海未「早起きしてしまったので>>2でもしましょうか」

シェアする

海未-アイキャッチ28
1: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 05:52:21.35 ID:Ah4obfVV.net
・暴/力的/虐待的表/現はこの板では禁止です。どこか他の場所を探して下さい。
・エロ下品は板違いです。PINKちゃんねる(18禁)へ行ってください。

元スレ: 海未「早起きしてしまったので>>2でもしましょうか」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(禿)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 05:53:54.95 ID:HW7v1f2S.net
乾布摩擦
5: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 06:05:23.14 ID:Ah4obfVV.net
海未「乾布摩擦でもしましょうか」

海未「へえ、ダイエット・冷え性対策・便秘解消・不眠解消等の効果があるんですね」

海未「健康にいいならやってみましょう」

ゴシゴシゴシゴシ

海未「そういえば乾布摩擦といえば」

ゴシゴシゴシゴシ

海未「おじいちゃんが朝に庭でやってるイメージがありますが」

ゴシゴシゴシゴシ

海未「あれって家族に『垢がおちるから外でやって』とか言われてるんでしょうか」

ゴシゴシゴシゴシ

海未「そうだとしたら悲しい気持ちになりますね」

ゴシゴシゴシゴシ

海未「終わりました。なんだか体が温かくなった気がします」

海未「次は>>6しましょう」
6: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(庭)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 06:13:28.48 ID:tdoa1A9D.net
のんたぬと遊ぶ
7: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 06:37:07.84 ID:Ah4obfVV.net
海未「のんたぬと遊びましょう」

海未「なんとなく神田明神のあたりにいる気がします。走っていってきましょう」

タッタッタッタッタッ

海未「着きました。のんたぬは?」キョロキョロ

のんたぬ「zzzz」

海未「寝てますね。近づいてみましょう」

のんたぬ「!」ピクッ

海未「おはようございます。私と遊びましょうか」ニコッ

のんたぬ「ひいっ!」ダッ

海未「怯えて走り出しました。追いかけましょう」

のんたぬ「やーん!やーん!」ポロポロ

海未「泣きながら必死で逃げています。これ以上追いかけるのは可哀想ですね」

海未「のんたぬと追いかけっこして遊んだということにしましょうか」

のんたぬ「……」ジー

海未「こちらの様子を窺っているようです。強く生きてくださいね」

海未「>>8をしましょう」
8: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(茸)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 06:38:00.98 ID:qyqOvAEf.net
投げキッスの練習
10: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 06:58:41.09 ID:Ah4obfVV.net
海未「投げキッスの練習をしましょうか」

海未「早朝の神田明神で投げキッスの練習。誰か来ないか不安ですが……」

チュ

海未「鏡欲しいですね」

チュ

海未「やはり気分が高揚してきます」

チュ

海未「私の振り付けといったらコレですからね」

チュ

>>11「!?」

海未「」
11: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(聖火リレー)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 06:59:48.71 ID:324Kub7r.net
13: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 07:16:29.88 ID:Ah4obfVV.net
凛「!?」

海未「」

凛「」ダッ

海未「」ガシッ

凛「ひいっ!?」

海未「見ましたね?」

凛「な、何もみてないよ?」

海未「見ましたねぇ?」

凛「……見ました」

海未「……」

凛「……」ドキドキ

海未「ハァ……だ、誰にも言わないでくださいね///」

凛「うん!」パァア

海未「おはようございます。凛」

凛「おはよう海未ちゃん!」
15: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 07:36:40.73 ID:Ah4obfVV.net
海未「凛は何してるんですか?」

凛「凛は早朝ランニングの途中だよー」

海未「そうなんですか。いい心がけですね」

凛「海未ちゃんこそどうしてここに来たの?」

海未「のんたぬと遊びにきました」

凛「えっ」

海未「の、のんたぬと遊びにきました!///」

凛「それも秘密にしたほうがいい?……」

海未「お願いします……」




海未「その後、凛に連れられて行ったGOHANで朝定食を食べました」

海未「初めて行った店ですがなかなか美味しかったです」

海未「秘密にしてもらう代わりに凛の分は私が出しましたが、後輩にオゴるのも悪くはないですね」

海未「凛と別れたので、今度は>>16しましょう」
16: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 07:39:43.63 ID:RUCWbHqV.net
百合小説を書く
17: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 07:54:49.42 ID:Ah4obfVV.net
海未「家に帰って百合小説を書きましょう」

タッタッタッタッタッ

海未「着きました。シャワーは稽古が終わってからでいいですよね」

海未「早速執筆しましょうか。やはり女性同士は最高です」

海未「今日はμ'sメンバーの>>18>>19を題材にしましょう」
18: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 07:55:29.01 ID:6CGflcdx.net
絵里
19: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 07:55:39.80 ID:i5nwiAbu.net
カブレラ
21: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 08:00:53.32 ID:Ah4obfVV.net
海未「今日はμ'sメンバーの絵里と>>22を題材にしましょう」
22: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(笑)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 08:03:39.56 ID:mTqwx3LZ.net
ことり
24: 長考します(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 08:17:36.72 ID:Ah4obfVV.net
海未「今日はμ'sメンバーの絵里とことりを題材にしましょう」

海未「正直絡みの多い組み合わせとは言えませんが、だからこそ想像の余地があります」

海未「絵里の趣味はアクセサリー作りでしたね」

海未「二人きりの部室でそれぞれ衣装作り、アクセサリー作りをしているというシチュエーションにしましょうか」
31: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 06:46:51.92 ID:cvk+v6UX.net
――――二人きりの部室。
窓の外はもうすっかり暗くなっている。先ほどから雨が降り出したようだ。
ことりがミシンを使っていないときは、雨音と時計の音だけがやけに大きく聞こえる。
二人とも作業に没頭していたが、ふと時計を確認した絵里は手を止めて言った。
「ことりは大変ね。いつも一人きりでこんなに遅くまで衣装作りしているの?」
「……」
机の反対側で対面することりからの返事はない。
「ことり?」
「えっ、何か言った?ごめんね絵里ちゃん、聞こえなかった」
ことりはこちらを見ないまま、少しばつが悪そうに言った。
「いえ、大したことじゃないのよ。こちらこそごめんなさいね」
「……」
再び沈黙が訪れる。
作業を再開しながら絵里は考える。
生徒会室で希と二人きりのとき、こんなにも会話が少なかっただろうか。
そんなことはなかったはずだ。どうして今、若干の気まずさを感じるのだろう。
ことりは会話しながら作業するタイプではないのだろうか。
もしも私がことりに気まずい思いをさせているのなら、それはとても心苦しいことだ。
絵里は伏し目がちに、再度ことりの様子を確認する。
雨のせいで蒸し暑いからだろうか。少し頬に赤みがさしているようだ。
長い睫毛。艶めかしい目。ぷっくりとした唇。
白い肌に紅潮した頬。羽毛のようにふんわりとした灰色の髪。
女神の機織りを連想させるようなその姿に、絵里は目的を忘れて見蕩れてしまった。
ふいにことりが唇を噛み締めて少し俯いた。実はこちらの視線に気づいていたのだろうか。
話しかけようか悩んでいると、近くで雷鳴が轟き、部室の電気が消えた。
32: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 06:48:49.74 ID:cvk+v6UX.net
「きゃああ!」
絵里はその場で固まって震える。
「こ、ことりぃー」
情けない声で助けを呼ぶと、ことりが答える。
「だ、大丈夫?絵里ちゃん」
「お願い。こ、こっちに来て」
「……」
ことりがゆっくり席を立つ音がした数秒後に、机を周ってきたことりの手が絵里の背中に手が添えられる。
絵里はそれだけでは恐怖心を抑えられずにことりの胸に顔を埋めて抱きついた。
「ああっ絵里ちゃん、駄目ぇぇ!」
ことりは引き剥がそうとするが、絵里は離れない。
抱きついたままの絵里だったが、あることに気がついたとき、自分を支配していた恐怖心が綺麗になくなっていた。
冷静になった絵里はことりの胸の温かさと、心地良い香りに包まれながら言う。
「ねぇ、ことり」
「……」
「あなたの心臓の鼓動っていつもこんなに激しいのかしら」
ことりの体がぴくんと跳ねて、震え出す。
「ううっ、駄目ぇ……」
ぐすっと鼻をすする音が聞こえる。
絵里はことりのことがあまりに愛おしくなって、くすりと笑ってしまった。
立ちあがって、ことりの顔を自分の胸に埋める。
「私はもう怖くないわ。でもすごくドキドキしてるの。どうしてだか分かる?」
ことりの頭を撫でながら言う。
「……」
何十秒そうしていただろうか。ことりの震えが止まった。
目が慣れてきて、周囲の様子がうっすら見えるようになった。
絵里はことりの頭を自分の胸から離して、ゆっくりと向かい合う。
「ことり……」
「絵里ちゃん……」
二人は唇を重ねた。
33: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 06:50:02.57 ID:cvk+v6UX.net
海未「私の幼馴染になんてことするんですか」

海未「貴方は最低です。貴方は最低ですよ絵里、ふふっ」

海未「まったく……何を考えているんですかね」

海未「あっと、いけません。もうこんな時間です。朝の稽古をしてきます」



海未「稽古をしてシャワーを浴びてきました。朝のシャワーは気持ちが良いですね」

海未「せっかく百合小説を書いたので、誰かに見せたくなってきました」

海未「一人で楽しむのもいいですが、仲間と百合談義に花を咲かせたいものです」

海未「>>34に見せに行きましょう」(ことりと絵里以外のμ'sメンバー)
34: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(庭)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 06:51:30.82 ID:bAkZg0OP.net
花陽
35: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 07:12:53.82 ID:cvk+v6UX.net
海未「花陽に見せに行きましょう」

海未「花陽ならもう起きているでしょうね。朝ご飯を食べないわけがありません」

海未「早速連絡します」

海未「私が花陽の家の前まで行くので、ちょっとだけ出てきてもらう約束をとりつけました」

タッタッタッタッタッ

花陽「おはよう、海未ちゃん」

海未「おはようございます、花陽」

花陽「そ、それで、朝からどうしたの?」

海未「ちょっとこれを読んで意見をもらえませんか?」ペラッ

花陽「?」ジー

海未(ちょっと照れますね)

花陽「こっ、これは!」

海未「どうですか?」

花陽「>>36
36: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(茸)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 07:45:58.35 ID:JBtcz2Ad.net
続きは!?
37: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 08:15:22.79 ID:cvk+v6UX.net
花陽「続きは!?」

海未「今のところはそれだけです」

花陽「そ、そうなんだ……」シュン

海未「続き読みたいですか?」

花陽「うん、読んでみたいかな」

海未「そうですね……。続きもいいですが、他のメンバーの組み合わせとかはどうでしょう?」

花陽「そ、それだったら花陽は、>>38>>39がいいかな」(海未と花陽を含まないμ'sメンバー、ことえり以外の組み合わせ)
38: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もこりん)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 08:16:43.36 ID:8iLOyRn2.net
39: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(笑)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 08:24:53.60 ID:rngqqtYI.net
穂乃果
41: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 09:27:04.33 ID:cvk+v6UX.net
花陽「そ、それだったら花陽は、凛ちゃんと穂乃果ちゃんがいいかな」

海未「なるほど、ほのりんですか。そうきましたか」

花陽「……うう///」

海未「次回作はほのりんにしましょうか。花陽にも書いてもらって見せ合いしましょう」

花陽「ぇええ!?花陽は無理かな……///」

海未「恥ずかしがることはありません。欲望のままに書けばいいのです。では来週までに書いておいて下さいね」ダッ

花陽「ピャア!?」

タッタッタッタッタッ

海未「少し強引でしたかね。でも花陽の書くほのりんも見たいので仕方ありません」
42: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 09:28:31.37 ID:cvk+v6UX.net
海未「おや、穂むらが開いてますね。ほむまん買っていきましょう」

穂乃果「いらっしゃい、あ海未ちゃんおはよう」

海未「おはようございます、穂乃果。めずらしいですね、朝から店番なんて」

穂乃果「お母さんが出かけるっていうから無理やり起こされて、眠いよ~」

海未「早起きはいいものですよ。あ、ほむまん一つください」

穂乃果「はーい、海未ちゃん、なんだかいつもより元気そうだよね」

海未「ふふっ、今日は朝から楽しいことがありましたから」

おしまい
43: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 09:36:05.64 ID:cvk+v6UX.net
海未ちゃんの朝の長さがおかしい
ほのりん小説を書くのに時間かかる

という理由で一旦ここで一区切りにします
続きを書く場合は別のスレ立ててほのりん小説書くところから始めます

見てくださってありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「早起きしてしまったので>>2でもしましょうか」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。