海未「フライフィッシングに行きませんか?」穂乃果「フライ?」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ15
1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:43:11.91 ID:HDVwY7x10.net
~部室~

海未「最近始めたんですよ。私が教えますからどうですか?」

穂乃果「ば、馬鹿にしないでよ。穂乃果だってそれくらいできるんだから」

花陽「なになにー、私も行きたいです」

海未「結構険しい場所でやるのでやめたほうが…いえやっぱり体力づくりのために行きましょう」

海未「それでは次の休みに行きますので空けておいてくださいね」

元スレ: 海未「フライフィッシングに行きませんか?」穂乃果「フライ?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:43:46.59 ID:HDVwY7x10.net
~バス~

穂乃果「どこまで行くの?」

海未「もうすぐですよ」

花陽「嫌な予感がします」ボソッ

海未「何か言いましたか?」

花陽「ううん、なんでもないよ」

海未「あ、着きましたよ。降りましょうか」


穂乃果「すごい山の中だね」

海未「はい、ここからもう少し山の中に入ります」

花陽「まだ行くのぉ!?」

海未「この間親戚の方に教えていただいたいいポイントがあるんですよ」
3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:44:21.83 ID:HDVwY7x10.net
-1時間後-

穂乃果「海未ちゃんまだ着かないの?花陽ちゃんなんか言葉も出なくなったよ」

海未「確かこの辺りに…あ、ここです」

穂乃果「川?」

海未「それでは始めましょうか」

穂乃果「ここでやるの?」

海未「はい」

穂乃果「コンロは?鍋はどうするの?」

海未「はい?ほら道具を貸してあげますから」

穂乃果「魚釣ってからやるの!?釣れなかったらどうするの!?」

海未「さっきから何を言ってるんです。鍋だのコンロだの」

花陽「たぶん穂乃果ちゃんは何か勘違いをしてるんじゃないかな」

海未「花陽復活したのですね」

花陽「おかげさまで」
4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:45:08.50 ID:HDVwY7x10.net
海未「それで勘違いというのは?」

花陽「ねぇ穂乃果ちゃんフライフィッシングってわかる?」

穂乃果「そ、そのくらいの英語はわかるよ!」

穂乃果「フィッシュ=魚で、ingが~しているだから…」

穂乃果「答えは魚っているだよ!」

花陽「…」

海未「いいですか穂乃果、これを見てください」

穂乃果「針?」

海未「ええ、まるでハエみたいになっているでしょう?」

花陽「ハエ=フライ、フィッシング=釣り。つまりこのハエの疑似餌で釣りをするんです」

ドンッ  バッシャー

海未「」ブクブク

海未「っぷは。なにをするんです!」

穂乃果「なんでハエを食べる魚釣るためにこんな未開の地まで来なきゃなんないの!」

海未「何を言ってるんです!面白いんですよ!」

穂乃果「うっさい!海未ちゃんなんかそのまま流されて海に帰っちゃえ!」

海未「なんですって!」

ポカポカ

花陽「2人とも喧嘩はやめて!だ、ダレカタスケテー」
5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:45:54.98 ID:HDVwY7x10.net
ギュー  ポタポタ

穂乃果「もう、風邪をひいたらどうしてくれるの」

海未「こっちのセリフです」

花陽「あれ?ここにあった荷物がない…」

穂乃果「え?知らないよ?」

花陽「おかしいなー?」キョロキョロ

穂乃果「!!あっ!虎太郎君だ。荷物も持ってる…」

虎太郎「ウキッ」

海未「コラー虎太郎!!テ、テメー!?」

花陽「いえあれは猿ですよ」

穂乃果「あはは、でもそっくりだね」

海未「やめなさい!私たちの荷物なんですよ!」

穂乃果「花陽ちゃん、食べるもの持ってるの?」

花陽「ごはん返して!」

虎太郎「キッキー」

海未「待てこら!返せ―」

穂乃果「小太郎君まってよー」
6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:46:49.52 ID:HDVwY7x10.net
海未「はぁはぁ、さすがに野生の猿はすごいですね」

グゥ
花陽「走ったらお腹が…」

穂乃果「こうなったら海未ちゃんに頑張って魚を釣ってもらうしかないね」

海未「わかりました、戻りましょうか」

ザッザッ

ザッザッ

穂乃果「…」

ザッザッ

ザッザッ

穂乃果「海未ちゃん、ねぇ海未ちゃんってば」

海未「…なんですか」

穂乃果「もしかして遭難したの?」

海未「!!…そうなんです」

ボカッ

海未「な、何をするんです!」

花陽「そういうギャグはいりません!」

海未「少しでも明るくしようと…ごめんなさい」
7: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:47:29.74 ID:HDVwY7x10.net
穂乃果「もうだめ、歩けない」

花陽「お腹が減って倒れそうです」

海未「これは本格的に遭難したようですね」

花陽「このまま帰れないのかな」

穂乃果「大丈夫だよ、きっと帰れるよ」

海未「そうです。とりあえず何か役に立ちそうなものを持ってないか確認しましょう」

穂乃果「フライを食べに来たのにそんなもの持って…。!!」

穂乃果(この感触はランチパック。しかも1つだけ)

海未「私は何もなさそうですね」

花陽「私もです」

悪魔穂乃果(独り占めしよう。それは穂乃果のものだよ)

天使穂乃果(こんなときだからみんなで食べようよ。仲間だもん)

海未「穂乃果、あなたはどうで…」

穂乃果「うわあああー。うわあぁぁー!」

海未「どうしたんです!?」

穂乃果「」ギリッ

穂乃果「ランチパックがあったよ…1つだけ。分けて食べよう」

海未「穂乃果、ありがとうございます」

花陽「穂乃果ちゃん…ありがとう」
8: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:48:05.80 ID:HDVwY7x10.net
グゥ
穂乃果「中途半端に食べたら余計におなか減ってきちゃった」

グゥ
海未「そうですね」

グゥ
花陽「人って何日くらい食べないで生きられるんだろう」

穂乃果「わからないけど穂乃果はもうだめかも」

花陽「あっ!これを見てください」

海未「カタツムリ、でしょうか」

穂乃果「穂乃果知ってるよ。エスカルゴって食べられるんだよ」

花陽「どんな味がするんだろ?」クンクン「!!」

花陽「カレーです!カレーの匂いがします!」

穂乃果「嘘でしょ!?」

花陽「こっちです!」ダッ

海未「待ってください花陽!」
9: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:48:45.39 ID:HDVwY7x10.net
海未「明かり?確かにカレーの匂いもしますね」

穂乃果「あ、あれ!」

花陽「キャンパーでしょうか。カレーを作ってるようですね」

穂乃果「奪い取ろう」

海未「え?」

花陽「puregirlsの底力、見せてあげます」

穂乃果「海未ちゃん!」

海未「は、はい?」

穂乃果「穂乃果達を葉っぱで飾り付けて」

海未「え?ええ、わかりました」


ガサッ

ツバサ「誰!?」

葉穂乃果「ウキョロキョキョーン!」

葉花陽「フギャッ!フギャッ!」

あんじゅ「うわぁー!」

ツバサ「葉っぱ人間!?逃げるわよ!」



あんじゅ「いる?」

ツバサ「いなさそうね。」

あんじゅ「あ、カレーがない」
11: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:49:24.38 ID:HDVwY7x10.net
-少し時間を遡って-

グツグツ

あんじゅ「もうすぐねツバサ」

ツバサ「ええ。ここまで苦労したわね」

あんじゅ「普段包丁なんて使わないものね」

ツバサ(もうすぐよ。もうすぐあの憧れのキャンプカレーが食べられるわ)

ツバサ(そうあれは小学校の頃)

-回想-

ツバサ「ねぇ、何読んでるの?

友人N「えっとね、『今日から俺は!!』や。おもしろいで」

ツバサ「ふーん。そういえば日曜日あなたどこ行ってたの?」

友人N「ああ、家族でキャンプに行ってたんや」

ツバサ「キャンプ?」

友人N「たき火でカレー作って食べたんや。それがまたおいしくて」

ツバサ「たかがカレーでしょ?」

友人N「チッチッ、カレーを舐めたらアカンで。キャンプのカレーは特にや」

友人N「星空の天井の下で木々に囲まれおいしい空気の中で食べるカレーライス。これに勝るもんは焼き肉くらいや」
12: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:49:56.21 ID:HDVwY7x10.net
ツバサ(そして私は親を説得してキャンプに連れて行ってもらったわ)

ツバサ(ママの作ってくれたカレーはすごくおいしそうだった)

ツバサ(でもそのとき今まさに寿命を終えんとするセミがやってきて)

ツバサ(無事カレーの上で寿命を全うし…セミカレーのできあがり)


ツバサ(そして中学の頃、あんじゅを誘ってキャンプに行ったわ)

ツバサ「野菜は私が切っておくからあんじゅは川で水を汲んできてくれない?」

あんじゅ「わかったわ。カレーっていったら水だものね」

あんじゅ「キャーッ!!」

ツバサ「どうしたの!?」

ツバサ(私たちは見てしまったわ。人間の出したカレーを)

-回想終わり-
13: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:50:46.46 ID:HDVwY7x10.net
ツバサ(いやな思い出だわ)

ツバサ(でもセミのいないこの季節、この未開の地なら)

あんじゅ「そろそろかしら」

ツバサ「待ちに待った瞬間よ」

ガサッ

ツバサ「だ、誰!?」

???「ウキョロキョキョーン!」

???「フギャッ!フギャッ!」

あんじゅ「うわぁー!」

ツバサ「葉っぱ人間!?逃げるわよ!」


あんじゅ「何だったの?アレ」

ツバサ「葉っぱ人間よ」

あんじゅ「葉っぱ人間って何?」

ツバサ「それはほら、葉っぱの生えた人間よ」
14: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:51:25.60 ID:HDVwY7x10.net
キョロキョロ
あんじゅ「いる?」

ツバサ「いなさそうね。」

あんじゅ「あ、カレーがない」

ガクッ
ツバサ「何てこと…。またキャンプ失敗なの?」

ツバサ「まさか葉っぱ人間にやられるなんて…」

あんじゅ「だから葉っぱ人間ってなんなのよ」

ツバサ「私が名付けたの」

あんじゅ「…」

ツバサ「ふふっ、葉っぱ人間。面白いじゃない」

あんじゅ「ツバサ?」

ツバサ「捕まえてやろーじゃないの!あいつらを!行くわよあんじゅ」

あんじゅ「今から!?」

ツバサ「当然よ。血が騒ぐじゃない」

あんじゅ「そうかしら…」

ツバサ「明日の東スポの1面は『A-RISE 葉っぱ人間を捕まえる』で決まりよ」
15: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:52:05.17 ID:HDVwY7x10.net
穂乃果「ふー、おいしかったー」

花陽「白いお米は最高です」

海未「まさかツバサさんとあんじゅさんにカレーの才能があったとは驚きです」

穂乃果「へー、ツバサさんとあんじゅさんかー。何しに来てたんだろう」

花陽「それはたぶんキャンp…ってツバサさんとあんじゅさん!?」

海未「気づいてなかったのですか?」

花陽「空腹で思考回路がショート寸前だったので…」

穂乃果「じゃああの2人に憑いていけば帰れるんじゃ!?」

海未「ええ、たぶん」

穂乃果「どっちだった!?」

花陽「こっちです!」
16: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:52:54.73 ID:HDVwY7x10.net
ツバサ「ウキョロキョキョーン」

あんじゅ「…」

グゥ
ツバサ「フギャッフギャッ」

グゥ
あんじゅ「ねぇツバサ。私達何も食べてないんだし今日は出なおさない?」

グゥ「そうね。また次の休みにでも英玲奈も誘って来ましょうか」

ザッザッ

ザッザッ

あんじゅ「ねぇツバサ、もしかして私たち…遭難しちゃったの?」

ツバサ「!!…フフフ、アーハハハハ!」

あんじゅ「ツバサ?」

ツバサ「そうなんだ」

あんじゅ「ふふふ」

ツバサ「ふふふ」

あんじゅ(くだらなすぎて泣けてくるわ)
17: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:53:39.06 ID:HDVwY7x10.net
花陽「ツバサさん達発見です。おーいツバsモゴッ!?」

穂乃果「花陽ちゃん静かに!」ボソボソ

海未「何をしてるのです。早く声を掛けてしまいましょう」

穂乃果「待ってよ。このままじゃ穂乃果たち山で迷子になったってばれちゃうじゃん」

海未「事実じゃありませんか」

穂乃果「山で迷子になったなんてかっこ悪いよ。こっそりついていこう」ボソボソ

海未「まぁ穂乃果がそう言うのでしたら別に構いませんが」


あんじゅ「!いま何か聞こえなかった?」

ツバサ「葉っぱ人間よきっと!行くわよ」

あんじゅ「待ってよ。もうっ」

花陽「こっちに来ます!」ボソボソ
19: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:54:14.19 ID:HDVwY7x10.net
ツバサ「ウキョロキョキョーン」

ツバサ「フギャッフギャッ」

ツバサ「ウキョロキョキョーン!!」

海未「さっきから何を言ってるんでしょうか」

花陽「たぶんさっきの私たちの鳴き声の真似じゃないかな」

穂乃果「あー、さっきの。じゃあもしかして穂乃果達を捕まえようとしてるのかな」

ツバサ「ウキョロキョキョーン!フギャッフギャッ!ほらあんじゅもやってよ」

あんじゅ(そんなことより帰ることの方が大事じゃないの?)

ツバサ「」ジー

あんじゅ「ウ、ウキョロキョキョーン」

ツバサ「その調子よ!フギャッフギャッ!」

あんじゅ(泣きたくなってきたわ)
21: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:55:01.08 ID:HDVwY7x10.net
花陽「ププー」

穂乃果「ウプッ」

海未「こら2人とも、笑ってはいけませんよ」プッ

ツバサ「ほらっ!返事したわよ」

あんじゅ「え?今のが返事なの?」

ツバサ「ププーウプッって言ったじゃない」

穂乃果「このままじゃ見つかっちゃう」

海未「仕方ありません。遠くに木の枝を投げて注意を引きつけましょう」

花陽「はいこれ」

海未「ありがとうございます。では、ラブアローシュート!」シュッ

ゴンッ

ゴスッ
ツバサ「痛ッ!」

穂乃果「木に跳ね返ってツバサさんに当たっちゃったね」

花陽「ひどいです」

海未「あなた達がそれを言いますか」
22: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:55:44.17 ID:HDVwY7x10.net
あんじゅ「大丈夫?ツバサ」

ツバサ「ううっ、やったわね」

あんじゅ「ねぇツバサ。もうそんな変なのほっといて帰りましょうよ」

ツバサ「えー、こんなチャンス滅多にないわよ?」

あんじゅ「でもこのままじゃ私たち帰れないわよ」

ツバサ「どうせ方向もわからないし探してるうちに道にでるかもしれないじゃない」

あんじゅ「はぁ、わかったわよ。どうせ言い出したらきかないんだし」

ツバサ「ありがとうあんじゅ。愛してるわ」

あんじゅ「はいはい、私もよ」

海未「ツバサさんはどこかのだれかさんと同じタイプのようですね」

穂乃果「誰だろうね花陽ちゃん」

花陽「う、うん」

ウキョロキョキョーン フギャッフギャッ

ツバサ「いい調子よあんじゅ」

あんじゅ「もう吹っ切れたわよ。こうなったらとことんよ」
23: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:56:29.41 ID:HDVwY7x10.net
穂乃果「もう朝だよ」

海未「なかなか根性ありますね」

花陽「さすがです」

ツバサ「あんじゅ!あそこに人影が!」

あんじゅ「行くわよ!ツバサ!」

ツバサ「ウキョロキョキョーン!」

あんじゅ「フギャッフギャッ!」

真姫「あなたたち、わたしの山で何してるの?」

ツバサ「この山には葉っぱ人間がいるのよ!見たことない!?」

あんじゅ「体中はっぱで覆われててウキョロキョキョーンって鳴くのよ」

真姫「葉っぱ人間?」

ツバサ「ええそうよ」

真姫「イミワカンナイ」

ツバサ「…」

うみほのぱな「ツバサさん…」
24: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ (ワッチョイ bea6-l1cv) 2015/10/30(金) 23:57:04.73 ID:HDVwY7x10.net
~UTX~

英玲奈「ふっ、葉っぱ人間だと?そんなものいるわけないだろう」

ツバサ「でも実際カレーも獲られたし…」

英玲奈「ツバサ、夢を見るのもいいが現実と一緒にするな」

ツバサ「でも鳴き声も聞いたし…」

穂乃果「葉っぱ人間なら穂乃果も知ってますよ」

ツバサ「高坂さん?」

花陽「カレーが好きなんですよね」

海未「独特な鳴き声をしてるそうです」

ツバサ「ほら見なさい!英玲奈は常識に囚われすぎなのよ」

あんじゅ「もっとロマンを夢見てもいいんじゃない?」

英玲奈「馬鹿な、いやしかし…まさか本当にいるというのか?」ブツブツ

英玲奈「そう言えば森で視線を感じる気がするが…」ブツブツ

ツバサ「そうとわかればここにいるみんなで次の休みに探しに行くわよ!」

穂乃果「え゛っ!?」

花陽「もう山はこりごりです」


おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「フライフィッシングに行きませんか?」穂乃果「フライ?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。