穂乃果(にこちゃんのパンツ見たいなぁ…)

シェアする

穂乃果-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:26:31.81 ID:jNR7yAFG0.net
~放課後 部室~

穂乃果「…」

にこ「どうしたのよ、穂乃果?にこの顔に何かついてる?」

穂乃果「…ううん、いつもの可愛いにこちゃんだよ」

にこ「えっ、…あ、ありがと…じゃなくて、当然でしょ!」

穂乃果「あっ」

にこ「え?」

穂乃果「…なんでもないよ」

にこ「あ、そう?」

穂乃果「うん」


穂乃果(ペンを、こう、…)



穂乃果「あ、ペン落ちちゃった~…ん~、っしょっと…」



穂乃果「…」チラッ

元スレ: 穂乃果(にこちゃんのパンツ見たいなぁ…)

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:28:42.52 ID:jNR7yAFG0.net
穂乃果「…」

にこ「穂乃果?ペン取れないの?」

穂乃果「ううん、取れたよ…」



穂乃果「はぁ…」



にこ(…珍しいこともあるものね)


にこ「穂乃果、どうしたの?溜息なんて」

穂乃果「穂乃果にだって、悩みはあるんだよ…にこちゃん…」

にこ「そう…いざって時は相談しなさいよ?抱え込むのはよくないわよ」

穂乃果「大丈夫だよ…にこちゃん、ありがとう」




穂乃果(見えたのは、にこちゃんの健康的な太もも、なんか可愛いおひざ…)



穂乃果(…パンツは、見えなかったよ…)
7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:30:32.93 ID:jNR7yAFG0.net
~次の日 放課後 廊下~


にこ「あ、屋上に忘れ物してきちゃったわ」

穂乃果「…!」

にこ「ちょっと行ってくるわね。先行ってていいわよ」

花陽「じゃあ、玄関で待ってるね~」

にこ「はーい」トテテテ


穂乃果「…穂乃果も忘れ物した。ちょっと取ってくる。先に行ってていいよ」

海未「あ、はい…」

穂乃果「…」ドヒューン

凛「は、はやい…」

真姫「凛より早かったわね…」






穂乃果(階段…階段ならにこちゃんの下に立てる…)



穂乃果(つまり…)




穂乃果(覗ける…!)ドドドドドドドド
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:32:12.03 ID:jNR7yAFG0.net
~階段~

にこ「にっこりの~魔法~♪」


穂乃果(追いついた…!)


穂乃果(にこちゃんはほぼ最上段、穂乃果は踊り場…)


穂乃果(この距離なら…体勢を低くして…)


穂乃果(見え…)




穂乃果(ないッ…!!)




穂乃果「どうして…」



穂乃果(あと数センチ…いや、数ミリスカートが短かったら…!)



穂乃果「くっ…」


にこ「あ、穂乃果」

穂乃果「…にこちゃん」

にこ「なに、あんたも忘れ物?」

穂乃果「…あ、うん…そんなところ…」
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:35:45.41 ID:jNR7yAFG0.net
~屋上~

にこ「タオルタオル~…あ、あった。穂乃果のはあった~?」

穂乃果「え?あ、あっ、えーっと…わ、忘れ物したと思ったら、ちゃんと持ってたみたいで」

にこ「なにそれ?も~、穂乃果もドジね~」

穂乃果「あはは…」

にこ「…あ、そういえば穂乃果」

穂乃果「何?」

にこ「駅中のチョコ専門店の新商品、食べた?」

穂乃果「えっ、そんなの出たの?」

にこ「知らないのー?しょうがないわねー。口開けて」

穂乃果「はひ」

にこ「はい」ヒョイ

穂乃果「むぐ…お、美味しいっ!いちごチョコ?」

にこ「そ。一粒200円もするのよ?しかも大人気で、そんなに何粒も買えないんだから」

穂乃果「そ、そんなに!?も、もらっちゃってよかったの…?」

にこ「最近、悩んでるみたいだったから。これで元気出しなさい」

穂乃果「にこちゃん…ありがとっ!」

にこ「2人だけの秘密よ?」

穂乃果「うんっ!」

にこ「じゃ、帰りましょ」

穂乃果「そうだねっ…」



穂乃果(…ありがとう、にこちゃん…)



穂乃果(でも、穂乃果が本当に求めているのは…)





穂乃果(…チョコじゃないんだ)
11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:37:04.90 ID:jNR7yAFG0.net
~次の日 休み時間 廊下~


穂乃果「あ、にこちゃん!これから移動教室?」

にこ「そうよー」

ガシャーン

にこ「…って、あー…筆箱落としちゃった」

穂乃果「ご、ごめん!穂乃果が突然声掛けたから…」

にこ「大丈夫大丈夫、気にしないで」ヒョイヒョイ

穂乃果「ああっ、穂乃果も手伝う!」



穂乃果「…ん?」チラッ


にこ「…消しゴム…穂乃果ー、消しゴムないー?」



穂乃果「!!!!!!」
12: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:37:44.28 ID:jNR7yAFG0.net
穂乃果「し、白…」


にこ「は?」

穂乃果「にこちゃん、ちょっと聞きたいんだけど」

にこ「何よ…っていうか、消しゴム落ちてなかった?」

穂乃果「はい、これ」

にこ「あ、ありがとう」

穂乃果「で、にこちゃん」

にこ「なに?」


穂乃果「今日のパンツ、何色?」


にこ「えっ…」
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:41:16.17 ID:jNR7yAFG0.net
穂乃果「ねえ、何色?」

にこ「あんた…自分が何言ってるかわかってんの?」

穂乃果「ねえっ」ズイッ

にこ「ひっ…」

穂乃果「にこちゃん、穂乃果は真剣なんだよ…」壁ドン

にこ「ぅ、ぁ…」カアァ

穂乃果「…」ジーッ

にこ「その、ぅ…う…」

穂乃果「う?」

にこ「薄いピンクです…」

穂乃果「…そっか」





穂乃果(じゃあ、あの白いのは、つまり――――――――――)



穂乃果(ペチコート…ッ)
14: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:41:26.38 ID:jNR7yAFG0.net
※ペチコート ススメ→トゥモロウとかで見える、制服のスカートの中の白いやつ パニエとも言う
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:45:13.05 ID:jNR7yAFG0.net
~放課後 部室~


にこ「…ってことがあって」

希「ほお」

にこ「…どう思う?」

希「ん~…これは…」

にこ「…やっぱり穂乃果の様子、変よね?」

希「にこっちの想いが届いたんと違う?」

にこ「は、はぁ!?」

希「だって、にこっち穂乃果ちゃんのこと好きやろ?」

にこ「な、なんでそんなこと…」

希「で、そこんとこどうなん?」

にこ「…す、好きだけど…」

希「やろ~」

にこ「でもアレよ!LIKE!LOVEじゃないんだからね!?」

希「はいはい」

にこ「きーっ!!」
17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:46:23.10 ID:jNR7yAFG0.net
ガチャ


ことり「希ちゃん、にこちゃん!早いね~」

海未「何を騒いでいたのですか?」

希「あ、海未ちゃん!ことりちゃん!」

にこ「丁度いいところに来たわ!」

海未「はあ…?」

にこ「穂乃果の専門家とも言うべき2人なら、何かわかるはず…」

ことり「あはは、専門家って…」



海未「破廉恥です…穂乃果は最低です…」

ことり「…なるほど~。たしかに、最近にこちゃんが近くにいるときの穂乃果ちゃん、おかしいかも…」

にこ「具体的には?」

海未「…腰が低いです」

希「腰が?丁寧な対応ってこと?」

海未「いえ…物理的に低いんです」

希「というと?」

海未「…そうですね。今思うと、やはりにこのスカートの中を見たがっていたような気がします」

にこ「えぇ…」
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 00:59:56.87 ID:jNR7yAFG0.net
にこ「…ん?となると…」

希「何か心当たりでもあるん?」

にこ「…部室で2人で居た時にわざとらしくペン落としてたのも、忘れ物無いのに後ろから追いかけてきたのも…溜息も…」

海未「そんなことを…」

にこ「…あぁ、もう…心配してた私がバカみたいじゃない…」

ことり「で、でも、にこちゃんのだけ、だよね、たぶん…」

海未「ええ…ほぼずっと一緒に居ますが、にこ以外の前ではそういうことはしていませんでした」

希「…これはもう、やるしかないよにこっち」

にこ「え?」

ことり「…見せてあげよう」

にこ「はぁっ!?」

海未「…致し方ありません。穂乃果がそれで満足するなら…」

にこ「海未までぇっ!」

絵里「そうよにこ…思い切ってやっちゃいなさい!生徒会室の鍵貸してあげるから!」

にこ「いつから居たの!?」
20: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 01:02:54.57 ID:jNR7yAFG0.net
絵里「もしもし穂乃果?うん、絵里よ。えっとね、にこから大事な話があるらしくて…うん。
   で、誰もいないところがいいらしいから、生徒会室貸してあげたの。そう、そうそう。だから生徒会室に来てね。それじゃ」


にこ「何やってんのよ!」

絵里「セッティングは完了よ。いってらっしゃい」ジャラ

にこ「カギを渡すなっ!」





海未「ご武運を祈っています」


希「祈ってる…」


ことり「ことりも、見守っているからね」


絵里「до свидания」



にこ「」
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 01:04:20.23 ID:jNR7yAFG0.net
~生徒会室~


にこ(来てしまった…)


コンコン


穂乃果『にこちゃん?いるー?』

にこ「…いるわよ」ガチャ

穂乃果「失礼しまーす…えっとー…話ってなに?」

にこ「…そ、その…恥ずかしいから、ささっと終わらせるわよ」

穂乃果「うん」

にこ「…穂乃果、私の…ぱ、ぱん…下着が見たいんでしょ」

穂乃果「!」

にこ「…どうなのよ」

穂乃果「…ばれちゃった」

にこ「…」

穂乃果「…ごめんなさい」ドゲザ


にこ「…別に、いいわよ」


穂乃果「…え?」


にこ「…いいって言ってんの!許すから!」


穂乃果「い、いいの…?」



にこ「そ、いいの……き、今日だけよ。…特別、なんだからねっ!」
23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 01:05:26.62 ID:jNR7yAFG0.net
にこ「…すぅ、はぁ……っ…!」




ピラッ




穂乃果「あ…あぁ…っ…」



にこ「…ど、どうなのよ…こ、これで満足した!?」


穂乃果「…」


にこ「は、早くしなさいよっ!これ、すごく恥ずかしいのよ!」


穂乃果「…が…う…」


にこ「なに!?聞こえないわよっ!」














穂乃果「…ちがーうっ!!」
24: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 01:07:02.25 ID:jNR7yAFG0.net
にこ「…な、なにが…?」


穂乃果「違うよにこちゃんっ!!こんなこと、にこちゃんがしちゃダメ!!」


にこ「え、でも…」


穂乃果「「見せてもらっちゃ」駄目なんだよ!!!」


にこ「???」




穂乃果「「見えなきゃ」いけないんだよ!!!!!」





にこ「…は?」

穂乃果「チラリズムだよ、チラリズム!あ、練習着じゃダメだよ?制服姿なの!」

にこ「…」

穂乃果「にこちゃんの制服のスカートから、ちらりと覗くパンツが見たいのっ!!」

穂乃果「だから、にこちゃんがこんなことしちゃダメ!あ、でも、穂乃果のお願い聞いてくれるなら…スカートの丈、もう少し短…」



にこ「ほぉ~~~~のぉ~~~~かぁ~~~~~っ!!!!!!」




穂乃果「…にこちゃん?さ、さっき許してくれるって言ったよね?なんで怒って…」









にこ「ばかぁ~~~~~~~~~っ!!!!!!!!」
32: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 01:21:48.14 ID:jNR7yAFG0.net
にこ「…穂乃果」

穂乃果「」ビクッ

にこ「そ、そんなにビビらないでよ…もう叩いたりしないわよ…」

穂乃果「…な、なに?」

にこ「…あんたは、なんで私の下着が見たいと思ったの?」

穂乃果「なんで…?う~ん…単純に、見たいと思ったからだけど…」

にこ「…じゃあ、にこのことはどう思う?」

穂乃果「え?にこちゃん?もちろん好きだよ!っていうか、好きじゃなかったらあんなことしないよっ!」

にこ「…」

穂乃果「海未ちゃんもことりちゃんも、凛ちゃんも真姫ちゃんも花陽ちゃんも!絵里ちゃんも、希ちゃんも…みんな大好きだよ!」

にこ「…ま、そう言うと思ってたわ」

穂乃果「あっ、でもでも、見たいって思ったのはにこちゃんだけっていうか…なんでかはわかんないんだけど…」


にこ「…あ、っそ」
43: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 21:48:30.25 ID:jNR7yAFG0.net
穂乃果(まあ、なんやかんやあったし、チラリズムとは言ってたものの…あれだけ間近で見れたらなんか満足しちゃった!)

穂乃果「さーてっ!かーえろっ!るんたたるんたった~♪」


にこ(せっかくあんなことまでやってやったのに…)

にこ「恥ずかし…」



~次の日 放課後~

にこ「最近、穂乃果を見ると胸がドキドキして」

真姫「ふ~む…」

にこ「顔が熱くて」

真姫「なるほど…」

にこ「ちょっと変なこと考えちゃって…」

真姫「変なこと」

にこ「…どう思う?」

真姫「…間違いないわ」


真姫「これは病気ね…現代の医学じゃ、どうしようもない」


にこ「…」ゴクリ


真姫「恋よ」


にこ「…恋」

希「知ってたわ」

絵里「前回知ったわ」

真姫「え~」
44: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 21:50:49.03 ID:jNR7yAFG0.net
にこ「え~じゃないわよ!」

真姫「何よ…希も絵里も知ってたんじゃない。真面目に相談受けて損したわ」

希「そもそもにこっちが穂乃果ちゃん大好きなのは、前回うちが指摘したからね」

にこ「にこは真剣に悩んでるの!っていうか、恋の病とかいう返答がマジメなわけ!?」

真姫「まあ、告白でもしてみれば?」

にこ「はぁ!?なんでよ!」

真姫「まきちゃん先生にはそれしか思いつかないわ」グデー

にこ「医学部目指すのやめたら!?」

絵里「しかし、にこが恋ねぇ~」

花陽「これでは、アイドル失格です…」

希「花陽ちゃん?」


花陽「…花陽は、アイドル失格なんです…」


絵里「どうしたのよ、花陽…」

凛「…大丈夫にゃ」


花陽「凛ちゃん…大丈夫じゃないよ…」
45: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 21:54:22.43 ID:jNR7yAFG0.net
花陽「また体重増えちゃったんだもぉ~んっ!」


真姫「大丈夫よ、花陽」

花陽「真姫ちゃん…」

真姫「気持ちはわかるわ。にこちゃんの悩みなんかより深刻よね」

にこ「ちょぉっとぉ!なんかって何よ!」

真姫「ダイエット、協力するから頑張りましょ」

花陽「真姫ちゃん…!」

凛「凛も協力するよ!」

花陽「凛ちゃん…!」

真姫「私たち…と、友達でしょ」

凛「そーにゃそーにゃ!」

花陽「二人とも…ありがとぉ~っ!」モッギューッ

真姫「ゔえぇ…」カアァ

凛「にゃ~っ、かよちん暑いよぉ~」

花陽「えへへ~」
46: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 21:56:48.56 ID:jNR7yAFG0.net
希「仲良し1年生は置いといて…にこっち、前回生徒会室で二人きりになったやん。あの時なにしてたん?」

にこ「下着見せたら、そうじゃないって怒られた」

希「告白は?」

にこ「してないわよ…」

絵里「せっかく生徒会室貸してあげたのに…」

にこ「うるさいわね!」

絵里「ヘタレ」

にこ「あんたに言われたかないわよ!」

希「まあ…心がときめいた瞬間を信じてみたら?にこっちの純愛レンズは正しいよ」

にこ「…突進してみろって?」

希「たぶん」

にこ「適当か!」


絵里「遠ざかるほど光る一番星だしね。遠巻きに見ていたい気持ちはわかるわ」

にこ「は?」

絵里「でも、もういらないんじゃないかしら。胸のブレーキは…きっと、見つめあうために、生まれた二人になっていくわ」

にこ「何言ってんの?」

絵里「じゃあ私もソロでいいの?」

にこ「え?」

絵里「Heart break.」

にこ「そ、それはやめて!」
47: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 22:00:57.54 ID:jNR7yAFG0.net
~次の日 朝~

にこ(はぁ…あいつらに相談するのは間違いだったわね)

にこ(何が純愛レンズよ。何がありふれた悲しみの果てのAngelic Angelよ)

にこ(頼れるのは己のみ…そうよ、矢澤にこ!2年間そうやって生きてきたんだから!)


穂乃果「あ、にこちゃんだ!お~い」


にこ「穂乃果…」

穂乃果「今日はちょっと遅いね」

にこ「そうよー。ここあがなかなか起きてこなくて」

穂乃果「そっかぁ。お姉ちゃんも大変だねぇ…」

にこ「あんたもお姉ちゃんでしょうが」

穂乃果「穂乃果は起こされる側だから」

にこ「…なるほどね」
48: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 22:01:36.01 ID:jNR7yAFG0.net
穂乃果「いやー、それにしてもあっついね~!」

にこ「そうねぇ…急に暑くなったわね」

穂乃果「参っちゃうよぉ」胸元パタパタ

にこ「…」ジーッ

穂乃果「ん?穂乃果に何かついてる?」

にこ「胸が…」

穂乃果「胸?」

にこ「あ、あぁ、いや、なんでもないわよ、うん」

穂乃果「ねえねえ、にこちゃんは暑くないの?そのカーディガン」

にこ「んー、暑くないといえば嘘になるけど…でも、にこのトレードマークみたいなものだし」

穂乃果「おぉ、流石にこちゃん…」

にこ「ふふん」



にこ(…)


にこ(穂乃果って、どんなブラしてるんだろ…)
53: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 22:43:16.80 ID:jNR7yAFG0.net
~休み時間 廊下~

穂乃果「やあにこちゃん!」

にこ「あ、穂乃果…もう下着は見せないわよ」チューチュー

穂乃果「わかってるよぉ、もう満足したもん!…っていうかにこちゃん、またいちごオレ飲んでる!おいしそう…」

にこ「悪い?」

穂乃果「ちょっとちょ~だい」

にこ「あっ!」

穂乃果「ん~」チューチューッ

にこ「ぁ、ぁ…」

穂乃果「…おいしっ!ありがと!」

にこ「…も、もう!勝手に飲まないでよ!」

穂乃果「あはは、ごめんごめん…」
54: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 22:56:27.20 ID:jNR7yAFG0.net
穂乃果「あ、そうそう!これからプールなんだ!いやぁ~、暑い日のプールは最高だよねぇっ!」

にこ「まあ、そうねー」

穂乃果「楽しみ過ぎて、中に着てきちゃった~」ピラッ

にこ「ごっふ…」

穂乃果「に、にこちゃん!?大丈夫!?」

にこ「大丈夫じゃないわよ!いくら水着着てるからとはいえ、スカートめくるとかどういうことなの!?」

穂乃果「いやー、女の子同士だしいいかな~って」

にこ「アイドルとしての自覚が足りないっ!」

穂乃果「はぁ~い…」

にこ「まったく…」

<穂乃果、遅れますよー!

穂乃果「あ、今行くよー!じゃ、またねにこちゃん!」

にこ「はいはい、さっさと行きなさい」



にこ(まあ…眼福だったわね…)
55: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 23:11:47.77 ID:jNR7yAFG0.net
~休み時間 廊下~

穂乃果「お、にこちゃん!また会ったね!」

にこ「そうね…」

にこ(なんか色っぽい…っていうか)

穂乃果「いやー、プール気持ちよかったよ!にこちゃんたちは体育ないの?」

にこ「ないわよ」

穂乃果「勿体ない…絶好のプール日和なのに!」

にこ「そんなこと言ったって…っていうか、あんたその服装なんとかなんないの?」

穂乃果「え?」

にこ「Yシャツは第2ボタンまで開いてるし、スカートも曲がってるし…」

穂乃果「あ~…」

にこ「いろいろ見えちゃうでしょ」

穂乃果「にこちゃん」

にこ「何よ」

穂乃果「…見たい?」胸元クイッ
56: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 23:21:26.56 ID:jNR7yAFG0.net
ゴスッ


穂乃果「痛い…」

にこ「アホなこと言ってないで、さっさと服装整えて教室帰りなさいよ」ツカツカ


にこ(…見せてもらえばよかった)



~放課後 部室~

にこ(あ、そっか。別に無理に見なくても、着替えの時に見ればいいじゃない!)

穂乃果「おっはよーございまーすっ!」

にこ「…」

穂乃果「あれ?にこちゃん早いね!」

にこ「なんでもう練習着なのよっ!」

穂乃果「えぇっ!?今日最後の授業ジャージだったし、教室でそのまま着替えちゃったんだけど…わ、悪いの?」

にこ「悪いわよ!」

穂乃果「うぅ…ご、ごめんなさい…?」

にこ「まったく…」


にこ(…そうだ。帰りにもどうせ着替えるし…)
57: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 23:38:47.81 ID:jNR7yAFG0.net
~放課後 屋上~

穂乃果「あづい…」チーン

海未「穂乃果、ちゃんと水分取っていましたか?」

穂乃果「とってない…」

海未「それではそうなるのも当たり前です…」

穂乃果「う~ん…」

絵里「あ、そうだ」

海未「…仕方ありません。今日はこれくらいにしておきましょう。穂乃果、着替えられますか?」

絵里「…海未」

海未「はい?」

絵里「この状態で帰らせるのも酷だし、ちょっと寝かせてあげたら?」

穂乃果「いいの~…?」

絵里「保健室はまだ空いてるし…帰ってる途中に倒れられても困るからね~」チラッチラッ

にこ「?」

ことり「あ、それじゃあ保健委員だし、ことりが…」

希「待って、ことりちゃん!」

ことり「ほぇ?」

希「…」アイコンタクト

ことり「…!」グッ
58: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/05(木) 23:45:15.79 ID:jNR7yAFG0.net
ことり「あ、そうだ、ことり、用事を思い出しちゃった!やんやん遅れそうです~」

海未「ことり?」

ことり「サラバッ!」

希「海未ちゃん、海未ちゃん」クイッ

にこ「??」

海未(…成程)

海未「ではにこ、穂乃果を保健室まで連れて行ってくれますか?」

にこ「え、えぇ!?にこが!?」

希「にこっちは妹もいるし、家事とかもμ`sいちやから!」

にこ「え、なんか話題が微妙にズレてない?」

真姫「そうね…そのテの知識のあるまきちゃん先生としても、にこちゃんを推すわ」

にこ「いや、意味わかんないけど…」

穂乃果「な、なんでもいいから早くぅ…」

にこ「も、もぉ…しょうがないわねっ!」

絵里「ごゆっくり~」

穂乃果「じ、じゃあ…よろしく…にこちゃん…」

にこ「あいつら…」
59: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/06(金) 00:10:49.02 ID:aagfSzVb0.net
~放課後 保健室~

にこ「…大丈夫?」

穂乃果「うん…」

にこ「タオル、変えてくるわね。ちゃんと水飲みなさいよ?」

穂乃果「う~ん…」

にこ「…まったく、暑さでダウンするなんて…穂乃果らしいというか…」



にこ(あ…)


にこ(…いや、それは人としてどうなの…)



にこ「穂乃果ー、タオル変えてきたわよー…って」

穂乃果「…」Zzz…

にこ「…寝てるし」


にこ(…今なら)

にこ(いやいやいや!駄目よそんなの!寝込み、しかも弱ってるところに…)

にこ(…いや、でも意識の朦朧としてる今なら、もしかしたらうやむやにできるかも…)



にこ「…ち、ちょっとだけ」ピラッ
62: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/06(金) 01:01:39.80 ID:aagfSzVb0.net
穂乃果「ん…に、にこちゃん…?」

にこ「!!!」ドキッ


穂乃果「…?」

にこ(終わった…)

穂乃果「…あ、そっか…」

にこ「…?」

穂乃果「…」ガシッ

にこ「!?」

にこ(う、腕を…)

穂乃果「…いいよ…」

にこ「は、はあぁぁぁ!?!!?!!?!?」


にこ(なにこれ!?穂乃果ってば、熱でおかしくなったの!?)


にこ(で、でも、ここまでやってしまった以上は後には引けない気がする…!)


にこ(えーいっ!ままよ!)ムニュッ


穂乃果「やぁん♡」

にこ「へ、変な声出さないでよ!」



にこ(こ、これ…やばい…希が私の無い胸をワシワシする気持ちはわからないけど、これはやばい…穂乃果の胸…や、やわらかい…)



穂乃果「にこちゃ…や、ぁっ…」


にこ「…し、シャツ、めくるわよ」


穂乃果「うん…っ」
63: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/06(金) 01:03:29.81 ID:aagfSzVb0.net
(衣擦れの音)
65: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/06(金) 01:16:24.78 ID:aagfSzVb0.net
にこ(なんかすごくいかがわしい雰囲気だけど、これで穂乃果のブラが――――――――…って)


にこ「…ん゛ん゛っ゛!?」

穂乃果「…は、ぁ……ど、どうしたの…?」

にこ「…穂乃果、あんた――――――――」



にこ「…ブラは…?」




穂乃果「え…?」


穂乃果「…」ペタペタ モニュモニュ チラッ


穂乃果「…し、してない…!」


にこ「…」

穂乃果「…な、なんで!?朝はしてたのに!…に、にこちゃん、取った!?」

にこ「取るかっ!」



穂乃果「あ…そうだ!……今日、水泳の授業終わった後…つけ忘れちゃって…」


にこ「バカ…」


穂乃果「に…にこちゃん……み、っ…見たよね…」


にこ「当たり前でしょ…」


穂乃果「…ごめん」


にこ「…こちらこそ」
67: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/06(金) 01:43:08.48 ID:aagfSzVb0.net
穂乃果「一気に熱が引いた気分だよ…」

にこ「うん…」

穂乃果「…どうだった?」

にこ「え?」

穂乃果「穂乃果の胸…ど、どうだった?」

にこ「は、はぁ!?」

穂乃果「…」チラッ チラッ

にこ「…ま、まあ…柔らかかったし、綺麗だった…」

穂乃果「…そっか」

にこ「…うん」


にこ(なにこの会話)


穂乃果「…にこちゃんはさぁ」

にこ「な、なに…?」

穂乃果「…私と、こういうことがしたかったんだよね…」

にこ「なっ…」

穂乃果「だって、にこちゃん…私がああやっても、拒否しかなったよね…」

にこ「そ、それは…」

穂乃果「…あの時、あんなこと言ったけど…その場のノリと、熱のせいかなって思ったんだ」

にこ「…そう」

穂乃果「…でも、熱の引いた今でも、本当に、にこちゃんが相手なら…いいかなって思うんだ…」

にこ「…ば、ばかなこと言ってんじゃないわよ…」

穂乃果「うん…ごめん…私、バカだから…」

にこ「…」

穂乃果「…」
68: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/06(金) 03:35:18.40 ID:aagfSzVb0.net
穂乃果「…にこちゃん」

にこ「…な、なによ…」

穂乃果「にこちゃん、私のこと…好き?」

にこ「…そ、それは、まあ…嫌いじゃ、ないけど…」

穂乃果「前にも言ったけど、私は、にこちゃんのこと好きだよ」

にこ「…うん」

穂乃果「ねえにこちゃん…私、また、熱が出てきちゃったかも…」

にこ「…それは、大変ね…」

穂乃果「…看病、してくれる?」

にこ「…ま、まあ、そのために、ここにいるし…」
69: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/06(金) 03:36:43.33 ID:aagfSzVb0.net
真姫「ふんふふーん」



真姫(ちょっと様子を見に来てみたけど…恋はどうかね…)ガラッ





穂乃果「…」パサ

にこ「な、なんで脱いで…っ」




真姫(…)



穂乃果「…じゃあ、お願いね…♡」

にこ「…――――っ」クラッ






真姫(…………)




真姫「ハッピーエンドね」
70: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 02ff-w5mc) 2015/11/06(金) 03:38:06.79 ID:aagfSzVb0.net
えっちなシーンはあんまり書く気しないのでおしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果(にこちゃんのパンツ見たいなぁ…)』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。