希「何で生えてないんやろ」

シェアする

希-アイキャッチ22
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:10:10.58 ID:8L2jh9Ih.net
希「なあなあ」

絵里「はい?」

希「何でウチらには生えてないんやろう」

絵里「えっと、何? どうしたの?」

希「生えると言ったらお○んぽに決まってるやろ」

絵里「は? 何、急に……」

元スレ: 希「何で生えてないんやろ」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:13:02.38 ID:8L2jh9Ih.net
希「普通は生えてるやん、なのに何で生えてないんやろ?」

絵里「普通の女子にはそんなもの生えてないわよ」

絵里「というか、貴女……」

希「まあ聞いてや、絵里ち」

絵里「……」

希「ウチら9人にはお○んぽが生えとる。それが当たり前のことやん」

希「一体絵里ちは何を言ってるん?」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:15:23.30 ID:8L2jh9Ih.net
絵里「あまりそういうことを連呼しないでもらえますか?」

絵里「通行客も見ていますから」

希「なんや、えらいよそよそしいな」

希「海未ちゃんに穂乃果ちゃん取られたからイラついてるんか?」

絵里「……え?」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:19:20.50 ID:8L2jh9Ih.net
希「絵里ちゃんも結構お似合いやと思ってたけど」

希「やっぱり幼なじみにはかなわんわな」

絵里「さっきから貴女、何を言ってるの? 穂乃果も海未もただの友人よ」

希「照れちゃって……まあ、絵里ちにはウチがおるからな」

絵里「貴女が?」

希「そうや、ウチと絵里ちはベストカップルやろ? 絵里ちだってウチのこと、好きやん」

絵里「……すいませんが、私に関わらないでもらえませんか?」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:22:14.59 ID:8L2jh9Ih.net
希「ちょ、ちょい待ってや絵里ち! 何処行くんや?」

絵里「自分の家に帰るんですけど」

希「絵里ちは今日、ウチの家で夕飯食べるって言ってたやん」

絵里「私は貴女の家で夕飯を食べたりしません!」

絵里「いいから、着いてこないで!」

希「つれないなぁ、やっぱり照れてるんか?」
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:27:37.12 ID:8L2jh9Ih.net
穂乃果「あっ、絵里ちゃん! ……と」

穂乃果「こんにちは」

絵里「あら、穂乃果。丁度いいところで会ったわね」

希「穂乃果ちゃん、久し振りやね。海未ちゃんとは仲良くやってる?」

穂乃果「あ、はい……お久しぶりです」

絵里「二人で買い物にでも行かない?」

穂乃果「え? でもそこの人は」

絵里「放っておけばいいのよ」

希「なんやなんや、酷いな絵里ち! ウチら親友やんか!」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:29:58.12 ID:8L2jh9Ih.net
絵里「……その絵里ちって言うのをやめて」

希「何でや、絵里ちは絵里ちやん」

絵里「……行きましょ、穂乃果」

穂乃果「う、うん」

希「絵里ち、ウチも一緒に」

絵里「付いて来た場合、警察を呼びますよ」

希「……」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:32:49.22 ID:8L2jh9Ih.net
希「おかしいなぁ、絵里ちどうしてもたんやろ」

希「ウチらにお○んぽも生えてないし、絵里ちもポンコツやなくて賢そうやし」

希「穂乃果ちゃんも普段ならもっとはしゃいでるのに」

希「……ウチ、嫌われたんかな?」

希「何かしたかなぁ……」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:37:49.33 ID:8L2jh9Ih.net
希「くよくよしててもしゃーないな」

希「困ったときは海未ちゃんや」

希「穂乃果ちゃんさえ関わらなければ、数少ないまともな子やし」

希「そうと決まれば早速電話や」

プルルル

海未『はいもしもし、園田ですが』

希「もしもし、海未ちゃんか?」

海未『はい、そうですが……どちら様でしょう?』

希「希やよ、東條希。三年生の」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:40:52.32 ID:8L2jh9Ih.net
海未『希、ですか?』

希「うん」

海未『……?』

希「どうかしたんか?」

海未『ああ、いえ。電波の調子が悪いんですかね?』

海未『それで希、用件は何です?』

希「いや、ウチ……絵里ちと穂乃果ちゃんに嫌われてもたみたいなんや」

海未『おかしいですね、絵里と希は親友でしたし、穂乃果も人を嫌うようなタイプではないのですが』
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:43:21.04 ID:8L2jh9Ih.net
希「せやから、おかしいんよ」

希「ウチも何かしてもうたんかと思って考えてみたんやけど、特に思い当たらんくてな」

海未『うーん、何ででしょうかね』

希「海未ちゃんにも原因は分からんか……」

海未『……やっぱり少し変ですね』

希「何か言ったか?」

海未『いえ……』
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:45:44.45 ID:8L2jh9Ih.net
海未『私も穂乃果にそれとなく話を聞いてみます』

希「お願いするわ、ウチに悪いとこがあったら治さなあかんしな」

海未『絵里にも聞いた方がいいですか?』

希「いや、明日教室で聞くわ。やから、大丈夫」

海未『そうですか、ではまた明日……』

希「うん、また明日」
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:47:51.93 ID:8L2jh9Ih.net
希「あ、そうや。忘れてた」

海未『はい?』

希「性欲旺盛やからって、レ○プまがいなことはしたらあかんで」

希「海未ちゃんはお○んぽも大きいんやから」

海未『……なっ!』

ガチャン

希「んっ、切られてもうた」

希「どうしたんやろ?」
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 19:52:19.88 ID:8L2jh9Ih.net
希「妙やなあ」

希「一体ウチの周りで何が起こってるっていうんや」

希「絵里ちも、穂乃果ちゃんも、海未ちゃんも皆いつもの通りじゃない」

希「……海未ちゃんは殺人鬼の気もあるから、怒らしたくないんやけど……」

希「まあ、大丈夫やろ」
31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 23:50:32.43 ID:8L2jh9Ih.net
希「……ウチも帰るか」

希「ん? あそこにいるの……凛ちゃんに花陽ちゃん、やんな?」

希「相変わらず仲良さそうやなあ」

希「凛ちゃーん、花陽ちゃーん」

凛「うん?」

花陽「は、はい? 何で私達の……」

希「いや、奇遇やな! 二人は買い物中なん?」
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 23:53:29.16 ID:8L2jh9Ih.net
凛「そうですけど、何か用ですか?」

希「どうしたん凛ちゃん、珍しく敬語なんて使って」

希「いつもなら毎回語尾ににゃって付けるのに」

凛「……毎回じゃないです」

花陽「あの、私達に何か用ですか?」

希「なんやなんや、二人ともよそよそしいな」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/09(日) 23:57:13.26 ID:8L2jh9Ih.net
希「いや、実は絵里ちに振られてもうて」

花陽「絵里ちって……絵里ちゃんに?」

希「なんか今日は皆がおかしいんよな。すぐに怒ったり、会話に違和感を覚えたり」

凛「あの、ところで貴女は」

希「穂乃果ちゃんもや。海未ちゃんも妙な反応したんよ、原因が分からんくて困ってるんや」
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:03:20.12 ID:zGJV9Gax.net
凛「原因も何も、そりゃそうなりますよ」

希「ウチ悪いことしたんやろうか」

花陽「あの、絵里ちゃんや穂乃果ちゃんとお友達なんですか?」

希「今更何言ってるん? そんなん当たり前やん」

花陽「へぇ……そうなんですか」

希「あ、そういえば花陽ちゃん」

花陽「はい?」

希「木陰さんは元気にしとる?」

花陽「こか……? どなたですか?」
41: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:06:33.35 ID:8L2jh9Ih.net
希「誰って、花陽ちゃんのお兄ちゃんやんか」

希「自分のお兄ちゃん忘れたらあかんよ」

花陽「確かに私には兄がいますけど……木陰なんて名前じゃないです」

希「え?」

凛「かよちんのお兄ちゃんは木陰なんて名前じゃないですよ」

希「なんでや? 花陽の兄って言ったら木陰やん」

希「その筈なのに」
43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:10:57.62 ID:zGJV9Gax.net
希「どうなってるんや? 私の知ってる皆と、食い違ってる……?」

希「り、凛ちゃんはお父さんに無理矢理処女を奪われてるやんな?」

凛「はあ!? なんてこと言うにゃ!」

凛「凛のパパはとても優しくて、そんな乱暴な真似するわけない!」

花陽「り、凛ちゃん……この人怖いよ」

希「花陽ちゃんだって、凛ちゃんとレズセッ○スしてるやろ!?」

花陽「してないですぅ……」

希「なんや、なんなんや。一体なんなんや!」
46: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:13:40.05 ID:zGJV9Gax.net
希「おかしいやろ!」

希「ウチの知ってる皆じゃない!」

凛「行こう、かよちん」

花陽「う、うん」

希「はぁー……はぁー……」

希「一体皆に、何があったんや。何で一晩でこんなに変わってもうたんや」
49: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:24:31.97 ID:zGJV9Gax.net
希「もうすぐ日も落ちるし、家に帰ろ……」

希「ウチ、嫌われてもうたんかな」

希「はぁ……」

先日発見された死体はーー

希「ん? ああ、電気屋のテレビか……」

行方不明の娘が事件に関連している可能性が高いとーー

希「この辺りやん、怖いなあ」
51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:25:43.07 ID:zGJV9Gax.net
>>49
死体×
遺体○
52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:33:00.85 ID:zGJV9Gax.net
翌朝

希「ふぁああ」

希「あー、よく寝た」

希「今が春で良かったわ、冬やったら悲惨やったな」

希「身体が硬くなってるな、やっぱり布団変えた方がええかな」

希「……おはよう、絵里ち」

希「なんてな、ふふ」
53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:36:30.64 ID:zGJV9Gax.net
希「学校行こ」

希「なんか、ドキドキするな」

希「昨日のは夢やったんかな、あんな絵里ち、絵里ちじゃないし」

希「ウチの絵里ちはもっとポンコツで、優しくて、生えてて、よく漏らすんや」

希「……よし!」

希「今日はしっかり話そ、例え嫌われてようと、何があってもそれを受け止めるで!」
56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:38:45.60 ID:zGJV9Gax.net
学校

モブ「ねえ、あの人……」

モブ2「うん、だよね」

希「なんかウチ……注目されてる?」

希「まあラブライブにも優勝した、メンバーの一員やからな」

希「注目されてもおかしないか」

モブ「やっぱり違うよね……」
57: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:42:41.34 ID:zGJV9Gax.net
昇降口

にこ「それで、昨日のテレビでー」

モブ3「うんうん」

希「にこっち、おはよう」

にこ「へ? おはよう」

希「そっちの人、誰や? にこっちが皆以外といるの、珍しいな」

にこ「友達のモブ3ちゃんだけど……普段から一緒にいるわよ?」

モブ3「この人、にこちゃんの知り合い?」

希「え……? にこっちに、友達がおる……?」
59: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:44:59.91 ID:zGJV9Gax.net
希「信じられへん、ぼっちのにこっちに」

にこ「何よ、いきなり失礼ね!」

にこ「別に知り合いじゃないわ……行きましょ」

モブ3「そう? じゃあねー」ヒラヒラ

希「にこっちも変になっとる」

希「もう、ワケが分からん……」
60: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:51:46.23 ID:zGJV9Gax.net
凛「げっ」

花陽「凛ちゃんどうし……あ……」

希「凛ちゃん! 花陽ちゃん! 大変や、にこっちに友達が!」

凛「……」

希「無視はやめてや」

凛「……普通に高校生やってれば、友達の一人や二人出来るよ」

花陽「にこちゃん、友達結構いる方だけど……」

希「なんでそんな平然としてられるんや? おかしいやん、どう考えても」
61: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:54:10.71 ID:zGJV9Gax.net
凛「だぁーっ、もう! おかしいのはそっちの方だよ!」

凛「昨日から変なことばかり言って、一体何なの!?」

希「う、ウチはただ……」

花陽「そ、そもそも貴女……」

花陽「誰なんですか?」
63: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 00:57:22.30 ID:zGJV9Gax.net
希「……は?」

凛「そうにゃ、まずそこからだよ! 昨日から馴れ馴れしく話しかけてきてるけど、誰なの?」

希「いや、ウチはウチやん。二人とも何言ってるん?」

花陽「し、知らないです」

希「今まで一緒に活動してきたやん! そんなウチを忘れたんか!?」

凛「知るわけないよ、昨日が初対面なんだから」

希「もうええ、この薄情者!」
64: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 01:00:33.44 ID:zGJV9Gax.net
希「どうしてウチのこと、忘れてるんや?」

希「記憶から消えていってるんか?」

希「いや、でも海未ちゃんはウチのこと知ってたし……」

希「まさか昨日の反応、絵里ちもウチのこと忘れてたんかな?」

希「個人差があるんか……? 新種の病気?」

希「分からん、どうなってるんや」
65: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 01:03:39.36 ID:zGJV9Gax.net
希「こうして悩んでいてもしゃーない」

希「絵里ちに聞いてみよ。そしたら全て分かるわ」

希「……絵里ち、覚えてないんかな」

希「二人で行った食事も」

希「二人でやった生徒会も」

希「……ううん、そんなことない! きっと、覚えてくれてる!」

希「親友やからな!」
66: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 01:06:55.88 ID:zGJV9Gax.net
教室

絵里「それで昨日、変な人に会って」

にこ「それ、多分私も昇降口で会ったわよ」

絵里「学校まで来てるの? 迷惑ね」

モブ3「ファンなんじゃない?」

にこ「まあ、迷惑なファンに付きまとわれるのも、アイドルにはよくあることよ」

ガラッ

希「絵里ち!」
67: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 01:10:24.80 ID:zGJV9Gax.net
モブ「きゃーっ!」

絵里「貴女、ここは校内よ」

絵里「部外者は立ち入り禁止なのだけれど」

希「何が部外者や! ウチはここの生徒で、絵里ちと同じこのクラスやん!」

にこ「あんたみたいな奴、今まで見たことないわよ」

希「忘れてもうたんか、ウチのことを!」

希「この、東條希のことを!」

絵里「……え?」
70: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 01:44:39.75 ID:zGJV9Gax.net
絵里「何を言ってるの、貴女?」

希「一緒に生徒会やったやんか! 一緒に遊んだやんか!」

希「皆で練習して、一緒にラブライブに出場して……」

にこ「だって、希は……」

希「楽しかったんやん! 何で、何で忘れて……」

絵里「貴女の、後ろにいる子よ」

「は?」
71: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 01:47:17.96 ID:zGJV9Gax.net
希「あのー……希は、ウチなんやけど」

「なんで、ウチがもう一人いるんや!」

絵里「貴女、鏡で自分の顔見たことある?」

絵里「希とは似ても似つかないじゃない」

「嘘や、そんなの嘘や!」ダッ

モブ3「あっ、逃げた!」
72: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 01:50:20.01 ID:zGJV9Gax.net
トイレ

「嘘や、嘘に決まってる」

「ウチは東條希や。何で皆信じてくれんの」

「似ても似つかない? そんなわけあらへん、ウチが東條希なんやから」

「鏡を見ればすぐに……」

 鏡の中には、希とは似ても似つかない醜い少女の姿があった。
74: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 01:53:26.39 ID:zGJV9Gax.net
「あ、ああ、ああああああぁぁ!」

「誰や、こいつは私じゃない!」

「私は東條希なんだ! こんな醜い女じゃない!」

「嫌だ、嫌だ! そんな姿を私に見せるな!」

 鏡の割れる音と、悲鳴。駆け付ける足音はまるで死神のようで。

 私は全てを諦めて、その場にへたり込んだ。
80: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 01:58:39.04 ID:zGJV9Gax.net
警官「SS、というものをご存知ですか?」

絵里「ええ、多少は」

警官「μ'sといいましたか、貴女方が大会に優勝してから」

警官「掲示板サイトで貴女方を使ったSSを書く方が増えまして」

絵里「それは知っています」

絵里「海未やことりは気味悪がっていましたが、にこや花陽なんかな人気になった証拠と喜んでいました」
84: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 02:02:41.60 ID:zGJV9Gax.net
警官「彼女はーーその、貴女方のファンだったようで」

警官「彼女のパソコンの履歴からは、SSや同人誌を読みふけったであろう跡が多数見つかりました」

絵里「言われてみれば、最初から彼女は『設定』を私達に求めていました」

絵里「しかし、何故彼女は自分を希と思いこんだのでしょう」

警官「この付近で起きた、殺人事件を知っていますか?」

絵里「ええ、母子家庭の母親が殺され、娘が行方不明とか。ニュースで見ました」
89: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 02:08:51.90 ID:zGJV9Gax.net
警官「彼女は行方不明の娘です」

絵里「それを話していいんですか? 守秘義務があると思いますけど」

警官「ご迷惑をおかけしましたし、貴女方には事情を知っていただこうかと」

警官「オフレコでお願いしますよ」

絵里「分かりました、続きをお願いします」

警官「彼女は歳こそ貴女方と同じような17歳ですが、高校に通わず所謂引きこもりのような生活を送っていまして」
90: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 02:16:25.30 ID:zGJV9Gax.net
警官「誰とも繋がらない世界で、唯一の趣味が貴女方が活躍するSSを読むことだったようなのです」

警官「彼女が母親を殺した原因は、分かりません。まだ彼女は自分を東條希だと思っているようで、此方の質問にも禄に答えてくれないのですよ」

警官「推測になりますが……彼女は母親を殺した際、強いストレスを感じたようで」

警官「その結果、彼女は『自分』という存在を捨て、『東條希』になることで現実逃避をしたのです」

絵里「何故、希に?」

警官「彼女の部屋にはポスターも大量にありましたが、一番多いのは東條さんのポスターでした」

警官「ファンだったのでしょうね。憧れの存在になりたい、誰もが持つ夢です」
91: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 02:21:26.65 ID:zGJV9Gax.net
警官「その際に過去に読んだSSや同人誌」

警官「その知識が混ざり込んで、ああなったのでしょう」

絵里「彼女が関西弁しか喋らなかった理由が分かりました」

絵里「それも、SSではよくあることですね」

警官「結果として、偽りの『東條希』が生まれてしまった」

警官「二度とこのようなことのないよう、警察としても注意を強めます」

絵里「ありがとうございます」

絵里「彼女はこれからどうなるのでしょうね?」

警官「精神鑑定の結果を待つ必要がありますが、恐らくは病院行きでしょう」

警官「では、私はこの辺りで」
97: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 02:25:59.57 ID:zGJV9Gax.net
絵里「悲しい事件だったわね」

花陽「私達に人気が出たから、こんなことになったんでしょうか?」

にこ「いいえ、あいつが母親を殺したのは私達とは何の関係もないわ」

にこ「私達がいなかったら、彼女はきっと別の人に成り代わっていたのよ」

にこ「彼女は縋れるものなら、何でも良かったんでしょうし」

希「ウチになりたい、なんてちょっと嬉しかったけどね」

にこ「あんたねぇ」
102: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 02:30:58.43 ID:zGJV9Gax.net
絵里「今後もこういう事件は起こるのかしら」

希「どうやろなぁ」

にこ「すぐに警察に引き渡せばいいのよ、すぐに」

絵里「ところで凛、遅いわね。そろそろ待ち合わせ時間過ぎるわよ」

花陽「すぐに行くってメールは来たんですけど……」

凛「かよちーん」

花陽「あ、凛ちゃ……」

凛「おまたせにゃ! ちょっとラーメン食べてて……皆、ごめんにゃ!」

希「……誰?」


107: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 02:35:30.84 ID:zGJV9Gax.net
希の言動として、SS、同人誌の設定を一部使わせていただきました

海未「惨劇の館」
凛ちゃんはパパに処女を奪われちゃった可愛い
モスラ太郎氏の一枚漫画
PKE作品

謹んでお詫び申し上げます。
108: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 02:41:58.63 ID:zGJV9Gax.net
偽希は海未の携帯電話ではなく家に電話しています
海未が気付かなかったのは、希側の電波が悪いせいで声が微妙に違って聞こえている、と思っていたからですね

ことりちゃんと真姫ちゃんは正直すまんかった
110: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 02:49:22.92 ID:zGJV9Gax.net
何にせよ、今回は完結できて良かったです
拙作お読みいただきありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「何で生えてないんやろ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。