雪穂「お姉ちゃんの妹は私だよ!」

シェアする

雪穂-アイキャッチ7
1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 19:52:59.17 ID:dIA5KWeRO
亜里沙「え?」

雪穂「だよね、亜里沙?」

亜里沙「う、うん。そうだと思うっていうか…そうなんでしょ?」

雪穂「その通り! 高坂穂乃果の妹は私、高坂雪穂なんだよ!」

亜里沙「??」

亜里沙(雪穂……突然どうしたんだろう?)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394880779

元スレ: 雪穂「お姉ちゃんの妹は私だよ!」

スポンサーリンク
3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 20:02:44.43 ID:dIA5KWeRO
雪穂「これはもう自明の理だよね。火に水をかけたら消えるくらい当たり前のことだよ」

亜里沙「……あ、もしかしてこれがジャパニーズジョーク?」

雪穂「違うよ! 亜里沙にも私がお姉ちゃんの妹だって再確認して欲しかったの!」

亜里沙「再確認っていっても…今言ったとおり当たり前のことでしょ? 確認するまでもないと思うけど……」

雪穂「まぁそうなんだけどさ、念のためにね」

亜里沙「おでんが飲み物であることと同じくらい分かり切ってることだよ」

雪穂「うん、やっぱり確認しておいて良かった気がするよ」

亜里沙「?」
4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 20:13:26.71 ID:dIA5KWeRO
亜里沙「おでんは飲み物でしょ?」

雪穂「亜里沙、ごめん。その話は後。今は私の話に集中してくれないかな」

亜里沙「う…うん。分かった」

亜里沙(雪穂の目が優しくなった…何でだろ?)


雪穂「とにかくお姉ちゃんの妹は私であるって事実は揺るがしようのないものなんだよ」

亜里沙「それはよく分かるよ。…でも、それがどうかしたの? 何回も強調する理由は何なの?」

雪穂「今に分かるよ。学校終わりにここ(音乃木坂学院)まで来た理由もね」

亜里沙「うーん…? あ、でもせっかく来たんだし海未さんに挨拶を…」

雪穂「むっ! 来たよ亜里沙!」

亜里沙「……ハラショー」
5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 20:25:51.17 ID:dIA5KWeRO
穂乃果「~♪~♪」テクテク







亜里沙「あ、穂乃果さんだね」

雪穂「あほ? お姉ちゃんが?」

亜里沙「い、言ってないよそんなこと。……で、穂乃果さんがどうかしたの?」

雪穂「これからだよ。…多分、そろそろ……」






凛「穂乃果ちゃーん!」タタッ

穂乃果「お、凛ちゃん」

凛「一人?」

穂乃果「うん。ことりちゃんは衣装の手直しで、海未ちゃんは弓道部に顔出してから帰るって」

凛「じゃあ一緒に帰ろっ」

穂乃果「いいよ。……あれ、でも花陽ちゃんや真姫ちゃんは一緒じゃないの?」

凛「いーからいーから♪」グイッ

穂乃果「わわっ、り、凛ちゃん引っ張らないで~!」
6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/15(土) 20:44:42.72 ID:dIA5KWeRO
亜里沙「凛さんだ。穂乃果さんと一緒に帰るみたいだね」

雪穂「…………ね?」

亜里沙「え? な、何に同意を求められてるの?」

雪穂「あの二人が一緒なんて珍しいよね?」

亜里沙「うーん…メンバー間の仲についてはあんまり詳しくないけど、確かに穂乃果さんと凛さんがペアになってるのを見るのは豆フェス2以来だよ」

雪穂「(豆…?)でしょ? それに同じグループ内のメンバー同士とはいえ学年が違うのに二人きりで帰るなんて仲が良すぎると思わない?」

亜里沙「んー、そうかなぁ。凛さんも穂乃果さんも誰とでも仲良くなれるタイプだと思うし……ていうか雪穂が何を言いたいのかまだよく分からないんだけど…」

雪穂「……OK。じゃああの二人の後を追ってみよう。そうすれば亜里沙にも分かるはずだよ」

亜里沙「い、いいのかなぁそれ」

雪穂「いいのいいの。さ、行こう!」
10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 13:31:47.37 ID:PvJbKjE8O
テクテクテクテク……


穂乃果「何だか最近よく凛ちゃんと一緒に帰ってるような気がするなぁ」

凛「そうかな?……も、もしかして嫌だったり?」

穂乃果「あ、ち、違う違う! ただ…凛ちゃんはかよちゃんと真姫ちゃん、私は海未ちゃんとことりちゃんと一緒な場合が多いでしょ? だから新鮮でさ」

凛「……」

穂乃果「別に凛ちゃんと一緒にいるのが嫌な訳じゃないからさ。むしろ凛ちゃんは気が合う大事な友達だもん、一緒にいるとすっごく楽しいよ」

凛「……えへへー、穂乃果ちゃん!」ギュッ

穂乃果「わっ、どうしたの凛ちゃん?」

凛「ありがとうにゃ!」

穂乃果「? う、うん。……ところでさ、何で急に手を繋いだの?」

凛「いーじゃんいーじゃん! 凛と穂乃果ちゃんの仲の良さを見せつけてあげるにゃー」チラッ

穂乃果「だ、誰に?…ていうかさすがに恥ずかしいよー!」

凛「さぁ、買い食いでもしてかーえろっ!」ダッ

穂乃果「きゅ、急に走り出さないでよー!」
11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/16(日) 13:49:22.14 ID:PvJbKjE8O
亜里沙「り、凛さん今こっち見た……? 結構離れた所から見てるのに…」

亜里沙「伊達ににゃーにゃー言ってる訳じゃないってことかな…ねぇ、雪穂。もうやめた方が……」

雪穂「……」ギリギリギリギリギリ……

亜里沙「……ゆ、雪穂? 顔が劇画タッチになってるよ?」

雪穂「許せない……お姉ちゃんをたぶらかす薄汚い泥棒猫…」ブツブツ

亜里沙「え? い、いやいやいや普通に仲良くしてるだけだと思うよ」

雪穂「仲良かったら手を繋ぎながら帰るの!?」

亜里沙「一般的にはそうだと思うけど…それより雪穂一回落ち着いて……」

雪穂「私は十分落ち着いているよ! さぁ、尾行続行!」

亜里沙(雪穂、もしかして…)
13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 05:40:58.01 ID:gpY+5EijO
マイドー



凛「はむっ。ん~、やっぱり学校帰りに食べるクレープは最高だねー」

穂乃果「ぱくっ。うんうん、遊園地とかで食べたりするのとはまた違った味わいがあるよね」

凛「穂乃果ちゃんのイチゴパンクレープ…美味しそうにゃー」

穂乃果「ふふっ、凛ちゃんの猫ラーメンクレープも美味しそうだよ」

凛「一口頂きにゃ!」パクッ

穂乃果「あっ、も~、勝手に!」

凛「えへへ~、美味しいにゃー」

穂乃果「……お返し!」パクッ

凛「あー!」

穂乃果「ふふ……う!?…ど、独創的な味だね…」

凛「そーお? とっても美味しいと思うけどな~」

穂乃果(凛ちゃんの舌どうなってるんだろう…)

凛「…あ、穂乃果ちゃん。鼻にクリームがついてるよ」

穂乃果「え、ホント?…ていうかクリーム入ってるのそれ?」

凛「うん。ほら、ここ♪」ペロッ

穂乃果「ちょ!? り、凛ちゃん!///」

凛「えへへー、赤くなったにゃ!」

穂乃果「も…もー! からかわないでよー!」
14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 05:54:46.25 ID:gpY+5EijO
亜里沙「……」チラッ



雪穂「……」コォォォォォォ…



亜里沙「ゆ、雪穂。北斗神拳伝承者みたいな感じになってるよ」

雪穂「分かったでしょ亜里沙? あの雌猫がお姉ちゃんにまとわりついていること…」

亜里沙「言い方酷すぎだよ……仲良く下校してるだけじゃない」

雪穂「最近頻繁にお姉ちゃんに色目を使ってはハエのようにベタベタくっついて……ああ、はたき潰したい」

亜里沙「別に色目使ってるわけじゃ…いやあの私の話をね…」

雪穂「本来あのポジションにいるべきは私……それをあの泥棒猫は…」

亜里沙「雪穂~、話を聞いてよ~」グスッ

雪穂「シャラあぁぁぁぁぁっプ!!」

亜里沙「ひぃっ! な、なに!?」ビクッ

雪穂「私の座を奪い取ろうとする不遜な輩は誰であろうと始末する……だって」



雪穂「お姉ちゃんの妹は私だもん!!」




亜里沙(す、凄いところから行き着いたー!!)
16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 06:03:49.53 ID:gpY+5EijO
亜里沙(それよりやっぱり雪穂は……)



亜里沙「最近よく穂乃果さんと一緒にいる凛さんに嫉妬してるんだね」

雪穂「!? そ、そうじゃないよ! 私はただ…」

亜里沙「うんうん。雪穂、前に穂乃果さんがスクールアイドル始めてから一緒にいる機会が少なくなったって言ってたもんね」

雪穂「う、うぅ……///」

亜里沙「気持ちは分からなくもないかなぁ。ファンの間でもほのりんは『姉妹っぽい』って意見が多いし、穂乃果さんを取られちゃったような気になるのも仕方な…」

雪穂「ううう、うるさーーーい!! とにかく! 私はあの猫っぱちを懲らしめてやらないと気がすまないのー!」ダッ

亜里沙「ゆ、雪穂ー!?」



亜里沙「……まったくもう。素直にそう言えばいいのに」
17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 06:10:42.61 ID:gpY+5EijO
凛「穂乃果ちゃーん」ギュー

穂乃果「り、凛ちゃん…抱きつかれると歩きづらいというか恥ずかしいというか…///」




雪穂「そこまでだよ!」ドン!




穂乃果「! ゆ、雪穂!? 何でここに?」

凛「……」ニヤッ

雪穂「……!」ピキッ



亜里沙「ゆ、雪穂~……走るの速すぎ…」


雪穂「星空凛!」ビシッ



亜里沙(よ、呼び捨てー!?)



凛「…ふふふ、何かにゃ?」

雪穂「……あなたに」




雪穂「決闘を申し込みます!!」





亜里沙(え…えぇぇぇぇ~……)
18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 06:17:35.42 ID:gpY+5EijO
穂乃果「ゆ、雪穂!? いきなり何言ってるの!?」

雪穂「お姉ちゃんは黙ってて!」クワッ

穂乃果「ひぃっ! は、はい!」

亜里沙(よ、弱い…)


凛「決闘? 何で雪穂ちゃんが凛に決闘を申し込むの? 全然分からないにゃ~」

雪穂「…そんなの簡単ですよ」



雪穂「どちらがよりお姉ちゃんの妹に相応しいか決めるためです!」



穂乃果「は、はいぃぃぃ!? 雪穂ホントどうしちゃっ…」

雪穂 ギロッ

穂乃果「……」オクチチャック

亜里沙(本当に姉なのかなこの人…)
19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 06:27:48.16 ID:gpY+5EijO
凛「……なるほど。決闘の趣旨はよく分かったにゃ」

亜里沙「わ、分かっちゃったんですか……」

凛「それにしても…μ's内のカップリングで最も姉妹らしさに特化したほのりん、その妹部分を担う凛に対して妹らしさで挑むとはいい度胸にゃ」

亜里沙「いや雪穂は実妹なんですが」

雪穂「…妹らしさで決闘を行いあなたを打ち負かせば、もうお姉ちゃんにまとわりつくこともなくなると思いまして」ニコッ

凛「…ほほう」ニヤッ


バチバチバチバチバチ!





亜里沙「う、うぅ…! 両者の間で火花が散ってる…! 凄くどうでもいいけど…!」

穂乃果(私暇だなぁ……)
20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 06:37:03.17 ID:gpY+5EijO
凛「それで、肝心の勝負の方法は?」

雪穂「妹らしさで勝敗を決めるわけですから、お姉ちゃんを使って自分の妹っぷりを見せつけ亜里沙にどちらが上かを判断してもらう…で、どうです?」

凛「…面白いにゃ。異存なし!」

穂乃果(一応当事者なのに話に入れない…)


亜里沙「私がジャッジをやるんだね…」

雪穂「公平に頼むよ、亜里沙」
23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 20:57:24.36 ID:gpY+5EijO
━━


亜里沙「じゃあ不本意ながら審判役に選ばれた私が進行していきたいと思います……えーと、まずは雪穂からどうぞ」ピッ

雪穂「よーし、お姉ちゃん!」

穂乃果「な、何ですか…?」

雪穂「(何ですか…?)ちょっとしゃがんで」

穂乃果「え、ええっ!? や、やだよぉ! 何か凄く怖いよぉ! しゃがんだ所をすかさずお尻にローキックとかするつもりでしょ!?」

雪穂「しないよ!! そんなキャラじゃないでしょ私!?」

亜里沙(穂乃果さんがすっかり疑心暗鬼になってる……)

雪穂「はぁ…ほら、しゃがむというか座り込むというか…とにかく私の言うとおりにして」

穂乃果「う、ううぅ……」

穂乃果(逆らったら何をされるのか……恐ろしい!)

穂乃果「……」スッ

雪穂「そうそう。で、手をこっちに……」

雪穂(そして私もお姉ちゃんに寄り添うように座り込む…と。これで完成!)



亜里沙「…こ、これは……!」
24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 21:09:47.46 ID:gpY+5EijO
穂乃果『うーん、最近あんまり面白いテレビやってないねぇ』ピッピッ

雪穂『…お姉ちゃん、スクールアイドル始めたって聞いたけど日々の過ごし方は全然変わってないよね』

穂乃果『そう? 朝練とか放課後練とかあんなにハードな練習こなすの生まれて初めてだけど…』

雪穂『家での過ごし方だよ。相変わらずというか寸分の違いもないくらいにそのまんまだと思うんだけど……グループ内の役割とかないの?』

穂乃果『うーん…?』

雪穂『はぁ……お姉ちゃんはお姉ちゃんだったね』

穂乃果『ど、どういうこと?』

雪穂『何でもないよ。ほら、一緒にテレビ見よ?』

穂乃果『おお、そうだね。つまらないテレビ番組も雪穂と一緒に見れば楽しく観れるよー』ピッ

雪穂『…ふふ、そうだね。私も同じだよ』




参考画像ーアニメ『ラブライブ!』第六話のどっかのシーンを参照
25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 21:15:18.22 ID:gpY+5EijO
ー現実

穂乃果「……」ビクビク

雪穂「……」ジッ…





亜里沙「み、見える…! 仲睦まじそうに世間話を交わし合いながら共にテレビを楽しむ姉妹の姿が!」

亜里沙「当然それは雪穂と穂乃果さんの姉妹っぷり……もとい、雪穂の妹っぷりが生み出した幻覚に過ぎない…! しかし! 穂乃果さんにテレビのリモコンを持ってるようなポーズを取らせ、互いに座り込み寄り添いあうだけでここまでのイメージを私に植え付けるなんて…!」

亜里沙「これぞ実妹の実力と貫禄! 凛さんに勝機はあるの!?」




穂乃果(あ、あれ? 何だか亜里沙ちゃんが楽しんでるような気が…)
26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/23(日) 21:22:40.09 ID:gpY+5EijO
凛「…ふん、そんなものなの? 雪穂ちゃん」

雪穂「!…なら見せてもらいましょうか、あなたの実力を!」

凛「言われなくてもにゃ!」ガシッ

穂乃果「き、急に引っ張らないでー!」ズルズル




凛「さぁ穂乃果ちゃん。凛とこう手を合わせて…」

穂乃果(ぜ、絶対おかしいよ…凛ちゃんも雪穂も……あと亜里沙ちゃんも…こんなの普通じゃない…)

凛「そうそう。…で、カメラ目線でこう……」

穂乃果(おかしいのは分かってるのに……)

凛「…よし、あとはとびっきりの笑顔で完成にゃ!」

雪穂「……」ウデグミ

亜里沙「……」フムフム

穂乃果(なんか何も言えない雰囲気……!)




亜里沙「こ、これは…!」
27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:14:04.98 ID:jsri4oa1O
凛『穂乃果ちゃん、こっちこっちー!』ダダダダダ

穂乃果『ま、待ってよ凛ちゃーん!』

凛『遅いよー! 夏は短いんだから急がないとすぐ終わっちゃうよー!』

穂乃果『そ、そうは言っても……きゃあ!』ドテッ

凛『あはは、穂乃果ちゃんのドジー!』

穂乃果『むっ! 凛ちゃんが走るからいけないんでしょー! えい!』バシャ

凛『わぷっ! め、目に海水が~!』

穂乃果『ふっふっふ、悔しかったらやり返すんだね。さぁ、次は凛ちゃんが追う番だよ!』ダッ

凛『ま、待つにゃー!』ダッ





参考画像ー【 ラブライブ!デュオシングル 高坂穂乃果
28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:14:48.43 ID:jsri4oa1O
穂乃果(何やってるんだろう、私…)

凛「~♪」ギュッ





亜里沙「み、見える…見えるよ! 浜辺で恋人かってくらいにじゃれ合うほのりんの姿が!」

亜里沙「ただ豆フェス2のジャケ絵と同じポーズをとっているだけだというのに…何故ここまで鮮明に映像化されるの!?」

亜里沙「と、とにかくつまるところ…凛さんの妹力の高さは実の妹である雪穂をも凌ぐことが証明された!」

雪穂「……くっ!」

凛「ふふ、どうする雪穂ちゃん? 何ならギブアップしてもいいんだよ?」

雪穂「誰がそんなことを! さぁ、次は私とだよお姉ちゃん! こっち来て!」グイッ

穂乃果「ふふ…もうどうにでもなって下さい」

亜里沙「し、しかし! 並のイメージでは凛さんの足元にも及ばない! 雪穂、何か奥の手があるの!?」
29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:15:23.71 ID:jsri4oa1O
雪穂「さ、もっかいしゃがんで。それで今度は手をこう下に向けて……」

穂乃果「こう?」

雪穂「そうそう。あ、膝は立てて……そうだ! ついでに髪型も合わせよう!」

穂乃果「どんな感じ?」

雪穂「ほら、前の夏祭りの時みたいに髪上げて」

穂乃果「おっけーおっけー。完璧には無理だけど出来るだけ寄せてみるね」

雪穂「うん! で、私が隣に座ると…」

亜里沙「ほ、穂乃果さんがすっかり協力的に…」

亜里沙(あ、面倒くさくなっただけか…)

亜里沙「…そ、それよりこれはぁぁぁぁぁ!」
30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:16:20.91 ID:jsri4oa1O
パチパチ


穂乃果『よーし、頑張れー! 頑張れー!』

雪穂『お姉ちゃん…線香花火なんだからもっと静かにやろうよ…』

穂乃果『だってー、落ちそうになるとつい頑張れって言いたくなっちゃって……あ』

ポトッ

穂乃果『あーあ、落ちちゃった』

雪穂『相変わらず下手だね、お姉ちゃん』パチパチ

穂乃果『むー…雪穂が上手すぎるんだよー。線香花火のプロになれる腕前だよ』

雪穂『そんなプロなれたとしてもあんまり嬉しくないよ…』

穂乃果『…よし! もう一本いってみよう!』

雪穂『あっ、それ私の分! お姉ちゃんの分はさっきので終わりでしょ~?』

穂乃果『えへへ、貸しといて!』

雪穂『はぁ…まぁいいけどさ。……ふふ』

穂乃果『? どうしたの?』

雪穂『私、いつもお姉ちゃんのお陰で線香花火してるなぁって思って』

穂乃果『私のお陰で?』

雪穂『毎年お姉ちゃんが買ってきた線香花火やってるもん、私。だから、お姉ちゃんのお陰』

そう言って少しだけ照れくさそうな雪穂のか━━(中略)




参考画像ーいつぞやの電撃G'sマガジンに掲載された版権イラスト。ご自分で探して下さい
31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:16:57.10 ID:jsri4oa1O
穂乃果「ふふふ」

雪穂「あはは」




亜里沙「見える! 見えすぎる! スケスケだよ! 高坂姉妹が浴衣姿で線香花火を楽しんでいる幸せ空間が! ハラショー!」

亜里沙「毎年線香花火を買ってくる姉に対して苦笑しつつも本当は穂乃果さんと一緒に花火が出来て嬉しい雪穂! そんな雪穂に対する穂乃果さんの思いとは!? 詳しくは参考画像を参照して下さい!!」

亜里沙「と、ともかく…これで雪穂の持つシスターパゥワーが圧倒的な貫禄を凛さんに見せつける結果になった! 奥の手なんてとんでもない…正面から凛さんに引導を渡してきたね、雪穂!」

凛「む……む~」

雪穂「どうです? 凛さんがお姉ちゃんの妹だなんて妄言も大概にして下さいよ。今ので誰が本物か身に染みて分かったでしょう?」

凛「……まだにゃ。凛は、凛は…穂乃果ちゃんの妹だもん!」ガシッ

穂乃果「おっ、次は凛ちゃんだね。よーし、ささっと次いこー!」

亜里沙「穂乃果さんのテンションがどんどんおかしくなってきてるけど、とにかく凛さんはまだ諦めていない! いったい次はどんな光景が繰り広げられるんだろう…」
32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:17:38.32 ID:jsri4oa1O
凛「穂乃果ちゃん、まずは右手を上に、左手はこっちに伸ばして」

穂乃果「はい。こう?」

凛「うん。で、その左手を凛の右手と合わせる!」

穂乃果「何だかテンション上がるねこれ!」

凛「凛と穂乃果ちゃんのコンビだもん!……さぁ、行くよ!」

亜里沙「お、おおおぉぉぉぉ! これはぁぁぁぁぁぁぁ!」
33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:18:19.86 ID:jsri4oa1O
ワアァァァァァァァ!


穂乃果『いえーい! みんな盛り上がってるー?』


オオオオオオオオオオ! ホノカチャーン!



穂乃果『ふふっ、気合十分って感じだね! じゃあ次は凛ちゃんと一緒に歌っちゃうよー!』

オオオオオオオオオオ! ホノリン! ホノリン!

穂乃果『よーし、凛ちゃん! 準備オッケー?』

凛『バッチリにゃ、いつでもいけるよ!』

穂乃果『じゃあやっぱり豆フェスからいっとく?』

凛『うん! さぁいくよー、みんなしっかりついてきてねー!』




オオオオオオォォォォォ! タオルダ! タオルノヨウイダー!

参考画像ー『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』を始めて特待生勧誘をし続ければいずれ見れます
34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:19:00.75 ID:jsri4oa1O
穂乃果「凛ちゃん、体温高いねー」ギュッ

凛「お互い様にゃー」ギュッ



亜里沙「ハラショー…おお、ハラショー! スクフェスの大舞台で元気いっぱいのパフォーマンスを見せる穂乃果さんと凛さんの姿が見えるでぇぇぇぇぇ!」

亜里沙「雪穂も凛さんも申し分ないくらいの妹力を持っている
…! 甲乙つけがたいレベルの争いだよこれは!」

雪穂「むぅ…亜里沙はまだどっちが上かを決めかねているみたいだね」

凛「よーし…じゃあもっともっと競い合うにゃー!」

穂乃果「ふふ、ここまできたら私もどこまでも付き合うよ!」

亜里沙「では引き続き勝負続行だよ、はい次は雪穂から!」

雪穂「よっし、次は━━」
35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:19:40.42 ID:jsri4oa1O
ー三時間後ー




凛「はぁ…はぁ…」

雪穂「ぜぇ…ぜぇ…」

穂乃果「も、もう無理~……」バタッ


亜里沙「まさに一進一退の攻防…! うぅ、このレベルの高さ…! 私にはどちらが上かなんて判断出来ないよ…」

雪穂「だ、ダメだよ亜里沙…ちゃんと決めてくれないと……」

凛「そ、そうにゃ…ここまできたら白黒はっきり決めてもらわないと…」

亜里沙「う、うーん……」

亜里沙(雪穂も凛さんも穂乃果さんの妹としての素質は十分……あとは…穂乃果さん自身に決めてもらうしかない!)
36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:20:23.75 ID:jsri4oa1O
亜里沙「穂乃果さん!」

穂乃果「な、なに?」

亜里沙「穂乃果さんの妹は……雪穂と凛さん、どっちですか!?」

雪穂「……」ゴクッ…

凛「……」ドキドキ…













穂乃果「いやそりゃ雪穂だよ」









亜里沙「試合終了ぉぉぉぉぉおおおおおおお!!」

雪穂「よっしゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

凛「嘘にゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:21:03.37 ID:jsri4oa1O



凛「うぅ……負けた…負けたにゃ……」グスグス

穂乃果「り、凛ちゃん…」

亜里沙「…凛さん、気になってたんですけど何で最近よく穂乃果さんと一緒に…?」

凛「……うぅ、かよちんと真姫ちゃんが付き合いだしてから三人一緒にいても凛だけ蚊帳の外みたいな感じを味わってたのにゃ……だから、寂しくて…」

穂乃果(花陽ちゃんと真姫ちゃんて付き合ってたんだ…)

凛「だから今日雪穂ちゃんを見かけた時も…凛が穂乃果ちゃんとくっついてたらどう思うかなって…悪戯心が働いて…」

亜里沙「そんな理由があったんですね…」

雪穂「……」




スッ



凛「雪穂ちゃん…?」

雪穂「凛さんも…私と同じだったんですね」

凛「え?」

雪穂「……たまになら、お姉ちゃんの妹役を譲ってちちくり合うことを許可しますから…顔を上げて下さい」ニコッ

凛「…ありがとう、雪穂ちゃん」

ガシッ



亜里沙「ふふ、雨降って地固まるって感じですね」

穂乃果「わ、私の意思は関係なし…? ていうか妹役って代われるものなの…?」
38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:21:43.43 ID:jsri4oa1O
凛「穂乃果ちゃーん♪」ギュー

穂乃果「り、凛ちゃん、近い近い……」

雪穂「凛さん! さすがにくっつき過ぎですよ!」モミモミ

穂乃果「雪穂は何で胸を揉んでるの!?///」

雪穂「おお、また大きくなったねお姉ちゃん!」

凛「ズルいにゃ! 凛も凛も!」スッ

穂乃果「やめなさーい!///」







亜里沙「良かった良かった。丸く収まったみたい…」

亜里沙「私がいてもお邪魔だし…別の道から帰ろうかな♪」
39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:22:17.16 ID:jsri4oa1O



絵里「…あら? あれは…」

希「亜里沙ちゃんやね」

海未「珍しいですね。こんなところで何を?」

絵里「おーい、亜里沙ー」



亜里沙「あ、お姉ちゃん。希さん。そして……海未さん! 弓道部の練習終わったんですね!」パアァッ




希(反応が露骨に違うなぁ……)

海未「ええ。今日はμ'sの練習が休みでしたから。生徒会の仕事が終わった絵里達とは先ほどそこで会いまして……」

絵里「亜里沙は学校終わって来たのよね? 何か用g」
亜里沙「練習お疲れ様です! さぁ、二人きりで一緒に帰りましょう!」


海未「え? い、いや絵里達も一緒に……」

亜里沙「はやく行きましょう! さぁ!」グイッ

海未「ひ、引っ張らないで下さい!」ズルズル

亜里沙(えへへ、海未さん独り占め♪)
40: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:22:55.56 ID:jsri4oa1O



絵里「……」

希「…行っちゃったね」

絵里「……希」

希「ん?」













絵里「亜里沙の姉って私よね?」

希「絵里ち、疲れてるんやね。さ、今日はもうおうちに帰ろう」






終わり
42: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 13:29:36.12 ID:jsri4oa1O
画像の貼り方よくわからなかったので妥協しました。

途中寝起きだったり酔っ払って書いたりしてたのでどっかおかしいかもです

やっぱり書き溜めって大事だなぁとおもいましたまる

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
雪穂「お姉ちゃんの妹は私だよ!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『雪穂「お姉ちゃんの妹は私だよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。