希「部室で発見!!にこっち」

シェアする

にこ-アイキャッチ20
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:09:53.58 ID:JfXeFKsf.net
~リアルなにこっちを育てる編~

(一部ちょいグロ注意)




にこ「Zzz……むにゃむにゃ………」

にこ「……あれ?……にこ、いつの間に寝てたのかしら……?」

にこ「部室………誰もいない……」

にこ「今何時……もう5時半……そろそろ帰ろうかしら……」

にこ「なにこれ……卵の殻?こんな小道具、部室にあったっけ?」

にこ「あ、あれ?部室のドアが開かない?なんでなのよ!」ガチャガチャ

にこ「仕方ないわね……窓から出るとしましょう……」

にこ「え!?窓も開かない!?鍵はかかってないわよね……なんで!なんでなのよぉ!」ガタガタッ


希「んー?」


にこ「うわあああああああああ!!窓の外に巨大な希が!なにこれ……進撃の巨人の世界にでも迷いこんじゃったのぉ!?」

元スレ: 希「部室で発見!!にこっち」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:11:39.15 ID:JfXeFKsf.net
~1時間前~


希「凛ちゃん!これみてー!」

凛「希ちゃん、どうしたの?わぁ!これ何?」

希「これは十数年か前に流行った伝説のおもちゃ、たまごっちや!!!」

凛「すごーい!これ今も売ってるよね!でも凛、初代のたまごっちは初めてみたにゃー!」

希「この前、スピリチュアルなお店に行ったらたまたま見つけたんよー!」

凛「いいにゃー!カラーもピンクで小さくてとってもかわいいにゃー」

希「ええやろー!今から開封するから一緒に育てるでー」

凛「あれ…?でもこれパッケージが少しおかしいよ……」

希「え?なになに『部室で発見!!にこっち』……」

凛「希ちゃん!これパチモンだよ!」

希「えーーー!?そんなーーー!」ガーン!
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:16:53.53 ID:JfXeFKsf.net
希「どうりで安いと思ったんや……これ200円やってん……」

凛「あはははは……」

希「まあええわ!とにかく開けてみてっと……この電池の紙を抜いて、スイッチオンや!」

凛「動いたにゃー!」

希「たまごが出てきたなぁー」

凛「すごーい!カラーだよ!これ昔のよりハイテクにゃー!これで200円なら当たりじゃない?」

希「うーん、まだやってみんことにはわからへんでー。とりあえずボタンポチッとな」


カタカタカタ……パリン!


凛「たまごが割れたよ!なんかツインテールのかわいい生き物が出てきたね!にこちゃんみたい!」

希「ふむふむ………」

凛「希ちゃん?何読んでるにゃ?」

希「え?取説」

凛「希ちゃん、ゲーム買ったらちゃんと取説読むタイプなんだね……」
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:22:13.27 ID:JfXeFKsf.net
希「なになに……このゲームはにこっちを育てるゲームです。ごはんを与えたりしつけたりしながら大切に育てましょう。育て方によっては色々なにこっちに成長していきます。頑張ってアイドルっちを目指しましょう……」

凛「意外と本格的にゃー」

希「へー、おもしろそうやん!早速やってみよう!」

凛「でも、早速寝てるみたいだよ……」

希「うーん、何もできへんなぁ……」
9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:25:13.55 ID:JfXeFKsf.net
希「なになに……下の段の左から2つ目のマークを選ぶと現在の状態をチェックできます」

希「これかいな、ほいっ!」ポチッ



にこっち 17才
体重 42kg



希「産まれた時からすでに17才かいな…」

凛「すごいゲームだね……」


しつけ
|||||||||||..........


希「しつけは半分くらいやな」

凛「ほうほう」


おなか
○・・・

ごきげん
○○・・


凛「おなかが少し減ってるみたいだね」

希「ふむふむ」
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:30:21.46 ID:JfXeFKsf.net
希「あー!にこっちが起きたみたいや!」

凛「ほんとだ!ピコピコ動いてる!かわいいにゃー!」


………………
…………………


にこ「ピコピコ動いてる…?どういうことなのよ!希!気づいてるならなんとかしてよ!」


凛「なんか右下のマークが付いてるにゃー」

希「なになに……このマークは呼び出しサインです。おなかがすいていたり、ふきげんなのかもしれません。相手をしてあげましょう……」

凛「多分、おなかがすいてるんだにゃー!」

希「そうやね!ごはんをあげてみよう!ごはんをあげるにはこのマークかいな…ほいっ!」ポチッ
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:35:25.60 ID:JfXeFKsf.net
ポンッ


にこ「きゃっ!なにこれ、おにぎりが出てきた!おいしそう……じゅるり……モグモグモグモグ……おいしいじゃない!」


凛「おいしそうに食べてるにゃー!」

希「よっしゃ、次はおかしを与えてみるでー」


ポンッ


にこ「今度はショートケーキが!じゅるり……いっただっきーす!おーしいー!!!」


凛「これもおいしそうに食べてるにゃー!」

希「ホンマににこっちみたいやなぁ!」
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:37:13.23 ID:JfXeFKsf.net
おなか
○○・・

ごきげん
○○○・


凛「おなかとごきげんが増えてるにゃー!」

希「よし、もっと食べさせてあげんとね!」


おなか
○○○○

ごきげん
○○○・


にこ「うぅ……もうお腹いっぱい……ゲプッ……」


凛「もう与えても食べないにゃー」

希「うーん、せっかくやしごきげんをMAXにしたいなぁ」

凛「ゲームをするとごきげんが上がるって書いてあるよ!やってみるにゃー!」

希「えーと、なになに……ダンスしながらあっちむいてヘイ!ゲームをするとダイエットになります。にこっちと同じ方向を選ぶとごきげんが上がります……
よーし、にこっちに負けるでー!」


にこ「え、なに?あっちむいてホイするの?まあ、いいけど……」


アイセーーーイ♪ ヘイ!ヘイ!ヘイ!スター ダッシュ!


にこ「な、なによこれ!か、体が勝手に踊り出して…!」


ヘイ!ヘイ!ヘイ! あっちむいてヘイ!


希「右や!」

にこ「はぅ!」ヒダリ


希「あーん、はずれてもうた……」

にこ「なんなのよこれ!意味わかんないわよ!」

凛「にこっちちゃん、すごく怒ってるにゃー!」
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:44:20.44 ID:JfXeFKsf.net
希「もう一回いくでー!」


アイセーーーイ♪ ヘイ! ヘイ! ヘイ! スター ダッシュ!


にこ「ま、また体が勝手に…」


ヘイ! ヘイ! ヘイ! あっちむいてヘイ!


希「今度は左や!」

にこ「ヘイ!」ヒダリッ!

にこ「今度はステップが完璧に決まったわ!さすがにこにー!なにこれ楽しい!!」キャッキャ

希「成功したで!」

にこ「なんか喜んでるにゃー!」
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:49:28.36 ID:JfXeFKsf.net
希「いやー、意外とこれおもろいなー!買って正解やったかも」

凛「頑張ってアイドルっちに育てないとね!」


にこ「アイドルっちに育てる……?なに意味のわからない事を言ってるのよ」


希「ほうほう……調べてみたら、アイドルっちの他にも、ボインボイングラビアっち、女優っち、芸人っち、オタクっち、などなどいろいろあるみたいや!」

凛「すごいにゃー!よりどりみどりにゃー!」


にこ「ボインボイングラビアっち……にこがボインボインのグラマーになるってこと……?
アイドルもいいけど、そっちも捨てがたいかも……」


凛「凛は芸人っちがいいかな!にこちゃんっぽいし」

希「うちはオタクっちがええなー。あと隠しキャラでおばさんっちもあるみたいや!」


にこ「なに言ってんのよこいつら!いい加減にしなさいよ!もういいから早くここから出しなさい!!!」
16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:53:30.85 ID:JfXeFKsf.net
希「んー?また呼び出しサインが付いとる……もうおなかもごきげんも充分なはずやけどなぁ」

凛「なになに……わがままで呼び出すこともあります。そういう時はしつけをしてみましょう。しつけのマークを選ぶとしつけキャラ、のんたんが現れてしつけをしてくれます……って書いてあるにゃ!」

希「えーと、しつけっと……これやな!」ポチッ


ガチャッ


のんたん「にこっち!」

にこ「希!え?え?大きい希と普通の希が二人…???
まあいいわ、助けにきてくれたのね!」

のんたん「おなかもいっぱいなのに呼び出す子にはお仕置きやでー!」ニヤリ

にこ「へっ……?」

のんたん「ワシワシMAXやー!!!」ワシワシワシワシワシ

にこ「いやああああああああああああ!!!!」ビクビクビクン!

のんたん「ほなまた!」


バタンッ!


にこ「の、希……一体何しにきたのよ……」ヒクヒク…
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 21:56:43.24 ID:JfXeFKsf.net
にこ「うーむ、どうやらにこは小さなゲーム機の中に閉じ込められたみたいね……どうしたらいいのよ……」


ギュルギュル…


にこ「あ……なに……急にお腹の調子が……」


希「あ、このゲーム、うんちをするみたいやで!」

凛「へぇー。なになに……にこっちはだいたい3時間に1回うんちをします。うんちをそのままにしておくと病気になりますので掃除をしましょう」


ギュルギュル…


にこ「うぅ……ト、トイレ……」


ガチャガチャッ!


にこ「ああ!そういえば開かないんだった……」


ガタガタッ!


にこ「窓も開かないぃ!……ちょ、ちょっと待ってよ……」


ギュゥゥゥゥゥゥゥゥ!


にこ「ああ……お、お腹が………」
22: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 22:00:26.19 ID:JfXeFKsf.net
トコトコトコトコドンドン


にこ「へっ……か、体が勝手に机の上に……?」


ズリズリズリズリ…


にこ「や……な、なんでパンツをずらしてるのよ私……」


チョコン…


にこ「え……う、嘘でしょ……ここはトイレじゃないのよ……ちょっと……体が言うことを聞かない……」


フンッ…プルプルプルプル


にこ「や、やだ!か、体が勝手に力んで……ちょっと待って……希達が見てる……いやあ!!」


グググニコ……………プリッ!


にこ「いやああああああああ!!!」スッキリ
23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 22:02:29.98 ID:JfXeFKsf.net
希「あ、うんちしたで」

凛「スッキリしたみたいにゃ!このゲームはうんちする姿もかわいいにゃ!」


にこ「うわあぁぁぁぁぁぁん!!!」シクシク

にこ「うぅ……希と凛にマンガに出てくるような超かわいいうんち出してるところ見られた……ひっぐ……もう、にこ…お嫁にいけない……えぐっ……」メソメソ

にこ「アイドルはうんちしないんじゃなかったのぉ!うわぁぁぁぁん!!!」シクシク


ごきげん
・・・・


凛「あれー?ごきげんがゼロになってるよー?おかしあげるにゃー!」

希「その前にうんちを流さんとね!」ポチッ


ジャァァァァァァァァァ!!


にこ「え!?なに!?大量の水が!?た、助けて!溺れちゃう!」


ジャァァァァァァァァァ!!


にこ「誰か!誰か助けてぇ!あばばばばばばばばばばばばば」
25: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 22:04:49.27 ID:JfXeFKsf.net
………………
…………………



凛「…っていう夢を見たんだにゃー!」

希「あはははは……」

にこ「ちょっと凛!何なのよ!その夢は!」

希「でも、にこっちを育てるゲームなら本当にこの前みたでー」

にこ「え?」

希「うん、デフォルメされてる感じのキャラやったで」


ガラッ!


真姫「話は聞かせてもらったわ!希!それどこに売ってるのよ!」

希「え?真姫ちゃん?すぐそこの交差点のスピリチュアルなお店に……」

真姫「ちょっと買ってくる!!!」ピューン!

にこ「ま、真姫ちゃん……」





~ゲームのにこっちを育てる編に続く~
31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 02:14:15.89 ID:AvNHcE1i.net
【おまけ】

凛「あれー?ごきげんがゼロになってるよー?おかしあげるにゃー!」

希「その前にうんちを流さんとね!」ポチッ

希「あ、間違ってしつけのマーク押してもうた」


ガチャッ!


のんたん「にこっち!ていうかこの部屋クサッ!」

にこ「の、希!?いや……見ないでぇ……」////

のんたん「部室の机の上でかわいいうんちしてしまう悪い子にはお仕置きやでー!」ニヤリ

にこ「言わないでぇ……」////

のんたん「ワシワシMAXやー!!!」ワシワシワシワシワシ

にこ「ひゃあああああああああ!!!」ビクビクビクン!

にこ「うぅ……もぅいや……うわぁぁぁぁん!」メソメソ

のんたん「にこっち……」


スッ…


にこ「これは…トイレットペーパー……」

のんたん「これで涙とお尻をふきや……ショックでパンツ下がったままになってるで」

にこ「希……あ、ありがと……」////

のんたん「ほなまた!元気出してな!」

にこ「ってだから助けなさいよ!!!」




おまけおわりにこ
32: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 12:30:08.31 ID:AvNHcE1i.net
~ゲームのにこっちを育てる編~


真姫「はぁ…はぁ…買ってきたわよ『部室で発見!!にこっち』……」

希「えらい早かったなぁ…」

真姫「まさか本当に売ってるなんてね…。定価25252円が在庫処分で252円になってたわ」

希「やすっ!!」

真姫「はい、にこちゃん一個あげるわ!」

にこ「え……にこは別にいらないわよ」

真姫「そんな!」ガーン!

真姫「じゃあ、希…はい」シュン…

希「え、うちにくれるん?」

真姫「ええ、どっちがかわいいにこちゃんを育てられるか勝負よ!」

希「ええよ!頑張ろうね、真姫ちゃん!」
33: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 12:39:14.13 ID:AvNHcE1i.net
真姫「たまごが出てきたわね……」

希「ここまでは普通のたまごっちと同じやな」

真姫「時間をセットしてっと。これで5分後にたまごがかえるみたいね」


~5分後~


カタカタカタ……バリン!


真姫「たまごが割れたわ!」

にこっち「オギャー!オギャー!オギャー!」

希「にこっちが産まれたで!」


にこっち 0才
体重 3kg


真姫「やーん、にこちゃんかわいい!よーしよしよーし」

希「まだにこっちっぽくないなー。よしよーし」

真姫「もしかしてこれリアルタイムで成長していくのかしら……」

希「えーと、なになに……にこっちは産まれて3時間程度で3才まで成長します。その後は1日1才大きくなります……って取説に書いてあるで」
35: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 12:46:49.75 ID:AvNHcE1i.net
~3時間後~


にこっち 3才
体重 14kg


にこっち「まきちゃん!まきちゃん!」

真姫「なにこのゲームすごい!にこちゃんが喋ってる!」

にこっち「のぞみちゃん!のぞみちゃん!」

希「いやぁ、ちょっと照れくさいなぁ」

にこ「にこが一番照れくさいわよ……」

真姫「はい、にこちゃん!おかしでちゅよー」

にこ「え?おかし!?」

にこっち「わーい!まきちゃんありがとー!にこ、おかし大好きにこー!」

真姫「ああ!おかしを食べるにこちゃんかわいい!………ん?本物のにこちゃんどうしたの?こっち向いて」

にこ「な、なんでもないわよ!ややこしいのよ!」
36: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 12:56:46.71 ID:AvNHcE1i.net
希「ふむふむ……調べてみたら、凛ちゃんの夢と同じでアイドルっちの他にも、ボインボイングラビアっち、女優っち、芸人っち、オタクっちなど様々なにこっちに成長するみたいや。
ちなみに3~10才まではようじょっち、10~15才まではこどもっち、15~18才までは現在っち、19才からおとなっち、に分かれてて、
こどもっちまでのお世話の仕方でその後が変わってくるみたいやで」

真姫「ふむふむ、わかったわ!持って帰って大切に育てるわよ!にこちゃん!」

にこ「え?にこを持って帰るの!?」ドキッ

真姫「ん?どうしたの?本物のにこちゃん?」

にこ「ぐぬぬ……だから紛らわしいのよ!」
37: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 13:03:37.52 ID:AvNHcE1i.net
~真姫の家~


にこっち「まきちゃん!まきちゃん!」

真姫「ふふっ、にこちゃんかわいい!」

にこっち「まきちゃん!あそぼっ!」

真姫「いいわよ、こっち向いてヘイ!ゲームしましょうか」


アイセーイ♪ ヘイ!ヘイ! ヘイ! スター ダッシュ!


にこっち「あいせーー♪」

真姫「あああ……なんてかわいらしい動きなの……」キュン…

にこっち「まきちゃん、はやくボタンポチリしてー」

真姫「ああ、ごめんなさい、つい見惚れてしまってたわ」

にこっち「えへへ!」
38: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 13:15:14.93 ID:AvNHcE1i.net
~希の家~


希「やるからにはええ子に育てんとあかんね!本物みたいに勉強嫌いな子にはならんようにせんと」

希「なになに……ようじょっち期とこどもっち期のしつけはとても大事です。きちんとしつけましょう……ふむふむ」

にこっち「のぞみちゃん、あのお洋服買ってー!かわいいの!」

希「にこっち、もうお洋服は3着も買ってあげたやん!わがままな子にはお仕置きするで!」

希「えーと、しつけマークをポチッと」ポチッ


ガチャッ


のんたん「にこっち……」

にこっち「ひゃあ!あなた誰?」

のんたん「私はとうじょうのぞみ、絵本が大好きな3才児……」

にこっち「そうなんだ……よろしくにこ!」

のんたん「………………」


ワシワシワシワシワシ


にこっち「なにするの?のぞみちゃん!?ひゃあああああああ!!!」

のんたん「………………」


バタンッ


にこっち「ふぇぇ……のぞみちゃんなにしにきたのぉ……」


希「どこかしらこのキャラ、うちの子供の頃に似とるような……気のせいかな?」
39: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 13:27:47.85 ID:AvNHcE1i.net
~2日後~


にこっち 5才
体重 18kg


真姫「希、にこちゃんの調子はどう?」

希「真姫ちゃん、めっちゃ大切に育てとるよ!」

真姫「うーん、希のにこちゃんも私のとあまり変わってないみたいね……」

希「そうやね……って真姫ちゃん、えらいたくさんお洋服持っとるね!」

真姫「まあ、簡単にダウンロードできるし。最近のおもちゃはハイテクになったものね……」

希「あんまり甘やかしすぎたらアカンで!悪い子になるよ!ちゃんとしつけもせんと!」

真姫「しつけ?あんな可哀想な事できないわよ!希みたいなキャラが現れてワシワシするのよ?私のにこちゃんにそんな事させないわ!」

希「あはははは……まあ、確かに子供にアレはちょっとなぁ……」
40: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 13:41:40.03 ID:AvNHcE1i.net
~さらに2日後の神田明神~


にこっち 7才
体重 24kg


希「うーん、バイト中やしにこっちのお世話出来へんし、うんちせーへんかったらええけどなぁ」

真姫「………………」キョロキョロ

希「んー?あれは真姫ちゃん?」

真姫「………………」キョロキョロ

希「………………」ソーッ…

希「真姫ちゃん、みーつけた!」ワシワシワシワシワシ

真姫「きゃあああああああ!!!」ビクビクン!

真姫「の、希!?」

希「真姫ちゃん、どないしたん?こんな所に一人で来るなんて珍しいなぁ?」

真姫「ヴェ?い、いやなんでもないわよ!なんでも!」

にこっち「今日はにこの七五三なの!」

真姫「にこちゃん…!!!」

希「へぇー、七五三のお参りかいなー」ニヤニヤ

真姫「ヴェェ…………」カァー////


タタタタッ!


希「あ、真姫ちゃん……行っちゃった……よっぽど恥ずかしかったみたいやな……」
41: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 13:53:17.18 ID:AvNHcE1i.net
~真姫の家~


真姫「希に嫌なところを見られたわ……」

真姫「えーと、調べてみたら通信機能もあるのね……なになに……Wi-Fiや接続、すれ違い通信でお友達を作れます……たくさんのにこっちとお友達になりましょう……」

にこっち「まきちゃん!まきちゃん!」

真姫「なーに、にこちゃん、はい、おかしあげるわよー」

にこっち「わーい!にこ、おかしだいすき!」

真姫「えーと、それでなになに……気の合う友達と仲良くなると恋愛に発展するかも……」

真姫「恋愛!?だ、ダメよ!こんなかわいいにこちゃんが他の子と恋愛するなんて絶対許さないんだから!通信機能なんて絶対ダメ!!!」

にこっち「まきちゃん!おかしおかわり!」

真姫「はーい、にこちゃーん、おかしおかわりよー!」

にこっち「わーい!まきちゃんだいすき!」

真姫「ふふっ、にこちゃんは私と仲良くしてればいいのよー」
43: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 14:02:06.93 ID:AvNHcE1i.net
~希の家~


希「なになに……通信機能……これおもしろそう!ちょっとやってみよう!!」

希「ネットに接続してっと……おおっ!意外と他にもユーザーおるもんやなぁ」

にこっち「のぞみちゃん!のぞみちゃん!」

希「んー?ごはんはさっきあげたやろー?ごきげんもMAXやし……しつけマークポチッ」


ガチャッ


のんたん「にこっち!わがままして希ちゃんを困らせたらダメでしょ」

にこっち「ひゃあ!のぞみちゃん!もうわがまま言わないからぁ……」

のんたん「お仕置き………」ワシワシワシワシワシ

にこっち「きゃあああああああ!!!」ヘナヘナ…

のんたん「私みたいに本を読んで大人しくしてなさい……」

にこっち「ふぇぇ……」


バタンッ


のんたん「よーし!お友達たくさん作るでー!」
44: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 14:09:17.79 ID:AvNHcE1i.net
希「お、この子とか良さそうやな!」ポチッ


ガチャッ


にこっち「きゃあ!あなた誰?」

にこにー「私にこにー!大きくなったらアイドルになるの!」

にこっち「にことおんなじだー!にこも大きくなったらアイドルになるの!」

にこにー「ライバルね!仲良くしましょう!」

にこっち「よろしくにこー!」



希「仲良くなったみたいやね!うふふ」

にこっち「にこにーちゃんからこれもらったにこー!」


にこっちは友情の証として『おこめ』をもらった!


希「お米?………あ、そういえば同じシリーズの『水田で発見!!かよっちん』とも通信できるって書いてあったなぁ……」
46: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 14:18:58.08 ID:AvNHcE1i.net
~さらに2日後~


にこっち 9才
体重 30kg


希「みんな、おつかれー」

凛「希ちゃん、おつかれさまにゃー!」

希「あれー?今日は真姫ちゃんは練習お休み?」

凛「うん、今日は練習来ないって」

希「そっかー、真姫ちゃんのにこっちとも友達になりたかったんやけどなぁ……」

凛「なんでも娘の運動会があるから休暇をいただきますって、さっき絵里ちゃんに言ってたにゃー」

希「真姫ちゃん……」
47: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 14:37:26.86 ID:AvNHcE1i.net
~真姫の家~


にこっち「よーいどん!」

真姫「にこちゃん!がんばって!」

にこっち「はぁ…はぁ……やったにこ!1位にこー!」

真姫「きゃー!にこちゃん!すごいわ!よく頑張ったわね!」

にこっち「えへへ……」

真姫「次は借り物競争ね!」

にこっち「えーとぉ、なになに……これをかりてくるのね……」

真姫「えっ!にこちゃんがこっちに向かって走ってくる……」

にこっち「だいすきなものを借りてくるにこ!にこはまきちゃんがだーいすきにこ!」

真姫「に、にこちゃん……」ブワッ

にこっち「まきちゃん!いっしょにゴールにはしるにこ!」

真姫「にこちゃーーん!わかったわ!私も走る!いっしょにゴールするわよ!」
48: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 14:49:11.84 ID:AvNHcE1i.net
~さらに2日後~


希のにこっち

にこっち 11才
体重 39kg


真姫のにこっち

にこっち 11才
体重 50kg


希「ちょっと、真姫ちゃんのにこっち太ってへん?」

真姫「え!?た、確かにちょっと太ってるかも……」

希「おかしの食べすぎかいなぁ」

真姫「うっ……希のにこちゃんはこころちゃんみたいにかわいいわね……」

希「これはダイエットした方がええね」

真姫「わかったわ、にこちゃん!ダイエットするわよ!」

にこ「え!?私!?」

真姫「本物のにこちゃんじゃないわよ!本物のにこちゃんはそのままつるぺたボディを維持してて!これ終わったらたっぷり堪能するから!」

にこ「つるぺた……」
49: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 14:57:07.90 ID:AvNHcE1i.net
にこっち「お菓子たべたいにこ!まきちゃん!」

真姫「ダメよ!にこちゃん、ダイエットしないと!ゲームで体を動かすわよ!」


アイセーイ♪ ヘイ!ヘイ!ヘイ! スター ダッシュ!


にこっち「うぅ……ダンスってこんなにきつかったっけ?」

真姫「にこちゃん!頑張って!」

にこっち「もうだめにこ……」

真姫「もっと動きやすい服装がいいわね……あっ、これとか最高じゃない!」


にこっちは『スク水』に着替えた!


にこっち「うぅ……これ恥ずかしいにこ……」

真姫「頑張るのよ!にこちゃん!痩せたら新しいお洋服買ってあげるわ!」

にこっち「にこ、頑張って痩せるにこー!」

真姫「その意気よ!にこちゃん!」
50: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 15:07:43.52 ID:AvNHcE1i.net
希「ふふっ、真姫ちゃんと真姫ちゃんのにこっち、頑張ってるみたいやなぁ」

にこっち「のぞみちゃん!おともだちからこれもらったにこー!」


にこっちはおともだちから『ラーメン』をもらった!


希「おおっ、にこっち良かったなぁ!またお部屋が賑やかになるね!」

にこっち「えへへ……」

希「しかし、うちのにこっちは社交的やなぁ。いろんなもんをもらってくるで。これは世渡り上手ってやつやな!」

にこっち「のぞみちゃん!おともだちからこれもらったにこー!」


にこっちはおともだちから『ほむまん』をもらった!


希「おおっ、これは穂むら名物のほむまんやん!ちゃんと穂むらの許可取ってるんかなぁ……」

にこっち「えへへ……ほの字が書いてあってかわいいにこー!お部屋に飾るにこ!」

希「いろんな食べ物がお部屋に飾ってあるなぁ……ゲームやし賞味期限はないんやろうね」
52: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 15:27:35.77 ID:AvNHcE1i.net
~夜中の真姫の家~


にこっち「お風呂入ってくるにこー!」

真姫「いってらっしゃーい!風邪ひかないようにちゃんと100まで数えて上がるのよ!」

真姫「さて、このゲームについてもうちょっと調べてみようかしら……」

真姫「なになに……えっ!裏モード?」

真姫「『部室で発見!!にこっち』をパソコンまたはスマホに接続して
『にこにこまきまきにこまきにこまきBA』
と入力すると、何とお風呂が覗けます!?
しかも、パソコンでは本物と見間違うくらい超画質の等身大にこっちのお風呂姿を堪能できます…………ですって!?」

真姫「ま、まさかね……これはガセ情報に違いないわ……」

真姫「………………」

真姫「………………」チラッ


カチッ!


真姫「にこにこまきまきにこまきにこまきBA……」


ピロリン!! セイコウシタニコ!


にこっち「ふんふふんふふーん♪」


真姫「ゔええええええええええ!!!マジで11才児の本物のにこちゃんそっくりのお風呂姿が!なによこれ!神ゲーじゃない!神ゲーすぎるわ!!!」トマトドバー

真姫「いい情報をゲットしたわね……これでもっと成長したにこちゃんも………ぐふふ……」
54: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 15:36:37.74 ID:AvNHcE1i.net
~さらに4日後~


希のにこっち

ふしぎっち 15才
体重 42kg


真姫のにこっち

ツンデレっち 15才
体重 41kg



真姫「にこちゃん!」

ツンデレにこっち「なによ!真姫!こっちみないで!」

真姫「ええ!?に、にこちゃん、どうしちゃったの?」

ツンデレにこっち「真姫なんか嫌いなんだからね!」

真姫「そんなーーー!!うぅ……」シクシク

希「真姫ちゃん?どうしたん?なんで泣いてるん?」

真姫「のぞみいいいいい!にこちゃんが、にこちゃんが!」

希「あー、これは育て方間違えたみたいやなぁ」

真姫「そんなー!すごく愛情持って大切育てたわよ!?」

ふしぎにこっち「希ちゃん!今日も練習頑張るニコー!」

真姫「希のにこちゃん、すごくかわいいいいいい!!なんで?何がいけなかったの!?」
55: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 15:47:26.39 ID:AvNHcE1i.net
希「うーん、攻略サイトによるとやな……
まず、お友達を作らないと孤独で自分の殻に閉じこもってしまい、人付き合いが苦手になってしまうらしいんや。
だから、思ってもない事をつい口にしてしまうらしいんよ。
あと、しつけもきちんとしないとわがままな子になってしまうらしいで」

真姫「ああ!そういえばお友達を全然作ってなかったわ……あと、しつけも殆どしてない……」

希「それとな、裏モードでお風呂をたくさん覗きすぎると好感度が少し下がってしまうらしいで」

真姫「そ、そんなぁ……うわぁぁぁぁぁん!にこちゃんに嫌われたぁ!」シクシク

にこ「真姫ちゃん?どうしたの?そんなに泣いて……にこは別に真姫ちゃんのこと嫌ってないわよ」

真姫「にこちゃぁぁぁん!!!」モギュッ!

にこ「えええ!?ちょ、ちょっと真姫ちゃん!?」

真姫「本物のにこちゃんは私のこと嫌いにならないでね!」

にこ「な、何言ってるのよ!嫌いになるわけないじゃない……」

真姫「にこちゃん!にこちゃん!にこちゃぁぁぁん!」モギュー!

にこ「うう!真姫ちゃん……く、くるしい……」
56: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 16:01:41.46 ID:AvNHcE1i.net
希「まぁ、真姫ちゃん、落ち着いて!試しにうちのにこっちとお友達になったらええねん!」

真姫「うん、わかったわ……」


カチッ!


ふしぎにこっち「ニッコニッコニー☆新しいお友達の部屋に遊びにきたニコー!」

ツンデレにこっち「ちょっと!誰よアンタ!勝手に人の部屋に入ってこないで!あと、にこのにっこにっこにー☆をパクらないで!」

ふしぎにこっち「あなたもニコニーなの?ニコもニコニーなの!お友達になりましょう!一緒にアイドルを目指すニコ☆」

ツンデレにこっち「え…?にこと友達になってくれるの…?」

ふしぎにこっち「もちろんニコ!友情の証にこれあげるニコ!」


ツンデレっちは友情の証に『夏色水着』をもらった!


ツンデレにこっち「あ、ありがと……にこもこれをあげるわ……」


ふしぎっちは友情の証に『うんちっぽい帽子』をもらった!


ふしぎにこっち「それじゃあ、またニコ!ばいばいニコー!」

ツンデレにこっち「一緒にアイドルを目指す友達……」
57: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 16:06:30.18 ID:AvNHcE1i.net
希「仲良くなったみたいやな!」

ふしぎにこっち「希ちゃん、ただいまニコー!とってもかわいくていい子だったニコ!」

希「うん、よかったなー」

真姫「に、にこちゃん……友達が出来たのね……私も嬉しいわ……」

ツンデレにこっち「真姫……さ、さっきは少し言い過ぎたわ……ごめんなさい……」

真姫「にこちゃん!いいのよ!私こそごめんね!にこちゃぁぁぁぁん!!!」

希「ふふっ、よかったね、真姫ちゃん!」

にこ「なんか人の名前を連呼されると恥ずかしいわね……」
68: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 11:50:45.14 ID:+DHepwbx.net
~真姫の家~


真姫「にーこちゃん♪」

ツンデレにこっち「な、なによ真姫……」

真姫「にこちゃん、大好き♪」

ツンデレにこっち「なっ……恥ずかしいわね!」////

真姫「にこちゃんは私の事、好き?」

ツンデレにこっち「えええ!?べ、別に嫌いじゃないわよ…まあ、どちらかと言えば、好き…かも」////

真姫「ふふふ♪」

ツンデレにこっち「な、何にやにやしてんのよ!気持ち悪いわね!フンッ!」////


ピコーン!


ツンデレにこっち「プレゼントがあるって!やっぱりにこは人気者ね……」

真姫「希のにこっちから?何かしら?」


ツンデレっちはおともだちから『シュシュ』をもらった!


ツンデレにこっち「かわいい!にこにピッタリね!」

真姫「ふふっ、お友達が出来てよかったわね!にこちゃん!」
69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 11:52:05.41 ID:+DHepwbx.net
~希の家~


ふしぎにこっち「希ちゃん!これ似合うニコ?」

希「おー、メイド服やん!めちゃくちゃ似合っとるで!にこっち!」

ふしぎにこっち「えへへ!早くアイドルになっていろんなかわいい衣装が着たいニコ!」

希「にこっちならすーぐアイドルになれるでー」

ふしぎにこっち「ニコ、頑張るニコー!」


ピコーン!


ふしぎにこっち「真姫ちゃんのにこっちちゃんからプレゼントもらったニコー!」

希「お、なんやろ?」


ふしぎっちはおともだちから『赤いリボン』をもらった!


ふしぎにこっち「かわいいー!ニコにピッタリニコー!」

希「ふふふ、よかったなぁ、にこっち!」
70: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 11:54:40.04 ID:+DHepwbx.net
~さらに2日後~


希のにこっち

ふしぎっち 17才
体重 42kg


真姫のにこっち

ツンデレっち 17才
体重 42kg


真姫「ヴェ!?にこちゃんが風邪で今日は学校お休み!?」

希「そうなんよ…帰りに一緒にお見舞いにでも行く?」

真姫「そうね…行きましょ……大丈夫かしら……」
71: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 11:57:09.24 ID:+DHepwbx.net
~にこの家~


にこ「悪いわね……わざわざ来てくれて……ゲホゲホッ……」

希「ええんよー。ヨーグルト買ってきたから食べてな」

真姫「大丈夫?にこちゃん?」

にこ「もうだいぶ熱は下がったから平気よ……明日は学校に行けるわ」

真姫「それならいいんだけど…」

希「あー!」

真姫「どうしたの?希」

希「大変や!うちのにこっちが病気になっとる!」

真姫「ええ!?……ってヴェェ!?私のにこちゃんも病気になってるわ!」

希「どうやらこれはにこインフルエンザの仕業やね!」

真姫「にこインフルエンザ?」

希「そう、にこっち同士だけで感染する病気や!にこインフルエンザにかかったお友達がいると感染してしまうらしいんや!」

真姫「ど、どうすればいいのよ!」

希「注射を打っておけば治るらしいでー」
73: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 12:00:34.35 ID:+DHepwbx.net
ツンデレにこっち「ケホケホッ……」

ふしぎにこっち「ゲホゲホッ……」

真姫「かわいそうに……お注射しましょうね」

ツンデレにこっち「いやよ!注射なんて絶対いや!」

真姫「わがまま言わないの!」ブスッ!

ツンデレにこっち「ぎゃあああああ!!!治ったわ!」

真姫「治るのはやっ!」

希「うちのにこっちも治ったでー!」

ふしぎにこっち「希ちゃんありがとニコ!」

希「どういたしまして……あー!」

真姫「どうしたの?希?」

希「そういえば病気中の隠しコマンドでパソコンに繋いでから
『のぞのぞにこにこのぞにこのぞにこBA』
と入力すると、ベッドの上で汗拭きイベント発生するんやった!」

真姫「えええ!?どうしてそれをもっと早く言わないのよ!」

希「ご、ごめん、真姫ちゃん…うっかり忘れてしもうてて…」

真姫「はぁ……ガッカリ……」

希「でも、病気のにこっちならもう一人おるで」

にこ「へっ……?」
74: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 12:06:08.69 ID:+DHepwbx.net
真姫「にこちゃん!タオルと洗面器と水道借りるわよ!」

にこ「え?な、なに?全く話を聞いてなかったんだけど?」

希「真姫ちゃんがにこっちの体を拭いてあげたいんやって」

にこ「ええええええええええ!?」

真姫「はぁ……はぁ……にこちゃん……いっばい汗かいたでしょ……?私がにこちゃんの体を拭いてあげるね……」

にこ「ちょ、ちょっと!真姫ちゃん…?」

希「真姫ちゃん!にこっちはうちが抑えるから早くパジャマを脱がすんや!」

にこ「の、希!離しなさい!真姫ちゃん…待ってよ……」

真姫「にこちゃん……覚悟しなさい!!!」

にこ「きゃあああああああ!!!」パジャマスポーン!
75: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 12:12:17.86 ID:+DHepwbx.net
にこ「うぅ……は、恥ずかしい……」////

真姫「にこちゃんの体をキレイにしましょうねー」フキフキ

にこ「ひゃう!」ビクッ!

希「んー?にこっち、今の声は何かなぁ?」ニヤニヤ

にこ「な、何のことかしら?にこ、身に覚えがないんだけど?」カァー////

真姫「にこちゃんのかわいいお胸もキレイにしましょうねー」フキフキ

にこ「ぁあん!!」ビクン!

希「んー?今の声もかわいい声やったなぁ?」ニヤニヤ

にこ「ち、ちがっ!これはその……」////

真姫「足もキレイにしましょうねー」フキフキ

にこ「はぅんっ!!」ビクン!

希「にこっちの声、かわいすぎてずっと聞いてたいわー」ニヤニヤ

にこ「あ、アンタ達……二人とも覚えときなさいよ……ゲホゲホッ……」////
79: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 12:26:25.21 ID:+DHepwbx.net
~さらに2日後~


希のにこっち

アイドルっち 19才
体重 41kg


真姫のにこっち

バラドルっち 19才
体重 42kg


真姫「ああー!希いいなぁ!アイドルっちじゃない!羨ましい……」

希「ええやろー!真姫ちゃんのもアイドルっちみたいやけど」

真姫「私のはアイドルでもバラエティアイドルのバラドルっちらしいの。まあ、これはこれでかわいいんだけどね」

希「まあ、二人ともアイドルっちになってよかったやん!」

真姫「まあね。ん?希のにこっちが何か変な動きしてるわよ?」

希「えっ?」
80: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 12:31:34.16 ID:+DHepwbx.net
アイドルにこっち「CD○Vをご覧の皆さん!こんばんわニコー!みんなのハートにニッコニッコニー☆矢澤にこっちです☆」

希「CD○Vに出演する練習しとるーーー!!」ガビーン!

真姫「ふふっ、かわいいわね!」

希「真姫ちゃんのにこっちも何やら練習しとるみたいやけど」

真姫「え?」

バラドルにこっち「えー?やだもータモさんったらー☆え?明日ですか?もちろん空いてますにこ!いいともー!」

真姫「いいともに出る練習してるーーー!!さすがは在庫処分だけあって若干古いわ!」ガビーン!

バラドルにこっち「うん、練習はこのぐらいでいいわね!さて、今日のスケジュールは……アイドルだらけの水着大会と熱湯コマーシャル?
任せておきなさい!真姫にもう何度もお風呂覗かれてるから何も怖いものはないわ!!」

真姫「古いどころのレベルじゃなかったわ!!しかもお風呂覗いてたのバレてるーーー!!!」ガビーン!

希「あははっ!真姫ちゃんのにこっちはおもろいなぁ!」

アイドルにこっち「プロデューサーさん、これどうぞニコ!」

歌番組P「うん?これはほむまんというお菓子かね?モグモグ……うまい!!!」テーレッテレー!

アイドルにこっち「今度のM○テはニコをご贔屓してくださいニコ☆……さて、タモさんにもほむまんあげるニコ!」

希「いつぞやのほむまんを番組プロデューサーに渡しとるーーーー!!!しかもタモさんにまで!さすがは世渡り上手!腹壊してもしらんでー!!」ガビーン!
81: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 12:37:24.45 ID:+DHepwbx.net
アイドルにこっち「目指すは紅白とレコード大賞ニコ!よーし!頑張るニコー!」

希「ははは、この調子なら簡単にどっちも叶いそうやね…」

バラドルにこっち「まずは、さ○ま御殿とダウンタ○ンDX出演ね!そしてCM女王になって、ゆくゆくはベッ○ーみたいにCDも出すわよ!」

真姫「なんかとんでもないことを言ってるけど、これもにこちゃんらしいといえばにこちゃんらしいわね…」

希「よーし、真姫ちゃん!お互いトップアイドルを目指そうな!」

真姫「ええ!任せなさい!希には絶対負けないわよ!」
82: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 12:42:34.23 ID:+DHepwbx.net
~さらに2日後~


希のにこっち

アイドルっち 21才
体重 42kg

真姫のにこっち

バラドルっち 21才
体重 42kg


アイドルにこっち「辛いこともあったけど、紅白出場もでき、レコード大賞も取ることが出来ました!これも応援してくれた皆さんのおかげニコ!ありがとうニコー!」ウルウル

希「よかったなぁ、にこっち……うちも感動してもうた……立派なアイドルに育ってくれてうちも嬉しいで……」ホロリ…

アイドルにこっち「希ちゃんのおかげニコ!ありがとう希ちゃん!」

希「ええんやで、うちは何もしてへん。にこっちの努力のおかげや」

アイドルにこっち「希ちゃん……」

希「にこっち……」

真姫「何やら感動の展開みたいね……」

バラドルにこっち「真姫!ついに大河ドラマの主演が決まったわ!」

真姫「本当に!?にこちゃんやったわね!」

バラドルにこっち「朝ドラの主演もやれたし、CM女王にもなれたし、CDも出せたし……
これも真姫のおかげよ……真姫、本当にありがとう」

真姫「な、何を言ってるのよにこちゃん!にこちゃんの努力と才能のおかげよ!私はただ見守っていただけよ」ホロリ…

バラドルにこっち「真姫……」

真姫「にこちゃぁぁぁぁん!!!」ブワッ

にこ「え、なにこれ?全然ついていけないんだけど……」
83: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 12:49:31.32 ID:+DHepwbx.net
~さらに2日後~


希のにこっち

アイドルっち 23才
体重 42kg

真姫のにこっち

バラドルっち 23才
体重 42kg



希「大変や!真姫ちゃん!」

真姫「希?どうしたの?」

希「これみてみ!」

真姫「な、なによこれ!?」


『熱愛発覚!?希のアイドルっちと真姫のバラドルっち、ハワイの一流ホテルにお泊りデート!!!』


希「まさかうちのにこっちと真姫ちゃんのにこっちがここまで仲良かったとはなぁ……」

真姫「そ、そんな……にこちゃぁぁん!」ヘナヘナ…

希「いやー、でもこれ紅白出場や大河ドラマ主演の前やったら危なかったでー。今のタイミングでよかったね!」

真姫「にこちゃん……そんな……にこちゃん……」ガクガク

希「あ、これ全然聞こえてへんわ……」

にこ「真姫ちゃん?そんなに震えてどうしたの?」

真姫「にこちゃぁぁぁぁん!」モギュッ!

にこ「えええ!?どうしたのよ一体!?」

真姫「私のにこちゃんが私じゃなくて別の子と付き合ってたの!」

にこ「えええ!?にこは真姫ちゃん以外の子を選んだりしないわよ?」

真姫「へっ……?」ドキッ

にこ「あっ………」ドキッ

真姫「にこちゃん……それって……」////

にこ「な、なんでもないわよ!深い意味じゃないから気にしないでよね!」カァー////

希「ふふふ…」
85: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 13:00:12.65 ID:+DHepwbx.net
~さらに2日後の希の家~



希のにこっち

アイドルっち 25才
体重 42kg



希「えええ!?うちのにこっちが電撃引退!?どういうことなん???」

アイドルにこっち「希ちゃん……ニコはニッコニッコニー星に帰らなきゃいけないニコ……」

希「えええ!?日本人じゃなかったん?そういえばたまごから産まれてたもんなぁ」

アイドルにこっち「ごめんニコ……希ちゃんともっと一緒にいたいけどお別れニコ……」

希「そっかー、もうお別れなんや……寂しくなるなぁ……」

アイドルにこっち「ニコ、希ちゃんとの日々は一生忘れないニコ!楽しかったニコ!」

希「うちも楽しかったで!うちも忘れへん!にこっち、ありがとうね!」

アイドルにこっち「もしまた私に会いたくなったらオプションからアルバムを開くニコ!」

希「うん、わかったで!」

アイドルにこっち「それじゃあ、お別れニコ!希ちゃん、さよならニコー!」

希「にこっちー!元気でなー!」

希「……ふぅ、楽しかった!占いしよっ!」
86: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 13:05:42.69 ID:+DHepwbx.net
~真姫の家~


真姫のにこっち

バラドルっち 25才
体重 42kg


バラドルにこっち「真姫、残念だけど、もうお別れなの……ニッコニッコニー星に帰らなきゃいけないの……」

真姫「そ、そんな……にこちゃん……嘘でしょ?嘘だと言ってよ!」ウルウル

バラドルにこっち「真姫との日々は忘れないわ。七五三も運動会も風呂覗かれたのも一生忘れない……楽しかったわよ真姫……」

真姫「わ、私もよ……にこちゃんとの日々はすごく楽しかった……一生忘れないわ……」ウルウル

バラドルにこっち「一度しか言わないからよく聞いてね……真姫ちゃん、大好き!」

真姫「にこちゃん!私も大好きよおおおおお!!にこちゃぁぁぁぁぁぁん!!!」ブワッ!

バラドルにこっち「もし私にまた会いたくなったらオプションのアルバムを見てね」

真姫「うん……見る……ひっぐ……何度も見るわ……えぐっ……」シクシク

バラドルにこっち「それじゃあもう行くわ……ありがとう真姫ちゃん!さよならお元気で!」

真姫「にこちゃん!にこちゃん!!行っちゃいやぁ!!にこちゃぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!」シクシク
88: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 13:09:29.61 ID:+DHepwbx.net
~翌日~


真姫「うぅ……にこちゃん……」ショボーン

にこ「希、真姫ちゃんが元気ないけど、どうしたの?」

希「それがね、ゲームのにこっちが自分の星に帰ってしもうて……真姫ちゃん、にこっちをとても大切に育ててたから……」

にこ「真姫ちゃん……」

真姫「うぅ……」

にこ「真姫ちゃん!」

真姫「にこちゃん……」

にこ「元気出しなさいよ!ほら、にこはここにいるじゃない!にっこにっこにー☆」

真姫「にこちゃん……にこちゃぁぁぁぁん!」モギュッ

にこ「ま、真姫ちゃん!?」

真姫「うぅ……ありがと………そうよね、元気出さなきゃね!だって、にこちゃんはここにいるんだもの!」

にこ「真姫ちゃん、よかった!元気が出たみたいね!」

真姫「ふふっ……にこちゃん!これからもたくさん思い出を作りましょうね!」






おわりにこ
89: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 13:11:43.86 ID:+DHepwbx.net
【おまけ】



芸人にこっち「にっこにっこにー☆とみせかけて…にっこちっくビーム☆」ビローン

凛「あはははは!」ゲラゲラ

芸人にこっち「にこぷり♪ イェーイ! プゥーリティパーンツ♪」プリッ!

芸人にこっち「つい夢の扉までオープンしちゃったにこー!」クパァ!

凛「あはははは!こっちのにこちゃんは面白いにゃー!」ゲラゲラ

にこ「なんなのよ!その下品な芸は!にこはそんなことしないわよ!!」

真姫「希、凛のアレなんなの?」

希「んー?うちのにこっちを貸してあげたら芸人っちに成長したみたいなんよ」

真姫「芸人っちって結構汚れ芸人なのね……」

にこ「まったくもう…」スタスタスタ

凛「にこちゃん、どこにいくにゃー?」

にこ「別に!ちょっとトイレよ!」
90: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/11/18(火) 13:13:44.28 ID:+DHepwbx.net
~トイレの鏡の前~


にこ「まったく、なんなのよもう!」ジャー!

にこ「………………」フキフキ

にこ「………………」

にこ「………………」キョロキョロ

にこ「………………」

にこ「にっこにっこにー☆とみせかけて…にっこちっくビーム☆」ビローン

にこ「にこぷり♪ イェーイ! プゥーリティパーンツ♪」プリッ!


凛「ちょっと寒くないかにゃー」ヒョイ!

真姫「イ、イミワカンナイ…」////

希「鏡にパンツ見せとる……ぷぷぷ」ニヤニヤ


にこ「はぅぅ!!!?」クパァ…

りんのぞまき「………………」ニヤニヤ

にこ「ひっ…………」カァー////

にこ「い、今すぐ忘れなさーーい!!!」////





おわりにこ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「部室で発見!!にこっち」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。