花陽「英語の宿題がわからない?」

シェアする

凛-アイキャッチ21
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 16:20:00.62 ID:RIXBL6rJ0

練習後


凛「そうなの!だから、かよちんに手伝ってほしいなーって!」

花陽「うん、いいよ」

凛「やったー!かよちんありがとー!」ギュッ

花陽「はわっ!り、凛ちゃ~ん//」

凛「じゃあ、凛は先に帰って、ご飯をいっぱい炊いて待ってるね!」

花陽「うん、わかった」

凛「かよちんはゆっくり来ていいからねーっ」

花陽「うん、気をつけてね」

花陽(・・・走って行っちゃった・・・体力あるなあ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394004000

元スレ: 花陽「英語の宿題がわからない?」

スポンサーリンク
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 16:25:37.49 ID:RIXBL6rJ0

花陽(凛ちゃんのいう分からないところってどこなのかな?)

花陽(わたしも分からなかったりしたらどうしよう・・・)

花陽(・・・それよりも問題は)




花陽(凛ちゃんの部屋で凛ちゃんと2人っきりってところだよね)

花陽(・・・今日は、伝えられるかな・・・)

花陽(・・・無理、だよね)

花陽(彼女になってください、だなんて・・・)
3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 16:31:02.68 ID:RIXBL6rJ0

星空宅


凛「あ!待ってたよ、かよちん!あがってあがって!」

花陽「おじゃまします」

凛「あ、今日ね、うちには凛とかよちんしかいないから、遠慮しなくていいよー」

花陽「え!?そ、そうなんだ(本当に2人っきりになっちゃった・・・)」

凛「じゃあ、まずは何しよっか?」

花陽「・・・宿題やらなきゃだめだよ?凛ちゃん」

凛「じょ、冗談だにゃ」
4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 16:38:17.62 ID:RIXBL6rJ0

花陽「それで、どこが分からないの?」

凛「えっとね、まずこれでしょー?」ペラ

花陽「り、凛ちゃん・・・(中学でやったところだよー・・・)」

凛「ここもわかんないしー」ペラ

花陽「こ、ここも?(前に教えたはずなんだけどな・・・)」

凛「あと、こことか、あとこれも・・・」ペラペラ





花陽「・・・つ、つまり・・・全部ってこと?」

凛「やっぱり英語は肌に合わないにゃ」

花陽「だ、だれか助けて・・・」
5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 16:43:28.22 ID:RIXBL6rJ0

花陽「それじゃ、最初からはじめよっか」



ピー ピー ピー




凛「あ!ご飯が炊けたにゃ!」ダッ

花陽「え、えー?タイミング悪いなぁ」

凛「ほれほれー炊きたてだよーかよちーん」カパッ

花陽「はうっ・・・い、いいにおい・・・」

凛「じゃあじゃあ、とりあえず、ご飯食べよ!」

花陽「うう、しょうがないなあ」
7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 16:53:39.82 ID:RIXBL6rJ0

凛「はい!かよちんの分!」トン

花陽「わあ・・・!ほかほかだあ・・・!」パアアア

凛「で、凛はカップラーメン!3分たったし、食べよっか」

花陽「うん!」

りんぱな「いただきまーす!」

花陽パクッ

花陽モグモグ

花陽「・・・!」ゴクン

花陽「おいしいよ、凛ちゃん!」

凛「えへへー凛特製のご飯だからね!」

花陽「うん!」パクパクモグモグ

凛(いつも思うけど、おかず無しでこの量食べるのはすごいにゃ)

花陽「おかわりっ!」

凛「そして速い!」
8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 17:04:39.37 ID:RIXBL6rJ0

凛「食べた食べたにゃ・・・」

花陽「凛ちゃん、ごちそうさまでした!」

凛「うん!」

花陽「それじゃ、片付けが終わったら宿題やろっか」

凛「う、うん、でも凛、眠くなってきちゃったにゃー」

花陽「もう、凛ちゃんが手伝ってほしいっていうから来たのに」

凛「うう、分かってるけど~」

花陽「・・・って、もうこんな時間!?わたしそろそろ帰らないと」

凛「ええ~!?かよちん、泊まっていこうよ~!」

花陽「で、でも」

凛「今は凛とかよちんしかいないし、明日は休みなんだから、いいでしょー?」

花陽「・・・じゃあ、泊まっていこうかな」

凛「やったー!かよちんとお泊りー!」

花陽「泊まっていくわけだから、遅くまで宿題できるよね?」ニコッ

凛「ふぐっ!(こ、これが墓穴を掘るってやつだにゃ・・・)」
9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 17:24:19.47 ID:RIXBL6rJ0

花陽「・・・それで、この文はこういう意味で・・・」

凛「ふむふむ・・・じゃあ、これはこうなる・・・よね?」

花陽「そう!合ってるよ、凛ちゃん!」

凛「えへへーやっぱりかよちんは教えるの上手だにゃ」

花陽「そ、そうかな?」

凛「ほら!宿題も全部終わってるし!本当、かよちんのおかげだよ!ありがとー!」

花陽「て、照れるなあ//」

凛「それじゃ、いっしょにお風呂入る?」

花陽「ナンデソウナルノオ!?」カアアア
10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 17:29:35.86 ID:RIXBL6rJ0

凛「い、嫌なら大丈夫だよ?凛1人で入るから」

花陽「!(嫌なわけない!)」

花陽(・・・けど、絶対に緊張しちゃうし・・・)

花陽「・・・い、嫌じゃないけど、1人ずつ入ろう?」

凛「うん、じゃあ凛が先に入るから!」

花陽「う、うん」



バタン
11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 17:34:13.59 ID:RIXBL6rJ0

花陽「・・・凛ちゃんの部屋・・・」


花陽「・・・ベッド・・・」


花陽「・・・//」


花陽(へ、変なこと考えちゃダメ!)ブンブン


花陽(・・・でも、ちょっとくらいなら)

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 17:39:18.34 ID:RIXBL6rJ0

ボフッ



花陽(凛ちゃんのベッド、柔らかくていいにおい・・・)


花陽(このままこうしてようかな・・・)



ガチャ



花陽「!!」ガバッ

凛「ごめんかよちん、ちょっと忘れ物しちゃって」

花陽「そ、そうなんだ」ドキドキ

凛「えーっと、あったあった。じゃ、行ってくるにゃ」バタン



花陽「・・・はあ、危なかった・・・」


花陽「・・・じっとしてよう・・・」
13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 17:44:36.24 ID:RIXBL6rJ0








花陽「ふーっ・・・お風呂気持ちよかったよ、凛ちゃん」

凛「それはよかったにゃ!じゃあ寝よっか、かよちん」

花陽「うん、そうだね」

凛「そうそう、今日は、いっしょに寝ない?」

花陽「いっしょに・・・?」
14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 17:50:45.14 ID:RIXBL6rJ0

花陽「いっしょにって、同じベッドで!?」カアアア

凛「ほら、ちょっと散らかってて布団敷くの面倒だから」

花陽「え、えーっと・・・」

凛「やっぱり、ダメかにゃ?」

花陽「!だ、大丈夫だよ!」

凛「うーん、なんかごめんね」

花陽「ううん、全然嫌じゃないから(どうしよう、緊張しちゃう!)」
15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 17:54:18.39 ID:RIXBL6rJ0

凛「じゃあ電気消すねー、おやすみー」

花陽「う、うん」




カチッ






凛「・・・・・」スー

花陽「・・・・・」



花陽(や、やっぱり眠れない・・・)
16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 18:03:19.14 ID:RIXBL6rJ0

花陽(凛ちゃんといっしょにいるだけでドキドキするなんて)


花陽(小さいころはなかったはずなんだけどなあ)


花陽(凛ちゃんを意識するようになったの、いつだっけ?)


花陽(・・・・・覚えてないや)


花陽(そういうものなのかも)
17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 18:08:19.56 ID:RIXBL6rJ0

凛「・・・・・」スー


花陽(・・・凛ちゃんは寝てるのかな?)


凛「・・・・・」スピー


花陽(さすがに寝てる、よね。今日も練習大変だったし)


凛「・・・・・」ムニャムニャ


花陽(・・・・かわいいなあ)
18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 18:14:28.68 ID:RIXBL6rJ0


花陽(凛ちゃん・・・・)


花陽「・・・んっ///」クチュ


花陽(ごめんね、凛ちゃん・・・)


花陽「っ///」クチュクチュ


花陽(ダメだって分かってるのに)


花陽「あっ・・・んんっ///」クチュクチュ


花陽(手が、止まんない・・・!)
20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 18:32:52.41 ID:RIXBL6rJ0

花陽(凛ちゃん・・・!)クチュクチュ


花陽(凛ちゃん、凛ちゃん!)クチュクチュ


花陽「はあ、はあ・・・んっ//」クチュクチュ


花陽(凛ちゃん・・・凛ちゃん・・・!)クチュクチュ


花陽「んっ//・・・んんっ//」クチュクチュ


花陽「凛ちゃん、凛ちゃん!」




凛「・・・な、何?かよちん」

花陽「」
22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 18:40:56.28 ID:RIXBL6rJ0

凛「・・・かよちん?」

花陽「りりり凛ちゃん、お、おおお起きてたの?」

凛「凛はずっと眠れなくて、目を閉じてただけだよ」

花陽「そ、そうなんだ

凛「かよちんは今、何してたの?」

花陽「え、わ、わたし、は、別に」




凛「・・・もしかして、[田島「チ○コ破裂するっ!」]してた?」

花陽「!!!」
24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 18:48:11.79 ID:RIXBL6rJ0

花陽「し、してないよ、そんなこと!!」

凛「かよちんの嘘つき」

花陽「わ、わたしはっ!」

凛「言ったでしょ?かよちんは嘘ついてもすぐバレるんだって」

花陽「う、うう・・・」

凛「だから、本当のこと言ってよ」

花陽「・・・・・・・・ほ、ほんとは・・・」

花陽「・・・そ、その・・・」




花陽「・・・・・・オ○ニー、してました・・・」
27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 18:56:06.44 ID:RIXBL6rJ0

凛「・・・どうしてそんなことしたの?」

花陽「そ、それは・・・!」

花陽(も、もう言うしかない、のかな・・・)

花陽(嘘ついても・・・ばれちゃうんだよね・・・)

花陽(・・・だったら、もう・・・!)

凛「ねえ、どうして?」

花陽「それは・・・・」





花陽「・・・・・・凛ちゃんのことが、好きだからです」

凛「・・・・・・」
28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 19:00:24.49 ID:RIXBL6rJ0

花陽(ど、どうしよう・・・!い、言っちゃった・・・!)

凛「・・・・・・」

花陽「・・・き、気持ち悪いかもしれないけど・・・」

花陽「ど、どうか!わたしのこと、嫌いにならないd



チュッ



花陽(・・・え?)
29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 19:06:45.34 ID:RIXBL6rJ0

花陽「んむっ!?んん~~~///」

凛「ん・・・・ぷはっ!」

花陽「ぷはっ!り、凛ちゃ

凛「いいよね?かよちん・・・



・・・・両想いなんだし」

花陽「へっ?今、なんて・・・んむう!?///」
30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 19:07:32.59 ID:RIXBL6rJ0
ごはんたべてきます
31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 19:40:17.10 ID:RIXBL6rJ0

凛「ん・・・ちゅ・・・ぷはっ」

花陽「はあ、はあ、りょ、両想いって・・・」

凛「凛はね、ずーっと前からかよちんが好きだったんだよ?」ギシッ

花陽「!!り、凛ちゃん?」

凛「けっこう積極的に攻めてたつもりだったのに」サワサワ

花陽「!!ひゃう!?///」

凛「意味ないのかな、とか、ちょっと切なくなってたんだけど」スルー

花陽「や、ああっ、パンツおろしちゃっ・・・///」

凛「こーんなに濡らしちゃってるんだから、効果はあったんだね」チュプ

花陽「~~~~っ!!///」ビクッ

凛「すごいヌルヌルだにゃー」クチュクチュクチュ

花陽「やあっ///そんなこと、言わないでえっ///・・・ああっ!!///」ビクンビクン

凛「あーあ、イっちゃった」
32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 20:02:39.11 ID:RIXBL6rJ0

花陽「はあ、はあ(凛ちゃんに攻められて、イっちゃった・・・しあわせ///)」

凛「よいしょっと」クチュ

花陽「!?り、凛ちゃん?」

凛「かよちんばっかりズルいから、今度は凛の番ね?」スリスリ

花陽「あ、んっ//」
33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 20:12:48.35 ID:RIXBL6rJ0

凛「ここと、ここを、いっしょに擦り付けると、ねっ・・・
  気持ちいいんだって・・・んんっ///」スリスリ

花陽「な、何、これえ//」

凛「凛は気持ちいいよ?かよちんはどう?」スリスリ

花陽「す、すごく・・・気持ちいいよっ///・・・あんっ///」

凛「えへへ・・・かよちんはいやらしいコだにゃ」スリスリ

花陽「や、やあっ///そんなんじゃ・・・んむっ!?」

凛「ちゅ・・・れろ・・・ちゅぷ・・・ぷはっ!」スリスリ

花陽「ぷはっ!・・・り、凛ちゃんっ・・・わたし、また・・・っ///」

凛「いっしょにイこう?かよちん・・・!」スリスリスリスリ

花陽「う、うんっ!凛ちゃんっ!!//」


りんぱな「~~~~~~っ!!//」ビクンビクン
34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 20:23:40.98 ID:RIXBL6rJ0

花陽「・・・はあ、はあ・・・」

凛「・・・かよちん」

花陽「な、何?凛ちゃん」

凛「その、無理やりしちゃって、ごめんね・・・」

花陽「ううん。凛ちゃんはいつもそんな感じだから、大丈夫だよ」

凛「い、いつも、なの?」

花陽「うん。ちょっと強引なところはあるけど、わたしは凛ちゃんに引っ張られて生きてきた。
   ほら、μ'sに入ったときだって、引っ張ってくれたでしょ?」

凛「そう、だね」

花陽「だから、凛ちゃんには感謝してるんだ」

凛「えへへ・・・照れちゃうよ、かよちん」

花陽「いつも引っ張ってくれてばっかりだったけど、
   今日からはわたしが凛ちゃんのことを引っ張ってあげたいな、って思う。」

凛(もう十分引っ張ってくれてると思うんだけどね)

花陽「それでね、凛ちゃん」

凛「なに?かよちん」

花陽「次にするときは、わ、わたしがリードするからねっ///」

凛「うんっ///」


おわり
35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/05(水) 20:25:04.98 ID:RIXBL6rJ0

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
花陽「英語の宿題がわからない?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「英語の宿題がわからない?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。