絵里「私の事を愛して…」

シェアする

絵里-アイキャッチ13
1: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 01:43:47.65 ID:LbF6EfzN.net
これは、私が高校生だった頃の出来事です

私の住む街にある怪談が流行ったのです…

そう、その怪談には深い訳があったのです


夜道を歩いていると、黒いセーターを着た女性が…

タクシーの運転手が声を掛けると、その女性の顔が溶けて崩れていくではありませんか

運転手は咄嗟に逃げて行ったのでした…

穂乃果「ねえ、その怪談話って本当なの?」

ことり「本当らしいよ」

真姫「そんな話、非現実的よ」

穂乃果「そうかなぁ?」

海未「しかし、あり得るのかもしれませんよ」

穂乃果「海未ちゃん?」

海未「霊というのは、人の思いそのものだと思うのです。ですから、良く伝えたい事があって取り憑くこともあったりするそうです」

凛「怖いにゃぁ…」

真姫「もう、霊なんて存在しないわよ」

希「うちはいると思うんよ」

穂乃果「希ちゃんも信じるの!?」

希「うん、信じるよ」

元スレ: 絵里「私の事を愛して…」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 01:48:43.88 ID:LbF6EfzN.net
にこ「でも、絵里…学校に来てないわね」

希「そうやなぁ…電話してみよか?」

にこ「うん…」

「只今、電話に出る事が出来ません…」

希「電話に出ないよ…」

にこ「何やってんのかしら…」

海未「具合が悪いんでしょうか…」

希「そうだといいんやけど」

真姫「明日になれば、きっと元気に来るわよ」

穂乃果「そうだね!」

にこ「そうよね」
4: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 01:54:47.59 ID:LbF6EfzN.net
希「じゃあ、明日!」

穂乃果「バイバイ!」



希「えりち…」


ガチャ

希「ただいま…って、誰も居ないか」

希「私は…」

希「ごめんな、えりち…」


翌日になっても、絵里の姿が見えなかった…

穂乃果「絵里ちゃん、今日も調子悪いの?」

希「そうなんよ。だから、暫くの間休みを取るって」

海未「心配ですね…」

穂乃果「ねえ、今度お見舞いに行こうよ!」

希「ちょっと、みんなに会いたい気分じゃないって言ってたんよ」

穂乃果「そうなんだ…」

希「うちから、伝えとくね」
5: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 01:59:36.94 ID:LbF6EfzN.net
放課後の神田明神でバイトをすると言い、希はそそくさと帰るのであった

にこ「バイトね、頑張ってね」

希「ありがと」



希「早く、行かないと」


希「ふぅ…何とか間に合った」

希「例の場所は…大丈夫みたい」

バイト仲間「希、何してるの?」

希「ううん、なんでも無いよ」

希(危なかった…。ここでバレたら…)
7: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 02:07:41.23 ID:LbF6EfzN.net
穂乃果「ねえ、絵里ちゃん来なくなって一週間だよ!」

にこ「そうね…。それに希がなんか怪しいのよ」

海未「確かに、最近の希は何かを気にしているというのでしょうか…。何だか、挙動不審です」

真姫「そう言われてみれば、そうね…」

穂乃果「ねえ、少し希ちゃんを調べてみようよ!」

海未「上手くいくものでしょうか?」

穂乃果「大丈夫だよ!」

にこ「そうね。ウジウジしているだけじゃあ、何も始まらないからね」

穂乃果「そうと決まれば、先ずは計画だね」

そして、希ちゃんを調べていく事となる
12: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 02:19:39.32 ID:LbF6EfzN.net
海未「先ずは、希ちゃんに怪しまれないように些細な質問から行くのです」

穂乃果「でも、変に意識すると逆に怪しまれちゃうよ」

海未「そこで、絵里の事や希の行動に関しての質問を避けるようにするのです」

にこ「そうすれば、怪しまれないものね」

ことり「でも、こっちが挙動不審になったら逆効果だよ」

海未「確かにそうです」

真姫「先ずは、絵里の家に行くのが先じゃ無いの?」

穂乃果「そうだったね…」

海未「希に察知されないように、偵察に行くのです」
13: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 02:25:53.90 ID:LbF6EfzN.net
作戦通り、希にバレ無いように絵里の家に行くことになった

海未「穂乃果、そちらの様子は?」

穂乃果『大丈夫みたい。希ちゃんが来る気配は無いよ』

海未「そうですか。では、監視を続行してください」

真姫「ねえ、これで大丈夫なの?」

海未「大丈夫です。希が来そうになれば、穂乃果や凛が連絡してくれます」

ことり「いるのかなぁ?」

海未「インターホンを押さなければ、分かりません」

海未「行きます…」

ピンポーン
14: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 02:30:08.43 ID:LbF6EfzN.net
ガチャ

出てきたのは、亜里沙であった

亜里沙「海未さん、こんばんは」

海未「こんばんは」

亜里沙「何か、あったんですか?」

海未「実は、絵里の様子を見に来たのです」

亜里沙「…」

海未「亜里沙、どうしたのですか?」

亜里沙「お姉ちゃんが居なくなってしまって…」

海未「どのぐらい前からですか?」

亜里沙「一週間ぐらい前からです…」

海未(一週間ぐらい前から…。なんだか、引っかかります)

海未「ありがとう」
15: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 02:37:48.42 ID:LbF6EfzN.net
プルルル

海未「もしもし」

穂乃果『大変だよ!希がこっちに向かってるよ』

海未「そうですか。分かりました」

海未「希がこちらに向かってるようです」

ことり「逃げないと」

海未「逃げるとは言っても、見つかったりすれば怪しまれます」

ことり「どうするの、海未ちゃん!」

海未「取り敢えず、隠れられるところに隠れてやり過ごしましょう」


希「えりちの事、バレとらんかな…」

希「バレたら、バラせばええんや」


穂乃果(何か、怪しい…)
17: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 02:43:52.18 ID:LbF6EfzN.net
海未(しかし、臭いです…)

ことり(嫌だぁ…臭いよ)

プルルル

海未(はい)

穂乃果『もう少しで、絵里ちゃんの家に着くよ』

海未(大丈夫です。何とか、やり過ごせそうです)

穂乃果『何かあったら、凛ちゃんとにこちゃんに電話して』

海未(分かりました)

穂乃果『気をつけてね』

真姫(ゴミじゃ無いのよ、私は!)
18: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 02:50:31.89 ID:LbF6EfzN.net
穂乃果「取り敢えず、にこちゃんと凛ちゃんに連絡してっと」


穂乃果「そっちはどう?」

にこ『何とか、希の最近の事をクラスメイトから聞いてみたわ』

穂乃果「どうだった?」

にこ『最近、えりちとか呟くようになったって』

穂乃果「他には?」

にこ『人目を気にするようになったっていう声もあったわ』

穂乃果「ありがとう。希の動きには気をつけてね」

にこ「そちらこそね」


穂乃果「さて、凛ちゃんを呼ぼう」
19: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 03:02:27.57 ID:LbF6EfzN.net
数分して、凛が駆けつけてきた

凛「何か、あった?」

穂乃果「希ちゃんが絵里ちゃんの家に向かってるから、海未ちゃんとことりちゃんと真姫ちゃんに何かあったら大変だと思って」

凛「そうだね!もし、希ちゃんにバレたら何をされるか分からないからね」

穂乃果「だから、ばれないように海未ちゃん達を救出しようって訳」

凛「救出するのは良いけど、何処にいるのか分かるの?」

穂乃果「え?」


海未(早く、行ってください)

真姫(ねえ、何か家の前をウロウロしてるわね)

海未(そうですね)

ことり(何を意味するのかな?)

真姫(あ、家を離れていくわ)

海未(危機一髪でしたね)

プルルル

海未(もしもし)

穂乃果『何処にいるの?』

海未(ポリバケツの中です…)

穂乃果『く、臭いよね』

海未(ええ、臭いです…)

穂乃果『救出に向かうから、そこで待機していてね』


そして、海未達を救出しに行き、希の公道をまとめていった…
24: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 07:48:06.77 ID:LbF6EfzN.net
穂乃果「希ちゃんの方を監視してわかった事なんだけど、怪しい事を呟いてたよ」

海未「怪しい事…」

穂乃果「うん…。バレなんたらってね」

真姫「何だろう…。変に胸騒ぎがするのよ」

穂乃果「真姫ちゃん?」

真姫「ううん…何となくなんだけど、希が絵里に何かしてるのかもってね」

穂乃果「まさかぁ」

真姫「そのまさかかも知れないのよ」

海未「確かに、絵里の家の前を徘徊していましたし…」

にこ「えりちって呟くようになったり、視線を気にするようになったり…。怪しい以外に何があるのよ?」

穂乃果「…」

凛「これは希ちゃんが何かして、警戒してるって事で良いんだよね」

海未「そうなります」

花陽「ここは、希ちゃんの行動に注意しながら監視を続けていきましょう!」
25: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 07:52:25.34 ID:LbF6EfzN.net
ーー-
--


希「えりちの家には誰も来てなかった…」

希「何とか…ばれてへん」


希「えりち、うちは好きやで…」

希「せやけど、うちもね…」

希「後は、バレた時に備えなあかん」


希「え・り・ち…」

希「うふふふふふ」
26: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 08:01:24.39 ID:LbF6EfzN.net
キンコーン…カンコーン…

海未「おはようございます」

穂乃果「おはよう」

海未「分かってますね?」

穂乃果「うん、分かってるよ」


昼休みになった…

何時ものメンバーに加えて、希以外のメンバーで食事をとった

作戦という名のランチだ

海未「良いですか?今日は希に話を掛けて、様子を探ります」

海未「しかし、下手に絵里の事に触れるとまずいので、ちょっとした話題から始めて下さい」

海未「もし、怪しまれたら話を止めてください」

ことり「後、録音した方が分かりやすいと思うから」

海未「ことりの言う通り、録音して下さい」
27: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 17:25:52.73 ID:LbF6EfzN.net
キンコーン…カンコーン…

希「今日は…例の場所に行こう」

コソ

にこ(例の場所って何なのよのよ…)

希「バレたら…これで殺ればええんやし…」

にこ「ほ、包丁!?」

希「誰や!そこにおるのは?」

にこ(しまった…)

にこ(逃げたら、逃げたで殺される!)

希「そこにおるのは、にこっちか?」

にこ(に、逃げないと!)


ダッ

希「にこっち!」

にこ「こ、殺される!」

希「待って、にこっち!」


今、にこは希の真実の一部を知ってしまった…

そう、希は重大な秘密を抱いている事を

そして、これは間違いなく絵里の身に何かがあった
28: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 17:32:24.92 ID:LbF6EfzN.net
穂乃果「遅いね、にこちゃん…」

海未「そうですね…予定であれば、校門前にいる予定なんですが」

穂乃果「電話してみるね」

---
--


プルルル

にこ「で、電話!」

希「逃がさんで!」

にこ「殺さないで!助けて!」


穂乃果『もしもし、にこちゃん』

にこ「助けて!希に殺される!」

穂乃果『何があったの!?にこちゃん!』

にこ「希が包丁で…殺そうとしてるの!」


希「ええ加減、大人しくして!」

にこ「助け…」

ブツ…

穂乃果『もしもし!もしもし!』
29: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 17:48:44.85 ID:LbF6EfzN.net
にこ「こ…殺さないで…」

希「殺さんよ…」

にこ「え?」

希「でも、条件がある」

にこ「な、何よ」

希「うちの秘密を教える。同時に、この秘密を守って欲しいんよ」

にこ「ま、守るよ!」

希「守るだけじゃ、ダメ。うちに協力して欲しい」

---
--



穂乃果「何か、怯えてた…」

海未「若しかして、希の秘密を知って殺されたのでは…」

穂乃果「そ、それは…」


にこ「にっこにっこにー!」

穂乃果「にこちゃん!」

にこ「にこ、ちょっとふざけちゃったにこ!」

海未「バカじゃないですか!」

にこ(ごめん、みんな…)
33: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 19:00:26.93 ID:LbF6EfzN.net
穂乃果「いや、冗談じゃないでしょ…」

にこ「…」

穂乃果「希ちゃんが何か、やったんでしょ?」

にこ「い、言えない…」

穂乃果「にこちゃん!」

にこ「言えないったら、言えないよ!」

ダッ

海未「にこ!」


にこ(あそこでバラしちゃえば、みんな殺される!みんなだけでも、せめて無事でいて欲しいから…)


---
--


希「さて、にこをこちらの陣に迎え入れたわけや…」

希「でも、携帯で密告されたらあかん!」

希「どうすれば、ええんよ…」

希「そうや!」
34: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 19:09:54.27 ID:LbF6EfzN.net
にこ「ただいま…」

こころ「おかえり、お姉様」

にこ「ご飯作らないとね…」

ここあ「お姉ちゃん、おかえり」

にこ「…」

にこ(こころにここあの命が危ない…。私が妹を…いいや、みんなを守らないと!)

ピンポーン

にこ「はーい…」

希「うちやで…」

にこ「の、希!?」

希「開けるんや…さあ、早く!」

ドンドン

にこ「止めて!」

希「開けてくれへんなら、実力行使やね」

にこ「何、言ってんのよ…」

ガチャ

にこ「え…何で、何で合鍵持ってんのよ!」

希「えりちから、ちょっと借りたんよ」

バダン

にこ「止めて!」

希「うっさい!」

バキ

にこ「きゃ!」

こころ「お姉様!」

ここあ「お姉ちゃん!」

希「約束、忘れたの?忘れたんなら、思い出させてあげるよ」

シャキーン

にこ「ひっ!」
35: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 19:17:18.34 ID:LbF6EfzN.net
希「この刃が誰に向くか、にこっち次第やで…」

にこ「わ…分かったよ」

こころ「お姉様…」

ここあ「お姉ちゃん…」

希「心配せんでも、ええんやで」

希「にこっちが、うちのことを守ってくれれば何もせえへんよ」

こころ「本当ですか?」

希「うん、だから…ぎゃあぎゃあ喚くな!」

ここあ「怖いよ…」

希「喚くな言うたやろ!」

バチン!

ここあ「痛いよぉ!」

希「黙れ!」

ドカ

にこ「止めて!お願いだから、ここあを殴らないで!」

希「じゃあ、携帯をこっちに寄越し」

にこ「え…」

希「聞こえんかった?携帯を寄越し」

にこ「う…分かったわよ」

希「使えんようにせんとね」

バキ

にこ「あ…」

希「これで良しっと…」
36: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 19:26:43.25 ID:LbF6EfzN.net
---
--


海未「あれ…」

『…現在、電波の届かない場所にいるか…』

海未「おかしいです…」

海未(にこの携帯電話に掛けても、応答がない…。だとすれば、ここしかないと思います)

海未「出てください」

プルルル…

『お掛けになった電話番号は…』

海未「何故です…。何故、にこの家の電話に電話したというのに…」

海未「まさか!」

にこ『言えないったら、言えないよ!』

海未「若しかして、にこは希の人質に…」

海未「となると、警察に連絡すればにこの命が危ない!」

海未「早い所、みんなに知らせないと!」
37: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 19:53:01.68 ID:LbF6EfzN.net
海未(でも、連絡したところで何が出来るっていうの!?)

海未(もし、集まって助けに行ったとしてもにこの命が危うくなってしまう)

海未「連絡して、作戦を立てましょう…」


---
--


亜里沙「お姉ちゃん…」

亜里沙「そうだ!携帯に電話すれば」


プルルル…プルルル…

亜里沙「出ない…」

亜里沙「どうしたんだろう…」

プルルル

亜里沙「誰からだろう?」

カチャ

亜里沙「もしもし」

『もしもし、亜里沙ちゃん?』

亜里沙「どちら様ですか?」

『うちやで…』

亜里沙「東條さん?」

希『そうや。えりちが見つかったから、神田明神まで来て欲しい』

亜里沙「本当ですか?」

希『うん!えりちが会いたがってるよ』

亜里沙「分かりました!」


ツー…ツー…ツー…
38: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 19:59:50.10 ID:LbF6EfzN.net
希「後は…姉妹の対面式や…」

にこ「うー!」

こころ「うー、うー!」

希「猿轡されたら、何にも出来んよ」

ガチャン

にこ(まずい!亜里沙が殺される!)

にこ(なんとかしないと、亜里沙が!)

にこ(そうだ!包丁で切れば…)

にこ(でも、台所まで距離があるし…シンクに置いてあるから)

にこ(一か八かよ!矢澤にこ、行くわよ!)


にこ「う゛っ…」

にこ(布が足に食い込んで、痛い…)

にこ(行くしかないわよ!)

にこ「う゛う゛…」

こころ「うー!」

ここあ「うー!」
40: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 20:09:08.35 ID:LbF6EfzN.net
---
--


海未「にこの携帯に連絡しても、応答が無かったのです」

真姫「おかしいわね…」

ことり「まさか、希ちゃんに襲われて!」

穂乃果「まずいよ!これじゃあ、にこちゃんが危ないよ!」

海未「そうですね…。手分けをしてにこを探して下さい!」

海未「私と穂乃果でに神社に向かいます!」

海未「凛と真姫でにこの家の方に行って下さい!」

凛「分かったよ!」

真姫「分かったわ」

海未「ことりと花陽で絵里の家に様子を見に行って下さい」

ことり「分かったよ!」

海未「それでは、何かあったら私のところに電話して下さい!」
41: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 20:39:54.66 ID:LbF6EfzN.net
海未「もう少しです!」

穂乃果「うん!」

---
--


真姫「着いたのはいいけど、もし希が居たら…」

凛「何だか、怖いにゃー…」

真姫「ああ見えて、希の身体能力は高いから侮れないわよ…」

凛「う、うん…」

ガチャガチャ

真姫「やっぱりね…」

凛「え?」

真姫「多分、絵里の合鍵で侵入したのよ」

凛「成る程…」

ドンドンドン

真姫「こうして、気付くまで叩くのよ」


ドンドンドン

にこ(助けが来たの!?)

にこ(早く、玄関に行かないと!)

にこ「う゛…」

にこ(もう、血だらけ…)

にこ(頑張るのよ、私!)

にこ「ん゛ん゛ん゛ん゛!」



ガチャ

ガチャン

真姫「にこ!」

にこ「ふー…ふー…ふー…」

真姫「良く、頑張ったわね…」
42: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 20:45:11.14 ID:LbF6EfzN.net
にこ「希が…神社に…」

真姫「神社にどうしたの!?」

にこ「亜里沙を…誘き寄せて…殺そうと企んでるわ…」

真姫「ありがとう…にこは休んでて。いま、救急車を呼ぶわ」

凛「大丈夫!?大丈夫!?」

にこ「なんとかね…ハハ…」

凛「にこちゃん、死なないで!」

にこ「死ぬわけ…無いわよ…」

にこ「…」

凛「にこちゃん?にこちゃん!」

真姫「大丈夫よ、気絶しただけよ」

---
--
43: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 21:01:33.49 ID:LbF6EfzN.net
ことり「ねえ…希ちゃんが居たらどうする?」

花陽「ねえ…何で演技でもないことを言うの?」

ことり「だって、怖いんだもん…」

花陽(何時も穂乃果ちゃんと一緒に笑顔でいられることりちゃん…。私も怖いよ!)

花陽「その時は、私が守るよ!」

ことり「花陽ちゃん…」

花陽「行こう!」

ことり「うん!」



花陽「インターホンを押しても、出てこないね」

ことり「若しかして、居留守を使ってるかもしれないよ」

花陽「そ…それもあり得るね」

ことり「裏に回って、見てみよう」



ことり「誰もいないね…」

花陽「そうだね!」

プルルル

ことり「もしもし…」

真姫『大変よ!希が神田明神に亜里沙を誘い出して、殺すつもりよ!』

ことり「殺すって…」

真姫『にこが言ってたことなのよ!早く、神社に行くのよ!私たちはにこと病院に向かってて行けないわ!』

ことり「分かったよ!」

ことり「凛ちゃん…希ちゃんが亜里沙ちゃんを殺そうとしてるの!」

凛「なんて事なんだ…」

ことり「だから、早く神社に向かうんだよ!」

---
--
44: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 21:20:40.33 ID:LbF6EfzN.net
亜里沙「ここで確か、合ってるはずなんだけど…」


希「ここや!ここ!」

亜里沙「東條さん!」

希「久しぶりやね」

亜里沙「お姉ちゃんは何処にいるんですか?」

希「こっちや。着いてきて」

亜里沙「うん…」

---
--


海未「着きました…」

穂乃果「何とか…」

海未「あれは…!」

穂乃果「どうしたの?」

海未「亜里沙が希に!」
45: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 21:33:54.45 ID:LbF6EfzN.net
亜里沙「ここに…いるんですか?」

希「うん!この中にね…」


亜里沙「この中って…貯水槽の中!?」

希「そうよ。姉妹仲良く、一緒に逝けるよ…」

シャキン

亜里沙「ひっ!」

希「何で逃げるん?えりちに会えるんだよ?」

亜里沙「嫌だ!死にたくない!」

希「えりちが悲しんじゃうよ」

亜里沙「止めて!助けて!」

希「逃げても無駄や!」

ワシ

亜里沙「いや…」

希「うちのわしわしMAXからは逃げられんよ」

亜里沙「いや!」

希「後は…うちのぐさぐさMAXを味わうと良いよ」


海未「放しなさい!」

希「あらら…邪魔が入ってまった…」

穂乃果「絵里ちゃんと亜里沙ちゃんを返してよ!」

希「えりちなら…えりちならうちの近くにおるよ」

海未「近くって、何を言ってるのです!」

希「近くって言ってるやん」

ガラララ…

海未「ちょ…貯水槽の中…」

希「中を見てごらん」
46: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 21:47:52.58 ID:LbF6EfzN.net
海未「な…何ですか…この臭いは…」

穂乃果「う…海未ちゃん…」

希「えりちが悪いんよ…」

希「えりちが…悪いんよ…」

海未「何を…何をふざけた事を言ってるんですか!」

バキ

海未「絵里は…あなたの事が好きだったんじゃないんですか!」

希「うちには…耐えられへんかった…」

希「うちは…えりちの事が嫌いだった訳やない…」

海未「じゃあ、何故!」


希「うちは恋愛したいと思っとらんかった…。なのに、しつこく付き合ってって迫ってきたんや…」

希「そしたら、何時の間にか殺ってた…」

海未「馬鹿!何で…何で殺したんです…」

希「耐えられへんかった…うちは、耐えられへんかった…」

亜里沙「東條さん…」

希「亜里沙ちゃん…」
47: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 21:53:57.26 ID:LbF6EfzN.net
亜里沙「お姉ちゃんを…お姉ちゃんを返して下さい…」

希「ごめんなさい…ごめんなさい…」


穂乃果「絵里ちゃん…」

ダキ

穂乃果「絵里ちゃん、寒かったよね…。怖かったよね…」

穂乃果「もう、寂しくないよ」

ことり「絵里ちゃん…」
48: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 23:03:16.33 ID:LbF6EfzN.net
---
--


絵里『希…』

希『えりち…』

絵里『私、希の事が好きだった』

希『うん…』

絵里『あなたに出会った時から…』

希『うん…』

絵里『私の事を愛して…』

希『うん』

絵里『ありがとう…』

希『ごめんなさい…殺してまって』

絵里『ううん、良いの…』

絵里『だって、ずっと一緒だから…』

ダキ

希『えりち、愛してるよ』

絵里『希、大好き…』
49: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 23:12:39.96 ID:LbF6EfzN.net
-----
----
---
--


にこ「希は…」

真姫「…」

にこ「そっか…」

真姫「愛って、何だろうね…」

海未「分かりません…」

海未「しかし、愛っていうものは果てしないものだと思うのです」

にこ「…」

真姫「やっぱり、愛って分からないわ」
50: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 23:21:18.59 ID:LbF6EfzN.net
花陽「同性愛って、いけないのかな?」

凛「分かんないよ…」

穂乃果「若しかして、同性愛の苦しみと葛藤したのかな…」

海未「そうでしょうか…」


穂乃果、ありがとう…

穂乃果「ん?」

海未「穂乃果、どうしたんですか?」

穂乃果「ううん、何でもない!」

穂乃果「さよなら、希ちゃん…」
51: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/13(火) 23:22:53.08 ID:LbF6EfzN.net
ありがとう、えりち…

ありがとう、希…

終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「私の事を愛して…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。