真姫「優しい弁当」

シェアする

真姫-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/27(火) 22:11:13.56 ID:rSHw115r0.net
穂乃果「ねえ、今度みんなでお弁当を食べようよ!」

海未「何を言ってるのですか?お弁当はいつも…」

穂乃果「そうじゃなくて、みんなでお弁当を交換して食べるんだよ」

希「いい考えやね」

穂乃果「でしょ!」

にこ「良いじゃない?たまには、他の子の弁当も食べてみたいって思ってたからね」

海未「しかし、何故そんな事を突然?」

穂乃果「ミカちゃんから、お弁当交換が流行ってるって聞いたんだ」

花陽「良いね!新米の時期になったし、美味しいご飯を炊いて、旬の味を味わって…」

真姫(ど…どうしよう…。私、不器用で料理なんて碌に出来ないのに…)

真姫「い、良いわね…。美味しいお弁当を作ってくるわ」

穂乃果「そう来なくちゃ!」

元スレ: 真姫「優しい弁当」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/27(火) 22:20:39.46 ID:rSHw115r0.net
真姫「どうしよう…お母さんに頼んで作って貰うのも良いけど、それじゃあ作ったことにならないから…」

真姫「本屋に寄りましょ…」

ウィーン

真姫「料理本、料理本っと…」

コト

真姫「どれも難しそうね…」ペラ…ペラ…

真姫「これはどうだろう?」

真姫「うーん、これも難しそう…」


アリガトウゴザイマシタ!

ウィーン

真姫「色々買ったのはいいけど、果たして上手くいく事か…」


ガチャ

真姫「ただいま…」

真姫(不器用な私でも、美味しいお弁当作れるかな?)

真姫ママ「おかえり、真姫」

真姫ママ「真姫、料理本なんて珍しいわね」ニコ

真姫「ゔぇえ///」

真姫ママ(あら、真姫ったら顔を赤くしちゃって)
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/27(火) 22:25:47.25 ID:rSHw115r0.net
真姫ママ「お料理のお手伝いしてくれるかしら?」

真姫「良いわよ」

真姫ママ「じゃあ、エプロンを出してくるから待っててね」

真姫「う、うん…」

真姫ママ「サイズが合うと良いけど…」

真姫「大丈夫」

真姫ママ「じゃあ、早速…」

真姫ママ「野菜を切りましょ」

真姫「でも、包丁なんて…」

真姫ママ「教えてあげるから」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/27(火) 22:33:32.68 ID:rSHw115r0.net
真姫「でも…」

真姫ママ「良いから、良いから」


真姫ママ「包丁はこうやって持つのよ」

真姫「こ、こう?」

真姫ママ「そう、それで野菜を押さえてる方はグーにするの」

真姫「これで良い?」

真姫ママ「良いよ。後は、こうやって切るのよ」シャキ…シャキ…

真姫「ちょっと、怖い…」

真姫ママ「大丈夫よ。真姫も慣れれば、出来るようになるからね」ニコ

真姫「///」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/27(火) 23:23:44.18 ID:rSHw115r0.net
真姫ママ「野菜が切り終わったことだから、フライパンに油を敷きましょ」

真姫「何をするの?」

真姫ママ「野菜を炒める為に、フライパンに油を敷くのよ」

真姫ママ「じゃあ、フライパンを出しておいて」

真姫「うん」


真姫ママ「油を敷く前に熱しておくのよ」

真姫「フライパンを熱するの?」

真姫ママ「そうしないと、水分で食材がくっついて焦げてしまうからよ」

真姫「成る程ね」

真姫ママ「じゃあ、コンロを点けて」

カッチャン

真姫ママ「手をかざして、熱いと感じたら油を入れて」

真姫「分かった」

真姫ママ「ママは味噌汁を作るから、何かあったら声を掛けてね」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/27(火) 23:32:11.76 ID:rSHw115r0.net
ボー

真姫(料理って、大変だなぁ…。この調子じゃ、上達しないわよね)

真姫(何としてでも、美味しいお弁当が作れるように頑張らなきゃ!)

真姫(そろそろかな)

真姫「ママ、丁度良くなったよ」

真姫ママ「じゃあ、油を垂らして満遍なく広げて」

真姫「こう?」

真姫ママ「その調子よ。油が温まったら、野菜を入れるのよ」

真姫「結構、良い感じかも」

真姫ママ「じゃあ、野菜を入れて」

シャー!

真姫「そしたら、どうすれば良いの?」

真姫ママ「菜箸でかき混ぜて、均等に炒めて」

シャー、シャー、シャー…

真姫ママ「少し焦げ目が出たら、塩と胡椒を少しまぶして」

パッパッパ…

真姫「出来たわ」

真姫ママ「菜箸でよく混ぜて」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/27(火) 23:41:55.12 ID:rSHw115r0.net
真姫ママ「そろそろ、止めても良いわよ」

カッチャン

真姫「良い匂い」

真姫ママ「じゃあ、お皿を用意するから盛り付けて」

真姫「こうやってっと…熱っ!」

真姫ママ「大丈夫!?」

真姫「大丈夫よ、このくらい」

真姫ママ「気をつけて、真姫。後で、手当てをしましょ」

真姫「///」


真姫ママ「味噌汁と野菜炒めの出来上がりね」

真姫「そうね」

ピー

真姫ママ「ご飯を濡らして、10分経ったらかき混ぜて」


カパ

真姫「良い香り…それに、良い色」

ホカホカ

真姫ママ「出来た?」

真姫「出来たわ」

真姫ママ「じゃあ、よそって食べましょう」


真姫ママ「いただきます」

真姫「いただきます」

モグモグモグ

真姫ママ「もう少し、野菜を炒めて醤油を効かせた方が良かったかもね」

真姫「う、うん」

真姫ママ「落ち込まないの。ママだって、真姫と同じ頃はこんな感じだったんだから、ね」

真姫「ママ…」

真姫ママ「冷めないうちに食べましょ」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/27(火) 23:51:31.98 ID:rSHw115r0.net
真姫ママ「ごちそうさまでした」

真姫「ごちそうさまでした」

真姫ママ「食器を片付けましょ」

真姫「うん」


翌日…

クラスメイト「じゃあね、西木野さん」

真姫「うん」

真姫「さて、帰りにスーパーに寄って食材を買おうかなっと…」

にこ「なにブツブツ言ってんの」

真姫「ゔ、ゔぇえ!に、にこちゃん!」

にこ「なに、なに?お弁当の食材…」

真姫「ちょっと、勝手に見ないで!」

にこ「買い物ね…。にこも丁度、安売りセールに行くところなの」

真姫「そうなの」

にこ「折角だから、一緒に行っても良いかなってね」

真姫「良いわよ」

にこ「じゃあ、早く行くわよ!セールは時間が勝負だから!」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/28(水) 00:00:33.51 ID:FHgxpjZg0.net
真姫「ちょっと、引っ張らないでよ!」

にこ「なに言ってるの!セールで売り切れたら負けなのよ」


にこ「着いたわ!」

『ええ、5時より生鮮品、お惣菜の割引セールを始めます!』

にこ「後、3分よ!」

真姫「そんなに急ぐ必要ないと…」

にこ「なに言ってるの!?安さはね、主婦の味方なんだよ!節約するのは、セール品で得るほかないのよ」

『これより、生鮮品、お惣菜の割引セールを始めます!』

にこ「行くわよ!真姫、カゴは持ったわね」

真姫「ちょ…ちょっと…」

ダダダ…

にこ「そこ、どきなさい!」

真姫「ま、待ってよ!」

にこ「よし!後はこれよって、ちょっと!」


真姫「はぁ…はぁ…」

にこ「ざっと、こんなもんね」

真姫(スーパーって、こんなに激しい場所だったなんて…主婦の戦いは激しい…)

にこ「じゃあ、真姫のお弁当の食材を買うわよ」
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/28(水) 00:16:33.21 ID:FHgxpjZg0.net
真姫「え?良いわよ、私の事は…」

にこ「セールの方の手伝いしてもらったんだし、お礼ぐらいはしておかないと気が済まないのよ」

真姫「じゃ、じゃあお願いするわ」

にこ「任せなさい!にこの目に狂いはないから」


にこ「えっと、野菜の肉巻き…」

にこ「人参とインゲンと牛のもも肉ね」

にこ「良い?野菜の美味しさはね、鮮度が命なのよ」

真姫「鮮度?」

にこ「そう。野菜の色とか艶で見極めるのよ!」

にこ「人参はね、この大きさが食べ頃よ!」

真姫「へぇ…」

にこ「もう、真姫も選ぶ!」

真姫「分かったわよ」


真姫「これかしら?」

にこ「これの方が良いわ」


ピッピ…

アリガトウゴザイマシタ!

にこ「良い買い物したわね」

真姫「そうね」

にこ「今日はありがとね」

真姫「別にそんな…」

にこ「そうだ!明日、作り方を教えるわ」

真姫「そ、そんな…そこまでしなくても///」

にこ「お礼だと思って」

真姫「じゃ、じゃあ、お言葉に甘えて」

にこ「じゃ、決まり!明日の放課後、真姫のうちに寄って教えるわ」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/28(水) 00:34:14.12 ID:FHgxpjZg0.net
真姫(とは言ったものの、上手く行くのだろうか…)

真姫『熱っ!』

ガッシャン

真姫『痛たた…』

にこ『やる気あるの!?』

真姫『あ、あるわよ!』

にこ『じゃあ、何で些細な事で失敗するのよ!?』

真姫『私だってね、失敗したくてしてるんじゃないのよ!』

にこ『呆れた…勝手にやってなさい。やる気のない人に教えても無駄だと思うから』


真姫「ううん、そんなに卑下する必要ないわよ!」

真姫「きっと、上手くいくわよ」


翌日…


キンコーン…カンコーン…

穂乃果「いやぁ、今日もパンがうまい!」ハム

海未「穂乃果、たまにはご飯も食べたほうが良いですよ」

穂乃果「ええ~、パンは美味しんだよ」ハム

真姫「海未ちゃんの言う通りよ。栄養バランスを考えないと、体に悪いわよ」

穂乃果「そんなこと言われても…」

ことり「穂乃果ちゃんはパンが好きだからねぇ」

穂乃果「そうだよ!ことりちゃんの言う通りだよ!」

真姫「まあ、良いわ。ところで、お弁当の事なんだけど、何時にする?」

穂乃果「そうだったね!そうだねぇ…来週の金曜日はどうかな?」

海未「良いですね」

ことり「じゃあ、腕によりを掛けちゃうよ!」

キンコーン…カンコーン…

穂乃果「じゃあ、また後で」

真姫「じゃあね」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/28(水) 00:49:28.84 ID:FHgxpjZg0.net
放課後…

真姫「さて、正門で待ちましょ」


にこ「ごめーん!待った?」

真姫「いいえ、今来たところよ」

にこ「じゃあ、お邪魔するわ」

真姫「どうぞ」


にこ「ところで真姫」

真姫「何、にこちゃん」

にこ「真姫は、料理作ったことある?」

真姫「殆ど無い…」

にこ「じゃあ、一から教えてあげる♡」

真姫「///」


真姫「ここよ」

にこ「相変わらず、大きな家ね」


ガチャ

真姫「ただいま」

にこ「お邪魔します」

真姫ママ「おかえり、真姫。あら、真姫のお友達ね」

にこ「いつもお世話になっております」

真姫ママ「畏まらないで。さあ、上がっていって」
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/28(水) 00:58:22.15 ID:FHgxpjZg0.net
真姫「キッチンはこっち」

にこ「あら、ありがと」

にこ「じゃあ、使わせてもらうわね」


にこ「しかし、大きなダイニングキッチン…」

にこ(にこのうちの台所とは大違いね…)

真姫「どうしたの?」

にこ「ちょっと、にこのうちの台所より大きいななんてね」

真姫「そんなことないわよ」

にこ「あ、そう…」


にこ「さて、エプロンも着たわけだし…」

にこ「真姫!調味料は?」

真姫「棚の中にあるわ」

にこ「さて…この献立で行くわよ!」

真姫「なにそれ」

にこ「矢澤家秘伝のレシピノートよ」

真姫「レシピノートね」

にこ「まあ、真姫にだけ特別に教えてあげる」
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-aN8i) 2015/10/28(水) 17:57:46.26 ID:FHgxpjZg0.net
にこ「誰にも教えないでよ」

真姫「分かってるわ」

にこ「じゃあ…」

にこ「エプロンを着けて!」

真姫「は、はい!」

真姫(反射的に返事してしまった)

にこ「良い?料理はね、笑顔を届けるものなの」

にこ「このレシピノートには笑顔にするメニューが書かれてるの!」

にこ「だから…」

にこ「にっこにっこにー☆ってね。楽しくやるのよ」

にこ「ほら、真姫も」

真姫「え?」

にこ「にっこにっこにー☆」

にこ「ほら!」

真姫「に…にっこにっこにー///」

にこ「まあ、いい出来ね」

真姫(は…恥ずかしかったけど、何となく分かった)


真姫ママ「うふふ…楽しそうにやってるわね」
30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ニククエW 02c3-YKLR) 2015/10/29(木) 18:26:59.63 ID:kPgTLDqR0NIKU.net
にこ「今日のメニューは…」ペラ…ペラ…

にこ「これとこれよ」

真姫「らぶにこ☆おにぎり…と、豚汁?」

にこ「そうよ。らぶにこ☆おにぎりは、とっておきなのよ」

真姫「そうなんだ」

にこ「にこが小さい時、よくお父さんに作ってもらったのよ…って、何話してるのよ…」

真姫「にこちゃんのお父さんが作ってくれたおにぎりなんだ…。思い入れの深い食べ物なのね」

にこ「そう…お父さんのおにぎりには具は入ってなかったけど、おいしかった…」

にこ「なんてね…。気分転換に早速、料理を始めるわよ!」
31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ニククエW 02c3-YKLR) 2015/10/29(木) 18:56:26.26 ID:kPgTLDqR0NIKU.net
にこ「似合うじゃない、真姫のエプロン姿」

真姫「じっと見ないで///」

にこ「良いじゃん☆」

真姫「///」


真姫ママ(高校生の頃の私を思い出すわね)


にこ「先ずは…ご飯はある?」

真姫「待ってて…」

パカ

真姫「残ってるわ」

にこ「じゃあ、そのご飯を使うわ」


ジャー

にこ「塩水で握るのよ」

真姫「そうなんだ…。おにぎりなんて、一度も作った事なかったから知らなかったわ」

にこ「ご飯が手にくっ付かないようにするためなのよ」

キュッ

にこ「とりあえず、水は用意できたから…」

にこ「塩とご飯ね」

パカ

にこ「ボウルにご飯を移すのよ」

真姫「う、うん」
32: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ニククエW 02c3-YKLR) 2015/10/29(木) 19:07:31.48 ID:kPgTLDqR0NIKU.net
真姫「移したわよ」

にこ「それじゃあ、ご飯に塩をまぶして」

真姫「塩…塩っと」

パッパッパ…

にこ「杓文字でかき混ぜて」

マゼマゼ…

にこ「そしたら、手を濡らして」

真姫「うん」

ペチャペチャ…

にこ「こうやって、握るのよ」

ニギニギ

真姫「熱そうね…」

にこ「慣れれば、熱くないわよ」

モチ…

真姫「熱っ!」

にこ「もう、ちゃんと握る!」


真姫「熱いわよ…」ニギ…ニギ…

にこ「リズムよく握らないと、美味しさが逃げるわよ!」
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ニククエW 02c3-YKLR) 2015/10/29(木) 19:34:16.12 ID:kPgTLDqR0NIKU.net
にこ「出来たわね」

真姫「ええ」

にこ「ちょっと、形が歪だけど…」

真姫「///」

にこ「でも、良い出来よ。初めてやると崩れて形にならないけど、真姫はきちんとそれらしく出来てる」

にこ「やれば出来るじゃない」


真姫ママ(成長してきたわね)


にこ「次は豚汁を作りたいけど、妹たちのご飯を作らないといけないわ」

真姫「そうなんだ…残念…」

にこ「今度、じっくり教えてあげるから♡」

真姫「///」(にこちゃん、もうかわいいよ)

にこ「それはそうと、おにぎりを食べるにこ☆」

にこまき「にっこにっこにー☆」

にこまき「それじゃあ、いただきます(にこ☆)」

真姫「おいしい!」

にこ「当たり前でしょ。にこが作ったおにぎりなんだから」
34: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ニククエW 02c3-YKLR) 2015/10/29(木) 19:49:17.92 ID:kPgTLDqR0NIKU.net
にこまき「ごちそうさま」


にこ「それじゃあ、お邪魔しました」

真姫ママ「また、遊びに来てね」

ガッチャン…

真姫「楽しかった」


真姫(料理って、こんなに楽しいものなんだ)

真姫「よし!おいしいお弁当を作るわよ!」


ブー、ブー、ブー…

真姫「あ、メール」


『今日は楽しかったにこ☆
ありがとね』

真姫「私も楽しかったよ」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ニククエW 02c3-YKLR) 2015/10/29(木) 19:52:50.60 ID:kPgTLDqR0NIKU.net
そして…

真姫「明日は金曜日…」

真姫(ちゃんと作れるかしら?)

真姫「大丈夫よ」

真姫「さて、寝ましょ」

カチ
37: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ニククエW 02c3-YKLR) 2015/10/29(木) 23:39:01.60 ID:kPgTLDqR0NIKU.net
ピピピッ…ピピピッ…

カチャ

真姫「ご…5時…」ムク

真姫「お弁当を作らなきゃ」



真姫「えっと、野菜の肉巻きと…おにぎりと…」

パカ

真姫「行くわよ!」

ジャー

ニギニギ

真姫「熱っ!」

にこ『リズムよく握らないと、美味しさが逃げるわよ!』

真姫「熱いけど…頑張る!」

ニギニギ

真姫「おにぎりは完成っと」

真姫「次は…野菜の肉巻き』

サク…サク…サク…

真姫「ちょっと切りにくいわ…」

サク…

真姫「痛っ!」

真姫「指、切っちゃった…」

にこ『楽しくやらなきゃ、美味しくなくなるわよ!』

真姫「おいしいお弁当を作らなきゃ!」

ピピピッ…ピピピッ…

真姫「よし!」

シャー

真姫「良い音ね」
38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ニククエW 02c3-YKLR) 2015/10/29(木) 23:43:35.04 ID:kPgTLDqR0NIKU.net
真姫「野菜の肉巻きも完成したっと」

真姫「後は、卵焼きも」

真姫ママ「あら、真姫。今日は早いわね」

真姫「お弁当を作るためにね」

真姫ママ「頑張ってね」

真姫「ありがとう」

真姫ママ「綺麗にできてるじゃない」

真姫「そ、そんなこと…」

真姫ママ「ううん。自信を持って」

真姫「ママ…」

真姫ママ「お弁当のおかずを冷まして、保冷剤を入れていくと良いわ」



真姫「行ってきます」

真姫ママ「行ってらっしゃい」
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-YKLR) 2015/10/30(金) 00:02:28.75 ID:y2rJr2LV0.net
キンコーン…カンコーン…

真姫「昼休みね…」

真姫(私のお弁当、上手くできてるかな…)


穂乃果「みんな、お弁当は持ってきた?」

凛「持ってきたにゃー!」

希「持ってきたで」

海未「勿論です」

穂乃果「じゃあ、みんなで交換して食べ合おう!」


μ's「いただきます!」

絵里「希のお弁当、おいしいわね」

希「ありがと、えりち」

凛「海未ちゃんのお弁当、凛の好みだにゃー」

海未「喜んでいただけて幸いです」
40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-YKLR) 2015/10/30(金) 00:03:06.93 ID:y2rJr2LV0.net
真姫(私のお弁当は…!)

にこ「うん…良いじゃない!」

真姫「にこちゃん!」

にこ「らぶにこ☆おにぎり上手く作れてるし、卵焼きもチーズとピーマンで良い味を引き出してるわね」

花陽「私も食べたいです!」

真姫「良いわよ、全員の分作っておいたからね」

凛「それじゃあ、いただくにゃー!」

絵里「おいしいわね、真姫」

希「美味いやん!この肉の焼き加減も良いし、おにぎりもシンプルでええやん」

真姫「みんな、ありがとう…」

にこ「ごちそうさま」

真姫「お粗末様です」

おいしい…それは優しさ

優しさ…それはみんなの笑顔と声

私は優しいお弁当で、昼休みを笑顔の時間に変えた

あ、トマトおいしい♡

終 わ り
42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-YKLR) 2015/10/30(金) 00:20:09.80 ID:y2rJr2LV0.net
おまけ


凛「ラーメンで行くにゃー!」

凛ママ「ちょっと、お弁当にラーメンはないでしょ!」

凛ママ「作るんだったら、つけ麺でしょ」

凛「それだ!」


凛「麺は普通の麺では伸びちゃうから、米麺で代用するにゃー」

カチャン

凛「麺を茹でて解して…」

グツグツ…

凛「ああ…良い匂い…」

ピピピッ…ピピピッ…

凛「時間になったら、止めて…」

カチャン

凛「昨日、作っておいた醤油ベースのスープを水筒に入れて…」

凛ママ「ああ!何やってんだよ!」バコ

凛「にゃー!」


凛「凛特製、つけ麺弁当の完成!」
44: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-YKLR) 2015/10/30(金) 00:35:39.87 ID:y2rJr2LV0.net
海未「朝早く起きてお弁当を作るのはいつもと変わりませんが、たくさん作るのは初めてです」

海未「みんなのお口に合うものは…」

海未「おにぎりでしょうか?」

海未「それじゃあ、これで行きましょう」


海未「ひじきを水で戻して…」

シャ、シャ…

海未「水で戻したら、人参と油揚げを切って…」

海未「味醂と砂糖と調理酒と出汁を入れて…」

グツグツ…

海未「後は煮込んで…」

ピピピッ…ピピピッ…

海未「うん…甘い香りが広がってきます」

海未「ひじきの煮物は完成しました」

海未「後は…」


1時間後…

海未「やっと、出来ました…」

重箱

海未「少々、調子に乗りすぎてしまいました…」

海未「みんなのお口に合うでしょうか…和食が殆ど占めてしまっていますが…」
46: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-YKLR) 2015/10/30(金) 00:42:36.17 ID:y2rJr2LV0.net
絵里「うーん…お弁当と言っても…」

絵里「そうだわ!」

絵里「おにぎりを作れば、間違いなく大受け間違いなしだわ」

絵里「でも、おにぎりってどうやって作るかしら…」

絵里「…」

希『どうしたん、えりち?』

絵里「おにぎり、作ったことない…」

希『教えてあげる』

絵里「ハラショー…」

その後、おにぎりの虜になったのは言うまでもない
47: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-YKLR) 2015/10/30(金) 00:52:03.11 ID:y2rJr2LV0.net
花陽「旬の食材といえば、新米!」

花陽「新米といえば、ホカホカの艶々の宝石!」

花陽「炊飯を明日の朝5時にセットして」ピピッ

花陽「後は…エビフライとかハンバーグとかも作らないと!」

花陽「エビフライ、エビフライっと」


ジュワー…

花陽「ひゃあ…この音は堪りません!」

花陽「香ばしい油の香り、これこそフライの醍醐味です!」

花陽「ハンバーグは、デミグラスソースから作ってこそハンバーグですよね」

花陽「何時間も掛けて、出来上がったのがデミグラスソースと認められる」

花陽「デミグラスソースと…」


数時間後…

グツグツ…

花陽「ぴゃー…デミグラスソースが、私の鼻腔を愉しんでくれます!」

花陽「ハンバーグも完成したし、後はタッパーに入れて冷蔵っと…」

花陽ママ「花陽、お風呂空いたわよ」

花陽「はーい!」
48: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-YKLR) 2015/10/30(金) 00:58:55.29 ID:y2rJr2LV0.net
ことり「マカロンに…クッキーに…」

ことり「サンドウィッチが良いかも」


ことり「トマトは真姫ちゃんが好きだったからのトマトサンドと…」

ことり「ツナサンドも作ってっと」

サク…

ことり「残ったパンの耳を焼いて…」

ことり「パン粉にすれば、無駄がなくなるよ」

バスケット

ことり「はぁぁぁぁん…みんな、喜んでくれるかなぁ?」

ことり「ことり、楽しみ♪」
49: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-YKLR) 2015/10/30(金) 01:02:27.98 ID:y2rJr2LV0.net
穂乃果「眠いよぉ…」

穂乃果ママ「ほら、学校に遅れるわよ!」

穂乃果「分かってる…」

穂乃果ママ(全く…お弁当を作るって言ったのは誰なの…)

穂乃果ママ(しょうがないから作ったけど…)
50: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-YKLR) 2015/10/30(金) 01:14:14.88 ID:y2rJr2LV0.net
希「みんなのお口に合うお弁当を…」

希「そうやなぁ…」

プルルルル…

希「えりち、どうしたん?」

絵里『おにぎり、作ったことない…』

希「教えてあげる」

絵里『ハラショー…』

希「じゃあ、うちに来れる?」

絵里『ええ』


希「えりちからお弁当のヒントを得るとしよう」


ピンポーン

希「はーい」

ガチャ

絵里「お邪魔するわ」

希「いらっしゃい」


その後、希は豚の生姜焼き弁当を作り、絵里はおにぎりと卵焼きなどを作った
絵里はしばらくの間、おにぎりジャンキーに陥ったのは言うまでもない
51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-YKLR) 2015/10/30(金) 01:18:03.83 ID:y2rJr2LV0.net
次回予告(嘘)

私、矢澤にこ

歌が大好きな普通の女の子

でも、突然の事故で私の運命が大きく変わってしまう

もうパパに逢えない…ママとも喋れない…

私に残されたのはたった一つ…歌う事だけ…

デビューします!

パパの夢のステージでトップを目指します!

アイドルクイーンのツバサ

そして、私たちの友達

色々な出会いの向こうには、色々な悲しみがあるけど…

歌があれば…歌があれば、きっと心を通わせることができる!

そう信じてるから、意地悪な運命に負けたりしない!
52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 02c3-YKLR) 2015/10/30(金) 01:19:21.77 ID:y2rJr2LV0.net
希「凄いやん」

にこ「いいでしょ」

海未「とはいえ、シリアスな内容になってますね」ペラ…ペラ…

にこ「父親が事故で死んで、母親が記憶喪失で喋れなくなっちゃうし…」

μ's「…」

花陽「でも、アイドルらしい部分もあるよね?」

にこ「あるけど、ドロドロしてるわ」

凛「え、にこちゃんが死んじゃうの!?」

にこ「ぬわんでよ!」

終 わ り
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「優しい弁当」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。