海未「マカロン大量発生」

シェアする

海未-アイキャッチ20
1: ◆J25pnqRfIXTT 2014/03/18(火) 22:44:55.71 ID:X+uvuits0

海未「ことり、新曲の歌詞についてなんですが」

ことり「どうかしたの?」

海未「折角ですしことりの意見を聞かせてほしいんです」

ことり「うん、もちろんいいよ♪」

海未「それではまずはこことここなんですが……」








穂乃果「ここ最近、海未ちゃんとことりちゃんがべったり過ぎて隣にいるのが辛くなってきたよ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395150295

元スレ: 海未「マカロン大量発生」

スポンサーリンク
6: ◆J25pnqRfIXTT 2014/03/18(火) 22:54:29.83 ID:X+uvuits0
海未「それで、どうでしょうか……?」

ことり「うん、良いと思う! 私は好きだよ♪」

海未「本当ですか!?」

ことり「それで、これはみんなに見せたの?」

海未「そんな訳ないじゃないですか、私の初めては全てことりと決めていますから……///」

ことり「海未ちゃん……///」

海未「…………///」

ことり「…………///」

穂乃果「はいストップ」

海未「おや、居たのですか」

ことり「あっ、穂乃果ちゃん! ごめんね、ことりたち夢中になってて……///」

穂乃果「それは別に良いよ、見慣れたから……」

海未「そうですか。ことり、続きを……///」

ことり「う、うん……///」

穂乃果「それがダメなんだってば!」

海未「何なのですか、さっきから……」

穂乃果「いやいやいやいやいや!」

海未「穂乃果、大きな声は出すものではありませんよ。みんなが注目しています」

穂乃果「そんな中で海未ちゃんとことりちゃんは見つめ合ってキスもしそうになってたじゃん!?」

海未「ええ、それが何か?」

ことり「あ、あはは……」

穂乃果「『それが何か』って……」

海未「ではことり、続きを……///」

ことり「はい、海未ちゃん……///」









穂乃果「うーん、3マカロン」
7: ◆J25pnqRfIXTT 2014/03/18(火) 23:04:28.55 ID:X+uvuits0
絵里「そう、穂乃果も大変そうね」

希「それにしてもあの海未ちゃんがね……」

真姫「予想外ね、海未がそんなにことりに甘えてるなんて」

穂乃果「そうなんだよー! おかげで空気を読みつつ牽制しなきゃいけない私の立場は……」

花陽「良ければお茶でも注ぎましょうか?」

穂乃果「えっ、悪いよそんな!」

花陽「なんだか普段から大変そうですし、部室ではゆっくりとくつろいでほしいから」

凛「さっすがかよちん、えらいにゃー! 凛もお手伝いするよ?」

にこ「ホント、ことりはともかく海未が甘々ねぇ……」

絵里「確かに疲れそうね……」

希「花陽ちゃんが言った通り、部室に居る時くらい解放させてあげたいね」

穂乃果「うぅ、みんなありがとぉ~」


ガチャッ


海未「こんにちは、みなさん」

ことり「もしかして遅刻しちゃった?」

9: ◆J25pnqRfIXTT 2014/03/18(火) 23:11:59.98 ID:X+uvuits0
まきりんぱなのぞにこまき「はぁ……」

ことり「みんな、何かあったの?」

海未「ことり、それよりも言っていた新しい衣装見せてくれませんか?」

ことり「えっ? あ、うん。ちょっと待っててね……」ガサゴソ

海未「私も一緒に探しますよ、ことりだけでは心配ですからね」

ことり「も、もう…… 自分でなおしたんだからそれくらい分かるもん!」

海未「だとしても、私はことりの役に立ちたいんですよ」

ことり「海未ちゃん……///」




穂乃果「ね?」

にこ「デレッデレね……」

真姫「見てるこっちが恥ずかしくなりそうだわ……」

絵里「これをほぼずっと隣で見続ける穂乃果の精神力、相当なものよ……」

穂乃果「まあ、1.5マカロンって程度かな」

凛「マカロン? おやつかにゃ?」

穂乃果「ああ、私なりにこの状況に耐えるために編み出した遊びなんだよ」

花陽「遊び?」

穂乃果「そう、遊び。海未ちゃんとことりちゃんの甘々度を単位マカロンで測定することにしたの」

希「えらい、えらいで穂乃果ちゃん!」

絵里「文句も言わず、自分なりの方法で打開策を……」

にこ「さすがμ’sのリーダーね!」

穂乃果「こうでもしないと口から砂糖吐いて死にそうだからね」

10: ◆J25pnqRfIXTT 2014/03/18(火) 23:22:50.96 ID:X+uvuits0
穂乃果「折角だから、アイ活中にみんなもやってみなよ」

真姫「そうね、さすがにあれを正気のまま見続けられるとは思えないわ……」

絵里「あっ、またイチャイチャし始めたわよ……」

穂乃果「それじゃ、測定開始!」




ことり「そうだ海未ちゃん、実はこっそりおやつ持ってきてるんだけど、どうかな?」

海未「もしかしてことりの手作りですか?」

ことり「うん、昨日の夜にクッキー焼いてみたんだ♪」ゴソゴソ

海未「さすがことり、お菓子作りが本当に好きなのですね」

ことり「ううん、そうじゃないよ」スッ

海未「これが手作りクッキーですか。それで、『そうじゃない』とは?」

ことり「ことりはお菓子作りが好きなわけじゃなくてね……」

海未「ええ……」

ことり「大好きな海未ちゃんに、手作りクッキーを食べてもらう。それがとっても楽しいし嬉しいの♪」

海未「ことり! 私もことりの手作りのお菓子を食べるのは大好きです! ですが、ことりへの愛が大きいからこそ!」

ことり「海未ちゃん!」モッギュー

海未「ことりぃ!」モッギュー




凛「なんだか寒気がしたにゃ……」ビクビク

にこ「甘すぎる、下手すりゃこっちがやられるわ……ッ!」グッ

穂乃果「さて、測定結果はどうだった?」

花陽「そうですね、3マカロンってとこじゃないでしょうか?」

絵里「なるほどね…… 私の測定では、ずばり4.5マカロンね!」

希「ウチはそうやなぁ…… 花陽ちゃんと同じで3マカロンってとこかな」

真姫「ごめんなさい、途中から見てられなかったから……」

穂乃果「しょうがないよ、最初は私もそんな感じだったから」

凛「それで、穂乃果ちゃんの測定結果はどんな感じ?」

穂乃果「そうだなぁ……」
12: ◆J25pnqRfIXTT 2014/03/18(火) 23:34:23.49 ID:X+uvuits0
穂乃果「2マカロンだね」

にこ「2マカロン!? ちょっと低いんじゃないの?」

絵里「そうよ! あんなに抱きしめあってるのにたったの2マカロン!?」

穂乃果「全然わかってないね」

真姫「えっ?」

穂乃果「順を追って説明するけど、まずは『こっそり』持ってきたということ」

希「校則に逆らって、こっそりと海未ちゃんのためにクッキーを持ってきたんやろ?」

穂乃果「そう、希ちゃんが言ってることは間違ってない。だけど足りない」

希「足りない?」

穂乃果「ことりちゃんは『校則に逆らって』『こっそり隠れて』持ってきたんだよ」

凛「それくらいは凛にもわかるにゃー!」

穂乃果「目を付けるべきは『こっそり隠れて』ってところなんだよ」

絵里「それは校則に逆らってもしバレようものなら……」

真姫「それってつまり、校則を優先したってこと……」


穂乃果「真姫ちゃんビンゴだよ」

穂乃果「ことりちゃんは校則を優先させた、海未ちゃんよりもね」

穂乃果「確かに、持ってきている時点で校則を破ってるんだから海未ちゃんを優先させてるようにも見えるよ」

穂乃果「だけど、本当に海未ちゃんのことを優先させるならばコソコソせずに堂々とクッキーを持ってきて」

穂乃果「そして堂々と周りの目を気にせずに海未ちゃんに渡すはずなんだ」


花陽「な、なるほど……」

絵里「奥が深いわね……」

14: ◆J25pnqRfIXTT 2014/03/18(火) 23:49:29.18 ID:X+uvuits0
穂乃果「ポイントはそこだけじゃないよ」

にこ「まだあるわけ!?」

穂乃果「伊達にずっと隣で見てきたわけじゃないよ」

希「それじゃ、プロフェッショナルに聞かせてもらおか?」


穂乃果「うん、海未ちゃんの言葉から『ことりちゃんはお菓子作りが好き』という情報が海未ちゃんは知っているはずだよね」

穂乃果「にもかかわらず、海未ちゃんはこんなことを言ってる」

穂乃果「『これが手作りクッキーですか。それで、『そうじゃない』とは?』と」

穂乃果「お付き合いまでしている、そしてことりちゃんが『お菓子作りが好き』だということを知っている」

穂乃果「なのにそんなことを聞き返す必要があったのかな?」

穂乃果「もしかすると海未ちゃんは、心のどこかでことりちゃんのことをほんのちょっぴりだけ信じ切れていないんじゃ?」

穂乃果「こんな感じで、また減点の対象だよね」


絵里「その結果が2マカロン、さすが穂乃果と言ったところね……」

凛「凛にはさっぱりだったけど、穂乃果ちゃんが凄いってことは分かったにゃ!」

希「しっ! なんか雰囲気がまた変わってるみたいや!」

16: ◆J25pnqRfIXTT 2014/03/19(水) 00:01:01.75 ID:cBBd2nYI0
海未「ことり」

ことり「なあに、海未ちゃん?」

海未「ふふふ、呼んだだけです♪」

ことり「もう、海未ちゃんったら……」

海未「…………」スタッ

ことり「?」

海未「…………」テクテク

ことり「…………?」

海未「…………♡」モッギュー

ことり「ふふっ♪」

海未「ふふふ♪」




真姫「口から砂糖吐きそうだわ…… ウッ……」

花陽「今回のいちゃつきはなんかレベル高いです……」

絵里「それじゃ、測定結果の発表と行きましょう?」

希「エリチ楽しそうやね」

凛「はいはい! まずは凛からね!」

穂乃果「オッケー、凛ちゃんの意見を聞かせて?」

凛「海未ちゃんとことりちゃんはほとんど喋ってなかったにゃ!」

絵里「確かにそうね」

凛「だから2マカロン! そんなに高くないはずにゃ」

穂乃果「なるほど、絵里ちゃんは?」

絵里「そうね、恋人で定番の『呼んだだけ』が炸裂してるし、3.5マカロンくらいじゃないかしら?」

希「それじゃ最後は穂乃果ちゃんやね」

17: ◆J25pnqRfIXTT 2014/03/19(水) 00:12:38.96 ID:cBBd2nYI0
穂乃果「今回のいちゃつき、かなりレベル高いね」

凛「どうしてどうしてー? 全然お話してないのに!?」

絵里「やっぱり『呼んだだけ』が効いてるのよね?」

穂乃果「それもあるけど、決め手はもう一つある」

真姫「もう一つ?」

花陽「何でしょう、さっぱり分かりません……」


穂乃果「今回注目すべきは、あの海未ちゃんがただ無言で立ち上がりことりちゃんの元へ行き」

穂乃果「そしてその無言のまま、抱き付いたこと」

穂乃果「普段しっかりしてて真面目な海未ちゃんが、そんなに無駄な行動を行う、そうさせたことりちゃんの実力もあるね」

穂乃果「もちろん海未ちゃんだって自分から、そして笑顔で向ってるから高得点だね」

穂乃果「これを考慮して測定すると、4マカロンってとこなんじゃないかな?」


花陽「さすが穂乃果ちゃんです……」

希「ウチかて、ここまでエリチのことを詳しく分析できるやろか……」

絵里「しなくていいからね? ついでにワシワシも辞めてくれると助かるわ」

凛「ちょっと、二人がこっちくるにゃ!」コソコソ


海未「今ことりと話してたのですが、このあと皆さんは時間がありますか?」

ことり「無理に予定空けたりはしなくていいからね?」

絵里「私は大丈夫よ。生徒会の仕事もある程度片付いてるしね」

凛「凛はかよちんが行くなら行くけど、どうするにゃ?」

花陽「折角だし、私もご一緒しようかな」

真姫「私も大丈夫だけど、どこに行くつもりなの?」

希「そうやね、それを聞かんことには決めようにも決められんし」

にこ「ご飯とかだったら喜んで行くわよ?」

海未「そうですか!」

ことり「実は……」




ことり「ケーキバイキングに行こうと思うんだけど」

海未「みんなも来ますよね?」




ほのまきりんぱな
のぞにこえり  「いえ、結構です」


18: ◆J25pnqRfIXTT 2014/03/19(水) 00:14:57.30 ID:cBBd2nYI0
終わりです。

久々に書いたのですっごい微妙な作品になったことは間違いないです。
頑張って取り戻したいとは常々思ってるんですけどね、無理です。

明日か明後日、スクシミュか絵里ifのどちらかを再開したいと思ってます。
それではー。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
海未「マカロン大量発生」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「マカロン大量発生」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。