穂乃果「とっておきのプレゼントがあるんだっ」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ12
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:33:01.83 ID:ZdfJgbsq0
~絵里の家~

穂乃果「改めまして、絵里ちゃん!お誕生日おめでとう!」

絵里「ええ、ありがとう穂乃果」

穂乃果「みんなでの誕生日会も終わって、やっと二人きりだね」スリスリ

絵里「だけど隣の部屋には亜里沙がいるわよ?」

穂乃果「ふっふっふ、亜里沙ちゃんなら今日は穂乃果の家にお泊りなんだよ?」

絵里「えっ、そうなの?あの子ったら……」

穂乃果「頭のいい穂乃果はそこらへんも根回し済みなのです!だから今日は穂乃果と絵里ちゃんの二人の夜なんだよ?」

絵里「言い方がちょっとアレね……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413891171

元スレ: 穂乃果「とっておきのプレゼントがあるんだっ」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:36:12.28 ID:ZdfJgbsqo
穂乃果「もう!絵里ちゃんもムード出していこうよ!特別な夜に二人きりなんだよ!?」

絵里「そう……ね、ところで一ついいかしら?」

穂乃果「何々?今日は特別だから何でも答えてあげるよ。ちなみに好きな人は絵里ちゃんですっ!」

絵里「そう、ありがとう。じゃあ質問なんだけどなんで穂乃果はキャミソール姿なの?」

穂乃果「これはね、ムードを出すために必要なの!」

絵里「ムードって何よ……」

穂乃果「わかってるくせに~」ニヤニヤ

穂乃果「なんと今日は穂乃果から特別なプレゼントがあるんだよ!嬉しいでしょう?」

絵里「嬉しいけど……その前に一ついいかしら?」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:37:57.75 ID:ZdfJgbsqo
穂乃果「またぁ?早くプレゼントを渡したいのに……。
しょうがないなぁ、誕生日だから特別に答えてあげるよ!」

絵里「もしかしてだけど、首と頭に巻いてあるそのリボンはプレゼントに何か関係があるのかしら?」

穂乃果「おぉ!そこに気が付くとはさすが絵里ちゃんだね。もしかしてエスパー?」

絵里「賢いとかよく言われるけど、エスパー扱いされたのは初めてね」

穂乃果「じゃあ名探偵絵里ちゃんだね!
――そうです、このリボンはプレゼントに関係があるのです!」

絵里「……見たところ穂乃果って手ぶらよね?なにをくれる気なのかしら」

穂乃果「一つじゃなくなってるよ?答えてあげるけどさ……」

穂乃果「あのね、プレゼントは……ほ・の「おやすみ、明日も学校なんだから穂乃果もすぐに寝なさいね」

穂乃果「ええっ!?ちょっと絵里ちゃーん!」

絵里「……」zzz

穂乃果「そんな……えりちゃん……」

絵里「……」zzz

穂乃果「うぅ……あんまりだよ……」スリスリ

絵里「……」zzz

穂乃果「ひどいよ……んっ?」クンクン

穂乃果「あっ、絵里ちゃんいい匂いだ」クンクン

絵里「……」zzz

穂乃果「おやすみ、大好きだよ♪」スリスリ
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:39:15.66 ID:ZdfJgbsqo
~~~~~
次の日 昼休み

穂乃果「えっりちゃーん!穂乃果が来たよー!」

希「おっ、忠犬の登場やね」

絵里「何よ忠犬って……」

希「まんざらでもない癖に素直やないなぁ」ニヤニヤ

穂乃果「あっ、希ちゃんおはようっ」

希「おはよう穂乃果ちゃん、昨晩はお楽しみやったん?」

穂乃果「うん!ばっちりだよ。絵里ちゃんったら激しくて……///」

希「ほほぉ、えりちも何時もいい子ぶってる癖に夜はパンサーなんやね」ニヤニヤ
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:40:10.93 ID:ZdfJgbsqo
絵里「はいはい、冗談はそこまでよ。昨日は普通に一緒に寝ただけよ」

穂乃果「ちぇっ……絵里ちゃんったらノリが悪いね……」

希「でも一緒に寝るのが普通なんやね」ニヤニヤ

絵里「そ、それより穂乃果はどうしたの?」

穂乃果「あっ!そうだった、今日は一緒にお昼を食べようと思ってきたんだよ」

絵里「お昼?別にいいけど海未達とは一緒に食べないでいいの?」

穂乃果「うん、今日から穂乃果は絵里ちゃんの物だからね、一緒に居ないと!」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:41:07.41 ID:ZdfJgbsqo
絵里「だ、だから別に穂乃果をもらった覚えは……」

穂乃果「そんなこと言っちゃってこのこの!」ツンツン

絵里「ちょ、ちょっと穂乃果……はっ!」

希「……」ニヤニヤニヤ

絵里「じ、時間もないし早くお昼食べましょうか!」

希「せやね」ニヤニヤ

穂乃果「あっ!そうだね。食べさせっこしようねー!」





絵里(それから穂乃果は常に私の傍にいるようになった)
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:42:00.25 ID:ZdfJgbsqo
~~~~~

絵里(休み時間は毎回のように私の教室まで来る)

穂乃果「絵里ちゃーん!90分ぶりだね!元気だった?」

絵里「ええ、元気だけど……穂乃果は次移動教室じゃなかったの?」

穂乃果「あっ!そうだったまた来るから!」

絵里「別にそんな毎回来ないでもいいんじゃないかしら……」

穂乃果「穂乃果が来たいからいいの!じゃあまたねー!」

希「愛されとるね」ニヤニヤ

絵里「愛が重いわ……」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:42:47.24 ID:ZdfJgbsqo
絵里(お昼休みも毎回穂乃果と一緒)

穂乃果「今日は絵里ちゃんの為にお弁当を作ったんだよ!」

絵里「えっ、穂乃果が?」

穂乃果「うん!食べてくれる……?」

絵里「別にいいけど……なんで急に?」

穂乃果「えー?好きな人に手作りのお弁当を渡すのは。女の子の夢だからだよ!
それに絵里ちゃんにはよくお弁当を分けてもらうからね、そのお礼!」

絵里「そう?それならありがたくもらうけど……」

穂乃果「うんうん!頑張って作った自信作だから安心して食べてね」

絵里「……わ、私の分のお弁当は穂乃果にあげるわ、二つも食べれないから」

穂乃果「ほ、本当!?絵里ちゃんのお弁当くれるの!?」

絵里「ふ、二つ食べるのは無理だし……。い、いらないなら別に……」

穂乃果「いるいる!いるよー!えへへ、お弁当交換だね!」

絵里「ふふっ、お弁当くらいで大げさね」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:44:14.47 ID:ZdfJgbsqo
絵里(放課後だって)

穂乃果「絵里ちゃん、一緒に帰ろう!」

穂乃果「今日は一段と冷えるし手を繋いじゃったりしようよっ、腕組むのもいいかも!」

絵里「今日は進路相談で遅くなるのよ……ごめんね」

穂乃果「えぇ……そうなの?何時くらい?」

絵里「私の順番は最後だから……ちょっとわからないけど相当遅くなるわ」

穂乃果「そっか……、でも大事なことだししょうがないよね!頑張ってね」

絵里「ええ、ありがとう。穂乃果も気を付けて帰りなさいね」

穂乃果「うんっ」ニッコリ





絵里「予想より早く終わったわね……」

絵里「どうせ今日は一人だし図書室で勉強でもして帰りましょう」

絵里「っと、その前に穂乃果からメールは……」

絵里「珍しく来てないわね、どうしたのかしら」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:46:07.84 ID:ZdfJgbsqo





絵里「すっかり遅くなっちゃったわね……」

絵里「完全下校時間が遅めなのはありがたいんだけど、つい熱中しすぎちゃうわね」

絵里「早く帰らないと亜里沙に怒られるわ……」スタスタ

絵里(あら、下駄箱に誰かが……まだ残ってる生徒がいたのね)

穂乃果「あ!絵里ちゃーん!」ギューッ

絵里「ほ、穂乃果!?帰ったんじゃないの?」

穂乃果「生徒会の用事があって残ってたんだよ?偶然だねっ」

絵里「こんな時間まで生徒会の仕事?それに海未やことりはどうしたの?」

穂乃果「二人とも用事があって早めに帰っちゃったんだよ
だからちょうど穂乃果一人なんだ!えへへ、一緒に帰ろう」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:47:36.86 ID:ZdfJgbsqo
穂乃果「疑い深いなぁ!本当だよ?」

絵里「ちょうどタイミングよく私に出会えたのは?」

穂乃果「運命かも!?」

絵里「穂乃果の体が冷たいのは?」

穂乃果「えー……節電の為、我が生徒会では暖房の使用を禁止しています!」

絵里「三年の下駄箱の前で座り込んでたように見えたんだけど?」

穂乃果「あー……えーっと……コンタクトレンズ落として探してたの!」

絵里「……連絡くらいしないとダメでしょ?」

穂乃果「何のことかな~?穂乃果バカだからわからないよっ」

絵里「はぁ……いいわ。もう行くわよ、はいっ」

穂乃果「……手?」

絵里「……繋ぐんでしょう?早く行きましょう」

穂乃果「うん!うん!」ギューッ



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:49:26.70 ID:ZdfJgbsqo
穂乃果「絵里ちゃんの手は暖かいね」

絵里「穂乃果も暖かいわよ?」

穂乃果「絵里ちゃんの方が暖かいの!」

絵里「そうかしら……」

穂乃果「そうなの!」

穂乃果「ねえ、絵里ちゃん」

絵里「どうしたの?」

穂乃果「大好きだよっ」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:51:39.32 ID:ZdfJgbsqo
絵里(休みの日だって)

絵里「んっ……朝?」

ゴソゴソ

絵里「何かしら、リビングから音が……」

絵里「亜里沙が朝ごはんでも作ってるのかしら?」

ガチャッ

絵里「亜里沙?なにを作って……って!」

穂乃果「あっ、絵里ちゃんおはよー!もうすぐできるからから待っててね」

亜里沙「おはようお姉ちゃん。穂乃果さんが朝ご飯作りに来てくれたんだよ?」

穂乃果「あ!駄目だよ亜里沙ちゃん、穂乃果さんじゃなくて穂乃果お義姉ちゃんって呼んでって言ったでしょう?」

亜里沙「は、恥ずかしいですし……」

穂乃果「ダメダメ、今から馴れちゃわないとね。ほら読んでみて」

亜里沙「ほ、穂乃果……義姉ちゃん……?///」

穂乃果「あっ」キュン
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:52:49.60 ID:ZdfJgbsqo
亜里沙「どうしたの?ほ、穂乃果義姉ちゃん」

穂乃果「うー!かわいいっ!」キュンキュン

穂乃果「こんな妹が欲しかったんだっ!可愛い可愛い!」ギューッ

亜里沙「ほ、穂乃果義姉ちゃん苦しい……」

穂乃果「ああん!亜里沙ちゃーん!」

絵里「……穂乃果は朝から亜里沙といちゃつきに来たのかしら?」

穂乃果「ああっ!そうだった。今用意するから待っててね!」ゴソゴソ

絵里「まったくもう……」

亜里沙「お姉ちゃんって、素直じゃないよね」ニヤニヤ

絵里「寝起きだからよ……」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:53:56.53 ID:ZdfJgbsqo
~絵里の部屋~

絵里「それで、穂乃果は何をしに来たの?」

穂乃果「えっ?絵里ちゃんの朝食を作りにだよ!
後はできれば起こしてあげたかったんだけど……それはまた今度で!」

絵里「そう、じゃあもう目的は果たしたわね?」

穂乃果「あ、あとはできれば絵里ちゃんと一緒に遊びたいなーって……だめかな?」チラッチラッ

絵里「うーん、残念だけど今日中にやらなきゃいけない課題があるのよね」

穂乃果「サボっちゃおう!」

絵里「それは駄目よ。……亜里沙と遊んで来ればいいんじゃないの?」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:55:28.33 ID:ZdfJgbsqo
穂乃果「えー……穂乃果は絵里ちゃんと一緒がいいよ……
そうだっ!絵里ちゃんの部屋で課題が終わるの待ってるよ!」

絵里「別にいいけど……でも退屈よ?穂乃果が暇をつぶせるようなものなんてないし……」

穂乃果「絵里ちゃんと一緒に居れば退屈なんてしないよ!大人しくしてるからいいでしょ?」

絵里「そこまで言うならいいけど……」

穂乃果「やった!じゃあ終わったら遊びに行こうねっ」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:56:32.04 ID:ZdfJgbsqo
30分後~

絵里「……」カキカキ

穂乃果「……」ジーッ

~1時間後~

絵里「……」カキカキ

穂乃果「……」クンクン

~1時間30分後~

絵理「……」カキカキ

穂乃果「……」ソワソワ

~2時間後~

絵里「……」カキカキ

穂乃果「えりちゃ~ん……」スリスリ

絵里「……大人しくしてるって約束したでしょう?」

穂乃果「えー。でも絵里ちゃんが近くにいたら我慢なんてできないよ……」

絵里「そう、なら亜里沙と……」

穂乃果「あー!わかったから居させて!でも最後に……」

穂乃果「絵里ちゃーん!もぎゅーっ!」

絵里「ちょっと穂乃果!」

穂乃果「もぎゅーっ!―――よし絵里ちゃん分の補給完了だよ!」

絵里「な、何よそれ……」

穂乃果「これで数時間は戦えるよ!じゃあ課題頑張ってね」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:57:26.13 ID:ZdfJgbsqo



~5時間後~

絵里「ようやく終わったわね……、穂乃果お待たせ」

穂乃果「すやぁ……」zzz

絵里「静かだと思ったら……、寝ちゃってたのね」

絵里「気持ちよく寝てるのに、起こすのは可哀そうかしら……」ナデナデ

穂乃果「んっ……えりちゃん……」zzz

絵里「……」ナデナデ

絵里(毎日、穂乃果からの愛をすごく感じるわ)

絵里(だけど私はわからない、なんで私なのかが)

絵里(穂乃果の愛が眩しすぎるの……。色々と考えすぎなのかしら?)

絵里(……ちょっと眠くなってきたわね)
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:58:02.92 ID:ZdfJgbsqo




ガチャッ

亜里沙「お姉ちゃん、穂乃果さん。ジュース持ってきたよ!」

亜里沙「あっ……」

ほのえり「……」zzz

亜里沙「抱き合って寝ちゃってる……」

亜里沙「くすくす、やっぱり仲良いね」

亜里沙「おやすみなさい、二人のお姉ちゃん」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:58:39.25 ID:ZdfJgbsqo
~~~~~
~ある日休みの日~

穂乃果「絵里ちゃん絵里ちゃん絵里ちゃん~!」スリスリ

絵里「……」ナデナデ

穂乃果「くぅ~ん!」

絵里「お手」

穂乃果「はいっ!」シュタ

絵里「お座り」

穂乃果「ほい!」スタッ

絵里「三回まわってわん!」

穂乃果「くる~くる~くる、わん!」

絵里「いい子ね」ナデナデ

穂乃果「でしょでしょ!絵里ちゃんのお願いなら何でも聞くよ、だって穂乃果は絵里ちゃんの物だから!」フンス

絵里「まったくまだそんなこと言って……」

穂乃果「えー!まだ認めてくれないの?こんなにも絵里ちゃんのことが好きなのになぁ……」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:59:55.22 ID:ZdfJgbsqo
里(だから不安になるの)

絵里(穂乃果は一体私のどこが好きなのか、その好意は何かの勘違い何じゃないかって不安になるの)

絵里(いっそのこと……聞いてみれば楽になるのかしら)

絵里「……ねえ、穂乃果?」

穂乃果「はいっ!なんですか絵里ちゃん!」

絵里「穂乃果って私のこと好きよね?」

穂乃果「違うよ!大好きなんだよ?」

絵里「そ、それで私のどこがそんなに大好きなの?」

穂乃果「えっ?どこが好きって?」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:00:44.40 ID:ZdfJgbsqo
絵里「その……色々あるじゃない?笑顔に惚れたとか優しいところがいいとか」

穂乃果「う~ん、好きなところ……大好きなところ……」

絵里(ま、まさか本当にないとか……?)ドキドキ

穂乃果「うむむむっ……全部かなっ!」

絵里「はっ……?」

穂乃果「うん、そうだよ!穂乃果は絵里ちゃんの全部が好きだもん
何処がって言われても難しいよ!」

絵里「ぜ、全部って……」

穂乃果「えぇ……、だめかなぁ?」

穂乃果「穂乃果は絵里ちゃんの笑っているところも、照れてるところも
泣いてるところも、怒ってるところも全部、全部大好きなんだよ!」

絵里「……」

穂乃果「だから一つに絞れって言われても無理かなっ」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:04:03.23 ID:ZdfJgbsqo
穂乃果「絵里ちゃんの存在全てが好きであり、もはや絵里ちゃんだと思うだけで全てを好きになれると言いますか……ってなんで泣いてるのっ!?」

絵里「ぐっす……なんでもないわ、何でも」ゴシゴシ

穂乃果「なんでもなくないよ!だって泣いてるんだよ?何かあるなら穂乃果に言ってよっ」

絵里「そうね……じゃあ……」

絵里「私も穂乃果の全てが大好きよ」

絵里(何も心配することなんてなかったのね、私が勝手に自滅しそうになってただけ)

絵里(愛が眩しいとか、勝手に怖がってただけ)

絵里(だけどもう怖くないわ。だから、もっと素直になろう)

絵里(穂乃果が、全身で愛情を示してくれるなら、私も全身で愛してあげなきゃ!)
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:04:39.19 ID:ZdfJgbsqo
~~~~~
数週間後

穂乃果「えりちゃぁぁぁぁぁん!」モギューッ

絵里「ほのかあああああああああっ!」ギューッ

穂乃果「会いたかった、会いたかったよぉ……」スリスリ

絵里「私も一分一秒でも早く会いたかった!また会えてよかったわ……」ナデナデ

穂乃果「寂しかったよぉ、ずっと会えなくて……」ウルウル

絵里「私もずっと穂乃果のことが心配だったの………」ギュッ

穂乃果「あのね、このままずっと絵里ちゃんと、会えなくなっちゃうんじゃないかって……すごく不安だったんだぁ……」スリスリ

絵里「大丈夫よ。例え穂乃果がどこ行ってしまおうと、必ず迎えに行くから」ナデナデ
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:05:07.34 ID:ZdfJgbsqo
穂乃果「えりちゃん……」ドキドキ

絵里「だから穂乃果、次は私が迎えに行く番でいいわね?」

穂乃果「うん……待ってる。遅かったら嫌だよ……?」

絵里「私は穂乃果の為なら、誰よりも速く走れる女よ」フフッ

穂乃果「そうだよね……、ありがとう絵里ちゃん」モギューッ

絵里「いいのよ、……ねえ、最後にキスしていいかしら?」

穂乃果「うん……いいよっ///」ドキドキ

絵里「じゃあするわね……、消えない証を刻んであげるわっ」

穂乃果「……///」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:06:42.43 ID:ZdfJgbsqo
にこ「スタァァァァップ!あんたらは教室でどこまでやろうとしてるのよ!」

絵里「キスだけど?」

にこ「キスだけどじゃないわよ!変なセリフまで言って、周りの方が恥ずかしくなるわよ!」

穂乃果「絵里ちゃんはとってもかっこよかったよっ!」

絵里「まったくにこったら……、あっ。もしかしてにこも穂乃果狙い?渡さないわよ?」

にこ「違うわよっ!」

穂乃果「大丈夫だよ!にこちゃんには悪いけど穂乃果は絵里ちゃんだけのものだから///」

絵里「ああもう!なんでこんなに可愛いのっ!」ギューッ

にこ「な、なんなのこのバカ二人は……、休み時間になる度にお互いの教室に行き来して……」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:07:41.44 ID:ZdfJgbsqo
絵里「だって穂乃果分を補給しないと死んじゃうし……」

穂乃果「ねー♪」

にこ「『ねー♪』じゃないわよっ!
絵里はちょっと前までは、こんなキャラじゃなかったじゃない!」

絵里「真実の愛に気がついたのよ」

にこ「何それ……」

絵里「人を愛するって良い物よ?」

にこ「うっさいわ!だいたい絵里が卒業したらどうするのよ、本当に死ぬんじゃないの……?」

絵里「大丈夫よ、卒業後は同居するから」

にこ「はい?」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:08:33.25 ID:ZdfJgbsqo
穂乃果「夜間の間に絵里ちゃん分を補充できるねっ!」

絵里「ふふっ、その代わり睡眠時間が足りなくなりそうね?」

穂乃果「もうっ、人前だよ///」

絵里「ごめんなさい、穂乃果がとっても魅力的だったから、ついね」テヘリ

穂乃果「絵里ちゃん……///」トローン

にこ「……」ポカーン

にこ「……ハッ!ちょ、ちょっと何よ同居って!」

穂乃果「一緒の家に住むことだよ?」

にこ「そういうことじゃないわよ!二人で同居なんて……」

絵里「亜里沙もいるから三人よ?」

にこ「あまり変わらないわよ!絵里はともかく、穂乃果は高校生よ?」
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:10:23.24 ID:ZdfJgbsqo
穂乃果「穂乃果は高校生である前に、絵里ちゃんの物だし……」

絵里「自分の物を手元に置いておくのは普通よね」

ほのえり「ねー♪」

にこ「……はぁ、もういいわ」

絵里「にこ、あなた疲れてそうだけど……。チョコレートならあるけどいる?」

穂乃果「あー!穂乃果も欲しいっ!」

絵里「まったく、穂乃果は食いしん坊さんね。あーんしてね」

穂乃果「えへへ///あーん♪」

穂乃果「んちゅっ……」モグモグ

絵里「こらっ、私の指ごと食べちゃダメでしょう?」コツン

穂乃果「うぅ……だってチョコより美味しそうだったんだもん」
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:11:32.20 ID:ZdfJgbsqo
絵里「私だって穂乃果のことを食べるの我慢してるのよ。だから、ね?」

穂乃果「うん……、ごめんね絵里ちゃん……」シュン

絵里「わかってくれればいいのよ。本当に穂乃果は素直ないい子ねっ!」ナデナデ

穂乃果「くぅーん!」スリスリ

にこ「もう勝手にやりなさいよ……」

希(……無駄だと思ってても毎回ツッコミに行くにこっち)

希(まさに生まれ持ってのツッコミ体質やね!ウチ感動したわ……)
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:12:56.57 ID:ZdfJgbsqo
おしまい
絵里ちゃん誕生日おめでとう!一期序盤の低血圧エリチカが書きたかっただけなんだ

にこのツッコミが音ノ木坂の風紀を救うと信じて・・・!
ご愛読ありがとうございました

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「とっておきのプレゼントがあるんだっ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「とっておきのプレゼントがあるんだっ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。