやだからぁ!早くご飯食べてお箸貸してって言ってるの!」

絵里「いや無理よ?」

にこ「…えっ何で!?」

絵里「だって間接キスになっちゃうじゃない?」


にこ「…あぁっ!?」

絵里「いやだから…間接キスになっちゃうじゃない?だから無理よ」
168: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:25:22.34 ID:tOHFwMjl.net
にこ「はっ…!?嫌なの!?」

絵里「いや、嫌っていうか…間接キスになっちゃうから」

にこ「にこが汚いから貸したくないって、そういうこと!?」

絵里「いや別ににこが汚いなんて思ってないわよ?」

にこ「じゃあ貸しなさいよっ!」

絵里「だから無理よ」

にこ「なんでっ!?」


絵里「間接キスになっちゃうから」

にこ「はぁ…?お箸の貸し借りくらい誰だってやってるわよ…?」

絵里「それダメよ!だって間接キスになっちゃうものっ!!」
170: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:32:11.60 ID:tOHFwMjl.net
にこ「いやっあのー…多分大丈夫よ?にこ、何回か真姫ちゃんとかにもお箸借りたりしてるから」

絵里「真姫と…!?お箸を…!?」

にこ「うん」

絵里「それダメよっ!!何回かしてるとしたら、それ全部ダメよっ!!」


にこ「なんなのあんたっ…!?なに全部って…?じゃあ絵里はペットボトルの回し飲みとか、そういうのやったことないの?」

絵里「ないわよっ!!間接キスになっちゃうじゃないっ!!」

にこ「じゃあ言うけどねぇ!!あんたカラオケとかで歌う時マイクにガンガン唇あたってんのよ!!あんなの唾液の交換と一緒だからね!?ベロチューとおんなじよ!!」

絵里「いやマイクはいいわよ別に」

にこ「何でっ!?」
171: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:38:01.02 ID:tOHFwMjl.net
絵里「マイクは間接キスにならないから にこ「キスキスうっさいわーっ!!キスキスうっさいわーっ!!」

にこ「いや大丈夫だからぁっ!!貸してっ!?」

絵里「だからダメよっ!!間接キスになっちゃうから!!」

にこ「いや大丈夫だって言ってんの!!皆貸してくれてるからぁ!!」

絵里「だとしたら皆が間違えてるのよ!!」

にこ「はぁっ!?」

絵里「本来は友達同士で間接キスなんてしちゃいけないのっ!!だから絶対お箸は貸さないわっ!!」


にこ「えっ何でそんなに融通効かないの…?」
172: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:43:35.57 ID:tOHFwMjl.net
絵里「そんなこと言われても… にこ「嫌われてるでしょあんた?」

絵里「何でそんなこと言われなきゃいけないのよっ!? にこ「嫌われてるわよ。嫌われてるわよ多分」

絵里「嫌われてない! にこ「嫌われてそうっ!嫌われてそうっ!」

絵里「…」

にこ「もういいじゃない!?いいじゃない!?絵里が食べたあとでいいのよっ!!消毒して返すから!!」

絵里「そういう問題じゃないわっ!!」

にこ「消毒するのに!?」

絵里「ええっ!!」

にこ「火で炙って消毒しても貸さないのっ!?」

絵里「ええっ!!」
173: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:49:13.41 ID:tOHFwMjl.net
にこ「何で!?」

絵里「間接キス にこ「キスの話やめろっー!!」

にこ「もうキスはいいっ!!キスはいいわっ!!貸してっ!?」

絵里「貸さないわっ!!」

にこ「なんなのよっ…!?」


真姫「どうしたのよ大声出して?」ガチャ

にこ「ああ良かった…真姫ちゃんが戻ってきてくれて…」

真姫「そりゃ戻ってくるわよ…」

にこ「真姫ちゃん、ご飯食べ終わったらお箸貸して?」
174: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 21:55:28.65 ID:tOHFwMjl.net
真姫「いや…今日私パンだから」

にこ「ええーっ!?」

真姫「そんなのエリーに借りればいいじゃない?」

にこ「そうなんだけどちょっと聞いてよっ!!絵里がさぁっ!お箸貸してくれないのよっ!!」

真姫「えっ何で?」

絵里「何度も言わせないで…間接キスになっちゃうからよっ!!」

にこ「真姫ちゃんからも何か言ってやってよっ!!別にお箸の貸し借りしたくらいで間接キスになんてならないわよねぇ!?」


真姫「いや、なるわよ?」

にこ「えっ…?」
175: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:03:00.93 ID:tOHFwMjl.net
絵里「だから言ってるじゃないのっ!!」

にこ「だって真姫ちゃん…にこにお箸貸してくれてたじゃないっ!!」

真姫「ちょ…改めてそんなこと言わないでよっ!!全くー///」

にこ「はぁ…?」

真姫「私だって誰とでもお箸の貸し借りするわけじゃないわよっ!!あれはにこちゃんが…μ'sのメンバーで…仲間だから…」

にこ「えっ…何か…今まで貸してくれてありがとう…」

真姫「や、やめなさいよにこちゃん///」

にこ「…」チラ

絵里「いやダメよっ!?」

にこ「ちょ今聞いてたでしょ!?間接キスにはなるんだけど、真姫ちゃんはにことお箸の貸し借りしてくれるんだって!仲間だから!ダメとかじゃないのよ!!本人次第なのっ!!」
177: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:08:58.35 ID:tOHFwMjl.net
絵里「本人次第?」

にこ「そうよっ!」

絵里「じゃあごめんなさい」

にこ「何なの!?何なの!?別にいいでしょ!?聞いてたでしょ真姫ちゃんの話!!貸せばいいのよ貸せばっ!!」

絵里「しつこいわねぇ!!真姫がどうとか関係ないのよっ!!間接キスがダメだって言ってんのよっ!!間接キスじゃなかったら何でも貸すわよ下着でもっ!!ただお箸は間接キスだからダメだって言ってんのよっ!!間接キスはキスのうちだからっ!!」

にこ「…」

絵里「それを何なのよっ!!間接キスだからダメなんでしょうよっ!!間接キスだからダメなのよっ!!間接キスはキスなんだからっ!!」

にこ「何回キスって言ってんのよ…?」

真姫「9回よ」

にこ「何で数えてんのよ!?」
178: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:14:39.66 ID:tOHFwMjl.net
絵里「キスはダメだからっ!!キスはダメなのっ!!」

にこ「もう分かったわよ…分かったわ…じゃあもう貸さないのねお箸!?」

絵里「貸さないわよキスだからっ!」

にこ「絶対に?もう絶対貸さないのね?」

絵里「ええっ!!」

にこ「はいもうわかったわ。もうわかったから」

絵里「ああそう、ならいいのよ」


にこ「つまり、たまたま真姫ちゃんが、凄く優しい、いい人だったってだけのことなのね…」

真姫「///」

絵里「何でそうなるのよ…」
179: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:19:57.80 ID:tOHFwMjl.net
にこ「だってそうでしょ!優しくないでしょ!?」

絵里「何でそういう話になるのよ!?私はただ にこ「はいもうわかりました。わかりましたから」

絵里「キスになっちゃうからぁ!! にこ「もう分かりましたからっ!!」

にこ「なんて優しいの真姫ちゃんは…?どれほど優しい人なのあなたはっ!?」

真姫「やめなさいよ///」

にこ「もうにこ、今日はお昼抜きになっちゃった…たまたま絵里が、とても冷たくて底意地の悪い人間だったから…にこもう諦めるから…」チラチラ

絵里「おかしいでしょ!?なんでそうなるのよ!?」

にこ「だってそうでしょ!?そういうことでしょ!?わかりましたから!!」

絵里「何でキスを拒んだだけで底意地の悪い にこ「わかりましたから!わーかーりーまーしーたからっ!」
180: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:24:30.68 ID:tOHFwMjl.net
真姫「貸してあげればいいでしょう!エリー!」

絵里「何なのよ真姫は!?そもそもあなたがにことキスなんてするから にこ「…!」ドンッ

絵里「なんなのそれはっ!何で押すのよっ!!」

にこ「はい。もうわかりましたから。キスになっちゃうんだもんね?」

絵里「だからそうよっ にこ「ねっ?そうなのね?守っていけばいいんじゃない?」

絵里「何よその言い方 にこ「だってそうでしょ!?そうやってこれからも生きていけばいいでしょ!?」

にこ「で、死んでいけばいいんじゃないっ!? 絵里「だから何なのよその言い方っ!!」


真姫「エリーあなた、星のカービィっていうゲーム知ってる?」

絵里「は?何よ…」

真姫「カービィはねぇ!回復アイテムを手に入れたら、ヘルパーに口移しでワケてあげるのよっ!ヘルパーがどんな生物でもね!それはカービィとヘルパーが仲間だからよっ!」
181: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:29:57.19 ID:tOHFwMjl.net
絵里「ピンとこないわよっ!何の話をしてんのよっ にこ「…!」ドンッ

絵里「何なのよあんた達はぁ!?」

にこ「良いことを言ってたじゃないのっ!!わあーっ!!」

絵里「絶対私が正しいからねっ にこ「はいはいもうわかりました!分かりましたから!もうお昼食べませんからっ!!」

絵里「勝手にしなさいよっ!!」

にこ「食べないで練習やるわよっ!!栄養失調でふらふらになりながらっ!!がんばらねーばねーばねばぎぶあぷってやればいいんでしょ!!」

絵里「…何が言いたいのよっ にこ「いや本当のことだからっ!!本当のことだからっ!!」

にこ「空腹のまま…右腕の激痛に耐えながら…練習すればいいんでしょ…」

絵里「…いつ怪我したのよ右腕!? にこ「いつだっていいでしょ!?いつだっていいでしょ別に!!」
182: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:37:45.07 ID:tOHFwMjl.net
絵里「さっき右腕でがんがん私の事押してたじゃないっ!! にこ「だから大変だったわよ!!大変だったわよ!!凄い大変だったわよっ!!」

真姫「にこちゃん…私が今日…パンでさえなければ…」

にこ「星のマーキィ様っ!!」

真姫「ごめんね…ごめんねにこちゃん…」

絵里「はぁ…」

にこ「あなたは何も悪くないわ…あなたは何も…」

真姫「ごめんね…」


にこ「イタイイタイッ!!右腕がイターイッ!!」

真姫「にこちゃん!にこちゃーんっ!!」

絵里「ツンデレ二人が…ツンデレ二人が…」
183: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 22:43:11.22 ID:tOHFwMjl.net
絵里「はぁ…もう…分かったわよ…」

にこ「えっ!?お箸貸してくれるの!?」

絵里「…」ガッ

にこ「…え?ちょっと絵里…?」

絵里「…」チュゥーッ


にこ「はっ///ちょ…///あんた…///なにっ///」

真姫「エリー!?にこちゃん!?…え?」

絵里「…」ガッ

真姫「しまっ…」

絵里「…」チュゥーッ


真姫「///」プシュー

絵里「ふぅ…これで満足なんでしょう?二人共…」

にこ「ぶ…文化の違いって怖いわ…///」


おわり
190: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 15:55:41.84 ID:zgj0KsGT.net
●海未「キミのくせに!」:「ハムレット」


屋上

~♪~♪

凛「ノー!アイノーユー!ユーノーミー!アイセーウィーアーフレンズッ♪」

凛「子どもの頃はいーつーだって~♪泣ーき虫だったキ~ミなーのにー♪」

希「いつの間にや~ら逆転しーたかも♪悔しぃなっぷんぷ~ん♪ 海未「ストップストップ!!」パンパンッ

海未「ダメですねっ!!全然違いますっ!!」

凛「ごめんにゃ…」

海未「まだ早いですかねぇ!あなた達にこの曲は!もうライブまで一ヶ月切ってるんですよ!?二人の歌次第なんです!!このままじゃ他の二組に示しがつきませんよっ!?しっかりやって下さい!」

凛「うんっ!」
191: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:03:47.50 ID:zgj0KsGT.net
海未「希っ!幼馴染との関係性が変わってきて戸惑っている様子をもっと出して下さいっ!わかりますねっ!」

希「戸惑っている様子ねぇ…」

海未「さぁ!やってみてください!スリーツーワンッ!」

希「いつの間ぁにやぁ~ら~ 海未「全然違いますっ!!」

海未「もっと理解して下さいっ!!あなたはことりなんですっ!!」

希「はっ!?」

海未「だからこの歌の主人公はことりなのでっ!その自覚を持ってやって下さい!!希っ!あなたは誰ですか!!」

希「こ…ことりちゃんやっ!」

海未「そうですっ!!行きますよ!!スリーツーワンッ!」
192: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:11:05.16 ID:zgj0KsGT.net
希「いつの 海未「全然違いますよーっ!!!」

海未「お腹の中からやり直して下さいあなたはーっ!!」

希「ごめん…」

海未「どうしようもないですねぇー!!こうやってやるんですよっ!!スリーツーワンッ!」


海未「…っ…っ」プルプル

海未「…イツッ…イツノマニヤラ…///っ…ギャッギャクテン…シタッ///」プルプル

凛「…」

希「…」

海未「ギャク…ギャクテン///シタッ…カモッ///」プルプル

凛「えっなにこれ?」

希「さぁ…?」
193: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:20:06.60 ID:zgj0KsGT.net
凛「恥ずかしがってるの?」

海未「ククッ…///クヤシイナッ///クヤシイナ…っ…プン…///うふふっ///」プルプル

凛「照れ笑い!?海未ちゃん照れ笑いしてる!?」

希「最悪やん…」

海未「フフ…フタリ…フタリキルッ…///フタリュ…フフフタッ///」パァン

凛「うわ噛んでる噛んでる!!しかも自分の頬叩いてるにゃ!!」

海未「フフ…フタリキリ///フタリキリ…ッ…///コトリト…フタリキリっ///」

凛「何回二人きりって言ってるの!?しかもことりちゃんと二人きりって言った!?」

海未「フタリキリ…ふぅ…///はぁーっ///」
194: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:26:37.88 ID:zgj0KsGT.net
海未「分かりましたかっ!?」

希「っw」

凛「ふふっwww」

海未「ちょっと凛?あなた何笑ってるんですか…?」

凛「いやっ…」

海未「もうっ…時間ないですからねっ!!次行きますよっ!!」

凛 希「はいっ!」

海未「次はサビから行きますよっ!!まずは一人ずつ!凛!行きますよ!スリーツーワンッ!」

凛「あ・れ・れー?友だーちだよねーっ♪無駄にドキドキへ・ん・だ・なっ♪」

海未「全然違いますよ!!何ですかその歌い方はっ!!」
195: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:34:10.53 ID:zgj0KsGT.net
凛「ごめんにゃ…」

海未「この曲のサビはですね!幼馴染に対して距離を近づけることも遠ざけることもできない、ことりの心情があらわれてるんですよっ!!」

凛「はいっ!」

海未「もう一回行きますよ!スリーツーワンッ!」

凛「あっ・れっ・れーっ?ともだっちだっよぉねーっ♪ムダにドキドキ 海未「違いますっ!!」

凛「ごめんにゃ!」

海未「もっとドキドキしてくださいよっ!!凛!あなたは今ドキドキしてますかっ!!」

凛「ドキドキしてるにゃっ!!」

海未「じゃあもう一回ですっ!!スリーツーワンッ!」
196: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:43:17.80 ID:zgj0KsGT.net
凛「あっ・れっ・れー 海未「違いますっ!!あなた歌詞のト書きちゃんと読んでるんですか!?なんて書いてあるかちょっと読み上げて下さい!!」

凛「照れつつもいたずらっぽくとぼける感じで歌う… 海未「そうです!!とぼけるようにですよっ!!凛!今とぼけてますか!?」

凛「はっ!?」

海未「照れつつもとぼけてる感じなのかって聞いてるんですよ!!」

凛「て…照れつつもとぼけてる感じにゃっ!!」

海未「よし!!じゃあやってみてください!!行きますよっ!!スリーツーワンッ!」

凛「あっ 海未「いい加減にして下さいっ!!全然違いますよこうやってやるんですよっ!!」


海未「…っ…っっ…」プルプル

海未「///アッ…アッ…///アアッ///…ア・・・ウウッ…///」ガクッ
197: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:50:01.92 ID:zgj0KsGT.net
凛「ひどくなってるにゃ…」

希「膝まずいちゃってるやん…」

海未「アッ…ンッ…///アアッ…///アッアレ…///」

希「声だけ聞かれてたら絶対誤解されるやん…」

凛「ふふっwww」

海未「アッアアアッ…///アレアレッ…///アッアッ…///」

希「交尾中のヤギやん…」

凛「ぶっwww希ちゃんwww」パシッ

海未「アレレッ…///アッアレ…ふーっ…」


海未「ちょっと…聞かないで貰えますか…」

凛「…はっ!?」
199: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 16:58:05.35 ID:zgj0KsGT.net
海未「あんまり聞かれてるとアレですので…」

凛「あんまり聞かれてるとアレ…?」

海未「はい。そうです」

凛「そう…?」

海未「聞かないで下さいと言ってるんです…」

凛「いやでも…聞かないと分からないから… 海未「いや違うんですよ…私の声を集中して聞かないで下さいって、そう言ってるんです」

凛「…は?」

海未「ライブというのはですね、全体の雰囲気が大事なんですよ!空気感というか…だから全体を見て下さい。私の声だけに集中しないでください」

凛「じゃあ分かったにゃ…なんとなく海未ちゃん全体を見る…」
200: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 17:04:52.98 ID:zgj0KsGT.net
海未「そうですね!そうしていて下さい!じゃあ行きますよ!スリーツーワンッ!」

海未「///…っ///…///」ガクガクッ

希「早いわっ!!」

海未「…///っっ…///っ…///」ガクガクッ

希「なんやねんもうその膝っ!!左右に何cm移動してんねん!!」

海未「アッアッレッ…///アアアッ///トモダチッ…トモダチッ///ダヨネッっ…///」

希「喋れる交尾中のヤギやん!!」

凛「ふっwww」

海未「トモダチッ///ムダニッ…ドキドキっ///ドキっ…///ドキドキドキドキドキッ…はぁーっ!!」

凛「…」

希「…」
201: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 17:11:52.57 ID:zgj0KsGT.net
海未「はぁ…はぁ…だって私本番に強いですし…」


凛「…うん…それは…もうわかってるにゃ…」

海未「私は本番になった途端、急にノリノリでできるんです…そういう女なんです…」

凛「うん…そうだよね海未ちゃん…」

海未「…なのに何で私にやらせたんですか?」


凛「いやっ…海未ちゃんが自分から出てきたからっ 海未「どうして私を追い込んだんですっ!!」

凛「いやっ…海未ちゃんが自分から追い込まれてたからっ…」

海未「別に私は練習でできなくてもいいんですからね…?」


凛「…はい」
202: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 17:17:23.54 ID:zgj0KsGT.net
海未「ですので…練習でできてない私を見てバカにしてるとしたらそれは大きな間違いです!」

凛「はい…それは…そうだと思うにゃ…」

海未「イメージは有りますからね!こう歌ってもらいたいイメージはありますからね私は!!」

希「じゃあそれやって見せて?」

海未「///…っ///…///…」ガクガクッ

凛「や、やめなよ希ちゃん」

希「なんならことりちゃんに練習見てもらう?」

海未「///ソレハッ…///ソレハダメデスッ…///…コトリハナシデスッ…///」ガクガクップルプルッ

凛「ちょ…かわいそうだよやめなよ…」
204: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 17:26:41.42 ID:zgj0KsGT.net
海未「///…っちょっと!!ふざけないで下さい!!やっぱり私のことバカにしてるんでしょう!?」バーンッ

凛「いやいや全然っ!!全然バカにしてないにゃ!!尊敬してるにゃ!!」

希「wっww」

海未「ちょっと希!!あなたなにニヤニヤしてるんですか!?バカにしてるんですかっ!!」

希「いや別にバカにはしてへんけど…海未ちゃん、ことりちゃんのこと好きなん?」

海未「ななな///何を言ってるんですかあなたはっ///そんなの今関係ありませんっ!!」

希「あれれー?でも海未ちゃん赤くなっとるやん?」

海未「…!」

希「海未ちゃんのクセになぁ…ふふ///」
205: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 17:32:19.55 ID:zgj0KsGT.net
海未「こっこれです!!今の希のような感じで!!その感じで歌ってください!!」

凛「えっ…ごめん良く見てなかったからもう一回…」


希「えっ///いや…っ///…///…」ガクガクッ

海未「ああ…」


おわり
210: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 23:33:52.16 ID:zgj0KsGT.net
●真姫「クレーム」:「クレーム」

穂むら


真姫「…」

穂乃果「えっそれでそれで!?うんうん!えっ海未ちゃんが!?あははっ!!うん…うんうん!!」

真姫「…」

穂乃果「うんっ…うん!!えっヤギ?…あはははははっ!!うん!!海未ちゃんが!?うん!!」

真姫「…」

穂乃果「えっ?喋れる…?交尾中の…?あっははは!!!あっはははははっ!!!うんっ海未ちゃんが!?」

真姫「…」

穂乃果「うん!海未ちゃんが!?うん…うん海未ちゃんが!?うん…海未ちゃんが!?」

真姫「ちょちょちょもうさすがにっ!!さすがにっ!!」
211: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 23:38:28.97 ID:zgj0KsGT.net
穂乃果「えっ…どうしたの真姫ちゃん急に大声出して…?」

真姫「ちょ電話切りなさい!電話!!切りなさいっ!!」

穂乃果「でも今海未ちゃんの 真姫「海未はいいわっ!!もう海未はいいから!!海未はうんざりなのっ!!切りなさい早く!!」

穂乃果「わかったよ…あっもしもし希ちゃん?一回切るね?うん…うん?海未ちゃんが?あははっ 真姫「早く切れって言ってんのよ!!」

穂乃果「わかったよ…切るよ…バイバイ希ちゃん」スッ

真姫「はぁ…はぁ…」

穂乃果「それで?」

真姫「えっ?」

穂乃果「それで?何?真姫ちゃん」


真姫「…はっ!?」
212: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 23:45:45.10 ID:zgj0KsGT.net
真姫「えっ忘れてるの…?」

穂乃果「えっ…」

真姫「えっ忘れてるのっ…!?」

穂乃果「あっ!」

真姫「私20分くらい前にまんじゅう注文したのにそれを忘れてるのっ!?」

穂乃果「ごめん…」

真姫「私注文したわよね穂乃果に…あんた聞いてたわよね?わっかりましたー!って言ってたもんね…?真姫ちゃんわっかりましたー!って…」

穂乃果「うん…でも…忘れてた…」

真姫「ふざけないでよ何なのよあんた…」

穂乃果「あんまりにも面白かったから…だって海未ちゃんが 真姫「海未の話しないでッ!!」
213: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 23:51:36.99 ID:zgj0KsGT.net
真姫「じゃあ何…?私が自分から言わなかったらずっと来なかったってこと…?」

穂乃果「ごめん…」

真姫「ずーっと待ってたの私!?ずーっと待ってたのね私!?閉店まで!?閉店までずーっと待ってたのね私ここでっ!?」

穂乃果「ほぁあ…」

真姫「で閉店になってやっと気づかれる訳ね!?なんなんだアイツみたいな感じで!!ねぇ!?ねぇ!?」

穂乃果「ごめん真姫ちゃん…」

真姫「変なヤツなのね私は!?変なヤツになっちゃったのね私は!?」

穂乃果「ごめんなさい…」

真姫「穂乃果のせいで私変なヤツになっちゃったのね!? 穂乃果母「ちょちょちょどうしたの店先でっ!?」バッ
214: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 23:57:29.65 ID:zgj0KsGT.net
真姫「穂乃果のお母さんねっ!?」

穂乃果母「えっええ…ウチの娘が何か…?」

真姫「いや私おまんじゅう注文してずーっと待ってたんだけど!!しかもそれ忘れられててっ!!」

穂乃果母「ごっごめんなさいっ!!」

真姫「もう20分以上待ってるんですけど!?何かずっと電話しててっ!!海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃんって!!20分間ずーっとそれ聞かされ続けたんですけどっ!?中毒になるかと思ったわよ!!海未中毒よ海未中毒!!勘弁してよっ!!」

穂乃果母「本当にごめんなさいっ!!今すぐ包むわっ!!」


真姫「はぁ…早くしてくださいよ…」

穂乃果母「…」サッサッサッ

真姫「…」

穂乃果「…」
215: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 00:02:55.60 ID:zgj0KsGT.net
穂乃果母「はい…お詫びと言っちゃなんだけどお代はいいから…これからも穂乃果と仲良く 真姫「そういうのいいですから。払いますので」

穂乃果母「本当にごめんなさい!!」

穂乃果「ごめん真姫ちゃん…」


穂乃果母「…穂乃果」

穂乃果「…はい」
216: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 00:09:15.86 ID:acJdfz/2.net
真姫「はぁー全く…」

真姫「…」カラカラ

穂乃果「真姫ちゃん!待って!!」

真姫「…何よ?」

穂乃果「ちょっと言いたいことがあるの…いいかな…?」

真姫「もういいわよ別に…」


穂乃果「トイレ掃除になったよ…」

真姫「…はっ?」

穂乃果「店のトイレ掃除になったよ…三ヶ月間毎日欠かさず…」


真姫「あっ…そうなの…」

穂乃果「…うん」
217: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 00:14:45.94 ID:acJdfz/2.net
真姫「…」

穂乃果「…」

真姫「…」

穂乃果「…」


真姫「えっなに?」

穂乃果「いやあはは…別に…」


真姫「えっなにっ!?」

穂乃果「…一応、真姫ちゃんには知っておいてもらおうと思って…」

真姫「…あぁっ!?」
218: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 00:21:55.22 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「それじゃトイレ掃除一発目入るから…」

真姫「いやいやいやいやちょちょちょちょっと待って!」

穂乃果「…」

真姫「えっ私が悪いの!?」


穂乃果「…どうなのかな」

真姫「どうなのかなっ!?どうなのかなって!?」

穂乃果「…」

真姫「えっ何…私のせいでトイレ掃除になったって…そういうことを言いに来たの…?」


穂乃果「うん」

真姫「いやうんじゃないわよっ!!」
219: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 00:27:59.56 ID:acJdfz/2.net
真姫「何なのそれ…!?自分のミスでトイレ掃除になったんでしょーっ!?何私にちょっと罪悪感与えにきてんのっ!?」

穂乃果「…」

真姫「百パーあんたが悪いわよねっ!?」

穂乃果「…そうかなぁっ!?」


真姫「ちょっと待って…えぇ…?ちょっと…ここ座って?」トスッ

穂乃果「いや穂乃果トイレ掃除あるから…」

真姫「いいから座って!ヤダ!何かヤダ!座って!ここ座って!話聞くから座って!座って!ヤダ!座って!座って!ヤダ!ヤダ!座って!座って座って!!ヤダヤダ!!座って!」

穂乃果「…う、うん」トスッ


真姫「…」
穂乃果「…」
220: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 00:34:21.76 ID:acJdfz/2.net
真姫「えっ何で私が悪いことになってるの?」

穂乃果「百パー真姫ちゃんが悪いよっ!」

真姫「言い切っちゃった!凄いわねあんた!穂乃果あんた凄いわね!違うでしょー!?自分のミスでトイレ掃除になったんでしょーっ!?」

穂乃果「違うよっ!ミスしたのは穂乃果が悪い!でもトイレ掃除になったのは真姫ちゃんのせいでしょ!!」


真姫「ちょちょもうどういうこと!?どういうこと!?全然頭に入ってこなんだけどあんたの話!?」

穂乃果「真姫ちゃんがあんなオオゴトにしたから穂乃果はトイレ掃除になったの!」

真姫「はぁ…?」

穂乃果「どうしてあんなに騒ぎ立てたの…?どうして許してくれなかったの?どうしてお母さんが来た時、なんでもないですと言ってくれなかったの!?」

真姫「凄いパワーねあんた…そりゃμ'sも作るわ…」
221: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 00:40:14.13 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「褒めてもなにもでないよっ!! 真姫「皮肉言ってんのよ!!理解しなさいよ!!」

真姫「大体ねぇ!店番してる最中に電話するってこと自体おかしいのよ!!」

穂乃果「それはお客が真姫ちゃんだったから!!」

真姫「だから何で私のせいになってくるのよそこでっ!!どうせ何回も何回もおんなじようなミスしてんでしょっ!?」

穂乃果「してるよっ!!」

真姫「…ハァ…」


穂乃果「まぁーしてるよ穂乃果はミスっ!!だから余計まずかったんだよ!!次ミスをしたらトイレ掃除になることは考えられたの!!それを察して欲しかった!それを察して欲しかったの!!」

真姫「ハァ…もういいわよあんた…もういい…話聞いても埒あかない。トイレ掃除してきなさいよ…」

穂乃果「…」

真姫「ちょいつまで座ってんのあんた!?早くトイレを掃除してきなさいよっ!トイレ!ねぇ!早く!トイレ!ねぇ!ねぇ!トイレ!ねぇ!トイレ!トイレ!ねぇねぇ!!トイレトイレ!!ねぇ!」
222: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 00:47:23.67 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「…お手洗いって言ってよ!!食べ物屋だよ!! 真姫「うっさいわよっ!!」

穂乃果「真姫ちゃんが座れって言ったんだよ!!それを大きな声でなにっ!?また騒ぎ立てるの!?また大事にするの!?もう一回穂乃果をトイレ掃除にするつもり!?あああーーっ…」

真姫「大きな声を出してんのはあんたよ…もういいから早くしなさいよトイレ掃除…」

穂乃果「話を聞くって言ったのは真姫ちゃんだよ!!」

真姫「何なのよもう…いつまで座ってんのよあんた…大体ねぇ…」


真姫「椅子の間隔狭いのよ!!ツバがんがん飛んできてんのよっ!!」
穂乃果「いや真姫ちゃんのツバもだよ…」

穂乃果「もう…これ間接キス通り越してベロチューと一緒だね?」
真姫「やっ…やめなさいよ///」


おわり
225: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 19:12:50.16 ID:acJdfz/2.net
●希「めんどくさいウチら」:「めんどくさい親友」

ラーメン屋


穂乃果 希 絵里「いただきまーす!」ズルズルッ

穂乃果 希 絵里「あっおいし~!」

穂乃果「やっぱここのラーメン屋、最高だねーっ!」

絵里「ええっ!練習後でお腹すいてたから余計美味しいわっ!」

穂乃果「絵里ちゃんいっつもお腹すいてるもんねー!」

絵里「いや別にそんなことはないわよっ!?」

希「まぁまぁ、お腹すいてないよりはいいやん?」

絵里「いや知らないけど…そんなことよりどうなの?Printempsとlily whiteの調子は?」
226: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 19:18:19.51 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「それが大変なんだよーっ!花陽ちゃんったら、ツバサさん達の前だとずーっと下むいててさぁっ!

! 絵里「それ遊びに行った話じゃないの!?」

希「ウチらも大変よ?でもまぁ海未ちゃんは本番に強いし、凛ちゃんだって本場には強い。ウチもなんだか

んだで本番に強いし 絵里「本番もいいけど練習もちゃんとやりなさいよ!?」


穂乃果「絵里ちゃんはいいよねー?BiBi上手くまとめてるんでしょ?」

希「エリチはそういうの得意やからなー」

絵里「いや…それがそうでもないのよ…」

希「そうなん?」

穂乃果「どうかしたの?」

絵里「中々思うようにリーダーシップをとれなくてね…」

希「あー…マイペースやからなぁにこっちも真姫ちゃんも」

穂乃果「調子よくないの?」
227: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 19:23:46.81 ID:acJdfz/2.net
絵里「うーん…二人と上手く噛み合わないというか…この前も半ば強引にキスを迫られて…」

穂乃果「キスっ!?それなんか話の種類が違くないっ!?」

絵里「仲間だからキスなんてして当然みたいに言うのよ?」

希「それはちょっとおかしいわなー?」

絵里「凄かったんだからもうっ!キスは無理だって言ったら底意地の悪い人間とか言われてっ!」

希「うわ、そうなん!?あの二人はくっつくとすぐのるからなー!調子に!!」

絵里「希も分かる!?」

希「わかるっ!わかるわー!この前だってにこっちと真姫ちゃんに両サイドからがーって言われて、ウチ泣

かされたからなっ!!」

穂乃果「泣かされた!?それちょっと酷いね!?」

希「もうワンワン泣いて大泣きやっ!」
228: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 19:31:00.89 ID:acJdfz/2.net
絵里「希もあるのねそういうこと…」

穂乃果「でも穂乃果もちょっと分かる…この前もさー!にこちゃんが校庭で水着姿でにこぷり女子道歌うっ

て話になったの!でも結局凛ちゃんをすっごく怒らせるだけで終わってさぁ!しかも真姫ちゃんにはトイレ

掃除させられたんだよ!?」

絵里「それはちょっと話の意味が分からないけど…とにかくずっとにこと真姫のペースなのよ…」

希「これはあれやねエリチ…」

絵里「え?」


希「なめられてるんよ」

絵里「やっぱそうかしらねぇー!?」

希「もうエリチもうすうす気付いてはいるんやろ?」

絵里「でも…向こうからはっきりなめてるって言ってくれないと…」

穂乃果「それはわざわざ言わないと思うよ…?」
230: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 19:39:23.43 ID:acJdfz/2.net
絵里「じゃあ私から注意するしかないの?」

希「そうや!エリチからガツっと言ってやらないと分からないんよ!」

穂乃果「うん!言うしかないよっ!」

希「エリチがまとめないと二人がどんどん調子にのるだけやん?」

穂乃果「そうだよ!二人の話聞いてたら穂乃果だってにこちゃんと真姫ちゃんが悪いって思うもん!」

希「そうや!ウチらの大事なエリチになぁ!」穂乃果「絵里ちゃんにねぇ!」

希 穂乃果「キスするなんてねぇ!」

希「言ってやるんやエリチ!」穂乃果「言ってやりなよ絵里ちゃん!」

希「なめられてるんよっ!」穂乃果「完全になめられてるねっ!」


絵里「そうね…分かった!私あの二人にガツっと言うわっ!」

希 穂乃果「うん!」
231: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 19:47:46.84 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「絶対そうしたほうが良いよ!」希「そうした方がいいわ!」

穂乃果「言ったほうが二人の為にもなるよ!」希「本当や!」

穂乃果「言わないと分からないこともあるんだから!絶対言ったほうがいいよ!」希「そうそうそう!」


絵里「よし決めたっ!今から電話であの二人呼ぶわっ!」パカッ

希「…」

穂乃果「…」

絵里「…」カチカチ

穂乃果「…今?」

絵里「うん!ここに呼ぶわっ!」

穂乃果「…」

希「…」
232: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 19:57:26.38 ID:acJdfz/2.net
絵里「…」カチカチ

希「それは…違うやん?」

絵里「…?」

希「それは…今はいいやん?」

穂乃果「うん…うん…ね?うんうん…ど、どうしたの絵里ちゃん急に?急にどうしたの?落ち着いて?」

絵里「…急じゃないでしょ?穂乃果と希こそどうしたのよ?もういいのよ!ガツって言うって決めたんだか

ら!」

穂乃果 希「いやいやいやいやっ!」

穂乃果「だから!だから!だから本当に!」スッ

絵里「ちょ…」

穂乃果「本当に…ね?」スー…パチン

絵里「何で徐々に私の携帯閉じたのよ…?」
234: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 20:05:34.05 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「落ち着いてっ!」

希「落ち着きエリチ!」

絵里「いや違うでしょ!?希と穂乃果がそうした方が良いって…!」

穂乃果「いや言った!言った!言ったけどね?」

希「でも、全部ウチらが正しいって訳じゃないやん?」

穂乃果「こっちが全部間違ってる可能性あるからね?話が食い違ってたりとか」

希「そうやそうや!全然あるんよそういうこと?だってそうやんなぁ?情報も少ないし」

穂乃果「あんまりわかんないからね穂乃果たち実際には」

希「わからんもんねぇ」
235: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 20:23:38.23 ID:acJdfz/2.net
絵里「ちょちょ!希と穂乃果がガツっと言ったほうが良いっていうから私は今電話… 穂乃果「いや言った!言った!言ったけど!」

穂乃果「あんまり真に受けられちゃうと…ね?」


穂乃果 希「引いちゃうっ」

穂乃果「不安になっちゃう!ハッってなっちゃう!ハッって!」

希「うん…ウチらもわからんからねー」

穂乃果「そう!ここに呼ぶのは…ダメだよ?」

希「呼ぶんは酷いわなぁ!?」

穂乃果「呼ぶのはないよ!?」

希「二人にだって都合があるやろうしなぁ!?」

穂乃果「呼んでガツっと言うなんて上から過ぎるよ!」

希「本当や!絶対ダメそれはっ!」
236: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 20:29:38.69 ID:acJdfz/2.net
絵里「じゃあ分かったわ…呼びはしない」

穂乃果 希「うん!」


絵里「電話でガツっと言うわっ! パカッ 穂乃果 希「いやいやいやいやっ!」

穂乃果「だから!だから本当に!本当に!」スッ

絵里「いやっ…」

穂乃果「本当に…ね?本当に…ね?」スー… …

絵里「…」

穂乃果「本当に…ね?」パチン

絵里「何で徐々に携帯閉じるのよっ!?」
237: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 20:36:25.81 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「ね…落ち着いて!」

絵里「落ち着いてじゃないわよっ!」

希「ふーっ…良かった良かった…」

絵里「ふーっじゃないわよ!!あのねぇ!私は真剣にμ'sのことを思って 穂乃果 希「まあまあまあ!まあまあまあ!」

絵里「まあまあまあって何よ!たしなめないでよ私のことを!!」


穂乃果「もうラーメン食べよー?」

希「食べよー」

穂乃果「ね?練習終わってさ、楽しくご飯食べようって来たんだから!食べよー?」

希「食べよー」
238: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 20:42:27.37 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「ねっ?もうしまって携帯?怖いから」

希「ホント怖いわそれ…」

絵里「怖くないわよ」スッ

希「…!」ビクッ

穂乃果「しまって早く!」

絵里「普通の携帯よ!」スッ

穂乃果「…!」ビクッ

絵里「なっなんなの!?何が怖いの!?」

希「しまいーや!怖いからっ」

穂乃果「しまって本当にそれ早く!タベヨー?」

希「タベヨー」

絵里「しまうわよ…」ゴソ
239: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 20:48:21.48 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「あ、絵里ちゃんラーメン以外にも何か頼もっか?ここ他の料理も本当美味しいから!タノモー?」

希「タノモー」

穂乃果「ねっ?…ぶふっwww」

希「うんうん…」

絵里「…」


穂乃果「なに食べる?どうする?」

希「あっエリチここのエビチリ頼んでみ?凄く美味しいから!」

穂乃果「あっ!そうそう!ここのエビチリ美味しいよ!」

希「なー?ウチこれ大好きなのホント!」

絵里「んー…ちょっと辛そうじゃない?」

希「そうなんよねー写真は辛そうなんよ!」

穂乃果「言った言った!穂乃果もそれ言った辛そうって!見た目はね?」
240: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 20:53:57.71 ID:acJdfz/2.net
希「でも味は辛いの苦手な人でもいけるやつなんや!」

穂乃果「そう!穂乃果もこれ大好きなんだけど、ガーッていう辛さじゃないんだよ!」

希「そうそう!優しい辛さなんよねっ!」

穂乃果「一回頼んでみよう?好きになるからっ!」

希「うん頼もう!絶対好きになるから!」

穂乃果 希「絶対好きになるっ 絵里「絶対ね…?」

穂乃果 希「…」

絵里「食べたら絶対好きになるのね…?」

穂乃果 希「…」


絵里「じゃあ頼むわよっ!すいませっ 穂乃果 希「いいっ!いいっ!頼まなくていいっ!」ガバッ
241: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 20:59:12.39 ID:acJdfz/2.net
絵里「何よ!?食べたら絶対好きになるんでしょ!? 穂乃果「もう好きにならないっ!」

絵里「あなた達が食べたら絶対好きになるって言ったんじゃない!!」

穂乃果「そんな感じでこられたら好きにならない!」

希「好きになるもんも…」

穂乃果 希「好きにならないっ!」


絵里「どういうことなのよ一体!?」

穂乃果「いやだから…ガッとこないで?ハッってなっちゃうから…」

絵里「知らないわよ!あのねぇ!私はあなた達を本当に信頼して 穂乃果 希「まあまあまあ!まあまあまあ!」

絵里「まあまあまあって何よ!?私をたしなめないでって言ってるでしょ!?」

穂乃果 希「…」
243: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:08:04.75 ID:acJdfz/2.net
絵里「分かったわよ…あなた達、私のことなんてどうだっていいのね…!本当の仲間と思ってないのよ!!」

穂乃果「ちょ…!?何言ってるの絵里ちゃん!?」

希「エリチいい加減にせーよ…ウチらは9人でμ'sなんよ!仲間じゃないワケないやろっ!!」


絵里「絶対に仲 穂乃果 希「いやいやいやいやっ!」

絵里「いやいやいやって何よっ!?」

穂乃果「ごめんそんなつもりは…でもそんな感じでこられたら…」

絵里「もう分かったわよ!!あなた達にとって私は仲間なんかじゃ 希「違う違う違う!そういうことやないんよ!そういうシステムなんよ! 絵里「システムって何よ!?」
244: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:14:19.20 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「ガッてこられたらハッってなっちゃうんだよっ!」バッ

絵里「それが分からないって言ってるのよ!穂乃果!!」

穂乃果「ガッてこられたらハッってなっちゃうのっ!」ババッ

絵里「どういうことよ!?どういうことなのよ希!?」

希「見ーや!ウチはいいから穂乃果ちゃんを見ーや!」

穂乃果「ガッてこられたらハッってなっちゃうのっ!」バババッ

絵里「分からないわ!見ても全然分からないわ!」

希「いいから見ーや!」

絵里「見るたびに動きが大きくなってるのよ!!」

希「エリチはもうっ!!覚えーやっ!!」

絵里「何をよっ!?」

希「ガーハーやっ!!」
245: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:19:15.73 ID:acJdfz/2.net
絵里「知らないわよっ!!」

穂乃果「ガーハーの法則!!」

絵里「知らないって言ってんでしょ!?わけわからないわよっ!!二人共ふざけてるんでしょ!?」

穂乃果「ふざけてないよ!」

絵里「もういいわよ!!あなた達なんて仲間でもなんでもないっ!!帰る!!」バッ

希「ちょちょちょ!エリチ!?なんでっ待ってよ!!」ガシッ

絵里「放しなさいよっ!!関係ないでしょ!!」グワッ


絵里「もう二度と私の前に姿をあらわすんじゃないわよっ!!分かったわネッ!!」ガラッ

穂乃果 希「…」
247: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:28:45.82 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「えー…」

希「ちょ…」

穂乃果「絵里ちゃん…」

希「めっちゃ怒ってたやん…」

穂乃果「でも…あんな感じでこられたらああなるよねぇ?」

希「そりゃなるよ…」

穂乃果「知らないのかなガーハーの法則?」

希「なー?何か初耳みたいな顔してたけど…」

穂乃果「聞いた?もう二度と絵里ちゃんの前に姿をあらわせなくなっちゃったよ…」

希「なっちゃったな…」

穂乃果「ライブの時どうしよう…」
248: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:34:42.50 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「穂乃果初めて生で聞いたよあんな捨て台詞…」

希「言うんやねぇ本当に?」

穂乃果「言うんだねぇ?分かったわネッ!!ってなってたよ最後…」

希「ちょっとやばかったわなあれ…」

穂乃果「ワカッタワネッ!!ってなってたもんね…」

希「ちょっとあれやばかったな…」

穂乃果「やばかったよ…状況が状況じゃなかったら絶対笑っちゃってたね…」

希「エリチがあんなに怒鳴るのμ's結成時以来やわ…」

穂乃果「いや穂乃果それ聞いてないけど…」

希「悪いことしちゃったなー…」

穂乃果「うん…」
249: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:40:19.47 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「これで絵里ちゃん脱退とかになったら…穂乃果と希ちゃんどうなっちゃうだろうね…」

希「普通に考えて殴り殺されるやろ…」

穂乃果「うん…はぁ…」


希「…」

穂乃果「…」

絵里の鞄「…」

希「…」

穂乃果「…え?えっ嘘でしょ…?」

希「何…?どうしたん?」

穂乃果「これ…」

絵里の鞄「…」
250: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:46:36.90 ID:acJdfz/2.net
希「えっ!?それエリチの鞄!?

穂乃果「そうだよ!そうでしょ!!」

希「はっ!?じゃあどういうことなん!?」


穂乃果「だって絵里ちゃん…二度と姿をあらわすなって言ってたよね!?」

希「えっでも鞄とりに来るやろ!?」

穂乃果「来るでしょ多分!!」

希「エリチの方から姿を表しに来るってこと!?」

穂乃果「すっごい気まずいじゃん!?どうすんのそれ!?」

希「勘弁してやっ!!もっと別の捨て台詞なかったんか!!」

穂乃果「数ある捨て台詞の中で一番鞄とりにきづらいヤツじゃん!!」
251: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:52:24.64 ID:acJdfz/2.net
希「ちょっともう…どうするんこれホント…全部入ってるやん…」ガサゴソ

穂乃果「全部入ってる?」

希「だってもう…財布も入ってるし…鍵も入ってるんよ?」

穂乃果「えっ鍵入ってるの!?絶対取りに来るじゃん!!」

希「来るよっ!!どうするん!!」

穂乃果「来られてもねぇ!?どうすんの来たら!?希ちゃんどうするの!?」

希「そんなんもう…開き直ってガンガンいじってくしかないやろ」

穂乃果「ダメだよ絶対!!怒られるよ!!ワカッタワネーッ言われるよ!!」

希「ふふっwwwそしたらやばいやん!!またやばいやん!!」

穂乃果「またやばいよっwwでも本当どうしよう!?もう電話してみよっか!?」

希「そうやなー…穂乃果ちゃん頼むわ」

穂乃果「なんて言えばいい?鞄どうするかって?」

希「それはちょっと意味分からんけど…まあとにかくしてみればいいやん?」
253: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 21:58:43.72 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「わかったよ…」スッスッ

希「…」

穂乃果「…」

…ユーメーガオオキクナールホドー♪タメサレルダロー♪

穂乃果「えっ?近くで鳴ってるよ?」

ムーネーノアーツサデノーリキレー♪

希「鞄の中か…?」ガサゴソ

ボークーノオンドハー♪アツーイカラーアツースギテー♪トマーラナイー♪

穂乃果「いや、ちょっと待って…絵里ちゃんさっきポケットに携帯入れてた…っていうことは…」

ムボウナカケ カチニイコー♪

穂乃果「近くにいるっ!?もう早めに気付いて戻ってきてる!?ちょ希ちゃん!?絵里ちゃん近くに…希ちゃん!?希ちゃん…?」


希「穂乃果ちゃん…見てみぃや…」
254: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 22:04:21.25 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「え…?」

希「エリチの鞄に…ウチらの写真が入ってるんや…ほら、にこっちの写真…真姫ちゃんの写真…ウチの写真…」

穂乃果「…!」

希「ウチら…本当バカやな…エリチはこんなにμ'sのことを思ってたのに…あんなふうにからかったりして…」

穂乃果「…」

希「穂乃果ちゃん…ちゃんとエリチに謝ろう!土下座でも何でもして戻ってきてもらうんや!!」


穂乃果「穂乃果のだけない…」

希「…え?」
255: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 22:09:52.15 ID:acJdfz/2.net
穂乃果「いや…穂乃果の写真だけない…」

希「え…嘘やろ?」ガサゴソ


希「あっフツーにホントや」

穂乃果「絵里ちゃん…いるんでしょ…?」


絵里「い、いるわ…」コソ

穂乃果「いつからいたの?」

絵里「めっちゃ怒ってたやんのところからよ…」

穂乃果「殆ど最初じゃん!!ていうかどういうことなの絵里ちゃん!!皆の写真はあるのに!穂乃果のだけないなんて!!」
256: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 22:15:23.86 ID:acJdfz/2.net
絵里「違うのよ…」

穂乃果「何が違うの!?絵里ちゃん…穂乃果のことなんてどうだっていいんでしょ!?仲間と思ってないんだ!!」

絵里「聞いて穂乃果…」


穂乃果「聞きたくないっ!!もう二度と穂乃果の前に姿をあらわさないでっ!!ワカッタワネーッ!!」クネ

希「ぶっwwwやめえやっwwwwっw」


絵里「穂乃果の写真ならあるわ…ここよ」スッ

穂乃果「えっ…?」

絵里「穂乃果は…私に手を差し伸べて、導いてくれた大切な人…仲間と思ってないわけないじゃない?だから…穂乃果の写真だけはこうやって肌身離さず持ってたのよ…」

穂乃果「絵里…ちゃん」
257: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 22:21:19.57 ID:acJdfz/2.net
絵里「さっきはごめんなさい…おふざけだって頭では分かってたのに…カっとなっちゃって…」

穂乃果「絵里ちゃん…!!穂乃果のほうこそごめんっ!!あんなふうに言ってからかっちゃって!!ごめんなさい!!」ギュー

絵里「いいのよ…私が大人げなかっただけ…」ナデナデ

穂乃果「絵里ちゃーん!!」ギュー

絵里「穂乃果!! 希「ちょそれおかしない?」


絵里「えっ…」

希「何で穂乃果ちゃんの写真は肌身離さず持ってて…ウチのは鞄なん…?」

絵里「いやそれはっ…それは仕方ない 希「仕方ないってなんやねん!?エリチは仲間に順番をつけるんか!?それが仕方ないんか!?」

絵里「希…ごめん…」

希「謝られても困るわっ!!どうせエリチはウチのことなんてどうだっていいんやろ!!もう二度とウチの前に姿をあらわすんやないよ!!ワカッタ 穂乃果「もういいからそれっ!!穂乃果がやったからっ!!」
258: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 22:26:58.24 ID:acJdfz/2.net
絵里「もう…いい加減ラーメン食べましょう…」

希「伸びきってるけどな…」

穂乃果「ま…これからも末永くってことで…」

希「あっそうや!エリチ頼もう!」

絵里「え…?私を頼む…?」


穂乃果「っwww違うよ絵里ちゃん」

希「…」

穂乃果「希ちゃん…今のはエビチリ頼もうを言い間違えたんだよね…?」

希「えっ///いや…っ///…///…」

絵里「ふふっw…ええ、頼みましょう!」


おわり
267: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 18:44:43.28 ID:7Z607cuU.net
●海未「大丈夫ですか…?」:「大丈夫です」

Printemps、lily white、BiBi結成当初


海未「ふぅー…」

穂乃果「おっつかれさまでーすっ!!」ガチャ

海未「穂乃果。お疲れ様です」

穂乃果「海未ちゃん!あ、そうだ。海未ちゃんがノートに書いてた歌詞の打ち込み、やっといたから!」

海未「ありがとうございます穂乃果。最近忙しくてどうも…」

穂乃果「いやいやどうってことないよ!海未ちゃんいっつも作詞とか頑張ってるんだからさ!」

海未「助かります。あ、作詞と言えばPrintempsはどうですか?新しい曲はできそうですか?」

穂乃果「うーん、ちょっと苦戦中かなー…」

海未「そうですか…あの、私もPrintempsの作詞を手伝いましょうか?」

穂乃果「なに言ってんの海未ちゃん!大丈夫だよ!lily whiteだって大変でしょ?」
269: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 18:49:53.95 ID:7Z607cuU.net
海未「本当に大丈夫ですか…?穂乃果は無理をすることがありますので…」

穂乃果「大丈夫だって本当!海未ちゃんこそ頑張りすぎだよー!」

海未「ならいいのですが…あっ!では…」

穂乃果「うん?」

海未「曲のタイトルだけでも一緒に考えましょうか?私はタイトルが先に浮かんで歌詞が書けていくこともありますので」

穂乃果「あー…なるほど!」

海未「勇気のReasonなども私が絵里と真姫に焼き肉に誘われなかったことで思い浮かんだタイトルです」

穂乃果「いやっ…それはちょっと意味分かんないけど…でもタイトルかーそういうふうに考えたことはなかったなー」

海未「ではちょっと考えてみましょうか」

穂乃果「うん。タイトルタイトル…」

海未「Printempsのイメージにあったような…」
270: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 18:55:23.76 ID:7Z607cuU.net
穂乃果「穂乃果とことりちゃんと花陽ちゃん…どんなイメージかなぁ…」

海未「ほんわかした感じでしょうか…ほんわか…」

穂乃果「うんうん」

海未「ほんわか…ほわほわ…ふわふわ…」

穂乃果「う…うんうん」

海未「ふわふわ…ふわふわ…ぷわぷわ?…ぷわぷわ…!」


穂乃果「あのっ…海未ちゃんやっぱり大丈夫だよ?」

海未「いや大丈夫です。これくらいなら負担ではないので」

穂乃果「ああ…そう」

海未「ぷわぷわ…ぷわぷわ…ぷわぷわー…お。ぷわぷわーお。ぷわぷわーお!あっこれ結構いいんじゃ 穂乃果「ああっ海未ちゃん本当大丈夫だから!!」
271: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 19:00:40.80 ID:7Z607cuU.net
海未「ぷわぷわーお!ぷわぷわーお!ですよ!これ結構よくないですか?ねぇ穂乃果?」

穂乃果「いやっ…大丈夫」

海未「大丈夫?いやあの…もうタイトルが出来たのでこのタイトルを元に歌詞を作ればいいんですよ穂乃果っ!」

穂乃果「いや…本当大丈夫」

海未「大丈夫ってなんですか!?いやもうタイトルが出来たので!!それで作詞やってもらえればいいですからっ!!」


穂乃果「つ…ツッコむなー!海未ちゃんツッコむねー!」

海未「えっ…ああ…!そりゃツッコミますよ///穂乃果がまた変なこと言うから…!」

穂乃果「あはは…ああそうだ!この前にこちゃんがさー!」

海未「いやいやそんな話よりぷわぷわーお!ですよ!!今はぷわぷわーお!の話だったじゃないですか!!」
272: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 19:06:15.14 ID:7Z607cuU.net
穂乃果「あー…海未ちゃん今日ホントツッコむね!!凄いよ喋りがー!お笑いの人みたい!」

海未「そっ、そりゃツッコミますよ…///穂乃果が変なこと言うからです…!で、ぷわぷわーお!ですが…歌詞をどうしましょうかねぇ…」

穂乃果「…」


海未「ぷわぷわーお…ぷわぷわーお…わーお…わーおわーお…」

穂乃果「…」

海未「わーおわーお…わーおわーお夢ならば…わーお♪わーお♪夢ならばー♪ 穂乃果「あのっ海未ちゃん本当大丈夫だからっ!!」

海未「そうですか?まぁたしかに…あんまり私がやってしまうと私のイメージの曲になってしまうかもしれないですね」

穂乃果「そう…だね!やっぱ穂乃果とことりちゃんと花陽ちゃんのイメージの曲にしたいから!」
273: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 19:12:14.57 ID:7Z607cuU.net
海未「そうですね…ことりと言えばワンダーゾーンの作詞はセンス抜群でしたからね」

穂乃果「うんうん!ことりちゃんもいるから大丈夫!」

海未「ワンダーゾーン…ワンダーゾーン♪キミに呼ばれたよ♪走ってきたよ♪」

穂乃果「うんうん!ワンダーゾーンいいよねー!」

海未「きっと不思議なー夢が始まるー♪始まるよー♪不思議だよー♪…不思議だよー…不思議だよー…不思議だよー」

穂乃果「…」


海未「不思議だよーなんでだ」

穂乃果「…はっ?」


海未「不思議だよー♪なんでだ♪スキスキ♪スキスキぷわぷわ♪」

穂乃果「なんでだはこっちが聞きたいよ…」ボソ
274: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 19:18:21.82 ID:7Z607cuU.net
海未「スキスキ♪ぷわぷわしちゃおう♪ 穂乃果「あのっ海未ちゃん本当大丈夫だからっ!!」

海未「大丈夫ですか…?」

穂乃果「うんうん…ほら、ワンダーゾーンを参考にするのもいいけど…花陽ちゃんのイメージも取り入れたいから…」

海未「そうですね。あ、花陽と言えばPrintempsの三人でA-RISEの皆さんとお食事会をするみたいですね?」

穂乃果「そうなんだよー!花陽ちゃんがツバサさん達に会いたがってさー!」

海未「そうですか、花陽が…。花陽がツバサさんに会いたい…会いたい…」

穂乃果「…」

海未「会いたい…会いたいツバサ…会いたくなる…会いたくなるなる♪ベイビー♪」

穂乃果「…はぁ…」

海未「会いたいツバサがびゅんびゅん♪もっと♪びゅんびゅん♪早く 穂乃果「いやっ大丈夫!!ホント大丈夫!!ホントに!!そんなの歌えないから!!」
275: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 19:23:56.74 ID:7Z607cuU.net
海未「そんなの…?」

穂乃果「いやっ…そんな…そんな海未ちゃんに何からなにまでやってもらったらホント悪いから!」

海未「いやいいんですよ。作詞くらいしか私にはできることはないですし…穂乃果には本当に感謝してるんです」

穂乃果「大したことしてないじゃない穂乃果は!」

海未「そんなことを言わないで下さい…穂乃果がいてくれたからμ'sがあるんです。穂乃果のおかげです」

穂乃果「穂乃果のおかげなんかじゃないよー!皆がいてくれたから 海未「その皆を集めたのが穂乃果じゃないですか!穂乃果のおかげです!」

穂乃果「穂乃果のおかげじゃないよ! 海未「おかげじゃないですか!穂乃果のおかげですよ!!」

海未「穂乃果がいてくれたから 穂乃果「海未ちゃーんっ!!」

穂乃果「別に穂乃果は海未ちゃんに無理させたくてμ'sを作ったわけじゃないよっ!!皆で足並み揃えてやろうって言ってんじゃん!!海未ちゃんばっかりに無理させたくないからっ!!ふざけないでよっ!!あああーっ!!」

海未「…」

穂乃果「あああぁーーっ!!!」
276: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 19:29:24.27 ID:7Z607cuU.net
海未「わかりました…ありがとうございます穂乃果…」

穂乃果「わかってくれた!?」

海未「お礼にぷわぷわーお 穂乃果「大丈夫大丈夫!!ホント大丈夫だから!!」


にこ「にっこにっこにー!」ガチャ

穂乃果「あっ!にこちゃん!」

海未「お疲れ様です。にこ」

にこ「どうしたのおっきな声出して?外まで聞こえてたわよ」

穂乃果「いやなんでもないよ! 海未「今穂乃果とPrintempsの新曲を作ってたところでして…」

にこ「ふーん。新曲ねー」

穂乃果「…」
277: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 19:35:21.53 ID:7Z607cuU.net
海未「BiBiはどうですか?新しい曲はできそうですか?」

にこ「まだちょっとなんとも言えないわねー」

海未「BiBiのほうの作詞も手伝いましょうか?」

にこ「いやいや大丈夫よ!BiBiはにこ達でやるわ!あんたはlily whiteにだけ集中しなさい!」

海未「そうですか…でもBiBiの皆も大変じゃないですか?にこは部長としての仕事もあるでしょうし、真姫は作曲、絵里はダンス指導で…」

にこ「そうねーでも大丈夫だから」

海未「では…新曲のタイトルだけ一緒に考えさせて下さい」

にこ「タイトル?」

海未「ええ。タイトルが先に決まれば歌詞もイメージしやすいでしょうし」
278: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 19:41:05.03 ID:7Z607cuU.net
にこ「タイトルかー。プリティーでキューティーなにこにぴったりなタイトルがいいにこっ!」

海未「プリティ…キューティー…キューティー…パンサー…キューティーパンサー…」

にこ「…はっ!?」

海未「キューティーと対照的な言葉を組み合わせるとキューティーさが引き立つと思いまして…でもライオンやチーターとかだとゴツすぎるので…やはりパンサーかと…」

にこ「やはりパンサーかと…?」

海未「やはりパンサーかと」


にこ「いや…あの本当大丈夫だから」

海未「キューティー…パンサー…キューティー♪パンサー♪Yeah♪ にこ「ちょ何言ってんの!?何言ってんの!?」

海未「にこがキューティー♪パンサー♪Yeah♪と歌ってる姿が頭に浮かんだもので」

にこ「いや勝手に浮かべないでくれないそんなの!?」
279: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 19:46:43.35 ID:7Z607cuU.net
海未「そんなの…?」

にこ「いやあの…そんな…そんな歌はにこ達にはまだ早いわ…」

海未「そうですか…?…ではPrintempsで使いますかキューティーパンサ 穂乃果「いやホント大丈夫!!ホント大丈夫だから!!」

海未「ではやはりBiBiで… にこ「いや大丈夫!!絶対!!絶対大丈夫!!」


海未「…ちょっと大丈夫ってなんなんですかさっきから!?何が大丈夫なんですか!?大丈夫の意味が分からないんですがっ!?説明して下さい!!穂乃果っ!!」

穂乃果「いやその…穂乃果は海未ちゃんにホントに無理させたくないから…」

海未「…」

穂乃果「だから本当に…ぷわぷわーおとか…大丈夫だから…」

にこ「…なによぷわぷわーおって…」
280: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 19:52:25.17 ID:7Z607cuU.net
海未「そうですか…にこっ!説明して下さい!」

にこ「いや…ださいから 穂乃果「ちょ!!」

にこ「いやだってださいでしょ…何よキューティーパンサーって 穂乃果「やめなよ!何言ってんのにこちゃん!?」

にこ「いやださいわよ 穂乃果「ださくないよ!別にださくはないでしょ!!」

にこ「そっちのぷわぷわーおとか何なのよ一体!?ひどいもんよ 穂乃果「黙って!にこちゃんとりあえず黙って!」

海未「にこっ!!キューティーパンサーはださいんですか!?」

にこ「…うん 穂乃果「うんじゃないよ!!」


海未「そういうことですか…キューティーパンサーはそんなにださいですか…」

にこ「ださいわよっ!! 穂乃果「やめなよっ!!」
281: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 20:07:44.52 ID:SnHAaM87.net
海未「じゃあ穂乃果はどう思うんですか…キューティーパンサー…ださいと思いますか」

穂乃果「そんなことないよ…」

海未「じゃあPrintempsで使っていただけますね?」


穂乃果「それは大丈夫 海未「それやめなさいよっ!!」

海未「大丈夫大丈夫って…ダーイジョーブダーイジョーブってあなた達は!!何が大丈夫なんですか!?ださいから歌いたくないと…そういうことなんでしょう違いますか!?」

穂乃果「ち…違うよ 海未「何が違うんですか!?」

穂乃果「別にその…キューティーパンサーがださいなんて本当思ってないんだけど…本当に思ってないんだけど!その…歌いたい感じではないかなっていう… 海未「もういいですっ!!」

穂乃果「…」
282: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 20:16:00.05 ID:SnHAaM87.net
海未「にこっ!!」

にこ「…」

海未「あなたのことは一旦許します 穂乃果「ちょちょちょえっ!?穂乃果は!?」

海未「私の歌詞がださいのであれば…本当にださいのであった場合はですよ?それは言ってもらわないと困るからです。μ's全体の質に関わりますので…ですが穂乃果!!」

穂乃果「…」

海未「あなたはださいと思っていながらも…それを言わずに誤魔化してるじゃないですか!!」

穂乃果「いや違うよ…?本当に穂乃果 海未「バカにしないでくださいっ!!あなたが嘘をついてる時などわかりますよっ!!」

海未「それを遠回しになんですかっ…イヤチガウンダヨ…?ウタイタイ カンジデハ…ナイカナ トイウ…シダイデゴザイマシテ…って…!」

穂乃果「…っww 海未「なに笑ってるんですかっ!?」
283: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 20:24:32.89 ID:SnHAaM87.net
海未「もう一度だけ…最後にもう一度だけ聞きます…にこっ!!」

にこ「なによ…」

海未「キューティーパンサーはださいですかっ!? にこ「ださい」

海未「…穂乃果っ!!キューティーパンサーはださいですかっ!?」


穂乃果「…ださいよ 海未「はぁっ!?サイッテーですねあなたはっ!!」

穂乃果「いや海未ちゃんがださいって言えって言ったんじゃん!!」

海未「ださいと言えなんて一言も言ってませんよ!!」

穂乃果「だって正直に言えって言うから!!」

海未「正直に言ったらキューティーパンサーはださいってことになるんですかっ!!」

穂乃果「そうだよ!!だいさいもん!!ださいださいださい!!」

海未「わかりましたよっ!!」
284: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 20:51:30.61 ID:ReWikZMY.net
海未「もう分かりましたよ…じゃあ、ぷわぷわーおはどうなんですか…ぷわぷわーおもださいんですか穂乃果っ!!」

穂乃果「そっちはださいっていうか…意味がわからない 海未「何を言ってるんですかあなたはっ!?」

海未「意味がわからないって…意味がわからないってどういうことですかっ!!」

穂乃果「そのまんまの意味だよ!!意味がわからないからわからないって言ってるんだよ!!」

海未「何あなたは急に正直になってるんですか!!」

穂乃果「海未ちゃんが正直に言えって言ったからでしょ!!」

海未「わかりましたよっ!!」
285: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 20:59:34.21 ID:ReWikZMY.net
海未「もう分かりましたよ…キューティーパンサーはださくて…ぷわぷわーおは意味がわからないと、そういうことなんですね?穂乃果、にこ」

穂乃果「そうだよ!」にこ「そうよ!」

海未「分かりました…はい。…これでいいのかもしれません。ださいものはださいと、意味がわからないものはわからないと、そう正直に言い合える…それが理想の状態だと思います…」

穂乃果「海未ちゃん…」

海未「この話はもうここで終わりにしましょう…」

にこ「海未…」


海未「とりあえず二人には…ぷわぷわーおとキューティーパンサーで歌詞を書いてもらいます にこ「はあっ!?」穂乃果「ちょどういうこと!?どういうこと!?」
286: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 21:06:45.84 ID:ReWikZMY.net
海未「いえ…私も今までμ'sで歌詞を書いてきて、感覚というものが身についてきました。ぷわぷわーおとキューティーパンサーはいけると思うのです。PrintempsとBiBiで歌われてる姿が目に浮かぶのです」

穂乃果 にこ「…」

海未「しかもそうすれば…ここにいる三人が同じ気持になれますので」

にこ「は…?」

海未「私は今こうして…自分の歌詞がださいと、意味がわからないと言われて嫌な気持ちですし…あなた達二人も、ださくて意味の分からない歌詞を書かなきゃいけなくなれば嫌でしょうから 穂乃果「そこ揃える必要ある!?」

海未「あなたが足並み揃えてやろうって言ったんじゃないですか穂乃果っ!!穂乃果っ!!」

穂乃果「なんで二回呼ぶの…」

海未「よし、もうそれでいきましょう!!さあ歌詞を書いてください!!今っ!!」

にこ「勘弁してよ!!今日は帰るわよ!!」

海未「帰れません!!キューティーパンサーが書けるまで帰れませんっ!!」
288: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 21:18:07.91 ID:ReWikZMY.net
にこ「ふざけんじゃないわよ!!今日うちシチューなのよっ!!」

海未「今日は食べれませんっ!!」

にこ「なんなのよっ…!?」


海未「じゃあ穂乃果…ぷわぷわーお。願いします。嫌でしょうけど」

穂乃果「嫌だよ…」

海未「にこ…キューティーパンサーを。嫌でしょうけど」

にこ「嫌よ…」

海未「二人共…嫌ですね?」

穂乃果「嫌だよ!」にこ「嫌よ!」

海未「はい…私も嫌です。それでは…作業に取り掛かってください」

穂乃果「…にこちゃん。もうやろう?海未ちゃんがこうなっちゃったらもう無理だから…」

にこ「はぁ…もう…わかったわよ…」
289: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 21:27:41.30 ID:4ypSioGr.net
穂乃果「わーおわーお…わーおわーお夢ならば…はぁ…夢なら早く覚めてよ…」

にこ「キューティーパンサー…キューティーパンサー…ああ…何もでてこないわ…無理よこんなの。無理よ無理よ…」

海未「二人共…嫌ですか?」

穂乃果「嫌だよ!」にこ「嫌よ!」


にこ「絶対こんなの無理よ…!もう帰りたい!! 海未「逃げられると思うんですか!?」

穂乃果「もういや…涙出てきそう…涙が…涙がじゅんじゅん…ほっぺじゅんじゅん流れ…」

海未「二人共…まだ嫌ですか?」

穂乃果「嫌だよ!」にこ「嫌よ!」
290: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 21:35:05.31 ID:4ypSioGr.net
海未「まったく…」ガチャ

穂乃果「あっ海未ちゃん帰るのっ?」

海未「何嬉しそうにしてるんですかっ!!お手洗いですよ!!」


にこ「はぁー…」

穂乃果「にこちゃん…本当に無理そう?」


にこ「…案外いけそう」

穂乃果「ねーっ?」


おわり
296: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 15:11:40.14 ID:YhIm6zjb.net
●にこ「キューティーパンサーの方向性」:「バンドの方向性」


にこ「ふぅー…」

絵里「…」

真姫「…」

絵里「…ちょっといいかしら?話し合いたいんだけど」

にこ「…いいわよ」

真姫「あー悪いけど私、そろそろ帰らなきゃ」

絵里「ちょっとだけ待って。大事な話なの」

真姫「私、今日買いに行かなきゃいけないものがあるのよ」

絵里「…大事な話なのよ?そんなに急ぎの買い物なの?」

真姫「…悪いけど」

にこ「買い物なんてどうでもいいでしょうよ!BiBiより大事な買い物だっていうの!?」
297: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 15:18:03.50 ID:YhIm6zjb.net
真姫「別に大したもんじゃないわよ…部屋着のスウェットの下がだるんだるんになっちゃったの。それで結ぶ紐あるでしょ。あれが穴の中に入って出てこなくなっちゃったのよ。だから中に入っちゃった紐を取り出すためのピンセットの長いやつ買いに行くだけよ」

絵里「本当に大したものじゃないわね!!」

にこ「スウェット自体買い替えなさいよ!金持ちでしょ!」

真姫「あのスウェットが良いの!放っておいて!」

にこ「とにかく座りなさいよっ!」

真姫「わかったわよ全くー…」


絵里「BiBiの新曲…キューティーパンサーのことだけど。悪い歌詞だとは思わない。でもちょっと奇抜すぎるように私には思えるの。もっと聞いてくれる人の気持になって、わかりやすい歌詞に直したほうがいいと思うわ」
298: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 15:25:39.48 ID:YhIm6zjb.net
にこ「…やっぱりその話なのね。それは私が書いた今の歌詞を捨てるってことね?」

絵里「ええそうよ…!あのままじゃどうにもならないわ!」

にこ「私は今のキューティーパンサーの歌詞が好きよ。悪戦苦闘して書いた詞だけど、満足いくものになったと思う。確かに今は歌詞だけしかできてなくて曲のイメージが掴めてない…でもこれから私達で考えて、今の歌詞を受け入れてもらえるような曲にしたらいいじゃない!」

絵里「そりゃこのままキューティーパンサーを良い曲にできたら一番いいわよ…でも無理なのよ!」

にこ「そんなのわかんないでしょうよ!!」

絵里「ことりだってワンダーゾーンを作詞する時に何度も何度も失敗してた…でもそうやって試行錯誤している内にあんなに素晴らしい曲にできた!失敗を失敗と認めて先に進むことだって大事なのよ!」

にこ「ことりは作詞自体に躓いてただけで、完成した歌詞を壊したわけじゃないわよっ!!」

絵里「もう壊してでも作りなおしたほうがいいでしょうっ!!」


にこ「はぁ…ちょっと、パンサーB!」

真姫「…なによ」
299: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 15:33:33.79 ID:YhIm6zjb.net
にこ「あんたも黙ってないで何とか言いなさいよ!」

真姫「別に…」

にこ「別にじゃないわよ!自分の意見を言いなさいよ!」

真姫「…歌詞にとやかく文句を言うつもりはないわ。パンサーAとパンサーCに任せる」

絵里「パンサーB…今はあなたの正直に思ってることが知りたいの」

にこ「そうよ!なんでもいいから、キューティーパンサーについて自分の意見言いなさいよ!パンサーCの言うように、メジャー志向でいくのか…」

絵里「パンサーAの言うように、このままでいくのか…」

真姫「私は…」

にこ「何よ…?」
300: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 15:40:52.95 ID:YhIm6zjb.net
真姫「もういい加減キューティーパンサーって言葉自体にうんざりしてるの。二人はキューティーパンサーを残しつつ歌詞をどうするかで揉めてるみたいだけど、まずそれ以前にキューティーパンサー自体を捨て去ったほうが絶対いいと思うわ」

にこ 絵里「…」

真姫「キューティーパンサーの意味がわからないし。だから私は二人がキューティーパンサーについて熱く語ってるのを見て、バカなんじゃないかなって思ってたわよ」

にこ 絵里「…」

真姫「大体パンサーA,B,Cで呼び合うこと自体全く意味がわからない にこ「やめなさいっ!!」

にこ「そこまで言うことないでしょう…!!」

絵里「大丈夫?パンサーA…?」

にこ「…パンサーの気持ちになればいい曲ができるかなと思ったのよ///」

絵里「顔真っ赤じゃないの…」
301: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 15:49:01.01 ID:YhIm6zjb.net
にこ「私だって嫌だったわよパンサーAなんて…なんでパンサー+カップ数で呼ばれなきゃなんないのよ…!!」

絵里「落ち着いて…パンサー+カップ数だったら私は今頃パンサーEよ…? にこ「うるさいわねっ!!今頃って何よ!!」


真姫「もういいでしょー?私早くスウェットの にこ「スウェットスウェットうるさいのよ!!いいのよスウェットはダルンダルンのままで!!」

絵里「パンサーAB!喧嘩はやめなさい!! にこ「まとめて呼んでんじゃないわよっ!!」


絵里「パンサーB…キューティーパンサー自体を捨てるっていうけど、じゃあどういう曲にするかアイデアはあるの?」

真姫「えっ…アイデア…!?…えーと…キューティージャガー? にこ「発想が全く同じじゃないのよ!!動物変更しただけじゃどうにもならないのよっ!!」
302: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 15:56:02.45 ID:YhIm6zjb.net
真姫「もうわかったわよ!キューティーパンサーでいいわよ!歌詞もこれでいいわ!はいっ話おわりね!」

にこ「ちょっと何よそれ!?パンサーB!いい加減にしなさい!!そんな気持ちでキューティーパンサーに関わってほしくないわ!」

絵里「そうよパンサーB!もっと真剣にキューティーパンサーに向き合いなさい!!」

真姫「うるっさいわねー!ちょっと今即興で歌ってみるからー!」


真姫「コホッ…キューティーパンサッわたしぃー♪どこでもいっくぅよー♪きぃみのー♪きぃみのー♪ココロ盗んで見せるよぉー♪」

絵里「あれ…意外といいわね。ねぇにこ?」

にこ「そうね…思ったよりもいいわね、絵里」


絵里 にこ「その調子で頼むわね、パンサーB 真姫「ちょっとー!!なんで私だけパンサーのままなのよっ!!」


おわり
306: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 20:18:50.24 ID:YhIm6zjb.net
●穂乃果「ぷわぷわーおの話」:「あの話」

定食屋

穂乃果「うん…うん…あの学校の近くの定食屋…うん…あ、ホント?海未ちゃんが?…じゃあうん…待ってるから…うんうんはーい」スッ

花陽「海未ちゃん?来るって?」

穂乃果「うん…」

花陽「珍しいね。海未ちゃんが定食屋に来るなんて」

穂乃果「…だよね?」

花陽「?…うん」

穂乃果「うわーっ…やっばー…」

花陽「どっ…どうしたの穂乃果ちゃん!?」

穂乃果「絶対ぷわぷわーおの話だーっ…!!」

花陽「ぷわぷわーお!?何ソレェ!?」
307: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 20:25:44.16 ID:YhIm6zjb.net
穂乃果「忘れてくれたと思ったのに…覚えてたんだぷわぷわーお…どうしよう…!!おかしいもんねぇ海未ちゃんが定食屋来るなんてねぇ!?絶対ぷわぷわーおの話だよ…あああー…」

花陽「ほっ…穂乃果ちゃん落ち着いて?花陽にはなんの話か全然っ…」

穂乃果「この前ね…海未ちゃんがPrintempsの曲のタイトル考える事件あったの…」

花陽「Printempsの曲のタイトル考える事件っ!?いやっ…海未ちゃんにタイトル考えてもらうことがどうして事件になるのぉ!?」

穂乃果「いやそのタイトルがひどかったんだよそれはもう…!!ぷわぷわーおとか言ってさ!!ないじゃんそんな曲!?しかも穂乃果にその曲の歌詞書けとか言ってきてさぁ…」

花陽「そ…それでどうなったの…?」

穂乃果「いや一瞬いけそうな気がしたんだけど結局全然ダメで…一緒にやってたにこちゃんはさっさと書いて帰っちゃうし…もう穂乃果パニクっちゃって…」

花陽「パニクっちゃったの…?」

穂乃果「パニクっちゃったよ…それで、愛の中泳いでるとか…苦しくさせないで恋心とか…それはもうひどい歌詞ヤケクソに書いちゃって…海未ちゃんはそれでいこうとか言い出すし…」

花陽「ほぁあ…」
308: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 20:32:26.81 ID:YhIm6zjb.net
穂乃果「で…書いたはいいもののそんな歌詞絶対歌いたくないから…なかったことにして別の歌詞書いてるよ…」

花陽「なかったことにしちゃったのぉ!?」

穂乃果「なかったことにしちゃったよ…」

花陽「それで…海未ちゃんには何て言ったの…?」

穂乃果「何も言ってないよ…だからまだぷわぷわーおで曲作ってると思ってるんだよ海未ちゃんは…」

花陽「…」

穂乃果「だから今ぷわぷわーおの進捗を聞きに来ようとしてるんだよ!!絶対ぷわぷわーおの話だよ!!どうしよう何もやってないよ!!」

花陽「…」

穂乃果「ちょ…そんな引かないでよ花陽ちゃん!!」
309: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 20:39:47.32 ID:YhIm6zjb.net
花陽「いやっ…引いてはないよぉ…」

穂乃果「引いてるじゃない!なんで目見て話してくれないの!」

花陽「とりあえず…花陽は帰るから… 穂乃果「ちょちょちょなんでなんでなんでっ!?」

花陽「だって花陽…Printempsなのにぷわぷわーおのこと今まで全く知らなかったんだから…ここにいたらまずいよぉ…」

穂乃果「いやいてよ花陽ちゃん!!」

花陽「無理だよぉ…絶対変な感じになっちゃうよぉ…」

穂乃果「いやそこを花陽ちゃんがワーッと盛り上げてくれればさぁ!」

花陽「ぜっ…絶対ムリだヨォ…!!そんなテーマでワーッとはできないヨォ…!!」

穂乃果「ヨォとか言ってないでお願い花陽ちゃん!!ホントいて!!いて!!フォローしてフォロー!!」

花陽「ダ…ダレカタスケテー!!!」
310: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 20:46:45.22 ID:YhIm6zjb.net
穂乃果「お願いお願いお願い!!じゃあもう花陽ちゃんいてくれるだけでいいから!!お願いお願い!!」

花陽「じゃ…じゃあ本当にいるだけだよ…?」

穂乃果「うんっ!もういるだけでいいから!!お願い!!」

花陽「わっ…わかったよぉ…」

穂乃果「それだけで十分…はぁーよかった…」


海未「…」ガチャ

穂乃果「っ…」

花陽「…」

海未「あっ穂乃果!花陽!お疲れ様です」

花陽「お…お疲れ様でヒュ…」

穂乃果「おーっ!海未ちゃん!早かったねぇ!」

海未「もう近くまで来ていたもので」
311: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 20:54:00.45 ID:YhIm6zjb.net
穂乃果「あーそうなんだ!海未ちゃんなに食べる?はいメニュー!」

海未「ありがとうございます…では…この漬物盛り合わせでも…」

穂乃果「それだけー?もっと色々あるよほら天丼セットとか!」

海未「いえ…そんなにお腹がすいてるわけではないので…」

花陽「っ…」

穂乃果「あー…そうなの…」

海未「はい」

穂乃果「でも珍しいねぇ?海未ちゃんがこの定食屋くるなんて!」

海未「穂乃果と花陽がここに来ていると聞いたので…」

花陽「…」

穂乃果「あー…そうなんだ…」

海未「ちょっと話がありまして」
312: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 21:00:25.59 ID:YhIm6zjb.net
花陽「…」

穂乃果「な…なに話って?」

海未「穂乃果…」

穂乃果「…はい」

海未「花陽…」

花陽「…ハェッ」

海未「新曲の…」


海未「キミのくせに!をことりに聞いてもらいましたっ…///」

穂乃果「…あっ?」

花陽「…?」
313: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 21:07:12.02 ID:YhIm6zjb.net
海未「いえっ…あの…///キミのくせに!はことりをイメージした新曲なのですが…///それを今日ことり本人に聞いてもらいました…///」

花陽「??」

穂乃果「あっ…あー…キミのくせにって…海未ちゃんがノートに書いてたアレレーとか言うやつ…?」

海未「アレレーとか言うやつですっ…///」

穂乃果「それでそれで…?」

海未「それがっ…///結構好きな曲だと言ってもらいましたっ…///」

穂乃果「あーそう!」

海未「そっ…それをお二人にも報告したくて…///」

花陽「…」

穂乃果「…」
314: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 21:13:32.90 ID:YhIm6zjb.net
花陽「え…? 穂乃果「良かったじゃ~んっ!!海未ちゃーんっ!!」

海未「あっ…ありがとうございます穂乃果…///」

穂乃果「いや良かったねぇー!!好きな曲だって言ってもらえて!!ねぇー良かった!!ねぇ花陽ちゃん!!」

花陽「えっ…ま、まぁ…」

穂乃果「いや~良かったー…!!ホンット良かったぁ~…」

海未「そっ…そんなに喜んでくれるんですか…///」

穂乃果「あったりまえじゃな~い!!はぁー…良かったぁ…」

海未「ありがとうございます…///」

穂乃果「じゃあちょっとお茶しかないけど乾杯にしよっか!!かんぱーい!!」

海未「ありがとうございますっ///」カチッ

花陽「…」カチッ
315: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 21:21:02.87 ID:YhIm6zjb.net
海未「今学校で聞いてもらって…その帰りなんです…///」

穂乃果「へー!いいねぇ~!ねぇ花陽ちゃん!!」

花陽「ま、まぁ…」

穂乃果「いやー良かった!」スッ 海未「本当に緊張してしまいまして///」スッ

穂乃果「あっ海未ちゃんトイレ?」

海未「えっええ…あっ穂乃果もですか?」

穂乃果「ああーここトイレ一人用だから!海未ちゃん先いいよ!」

海未「いいんですか?」

穂乃果「もちろんだよどうぞどうぞー!!」

海未「ではすみませんが」

穂乃果「いいよいいよ行ってきなよトイレーっ!!お幸せなトイレをーっ!!」

花陽「ほっ…穂乃果ちゃんここ食べ物屋だからあんまり大きな声で…」
316: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 21:28:01.76 ID:YhIm6zjb.net
穂乃果「はっはっはっは!いやー良かった良かった!」

花陽「ぜっ…全然関係ない話だったね…?」

穂乃果「うんっ!助かったよー!やっぱり海未ちゃんぷわぷわーおのこと忘れちゃってるみたい!」

花陽「うん…」

穂乃果「いやー良かった良かった!関係ない話で!」

花陽「…」

穂乃果「心配して損したよーっ!!」

花陽「でも本当に良かったのかな…」

穂乃果「?…何が?」


花陽「ぷわぷわーおが…」

穂乃果「えっ…?」
318: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 21:35:11.05 ID:YhIm6zjb.net
花陽「だって…海未ちゃんがPrintempsのために考えてくれたタイトルなんだよね…?ぷわぷわーお…」

穂乃果「いやまあそれはそうなんだけど!だって違うじゃん…」

花陽「穂乃果ちゃんも頑張って歌詞書いたんだよね…?」

穂乃果「いやそりゃ書いたけどさ…!」


花陽「穂乃果ちゃん…ぷわぷわーお、Printempsでやってみよう?」

穂乃果「…えぇっ!?」

花陽「やろう…?」

穂乃果「いやいやいや!いやいやいや!!」

花陽「いやいやいやホントにっ!!ホントに!!やろう?ぷわぷわーお!Printempsで!」
319: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 21:41:29.31 ID:YhIm6zjb.net
穂乃果「なんでそうなっちゃうの花陽ちゃん!?」

花陽「だって…海未ちゃんも待ってるんだよ…?Printempsのぷわぷわーお…」

穂乃果「いやいやいやそんなことないよっ!!」

花陽「あるよっ!海未ちゃんが…Printempsのことを思って考えた曲のタイトル…忘れるなんて思えないよっ!」

穂乃果「そっ…そんな言い方しないでよ…罪悪感が…」

花陽「だっ…だってそうだよっ!」

穂乃果「そこまでのことじゃないよ!海未ちゃんもぽろっとぷわぷわーおっていう言葉が口をついて出ただけだよ!」

花陽「ぽろっとでぷわぷわーおなんて言葉はでてこないヨォッ!」

穂乃果「それはそうかもしれないけど…」

花陽「穂乃果ちゃん…海未ちゃんが戻ってきたら…ぷわぷわーおがまだ全然できてないこと…言おう?」

穂乃果「ちょちょちょ待ってよ!?なんで言う必要があるの!?」
320: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 21:47:54.69 ID:YhIm6zjb.net
花陽「だって本当のことだから…!」

穂乃果「言う必要はなくない!?言う必要はなくない!?だって本当に忘れてるかもしれないんだからっ!!」

花陽「だったら尚更言わなきゃダメだよぉ!!」

穂乃果「どうしてっ!?」


花陽「花陽の正義感だヨォ!!」

穂乃果「…正義感!?」

花陽「海未ちゃんがPrintempsのために考えてくれた曲をなかったことにするなんて…花陽の中の正義感が許せないよぉっ!」

穂乃果「いやっ…今度にしてよ花陽ちゃん!!」

花陽「なんだろう…この熱く燃えたぎるような気持ちっ…!これがっ…これが花陽の正義感…!!」

穂乃果「花陽ちゃん!?ちょ…自分に酔ってないで考えなおしてよっ!」

花陽「花陽…言うっ!!」

穂乃果「はっ…?」
321: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 21:54:10.43 ID:YhIm6zjb.net
花陽「穂乃果ちゃんが言わないなら…花陽が海未ちゃんに言う!ぷわぷわーおがまだ全然できてないって…!これからちゃんと作るって…!」

穂乃果「ちょっとやめてって…!穂乃果の頼み聞いて?ね?花陽ちゃん!!」

花陽「ダメですっ!花陽にだってあるんですっ!正義感!花陽の正義感っ!!許せないよっ!!あるんだからっ!!正義感っ!!花陽のっ!!μ'sのメンバーの一人の花陽の正義感 穂乃果「ちょちょちょどうしたの正義感っ!?」ガタッ

穂乃果「ちょっと…!正義感っ!」

花陽「別に花陽が正義感なわけじゃないよっ!」

穂乃果「花陽ちゃん落ち着いてって!」

花陽「じゃあ穂乃果ちゃん…海未ちゃんが戻ってきたら穂乃果ちゃんから言ってくださいっ!」

穂乃果「いやっ…でもそれは今日じゃなくても…」

花陽「じゃあいつ言うノォ!?ライブで言う!?これは海未ちゃんが作ったタイトルを完全無視してできた曲です聞いてくださいって!MCで言うノォ!?」

穂乃果「言えるわけないよそんなこと!!ざわざわってなるよっ!!会場全体ざわざわってなるよっ!!」
322: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:00:18.41 ID:YhIm6zjb.net
花陽「じゃあ今日言ってくださいっ!」

穂乃果「いやっ…あの…」

花陽「遅いな海未ちゃん…何かあったのかな?海未ちゃーんっ!!」ガタ 穂乃果「ちょちょちょ待って待って待って!」

穂乃果「あっえっと花陽ちゃんっあれっ、なななっ何でもするっ何でもするっ」

花陽「何でも…?」

穂乃果「ほらあれえっとー…花陽ちゃんが欲しがってたあのアイドルDVD!穂乃果がプレゼントするから!ね?」

花陽「花陽の正義感がアイドルDVDに負けると思うのぉ!?」

穂乃果「どうしちゃったの花陽ちゃん!?なんかいつもと感じ違くない!?」

花陽「凛ちゃんならこんな花陽も受け入れてくれるよっ!こうしちゃいられない…海未ちゃーんっ!!ぷわぷわー 穂乃果「おーいっ!!おぉーいっ!!何はっきり言っちゃってんの花陽ちゃん!!」
323: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:05:38.20 ID:YhIm6zjb.net
穂乃果「ぷわぷわーまで言った花陽ちゃん!!最後まで言ってないからギリギリセーフだけど花陽ちゃん!!やめてよっ!!」

花陽「じゃあ海未ちゃん戻ってきたら絶対言ってよっ!ここでぷわぷわーおを捨てたら花陽が花陽じゃなくなるっ!」

穂乃果「そんなことないんだよ絶対!大丈夫だからっ!どうしちゃったの花陽ちゃん!!」

花陽「分からない…でもライブの時みたく…思いが弾けそうなのっ…!」

穂乃果「そっ…そうなのぉっ!?」

花陽「穂乃果ちゃん…絶対言ってくださいっ!海未ちゃんが戻ってきて穂乃果ちゃんが言わなそうって思ったら花陽が言いますっ!!」

穂乃果「怖いよその判断!!」

花陽「花陽は絶対言う!! 穂乃果「絶対言わないで!! 花陽「絶対言うよぉ!!」

海未「どっ…どうしたんですか?随分盛り上がってますね…?」テクテク

穂乃果「あーっ大丈夫大丈夫!あっ花陽ちゃん酔っちゃった?家まで送ってこうか?」

海未「いやっ…お酒は入ってないと思いますけど…」
324: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:12:08.96 ID:YhIm6zjb.net
海未「なんの話でそこまで盛り上がってたんですか…?」

花陽「ぷっ 穂乃果「花陽ちゃん!穂乃果がちゃんと言うから!」

海未「どうしたんですか…?」

穂乃果「海未ちゃんおめでとうって!キミのくせにっていう良い曲ができておめでとうってちゃんと言うからさっ!!」

花陽「…」

海未「いえいえ…ありがとうございます…///」

穂乃果「いやー本当良いことだから!良い曲ができるっていうのは!ねぇ花陽ちゃん?」

花陽「うん」

穂乃果「いやー…本当おめでとうね海未ちゃん!」

海未「ありがとうございます///…あっ穂乃果。お手洗いあきましたので…どうぞ」

穂乃果「…えっ」
325: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:19:00.92 ID:YhIm6zjb.net
海未「ですのでお手洗いあきましたので…どうぞ」

花陽「…」

穂乃果「あー…大丈夫」

海未「大丈夫?」

穂乃果「うん…もうどっかいっちゃった!」

海未「ど…どっかいっちゃった…?」


花陽「…穂乃果ちゃん、行ってきたら…?」

穂乃果「いやいいよ…大丈夫だよ…」

花陽「…何を警戒してるの穂乃果ちゃん 穂乃果「いやー大丈夫だよ!!どっかいっちゃったからおしっこ!!あるんだねこういうこと!!」

穂乃果「どっかいっちゃったぁ穂乃果のおしっこ!!あれーっ!?なにこれなにこれ!?完全にどっかいっちゃったよ穂乃果のおしっこ 海未「あの穂乃果っ!!ここ食べ物屋なのでっ!!」
326: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:25:48.17 ID:YhIm6zjb.net
花陽「海未ちゃん!!あのねっ 穂乃果「あああーっ!!海未ちゃん一緒に行くトイレ?」

海未「いや行きませんよ!今行ってきたばっかりですよ!」

穂乃果「一緒に行っちゃおう!! 海未「行きませんよ!行く必要がないんですよ!!」

穂乃果「わかってるよそんなことー!冗談だよー!そんなことよりだよ?そのキミのくせにってどういう曲なのかなーって思って!」

海未「えっ…?」

穂乃果「穂乃果も聞きたいなーって思って!」

海未「き…聞きたいですか…?」

穂乃果「聞きたいよー!ねぇ花陽ちゃん?」


花陽「…とりあえず?」

穂乃果「とりあえず…」ボソ
327: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:30:28.98 ID:YhIm6zjb.net
穂乃果「じゃあとりあえず聞かせてもらっていい?」

海未「とりあえずって何ですか!?」

穂乃果「あー…違う違うそういうつもりじゃなくて…聞きたいなーと思って!」

海未「聞きたいですか…まあ音源はあるにはあるんですが…」

穂乃果「聞きたいよー!ねぇ花陽ちゃん!?」

花陽「…一旦?一旦聞いておく?」

穂乃果「一旦聞いておく…」ボソ


穂乃果「一旦聞かせて?海未ちゃん! 海未「一旦って何ですか!?一旦って!?」

穂乃果「ごめんっ!その辺はごめん本当に!!」

海未「言葉に気をつけてくださいよっ!!」
328: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:36:29.27 ID:YhIm6zjb.net
穂乃果「聞きたいっ!!とにかく本当聞きたいっ!!」

海未「聞きたいんですねっ!?」

穂乃果「聞きたいねー!ホント聞きたいっ!!」

花陽「…」

海未「全く…分かりましたよ///…んっ、ごめんなさい、電話が来てしまったみたいで…ちょっと失礼します」ガタ

穂乃果「あーそっか!そっかそっか!!あははは…」


花陽「…」

穂乃果「…」
329: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:41:48.14 ID:YhIm6zjb.net
花陽「…絶対言ってね?キミのくせに聞いたら絶対言ってね穂乃果ちゃんっ…!」

穂乃果「…それはキミのくせにによるよ… 花陽「なにソレェ!?キミのくせにによるってどういうことなノォ!?」

穂乃果「言える曲言えない曲があるよぉ!! 花陽「どういうことォ!?」

花陽「穂乃果ちゃんが言わないなら花陽が絶対言うからねっ!!ぷわぷわーおできてないって 穂乃果「ちょちょちょ聞こえるから!!海未ちゃんまで聞こえちゃうから!!」

花陽「本当に言うから!!ぷわぷわーおできてないって!!絶対花陽が 穂乃果「花陽ちゃーんっ!!」ギュー

花陽「むぐっ… 穂乃果「…」ギュギュー


海未「ちょ…どうしたんですか?どうして抱き合ってるんですか?」

穂乃果「いやちょっと花陽ちゃんが酔っちゃったみたいでさー!ほら花陽ちゃん酔うと人肌恋しくなるタイプだから!ねっ!」

海未「いやお酒は入ってないと思いますけど…」
330: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:47:15.83 ID:YhIm6zjb.net
海未「あの…すいませんが音源を学校に忘れてきてしまったみたいです。今から取りに戻りますので…」スッ

花陽「!穂乃果ちゃん…! 穂乃果「あっそうなんだー!!残念!!じゃあまた今度聞かせてねーっ!!」

海未「では… 花陽「海未ちゃーんっ!!」

海未「はい…?どうしました…?」

穂乃果「…」フルフル

花陽「…」

穂乃果「…ダメダヨ…ハナヨチャン…ダメダヨ…」フルフル

花陽「…」

穂乃果「ダメッ…ハナヨチャン…ダメダヨ…ヤメテ…ハナヨチャン…」フルフル

花陽「…」

海未「花陽…どうしたのですか大きな声を出して…?穂乃果…どうしたのですかプルプル震えて…?」

穂乃果「ダメ…ハナヨ 花陽「ぷわぷわーお!ぷわぷわーおがまだ全然できてないのっ!!海未ちゃんに考えてもらったぷわぷわ 穂乃果「あああぁぁーーっ!!あああぁぁはははっ!!!あああぁぁーーははははっ!!!」
331: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 22:52:33.10 ID:YhIm6zjb.net
穂乃果「…終わった…言われない流れだと思ったのに…」

花陽「…」

海未「ぷわぷわーおですか…そうですか…全然…」

花陽「うんっ…まだ全然…なにも進んでないのっ…」

海未「そうですか…やはり難しいですか?」

穂乃果「難しいよ…穂乃果には難し過ぎるよ…」


海未「そうですか…でも、焦らずにやってください。穂乃果たちのペースで…じっくり時間をかけてでもいい。一度他の曲に挑戦するのでもいい」

穂乃果 花陽「…」
332: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 23:00:24.51 ID:+5uLiHhi.net
海未「私は待ちますので…ぷわぷわーおを。穂乃果と花陽とことりの…最高のぷわぷわーおを。三人の納得のいくぷわぷわーおができるまで…何度失敗してもいいんです」

穂乃果 花陽「…」

海未「いつか…最高のかたちのぷわぷわーおを聞かせていただければ…私はそれで幸せですので」


穂乃果「うん…」

花陽「…」

海未「それでは…すみませんが失礼します」ガラ


穂乃果「…」

花陽「…」

穂乃果「もう…ぷわぷわーお…やろう?」

花陽「うんっ!」


おわり
337: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 17:02:59.46 ID:UkyHA3RD.net
●理事長「だけのノリ」:「だけのノリ」


理事長「ええ。そうそう…ええ。そこの路地入ったら看板出てると思うから。ええ…あ、ちょっと待って」

理事長「ここの店の名前、なんだったかしら?」

真姫母「あ、いたどりです」

理事長「もしもし?いたどりよ。ええ…すぐ分かるわ。ええ…お願いね」

理事長「もうすぐ娘が着くわ」

真姫母「あっ本当ですか?ごめんなさい…私の分の傘まで…」

理事長「しょうがないわ。降り出して来ちゃったんだもの」

真姫母「でも、いい娘さんですよね。こんな雨のなか迎えにに来てくれるなんて」

理事長「別に普通でしょう。でも、天気予報くらいチェックしておけばよかったわね」

真姫母「話し込んじゃってごめんなさい…先輩にだったら何でも相談できるから…」
338: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 17:09:42.46 ID:UkyHA3RD.net
理事長「まぁとにかく…難しい時期なのはわかるけど愚痴ばっかりこぼしていてはダメよ。まずは子供に素直に自分の考えを話す。それからよ」

真姫母「はい」

理事長「それができなければ、子供だって素直にはなってくれないわ。要するに…自分の子供に甘えるなってことよ」

真姫母「ありがとうございます」

理事長「ええ」

真姫母「なんか…私が言うのもなんですけど…先輩って本当にしっかりしてますよね」

理事長「何言ってるの…これくらい普通でしょう。それに…もう私はあなたの先輩じゃないのよ?西木野さん」

真姫母「そうですね…ごめんなさい、南さん」


ことり「…」ガチャ

理事長「あ、来たわね」

真姫母「あっ…こんにちは。私、西木野真姫の母です」
339: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 17:16:28.67 ID:UkyHA3RD.net
ことり「こんにちは真姫ちゃんのお母さん!ドリリンです 理事長「あっ娘のことりよっ!」

真姫母「えっ…ええ。いつも拝見させていただいてるわ。凄いわねスクールアイドルの活動」

ことり「ありがとうございます!真姫ちゃんにはいつもお世話になってます!」

真姫母「こちらこそ。あっ…雨のなか傘を持ってきて頂いて…ごめんなさいね」

ことり「いえいえ!」

理事長「悪いわねことり。ちょっと話が長引いてしまって」

ことり「ううん。大丈夫だよっ!」

真姫母「あっどうする?ちょっと座っていく?それとも、もう出たほうがいいでしょうか?」

理事長「そうね。時間も時間だし、出ましょうか」
340: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 17:22:55.37 ID:UkyHA3RD.net
ことり「でもちょっと喉乾いちゃった~!」

真姫母「あっ本当?何か頼みましょうか?」

理事長「ああー…じゃあほら、烏龍茶がまだ残ってるから」

ことり「もらっていい?」

理事長「ええ。早くしなさい」

真姫母「じゃあどうぞどうぞ!座って!」

ことり「おじゃまします♪」トスッ

真姫母「じゃあグラス、もらってくるわね」

理事長「ああ、良い良い。私の使えばいいから」

真姫母「大丈夫?」

ことり「はい!」
341: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 17:31:15.75 ID:UkyHA3RD.net
ことり「着替えないで出てきちゃったけど大丈夫かな?」

理事長「別に大丈夫よ…」

真姫母「じゃはい。どうぞ」

ことり「ありがとうございます!いただきま~す!」

真姫母「いやーでも、本当に南さんにはいつもお世話になってるのよ」

ことり「へぇ~そうなんですか?」

真姫母「本当なのよ?今日もずっと相談にのってもらってて…」

理事長「別に大したこと言ってないでしょう」

真姫母「いえ私にとっては本当にありがたかったので…ことりさんが羨ましいわ。良いお母さんに恵まれて」

ことり「え~っなんですかそれ~?」

真姫母「ふふっ…こうして南さんの娘さんと話すのは初めてだから…なんだか嬉しくなってきちゃったわ」

ことり「ムックン♪どんな話してたの 理事長「あっ外どうだった?結構降ってた?」
342: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 17:37:36.84 ID:UkyHA3RD.net
ことり「そうだねぇ~でもそんなに強くはないから」

理事長「あっそう…じゃあまぁ…大丈夫ね…」

真姫母「…」

理事長「…」

真姫母「…あのぉ~ 理事長「あっそうねじゃあもう行きましょうか?本降りになっても 真姫母「いえいえそうじゃなくて」


真姫母「南さん今…ムックンって呼ばれてませんでした…?」

理事長「…えっ…私が?」

真姫母「はい」


理事長「…なんで? 真姫母「いえっこっちが聞いてるんですけど…」

真姫母「えっ呼ばれてましたよね…?ムックンって…ねぇ?」
343: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 17:44:20.95 ID:UkyHA3RD.net
理事長「いや~…ちょっと記憶に…」

真姫母「呼んでたわよね?」

ことり「何かまずかった?ムックン♪」

理事長「…フゥー…」

真姫母「えっ…南さんって…娘さんにムックンって呼ばれてるんですか…?」


理事長「…」コク

真姫母「えっムックンなんですかっ!?南さんムックンなんですかっ!? 理事長「大きな声を出さないでっ!店のなかよっ!いい大人が何をはしゃいでるの!」

真姫母「いやっいい大人がムックンって呼ばれてましたので何事かと思って…えっなんでムックンなんですか?なにからとったんですか?」

理事長「なにからとったっていいでしょう!」
344: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 17:50:19.94 ID:UkyHA3RD.net
真姫母「すいませんあの…ちょっとさかのぼりますけども…ことりさん最初自分のこと…ドリリンって言ってたわよね?」

ことり「はい♪」

真姫母「ねぇ!?ねぇ!?そうよね!?いや一回流したのよちょっと怖かったから!」

理事長「いい加減にしなさい西木野さん!」


真姫母「えっ…ムックンと…」

理事長「…」

真姫母「ドリリンなんですか…?」

ことり「♪」


理事長「…ムックンとドリリンよっ!!」

真姫母「…ちょっと詳しく聞かせてもらってもよろしいでしょうか 理事長「別にもういいでしょうっ!!」
345: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 17:56:44.06 ID:UkyHA3RD.net
真姫母「いえいえいえいえ…」

理事長「ただのノリよ…」

真姫母「ノリってなんですかっ!?ムックンとドリリンになるノリってなんですか!?教えてください!!」

理事長「何でもいいでしょう…」

真姫母「いえっあの、なんのムックンなんですか…?ちょっともう教えて下さいよ~!!」

理事長「何のムックンでもいいでしょう…」

真姫母「お願いしますよ~ムックン!」

理事長「あなたがムックンって呼ぶんじゃないわよっ!」


ことり「ムクドリです♪」

理事長「…」

真姫母「…えっ?」
346: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:02:40.44 ID:UkyHA3RD.net
理事長「なんで言うのよあなた…」

ことり「いいじゃない別に~!鳥のムクドリです♪ねっ?」


理事長「…ハァ…」

真姫母「どういうことですか~っ!?」

理事長「…はぁ…だから…」真姫母「はい…」


理事長「まあ…娘が小さい時に…教育テレビでね…その…ムクドリの親子の…給餌シーンっていうの?そういうのを…一緒に見てたのよ…」

真姫母「はぁ」

理事長「…だからつまり…そういうことよ…」

真姫母「…あっ?」


理事長「…ふぅーっ…いやだからね…」真姫母「はい…」
347: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:09:06.93 ID:UkyHA3RD.net
理事長「まぁ…私達も…そのムクドリの親子のように…仲睦まじくやっていきたいわよねーみたいなところから…」真姫母「んっ…?」

真姫母「んっ…?」理事長「仲睦まじくやっていきたわよねーみたいなところからっ!」

理事長「まぁ…ムクとドリだねってなって…」真姫母「はっ…?」

真姫母「はっ…?」理事長「ムクとドリだねってなって!」

理事長「それで…ムックンって呼んできたから…」真姫母「えっ…?」

真姫母「えっ…?」理事長「ムックンって呼んできたからぁ!」

理事長「まぁ…ドリリンってこう…」真姫母「んっ…?」

真姫母「んっ…?」理事長「ドリリンってこうっ!!ふっ…ふざけて呼んだのが…はじまりよ…」


真姫母「いやっ…さっきからなに言ってんの? 理事長「あなたから聞いてきたんでしょうっ!!」
349: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:15:57.69 ID:UkyHA3RD.net
真姫母「ふふっwwいやぁーっ!!キツイですねっ!」理事長「うるさいのよ…」

真姫母「想像もしてなかったです!!まさかあのしっかり者の南さんの正体が…ムックンだったとは!!」

理事長「もういいでしょうっ!!」

真姫母「しかもちょっと噛んでるし!!仲睦まじくやっていきたわよねーってなってましたよ!!いきたわよねーって!!」

理事長「過ぎたことをとやかくほじくり返すんじゃないのっ!!」

真姫母「特にキツイのがあれですよね…あの、ごめんなさいね?女性なのにこう…ムックンとドリリンっていう…センスがもう特に…相当キツイですよね?」

理事長「ちょっといい加減にしなさい西木野さんっ!!」

ことり「ドリリンスキーの時もあります♪」


真姫母「…なんですって!?」

理事長「っ…」
350: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:21:25.42 ID:UkyHA3RD.net
ことり「普通の時はドリリンなんですけど、甘えてくるときは、ドリリンスキー♪ 真姫母「えっえっえっなになに?」

ことり「甘えてくるときは、ドリリンスキー♪って!」真姫母「ムックンが!?」

ことり「ドリリンスキー♪」真姫母「って言うのね!?あーっそうなのぉ!!」


理事長「あーっもうたくさんよっ!!もういいわっ!!もー終わりよっ!!まさか人前でムックンと呼ばれるとは…!まさか人前で自らドリリンと名乗りだすとはっ!!考えもしなかったわよっ!!」

ことり「…」

理事長「恥ずかしいわよっ!!西木野さんに説教してた自分が恥ずかしいわよっ!!ムックンのくせにねぇ!!あっはっはっはっはもう終わりよ終わりっ!もう終わりですっ!あっはっはっは…」

ことり「そんなに恥ずかしがることじゃないと思うけど…」

理事長「恥ずかしいことでしょうっ!!なんでかつての後輩の前でムックンなんて呼ぶのよっ!!ビックリしたわよっ!!」

ことり「…」
352: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:27:10.46 ID:UkyHA3RD.net
理事長「ムックン♪ドキィッ…!!ドリリンです♪ドォキィッ…!!どうか…どうかこのまま西木野さんにはスルーされますように…!!あのぉ~ビクゥッ…!!捕まったぁっ…!!」

真姫母「…」

理事長「で、この地獄よ…!!どうしてくれるのよことりっ!!」

ことり「何がいけなかったの…?学校では理事長って呼べって言うけど…学校外ではムックンって呼んでいいでしょう…?」

理事長「いやダメでしょう!?こういうのは親子だけのノリでしょうっ!?私にだってねぇ、外での顔ってものがあるのよ!外ではムックンなんて呼ばれるようなキャラではやってないの!そうよね西木野さんっ!?」

真姫母「いえっ…まあ…ムックンって呼ばれるようなキャラ自体ちょっと不可解ですけど…」

理事長「ああ…そう…」

ことり「そんなのわからないよ…ムックンの外での顔だなんて…」

理事長「いやでもムックンとドリリンなんて呼び合ってることが第三者にバレたら恥ずかしいってことくらいわかるでしょう!?」

ことり「ひどいムックン…」理事長「なにがっ!?」
353: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:35:05.64 ID:UkyHA3RD.net
ことり「じゃあムックンは恥ずかしいって思いながらことりのことをドリリンって呼んでたのっ!?」

理事長「そうではないけど…!!」ことり「そうでしょうっ!?ことりがムックンって呼ぶたびに恥ずかしいって思ってたってことでしょう!?」

理事長「誰がそんなこと言ったのよ…!?」

ことり「ムックンが言ったっ!!」理事長「ムックンは言ってないっ!!」

真姫母「…」

理事長「ムックンそんなこと言わないっ…!!」

ことり「もうドリリン…ムックンなんて嫌いっ!!」理事長「ドリリンっ!!」

真姫母「っw…」
354: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:42:53.66 ID:UkyHA3RD.net
ことり「恥ずかしいなんてひどいよ…じゃあなに…?二人でテレビ見てて美味しそうな料理が出てきた時に…これ美味しそう♪ってドリリンが言ったら…」

理事長「!…」

ことり「ムックンの手料理のほうが美味しいよ♪って言ってテレビの前に飛び出して、その料理をついばんじゃうジェラシーイーグルとか…」

理事長「…」フルフル

ことり「ムックンが家に帰ってきた時…ドリリンが部屋に隠れてると…ドリリンがいないなーって始まる、いないいないチュンチュンとか…全部恥ずかしいっていうのっ!?」


理事長「なんでいま全部言っちゃうのよ…!おかげで恥ずかしいわよ…!!」

真姫母「…ちょっと詳しく聞かせてもらってもよろしいでしょうか? 理事長「黙ってなさいっ!!

理事長「…誰にも言うんじゃないわよ…!?」

真姫母「…ヤクソクできまヒェン…wっw」理事長「しなさいっ!!」

ことり「もういいよ…ことりのことが恥ずかしいんでしょう…」

理事長「そんなことは言ってないでしょう…!?」ことり「言ってるじゃない…!!」
355: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:49:05.49 ID:UkyHA3RD.net
理事長「言ってないわっ…!!」真姫母「あのっ…いないいないチュンチュンの件なんですが… 理事長「うるっさいわねっあなたはっ!!」

真姫母「それだけ…!それだけ…! 理事長「それだけじゃないのよっ!!」

真姫母「それだけ教えて下さい!いないいない 理事長「うるさいっての!!座ってなさいあなたはっ!!」


ことり「もういい…もうわかったよ…」

理事長「なにがいいのよ…」ことり「私のことが恥ずかしいんでしょう…っ!!」

理事長「そんなこと言ってないでしょうっ…!!」ことり「言ってるじゃないっ!!」

理事長「誰がっ!?」


ことり「お母さんがっ!! 理事長「ムックンでいいっ!!」ガタッ

理事長「ムックンが良いっ…!」

ことり「…」
356: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 18:55:19.30 ID:UkyHA3RD.net
理事長「西木野さん…私…ムックン!」

真姫母「ああっ…そうですか…」

ことり「ムリしなくていいよ…」

理事長「ムリなんてしてないわ…ドリリンの言う通りよ…!別にいいじゃないの…親子には親子の世界があるんだから…ねぇドリリン…?」

ことり「…」

理事長「私が間違っていた…もう隠すのはやめよっ!…むしろ誇りに思うわ…!恥ずかしいなんて言ってごめんなさい…!!」


ことり「…ムックン♪」ガタ

理事長「ドリリンスキー♪」

真姫母「甘えた…自分の子供に…」
357: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 19:00:41.84 ID:UkyHA3RD.net
理事長「パタパタパタパタ♪」スッ

ことり「ピヨピヨピヨピヨ♪」ピトッ

理事長 ことり「チュンチュン♪」

真姫母「あっもう帰っていいかしら?もう満足しましたので」


理事長「そうねっ…もう帰りましょう」

ことり「あっ!でももう雨あがっちゃったね?」

理事長「ええ…私達の心のようにね…」

ことり「ムックン♪」理事長「ドリリンスキー♪」

理事長 ことり「チュンチュン♪ 真姫母「もうそれいいからーっ!!」


おわり
362: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 16:50:09.57 ID:rJexS8y5.net
●にこ「理事長の陰口」:「陰口」


一期期末テスト前

にこ「はぁーあ…」

真姫「ちょっと!ため息ついてないで勉強しなさいよっ!赤点取ったらラブライブに出場できなくなるって言われ

たでしょ!」

にこ「ったく冗談じゃないわよ…せっかくのラブライブなのに…なんなのよあの理事長…!」

真姫「はぁ…赤点なんてとる人が信じられない…」

にこ「現ににこは赤点ばっかり取ってるんだからしょうがないでしょうよ!それを知っててあんなこと言うのよっ

!?」

真姫「しょうがなくはないわよ…」

にこ「そりゃ言うのは簡単よ!?テストで良い点とれってさ!じゃあ自分でテスト受けてみろって話よっ!!」

真姫「落ち着きなさいよ…一応ここ学校の中なんだから…他の先生に聞かれたらどうすんのよ」

にこ「だってそうじゃない!?」

真姫「まぁー私だったらあんな風に足元見るようなことしないけどね」クルクル
363: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 16:56:56.35 ID:rJexS8y5.net
にこ「生徒の気持ちが全然分かってないのよっ!!そりゃ分かるわけないわよねっ!!どうせお金持ちのお嬢さん

だったんでしょうよっ!!」

真姫「落ち着きなさいって…」

にこ「それを偉そうに、一人でも赤点をとるようなことがあればラブライブの出場は認めませんよっ、だなんて…

!!」

真姫「別に勉強して赤点回避すればいいじゃない?」

にこ「はーあっ!そうやって勉強させて学校の評判をあげようとしてるだけよっ!だからにこあれよっ!あえて赤

点ばっかり取ってるんだからっ!」

真姫「そ、そうなの!?」

にこ「そうよっ!一人ストライキよっ!!」

真姫「卒業できなくなるわよ!?」

にこ「卒業させないでしょアイツ!?最低よね!!」

真姫「いやそれは自業自得でしょー!?」
364: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 17:04:03.18 ID:rJexS8y5.net
にこ「なにあんたさっきから!?理事長の肩もつの!?」

真姫「別にそんなつもりはないわよっ!私だって今回のことはむかついてるわよ!」

にこ「でしょ!?」

真姫「当たり前よ!私たちに恥かかせようとして…!そもそも理事長の性格自体気に喰わないわ!!生徒を区別し

てんのよ!!笑顔で先生に挨拶するような子ばっかり優遇してっ!!」

にこ「そうよそうよ!」

真姫「かと言って理事長に媚び売るようなことは絶対したくないし!」

にこ「いいこと言うわねあんた!!」

真姫「プライドがあるのよ私にだって!!自尊心っ!!自尊心あるのよっ!!やばい何かますますむかついて来た

っ!!」

にこ「のってきたわねー!」

ことり「…」ガチャ
365: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 17:11:37.06 ID:rJexS8y5.net
真姫「冗談じゃないわよあの俗物理事長っ!!」

ことり「!… …」

にこ「本当よっ!!」

真姫「生徒のことなんか本気で考えてないのよ!!自分のことしか頭にないのよ!!」

にこ「変な頭してるくせにねぇ!!」

真姫「そうよ!!どうなってんのよあのぴょこんとしてる髪!?どういう構造なのよ!?」


ことり「…」

にこ「!… …」

真姫「なんなのよアレ親子共々さぁ!ねぇ?ねぇ?」

にこ「えっ…?」
366: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 17:18:24.22 ID:rJexS8y5.net
真姫「大体アイツ人の上に立つ人間じゃないのよ!!薄っぺらいのよ!!」

にこ「そ…そう…?」

真姫「そうでしょうよ!?」

にこ「ちょ…ちょっと一回落ち着きなさいあんた…」

ことり「…」

真姫「落ち着いてらんないわよ!!もうのってきちゃったんだからっ!!」

にこ「ど…どうしたのよ…」

真姫「どうしたってそういう話でしょー!! にこ「まぁまぁまぁ…」

真姫「あんな奴の言うことに従う必要ないのよっ!!どうせ三歩歩けば忘れんでしょ!?にわとりみたいに!!ち

ょーど頭もにわとりみたいだもんねぇ!!」

ことり「… …」

にこ「そ、そんなことないわよ…」
367: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 17:25:54.07 ID:rJexS8y5.net
真姫「そうじゃない!にわとりみたいなもんじゃないっ!!」

にこ「んーっ…」


にこ「まぁ…にわとりみたいなもんか…」

ことり「!」

真姫「でしょー!?」

にこ「そうね…そう言われればそうね!大体授業料高いのよ!!いい加減にしなさいよ!!」

真姫「どうせぼったくってんじゃないの!?」

にこ「ぼったくった金でさぞ贅沢三昧な暮らししてるんでしょうねぇ!!」

真姫「子供も過保護に過保護に育ててんでしょうねぇ!!」

にこ「そんで変なアダ名で呼び合ったりしてねぇ!?」

真姫「してそぉー!!引くわーっ!!」
368: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 17:33:55.93 ID:rJexS8y5.net
にこ「はースッキリした。ていうかもう家で勉強やるわ」

真姫「そうね。こんなとこ居てもしょうがないわ」


ことり「…」

真姫「!」

にこ「あ、ことりお疲れー」ガチャ

真姫「…」

にこ「ハヤクハヤクッ」

ことり「いやちょっと」

にこ「…」

真姫「…」

ことり「…」
370: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 17:41:10.72 ID:rJexS8y5.net
にこ「…」

真姫「…」


ことり「斬新ですね?」

にこ「…」

真姫「…えっ?」

ことり「斬新ですね二人共っ!?いやありますよこういう光景!見たことありますよ!!でもフツー陰口言ってる

相手の娘が来たらやめませんっ!?」

真姫 にこ「…」

ことり「ねぇっ!?最後まで聞けちゃうって斬新ですねっ!!」

真姫「き…聞いてたのっ…?」

ことり「聞いてたよ!」

真姫「いやっあのっごめっ ことり「いや真姫ちゃんはいいの!一旦!」
371: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 17:47:54.67 ID:rJexS8y5.net
にこ「…」

ことり「にこ先輩ですよ…目ぇあいましたよねぇ!?」

にこ「あったわね…」

ことり「あそこですよ!!絶対あそこでやめるべきでしたよっ!!違います!?」

にこ「最初はそう思ったんだけど…」

ことり「うん…まぁそうですよね。目あってすぐはまぁまぁみたいになってたましたもんね」

にこ「そっそうよ!」

ことり「でもちょっとしてまたガーーッっていきましたよね!?ガーーッって!!戻りましたねぇ悪口に!?なん

ですアレ!?目の前グニャってなったんですけどっ!?」

にこ「…何か…パニクっちゃって…」

ことり「パニクっちゃってフツー悪口に戻りますっ!?大体先輩最後すっきりしたって言ったでしょ!!」

にこ「そこまで聞いてたの…」

ことり「聞いてたよ!!どういうことなんですか!?もう娘いるけど、娘の前で理事長の悪口言っちゃって、報告されてもいいってそういうことですか!?」
372: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 17:54:28.09 ID:rJexS8y5.net
にこ「報告はちょっと…」

ことり「報告はちょっと…?」

にこ「報告はちょっと」コク

ことり「じゃあもう…わかんない…じゃあもうことりにはわかんない…」


真姫「ちょ…ちょっと!何で教えてくれなかったのよ…!!」

ことり「そうだよね!?真姫ちゃんはもうある意味被害者だよね!あそこで止めとけばあんなに聞かれずに済んだ

からねっ!!」

真姫「そうよっ!!ああっ…もう…!!」

ことり「可哀想!!真姫ちゃん可哀想!!」

にこ「一応努力はしたんだけど…」

ことり「…はっ?努力…?」

にこ「いやその…まぁまぁみたいなことは一応やったんだけど…全然止まらないから…」
373: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 18:00:36.91 ID:rJexS8y5.net
にこ「その…途中で…パニクっちゃって ことり「それやめてくださいよっ!別にパニクっちゃったは万能じゃな

いですからっ!!」

にこ「でも…あそこで止めたところで最初にちょっと聞かれちゃってる訳だから…」

ことり「はぁ…」

にこ「まぁ一緒かなと ことり「いやいやいやいやっ!!一緒じゃない一緒じゃない!!一緒の部分がないですっ

!!全く!!」

ことり「あそこで止めておけばことり聞こえなかった振りしたもんっ!!」

にこ「えっ!?ホントに!?」

ことり「してましたよっ!!アレ~?二人共何の話~?やってましたよ!!」


にこ「…それもう無理? ことり「無理ですよっ!!何ちょっとチャレンジさせようとしてるんですか!?無理だ

よもうこうなっちゃったんだから!!無理でしょ!!」

真姫「頑張ってよっ!!」

ことり「無理っ!!関係ないことりの頭のこともちょっと言われてたしっ!!さすがにさすがに!!さすがに無理

!!」
374: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 18:07:58.54 ID:rJexS8y5.net
ことり「変なアダ名でも呼び合ってるしね実際!!」

にこ「呼び合ってるんだ…」

ことり「呼び合ってるよ!!家じゃムックンとドリリンだよ私達はっ!!」

真姫「ああぁもうっ…!そんなの聞かされたら絶対退学じゃないのよっ!!」

ことり「いや流石に退学はわかんないけど…」

真姫「何のムックンとドリリンなのよっ!!」

ことり「何のムックンとドリリンだっていいでしょうっ!!」

真姫「退学絶対嫌よ…!!」

ことり「いやいや退学はどうか分からないけど…」

真姫「絶対退学にするじゃないっもう!!」

ことり「いや退学にはならないと思うよ?うんっ大丈夫だと にこ「…」ガチャ

ことり「えっ何で帰るのっ!?何で帰るのっ!?」ガシッ
375: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 18:14:14.95 ID:rJexS8y5.net
にこ「…」

ことり「えっ何でいま帰ったんですか!?えっえっ…!?ことり今…母子共々にわとり扱いした人慰めてる最中

なんですけど!?それなのになんで帰ったんですか!?」


にこ「いや…なんかパニクっちゃって…」

ことり「またっ!?パニックになる要素ありました今っ!?あのですね、こういうおかしな状況招いたの全部にこ

先輩のせいなんですよ…!?」

にこ「じゃあどうすればよかったの…」

ことり「だからあそこで止めておけばよかったんですよっ!」ダンッ

にこ「そうしたんだけど止まんなかったから…ことりが自分から止めてくれてたら…」

ことり「以外に難しいんですよ…聞いちゃうの…意外に…やってみれば分かりますよ…」

にこ「やってみればって言われても…そんなの嫌だし… ことり「ことりだって嫌でしたよっ!!ゼッタイ嫌でし

たよっ!!」
376: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 18:20:41.53 ID:rJexS8y5.net
ことり「なんなんですか…?何でにこ先輩はそんなに焦ってないんですか…?もっと焦らないですか普通…?」

にこ「ことりが入ってきた時は焦ったわよ…」

ことり「焦ったわよじゃないわよ!!何ちょっと偉そうに言ってるんですか!?もっと焦りますよ普通!?もっと

!今もっ!!焦りますよっ!?理事長の悪口言ってたらその娘が入ってきちゃったんですよ!?焦りますよねフツ

ー!?」

にこ「…」

ことり「目ぇ合いましたよねぇ!?目ぇあった瞬間ああーー!!でしょ!?ああーーーことりーーー!!真姫ちゃ

んやめてあああーーー!!でしょ!?」

にこ「…」

ことり「ピンときてよっ!!!」ダァン

にこ「…そういう、タイミングも分からなかったし…」

ことり「タイミングとかないですよ!!ああーーーでしょ!!ことりっあああーーでしょ!!」
377: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 18:28:00.88 ID:rJexS8y5.net
真姫「あああーーあっ!!あああーーあっ!!私の人生あああーあっ!!」

ことり「真姫ちゃん…今そのあああーーじゃないよ真姫ちゃん…」

真姫「この先の進路とかどうすんのよっ!?もう終わりよっ!!」

ことり「落ち着いて…真姫ちゃん落ち着いて…」

真姫「どうすんのよもうっ!!あああーーっ!!」


にこ「っww」

ことり「何で笑ってんの!?」ドガッ

にこ「ちょ…!!あんたアイドルの顔にハイキック…!!」

ことり「今そういうのいいですからっ!!何で笑ってんの!?どういう心境なんです今っ!?」

にこ「いや…凄いなーと思っただけよ…」

ことり「だけよじゃないんですよだから!!だけよじゃないんですよだから!!にこ先輩のせいなんですよこれ全

部!!なんなんですか!?ああーーーのタイミング分かんないんですか!?」
378: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 18:37:33.58 ID:rJexS8y5.net
にこ「わからないわっ!」

ことり「…ゼッタイ分かりますよね?目ぇあってすぐああーーーですよ分かりますよね?」

にこ「わからないわっ!」

ことり「は…?何でここだけちょっと誠実なんですか…!?ねぇ!?ああーーーですよああーーーーのタイミング

ですよっ!分かるでしょ!?」

にこ「わからないわっ!!」

ことり「…」


ことり「じゃあもう教えますから…ああーーーのタイミング教えますから…」

にこ「いや…そんなことより勉強しないと… ことり「今こっちの勉強のほうが大事だからっ!!ことり以外の被

害者出る前に教えるからっ!!」

にこ「…」

ことり「なんなんですその顔…?何ちょっと被害者ぶってるんですか…!?」ドンッ

にこ「…」
379: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 18:43:20.80 ID:rJexS8y5.net
ことり「もうじゃあ一回出てっ!!ことりと真姫ちゃんでにこ先輩の悪口言ってますからっ!!すぐ入ってきて!

!そしたらああーーーーのタイミング教えますからっ!ねっ!?」

にこ「そういうのはちょっと…」

ことり「…はっ!?いやいや何フツーに断ってきてるんですか…!?」

にこ「もう理事長の悪口とか…言わないから…」

ことり「いや言いますよね…?にこ先輩あの調子だったらゼッタイまた言いますよね…?」


にこ「…言うわっ」

ことり「その誠実なのやめてくれませんっ!?じゃあもう…出てっ!!それですぐ入ってきて!悪口言ってますか

ら!ねっ!?」

にこ「ハァ…」ガチャ

ことり「…ハァじゃないのよっ!!ったく…」


真姫「…」

ことり「真姫ちゃんっ!?どうして倒れてるの!?しっかりして!!」
380: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 18:51:13.95 ID:rJexS8y5.net
真姫「何よもうっ!?」

ことり「ていうか真姫ちゃん…こういう時くらいタメ口やめない…?まだ先輩禁止とかじゃないから…」

真姫「まだって何よ!?意味分かんない!!」

ことり「あの…今からことりと真姫ちゃんでにこ先輩の悪口言うことになったから…」


真姫「はっ!?なんでよっ!?」

ことり「いやそういう流れになっちゃった…ごめんね…」

真姫「もういいわよっ!!どうせ退学でしょ!!」

ことり「いやいやしないしない!!退学にはしないっ!!」

真姫「そんなこと言って退学にしたら…絶対許さないからね…!」

ことり「何でことりが許されなきゃいけないの…?何か許されなきゃいけないことしたの…?」
381: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 18:56:40.90 ID:rJexS8y5.net
真姫「ハァ…全く悪口言うのね…やればいいんでしょー!?」

ことり「ハァじゃないのよ!!タメ口やめなさいよ!!」

真姫「いいから早く悪口言いなさいよっ!!」

ことり「真姫ちゃんから言ってよ!!ことりわかんないもんにこ先輩のことなんて!!」

真姫「わっ私だって分かんないわよ///」

ことり「…なに照れてんの…!?…ていうかちょっと待ってね?」ガチャ


ことり「…」ズリズリ にこ「…」

ことり「…何で帰ったの?」

にこ「…」

ことり「ギリギリ校門のところで間に合ったから良かったけど…」

にこ「…」
382: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 19:02:22.04 ID:rJexS8y5.net
ことり「ことり二回すっ転んだんだけど」

にこ「ふふっwww」

ことり「なに笑ってんのよ!!」ドガッ

真姫「ことりパンツ見えたっ///」

ことり「なに照れてんのよ!!」ドガッ



その後

穂乃果「ことりちゃん、あんまりにこちゃんと真姫ちゃんとは喋らないね?何かあったの?」

ことり「えーっ?ナンデモナイノヨ ナンデモ」

にこ「…」

真姫「…」



つづく
385: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 21:25:12.88 ID:rJexS8y5.net
●真姫「そういう人達」:「そういう人」

ラーメン屋

にこ「もしもしことり?今どこ?…あーそう。じゃあそこから交差点左曲がってすぐの店だから。うん。看板見えてるからすぐ分かるわよ。うん。もうこっちは真姫ちゃんと二人でいるから。うん。はーい、じゃあ待ってるわね」

にこ「もうそろそろことり着くって」

真姫「あっそ。全くー、どうしてことりとご飯なんて食べなきゃいけないのよー」

にこ「あんたねぇ!せっかくことりと仲直りしようと思って来たのに何でそういう態度とるのよ!?」

真姫「そういう態度って何よ?意味分かんない!」

にこ「いやだからそのっ…今のまさにそういう態度よ!」

真姫「なんなのー?」

にこ「あのね…もうさすがにスッキリさせたいの!理事長の陰口のことでことりとにこ達ギクシャクしっぱなしでしょ?だからこうやって一緒にご飯でも食べて仲直りしようっていうんじゃない!」

真姫「わかってるわよー全く…」
386: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 21:32:44.28 ID:rJexS8y5.net
にこ「とにかくもう絶対に失礼な態度とるんじゃないわよ!?絶対によ!?」

真姫「わかったわかったしつこいわね!失礼な態度とらなきゃいいんでしょ?」

にこ「絶対によっ!?そこだけ頼むわよ!!」

真姫「わかったわよもう…」

にこ「ならいいのよ…それにしてもことりおっそいわねー?道迷ってんのかしら? 真姫「ぶふっwwwちょっとにこちゃーんっwっw!!」

にこ「えっなに?にこ今変なこと言った?」

真姫「道に迷ってるってwっwそれことりがにわとり頭だからこんな簡単な道にも迷うって、そういうことでしょーっwwふざけてーっww」

にこ「いやそんなつもりで言ってないから!!深読みしすぎなのよあんたは!!」

真姫「っww」
387: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 21:39:44.05 ID:rJexS8y5.net
にこ「ちょっと真姫ちゃん!ホントあんた本番でそんな調子だったら許さないわよっ!」

真姫「本番ってなによ!?別に練習してないわよ!!」

にこ「とにかくもう来るから!ねっ!気合入れるわよ!!」パンパン

真姫「何で頬叩くのよ…」


ことり「…」ガチャ

にこ「あっきたきた!ことりーっ!!こっちこっち」

ことり「あっ…にこちゃ」ツルッ

ことり「」ズッテーン!!


にこ「えっ大丈夫っ!?」ガタッ

真姫「こ…ことり…!」

ことり「…」
388: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 21:46:15.95 ID:rJexS8y5.net
にこ「こっことり大丈夫…?」

ことり「だっ…だいじょうぶ…」ムクッ

にこ「大丈夫だったホントに…?ほら、鞄落ちたわよ…」

ことり「ありがとにこちゃん…」

にこ「テーブルこっちだから…」

ことり「うん…」ズルズル

真姫「…」

にこ「…」

ことり「…」トスッ

真姫「…」

にこ「あっ…注文しよっか…」

ことり「うん…」

真姫「ええ…」
389: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 21:53:03.17 ID:rJexS8y5.net
ことり「その前にごめん…ちょっとお手洗い…」スッ

にこ「うっうん…」


ことり「んっ…」ズルズル

にこ「…」

真姫「っw…」

ことり「…」ズルズル


にこ「えっどうすればいいのぉー!?気まずすぎるわよーっ!!」

真姫「ふふっwwwコケてたーっ!!あははっwwwあはははははっ」

にこ「やめなさいやめなさいあんたは…」

真姫「いやコケるにしてもあんなイクふつーwっw」

にこ「あんなイクとか言うんじゃないわよあんたはっ!!あんなイクってなによ!!」
391: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 22:00:55.78 ID:rJexS8y5.net
真姫「だって結構イってたわよ!?www」

にこ「あんまり笑うんじゃないわよっ!!本人そうとう恥ずかしいわよアレ!?」

真姫「でしょうねアレはねっw怪我とかしてないかしらねホントに?」

にこ「大丈夫だと思うけど…完全に足引きずってたからね…」

真姫「引きずってたわねwwいやそりゃ引きずるわよズッターンってイってたもんねーwwそこで」スッ

にこ「やめなさい!現場を指差すんじゃないわよ!!」

真姫「ふっwwだってイってたじゃないそこでww」スッ

にこ「指さないでっ!!やめなさい!!もうどうすればいいのよあの空気…」

真姫「もうがんがんいじってくしかないでしょ にこ「絶対ダメよ!!ダメダメ!!」

にこ「なにいじってくとか言ってんの!?誰に教わったのそんな言い回し!?」

真姫「希よ」

にこ「アイツ…まあとにかくよ!?ことりはそういういじられるタイプとかじゃないんだから!にこと違って!」
392: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 22:07:51.63 ID:rJexS8y5.net
真姫「そういうタイプじゃないのにイクことりが悪いんじゃないwっw」

にこ「イクとか言うのやめなさい…変な意味に聞こえるわ…とにかくもうやめよ?もう可哀想。さすがに可哀想だわ」

真姫「wっ…まぁでも…そうね」

にこ「なかったことにしましょ?」

真姫「ええ」

にこ「もうことりが戻ってきてもその話題にはふれない。ね?絶対笑うんじゃないわよあんた!?」

真姫「笑わないわよ…」

にこ「もうことりもそろそろ戻ってくるから。…足ひきずりながら」

真姫「ふふっwwww」

にこ「笑うなって言ってんのよ!!」

真姫「今のはっwww今のはにこちゃんが悪いでしょーwww」
393: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 22:14:19.96 ID:rJexS8y5.net
にこ「いい加減にしなさいあんたはっ!!なかったことにするの!!何も起きなかったの!!ことりは転んでなんかないっ!!」

真姫「いや転んだわよ!転んだは転んだ!そこで」スッ

にこ「だから指差すなって言ってんのよ!!現場を指差すんじゃないわよ!!もう戻ってくるから!!絶対笑うんじゃないわよ!!」

真姫「っw分かったわよ…笑わない!」

にこ「可哀想よホント…」


ことり「…」ズルズル

にこ「…」

真姫「…」

ことり「ごめん待たせて…」トスッ
394: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 22:20:17.78 ID:rJexS8y5.net
にこ「いやいやいいのいいの!注文しましょ!ここのラーメン屋ホントなんでも美味しいから!」

ことり「じゃあ…ことり豚骨ラーメン」

真姫「っw…じゃあ私塩にするわ」

にこ「じゃあにこはー醤油!すいませーん、豚骨と塩と醤油で!」


真姫「…」

ことり「…」

にこ「ちょっとなに黙ってんのよ二人共ー?色々おしゃべりしましょ!ほらっ!語ろー♪語ろー♪」

ことり「ふふっ…そうだね!語ろー♪」

にこ「語ろー♪」

ことり にこ「おしゃべり止まらないからっ♪」

ことり にこ「あはははっ!」
396: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 22:26:23.28 ID:rJexS8y5.net
にこ「ほら真姫ちゃんも黙ってないでー!」

ことり「おしゃべりしよ?真姫ちゃん!」


真姫「くっww…」

にこ「…」

ことり「…」

真姫「…ふっwwくくっ…ww」

にこ「何かあんたの笑い種類が違くない…?」

真姫「ふっwwwふふふっww…」

にこ「…真姫?」

真姫「…ふっwwなんか誘ってきたー…www…ww にこ「…ちょことりごめんね?一回席はずすわ」スッ

真姫「…ww」スッ
397: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 22:33:28.94 ID:rJexS8y5.net
にこ「いい加減にしなさいよあんたっ!?」

真姫「いやっww転んだ人がなんか誘ってきたからww にこ「転んだ人とか言ってんじゃないわよ!!」

にこ「ことりよ!!μ'sのメンバーの一人、南ことりっ!!」

真姫「っwあの映像がもう頭にこびりついちゃってw…」

にこ「転んだ程度でμ'sのことりとの思い出が上書きされるわけっ!?」

真姫「ごめんっwwホントそれはごめんwっww」

にこ「にこに謝られてもしょうがないのよっ!! ことり「何かあったの?」ズルッ

にこ「ちょことり座って座って!!大丈夫だから!!座ってて!!」

ことり「だってにこちゃん大きな声出してたから…」ズル

にこ「戻って戻って!!なんでもないから!!だっ大丈夫だから!!」

ことり「そっ…そう」ズルズル…
398: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 22:40:15.67 ID:rJexS8y5.net
にこ「ふーっ…」

真姫「…盛大に引きずってたわねwっw にこ「やめなさいっ!!」

にこ「真姫。あんたいい加減にしなさい。ことりは何も悪くないのよ」

真姫「もう無理よ!!私もう…ことりがそういう人にしか思えない にこ「そういう人ってなによ!?」

真姫「いやだから転んだ人でしょ にこ「やめろって言ってんのよ!!」

真姫「だってもう私の中でことりはそうなっちゃったのよ今日で!」

にこ「たまたま一回転んだだけでしょ!?じゃあ何!?ライブの時とかあんたはずっとそうやって笑ってんの!?」

真姫「もうライブなんて無理よ!!だって私が曲書くとするでしょ?海未が作詞するでしょ?エリーがダンス指導するでしょ?…そしてダンス中ことりが転ぶんでしょ?」

にこ「転ばないわよ!!そんなしょっちゅう転ばないわよ!!」

真姫「本当に転ばないのかしら?」

にこ「転ばないわよ!!今までだって転んでなかったでしょ!!」
399: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 22:46:11.69 ID:rJexS8y5.net
真姫「何でよww転びなさいよwっw」

にこ「あんたマジ殺すわよ…?」

真姫「オチ担当でしょうよww にこ「オチって何よオチって!?誰に教わったのそれ!?」

にこ「もうダメね…もうあんたダメだわ…一回ビンタね…」

真姫「ええーっ!?」

にこ「当たり前でしょ!!一回ビンタよ!!」

真姫「はぁもう…でももうそのほうがいいかもしれないww」

にこ「一回リセットしてもらうから。この後絶対笑うんじゃないわよ?」

真姫「わかった。笑わない。もう笑わないわ」キッ

にこ「いくわよ」

真姫「ええ」

にこ「っ」ッパァーン!!
400: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 22:52:11.58 ID:rJexS8y5.net
真姫「いっ… ことり「どうしたのにこちゃん!?」ズ にこ「ことりは動かないでっ!!意味なくなっちゃうからっ!!」

ことり「意味…? にこ「座って!!」

ことり「う、うん…」トスッ


にこ「行くわよ」

真姫「危なかったわね」

にこ「危なかったわよ」

真姫「戻りましょう」

にこ「うん」


にこ「ごめんねことり!ちょっとBiBiの話で!」トスッ

真姫「…」トスッ

ことり「ううん!大丈夫だよ!」
402: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 22:59:28.51 ID:rJexS8y5.net
にこ「じゃあーおしゃべり再開しましょっか!楽しーことでー♪寂しー気持ちー♪上書きしようねー♪」

ことり「笑いー飛ばすー場所にーしたいー♪」

にこ ことり「おしゃべりはクスリー♪かもよっ♪」

にこ ことり「あははははっ!」

真姫「…」

にこ「どうしたの真姫ちゃんムスッとしちゃってー!」

ことり「そうそう!おしゃべりはクスリだよ?真姫ちゃんの甘くて強いクスリちょうだい?」

にこ「っw」

真姫「そうね」

にこ「ほらほら真姫ちゃんから何かないの?ことりに聞きたいこととかー」

ことり「うんうん!なんでも聞いて?」

真姫「…ことりは休みの日は何してるの?」
403: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 23:06:38.84 ID:rJexS8y5.net
ことり「えー別にフツーのことしかしてないよー?」

にこ「フツーのことってフツーのことって?」

ことり「えっと、そうだなー」

にこ「うんうんっ!」

ことり「ウォーキングとか」


にこ「…」

真姫「…」

ことり「…」

にこ「…っ…っ」

真姫「…」

にこ「ウォ…ウォーキング…っ?」

真姫「っ…」
404: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 23:12:35.12 ID:rJexS8y5.net
にこ「えっ…大丈夫…っ?」

真姫「…っ」

ことり「大丈夫って…なにが? にこ「違う違う違う!!変な意味じゃなくて変な意味じゃなくて!!」

真姫「…」

にこ「違う違う変な意味じゃないのよ!!単純に!!単純によ!!」

真姫「…」

にこ「でっ…できてるのかなっていうww 真姫「ちょ完全に言っちゃってんじゃないwww」

にこ「違うwww違うっwっ純粋にww 真姫「ふっwwwこれはwにこちゃんビンタねっw」

にこ「ちょ何でにこがwwビンタ受けなきゃいけないのよ 真姫「そりゃそうでしょうよwwだって言っちゃってんじゃないフツーにwww」

にこ「嫌よっwwにこビンタ嫌よwwだって単純にww 真姫「だっww単純にってwwww」
406: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 23:19:46.95 ID:rJexS8y5.net
ことり「…」

にこ「ていうか真姫あんたアレよね!?ことりのこと二年生で一番まともって言ってたじゃない!!一番まともな人相手に良くそんな態度とれるわね!!」

真姫「いやあれは言うでしょあれは!!本人を前にして二番目にまともとか言えるわけないでしょー!? にこ「だから今言っちゃってんのよwww」

真姫「いやっww今はしょうがないでしょーww にこ「しょうがないってなによしょうがないってwwしょうがないの意味がわからないわよwっw」

ことり「…」バァーンッ

にこ 真姫「!…」


ことり「なんなの二人共っ!!人が転ぶのがそんなに面白いっ!?」ガタッ

真姫「…」

にこ「ことり…ごめっ…」
408: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 23:27:00.42 ID:rJexS8y5.net
ことり「バカにしないでよっ!!もう帰る!!」ツルッ

ことり「」ズッテーン!!


にこ「!!」ガタッ

真姫「!!…ハァ…」

にこ「だっ大丈夫!?」


ことり「…!…!」ゴロゴロ

にこ「ちょ…痛いのは分かるけど…」

ことり「…!」ゴロゴロ

にこ「あんまりのたうちまわらないで…自動ドア開いちゃう…」

ことり「…んっ」ムクッ
409: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 23:33:47.48 ID:rJexS8y5.net
にこ「ことり…大丈夫?」

ことり「…」

真姫「…」


ことり「…面白いでしょ?」

にこ「…」

ことり「二回目よ…さすがに面白いでしょ…?」

真姫「ハァ…」

にこ「いや…別に面白くはない…わよ」

ことり「嘘つき…笑ってたじゃない…!」

にこ「いや…笑ってないわよ…ねぇ?」

真姫「笑ってないわよ。一回も。今日来てから一回も。日付変わってから一回も ことり「笑ってたじゃない!!さっきからずっと笑ってたじゃない二人で!!」
410: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 23:40:27.48 ID:rJexS8y5.net
にこ「いや笑ってない笑ってない。ホントに。ホントに笑ってない」

ことり「…」ズル…ズル…

にこ「ちょ…どうして近づいて…」

ことり「…」スッ
にこ「…」


ことり「笑ってたわよね…?」
にこ「笑ってない。笑ってない。ホントに笑ってないわよマジで」

ことり「ことりの趣味…ウォーキング」
にこ「…」

ことり「ほう…」
にこ「…」
411: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 23:46:24.36 ID:rJexS8y5.net
ことり「…」ズル…ズル…

真姫「!…」

ことり「…」スッ
真姫「…」

ことり「おしゃべりしよ?真姫ちゃん!」
真姫「…」

ことり「ふーん…」

にこ 真姫「…」

ことり「座ろうよ…そろそろラーメンも来るだろうし…」ズルズル

にこ「も…もういいの? ことり「何がっ!?何がもういいって!?何か我慢してることでもあるのっ!?」

にこ「な…ないわよ」
412: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 23:52:36.23 ID:rJexS8y5.net
ことり「…」トスッ

真姫「…」トスッ

にこ「…」トスッ


ことり「…」

真姫「…」

にこ「…ちょ、にこお手洗い行ってくるわ…」ガタ

ことり「うん…気をつけてね」

にこ「…何が?」ことり「床滑りやすいから」

にこ「…ありがとう」

真姫「…」
413: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 23:58:27.61 ID:rJexS8y5.net
にこ「…」テクテク

ジャアー… パンパンッ

ことり「…」

真姫「…」


にこ「…」テクテク

にこ「…」トスッ

真姫「…」


ことり「…っ…ww…」プルプル

にこ「ちょ…何よ?何笑ってんのよことり…」
414: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 00:05:05.63 ID:Z9K5ZHz4.net
ことり「いやっ…転ばなかったなーと思ってw にこ「何よ!?何いってんのことり!?何でっ何でにこが転ばなきゃならないのよ!!」

ことり「ふふっwwにこちゃんって転ばないよねーっw」

にこ「別に転ばないわよ…」


ことり「ふふふっwwにこちゃん本当転ばないww面白い方に」


にこ「えっ」

ことり「うふふっwwあははっwww」
416: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 00:12:25.83 ID:Z9K5ZHz4.net
にこ「ちょそれ誰から聞いたのよ!?って穂乃果しかいないわね!!」

真姫「ちょっと!意味分かんないんだけど?それ何の話ー?」

ことり「いやあのね?この前にこちゃん にこ「ちょちょちょいいわよ報告しなくて!!」

ことり「だってにこちゃんそういうこと多いでしょ?多くない?」

にこ「まぁ…多いっ!」

ことり「結構あるよね?」

にこ「結構あーるっ!」

ことり「しょっちゅうあるよね?」

にこ「しょっちゅうあーるっ!」

ことり「頻繁だよね?」


にこ「うーん…頻繁っ!!」

ことり「救急車来なかったねwww今は来たほうが面白い流れだったのにwっw」
417: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 00:19:30.57 ID:Z9K5ZHz4.net
にこ「そんなところまでガッツリ聞いてんじゃないわよ…」

ことり「でも大丈夫だよにこちゃん!もうアイドル研究部の時みたいにはならないから!にこちゃんの代わりに転んでくれる子が8人も居るんだもん!」

にこ「その話蒸し返すなって言ってんでしょ!」

真姫「全くー何言ってんのよ二人共?ホンット意味分かんない!」

にこ「もういいのよ!!この話終わり!!…はぁーあ!何かもうバカらしくなってきちゃったわよ…ていうかラーメン来るのおそくない?」

真姫「本当よ…もうお腹すいちゃったわ」

クゥー…

にこ「あっ!今お腹なったわね!もー真姫ちゃんたらーっ!」

真姫「いや…?」

ことり「ごめっ…今のことり///」

にこ「あっそ…真姫。あんたもこっち側だわ 真姫「だから何がよ!?」


おわり
424: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 18:41:42.11 ID:Z9K5ZHz4.net
●希「入塾日」:「入居日」

にこ 希「ずるいっ♪ずるいっ♪ずるいことはっ♪しちゃーダメなーのよコーラこら♪」

希「マジメにー♪ にこ「冗談はポケットんなっか~♪ 希「真剣にっキメッテー♪」

にこ 希「こわいっ♪こわいっ♪こわい顔でっ♪イターズラしーかるコーラコラー♪」

希「マジメにー♪真剣なキミっがー♪ にこ「すーてきなーんだもんっ♪」

にこ「だーからキースしよっ♪ 希「ずるいかっ♪」

にこ 希「じょーだーんっ♪」


にこ「ふぅー!ようやくこの曲もカタチになってきたわ!ねっ希?」

希「…うん」

にこ「真姫ちゃん!曲作り手伝ってくれて助かったわよホント!」
425: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 18:48:14.49 ID:Z9K5ZHz4.net
真姫「べっ別に大したことしてないでしょー!ちょっとアドバイスしただけじゃない!」

にこ「いーえ!真姫ちゃんがいなかったらこの乙女式れんあい塾は完成しなかったわ!」

真姫「でもいいわよねーにこちゃんと希は息ピッタリで…私と海未と絵里だったらこうはいかないわ」

にこ「そーお?」

真姫「そうよ。この前だってくだらないことで言い争いになっちゃって…」

にこ「そうなの?どんな?」

真姫「いや…誰が私とご飯食べに行くかで にこ「本当くだんないことねっ!!」

にこ「全く…それより、ご飯といえばお腹空いてきちゃったわよ!何か食べに行きましょうよ!」

真姫「そうね」
426: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 18:54:32.01 ID:Z9K5ZHz4.net
にこ「希!ご飯いきましょ! 希「ごめんにこっち…!」

にこ「ん?何が…?」

希「ウチ…にこっちと一緒には歌えない…」

にこ「えっ…?」

希「ごめんにこっち…本当にごめんっ!」

にこ「いやいや…あんた何言い出してんの…?」

希「あんな…ずっと言い出せなかったことなんやけど…」

にこ「何よっ…?」

希「乙女式れんあい塾…やっぱウチにはちょっとキツイわっ!!」
427: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 19:00:46.59 ID:Z9K5ZHz4.net
にこ「き…きつい?」

希「うん…にこっちのキャラにはあってると思うけど…ウチにはちょっと…キツイと思うんや…」

にこ「はっ…!?ちょ…じゃあどうすんのよっ!?」

真姫「あっ…ちょっと私席外すわ… 希「真姫ちゃん待って!…ここにいて…!」

真姫「…!?」にこ「…はっ?」


希「真姫ちゃん…乙女式れんあい塾歌うの…代わってくれん?」

真姫「…」

にこ「…ウソでしょ…!? 希「ごめんにこっち!ホントごめん!」

にこ「ちょ意味がわかんないわよあんた!?何いってんのよ!?」

希「乙女式れんあい塾の作詞でにこっちが悩んでる時…いつも真姫ちゃんが手助けしていた…ウチはきつくて見てられんかったのに…」

にこ「…」
428: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 19:06:30.92 ID:Z9K5ZHz4.net
希「いけないと思った!許されんと思った!でも気づいたら…乙女式れんあい塾を歌うんはウチより真姫ちゃんのほうが適任だと思うようになっていたんや…!」

にこ「ふざけんじゃないわよっ!!今歌が完成したばっかりなのよっ!! 希「言えんかったんやっ!!にこっちが真剣やったから…!!」

希「でも今言わんかったら…皆が不幸になる!カードがウチにそう言うんやっ!!」

真姫「いっ…意味分かんないっ! 希「分かるやろ…?」

希「真姫ちゃんにも正直に言って欲しい…もう隠す必要なんてないんやっ!乙女式れんあい塾…にこっちと一緒に歌いたいんやろ?」


真姫「いや…ムリ」

希「…無理? 真姫「ゼッタイ無理よ」


希「…あれっ?あの…乙女式れんあい塾歌いたくないん…?」

真姫「歌いたくないわよ…全然私の雰囲気に合ってないし…キツ過ぎるわ」

希「でっ…でも作詞で熱心にアドバイスとかもしてたやん…?」
429: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 19:12:29.21 ID:Z9K5ZHz4.net
真姫「あれはにこちゃんと希が歌うならこんな感じかなと思っただけよ。私が歌うなんて冗談じゃないわ。キツ過ぎるわよ」

希「そっ…そっか…なら仕方ないな…」

にこ「…」


希「にこっち。やっぱり大丈夫やったわ にこ「はあっ!?」

にこ「えーっ?えっ…えっ何が起きたの今…!?」

希「そっぽ向いちゃいーけないの♪じっと♪見つめっ♪られたーい♪ にこ「ちょやめなさいやめなさいあんたっ!なに練習再開してんのよっ!」

にこ「えっなっ何が起きたの今マジで…!?えっ希キツイって言ってたよね…!?」

希「言ってたな…」

にこ「そんで…歌うの代わってくれとか言って…断られてたわよね…なんか?」

希「そ…そうやんな…」
430: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 19:19:01.79 ID:Z9K5ZHz4.net
にこ「…で?」

希「もう大丈夫 にこ「何がっ!?」

希「歌える にこ「はあっ!?」

希「歌いたい にこ「えっ…乙女式れんあい塾を…?」

希「乙女れんあい塾をや にこ「にこと一緒に…?」

希「にこっちと一緒にや にこ「一緒に…?にこと二人で?」

希「にこっちと二人! にこ「予定通り…?」

希「予定通りや にこ「その…当初の…予定通り?」

希「当初の予定通りや にこ「歌うの…にこと…?」

希「にこっちとや! にこ「にこと一緒に…?」

希「にこっちとウチの二人でやっ! にこ「歌うの…?」

希「歌うんやっ! にこ「無理でしょっ!!」

希「なんで…!? にこ「いや無理でしょ!?」
431: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 19:25:33.74 ID:Z9K5ZHz4.net
希「いやいやいやいやいやーっ!!」

にこ「いやいやいや!!逆に!!逆にいやいや!!逆にいやいや!!」

希「ちょっとにこっち!」

にこ「いや無理でしょ!?」

希「いやいやにこっち!!」

にこ「無理よっ!!」

希「にこっ!!」

にこ「いやっ…ふっww…無理でしょ!!無理でしょだって!!キツイんでしょ乙女式れんあい塾が!!」

希「違う…違うんやにこっち!!」

にこ「キツイなら無理でしょねぇ!?にこの書いた歌詞がキツイならっ!!」

希「違うんよにこっち…キツ、かった! にこ「いやいやいやそれはっ!!それはっ!!」

希「いやにこっち! にこ「それは無理!」

希「ホントにっ!! にこ「無理無理!」
432: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 19:34:34.28 ID:Z9K5ZHz4.net
にこ「えっ何だったのこれ!?えっ何だったのこれ本当に!?ねぇ!じゃあもう言うけど!言うけど!!あの流れになったらゼッタイ断られちゃダメでしょ!!」

希「…」

にこ「あそこで断られてなかったら…!じゃあにこちゃん、一緒に歌いましょうかってなってたらまだ分かるわよ!いやわからないわよっ!!分からない分からないっ!!」

希「にこっち…楽しそうやな にこ「楽しくないわよっ!!全くもって一切楽しくないわよっ!!」

にこ「なにっ皆が不幸になるって!?何がカードがウチにそう言うんやよっ!?えぇっ!?」

希「…///」

にこ「それで真姫ちゃんはなんなのよ!?しれっとして!!何フツーにキツ過ぎるとか言ってんのよ!?しかも二回もっ!!」

真姫「ちょっと私に怒らないでよ!キツイのは事実でしょー!何よ冗談はポケットの中って!?どうやって冗談をポケットの中にいれんのよ にこ「やめなさいよっ!!」

にこ「じゃあ何…真姫ちゃんはずっとキツイって思いながらにこに歌詞のアドバイスしてたの…!?」
433: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 19:40:05.38 ID:Z9K5ZHz4.net
真姫「いやだから…にこちゃんと希だったらいいと思うわよ…けど私はないでしょー!?私にこれを歌わせようとするなんて…希の感性狂ってると思うわ…」

希「…」ウンウン…

にこ「なんで頷いてんのよあんたっ!?」

真姫「とにかく…私が歌うのは無理よ!私はもっとマトモな曲を歌うべき にこ「やめなさいっ!!」

希「ウチが歌うべきなんは…乙女式れんあい塾っ!! にこ「うるっさいわよっ!!」

にこ「っw…あんたよく言えたわねっ!?…乙女式れんあい塾っ!!じゃないでしょーがっ!!ちょもう無理!!無理よもう!!もうパニックなのよっ!!もう無理よっ!!こうなっちゃった以上もう…!!」

希「…」

にこ「もう無理!希とはもうゼッタイ歌えないっ!!」

希「にこっち…ひどいっ!!」ガクッ にこ「あんたのせいでしょーがっ!!」

希「うぅ~… にこ「嘘泣きいいわよっ!!」

希「歌いたいのに… にこ「やかましいわよっ!!」

希「にこっちのバカっ!! にこ「バカはあんたよっ!!」
434: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 20:01:56.54 ID:Z9K5ZHz4.net
真姫「もういいでしょうよ…歌いたいって言ってんだから、二人で歌えばいいじゃない?」

にこ「あんたは何なのよさっきからしれっとして!あんただって当事者なのよ!!」

真姫「はー!?私が何か悪いことした!?私はただ…にこちゃんと希に合うキツ目の歌詞を一緒に考えただけ にこ「ムカつくのよあんたはっ!!」

希「お願いにこっち考えなおして…!ウチにはもう乙女式れんあい塾しかないんやっ!」

にこ「消去法でしょ!」

希「でも今は乙女式れんあい塾が一位なんやっ!! にこ「さっきまでランク外だったでしょーがっ!!」

希「ランク外から怒涛の追い上げやっ!! にこ「嬉しくないわよっ!!」

にこ「もういいわよあんた…!!乙女式れんあい塾がキツイんでしょ!? 希「今はキツくないっ!!歌いたいっ!!」

希「かわいいって♪言わなきゃ♪もうー知らないーっ♪ にこ「やめなさいっ!!歌うんじゃないわよっ!!」

希「寂しー♪恋はやめってー♪甘やかしてよねーっ♪ にこ「やめなさいって!!歌わないでっ!!」

希「ねぇー♪ねぇー♪ねぇー♪それが♪フツー♪乙女式♪ にこ「やめなさいっ!!恥ずかしいからやめなさいっ!!」
435: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 20:11:02.43 ID:Z9K5ZHz4.net
真姫「もう落ち着きなさいってーっ!いいから二人で歌いなさいよっ!!」

にこ「うるっさいのよ真姫ちゃんはっ!!口出ししないでっ!!」

真姫「なによそれっ…!?私作曲手伝ったんだけど…!?」


にこ「…ゴメーンッ!!」

真姫「…」

にこ「ちょもう…ごめん本当一人にして…どうすればいいのか全然わかんないから…」

希「キライっ♪キライっ♪キライなものーっ♪優柔不断もーやもや♪ にこ「うるっさいのよあんたはっ!!やめろって言ってんでしょ!!」

希「ちゃんとねー♪肝心なとこっはもっとー♪ 真姫「性急にっ♪おしってー♪wっw」

にこ「なにハモってんのよあんたはっ!!本番は歌わないと思って!!やめなさいもうっ!!もう誰も歌わないでっ!!」


真姫「あのねーにこちゃん。歌うなっていうのは簡単だけど、どうするの?」

にこ「何がっ!?」
436: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 20:16:56.94 ID:Z9K5ZHz4.net
真姫「次のライブ、どうすんの?」


にこ「…はい?」

真姫「今更にこちゃんのソロ曲作れるの?時間的に無理よね?かと言って他のメンバーはもう殆ど曲作り完成してるし…」

にこ「…はい」

真姫「希と一緒に歌うしかないじゃないっ!」


にこ「…」

希「やだ♪全然しゃべんなーいっ♪ にこ「黙っときなさいあんたはっ!!」

にこ「いや無理よもう…にこが書いた歌詞をキツイなんて思ってるヤツと一緒に歌うなんてゼッタイ無理よ…一緒に歌うのだけはホント無理…」

真姫「じゃあどうすんの?ライブ諦める?」

にこ「ゼッタイ出る…ライブはゼッタイ出る…」
437: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 20:22:28.76 ID:Z9K5ZHz4.net
真姫「じゃあどうすんのよ!?ライブ出るなら乙女式を歌うしかないでしょーがっ!!」

希「わかりー♪なさいー♪乙女式ー♪ にこ「黙れっつってんのよあんたはっ!!」


にこ「絶対無理…こんな状況に合わせて乙女式れんあい塾かぶせてからかってくるようなヤツとは絶対一緒になんか歌えない…」

真姫「はぁ…もうわかったわよ仕方ないわね…」

にこ「えっ…?」

真姫「私が代わりに希と乙女式れんあい塾歌えばいいんでしょ…全く…」

にこ「真姫ちゃん…でもキツイって…」

真姫「こうなっちゃった以上仕方ないじゃない!歌えばいいんでしょ歌えばっ!乙女式れんあい塾の歌やダンスだったら私見てたから…本番までには間に合うと思うわ」

にこ「真姫ちゃん…」

真姫「じゃあにこちゃんは代わりにsoldier gameでライブ出るってことね?」
438: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/01(水) 20:28:40.85 ID:Z9K5ZHz4.net
にこ「え?…まっ…まぁそうなるわね…」

真姫「あ、携帯で見る?soldier gameのダンス」

~♪スリッ トゥー ワン ゼゥ♪ココデー♪トウジョウ♪

ミテナサイ♪ワタシノホンキ♪スリルトービーイシキデ♪カツノヨカナラズ♪

にこ「っ…」

希「うわっ…こんな凄いダンスやったんか…やっぱウチ、乙女式れんあい塾で良かったわ…」

真姫「海未とエリーが本気になっちゃって…最近じゃ毎晩11時くらいまで練習してるわ」

にこ「…」

真姫「言っとくけどこっちは…キツイなんてもんじゃないから」


にこ「…じょーだーんっ♪やっほー♪やっほー♪」

希「うんとぐっと♪近づいてー♪ にこ「耳がー熱くー♪なりそー♪」

真姫「はぁ…やっぱその歌詞キツイわ…」


おわり
442: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 17:46:34.38 ID:LlscEBvG.net
●凛「お礼がしたいにゃ!」:「お礼させて下さい」


部室

海未「…」ガチャ

花陽「あ、海未ちゃん!お疲れ様」

海未「あ、花陽。お疲れ様です。えっ…というかどうしてスノーハレーションの衣装着てるんですか?」

花陽「あっコレッ!?いやこれは…これからA-RISEのツバサさん達とお食事しに行くから…」

海未「またですかっ!?今月に入ってからそれ何回目ですかっ!?」

花陽「七回目かな…?そんなことより花陽変じゃないかな!?髪型とかどうかな!?」

海未「変ではないと思いますが…」

花陽「良かったぁ…海未ちゃん、もう帰るの?」

海未「はい。荷物を取りに来ただけですから」

花陽「そっか。じゃあ途中まで一緒に行こう」

海未「ええ」
443: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 17:53:40.78 ID:LlscEBvG.net
花陽「あっ!ちょっと待って!やっぱりスノハレよりもぎゅっとの衣装の方が今日はいいかな!?」

海未「いやっ!今日はって言われても分からないですが…!」

花陽「ごめんっ!!やっぱり着替えるからちょっと待っててっ!?」

海未「まあいいですけど…私もこれから行くところがあるんですからね?」

花陽「行くところ?」ヌギヌギ

海未「ええ…今日は弓道部によろうと思いまして」

花陽「そっか弓道…」ヌギヌギ

海未「ええ。花陽も弓道をやれば集中力がつきますよ。あっ集中力がないと言えば、大丈夫だったのでしょうか?」

花陽「大丈夫って?ああ…凛ちゃんの英語の小テスト?」モゾモゾ

海未「うまくいったのでしょうか…」

花陽「大丈夫じゃないかな?だって海未ちゃん、凄く熱心に教えてあげてたでしょ?」モゾモゾ
444: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 17:59:54.16 ID:LlscEBvG.net
海未「そうですね…花陽も結構付き合わされてましたね」

花陽「花陽も海未ちゃんと勉強できて為になったよっ」モゾモゾ

海未「それは良かったです」

花陽「よしっできたっ!どうかなっ!?花陽変じゃないかな!?髪型とかどうかな!?」

海未「別に髪型は変わってないですよ!!もう行きますよっ!」


凛「かよちん!海未ちゃん!」ガチャ

海未「あっ、凛!」

凛「よかった…まだ二人が帰ってなくてっ!」

花陽「凛ちゃん!あっ英語の小テストどうだったっ?」


凛「やったよっ…!全問書けたっ!!自信あるにゃ!!」

海未「おお…!やりましたねっ!凛!」

花陽「良かったねっ!凛ちゃん!!」
447: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 18:08:29.29 ID:LlscEBvG.net
凛「ありがとにゃっ!!海未ちゃんの教えてくれた通りにやったらすんなり解けたよ!!」

海未「そうですかっ!凛もやればできますね!!」

凛「かよちんもっ!勉強手伝ってくれて、すっごく助かったよ!!」

花陽「凛ちゃんが頑張ったからだよ!」

凛「二人の力がなかったらまた凛、英語の課題で一週間徹夜することになってたにゃ…本当ありがとう!二人にお礼がしたいにゃっ!!」

海未「別にいいんですよお礼なんて!」

花陽「そうだよ凛ちゃん?」

凛「そんなわけにはいかないよっ!お礼にラーメンおごるからっ!」

海未「凛…そんなに気を使うものでは…」

凛「いやホントお礼がしたいからっ!ねっ?お礼させて?」

海未「そうですか…そこまで言ってもらえるなら…正直、尋常ではないほど大変だったので…」

花陽「凛ちゃん、花陽もいいの?」

凛「あったりまえだにゃっ!じゃあ今からいっくにゃー!!」
448: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 18:16:50.95 ID:LlscEBvG.net
海未「今からですか?すいませんが今からは…私も花陽も用事があるので」

花陽「うんっ!今日じゃない日にしよ?」

凛「そ…そうなの?」

海未「はい。また今度お願いします」


凛「いやー…今日がいいにゃ…」

海未「…いやですから、今日は無理ですって!」

凛「そっか…かよちんも?」

花陽「うん、今日はごめんね…?」

凛「そっか…」

海未「では近々お願いします。私たちはもう行きますので 凛「今日がいいにゃ…」

海未「えっまだ言いますかそれ!?今日は無理だって言ってるじゃないですか!!弓道部の先生に顔を出すと連絡を入れてしまってるので!!」
449: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 18:23:22.66 ID:LlscEBvG.net
凛「まいったにゃ…それ何とかできないかにゃ? 海未「どうして何とかしなきゃいけないんですかっ!?」

海未「弓道の指導をお願いして、今お待たせしてるんですからっ!」

凛「…もういい加減、弓道よくないかにゃ…? 海未「余計なお世話ですよっ!!」

凛「かよちんは…?」

花陽「花陽はA-RISEの皆さんとお食事…」

凛「あっそれあれだよね?Printempsの皆で行くヤツだよね?それだったらほら、かよちんは一旦凛とラーメン食べて、それから合流すれば 海未「ちょ待ちなさい凛っ!」

海未「どうしてですか!?どうしてこっちをずらそうとするんですか!?ラーメン屋を別の日にすれば済むことだと思うんですが!?」

凛「今日お礼がしたいから…」

海未「いいではないですか…また別の機会ということで…」

凛「早く済ませちゃいたいにゃ… 海未「えっ?」

海未「なんて言いました今…?早く済ませちゃいたいにゃって言いました…?」

凛「いやっあの…違うよ違うよ?そんなっそんなんじゃないよ?」
450: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 18:30:24.80 ID:LlscEBvG.net
海未「いやたしかにそう聞こえたような…何でヤなことみたいに言ったんですか…?」

凛「いやいやそんなつもりは…」

海未「いや言いましたよね今!?ヤなことみたいに今言ったじゃないですか!?」

花陽「ま、まぁまぁ…落ち着いて海未ちゃん」

海未「いやでも早く済ませちゃいたいにゃって聞こえたのでっ!!おかしいなと思って聞いてるだけですっ!!」

花陽「いや凛ちゃんもそういう意味で言ったんじゃないよきっと?ねっ?」

凛「も…もちろん!」


海未「じゃあなんだったんですか…?」

凛「あっあのー早く、お礼がしたいっていう…そういうことにゃ 海未「…え!?」

凛「いやあのー…二人には凄く助けてもらったから、凄く…だからその気持が高ぶって…こう、でちゃったにゃ…



海未「高ぶって…?高ぶって早く済ませちゃいたいにゃって出ますか…?普通…?」

凛「いやっあの… 海未「それはおかしいと思うのですが…」
451: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 18:38:18.63 ID:LlscEBvG.net
凛「いやだからそのーっ、早くお礼がしたいっていうのを…その、間違えたにゃ…」


海未「凛、それ本当ですか…?」

凛「ホントだよっ!! 海未「だいぶ違いますよっ!?」

凛「ごめん…間違えたの…」

海未「そうですか…」

凛「本当ありがとうって思ってるから!それだけは分かって 海未「それはもうわかりましたから…」

凛「だから今日お礼がしたにゃ 海未「だから今日は無理だって言ってるでしょう!!」ドンッ 凛「あ゙っ」

花陽「ちょちょ海未ちゃん!?落ち着いて…」

海未「いい加減にしてくださいっ!!凛!!」

花陽「だっ大丈夫!?凛ちゃん!」

凛「今日お礼がしたいだけなの… 海未「まだ言いますかっ!?」
452: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 18:43:53.09 ID:LlscEBvG.net
花陽「じゃあ花陽…お食事会ずらしたほうがいいかな…?」

凛「えっかよちんホント!?ありがとにゃ…かよちんありがとう!!」

花陽「ううん。A-RISEの皆さんとはまたお食事できるから…」

凛「ありがとう…じゃあ海未ちゃんも 海未「じゃあって何ですか!?私の立場は一切変わってないんですよ!?」

凛「だってかよちんはずらしてくれたからーっ!」

海未「もう行って来ればいいじゃないですか二人でっ!」

凛「それじゃ海未ちゃんはどうするのっ!?」

海未「私はもうナシでいいです!」

凛「そういうわけにいかないにゃ!海未ちゃんには凄く勉強教えてもらったんだからっ!」

海未「はぁー…では今日はひとまず花陽と二人で行ってください。私はまた別の日にやってもらえればいいですから…」

凛「いやー今日で終わらしたいにゃ 海未「はっ!?」
453: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 18:50:52.90 ID:LlscEBvG.net
海未「今日で終わらしたいにゃ…と」

凛「いやっ…違うよ? 海未「いやもう違くないです」

凛「いやホントそういう意味じゃ 海未「いやもう無理です。ハッキリ聞こえましたから」

凛「ちがっホント 海未「いやもう無理ですから。どうにもなりませんから」


凛「いや違うよっ!ホントに言いたかったのは!今日… … … 海未「何も出ないじゃないですかっ!!」

凛「チガウ…チガウ… 海未「せめて何か言ってくださいよ!!どうして出ないんですかっ!!」

凛「いや…違うよ…今のはちょっと…魔が差しちゃって 海未「それはもう認めているということですからね!?言葉の意味をわかって使ってるんでしょうね!?」

凛「違う違う…かよちん…タスケテ」

花陽「えっ…えーと…」

凛「ちょっと待ってよ…何コレ…えっ何コレ!?ちょ何コレー!? 海未「何コレーはこっちが言いたいですよっ!!」
455: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 18:59:43.19 ID:LlscEBvG.net
海未「凛…なんなんですかあなたは?早く済ませちゃいたいにゃとか…今日で終わらしたいにゃとか…どうしてヤなことみたいに言うんですか…?」

凛「…」

海未「凛…?質問してるんですが…」

凛「ゴメンニャ…」

海未「いえゴメンニャとかではなく質問してるんです。どうしてヤなことみたいに言ったんですか?」

凛「ホントゴメンニャ…」

海未「いえホントゴメンニャとかではなくっ 凛「あああぁぁあーっ!!」

海未「聞きなさいよっ!! 凛「はあああぁぁあーもーっ!!」

海未「なんなんですかあなたは 凛「何で凛あんな言い方しちゃったんだろうっ!?」

海未「そういうのはいいですから。そういう 凛「あああぁぁあーっ!!」

海未「どうしてヤなことみたいに 凛「もおおぉおぉーっ!!」

海未「いい加減にしなさい凛!!ヤなんですかっ!? 凛「ヤにゃっ!!」
456: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 19:07:26.03 ID:LlscEBvG.net
海未「えっ…ヤにゃ…?」

凛「ヤにゃっ!!」


海未「えっもうどどど、どういうことですか!?今の状況が全然頭に入ってこないんですが…!?」

花陽「り…凛ちゃんがお礼がしたいって言ったんだよ…?」

凛「言ったよ…」

花陽「なのに…ヤなの?」

凛「ヤにゃ!!だってそういうのやったら…絶対海未ちゃんテストのこと聞いてくるもん…!ここはどう書いたんですかとか…そこは間違えてましたねとか…そういうのヤにゃ!!不安になるだけにゃ!!もう凛はテストのことなんて綺麗サッパリ忘れたいのっ!!」

花陽「…」

凛「かと言ってそういう場を作らなかったら明日あたり海未ちゃんテストの話聞いてくるだろうし…もう凛は忘れたいのに…どうせやるなら早く終わらせたいから…だから海未ちゃん、今日行こう? 海未「行きませんよっ!!」

海未「それを聞かされて行く人がいるんですかっ!?」
457: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 19:13:49.89 ID:LlscEBvG.net
凛「…!」ハッ

海未「よく新鮮にしまったみたいな顔できますねっ!はっきり言ったんですよあなたは!!嫌だってっ!!」

凛「ゴメンニャ…じゃあもう…いつでも良いから…お礼を… 海未「行きません。もう凛とはどこにも行きません」

凛「えっ…なんでそんなこと言うの…?」

海未「もういいです。凛は私のことが嫌いなんでしょうから」

凛「そっそんなこと…かよちん…タスケテ」

花陽「えっ… 海未「花陽に助けを求めないであげてください」

海未「花陽では荷が重すぎる案件なので」

凛「ちょ…そんな固い言い方…そんなこと言わないでよ海未ちゃん…何でそんなこと言うの…」サワッ

海未「なっ…」

凛「そんな言わないでよ海未ちゃん…」サワッ サワッ 海未「あのっちょっと…」

凛「なんでそんなん言うのーっ!海未ちゃーん!」サワッ

海未「なんでちょっと手を触るんですかっ!?」
458: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 19:19:33.84 ID:LlscEBvG.net
凛「そんな言わないでよ海未ちゃーん!」サワ モミ

海未「だからちょっと触らないでくださいって!!」

凛「なーんでそんなん言うの海未ちゃーん!!」スッ 海未「!」バッ

海未「ちょ…花陽!見てないで助けてください!!私いま奪われかけましたよ!?」

花陽「いや…凛ちゃんがこうなっちゃうとどうにも…」


凛「ちょ海未ちゃんもうーっ!!なんでそんなこと言うのーっ!!」ジタジタ 海未「なっ…」

凛「海未ちゃーん!!」ギューッ 海未「やめなさいっ!!離れなさいっ!!」

凛「なーんでそんなん言うの海未ちゃーんっ!!」ジタジタ 海未「ちょ…なんで小刻みに揺れるんですか…!?」

凛「海未ちゃーんっ!!」ギューッ 海未「やめなさいって!!もう!!」

海未 凛「はぁ…はぁ…」


凛「かよちーんっ!!」ギューッ 花陽「あっ…凛ちゃん///」

海未「何をイチャイチャしてるんですかあなた達はーっ!!」
459: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 19:26:33.25 ID:LlscEBvG.net
凛「はぁはぁ…胸が苦しいにゃ…」

海未「わっ…私だって苦しいですよ…!」

凛「ストレスかな… 海未「はっ!?ストレス!?私が悪いんですか!?」

凛「えっ…?いやいやいやっ!」

海未「私が悪いんですかっ!?私が凛にストレスを与えてるんですかっ!?」

凛「いやそんなつもりはっ… 海未「そういう言い方をしたじゃないですか!!私が…」

凛「いや違うよ…」チラ 海未「ちょなんで今時計見たんですかっ!?」

海未「なんで時計見たんですか今っ!?早く終わんないかにゃーと思ったんですか!?この説教長いにゃーと思ったんですか!?」

凛「いや思うわけないにゃー! 海未「じゃあなんで今時計見たんですかっ!!」

凛「違うの違うの!間違えた!間違えましたっ! 海未「何と間違えたんですか!?」

凛「あぅ… 海未「あなたが悪いんですよね!?凛、あなたのせいでこんなことになってるんですよね!?」
460: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 19:33:02.15 ID:LlscEBvG.net
凛「それはそうだよっ!もう全部凛が悪い! 海未「そうですよねっ!」

凛「全部凛が悪いからっ!その辺は!もう自信持ってっ!!そこはっ!!」


海未「凛あなた…さっきから全発言を間違えているんですよ…なんで今ちょっと上から来たんですか…」

凛「…またにゃー!!」

海未「またにゃーじゃないですよ…」

凛「もう…こんな自分に嫌気がさすにゃーっ!!」

海未「そういう反省してるフリはいいんですよもうっ!!」

凛「そんなっ…反省してるフリなんかじゃないよ…?どうしてそんなこというの海未ちゃん…」サワッ

凛「お願いしますにゃ海未ちゃーん…!」サワ サワ 海未「だからなんでちょっと触るんですか…!?」

凛「なんでそんなこと言うの海未ちゃん…」スッ 海未「危なっ…!」バッ
461: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 19:41:47.07 ID:LlscEBvG.net
凛「なーんでそんなん言うの海未ちゃーん!!」ジタジタ 海未「揺れないでくださいって!」

凛「海未ちゃーん!!」ギュー 海未「やめなさいっ!!」

凛「なんでそんなこと言うにゃ海未ちゃーん!!」ジタジタ 海未「ちょ…」

凛「海未ちゃーん!!」ギュー 海未「どういう仕組なんですかあなたはっ!?」

凛「海未ちゃん…」スッ 海未「危ない危ないっ!!近いですからっ!!」バッ

海未「花陽っ!どうなってるんですかこの凛はっ!?」

花陽「それは…凛ちゃん流の仲直り術です…」


凛「海未ちゃん…もうあれかにゃ…?何を言ってもわかってもらえないのかにゃ…?」

海未「は…?」

凛「もう…お礼はさせてもらえないのかにゃ… 海未「行きませんよっ!!」

凛「また…勉強は教えてくれるかにゃ…」

海未「凄いですねあなたは…よく強引に唇を奪おうとしておきながらそれを言えましたね…!!」
462: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 19:47:51.44 ID:LlscEBvG.net
凛「いや…そんなつもりは…!」

海未「もうさすがに言わせて頂きますが…凛、あなたは最低ですっ!!」

凛「…!またにゃーっ!!また間違えたーっ!!」

海未「もういいですから…」

凛「また間違えてもたなーっ!! 海未「間違えてもたなっ!?なんで急に関西弁…」

凛「もう…ホント勘弁してにゃ海未ちゃーん…」チュ 海未「!」パァンッ


海未「なんで手の甲にキスしたんですかっ!?王子様ですかあなたはっ!!」


花陽「海未ちゃん…その辺で仲直りしておかないとキスがどんどん上がってくるから…」

海未「キスが上がってくる!?どういう理屈なんですかそれはっ!?」

凛「海未ちゃあん…」ジリ・・・

海未「やめなさい…鎖骨のあたりを見つめながらじりじり近づいてくるのは…」
463: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 19:53:25.68 ID:LlscEBvG.net
海未「あっ!もうこんな時間…もうここまでです凛!私はもう行きますのでっ!!」

凛「えっ!?海未ちゃん待ってよ!!まだ仲直りが完了してない… 海未「完了ってなんですか!?もう付き合いきれません!私はもう行きます!!」

凛「また間違えたにゃ…じゃ、じゃあわかった!もう一気におでこまでいくから 海未「なんなんですかそれはっ!?なんでおでこにキスすればなんとかなるみたいな考えなんですかっ!?」

海未「もう知りませんので…それでは花陽、お疲れ様です」ガチャ

花陽「お…お疲れ様…」

凛「あっ…海未ちゃん…」


花陽「り…凛ちゃん…大丈夫…?」

凛「かよちーん!!やっちゃったよー!!海未ちゃん怒らせちゃった…!!」
464: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 19:59:53.90 ID:LlscEBvG.net
花陽「仕方ないよ…また改めて明日ちゃんと謝ろう…?」

凛「やっちゃったにゃー…今日の内に仲直り済ませておきたかったにゃ…一日またぐとその日の夜すっごくテンション下がるから…」

花陽「その発言も聞かれてたらまた怒られると思うけど…」

凛「はぁ…でもごめんねかよちん、時間とらせちゃって…かよちんはA-RISEの皆とのお食事会行ってきて…?」

花陽「ううん!花陽、今日はお食事会には行かない!凛ちゃん、一緒にご飯食べに行こう?」

凛「い…いいの?」

花陽「うん!」

凛「ありがとうかよちん…!落ち込んでてもしょうがないよね!よぉーし!それじゃ海未ちゃん抜きでラーメン屋!いっくにゃーっ!!」

花陽「ちょ…それ聞かれてたらまた怒られるから…!!」


つづく
471: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 18:45:50.23 ID:RL7pcIQj.net
●海未「魔が差して…?」:「魔が差して」

ラーメン屋

花陽「やっぱりここは炒飯も美味しいなぁ。凛ちゃんも食べる?」

凛「ありがとにゃ…でも大丈夫…凛はラーメンがあるから…」ズルズル

花陽「凛ちゃん…元気だして?海未ちゃんも明日ちゃんと謝れば許してくれるよっ…!」

凛「うん…でもきっと…海未ちゃんは凛のこと嫌いになったよ…」

花陽「そんなことないヨォ!きっと許してくれるから!ね?」

凛「だって…フツーあんなに怒る…?凛だって海未ちゃんとご飯食べに行くのが嫌だって言ったわけじゃないのに…テストの話が嫌だったってだけなのに…」

花陽「う…うーん…」

凛「きっと海未ちゃん…凛があんまりにもバカだから愛想つかしちゃったんだよ…」

花陽「そんなことないから…大丈夫だから…ね?」

凛「だって酷いよ…凛が仲直りしようとしても…突き飛ばされるし…ビンタもされたし…」

花陽「う…うーん…」
472: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 18:52:19.13 ID:RL7pcIQj.net
凛「きっと海未ちゃんは凛のことなんてどうだっていいんだよ…じゃなかったらあんなふうにする!?かよちんだったらあんなふうにビンタしたりする!?」

花陽「いや…花陽だったらしないけどそれは…」

凛「ねぇ!?そうだよね!?海未ちゃんは酷いんだよ!凛のことなんてどうでもいいんだ!バカな凛の気持ちなんてわからないんだよ!!」

花陽「う…うーん…」

凛「バカって言ったほうがバカなんだよ!海未ちゃんのバカ!バカバカバカバカバーカ!! 花陽「落ち着いて凛ちゃん!!別に海未ちゃんそんなこと言ってないからっ!!」


海未「盛り上がってますねー!凛!花陽!」ヒョコ

凛「うわあっ!?」 花陽「えっええーっ!?海未ちゃん!?どうしたのぉ!?」

海未「いえ…予定が変わりまして…凛と花陽がここにいるかなーと思って寄ってみたのです」

花陽「あっ…あー…そうなんだ…び…びっくりしちゃった…」

海未「何かまずかったでしょうか…?」
473: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 19:00:25.16 ID:RL7pcIQj.net
花陽「べっ…別にそうじゃないけど…」

凛「うっ…海未ちゃんなに食べる…?はい、メニュー…」

海未「ありがとうございます…では…このわかめスープをいただきます」

凛「そっそれだけ…?もっと食べたら…」

海未「いえ…そんなにお腹がすいてるわけではないので…」

花陽「っ…」

海未「どうしたんですか二人共…何か様子が変ですけど…」

花陽「なっ…何でもないヨォ!?」

海未「そうですか…それより凛と花陽は、二人でいるときにどんな話をしてるんですか…?」

凛「っ…」 花陽「いやっ…えーと…アイドルの話とか…食べ物の話とか…」

凛「うんうん…」

海未「そうですか…先程も結構盛り上がっていたみたいですね…何の話をしていたんですか…?」
475: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 19:09:51.49 ID:RL7pcIQj.net
凛「べっ…別にフツーの話だよ!ねぇかよちん!?」

花陽「う…うーん…」

海未「そうですか…何やらバカバカと聞こえてきたので…誰かの悪口でも言ってるのかなと思ったのですが…」

凛「違うよ違うよ…アレは…カバの話をしてただけで…カバって食べたらどんな味がするのかなーって話だよ…」

海未「そうですか…それならいいのですが…すみません、お手洗いに」ガタ

凛「うっうん…」


凛「まずいよまずいよかよちん!海未ちゃんバカって言ってたの聞かれたかな!?」

花陽「わ…わからないよぉ…」

凛「どうしよう…聞かれちゃってたら…本当に仲直りできなくなっちゃうよ…ねぇどう思うかよちん!?聞かれてたと思う!? 花陽「う…うーん…」

凛「海未ちゃんバカって言ってたの!?聞かれてたかなぁ?海未ちゃんバカって! 花陽「あの…凛ちゃん…あんまり大きな声で… 海未「何か言いましたかー?」

凛 花陽「うわあっ!?」
476: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 19:17:04.17 ID:RL7pcIQj.net
海未「凛?花陽?」

花陽「うっ…海未ちゃんお手洗いは…?」

海未「その前に…今なんと言いましたか…凛」

凛「…」

海未「なんと言ったかと聞いてるんですっ!!凛!!」

凛「海未ちゃんが…カバだって 海未「それはもう立派な悪口ですっ!!」


海未「そうですかそうですか…凛はわざわざラーメン屋まで来て私の悪口を言っていたわけですか…」

凛「違うよ…」

海未「何が違うんですかっ!?」

花陽「違うの海未ちゃん!!花陽が…花陽が海未ちゃんのことを言っちゃってたの!!ごめんなさいっ!!」

凛「かよちんっ!?」

海未「では凛は何も言っていなかったと…そういうことですか?」
477: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 19:23:25.56 ID:RL7pcIQj.net
花陽「そうなの!信じて海未ちゃん!! 凛「かよちん!もうやめてっ!!凛が…凛が悪口言ってたの!ごめんなさい海未ちゃん!!」

海未「…」

花陽「凛ちゃんだけじゃないっ!花陽が…花陽が言い始めたことなのっ! 凛「違うよっ!!凛が一人で言ってただけだもんっ!!かよちんは悪くないもん!!」

海未「いい加減にしなさいっ!!」

花陽 凛「…」

海未「花陽…凛を思う気持ちは分かりますが…嘘をついてまでかばうものではありません」

花陽「違うのっ信じて! 海未「嘘をつくんじゃありませんっ!!」

花陽「嘘なんかじゃないっ!!花陽のこと信じられないノォ!? 海未「いい加減にしろと言っているんです…!」


海未「…全部聞かせてもらっていましたよ…あなた達がラーメン屋に入ってからした会話はねぇ!!」

凛「えっ…」 花陽「…!?」
478: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 19:29:36.13 ID:RL7pcIQj.net
海未「二人がラーメン屋に行くという話は廊下まで筒抜けでしたからね…だから私は弓道部を断ってラーメン屋に来ていたのです…凛がどれだけ反省しているのか聞きたかったものですからね…」

凛 花陽「…」

海未「それが反省するどころか…まさか悪口を言っているとはねぇ!驚きましたよっ!!」

花陽「き…聞いてたの…?」

海未「ええ聞いてましたよ!気付かなかったでしょう?帽子を目深にかぶって髪型を変えていれば、遠目には分からないものです。全部聞かせてもらいましたよ…」

凛 花陽「…」

海未「盗み聞きなんてどうかとも思いましたがね…やってよかったですよ!凛の本当の気持ちを知ることができたんですからねぇ!!」

凛 花陽「…」

海未「何か言い訳ができるものならしてみてくださいよっ!!凛!!」

凛「…」

海未「先ほどのように凛をかばうことができるなら…やってみてください!花陽!!」

花陽「…」フルフル
479: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 19:49:41.71 ID:RL7pcIQj.net
海未「…」

凛「…」

花陽「…」フルフル

海未「は…花陽…?」

花陽「…」フルフル


海未「えっ…引いてますか…?」

花陽「…」フルフル

海未「えっ…あの…盗み聞きしてたこと引いてますか…?いやっちょ、ちょっと待って下さい?引いてますか?…花陽?」

花陽「…」フルフル

海未「そっそれはないですよね?えっ引いてますか?花陽…?あの黙ってないで…何か言ってくれれば…あの…黙ってられるのが一番キツイので…は…花陽?…ひ…引いてるなら引いてるって言ってください…」

花陽「…引いてない」フルフル

海未「嘘をつくんじゃありませんっ!!どう見てもドン引きしてるじゃないですかっ!!」
480: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 19:56:25.94 ID:RL7pcIQj.net
海未「一切私と目を合わせてくれないじゃないですかっ!引いてる証拠でしょう!?ちょっとそれはないですよ!どうしたらいいんですかもうっ!?」

花陽「…」フルフル

海未「ちょっと待って下さいよ!こっちだって…好きで盗み聞きしたわけじゃないですよっ!?葛藤ありましたよ!本当にいいのかなっていう…葛藤の上です!!葛藤の上に…盗み聞きがありますよっ!!」

花陽「…」フルフル

海未「だっ…だってそっちも悪いじゃないですかっ!正直に言わないでっ!どうなんですか花陽っ!?」

花陽「…」フルフル

海未「なっ…なんてね!ごめんなさいごめんなさいっ!ちょっと強く言い過ぎちゃいましたね?ごめんなさい…そっそんな怖がることないですよ?ねっ?ごめんなさい…」

凛「…」

海未「えっ…り、凛は…?」

凛「えっ…?」

海未「凛は…引いてるんですか…?」

凛「いやっ 海未「正直に言ってくださいよ?正直に聞いてるので正直に言ってくださいっ!」
481: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 20:02:56.58 ID:RL7pcIQj.net
凛「いやっ…でも悪口を言ってた凛が悪いから 海未「いやいいんですいいんです!それはもう今はいいですからっ!一旦それは忘れてくださいっ!今そこじゃないんですっ!今そこじゃないんですよ!単純に引いてるかだけ…ちょっと聞かせてください…」

凛「単純に…? 海未「単純にです…!」

凛「単純に引いてるにゃ…」

海未「はぁ~やっぱ引きますかーっ…」

凛「盗み聞きはないにゃ…」

海未「あぁー…ごめんなさいっ…!」

凛「もっと他に…やり方はあったと思う 海未「ちょそれは言わないでください!言わないでください!」

凛「凛なら絶対にやらない… 海未「やっ…やめてください!やっちゃった人もいるんだから…自分が恥ずかしいっ…」


海未「でもあれですねっ…!結構言えるものなんですね…!その立場でっ…!」

凛「…え?」

海未「だって私の悪口を言ったのは凛じゃないですかっ! 凛「いやそこは今いいって言われたから!!だとしたらごめんなさいっ!ごめんなさいっ!!」ペコ

海未「いやいやいやごめんなさいごめんなさいっ!!頭上げてください上げてください!」グイ
482: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 20:08:47.52 ID:RL7pcIQj.net
海未「そっそうですよね!?私が言ったんですもんね!?忘れてってね!それを戻して言うような真似しちゃってごめんなさい!ごめんなさいねホント?ねっ?」

凛「うん…」

海未「あっ…凛、唇にラーメンの汁がついてますよ…?アイドルなんですから…ね?綺麗にしておかないと」フキフキ

凛「…」


海未「やっぱり…盗み聞きはないですかね…?」

凛「盗み聞きはないにゃー!」

海未「ないですよねー!絶対ないですよね!?」

凛「絶っ対ないにゃ!」

海未「サイテーですよね!?」

凛「サイッテーだにゃ!!」

海未「ああ…なんでこんなことしちゃったんでしょう…」
483: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 20:15:46.68 ID:RL7pcIQj.net
凛「卑劣にゃ!」 海未「卑劣…!本当そうですよっ…!」

凛「下劣にゃ!」 海未「下劣…!そうでしょう…!下劣でしょう私は…!」

凛「鬼畜にゃ!」 海未「鬼畜っ…!鬼畜いただきましたーっ…!!」


凛「まぁでも…あれだよね海未ちゃん…」

海未「え…?」

凛「魔が…差しちゃったんだもんね…?」


海未「んー…うん?」 凛「うん?」

海未「…はい?」 凛「はい…?」

凛「えっ…!?」 海未「あ、いや…」

凛「あっ悪口のこと言ってるの!?それはもう本当にごめん!ごめんなさいっ!!」ペコペコ

海未「いや違います違います!!そんなもう!むしろこうですよ!!むしろこうですよ!!ごめんなさいね本当!!」グイグイ
485: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 20:22:13.28 ID:RL7pcIQj.net
凛「はぁ…はぁ…」 海未「ふぅ…ふぅ…」

凛「目つぶってたから見てなかったけど…むしろこうって何してたの…?」

海未「凛の頭の下に自分の頭を潜り込ませていました…」

凛「そっか…でも本当にごめん…」

海未「いつまで言ってるんですか!一旦忘れてくださいって!今はもう私の盗み聞き問題ですからっ!」

凛「うん…」

海未「私の盗み聞きですよっ!?」

凛「うん!わかったにゃ!切り替えるにゃ!」

海未「そうです!切り替えてください!…いやしかし参りましたね本当…」


花陽「」

海未「もう目を合わせてくれないどころか…私を視界にも入れてくれないみたいです…」

凛「かよちん…だいぶ引いちゃってるみたいにゃ…」
486: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 20:28:17.87 ID:RL7pcIQj.net
海未「もう…どうしましょう…どうしたら許してくれるのか…全くわかりませんよ…」

凛「じゃあ…凛がちょっと話してみようか…?」

海未「…お願いできますか?」

凛「やってみるにゃ!」

海未「お願いしますっ!」ペコ 凛「まっかせるにゃ!」

海未「すみません本当に…」


凛「かよちん…」

花陽「」

凛「かよちんあのね…あっ!」

海未「…?」


凛「海未ちゃん…ちょっと耳塞いでてもらっていいかな…?」

海未「…はっ!?」
487: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 20:36:36.39 ID:RL7pcIQj.net
凛「あんまり聞かれてるとアレだから…」

海未「あんまり聞かれてるとアレ…?」

凛「うん、そう」

海未「そう…?」

凛「だから耳を塞いでてってことを言ってるの」

海未「そっそうですか…別に盗み聞きするつもりはなかったんですが…まぁしょうがないですね…一度失った信用は中々…取り戻すのは大変です…」ギュ

海未「… … … …」


凛「… カヨチン …ガ … …ダカラ…デ…」

花陽「… … … ヌスミギキヲ!… …」

凛「…デ…ウミチャン… …モ 花陽「ヌスミギキッ!… …」

凛「マァマァマァ… …ダカラ…モウ… デ… 花陽「ヌスミギキッ!… …」

海未「凄い言ってますよ盗み聞きって…!凄い言ってるじゃないですか…!!」
488: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 20:44:05.10 ID:RL7pcIQj.net
凛「ダカラ…ウミチャンモ…ダシ… 花陽「タスケテッ!…」

海未「タスケテ…!?別に私は危害を加えるつもりは…!」

凛「…モ…デ…カラ…ダケド… 花陽「サイコパワーッ!!…」

海未「サイコパワー!?…なんでベガの特殊能力の名前…」

凛「…ウン…ネ?…ネ?… 花陽「ウン…」


凛「海未ちゃん?」ポンポン

海未「はい…」

凛「今…かよちんと話したんだけど…まぁ今回は…凛達にも悪い部分はあったということで…」

海未「いえいえ…」

凛「今後、海未ちゃんが…二度と凛達に隠れてそういうことをしないと…約束してもらえるなら…かよちんも大丈夫らしいから…」

海未「ありがとうございますっ…!」

凛「ね?いいんだよね?」

花陽「…」コク
489: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 20:50:21.77 ID:RL7pcIQj.net
海未「ありがとうございます花陽…」

花陽「ううん…花陽も悪かったから…」

凛「ねっ?仲良くしないと…また悪口言っちゃうにゃーなんてっ! 海未「はあっ!?」

凛「あっごめんなさいっ!!今のはごめんなさい!今のは本当に!」ペコ

海未「いえいえ…わかっていただければ…」

凛「ごめんごめん本当に…!」ペコ

海未「いえいえ…頭を上げてください…」


凛「じゃあもう…これでお互い、水に、流しましょう…?」

海未「…」

凛「…?」

海未「…」

凛「う…海未ちゃん…?」

海未「…」ポロポロ

凛「…!?」
490: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 20:56:34.28 ID:RL7pcIQj.net
海未「やっぱり…無理です!酷いです!…あんまりですよこんなの…!水になんて流せませんっ!」ポロポロ

凛「ちょ…ちょっとどうしたの海未ちゃん…」

海未「凛が…凛が隠れて私のことを言うから悪いんじゃないですか…!」

凛「ちょっと待ってよ!海未ちゃんも隠れて聞いてたんだからお互い様だよっ!」

海未「私は凛に聞かれて困ることなど一度も言ったことはありませんっ!」

凛「う…」


海未「私は…自分の性格などもう分かっているんです…融通もきかないし…周りに合わせるのも下手ですし…悪口を言われても仕方ない性格なことは分かっているんです…」

凛「…」

海未「でも…そういうのは直接言ってくださいっ!隠れて言わないでくだひゃいっ!…隠れて言われると…」

凛「…」

海未「私のせいで…皆が悪者になっていくみたいで…つらいんです…」シクシク

凛「う…海未ちゃん…」
491: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 21:02:20.49 ID:RL7pcIQj.net
凛「だって海未ちゃん…直接言ったら怒るにゃ…」

海未「怒りますよっ!私が間違ってないと思った時はっ!悪口を言った癖に怒らせてもくれないなんて…卑怯じゃないですかっ!!」

凛「あぅ… 花陽「凛ちゃん…」

凛「かよちん…? 花陽「全部…言おう?」

凛「え…?」

花陽「凛ちゃんが隠れて海未ちゃんに言ってたこと…いま全部、海未ちゃんに言おう…? 凛「はぁっ!?」

凛「べ…別に言う必要はなくないかにゃ…? 花陽「あるヨォ!もう…全部言おう凛ちゃん…!」

凛「ぜっ…全部!?」

花陽「うん…全部言おう? 凛「全部って…全部!?」

花陽「そう…全部。全部言おう? 凛「全部って…あれもこれも…!?」

花陽「あれもこれも…全部海未ちゃんに言おう? 凛「あれもこれもって…あの時のやつとかも…なにもかも!?」

花陽「なにもかも…全部言おう? 凛「なにもかもって…例えばあの時の 海未「ちょちょちょそんなに言ってるんですかっ!?」
492: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 21:10:42.35 ID:RL7pcIQj.net
海未「そんなに私の悪口を言ってるんですかっ!?凛はっ!?」

凛「そんなに言ってるにゃ…」

花陽「凛ちゃんが言わないなら…花陽が全部言う!!」

凛「そ…それまさか…かよちんの… 花陽「正義感だヨォ!!」

海未「花陽…聞かせてください」

花陽「凛ちゃん…つらいだろうから、耳を塞いでて」

凛「はぁ…かよちんがこうなっちゃったらもう…どうしようもないにゃ…」ギュ

凛「… … … …」


花陽「… リンチャン …ガ … …ノトキ…デ…」

海未「… … … ユルセマセン!… …」

花陽「…デ…ウミチャン… …モ 海未「ユルセマセンッ!… …」

花陽「…ノトキハ… …ダカラ…モウ… デ… 海未「ユルセマセンッ!… …」

凛「凄い言ってるにゃ許せませんって…!凄い言ってるにゃー…!!」
493: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 21:17:48.67 ID:RL7pcIQj.net
花陽「ダカラ…ウミチャンガ…ッテ… 海未「サイテーデスッ!…」

凛「また言われたよサイテーですって…一日に二回も言われたのは多分凛が初にゃ…」

花陽「…モ…リンガベー…カラ… 海未「エイゴノハツオンガヒドスギルッ!!…」

凛「英語の発音が酷すぎる!?…それちょっとテーマが違うんじゃ…」

海未「モーゲンカイデスッ! 花陽「サイゴマデ キイテッ!」

凛「はぁー…もう終わりにゃ…」


花陽「デモ…イツモ…デ…」 海未「…」

花陽「ホントウハ…ダカラ…デ…トッテモ…デ…」 海未「…」

花陽「…デ…リンノタメ…ダカラ…」 海未「…」

花陽「…チャンガ…イナカッタラ…ナコトニ…ダカラ…」 海未「…」

花陽「…デ…タノシクテ…デ…ホントウニ…カラ…」 海未「…」

花陽「…チャンガ…ダイ…デ…アリガト…ッテ…ナノ」 海未「…」

凛「…」
494: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 21:23:51.92 ID:RL7pcIQj.net
花陽「凛ちゃん?」ポンポン

凛「はい…」

花陽「今…花陽が覚えてる限りで凛ちゃんが言ってたこと話してみたから…」

凛「う…うん…それで…結果は?」


海未「許せません」

凛「ええぇぇーっ!?許せないのぉ!?」

海未「ええ。悪口ばかり言っていたわけではないということは分かりましたが…かと言ってそう簡単には許せません」

凛「さ…最後の感じでいけると思ったのに… 海未「はぁ!?いけると思った!?どういうことですかそれはっ!?」

凛「ご…ごめんにゃ…また間違えたにゃ…」

海未「全く…!凛は本当に…!!」

花陽「ま…まぁまぁ海未ちゃん…あんまり怒らないで…ほら、色々あってお腹もすいたんじゃない?」

凛「う…うんうん!ね?今日は凛が奢るから…お礼とお詫びを兼ねて!」

海未「調子がいいんですからあなたはっ!」
495: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 21:29:26.06 ID:RL7pcIQj.net
凛「すいませーんっ!海未ちゃん、ここのエビチリ本当美味しいから!エビチリひとつっ!」

海未「はぁ…」

凛「あっ他にも何か頼む?はいメニュー!」

海未「全く…じゃあ… …唐揚げ…麻婆豆腐…だし巻き卵…特性餃子…チキン南蛮…あと、炒飯セットで…」

凛「う…海未ちゃん結構食欲あるね…?」

海未「あなたが怒らせるからでしょうっ!」

花陽「ま…まぁまぁ海未ちゃん!今は無理でも…いつか凛ちゃんのこと…笑って許してあげて欲しいの…」

凛「そうだよ海未ちゃん笑って?ほら…今回のこともさ、ちょっと面白い話ではあるよね…?凛が悪口言ってたのが悪いのに、海未ちゃんが凛に説教されてて…っww」

花陽「ちょっと凛ちゃん! 海未「ふふっw…」

凛「あっ海未ちゃん今ちょっと笑ってなかった!?」

海未「笑えるわけないでしょう!いい加減にしなさい凛っ!!」

凛「ま…また間違えたのかにゃー…」

花陽「まぁまぁ…っw」


おわり
501: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 20:09:26.88 ID:XqwNhPsL.net
●あんじゅ「ちょっとスーパーアイドル」:「ちょっと有名人」

凛、真姫μ's加入当初


カラオケ店

凛「…」

真姫「…」

凛「…」

真姫「花陽…遅いわね…」

凛「うん…」

真姫「先に受付して部屋入っちゃってましょうか…?」

凛「いや…それはかよちんに悪いから…」

真姫「そう…」

凛「…」

真姫「…」

あんじゅ「…」
503: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 20:16:34.95 ID:XqwNhPsL.net
あんじゅ「…」

凛「!…」チラチラ

真姫「…」

凛「…」ジロジロ

あんじゅ「…」


凛「…真姫ちゃん真姫ちゃん!」

真姫「うん?」

凛「アイドルがいる!」

真姫「アイドルー?」

凛「うん!アイドル!本物だよっ!」

真姫「どこ?」

凛「ほら、あそこに座ってる…!」

あんじゅ「…」
504: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 20:24:20.50 ID:XqwNhPsL.net
真姫「えっ?…誰?よくわからないわ…」

凛「うわぁ…!凛初めて生のアイドル見たにゃ…!」

真姫「ちょっとー!だから誰なのよ?」

凛「名前なんだったかなぁ…かよちんが言ってたんだよなぁ…」

真姫「ふ、ふーん…」チラチラ

凛「真姫ちゃんも気になるでしょ?ねっ話しかけてみよっか!?」

真姫「いっ…いいわよそんなのーっ!」

あんじゅ「…」チラ 凛「あっほら今顔よく見えるよっ!真姫ちゃん!どう?」

真姫「いや見えたけど…わかんないわね…」

凛「えっわかんない?アイドルだよ有名な!えーと名前名前…あっ思い出したにゃ!綺羅ツバサだっ!」

真姫「えっ?誰…?」

凛「知らないの?いっちばん有名なスクールアイドルだよっ!」

真姫「あっ…何よスクールアイドルなの?本当のアイドルかと思っちゃったじゃない…」
505: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 20:30:59.15 ID:XqwNhPsL.net
凛「それでも凄い人なんだよ!大きいステージで歌ったりしてさ!ファンもいっぱいで!」

真姫「ほんとー?」

あんじゅ「…」チラ 凛「ほらほらほら!絶対そう!絶対綺羅ツバサだよっ!凄いにゃー!」

真姫「だから誰なのよ?」

凛「真姫ちゃんほんとに知らないの?

真姫「知らないわよー!誰よ?」

凛「綺羅ツバサだよ!かよちんも大ファンなんだからっ!グッズとかもいっぱいあるんだよ?」

真姫「だから誰よ…」

凛「どうしよう…サインもらいに行こうかな…」

真姫「いいわよもう!」

凛「どっ…どうして?」

真姫「だって私知らないもんあんな人!」

凛「えっ真姫ちゃん本当に知らないっ!?」
506: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 20:38:47.42 ID:XqwNhPsL.net
真姫「全然知らないわよ!えっなに、きら…?」

凛「キ・ラ・ツ・バ・サ! 真姫「だから誰よっ!?」

真姫「もういいわよ!そんなのどうでも!やめましょこの話!」


凛「…そうだね あんじゅ「ええぇーーっ!?」ガタ

凛 真姫「…!?」

あんじゅ「はぁ…」ツカツカ


真姫「ちょ…こっち来るわよ…?」

凛「な…なんだろ?」

あんじゅ「どうも、優木あんじゅです」

真姫「ちょ…全然違うじゃない!」

凛「あれ…?違ったかにゃ… 真姫「こんなベタなツッコミしたくないけど…一文字も合ってないじゃない!」
508: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 20:44:38.61 ID:XqwNhPsL.net
あんじゅ「綺羅ツバサは私と同じ…A-RISEっていうグループの別の人よ」

凛「ご…ごめんなさい…」

真姫「で…何ですか…?」

あんじゅ「えーとりあえずね…あなた達の会話、全部聞かせてもらいました」

凛「えっ…聞こえてたんですか…? あんじゅ「聞こえるわよ、ああいうの。逆にそれしか聞こえてなかったわよ」

凛「あぁ…」

あんじゅ「そういうもんなのよ?」

凛「そ、そうなんですか…」

真姫「それで…なんなんですか…?」

あんじゅ「いえね…キミが…私のことを知っててくれたのよね?」

凛「はいっ!知ってました! 真姫「あんた名前全然間違えてたじゃないっ!」

あんじゅ「まぁ名前こそ違えど…A-RISEを知っていてくれてありがとう」
509: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 20:51:16.88 ID:XqwNhPsL.net
あんじゅ「で…キミは…私のことを知らないんだよね?」

真姫「… 凛「そうなんですよ!全然知らないくて…ごめんなさい本当!」

あんじゅ「うん…聞こえてたから…でそのキミがね 凛「あっ星空凛ですっ!」

あんじゅ「えー星空さんが、彼女に… 凛「あっ西木野真姫ちゃんですっ! 真姫「いいわよ言わなくてーっ!なんで教えんのよ名前っ!?」

あんじゅ「西木野さんって言うのね…?」

真姫「…はぁ」

あんじゅ「その西木野さんにね?星空さんが、一生懸命私のことをわかってもらおうと頑張っててくれてたじゃない?」

凛「はいっ!」

あんじゅ「それはもう嬉しいなって思って聞いてたのよ?」

凛「本当ですかっ!?」

あんじゅ「そうよー!ガンバレって思って!」

凛「ありがとうございますっ!」
510: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 20:57:09.32 ID:XqwNhPsL.net
あんじゅ「なのにね?急に諦めたでしょう…?」

凛「あぁ…」

あんじゅ「突然切り捨てられた感じ…?ヤダヨあれーっ!あれヤダァーッ!分かるでしょうこの気持!?どう西木野さん!?」

真姫「なっ…なんで私に聞くのよ…?わからないですよ…」

凛「いやでも…もう無理かなーって思って…」

あんじゅ「いやそこは頑張らなきゃ…!こっちだって協力してるんだからこうやって」チラ

あんじゅ「顔見せてあげようと思ってこうやってさぁ?友達遅いなーみたいにやってたでしょ?」チラ

凛「やっ…やってました!あれわざとだったんですか?」

あんじゅ「そうよっ! 凛「ごっ…ごめんなさいっ!」

凛「でも…真姫ちゃん完全に知らなかったんだもんね?」

真姫「完全に知らないわよ…」

凛「じゃあやっぱり無理だにゃ…」
512: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 21:03:48.51 ID:XqwNhPsL.net
あんじゅ「じゃあさじゃあさ?それだったらね?早めにそれを察知してこの話題を切り上げて欲しかったわよっ!」

凛「あぁ…逆に…」

あんじゅ「うーん…逆なのかな?うん…わからないけども…だってさぁ! 真姫「ちょっともういいでしょー?」

あんじゅ「ちょっと言わせてよ西木野さんっ! 真姫「なんなんですかあなた?」

あんじゅ「優木あんじゅよっ! 真姫「知らないわよっ!」

凛「真姫ちゃん!ダメだよ…! 真姫「だって本当に知らないもの!」

凛「ごめんなさい…綺羅さん… あんじゅ「優木よっ!」

凛「ごめんなさい…」


あんじゅ「まぁねその…知らないのはね?しょうがないのよ。確かに…スクールアイドルっていうのもそんなに有名なコンテンツでもないし…」

凛「いやいやそんなことないですよっ! あんじゅ「いやそこはそうなのよ!ねぇ西木野さん?」

真姫「だからなんで私に聞くのよーっ!?」
513: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 21:09:16.44 ID:XqwNhPsL.net
真姫「ていうかもう良くないですかっ!?なんなのよこの話!? あんじゅ「まだよっ!」

真姫「もういいでしょー!? あんじゅ「まだ終わってないわよっ!」

真姫「なんなのよあなた!? あんじゅ「優木あんじゅよっ!」

真姫「だから知らないって言ってんでしょー!! 凛「真姫ちゃん!やめなって!」

真姫「なんでこんなに長々喋られなきゃいけないのよ!?なんなのよ!? 凛「落ち着いてって真姫ちゃん!」


凛「ごめんなさい…キラ、優木あんじゅさん…」

あんじゅ「…クレイジーな大量殺人犯みたいになっちゃったわね」

凛「…?ごめんなさい」

あんじゅ「まぁよく思い出してくれたわ…でね? 真姫「まだ何かあるのーっ!?」

真姫「なんなのよっ!もうスイマセンデシタっ!知らなくてゴメンナサイっ!これでいいんでしょー!?」

あんじゅ「そういうことじゃないのよっ!!」
514: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 21:15:45.04 ID:XqwNhPsL.net
真姫「…なんなのよっ…!?」

あんじゅ「別にね…知らないのは罪ではないのよ…じゃあこの場合の罪ってなんでしょう? 真姫「知らないわよっ!!もうどっか行きなさいよキラツバサ!!」

あんじゅ「いいっ!?西木野さんっ!! 真姫「なによ…!?」

あんじゅ「別にね!知らないのは罪じゃないのよ!じゃあこの場合の罪は何かとっ!この場合の罪はっ!知らないのに無理やり私を押し付けて合意を求めようとした星空さんの傲慢さよね?」

凛「り…凛…?」

あんじゅ「あとそれに翻弄された西木野さんね?」

真姫「結局私もー!?なんなのよ一体!?メンドーな人っ!!」

あんじゅ「だってそうじゃないのよ!!最初西木野さんはねっ 真姫「うるさいわよっ!何なのよもう!!」

あんじゅ「だって最初西木野さんはっ 真姫「なんなのよ!!うるっさいのよ!! あんじゅ「西木野さーんっ!!西木野さーんっ!!」

真姫「なっ…何回呼んでるのよ…!?」
515: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 21:22:08.32 ID:XqwNhPsL.net
真姫「名前を何回呼んでんのよ…!?」

あんじゅ「だっ最初西木野さん 真姫「うるっさいって言ってんでしょー!! あんじゅ「西木野さぁーんっ!!」

あんじゅ「西木野さぁーんっ!!ねぇっ!?」

あんじゅ「最初西木野 真姫「うるさいって!! あんじゅ「西木野さぁーんっ!!!西木野さん…!?西木野さぁーんっ!!?ねぇっ!?」

真姫「っww…だからなんなのよ…!?」

あんじゅ「最初…!西木野さんは…! 真姫「なによ…?」

あんじゅ「アノ人知らないナァ~?…アノヒト、シラナイナァ~?…っていう感じだったのよ…!」

真姫「私そんなバカみたいな感じじゃないわよっ!」

あんじゅ「それを星空さんがもうガンガンいくもんだからっ!最終的にどうなってた!? 凛「えっ…」

あんじゅ「シラネェーヨアンナ奴…!!カァンケーネェヨッ…!!シネヨッ…!!みたいな感じになってたでしょ!?」
516: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 21:28:38.45 ID:XqwNhPsL.net
真姫「…死ねとは言ってないわよ…」

あんじゅ「みたいな感じにはなってたでしょ!あんな人って言ってたでしょ!?」

真姫「いやそれは…聞こえてないと思ってたからぁ…! あんじゅ「知られてないというだけで…ノー・ブランドだというだけで…!なぜゆえ、あんな人呼ばわりされなきゃならないのでしょうかっ!?」

真姫「えっ…なにこの人…政治家?」

凛「スクールアイドルだよ… 真姫「いないわよこんなアイドルっ!」

あんじゅ「いるのよっ!!イルノヨ西木野さんっ!!ニシキノさぁーんっ!!」

真姫「wっwだからなんなのよ…!?」

あんじゅ「知られてないのは罪ですかっ!?」

真姫「いや…それは私が言い過ぎましたから…」

あんじゅ「そうでしょう…!? 真姫「はいはい…」

あんじゅ「ね?じゃあなんで西木野さんがそんなんになっちゃったのか…凛が押し付けたからでしょっ!!」
518: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 21:34:42.94 ID:XqwNhPsL.net
真姫「あんた呼び捨てにされてるわよ…?」

凛「り…凛が悪いの…?」

あんじゅ「悪いでしょう!?人ひとりの人格変えちゃってるんだから…!」

真姫「別に人格は変わってないわよ… あんじゅ「いや変わっちゃったわよ真姫ちゃんは…」

真姫「何を知ってんのよ!?ていうか名前で呼ばないでくれませんっ!?」

あんじゅ「変わったわよ…!だから罪だと言ってるの!ね?だってそうでしょ!?最初 真姫「もうわかったわよ!!長いのよ優木あんじゅっ!!」

あんじゅ「やっと覚えてくれたのね私の名前…いや嬉しいわよ…でも本当そういうのはね?気をつけたほうが 真姫「もう、はいっ!もう…はいっ!!」

あんじゅ「いやっ…傷つく人もいるから 真姫「もうイイデショーっ!?いつまで言ってんのよウダウダウダウダっ!!ウダツバサねあんたはっ!!」

あんじゅ「優木あんじゅよっ!!」

真姫「はいはい… あんじゅ「ねぇ!?」
519: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 21:40:23.57 ID:XqwNhPsL.net
あんじゅ「まぁこっちも…熱くなって言い過ぎ 真姫「はいはいっ!!」

あんじゅ「それに関しては、本当悪かった 真姫「はいはいっ!!」

真姫「行きなさいよもうっ!!あっち行きなさいよあんたはっ!!」シッシッ

あんじゅ「なんなのよそのシッシッっていうのはっ!!人が謝ってんのにシッシッってなによっ!?」

真姫「もううるっさいわよっ!!行きなさいよ!!」シッシッ


あんじゅ「ああ…もうこれイチからかこれ…ねぇ真姫ちゃん…?」

真姫「wwっww…もうホント人呼ぶわよっ!?」

あんじゅ「なんで人呼ぶのよっ!? 真姫「変なヤツいるって!」

あんじゅ「誰が変なヤツよっ!? 真姫「変なヤツに絡まれたって人よびますからねっ!?」

あんじゅ「優木あんじゅだって言ってんでしょ!?優木あんじゅが話したら…人呼ぶのっ!?」

真姫「…ふふっwwっw…」
520: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 21:46:54.85 ID:XqwNhPsL.net
あんじゅ「ねぇ…!?」

真姫「wwぜっ…全然大したこと言わないわねあなたっww…」

あんじゅ「何よそれ…そんなふうに言うことないでしょ!?ネっ真姫ちゃん…!?そうでしょう…!?」

真姫「はぁ…」

あんじゅ「ねぇ…?」

真姫「っw…もう行きなさいよあんた…!」シッシッ

あんじゅ「やめろっつってんのよっ!!」

真姫「はぁ…」

あんじゅ「まぁまぁまぁまぁ…熱くなっちゃって申し訳ないけど…サイン書くわよ? 真姫「いらないわよっ!!よく言えたわねあんたこの流れでっ!!」

あんじゅ「まぁ真姫ちゃんは知らなかったからアレだけど…凛?あんたはね?」

凛「あっ…ホントですかっ?」
521: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 21:52:35.89 ID:XqwNhPsL.net
凛「じゃあお願いしますっ!あっ…でも今色紙とか持ってなくて…」

あんじゅ「仕方ないわね…じゃあ私いまA-RISEのCD持ってるから…それに書いてあげるから 真姫「ノリノリじゃないあんたもっ!」

あんじゅ「全くもう…」キュッ キュッ

凛「ありがとうございますっ!じゃあ…小泉花陽さんへって入れてくださいっ!」

あんじゅ「えっ…?小泉…?だってあなた星空… 凛「あっ凛は欲しくないのっ!小泉花陽っていう子があんじゅさんのファンで…」


あんじゅ「何よそれっ!!じゃあ書かないわよっ!!」バキィッ 凛「ああーーっ!?」

あんじゅ「もう二度と私の前に姿を表わすんじゃないわよっ…!?分かったわネッ!!」ツカツカ

凛 真姫「…」
522: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 21:58:03.68 ID:XqwNhPsL.net
凛「行っちゃった…」 真姫「なんだったのよあいつ…」

凛「真姫ちゃん…A-RISEの人にあんなこと言っちゃダメだよ…?かよちんに怒られちゃうよ…」

真姫「わかったわよ…もう今日のことはなかったことにしましょ…向こうにとっても忘れたい思い出だろうから…」

凛「うん…それにしても真姫ちゃん凄いにゃー!」

真姫「なっ…何が?」

凛「いやお喋りが!ホント凄かった!お笑いの人みたいだったもん!」

真姫「そっ…そう…?別にそんなの嬉しくないけど…///」

凛「ねぇねぇ!凛にもああいうふうにお喋りしてよ!」

真姫「えっ…!?そっそんなこと急に言われても…」

凛「いいからいいからっ!ねっ?真姫ちゃん真姫ちゃーん!! 真姫「もう!!うるさいーっ!!わかったわよもうーっ!!」


おわり
531: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 17:50:53.56 ID:kp3LHlN/.net
●雪穂「お姉ちゃんの部屋」:「友人の家」


穂乃果の部屋


穂乃果「入って入ってー。あ、その辺適当座ってよー」ガチャ

海未「お邪魔します」

穂乃果「よーし!じゃあ早速たこ焼きパーティの準備しちゃおう!」

海未「はい!」

穂乃果「あっちょっと待って!その前に着替えちゃうから!」スッ 雪穂「…」

穂乃果「おうっ!?…えっ…?」

雪穂「あっ、お姉ちゃんおかえりー」

穂乃果「ただいま…えっ…何してんの…?」

雪穂「何が?」

穂乃果「いやっ…なんで穂乃果の部屋のタンスの引き出しの中に入ってるの…?」
532: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 17:56:17.98 ID:kp3LHlN/.net
雪穂「別に?」

穂乃果「いや別にじゃないでしょ!?」

海未「ゆ…雪穂?」

雪穂「海未さん!お久しぶりー」ムク

海未「ご…ご無沙汰してます 穂乃果「いや今そんなのいいんだよ!」

穂乃果「いやっ…なんでタンスの中にいるの!?しかも下着姿で…?何してんの…?」

雪穂「まあね」

穂乃果「ああー…そう…? 海未「ちょ、ちょっと穂乃果…」コソコソ


海未「えっと…高坂家ではこう…こういったことは普通のことなんでしょうか…?」

穂乃果「こういうことって…?」

海未「いえですから…穂乃果の部屋のタンスに雪穂が入ってるということは… 穂乃果「いや普通じゃないよっ!そんな家庭ないよっ!!」
533: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 18:02:16.73 ID:kp3LHlN/.net
海未「えっ…じゃあどうしてタンスの中に雪穂がいたんですか…?」

穂乃果「知らないよっ!だって別に…そういう遊びとかもしたことないし…気づいたら入ってた…」

海未「えっじゃあ…普段から穂乃果が気づいてないだけで雪穂はタンスの中にいたってことですかっ!? 穂乃果「いやいやいや、えっ!?なにそれ!?ないよそんなこと!!」

雪穂「じゃあ私部屋戻るねー 穂乃果「ちょ待ってちょ待って、えっ!?戻るの!?」

雪穂「戻るよ?」

穂乃果「えっ…何してたの!?」

雪穂「別に何してたって訳じゃないけどね」

穂乃果「いやっ…えーと…」

雪穂「お姉ちゃん、なにその持ってる袋?」

穂乃果「これは今から…海未ちゃんとたこ焼きパーティやろうと思って…買ってきたんだけど…」

雪穂「へー…海未さんと二人で?ことりさんは?」

穂乃果「いやっ…ことりちゃんはバイトがあるっていうから…」
535: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 18:08:29.43 ID:kp3LHlN/.net
雪穂「あっそう。じゃあ私戻るね?邪魔しちゃ悪いし 穂乃果「いやいやいやちょっと待って!ちょっと待って!」

雪穂「なにー?」

穂乃果「ちょっとごめんね?ちょっと待ってて…」


穂乃果「凄いフツーだよ…」

海未「ということはやはり…普段から穂乃果のタンスに入ってるのでは…? 穂乃果「ちょやめてよ!怖くなるからっ!雪穂はそんな変な子じゃないからっ!フツーの子なの!!」

海未「じゃあどうしてこうなってるんですか…?」

穂乃果「こっちが聞きたいよ…! 雪穂「まだぁー?」

海未「ちょ…雪穂がイライラしてきてるみたいなんですが…」

穂乃果「なんで穂乃果イライラされなきゃいけないの…!?穂乃果が悪いの…!?」

海未「いやわかりませんけど…女性を待たせるものではありません。行ってきてください」

穂乃果「うっ…うん…」
537: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 18:14:40.68 ID:kp3LHlN/.net
穂乃果「ごっ…ごめんね待たせて…」

雪穂「たのむよー?」

穂乃果「いやっ…タンスの中で下着姿で何してたのかなーってだけ…ちょっと教えてくれない?」

雪穂「だから別に何してたって訳じゃないって言ったじゃん?」

穂乃果「あー…そう…じゃあ、あの…」

雪穂「もーなに?」

穂乃果「穂乃果の部屋の壁にかけてあった初ライブの時の衣装がなくなってるんだけど…雪穂、知らない…?」

雪穂「知らないよ?」

穂乃果「あっ…そう?」

雪穂「じゃあ戻るね? 海未「いやいやいやいやちょちょっと待って下さい雪穂っ!」

海未「ちょ穂乃果!穂乃果!」コソコソ
538: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 18:21:20.33 ID:kp3LHlN/.net
海未「いえあの…私全くわからないですけど…雪穂はおそらく…穂乃果のことが…すすすす好きなのでは///」

穂乃果「えぇー!?どっどういうこと!?どういうこと!?」

海未「いえあのあのあのあのですから…穂乃果を感じたくてタンスの中にというか…///」

穂乃果「いやそんなことは…!だって姉妹だよ!?」

海未「こここ恋に性別も姉妹も関係ありませんっ…///」

穂乃果「うーん…」

海未「初ライブの衣装も…その…穂乃果のライブの時の姿に憧れてとか…///」

穂乃果「そうかなぁ…?」

海未「いえわかりませんけど…聞いてみるだけ聞いてみたらどうでしょう…///」

穂乃果「分かった…聞いてみる…」


穂乃果「あっ…あのさ雪穂…」

雪穂「なんなのー?さっきから」
539: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 18:27:44.32 ID:kp3LHlN/.net
穂乃果「ごっ…ごめんごめん…ちょっとその…雪穂のその…背中に隠してる手見せてもらっていい…?」

雪穂「なんで?何も隠してないよ?」

穂乃果「いやっ…変な意味じゃないよ…?変な意味じゃないけど…ちょっと手を見せて欲しいなーと思って…」

雪穂「いいけど?ほら」サッ

穂乃果「あー…ありがとう」


穂乃果「普通に衣装持ってた… 海未「ええぇええーーーっ!?」

海未「そっそれはもうっ…完全に雪穂は穂乃果のことを///えっどうするんですか///付き合うんですか…///!?穂乃果と雪穂は…///えっどっどどどうするんですか 穂乃果「ちょ落ち着いて海未ちゃん!!」

海未「だって好きじゃないですか///雪穂は穂乃果のことを好きなんですよ…///わっ私初めて生で見ました穂乃果のことを好きな人を…/// 穂乃果「どういうことそれっ!?」

穂乃果「でもフツーに衣装見せてきたよあの子…返してくれるかな…」

海未「いやわからないです…///好きな人の思い出の品なんですから…雪穂も欲しいはずです…///」
540: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 18:33:23.37 ID:kp3LHlN/.net
穂乃果「じゃあ…行ってくるから…」

海未「ががが頑張ってください…///」


穂乃果「あのー…雪穂」

雪穂「おうっ! 穂乃果「おっ!?お…おう!」

穂乃果「あのーその雪穂が今持ってる衣装…穂乃果の初ライブの時の衣装じゃないかなって思うんだけど…ちょっともういっかい見せてもらっていい?」

雪穂「うん…」サッ

穂乃果「うん…あーやっぱりそうだ!これ…あそこにかけてあった初ライブの衣装だよね!?ことりちゃんが作った…」

雪穂「あっそうなの?じゃあはい」グイ 穂乃果「…」

雪穂「じゃあ戻るね?」

穂乃果「うっ…うん…」

雪穂「今日の夕飯、唐揚げだってよ?」スタスタ

穂乃果「あ…やった」

雪穂「それじゃ」ガチャ
541: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 18:39:04.82 ID:kp3LHlN/.net
海未「えっ…えぇ!?どうするんですか…!?雪穂と付き合うんですか…!?」

穂乃果「いやわかんないよそんなこと…」

海未「答えを出さなきゃいけないじゃないですか…!」

穂乃果「だっだってそんなこと言われても 雪穂「…」ガチャ

穂乃果 海未「…!」

雪穂「…」スタスタ


穂乃果「どっ…どどどうしたの雪穂…?」

雪穂「いや…この部屋で脱いだ自分の服忘れちゃってて」ガサゴソ

穂乃果「…」

雪穂「じゃあ…ごゆっくり、海未さん 海未「うわああぁーーーっ///」ギュー

穂乃果「ちょ…!?海未ちゃーんっ!?」
542: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 18:49:11.43 ID:kp3LHlN/.net
海未「穂乃果っ…!今すぐ…今すぐ答えを出してください!!ここで…ここでうやむやにしちゃったらお互いのためになりませんから…!!」ギュー

雪穂「…」

海未「どどどどどうするんですか穂乃果ーっ!!付き合うんですかー!!付き合わないんですかーっ!!」ギュー

穂乃果「いやっ…雪穂のことは好きだけど…でも姉妹だからなぁーっ…!!」

海未「どうにかしてくださいっ!!どうにかしてくださいっ!!胸がっ…胸が苦しいんです…っ!!」ギュー

雪穂「…」

穂乃果「分かった!!放していいよ海未ちゃん!!穂乃果が話し合ってみるから!!放していいよっ!!」

海未「はっ…放していいんですかっ…!!」ギュー

穂乃果「うんっ!!」

海未「はっ…放せませんっ…!!」ギュー

穂乃果「えーっ!?」
543: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 18:55:30.58 ID:kp3LHlN/.net
海未「穂乃果と同じ温かみがあって…放せません…!!ちょ…!!」ギュー

穂乃果「落ち着いて海未ちゃん!!ゆっくり力を抜いて!!左右に腕を広げるのっ!!」

海未「やってみますっ…!!」ギュー

雪穂「…」

海未「はっ…放れません…っ!!」ギュー

穂乃果「海未ちゃん!…アイセーイッ!!ヘイッ!ヘイッ!ヘイッ!」

海未「スタートダッシュ!!」パッ

海未「///アッ…アッ…///アアッ///…ア・・・ウウッ…///」ガクガク

穂乃果「海未ちゃーん!?海未ちゃーん!!」

海未「アッ…ンッ…///アアッ…///アッアアッ…///」ガクガク

穂乃果「海未ちゃーんっ!?大丈夫!?」

雪穂「…大騒ぎだったねぇ?」
544: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 19:01:29.89 ID:kp3LHlN/.net
穂乃果「雪穂のせいでしょ!!えっ…ていうか…それっ」

雪穂「なに?」

穂乃果「雪穂がつけてるブラジャー…それ穂乃果のじゃない!?」

雪穂「そうなの?」

穂乃果「うん…あーやっぱりそうだ!これ…タンスに入ってた穂乃果のブラジャーだよね!?」

雪穂「そうなんだ?」プチ

雪穂「はい」グイ 穂乃果「…」

穂乃果「えっ…何…?雪穂はやっぱり…穂乃果のことが好きなの…?」

雪穂「えっ…?まぁ…好きだけど…」

穂乃果「あぅ…いやっ…あの…雪穂が穂乃果を好きでいてくれてるっていう気持ちは嬉しいけど…やっぱり付き合うとかはちょっと…」

雪穂「えっ?私そんなつもりないよ?」

穂乃果「えっ…?」
545: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 19:07:42.14 ID:kp3LHlN/.net
雪穂「好きっていうのは家族として好きってだけで…付き合うとかそんなつもりは全然ないよ?」

穂乃果「そうなの…!?じゃあ…なんで穂乃果のブラジャーつけたりするのっ!?」

雪穂「自分のブラジャーがちょっときつくなってきちゃってさ。お姉ちゃんの試しにつけてみようかと思って」

穂乃果「ほぁあ…」

雪穂「ライブ衣装は…可愛いなぁと思ってちょっと着てみたくなったんだ。ごめんね」

穂乃果「そっ…そうなの?じゃあなんでタンスの中に入ってたの…?」

雪穂「服を脱いでつけてみた瞬間にお姉ちゃん達が帰って来ちゃったから…パニくってそのままタンスの中に隠れちゃったの」

穂乃果「そうなんだっ!?じゃあなんでさっきからそんなにフツーなの!?」

雪穂「動揺したら負けかなーと思って」

穂乃果「あ…雪穂なりに考えたんだ?」

雪穂「あたりまえだよ」

穂乃果「あたりまえだよ…?」
546: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 19:13:18.61 ID:kp3LHlN/.net
雪穂「じゃ、戻るね 穂乃果「ちょ、ちょっと待ってよ雪穂!」

雪穂「まだ何かあるの?」

穂乃果「さ…最後に一つだけ聞かせて?どうやって…タンスに入ったまま自分で引き出しを閉めたの…?」

雪穂「それは…お姉ちゃんのことが好きだったからだよ。じゃあ…私戻るね」スタスタ

穂乃果「うっ…うん」

雪穂「それじゃ」ガチャ


海未「えっ…なっ…納得したんですか…?」ムク

穂乃果「全然してないよ…」

雪穂(実はパニくった時の衝撃で引き出しの底に穴開けちゃっただけなんだよな…)


おわり
551: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 16:00:47.21 ID:okQdLvNW.net
●絵里「ハラショー」:「サングラス」


絵里、希μ's加入時


部室

にこ「…」ガチャ

希「おっ、にこっち」

にこ「ああ希。早いわね」

希「そりゃウチらは新人やからねー。先輩より遅く来るわけにはいかないやん?」

にこ「何よそれ…」

希「エリチももうすぐ来ると思うよ?すぐそこで会ったから」

にこ「あっそ。そんなことより希、あんたダンスとか大丈夫なんでしょうね?経験あるの?」

希「踊るのは得意なんや!任せとき!練習ではいつもどんな感じでやってるん?」

にこ「そーねぇ…こんな感じよ」タタンッ タタンッ

希「おー…」
552: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 16:06:43.32 ID:okQdLvNW.net
絵里「入るわよー」ガチャ

希「おーエリチ」

にこ「絵里」

希「今な、にこっちにダンス見せてもらってたところやったんよ」

絵里「へー…にこ、ちょっと私にも見せてくれない?」

にこ「そっ…そんなの練習の時にいくらでも見せるわよ…」

絵里「今見てみたいのよ。ね?にこ!」

にこ「仕方ないわねー」タタンッ タタンッ

絵里「…」

にこ「っ」クルッ タタタンッ

絵里「…にこ、ハラショー!」

にこ「んっ?」
553: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 16:13:27.95 ID:okQdLvNW.net
絵里「動きにキレがあるわね!さすがにこね!」

にこ「えっ…どうしたのそれ?」

絵里「何が?…それにしても希、これは私達もウカウカしてられないわねっ!」

希「そうやな!ウチらも気合入れていかんと置いてかれちゃうかもしれんな!」

絵里「ええ!μ'sに入った以上、私も全力でやるわ!よろしく頼むわね!にこ!」

にこ「うん…で?どうしたのさっきの?」

絵里「…何が?」

にこ「いや…ハラショーって言ってたけど…」

絵里「ああ…あれはね?ロシア語で素敵なとか凄いとか…可愛らしいとかって意味の言葉よ」

にこ「それはなんとなくわかるけど…どうして急にさっきロシア語言ったの…?」

絵里「いやっ…?急にっていうか…前からたまに言ってたけどね…?」
555: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 16:21:38.77 ID:okQdLvNW.net
にこ「いや嘘でしょ!」

絵里「本当よ?ついポロッと出ちゃうのよねー」

にこ「いや嘘つきなさいよっ!」

絵里「本当だって言ってるじゃない!もー変なにこねっ!…それで練習メニューのことなんだけど」

にこ「絵里がロシア語なんて使うの初めて聞いたけど…」

絵里「…そうだったかしら…?」

にこ「そうよ」

絵里「あーそう…それでね?バレエをやってた時の練習法なんだけど…」

にこ「ねぇ希はじめてよね?絵里がロシア語なんて喋ってるの聞くの」

希「まぁ…初めてやんなぁ」

にこ「そうよねぇ?」

絵里「あー…そうだったかしら?まぁアレだけどね。別に前からちょくちょく言ってたけど…二人の前で言うのは初めてか…そっかそっか。で練習のことなんだけど…」

にこ「…キャラ作ってんでしょ?」
556: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 16:28:41.62 ID:okQdLvNW.net
にこ「なんで隠すの?にこ達には言ってもいいのよキャラ作ってるって。メンバーなんだから」

絵里「ちょ…ふふっキャラって何よにこったら…元々言ってたって言ってるじゃない…」

にこ「嘘つきなさいよあんた」

絵里「嘘ついてどうするのよこんなこと…うふふっ!変なにこね!それで練習のことで提案があるんだけど にこ「いいわよ一旦練習のことは」

絵里「いやいいことないでしょう…」

にこ「いつから言うようになったのよ?」

絵里「何が?」

にこ「ハラショーよっ!」

絵里「ああ…あれ?いやいつっていうか…ポロッと出ちゃうのよ…」

にこ「嘘つきなさいよっ!!」

絵里「本当だったら!ふふふっ…」
557: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 16:35:34.47 ID:okQdLvNW.net
にこ「いつからポロッと出ちゃうようになったのよ…!?」

絵里「あれは…ロシアに住んでた頃だから…1歳ぐらいかしら…?」

にこ「嘘つきなさいよっ!ゼッタイ嘘よっ!」

絵里「1歳の秋かなんかじゃないかしら…」

にこ「嘘ねっ!なんであんた1歳の頃の記憶あんのよっ!?」

絵里「それは別にいいでしょうよ…ふふっ…」

にこ「1歳っていったらママとかワンワンとか言うのが関の山よっ!?あんたその頃からハラショーハラショー言ってたのっ!?」

絵里「とにかく言ってたのっ!!なんなのよにこはっ…ふふふっ…」


にこ「あんた…ポロッと出ちゃうって言えばセーフだと思ってるでしょう…?」
558: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 16:42:37.01 ID:okQdLvNW.net
絵里「セーフって何よ…あはははっ…セーフの意味がわからないわよ…あははっ」

にこ「なんでそんな変な嘘つくのよ?」

絵里「嘘じゃないって!」

にこ「なんでキャラ作ってるのに作ってないだなんて変な嘘つくの?」

絵里「うふふっ…変なのはにこの方よ!本当にこったら…あははっ…」

希「なぁなぁ…いつまで言ってるん?いいやん別に。エリチの好きなようにやればいいやん?」

にこ「だって絵里が嘘つくんだもん! 絵里「嘘じゃないって言ってるでしょう!」

希「いいから練習の話しよう?今日も練習やるんやろ?」

にこ「やるけど…」

絵里「…私帰ろっかなぁ」

希「なんでっ?練習しないん?」

絵里「帰る? にこ「なんで?キャラ作ってるのバレたから?バレたからでしょ?ねぇ?」
559: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 16:49:52.41 ID:okQdLvNW.net
絵里「…帰らないけど…なんなの?」

にこ「いやにこは本当のことが知りたいだけなの!」

絵里「ふふっ…本当にこったら…」

にこ「キャラ作ってるなら作ってるって言ってもらわないと困るの!いざっていう時にフォローしにくいから本当のこと言いなさいよっ!」

絵里「…はぁ…じゃあわかった…わかったわよ…本当のこと言うわよ…」

にこ「うん」


絵里「心を許してる人の前でしかロシア語言わないのよねぇ…」

にこ「はぁ…?」

絵里「いやほら…生まれのことで馬鹿にされたりすると嫌だから…心を許してる人の前でしか言えないのよ…」

にこ「嘘つきなさいよっ!!」
560: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 16:57:47.52 ID:okQdLvNW.net
にこ「だったらさっきの1歳のころの嘘の意味が全くわからないんだけど!?最初から心を許してる人の前でしか言わないって言えば良かったじゃないっ!」

絵里「いやっ…それはちょっとみっともないかなぁと思って…」

にこ「いや全然大丈夫よっ!からかわれたくないから普段はあんまり言わないって言えばよかったじゃない!?アイドルやるからキャラ作ってんでしょあんた!?」

絵里「作ってないって!作ってるなら作ってるって言うしそれでいいじゃないそんなのふふふっ…」

にこ「心を許してる人って誰よ…?」

絵里「誰だっていいでしょう別に…」

にこ「なんでっ!?なんで言えないの!?キャラ作ってるから言えないんでしょう!?」

絵里「なっ…違うわよ!作ってないって言ってるでしょうよっ!」

にこ「じゃあ誰の前だったらハラショーって言うのよ!!」

絵里「あれよっ…!家族と…μ'sの皆よっ!!」

にこ「嘘つきなさいよあんた…!!」
561: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 17:03:37.43 ID:okQdLvNW.net
絵里「本当よ!家族とμ'sの皆の前でだったら安心して言えるのよっ!」

にこ「急に!?今まで言えなかったのに急にμ'sに入った途端メンバーの前で言えるようになったのっ!?」

絵里「だから急じゃないのよっ!徐々に徐々にあなた達の性格とかがわかってきて安心して言えるようになったのよっ!」

にこ「嘘つきなさいよあんたはっ!誰の前でだったら言えるとか言えないとかないわよ普通!ないわよね希!?」

希「ウチもほとんどμ'sの皆にしか関西弁でしゃべらんよ?」

にこ「そうなのっ!? 絵里「ほらぁ!!ほらぁ!!」

にこ「たまたまよっ!絵里の場合はゼッタイ嘘!」

絵里「なんでよなんで…?」

にこ「あんた…心を許した人にしか言えないって言えばセーフだと思ってるでしょう…?」
562: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 17:09:39.64 ID:okQdLvNW.net
絵里「ちょ…セーフってさっきから言ってるけど意味がわからないわよ…ふふふっ…セーフの意味が…」

にこ「ねぇ?ねぇ?ねぇ?」

絵里「何よ…?」

にこ「キャラ…作ってんでしょ?」

絵里「だっ…だから言ってるじゃないもう…なんなの?じゃあ言うけど…ハラショーは別にキャラ作って言ったわけじゃないけど…作ってたとしたらなんなの!?悪いのっ!?」

にこ「悪いなんて言ってないわよ!むしろ良いことよ!にこは正直に言って欲しいだけなのっ!」

絵里「だから言ってるじゃない…本当作ってるわけじゃないのっ…」

にこ「もういいわよそういうのっ!!嘘つきなさいって!!キャラ作って言ったんでしょう!?」

絵里「…何が?」

にこ「ハラショーよっ!!!」
563: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 17:16:18.52 ID:okQdLvNW.net
絵里「はぁ…もう…」

にこ「…」

絵里「…」

にこ「…」

絵里「…」コク


にこ「ほらぁーっ!!」

絵里「…」コクコク

にこ「ほらあんたキャラ作ってんじゃーんっ!!作ってんじゃないあんたっ!!ハラショーって言ったの人生で何回目よあんたっ!?」

絵里「本格的なのは今日で初めてよ…」

にこ「初めてっ!?一発目のハラショーがアレ!?もうあんたより私のほうが多くハラショーって言ってんじゃないっ!!」
564: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 17:24:08.91 ID:okQdLvNW.net
絵里「…なに!?いけないわけ!?ダメなの!?」

にこ「だからダメなんて言ってないわよ!なんで嘘ついたのよ?」

絵里「…別にいいでしょう」

にこ「…恥ずかしかったんでしょ?」

絵里「…」

にこ「…」


絵里「…恥ずかしいわよおおぉーっ!!」ガターンッ にこ「!」ビクッ


絵里「恥ずかしいでしょうっ!?今までと違う自分をお披露目するのよ…恥ずかしいわよっ!!」

にこ「…」

絵里「うわなにこいつ…なに急に…えっ目立ちたいの…?…みたいに思われるのかなぁとか!目立ちたいわよっ!!何よっ!!」

にこ「…」
565: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 17:30:19.96 ID:okQdLvNW.net
絵里「それにねぇにこ…これだけは言っておくわよ…!あなた達からしたら突然のハラショーだったかもしれないけどね…私はだいぶ前から考えてたからねっ!!私はこれから…こういう感じでいくからねーっ!!」


にこ「部室で何の宣言してんのよあんた…」

希「他の教室とかにもガンガン聞こえてたと思うよ今の…」

絵里「こういう感じでいくしっ…」 にこ「うんうん…分かったから…」

にこ「こんなに一気に全部ぶっちゃけるとは思わなかったわよ…」

絵里「そういうことだから… にこ「分かった!分かったから!」


絵里「でもあれでしょ…どうせ変だと思ってるんでしょ…」

にこ「…いや別に思ってないわよ?」

絵里「だってにこあなた…凄い言ってきたじゃないっ…!」

にこ「それはあんたが嘘ついてたことに引っかかってただけよ」
566: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 17:36:13.72 ID:okQdLvNW.net
絵里「…じゃあ…どう思うのよ…こういう感じ…」

にこ「いや全然っ…いいんじゃない?」

絵里「ホント…?」

にこ「うんっ!本当にいいと思うわよ?」

絵里「本当…?…良かった…ふふっ!」

にこ「うんうん!いいじゃないロシア語キャラ!絵里にあってるわよ!」

絵里「ありがとう!やっぱりにこって…ハラショーね! 希「ぶふっwっw」

にこ「…」

絵里「…」

希「ふふっwwwくっww…」
567: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 17:42:13.02 ID:okQdLvNW.net
絵里「…はいはいやめやめ。なーにがロシア語キャラよ にこ「ちょちょちょどうしたのどうしたの!?」

にこ「どうしたのよ絵里!?言いなさいよハラショーって!」

絵里「もういいわよ…」

にこ「言いなさいよ!一旦言いなさいよ!」

絵里「言わないわよっ!!」

にこ「なんでよっ!?」

絵里「笑われてるじゃないのよっ…!」

にこ「ちょっと希!」

希「ごめっww完全にカタカナの発音でwwwハラショーってはっきり言ってるから…っww」

絵里「希…そんなふうに思ってたのね…」

希「ごめんっwwっwホントごめんwwっ」
568: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 17:47:19.17 ID:okQdLvNW.net
にこ「…もう一回言おう?もう一回ロシア語言ってみよう?」

絵里「もういいわよ…」

にこ「もう一回言ってちゃんと聞いてもらおう?ちゃんと聞いてもらおう?」

絵里「…」フルフル

にこ「大丈夫!大丈夫よっ!?そういう感じでいくのよねっ!?ねっ?」

絵里「…」フルフル

にこ「大丈夫よっ!ちゃんともう一回聞いてもらおう?ねっ?大丈夫っ!!」

絵里「…ダイジョブ?…ダイジョブ?」フルフル

にこ「っww…大丈夫!大丈夫よほらっ!希!あんたちゃんと冷静になって聞きなさいよ!?」

希「…わかった。エリチ、頼むわ」キッ


絵里「…ダスビダーニャ」

希「ぶふっwwっwwwwっw」
570: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 17:54:01.86 ID:okQdLvNW.net
にこ「希あんたねぇ!!」

希「ちょ今のは卑怯やろwwwハラショーくると思うやんフツーwwっwそっちで身構えてたらwwっw」

絵里「はい終わり終わり。かんっぜんに終わりね」

にこ「ちょ…絵里… 絵里「もういい。もういいわ」

にこ「だってあんたせっかく考えたんでしょ…?」

絵里「考えたわよ…亜里沙が言ってたから…良いなって思って…」

希「ふふっwwっwwハラショー誕生エピソード言うのやめぇやwwっwwちょお腹いたいwww」


にこ「…まぁこうは言ってるけどロシア語キャラ続けなさいよ」

絵里「続けられるわけないわよっ!!もういいわよっ!!」

にこ「なんでっ?別に希の感性がおかしいってこともあるのよ?にこは本当に良いって思うわよ?」

絵里「嬉しくないわよ…」

にこ「どうしてよ?」
571: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 17:59:17.96 ID:okQdLvNW.net
絵里「だってにこのキャラ…変よ」

にこ「…はあっ!?」

絵里「…」

にこ「あんたそれ今関係なくないっ!?」

絵里「一番大事なところじゃない… にこ「なんなのよそれっ!!じゃああんたのも変よっ!!」

絵里「はあっ!?」

にこ「あんたのロシア語キャラも!じゃあ変よっ!!」

絵里「じゃあって何よじゃあって!?」

にこ「そんなこと言うならじゃあもう変よっ!!」

絵里「あなたのっ…!あなたの変は私への復讐の変じゃないっ!!」

にこ「何よ復讐の変って!!本能寺の変みたいに言うんじゃないわよっ!!」

絵里「そんなつもりないわよっ!!」
572: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 18:04:59.51 ID:okQdLvNW.net
希「まぁまぁ…もうこの話いいやん?着替えて屋上行こう?」

にこ「ほら練習始めるわよっ!早く言いなさいよハラショーって!」

絵里「あとで言うわよっ!!」

にこ「早く変になりなさいよっ!!」

絵里「変じゃないわよっ!!ハラショーハラショーハラショー!!」

にこ「変じゃん!! 絵里「変じゃないっ!!」

にこ「大体あんたハラショーとダスビダーニャしか知らないくせに何がロシア語キャラよっ!!」

絵里「これから勉強するわっ!!」

にこ「変だからでしょ!変だから勉強するんでしょ!」

絵里「ロシアが好きだからよーっ!!」


希「まぁまぁ二人共…ほしたら、行こか にこ「ぶふっwww」

にこ「ほっwwっwwほしたらってwwっw初めて聞いたわそれwwっww」
573: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 18:10:27.02 ID:okQdLvNW.net
希「なっ…なんでやねん!なんで笑うん!?別にいいやろ!」

にこ「なっwwっww何か急に希のキャラ作りも面白いように思えてきたwwっww」

希「なんでやねん!なんでやねんなんでやねん!」

にこ「やめっwwっやめなさいwww」

絵里「ハラショーハラショーハラショー!!っwww」

希「なんでやねんなんでやねんなんでやねん!!wっw」

にこ「ふふっwwたっw楽しくなってきてんじゃないわよあんた達wwっwにっこにっこにー!!にっこにっこにー!!ww」


部室前


凛「…」 花陽「…」

ハラショー ハラショー ナンデヤネン ナンデヤネン ニッコニッコニー ニッコニッコニー

凛「は…入りづらいにゃ…」 花陽「…ダレカタスケテーッ!!」


おわり
579: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 16:13:19.19 ID:lY2Y1j1x.net
●海未「ブラジャー」:「ビニール傘」


海未「ふぅ…いい湯でしたね…」フキフキ

凛「うんっ!さっぱりしたにゃー!」フキフキ

にこ「たまには銭湯ってのもいいわねー」フキフキ

凛「よしっと…!さて…」ギュ 海未「ちょなにしてるんですか凛!?」

凛「えっ…何が?」

海未「いや…凛が今手にとったのは私のブラジャーなんですが…!」

凛「え…?」

海未「そのブラジャーは私のです!同じロッカーに入れたからって間違えないでくださいよ!」

凛「いや…違うよ…?これ凛のだよ…?」

海未「なっ…!違いますよ!これは買ったばかりの…寄せてあげるやつなんですから!間違われないように見張ってたんですよ!ここのロッカーの隅において!」

凛「じゃ…じゃあ凛のブラジャーはどこ…?」
580: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 16:21:16.02 ID:lY2Y1j1x.net
海未「知らないですけど…そこにあるスポーツブラじゃないですか…?」

凛「え…これじゃないよ…いくら凛でもスポーツブラなんてつけないもん…」


にこ「ん…?」キョロキョロ

海未「…?どうしたんですか…にこ?」

にこ「いや…にこのロッカーに入ってたブラジャーがどうやら他の人のやつみたいなのよ…にこのブラジャーどこいったのかしら…?」キョロキョロ

海未「そうなんですか…?」

にこ「あっ!あったあったこの海未のロッカーに入ってるやつね!」ギュ 海未「いやちょっとすいませんっ!ちょっとすいません!」

海未「この寄せてあげるやつは私のですから!やめてください!」バッ

にこ「あっそう…?じゃあやっぱり…ロッカーに入ってた普通のやつがにこのかな…?そっかそっか…」

凛「ちょっと待ってにこちゃん!その普通のブラジャー見せてもらっていい?」グイ

にこ「何よ…?」
581: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 16:27:24.59 ID:lY2Y1j1x.net
凛「あー…これが凛のかなぁ…?」

にこ「そうなの…?じゃあ」ギュ 海未「ちょすいません!だからだから!だからっ!」グイ

海未「この寄せてあげるやつは本当私のですからっ!」

にこ「じゃあやっぱりにこのロッカーに入ってた普通のが…」ギュ 凛「ちょっと待ってよ!なんですぐ持って行こうとするの!?」

にこ「いや…急いでんのよにこは…ほら…ちょっと見たいテレビがあるから…うん…はい…だから…」

海未「にこ…あなた何だか怪しいですね…」

凛「このスポーツブラ…にこちゃんのでしょ!こっそりロッカーから入れ替えたんだ!」

にこ「いやいやいやそれはないっ!それはないわよっ!にこだってスポーツブラなんてつけないわよっ!うんっ本当に!」

凛「…」

にこ「じゃあこの普通のやつがにこのだから…」ギュ 凛「待ってよ!なんでそうやってすぐ持って行こうとするの!」
582: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 16:37:23.99 ID:lY2Y1j1x.net
にこ「だってスポーツブラはホント違うわよっ!」

海未「本当ですかっ…!?」

にこ「わかったわよ…!じゃあちょっと確認してみるわよ…」

にこ「…」モゾモゾ

にこ「…」ピタッ

にこ「…」ヌギヌギ

にこ「はっきり分かったわ…にこのは…この寄せてあげるやつか普通のやつかのどちらかよ!」

海未「何かずるいですねあなたっ!はっきりしてないじゃないですか全然!大体着けてみなくてもフツー分かりますよね!?」

凛「にこちゃん本当に怪しいにゃ…!凛のは…このスポーツブラ以外にゃ!」

海未「おんなじことですよっ!言ってることは同じじゃないですかっ!!」
584: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 16:43:46.65 ID:lY2Y1j1x.net
海未「私のブラジャーはこの寄せてあげるやつですっ!絶対に!」

にこ「あー…これあれじゃない?この三人以外の別の誰かが間違えてブラジャー持って行っちゃったとか…そういうことじゃない?」

凛「いやそれはないにゃ!この銭湯には凛達の三人しか来てなかったよ!」

にこ「ああ…そうだっけ…?にこはなんだか…他にも五、六人はいたかなーって思ってたけど…」

凛「嘘だよっ!にこちゃんだって貸し切りだーって騒いでたもん!」

海未「にこ…あなた本当に怪しいですね…!」

にこ「えぇっ!?」

海未「このスポーツブラ…やはりあなたのでしょう! にこ「違うわよ!?本当違うわよっ!?」

凛「…」

海未「…」

にこ「ちょ…!やめなさいよあんた達!何かそういう流れにはなってるけどっ!!本当違うわよ!にこのじゃないわよこのスポーツブラはっ!!」
585: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 16:49:43.43 ID:lY2Y1j1x.net
凛「…」

海未「…」

にこ「いやいやホントにっ!どうしましょこれホントにっ!!なんか笑っちゃうわねこれっwwふふっwwwなんだこりゃwwwふふっww」

海未「絶対、にこのスポーツブラですね」

凛「うん」

にこ「ちがっちがっwっw」

海未「分かりますよ…嘘つくとき笑っちゃうんですよね?穂乃果もそうでしたから。わかります」

にこ「いやっホンwww」

海未「今の私の表情を見てください。全然笑ってませんから」キッ

にこ「それは知らないけどもっw」

海未「凛の表情も見てください。この獲物を狙う時のような険しい表情」

凛「シャー!!」

にこ「それはそれで怪しいのよっ!」
587: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 16:56:11.09 ID:lY2Y1j1x.net
凛「ほらにこちゃんスポーツブラ持ってって!シャー!!」グイ

にこ「なんでよっ!違うわよっ!!」

海未「どちらでもいいですが…私はもう抜けます!この寄せてあげるやつは絶対に私のですからっ! にこ「ちょっと待ちなさいよあんた…」

海未「…なんですか?」

にこ「何かさっきから寄せてあげやつは自分のみたいに言ってるけど…なんでそうやって言い切れるわけ…?」

海未「見張ってましたからっ!」

にこ「見張ってた!?どうやってお風呂入りながらロッカーを見張れるのよ!?」

海未「見張れました!鏡の反射でちょうどお風呂の中からここのロッカーが見えるんです!」

にこ「そんなの誰が納得するのよ!?そんなの証拠にならないわよ!!ねぇ凛!?」

凛「…言われてみれば!」

海未「いやいやいや聞いてくださいよ本当!!」
588: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 17:02:27.89 ID:lY2Y1j1x.net
海未「このブラジャーは昨日買ったばっかりなんですよ!すぐそこの服屋でっ!あのっ…すぐそこの、ありますよね服屋!?」

にこ「あることはあるけど…」

海未「あの服屋で買ったばっかりで!着け心地が凄く良かったから大切にしたいと思って見張ってたんです!!お風呂の中からずっと!!だからこのブラジャーは私のですっ!!」

凛「それを証明できる人はいるの…?」


海未「いませんよ…」

にこ「はいはいはい… 海未「いや、はいはいじゃないですよ…何ですか…!」

凛「なるほどにゃ~! 海未「いや何ですかっ!?何ですかっ!?」

海未「この寄せてあげるやつは絶対私のですって!!昨日買ったんですからっ!!」

にこ「…それはまぁ皆言ってることだからねぇ 海未「いや本当に絶対に絶対私のですっ!!」
589: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 17:08:48.23 ID:lY2Y1j1x.net
海未「じゃあもう希を呼びましょうかっ!?希を呼んで占いで誰のブラジャーか当ててもらいましょうよ!」

にこ「別にアイツも何でもできるわけじゃないから…」

海未「うーん…そうですねっ!」


凛「じゃあこれアレかにゃー…ジャンケンしかないんじゃないかにゃー…」

にこ「そうね~…」 海未「なんでですかっ!?」

海未「なんで私これ…買ったばっかりで取られる可能性でてきてるんですかっ!?」

にこ「しょうがないわよ。やるしかないわよ」

海未「おかしいですって!やらないですよ私は絶対!!」

にこ「一旦。一旦やりましょう? 海未「一旦ってなんですかっ!?やらないですよ私は!! 凛「最初はグー、ジャンケン…」

凛 にこ 海未「ポン!!」
590: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 17:14:55.54 ID:lY2Y1j1x.net
海未「おぉーっ!?」チョキ

にこ「えーっ!?」パー

凛「あーっ!?」パー

海未「勝ったっ!!勝った!!勝ちました!!意外…!!まさかあの流れで勝つとは!!でももうこれでいいですよね!!」ギュ

にこ「なるほどね~…ジャンケンだとこういう感じになるのねぇ~ 海未「ちょっと待って下さいよ…!!何なんですかそれはっ!!」

凛「一旦って言ってたもんねぇ~」

にこ「うんうん」

海未「だってホントもう…この寄せてあげるやつは元々私のですし!!ジャンケンでも今勝ったんですからこれ以上何があるんですかっ…!?」


凛「ビーチフラッグで決めるかにゃ…」

にこ「うんうん…」 海未「はあっ!?」
591: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 17:24:13.28 ID:lY2Y1j1x.net
海未「なんなんですかビーチフラッグって!?ビーチじゃないじゃないですか大体ここビーチじゃないじゃないですか!!ビーチじゃないしフラッグでもないですよ!!それを言うならセントーブラジャーじゃ…!!」

にこ「いやいやそこはいいでしょう!そこは!」

海未「…はい、いやまぁ確かにそこではないです。ツッコミ違っちゃいましたけど…」

にこ「ビーチじゃないのは別にね!?ビーチじゃないのは 海未「そこあんまり言わないでくださいっ!!とにかくビーチフラッグ自体おかしいでしょってことを言ってるんですっ!!」

凛「まぁまぁまぁ、じゃあ向こうからヨーイドンで走ってきて… 海未「ちょちょちょ何で進めてるんですか…!」

凛「早い順に、好きなブラを取るということでいいかにゃ?」

にこ「いいわよ!そうしようじゃないのっ 海未「なんで進めるんですかっ…!」

凛「せっかくだからこう…距離があったほうが 海未「いややりませんよ私は!?意味がわかりませんからっ!!」

にこ「いいわよ。寄せてあげるやつだけおいててくれれば」

海未「嫌ですよ!絶対それ取るじゃないですかっ!!」

凛「じゃあやったほうがいいんじゃないかにゃー?損だよ?」
593: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 17:33:47.94 ID:lY2Y1j1x.net
にこ「じゃあやりましょ!」

海未「やりましょうじゃないですよ!大体銭湯の人に迷惑でしょうそんなことしたら!!」

にこ「あのー…すいま…あっありがとうございますー!」

海未「オッケー出たんですかっ!?なんでオッケーなんですか…!!」


凛「いやーこれで心置きなくできるにゃ!」フセ

にこ「負けられない戦いね!」フセ

海未「もう…何なんですかこれはっ!!」フセ

凛「じゃあ…凛のスタートの合図で… 海未「ちょっと待って下さいよ!それ絶対言う人が有利じゃないですかっ!」

にこ「いや別に誰が言ったって一緒じゃない… 海未「一緒じゃないですよ!!自分のタイミングで言えるんですから!」

にこ「えー?」

海未「私に言わせてくださいよっ!」
594: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 17:42:10.40 ID:lY2Y1j1x.net
にこ「なんでよーっ!?」

海未「いいじゃないですか!!私の寄せてあげるブラジャーですよ!?ジャンケンでも勝ったんだからそれぐらいの権利は 凛「ヨイドンっ!!」ダッ

にこ「…!」ダッ

凛「…!」 ドンッ 海未「あいたっ!!」ズテッ

凛「よーしよしよし!!」ギュ

にこ「危ない危ない危ない!」ギュ

海未「…」

凛「やったにゃー!寄せてあげるブラだにゃー!」

にこ「普通のやつかー仕方ないわねー!」

海未「ちょっと待ちなさいよ…!!」

凛「はぇ?」

海未「押したでしょう…!!」
595: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 17:50:23.87 ID:lY2Y1j1x.net
にこ「え?」

海未「押したんですよ凛が私のことを…!」

にこ「押した?」

凛「いや押してないよ…? 海未「押したじゃないですかっ!!突然ヨーイドン言うし更に押してきたんですよ凛が!!」

にこ「ちょっともう何よ… 海未「ダメですよこんなレース!!無効ですよこんなの!!」バッ

凛「ちょっと… 海未「当たり前ですよ!!無効ですよ!!」バッ

海未「もう一回です!!」

凛 にこ「もう一回!?」

海未「だって押したんですもん!!」

にこ「…じゃあわかったわよ…次で終わりにするわよ?次やって、それで終わりよ?」

海未「…元々寄せてあげるやつは私のですけどね にこ「だっそれは一緒でしょみんなそれはっ!!一緒でしょそれ言ってみんなぁ!!」
596: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 17:57:49.06 ID:lY2Y1j1x.net
海未「一緒じゃないです!私が買ったんですもん! にこ「一緒でしょみんなそう言ってんのよそれぇ!!で埒あかないとっ!!でビーチフラッグやろうってなったんでしょ今ねぇ!!」

海未「… にこ「いまさっそれ言われてもねぇ!!一緒だからそれはみんなっ!! 海未「いやすっ にこ「えあっ!?何よっ!!」

海未「凄く怒ってますけど…一番怪しいのはにこですからねっ!? にこ「知らないわよそんなことはっ!!」

海未「知らないことはないでしょう!! にこ「知らないわよっ!!…次最後にするわよ…!…最後にするわよっ!!」

海未「絶対、にこのスポーツブラですよ…!」


にこ「ふぅー…」フセ

凛「はぁー…」フセ

海未「ゼッタイにこのでしょう!? にこ「知らないわよ!皆一緒なのよみんなっ!みんな一緒!」

海未「はぁ…」フセ

凛「じゃあ凛のスタートの合図で… 海未「だからちょっと待ってくださいよっ!!」
597: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 18:03:42.90 ID:lY2Y1j1x.net
凛「もうー!なに!? 海未「ズルするじゃないですかっ!!私に言わせてくださいよヨーイドンを!!」

にこ「なんなの?言いたいのそんなに!? 海未「言いたいです!」

にこ「…じゃあもう言えばいいじゃないの… 海未「はいっ!」

にこ「それで終わりよホントに? 海未「いいんですね!?私が言って!!」

にこ「いいわよ!それでもうホントに 海未「ヨイドン!!」ダッ

凛「…!!」ガシッ 海未「…!!」ジタバタ

にこ「…!」ガシッ 海未「なっ…!!」ジタバタ

凛 にこ「…!」ギュギュー 海未「むぐっ…!!」ジタジタ

凛 にこ「…!」ポイッ 海未「いたっ!!」

凛「よしっ!よーしっ!」バッ

にこ「よぉーしっ!」バッ

海未「…」
598: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 18:10:09.32 ID:lY2Y1j1x.net
にこ「よぉーしっ!!あー危ない!!あーっ一緒だったわね!」

凛「結果同じだったねー!」

海未「…さっきどころのずるさじゃないじゃないですかっ…!なんで二人がかりで抱えられてぽいってされなきゃいけないんですかっ!!」

にこ「一緒よ一緒…一緒一緒!」

凛「ふぅー…」

にこ「はぁー…イッショイッショよ!…イッショよ! 海未「何回言ってるんですかっ!! 真姫「ぶふっww…」

にこ「ん…?」

海未「何ですか…今の声は…」

凛「真姫ちゃんの声みたいに聞こえたけど…」

海未「真姫…いるんですか…?」
599: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 18:16:46.60 ID:lY2Y1j1x.net
真姫「い…いるわよ…」

凛「えーっ!?真姫ちゃんなにしてるの!?なんで隠れてたの!?」

真姫「その…私も今日たまたま…銭湯に来てみただけよ…」

凛「そういえば前から来てみたいとは言ってたね」

にこ「で…なんで隠れてたのよ?」

真姫「いや…その…ロッカーを見てたら三人が来てるのがわかったから…その…どんなブラジャーつけてるのかなぁと思って…ちょっと見てただけよ…」

にこ「はぁ…?」

真姫「それで…突然皆が戻ってきたから…びっくりして…」

にこ「なっ…まさか自分のブラジャーおいてにこのブラジャー取ってったわけ!?」

真姫「とっ…とってったなんて下着ドロみたいな言い方しないでよ!ちょっとパニクっちゃったのよ!!」

海未「…」
600: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 18:23:50.67 ID:lY2Y1j1x.net
凛「真姫ちゃん、おっちょこちょいだにゃー!…ん…電話…もしもし?かよちん?」

花陽『あっ凛ちゃん!?大丈夫!?』

凛「大丈夫って?何が?」

花陽『ブラジャーだよ!変なブラジャー着けてない!?』

凛「えっ…はっ…?」

花陽『あのさ…今日花陽のタンスの中に入ってたブラジャーで凛ちゃん遊んでたじゃない?かよちんの中一の頃のスポーツブラ、凛にぴったりだにゃーとか言って…』

凛「あ…」

花陽『それでね…今タンスの中に凛ちゃんのブラジャーが入ってるんだけど…もしかして…間違えて花陽の中一の頃のスポーツブラ着けたままじゃない!?』

凛「あっ…ああー…なるほどにゃー…」

花陽『やっぱりそうなのぉ!?大丈夫!?いま届けに行こうかぁ!?』

凛「あの…かよちん…声のボリューム抑えて…海未ちゃんに聞こえちゃうから…」

海未「…」
601: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 18:36:49.24 ID:lY2Y1j1x.net
海未「そういうことですか…点と点がつながりましたよ…」

凛「あの…海未ちゃん…」

にこ「わ…悪かったわよ…にこもちょっとふざけて…」

真姫「ま…間違いは誰にでもあるわ…」


海未「まぁ…もういいですよ…別に皆悪気があったわけじゃないみたいですし…」

凛「海未ちゃん…!」


海未「それにこの寄せてあげるブラも…本当は買ったやつじゃなくて穂乃果からのお下がりですし…」

真姫「えっ…!?なっ…なんで買ってないのに買ったなんて変なウソついたの…!?」

海未「何だか恥ずかしかったもので///」

にこ「…怖いわこいつ…」


おわり
618: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 18:06:15.85 ID:eQHZM6OP.net BE:807420414-2BP(0)
●穂乃果「勉強」:「渋滞」


海未「…」カリカリ

ことり「…」カリカリ

穂乃果「」

海未「ふぅ…どうですか、ことり。進捗の方は?」

ことり「うーん…数学をもう少しやっておかないと不安かも…」

海未「今回は範囲が広いですからねぇ…」

ことり「うん。頑張らなきゃね!」

穂乃果「」


ことり「穂乃果ちゃん?寝てるの…?」

海未「寝てますね…穂乃果が一人では集中できないからと私達を呼び出したというのに…」
619: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 18:14:02.02 ID:eQHZM6OP.net BE:807420414-2BP(0)
ことり「穂乃果ちゃんらしいね!」

海未「全く…!」

穂乃果「」

ことり「起こそうか?」

海未「ええ!」

ことり「…穂乃果ちゃん!」ポンポン 穂乃果「おきっおきてるよ」


海未「…はぁ?」

穂乃果「おきてるおきてる…ずっと起きてたけど…」

海未「嘘をつかないでください!今起きたんじゃないですか!」

穂乃果「いやずっとおきてたよ…で、穂乃果の分の勉強終わった?」

海未「ずっと寝てたのに終わってるわけないでしょう!!完全に寝ぼけてる人の発言じゃないですかっ!!」
621: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 18:20:45.54 ID:eQHZM6OP.net BE:807420414-2BP(0)
穂乃果「いやいいよ…起きてたって海未ちゃん…そんなことよりお腹すかない?」

海未「穂乃果…あなたはどこまで気ままなんですかっ!すきませんよっ!」

穂乃果「そっか…ことりちゃんは?」

ことり「すいてないよぉ」

穂乃果「そっかー!穂乃果すごくお腹すいたよー!」

海未「嘘をつかないでくださいよ…勉強をしたくないだけでしょう!」

穂乃果「えっ?嘘じゃないよ!」

海未「嘘じゃないですかっ!だってあなた一時間前くらいにコンビニで買ってきたパン食べてたじゃないですか!」

穂乃果「食べてないよっ!」

海未「食べてましたよっ!」

穂乃果「食べてないって…それアレでしょ?穂乃果が寝る前の話でしょ? 海未「やっぱり寝てたんじゃないですかっ!!」
622: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 18:28:13.87 ID:eQHZM6OP.net BE:807420414-2BP(0)
海未「寝てたんじゃないですかーっ!」

穂乃果「もういいじゃん… 海未「よくありませんよ!」

穂乃果「もういいよ穂乃果その話だけはいい! 海未「その話中心なんですよっ今!」

穂乃果「もういいよそれは聞きたくないよ…そんなことより穂乃果は!一時間前にコンビニで買ったパン一個しか食べてないから!お腹すいたって言ってるの!すごくお腹すいたよっ!」

海未「嘘をつかないでくださいって言ってるじゃないですか…」

穂乃果「…じゃなんで嘘なの?穂乃果がすいてるって言ってるんだから…海未ちゃんが嘘っていうのおかしいじゃん!」

海未「あなた二個食べてたじゃないですかっ!」

穂乃果「食べてないよっ!!」

ことり「えっ…でも穂乃果ちゃん、さっきたしかに二個食べてたような…?」

穂乃果「食べてないよっ!二個多いから一個残したの! 海未「残したんですかっ!?じゃあお腹すいてるわけないじゃないですかっ!!」
623: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 18:35:52.83 ID:eQHZM6OP.net BE:807420414-2BP(0)
穂乃果「ちょぇ…残したぶんすいてるんだよ今っ!」

海未「残したぶんすいてるって、全然理屈が通ってないんですよ!大体一時間前にパンを一個残した人が凄くお腹すいてるわけないでしょう!」

穂乃果「いやいや言っておくけどね…穂乃果ケッコー食べるよ?」

海未「ケッコーって…別に普通ですよ穂乃果は…」

穂乃果「いやケッコー食べるよ!穂乃果好きなものだったらケッコー食べるよ!」

海未「好きなものっていちごでしょう?いちごなんてそんないっぱい食べる機会ないじゃないですか!」

穂乃果「いちごだけじゃないよっ!いちご味のものだったら穂乃果いくらでも食べるよっ!」

海未「はぁ…付き合いきれませんね…」

穂乃果「本当だよ!甘酸っぱい系大好きなんだから!いくらでも食べるよ穂乃果っ!」

ことり「でもこの前穂乃果ちゃん…もう食べられないって言ってラズベリーのタルトことりにくれたよね?」
624: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 18:43:46.32 ID:eQHZM6OP.net BE:807420414-2BP(0)
穂乃果「いやっ…ラズベリーは違うじゃん!」

ことり「でもラズベリーも甘酸っぱい系じゃない?」

穂乃果「ちがっ…ラズベリーじゃないの!穂乃果が言ってるのはストロベリーなのっ!」

海未「ラズベリー一人前ろくに食べられない人がなんでストロベリーならいけるんですかっ!!」

穂乃果「いや…ストロベリーは穂乃果の中で…甘さの中に酸っぱさがあってグイグイ進むの!ラズベリーは酸っぱさの中に甘さがあって酸っぱさが勝っちゃってるというか…」

海未「そんなイメージないですよ!どちらも似たようなものですよ!」

穂乃果「うーるさいなぁもう!食べるの穂乃果はぁ!お腹すいてるのっ!」

海未「じゃあもう…さっき残したパンを食べればいいじゃないですかっ!」

穂乃果「わかったようるさいなぁ!…ちょことりちゃんそこにある袋とって」

ことり「えっ?これ?」ス

穂乃果「ちがっ…!それ勉強道具入ってるやつ!」ビクッ
625: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 18:49:47.83 ID:eQHZM6OP.net BE:807420414-2BP(0)
ことり「え?こっち?」ス

穂乃果「ちがっ…!それ掃除用具入ってるやつ!」ビクッ

ことり「あれっ?あっどっち?あれ?こっち?あっち?こっち?あちょちょっわああああああ!」バタバタ

穂乃果「ちょちょちょ落ち着いてって!そこのビニール袋! 海未「ああーーっうるさいですねぇ!!部屋の中に何個袋があるんですかっ!!整理しといてくださいよっ!!」

穂乃果「はあーあっ!もう…」ガサゴソ 海未「えっ…」

穂乃果「はむっ」

海未「さっき残したの…いちごジャムパンですか…!?全然いちご味のもの食べれないじゃないですかっ!!」

穂乃果「うるさいなぁもう!これだから勉強って嫌いだよっ!! 海未「勉強のせいじゃないですよっ!!」

ことり「あっ…穂乃果ちゃん、ほっぺにジャムついてるよ♪」ペロ 海未「何いちゃいちゃしてるんですかっ!!」

穂乃果「ありがとことりちゃん!ことりちゃんも食べる?」 ことり「うん食べる!あーん♪」イチャイチャ

海未「…もーっ…!私も勉強嫌いですっ!!」


おわり
632: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 18:37:51.61 ID:1Z7Xr09c.net
●にこ「アイドルの心得」:「儀式」

にこμ's加入時


部室

花陽「…」ガチャ

にこ「…」

花陽「あ、にこ先輩…お疲れ様です…」

にこ「…お疲れ」

花陽「…」

にこ「ちょっとタレ目のあんたっ!」

花陽「こっ…小泉花陽です…」

にこ「聞いたわよ…あんたアイドルに詳しいらしいわね?」

花陽「大したことないです…」

にこ「嘘つきなさいよ!本当は自分が一番アイドルに詳しいって思ってんでしょ?」
633: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 18:44:01.08 ID:1Z7Xr09c.net
にこ「あんたはそういうオーラガンガン出してんのよっ!見えんのよ私はそういうオーラっ!」

花陽「べっ…別に出してないです…」

にこ「にこは出してるわよっ!」

花陽「そうなんですか…」

にこ「誰にも見えてないみたいだけどね!…うっさいわよっ!!」

花陽「なにも言ってないですっ…」

にこ「ていうかあんた何さっきからビクビクしてんのよ?」

花陽「いえ…」

にこ「はぁ…ちょっと肩もみなさいよあんたっ!」

花陽「えっ…」

にこ「肩をもめって言ってんのよ!先輩をうやまう気持ちがないのあんたはっ!」

花陽「はっ…はい…」
634: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 18:53:05.65 ID:1Z7Xr09c.net
花陽「…」モミモミ

にこ「そうやってビクビクばっかしてると舐められるんだからね!しっかりしなさいよあんたっ!」

花陽「はい…」モミモミ


穂乃果「おっ疲れさまでーすっ!おっにこ先輩と花陽ちゃん!」ガチャ

花陽「お疲れ様です」モミモミ

にこ「お疲れー」

穂乃果「あっ花陽ちゃん花陽ちゃん!」

花陽「はい?」


穂乃果「今日も半殺しにするの?」

花陽「うん…そうしようかな…」モミモミ

にこ「」
635: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 19:00:07.68 ID:1Z7Xr09c.net
穂乃果「花陽ちゃんいつも半殺しにするもんねーっ!」

花陽「うん!味わいがあるし…やってて楽しいですから」モミモミ

にこ「…」

穂乃果「あ、それじゃあ家庭科室から道具とか持ってきちゃうね?」ガチャ

花陽「お願いしますっ!」モミモミ

にこ「…」


花陽「…もうちょっとやったほうがいいですか?」モミモミ

にこ「いやいいわよ…」

花陽「…」スッ

にこ「カッ…カンケーないからねっ!?」

花陽「はい…?」
636: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 19:07:19.03 ID:1Z7Xr09c.net
にこ「何か半殺しがどうとか言ってたけど…別に何にも思わなかったし…何とも思ってないからねぇーっ!!」

花陽「そっ…そうですか…? にこ「そうよっ!!」

花陽「は、はぁ…」


穂乃果「花陽ちゃんごめーんっ!」ガチャ

にこ「…」ビクッ

穂乃果「まだ家庭科室使ってるみたいで…もうちょっと待ってて!」

花陽「はいっ」

穂乃果「あっ!にこ先輩は半殺しと皆殺しどっちが好きなんですか?」

にこ「はっ!?」
637: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 19:14:45.80 ID:1Z7Xr09c.net
穂乃果「いや…半殺しと皆殺し…どっちがいいのかなーと思って…」

にこ「な…何いってんの!?」

穂乃果「いやだから半殺しと皆殺し にこ「うるさいのよっ!黙ってなさいよあんたはっ!何よ半殺しと皆殺しって!?どういう基準で選べばいいのよ!?大体なんでそんな話になんのよっ!?」

穂乃果「別に自然な会話の流れだと思うけど…」

にこ「全然自然じゃないわよっ…!!とにかくそんな半殺しだの皆殺しだのどうでもいいのよっ!!」

穂乃果「そっか…まぁそういう人も多いけど…」

花陽「花陽はやっぱり半殺しがいいな…ぷちぷちって潰れていくのが楽しいから…」


にこ「べっ…別に何とも思わないからねぇーっ!!」ガタ

穂乃果「な…なんでそんな大声出したんですか」

にこ「分からしてやっただけよ…!」

穂乃果「はぁ…」
638: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 19:20:42.34 ID:1Z7Xr09c.net
穂乃果「あっそうだ!アレやろうよ!」

にこ「そうね…練習練習…」

穂乃果「ちょっと待ってにこ先輩!花陽ちゃんにもアレやってあげないと!」

にこ「な…何よ…」

穂乃果「昨日穂乃果たちにやったじゃないですかっ!アイドルの心得とか言って!花陽ちゃんあの時いなかったからやってあげないと!」

にこ「あぁ…」

穂乃果「花陽ちゃんだけやってあげないなんて可哀想だよ!」

にこ「いや時間ないかなーと思って…」

穂乃果「いやあるよ!海未ちゃんとことりちゃんも用事で遅くなるって言うからちょうどいいですよ!」

花陽「ア…アイドルの心得って…?」

穂乃果「うん!昨日にこ先輩が言い出したんだけど、ざっくり言うとバラエティ番組の罰ゲームみたいなことやるんだよ!」
639: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 19:26:46.25 ID:1Z7Xr09c.net
穂乃果「それでアイドルとしてのリアクションとかを色々にこ先輩が教えてくれるの!」

花陽「ええっ!?花陽達スクールアイドルなのにそんなこと…」

穂乃果「今どきのスクールアイドルはそういうこともできなきゃダメなんだって!ねーにこ先輩っ!」

にこ「あのー…嫌だったら別に 花陽「わっ…わかりましたっ!」

穂乃果「じゃあこっち来て花陽ちゃん!」

花陽「うんっ!」


穂乃果「にこ先輩?早く!」

にこ「う…うん…」スッ

穂乃果「昨日はもっと楽しそうにやってたじゃないですか?どうしたんですか? にこ「いや十分楽しいけどねぇ!よーしじゃあやりましょうかアイドルの心得!」

穂乃果「うんっ!じゃあ何からやるの?」

にこ「…」ボソッ

穂乃果「えっ?」
640: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 19:33:01.29 ID:1Z7Xr09c.net
にこ「…ニー」ボソッ

穂乃果「え、えっ?」

にこ「にこにこニー…」ボソッ

穂乃果「にこにこニー?何か今日元気ないですね? にこ「あるわよっ元気っ!!」

穂乃果「何か…大丈夫ですか? にこ「大丈夫よっ!!」

穂乃果「やれます? にこ「やれるに決まってるじゃないっ!!」

にこ「やっちゃいましょう!!」

穂乃果「うん!じゃあ花陽ちゃんここ立ってて!」

花陽「はい…」

穂乃果「今からにこ先輩がにこにこニー!って言って膝蹴りしてくるから!そしたら花陽ちゃんはイタイイターイッ!これ本当にイタイやつじゃないですかーっ!ってリアクションとればいいから!」

花陽「分かりましたっ…!」

にこ「よーし…じゃあそこ動くんじゃないわよっ!逃げたら承知しないからねっ!!」
641: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 19:42:19.35 ID:1Z7Xr09c.net
にこ「じゃあ行くわよっ!ねぇ…!よーし…!」

穂乃果「うんっ!」

にこ「はあああーっ!!」チョコチョコチョコ

にこ「はああーっ!!」ピョンピョン 穂乃果「ちょちょちょどうしたの!?どうしたの!?」

にこ「はああーっ!!」ピョンピョン 穂乃果「なになにっ!?なんなのこれ!?なんなの!?」

にこ「なに途中で止めてんのよ穂乃果あんたはーっ!!」

穂乃果「いや何かウサギの赤ちゃんみたいだったから…」

にこ「誰がウサギの赤ちゃんよっ!良かったわねあんた途中で止められてっ!助かったわね!よーし…ダンスの練習始めましょう 穂乃果「いやいやいやいやっ!」

穂乃果「ちょちょちょちょっとにこ先輩!」

穂乃果「昨日はもっとガーッって言ってたじゃないですか!こうガーッて!」グワッ

にこ「!」バッターン 穂乃果「どっどうしたんですか!?どうしたんですか!?」
642: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 19:50:04.12 ID:1Z7Xr09c.net
にこ「あぁ…あんたか… 穂乃果「穂乃果だよ!」

にこ「ふぃ…」

穂乃果「どっどうしたのw昨日はもっと楽しそうにやってたじゃないですかっ!! にこ「いやー!…今日も十分…楽しかったけどね…」

穂乃果「そんな感じしないっ!」

にこ「なんであんたが決めんのよっ!」

花陽「にこ先輩っ!もっとちゃんとやってください!…アイドルのためなら私…アバラ一本くらい平気だからっ…!」


にこ「…いいのねあんた…?知らないわよ…?」

花陽「はいっ!」

にこ「よーしいい度胸してんじゃないの…よぉーし穂乃果!!地獄シュークリーム祭りよっ!準備しなさいっ!」

穂乃果「うんっ!」ガチャ
644: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 19:57:03.69 ID:1Z7Xr09c.net
にこ「調子にのってあんたはねぇー!あのまま黙っておけばよかったものを…!」

花陽「…」

にこ「…」

花陽「…」

にこ「穂乃果ハヤークッ!」

花陽「…」

にこ「穂乃果ーハヤークッ!!」

花陽「…」

にこ「穂乃果ぁー!?ハヤークッ!!」


穂乃果「はいはい!シュークリームとカラシ!」ガチャ

にこ「おおーっ!来たわねー!」
645: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 20:02:38.96 ID:1Z7Xr09c.net
穂乃果「さてさて」ガチャ にこ「ちょちょちょどこ行くの!?どこ行くの!?」

穂乃果「いや…もっと持ってこないとわさびとか唐辛子とか…」

にこ「いやいや十分でしょう今日はこれで…」

穂乃果「いや昨日はもっといっぱい種類用意してたじゃないですか?」

にこ「いやいいのよいいのよ…フタリニシナイデ 穂乃果「はっ?」

にこ「いや大丈夫だから!これで型つけちゃいましょう!」

穂乃果「はぁ…」

にこ「準備しなさい」

穂乃果「まぁいっか…いっくよー花陽ちゃん!これ辛いからねー!」チュウ にこ「そんくらいでいいでしょう!」

穂乃果「えっこれだけ!?まだ納豆に入ってるヤツぶんも入れてないよ!?」

にこ「そんくらいでいいのよっ!リアクションが大事なんだから!辛くないものでも辛いようなリアクションを取るのが大変なんだからっ!!」

穂乃果「は、はぁ…」
646: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 20:21:09.67 ID:1Z7Xr09c.net
にこ「じゃあ行くわよー…!」

花陽「はい!」

にこ「ちょっと…辛いわよー…!」スッ

花陽「はい!あーん…」

にこ「あああーっ!!」グイ

花陽「…」モグモグ

にこ「…」バッ

穂乃果「な…なんで机の下に隠れるんですか…?」


花陽「…美味しいです」

にこ「ああっ良かった~! 穂乃果「ああっ良かった~!じゃないですよ!」
647: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 20:27:51.83 ID:1Z7Xr09c.net
にこ「よーしっ!食わせてやったー!!」

穂乃果「食わせてやったじゃないですよ!昨日は何かいっぱいリアクションに駄目出ししてきたじゃないですか!ちょっとだけ涙を浮かべるのがキモとか!本当にえずいたらダメとか!」

にこ「いいのよ…一人くらいは天然なリアクション取る奴がいても…」

穂乃果「いや昨日はことりちゃんとかにもガーって…」グワッ

にこ「!」バッターン 穂乃果「どっどうしたんですか!?どうしたんですか!?」

にこ「あぁ…あんたか… 穂乃果「穂乃果だよ!なんでちょくちょく私を見失うの!?」

にこ「無駄な動きすんじゃないわよ…よーしもうこれで十分でしょう!練習しましょう! 穂乃果「いやいやいやいやいや!」


花陽「こんなんじゃ花陽…うまくリアクションできないですっ…!前歯の一本くらい折られないとダメなんです…!」

にこ「そっ…そんなアイドルいないよぉ~…」

花陽「…」

にこ「なっ…なによ~…」
648: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 20:34:25.07 ID:1Z7Xr09c.net
花陽「…」

にこ「何よ…!よぉーし!!覚悟しなさいよ!!穂乃果っ!!牛乳こちょこちょよっ!!準備しなさいっ!!」

穂乃果「うんっ!」

にこ「あんたねぇ…!後悔させてやるわよ!!ねぇー…!!調子にのって…!」

花陽「…」

にこ「何見てんのよ!?ッニヨアンタはっ!!」

花陽「…」

にこ「穂乃果ハヤーク」

穂乃果「はい?」

にこ「ホノカハヤーク」

穂乃果「はぁ…じゃあはい!花陽ちゃん、牛乳を口に含んで!」

にこ「早く含みなさいよ!もたもたすんじゃないわよっ…!」

花陽「はい…」
649: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 20:41:30.82 ID:1Z7Xr09c.net
にこ「今から牛乳を含んだあんたを後ろからくすぐって…吹き出させてやるんだからねっ!」

花陽「飲み物を粗末にすることはできませんっ!耐えてみせますっ!!」グイ

にこ「…」

にこ「…」ギュ
穂乃果「えっどうしたのっ!?どうしたのっ!?」

にこ「…」ボソ
穂乃果「えっ…?ちょっとだけこのまま…?」

にこ「…」ボソ
穂乃果「はい…え?…wっwママに会いたいw?はぁ…」

にこ「よーし穂乃果!!用意できたのっ!?」
穂乃果「できてるよずっと」

穂乃果「できてるよっ!」
にこ「よぉーし!今そっち行くからねぇ!イクワヨッ!!」

にこ「右足…左足…右足とっ!」

にこ「…」
花陽「…」
651: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 20:48:02.89 ID:1Z7Xr09c.net
にこ「やるわよっ!!ほらぁっ!!」サワ
花陽「…」チャ

にこ「!」ババッ

にこ「どうしたの穂乃果っ!?メガネとったの!?」

穂乃果「うん…メガネとったみたいだけど…」

にこ「メガネとっただけ…!?」

穂乃果「メガネとっただけだよ」

にこ「よぉーし…!じゃあ行くからね…!」

花陽「…」

にこ「ちょっと…くすぐったいわよーっ…!」
花陽「…」

にこ「行くわよーっ!!ほらぁっ!!」サワサワ
花陽「…」
653: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 20:56:39.17 ID:1Z7Xr09c.net
にこ「ほらほらぁ…!」サワサワ
花陽「…」

にこ「ほら!早く楽になりなさいよ…!」モミモミ サワサワ
花陽「…」

穂乃果「ちょ…ちょっとにこちゃん…」

にこ「なっ何よ!?なに途中で止めてんのよ穂乃果あんたはーっ!!」

穂乃果「いや何か電車で痴漢してる人みたいだったから…」

にこ「誰が電車で痴漢してる人よっ!良かったわねあんた途中で止められてっ!助かったわね!よーし…練習始めましょう 穂乃果「いやいやいや昨日はもっとガーッってやってたじゃないですか!」グワッ

にこ「うわああっ!!」ビクッ
花陽「…」

にこ「おおおおっ!!」ビクッ
穂乃果「…」

穂乃果「ちゃんとやってよほらっ!!」グイ
にこ「やぁーっ!何よ押さないでよあんたはっ!!」
花陽「…」
654: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 21:04:23.79 ID:1Z7Xr09c.net
穂乃果「だってにこ先輩がちゃんとやらないんだもん!」

にこ「いややったでしょ!これで十分よ!練習しましょうよ!」

穂乃果「いやいやいやいや! 花陽「ぶふっ」ブシュ

花陽「…」ポタポタ

穂乃果「あーっ!花陽ちゃん吹き出したーっ!!」

花陽「…吹き出してないです」フキフキ

穂乃果「吹き出したよーっ!穂乃果見てたもん!」

花陽「…///」フキフキ

穂乃果「ほらーっ!!花陽ちゃんちょっと恥ずかしそうにしてるじゃん!!教えてやってよにこ先輩!あんなリアクションじゃダメだよねー!? にこ「やめなさいっ!!刺激するんじゃないのっ!!」ガバッ
655: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 21:10:33.19 ID:1Z7Xr09c.net
穂乃果「あっそうだ!そろそろ家庭科室あいたかも!ちょっと見てくるねーっ!」ガチャ

にこ「あっちょちょ穂乃果っ!?穂乃果ーっ!?」

花陽「…」

にこ「…」

花陽「…」

にこ「…」チョコチョコチョコチョコ

にこ「…」
花陽「…」

にこ「どうもすみませんでした…」
花陽「ええっ!?」
656: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 21:16:19.49 ID:1Z7Xr09c.net


にこ「ええーっ!?何よっ!?」

穂乃果「wっwえっにこ先輩ずっとわかってなかったのw!?」

にこ「半殺しと皆殺しって…桜餅の作り方のことなの!?」

穂乃果「そうそう!あの、餅米が見えるやつを半殺しって言って」

にこ「ま…まじ!?」

穂乃果「見えなくなるまでメッタメタに打ってあるやつをー」

にこ「うん…」

穂乃果「皆殺しって言うの!」

にこ「うわ…そうだったの…!?」

花陽「そうなんですっ!穂乃果先輩の家が和菓子屋らしくて…家庭科室で道具を借りて桜餅を作ってみたりしてたんです!」

にこ「何よ…はぁ…」
657: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 21:22:25.64 ID:1Z7Xr09c.net
花陽「私…半殺しが好きぃーっ!!」

にこ「やめなさい…変な噂がたつわ…」

穂乃果「にこ先輩…半殺しって人を半殺しにすることだって思ってたんだ!?だからずっとビクビクしてたんだ!?あっはっはっはっはwっw にこ「うるさいわよ…」

花陽「にこ先輩っ気にしないでくださいっ!えっと…ドンマイ にこ「うるっさいわよ!!調子にのってんじゃないわよっ!!」

花陽「す…すいません…」

穂乃果「ごめんごめんwお詫びにー!穂乃果特性手作り桜餅を食べてよっ!」

にこ「全く…しょうがない子達ね…」スッ

穂乃果「あっ!ちょっと待って!」

にこ「?」
658: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 21:28:45.81 ID:1Z7Xr09c.net
穂乃果「実はこの3つの桜餅の中で…一つだけわさび入りの激辛桜餅が入ってるんです!」

花陽「ええっ!?いつの間にそんなことやってたノォ!?」

穂乃果「アイドルの心得だよ!ねーっにこ先輩!」

にこ「ええーっ!?ウソー!?にこ辛いのすっごく苦手なのにぃ~!穂乃果ちゃんってば意地悪~っ!!」

穂乃果「じゃあせーので食べよっ!行くよ?せーの…!」モグ

花陽「…」モグ

にこ「はむっ」モグ


にこ「あ…これ美味しいわね…」モグモグ

花陽「!?っ…辛いれすぅ~…!!」ジワッ

穂乃果(にこ先輩って面白い方に転ばない人だな…)モグモグ


おわり
661: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 23:59:57.59 ID:1Z7Xr09c.net
●絵里「パーティー」:「パーティー」


絵里「それにしても…何度来ても真姫の家は凄いわねー」

真姫「別にこれくらいフツーでしょ」

絵里「いや凄いわよ!お風呂には何かカラフルなロウソクいっぱいあったし!」

真姫「アロマキャンドルよっ!」

絵里「ウチのお風呂もあんな感じにして入ってみようかしらねぇ にこ「えっ?絵里あんたもう帰るの?」

絵里「いや…まだだけど?だって今日お泊りでしょ…?」

にこ「えっ…ええ!そうよね!ならいいけど!」

絵里「うん?どうしたの…?」

にこ「いやいや別に何でもないわよっ!」

絵里「何か変よ…? にこ「何でもない何でもないっ!気にしなくていいわよっ!くつろぎなさいよ!」

絵里「にこの家じゃないでしょ!?」
663: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 00:07:22.65 ID:4rshOuiu.net
絵里「あっそうだ真姫!BiBiの新曲の方はどんな感じ?」

真姫「うーん、まだなんとも言えないわねぇ」

絵里「そう?ちょっと特徴的な歌詞にしちゃったもんだからねー難しいところも にこ「絵里、ちょっと買い出し行ってきてくれない?」

絵里「なんでよっ!?何よ急に!?」

にこ「いや…飲み物とか食べ物なくなってきたから…」

絵里「なんで私なのよ?しかも唐突に!」

にこ「エッ!?」

絵里「エッ!?じゃないわよ…」

にこ「いやっ…いいじゃない行ってきてくれたってあんたーっ!」

絵里「だからなんで私なのよ?じゃあ皆で行きましょうよ?」

にこ「いやっ…皆で行くのはちょっとみっともないかなぁと思って…」

絵里「いや全然大丈夫よっ!むしろ年頃の女が深夜に一人で大量の食べ物買うほうがみっともないわよ!!」
664: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 00:13:45.06 ID:4rshOuiu.net
絵里「にこ、あなた面倒なことを私に押し付けてるだけでしょう!?」

にこ「いやっそういうことじゃない!イーじゃないのよ別に行ってきてくれたらぁ!ねぇ真姫ちゃん!」

真姫「エリー、行ってきてよ」

絵里「なんで私なのよ!?イヤよっ!」

真姫「だってエリーあなた…買い物のセンスいいじゃない?」

にこ「あっそう!センスいい!センスいい!」

絵里「何よそれ?」

真姫「何か買ってきてーって言った時、凄い良いの買ってくるじゃない」

絵里「…まぁそうやって言われたら悪い気はしないけど…///」

にこ「うんうん…」

絵里「じゃあわかったわよ…行ってくるわよ!適当で良いのね?」スッ
665: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 00:19:57.91 ID:4rshOuiu.net
真姫「私トマトサラダとヘルシア緑茶」

にこ「にこはチョコクリスピーといちごオレ」

絵里「センス関係ないじゃないのっ!ガッツリ注文してんじゃないのあなた達っ!」

真姫「頼むわよ」 にこ「お願いね」

絵里「わかったわよもう…」ガチャ


にこ「…よしっ!よしよしよし…絵里のやつ、今日自分の誕生日って気づいてないわね!もう12時回ったわよね?」

真姫「ええ。今12時20分くらいよ」

にこ「よーしっ!じゃあ今から絵里の誕生パーティの準備するわよっ!あいつ喜ぶわよ~!」

真姫「にこちゃんこういうの張り切るのねー。明日μ'sの皆でお祝いすればいいじゃない?」

にこ「そう言いながら真姫ちゃんだって張り切って準備手伝ってくれてたじゃないっ!絵里はBiBiのリーダーとして凄く頑張ってくれてるからね…にこ達で一足先にお祝いしてやるのよっ!」

真姫「べっ…別に私はー! にこ「あー照れてる時間がもったいないわっ!さっさと準備しちゃいましょう!」
666: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 00:27:48.90 ID:4rshOuiu.net
真姫「もう…わかったわよー!」

にこ「じゃあ部屋の飾りつけからね…!よし真姫ちゃん!あの作っておいたやつ準備して!…この辺の壁がいいわよねぇ」

真姫「えっと…どこだったっけ…」ゴソゴソ

にこ「ん?どうしたの?」

真姫「いや…どこおいたかなーと思って…」ガソゴソ

にこ「ちょ早くしてよっ!時間ないんだから!」

真姫「あぁ…あそこかな?あそこになかったらもうないわよ にこ「はぁっ!?何言ってんのよあんた!!」

にこ「何よそれおーいっ!おおーいっ!!」


真姫「あったわよー」ゴトッ

にこ「そりゃあるわよ!こんなデカイ箱なくならないわよっ!」
667: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 00:33:49.76 ID:4rshOuiu.net
にこ「よしよしよし…じゃあこの、カラフルな紙で輪っかいっぱいつなげたやつ!これからいきましょう!」スッ

にこ「じゃあこれ壁一面に貼っちゃったほうがいいわよねー。あ、真姫ちゃん!ちょっと台持ってきて!」

真姫「台?」

にこ「うん、この上の方につけたいから、台よ」

真姫「台、っていう商品は買い置きないわね」

にこ「台、っていう商品じゃなくていいんじゃない?…あの、高さ欲しいから!乗ってこう、つけたいから!何かそういうやつよ!」

真姫「そういうやつ…」

にこ「何よあんた…!?じゃあもう端持って端!ソファ、ソファ! 真姫「ソファ?ソファがなに…?」

にこ「ここ、これ乗るから!これ乗ってつけるから!いや分かるでしょ!?ほら持って! 真姫「ちゃんと言ってくれないとわからないわよ」

にこ「わっちょ!これ乗ってやるから!時間ないからっ!早くっ!」

真姫「じゃあ元に戻してねちゃんと?」グイ にこ「戻す戻す!」グイ
668: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 00:39:43.36 ID:4rshOuiu.net
真姫「んーっ!」 にこ「よしよし…!」ズリズリ

にこ「よしこの辺ねっ!こうやってと…あ、真姫ちゃん!にこの鞄に画鋲入ってるからそれ取って!」

真姫「ガビョウ!? にこ「うんっ!」

真姫「駄目よ画鋲はっ!壁に穴あくじゃないっ!」

にこ「いや目立たないっ大丈夫よ!」

真姫「イヤよっ!私が怒られるのよ!?」

にこ「じゃあいいわよ…セロハンテープかガムテープで貼るから…!」

真姫「いやテープも駄目よ駄目よ!あと残っちゃうじゃないっ! にこ「残らないわよっ!!」

真姫「残るわよっ!あのベタベタしたやつ残るじゃないっ!! にこ「ちょ…あんたなんでそういうこと言うのよ!?」

真姫「言うわよ!自分の部屋だったらいいけどここリビングなんだから!綺麗に使わないと色々うるさいのよ にこ「じゃあこの輪っか作る前に言いなさいよっ!!なんで今言うのよっ!!」
669: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 00:45:53.05 ID:4rshOuiu.net
真姫「いや…まさか壁に貼るとは思わなかったから… にこ「これ壁につけるやつでしょこれーっ!!これ壁にこうやってやるやつでしょこれはーっ!!」

真姫「まさか…まさかよ にこ「なんでまさかなのよっ!?どうすんのよじゃあこの輪っかのやつーっ!!」

真姫「…体に巻いとけば?」

にこ「…にこがっ!?…巻くわよじゃあっ!!何よ…どうすんのよこれ…!」ガサガサ

真姫「もっとこう…せっかくだからね…大胆に…」クルクル にこ「なによこれもう…!」マキマキ

にこ「真姫ちゃんも巻きなさいよこれーっ! 真姫「私はいいわよ にこ「あんた巻かないのっ!?」マキマキ

真姫「にこちゃんだけの特権よ にこ「特権なのこれ!?」クルクル

真姫「…よし!これでいいじゃないっ! にこ「何よこれ…」

にこ「じゃあこれはどうすんのよ!?運動会とかでよく作ったお花みたいなポンポン!これ壁に貼るつもりでテープ貼っちゃってんのよ!?これはいいでしょつけても…」スッ

真姫「ダメダメダメダメーっ!テープはあと残っちゃうって言ったじゃないっ!」バッ

にこ「いいじゃないのよもうーっ!」
670: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 00:51:34.58 ID:4rshOuiu.net
真姫「このお花のやつも…にこちゃんつけときなさいよ!」ピタッ にこ「これもっ!?」

にこ「これ…なにこれ私のこの姿…!?にこがパーティなの!?」

真姫「エリー喜ぶわよ」

にこ「喜ばないわよっ!変なのいるーってなるだけよっ!」

真姫「なんないわよ。大丈夫よ」

にこ「いいわよもう…じゃあ他のやるわよ…」ガサゴソ

真姫「他のやる…?ちょっとちょっとちょっとー! にこ「なによ…」

真姫「ソファ元に戻してないっ!」

にこ「最後でいいでしょ…最後やるっ 真姫「なっ!元に戻す約束したでしょーっ!?」

にこ「ちょ…ややっ… 真姫「本来動かしちゃ駄目なソファなのよ!?」

にこ「や、やるから… 真姫「こうやってお客さんと話する時のために、位置とかもこうちゃんと考えて…」

にこ「持ちなさい持ちなさいっ!元に戻すから持ちなさいっ!!」
671: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 00:58:08.91 ID:4rshOuiu.net
真姫「丁寧に持ってよー!」グイ にこ「丁寧に持つわようるさいわねー!」

真姫「そーっとね?」 にこ「もっとはやく行きなさいよあんたはーっ…」ズリズリ

真姫「クッション!クッション踏まないでよ?」 にこ「分かった分かった…この辺でしょ」ズン

真姫「違うわよ!もうちょっとこっちよっ!! にこ「いいじゃないのよもーっ!!」

真姫「もっとこっちよ!じゃあもう手伝わないーっ!そんなこと言うならもう手伝わないーっ! にこ「なんでそんなこと言うのよあんたはーっ!なんで逃げんのよあんたはーっ!!」スタスタ

真姫「だってやってくれないんだもんっ!!」スタスタ

にこ「持ちなさいっ!ソファ持ちなさいもう時間ないからっ!!」

にこ「なんなのよあんたはっ!」グイ 真姫「そっとね?ガンってやらないでよ」グイ

にこ「やんないわようるさいわねー…!」 真姫「親に色々言われちゃうから」ズン
672: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 01:06:21.16 ID:4rshOuiu.net
にこ「もうあのさ…誕生日パーティの準備を優先して?時間ないからっ!」

真姫「やってるじゃない!」

にこ「…なにも変わってないでしょうがっ!!」

真姫「変わってるわよ…ほら」

にこ「にこだけねっ!!にこだけ変わってるわよっ!!」

真姫「にこちゃん!…あと何するの?」

にこ「なぁーんで新鮮ねあんたはっ!じゃあまぁいいあの…クラッカー。クラッカーやるから…」ガサゴソ

真姫「クラッカー!?いや駄目よクラッカーは駄目よ!!もう12時回ってんのよ!?駄目よ!!」

にこ「いやいや一個ずつくらいいいでしょ別に…」

真姫「イヤよっ!親が起きてきてゴチャゴチャ言ってきたら最悪じゃないっ!」


にこ「クラッカーも駄目なのっ!?」ガタッ

真姫「いや…今の大声も駄目よっ!シーッ」
673: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 01:12:45.11 ID:4rshOuiu.net
にこ「もうさ…なんなのアレも駄目これも駄目!輪っかのやつも駄目で花のやつも駄目でソファ動かすのも駄目でクラッカーも駄目なのっ!?なんにもできないわねっ!!」

真姫「あっ…これあるじゃない…トナカイの被り物と赤い鼻…つけといたら?」ガポ

にこ「うぅ…もうにこだけドンドン変わっていくーっ!!にこだけドンドン変わるわよーっ!!」

真姫「ニコダケドンドン?」

にこ「ニコダケドンドンよっ!!」

真姫「なにそれっwなにニコダケドンドンってww にこ「あんたが言わせたんでしょうがっ!!」ドンッ

真姫「いやww…なんか面白そうだったからww」

にこ「もうーっ!!…更に変なのいるーってなるわよあんたっ!!」

真姫「いやいや…エリーはさっきの見てないから、更にとは言わないわよ」

にこ「うるっさいわよっ!!」ドンッ

真姫「痛いわよっ!ここばっか…この左肩の部分ばっかり叩かないでよっ!! にこ「時間ないって言ってんでしょうがっ!!」ドンッ

真姫「ここばっかりドンドンしないでよ!! にこ「もういいわよじゃあもうもう…ケーキケーキ!!」
674: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 01:22:52.62 ID:4rshOuiu.net
真姫「えっ?」

にこ「ケーキ!! 真姫「あぁ…ケーキね」

にこ「うん… 真姫「えっと…どこだったっけ…」ガサゴソ

にこ「…冷蔵庫でしょうがっ!!」

真姫「あっ…そっかそっか… にこ「どこ探してんのよっ…!」

にこ「もう…早くしてよもうっ…!」ガサゴソ


真姫「じゃーんっ! にこ「私は知ってんのよっ!!なんなのその深夜のテンション!?早く置きなさいよっ!!」

真姫「言われなくても置くわよ」コトッ にこ「ロウソクッ!」

真姫「えっ? にこ「ロウソク!火ぃつけるからっ!」

真姫「火っ? にこ「ライター!ライター持って来なさいっ!」
675: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 01:28:55.44 ID:4rshOuiu.net
真姫「ないわよ? にこ「…えっないの?」

真姫「ウチの家族タバコ吸わないし…」

にこ「じゃあどうすんのよ…!?あっじゃあガスコンロに用意しときなさい火…」

真姫「いや…ウチオール電化だから… にこ「火ぃないのっ?」

真姫「ええ にこ「あんたんち火ぃないのっ?」

真姫「うん にこ「あんたんち火ぃないのっ!?」

真姫「ないわよ にこ「マジッ…!?ふざけっ…どうすんのよこれーっ!?」



にこ「ちょ待って…あんたお風呂にロウソクいっぱいあんだから火がないわけないでしょうがっ!!騙されないわよっ!!」

真姫「ばれたーっww にこ「ばれたーじゃないのよっ!!ふざけてる場合じゃないのよ!!早く持って来なさいよ!!」

真姫「ちょちょ大きい声出さないでって!! 絵里「何騒いでるのー?」ガチャ

にこ「うわああああーっ!!ああっああーっ!!」 真姫「…!」サッ
676: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 01:35:24.44 ID:4rshOuiu.net
にこ「…」 真姫「…」

絵里「…へ、変なのいるーっ!!」

にこ「なに帰って来てんのよーっ!!」

絵里「そりゃ帰ってくるでしょうよ…? にこ「まだ帰ってこないでよーっ!!」

絵里「どういうことよ…?なんなのよにこのその格好は…?」

にこ「み…見てんじゃないわよっ…!!」

絵里「はぁ…? にこ「見ないでよ!!他になに見たーっ!?」


絵里「…ケーキ」

真姫「…!」

にこ「違うわよ…!」

絵里「え?」

にこ「忘れなさい…!」
677: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/21(火) 01:41:41.83 ID:4rshOuiu.net
絵里「は…? にこ「やめなさいっ…!!」

絵里「あ…私今日誕生日か… にこ「あああーっ!!」パァンッ

絵里「うわっ…びっくりしたぁ…!!」

真姫「あっ!!ちょっとークラッカー鳴らさないでっ!!」

にこ「一旦忘れなさーいっ!! 絵里「はぁ!?」

にこ「あんたが誕生日ってこと一旦忘れなさいよーっ!! 絵里「無理よーっ!!」

真姫「ちょっと大声出さないでって!! にこ「うるさいのよもうっ!!」パアンッ

真姫「もうーっ!!ナラサナイデっ!! にこ「知らないわよもうっ!!」パアンッ

真姫母「ふぁ…どうしたの騒いでー…」ガチャ 真姫「うええっ…!ちっ違うのよこれは…!」

にこ「絵里ーっ!!」パアンッ 絵里「な…何よ…?」

にこ「誕生日オメデトウーッ!!」パアンッ

絵里「…ふふっww…ありがとう♪」


おわり
684: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 19:12:40.56 ID:xqg9BsNH.net
●絵里「救世主エリーチカ」:「救世主」


部室

凛「…」

穂乃果「おっ疲れさまでーす!」ガチャ

凛「…」

穂乃果「おっ凛ちゃん!凛ちゃんがパソコンいじってるなんて珍しいね?」

凛「ほ…穂乃果ちゃん…」

穂乃果「どうしたの?…ていうかパソコンのその…青い画面なに…?」

凛「この画面から何も動かなくなっちゃった…」

穂乃果「えっウソっ!?」カタカタ

穂乃果「本当だ…どうしたのこれ!?」
685: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 19:20:19.38 ID:xqg9BsNH.net
凛「あのね…凛が最初に触った時から何だかおかしくて…いつもよりマウスの動きとか凄く遅くて…」

穂乃果「それで?…あっ!もしかして叩いて直そうとしたの!?駄目だよ!こういうのは叩いても直らないんだよ!?」

凛「いやっ…そんなわけないよ!さすがに凛でもそれくらい分かるよ!」

穂乃果「あぁ…さすがに?」

凛「さすがにだよ…」

穂乃果「それでどうしたの?」

凛「それで…遅いの我慢して使ってたんだけど…格好良さそうなダンスの動画見つけた途端に急に止まっちゃって…ふざけんにゃーっ!!て、言ってガーン!!ってやっちゃったら…」

穂乃果「う…嘘でしょ凛ちゃん!?余計タチ悪いよっ!!」

凛「ごめんにゃ…」

穂乃果「どうするのっ!?このパソコンに…色々ライブの曲とか歌詞とか動画とか入ってるんだよっ!?」

凛「どうしよう…どうしよう穂乃果ちゃん!?」

穂乃果「わかんないよ…だって何も動かないんじゃどうにも…」
686: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 19:27:24.01 ID:xqg9BsNH.net
凛「あっ!そうだ!にこちゃんか真姫ちゃんならパソコン詳しそうだからなんとかしてくれるかも!」

穂乃果「にこちゃんと真姫ちゃんならもう帰ったよ!下駄箱ですれ違ったもん!」

凛「ええっ…じゃあ希ちゃんの不思議なチカラでなんとかしてもらえば…」

穂乃果「希ちゃんも二人と一緒に帰ったよ!今日はもうヤケ食いやーとか言ってたから戻ってこないよ!」

凛「なにそれ…酷いよこんな大変な時に…ふっざけんにゃー!!」グワッ 穂乃果「おおーいっ!!」ドンッ

穂乃果「学んでよ少しはっ!!」

凛「ごめんにゃ…」


絵里「お疲れ様ー」ガチャ

凛「え…絵里ちゃん…」

絵里「ああ凛と穂乃果。丁度良かったわ。今BiBiの新曲の歌詞ができたところなの。感想を聞かせてもらえるかしら」

穂乃果「そんなことより見てよ絵里ちゃん!パソコンが壊れちゃったの!」
687: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 19:34:40.53 ID:xqg9BsNH.net
凛「凛が叩いちゃって…動かなくなっちゃったにゃ…」

絵里「ん…あら。ブルースクリーンが出ちゃってるわね」

穂乃果「ブ…ブルースクリーン?」

絵里「ちょっと貸して…」カタカタ

絵里「うーん。駄目ね」プチ

穂乃果「ええっ!?ちょっと絵里ちゃん!!電源ボタン押してパソコン切っちゃったらまずいんじゃないの!?」

凛「そうだよ!?小学校の頃パソコンの授業で教えられたよ!?」

絵里「全く動かないとなると仕方ないわ。それに最近のパソコンは強制終了したとしてもいきなりデータがトンだりすることは殆どないから大丈夫よ」

穂乃果「えっ…もしかして絵里ちゃん、パソコン詳しいの?」

絵里「少しだけね…うーん…電源が入らなくなっちゃったわね」プチプチ

凛「や…やっぱりまずかったんじゃ?」

絵里「叩いたせいでこうなったということは…ソフト的な問題じゃなくてハード的な問題かもしれないわね」
688: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 19:42:08.64 ID:xqg9BsNH.net
絵里「パソコンを一度分解して調べてみないと…どこかに工具箱なかったかしら?」

凛「あっ…凛がとってくる!」ガチャ

穂乃果「えっと絵里ちゃん…そ…そふととかはーどって?」

絵里「ええ。パソコンのデータ上のシステムエラーなどによって起きる不具合がソフト的な問題。ハードディスクが傷ついていたり、物理的な損傷によって起きる不具合がハード的問題よ」

穂乃果「絵里ちゃんそんなことも分かるの!?」

絵里「それくらいだったらね」

穂乃果「絵里ちゃん…!絵里ちゃーん!!」

凛「あったよー!工具箱!」ガチャ

絵里「じゃあちょっと見てみるわね…」

穂乃果「お願い!絵里ちゃん!」
690: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 19:49:55.97 ID:xqg9BsNH.net
絵里「えーと…周辺機器の問題じゃなさそうだから…やっぱり本体よねー…凛、ドライバー入ってる?」

凛「ドライバー…ちょっと待って!」ガチャガチャ

穂乃果「ドライバーだよ…!早く出してあげて凛ちゃん!」

凛「はいっドライバー!」サッ

絵里「ありがと」

穂乃果「どう…?絵里ちゃん…」

絵里「うーん…全く動かないとなると…何かの回路が接触不良を起こしているか…下手をすると…」カリカリ

絵里「ああ良かった。ハードディスクは無事ね」

穂乃果「ああ…良かった…!凄いね絵里ちゃん…!」

凛「うんうん…!凄い…!」
691: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 19:56:25.87 ID:xqg9BsNH.net
絵里「となると…凛、ラジオペンチある?」

凛「ラジオペンチ…!」ガチャガチャ

穂乃果「ラジオペンチだよ…!言われる前に出してあげて凛ちゃん!」

凛「言われなきゃわかんないにゃ!」

穂乃果「にゃ!とか言ってないで早く!」

凛「あったあったラジオペンチ!」サッ

穂乃果「どう絵里ちゃん…いけそう?」

絵里「…」カリカリ ゴソ


絵里「よし…これでどうかしら?」

穂乃果「でっ…電源入れてみるね?」プチ

パソコン「テレレレンッ♪」ガー

穂乃果「おおおーっ!!」 凛「あああーっはっはっはっはっは!!」
692: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 20:03:52.46 ID:xqg9BsNH.net
絵里「…」ニッ

穂乃果「ありがとう絵里ちゃん!!絵里ちゃんは救世主エリーチカだよ!!」

絵里「でもまだ駄目ね…電源が入るようになっただけで…うまく動かないみたい」カチカチ

穂乃果「あっ…本当だ…マウスのアレが動かないや…」

絵里「もうちょっとやってみないとね」

穂乃果「お願い絵里ちゃん!!」

凛「凄いや絵里ちゃん…!」 穂乃果「うんうん…!」

絵里「えーとまずは…マザーボードをチェックしないとね…」カチャカチャ

絵里「でもその前に…CPUソケットのピンが曲がっちゃってるから…」カチカチ グイグイ

穂乃果「曲がっちゃってるよ凛ちゃん…!曲がっちゃってるじゃない凛ちゃん!」

凛「ごめんにゃ…お願い絵里ちゃん…!」

絵里「…」ゴソゴソ カチャカチャ
693: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 20:10:23.76 ID:xqg9BsNH.net
絵里「よし…これでどうかしら?」

穂乃果「うんっ…!」プチ

パソコン「テレレレンッ♪」ガー

穂乃果「おおおおーっやったああー!!」 凛「やったにゃー!!あっはっはっはっは!!」

絵里「ここまではさっきと一緒よ」

穂乃果「ああっ!!そうかそうか!」

絵里「いくわよ…」カチカチ

穂乃果「あっ!動いたよ!マウスのあれが動いたよほらっ!」 凛「本当だ!!動いてるっ!!」

絵里「マウス・ポインタよ」キリッ

穂乃果「やったーーっ!!すごーいっ!!マウス・ポインターっ!!」カチカチ

凛「マウス・ポインタだーっ!!すごいにゃーっ!!」
694: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 20:17:28.33 ID:xqg9BsNH.net
穂乃果「ほら凛ちゃん!マインスイーパーも出来るよほらっ!!」カチカチ

凛「本当だっ!マインスイーパーできてるっ!!」

穂乃果「ほらほら!あっはっはっはっは!」カチカチ

凛「ちょちょww危ないよ穂乃果ちゃん!ちゃんと計算してマス開けないとっw!」

穂乃果「ほらほら凄いよー!!」ボガーン

凛「痛い痛いいたーいっww!地雷ふんじゃってるよ穂乃果ちゃーんww!」

穂乃果「すごいよ絵里ちゃーん!!」ボガーン ボガーン

凛「ありがとう絵里ちゃん!!」

絵里「でもちょっと待って…何だかパソコンの調子がおかしいわ…」

穂乃果「えっ…あっ!」

パソコン「」スーン…

凛「電源が急に切れちゃった…!」
695: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 20:24:18.92 ID:xqg9BsNH.net
絵里「やっぱりもうちょっと見てみないと駄目ね…」

穂乃果「よろしくお願いします!!」ペコ 凛「お願いしますっ!!」ペコ

穂乃果「ホントさすが絵里ちゃんだね…!」

絵里「…あーなるほど…ここが外れちゃってるのね…」カチャカチャ

絵里「これはハンダゴテが必要になってくるわね…入ってるかしら?」

凛「ハンダゴテ…!」ガチャガチャ

穂乃果「早く出して…!凛ちゃんハンダゴテ早く…!」

凛「…ハンダゴテあったあああーっ!!」サッ

穂乃果「やったああっ!!よぉーしっ!!」 凛「よぉしよしよし!!やったにゃーっ!!」

絵里「そこは盛り上がるところじゃないわよ」キリッ

穂乃果「あぁ…ごめん!」

絵里「じゃあそれ、コンセントに繋いでおいて」

凛「了解にゃ!」
697: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 20:31:14.14 ID:xqg9BsNH.net
穂乃果「…絵里ちゃん、穂乃果にも何か手伝えることはない…?」

絵里「そうね…じゃあ穂乃果は…さっき私が渡した歌詞に目を通しておいて?」

穂乃果「…カッコいい~っ!!」ペラ

穂乃果「何て凄い歌詞なの…!?涙が…涙があふれて止まらないよ絵里ちゃーんっ!!絵里ちゃーん!!」

絵里「いまやってるから」キリッ 穂乃果「ごめーんっ!!」


凛「ハンダゴテ、あったまりましたっ!!」

絵里「よし…それではこれより、マザーボードのコンデンサ修理に入るわっ」キリッ

穂乃果 凛「はいっ!!」

絵里「ハンダゴテ」

凛「はいっ」サッ
699: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 20:37:27.45 ID:xqg9BsNH.net
穂乃果「どうか…どうかμ'sのパソコン…直してやってくださいっ!」ペコッ

凛「よろしくお願いしますっ!」ペコッ

絵里「…」カチャカチャ

穂乃果「ファイト…パソコン、ファイトだよっ…!大丈夫…!必ずエリーチカが直してくれるっ…!」

凛「凛…これからは勉強も頑張る…!歌やダンスももっともっと頑張る…!だからパソコン…あなたも頑張って!」

絵里「…」カチャカチャ

穂乃果「パソコン…あなたは絶対に負けない…!」


絵里「よし…後はここをつなげば…」カチャ ゴソ

凛「直れ…!」 穂乃果「私達のパソコン…!」
700: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 20:44:07.13 ID:xqg9BsNH.net
絵里「ふぅ…穂乃果、電源を入れてみて?」ニコッ

穂乃果「はいっ!!…では…!」プチッ

パソコン「テレレレンッ♪」ガー

凛「ありがとうございますっ!ありがとうございますっ!…穂乃果ちゃん!良かったにゃー!本当に良かったにゃーっ!!」

穂乃果「うんっ!」カチカチ

凛「絵里ちゃん!ありがとうっ!お疲れ様!」

絵里「ううん…私は大したことはしてないわ」

凛「じゃあ穂乃果ちゃん!凛達のライブの動画見てみようよ!」

穂乃果「うん!」カチカチ

凛「早く見てみようよ!ここは生まれ変わったパソコンを記念して…START:DASH!!いっくにゃーっ!!」

穂乃果「うん…いまやろうとしてるんだけど…全然反応しないんだ…」カチカチ

絵里「えっ?」
701: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 20:51:03.69 ID:xqg9BsNH.net
絵里「ちょっと見せて…?」カチカチ

絵里「どういうこと…!?マザーボードは問題ないはず…ということは…そうかっ!グラフィックボードねっ!」

穂乃果「あっああ…グラフィックボードね…!」

凛「うんうん…!」

絵里「いや違う…グラフィックボードは問題ない…となると…」


絵里「ちょっともうわからないわね」

穂乃果「…」

凛「…」

絵里「…」

穂乃果「…え?」

絵里「いやもう…わからないわ」
702: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 20:57:33.62 ID:xqg9BsNH.net
穂乃果「いやいやいやいや…えっ?ちょ…直らないの…?」

絵里「ええ」

凛「絵里ちゃんならできるよ…!きっと直るよ… 絵里「いや無理よ?もう原因がわからないんだから」

絵里「もっとそういう…電気屋の人とかに頼んで?」

穂乃果「…」

凛「…」

絵里「…」

穂乃果「…」

凛「…」

絵里「…」

穂乃果「…」

凛「…」

絵里「うん…?」
703: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 21:04:30.09 ID:xqg9BsNH.net
穂乃果「はぁ…」

凛「あーあ…」

絵里「えっ?えっ?何よ…?」

穂乃果「ふぅ…」

凛「なんだったの…」

絵里「何よっ?」


穂乃果「絵里ちゃん…なにこの歌詞?まじめにやらないとにこちゃんと真姫ちゃんが可哀想だよ?」ペラ

絵里「いやっ…さっき涙があふれて止まらないって言ってくれたじゃないっ!?」

穂乃果「涙もあふれてくるよこんな歌詞見せられたらさあっ!何なのがんばらねばねばねばぎぶあぷって!?」

絵里「そっ…それは頑張らねばとネバーギブアップをかけて… 穂乃果「いちいち説明しなくていいよっ!」

絵里「ちょっと何なの…!?なんでそんなに露骨に態度変えられなきゃいけないのよっ!?」
704: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 21:10:55.61 ID:xqg9BsNH.net
絵里「しょうがないでしょう!?もう直せないんだからしょうがないじゃないっ!!」

凛「だったら最初から期待させないでよっ!シャー!!」

絵里「なに言ってるの凛あなた…!元々あなたが壊したんじゃないっ! 穂乃果「…!」ガシッ

絵里「あなたが壊したからこういうことになったんじゃないっ!!ねぇ!ねぇ! 穂乃果「…!」ドンッ

凛「今問題はそこじゃないのっ!!」


絵里「…ゼッタイそこデショッ!!そこしかないのよっ!!あなたが壊したっていう一点のみなのよっ!! 穂乃果「…!」ガシッ

絵里「ねぇ!?あなたが壊したからこういうことになったのよ!!ねぇ!? 穂乃果「…!」ドンッ

凛「絵里ちゃん…自分が直せなかったことを棚に上げて、凛が壊した話を蒸し返すんじゃないにゃーっ!!」

絵里「何よその凄い言い分…!?一回歌詞にしてみなさいよ今の…!!めちゃくちゃだってわかるから!!一回歌詞にしなさいよっ!! 穂乃果「…!」ガシッ

絵里「それを歌いなさいよ!!ねぇ!?それをあなたは 穂乃果「…!」ドンッ

絵里「何なのよ穂乃果あなたはぁっ!!」バッ
705: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 21:18:26.82 ID:xqg9BsNH.net
絵里「なんで私を止めてるのよずっと!?」

穂乃果「凛ちゃん、歌詞になんてしなくていいよ 絵里「なんなのよっ!?なに!?なによっ!?」

絵里「凛が壊したんじゃないっ!!」

穂乃果「壊したのはね」


絵里「えへぇっ!?えっえっどういうことっ!?どっどういうこと…!?」

穂乃果「…」 凛「…」

絵里「何なのこれは…!?おかしいでしょう!?この2対1の構図は何なのよ一体!?ゼッタイおかしいじゃないっ!!」

凛「この2対1の構図は…直して欲しかった二人と…直せなかった絵里ちゃんだよっ!」

絵里「っだから何度も言うけどあなたが壊したからこういうことになったんじゃないっ!! 穂乃果「…!」ガシッ

絵里「あなたが壊したからこういうことになったのよねぇ!?ねぇ!? 穂乃果「…!」ドンドンドンッ

絵里「痛いじゃないっ!!張り手をやめなさいよっ!!」
706: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 21:24:40.23 ID:xqg9BsNH.net
絵里「凛が壊したのが悪いんじゃないっ!! 穂乃果「絵里ちゃんが直せばそれはチャラだったんじゃないのっ!?」

絵里「えっナンデ…!?何で凛にそんなに優しいのよ…!?私にも優しくしてよっ!ねぇ!?まず私がちょっと直したことを一回ちゃんと褒めてよっ!」

穂乃果「いやいやそれは無理だよ… 絵里「いや褒めなさいよっ!」パシッ

穂乃果「無理だよ無理だよ… 絵里「褒めなさいってっ!」パシッ 凛「…!」ピシッ

絵里「何なのよ凛あなたはっ!!悪戯が過ぎるのよっ!!」ドンッ 凛「うぐっ」

絵里「怒るわよさすがに私もっ!! 穂乃果「…!」ドンッ

凛「…」
穂乃果「大丈夫凛ちゃん…?ほら痛くない痛くない…」サスサス

絵里「なんなの二人はっ…!?姉妹なのっ…!?おかしいじゃない…穂乃果もおかしいわよ…!何でずっと壊した凛の味方についてるのよ…!?」

穂乃果「逆にどうして穂乃果が絵里ちゃんの味方になると思ったの!?」

絵里「エッ…!?」
707: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 21:31:35.88 ID:xqg9BsNH.net
穂乃果「穂乃果は今…絵里ちゃんに対して…直せないなんて酷いよっていう感情しかないからぁーっ!!もぉー悲しいからあっ!!」

絵里「悲しいの…!?」

穂乃果「悲しいよ!!あんなに直りそうな可能性感じさせといて…直せないなんて酷いよっ!!」

絵里「だからちょっと直したじゃないっ!! 穂乃果「だから全然意味ないよっ!!」

絵里「意味ないことないじゃないっ!!じゃあいいわよいいわよっ!!私がちょっと直した部分もとの壊れた状態に戻すからねっ!! 穂乃果「ああ戻しなよっ!!」

絵里「えっいいのっ!? 穂乃果「いいよいいよ!!全然いいよっ!!」

絵里「何でいいのよっ!?」

穂乃果「いやさ…電源が入ってマインスイーパーが出来るだけで皆に納得してもらえるの!?色々入ってたんだよ!?サイトで配信してる映像とか写真も!!…これからはマインスイーパーやってるとこだけ配信しようって言えるっ!?」

穂乃果「僕らのLIVE映像は~?君とのLIFE写真は~?言われるよっ!!」

絵里「全然動かないよりマシでしょーっ!! 穂乃果「全然動かないほうがよかったよっ!!」
708: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 21:37:36.39 ID:xqg9BsNH.net
穂乃果「サイト工事中ですで良かったよ!!それを…マインスイーパーやってるとこだけ配信しますっ!サイト更新してみなよっ!!僕らのLIVE映像は~? 絵里「LIVE映像もういいわよっ!!LIVE映像の下りもういいわよっ!!」

穂乃果「全然動かないほうがよかったよっ!!」

絵里「じゃあいいわよいいわよ…確かに最後まで直せなかったのは事実だからそれはいいわよ…ただ、一番責められるのは違うって言ってんのよっ!!」ダンッ 穂乃果「違わないって言ってるんだよっ!!」ダンッ 絵里「何でだって言ってるのよっ!!」ダンッ


穂乃果「絵里ちゃんは格好つけていたからねっ…?」

絵里「ふっ… …へぅ…///」

穂乃果「直してる最中…ちょいちょい格好つけていたからねぇ…?格好つけてしまった以上…直す他道はないんだよーっ!!」

絵里「べっ…別に格好つけてはいなかったわよ… 穂乃果「いやいやいや…」

絵里「格好つけてはないわよっ!フツーに直していただけよっ!! 凛「格好つけてたにゃーっ!!」

絵里「はあっ?」
709: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 21:43:21.49 ID:xqg9BsNH.net
凛「それではこれより、マザーボードのコンデンサ修理に入るワアッ」スッ

絵里「私そんな手術前みたいなポーズしてなかったわよっ!!」

凛「それではこれより~♪マザーボードの~♪コンデンサ修理に~♪入るチカッ♪」タタン タタン

絵里「私そんなダンス取り入れてないわよっ!!あなた本当に腹立つわねっ!!」ドガッ 凛「あ゙っ」

穂乃果「ちょ…!?おおーいっ!!何やってんの絵里ちゃん!!直せなかった絵里ちゃん!!壊した方に謝りなよっ!!」

絵里「ふっw…壊した方、ってなんなのよ…!?一回歌詞にしなさい今のーっ!!めちゃくちゃだってわかるからーっ!!」

穂乃果「絵里ちゃんは格好つけていた…それなのに直せなかった。これを歌詞にしてみてよっ!! 絵里「やめなさいっ!!」


凛「ねぇPKEソケットちゃん」

絵里「誰がPKEソケットよっ!?どんなアダ名よ!?まずPKEって何よっ!?」

凛「そこの工具箱…PKEソケットちゃんが使ったんだから片付けといてよっ!」

絵里「はあっ!?」
710: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 21:51:37.87 ID:xqg9BsNH.net
穂乃果「ねぇ電源とマインスイーパーちゃん」

絵里「なによ電源とマインスイーパーって!?何よその洋画の邦題みたいなやつ!?なんなのよそれっ!!」

穂乃果「早く片付けてよ…!何のために出したか知らないけど…格好つけるためだったのかなぁ…?」


絵里「何よっ…!どうしてそんなふうに言われなきゃいけないのよっ…!」グスッ

穂乃果「うっ…え、絵里ちゃん…?」

絵里「こんなこと言われるくらいなら…最初からパソコンの知識なんて何も知らずにいれば良かった…!!」グズグズ

凛「ご…ごめん絵里ちゃん…凛、調子に乗って…」

絵里「忘れたいわ…パソコンのことも…今日あったことも…」

穂乃果「絵里ちゃんごめん…泣かないで…」

絵里「泣かないわよっ!!私はこれくらいのことで泣かないっ…!!」グッ
711: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 21:57:53.72 ID:xqg9BsNH.net
次の日

凛「にこちゃんごめんっ…!!凛が…凛がパソコン叩いて壊しちゃったの…!!ごめんなさいっ…!!」ペコッ

にこ「うわ何よこれ…マインスイーパーしかできなくなってるじゃない」ボガーン

絵里「ごめんなさい…私も直そうと努力したんだけど…力及ばずで…」

にこ「まぁ元々調子悪かったし…最悪初期化するしかないかしらねぇ」

絵里「しょ…初期化!?」

穂乃果「初期化って…?」

絵里「パソコンを…買った状態まで戻すってことよ…」

穂乃果「買った状態まで…!?じゃあLIVEの映像とか今まで作った曲とかは…!?」

絵里「当然、全て消えることになるわ…」

凛「うわあああんっ!!ごめんなさいっ!!ごめんなさーいっ!!」ポロポロ

にこ「何言ってんのよ?」
712: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 22:04:29.82 ID:xqg9BsNH.net
にこ「動画とか曲とかは全部外付けハードディスクにも保存してあるんだから…全部消えてなくなる訳じゃないわよ?」

絵里「えっ…そ…そうだったの…!?」

にこ「当たり前じゃない」

凛「えっ…じゃあじゃあ!動画とか曲とかは無事だってこと!?」

にこ「そうよ。大事なデータをパソコンだけに保存しておくわけないでしょ」

穂乃果「うわぁ…!!よかったああーっ!!」 凛「本当だにゃーっ!!良かったーっ!!」

絵里「穂乃果、凛。これが…バック・アップよっ!!」

穂乃果「やったーーっ!!すごーいっ!!バック・アップーっ!!」

凛「バック・アップだーっ!!すごいにゃーっ!!」

にこ「アホか…」
713: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 22:15:03.68 ID:xqg9BsNH.net
凛「それより…昨日は本当ごめんね絵里ちゃん…凛、曲とかが全部なくなっちゃうと思って混乱して…」

穂乃果「穂乃果も…何か頭ごちゃごちゃになっちゃってて…」

絵里「別にいいわよもう…過ぎたことじゃない」

凛「絵里ちゃん…」


絵里「そんなことよりにこ!新しい歌詞を書いたの。見てくれるかしら?」

にこ「どれどれ…ラブノベルスと…ありふれた悲しみの果て…か」

絵里「ええ…ありふれた悲しみの果てはね…私が格好つけていたにも関わらずパソコンを直せなかった時の悲しみを描いた曲で… 穂乃果「えっ本当に歌詞書いたのっ!?」


おわり
726: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 15:29:37.72 ID:eyMwjaZJ.net
●海未「シャイ…?」:「シャイ」


部室

花陽「…」カタカタ

花陽「…むむっ」カチカチ

海未「お疲れ様です」ガチャ

花陽「あ、海未ちゃん。お疲れ様」

海未「どうしたのですか花陽?パソコンの前で難しい顔をして…」

花陽「それが…パソコンがどうもおかしくて…マインスイーパーしかできなくなってるの」

海未「えっ…?ちょっと見せてください」カチカチ

海未「…本当ですね」ボガーン

花陽「困ったなぁ」

海未「そういえば今朝…にこ達が初期化するしかないかもと話していましたが…このことだったのですね」

花陽「しょ…初期化しちゃうノォ!?」
727: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 15:36:16.64 ID:eyMwjaZJ.net
海未「やはり初期化はまずいのでしょうか?」

花陽「まずいっていうか…いくらバックアップをとってたとしても今の状態まで戻すのに結構手間だろうし…思わぬ不具合が起き

たりするから…」

海未「なるほど…ここは一度、ことりに相談してみるといいかもしれません」

花陽「ことりちゃんに?」

海未「はい。秋葉原のメイド喫茶で働いている内にパソコンにも少しずつ詳しくなっていったそうなので。ことりならなんとか出

来るかもしれません」

花陽「へぇ…じゃあことりちゃんに電話してみよう…」ゴソ

花陽「ん?…あれ?」ポンポン

海未「どうしました?」

花陽「あれ…携帯が…?ポケットに入れたと思ったのに…?」ゴソゴソ

海未「なくしてしまったのですか…仕方ないですね。では私の携帯でことりを…」ゴソ
728: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 15:42:25.52 ID:eyMwjaZJ.net
海未「ん…携帯が…?鞄に入れたと思ったのですが…」ガサゴソ 花陽「海未ちゃんもなくしちゃったのぉ?」

海未「おかしいですねぇ…あっそうだ」

花陽「うん?」

海未「私の携帯で花陽の携帯を鳴らしてみますね?それですぐ見つかる…」パカッ

花陽「あれ?」

海未「はい?」

花陽「今海未ちゃんが持ってるのって…それ海未ちゃんの携帯だよね?」

海未「あっ…はあっ…///」

花陽「よ…よくあるよくある…携帯持ちながら携帯探しちゃうこと…」

海未「ちょ…///…はあっ…///ああぁ///」

花陽「ふふっ…海未ちゃんでもあるんだねこういうこと?」
729: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 15:49:36.84 ID:eyMwjaZJ.net
海未「はああぁっ…///もうっ…///モッテルジャナイデスカッ…///」

花陽「あははっ…」

海未「ほああっ…///コレハッ…///ヤッテシマイマシタッ…///」

花陽「…」

海未「はあはははっ///…モッテマシタっ///…アルジャアリマセンカーッ…///」

花陽「…」

海未「くはっ…///コレハッ///…はあはははっ…///」

花陽「…」

海未「はあっ…ヤッチャイマシタっ…///モッテッ…アルジャナイデスカーッ///…モッテル…アリマシタヨッ…///」

花陽「…」

海未「はあははははっ…///はあっ…///ヤッテシマイマシタッ…///モッテルジャアリマセンカーッ…///」
730: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 15:55:24.51 ID:eyMwjaZJ.net
海未「モッテタ…///ナラシテミマスネッテ…///モッテマシタヨーッ…///はあっ…///」パシッ

花陽「…」

海未「はあああっ…///」

花陽「…」

海未「…」

花陽「…」

海未「は、はああああっ…///アルジャアリマセンカーッ///モッテルジャアリマセンカーッ///」

花陽「…」

海未「マイッチャイマシタ…///ほああっ…///きゅひいぃくふふっ…/// 花陽「いつまで照れてるノォっ!?」

海未「ヤッチャイマシタッ…/// 花陽「ちょっと海未ちゃん?ねぇ海未ちゃんっ!」
732: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 16:02:37.87 ID:eyMwjaZJ.net
花陽「いやあのっ…もう大丈夫だから。携帯でね… 海未「はああ…///モッテマシタッ…///」

花陽「あのね…ことりちゃんに連絡を… 海未「うふふっ…///ちょ…/// 花陽「ちょいい加減長くないかなっ!?」

海未「モッテマシタッ…///モッテマシターッ/// 花陽「あの…もう大丈夫だから。ことりちゃんにね?連絡を… 海未「モッテルジャアリマセンカーッ///」

花陽「あのっ…本当大丈夫だから…気にしてないから… 海未「…モッテマシタ…///ヤッチャイマシターッ…///」ガクッ

花陽「どっ…どうして膝まずくの…海未ちゃん大丈夫だから…」ポン 海未「きゃああーっ!!///やめてくださいーっ///」ジタバタ

花陽「ダ…ダレカタスケテーッ!!」


ことり「お疲れ様でーす。どうしたのかよちゃん大声出して?」ガチャ

花陽「あっことりちゃん!その…海未ちゃんが大変なことに…」

海未「ヤッチャイマシタ…///コレハモウッ…///」ジタバタ

ことり「あー…海未ちゃんってシャイだから…」

花陽「限度あるよぉ…」
733: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 16:08:22.29 ID:eyMwjaZJ.net
海未「はあああっ…///モウダメデスッ…///」

ことり「あのね海未ちゃん…何があったかわからないけど、落ち着いて…? 海未「あっ!!あああはあーっ!!ことり…///ああーっもうダメですーっ!!///」

海未「誰にも言わないでくださいっー///ネットに書かないでくださいーっ///」ジタバタ

ことり「…こうなっちゃうと長いんだよねー海未ちゃん」

花陽「参ったなぁ…早く海未ちゃんに立ち直ってもらわないと…」

ことり「何かあったの?困り事?」

花陽「うん…あのね?海未ちゃんの携帯でことりちゃんに連絡してもらってここに呼んでもらわなきゃ…」

ことり「え?ことり?」

花陽「うん、ことりちゃんに…」

ことり「私ならここにいるけど…どうかした?」

花陽「あっ…はあっ…///」

ことり「あははっ!かよちゃんったら!それでどうしたの?」

花陽「ちょ…///…はあっ…///ああぁ///」
735: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 16:16:54.27 ID:eyMwjaZJ.net
花陽「はああぁっ…///もうっ…///イルジャナイデスカッ…///」

ことり「あははっ…」

花陽「ほああっ…///コレハッ…///ヤッテシマイマシタッ…///」

ことり「…」

花陽「はあはははっ///…イタヨっ///…コトリチャントナリニイタヨーッ…///」

ことり「…」

花陽「くはっ…///コレハッ///…はあはははっ…///」

ことり「…」

花陽「はあっ…ヤッチャイマシタっ…///イルッ…イルジャナイデスカーッ///…イマシタヨーッ…///」

ことり「…」

花陽「はあははははっ…///はあっ…///ヤッテシマイマシタッ…///イルジャアリマセンカーッ…/// ことり「一緒じゃん!かよちゃん全然人のこと言えないじゃんっ!!」
736: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 16:26:57.13 ID:eyMwjaZJ.net
海未「はあっ…///はああっ…///はああっ///」

ことり「あの…海未ちゃん?どうして私のこと呼ぼうとしたの?ねぇ海未ちゃん…?」ポン

海未「いっいやいやっそんなっ別に呼び出して告白なんてするつもりはっ…///」ビリビリッ ことり「なっちょおおおーいっ!!ポスターやぶっちゃだめじゃんっ!!何で破ったのイマッ!?」

海未「はああーっ///!!きゃああーっ///」カクレ ことり「にこちゃんの… 海未「ああはあぁはあぁはーっ///」

ことり「にこちゃんのポスター… 海未「ああはあっ///はあっ///はあっ///」ジタジタ


海未「…」チラ

ことり「… 海未「ああはあはあはあーっ…///見ないでくださいーッ///」


ことり「かよちゃん…?ねぇどうして私の事… 花陽「ぴゃああーっ///ダメっ…///ダメデスッ…///」

ことり「あのっ 花陽「ドメドメドメェーっ///」
738: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 16:35:53.94 ID:eyMwjaZJ.net
ことり「かよちゃんのその動きはなんなの?」

花陽「ドメッ…///ドメデスッ///」ジタジタ

ことり「何それその…人差し指と小指と親指立てて…」

花陽「はあっ…///はあっ…///」ジタジタ

ことり「交互に両腕振り上げて…」

花陽「あああーっ///ぴゃーっ///」ジタジタ

ことり「顔の横に持ってくるその動きは…」

花陽「ひっひっふっひふーっ///」

ことり「にっこにっこにーじゃんそれはもうっ!!何で照れ隠しでにっこにっこにーするのっ!?」


海未「」ビリビリビリ

ことり「カーテンっ!?海未ちゃんなにカーテンにくるまってるのっ!!ビリビリいってるからっ!!」

海未「はあーっ///ふぁーはーっ///」
739: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 16:41:47.07 ID:eyMwjaZJ.net
花陽「ぴゃああーっ///ひっひっふーっ///ひっひっふー///」ジタジタ

海未「あっはーはぁ///はあーっ///」ビリビリッ

ことり「…」

花陽「イルジャナイデスカーッ///」

海未「モッテルジャナイデスカーッ///」

ことり「状況が全く飲み込めない…」

海未「きゅひいぃくふふっ…///」 花陽「ひぃいひひひっ…///」

ことり「なにこれ…夢っ!?…まぁいいか。二人が照れてる内に…」ゴソ


ことり「この…今買ってきた部品で調子悪かったパソコン直しちゃおう!」
740: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/10/24(金) 16:47:29.79 ID:eyMwjaZJ.net
数分後

海未「ふぅ…花陽。落ち着きましたか?」

花陽「はぁ…うん海未ちゃん。もう大丈夫」

海未「それでは…」 花陽「うん…!」

海未「ことり…お願いがあるんです!」 花陽「部室のパソコンを直して欲しいんですっ!」

ことり「いや…もう直ったよ?」

パソコン「アイセーイッ♪ヘイッ♪ヘイッ♪ヘイッ♪スタートダッシュ♪」


海未「はああっ…///ヤッチャイマシターッ///」 花陽「ナオッテルジャナイデスカーッ///」

ことり「あぁ…」


おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「凛の友達の友達」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。