ツバサ「う……おえっ」

シェアする

ツバサ-アイキャッチ4
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:35:34.84 ID:gRl20Gj90
あんじゅ「ど、どうしたのツバサ!?具合悪いの!?」

ツバサ「…ええ、ここのところ吐き気が酷くて」

あんじゅ「そ、それって食あたり?食中毒とか…?」

ツバサ「食べ物には気を使ってるわ、あなたたちならわかるでしょう?」

英玲奈「…ああ、私たちはアイドル。食を含め、体調管理の怠りは許されない」

あんじゅ「でも現にツバサは苦しんでるわ、いったい何が原因なの…?」


ツバサ「…」ウツムキ


英玲奈「どうやら心当たりがあるみたいだな」

あんじゅ「もしかしてツバサ、私たちになにか隠し事を…?」

ツバサ「…そうね、ここまできたらあなたたちに話すわ」

英玲奈「聞こう」

あんじゅ「え…まさか重い病気とかじゃないわよね…?」オロオロ

ツバサ「実はね、私…」






ツバサ「穂乃果さんの子を身ごもったみたいなの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445358934

元スレ: ツバサ「う……おえっ」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:36:38.55 ID:gRl20Gj90
2人「……………は?」







ツバサ「身ごもったみたいなの、穂乃果さ…「待って待って」


あんじゅ「おかしいわねそれおかしいわよね」

ツバサ「倒置法が?」

英玲奈「そういうことじゃない」

ツバサ「ああ、まずきっかけね。あれは…」

あんじゅ「そうじゃなくてえぇっ、おかしいでしょぉぉ!」ガシッ

ツバサ「やめてあんじゅ、母体に響くわ」

あんじゅ「ぁぁぁあああぁぁ……」プルプルプル…

英玲奈(あんじゅがかつて無いほどイラついている…助け舟を出してやるか)
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:37:25.88 ID:gRl20Gj90
英玲奈「まあまずは落ち着こう、そして冷静に考えてみるんだ」

あんじゅ「フー…フー…」

英玲奈「どうどう」ポンポン


ツバサ「…」ポンポン… ニコ…


あんじゅ「聖母のような顔で下腹部叩くのやめろぉあああ!!」グワッ

英玲奈「やめんかあんじゅ!!」ガシッ

ツバサ「あ、今蹴った…」

あんじゅ「今蹴った…じゃないわよ私も蹴り飛ばしてやろうかぁああああ!!!」ブオンブオン

英玲奈「待てといっているだろうが…っ!ツバサも余計な事を言うな!!」ガッシリ


ツバサ「…ああ、ごめんなさい。愛おしくてつい」

ツバサ「さ、何でも聞いて、あなた達には知る権利があるもの」ニッコリ…

英玲奈(くぅぅ、私も少し殴りたくなったが……我慢我慢)
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:38:19.17 ID:gRl20Gj90
英玲奈「…いいか、お前言ったな。身ごもった、と」

ツバサ「ええ」

英玲奈「つまり妊娠した、という事か」

ツバサ「その通りよ」

英玲奈「穂乃果さんの子を」

ツバサ「イエス」

あんじゅ「ノー」

英玲奈「落ち着け…そう、そこなんだ。私が聞きたいのは」

英玲奈「お前は女の子である穂乃果さんの子を妊娠した、というのか」

ツバサ「ええ、所謂おめでたね」

英玲奈(なんと迷いの無い返事…)

あんじゅ「ありえないわぁ…ありえない…」ワナワナ
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:38:56.36 ID:gRl20Gj90
英玲奈「…ツバサ、お前も女だな?」

ツバサ「でなきゃここにいるはずないでしょう?」

英玲奈「ならばわからないか?」

ツバサ「?」

あんじゅ「…」ブツブツ…







英玲奈「女性同士では子供は出来ないぞ」








ツバサ「え?」

あんじゅ「え?」

英玲奈「おいお前もか」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:40:19.84 ID:gRl20Gj90
ツバサ「英玲奈が何言ってるのかちょっとわからないわね」

あんじゅ「大丈夫、英玲奈?いつもの常識人ぶったあなたはどこいったの?」

英玲奈「お前らが大丈夫か……っておい、ぶったとはなんだ」

2人「しゃべり方」

英玲奈「ぶっとばすぞ」



英玲奈「お前らはなぜわからないんだ」

ツバサ「逆に聞きたいけど、なら妊娠ってどうやってするの?」

英玲奈「なっ…///」

あんじゅ「まさかわからないとかぁ?」


英玲奈「それは…その……///」

英玲奈「せ、せ、せい…しが、その…らんしに……///」


ツバサ「はぁ?何言ってるか聞こえないわ」

あんじゅ「完っ全にウブなネンネ」

英玲奈「だ、誰がっ!…と、というか今はお前らのことだ!知っているならなぜわからん!?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:41:35.70 ID:gRl20Gj90
ツバサ「仕方ないわねー、あんじゅ教えてあげて」

あんじゅ「わ、私ぃ!?…ちょっと恥ずかしいけど、まあいいわぁ」クルクル

あんじゅ「妊娠ってのはね、つまり……き……き……」






あんじゅ「き、キスしたら出来るのよ…///」






英玲奈「……はぁ?」


ツバサ「きゃっ、あんじゅってば大胆♪」

あんじゅ「も、もうツバサったら……ってそうだったわ!あんたなんで穂乃果さんと……っ」ギリリッ

ツバサ「なにカリカリしてるの?」

あんじゅ「だってそうでしょっ!わ、私将来は、その…///」

ツバサ「?」

あんじゅ「ツバサとけ、け、けっこ…「まて」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:42:36.55 ID:gRl20Gj90
英玲奈「お前らは本当に信じているのか?」

英玲奈「キスで妊娠できると」

あんじゅ「い、いきなり饒舌にならないでよっ!このエロっ、エロ奈!!」

ツバサ「エロ奈って実はむっつりだったのね」クスクス


英玲奈(…どうやら嘘は言っていないようだ)

英玲奈(となるとこれは、育った環境の問題…?)

英玲奈(UTX学院は芸能科が注目されがちだが、偏差値も高く、都心で私立、防犯設備も万全という事もあり、箱入り娘のお嬢様を入学させる家庭も多いと聞く)

英玲奈(あんじゅはまさにそれ…加えてツバサにいたっては、恐らく夢を追う事に夢中で他に学ぶべきことが疎かになった結果だろう)

英玲奈(それが悪い事とは言わないが…これはあまりにも…)
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:43:28.41 ID:gRl20Gj90
ツバサ「ふふ…でも英玲奈の言いたいことはわかるの」

ツバサ「あなたの話を聞いて、私もようやく合点がいったわ」

あんじゅ「…どういうことよ」



ツバサ「だって私、穂乃果さんとキスしてないもの」



あんじゅ「……えぇ!?なによそれっ、じゃあ妊娠も…」

ツバサ「いいえ、妊娠はしてるわ」キッパリ

あんじゅ「はあああ!?意味わかんないわよぉ!!!マリアにでもなったっていうの!!??」ガタッ

英玲奈「暴れるな!!落ち着けっ……だとしたらどういうことなんだツバサ!」

ツバサ「いいわ、真実を教えてあげる」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:44:26.32 ID:gRl20Gj90
ツバサ「キスで妊娠……今まではそう信じてきた」

ツバサ「けどそれは私たちを性の真実から遠ざけようとする大人たちの策謀だったのよ!」

あんじゅ「な、なんですってぇ!?」

英玲奈(まず女性同士に疑問を持てよ)

ツバサ「実際は、そう…」






ツバサ「手を繋ぐだけで妊娠するのよ」






あんじゅ「ええええええええ!!??」

英玲奈(ああ…ちょっとだけ期待した私がバカだった…)

あんじゅ「ううう嘘でしょ!?そんなのどこでも恥ずかしげ無くやっちゃえるじゃないのぉ!!??」

ツバサ「最近性の乱れがどうのって聞くでしょ?こんな簡単なことじゃそれも納得よね」

英玲奈(納得よね、じゃねーよ)
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:45:28.44 ID:gRl20Gj90
ツバサ「以前μ’sに屋上を貸した時のこと覚えてる?」

あんじゅ「え、ええ」

ツバサ「楽屋で穂乃果さんと握手したの、見てたでしょ?」

あんじゅ「あれが、まさか…」ワナワナ


ツバサ「握手した瞬間、ビビッときた」

ツバサ「穂乃果さんの手の温もり、そこから流れてくる熱い思い…」

ツバサ「私の中に衝撃が走り、鼓動が異様に速まって…」

ツバサ「しだいにお腹の下の方が、じんわり熱くなったわ」

ツバサ「そして確信したの」









ツバサ「ああ、これが受精ね…って」

英玲奈「なんでだよ!」

英玲奈「いやもうほんと…なんでだよぉ!!」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:46:51.24 ID:gRl20Gj90
ツバサ「なによ、興奮してるのエロ奈?」

英玲奈「そりゃ興奮もするわ!!あといい加減その名前やめろ!!!」

あんじゅ「私の目の前で…子作りされてたなんて……」ゾクッ…

英玲奈「だから何故信じる!?なにがゾクッだ!特殊な性癖に目覚めてる場合か!!!」

英玲奈「だいたい手なんて私たちも繋いでるだろうが!」

ツバサ「あら、互いを想いあう気持ち無しには愛の結晶は生まれないのよ?」

英玲奈「穂乃果さんにはあったとでも!?いよいよお前の思い込みが怖くなってきたわ!!」


あんじゅ「わ、私はいつでも準備オッケーだったのに…」

英玲奈「しょっちゅうリップ塗ってたのはそれかよ!!アイドル意識が高いと思ってた私の尊敬を返せ!!あと誕生日にあげたリップ代も返せ!!!」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:47:42.90 ID:gRl20Gj90
ツバサ「あんじゅ聞いて、私たちはチームよね?」

あんじゅ「突然なによ…」

あんじゅ「…ええ、そうね。最高のチームだわ」

英玲奈「私は今最低の気分だよ…」


ツバサ「最高のチーム、それはいわば家族…」

あんじゅ「何が言いたいのよ…?」

ツバサ「まだわからない?」





ツバサ「家族同士は結婚出来ないのよ」






あんじゅ「――――っ!!!」(絶句)

英玲奈(何が絶句だよ…なんだよこの茶番……)
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:49:28.60 ID:gRl20Gj90
ツバサ「家族同士で子供を作る事は許されない…自然の摂理に反する行為だわ」

英玲奈(お前のたわ言は物理法則にすら反してるけどな)


あんじゅ「そんな…じゃあ私の思いは…」

ツバサ「あなたの気持ちは分かってたつもり、でも答えるつもりはなかったの。だってそれは…」

あんじゅ「禁断…禁忌…背徳の関係だから…?」ゾクゾクッ

英玲奈(あーあまた新しい扉開いちゃったよ、純粋で変態とかとんだハイブリットだよ)


あんじゅ「でも…それでも私、ツバサのことが…っ」


ツバサ「あんじゅ、そして英玲奈…家族の絆は永遠よ」

ツバサ「他人である恋人とはまた違う、一生解けないもの」

ツバサ「だからどうか、悲しまないで、あんじゅ」


あんじゅ「……うぇ~~んっ、づばざぁぁぁ…っ!!」ダキッ

ツバサ「よしよし」ポンポン


ツバサ「」チラッ


英玲奈(いやお前も来いよ的な視線送られても困るわ、なに丸く収めちゃってるんだこのバカリスマ)
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:50:52.06 ID:gRl20Gj90
ツバサ「…じゃあ私、穂乃果さんに報告してくるわ」

英玲奈「おいマジでやめろマジで」

ツバサ「止めないで英玲奈、こうなった以上は彼女にも知ってもらわないと」

英玲奈「何をだ、脳の障害をか」

あんじゅ「悔しいけれど…私、応援するわ。それが家族ですものね!」ゴシゴシ ニコッ

英玲奈「一家離散だぞこの流れ」

ツバサ「じゃあ私、幸せになってくる!」ウインク

英玲奈「バカよせ誰も幸せになど…」

あんじゅ「行かせてあげて!!」ガシッ

英玲奈「おい離せっ、止める相手が違うだろ!!」

あんじゅ「家族なら、笑って送り出さなきゃ」グスッ ニコッ

英玲奈「笑えない事態がそこまできてるんだよ!!おいやめろ、行くなああああぁぁぁ!!!!」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:52:05.99 ID:gRl20Gj90
~~~


公園




ツバサ「――ということなの」

穂乃果「…」

ツバサ「授かりものですもの、黙ってることなんて出来なかったわ」

穂乃果「…」

ツバサ「スクールアイドルとして大事な時期なのに、ごめんなさい」

穂乃果「…」

ツバサ「出来れば2人で大事に育てていきたい。でも私はあなたの意志を尊重するわ」


穂乃果「…くす」


ツバサ「迷惑は……って、穂乃果さん?」

穂乃果「くすくす…ツバサさんっておっかしいんだぁ…」

ツバサ「ど、どうしたの穂乃果さん。なにがおかしいの?」

穂乃果「だってそうでしょ?」

ツバサ「え?」






穂乃果「女の子同士で子供は作れないよ?」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:53:08.08 ID:gRl20Gj90
ツバサ「…え、え?で、でも」


穂乃果「キスで妊娠なんてしない」

穂乃果「手を握って受精なんてありえない」

穂乃果「ぜんぶぜんぶ、ツバサさんの勘違い」クスッ


ツバサ「う、うそよ…だって最近つわりが…」


穂乃果「悪いものでも食べたんじゃないかな?」

穂乃果「それか日頃の疲れが体にきたとか…」

穂乃果「まあとにかく…」


穂乃果「出来ないものは出来ないよ」

穂乃果「こんなの常識なんだけどなぁ」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:54:28.82 ID:gRl20Gj90
ツバサ「そ、そんな…わたし、いったい今まで…」

穂乃果「…お嬢様って本当だったんだね」

ツバサ「……っ!」


ツバサ「…ええ、そうよ。私、世間知らずの箱入り娘だったみたい」

ツバサ「かわいそうな女…バカよね、ほんと…」

ツバサ「ごめんなさい、穂乃果さん…」

穂乃果「…」









穂乃果「…」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:55:16.97 ID:gRl20Gj90
穂乃果「でもね、ツバサさん」



穂乃果「女の子同士で子供は出来ないけど…」










穂乃果「子作りは出来るんだよ」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:56:16.28 ID:gRl20Gj90
ツバサ「…?」


穂乃果「まあ所詮真似事だけどね」

ツバサ「子供が出来ないのに、子作り…?」

穂乃果「家に来て、ツバサさん」ガシッ

ツバサ「ほ、ほのかさん…?」











穂乃果「一からじっくり教えてあげる」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:57:16.65 ID:gRl20Gj90
~~~



英玲奈「結局昨日、ツバサは戻ってこなかったな」

あんじゅ「きっと恥ずかしがって顔合わせづらいのよ」

英玲奈「昨夜のお前みたいにか」

あんじゅ「や、やめてよぅ…あれは忘れてちょうだい///」

英玲奈「一晩かけてみっちり性知識を叩き込んだ甲斐があったな」

あんじゅ「はぁ、私ってほんとなーんにも知らなかったのねぇ。穴があったら入りたい気分だわ」

英玲奈「あんな茶番を演じてたんじゃな」

あんじゅ「だからそれはぁ……ってあら、ツバサ?」






ツバサ「…」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:58:54.32 ID:gRl20Gj90
英玲奈「戻ったか。どうだ、赤っ恥をかいた気分は?」

あんじゅ「もー、穂乃果さんに迷惑かけちゃダメでしょー」

英玲奈「おまえな…」




ツバサ「…ええ、英玲奈の言うとおりだったわ」

ツバサ「女の子同士で子供は出来ないみたい」




英玲奈「わかってくれたか、まあ大した騒ぎにならなくてよかったよ。まったく…」

あんじゅ「…って私、ドサクサに紛れてツバサに気持ちを…///」

英玲奈「…あーその辺りは好きにやってくれ」

あんじゅ「ね、ねえツバサ。昨日のことは忘れて、もう一度よく話し合ってぇ…///」モジモジ






ツバサ「…」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 02:01:00.89 ID:gRl20Gj90
あんじゅ「ってツバサ?様子が変よ?」

英玲奈「さっきから内股気味だが、怪我でもしたか?」

あんじゅ「というか今日は妙に、その……艶っぽくないかしら?///」







ツバサ「昨日ね、穂乃果さんと…」








ツバサ「『子作り』したの」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 02:02:16.57 ID:gRl20Gj90
2人「………は?」









ツバサ「妊娠は出来ないけど…」


ツバサ「『子作り』って、とっっってもキモチイイのね!/////」キャッ










英玲奈「」

あんじゅ「」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 02:02:44.34 ID:gRl20Gj90
おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
ツバサ「う……おえっ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ツバサ「う……おえっ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。