海未「あけことり」

シェアする

海未-アイキャッチ30
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 22:49:19.34 ID:z00yDqVG0.net
海未「ムリです!こんなのムリです!」

絵里「みんなだって着るんだから!ほら!」

海未「短すぎますって!スカートというものはもっと――」

絵里「せっかくことりが作ってくれたのに、渋ってたらダメよ?」

海未「でもこれは見えちゃいますよ!?ハレンチですよ!?」

絵里「だいじょうぶ。だいじょうぶだから、一度着て見なさいって!」

海未「で、ですがやっぱりこれは…………ムリなんです!」

絵里「海未、あなたいつになったら短いスカートに慣れるのよ…………もう……」

元スレ: 海未「あけことり」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 22:51:30.35 ID:z00yDqVG0.net
真姫「――というわけで、次の曲は恋愛ソングになったんだけど」

海未「わ、私、お付き合いはしたことがないのですが……」

真姫「経験とか無くても詩はかけるでしょ。イメージでいいのよイメージで」

海未「い、イメージ…………」

真姫「そう、イメージ!海未ちゃんだって、恋愛小説くらい読むでしょー?」

海未「恋愛小説…………ムリです!あ、あんなハレンチな読み物……」

真姫「はぁ?あなた、どんな小説を想像してるのよ!」
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 22:54:09.35 ID:z00yDqVG0.net
海未「な、投げキッス!?」

絵里「ええ。してみたらかわいいと思んだけど」

海未「キスなんてできません!ハレンチです!」

絵里「別に誰かにキスしろ。そう言ってるんじゃないの」

絵里「こうやって、口元に手を持って行って――」

絵里「――――こう!」

海未「………………」

絵里「ね?とっても健全でしょう?」

海未「は、はは……ハレンチすぎます!」

絵里「………………」
5: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 22:57:05.83 ID:z00yDqVG0.net
海未「あ……ああああぁ……」

海未「こ、これはハレンチすぎませんか!?」

真姫「全年齢対象の映画だけど」

海未「で、でも、今、キ、キスを!たっぷり十秒ほど!」

真姫「…………キスくらいするに決まってるじゃない。恋愛ものなんだから」

――――――――
――――――

絵里「――――というわけで……」

希「海未ちゃんがあまりにもウブすぎると」

真姫「そう。小説すら読めないって、ありえないでしょ」

希「そういうところが、海未ちゃんのカワイイところやと思うけど」

絵里「でも、そうも言ってられないレベルよ?」

希「……確かに。ちょっと度が過ぎるところはあるかも」

絵里「でしょう?アイドル活動する上で、あのウブさはちょっと……」
7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 22:58:16.99 ID:z00yDqVG0.net
絵里「そこで希。あなたに頼みがあるのよ」

希「ウチに?」

真姫「ええ。海未ちゃんに、そういうのものへの耐性をつけさせてほしいの」

真姫「ハレンチ嫌いを治そうと、エリーと色々試してみたけど……全部ダメで」

希「耐性をつけて、ハレンチ嫌いを治す……それって海未ちゃんをハレンチにすればいいん?」

絵里「違う違う。海未をハレンチにするんじゃないのよ?」

希「平然と短いスカートを履けるようにすればいい?」

絵里「そうそう、そういうこと。お願いしていいかしら?」
8: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:01:12.76 ID:z00yDqVG0.net
希「えー……うーん…………」

真姫「必要なものがあったら、私がお金出すから。どうにかしてほしいのよ……」

絵里「あー……そういえば、ロシアの両親からチョコレートが大量に送られてきてでね」

絵里「私もチョコは大好きだけど、さすがに飽きちゃって…………誰かもらってくれないかしら……」

希「………………」

真姫「あっ、なんだか急に……誰かに夕飯、それもお肉をごちそうしたくなってきたわ……」

希「…………わかった。ウチにまかせて!」

絵里「ホント?それじゃあ、海未のことお願いよ!」

真姫「これでやっと、新曲が出来上がるのね!」
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:04:13.96 ID:z00yDqVG0.net
希(――引き受けたものの、どうやって克服させればいいかな……?)

希(エリちと真姫ちゃんが、恋愛もの映画を見せたりは既にしたって言ってたし……)

希(うーん…………)



凛「――聞いて聞いて!新しくできた店のね、とんこつがものすごいの!」

にこ「……まーたいつものラーメントーク?あんた飽きないわね」

凛「ちがうよ!いつものとはちがうの!」

にこ「一緒に聞こえるんだけど」

凛「一緒じゃないニャ!今までの凛の一番が覆されたの!」

凛「新しく見つけた店は、その圧倒的おいしさで――――」

凛「凛のおいしいラーメンの常識を打ち砕いたんだよ!?」

にこ「はいはい…………」
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:05:49.16 ID:z00yDqVG0.net
希(圧倒的で……打ち砕く…………)

希(……………………!)

希「それだ!」

凛「え、ど、どうしたの希ちゃん?」



希(少しハレンチなのでダメだったんなら――)

希(ここは圧倒的ハレンチなのでいこう)

希(そう!もう18歳未満には許されないような、とびきりなヤツ)

希(そして、今までのハレンチ像を打ち砕く!)

希(キス?ふん、そんなの子供だましです。っていうくらいに!)
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:08:34.45 ID:z00yDqVG0.net
希(そうときまれば、話は早い)

希(海未ちゃんを、あそこに連れて行くしかないやん!)

――――――――
――――――

―二年教室前

海未「えっ、江戸時代の武士の暮らしが体験できるんですか!?」

希「そう!お城のかたちの宿でね、武士のようなおもてなしを受けられるんよ」

希「ぜひとも海未ちゃんに体験してほしいと思って!」

海未「………………」

希「海未ちゃん?どうしたん?だんまりで」

海未「……行きます!絶対に行きましょう、希!」

海未「私たちも武士の生活を体験して、大和魂を磨きをかけるのです!」

希「お……おぉ!行く気満々やね。そんならウチが準備しとくから」
14: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:10:18.89 ID:z00yDqVG0.net
ことり「あれ、海未ちゃんたちどこか行くの?」

海未「聞いてくださいことり!なんと、お城に泊まるんです!」

ことり「お城に泊まる?」

海未「はい!日本城を模した旅館で、お江戸の暮らし体験です!」

ことり「江戸時代の暮らしかぁ……どんな感じなんだろう?」

海未「おぉ!ことりも興味あるんですね。ならば、一緒に行きましょう!」

ことり「えっと…………どうしようかなぁ……」

海未「希、ことりも一緒で大丈夫ですよね!?」

希「え、ええ…………それは……」
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:13:41.87 ID:z00yDqVG0.net
希(ことりちゃんかぁ…………)

希(うーん……海未ちゃんだけだとイロイロ不安だし――)

希(一緒に来てもらったほうがイイかも?)



希「……わかった、ことりちゃんの分も準備しとくね」

海未「ありがとうございます!楽しみですね、ことり!」

ことり「あ、あれ?いつの間に、ことりも行くことになったの……?」

海未「希!裃も着られますか!?」

希「か、かみしも……?」

海未「武士の来ていた和服です。一度着てみたいと思っていまして!」ワクワク

希「あ、ああ、着物ならコスプレ……じゃなくて……うん、着られると思うよ」

海未「ホントですか!?ふふ、それなら私が裃、ことりが小袖ですね!」

ことり「小袖って、お着物?……いろんな着物が着れるなら、行ってみたいかも……」

希「よし、そんなら二名様ごあんないで!」
17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:14:58.69 ID:z00yDqVG0.net
――――――――
――――――

希「やっほー!海未ちゃん、ことりちゃん」

ことり「こんばんは、希ちゃん」

海未「こんばんは、希」

海未「それにしても、午後の7時半に集合なんてずいぶん遅いですね?」

希「あ、それは……まあいろいろ事情があって」

ことり「……事情?」

希「そうそう。後で説明するから」

海未「わかりました」

希「さ、ついてきて」
18: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:16:57.60 ID:z00yDqVG0.net
海未「――こ、ここが、お城の旅館!」

海未「すごいです!本当にお城なんですね!」

ことり「うわぁ!思ってたより、ずっと本格的!」

希「あ、あの……ふたりとも、静かにね……」



希(おめめキラキラさせてるやん…………ピュアっピュアやん……)

希(でもここ、武士体験できるホテルじゃなくて……)

希(ハレンチなことするホテルだけどね…………)
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:18:42.16 ID:z00yDqVG0.net
海未「………………」

希「どうしたん、海未ちゃん。入った途端、静かになって」

海未「いえ……中は現代的なんだなあと思いまして……」

海未「もっと木造な感じかと思っていたのですが……」

希「あ、ああ…………ええと……それはね……」

希「建築の……そう、建築なんとか法っていうのにクリアするためなんよ!」

海未「建築……なんとか法?」

希「ほら、建物って火事や地震に耐えられないといけないし、避難経路も必要やん?」

希「だから廊下やフロントは、しかたなしにこんな現代チックなん」

海未「なるほど……それなら仕方ないですね」
20: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:23:05.80 ID:z00yDqVG0.net
海未「それにしても、フロントなのに誰もいませんね」

ことり「なんか変だね……」

希「変じゃないよ?変じゃないよ!?」

海未「ん?あのパネルみたいなのはなんでしょうか?」

ことり「どこのかわからないけど、部屋がいっぱいうつってるみたい」

海未「希、あれは?」

希「あ、あれは……ええと……監視カメラ!」

希「誰も使ってない部屋で悪さしてないか、監視するの!」

海未「ふむ…………空き部屋の監視ですか……」

ことり「それ、フロントでみんなに見せる必要ないような……」

希「それは……いろいろ事情があるの!事情が!」
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:24:56.79 ID:z00yDqVG0.net
海未「うん?」

希「え、まだなにか……?」

海未「あの空き部屋、ベッドがあるように見えるのですが……」

海未「江戸時代にベッドは――」

希「それはベッドじゃないと寝れない人用の部屋!」

希「……い、いつまでもここにいても仕方ないし、もう行くよ!」グイッ

海未「え、ええ…………」



希「あ、でもウチはやらなきゃいけないことがあるから、先エレベータ前で待っててね」

ことり「お城なのに、エレベータあるんだ…………」

希「え……あ、これも建築うんたら法のせい」

ことり「そうなの?」

希「当然やん」

ことり「希ちゃんって物知りなんだね」
22: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:26:24.77 ID:z00yDqVG0.net
希「ふぅ…………」

希(あの子ら、なかなか鋭いやん…………)

希(だけど、部屋に入れたらこっちのもの……ふふふふ!)

希(さてと……パネルを見て部屋を――よし)

希(ウチだって18歳になったとはいえ、こんなとこ始めてだし)

希(前もって、調べといたのと同じような方式でよかった……)
23: 名無しで叶える物語(もんじゃ【23:20 震度1】)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:27:35.16 ID:z00yDqVG0.net
希「ごめんごめん、おまたせ」

海未「なにをしていたのですか?」

希「ほら、部屋の鍵をもらってきたんよ」

ことり「希ちゃん、ありがとう♪」

海未「部屋は一泊いくらなんでしょうか?一万円しか持ってきてないのですが……」

希「料金は大丈夫。ウチが払っとくから」

ことり「え、でも…………」

希「大丈夫だから!」

希(真姫ちゃんから全額支給されるし……)
24: 名無しで叶える物語(もんじゃ【23:20 震度1】)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:28:54.38 ID:z00yDqVG0.net
海未「四階の廊下も普通ですね……」

希「まあしょうがないやん?その分部屋やサービスは、凝ってると思うよ」

ことり「見て見て、監視カメラがたくさんあるよ?」

希「セキュリティが厳しいんやね、きっと」

海未「…………おや、向かいから歩いてくるのは、宿泊者の方でしょうか?」

「………………」



ことり「ね、ねえ今の人たち、なんだかことりたちを不思議そうに見てなかった……?」

希「え……そんなことないんやない?」

海未「それは……きっと、ここに若い人が来るのが珍しいのでは?」

海未「今の方たち――夫婦でしょうか……は、結構歳もいっているようでしたし」

ことり「うーん…………そうなのかなぁ?」

希「き、きっとそうやん?」

希「若い子が江戸時代の暮らしに興味を持つのは、珍しいと思うよ?」

ことり「……そっかあ!」
25: 名無しで叶える物語(もんじゃ【23:20 震度1】)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:31:36.28 ID:z00yDqVG0.net
希「あ、ここがウチらの部屋みたい」

海未「ここなんですね?」

希「そうやね」

海未「ふふ!ワクワクします!ね!?希!ことり!」

ことり「そうだね!どんな着物があるのかな?」

海未「さあ入りましょう!このトビラ、和風っぽく引き戸だったりするんですかね!?」ガチャガチャ

希「ちょっ……海未ちゃん静かに。ノブをガチャガチャしないで……」



希「カギを――――」カチャン

希「よしっ、さあふたりとも入った入った」

海未「ええ!江戸の世界へいざ行かん!!」

ことり「海未ちゃん……すごい興奮してるね……」
27: 名無しで叶える物語(もんじゃ【23:20 震度1】)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:33:06.65 ID:z00yDqVG0.net
海未「これは…………」

ことり「…………おっきなベッドにおっきなテレビだね」

海未「………………」

海未「……なんですかこれは」

希「部屋だけど」

海未「そんなことは見ればわかります」

海未「普通のホテルじゃないですか!江戸要素ゼロじゃないですか!」

希「いやー……海未ちゃんが居れば、どこでも江戸時代やん?」

海未「なんですかそれ!」
28: 名無しで叶える物語(もんじゃ【23:20 震度1】)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:34:17.06 ID:z00yDqVG0.net
海未「希……あなた、騙しましたね!」

希「騙したなんて人聞きの悪い。ただ、ふたりに楽しんでもらおうかと思って」

海未「なにを楽しむんですか!?ただのホテルじゃないですかぁ……」

希「なにを楽しむ?うふふふ……ここでそれを聞いちゃうん?」

ことり「え、聞いたらまずいのかな……?」

希「まずくない。まずくないよ」

希「いいよ、このウチが教えてあげよう!ここはね――――」



希「ハレンチを楽しむホテルなのだ!!」
29: 名無しで叶える物語(もんじゃ【23:20 震度1】)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:36:07.70 ID:z00yDqVG0.net
海未「なるほど、ハレンチを楽しむ…………」

海未「……え?」

ことり「…………の、のぞみちゃぁん!」

海未「どどどどどどどどいうことですか!?」

希「まあまあ落ち着いて。ここにはハレンチなものが、いろいろあるんよ」

希「おかしなやつや桃色なのとか…………ね?」

海未「なんだかえらくあいまいですね…………」

希「だから、ふたりはハレンチ慣れするために、そういうのでしっかり勉強するように!」

海未「そそそ、そんなのイヤに決まってるじゃないですか!」

海未「帰ります!海未は帰ります!おうち帰るんです!」

希「ちょっと海未ちゃん。勝手に部屋から出たらダメやん」
30: 名無しで叶える物語(もんじゃ【23:20 震度1】)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:37:38.69 ID:z00yDqVG0.net
希「ふたりともよく聞いて。ここはね、ハレンチする場所なんだよ?」

希「そこでハレンチをしないどころか、見聞きせずに帰る?おかしいやん!」

ことり「お、おかしくなんてないもんっ!」

海未「そうです!おかしくないから帰るんですう!」

希「いい?ここは厳しいところで――えーと…………」

希「ほら、廊下に監視カメラとかいっぱいあったやん?」

ことり「う、うん……」

希「あれは、人が部屋を出入りするのをチャックできるんよ」

希「今、ウチらが部屋から出て、帰ろうとすれば……」

希「すぐさま監視している人が気づいて――」

ことり「気づいて…………?」

希「それはそれは恐ろしい目に遭うよ…………?」
31: 名無しで叶える物語(もんじゃ【23:20 震度1】)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:38:18.31 ID:z00yDqVG0.net
海未「恐ろしい目って、なんなんですか!そうやって、またでたらめを――」

希「でたらめやないんよ。ここはハレンチする場所で、ノーハレンチゴーホームなんて御法度!」

希「ルール違反やん!」

ことり「る、ルール違反って…………」

希「ルールを破ってフロントを通ろうとすると、強面警備員さんがやってきて――」

希「あっという間にふたりを取り囲んで、ハレンチするまで帰してもらえなくなるよ!?」

海未「いやいやいや、そんなことあるわけが――」

希「ホントだよ?今でもハレンチを断り続けて、拘束されている人もいるんよ?」

ことり「………………ホントなの?」

希「うん、ホントホント。ほら、ウチって正直者日本代表みたいなもんやん?」
32: 名無しで叶える物語(もんじゃ【23:20 震度1】)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:40:11.29 ID:z00yDqVG0.net
海未「そ、そんな…………」

ことり「どうしよう……海未ちゃぁん……」

希「大丈夫。明日の朝10時まで部屋でハレンチすればいいだけだから」

希「テレビでそういうの見て、少し実践する。それで許してもらえると思うよ」

海未「実践って……なにをするんです……?」

ことり「………………う、海未ちゃん」カァッ

希「そのへんのことは、なかにパソコンもあるみたいだし、ふたり仲良く調べてね」

希「ふたりともいい?しっかりハレンチを勉強するように!」

希「それじゃあウチは、帰るから……」

ことり「待って、希ちゃん!」
33: 名無しで叶える物語(もんじゃ【23:20 震度1】)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:40:42.28 ID:z00yDqVG0.net
希「うん?」

ことり「ことり……思ったんだけどね……」

ことり「希ちゃんもハレンチしなきゃダメだよね?」

希「…………え?ウチ?」

ことり「うん。だって、希ちゃんだって部屋に入ってたもん!」

希「ウチはほら……足元見てもらえばわかるけど、部屋にぎりぎり入ってないし」

ことり「ああっ!そんなのずる――」

希「そんじゃ、おやすみ!」バタン



「ち、ちょっと希!」

「希ちゃん!」
34: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:42:17.50 ID:z00yDqVG0.net
希「ふぅ…………」

希(さて、さすがにふたりを置いて帰るのは、まずい気がするし)

希(ウチも別に借りといた部屋に行こっと)



希(それにしても、あのウブ中のウブの海未ちゃんと、ピュアなことりちゃん)

希(そのふたりがハレンチなホテルで、ハレンチなビデオを見るなんて……)

希(めっちゃ前進してるやん!)

希(これは間違いなく、チョコもごちそうもたんまりやね!)
35: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:43:30.92 ID:z00yDqVG0.net
―ガチャン

希(ここがウチの部屋かぁ……)

希(やっぱり、おっきいベッドに、おっきいテレビに……冷蔵庫)

希(ああ、そういえば、扉ってオートロックだったり……?)ガチャ

希(普通に開いた。扉に内カギついてるし、オートロックじゃないみたいやね)



希「………………」

希(ヒマ…………)ゴロゴロ

希(ごはん食べて、お風呂入ったらやることないやん…………)

希「………………」チラッ

希(テレビかぁ…………うん………よし!)

希(ウチだってもう18歳。ハレンチなやつの一つや二つ、嗜んどかないと!)

希「………………」ピッ…ピピッ
36: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:44:45.63 ID:z00yDqVG0.net
『おーう!いぇーす!しーはー!かも――ピッ』

希「………………」

希(いやいやいや…………ムリムリムリムリ)

希(なに今の。ハレンチとかそういうレベルやないやん)

希「………………」

希(あー…………もう寝よ寝よ)
37: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:46:41.80 ID:z00yDqVG0.net
海未「………………」

ことり「………………」

海未「ど、どうします……?」

ことり「とりあえず、お風呂入って……それから考えよう?」

海未「そうですね…………」



――――――――
――――――

海未「入浴も済ませてしまいましたね……」

ことり「も、もうハレンチなのを見るしかないのかな?」

海未「………………ちょっと見てすぐ寝ましょう」

ことり「そうだね」

海未「それでは、ベッドに腰掛けて……と」

ことり「リモコンはこれかな?えいっ」ピピッ
38: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:48:12.26 ID:z00yDqVG0.net
『ん……ちゅぷ…………んんっ……』

海未「ああああ!な、なにも見えない、聞こえないんですからぁ!」

ことり「わっ…………わわっ…………」チラッ



『やっ……ん♡…………んんっ……』

海未「ああああ!ことりいいいぃ!もう十分ですからぁ!」

ことり「えっ…………そんなに…………」



『やんっ♡……気持ちっ♡…………あんっ!……』

海未「ああああ!もう、寝ます!朝まで寝てやるんですからぁ!」バサッ

ことり「うわっ…………すごい…………」マジマジ
39: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:48:55.72 ID:z00yDqVG0.net
海未「も、もう十分です……ことり!早くとめてください!」

ことり「……………………」ジー

海未「ことり!?あ、あなた、ハレンチなのを真剣に見てはいませんかっ!?」

ことり「…………え、あっ……ごめんごめん」ピッ

海未「…………ふぅ」

海未「さあ、もう十分ハレンチを学びましたし、寝ましょうか」

ことり「………………」
41: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:50:00.11 ID:z00yDqVG0.net
海未「ベッドが一つしかないんですよね…………」

海未「床はさすがに寝れませんし、ふたりで寝ましょうか。かけ布団は――」

ことり「寝ちゃうの?」

海未「……?トランプか何かしますか?」

ことり「そうじゃなくて…………」

ことり「その…………実践してみないのかなって……」

海未「は、はい?」

ことり「希ちゃんも実践するようにって言ってたし…………」



「――――ね?してみよう?」

――――――――――
――――――
――――
42: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:50:53.72 ID:z00yDqVG0.net
―チュンチュン

希「んん…………ううん」

希「…………んん……朝?……何時なん……」

希「………………」

希「8時すぎかぁ。たっぷり10時間は寝たなぁ……」



希(10時まあと1時間半)

希(ふたりは早起きだろうから、大丈夫だと思うけど……)

希(一応、起きてるか確認してくるかなぁ…………)
43: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:51:36.82 ID:z00yDqVG0.net
希「…………ふたりとも起きてる?」ドンドン

希「………………」

希「海未ちゃん?ことりちゃん?」

希「………………」

希(意外や意外、ぐっすり?)



希「………………」

希「………………」ガチャ

希(あれ、カギ開けっぱなし……)
45: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:52:47.69 ID:z00yDqVG0.net
「………………」モゾモゾ

希「………………」

希(ふたりでふとん被って、なかよく寝てる……)

希(もう、ふたりともカワイイやん♪)

希「ほら、朝だよ朝ー!起ーきーて!」

「………………」モゾッ

希(あ、モグラみたいに、ことりちゃんが頭だけでてきた)

ことり「……おはよう、希ちゃん」
46: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:53:21.47 ID:z00yDqVG0.net
希「うん、おはようさん。そろそろ時間だから、起きてね」

ことり「うん」

希「海未ちゃんはまだ起きてないん?」

ことり「そうなの。さっきからね、帰るから起きてって言ってるんだけど……」

希「もう、仕方ないなぁ…………ほうら!起きて海未ちゃん!」

ことり「海未ちゃーん?帰るよ?」

海未「………………」

希「起ーきーてって言ってるやん!」

海未「…………ぁんっ♡」

希「!?」
47: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:53:56.19 ID:z00yDqVG0.net
希「えっ……なに、今の色っぽいの」

海未「あ、希………おはようございま……ぁ♡」

希「……ホントなんなん?海未ちゃん?」

海未「いえ、なんでもないでえぁん♡」

希「いやいや、なんでもなくないよ!?」

海未「ホントになんでもなゃっ♡……

海未「ことり、希がいるんですかりゃ♡」コソコソ

ことり「でも海未ちゃんだって、ことりに……やん♡」コソコソ

希「待って待って!ふたりでこそこそと、なにしてるの!?」
48: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:55:09.24 ID:z00yDqVG0.net
海未「なにって…………それは、その……」

ことり「ハレンチなこと……だよ♡」

希「え…………」

ことり「希ちゃんに言われた通り、しっかりハレンチしたの」

ことり「一晩中」

希「一晩中!?」

ことり「うん♡」

海未「そうなんです♡ハレンチさいこうです♡」

希「ウソやん…………こんな海未ちゃん、認められないやん……」
49: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:55:51.95 ID:z00yDqVG0.net
海未「ウソじゃないですよ?しっかりしましたもん」

海未「ですよね?ことり♡」チュッ

ことり「ん……んんっ♡……うん。ね、うみちゃん♡」

希(わわわ……舌入れてちゅーなんて……こんなん、あかんあかん!)



海未「ん……はぁ♡……ことり…………」

ことり「うみちゃん…………」

希「わ、わかったから!よーく勉強したのはわかったから!」

希「それより、も、もう帰るよ?ふたりとも布団から出よう?」

海未「ああ、そうですね……帰らないといけないですよね…………」
50: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:57:00.65 ID:z00yDqVG0.net
海未「私も帰りは……あ♡……したいのですが……」

海未「ことりがですね……口では起きてとか、帰ろうとか言ってるんですが……」

海未「ずっと抱き着いてきていて……はなしてくれないんです♡」

ことり「えへへ♡」ギュー

海未「これでは帰れません……まあ、仕方ありませんね♡」

希「い、いや、仕方なくないから…………」

希「……それより帰るよ。ほら、海未ちゃん!」

海未「ん…………ことり♡」

希「ことりちゃん!」

ことり「うみちゃーん♡」チュッ



希(ウチのこと無視して、おっぱじめだしてるやん…………)

希「わかった!もう先に帰る!」

海未「………………待ってください」ガシッ
51: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ bec9-bFzV) 2015/10/31(土) 23:58:43.56 ID:z00yDqVG0.net
希「…………ええと、海未ちゃん?」

希「なにこの手?なんでウチ、腕つかまれてるん?」

海未「…………先に一人で帰るんですか?」グイグイ

希「そうだけど…………っていうか、ウチをふとんに引きこもうとしないで」

ことり「…………いいのかな?」ガシッ

海未「ハレンチする場所でハレンチしないで帰ろうとすれば――――」

海未「フロントで強面警備員さんに囲まれて、帰してもらえなくなりますよ?」

希「え……あ……それは…………」

海未「だけど大丈夫です、希!一緒にハレンチすれば解決です♡」グイグイ

ことり「希ちゃーん♡」グイグイ

希「い、いやあああああああ!!」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「あけことり」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。